佐久間 哲
ニッポンリポート


従軍慰安婦を調べる 編

とりあえず・34 慰安少女の年はいくつだったのか



 従軍慰安婦の象徴として、ソウルの日本大使館、釜山の日本総領事館の前に座る少女像。かなり若く見える。実際に慰安婦と接した日本軍人らが目で見、耳で聞いた少女の年齢はいくつだったろうか。
 朝鮮人慰安婦の場合、多くの体験談があるが、そのうちから一番若い少女の年齢を拾い上げてみよう。
 昭和17年3月ごろ、ビルマのラングーンに朝鮮人慰安婦の集団がやってきた。早速、駆けつけた日本の新聞特派員の話。
「私の相手になったのは23、4の女だった。日本語はうまかった。公学校で先生をしていたといった。『学校の先生がどうしてこんなところにやってきたのか』ときくと、彼女は本当に悔しそうにこういった。『私たちはだまされたのです。東京の軍需工場へ行くという話で募集がありました。私は東京へ行って見たかったので、応募しました。仁川沖に泊まっていた船に乗りこんだところ、東京へ行かずに南へ南へとやってきて、着いたところはシンガポールでした。そこで、半分くらいがおろされて、私たちはビルマに連れて来られたのです。歩いて帰るわけにも行かず逃げることもできません。私たちはあきらめています。ただ可哀想なのは何も知らない娘たちです。16、7の娘が8名います。この商売はいやだと泣いています」(従軍慰安婦の体験談等メモ・その1・7)
 昭和18年、北千島・幌筵島の慰安所での衝撃を語る軍人。
「宿舎で酒を飲み、1キロほど離れた慰安所を訪ねた」「部屋にいた女性は、言葉などで朝鮮半島の出身と分かった。名は花子、18歳と明かした。軍の売店で買ったアンパンを食べさせ、残りのパンを袋ごと与えると、女性は突然、布団をはねのけ、寝巻着の前を開いた。彼女は『見て』と性器を指し示した。そこは、裂けたような跡が、いく筋にもなって盛り上がり、無残な傷あととなっていた。酔いも好奇心も性欲も消し飛び、いたたまれなさと行き場のない怒りに襲われ、部屋を飛び出した。廊下に出てほかの部屋のドアを開け、やめさせようと大声で怒鳴り、戦友に抑えられた。『少女のころ連れてこられ、いや応なしに日本兵の相手をさせられた。悲鳴とおえつをどれだけもらし、屈辱にまみれたことか』」(その27・1)
 この女性も16、7歳ごろに慰安婦になったようだ。昭和15年、満州で慰安婦体験をした砲兵隊員の話。
「慰安婦と仲良くなって、(2年ぐらい、月1回いっていた)本人達の素性を聞いて、小生達も同情していました。それは、自分たちは日本でいう芸妓の見習で、妓さん学校に行っていたのを、皇軍慰問のためにと言って、連れてこられた。2年になるといって、泣いて語ってくれました。小生が22歳だったから、19歳18歳ぐらいだと思いました」(その66・2)
 やはり、16,7歳の時、慰安婦にされたという。さらに、武漢で慰安所担当をしていた下士官の話。
「朝鮮から妓をつれて帰った泰平館の楼主が、まだ17、8に見える女の子をつれて兵站に来た。戸籍謄本を見ると16歳である。これでは営業の許可はできない。楼主は、貧しい田舎の習慣で出生届がおくれたので、実際は満18歳だという。『馬鹿をいうな。年の足りない者に商売がさせられるか』とはねつけておいた。すると1か月ほどして、その女の子が自分で兵站へやって来て、ぜひ働かせてくれと言い出した。『どんなことをするのか知っているのか?』『知っている』『兵隊さんは乱暴だから辛抱できないぞ。泣いたって知らないぞ』『泣かない。どんなことでも辛抱する』『そうか。それじゃ軍医さんに証明書を書いてもらって来い』。あるいは事実出生届がおくれたのかも知れないと思い、結局楼主の希望を入れ、軍医の身体検査をうけた上許可することにした」(その156・1)
 検診で病気がなければ、規則違反だが16歳でも許可していたわけだ。各地に16歳の慰安少女はいたのだ。だから、昭和17年、中国の戦場で少女を見た補充兵の推測は当たっていたろう。
「われわれ補充兵の詰まったトラックの片すみに、年の頃なら15、6だろうか、朝鮮人の少女が、親方らしい朝鮮人の男に連れられて乗っていた。一目で、僕たちは了解した。貧しい朝鮮の少女が人買いの手に買われて、前線の日本軍の『慰安婦』として前線に送り込まれるのだった」「約1日のトラック輸送で(目的地に着き)」「トラックを降りる時、いままで小さくうずくまっていた朝鮮の少女が、おそらく親方に教え込まれていたのだろう、片言の日本語で『兵隊サン、アソビニ来テネ』と言った。僕の胸は冷たくなった」(その311・1)
 慰安婦の年齢でいえば、インドネシアでは13歳のオランダ人少女が強制され(その709・2)、中国でも12,3歳の中国人少女が慰安所にいたとの話もある(その769・3)。

(2017年2月6日・最新更新)



ニッポンリポート・ファイル一覧

ご意見などは tetuh@mbj.nifty.com へ

SAKUMA TETSU
フリーライター
著書[恐るべき証人][検死解剖マニュアル][拳銃天国ニッポン]など