佐久間 哲
ニッポンリポート


従軍慰安婦を調べる 編

野戦慰安所に“徴用”された中国人女性もいたのだ!


 日本軍将兵の中国人女性に対する強姦は無惨なものだったが、中国における集団的強姦の最たるものが、次のようなことだった。
 部隊として中国人女性を拉致・監禁し、“野戦慰安所”なるものを勝手に急造するのだ。ある兵士もその慰安所に出かけた。「部屋の中には、ピー(中国女性)は真っ裸にされ、両足をはだけたまま仰向けに寝ているではないか。俺は初めてで困ったぞ。そのうえ、ピーは兵隊が次々と抱きつき思う存分やった後だから、ぐったりとなってびくとも動きはせん。その上に俺もズボンをとって乗り、一発やったんだ。その後、おれがピーから降りた時もびくとも動かず、死んだ者のようだったぞ」(その522・1)。
 同様なことを経験した日本軍兵士の話。「『女を洗濯婦として徴用せよ』と言われたことがありました。それは小隊に出た命令です。いい顔の女は皆連れて来ました。大体向こうに行くとクーニャンは一人で部屋にいるんですな。夜中に襲撃して、寝ている女性を20人から30人ぐらい連れて来て、各分隊に3人ぐらい配分する。それが朝になったら全部逃げてしまってどこにもおらなくなっていたのです。こっちは連れて来て(強姦して)からは安心して寝てしまったので、うまいこと逃げられたこともありました。分隊に配分された場合は分隊長からやるんです。連れて来たときは抵抗するよりも泣いていましたな」(その299・1)。
 別な兵士は、「駐屯したところへ女を見つけてきて分隊で飼うとんや。1週間か2週間したらもう帰して替わりを捕りに行くんや。寺へ行ったらなんぼでもおるんや。寺は大きな家やから逃げて来てるんや。民家でも二階を壊したら隠れとる。二階に置いてあるわらの中なんかに隠して女の子の親が食べ物を運んでるんや。分隊の駐屯は民家を使っていた。3人くらい連れて来て飯を食わせていた。飽きてきたら替える。泣くのは最初だけや。分隊に連れてきて飯食わせたら諦める」(その299・1)。
 元陸軍中尉という関東地方のある市長がこんな話をしたそうだ。「私は北支と中支を歩きました」「後方部隊でした。戦闘が終って、村が焼け野原のようになる。村人が畑や山小屋にかくれている。その宣撫工作をやった。占領した村にはたくさんの娘や主婦がいた。その女たちを捕らえ、軍の慰安所へ送り込むのが主な仕事でね」「可哀相な気もしたが、まず美人で、よさそうな娘や主婦を将校が2、3日泊めて“慰安”する。その後、前線部隊の慰安所に送り込む。いい仕事でしたよ」(その134・3)。
 これほど露骨ではないが、占領軍の力を背景に中国人女性の徴発を行った例もある。
 日支事変の初期。「村の有力者たちによって治安維持会がつくられると、(日本軍の)隊長から、さっそく『姑娘はいないか』という申し入れが行われた。治安維持会の代表者たちは、『この町には商売女はいない。しかし素人娘でもよければ、近在の村々から探してくる』とこたえた。日本側は『素人で結構、至急よびあつめてくれ』といい、数日後、十数名の姑娘が治安維持会の手で集められ、日本軍のために慰安所を開設した」(その1・1)。
 ある部隊では部隊長用の慰安所を秘密裏に設置することを決定する。「先ずサービスガールを撰ぶことになった。日本人や朝鮮人は避けて、支那人の上流家庭の婦女子を充つることに一決し、地方有力者を介して物色したところ、美人4、5名を得た。倶楽部(慰安所)の場所も人の眼のつかぬ適当な処に求むることができた。いよいよ明日より開所することにした途端」「出動命令が下った。やむを得ず之を中止した。残念残念」(その385・1)。
 さらに、ある旅団長などは、「着任して半月も経たぬうちに、夜伽の女が欲しいと言い出した」「副官は早速、治安維持会に命令して女を準備させた。人身御供になったのは16歳にも満たぬ花も蕾の姑娘であった。そして『おれはサックなんか使うのは嫌いだから病気の有無をよく調べろ』と命じた。止むなく、軍医はこの命令に従ったはずである」(その244・1)。
 これらは氷山の一角だろう。日本軍に拉致され、あるいは強要により、野戦慰安所に“徴用”された中国人女性もいたのだ!

(草稿・2015年11月1日・最新更新)



ニッポンリポート・ファイル一覧

ご意見などは tetuh@mbj.nifty.com へ

SAKUMA TETSU
フリーライター
著書[恐るべき証人][検死解剖マニュアル][拳銃天国ニッポン]など