佐久間 哲
ニッポンリポート


従軍慰安婦を調べる 編

従軍慰安婦の体験談等メモ・3


〔その101〕向井啓雄著『特殊女性』文芸春秋新社、1955年発行。
(その101・1)
「戦争中にあっては、一切の享楽は禁止されながらも、産業戦士の慰安、戦意高揚という目的を達成するためには、向島や池袋のミズテン芸者が接待所という名目で営業を許されていた。また、玉の井、亀戸といった私娼窟は、元来は非合法の存在であったのが、戦力増強という至上目標のもとに、慰安所という看板を与えられていたのである。日本軍の将兵のために慰安施設がととのえられ、そのための従業婦が遠く南方戦線をはじめ各地に派遣されていたことも周知の事実である。さらに、特攻隊の出撃が頻々となり、特攻隊員の訓練基地が各所に設けられる段階に達すると、『花と散る特攻隊員を慰問するために』と、女学生その他の女性の挺身的奉仕を求める指導者もあらわれている」(57〜58ページ)

〔その102〕ロバート・シャーロッド著『絶望の島サイパン』妙義出版、1956年発行。シャーロッドは、米軍の従軍記者。
(その102・1)昭和19年6月、南方・サイパン。
「ガラパンの町でわが軍の占領した部分は、まったく瓦礫のかたまりであった」「2軒の赤く塗った木造の大きな建物はかなり無傷でのこっていた。海兵たちはこれを『ゲイシャ・ハウス』と呼んでいたが、そこに住んでいた連中はとっくの昔に避難してしまって、現在ではあきらかに単なる倉庫になっていた。しかしその木造の建物のせまい廊下や、もっとせまい小部屋の中には、一面にはなやかな色彩のキモノやオビが幾ダースも散乱していた」「またそこには数千個の花柳病予防薬とたくさんの安香水が置きざりにされてあった」(167ページ)
「私はタポーチョ山の前面の傾斜面を下に歩いていった」「この山中の小道には5名の日本兵の死体が横たわっていた。彼らはあきらかに、幾日も以前のわが軍の砲撃で殺されたものであった」「さらに、この山道をさきへ進むと、約20名ばかりの日本兵の死体が一面に道ばたに散乱していた。その中の5名の日本兵の死体が円形をつくっている真中に、青色と白色の簡単服を着た1名の女の死体が横たわっていた。彼女の顔は、死のしずけさを浮かべていた」(186〜187ページ)

〔その103〕大森実著『日本崩壊・戦後秘史1』講談社文庫、1981年発行。ドイツ駐在海軍武官補佐官だった藤村義朗は、日本から来航する伊号潜水艦を迎えに出向いた先で見た。
(その103・1)昭和19年8月、北フランス・ロリアン。
「藤村が、ロリアン港の埠頭で目撃したものは、ヒトラー・ユーゲントの50名ばかりの可憐なドイツ娘が、死の旅路に出港してゆくUボートの若いドイツ水兵と、肩と肩を組み合わせて別れを惜しむ抒情にあふれた悲劇的な姿でしかなかった。ヒトラー・ユーゲントのドイツ娘は、ナチの戦争末期において、集団慰安婦に仕立てあげられていた」(33ページ)

〔その104〕寺崎浩著『戦争の横顔ー陸軍報道班員記』太平出版社、1974年発行。寺崎は、昭和16年11月、陸軍に徴用され南方に向かう。同年12月下旬?、マレーのペナンで宣伝班の任務につく。
(その104・1)昭和16年12月?、マレー・ペナン。
「園(浜崎)たちがペナンに入った前日、海軍部隊が入ってきて、海軍地帯を手に入れていた。海岸沿いのホテルをいくつか接収し、学校を手に入れていた。翌日には若い女の子、主として英語のできる中国娘を連れてきて慰安所を開いていた」(60〜61ページ)「海岸べりの上海飯店へ行く。海軍将校用の慰安所だが、酒を飲んだり、ダンスができるようにもなっている」(78ページ)

〔その105〕「白鳥町戦没者の手紙」編集委員会編『白鳥町戦没者の手紙』白鳥町教育委員会、1976年発行。所収中、昭和14年11月、北支で戦死した陸軍上等兵の手紙。
(その105・1)昭和14年?4月、中国・北支。
「当地の日本人は2000余名で、その多くは売笑婦、旅館、酒場、カフェー等の職業人だそうです」(170ページ)

〔その106〕井之川巨著『偏向するつよさ』一葉社、2001年発行。詩人倉橋顕吉が満州で働いていたころの日記。
(その106・1)昭和18年7月、中国・満州。
「発車10分前、駅にかけつける。座席に転がって、うとうとしているうちに、何という駅だろう、一人の軍属に引率された朝鮮の娘たちが入って来てがやがや席を探している、大抵の子が青々とした小粒のりんごを入れた篭をさげている、やがてそれぞれ席に納まり込むと、一つ又一つと食べ始める」「娘たちは軍の特別慰安所へゆくのではないか、ふと、そんな気がする、牡丹江の町の一角に煙突をつぎたした小さい家が、そんな看板をあげていたっけ」(83〜84ページ)

〔その107〕池宮城秀意著『沖縄に生きて』サイマル出版会、1970年発行。池宮城は、昭和20年2月、沖縄県立中央図書館司書のとき、『防衛召集』され、陸軍二等兵となる。
(その107・1)昭和19年10月?、沖縄・那覇。
「松山町一帯は裁判所の官舎街で立木も多い。検事正官舎の庭には、数百年の琉球黒松の大木が何本もそびえている。しかし、検事正は追立てをくって、朝鮮娘(ぴい)といわれていた、慰安隊と称する数十人の女たちがはいっていた。家族を疎開させてひとりでいた老検事正は、日本軍筋から官舎をあけてくれと要求され、隣の同僚の官舎の一室に移っていた」(8ページ)
(その107・2)昭和20年、沖縄・糸数。
「糸数の壕は、平らな地面にぽっかり穴があいたものだった。人間ひとりがようやくくぐれるほどの穴を手さぐりで行くと、地下に広い天然壕があった」「壕をずっとたどっていくと、何メートルあるかよくはわからないが、二階か三階ほどの高さに光が見えた。そこまで登り降りできるようだ」「高いところには地方民がいた。中には慰安婦もいるという話であった。混乱した戦線から迷い込んだ朝鮮娘たちと、他府県のもの数人らしい」「私たちは、すべる足許に気をつけながら、彼女たちの近くまで登った。彼女たちはなかなか手にはいらないろうそくをともしていた。ゆらめく灯火に女たちの顔はよく見えない。私たちには女たちのしゃべっていることがわからない。おそらく朝鮮語であろう。戦線の緊迫で、すでに彼女たちは『ご用済み』となって放り出されたのである。この慰安婦たちは(昭和19年の)『10月空襲』のころ、日本軍のある部隊に、士気鼓舞のための慰問隊員として連れて来られた連中だった。私も図書館の行き帰りに、宿舎に出入りする風呂帰りらしい女たちを見かけたことがある。彼女たちはその後何か月か、部隊にそれぞれ配属されたのであろう。『士気を鼓舞』し、使い果たされて、今彼女たちは戦場を放浪している。たくわえた金を懐中に後生大事に抱えているのであろう彼女たちも、兵隊同様家郷に帰れるかどうかわからなくなってしまった」(84〜87ページ)
(その107・3)昭和20年6月?、沖縄・摩文仁。
「ある日の夕方グラマンを気にしながら畑道を歩いていたとき、私は思いがけない風景に出会った。道ばたの甘藷畑で、3人の女が芋掘りをしていた。3人とも那覇の辻町の遊女であった」「『わたしたち石部隊の炊事班にはいって、きのうここまできたんです』」「彼女たちが行動をともにしているのは、将校たちである。兵卒には彼女たちのような美しい女性を連れて戦場を駆けめぐることはできない。『炊事班』とは名目だけで、彼女たちはそれぞれ将校たちの『専属』の『戦場妻』であった」(127〜129ページ)

〔その108〕間中喜雄著『PWドクター』金剛社、1962年発行。間中は、陸軍軍医中尉で、沖縄のM島で終戦を迎える。
(その108・1)昭和21年1月、沖縄・M島。
「(M島から沖縄本島の捕虜収容所へ向かうとき)島のメドン(女殿)たちは突堤の先までわれがちに走り出て手を振り、旗をふる。島に約2万人の兵隊が1年半ほどいる間に、赤ん坊が約400人できた。隊が引き上げるときに志願して自動車や軍の器材を払い下げてもらって、現地除隊した者も数十人出てきた。やむをえず帰国する者は、各隊の副官が、子供のできた家庭を訪問してあるいて『ごあいさつ』をし、金一封の『寸志』をおいてきた」(25〜26ページ)

〔その109〕浄土卓也著『朝鮮人の強制連行と徴用』社会評論社、1992年発行。海軍は、1943年から香川県観音寺に海軍観音寺飛行場の建設を始める。工事は敗戦まで続けられ、徴用などで朝鮮人も動員され、その数400人を超えたともいう。
(その109・1)香川・観音寺。
「(朝鮮人強制連行などに関する)『真相調査団』による第五回現地調査(1991年8月)でのことである。参加住民の一人、森岡理三郎さん(観音寺市)が突然、次のようなことを語り出したのである。『滑走路の西側の沿って軍川(飛行場の排水溝のことを当時、地元民はこう呼んだ)が掘られたが、そのすぐ近くに慰安所がありましたな。長さ100メートルはあったですわ。ピー屋、ピー屋って我々はいっていましたって。わしは行ったことなかった……。慰安所内は4畳に区切られていましたな。軍ではなく、請負師が作ったと思うけど。何のためにって……。朝鮮人は単身者が多かったんでですな。もう夕方になると、襲われたらいかんいうこって、婦女子は彼らの住んでいるあたりには近寄らんようにしていたがな。そんなことで慰安所をつくったんやろ。慰安所の女性の中には朝鮮人もおったんではなかったやろうか。日本人も朝鮮人も通っていましたな』」(208〜209ページ)
「彼(金奉植)は1942年12月父母らと観音寺に渡ってきたとされる。『慰安所のことはよく知っていますよ。自分の住んでいた近くにあったからね』。奉植さんは1925年朝鮮慶尚北道義城郡で生まれたという。観音寺入りしたのは17歳のときだったことになる。『それは板塀で囲われていましたよ。長屋風の造りでしたよ。女性すべて同胞でした。ウーン、20人から30人の間位ではなかったかな。年齢ですか。みんな若かったですよ。20代の人たち。2、3棟はあったんじゃないですか。彼女らは日本に住んでいた同胞女性ではなかったですよ。そうだなあ、1944年にはあったと思うけど。45年8月まではいましたよ。その後はどうなったか……』」「金成満さん(観音寺市居住・1939年生)。在日二世。1946年、つまり戦後に観音寺に一家で来たという。実は成満さんのお父さんが慰安所の建物を購入したのである。観音寺入りをした年のことだったと思うという」「『父が購入した時は、塀はなかったですよ。いや、1棟だけだったですね。棟の長さは30メートル位だったと思いますね。間に廊下があって、その左右に部屋がそれぞれ6〜7つありましたね。1部屋は6畳位だったかな』」「もう一人、李鐘洛さん(観音寺市居住・1923年頃の生まれ)にもお会いした。1943年11月3日、観音寺に来ている。すぐ飛行場作りに動員されたといわれる。慰安所は確かにあったという。鄭(チョン)という同胞の方が朝鮮人女性を連れてきたのだといわれる。人数はよくはわからないが、10人以上はいた。日本人の大尉ら将校用には朝鮮人のベッピンさんが供せられたのだとも。70メートル位はあったろう』」(212〜214ページ)

〔その110〕高木俊朗著『インパール』文春文庫、1975年発行。昭和19年1月10日、インパール作戦を前にして、ビルマ・ムウタイにある陸軍第33師団司令部は、師団の大隊長以上の部隊長を集めて、研究・打ち合わせ会議を開いた。
(その110・1)昭和19年1月、ビルマ・ムウタイ。
「(会議を終えて、夜の会食時、師団の)田中参謀長が立ち上って、大声をあげた。『さあ、美人のいる所へ突撃だ。覚悟はできておるか。おれが裸踊りを見せてやる』。曙村(ムウタイの別称)には、芸者と称するも日本人の慰安婦がきていた。将校専用であった。その女たちのいる偕楽園という家に、田中参謀長が先に立って出かけて行った」(33ページ)
(その110・2)昭和19年3月、ビルマ・メイミョウ。
「(同地で第15軍の牟田口廉也司令官とチャンドラ・ボースが会見したが、同地には)内地の新聞社の記者が、報道班員となってきていた」「牟田口閣下のお好きなものは、1にクンショー、2にメーマ(ビルマ語の女)、3に新聞ジャーナリスト。誰がいい出したのか、どうせ毒舌好きの報道班員あたりから出たのだろう。当時、(朝日新聞の)藤井たちの間で、こんな数え唄が酒の席でよく飛び出した」(62〜63ページ)
(その110・3)昭和19年8月、ビルマ・ミッチナ。
「8月2日、北ビルマの要衝ミッチナは完全に連合軍の手におちた。ミッチナは」「2か月半の間、包囲され、孤立していた」「ミッチナには、軍隊及び一般居留民を合わせて約5000名の日本人がいた。野戦病院の傷病患者も、陣地について銃をとった。居留民は、陣地の構築に、たき出しに、連絡に、協力した。慰安婦までが、白鉢巻をして竹槍を握った。7月末、戦況はまったく絶望となった。重症患者は、すべて自決した。一部の軍隊は、玉砕の名のもとに、死の突撃をした。その他は、急造の青竹のいかだを作って、ただ一つの逃げ道であるイラワジ河から脱出した」(416〜417ページ)

〔その111〕高木俊朗著『抗命ーインパール2』文春文庫、1976年発行。
(その111・1)昭和19年1月、ビルマ・メイミョウ?。
「(第31師団の)佐藤師団長の耳にも、第15軍の幕僚の乱脈のうわさが聞こえていた。ことに情けなく思われたのは、その年の正月元日のできごとであった。新年の遥拝式のあと、(牟田口)軍司令官官舎に上級将校が集まって祝杯をあげた。年末におこなわれたインパール作戦の兵棋演習の結果、ビルマ方面軍の中参謀長と総軍の綾部総参謀副長が、それまでの態度を一変して、作戦計画に賛同し承認を与えた。その直後の新年宴会であるから、牟田口軍司令官や幕僚にとっては、喜びのあふれた祝宴であった。その席上へ、突然、着物姿の芸者が十数名あらわれた。メイミョウの清明荘という料亭の芸者たちであった」「官舎のなかは大さわぎとなり、将校たちは大いに酔った。夕方になって、参謀や将校たち十数名が、それぞれ、なじみの芸者と自動車に分乗した」「元日のことであるから、兵は外出を許されて町を歩いている者が多かった。将校乗用の旗をつけた自動車がくるので、兵たちは、あわてて、姿勢を正して敬礼した。その前を、酔った芸者の笑い声をふりまいて、車は通過した」(100〜101ページ)
(その111・2)昭和19年6月?、ビルマ・フミネ。
「138連隊の衛生下士官、谷口精一郎軍曹がフミネ付近を歩いている時であった。薄暮の山道を、ひとりで、ふらふらと歩いている人影を見つけた。雨はやんでいた。近づくと、軍装の赤十字看護婦だった。飯盒を一つ、さげているだけであった。通りすがりに顔をのぞいた。土色をして、うつろな目をしていた。『がんばれよ』と、励ましたが、返事の声はなかった。飯盒のふたは失われていた。なかには、2、3片の植物がはいっていた。バナナのじくであった。それが彼女の食糧の全部であった。谷口軍曹もふらふらしながら歩いていたが、いつか看護婦は見えなくなってしまった。その次の朝、谷口軍曹は草むらのなかに横たわっている一団を見つけた。疲れて休んでいるのかと思った。そばに行くと、赤十字看護婦ばかりであった。眠っているにしては、様子がおかしかった。服は雨にぬれたままであった。よく見ると、死んだ顔であった。全部で16名いた。外傷はなかった。服も乱れてはいなかった。しかし、16名が集まって、同時に死んでいるのは、普通の死にかたと思えなかった」(223〜224ページ)
(その111・3)昭和19年7月?、ビルマ・マンダレー。
「マンダレーでは、どこへ行っても、15軍司令部の腐敗堕落の話を聞かされた。インパール敗戦の時だけに、将兵は心から憎悪し糾弾していた。その人々の話によれば、マンダレーに近いシュウェボには、15軍の設けた慰安所がある。15軍の参謀たちは、戦線からそこの慰安婦に送金していた。幕僚のひとりひとりが、特定の女を持っていた。あの悲惨な敗戦のさなかにである、ということであった」(246〜247ページ)
(その111・4)昭和19年7月、ビルマ・ラングーン。
「すい(正式には漢字)香園というのは、ラングーンで一番大きい日本料亭であった。たくさんの芸者をおいていた。方面軍司令部とか、各兵団の高級将校が毎夜、内地と同じような酒席を催し、盛況を極めていた。『高級参謀の官邸は、すい香園の庭つづきだそうだな』『それは兵隊のうわさです』。青木大佐は弱って、しきりにあごひげをなでた。佐藤師団長が、そうしたことを知っているは、兵隊のうわさを聞いたのではなかった。インパールの戦場で、英軍戦車が日本軍に近づいてきて投降を勧告した。その時、方面軍司令部の幕僚の乱行ぶりを伝えて、『あなたがたが飢えている時に、方面軍の幕僚は庭つづきのすい香園の芸者のところにかよっていました。兵隊は、方面軍参謀といわないで、すい香園参謀と呼んでいました。これでは米も弾丸も送ってこないはずです』」(254〜255ページ)

〔その112〕高木俊朗著『全滅ーインパール3』文春文庫、1987年発行。
(その112・1)昭和19年?、ビルマ・メイミョウ。
「第15軍司令部のあるビルマ、シャン州のメイミョウには、清明荘という料亭があった。大阪の飛田遊郭の遊女屋の経営者が、畳、ふすまなどの建具、調度品、食器まで、日本から軍用品として運んで作った店であった。仲居も芸者もきていた。清明荘は第15軍司令部の専属の料亭であり、牟田口軍司令官や各幕僚(参謀)は、それぞれに芸者を独占していた」「ビルマの山の中であったが、まぐろのさしみと、日本の清酒がならんだ」「ことに軍参謀長の久野村中将は、清明荘にいることが多かった。そのため、兵隊の間では久野村参謀長のことを、淫猥なあだ名で呼んでいたほどであった。木下高級参謀は久野村参謀長とさわぎをおこした。それは久野村参謀長の専属にしている芸者に、木下高級参謀が手をだしたことが原因であった。久野村参謀長は、いつも芸者の部屋に直接はいって行くので、その現場を見つけた。久野村参謀長は怒って、木下高級参謀を外に引張りだした。そして、わざわざ護衛兵の立哨している所までつれてきて、木下高級参謀の横っつらを左右から二度なぐりつけた。兵隊のいる前で、中将が大佐をなぐったのだから、この事件は、たちまち評判になった」(119〜120ページ)

〔その113〕高木俊朗著『憤死ーインパール4』文春文庫、1988年発行。
(その113・1)昭和19年?、ビルマ・メイミョウ。
「第一線では惨戦惨敗がくり返されたが、メイミョウでは戦場とかけ離れた日課が続いた。第15軍司令部の勤務は、夕方5時の定時に終った。そのあと、幹部将校は酒と女の遊びにふけった。その同じ時刻に、第一線では夜襲死闘をつづけていた。牟田口軍司令官は豪壮な洋館を官邸にしていた。その庭に小道があり、衛兵が24時間、立哨していた。その小道をくだると、晴明荘という料亭に通じていた。牟田口軍司令官は夜ごと、ゆかたを着て晴明荘にかよった。酒と女に対する欲望に飽きることのない人であった」(272ページ)

〔その114〕村田和志郎著『日中戦争日記・第一巻杭州湾上陸』鵬和出版、1984年発行。村田は、昭和12年9月、召集され、陸軍第124連隊に所属し、下士官として日中事変に従軍。その間、召集解除された昭和15年3月まで克明な日記をつける。
(その114・1)昭和12年11月、中国・湖州。
「11月25日(の記述)」「或る朝早く、一人で別の風呂屋に行ったことがある。そこには濛々と湯気の立ちこめた中に、若い肉体美の朝鮮ピーが浴槽に盛り上がる程一杯に入っていた。湯気に包まれて浮かび上がった若い女性の肉体の美しさ、然も全裸2、30人の女の肌の美しさ、自分は逃げ出すわけにも行かなかった。勿論、其の場には男性は自分一人であった。湖州にも日本人慰安婦が到着したし、支那人、朝鮮人も来て夫々店を張った」(174〜175ページ)
(その114・2)昭和13年1月、中国・杭州。
「1月13日」「本日、上海から慰安婦が大量にやって来た。第○○連隊に30名配当。(著者の戦後の追加記述ー朝鮮ピーの如きは、皇民慰問隊の名称でかき集められ、そんなこととは露知らず、良家の子女も中には居たということである。南無阿弥陀仏を唱える外にない人道無視の軍政上の暴挙の一つでもあったか)」(239〜240ページ)

〔その115〕村田和志郎著『日中戦争日記・第二巻華中掃討戦』鵬和出版、1984年発行。
(その115・1)昭和13年、中国・湖州。
「2月13日」「肉体を売る日本女性の数急増。神経質で愛想がない。支那女性はゆったりとし、真心ありげな応対。部屋の隅で用を足すのが気になる風俗。朝鮮女性は更に日本女性よりおちつきがない。日本将校、兵を殺す。その兵は時間外登楼中であった由。然も、その将校相手の女性はその兵士の妻であったと。奇怪な事件もあるものだ」(8ページ)
「6月3日」「博多から、日本ピー6名来。1円50銭という。いいのが居ないという。近く更に13名来るとのこと」(124ページ)
「6月12日」「サックなくなり、慰安所営業中止」(132ページ)
「6月24日」「支那婦人と心中した兵がある。拳銃自殺。一寸考えられない感じである。李家巷の戦場を脱出した兵という。相手はピーということであった。いい仲になると国境はあるまい。それと戦場離脱では重刑は免れまいし、思い余って死を選び、愛する女性を道連れにしたものであろう」(145ページ)
「6月29日」「日本ピー博多屋、2円50銭。サック1打50銭」(151ページ)

〔その116〕村田和志郎著『日中戦争日記・第三巻華南侵攻戦』鵬和出版、1984年発行。
(その116・1)昭和13年、中国・広東付近。
「11月30日」「第二大隊進撃正面には、従軍看護婦2人が戦死したとの事で、2人共美人であったと言う。又、支那派遣軍慰問の女の集団も、戦線に派遣されて来るとの事であった。国を挙げての戦争なので貞操を顧みる暇もなく、戦線勇士を慰めるのであろう。それらのものの中には、400名に上る集団もあったという。それが実は将兵の妻であるとのことだった」(129〜130ページ)
「12月10日」「今崎伍長の話す所では、第五中隊の一個小隊の警備地には、この辺りの女が集まっていて糧食がなく、飢えそうになった。警備隊が来ると早速、若い女共が申し合わせをして、この日本の兵隊さんに一切を捧げることを申し出たという。その代わり、10銭なり20銭なりを与える。無料慰安所が非公式乍ら出来たと言って笑っている」(152ページ)
「12月14日」「支那人慰安所開設したが、日本兵にレプラが出たというので、鮮ピーに変えるという噂が飛ぶ」(161ページ)
「昭和14年1月16日」「部隊会報 1月4日市内西横町付近に先頃より中国人妓生開業せしにより、憲兵隊に於いて検査せしところ86名中、概して健康の者20名に過ぎず、各部隊は中国人妓生の利用を遠慮されたし(他は梅毒、レプラ等)」
「1月17日」「内地人慰安婦11日より開業。新塘第三倶楽部と命名。女11人、従来の慰安所左記の通り改称、新塘第一クラブ(半島女3、内地人経営)、新塘第二クラブ(半島女6、半島人経営)」(231〜232ページ)

〔その117〕村田和志郎著『日中戦争日記・第七巻警備戦下』鵬和出版、1986年発行。
(その117・1)昭和15年2月、中国・広東。
「2月8日」「陸軍休暇令が改正されて、第一線から1か月の賜暇が貰える事となっている。今日の南支日報に出ている。婚姻、家族整理のためとし、30日間とある。適用はなかなかされない事であろう。欧州の軍隊にはこれがちゃんとあって、1918年の第一次世界大戦にもこれが実施せられている。おくればせとは言い乍らいい事である」(87ページ)

〔その118〕山本常雄著『阿片と大砲』PMC出版、1985年発行。山本は、昭和17年、昭和通商に入社し、18年、満州・新京支店に勤務し、在満中に終戦を迎える。
(その118・1)昭和20年10月、中国・安東。
「10月に入ると、それまで安東に駐留していた国府軍が奉天方面へ後退し、入れ替わるようにしてソ連軍と中共軍が入り、彼らの軍政下に置かれるようになった」「わたしたちの住んでいた松月は中共八路軍に接収された。わたしたちは止むなく、近くのイロハ楼に引き移った。ここは元女郎屋、三階建ての木造家屋だが、かなりいたみの激しい建物だった」「イロハ楼の隣には日本人会が特設したソ連兵用の慰安所があり、昼間から無粋なソ連兵が出入りしていた」(234〜235ページ)

〔その119〕創価学会婦人平和委員会編『シリーズ平和への願いをこめて15・女子挺身隊(中部)編 白紙に消えた青春』第三文明社、1986年発行。同書中、「赤さびたプレス機」と題する愛知県碧南市在住の57歳女性の手記。岡崎で芸者をしていた。
(その119・1)昭和19年、愛知・岡崎。
「置屋の義母さんの元に軍部から通達があり、私たち芸者もとうとう昼間、軍需工場へ行くことになったのです」「夜は時々、要請があって、モンペ姿で本業のお座敷へ出ました。お客様は海軍航空隊の明日は戦場へ立つという特攻隊の方々が多かったように記憶しております。華やかなりし頃とはうって変わり、お座敷といっても電球に黒布をかぶせたうす明かりの下で、料理とて何も大したものは出せませんでした。それぞれが軍から支給された少々の酒などを持参されておりました。いきおいその酒も手伝ってか、最後の宴は、隊では決して見せたことのない本音の姿をさらけだしました。心のやるせなさをぶつけるように奇声を発し、畳を全部はがしてあばれ、あまりの異常さにとりつく島もないほどでした」(102〜103ページ)

〔その120〕創価学会婦人平和委員会編『シリーズ平和への願いをこめて18・四国編 息子をもどいとうせ』第三文明社、1988年発行。同書中、「南の楽園・パラオ本島清水村」と題する愛媛県今治市在住の57歳女性の手記。昭和初期、一家でパラオに移住する。
(その120・1)昭和19年、南洋・パラオ。
「第二次世界大戦が始まったころ、私は清水村尋常小学校の4年生でした」「(昭和19年ごろ)から、戦火はますます激しさを増し、学校に行っても、家にいても、防空ごうに入っていることのほうが多くなり、とうとう学校も閉校となりました」「毎日の生活も、軍隊の命令に従わなければなりません。私の家は、村の中心近くの大きな家だったために、軍人さんの慰安婦の人たちの住居に取りあげられ、私たち家族は、兵舎近くに父が造った小さな小屋に移り住みました。半年たったころ、取りあげられた家は、敵の目につくということで、取り壊されてしまいました」(113〜114ページ)

〔その121〕創価学会婦人平和委員会編『シリーズ平和への願いをこめて2・従軍看護婦編 白衣を紅に染めて』第三文明社、1981年発行。同書中、「戦地で見た女の悲しさ」と題する宮城県古川市在住の60歳女性の手記。昭和18年、救護(日赤)看護婦として海軍に召集され、ジャワ島のスラバヤに赴く。
(その121・1)昭和18年、南洋・マカッサル。
「ジャワ島に行く途中、私達の乗った輸送船が潜水艦に襲われ」「その時は運よく魚雷に当たらず、私たちはヤレヤレと胸をなでおろしましたが、それも束の間、またまた、何かの理由で船は進行を阻止され、やむなく途中のセレベス島マカッサルという所で1か月待機することになりました。ところが、私はこの地で先に記した戦場での負傷者よりもっとひどいものを見ることになりました。それは日本軍隊の恥部ともいわれている従軍慰安婦の実態でした。性病に冒され、局部が形がなくなるほどむごくくずれた彼女達は、『決していわないでくれ』といいながら、少しずつその生き地獄のさまを話してくれたものです。戦争のために送られた兵隊達もそこが戦場となっていなければ、休日もある。休みといっても行く所もすることもなければ、勢い、男達は慰安所に列をなす。慰安婦の数は少なくはなかったが、兵隊の数はあまりにも多く、時間を区切って用を済まさせたが、1日に数えきれないほどの人数を受け入れなければならず、それはもう生きた心地はない……と。それまで話に聞いたことはありましたが、現実にそういう所に身をさらさなければならない女性と接するにつけ、その中には朝鮮の女性もたくさんおりましたし、私は『ああ、日本人って、日本軍隊ってこういうものだったのか』と同じ日本人の女性として、言葉に表すこともできない憤りに苦しんだものでした」(156〜157ページ)
(その121・2)昭和20年3月、ジャワ・スラバヤ。
「3月、私達の102海軍病院には3か班60名いた全部の看護婦に任期がきたのと、日本が大変だからと引揚げることになりました。引揚げた私達はよかったものの、そのあとは、ますます悪化した戦局の中で看護婦は足りず、事務手伝いの人や慰安婦の人までが看護婦がわりに働かされたと聞きました」(158ページ)

〔その122〕創価学会婦人平和委員会編『シリーズ平和への願いをこめて6・基地の街(神奈川)編 サヨナラ・ベースの街』第三文明社、1982年発行。同書中、「本牧チャブ屋始末記」と題する匿名女性の手記。戦前、横浜でチャブ屋を経営していたことがある。
(その122・1)昭和21年、横浜・本牧。
「(戦後)米軍の駐留地となった周囲では、あちこちの娘さんや奥さんといった若い女性達が、米兵に連れ去られた上に乱暴をされ、大変な被害をうけていたのです」「そうした被害が目に余るものだったためか、山手警察からチャブ屋をやったことのある人が召集されました。私も出向いて行って言われたことは『このまま放置しておいたのでは米兵による一般婦女子の被害はふえる一方であるから、そうした被害から一般婦女子を守る為にも、皆さんにチャブ屋を再開してもらいたい』というものでした」「やむなく主人が友達と2人で材木をかき集めて、3畳くらいの部屋が10ほどあるバラックを建て、夜具を置いてシーツをかけるという急ごしらえのチャブ屋をつくりました」「チャブ屋といっても結局は売春宿のようになってしまい、米兵の欲望をほんとうに機械的に処理するだけの場所になり果ててしまいました」「私の店には8、9人の女の子がいました。彼女達の多くは戦前から水商売をやっていた人達でしたが、中には戦後の貧しさから泣く泣くこの世界に身を落としてきた人もいたのです。それは近在の漁師の娘さん達や、戦争で男手を奪われたために生活の術を失ってしまい、それでも家族を養っていかなければならない為にしかたなく働きはじめた人達でした。その頃の本牧の基地は独身兵の居住地だったので、チャブ屋は相当ににぎわったものでした。軍から避妊具をもらった白人兵で私の店から山手警察のところまで長蛇の列ができるほどで、人数にして150名余りの兵隊達が並びました。一人の女の子が1日に10人から15人、多い時は20人もの米兵を相手にするのです。米兵も部屋を出てゆく時は靴をはく時間すらなく、靴を手にぶらさげたまま外へ出てゆくというありさまでした」(139〜141ページ )

〔その123〕創価学会青年部反戦出版委員会編『戦争を知らない世代へ9・宮城編 生死の炎をこえてー出征兵士の手記』第三文明社、1975年発行。同書中、「トンネル暮らしのラバウルで」と題する53歳男性の手記。筆者は、昭和16年、海軍の久里浜・通信学校に入学した。
(その123・1)昭和17年?、南方・ラバウル?。
「通信学校にいた時、日米開戦となった」「通信学校を卒業した私はラバウルへ向かった。航海中は敵襲を避けるために蛇行の連続である。そして私の乗った船の中には朝鮮人女性が慰安婦として乗せられていた。皆が船の中で泣いていた。途中寄港したトラック島では日本人囚人が飛行場造りということで降ろされた。いよいよラバウルへ入港したが、その翌朝、早々とニューギニアのポートモレスビー米軍飛行基地から発進した敵機の空襲に見舞われた」(153〜155ページ)

〔その124〕創価学会青年部反戦出版委員会編『戦争を知らない世代へU1・石川編 死線からの逃避行ーシベリア、中国大陸引揚げ記録』第三文明社、1981年発行。同書中、「頭が重いの、ゴメンナサイ」と題する当時34歳女性の手記。
(その124・1)昭和20年、朝鮮・内中面。
「昭和20年8月12日(満州の)『公守領』にいた私たち76部隊の留守家族200人は突然、移動命令をいいわたされ」「奉天、安東をぬけて内中面に到着した」「敗戦の8月15日だった」「9月22日、38度線がひかれ南下することが不可能になり」「残留者と共に464人の共同生活がはじまった」「また私たちの中から新議洲のソ連の本部へ40人の慰安婦を送るようにとの指令があった時は、誰も行く人がいないので、泣く泣く3人の婦人が私たちの犠牲となることを承知してくれた。3人の婦人たちが自らその役をかって出てくれた時には、彼女たちの後姿に合掌したい気持ちにかられた」(11〜12ページ)

〔その125〕創価学会青年部反戦出版委員会編『戦争を知らない世代へU14・鳥取編 明日なき道を生きぬいてービルマ出征兵士の証言記録』第三文明社、1984年発行。
(その125・1)昭和19年?、ビルマ。
「(陸軍伍長として、ビルマ・ペグーなどでの逃避行を体験した男性は)マンダレー街道の途上、100人の患者を輸送する部隊と出会い、この隊の護衛を兼ね、入江少佐が輸送部隊の部隊長、私が副官となり輸送任務にあたりました。さらにピーヤと呼ぶ韓国の慰安隊30名ぐらいが加わってきました。彼女らには軍服を着せて歩かせました。やはり女性には無理だったのか、途中で何人も倒れてゆきました」(74〜78ページ)
(その125・2)昭和20年6月?、ビルマ・ペグー。 「私はビルマから帰って来て、毎日毎日夜も眠れませんでした」「(昭和20年6月から7月の間のこと、ペグー山系あたりで)2つの大悲劇があったのです」「(その一つは)慰安婦のことです。彼女たちは隊より少し離れた場所にバナナの木でつくった小さなほったて小屋に寝泊りしていました。ある日、私は用事があってその側を通っていた時、『おい、水を汲みに行かないか』という男の人の言葉を耳にしました。私たちには今まで水を1キロメートルほど離れた場所に汲みに行っていたので、そんなに近くにあるならと、翌日その谷を下って行きました。確かに水はありました。しかし、そこには、水以外に血のりと女の長い髪の毛が散乱していたのです。私は腰が抜けるほど驚き、水も汲まずに帰って来ました。どこをどう帰って来たのかわからないほどそれは恐ろしい光景でした。たぶん彼女たちは、私と同じ日本兵に殺されたのでしょう。食糧がありませんでしたから……。本当に兵隊が食べる食糧さえ底をついていたのですから……。本当にかわいそうなことです」(164〜166ページ)

〔その126〕創価学会青年部反戦出版委員会編『戦争を知らない世代へU19・広島編 もうひとつの被爆碑ー在日韓国人被爆体験の記録』第三文明社、1985年発行。「日本はいいところじゃけ、言われてきたのにね」と題する在日韓国人女性の手記。
(その126・1)昭和?年、韓国。
「『だまされた、だまされた』思うて、ずっと泣きながら、私は、嫁ぎ先の京都への汽車に乗っとった……。昭和16年、私が、15歳の時じゃった。私は、韓国の慶尚南道で生まれてね。家は農家で、両親や、兄弟と幸せに暮らしとったんよ。でも、私が年頃になった時、軍の方から、『女子挺身隊に来い』言うて、二度も呼び出しがあってね。両親は私を『挺身隊には、行かせたらいけん』思うて、急いで結婚を決めたんよ。『女子挺身隊』いうたら聞こえはええけど、満州に連れて行かれて、兵隊のオモチャになることじゃったんよ。私は、6人兄弟の次女でね、長女の姉さんが、大阪に嫁いでおったんで、親は、私も日本へ嫁がせることに決めたんよ」(119ページ)

〔その127〕日垣隆著『「松代大本営」の真実』講談社現代新書、1994年発行。
(その127・1)昭和19年、松代。
「(松代大本営の)地下壕工事が始まりつつあった44年9月以降、松代町内だけで7軒の『置屋業者』が新規営業を開始していた」「工事の孫請けのため松代で生活した体験をもつ金基周氏によれば、この7軒を含めて全部で15軒ほど慰安所があった時期もあるという。松代には全国的に見てもきわめて珍しいことに、朝鮮人慰安婦の家が当時のまま遺されていた」「その置屋業者たる親方は宮城県の塩釜からやってきたらしく、そこでは朝鮮人慰安婦は4人、外出することはほとんどなかったという。この『朝鮮人慰安婦の家』を保存しようという動きが本格化する92年8月25日、韓国から姜徳景さんが松代を訪れた。姜さんは43年の秋に富山市へ連れてこられ、翌年春には工場の寮から逃げだしたがすぐ軍人に捕まり、山間部の小隊で軍慰安婦になることを強いられた。11月ごろ、朝鮮人女性20人ほどがいる大きな部隊の駐留場所に移動させられる。そこが松代であった可能性が高い、と報じた新聞もある」「地名には確か『松』の文字がついていた、と彼女はおぼろげに記憶する。はっきりしているのは、逃亡を理由に軍慰安婦にさせられたこと、そして韓国京畿道から富山県不二越に連行されてきたことだ。松代工事の現場総責任者も、そして当時の長野県知事も、富山県庁を通じて朝鮮人労働者を『調達』してもらったという。東部軍管区の小部隊が『引率』についていたのであってみれば、姜さんの記憶とも符合する。姜さんが、松代にいたかどうかは、おそらく実証できない。問題は、姜さんのようにして軍慰安婦が生み出されたのだという事実と、そしてまた、その場所がどこであったかさえわからぬ状態に彼女たちが置かれたという証言に、まず思いを馳せたい」(135〜137ページ)

〔その128〕加藤周一編『私の昭和史』岩波新書、1988年発行。同書中、「鮮烈な記憶」と題する1922年生まれの獣医師男性の手記。筆者は、昭和18年、繰上げ卒業の学徒兵。配属された陸軍58師団は中国・広西省で死闘を展開した。
(その128・1)昭和20年、中国・九江。
「(敗戦後)第58師団が『九江』周辺の農村に分宿を完了したのは、昭和20年10月の初旬であった。或る日の午後のことである。一人の朝鮮人元従軍慰安婦が私たちの将校宿舎にどなり込んできた。元慰安婦の言葉はひどく乱暴であり、その態度はひどく横柄だった。そして言うのである。『お前ら、日本の将校よ。お前らの国日本は戦争に敗けて四等国だ。そして、朝鮮は一等国だ。もうわしらは、お前らの自由にはならんぞ!』と」「私たちはだまって聞いているだけで、なすすべがなかった」「(与えられた酒を)女はガブガブとうまそうに飲んでいた。そしてまた、『お前らは戦争に敗けたが、それでも、お前らには帰る国日本がある。それにくらべ、朝鮮は一等国になったというが、わしらのような女に帰れる国がいったいどこにあるのか!』。酒を一気飲みした女の口説きには、最初のすごみはだんだんとなくなっていた。そして酔いも大分廻ってきたようである。『エエッ!お前ら!わしらをこんな体にしたのは、いったい誰なんだ!こんな体でどうして祖国へ帰れるかよ!エエッ!お前ら!いったいこれをどうしてくれるんだ!』と、女はかき口説くのである」「女の皮膚はひどく荒れているし、髪の毛もバサバサしている。まだ年も若いのであろうが、女には若さというものが全く感じられない。『わしはお前らの顔は全然知らん。どこの部隊や。きっと、奥地から逃げてきたんやろ!ああ!わしはどうしよう!どうしよう!』と、遂に女は声をあげて泣きだした」「女の口数がだんだん少なくなってきた」「女はついに酔いつぶれてしまった。大隊副官が『少し休ませてやれ』といって女に毛布をかけてやった。女の寝顔は、ひどく幼かった」(47〜51ページ)

〔その129〕大岡昇平著『大岡昇平集1』岩波書店、1983年発行。同書中、『新しき俘虜と古き俘虜』。大岡が、フィリピン・レイテ島の捕虜収容所にいた時の話。
(その129・1)昭和20年?、フィリピン・セブ。
「(富永は)23歳の補充兵で、言問橋付近の煙草屋のせがれである」「私と富永はマニラまで一緒であったが、そこから彼は数名の暗号手と共に桜兵団の司令部へ配属された」「彼らはまもなくセブの第35軍司令部へ転属になった」「周囲に高級将校が多いので、日常の動作態度がうるさく、ビンタの取られ通しだったそうである。さらに11月には司令部と共にレイテに渡り、3月中旬パロンポンから小舟で逃げ帰るまで、あらゆるレイテの敗兵と同じ辛苦をなめたのである」「彼はセブの山中で初めて女を知っていた。部隊と行動を共にした従軍看護婦が、兵達を慰安したのである。一人の将校に独占されていた婦長が、進んでいい出したのだそうである。彼女達は職業的慰安婦ほどひどい条件ではないが、1日に1人ずつ兵を相手にすることを強制された。山中の士気の維持が口実であった。応じなければ食糧が与えられないのである。『どうだったい』と私は笑いながら訊いた。彼は少し顔をあからめてもじもじしていたが、『すんだら、女は「失礼しました」といいました』と答えた。傍らで聞いていた炊事員は声を立てて笑った。そしていった。『お前はそこで「ご苦労さんでありました」っていって、敬礼したんだろう』。富永は眼を円くした。『どうしてわかりましたか。その通りでありました』」(394〜401ページ)

〔その130〕山本武利著『日本兵捕虜は何をしゃべったか』文春新書、2001年発行。米軍による日本兵などの捕虜の尋問記録からの報告。
(その130・1)昭和19年?、ビルマ・ミッチナー。
「インド・アッサムのレドで1944年8月になされたOWIによる『20人の朝鮮人の従軍慰安婦尋問調書』という文書は、アメリカ国立公文書館ではよく見かけるものだ」「彼女たちと2人の日本人民間人は北ビルマの要衝ミッチナーの陥落後に、イギリス軍将校率いるカチン族兵士によって捕虜となった。そしてアメリカ軍の本拠地レドに連行され、日系人(米軍人に)」「よって尋問された。尋問は20日間にもおよんでいる」「この調書によると、彼女たちは1942年5月、日本の周旋業者が朝鮮本土で行った日本兵の負傷者の看護などの『慰安役務』募集にだまされ、家族の借金返済の前渡金をもらい、慰安所の楼主に連れられ、ラングーンに上陸した。800人の女性がいたが、8人から12人の集団に分けられ、ビルマ各地の慰安所に配属された。ミッチナーには第18師団第114連隊が駐在し、連隊長は丸山大佐であった。彼はよく慰安所に通ったので、そこは『マルヤマクラブ』といわれた」「彼女たちは稼ぎの約半分を楼主から受け取っていた。軍は借金返済を終えた慰安婦の帰国を1943年から認めたため、一部の者が朝鮮に帰って行った」「彼女たちは捕虜になるまで、ミッチナーの軍事情勢をほとんど知らなかった。連合軍による爆撃は熾烈で、慰安所も爆撃され、数名が負傷、死亡した」「OWIには従軍慰安婦を救う意図はなく彼女たちに特別の同情を寄せたわけでもなかった。彼女たちに対する日本軍の人権無視を糾弾するために、この調書を作成したのではないのだ。はっきりしているのは、ミッチナーを落ち延びながらも、他のビルマ戦線に指揮をとることが必至の丸山大佐の力量をOWIは恐れていた。そこで彼女たちにかれの消息を聞きただしているのである。ともかくこの調書を使って悪名高い丸山大佐をビラで攻撃する予定はあったし、実際にそれを実行している」(175〜178ページ)
(その130・2)昭和20年。
「中国雲南省の昆明には、当時、OSSなどアメリカの機関や軍の中国における本部があった」「昆明市内の中学校にある捕虜収容所は、国民党政府軍が管理していた。ここには23人の朝鮮人慰安婦のほかに、朝鮮人男性2人、台湾人男性1人、77人の日本人男性と4人の日本人女性が収容されていた。1945年4月にOSSが行ったかれらへの尋問は」「かなり大掛かりなものであった。その調書である『昆明における朝鮮人と日本人捕虜』には、次のように記されている。朝鮮人は男性も女性も戦闘で捕らえられたわけではなかった。かれらは日本軍を脱走し、中国軍側に投降した者ばかりであった」「朝鮮人女性23人のうち、1人以外は強制と欺瞞によって慰安婦にさせられたことは明らかであった。たとえば1943年7月に韓国を離れた15人は、シンガポールの日本工場の女工募集広告を韓国内の新聞で見て、応募している。その際、少なくとも300人が応募して、南方に向かったが、彼女たちも全員だまされていた」「中には1938年にピョンヤンを離れた25歳の女性もいる」(178〜179ページ)

〔その131〕川村邦光編著『戦死者のゆくえ』青弓社、2003年発行。
(その131・1)
「靖国神社の女性祭神は、現在、246万6000余柱のうち5万7000余柱とされている。初めて祀られたのは、1869年の第一回合祀祭における」「戊辰戦争で戦死したとされている(女性一人)」「(以来)満州事変で6人(などを)合わせると、(この時点までに)53人である。1937年以降の日中戦争・太平洋戦争では、5万5776人(1972年現在。戦中では1945年4月合祀祭の56人が最高)である」「戦局がより苛烈化していく中で、女性の祭神が増えていったのである。日清戦争以降、靖国神社に祀られた女性の多くは従軍看護婦であると推測されるのが、ひとつの大きな特徴である」(194ページ)

〔その132〕色川大吉著『日本人の再発見』小学館ライブラリー、1996年発行(単行本、小学館、1986年発行)。
(その132・1)
「いま水俣病患者として認定されている生存者のなかで、もっとも高い水銀の汚染値を記録された人に安田さん(女性)がいる」「安田さんは天草の貧しい家に生まれたので若い時から大阪に出、工場や病院で働いて仕送りをしていた。そのうち、大陸へ行けば高収入が得られると聞いて朝鮮から大連に渡る。体を売る仕事もしたらしい。折から戦争が始まり、朝鮮で、よい人を得て結婚する。その後、彼と彼女は日本軍に頼まれ朝鮮人女性を慰安婦として組織し、中国各地の戦線を渡りあるく。かなりの金を貯めて故郷の島に戻ったが、敗戦によってその価値を失う。彼女は島では食堂を経営、好物の魚の臓物や貝類を多食したため体内に水銀を蓄積していった。主人はやさしい人で、のた打ち回って苦しむ妻を見捨てず、自分が死ぬまで彼女を看病するが、安田さんは一人残される。今は天草で自分が大陸で犯した罪を悔いながら合掌と念仏の日々を送っている、という」(285〜286ページ)

〔その133〕白鳥隆寿著『シッタン河に沈むービルマ敗走記』私家版、1962年発行。白鳥は、昭和16年召集され、ビルマに派遣され、陸軍第73兵站地区隊に配属される。
(その133・1)昭和19年?、ビルマ・プローム。
「自分はプローム兵站の勤務となった」「此処から先は所謂第一線なので、附近には例の慰安所がかなり沢山設けられていた」「市の一画にあった大きなイギリス人や、支那人の家の一階、二階の部屋を細かに区切って、その小さな仕切の中に慰安婦が一人ずつ働いていた。彼女たちの出身国は様々で、広東出身、朝鮮出身、内地出身……といろいろ変わった人種の人が来ていて、それらが各々1グループとなって、一人の主人のような者が率いていた。宣撫政策上かビルマ人の慰安婦などは一人もいなかった。グループの人数も各種各様で多いグループは30人、40人であり、少ないグループでも6人か7人いた」「先ずきまった金額のチケット(切符)を買う。一人で何枚でも買え、切符があればどんな慰安婦の処に行っても自由である。しかし同一のグループ内で、何人もの慰安婦を相手にすることは禁ぜられていた。こんな不便な前線で、これだけ大きな組織と、大きな犠牲を払って設けてある以上、それ相当の理由があるわけであるが、これで士気が奮うと考えるのは、いささかどうかと思われる。それでも後方から送られてくる兵隊は、これから先へ行けば、もうそういう組織もないということからか、部隊が到着するごとに、大入り満員であった」「慰安婦は仕事が仕事なので、ゆっくり、ゆっくり、悠然とやっている。一人がすむと、便所に行って洗浄して、滑らかにするためと防疫のために薬をぬってくる。それからおもむろに煙草に火をつけて、鼻歌を唱いながらゆっくり一服吸う。吸い終わると敷いてある毛布のしわを延ばし、次の客を迎え入れる」「慰安婦の耐久力というか、強さというか、その点についての評判は、朝鮮人が一番強く、1日40人位のお客をとると聞いた。次は広東人で、日本人が一番弱いとのことだった。言葉がわかることから、事務的に運べないこと、人情が加わることからくる差であるかも知れない。しかし日本人でも、上海上陸作戦のとき、部隊集結地の高雄に集められた商売女の中には、60余名のレコードが出たと聞いた。さすがに終わりには気を失い、局所の一部分がびらんして舌のように厚くはれ上り、数日は身動きもできず、便所にもいけず、使いものにならなくなってしまったとのことだった」「戦争による被害者は、直接戦闘に参加して、かけがえのない命をなくす兵隊だけではない。こんな処に送られてきて、逃げるに逃げられず、身も心もすっかり使い果たして、廃人になってゆく女の人も、相当な犠牲者と考えざるを得ない。広東の慰安婦などは、どういう経路でビルマにきているのか。全く見ず知らずの土地に、しかも敵の軍隊の中にきて働いている。どう考えても了解できないことだった。その広東ピーが一度ストライキをやったことがある。原因は或る兵隊が、蒋介石のことをののしったことから、その広東慰安婦と喧嘩となり、それがきっかけで全員就業を頑強に拒んだ。この拒絶は死を覚悟しなければできないことである。全く、敵の中に捕らわれているに等しい地位にあって、なおかつ敢然と反抗する態度は勇敢で、偉いものだと感心した。それ以来、広東人の慰安所に行った場合は、蒋介石のことを口にすることはタブーとされた」(85〜88ページ)

〔その134〕菅原幸助著『初年兵と従軍慰安婦』三一書房、1997年発行。数人の軍国少年が満州生活、初年兵を経て、「従軍慰安婦を体験するまでの経緯」を紹介する実録。
(その134・1)昭和19年9月、満州・チチハル。
「若い女性が、スカートにセーターを着て部屋の隅に座っていた。昭和19年9月、午後2時。チチハルの街は、初秋の太陽がまぶしかった。高橋幸雄(19)が、チチハル街のどまん中にある従軍慰安婦の宿に、“昼中登楼”したのは理由があった。午後5時以降になると、この宿はチチハル市ほか郊外に駐屯している日本軍(関東軍)の下士官、将校たちでいっぱいになる、と聞いたからだ」「(相手の慰安婦が語る)『私が、どうしてこんな仕事しているのか知らないの。私はね、釜山近くの村の生れです。日本人の子どもといっしょに、日本の学校で勉強しました。成績もよかったのよ。小学校を卒業すると軍需工場の工員として、強制的に吉林市の工場で働かされたの。3年ほど働いた昨年春、チチハルに転勤だというので仲間50人ほどでチチハル市に来たの』『そしたらどうです。朝鮮の娘たちは全員、軍人を慰める仕事だ、と言うんです。大騒ぎになったのよ。皆泣いて抗議したけど、天皇陛下の命令だ、といって強制的にこんなことをやらされているんです』『いやだ、と言って従わない娘もいた。すると食事も与えない。暗い部屋に閉じ込めて、何日も、水ばかり。死にそうになった娘もいるよ』『結局、日本の軍隊に体で協力せよ、ということね。とうとう50人余りの朝鮮から勤労動員された娘たちが強制的に売春婦にされてしまった。病気もあったけど、1日何人もの兵隊を相手にさせられ、自殺した娘もいます』」(11〜15ページ)
(その134・2)
「(慰安婦は語る)『あなたたち兵隊さんは、私たちをどんな女だと思っているの』(高橋)『いや、別に、あの……兵隊を慰めてくれる女性と思っています』『冗談じゃないです。私たちは日本のお役所から軍需工場で働いてくれ、と言われ、女学校を卒業するとすぐ夜汽車で満州に送られてきたのよ。初めの半年間はハルビンの兵器工場で働いたわよ。それがどうですか。有無を言わさず強制的にこんな仕事をやらされることになったのです』『まだ、故郷の父母には知らせていません。しかし、いずれはバレるでしょう。もう私の一生は終わりです。初年兵の兵隊さんにこんなことを言っても……』『将校、下士官相手はまだいい方。兵隊さん相手は満員でしょう。1日に30人もの兵隊を相手にさせられ、病死した女の子もいるのよ。だから、私も不安で……』。彼女は両目からボロボロと大きな涙を流し、むせるような声で泣いた。幸雄は身のちぢむ思いだった。『朝鮮の娘さんたちが、従軍慰安婦としてソ満国境に大勢連行されている』ということを、実は幸雄は知っていた。チチハルでは体験もした」(195ページ)
(その134・3)中国。
「筆者(菅原)は新聞記者現役のころ」「関東地方のある市長さんと親しく軍隊時代のことを語り合ったことがある」「(市長は語る)『私は北支と中支を歩きました。陸軍中尉でしたよ』」「『後方部隊でした。戦闘が終って、村が焼け野原のようになる。村人が畑や山小屋にかくれている。その宣撫工作をやった。占領した村にはたくさんの娘や主婦がいた。その女たちを捕らえ、軍の慰安所へ送り込むのが主な仕事でね』『可哀相な気もしたが、まず美人で、よさそうな娘や主婦を将校が2、3日泊めて“慰安”する。その後、前線部隊の慰安所に送り込む。いい仕事でしたよ』」(205〜206ページ)
(その134・4)昭和20年8月、満州。
「旧満州国の関東軍(日本軍)は8月9日のソ連参戦後、直ちに、軍の機密書類を全て焼却するよう全部隊に秘密指令を出した。その焼却資料は@諜報(スパイ)に関する事項A731部隊など国際法に違反する非人道的な軍事活動資料B毒ガスなど化学戦兵器で国際法に違反すると思われる事項C従軍慰安婦強制連行及び慰安所所在地、管理に関する事項等々であった」(239ページ)

〔その135〕大野芳著『8月17日、ソ連軍上陸すー最果ての要衝・占守島攻防記』新潮文庫、2010年発行。
(その135・1)昭和19年、北千島・占守島・幌筵島。
「居酒屋『駅逓』は、民間の経営で酌婦を3、4名抱えていたが、空襲が激しくなってからは日魯漁業の女子従業員が夜だけ手伝いにきていた。近くに慰安所があり、20名の慰安婦がいた。そのうち5名が将校担当である。『「駅逓」というのは、宿屋みたいなもので女中もいました。慰安所は、根室の漁船の親方がやっていた。慰安婦は、女郎屋のオヤジが根室方面から連れて来たんじゃないのかな。昭和18年に日魯が建物をつくりましたが、経営はそのオヤジがやっていた。あまりベッピンさんはいなかったね』」「と語るのは、日魯漁業長崎缶詰工場長だった菅原貞一である」(60〜61ページ)「昭和19年6月末の段階で」「5万の将兵をかかえて、さぞかし柏原の居酒屋『駅逓』や慰安所も大繁盛を極めたであろうが、それにつれて大量の爆弾を積んだ招かざる米軍機の来訪も激しさを増した」(139〜140ページ)「昭和20年5月末、はやくも幌筵島で犠牲者がでた。『柏原のお汁粉屋に爆弾が直撃しまして、数人の女性が犠牲になりました。アルバイトに頼んでおった日魯漁業の女子従業員でしたが、あのときは哀れでしたねぇ。なんでこんなところにまで来て犠牲にならなきゃならんか、と。師団司令部では、すぐさま彼女たちを軍属あつかいにしました』(長島厚談)。彼女たちは、ひと夏働けば嫁入り道具が揃うという宣伝に魅せられたこともあろうが」「女子挺身隊として応募したものもいる」(156ページ)「(昭和20年8月)18日午後3時、柏原と長崎の日魯漁業の女子従業員に非常召集がかかった。『ただいまから、女子総員(約500人)は内地に切り上げる(引き上げるの意)』という」(276ページ)

〔その136〕古山高麗雄著『妻の部屋』文春文庫、2005年発行。同書中、「来し方ばかり」の一節。従軍慰安婦経験者の語り形式。
(その136・1)昭和13年、中国・山西省。
「慰問団になって大陸に行ってこないか、と言われたのは、玉の井に行った翌年(昭和13年、数え19歳?)でした。慰問団に入って、大陸に1年行って来たら、軍が前借を払ってくれる。その後はこの商売から足を洗ってもいい、契約で続けることもできるというのです。悪い話ではありませんが、すぐにはその気になれず、1年ほどたってから心を決めて行くことにしました。あのころは、慰安婦とは言わず、慰問団と言ったのです。ほかからも来て、60人ぐらいの慰問団が作られて神戸から船で送られたのですが、60人のうち2、30人は、玉の井の妓だということでした。表に星のマーク、裏に番号と名前が書かれている慰問団のバッジを胸につけて、おとうさんに引率されて行きました。門司に寄って、玄界灘から黄海に出て、北支のタンクーという港に上陸したのでした。そこから汽車で天津を通って北京に行って、トラヤホテルというホテルに、1週間ほど泊められて、北京で60人の慰問団が20人ずつ3つに分けられました。私の斑は、山西省に送られました。まず、山東省の青島へ行って」「青島で20人が、さらにまた6、7人ずつ3つに分けられて、方々に派遣されたのです」「商売は、思ったほど忙しくなかったけれども、移動が多くて疲れました。昼は兵隊や下士官の相手をして、夜は将校とします」「移動には牛車を使う。かなりの道のりを歩いたこともありました。軍が移動先に慰安所をつくってくれます」(113〜114ページ)

〔その137〕古山高麗雄著『セミの追憶』新潮社、1994年発行。古山は、昭和17年、召集され、昭和18年5月、第二師団司令部に配属され、南方を転戦する。
(その137・1)昭和19年、ビルマ・ネーパン。
「昭和19年の2月に、第二師団司令部は、マライのクアラルンプールから、ビルマのネーパン村に移動したのであった」「ネーパン村に来てどれぐらいたったころだっただろうか、従軍慰安婦たちが来た。彼女たちが着く前に、司令部の兵士たちが、竹とニッパ椰子の葉で、たちまち慰安所を作った」「やって来た慰安婦たちは、全部で10人もいただろうか。日曜日に外出が許されると、兵士たちは慰安所に行く。下士官は、日曜でなくても行っていたようだ。将校はもちろん、いつだって行けるし、泊まることもできたようだった」「外出といっても、ネーパン村では、慰安所のほかに行くところはなかった」「ネーパン村の近くにヘンザダという町があって、そこには、日本人慰安婦の慰安所があったことも思い出される。その慰安所の前を通ったことがあった。あの建物は、二階建てで、二階の窓から、兵隊さん入ってらっしゃいよ、と声をかけられた。私を見下ろしていた女の一人は若い女であったが、一人はかなりの年であった。彼女たちは、しどけなく和服をまとっていた。ネーパン村の朝鮮人慰安婦たちは」「ワンピースを着ていた」「第二師団司令部に派遣された朝鮮人元従軍慰安婦たちについて」「(一番美人で一番売れっ妓の)鈴蘭さんといったか白蘭といったか」「戦後、元第二師団司令部の兵士のカミさんになったというのである」「戦後、ある朝鮮人従軍慰安婦は、1日に100人も200人もの客をとらされたという信じられないような話も聞いた。12歳で日本軍に連行されて慰安婦にさせられた朝鮮人女性の証言も読んだ。その女性は、彼女と同じように連行された18歳の朝鮮人女性が、日本軍の言うことを聞かなかったために、みんなの見ている前で股裂きにされて殺されたと、信じられないことを言っている。しかし、おびただしい数の慰安婦たちが、戦地に送られて死に、あるいは過酷な目に遭わされたことは確かだ」(186〜189、208〜209ページ)

〔その138〕日朝協会埼玉県連合会編『証言「従軍慰安婦」』日朝協会埼玉県連合会、1995年発行。
(その138・1)昭和19年、満州・右門子。
「(宮城県の72歳男性の証言)私は昭和19年から20年にかけて、旧満州の黒竜江省の域子溝近くの部隊にいました。私の居た場所は右門子というところでした」「慰安所は、すぐ部隊に近く愛染荘、次郎長の2軒あり、慰安婦は何人いたかは知りません」「軍が関与(管理)していた『証』としては、軍隊では毎晩、命令(明日の行動)の伝達がありますが、終わりに『慰安所の○○子、××子は今日から日の丸(月経)だから、折角いってもダメだから行かないように』とも言われました」(26ページ)
(その138・2)昭和20年、中国・易県。
「(行田市の78歳男性の手記)1945年3月30日、私達の所属する春二部隊から第二中隊だけが分離されて」「(至武大隊)が編成され」「至武の大隊本部は易県に設置され」「この大隊本部に高橋伍長がいた」「高橋伍長は大隊本部の営繕担当・酒保担当となった。酒保といえば」「ようかんや饅頭、酒や煙草を安く売ってくれる軍隊内部の売店であるが、飲食物や嗜好品の他に、もっと生ぐさい商品も売っていた。それが慰安婦である。慰安婦は他の商品と違って生身の人間であるから、一切の生活必需品を必要とした。これらはすべて酒保担当下士官である高橋伍長が調達していた。高橋伍長は甘味品、嗜好品、日用品の供給施設の整備と同時に、慰安所の設営にあたることになり、大隊本部近くの民家を接収して内部改造を行い慰安婦4人を迎え入れた。いずれも朝鮮人で、20歳から25、6歳の慰安婦で、経験は2年から6、7年の者とのことであった」「この酒保ができて1か月程遅れて、内地人(日本人)による委託の酒保(慰安所)が開店した。こちらは中国人慰安婦であった。ここも管理監督は高橋伍長によって行われていた」(43〜44ページ)
(その138・3)沖縄県・宮古島。
「(埼玉県の69歳男性の証言)自分は、沖縄・富武隊28師団陸軍少尉でした」「沖縄県宮古島、島の中央に飛行場がありました。飛行場に近い野原岳の東側の中頃の所に、茅葺き屋根の家が2軒あって、各々5、6間あり、どちらの棟にも『朝鮮ピー』と呼ばれる婦人が5、6人はいました。軍の上層部は、昼間でもそこ(慰安所)に自由に出入りできていました」(47ページ)
(その138・4)
「(埼玉県の70歳男性の証言)朝鮮人だけでなく、日本からもかなりの数に上る慰安婦が送られていました。看護補助という名目であったり、当時の事で、不良少女または犯罪を犯し収容所にいた婦人が送られてきていました」(47ページ)

〔その139〕東大唯物論研究会+学生書房編集部編『「戦争と平和」市民の記録20・生き残った青年たちの記録』日本図書センター、1992年発行(原本、学生書房、1949年発行)。同書中、「小さな私の記憶」と題する富山県の35歳男性の手記。昭和13年、出征し、満州、南支那、ビルマなどの作戦に従事。
(その139・1)昭和14年?、中国・広東。
「砲煙に明け暮れる緊張した戦場生活を頭に描いていた私の目前にはコバルトの空の下に悠々と落ち着いた広東の街があった。晴着の将校や兵隊が盛り場に群がり目まいのするような嬌声が咲いて居た。戸惑いする思いで四周を見わたしていた当時の私に最も失望を与えたもの。……あれは或る夕暮であった。演習の帰路一人の日本の女と行き合わした。女学生のように艶々した肌の色と可憐な瞳を持った若い女であった。『あいつだよ。有名なお玉さんと言うのは』。古参将校は説明した。『お前なんぞウッカリ手なんか出すなよ。師団長の専用。内地直輸入のチャキチャキ様だ』。私は着任申告の時の師団長のあの顔を思い浮かべた。あの厳然と冒し難い然かも人を刺す眼光には歴戦の貫禄が充分に備わっていた」(29ページ)

〔その140〕儀同保著『「戦争と平和」市民の記録・ある沖縄戦ー慶良間戦記』日本図書センター、1992年発行(原本、叢文社、1980年発行)。儀同は、昭和19年4月、陸軍船舶部隊に召集され、内地から沖縄に向う。
(その140・1)昭和19年10月、鹿児島。
「(10月)26日にはこの6ノットのボロ船『名瀬丸』から、『マライ丸』という5000トン級の輸送船に、舟艇の積み替えを行った。この舟の甲板に昇ると、そこに朝鮮から来たという慰安婦が、60人余りもいて、これは一体何なのかと異様な感じを受けた。このマライ丸では、船長はわれわれを後部ハッチに入れる予定であったが、中隊長が“神聖な特別攻撃隊と慰安婦を一緒とは何事が”と言い、結局煙突の前の石炭庫の上にシートを敷き、天幕を張った」「(日本図書センター版の著者による補注)慰安婦については」「(60余名のうち)7人が島に来、座間味、渡嘉敷にも同数が行ったようだ。島に来た彼女らは、部落の東の端の、小学校の反対側の民家2軒に入っていて、ここを南風荘と呼んでいた。政府は、民間人が管理していた、と強弁しているが、島では少し年配の女性がその代表格だったが、民間人の管理者が一緒にいた様子はない」(33〜35ページ)

〔その141〕小沢昭一著『雑談にっぽん色里誌』徳間文庫、1985年発行(原本、講談社、1978年発行)。同書中、「従軍慰安所ー須川昭さん」と題する1章。須川は、長崎出身で、神戸で私娼を置く喫茶店を経営する。昭和13年ごろから昭和17年まで中国で慰安所を経営する。
(その141・1)中国。
「(著者の前口上)この前の戦争では、内地からさかんに芸能人の慰問団が編成されて、大陸や南方の前線へ出かけて行ったものだ。同時に、『慰問』ではない『慰安』のほうのオネエサンたちも、続々と戦地へ乗りこんだという」「ときどき、オカミはショーバイニンに『裏仕事』をおろし、ショーバイニンはそれを引きうけて、両者は握手する。オカミは『急場しのぎに利用するのだ』と腹で思い、ショーバイニンは『しばらくは大手をふれる』と舌を出す。しかし、もともとオカミはショーバイニンを、カタギ社会の埒外においているから、まもなくポイと捨てるのだ」(76〜77ページ)
「(著者と須川の対談形式だが、須川の話)その当時ね」「特務機関関係の人で、ちょっとした知り合いの人がおりましたもんですから、『慰安所形式のものが必ずできる。だから、軍の許可をね、先に取って、女を連れていったようにしたほうがいいんじゃないか』というようなことを聞きました」「(南京が陥落した昭和12年の)暮れに私ら3人(他の2人も神戸在住の業者)」「上海に行ったわけなんです」「そこに行って、慰安所の許可になるのを待ったんですね。それで、14年(?)に入りまして、当時、北支方面がね、軍司令官が杉山元ですね、それから中支の軍司令官がね、畑俊六なんです」「そのうちにね、この北支のほうが(先に)許可をおろしたんです」「ところが、畑俊六、なかなか許可おろさないんですね」「いまか、いまかと待っとって、そのうちに」「畑俊六がですね、初めて、中支のほうも許可したわけです」「まだ武漢三鎮攻略前でしてね」「結局、三師団の人に知り合いがおりましたもんですからね、それで三師団の人の許可を受けまして、だいたい30名の女が慰安婦でしてね、その許可をうけまして、それで日本に、内地に(人集めに)帰った」(84〜86ページ)
「小沢 なるほど。その当時は、女を集めるのはたいへんだったですか」「つまり、福原で働いているお女郎さんをそっくり連れてくるわけにもいかないんでしょ」
「須川 ええ、いかない」
「小沢 だから、結局は、淫売みたいにしてやっているのを見つけてくるわけですか。それともカタギみたいなのをあれするとか、ちょうとフーテンみたいなのを誘うわけですか」
「須川 そうですね。当時、フーテン関係の女もおりましたし、それから淫売を専門にしておる女もおりました。それから、慰安所というが、女には慰安所の内容というのはわからないもんなんです」
「小沢 なろほど、はあ。言葉は悪いけど、だまして連れていくわけですね、そういうのを」
「須川 ええ、だますような仕組みの女もありましたですね。それで最初にね、軍の許可をもっていましても、警察の、当時の特高ですね、特高警察のまた許可をとらなくてはいけない」
「小沢 その、むこうで慰安所へ行くんだということを知らない女のコには、なんていって連れていくんですか。詳しく知らない女のコには」
「須川 だいたい、女もね、多少はかんづいてはいましたけどね、まあ、金が非常に儲かると……」(86ページ〜88ページ)
「(以下、須川)南京の駅は城外にあったんですよね。そこにね、結局、当時はね、小関兵站って、兵站がいたんですね、小関大佐、六師団管区なんですがね。それから、小関兵站の人にたのみまして、兵站のほうからうちをば見つけてもらって、ほいでそこに住むようにして」「南京の下関に行ったのは先発でしたね。ええ、最初なんです。そうしてね、そこでもって、慰安所をいよいよ開業しまして、開業する前に女たちを集めましてね、こういう具合でもって、こういう仕事だと、兵隊さんが遊びにくると……(小沢 お国のためだと)ええ、まあ、そういう意味もありますしねえ、それから、やってくれという具合にたのみましたらね、まあ全員、承知してくれたわけです」(89〜90ページ)
「須川 それから、私たちは南京でもって一時やりましてね、それから川向こうに、浦口というところがあるんですよ。浦口のほうがいいというんで、じゃあ浦口に渡ろうというんでね、ええと、一旦、許可をとりますというと、かりにどこの軍の許可を受けていましても中国全土で、こんどはもう(自由)」「浦口でもって、また慰安所を経営したんです」「浦口にいましたときに、そうですね、やはり27名ぐらいおりましたね」「エー、そりゃ20歳ぐらいがいちばん若いコですね」「年のほうでは45ぐらいがいちばんいってましたね」「それから、武漢三鎮陥落もまぢかだと、じゃ一線にのびよう、一線のほうが儲かると、いうことを聞きましたし、自分らも一線のほうが兵隊の金使いもいいということを知ってますもんですから、そいで、揚子江を浦口から乗船許可をとりましてね、女たちといっしょに乗りまして」「九江に上陸しました」「武漢三鎮は陥落したんですけどね」「しかし、まだいろんな準備中でもって、酒保とか、それから慰安とか、そういうものの上陸を漢口一帯、武漢三鎮は許さないんですね」「その当時、第一師団のね、池田兵站、池田大佐がおりましたですよね。そこで、その池田兵站のお世話になりまして、宿舎なんかを全部とってもらいまして、ご飯なんかも、私ら南京とか浦口では炊いていたんですけど、そこではご飯も炊けないから、軍の世話になりました」「連れていったのは、だいたい8名ぐらいですね」「こんど漢口に着きましてからね、14年に慰安所の許可がとれましてね。そして、漢口というのは大きなところですから、各慰安所を一つの女郎屋みたいにして集めるというような態勢をとったわけなんです。それで、私ら、そこに入ったんです」「漢口だけでもって1年ぐらい暮らしました」「それから、作戦の関係でもって、その後、私は孝感というところへ行ったんです」「そこに当時、京都の16師団がおりましてですね、師団司令部があったですね。で、そこにこんどは2年半ぐらいおりましたですね。この孝感にいた時分に初めてーー南京ではね、女の検査なんかだって、慰安所側から立ち会いがなかったんですよーーで、孝感ではね、慰安所が立ち会うようになったんですね。軍医がね、衛生検査をやるんです」(92〜99ページ)
「須川 私らの場合は、女郎屋でもありませんし、そういう淫売系統の女を連れていったもんですからね、金を残したのが多いですね(稼ぎは女が4分で経営者が6分)でもって、食事関係と、それから蒲団関係なんかね、それらはぜんぶ、親方もちですね」「(食糧などは)軍の兵站部から、食糧をいちばんにとりよせてくれたですね」
「小沢 あの、いちばん客とった女のコは1日に何人ぐらい?」
「須川 ええと、最高がね、これは私んとこでは50人ぐらいが最高ですけんど、他の店に非常に強いのがいてね、80人ぐらいが最高だったと思います、記録的にはね」
「小沢 ホーッ。すごいですね」
「須川 普通の場合で、やっぱり、20人、30人はとるようになりましたですよね」
「須川 あの時分でね、日本人、朝鮮人、中国人のなかでね、まあ朝鮮のコがいちばん強かったと思いますね。体力的にも強かったし、それから金銭的にもね、非常に……よし、どうしてもこのさい、儲けてやろうという……」「だいたい、その当時は、慰安所というものに対して、その実情がわかりませんから、魅力あったと思います。そして、外地に行くという線も一つの魅力でしたね。やはり、外地へ行けるというのがいちばんでしょうね。それから慰安所という言葉は非常にいいでしょう。慰問とかいう言葉があった時分ですから」「内密にね、むこうに行ったらこういう商売するんだということを聞いても、自分の知り合いとか、あるいは親兄弟とか、世間体もね、慰安所の場合は行きやすかったですね」(112〜127ページ)

〔その142〕佐藤早苗著『誰も書かなかった韓国』サンケイ新聞社出版局、1974年発行。同書中、「『女子挺身隊』という名の慰安婦」と題する1節。
(その142・1)
「いま韓国には、元日本兵として戦わされたもの以外にも、強制的に徴用され、重労働を課せられた者が多い。また、日本帝国は、韓国の男だけでなく、女子にまで手をのばしたのだ。女子挺身勤労令などという法令を作って、ふつうの家庭の娘たちを工場労働と偽って徴用し、日本軍兵士のための慰安婦として南洋まで遠征させたケースもある。彼女たちは砲弾のとどろく下で、野獣のような男たちのはけ口としてもてあそばれた。もちろん、韓国女性だけが慰安婦になったわけではなく、日本女性の慰安婦もいたわけだが、日本女性の場合は、ほとんどが商売女たちだったのに、韓国女性はぜんぶ19歳から22歳までのウブな娘たちだった。林原国著の『女子挺身隊』によると、韓国出身の女子挺身隊員たちはトラックに積まれて戦地の部隊駐屯地に連れて来られ、毛布などで間仕切りをしたテントに分配されたという」「女子挺身隊のほかに、韓国人の遊郭経営者の一部のものたちが、悪どい方法によって、戦地の日本兵に女たちを人身御供としてさし出したこともあったという。戦争が激しくなって、料亭や、公娼、私娼などが廃業しなければならなくなったとき、彼らは日帝の要人にとりいって、遊郭の女たち数十名を『大日本帝国の皇軍慰安部隊』として特別に組織し、南太平洋の島々や、シンガポールあたりに遠征して、戦地の日本兵を相手にサービスさせた。これがまんまと図に当たり、その女郎屋はしこたまの金を皇軍からもらい、そのうえ『皇軍に協力する臣民』として大喝采を浴びたーーということである」(46〜47ページ)

〔その143〕辻政信著『十五対一 ビルマの死闘』原書房、1968年発行(原本、酣灯社、1950年発行)。辻は、昭和19年7月?、第33軍参謀として、ビルマ戦線に赴く。
(その143・1)昭和19年7月?、ビルマ・メイミョウ。
「仕事始めに早速その日、(軍司令部のある)メイミョウ周辺の地形を一巡すると、緑滴る林間に色とりどりの和服姿でシャナリシャナリと逍遥する乙女の群が目についた。中国でも滅多に見られない風景だ。森の中に一際目立つ建物には翠明荘と書いた看板がかけられてある。将校専用の慰安所であり、その界隈の下士官兵の慰安所も昼間から大入満員の盛況を呈している」「若い男の群に若い女が必要なことは肯けない訳ではないが、インパールで数万の将兵が餓死しているとき、同じビルマのしかも隣接軍でこのような行状が許されるものであろうか」(53ページ)
(その143・2)昭和19年9月?、雲南省・拉孟。
「(拉孟守備隊生き残り使者による壊滅のようす)重傷の将兵が片手片足で病院を這い出して第一線につく有様、空中投下の手榴弾を合掌して受け取り、一発必中の威力を発揮する場面、弾薬が尽きて敵陣に盗みにゆく姿、慰安婦約20名が軍服を着て弾丸運びに、看護に、あるいはおにぎり作りで手の掌に火傷する健気さ、最後の玉砕に重傷者を介錯し軍旗を焼き、真鍋大尉以下40名、群がる敵中に喚声をあげて切り込む場面に到りては、到底聞くに耐えないものがあった。天草娘も朝鮮娘もこの陣内に取り残されていたが、最後の日、日本娘は晴着の和服に最期のお化粧して青酸加里をあおり、十数名一団となって散り、朝鮮娘5名だけが生存者として敵軍に投降したことは傍受電報によって明らかにされた」(115〜116ページ)
(その143・3)昭和19年11月、中国・芒市。
「芒市に進出して、川道参謀長とザックバランに話し合った。『おい早く要らんものを退けろよ……、殊に慰安所はねえ……、身軽にならんとこれからの戦さは激しいぜ、拉孟みたいに女を殺すなよ』『よし判ったよ。時期は師団に委せてくれ』という」(140〜141ページ)

〔その144〕竹国友康著『ある日韓歴史の旅』朝日選書、1999年発行。韓国南端の街・鎮海は、日露戦争を契機に、日本海軍の軍港建設が進んだ。
(その144・1)明治43年、韓国・鎮海。
「(明治43年)鎮海に海軍臨時建築支部がおかれ、軍港都市の建設工事が本格的に開始された」「鎮海の都市計画のいっさいは海軍臨時建築支部の手でおこなわれた。軍港都市なので、民間人は勝手に線引きすることはできない。とすれば、(鎮海の鶯谷地区に建設された)この遊郭地の計画は、民間人によってではなく、当初から海軍自身によって直接に立案されたものということになる。それを裏付ける文書として、『明治44年3月27日』の日付のある、秋山臨時海軍建築部員から河野海軍省経理局員あてに出された『遊郭設計図1葉』が、『海軍文書』のなかにあるのを確認できた」「ここ数年、戦地慰安所に軍がどのように関与したかという議論が、さまざまな立場からなされているが、この鶯谷遊郭地の場合には、軍自身が遊郭地の計画を立て、その区画をみずから造成したうえで、民間業者を選定して(用地を)貸与したのである。戦時下の状況にない平時においても、少なくともこのケースでは、遊郭地の設置とその運営に軍が深く関与していたことは否定できない」(107〜120ページ)

〔その145〕森山康平著『証言記録大東亜共栄圏、ビルマ・インドへの道』新人物往来社、1976年発行。
(その145・1)昭和17年?、ビルマ・ラングーン。
「(増田真夫の証言)ラングーン市の河畔には、海軍直属の料理店『遙池亭』があり、私もそこへの出入りを許された。畳の座敷があって、芸者も5人くらいいた」(117ページ)

〔その146〕品野実著『一本のペン、「異域の鬼」以後』谷沢書房、1996年発行。
(その146・1)大阪・大東市。
「大阪府大東市に朝鮮人従軍慰安婦の慰霊碑が15年前(77年10月10日)に、元陸軍兵士によって建てられていることを報じていた(92年5月25日付毎日新聞)。建立者は3年前に79歳で亡くなっているが、故人と親しく、資金援助もした野村政一市議は、『彼は戦争中、現地で従軍慰安婦を見てきて「悲惨な少女たちやった」と話していた。当時はまだ広く知られていないことだったので、後世に伝えたいと考えたようだ』と語っている」(333〜334ページ)
(その146・2)
「(吉見教授の発掘した)軍による慰安所の統制・監督と慰安婦数などを示す第21軍の『戦時旬報(後方関係)』(1939年4月中旬号)」「別紙の一覧表がつけてある」「その中に『久納兵団』(広東市東部)というのがある。慰安婦人員数も223人でいちばん多いが、性病の罹患率は1%で最も少ない。この久納部隊というのが、久留米18師団である」「この18師団を『菊』と呼び」「地元、久留米市の遊郭『翠香園』から芸者と称する将校用慰安婦を、司令部が連れて回った。下士官、兵用は朝鮮人や中国人、そして現地の女性であった」(346〜347ページ)
(その146・3)中国・龍陵。
「丸山実さんは久留米の有名な詩人で、内科医だった。彼の戦記には書いてないが、雲南の龍陵駐屯中、慰安所が開設され、婦人科ではなかったが検診したことがある。朝鮮人慰安婦は、将校クラブ勤務とか挺身奉仕隊など、お国のために欺されて連れてこられた18、9から22歳くらいまでの若くて綺麗な娘ばかりだった。村長の娘や曲芸師もいた、と生前、私に話してくれた」(350ページ)

〔その147〕佐々木元勝著『野戦郵便旗』現代史出版会、1973年発行。著者は、1927年、逓信省に入り、1937年、上海派遣軍野戦郵便長として従軍。
(その147・1)昭和12年、中国・上海。
「上海には現在(9月)日本人、半島人の職業婦人がいる。日本人は1時間10弗、半島人は6弗であるが、そこに出入りすると灯火管制に触れるので憲兵隊に引張られ、1日豚箱に放り込まれる。海軍の方は慰安所があるがこれは猟奇的でないらしい」(59ページ)
「11月中旬、私(著者)は(上海の野戦郵便)局附近の横路で妙な標札を見た。『上海寮、皇軍将兵慰安所』『ビール、サイダー、美人多数』。二階建の奥まった家屋の窓が空襲警戒の黒布でおおわれ、真昼女の金属性の声が聞こえる。ここは半島人で営業しているとかであった」「従軍し戦地を踏んだ者にとって慰安所という言葉は、酒保と同じく極めて常識的であり、一般的である。私は内地出発の時、『慰安所利用規則』というものが第一次上海事変の時あったという事を、極めて珍しい話題として聞いたのである。南京が陥落するまではそれは確かに珍しいものであった」「南京陥落直後蘇州にきた時、ここに慰安所を開設するという事を私は聞いた。(昭和13年)1月下旬私が杭州に行った時には、内地人、半島人、中国人の慰安所があった。2月初め南京に行った時には、鼓楼公園の近くに将校慰安所があり、見学のために出かけると、16、7の可愛い姑娘たちがストーブにあたっている」「帳場は支那人たちがやっていた。南京からジョ県に行くと、このへんぴな廃墟の街にも慰安所が2つあり、大阪辺から日本の女がきていた。軍隊が進む所、彼女らもまた従う。姫鱒が寂しい岩瀬を遡るごとく、彼女らは第一線の部落部落にまで追随し移動する。慰安所が敵に襲撃されたという事もある。彼女らこそダ夫をして立たしむと言いたいくらい、黙々と勇敢に兵站線の末端にまで進み出て行く」「ある部隊本部の慰安所に関する1文を掲げる。
下士官、兵、慰安所出入に関する注意
特種な婦人に接する事は決して道徳上讃めたことではない。たとえ戦場に在りといえども、人倫、道徳を破壊して可なりという道理は毛頭もない。我々が平素修養に努力するは、戦場において平時修養せし道徳が、益々光輝を発揮せんが為にほかならないのである。しかし凡俗の悲しさ、未だ修養がその域に達せず血気にはやり、脱線行為に出ずる者も皆無でない現状に鑑み、上司において特にこれら凡俗徒輩の性欲を適宜に調節し、脱線行為を予防し、もって皇軍の威信を間接的に維持擁護せんが為に生じたのが所謂慰安所である。すなわち慰安所なるものは一般人の遊興所とは大いに意味を異にするのである。上司は軍威信の維持という大乗的見地に基づき、許可せられたるいわば『粋な御処置』であるから、此処に出入りする者もまた上記の趣旨をよく玩味し、誤解あるいは脱線等の無きを望む。
なお老婆心ながら左の件を深く胸に刻みつけよ。
1、出入に関する規定を遵守し、此処に出入した為にかえって軍紀、風紀問題を起すが如きこと有てならぬ。出入希望者は庶務将校を通し男らしく申し出て外出証を受領携行せよ。
1、耽溺は身の破滅である。どこまでも性欲調節という感念を忘るな。
1、独占欲を起し戦友互いに妬視するが如きことあるは不可。
1、賤劣貪汚なる行為に陥らざること。
1、兎角秘密は女の口から漏れるものである。出入の間にいやしくも軍の機密事項を口外するが如きは軍人の価値なし。
1、前後の衛生法を遵守励行し不覚をとらざること(衛生具は医務室より受領携行のこと)。『万一病気に感染したるものは、治癒まで内地に帰還せしめざる方針なり』。
1、慰安所より帰来後、戦友その他に如何にも誇り顔に出入中の出来事を吹聴するは、いたずらに他人の好奇心をそそるものにして一種の罪悪である。特に当部には年少の給仕あるいはその他の童貞も居る事なればこの点注意すること。
(昭和13年?)2月3日    管理部長」(246〜249ページ)

〔その148〕佐々木元勝著『続・野戦郵便旗』現代史出版会、1973年発行。著者は、1927年、逓信省に入り、1937年、上海派遣軍野戦郵便長として従軍。
(その148・1)昭和13年、中国。
「(5月)3月下旬、兵站部隊長会議があって南京にきた時とは気候も街のにぎわいも非常な変り方である。日本女性だけでもすでに900名いるとかである」(49ページ)「(5月)15日朝9時、私は汽車で浦口を出発する」「同じ貨車に乗り合わせたのは、内地から新しく召集された将校3人である」「将校のほかに1人半島人の青年がいる。小学校も中学校も福岡だったので日本語がまったくうまい。南京便りの唄をさかんにくちずさむ。明光で降りる。ここで彼は慰安所を経営しているのである。南京に行って女たちに着せる着物やたべさす野菜類を買っての帰りなのである」(52ページ)「ぱん埠の街も、郊外から見ると大きな工場もあり、相当な街であるが、泥の家が多く街は埃でいっぱいである」「こんな汚い雑踏した街に慰安所が14もある。半島人の女たちが蒲団などをまとめ、引越しする姿が見受けられた」(54ページ)
「九江の時計台附近に慰安所が開設されたのは9月16日からである。それまで街の女というものは見当たらなかった。<残暑のひどい午後である><埃っぽい廃墟の街を珍しくも日本の女が通った。これは女といっても多少女らしいという程度で、大年増で色が黒くやせぎすで人相が険悪で男みたいである><慰安所が開設されたのは、その翌日である。千田兵站の印刷物が配布される。それによると、女は6人、料金は約30分で兵1円、下士官・軍属は1円30銭、将校は3円で約1時間である。彼女らの自由外出は厳禁>。このころ(10月)になると湖水の近くの家に慰安所の女たちがおびただしく待機していた。前線に出ようにも、前線は山岳か田畑で家がなかったのである。京都、大阪、長崎の連中が多い」(107〜108ページ)
「(武昌)11月16日の朝のことである。私が宿舎の二階の窓を開けると、裏の細いクリークの石の橋の傍らの共同井戸の所に、赤い襦袢の女がいるのに私は吃驚した。私の宿舎と50メートルくらいしか隔たっていない所に軍の慰安所、梅崎楼ができたのであった。兵站が前日から武昌に6か所開設したのである。夕方になると軍用船の船員たちがぞろぞろとそこへ行くのが見受けられた。<翌日、私も夕方郵便夫1名といっしょに覗きに行く。廊下に灯もついておらず、女は11名だが切符は売切れ。二階の廊下にも兵隊ががやがやいる。とび上がってベッドとベッドを区切るベニヤ板の間仕切りの中を覗こうとする者もいる>」(149ページ)「(武昌の関岳廟)の裏通りに半島人の慰安所がある。その少し先に大阪の金星楼という日本人女の慰安所もある」「ある日の夕方、私は知り合いの将校と自動車で外出したのは良かったが、帰りはわかれ徒歩で一人局に戻る。<実は慰安所に同行を誘われたので私が行ったのは日本人の慰安所である><ごつい女で、夜目にも片目が白くなっている。私は局を不在にし夜をここで明かすわけにはゆかない。私が帰ると言うと女は不機嫌である>」(179〜180ページ)「ある日、漢口から高級副官と、私と親しい予備の中尉の副官が私の居室にやってくる。80になる尼さんを強姦した話など笑い話がつづき」「大変愉快なひと時であったが、ふと思い返してみると、私が軍司令部の所在する漢口に居室を移さず、武昌にいるのは、女でも囲っているのではないか、それを覗きに2人が来たのではないかと気がついた。兵隊でも将校でも風紀がゆるんでいる。将校で女を囲っているのがある。その警告の秘密会報が先日あった」(200ページ)
「(漢口)の盛り場の裏街には、慰安所が20軒あまり集合され、花街を画成している。兵隊がぞろぞろ集まる。家屋の壁は白ペンキで塗られ、出入口には憲兵が控えている」(212ページ)

〔その149〕桑野福次著『ある商社員と大東亜戦』旺史社、1988年発行。著者は、昭和17年春、徴用されビルマに渡航し、翌年帰国。
(その149・1)昭和17年、ビルマ・ラングーン。
「11月30日(月)晴 今暁7時、空襲あり。高射砲の砲声が猛烈だった。時々、爆弾の破裂する音も聞こえて、危険なので、みな走って防空壕に入る。後で聞けば、飛行場と港が主としてやられ」「海軍慰安所にも命中して、全体でかなりの死傷者が出た様子である」(245ページ)

〔その150〕皐月雅昭ほか著『証言昭和の戦争 リバイバル戦記コレクション10・殴り込み「彗星」艦爆野郎一代記』光人社、1991年?発行。同書中、皐月雅昭の書く「特攻“予科練”番外地」の一節。皐月は、昭和18年秋、甲飛13期として入隊。土浦の鹿島海軍航空隊での出来事。
(その150・1)昭和20年3月?、茨城。
「(稲敷郡安中村の)村はずれの谷間に、3軒の慰安所があった。その吉田兵曹は、上海組に洗礼を受けさせるんだといって、いやに張りきっている。3軒を走りまわって女のつごうを聞き、わり当ててゆく。ところが、いざ上がってみると、ふすまは破れ、壁はおち、鏡台の鏡のないのがすえてある。なんとも殺風景であるが、航空隊だけの慰安所なので、手入れする必要がないのだとかーー」(221〜222ページ)

(2014年9月19日・最新更新)


ニッポンリポート・ファイル一覧

ご意見などは tetuh@mbj.nifty.com へ

SAKUMA TETSU
フリーライター
著書[恐るべき証人][検死解剖マニュアル][拳銃天国ニッポン]など