佐久間 哲
ニッポンリポート


従軍慰安婦を調べる 編

とりあえず・33 輸送指揮官は血祭りにあげられたのか



 1945年8月の敗戦にともない、海外各地から日本軍人・民間人らの引き揚げが開始された。インドネシアでは、引き揚げに関して、次のような体験を語る人もいる。彼は戦後インドネシアに残留したが、戦時中はスマトラ・メダンにあった軍政部衛生局管轄「メダン病理研究所」で働いていた。46年3月ごろ聞いた話のようである。
「スマトラには全部で6000人ほどの慰安婦がいたそうです。大部分は現地人で、終戦後すぐに解放されて、それ相当の手みやげを持たせて帰らせたので表面的には問題はありませんでした。日本人女性もいましたが、連合軍に要求される前に、看護婦やなんかに仕立てて病院関係者と一緒にいち早く帰還させていました。残りが朝鮮人の慰安婦で450人いました。そのうち300人はすでに朝鮮に帰還していて、あと150人残っていました。ところが、先にその300人を乗せて帰った船の輸送指揮官だった衛生局の佐久間さんという人が行方不明のままだというのです。船は確かに朝鮮に入港したのです。おそらく、当時の朝鮮の混乱した状態の中で、これまで日本が犯してきたことへの恨みから、血祭りにあげられたのではないかという話でした」(従軍慰安婦の体験談等メモ・その775)
 引揚げ船の中で、戦時中の恨みをはらす光景が見られたという話はよく聞く。その類と思われるが、輸送指揮官が朝鮮で血祭りにあげられたのだろうか。
 スマトラからの引揚げはベラワンから行われたようだ。第25軍渉外部ベラワン出張所長として引揚げ業務に当たった人の日記がある。
 それによると、「昭和21年2月2日 第1回引揚開始。泰東丸、南進丸、南興丸、南明丸、弥栄丸、すみれ丸」。以後、「2月18日 第2回引揚輸送。南興丸、南明丸、弥栄丸、すみれ丸を除いて、すべて戦時急造船で船会社でいう『E型』船。上甲板に人員を貨物並に乗せ、シンガポールまで輸送する。すみれ丸は病院船で女子病人を直接日本まで輸送」。さらに、「2月下旬 第3回引揚輸送」「3月26日 第4回引揚輸送。第3回、第4回とも前期E型船が多数入港、船名不明。軍政部、邦人は4回の引揚で終了」した。
 このような方法で「第三国人、婦女子、邦人、軍属の順に引揚げ、軍隊では近歩5が最後まで残り、ベラワン作業隊400名を残して、昭和21年末までに復員した」(その797・1)。
 朝鮮人慰安婦は第三国人の範疇だろうから、第一陣は第1回引揚組だったろうか。残りの150 人の帰国はいつごろだったろう。

(2017年1月30日・最新更新)



ニッポンリポート・ファイル一覧

ご意見などは tetuh@mbj.nifty.com へ

SAKUMA TETSU
フリーライター
著書[恐るべき証人][検死解剖マニュアル][拳銃天国ニッポン]など