佐久間 哲
ニッポンリポート


従軍慰安婦を調べる 編

とりあえず・24 "私娼狩り”で集めたのか



 慰安婦の集め方に関して、さまざまな方法が指摘されるが、ひとつ、こんなやり方もあったようなのである。
 昭和14年7月、中国・漢口に多数の慰安婦が内地から送られてきた。現地軍の慰安係が担当したのだが、「三重県に激しい廃娼運動がひろがったため、あまった娼妓200名の行き場がなくなり」、中国行きとなったのだという。それから半月ほどして、大阪府警察部長から慰安係長にあて、「当部業務に御協力を賜り、厚く感謝する」という感謝状が届いた。三重の話がなぜ大阪なのか、その経緯は不明だった(従軍慰安婦の体験談等メモ・その169)。
 中国行きが警察の処分として行われたのかどうか。戦地での体験から、「不良少女または犯罪を犯し収容所にいた婦人が送られてきていました」と話す元軍人もいる(その138・4)。
 これに見合う証言もある。昭和20年、中国・海南島の海軍病院にいた従軍看護婦は、「彼女(慰安婦)たちは、遊郭制度廃止後かくれて営業していたところを連れてこられた人が多く」いたというのだ(その30・1)。
 すると、安岡章太郎が目撃したような女性も慰安婦とされたのかもしれない。昭和19年1月、安岡は東京・玉の井に出かける。「戦争が進むにつれて私娼窟の取締りはきびしくなり、迷路のような小路の辻々には私服の刑事が眼を光らせて立っていた」「漬け物屋のかどを曲って、小窓の並んだ小路に足を踏み入れたとたんに、険悪な叫び声がきこえ、人だかりがしているので、覗いてみると雪のヌカルミの上に女が一人倒れており、2人の刑事が彼女を引っ立てようとしているのであった。女は泥酔しているらしく、さかんに泣きわめいており、刑事は黙ってそれを見下ろしながらときどき靴先で女の体を蹴とばしていた。そのたびに、どすっどすっというような不気味な音がひびいて、僕は一瞬、自分も軍隊に入るとあんな目に合されるのじゃないかな、とイヤな気がした」(その560・1)。

(2016年5月25日・最新更新)



ニッポンリポート・ファイル一覧

ご意見などは tetuh@mbj.nifty.com へ

SAKUMA TETSU
フリーライター
著書[恐るべき証人][検死解剖マニュアル][拳銃天国ニッポン]など