佐久間 哲
ニッポンリポート


従軍慰安婦を調べる 編

とりあえず・13 朝鮮での慰安婦募集の新聞広告をどう理解すればいいのか


 慰安婦とは軍隊の周辺をたむろしていた、単なる売春婦と虚報を流し続けている人たちが持ち出すのが、朝鮮で発行されていた新聞に、慰安婦募集の広告があったというものだ。この点は解明する必要がある。中国の漢口で慰安婦として内地から連れてこられた女性は、事前検診の軍医に対して、「慰安所というところで兵隊さんを慰めてあげるのだと聞いてきたのに、慰安婦とは知らなかった。内地に帰らせてくれ」と泣きじゃくった。昭和13年11月、台湾日日新聞の伝えるところでは、へいとう市に軍人慰安所が完成し、一般にも公開予定とある。和洋折衷の二階建てで、一階は大食堂に浴場、二階は畳敷きの大広間と玉突き囲碁将棋などの娯楽室を完備し、平日は一般にも公開する。台湾にはこのような公共娯楽施設と、別に軍専用の慰安所があった。この場合、慰安所で働く女性を募集するとき、どのような仕事の説明をしたのだろう。昭和17年3月、シンガポールの軍管理下の新聞・昭南日報に、17歳から28歳までの「接待婦」(慰安婦)の募集広告が掲載されたそうだ。受付は将校用ホテルだったラッフルズホテル。この場合も、接待婦の職務内容をどう伝えたのだろうか。(2015年7月16日)


ニッポンリポート・ファイル一覧

ご意見などは tetuh@mbj.nifty.com へ

SAKUMA TETSU
フリーライター
著書[恐るべき証人][検死解剖マニュアル][拳銃天国ニッポン]など