佐久間 哲
ニッポンリポート


従軍慰安婦を調べる 編

とりあえず・31 沖縄に軍服姿の"当番"女性はいたのか



 昭和20年、沖縄で地上戦が始まってからの出来事である。ある軍人の証言。
「女とふざけてばかりいた将校は水島ばかりでなかった。上は軍司令官より、下は中隊長にいたるまで、幾多の例外を除いて、みんな右へならえをしていた。牛島中将は最後の時まで、某代議士の娘を『当番』につけていたし、長中将も同様であったという。想像してみるがよい。世にも異様な光景を。この日本軍国主義の『最後の花』であった第32軍の将校が、潰走する部隊の中で、軍服を着たこれらの女性を伴って、しかも兵隊を『しった』する姿を。そして、これはまた日本陸軍の真相でもあった」(従軍慰安婦の体験談等メモ・その643・1)
 真相はどうだったのか。

(2016年10月25日・最新更新)



ニッポンリポート・ファイル一覧

ご意見などは tetuh@mbj.nifty.com へ

SAKUMA TETSU
フリーライター
著書[恐るべき証人][検死解剖マニュアル][拳銃天国ニッポン]など