佐久間 哲
ニッポンリポート


従軍慰安婦を調べる 編

とりあえず・26 なぜ供養碑を建てたのか



 1977年のこと、大阪・大東市内に朝鮮人従軍慰安婦の慰霊碑が建てられた。建立したのは元陸軍兵士だ。「彼は戦争中、現地で従軍慰安婦を見てきて、『悲惨な少女たちやった』と話していた。当時はまだ広く知られていないことだったので、後世に伝えたいと考えたようだ」と、友人が建立のわけを説明したそうだ(従軍慰安婦の体験談等メモ・その146・1)。
 そういえば、中国で“モデル慰安所”として隆盛を誇った漢口の陸軍慰安所にも、それらしいものがあった。
 漢口の慰安所は、「毎月3日の日に業務を休む。これは、昭和13年11月3日の漢口入城式を記念したものである。当日、朝9時になると、慰安婦たちは着飾って」「慰安所内の小公園に参集する」「まず、皇居のある東方に向かって最敬礼してから、戦没英霊に対し1分間の黙祷を捧げる。つぎに公園の隅に建てられた慰安婦供養碑に拝礼する。つづいて、兵站司令部の慰安係長が壇上に立って精神訓話をする」「それから、当日の眼目の表彰式に移る。表彰されるのは、前月の花代、つまり売り上げが最高だった慰安婦である。(慰安所経営者組合の)組合長が、あなたは何月、最高の売り上げをし、全慰安婦の模範となり、皇軍慰安に努力したことを賞し、表彰します、と表彰状を読み上げ、表彰状とささやかな副賞を授与し、二位、三位の慰安婦も表彰される」「太平洋戦争が突発すると、毎月8日が大詔奉戴日に制定されたのにともなって、8日に変更され、ひきつづいて取りおこなわれた」(その169)。
 戦後の慰霊碑、戦中の供養碑。慰安婦の惨憺たる苦労が偲ばれるではないか。改めて、かれらは、なぜ供養碑を建てたのか。

(2016年5月25日・最新更新)



ニッポンリポート・ファイル一覧

ご意見などは tetuh@mbj.nifty.com へ

SAKUMA TETSU
フリーライター
著書[恐るべき証人][検死解剖マニュアル][拳銃天国ニッポン]など