佐久間 哲
ニッポンリポート


従軍慰安婦を調べる 編

処女でも慰安所から解放しなかったのだ!


 作家の長谷川伸は、昭和13年、中国・華南で耳にした"うれしい話"を書いている。
 慰安婦としてやってきた20歳の日本人女性のことだが、検診をした軍医はその娘が「意外にも処女であることを知った」。その軍医から“救出方法”の相談を受けた、ある将校がほかの将校に呼びかけ、“救出資金”を集めるなどの奔走の結果、その娘は無事に解放され、帰国できたというのだ。「悪い仲介人があって売り飛ばされたこの娘は喜びのあまり、顔をくちゃくちゃにして泣いたこと、いうまでもない」(従軍慰安婦の体験談等メモ・その4・1)。
 しかし、朝鮮人女性の場合は違っていたようだ。慰安婦問題を語る時、必ず登場する麻生徹男軍医が体験したことだ。昭和13年のはじめごろの中国・上海。
「当時、上海派遣軍の兵站病院の外科病棟に勤務していた私へ軍特務部より呼び出しが来た。何でも婦人科医が必要であるとのことだった」「命令にいわく『麻生軍医は近く開設せらるる陸軍娯楽所の為目下、其美路沙ケイ小学校に待機中の婦女子百余名の身体検査を行う可し』と。ただちに私たち一行、軍医、兵隊それに福民病院の看護婦2名を加えた11名にて出かけた。これが『日支事変』以後『大東亜戦』を通じて、兵站司令部の仕事として慰安所管理の嚆矢となった」
「彼女らは『皇軍兵士』の慰問使として朝鮮及び北九州の各地より募集せられた連中であった。興味あることには、朝鮮婦人の方は年齢も若く肉体的にも無垢を思わせる者がたくさんいたが、北九州の関係の分は既往にその道の商売をしていた者が大部分で、後者の中にはそけい部に大きな切開の瘢痕を有する者もしばしばあった。私はのちほど軍医会同にて一文を物して、この娼婦の質の向上を要求した。即ち内地をくいつめたような者を戦地へくらがえさせられては、将兵は、はなはだもって迷惑であると。中支方面に従軍せられた方で気付かれたことと思うが、南京、漢口等の将校クラブに朝鮮婦人の多かったことも、この辺の事情に起因していると思うは、あえて私の僻目でもなかろう」(その11・1)
 朝鮮婦人が「肉体的にも無垢」という意味は、処女ということである。長谷川伸が心打たれたような対応が皇軍のあるべき姿であったならば、処女の朝鮮婦人は慰安婦として受け入れるべきではなかった。
 しかし、昭和16年ごろ、満州に新設された慰安所の慰安婦を検診した軍医の話では、「バージンや小学校の先生もいたので聞くと、女衒から軍の酒保でサービスするとだまされてきたよし。帰ったらとすすめたら、前借金があるので返してからでないと帰れないと語った」とのことだった(その579・2)。
 インドネシア・セレベス島のソンデルでの出来事。ある軍医の回顧談である。
「公用外出時の下士官や外出日の兵を、売春婦が声をかけて誘い、ヤシ林のなかで売春しているという噂が流れた」「心配していた性病罹患者が出始めた」「ある日、突然M主計少尉から、『軍医さん、慰安所ができることになりましたよ』と言われた」「経営は韓国出身の日本語の上手な女性(朝子)が、慰安所の女性集めは出入り御用商人のニコラス・タンブブン、フレッ・タンブブン兄弟が担当することになっている」「慰安所の女性を集めるために必要な布地などの物資は、部隊の主計からニコラスに与える」「慰安所の女性の健康管理(局所検査を含め)は、軍医さんにお願いすることになっていますとM主計少尉から言われた」「軍の組織上」「部隊長(IM陸軍少佐)、UT副官からの命令なくしては設置は不可能である」
「慰安婦は全員インドネシアの女性であった」「『ドクター、今日は2人の新規採用者がいますから、まず先に検査して下さい』と(朝子が)いい、2人の現地の女性P子とT子を連れてきた。P子は、ひどい貧血のある貧しい身なりの女性で、一目見て明らかにまだ男を知らなそうな女性のようであった」「 (検査すると)P子は、やはり娘であった」
「(検査後のP子とのやりとり)『心配しないでよろしい。もう検査はしない。ところで、どこの村から来たのか』『……』『慰安所のことを知っているのかい』『はい』」「『どうして慰安所で働く気になったのか』『ニコラスは喫茶店と言いました。1日三度、肉と魚でご飯がたべられ、お金のほかに、洋服がもらえるところと言われました』と怯えるような態度で重い口を開いた。『ニコラスが恐いのです。ニコラスは、もし逃げたら憲兵につかまって殺されると言いました』」「あとでわかったことであるが、結果的に、P子はIM部隊長によって水揚げされてしまった」(その163・2)
 結局、“うれしい話”は稀有な例で、日本軍は処女でも慰安所から解放しなかったのだ!

(草稿・2016年1月1日・最新更新)



ニッポンリポート・ファイル一覧

ご意見などは tetuh@mbj.nifty.com へ

SAKUMA TETSU
フリーライター
著書[恐るべき証人][検死解剖マニュアル][拳銃天国ニッポン]など