佐久間 哲
ニッポンリポート


従軍慰安婦を調べる 編

とりあえず・32 阿波丸事件で慰安婦遺族に見舞金支払ったのか



 戦争末期、昭和20年4月1日、日本に向かう貨客船・阿波丸が台湾付近で米軍の潜水艦によって撃沈された。乗船客2000人以上で、生存者は米側に救助された一人だけであった。阿波丸は、国際赤十字を通して南方各地の抑留外国人・捕虜に慰問品を送り届ける船で、国際的に安全を保障されていた。そのため、日本への帰国を希望する人が殺到したようである。
「(同船の)乗船客の選択は大本営から指示されてきた。シンガポールからの乗船客は大本営のほかに、シンガポールの南方総軍もこの船を選択した」(従軍慰安婦の体験談等メモ・その609・1)
 結局、乗船者の内訳は、米軍の攻撃で海にほうり出されて助かった遭難船員が700人以上、帝国石油450余人、阿波丸乗組員148人(うち一人米軍救助)、昭和電工97人、日本軽金属94人、古河鉱業11人、官庁関係では大東亜省・外務省46人、軍需省地下資源調査所11人など」で、乗船者の4分の3を占めた(その571・1)。
 このほかに、インドネシアのブキ・チンギにいた朝鮮人慰安婦も含まれていた。「彼女たちは、中国各地を日本軍と共に強制的に行動させられ、マレーからシンガポール、そしてスマトラまでつれて来られたのである。とっくに『借金』は返し、年期があけた『自由』の身であった。それでも、客をとらされていた。もっとも、雇主も強制は出来ないわけで、嫌いなやつは客にしなかったし、勝手に休むこともあった」「(ブキ・チンギの中国人街の)坂の上の左に、朝鮮人の彼女たちの宿る一画があった。コンクリートと漆喰でできた家であった。彼女たちが、阿波丸の乗船者に選ばれたことに、どんな経過があったかは知らない。しかし、これはわれわれにとっても、嬉しく思われる事であった」(その524・2)。
 阿波丸がなぜ撃沈されたのか。日本郵船社員のこんな証言がある。 「昭和20年3月27日21時阿波丸が内地に向い昭南を出帆した時、私もこれを見送った一人であるが、遂に本船は死の航海となってしまった。当時私は昭南の第三船舶輸送司令部に嘱託として勤務していた」「出帆の時浜田松太郎船長を本船に訪れたが、沈んだ面持ちで『往航の安全は保障されたが、(昭南で)かように錫、ゴムを積み込んでは、先ず帰りは無事には済まされまい、ご覧なさい、この吃水の深いことを』といわれたことを記憶している」(その848・1)
 ともあれ、この撃沈は阿波丸事件と呼ばれるが、米潜水艦がなぜ撃沈したか、責任の所在はどこにあるのかなどの曲折を経て、「(阿波丸乗船者)遺族への補償を肩代わりさせられた日本政府は、1950年7月に『死亡者一人に7万円、船の所有者日本郵船に1784万3000円』という内容の『阿波丸事件の見舞金に関する法律』を制定した」「サンフランシスコ講和会議は、翌51年9月に開かれた。阿波丸の遺族への見舞金は、その時までに支払いを終えていた」(その571・1)。
 ブキ・チンギの慰安婦たち遺族にも見舞金が支払われたのだろうか。

(2017年7月17日・最新更新)



ニッポンリポート・ファイル一覧

ご意見などは tetuh@mbj.nifty.com へ

SAKUMA TETSU
フリーライター
著書[恐るべき証人][検死解剖マニュアル][拳銃天国ニッポン]など