佐久間 哲
ニッポンリポート


従軍慰安婦を調べる 編

とりあえず・30 グアム島戦犯第一号は何をしたのか



 ポツダム宣言受諾を受けて、各地で戦犯裁判が行われた。昭和19年8月、グアムの戦犯裁判における第一号の被告人は、民間人だった。明治時代にグアム島に入植。戦争中、日本軍に協力した日本人居留民会長である。起訴の内容の一つが、「現地民の女性を慰安婦として日本軍にあっせんし売淫せしめた」というもの(従軍慰安婦の体験談等メモ・その632・1)。有罪判決を受けたが、どのようにして"慰安婦部隊"をつくり上げたのだろうか。

(2016年10月25日・最新更新)



ニッポンリポート・ファイル一覧

ご意見などは tetuh@mbj.nifty.com へ

SAKUMA TETSU
フリーライター
著書[恐るべき証人][検死解剖マニュアル][拳銃天国ニッポン]など