佐久間 哲
ニッポンリポート


従軍慰安婦を調べる 編

とりあえず・29 "慰安所の親父"がボルネオで銃殺されたのか



 ボルネオのバリクパパンにあった慰安所をめぐる話である。ある海軍軍人の回顧。
「内地でその関係の商売をしていた人間が南方まで進出して、原住民を集めて慰安所をこしらえて、ボルネオで働いていた民間人や兵隊に場所を提供したんだ。慰安所の親父たちは、いろいろと口でうまいことを言って原住民を集めたんだろう。ある所では女が泣き騒いで暴れているというんで、私が行ってみたら、騙されたといって泣きわめいている。それで店の親父に、本人がこんなに嫌がっているんだから家に帰してやれと命令して、私自身がトラックに乗せて、女の村まで連れて行った。そしたら家族だの近所の者だの大勢出てきて、喜んで大変だったよ。こんな具合に、いやいや連れて行かれた女たちは終戦になるとオーストラリア兵に訴えた。それで親父たちはみんな捕まって、ほとんど現地で銃殺されたんだ。この事は公式記録にはのっているかどうか疑問だが、正真正銘、確かな話なんだ」(従軍慰安婦の体験談等メモ・その619・5)
 どうだろうか。戦犯裁判で処刑されていればともかく、これまで目にしたことはない。

(2016年10月24日・最新更新)



ニッポンリポート・ファイル一覧

ご意見などは tetuh@mbj.nifty.com へ

SAKUMA TETSU
フリーライター
著書[恐るべき証人][検死解剖マニュアル][拳銃天国ニッポン]など