佐久間 哲
ニッポンリポート


従軍慰安婦を調べる 編

とりあえず・6 陸軍経理学校“慰安所運営講義”はどんなものだったのか


 フジ・サンケイグループの総帥だった鹿内信隆が陸軍経理学校で学んだひとつが“ピー屋設置要綱”というもので、調弁する女の耐久度、消耗度、どこの女がいいとか悪いとか、料金まで細かく教えられたという。また、現地では、慰安所関係は主計の仕事ともいわれていたようだ。戦争末期、現地の“自活生活”を支えるため、主計には豚のさばき方まで教えたというから、慰安所に関する経理学校での講義はどの程度のものだったのか。
 その内容はともかく、ある主計将校は、昭和18年、学徒動員で太平洋戦争に参戦し、石川・七尾の対潜訓練隊では主計長を務める。昭和20年のこと。「主計長として大事な仕事がある」「それは、赤線の問題だ。出撃すれば、生きて帰れるか、死んで帰るかわからない若い兵隊達の、セックスの問題だ。もし、これが適切でないと、町の若い子女とのトラブルが起こる」「赤線のボスと会って、いろいろ取り決めなければならない。その取り決めは、『2軒は士官用、他は下士官、兵用。戦地に向かう兵隊であるから、税金は免除。兵隊が最後の遊びをするのであるから、食事は十分に出してやってくれ、軍より食糧は出す。万事よろしく頼む』ということであった。赤線のボスは錆のかかった声で言った。『まかしといてくれ』」「着く船もなく、開店休業になっていた赤線は、息を吹き返した」(従軍慰安婦の体験談等メモ・その745・1)
 また、「陸軍経理部幹部候補生の太平洋戦争回想録」で、ある卒業生はこんな出来事を書いている。「野戦勤務の主計将校の先ずやるべき仕事は、慰安所の設置であると教わったことがある。不幸にして野戦勤務の経験がなく、自分で吟味しながら実行する機会はなかったが」「宇品にいる頃、従軍慰安婦の船団が護衛艦とともに南方へ出航した折、彼女等に喜んでもらいたいと真心を込めて船内糧秣を積み込み、経理学校の教えを思い出しながら、無事を祈りつつ出港を見送ったことがあったが、不幸にして南方海域で撃沈されたと後で聞き、がっかりしたが可哀想でもあり又残念至極でもあった」。
 別の卒業生は、昭和19年2月、「主計少尉として(小樽兵站司令部?)網走支部に赴任。沿岸警備隊に召集兵の老年多く、問題を起こしては軍民離反のもとになるとのことで、内地には珍しい慰安所を開設」(その727)した。

(2016年10月20日)


ニッポンリポート・ファイル一覧

ご意見などは tetuh@mbj.nifty.com へ

SAKUMA TETSU
フリーライター
著書[恐るべき証人][検死解剖マニュアル][拳銃天国ニッポン]など