佐久間 哲
ニッポンリポート


従軍慰安婦を調べる 編

とりあえず・3 慰安所・慰安婦と名付けたのはだれなのか


 陸軍御用達のコンドーム「突撃一番」の命名提案者は、陸軍軍需品本部の中尉だったと、上司だった鹿内信隆が証言している。では、その「突撃一番」を使用した軍用施設である慰安所という名前、さらに慰安婦という名前を考え出したのは、一体、だれだったのか。兵隊用語ではピー屋、ピーと呼んでいたそうだが……。昭和8年、中国での熱河作戦に従軍したとき、すでに慰安所と呼ばれていたという証言もある。昭和16年、検閲で押収された満州から内地への手紙の文中には、慰安所と申せば劇場か見世物小屋と想像するだろうけど、実は兵隊の貴重なる精力の排出場所とある。内地の一般社会でも慰安所という言葉は使われていた。たとえば、昭和7年1月の大阪朝日新聞の記事に、図書館が失業者の慰安所化してきたとあるのだが……。(2015年7月13日)


ニッポンリポート・ファイル一覧

ご意見などは tetuh@mbj.nifty.com へ

SAKUMA TETSU
フリーライター
著書[恐るべき証人][検死解剖マニュアル][拳銃天国ニッポン]など