佐久間 哲
ニッポンリポート


従軍慰安婦を調べる 編

とりあえず・25 ラバウル強姦事件はあったのか



 南方ラバウルにも慰安所があった。「私は憲兵隊の本部の責任者として、その『慰安所』の総監督もした」という元軍人の語る“ラバウル慰安所史”はつぎのとおりだ。
「『慰安所』と女たちを引き連れてきたのは陸軍の暁部隊です。暁部隊は正式には第4船舶輸送司令部というので、強力な輸送力を持っていました。坂本中将が司令をしていました。支那事変・満州事変以来の日本軍相手の『慰安所』の親方と暁部隊が話し合ってラバウルに女たちを連れてきたのです。『慰安所』の管理は暁部隊がしていました」「一番大きい『慰安所』は平屋建ての長い建物で、朝鮮の女たちがすし詰めに200人から300人入れられてました。日本から連れてこられた女たちは、別の8棟ほどの二階建ての『慰安所』にいました。それぞれ20人ずつぐらい詰められていたでしょうか」「今村均司令長官指揮下の副官部が『日々命令』を師団に伝達するんですが、そのひとつが、この『慰安所』の使用でした。今日はどの部隊が『慰安所』を使うかなど、日を割り当てていたんです。そうでないと混雑してしまうからです」(従軍慰安婦の体験談等メモ・その363・1)。
 この元軍人の話には出てこないが、“ラバウル慰安所史”の序章には驚くべきことがあったとも語られている。作家の千田夏光が取材の中で聞いたというのだ。「昭和17年1月23日攻略直後のラバウルで西村幸吉さんたちの歩兵第144連隊第一大隊長T少佐が、17歳になるラバウル市長の娘を強姦した事件があり、『隊長がやるなら、よし俺たちも』と兵隊が眼の色をかえたのにおどろいた支隊司令部は、あわてて後方から従軍慰安婦を送らせた事実のあったことを知った。このときの従軍慰安婦は太平洋方面における陸軍の補給本部があるパラオ島からのものとされていた。が、海軍航空隊の進出とともに海軍も同じように従軍慰安婦をラバウルへ送っている。こちらは太平洋方面最大の海軍基地トラック島からで」あったそうだ(その42・1)。
 強姦事件の有無に関係なく、慰安所は日本軍の“必需携行品”だから、ラバウルにも素早く慰安所が開設されたろう。?たして、このラバウル強姦事件はあったのか。

(2016年5月25日・最新更新)



ニッポンリポート・ファイル一覧

ご意見などは tetuh@mbj.nifty.com へ

SAKUMA TETSU
フリーライター
著書[恐るべき証人][検死解剖マニュアル][拳銃天国ニッポン]など