佐久間 哲
ニッポンリポート


従軍慰安婦を調べる 編

従軍慰安婦の体験談等メモ・4


〔その151〕興野義一著『一軍医のみたビルマ敗退戦』旺史社、1981年発行。興野は、昭和18年10月、陸軍軍医としてビルマに派遣される。
(その151・1)ビルマ。
「(昭和19年2月)ラングーンはさすがに英植民地の牙城として欧風の立派な建物が多い。空襲があるといっても街は人通りが多い。兵隊も至る所にみうけられる。人力車に島田の和服女がくる。なつかしい日本婦人よとよくみれば料亭の慰安婦である。実にわびしい思いである」(19ページ)
「(3月、カロウ)町には加朗とか香郎とかの名をつけた軍利用の飲食店があり、人目を避けた所に慰安所兼用の兵(つわもの)食堂があった。女は全部現地人で、印緬混血女、ビルマ女、シャン女と人種色豊かである。彼女たちが花子だのミドリなどの日本名で呼び合い『月がでたでた』と炭坑節を手拍子をとりながらうたいだす」(48ページ)
「ラシオは後方補給基地としてわが121兵站病院の本院も最初ここに開設され、戦勝の気分に溢れて将校専用のクラブ『粋香園』なども開かれた」(86ページ)
「(昭和20年1月、メイミョウ)最後の宴というような切迫した状況下」「前線から下ってきた慰安所が今時、メイミョウのあちこちに開く。こちらの女子は海千山千で国籍も日・鮮・支である。夜間も爆撃があるので慰安所に直撃をうけて醜骸をさらす人も出てくるだろう」(158ページ)
「(5月、ロイコウ)ライカに駐留当時、前線から病院に転がりこんできた慰安婦部隊が、病院から絶対離れずロイコウまでついてきた。参謀部あたりの指示であろう。それがくされ縁で雑仕婦と名を変え患者の世話をすることになっているが、実態はいかがなものであろう。病室といったって瀬振り式のはたからみえない所である。私は診療業務から解放されているのでよく分からないが、風紀の弛緩は目に余るものがある。病院長も当番兵がいるのに1名住み込ませている。彼女らは千軍万馬のなでしこ共である。雑仕婦の仕事は何もせず毎日遊びくらしている。病院長に言わせれば『窮鳥ふところに入らば猟師も撃たず』である。上級将校は対岸に渡って慰安婦をまじえてマージャンにふけっている」(222〜223ページ)
(その151・2)昭和20年、タイ。
「(8月)クンユアムに滞在しても、連合軍は入ってこれそうになく、いずれチェンマイまで集結した上で武装解除になるのであろう。終戦で連絡が混乱し、チェンマイ行きの命令もないまま数日クンユアムで過ごしたが、兵站病院にくっついて国境越えをした慰安婦達も手持ぶさたに補助看護をやっていた。そうしたある日、朝鮮人の慰安婦が栄養失調で死亡し、死体解剖が野天で行われた。私も立合ったが、骨と皮ばかりの哀れな姿であった」(262ページ)
「(8月、チェンマイを目指しての山越え)雨は降ったり止んだりだが濡れても寒くはない。装具の毛布はしっとり露を含んで重量を増す」「山道をまわり道するので苦痛はまさに言語に絶する」「工作班の長尾軍曹以下20人が、護衛と設営ならびに同行慰安婦群の誘導を兼ねて配属されている。慰安婦の連中はほとんど荷物をもたず、兵装して包むは晴着1枚と、肉をひさいで得た分厚いビルマ軍票の札束のみである。彼女らの汗と脂の結晶たる枕の様な札束を、ビルマ領ロイコウで一夜盗難に逢い無一文になった者がいた。彼女らはおおむね健脚で、落伍もせずついてくるには驚いた。彼女らの唯一の希望ははやくチェンマイに出て商売を再開し、内地帰還用の物資を稼ぎたいことである。彼女らは肉体を最後の元手とする気安さから持物を大胆に手放し、途中の飢餓を補っている。部落に着く毎に砂糖や果物を入手して栄養を摂取し、軽装して行軍の労苦を軽くしている。我々は砂糖が欲しくても手放すべき見返り物資がない」(280〜281ページ)
「(昭和21年5月、タイ・ノンホイ)サラブリーに集結するため全員の首実検がおこなわれた」「すこぶる厳重におこなわれ、5人1組に横に並び質問を受ける。質問者は英人将校で、日本語で」「言葉はていねいだが、するどい目付きで探りを入れる」「慰安婦連中が全部補助看護婦として登録してあるので、俄か仕立ての白衣をきせられ、腕に赤十字章をつけた格好はさまにならなかった。正規の日赤救護班とちがい、顔貌、物腰が何ともかくすすべもない。中には数人の慰安婦で父なし子をおぶっているのがあり、やはり一群となって英人の査問をうけている。何もわざわざ白衣の天使にしなくてもいいのに、軍の便宜主義はこんなことはまことに平気である」(324〜325ページ)

〔その152〕藤山一郎著『歌声よひびけ南の空にー藤山一郎南方従軍記』光人社、1986年発行。藤山は、昭和18年11月、海軍軍属として、セレベスに派遣。敗戦後、ジャワ島の収容所を転々、歌手として慰問活動をする。
(その152・1)昭和21年2月、インドネシア・バトウ。
「(バトウにある海軍関係の収容所で)私たちが、最初に赴いた慰問先であるこの病院に着いてびっくりしたのは、10人あまりの看護婦から、『あらっ、藤山先生!』と、黄色い声で迎えられたことだった」「そこはわれわれ捕虜だけが集まっている収容所の特設の病院なのである。軍医がいるとは考えていたが、インドネシアに在住していた婦女子は、真っ先に輸送船で、祖国日本に帰されたはずであった。しかし、その病院には、まぎれもなく正真正銘の女性がいたのである。だが、看護婦としては、どことなく垢抜けした態度で」「どうも看護婦らしさがない。私が、けげんな顔をしていると、かたわらから、森田君がニヤニヤ笑って」「『彼女たちの本職は芸者ですからね。彼女たち、輸送船に乗り遅れて、仕方なく、この収容所に来たんです。入れてくれと頼まれた以上、同じ同胞として断るわけにはいかないので、臨時看護婦ってことにして働いてもらっているのです』」(180〜181ページ)

〔その153〕小熊英二・姜尚中編『在日一世の記憶』集英社新書、2008年発行。
(その153・1)韓国・全羅南道。
「(『強制連行同胞の遺骨収集し、納骨堂完成』と題する章の福岡県在住男性の聞き書き)1937年から8年ころになると、朝鮮人は強制連行や『慰安婦』として連れて行かれるようになった。妹も17歳のとき、『お前、日本の紡績工場へ行かんか。日本に行ったら夜間学校で勉強もできるし、貧しい生活せんでもええ。給料を仕送りしたら、親孝行できる』と持ちかけられてね。当時はそんな感じで、日本行きへの憧れもあった。けど実際には慰安所に連れて行かれたという話を聞いていたので、アボジ(父)とわたしは相談して、妹を早く嫁に行かせることにしたんです」(110ページ)
(その153・2)韓国・慶尚北道。
「(『「女の子15人出せ」といわれて』と題する章の埼玉県在住女性の聞き書き)2番目のオッパ(兄さん)が日本から戻って来てからのこと。村で14歳から18だか20歳まで、『女の子15人出せ』っていって来たことがあった。そこにはもう最初からみんな名前が入っていたの。私の名前もそこに入っていた。それで何をやるかというと『兵隊さんのご飯炊いてやったり、洗濯してやったりだから危なくない』んだと。でも、ミョンジャン(面長)の親戚とか、子どもとかは全然その15人の中に入っていなかったの。それでうちのオッパがその面長のところと区長のところに行って暴れたの。そして『みんなをそういうところに出すんだったら、お前たちのところの娘も、お前たちの親戚の娘たちも出せ。そうしたら出す』と。そういって怒鳴り込んで、大変なことになってしまった。オッパは日本にいたからみんなわかっていた。洗濯してやったりご飯炊いてやったりする、そんなもんじゃない、兵隊の相手をさせられるんだと、それで反対したみたい」「そのときまだ19歳か、20歳だった。でもそのおかげで、村では誰も行かなくなったの」「うちのすぐ隣が警察署だった。そこの署長さんはとてもいい人で」「うちのオッパが暴れたっていうのを知ったとき『当たり前だ』みたいなことをいってた。この署長さんもわかっていたの、なんで女の子が集められるのか。その人が泣いたのを見たことがあるの。涙ポロポロ出してね。『まったく恥ずかしい。わたしも日本に帰る。こんなひどいこと見てられない』って」(408〜409ページ)

〔その154〕大仏次郎編『大仏次郎敗戦日記』草思社、1995年発行。
(その154・1)
「(昭和20年8月5日の項)陸軍の准尉で輸送機の機長をしている者、台北で第一流の芸者を妾とし、宮崎県の新田原にも女を囲い、妻を足利に疎開させている者がある。便乗希望者から1名千円ぐらいを受け取っているので10名乗せれば1万円である。それと台湾で10キロ3円某かの砂糖、内地に運べば1貫目千円近くなる。それ故の勢力である。何とかして乗って帰りたい人間の弱味が金になる。『あの雲助に頼むのはいいが千両かかるぜ』と人が云う」(291ページ)

〔その155〕新井俊男・藤原彰編『侵略の証言』岩波書店、1999年発行。1950年代、中国の戦犯管理所に収容されていた日本軍の幹部らの書いた供述書をまとめたもの。
(その155・1)中国・当陽。
「(陸軍第39師団師団長だった陸軍中将の供述書)師団湖北省駐屯間当陽には、日本人経営の慰安所が従前より設けられ、日本軍隊の慰安に供されて居ました。師団は之が経営を支援しました。当慰安所には中国婦人10数名が日本帝国主義の侵略戦争に依り生活苦に陥り、強制的に収容せられ、賎業に服して居たのでありました。宜昌、荊門にも同様の慰安所があったと思われます」「師団が湖北省駐屯間、当陽に春屋と称する日本人経営の料理屋がありました。春屋は1942年頃、荊門にて料理屋を経営中に第39師団司令部が荊門より当陽に移駐した時随行し、当陽に開店したものであります。師団の支援のもとに経営し日本将兵の慰安に供用して居たものでありました。春屋の主人は師団御用商人であったので、各部隊需要に応じ野菜等を師団の威力を背景に利用して、中国人民より安価に収買して各部隊に供給し、中国人民より利益を搾取し、又阿片商人なりし由なるを以って入手した阿片を其吸引者なる中国人に其悪癖を利用して高価に密売して莫大な利益を奪取して居た悪徳商人であったと思われるが、師団は此行為を黙認して居た訳であります。之等莫大な収益の分け前として、春屋は日本軍将兵の慰安費を低廉ならしめて居たと認められます。即ち師団将兵は春屋を通じて中国人民より搾取した利益に依り慰安しつつ中国侵略戦争を実行して居たのであります」(79ページ)
(その155・2)昭和19年、中国・済南。
「(陸軍第59師団高級副官の供述書)1944年4月上旬第12軍の河南作戦出動后軍副官より済南における軍后方施設中の軍人会館星倶楽部料亭『桜』偕行社料理部及軍酒保の監督業務を継承しました。星倶楽部は日本軍将兵専用の中国人妓館でありまして其経営は済南中国妓館組合長に委託し建物は日本軍が済南占領時中国人より押収掠奪せるものを利用内部を改造し使用せしめ従業員の食糧日用品等は日本軍酒保より廉価にて供給又医療は日本軍において負担するという名目下に欺瞞し廉価に日本軍将兵がいつ楽し得るの具に供したもので妓女は約30名1名1日平均約20名多き日は30名の日本軍将兵を相手にせしめました年歯17才乃至20才の若き中国女性の多くを侵略者の肉欲の対象たらしめ又其過労による疾病損耗を生せしむるの大罪悪を犯しました病人は経営者たる組合長か自己組合妓館の妓女と交代せしめていたのでその数は判りませんでした」「河南作戦進捗に伴い1944年6月頃第12軍より妓女を前線に送られたき旨の依頼要求がありました日本人料理組合は当時日本人妓女が著しく減少し此の要求に応じ難き旨回答がありましたので済南朝鮮人料理組合に依頼し派遣后の妓女の補充に付便宜を与ふることを条件として承諾せしめ朝鮮人妓女約30名を危険多き第一線に近い鄭州に派遣(約3か月)するの罪悪を犯しました僥倖にして此間妓女の損害は1名もありませんでした」(87〜88ページ)

〔その156〕山田清吉著『武漢兵站』図書出版社、1978年発行。予備役陸軍少尉の山田は、昭和16年9月、召集される。数えで42歳だった。
(その156・1)昭和17年9月?、東京・小笠原父島。
「(前置き・兵站とは何か)華中における最重要の兵站基地である漢口には、漢口市政府、総領事館、警備司令部、その他の行政官庁および各種の補給廠があったので、軍行政、軍需物資の調弁はそれぞれの官庁および補給廠が分担していた。そのため兵站司令部の直接の仕事としては、本部に」「宿舎係」「輸送係」「祭神係ー遺骨及び遺留品の管理、後送。慰霊祭施行、火葬場経営」「慰安係ー演芸、映画、慰問団取扱。料亭、食堂、陸軍特殊慰安所の管理」「俘虜係」「経理部」「衛生部」「そのほか、どこの部隊にも属していない仕事はすべて兵站がすることになっていた」「私は昭和18年3月、漢口兵站司令部に転属し、この地で終戦を迎えるまで、裏方の雑務に明け暮れる2年半をすごしたことになる。しかし何事もなく私は漢口へたどりついたわけではなかった」(13〜14ページ)
「(初任地・小笠原父島の)扇浦の少し手前にある谷間に慰安所が3軒ほど建って20人近い慰安婦が来たというので一度見学してみた。小さなバラックの建物の前に慰安婦たちがたむろしていた。何か違和感がして二度と行く気がしなかった。師団の管理部の将校で、内地から来た妓たちを将校用、下士官兵用と選別する係があると、年とった准尉が話していた。また慰安所がないと、元気のよい兵は、凶暴になって喧嘩ばかりするし、おとなしい兵は、神経衰弱になってメソメソしているともいわれたが、本当かどうか、ともかく慰安所ができて、兵が外出してもひやかすところができて楽しみが、一つふえたわけであった」(23ページ)
(その156・2)中国・漢口。
「(昭和18年4月)私が慰安係長を拝命、慰安業務一切を担当することになった」「慰安係長拝命の際、(堀江漢口兵站)司令官は私を椅子にかけさせ、静かな調子で慰安についての話をした。『慰安係の仕事のうちで、いちばん面倒なのはいわゆる特殊慰安所の監督指導だ。特殊慰安所を軍が施設として持っていることにはいろいろ意見もあろうが、現在のところ必要悪として認めなければなるまい。しかしその弊害を極力少なくする方法として、なるべく兵をそうした遊里へ近づけないために、健全娯楽の施設を強化する必要がある。同時に慰安婦たちを泥沼から1日も早く救ってやるために慰安所の不正をなくし明朗な管理も行っていきたい」(60〜61ページ)
「漢口の特殊慰安所は」「積慶里の一廓にあった」「ここだけ高い煉瓦塀で外部と遮断されていた。後方兵站の慰安所だけに、前線あるいはそれに近い戦場の慰安所とはその趣を異にしている」「入り口を入ると、右側に漢口警備隊の巡察詰所、業者の組合事務所があり」「その奥に道の両側にそれぞれの屋号をもつ妓楼が並んでいる。なかには軍の指示によって内地松島、福原の妓楼がここへ支店を出したものもあって、多くは本店にあやかった名前で」「9軒。ほかに朝鮮人の経営する」「11軒の妓楼があった。ここには内地人慰安婦130名、朝鮮人慰安婦150名、計280名の内地朝鮮混成の妓たちがいた」「営業はいわゆる張見世ではなく、妓たちの源氏名と写真が一緒に並べてあって、時には内地なみに初見世とか新規とか書いてあることもあった」「積慶里がどうやら表面的におさまっていたのは、内地人斎藤を組合長に、朝鮮人金田を副組合長に組合を結成し、組合を通して兵站が取締っていたからと思う。斎藤は田舎の村長を思わせるような朴訥な好々爺然たる老人であり、金田はもと金正賢という朝鮮人が、昭和14年の創氏改名で金田と名乗ったもので、背も高く、才知もあり人柄もよく、心から軍に協力しようというタイプであった」「慰安婦の1日の稼ぎ高については、各楼ごとに将校、下士官、兵に区分されて、個人別に接客数と金額が毎日兵站に報告される」「前に慰安婦1人に対し兵150名という比率があるということを聞いたことがあったが、もしそうすれば漢口地区280名の慰安婦から逆算して、4万2000名の兵が漢口に駐屯していたことになる。正確な数はわからないがおそらく常時5万ぐらいの兵がいたものと思われる」「慰安婦の中には計算にうとく単純なものもいた。働いても働いても借金が減らないという金銭関係に対する疑惑についても」「今後は、水揚帳はすべて兵站経理の証印をうけさせることにした」「兵站としては正確な利用者数をつかむことはサックを配給する上でも必要だったので、利用者の実数は正確に報告させることにした」「妓たちの収入は、平均兵6、下士官1、将校1くらいの接客で、1か月稼動27〜8日くらいにみて、無駄遣いしなければ日本金で4〜500円(1か月)で借金返済ができるようであった。前借金は平均6〜7千円ぐらいだったので、だいたい1年半ぐらいで借金を返し、それ以上働けば少しは貯金もできて内地へ帰れるよう指導したつもりである」(76〜84ページ)
「慰安婦が漢口へ到着すると、楼主とともに必要書類をもって兵站慰安係へ出頭する。係の下士官は、彼女たち本人の写真、戸籍謄本、誓約書、親の承諾書、警察の許可書、市町村長の身分証明書などを調べ、所定の身上調書をつくり、それに前歴、父兄の住所、職業、家族構成、前借の金額などを書き入れる。身上調書はうつしをとって憲兵隊へまわしておく。あとで反則などで営業停止をうけたりすると賞罰欄に、病気入院などすると、病名、期間などを病歴欄に記入し、また備考欄には、酒癖あり、浪費癖ありなどと、あとからその妓の特徴などを記入しておいた」「内地から来た妓はだいたい娼婦、芸妓、女給などの経歴のある20から27、8の妓が多かったのにくらべて、半島から来たものは前歴もなく、年齢も18、9の若い妓が多かった。『辛い仕事だが辛抱できるか』とたずねると、あらかじめ楼主から言われているのか、彼女たちはいちように仕事のことは納得しているとうなづいていた」(86〜87ページ)
「私の不在中に、第34軍の法務部から電話があった。係の下士官が代わって用件をきくと、誘拐されて来た妓がいるから調べてみるように、とのことだった。これはよくズブの素人で、軍の酒保で働くのだなどとだまされて来たという妓がいたからである。さっそく組合長を呼んでそれとなく調べさせてみると、松浦楼のみつ子のことらしい」「まだ18、9の子供っぽい素人じみた妓であった。みつ子の素性は、大阪在の箕面とかの生まれで、早熟な不良少女だったらしい」「友だちが軍の接待婦となって漢口へ行くという話をきき、一緒に行く約束をしたが、警察では前歴がなければ渡航を許可しないという。そこで、前にカフェーで働いたことがあると嘘をついて許可をとった。また前借がなければ駄目だというので、いりもしない金を借り、その金は親戚のおばさんとかにあずけて貯金してもらったそうである。ところが、一緒に行くはずの友だちは、親が許さないとかで取りやめになり、自分ひとりだけ、楼主に連れられて漢口へ渡って来たという。楼主とはどんな話し合いになっていたものか、特に娘分として家族同様に待遇され、楼主と一緒に食事したりして、ほかの妓とは別扱いということだった」(89〜90ページ)
「松浦楼に、富士子という、どことなく妖艶な感じのする妓がいた」「まだ21、2である。身上調書でみると、内地で芸者をしていたと書かれていた。『お前などは、将校倶楽部へ行った方がいいんじゃないか?』といえば、にっこり笑っただけで返事もしない」「調書の備考欄には『酒癖あり』と書きこまれてあった」「富士子はのちに説得して接待婦(将校倶楽部にいる芸者)に昇格させ、将校料亭の『祇園』へ住み替えさせた」(91〜93ページ)
「朝鮮から妓をつれて帰った泰平館の楼主が、まだ17、8に見える女の子をつれて兵站に来た。戸籍謄本を見ると16歳である。これでは営業の許可はできない。楼主は、貧しい田舎の習慣で出生届がおくれたので、実際は満18歳だという。『馬鹿をいうな。年の足りない者に商売がさせられるか』とはねつけておいた。すると1か月ほどして、その女の子が自分で兵站へやって来て、ぜひ働かせてくれと言い出した。『どんなことをするのか知っているのか?』『知っている』『兵隊さんは乱暴だから辛抱できないぞ。泣いたって知らないぞ』『泣かない。どんなことでも辛抱する』『そうか。それじゃ軍医さんに証明書を書いてもらって来い』。あるいは事実出生届がおくれたのかも知れないと思い、結局楼主の希望を入れ、軍医の身体検査をうけた上許可することにした。この妓には美千子という名をつけてやった。また天成の素質があったものか、2、3か月経つと色気のある身のこなしがすっかり板について、いっぱしの女郎タイプになってしまった」(100ページ)
「こういう世界へ入って来る子には、境遇や家庭に恵まれなかった子が多い。朝鮮生まれの三成楼の小百合もその一人である。やさしい妓で、ちょっと知的な顔をしていた。彼女は2つのとき母親に死なれ、父親も小百合を捨てて女と出奔して行方不明になり、近所の女に拾われて育てられたという。何とかして独立したいと考え、邦文タイプを習い、上京して中野銀行とかのタイピストになったが、育てられた養母から、金送れ金送れといって来るので京城へ帰ってみると、養母はモヒ中毒で半病人」「家に一銭の蓄えもないので、慰安婦を志願してーー朝鮮では業者が別の名目で募集し実際は慰安婦にさせられた者が多いーー漢口までやって来た。2年間辛抱して前借を返し、また朝鮮に帰ってみると」「養母は」「足腰のたたぬ病人になっていたので入院させ、また前借のために漢口にやって来たのだという」「何とか努力して、泥沼から抜け出そうと懸命に生きて来たのに、結局は駄目だった、と自嘲している」(102ページ)
「平和館の楼主が、沖縄生まれの幾代という26,7の妓をつれて兵站へ申告に来た」「聞けば幾代は、南洋の何とかいう島にある海軍陸戦隊の慰安所で特要員(慰安婦)をしていたそうである。ところが状況が険悪になったので、非戦闘員は全部撤収を命ぜられ、軍用船2隻に乗船、内地へ帰還の途中敵機の雷撃をうけて1隻は沈没した。幾代の乗っていた船は、内地へ帰れず、ジグザグ航行をしてどうやら上海にたどり着いたという。まだ借金が残っているとみえ、また慰安婦となって漢口へ鞍替えして来たのである」(103〜104ページ)
「孝感から来た朴景道という50位の朴訥な朝鮮人が、武漢楼の権利を買いとって商売をはじめた」「朴はいちど朝鮮へ帰って新しい妓をつれて来たいというので、公務旅行の証明書を持たせて朝鮮へ帰してやった。明けて昭和19年の1月、南京から朴たち11名が乗船して漢口へ行くという電報が兵站に届いた。追いかけるようにして、今度は乗船した船が、九江付近で米空軍機の爆撃をうけて沈没し、全員行方不明という報せが入った」「暁部隊からも、正式に朴や慰安婦たち全員死亡の報せがはいった。乗船者名簿には、朴景道ほか10名としか書かれておらず、朴につれられて来た妓たちの氏名はまるでわからなかった」「朴の郷里に手紙を出させ、同行した少女たちの身元を調べるよう手配したが、返事もなく結局何もわからなかった」(117〜118ページ)
「漢口兵站が施設としてもっていた将校料亭というのは、祇園、水月、銀翼と、中華料理専門の扶桑閣で」「祇園、水月、銀翼には、それぞれ接待婦(芸妓ーといっても芸妓と娼妓の二枚鑑札)をおいてあってその数は24、5名。祇園がその半数以上をしめていた」「接待婦は、慰安婦とくらべると収入が少ないので希望者も少なく、その補充にはいつも苦労し、慰安所から富士子、秀弥など内地で芸妓の経験あるものを説得して接待婦へ住み替えさせたものである」「兵站施設の料亭とは別に、軍司令部は、副官部直轄として、日本租界に高級料亭曙と喜楽をもっていた。これは佐官以上の上長官用で、設備も素晴らしく、とくに曙は、玄関に赤い絨毯を敷き、金屏風を据え、よくも戦地にこんな料亭がと思われるほどの豪華さだった。さすがにこの料亭の存在には非難の声があり、また維持経営も苦しいのか、いちど兵站施設へ移管を頼んで来たことがある」「曙や喜楽の芸妓たちは、軍司令部のお偉ら方や兵団長の接待用で、もしほかの者が遊んだことが見つかると前線へとばされる、という噂があったせいか、一般将校はまったく寄りつかなかった」(139〜140ページ)

〔その157〕町田正司著『中国縦貫戦記』図書出版社、1984年発行。町田は、昭和18年1月から陸軍軍医として中国へ赴任。
(その157・1)昭和20年4月、中国・広東付近。
「(町田の所属する徳田大隊は洞窟陣地を掘っている肝部隊に協力する)そのうち肝部隊から(徳田)大隊に慰安婦が3名おくられてきて、大隊本部の宿舎の一部が彼女らにあてがわれた。日本名を『愛子』『幸子』『富子』といった。年令は3人とも20才前後で、中国服よりも簡単服(あっぱっぱ)をきていることがおおく、片言の日本語をはなしていた。『ながい作戦行動後の貴下部隊に必要なのは、これです』と、肝部隊の大隊長が、徳田大隊長にいったという。彼女らの身許や経歴は不問にふしたままであったが、おそらく強制的に連行されたものであろう。でも彼女らは、厚化粧をして適当に愛嬌をふりまいていた」「慰安婦の数が少ないこともあって、この施設の利用が一部のひとびとにかぎられていたきらいがあった」(220ページ)

〔その158〕金井英一郎著『Gパン主計ルソン戦記』文芸春秋、1986年発行。金井は、昭和18年、入営し、昭和19年6月、東京陸軍経理学校を卒業し、満州・孫呉に向かう。
(その158・1)昭和19年6月?、満州・孫呉。
「国境の町、孫呉」「町の南側にソンピラ河が流れ」「河畔に周囲を赤い煉瓦塀に囲まれた、なんとなく妖しいムードの建物が2つ並んで建っている。孫呉第一慰安所、第二慰安所である」「市街地には」「慰安所常盤とか、慰安所いろはとかいう民営の店も開いている」「例によって神田主計中尉は、新米のぼくのために、巡察コースの順序から、コツやらを細々と教えてくれた。『野戦貨物廠の次がいよいよ最後の軍慰安所だ。第一、第二とも25人ずつ、50名の慰安婦が、それぞれの個室を持って、兵の慰安業務を行っている。慰安婦はすべて若い朝鮮女性である』。中尉はここで声を落して、『彼女たちは、女子挺身隊とか、女子愛国奉仕隊とかの美名で、朝鮮の村々から集められたらしい。18歳から23歳までの独身女性で、仕事は軍衣の修繕、洗濯等の奉仕であると説明されての強制徴用であるようだ。連れてこられて、仕事の内容を知り動転するが、もはやどうするという自由はない。ここではっきり断っておくが、以上の内容について、われわれ主計将校が容喙する何らの権限を持たない。つまり慰安所の営業について口はつけられない。週番士官としての巡察項目は次の3点だけに限られる。1、兵は部隊別に利用曜日が定められている。このことの確認。2、公用外出者は利用してはならない。3、鉄兜突撃一番(軍用コンドーム)使用の確認 』」
「はじめてお目にかかる慰安所なる場所だ。馬から下りて、軽く深呼吸して、靴音を高く鳴らして中に入る」「2つの部屋の前だけに、15、6人の兵隊が列を作っている」「ほかの部屋も満員のようだが、列を作るほどではない」「なぜ、この2つの部屋だけ、人気があるのか。覗いてみて、すぐ納得した。襦袢(シャツ)1枚の兵隊に、組伏せられ両膝を開いている裸の女の若い肢体。悲しげにこちらを向いたその顔は、まだ初々しい少女のようで、ハッとするほどの美貌であった。ぼくはもうひとつの人気のある部屋のなかを覗いた。愛くるしい、ぽちゃぽちゃとしたもっと若い肢体だ。円い幼顔をしている。痛ましい思いに胸を衝かれた。廊下の突き当たりに机と椅子を置いて管理人が控えている。聞いてみる。この2人は、一昨日、朝鮮から送られてきて、昨日から仕事に着いたのだ、という。『それなのにこんなに集中しては、体をこわしはしないか』『昨夜、硼酸で湿布させたらひと晩で治りました。今日は大事をとって、30人で打ち止めにします』と、事もなげに答える。何たること、何たること」「数日後の夕暮れどき、意を決してぼくはプライベートに慰安所を訪れた」「2時間2人分の料金を支払い、1室で(前述の)その2人に会った。日本語が少し話せる。源氏名は玉蘭と香蘭。19歳と18歳。朝鮮全羅南道の農村の出身。2人は同じ村、玉蘭は朝鮮の村では数少ない高等小学校卒業だ。運命の嵐に巻きこまれたいきさつは、神田主計中尉に説明された通りだった」(54〜57ページ)

〔その159〕一ノ瀬俊也著『戦場に舞ったビラ』講談社、2007年発行。
(その159・1)昭和19年8月?、ビルマ。
「ミートキーナは8月3日までに水上少将が自決し、第114連隊長・丸山房安大佐以下の生き残り約800名が川を渡って脱出、陥落した。そのことを皮肉ったのが〔図55〕の米軍伝単『丸山大佐 何処よ』である。『大切な部下の代りに慰安婦迄も伴った』などとあるが、ミートキーナに朝鮮人慰安婦が複数名いたことは、日本兵の回想からも見てとれる。山砲兵第18連隊の兵・藤吉実によると、ミートキーナ脱出後、40数日が経過した激しい雨の日、『兵隊さん、しっかりしろよ、バーモはもうすぐだよ』と朝鮮人の慰安婦から声をかけられたという。彼女らは、『裸で竹の杖をついて痛々しく、脱出以来筍を食べて生きて』いる状態で、はじめは10数名いたのに、そのころはわずか2名に減っていた〔藤吉「ミッチーナ脱出」、前掲『砲声』所収〕。同じ連隊の森崎善喜がある日水汲みに行くと、丸山大佐がミートキーナ駐在の1憲兵を竹の棒で殴打していた。理由は『連隊長愛妾の慰安婦を見捨ててきたこと』であった」「〔森崎「水上少将と丸山連隊長」、前掲『砲声』〕」「(〔図55〕の一節。丸山大佐は)ミチナ陥落1週間前、防衛線不能と見るや、歩ける病傷者を前線に送り、歩けぬ者は之を見すてて、己の命ほしさに壮健な部下若手を伴って」「その上に、大切な部下の代りに慰安婦迄も伴ったが、連合軍偵察隊の追撃が急となるや之等をも置きっ放しにして」「途中で歩行出来ぬ者はジャングルの中に取り残され、死の道を辿った」(119〜121ページ)

〔その160〕角田房子著『一死、大罪を謝す 陸軍大臣阿南惟幾』PHP文庫、2004年発行(新潮文庫、1983年発行)。
(その160・1)日本。
「大正14年5月、阿南は東京に帰り、古巣である参謀本部第一部演習班の班長となった。同年8月、中佐に昇進した」「演習課では、演習地調査のための出張が年中行事となっていた」「旅館の交渉はいちばん“世間通り”のいい阿南の役で、必ず成功したという。旅に出ればハメをはずすのは当然とされていて、毎晩よく飲んだ。酒の強い阿南は乱れることもなく愉快に談笑したが、話が落ちる所まで落ちれば本多政材少佐の一人舞台であった。宿の女中たちを集め、本多が陸軍部内に鳴り響く猥談で沸かせたあと解散となるのだが、ここで一同に性病予防具が配られる。『これをうっかり謹厳居士の柳川課長に渡そうものなら……』と有末は語る。『けがらわしいとばかり、渋い顔で突き返して座を白けさせる。だが阿南さんはそんなことはしない。やあ、ありがとう、と受けとって無造作にポケットに入れる』。阿南の“一穴居士”という評判を聞き知っていた若い将校がこれを見て、翌日、彼の相手をしたはずの女を“追跡調査”したところ、女は『お茶を一つ召し上がっただけですぐお帰りになりましたが、お金だけはちゃんといただきました』と答えたという」(52ページ)

〔その161〕浪江洋二編『白山三業沿革史』雄山閣出版、1961年発行。東京の花柳界・白山50年の歴史。
(その161・1)昭和17年9月、北ボルネオ・クチン。
「大東亜戦争に突入した。事態は1億1心挙げて戦う時代となった。すでに小笠原島で海軍関係の仕事をしていた白山三業の芸妓屋『三浦家』主人は、この機会に吾が職域で奉仕することが吾等の勤めだと決心し、南方現地慰問を志していた。陸軍省にその許可を申請したところ、昭和17年5月に話は進み7月には軍属待遇としてボルネオ方面司令官前田利為中将のき下に配属されることになった。『三浦家』は芸妓20名、髪結3名、女中その他で合計30名。目的は現地慰問と芸能文化の紹介宣撫建設の一助であった。で、98梱包の衣装・楽器・料亭用調度品を携行することになり、白山三業から千代竜・小梅・ハム子などの芸妓が参加することになった」「9月26日北ボルネオ(英領)の主都クチンについた。当時のクチン市の慰安施設は現地人経営の2か所と司令部と共にわたってきた大森の料亭『松浅』の兵站宿舎だけだった。司令部は早速我等1隊の営業場所を見つけてくれ、臨時軍事費の支出で改造にかかってくれた。家は英蘭銀行の頭取の社宅で250坪1棟と190坪1棟、104坪余の1棟、計3棟だった。料理店用にした250坪の家は風望が良いので『見晴亭』とつけた」「利用する階級は将校及び高等文官と軍属で、高等官のクラブであった」「芸妓はお座敷の着物で日本髪に結び、三味線・太鼓・鼓などを主要な武器にしていた」「現地にいた芸妓は野戦病院の看護婦に任用され終戦を迎えたが、全員昭和21年5月から6月にかけて帰還することができた。当時の申請書が残っている。
南方現地に於ける料理店開設許可御願
本籍地 東京市小石川区指ヶ谷町
現住所 右に同じ
戸主  嶋田豊三(明治22年2月14日生)
右者今般南方現地に於て軍御指定の料理店を開設仕度左記人員並に材料整備の上御願申上候御許可被成下度此段申請候也
昭和17年7月13日
右 嶋田豊三
陸軍省 御中」(209〜212ページ)
(その161・2)昭和20年5月、東京・白山。
「昭和20年の3回に亘る大空襲によって東京の紅灯地図は殆ど全滅した。そのころ、丸山福山町あたりに穴を掘っていた警備兵のため、慰安婦として仮営業をはじめた。それが昭和20年5月15日の許可が降りた白山接待所である」(220ページ)

〔その162〕大谷渡著『看護婦たちの南方戦線』東方出版、2011年発行。
(その162・1)昭和17年11月?、マニラ。
「(台湾の従軍看護婦らを乗せ)澎湖島の軍港馬公で船団を組んだ輸送船は、米軍の潜水艦を避けて大陸沿岸を進み、通常の倍以上の1週間かかってマニラに着いた。海は時化で、船酔いする者が多かった」「同じ船に、50歳前後の台湾人の夫婦が、10人ほどの慰安婦を連れて乗っていた。夫は林という姓で、妻は陳という姓であった。陳という女性は、船酔いがひどかったので、川島ら看護婦が介抱してやったことがあった。マニラ港に着くころ、お金で買われてきた女性たちが、和服に着替えていた。日本人慰安婦は、台湾人や朝鮮人よりも料金が高かったので和服を着せたのだろうと、ずっと後になってから川島は思った。介抱してもらった女性は、お礼をするから遊びに来るようにと、同じ台湾人の川島繁子(改名による日本名)にマニラ市内の住所を教えた。南方第12陸軍病院で勤務についてから、川島は休日にその女性の家を訪ねたことがあり、ビーフンを食べさせてもらった。『亜細亜食堂』という名が付けられていたが、そこは売春施設だった。部屋の中には、束ねられた軍票が無造作に積まれていた」(16〜17ページ)

〔その163〕福岡良男著『軍医のみた大東亜戦争』暁印書館、2004年発行。福岡は、昭和19年、陸軍軍医として召集され、南方・スラウェシ島北部マナド地区に2年間勤務する。
(その163・1)昭和19年9月、セレベス島北部・ビートン。
「われわれがビートン近くのギリアンの陸軍隊包装所に一泊したが、隊包帯所(陸軍病院の分院)の暗い一室に、23、4才位の、一人の女性(私は韓国の女性という印象を受けた)が隔離されているのを見て、一同暗然とした気持になった。なぜ隊包帯所に、軍人以外の女性が入院しているのか理解できなかったが、田畑富士雄軍医少尉は、脳梅毒の元娼婦(23才)で入院させたと言った。私は、患者の年令から考えて、脳梅毒ではなく、過酷な生活環境から鬱病になった娼婦であると思った」(89〜90ページ)
(その163・2)昭和19年?、セレベス・ソンデル。
「売春婦が部隊付近、とくに炊事班の付近に出没しているという噂が部隊内にながれた」「公用外出時の下士官や外出日の兵を、売春婦が声をかけて誘い、ヤシ林のなかで売春しているという噂が流れた」「性病罹患者が出ることを警戒して、各中隊に対して」「売春婦の誘いにのらないようにとの厳重な注意が与えられたが、その後間もなく、心配していた性病罹患者が出始めた」「ある日、突然M主計少尉から、『軍医さん、慰安所ができることになりましたよ』と言われた。はじめは正直をいって慰安所は喫茶店のような憩いの場所であると思った者が多い。ところが、よく聞いてみると慰安所とは女郎屋である。軍隊内と現地一般住民間に性病が蔓延するのを防ぐために、さらに現地婦人を性の捌け口にしないようにするために慰安所ができることになった、とのことであった。経営は韓国出身の日本語の上手な女性(朝子)が、慰安所の女性集めは出入り御用商人のニコラス・タンブブン、フレッ・タンブブン兄弟が担当することになっているとのことであった。慰安所の女性を集めるために必要な布地などの物資は、部隊の主計からニコラスに与えるとのことであった。慰安所の女性の健康管理(局所検査を含め)は、軍医さんにお願いすることになっていますとM主計少尉から言われた。慰安所設置は、軍の組織上、M主計少尉が単独で決められることではない。部隊長(IM陸軍少佐)、UT副官からの命令なくしては設置は不可能である」
「慰安所の検診は、1週間に一度、土曜日に定期的に行われた」「慰安婦は全員インドネシアの女性であった」「『ドクター、今日は2人の新規採用者がいますから、まず先に検査して下さい』と(朝子が)いい、2人の現地の女性P子とT子を連れてきた。P子は、ひどい貧血のある貧しい身なりの女性で、一目見て明らかにまだ男を知らなそうな女性のようであった。もう一人のT子は、顔色の浅黒い、かなり豪華な服装をした女性であったが、服装も乱れており、一見して水商売あがりの女性であることがわかった」「(検査すると)P子は、やはり娘であった」「(検査後のP子とのやりとり)『心配しないでよろしい。もう検査はしない。ところで、どこの村から来たのか』『……』『慰安所のことを知っているのかい』『はい』」「『どうして慰安所で働く気になったのか』『ニコラスは喫茶店と言いました。1日三度、肉と魚でご飯がたべられ、お金のほかに、洋服がもらえるところと言われました』と怯えるような態度で重い口を開いた。『ニコラスが恐いのです。ニコラスは、もし逃げたら憲兵につかまって殺されると言いました』」「この(ニコラス)兄弟はまことに狡賢い男たちであった。IM部隊長に取り入り、女性を次々と世話していた。IM部隊長はいつも2〜3人の女性を抱え、寝ていた」「あとでわかったことであるが、結果的に、P子はIM部隊長によって水揚げされてしまった」
「主計が、大きい木造民家を借り上げ、改築して小部屋を沢山つくり、慰安婦に個室があたえられた」「慰安婦の外出は自由であった」「慰安所係下士官なるものが副官から任命され、慰安所で、兵、下士官同士のトラブル、慰安所とのトラブル、慰安婦の部屋の清掃状態等、秩序の維持にあたっていた。慰安所係の下士官には品行の悪い下士官が任命された」「慰安所係の下士官が、慰安婦の源氏名(呼び名)を日本語で命名した」「私が所属した独立歩兵第375大隊は、ケマ、トリアンゴキ、ソンデル、ベランの4地区に分散駐屯していたので、慰安婦全員の人数は不明であるが、ソンデル町には約10名、ケマ町のは約20名の慰安婦がいた」(130〜140ページ)
「終戦後、IM部隊の慰安所に主計から沢山の軍票と布地が与えられたが、出身地には帰れぬ女性が多く、哀れであった」(176ページ)

〔その164〕藤原彰著『中国戦線従軍記』大月書店、2002年発行。藤原は、陸軍士官学校を卒業し、昭和17年8月、中国の第27師団に赴任する。
(その164・1)昭和17年9月、中国・景和鎮。
「この景和鎮にも1軒だけの料理屋兼ピー屋があり、その店は菓子屋と写真屋までやっていた。写真屋がわずかの日本兵相手に成り立つはずがないので、後で考えると写真屋は阿片を扱うためのカムフラージュだったに相違ない。この何でも屋の経営者は朝鮮人で、従業員の女性も朝鮮人だった。この店は駐屯隊に寄生していたのだが、中隊が特に管理していた様子もなかった。一種の御用商人なのだが、特別工作隊とも深い関係があるようだった。連隊本部にあった料理屋は連隊副官が管理していたが、中隊以下の単位ではこのような軍隊と不即不離の御用商人が経営する何でも屋が多かったのであろう」(27〜28ページ)

〔その165〕今村均著『今村均回顧録』芙蓉書房出版、2002年発行。
(その165・1)昭和11年、満州・新京。
「(今村が関東軍参謀副長に)着任半年ほどののち、参謀の一人辻政信大尉が、夜分私の官舎にやって来て、次のように云う。『あなたは、自分ひとりが料理屋に行かないことで、自らを安んじていますが、かようなことは、実に消極の行為です。なぜはっきりと“軍司令部将校は、私費を以ってなら格別、公費をもって市中料理屋に人を招くことは、許されない”と禁じないのです。軍の参謀たちが、ほとんど毎晩のように公費で酒食していることを、軍隊の将兵は憤慨しており、とくに軍の機密事項が、酒楼での参謀の口から女の耳に、女の口から一般市民の耳に、筒抜けになっております。これはどうしても禁ずべきことです』。熱血男子は、司令部の弊風を力説してやまない。『よし。禁じよう。けれど毎週のように東京からの要人が出入し、幕僚がこれ等と会食の要があることは認められる。今後はそれらはすべて、公費で軍人会館でやらせることにし、市中料理屋での公費宴会は、やめさせることにする』。翌日板垣軍参謀長にはかってみて、その同意を得て、『公費会食の件』という達しを軍司令部内職員全部に示した」(237ページ)
(その165・2)昭和15年2月、中国・南寧。
「(今村第五師団長らを主賓とし、久納第22軍司令官による夕会食で)同席していた軍の管理部長が、次のようなことを云いだした。『話は下がりますが、きょう自動車で15名ほどの抱え主につれられて、150名の慰安婦が到着し、軍管理部で、家屋の都合はつけました。全部を南寧に留めておいてよいか、近衛部隊は南寧から8キロも離れた部落におりますので、そちらに何名ほど移らせたらよいか、ご決定を願い、その方の設備は桜田旅団でやっていただきたいと存じております』。すると誰かが、『双方の兵員数に応じ、按分できめたらよいでしょう』。そういうや否や桜田少将(近衛旅団長)が、『ご配慮は有難いですが、近衛の兵は、いくらかほかとは違っており、そのほうのご心配は無用にしていただきます』と、云う。同少将は性的方面にも謹直の人」「慰安所というのは、将兵の性的慰安のためのところであり、わが国内では、戦地のこの種施設をひんしゅくする人が多い。これはわが国軍だけのことではなく、列国軍とともに『特殊看護婦隊』の名でやっているとのこと。私もこの名のほうがよいと思う。ずっと以前、誰かから聞いたのだが、往昔わが東北地方の前9年後3年の戦のときも、朝廷は、京女からなる慰安隊を、源氏の軍に送っているとのことである。右(夕会食)の日から10日ほどたち、憲兵隊が各部隊の南寧慰安所利用状況を一表にして、参考のためと云い、各隊に配布してきた。それによると、予想に反し、これを利用する人は、近衛部隊の者が一番多く、しかも往復15キロ以上の道を歩んで来てのことと云う。その後桜田少将に会ったとき、遠慮のない間柄のこととて、憲兵隊の調査表のことを話題にして見た。『50に手がとどきますと、こんなにも、20代青年のことがわからなくなるものですかね。私も、あの表を見て驚いてしまい、会食の席での言葉を素直に取り消し、やっぱり部隊の宿営地に分派してもらうことにするつもりでおります』」「『君が前言を率直に取り消し、あの設備を宿営地内に設けてやれば、兵は遠路を通う必要がなくなり、きっと喜ぶだろうと思う』。このように語った。しかるに私の師団長宿舎の井田軍曹と従兵3名が、その施設を利用しているように見えない。『井田軍曹! 君たちは、どうしてあそこに行かないのだ。私に遠慮してのことか』『いいえ、司令部の兵隊たちは皆が憤慨し、『そんなことなら行くまい』と話しあっております』『“そんなことなら”とは、どういうことか。悪いところは副官部に申しでて、軍管理部にかけあい、なおさすべきだ。遠慮なしにいってごらん』『一人、1日1枚だけの切符より売らなければよいのですが、1人に何枚も売ります。その方が抱え主にも相手のものにも利益が多いのだそうです。1枚で30分ですが、5枚買えば2時間半相手を独り占めにします。1枚だけより買えない者は、何時間も待たされ、しかもちっともモテナイそうです』『誰が一度に、そんなに何枚も買うのか』『将校がた、次が下士官、ですから慰安所は、兵のいけるところではなくなっています』。かように云う。私はこの事を師団副官に研究させ、軍の管理部と相談の上、1人1日1枚以上買えないことにし、その日の切符はその日だけの通用に制限するようにしたとの事を、聞くには聞いたが、間もなく南寧を去ったので、実効があったかどうかは、知らずに終った」(326〜328ページ)

〔その166〕竹井慶有著『南の空に下駄はいて』光人社、1992年発行。竹井は、海軍水上機搭乗員として、各地を転戦する。
(その166・1)昭和19年2月?、南方・ラバウル。
「私たちには、久し振りの外出であったが、どこに行っても飲食させるという店は見当たらず」「しばらく歩いていると、行く手前方の丘の上に、小さなバラック建ての長屋が数軒立ち並んでいるのがあって、それぞれの長屋の前には、陸、海軍の軍人と見える大勢の男が集まって、何やらガヤガヤと騒いでいる。遠くから見ていると、そこに建てられている3軒のバラック建ての長屋の前には、各入り口に向かって、ここに集まっている人々がそれぞれ長い列をつくっていて」「建物の出入口に扉はなく、代わりに、荒むしろが1枚垂れ下がっているだけの間仕切り」「『何事ですか?』と、並んでいる兵隊にたずねたら、『ここは、ラバウルの慰安所だ。毎日こんなに繁盛していますよ』と教えてくれた。言われて見ると、なろほど、先頭でつぎの順番を待っている兵隊のなかには、すでにズボンを脱いで、足踏みをしている者すらある」(126〜127ページ)

〔その167〕広田和子著『証言記録従軍慰安婦・看護婦ー戦場に生きた女の慟哭』新人物往来社、1975年発行。同書中、昭和15年から敗戦まで南方・トラック島の松島砲台勤務だったという野口の証言。
(その167・1)南方・ラバウル。
「(従軍慰安婦について)ああいう世界の人間だからって軽蔑することはありませんでした。彼女たちだって同じ人間なんであってね。家庭のために身を売ったりとか、いろいろ事情はあったろうけど、中には、お国のために働く兵隊さんのお役に立ちたいと志願してくる女学生もあったそうですよ。だけどそういうのは一応病院でもって検査するときに、医者もびっくりするけど本人もびっくりしちゃってね。わたしは兵隊さんの慰安隊だっていうので志願してきたのに、こんなことをするのが慰安とは思いませんでしたと泣き出すのもいました。そんなのはみんな内地へ送り帰しました」(53ページ)

〔その168〕金一勉編著『戦争と人間の記録・軍隊慰安婦』現代史出版会、1977年発行。
(その168・1)
「(同書中、伊藤桂一執筆の「慰安婦と兵隊」。伊藤は、戦時中、軍隊で中国で朝鮮人慰安婦の世話係もやり、戦場慰安婦の心情に詳しいという)戦火が拡大し、長引き、兵力の動員が際限もなく続くにつれて、慰安婦も、とうてい、志願者や経験豊富の玄人ばかりを集めるわけにいかなくなった。数が足りないのである。ことに、慰安所というものが、兵站なみに必要視されてくると、どの部隊でもその設置を考える。そのため、慰安婦を外地へ連れて来て間に合わせるため、ついに手段を選ばぬ業者が出てくることになったのである。つまり、女をだまして連れてくるわけである。料亭や酒場で、水商売をやっている女を好条件で釣り、うまく話に乗せる。ところが目的地に着くと、慰安婦としての仕事が待っている。女が、死ぬ気で抵抗すれば抵抗できないこともなかったにしろ、おどされたり、因果をふくめられたり、慰安婦の使命感?まで説かれてみると、いまさら帰国したからといって別にいい暮らしが待っているわけではないし、ずるずるに、慰安婦の仕事に入ってゆくことになったのである」「日本の軍隊に、最大の貢献をしてくれたのは、質量ともに朝鮮人慰安婦であるだろう。戦場慰安婦、といえば、そのイメージは、朝鮮人慰安婦に尽きる、といえるかもしれない。朝鮮人にしても、強制されて出て来る者も多かったし、また、何をやっても内地の女よりは秀れているのだ、ということを認めさせるために、あえてがんばっていた女たちだっている。複雑な心情がそこにある」「慰安婦も、置かれる場所によって、その運命も千差万別だったが、私のみたところ、その町における彼女たちの生活の実情についていえば、かなり恵まれていたのである。なぜなら、彼女たちは、みんな借金を抜き、結婚資金をたくわえ、かつ、結婚のとき持ってゆく、家具衣装箱も充分用意していた。あと、足りないのは、結婚する相手だけだったのである。この相手にしても、国に帰れば、いくらでもみつけることができるのである」「考えてみれば、彼女たちにとっては、結婚こそが、涙ぐましく切実な願望であり、おそらくそれだけを一縷の明るみとして、苦業に耐えてきたわけである」(18〜26ページ)
(その168・2)昭和13年2月、中国・上海。
「(同書中、上坪隆執筆の「芸者・黒須かなの従軍」)1938年8月、黒須かなは満州から北支へ旅立った」「当時陸軍軍医少尉として北支に従軍した麻生徹男氏を私は福岡市東区の自宅に訪ねた。『帝国軍隊に直轄の慰安所が本当にあったのかどうか、当時の軍関係者はそれを否定しつづけたが、俺が撮ったこの1枚の写真が動かぬ証拠』と一冊の写真集を見せてくれた。(「慰安所規定」の)写真を見ると、それを掲示したのは東兵站司令部と明記されている。この写真は偶然彼によって撮られた」「1938年2月17日、検診に行った上海工路附近の楊家宅に開設した慰安所でこれを撮影し、4日目に行った時はもう撤去されていたというから、これは貴重な記録である」(155ページ)

〔その169〕長沢健一著『漢口慰安所』図書出版社、1983年発行。長沢は、昭和15年9月、漢口兵站司令部付の軍医として赴任し、慰安所も担当し、敗戦まで在任した。
(その169・1)中国・漢口。
「昭和13年10月、漢口攻略が切迫すると、中支那派遣軍首脳は、南京事件再発防止に苦慮した。前年12月の南京陥落時、城内になだれこんだ日本軍将兵が敵篭城軍、市民に対し虐殺、暴行、略奪などの非違行為を行っていたからである。このニュースは当時南京に駐在した英国マンチェスターガーディアン紙の特派員ほか各国新聞特派員によって打電され、全世界の非難攻撃を浴び、帝国陸軍の威信は地に堕ちていた。もちろんわれわれ日本人は、戦後の極東軍事裁判で明らかになるまで知らないでいたが、南京だけで4万2000人以上、南京への進撃途上で30万人以上が虐殺されたという。漢口には、フランス租界をはじめ多くの外国権益があるほか、約2万人の市民が租界付近に残留しており、進入軍の行動は各国の注目するところであった。南京での失敗をくりかえすわけにはいかなかったのである」(39ページ)
「(昭和13年10月、兵站司令部先遣設営隊の)木村少佐は(第11軍の)村中先遣参謀に会ってから帰隊するとすぐ、設営隊員のうちの中川種雄中尉と森本富三軍曹を呼んだ。『自分たちが先発して漢口に来たのは、本部が到着して業務が開始できるように準備設営するためであった。ところが先ほど参謀に会って、意外な指示を受けた。至急に単独宿舎と慰安所の開設準備をせよというのだ』『このような大都会だから、将校用も下士官用も相当に大きいものがいるだろう。慰安所は300人くらいの女が入る広さのものが必要だそうだ。その他のことは君たちの常識の判断にまかせる。どちらも何ヵ所か候補を選んで報告してもらいたい』」「(中川らの調査対象の建物で)門の上部のアーチには『積慶里』と横書きされ、約4メートル幅の入口は、鉄格子の扉と、その内側の鉄板製の扉とで二重に閉じられている」「開いた扉から入り込んだが、正面から奥に通じる道路と、それに直角にまじわる4本の路地があり、おのおのの路地に向かい合って片側に4軒ずつ、1本の路地に計16軒ずつ総計68軒の二階建ての同じような家屋が立ち並んでいた。1画ごとに高い塀でかこみ、塀の1軒ごとに狭い門がある。門は頑丈な木製の扉で閉じられている。正面道路の突き当たりは広場で、第一と第四の路地の左右の突き当たりに、鉄扉で閉じられた4つの出入口がある。さらに積慶里全体は高いレンガ塀でかこまれている。住宅群全部を二重の塀で外部と完全に遮断していた」「中川中尉らは帰隊後、報告書を作成し」「積慶里を首位として順位をつけ木村少佐に提出した」「木村少佐は」「巡視したあと、報告書通り積慶里に慰安所を開設することを決定した」「こうして積慶里は昭和13年11月に誕生し、敗戦まで約7年という短い生涯の慰安所となった」(44〜49ページ)
「漢口陥落直後、まだ市中が混とんとしていたころ、中山馬路の交通路付近の空き家に入りこみ、兵隊たちを誘って売春するものが4、5軒あった。これらはすべて朝鮮人が引き連れた1軒10人ほどの朝鮮女たちで、戦闘部隊に追随して、売春しながら入城した移動慰安所であった。彼女らの行旅も、軍隊と行動をともにし難渋したらしく、全員うす汚れたみじめなありさまであった」「兵站は一行を全員積慶里に収容し、これが積慶里入居第一号となった」「武漢陥落とともに上海、南京で待機していた売春業者らは、慰安婦を率いて続々と武漢を目指し、揚子江をさかのぼりはじめた。派遣軍は彼らを軍需品扱いとし、優先輸送した。慰安婦たちを“軍需品扱い”にしたことは、人権無視のあらわれであると非難した文章も戦後見受けられるが、軍需品は輸送順位が上位であるから、名目上、そう取りはからったのにすぎず、別に彼女たちを物品視したわけではないのである。彼らは漢口に到着すると、兵站司令部の指示を受け、積慶里に入り、11月中には30軒の慰安所と約300人の慰安婦が入居した」「入りきれない業者は」「さらに前線基地に向かい、そこで定着した」(49〜50ページ)
「昭和12年7月に突発した北支事変は、8月にはいって上海に飛び火し、政府は2個師団を上海に派遣した。上海派遣軍は、これらの将兵に対する慰安所の設置を決定し、西日本各地の遊廓に協力を要請した」「これはけっして軍の方から強制したものではなかった」「このとき、各地で娼家を経営していた(大阪)松島遊廓の杉本一族が、それぞれ投資して『慰安所』を編成することになった」「ぜげんを通じて、娼婦を募集した。当初集まった女たちは、戦火たけなわな現地に進んで渡ろうとする連中であるから、皆泥水稼業に浸りきっていて、1クセも2クセもあった。アルコール中毒の者もいたし、足抜き常習の女もいた。借金を背負った女には、杉本が肩代りもしてやったそうだ」「(一族を代表する慰安所責任者の)杉本は、昭和12年9月、女たちを率いて上海に渡った」「目と鼻の先でドンパチやっていて、とても商売どころではない。上海兵站監部からも待機を命ぜられた」「10月にはいって」「兵站監部は、杉本に杭州進出を命じた。杉本は、杭州で柳川兵団の指示によって、郊外に将校クラブを開設」「12月に南京が陥落すると、杉本は南京行きを命ぜられる。彼は南京兵站監部の指示によって」「リツヨウで、営業をはじめることになった」「昭和13年10月」「南京兵站監部は、杉本を南京に呼び返して待機させた。そして11月10日」「上海からのぼってきた船団に便乗を命ぜられた」「杉本は11月17日の午前中に漢口に到着した。女たちをぞろぞろ引き連れ、江漢路の兵站司令部を訪ね、木村宿営部長の指示を受け、やっとの思いで積慶里に入った。このとき、同じ松島遊廓の西村、神戸福原遊廓からの長谷川、新井、岩崎らも、同様の足取りで積慶里に入っている」「さらに朝鮮人が率いてきた一団もあった。徐州戦の際に華北から兵団に追尾したもの、武漢攻略戦で華北から移動した第二軍と行動をともにしたもの、第11軍に追尾して入城したもの、上海から来たものなど、その経路はさまざまであったが、開場当初から漢口兵站が招致したものは1軒もなかった。漢口において慰安所を開設したいという彼らの希望にもとずいて、積慶里に収容したものである」(51〜53ページ)
「兵站司令部は、積慶里に入居した各慰安所1軒あたりに対し、民家2軒を1組として貸与した。この2軒の家の壁を打ち抜いて1軒とし、床にアンペラを敷き、部屋の仕切りもアンペラを打ちつけただけの、応急の施設である。蒲団や食器類は、森本、細井両軍曹が、無人の中国人家屋から運んできたものを配布した」「その料金は、兵站と後方参謀と協議の上、つぎのように定められた。登楼時間30分で、兵は1円、下士官1円50銭、将校・軍属は1時間で3円。宿泊は将校、同待遇軍属のみで10円とした」「兵隊の場合の料金は、前記のように30分1円であるが(実際はその半分の時間もなかった)、兵隊の給料の8円50銭にくらべても、当時の内地の労働者の日当が1円未満であったことにくらべても、けっして安くはなかった。しかし、第一線の兵隊は金持ちが多かった。中国の流通紙幣を雑嚢一杯にぎっしりとつめている兵隊はざらだったし、一般に大洋銀といわれる銀貨も、数多く持っていた。いずれも『徴発』したものである」(53〜55ページ)
「内地の遊廓は、どのような法律や規則で規制されているのかだれも知らないし、単なる社会常識や経験で措置できる世界ではない。このような状況の中で、藤沢軍医の存在が大きな役割をはたした。藤沢軍医は応召前、松島遊廓の近傍で医院を開業しており、遊廓にも多くの患家があった。したがって、彼は常人にはうかがい知れない遊廓の実態について、細大漏らさず精通していた」(56ページ)
「藤沢軍医は積慶里入口のアーチに『漢口特殊慰安所』と大文字で横書きし、慰安所の存在を明示した。『慰安所』という名称は、いつ、だれによって命名されたか定かでない。元大本営医務課員の長尾五一氏は、昭和8年、熱河作戦に従軍したとき、すでに慰安所と呼ばれる施設が存在したことを筆者に教示されたが、その従業婦を慰安婦と呼んだかどうかは、記憶にない由である」「漢口陥落間もなく、アンペラ張りの荒々しい野戦慰安所の姿で開業した積慶里は、昭和14年のなかばを過ぎると、慰安所業者も腰をすえたのか、一斉に改装に取りかかり、兵站司令部もこれを援助した。このころ、慰安係の吉川中尉、藤沢軍医は佐治後方参謀に率いられ、南京や上海に飛び、現地の慰安所を視察し、漢口慰安所の整備の参考にしている」「藤沢軍医、吉川中尉らの努力によって、ほぼ完成した漢口特殊慰安所は、その規模と内容において、支那派遣軍随一のものとなり、敗戦の日まで繁昌を続けた」(59〜62ページ)
「慰安婦の稼ぎ高の取り分は、借金のある間は業者6分、慰安婦4分、借金を返済すると5分、5分と内地にならって定めた」「5分、5分になると」「貯金もできた。借金皆済後、1か月間はお礼奉公という名目で働かせ、その間に業者は慰安婦を補充し、慰安婦は帰国旅費などを貯める。慶子という源氏名の慰安婦がいた。中年増の美人で、気立てもよく、人気があって、たちまちのうちに借金を返し、朝鮮銀行漢口支店に3万円の貯金ができた」「当時の3万円は、現在の貨幣価値に換算すれば4000万円を超えるであろう。慶子の望みは、貯金が5万円になれば、京城に帰って小料理屋を経営することであった」「また、春子という女は借金を皆済するとあらためて借金し、それを朝鮮の故郷に送金して、田畑を買うのを楽しみにしていた。慰安係ではふに落ちず、借金しないで自前で働く方が有利だとすすめたが、春子は借金を背負っていなければ本気で働けないそうで、案外、そんなものかも知れないと、係では納得した」(64〜65ページ)
「昭和14年が明けて間もなく、名刺に新聞記者の肩書きを付けた男が、慰安係を訪ねてきた。彼は後方参謀佐治中佐の紹介状を持参しており」「この男に将校料亭開業の便宜を与えてやって欲しいとのことであった。もちろん彼は新聞記者でも何でもなく、渡航許可を得るために資格をいつわり、参謀のつてを頼って商売をしにきたのである。吉川中尉は、ほかならぬ後方参謀の紹介でもあり、彼に将校料亭開業を認可し、家屋係の中川中尉と相談の上、三民路の三階建てのビルの半分を供与することにした。彼はいったん帰国し、20人足らずの女たちを引き連れて再渡航してきたが、女たちの書類上の身分は事務員となっていた」「客は将校、同相当官にかぎった。酌婦は、慰安婦と区別するために『接待婦』と呼ばれ、酒食のとりもちをし、求めに応じて客と寝室をともにした」(68ページ)
「昭和14年7月中旬、吉川慰安係長は『内地から慰安婦要員が到着するから出迎えよ』という佐治後方参謀の指示を受けた」「港には佐治参謀も来ていた。彼の言葉によると、三重県に激しい廃娼運動がひろがったため、あまった娼妓200名の行き場がなくなり、11軍で引き取ることになった、とはなはだ不得要領な話である」「積慶里は満員状態で、それほど大勢の女を引き取る余地はないから、その点を押して質問すると、参謀は『兵站司令部は女たちを一括受領する責任者になってくれればよいので、それ以後は当方で処置する』とのことであった。間もなく船が着いて、女たちがぞろぞろと行列を作って上陸してきた」「吉川中尉は参謀にうながされて、女たちの人数を確認し、あらかじめ準備されていた受領書に署名した上、引率者の役人風の男に手渡した。目ぼしいのがいたら、お前の方で引き抜いてもよいぞとの参謀の言葉にしたがって、眼についた女を10人ほど、将校料亭と慰安所にまわすために別にし、残った女たちは3群に分けられた。これらの女たちは、軍隷下の3つの師団に1群ずつ配分されることになっており、各師団からは、師団参謀がトラックを持って受領に来ていた」「半月ほど経って、大阪府警察本部から、慰安係にいかめしい角封筒が届いた。手紙の内容は、大阪府警察部長から慰安係長にあてた感謝状であった。当部業務に御協力を賜り、厚く感謝すると書かれているだけで、具体的にどのような理由で感謝されたのかがわからない」(69〜70ページ)
「慰安所は、毎月3日の日に業務を休む。これは、昭和13年11月3日の漢口入城式を記念したものである。当日、朝9時になると、慰安婦たちは着飾って」「慰安所内の小公園に参集する」「まず、皇居のある東方に向かって最敬礼してから、戦没英霊に対し1分間の黙祷を捧げる。つぎに公園の隅に建てられた慰安婦供養碑に拝礼する。つづいて、兵站司令部の慰安係長が壇上に立って精神訓話をする」「それから、当日の眼目の表彰式に移る。表彰されるのは、前月の花代、つまり売り上げが最高だった慰安婦である。(慰安所経営者組合の)組合長が、あなたは何月、最高の売り上げをし、全慰安婦の模範となり、皇軍慰安に努力したことを賞し、表彰します、と表彰状を読み上げ、表彰状とささやかな副賞を授与し、二位、三位の慰安婦も表彰される」「太平洋戦争が突発すると、毎月8日が大詔奉戴日に制定されたのにともなって、8日に変更され、ひきつづいて取りおこなわれた」(129〜131ページ)
「ある日のこと、兵站司令部の高橋中尉から、(将校料亭の接待婦に対する定期の)検査をはじめようとしていた私に電話があり、祇園(将校料亭)の主人が、養女を連れて挨拶に行くが、養女のことだから、検査は省いてやってくれとのことであった」「高橋中尉は部隊編成以来の古参で」「部隊での隠然たる実力者で」「慰安業者とは有無相通じる間柄であったようだ」「祇園の主人夫婦が若い女を同伴して現れた」「眼の大きな大柄な娘が、主人夫婦にはさまれて立っている。年は、と問うと16と答えた」「(検査の結果)否も応もなく、少女は漢口到着即日、入院を命ぜられる仕儀となった。おそらく彼女は内地出発直前まで淋疾の治療を受けていて、まだ治ってはおらず、そのまま検査を受ければ合格しないのがわかっていたので、高橋中尉にしかるべく頼みこんだのであろう。後に先輩の軍医に聞くと、17歳以上でなければ単独渡航はできないので、養女として入籍して連れてくるのだ、という話だった」(137〜138ページ)
「週に一度の検査日のこと」「一人すむと、仕切りのカーテンを開いてつぎの女が入ってくる」「突然、女たちの流れが止まってカーテンの外側がざわめきはじめた」「私はいらだってカーテンの外側に出てみた。半円形に立っている女たちの真ん中で、戦捷館の『二階回り』が見慣れぬ若い女の手を取って引ったてようとしている。若い女は尻を引っこめ、二つ折りになったような格好で後ずさりしている」「私は二階回りに手を離させ、カーテンの内側に誘って事情を聞いた。女は昨日午後、内地から来たばかりで、今日検査を受け、あしたから店に出すことになっているが、検査を受けないと駄々をこねて困っているという。私は女も呼び入れさせた。赤茶けた髪、黒い顔、畑からそのまま連れてきたような女は、なまりの強い言葉で泣きじゃくりながら、私は慰安所というところで兵隊さんを慰めてあげるのだと聞いてきたのに、こんなところで、こんなことをさせられるとは知らなかった。帰りたい、帰らせてくれといい、またせき上げて泣く」「『一応、今日は連れて帰れ』と二階回りに命じて、つぎの検査にとりかかった。この娘も、他の大部分の慰安婦と同じように、困窮した親に売られてきたのであろう。娘を娼妓に売る際の証文は、大体つぎのような書式であった。はじめに借用証文、つぎの行に1、何千円也、ついで右借用候也、右の金額は酌婦稼業により支払うべく候也と書かれ、年、月、日、保護者氏名と当人の氏名を連署し、それぞれ捺印してある。その何千円に、漢口までの旅費、雑費を加えた金額を完済しなければ、女はどんなに泣こうとわめこうと自由は得られない」「翌日、昨日の女が同じ二階回りと業者にともなわれてやって来た。当人も承知しましたので臨時に検査をお願いしますという。髪を結い、白粉をベタベタ塗り、大柄な花模様の着物を着ているが取ってつけたようで、まるで田舎芝居の女形そのままであった。昨日、あれから業者や二階回りに説得され、1つや2つ頬ぺたを張り飛ばされでもしたのであろう。一晩中泣いていたのか、眼はふさがりそうに腫れ上がっていた」「生娘ではないが、性交体験は少ないようであった」「その翌日」「病室の一番奥まで行ったとき、女の泣き声が聞こえてくる。窓から外を見ると、隣の戦捷館の洗浄場の窓から、昨日の女が身を乗り出して吐いていた。吐物は茶色の液体で、味噌汁であろうか、それに白い飯粒がまじっていた。せき上げては吐き、吐き止まると、子供のように声を張り上げて泣く。泣くというより絶叫している」「店にはじめて出る女を『初店』という」「初店だというので、物珍しがった兵隊たちが朝からつぎつぎに登楼し、そして男たちの乱暴な性交のために腹膜が刺激され、嘔吐をもよおしたのかも知れない」(146〜149ページ)
「昭和19年4月、大陸打通作戦(湘桂作戦)が発起され、武昌兵站司令部が長沙に移動、武昌兵站の業務は漢口兵站が継承することとなり、武昌に支部を設置した」「慰安所も申し受けた。武昌慰安所は、蛇山公園の麓から右手に蛇山に通じる道の両側に20数軒設けられていた。経営者は大部分内地人で、慰安婦は日鮮混合で約200人いた」「業者の気風は漢口積慶里の業者よりは退廃していて、軍人よりはるかに多額の花代が得られる一般人を登楼させることが多かった」「9月に入って、業者らは慰安婦の減少を理由に補充を申請したので、支部は許可した。10月、京漢線を経由して、朝鮮から2人の朝鮮人に引率された30人あまりの女が到着した。どういう人間がどのような手段で募集したのか、支部の知るところではないが、そのうちの一人が、陸軍将校の集会所である偕行社に勤める約束で来たので、慰安婦と知らなかったと泣き出し、就業を拒否した。支部長は業者に対しその女の就業を禁じ、適当な職業の斡旋を命じた。おそらく、ぜげんに類する人間が、甘言をもって募集したものであったのだろう」「借金を皆済した女たちは、航海の危険のため内地への旅行が困難となり、『自前』として慰安所に残るか、民間料亭の仲居になった。漢口の民間の水商売の女は慢性的に不足していたから、慰安所がその供給源の趣があり、どの民間料亭へ行っても、元慰安婦が1人や2人はいた」(220〜221ページ)
「(昭和20年)8月末、中国軍が進駐し、日本居留民は9月10日から旧日本租界の日僑集中区に集結することになると、武漢及びその周辺の朝鮮人たちは、慰安所関係者も含めて、2100人あまりが日本総領事館の管理を離れて中国側に移管された。慰安所の日本側業者、慰安婦全員150人ほどが兵站さしまわしのトラックに乗り、積み上げた荷物の周囲を畳でかこみ、住み慣れた積慶里を離れた」「杉本は3億円の札束をみかん箱につめ、床下に隠し持っていたが」「すき焼き屋を開業し、元慰安婦を仲居として働かせ繁盛していた。彼は慰安所以外に撞球場、喫茶店を経営し、競馬の馬主でもあった。しかし主な収入は慰安所であったから、貨幣価値がインフレで下落している現在の千倍としても、いかに慰安所の収入が莫大なものであったかわかる」「朝鮮人たちは、朝鮮の李承晩政府の要請で、日本人の引き揚げより早く故国に帰った模様である」(226〜228ページ)
「戦後40年近くが経過し、第二次大戦の戦史、戦記はあらかた出そろった感がある」「戦争悪の一つとして軍隊の恥部ともいうべき慰安所、慰安婦の記録も数種刊行されるにいたった。それらの著作の著者の多くは、軍隊生活の体験がなく、したがって慰安所、慰安婦の実態に触れられた体験は持たないようである」「たしかに過去の事実を発掘し、照明を加えるには、聞き書きは重要な手法ではある。しかし、聞き書きでは、材料提供者の記憶が長年月の間に失われていたり、あるいは誤って記憶していたり、何らかの理由で事実が誇張、歪曲される場合もあろう。また、記録採集者の側の信条、主義、立場の相違によって、事実の判断が異なる場合もありうる。一般に、慰安婦でなくとも、過去に慰安所業務に関係しただけであっても、これを恥じ、話題の提供を拒まれる場合がある。たとえば(特殊診療所の)歴代看護婦を扱った章に登場した関田看護婦(仮名)」「兵站司令部員のなかにも、自分の勤務した部隊が慰安所に関与したことを恥じ、戦後久しい今日でも、家族にそれをひたすら隠している者が2、3にとどまらない。ましてや、過去に慰安婦であった女は、過去を必死に隠そうとはかるのは当然であろう」「一般には汚辱に満ちた過去をあからさまにしたくないのが通例であるのに、慰安婦であった自分の過去を他人に証言する場合は、冷静さを欠き、誇張された内容となるかも知れず、あるいは過度に自己を悲劇の主人公に仕立て上げる可能性もある。こうした心理は人間として当然のことなのだが、それだけに注意深く事実を選択する眼を持たねばならないといえよう」「千田夏光氏、金一勉氏その他の人士が」「朝鮮婦女の強制連行を挙げている」「だが、不思議なことに長年慰安所の管理監督に当たった兵站部員は、慰安所の内部で一度も」「日本軍部、官憲による朝鮮婦女強制連行の噂さえ聞いたことがないのである。私が特殊診療所勤務の際、朝鮮出身業者に、慰安婦補充について問うたことがある。その業者は、朝鮮でも日本内地と同様に遊廓がいくらもあり、娼妓も多くいるから、慰安婦の補充に事欠かないと答えていた。金山慰安所副組合長はやはりこの問題について、山田慰安係長に、慰安婦は金は儲かるし、身体は楽なので伝え聞いて雇い入れを望む女は多く、不自由しないといったそうである。むろんこのような業者たちの言葉は表向きのもので、実際のところはわからないが、当時の貧しい社会状況からみて、慰安婦予備軍ともいうべき女性の数が少なくなかったことは事実であろう」「これは漢口兵站だけのことで、広大な地域にばらまかれた多数の慰安所、慰安婦についても同様だと断言できるものではない」(231〜241ページ)

〔その170〕柳田昌男著『雲ながれる国境、関東軍一等兵物語』ミネルヴァ書房、1980年発行。柳田は、昭和19年、陸軍歩兵第44連隊に入隊。
(その170・1)昭和20年5月、中国・綏陽。
「日曜日と8の日(大詔奉戴日)が外出日である。この日になると私らは喜び勇んで外出する」「ここには日本の映画を見せる映画館も一つある。その映画館の横町を入ると、いわゆるピー屋という女郎屋が10数軒ばかり並んでいる。日曜日には、近くは綏西の歩兵部隊、遠くは綏南」「守備隊の古兵たちが、それぞれのピー家の前に、列をつくって並んでいる。それこそ門前市をなす賑いである」(250〜251ページ)

〔その171〕岩田清治著『海軍主計大佐の手記』原書房、1979年発行。岩田は、当時、海軍第11特別工作部会計部長だった。
(その171・1)昭和18年3月?、南方・スラバヤ。
「占領軍(日本軍)はまずセックス対策として、軍属である娘子軍のいる慰安所を作りチーク材で障子と畳のある日本料亭を作り、水交社を作り、専用の映画館、飲食店を作りました」(270ページ)

〔その172〕小林幸一著『比島戦線・飢と生への闘い』私家版、1984年発行。小林は、昭和16年、満州第874部隊に入隊。その後、ルソンへ転戦。
(その172・1)昭和19年8月、フィリピン。
「(ルソンへの輸送船上)甲板上に出る。と、視界に入った海上に沢山の船が2列縦進に進んでいる」「見ると向側船団後方の4隻は空のタンカーらしく喫水線が大分高い」「おやと我が目を疑った。よく注意して見ると間違いなく女性が乗っている。赤黄青、色とりどりの服装だが若い女性がタンカーに分乗している。『何故』、『戦地に女性』、鈍感な自分には謎が解けないが、隣の兵隊が『スーちゃん待っててね』と聞こえよがしに声を張り上げ投げキッスの仕草をして一人ではしゃいでいる。つまり彼女達も身を以って若き戦士達の士気高揚に一役果たすべく、何でも軍属の身分で徴用されて来たらしい。いわゆる朝鮮ピーであった」(18〜19ページ)

〔その173〕禾晴道著『海軍特別警察隊ーアンボン島BC級戦犯の手記』太平出版社、1975年発行。小林は、昭和19年、アンボン海軍特別警察隊(憲兵)の隊長となる。
(その173・1)昭和19年、インドネシア・アンボン。
「アンボン島のような小さなケシ粒のような島にも、中国大陸の戦線と同じように」「『慰安所』が設置されていた」「わたしがアンボン島に着任した1944年3月ごろはまだ慰安所があったが、日本人女性はすでに後方に送られ、ほとんど現地人女性だった。それは44年8月の大空襲までは続けられたが、この大空襲を境に日本人料理屋も後方に送られ、現地人慰安所もいっさい解散させられてしまった」「(その後)再び現地人の女性を集めて、慰安所をつくろうという動きが海軍司令部からだされていた」「(島の民政に関する日本のアンボン政務会議で)最初に、集める女の対象が検討された。第一に、慰安婦の体験者を対象にすること、それと売春の常習者。第二に、あの女は売春行為をやっているかどうかたしかではないが、やっているといううわさがある者。第三に、やってみたいという志願者。対象が決定したので、次は方法であった。早急に対象となる女性のリストを作って、本人に交渉する。ある程度の強制はやむをえないだろうということだった」「女集めは民政関係の現地人警察を指導している政務隊におしつけられ」「特警隊は協力(する)」「各地区に(集められた)女は配分され、慰安所が再び公然と開設された。女の数が少なく日本軍の数(敗戦時、陸海軍で約1万7000人という)が多いために、自由に遊びにいくことはできなかった」「切符割当制が行われた」「金次第ではなかった。士官は月何回、下士官・兵・軍属は月何回と決められ、切符とお金をもって遊びにいくようになっていた」「慰安所などに絶対に遊びにいかなかった者も、相当数いた」(109〜118ページ)
「特警隊の富田兵曹が一人のインドネシア青年に手錠をはめて、特警隊本部に連れてきた。敗戦3か月前だった。富田兵曹の激しい取調べでなぐられた様子がひとめでわかるほど、顔が腫れ上がり、衣服は破れ、汚れきっていた」「この青年の取調書を読んで、事件の内容を細かくみていくと、この青年は、だれにも見られない真夜中に、サパロワの港町のあちらこちらに、つぎのように書いたビラを張ったということだ。1、海岸近くで魚取りにダイナマイトを使用するな。住民が取れなくなる。2、現地人の食糧になる椰子を勝手に取るな。3、住民の婦女子を返せ。4、侵略者は出ていけ」(124〜125ページ)

〔その174〕朝日放送編『語りつぐ戦争ー1000通の手紙から』東方出版、2006年発行。
(その174・1)舞鶴。
「(「舞鶴で見た日本兵と米兵」と題する大阪府在住の73歳女性の手紙。舞鶴で航空機工場への勤労動員のころ)ある日、大阪からもう一人の姉が帰って来ました。私に、お人形あそびのキレイなしぼりの赤や青や黄の絹のおふとんをくれました。そして、こう話してくれたのです。『特攻のお兄ちゃん達が、明日突ゲキと言う前の夜に、女の人と一緒に寝はるオフトンの残りギレやで……』、それが当時の私には、どういう意味かは知りませんでしたが、とにかく『私等は毎日特攻隊の乗るヒコーキ作ってンネンで!』。人間ばくだんとしてつっ込んで、いわゆる自ばくするとは実感としてなかった! それはとてもえらい人や、『天皇陛下様の為に……と死んでゆく人はエライ人や』……としか思えませんでした」(112〜114ページ)
(その174・2)昭和20年9月、フィリピン。
「(「フィリピンにいた私たち女子軍属」と題する大阪府在住の81歳女性の手紙。昭和18年、軍属志願し、マニラで南方軍野戦兵器廠で働く)昭和19年9月にはマニラ市街は大空爆を受けて、いよいよ危険が迫ってきた。10月になって女子軍属は内地へ送還すべしと、軍司令部から命令が出た」「私は他の2名と帰還を固辞した」「敵機からの空爆は日に日に過激となり、部隊は分散して、ルソン島の山中を北へ北へと逃走した」「雑木で建ててもらった小屋で3人は寄りそって暮らした」「(敗戦を米軍ビラで知ったが)このままではいずれ我々全員餓死するしか仕方の無い状況だった。半月ほどして私たち3人の女子に『軍司令部の女子軍属、野戦病院の看護婦たちと合流して下山すべし』と命令が達せられた。部隊の兵に送ってもらって合流地のキアンガンまで山道を歩いた。在留邦人婦女子、慰安婦、女給、芸者たちも集合してまさに女の村になっていた。9月14日女子全員は即席の看護婦に化け、赤十字の腕章を付けてぞろぞろ下山をはじめた」(215〜217ページ)

〔その175〕林えいだい著『重爆特攻さくら弾機ー大刀洗飛行場の放火事件』東方出版、2005年発行。
(その175・1)昭和20年、福岡・大刀洗。
「当時、大刀洗飛行場を中心に航空関係者だけで3万数千人いて、彼らを当て込んだ淫売屋が10数軒甘木町内で営業していた。その外小料理屋とか飲食店が、いかがわしい商売をしているという噂が絶えなかった。(陸)軍としては性病予防もあって、通称『鉄かぶと』というゴムサックを渡し、久留米市内にある軍の慰安所に行くことを奨めた」(191〜192ページ)

〔その176〕真鍋元之著『ある日、赤紙が来てー応召兵の見た帝国陸軍の最後』光人社、1981年発行。真鍋は、昭和16年、再応召で陸軍一等兵として満州へ。
(その176・1)昭和18年、満州・平陽鎮。
「(前任地・満州の)鶏寧には設置されていない慰安所が、どうした理由でか鶏寧より小さい町の平陽鎮には開設されている。慰安所の女たちは、すべて半島の出身者だが、飢えたる兵士どもが、群れをなして押し掛け、外出日の慰安所は、ごった返しである。そして、その浅ましい混雑のなかに、やがてわたしは、わたし自身を見出していた」「わたしが馴染んだ慰安婦は、職業用の日本名をミサオとよんでいた。生家は江原道のもっとも貧しい農家だったが、ある日とつぜん村長がやってきて、『軍の命令だ。お国の御奉公に、娘を差し出せ』という。御奉公の意味がすぐにわかったので、父母は手を合わせ声の限りに哀号をくり返したが、村長は耳を借さない。この面(村)へ8名の割り当てが来たが、面には娘が5人しかいないから、ひとりも容赦はならぬ、とニベもなく言い放つ。村長の背後では、佩刀を吊った日本人の巡査が、肩をそびやかせている。5名の娘が、石コロのようにトラックへ乗せられ、村境の土橋を渡ったのが、故郷との別れであった。以来、3年。文字が書けないので、家族の安否を、手紙で問い合わせることもできない。幸いにして、いまの生き地獄から解放される日があれば、しばらく温泉にでもつかって、疲れを休めたいと思うが、そんな幸福の日は、ぜったい来ないであろう。かりにその日が来るにしても、そのとき、わたしのからだは、すでにボロ切れのごとくズタズタになっているにちがいない。『まいにち兵隊サン15人、客にとるてすよ。カラタ持つない。生きてるのフシキのこころ(ふしぎな気がする)』。片言の日本語で、そんな悲惨なことを、彼女がうち明けるのを聞けば、わたしの意馬心猿は、たちまちどこかへケシ飛んでしまいそうなものを、じっさいには、そうならない。わたしはやはり、アンペラに毛布をいちまい敷いたきりの粗末な板床のうえで、彼女のやせた胸に身体を重ねたのち、およそ30分ほどの仮眠をむさぼる」(173〜175ページ)

〔その177〕林えいだい著『陸軍特攻・振武寮ー生還者の収容施設』東方出版、2007年発行。
(その177・1)昭和19年?、中国・石門。
「石門には従軍慰安婦が200人、街のあやしげな小料理屋にも中国人の女がたむろしていたが、将校だけで1000人といわれただけに、慰安婦が足りなかった」(80ページ)

〔その178〕武藤章著『比島から巣鴨へ』中公文庫、2008年発行(単行本、実業之日本社、1952年)。武藤は、昭和19年10月、第14方面軍(山下奉文司令官)の参謀長としてマニラに着任。同書中、「比島戦の実相」の一節。
(その178・1)昭和20年、フィリピン。
「(昭和19年)12月上旬、若干のやむなき事情のもの以外の娘たちは内地に帰った。彼女たちの出発の朝、わたしは、山下大将の言葉として、永らくの勤労を感謝した上に『どうぞ立派な日本の母となって下さい』と伝えた」「私は又兵站監をして接客婦のいる商売を止めるように慫慂せしめた。これが為、第14方面軍関係に於いては清算することが出来たが、指揮系統を異にする航空軍の独占する結果となった。方面軍の方針はこれらの女たちは内地に帰るか乃至は看護婦の教育を受けて、立派な日本婦人として止まるかの2途何れかを選ぶべきであった。だが航空軍では死に趣く若人の為に、接客婦が必要であるとのことであった。私はここに比島作戦に於ける白衣の天使たちの為に一言附言せねばならない。彼女たちは北部比島の山岳地帯で最後まであらゆる困苦に堪え、その崇高な使命を達成した。私は私の目で直に見ている。終戦後山下大将は比島米軍最高指揮官宛に、日本看護婦に対し特別の配慮を要請した。これに対し米軍指揮官からも鄭重な返事があった。私はマニラの俘虜収容所に在った時、1看護婦の話として日本新聞紙上に比島に於ける看護婦が、食糧欠乏の為純潔を失うのやむなかったと記載しているのを見た。かようなことを云う女は接客婦のなれの果に相違ない。と云うのは、接客婦等は最後までマニラに残り、航空軍と共にカガヤン河谷に来り、そこで方面軍の管理に入った。方面軍ではこれを教育して看護婦に仕立てた。当初は殊勝であったが、時日の経つに従って本性を出したとの報告を受けているから。私は接客婦を看護婦に仕立てた結果、あらぬ悪名が、一時にもせよ、純清な看護婦たちにかかったことを悔いている」(120〜121ページ)
「(昭和20年)8月21日。自活監部に在留邦人を逐次第一線に近く自活に便宜な地点に移動せしむるよう命じた。この際徴集令によらず臨時の措置によって軍務に服していた邦人は、一般邦人の部に戻すことにした。例えば接客婦にして看護婦の勤務についたもの、会社員にして自活監部に勤務したもの等である」(210ページ)

〔その179〕竹内智恵子著『昭和遊女考』未来社、1989年発行。元遊女らからの聞き書き。同書中、「千代子は消えた」と題する一節。日本の北のある遊女屋の客数など。抱え遊女は3人。
(その179・1)昭和18年。
「(昭和18年)11月23日 客数13人 内訳 今紫8人 千代子3人 登喜子2人 稼高 今紫26円 千代子8円20銭 登喜子6円80銭。
11月24日 客数17人 内訳 今紫7人 千代子4人 登喜子6人」(94ページ)

〔その180〕竹内智恵子著『鬼追い・続昭和遊女考』未来社、1990年発行。
(その180・1)昭和18年。
「(「廓の女将とババチャ」の一節)女将の過去を詮索した昔廓雀達。マンメカいうは、実は、あの頃支那事変いう戦争が有って、北の女達随分いっぱい支那や満州に出働きに行った。あっちで慰安婦の商売やっとったいうがネ。海ば渡ってのお稼ぎだから、何をしてたか見た者なしで、分らん事では有るがネ。娘連れて帰って来たのっしゃ、乳呑子をネ、青い玉の髪刺しやら指輪やら、いっぺこと持って、有りったけ頭や指や帯にまで飾りつけてねぇ、アッペタッペ(あっちこっち)さネ。でも女郎の気持が良う分ったお人で、口では叱言いいなしたが、折檻などは絶対せなんだお人で、その道で、満州やら支那では、随分と人に知れぬ苦労されたと思ぅたがねえ。しょっぺぇ苦労の海ば渡って帰って来なした人だけに、どこかに情の有るお人でさネ」(229ページ)
「(「墨を塗らんば」の一節)昭和16年から20年まで、戦争で食糧事情が悪くなった時、廓の台所は、一般の家庭より豊かであった。特殊稼業のため、軍から特別に食糧その他が廻されて来て居た。軍の兵隊達にとって、北の都の廓は、男の士気盛んにする所で、週一度の外出は、兵隊達の唯一の楽しむところに雪崩れこむ場所であった。それを受けて立つ妓達が一番必要とするものは豊かな食事である。食糧難で喘いでいる世間の人達が聞けば腹を立てる様な裏工作が、隊と廓主の間では平然と罷り通っていた。世の中、配給、統制の時代に、廓の中には、酒も有り米、砂糖と特別に運ばれて来ていたが、妓達の口に全て入った訳ではなく、頭の利く廓主の中には、その品物を、また横流しする者もあった。戦地に赴く者達には、特別外出が許可され、家族の無い者達は、特に鄭重にもてなされ、廓での短い一夜を過ごす事が出来た」(272ページ)
「(「軍国女郎」の一節)いつもだと3時間、稼高、2円20銭位なのに、土曜、日曜で、兵隊さんの外出日には一般客は夜に廻して、兵隊さん、しかも軍服着用は、平均1円60銭、廓内規約なのっしゃ。でも時間が短く、数でこなすので、金がさにはなるっけノ。隊で渡される鉄兜ば持参して、お国に捧げた体なんで、へたな病気なんぞ貰わぬ様にと、ことはじめに、ちゃんと装備ととのえ待ってるっちゃ」「日曜は朝9時から夕方まで」「三等遊廓は、祭り日、土、日は兵隊が列をなして繁盛したが」「早く借金返ししたい思う者は、その時真剣稼いで、結構借金なし終えたのも居った。昭和17、8年が、娼がいっとう張り切って、兵隊さん慰めた時代でおじゃったテ。こん時の無理で体ぁ役に立たねくなったのに、お八津が居った。昭和14年に来た娼で体のちんまりした素直な娼だった。わずか20歳で体ぁメタメタ、わが身のこなし方に慣れず、只稼げば良いとって、無理使いすぎ、借金払えず、ずっと堕ちた場所に身売りしたわネ。末は野たれ死にやった」(274〜275ページ)

〔その181〕市川宗明著『火の谷』叢文社、1979年発行。市川は、昭和17年、満州で陸軍に現役入隊し、昭和19年、湘桂作戦に参加する。
(その181・1)昭和19年6月?、中国・長安。
「前日、武漢地区から長安に着いたばかりの巡回慰安所の朝鮮人慰安婦と、これに同行している世話係りの兵站部隊の上等兵が抱き合ったまま手榴弾で自殺を遂げるというショッキングな事件が起きた」「(現場は)駅裏のあき家になっている四囲の壁が土煉瓦の民家で、仮設慰安所の施設に当てられていた」「複数の人間の、爆死現場というものは、実にむごたらしい」「壁ぎわの片隅に数人の女が固まるように坐り、体を震わせて激しく泣き入っている。そんな中で、故人の生前に余程親しかったのか、それとも気丈なのか、同じ慰安婦とおぼしき若い女が一人、血潮で赤く染まった手で、死んだ上等兵の戦友らしい兵隊とともに黙々と散乱する肉片等の残滓を拾い集め、麻袋の中へ入れている」「モノ珍しそうに寄ってくる住民たちや非番の兵隊をドケながらクルマに積んで焼却場(仮設火葬場)へ運ぶ。死んだ慰安婦の同僚2人がしゃくり上げながらついて来た」(30〜32ページ)

〔その182〕西所正道著『「上海東亜同文書院」風雲録』角川書店、2001年発行。同文書院の菅野俊作は、昭和18年12月、学徒兵として入営し、フィリピンからマレーシアへ移動する。
(その182・1)マレーシア・タイピン。
「マレーシアの駐屯地はタイピンという場所で、軍司令部や軍政監部があった。そこで菅野はマレーシア青年30人を補充兵として養成するための軍事教育を任される」「また、タイピンでは、従軍慰安婦にも遭遇している。何ヶ月かに一度は外出を許される日があったが、そうした日には慰安所で事故が起きやすいため、週番士官が巡察して事故が起きていないかを入念にチェックしていた。巡察の合間に、慰安婦にどこから来たのかを尋ねると、『安南』とベトナム中部の町の名を淋しそうに口にしたという。菅野はこのことがずっと棘のように心に刺さっていたのだろうか、戦後かなりたっても貞子夫人にこの思い出話を聞かせている。『慰安婦の姿と、菅野が幼い頃、貧しさから身売りされていった村の子たちの姿が重なっていたかも知れません』(貞子)」(78ページ)

〔その183〕平井巳之助著『老根拠地にて、わが八路軍体験記』田畑書店、1979年発行。平井は、河南省棉産改進会総務科長として、開封に赴く。
(その183・1)昭和14年8月?、中国・開封。
「夕方近くになって、やっと開封に着き、城内の東亜旅荘という日本人経営の旅館に宿をとる。ここは軍関係者相手のアイマイ宿だとみえて、厚化粧した年増女がうようよしていた。開封にはまだ一般の日本人の来往がすくなく、一般の日本人だけを泊める旅館はなかったのである」(21ページ)

〔その184〕梯久美子著『昭和20年夏、僕は兵士だった』角川書店、2009年発行。同書中、「賭博、男色、殺人ー南の島でわたしの部下は、何でもありの荒くれ男たち。でもわたしは彼らが好きだった」と題する金子兜太の章。金子は、昭和19年3月、海軍主計中尉として、トラック島に着任する。第四海軍施設部で要塞建設の仕事。約200人の部下は多くが応募してきた工員だった。
(その184・1)南洋・トラック島。
「爆撃が激しくなって、島にいる慰安婦がみんな内地に帰ってしまったら、恐るべき勢いで男色が広まった。若い男の取り合いでケンカが絶えなかった。わたしはそれを見ていて、そうか、人間というものは、こういうものなんだと思った」(17ページ)
「(敗戦後、トラック島に米海兵隊が駐留)それまでフィリピンにいたという海兵隊員たちが、わたしたちの部隊に『女はいないか』とやってきたことがある。この島に女はいないというと、じゃあ男でもいいという。そうすると、手を挙げるやつが何人かいるんだよ。食い物をもらえたり、いろいろあるから。そういうやつが特に蔑まれたりはしなかったと思う」(40〜41ページ)

〔その185〕御園生一哉著『比島軍医戦記』図書出版社、1983年発行。御園生は、昭和17年、海軍軍医学校卒業後、トラック島に赴任し、以後各地を転戦。
(その185・1)昭和18年9月?、佐世保。
「(前に乗艦していた)高栄丸の服部主計長から来信があった。『舷窓から、美しく色づいたみかんの木が見えます(日本本土沿岸で機雷作戦中であることがわかる)。半年ぶりにフィッシュ(魚勝。横須賀のレス=料亭)にゆきました。あのときのメイドが憶えていて、ピーチを呼んでくれました(児童福祉法などなかった時代で、小学校卒業間もない桃子は、服部大尉にほれこみ、大いにつくすのだが、幼なすぎて体に反応を示さず、人形を抱いているようなもんじゃ、と主計長は不満であった)。1、2度つきあいましたが、ブルーム(ホウキ=なで切り)して別なエスをインチ(馴染み)にしました。内緒にしていたのですが、ピーチにかぎつけられ、フィッシュの廊下でピーチが新しいインチにつかみかかり、髪を引っぱりあう大乱闘となりました』」(45〜46ページ)
(その185・2)昭和19年、済州島・モスリッポ。
「需要のあるところ供給ありで、京都から、その名も『祇園』というパンパン屋がモスリッポに進出してきた。内地では商売しにくくなったのであろう。ハゲチャピンの老爺は、戦時だからと閉鎖を慫慂されていた宝塚歌劇にいる娘に、『つぶれるまで残ってがんばれ』と言い残してきたという」「女たちを取りしきる女将は、色町出身らしい50歳前後、女たちは京女らしい若いのが2人、昨日まで農家の主婦だった、と思われるような年配の一人で、遊び人であった橘少尉にいわせると、はじめのうちは素人あがりの方が、異常に興奮して面白かったとのことであった。私は週一度、彼女らを検診した。検診台は、前任者並河大尉が木工科に作らせたもので、膿汁を排出しているものには休業を命じた」(80ページ)
(その185・3)ミンダナオ・ダバオ。
「S少尉も楽しんだ。『ダバオには士官用クラブ(呉の吉川よりエス3名)と下士官兵用慰安所2(日本人と朝鮮人)があり、夜な夜な飲みに参りましたが、なかなかストップ(泊)するふん切りがつかず、そのうちクラブに働いているメイド(日系二世、16歳)と仲良くなり、内地転勤の前夜、ストップし、その娘と泣きの涙で数発致しました』」(128ページ)
(その185・4)昭和20年、マニラ。
「北比空司令・古瀬貴季大佐は、豪放なタイプの人柄のようにみえた。『俺は敵兵の姿を見るまでマニラを離れんぞ』という。この司令が、米軍マニラ突入間近になってパンパン屋の開設を命じた。マニラ市民は食糧や衣料に困窮していたから、これらを報酬として与えれば、女たちは多数あつまってきた。私は木村軍医長と検診を行ったが、膿汁排出しているものが多く、合格者は少なかった」「女たちを、社宅ででもあったのか、並んだ二階建家屋に一人ずついれ、オープンである。その前を通ると、『ワタシノオマンコイインダヨー』」(162ページ)
(その185・5)昭和20年、ネグロス島。
「航空荘という陸軍航空隊将校専用の慰安所(日本女性)に立ち寄ってみた。ヤリテババアならぬジジイが出てきて、女の一人が昨夜から連続10数人を相手にし、腹痛がするというので、温めてみろといったところだと語った。ネグロスには、鷲部隊(飛行第二師団)があり、隼、疾風、呑竜、司偵などが多数あったが、もちろんこの時分には皆無となっていた。師団長・寺田済一中将は3月下旬、米軍ネグロス上陸直前、爆撃機でシンガポールに脱出、このとき乗機がなくなった特攻操縦員を置きざりにして、慰安婦を一緒に運んだ」(187ページ)

〔その186〕明石博隆・松浦総三編『昭和特高弾圧史7・朝鮮人にたいする弾圧(中)』太平出版社、1975年発行。陸軍が昭和13年から開始した朝鮮人の志願兵制度に関して、「志願兵制度に対する朝鮮人の動向」の項中、「各方面の反響」の一節(『特高月報』昭和16年12月分)。
(その186・1)
「滋賀県 雇人 林英雄」「私が帰朝中、村でも30人ばかりの志願兵応募者の割当を受けているが、それだけの人数が如何にしても出来ないし、それでは村の名誉にもかかわるから、お前は35歳以上で不合格になることは判っているが、名前だけ是非貸してくれと頼まれたので貸したが、その後、街頭へ出てみると、なるほど募集に苦心しているような宣伝ビラが沢山張られているのを見受けた」「朝鮮人将校某」「現在応募の動機はほとんど警察の強制的募集によるもので、在営中内地の見学旅行、除隊後半島における革新的中堅幹部として青年の指導者たる地位を得られる等の好条件に釣られ功利的に応募したような実情」「また総督府は必要数だけは容易に得られるのであるが、各道庁に責任数を割当ており、後に之を講評するので、警察は勢い強制的に募集するようにな(る)」「内地人国民学校教員」「新聞等では志願兵が殺到しているように書いているが、実際は警察やその他で強制的に応募している実情」(200〜201ページ)

〔その187〕明石博隆・松浦総三編『昭和特高弾圧史8・朝鮮人にたいする弾圧(下)』太平出版社、1976年発行。『特高月報』昭和19年11月分掲載の「徴用による移入鮮人労務者の特異動向」の節。
(その187・1)昭和19年、岡山。
「朝鮮人労務者の計画移入の緊急充足を期して、第二・四半期よりは朝鮮において徴用により労務者の供出をなしつつあるが、これが為最近の移入鮮人労務者中には中等学校卒業以上の学歴を有する所謂知識階層並びに有識的職業に従事しおりたるもの相当ありて、これを岡山県下三井玉野造船所外2事業における移入鮮人労務者についてみるも、3253名中467名14%を占むる状況なり」「しかして、これら応徴者中に不健康者が多数混入し、前期岡山県下における状況について見るも、再診の結果、胸部疾患、精神分裂病、性疾患等より勤労の見込みなく徴用を解除し本籍地に送還したる者81名を算する状況にして、鮮内における供出労務者の質的選考粗漏なるを窺はる。さらに、これら徴用鮮人労務者には厳寒を目前に控えたる内地渡航にもかかわらず、着替えの衣類さえ持参せざるもの多く、移入後事業主側においてはこれが対策に相当腐心しつつあり、これが充足不能の場合はその動向憂慮さるる次第なり」(309ページ)

〔その188〕マリア・ロサ・L・ヘンソン著『ある日本軍「慰安婦」の回想』岩波書店、1995年発行。昭和17年2月、ヘンソンは、マニラにやってきた日本軍にレイプされ、その約2週間後にも犯される。その後、反日ゲリラに参加するが、慰安婦にされ、昭和19年1月、ゲリラに救出される。フィリピン人の慰安婦として名乗り出た初めての人。
(その188・1)昭和18年、フィリピン・アンへレス?。
「(ヘンソンが15歳のときだったという)1943年4月のある日」「(ゲリラ仲間とマガランからパムパンに帰る途中、日本軍の)検問所から30メートルほど通りすぎると」「警備兵が口笛を吹き」「私だけ戻ってくるよう手をあげて合図し、他の同志たちは行ってもよいことになりました」「警備兵は私をある建物の二階に連行しました」「日本軍の占領の前は、病院でした」「そのときは日本軍の司令部兼駐屯地に転用されていました。そこに6人の女性がいるのを見ました。警備兵は私を竹の寝台がある小さな部屋に連れて行きましたが、その夜には何も起きませんでした。その翌日、自分がたくさんの兵隊たちに性の相手をしなければならないのだと知りました。最初に12人の兵隊がたてつづけにレイプしました。それから30分くらい間があり、またもや12人の兵隊です。私はひどく出血し、身体がめちゃめちゃに傷つけられたと感じました。翌朝には、立ち上がることすらできませんでした」「泣いて泣いて泣き続け、母の名を呼びました。日本軍に殺されるかもしれません。抵抗しようがありませんでした」「他の6人の少女の部屋にも、兵隊たちが行列をつくっていました」(68〜70ページ)
「昼の2時から夜の10時まで、毎日12人から20人の兵隊が来ました。ときどき兵隊の数が少なく、8時に終わりにできることもありました。兵隊がいる間は自分の身体を洗うことさえできません。性器や膣を浄められるのは、ようやく兵隊たちが全員帰ってしまった後です」「水曜日ごとに、私たち7人とも日本人医師の検診を受けました。彼はとてもなれなれしく私たちの身体を見、検診が終るとレイプしました」「元病院の建物には、3か月間、監禁されました。それから、そこからわずか4ブロックほど離れただけの、大きな精米所に移されました」「その精米所も司令部に転用されており、将校たちがそれぞれ自分の部屋を建物の中に持っていました。他に、少女たちのために7つの小部屋が用意されていました。ここでも同じように日本軍のセックスの相手をしなくてはなりませんでした」(74〜76ページ)
「私たち7人の少女は、週の2、3回、別の建物に出張させられることもありました。夜に、兵隊たちが私たちをレイプしおわると、慰安所の警備兵が7人を車に乗せて連れて行くのです」「そこには日本軍将校がそろって、私たちをレイプしました。1時間くらいそこにいて、将校たちの相手をさせられるのです。ある年寄りの大佐は私を二度もレイプしました」「他の6人と話すことは許されませんでした。朝に水浴びをするとき、それが私が6人の少女たちと逢う、唯一の時間でした。水浴びのときは、お互いの姿を見ることができました」「少女たちのうち2人は、目が細く、その容貌が中国人のように見えました」「私が公に名乗り出て、朝鮮人女性たちの受難を知るようになった今になり、ようやく、彼女たちはあるいは朝鮮人だったのかもしれない、と考えています」(76〜80ページ)

〔その189〕松永市郎著『思い出のネイビーブルー』光人社NF文庫、1994年発行(単行本、海文堂出版、1977年発行)。松永は、昭和15年、海軍兵学校卒業、「陸奥」「榛名」などに乗り組む。海軍大尉。
(その189・1)昭和18年9月、南洋・トラック島。
「中部太平洋トラック島に南華寮というレス(料亭)があった。クラスのS君が着任したので、ドンガメ仲間5名で歓迎会を開いた。昭和18年9月のことで物資不足の対策として彼を若様に仕立てたが、若様の言葉が利いて丁重なもてなしだった。そのうち、女が私に耳うちした。『若様にお泊りいただくだけで、結構です。それだけで女冥利と感激します。若様がお泊り下さるよう、奨めて下さい』。私は、とんでもないことと断った。ところが、この若様は、三下りで本調子ではなかった。まもなくそこでストップ(泊ること)した」(215〜216ページ)

〔その190〕カール・ヨネダ著『アメリカ一情報兵士の日記』PMC出版、1989年発行。ヨネダは、日系米人で、昭和17年から20年まで、米陸軍軍曹として従軍。OWIPWT(戦時情報局神経班)に所属し、インド・アッサムを拠点に、日本軍に対する宣伝戦、捕虜の訊問などを行う。
(その190・1)昭和19年8月。
「8月1−2日」「敵の本部の塹壕に到達したとき、入口で数名の傷病兵と、驚くなかれ20余名の朝鮮系慰安婦が中米兵士に取り囲まれている。『どうしたのか』と問うと、『俘虜を後送するためにMPと衛生兵を待っている。第114連隊長丸山房安大佐は、昨夜、こっそりと壮健な部下をつれて逃げ出し、彼らや彼女らを置きっぱなしにした。日本の将校は臆病者だ』という」「(その後)本部に帰って、臨時拘留所に出かけると、多くの米軍兵隊が“涎を流す”ような顔をして鉄条網によりかかっている。衛生兵が慰安婦の足や手にできている水虫に薬の手当てをしているのを見ていたのだ」「(中に入って尋問する)宣伝放送は塹壕の中にいたので聴いたことはないという。傷病兵の中で、聴いたが足が動かないためどうすることもできなかったという者あり。手榴弾を与えられたが使わなかったとのこと」「8月3日」「丸山大佐は、特別強固につくられた個人用居室壕で風呂をとり慰安婦の給仕で食をとり、己の安全が危険となるや部下を捨てて後方に遁走した」(96〜98ページ)
「8月27日」「忘れないうちに書いておきたいのは、8月3日、ミチナで捕まった朝鮮系慰安婦21名に関することだ。彼女たちは直ちに(インド・アッサムにある)レド基地拘留所に空送され、皮膚病などの治療を受けた。そして訊問役は(日系米人の)依地軍曹。彼は2週間にわたって彼女たちを一人づつ詳細に調べ、膨大な報告書を作って本部に提出し、『極秘』のスタンプがおされた。ところが、本部文官はおろか、基地司令部の将校まで『ちょっと読ませてくれ』と大評判になった。もし印刷して発売したらベストセラーになり、依地は大金持ちになれるぞ、と冷やかす声があがった」「9月の最初の伝単は、ミチナから部下を見捨てて逃げ出した無責任の大隊指揮官に関するもので、題は『丸山大佐はいずこに』である」(110ページ)

〔その191〕斎藤新二著『軍楽兵よもやま物語』光人社、1995年発行。斎藤は、昭和19年、陸軍戸山学校軍楽隊を卒業し、同年9月、第28軍司令部軍楽隊員となり、ビルマに着任。
(その191・1)昭和20年5月?、ビルマ・ペグー。
「私たちはただちに山中に向け、約30キロのメザリに向かう」「衛兵隊を先頭に司令部幹部がつづく。その後ろを30キロ以上はあるだろう重い荷物を背負い、腰に軍刀をぶち込んで喘ぎつつ進む」「後ろの方で、何か動物らしい大きな泣き声が聞こえ、女性の悲鳴が聞こえた。『おい象が出たぞ、気をつけろ』。そのあとから、『だれかが踏み殺されたぞ』。後で聞けば、随行していた慰安婦が、胸部を踏みつけられ、即死したということであった。駆けつけた軍医は手だてもなく、苦しむ彼女を眠れるよう処置し埋葬された」(103ページ)
(その191・2)昭和20年7月、ビルマ。
「もう夜は更け、深夜となるが、月が大きいのか、周囲は意外に明るい。クンゴンから最終の渡河点キョウサンまではすぐ」「河幅は優に3、400メートル以上はあるだろう。流れは想像以上に早いようだ」「時に7月28日、薄明かりの未明だった」「早く渡河しないと陽が昇る。敵機が襲撃してくるかも知れない」「対岸には、無事、激流を乗り切った将兵が見える」「筏につかまりながら流れていく。助けを求めているのか手をふっている。助けるすべもなく、ただ見送るだけ。すでに溺死しているのか、おびただしい川藻にまじって、流される兵隊もかなりの数になる。なかには黒髪を乱して流される女性の死体もある。看護婦であろうか」「なかでも哀れを誘うのは、慰安婦の集団だった。体を張って稼いだ軍票の束を、後生大事と体にくくりつけて兵隊同様、筏を河に乗り入れた。水を含んだ札束は、あまりにも重かった。まして女のやさ腕で、激流に立ち向かうのは過酷すぎる。なぜ傷病兵といっしょに舟で渡さなかったのか。彼女らはことごとく水に流された。メザリのバンガローで彼女らが、一抱えもある札束を、日に当てて乾かしているのを見たが、おそらく背嚢一杯はあったのではないか」(152〜153ページ)

〔その192〕平櫛孝著『サイパン肉弾戦』光人社NF文庫、2006年発行(単行本『肉弾!サイパン・テニアン戦』、共栄書房、1979年発行)。平櫛は、第43師団参謀兼第31軍参謀兼中部太平洋艦隊参謀を経てサイパン戦に参加。陸軍中佐。
(その192・1)昭和19年5月、南方・サイパン。
「サイパンに上陸してから、サイパン港に陸揚げした弾薬兵器の運搬集積、サイパンの地形偵察など、毎日毎日がスケジュールいっぱいだった私には、もう一つ課せられた仕事があった。もっともこの仕事には『そう急がない。だからといってそうゆっくりでもこまる』という条件つきで、口頭で伝えられたものである。この奇妙な仕事とは、『慰安所』の設置だった。時期的に、第43師団よりさきにサイパンに来ていた、陸軍部隊や先輩格の海軍部隊は、それぞれこのためのなんらかの施設(?)らしいものを持っていた」「この施設の増設はたしかに必要であった。急ぐような急がないような、仕事ではあるが、師団命令に出すべきものでもない。情報と後方の参謀を兼ねていた私は、後方参謀の任務のなかに、こうした仕事があることは知っていたが、私に女郎屋の開業準備は、少し荷が重かった」「ガラパンの街にはいるところはゆるやかなのぼり坂があった。この坂をのぼってガラパンの街にはいると、すぐ料理屋が軒をならべていた。料理屋といってもけっして高級料亭ではなく、先遣されていた陸・海軍将兵のための慰安所であった。彼女らは夜になると戸外に進出してヤシの葉陰で、涼風下のサービスを売り物にしていた」「この任務も、やがて6月にはいって米軍の空襲が激しくなり、もはやそれどころではなくなったのである」(60〜64ページ)

〔その193〕三島四郎著『ビルマ軍医戦記』光人社NF文庫、2005年発行(単行本、元就出版社、1998年発行)。三島は、昭和19年6月、応召、見習士官でビルマに赴く。ビルマで終戦、陸軍軍医少尉。
(その193・1)昭和20年1月?、ビルマ・チャウタン。
「チャウタンの奥にピー屋(慰安所)が開設された。土井士官は婦人科だったが、検診医として外科の広沢士官が任命された。彼は2キロ離れた女郎屋へ週2回、通うことになった」(143ページ)
(その193・2)ビルマ・ペグー。
「ペグーには、女郎屋が3種類あった。日本人、朝鮮人、広東人がいて、ビルマ人はいなかった。おのおの女郎屋は独立して、違うところに居をかまえていた。日本、朝鮮は料理屋も兼ねていて、ほかに料理屋のないペグーでは貴重な宴会場だったのである」「広沢士官はピーの検診尉医官を兼ねていたが、『漬物のよいのがあるから、朝鮮料理を食べに行こう』というので、高山士官とともにいっしょに出かけた」「連れて行かれたのは、朝鮮人のところだった。家の真ん中が大きなホールになっていて、四囲に小さな部屋が並び、ピーの部屋になっている。広沢士官に連れられて一室に入る。検診で親しくなったのか、『何か食べるものを』というと、すぐキムチ(朝鮮漬)を持ってきた」「飲み、食い、かつ喋り、調子を上げていると、突然、ヒーという絶叫が聞こえた。ビクッとして顔を見合わせていたら、そばにいた美人のウエートレスは、『あの人、いつもあれなんよ』との話に安心した」(153〜163ページ)
(その193・3)ビルマ・シッタン?。
「黄昏時、休憩していると、付近に茶箪笥の上に布団数枚を重ねて背負って歩いていた女がいるので、聞いてみると朝鮮慰安婦で、ラングーンからこうして歩きつづけて来たのだそうだ。『そんなに頑張っても、歩けるものではない』と注意したが、彼女は頑として聞かなかった。ビルマくんだりまで来て荒稼ぎして、やっと手に入れたものだ。無理もない。石に噛りついても手放したくないだろう」(270〜271ページ)
(その193・4)ビルマ・ビリン。
「夜明け前、兵が見習士官集合を伝えに来た」「仕方なくついて行くと、ビリン河を見下ろす市場のすぐ前にある大きな建物に案内された。チーク建ての立派な建築だ。部屋は2、30畳敷ぐらいある。上がってみると、中に日本ピー5、6人、将校兵7、8人がいた」「ペグーにいた日本ピーで、例の中年のピー、虫垂炎の手術をした人、自分のことを嫌いといった者もいた。みんなここまで無事逃げ延びて来たらしい」「中年のピーさんが私に話しかけた。『私たちは敵機が来ないうちに出発しますが、貴方もくれぐれも身体を大事にして下さい』と、しみじみと話していた。彼女たちはここから泰緬国境を越えてタイに行くのだそうだ」(276ページ)

〔その194〕小松真一著『虜人日記』ちくま学芸文庫、2004年発行(単行本、筑摩書房、1975年発行)。小松は、昭和19年、フィリピンに陸軍軍属としてブタノール生産のため派遣される。
(その194・1)マニラ。
「マニラの町は淫売の洪水だ。夕方一人歩きの女は全部この種の女と見てよいくらいだ。ことにべビューホテルを中心にイサックぺラー海岸通り等は、まっすぐには歩けない位だ。木陰から、『カモンカモン』『ソクソクな』等と言い寄ってくるのはまだ程度のいい方だった」(29ページ)
(その194・2)フィリピン・ネグロス。
「バコロド連絡官事務所の庶務をやっていた山野属は、バコロド時代、偕行社の女給(台湾人)と心安かったが、山に入ってから急に深い仲となり、台湾人の大勢の慰安婦達の団体から彼女を引っぱり出して山の中で2人で歩き回り、我々のいた盆地へ出て来た。夫婦仲良く谷川で女のシラミを取ってやっているのを見かけた。台湾人、朝鮮人が日本軍からどんどん離反して行く時、彼の手腕は認めざるを得ない」(171ページ)
(その194・3)昭和20年11月、レイテ。
「将校ストッケード唯一の柵外作業として、婦人ストッケードの使役があった。毎日15名宛出役した。11月25日、この使役が当たった。婦人ストッケードには、看護婦(帰国していなかった)、邦人婦女子、台湾、朝鮮の慰安婦、日比混血の女、日本人の妻となっていた比人、日本に協力した比人女等、各300近くが収容されていて」「久々に女を間近に見る。別に大した感激もない。慰安婦達が、太股を出して、寝台にあおむけにひっくり返っているのを見ると、吐気を催すようだ」(209〜210ページ)

〔その195〕岡部直三郎著『岡部直三郎大将の日記』芙蓉書房、1982年発行。
(その195・1)昭和7年、上海。
「(上海派遣軍高級参謀時代、昭和7年)3月14日」「朝、永見中佐は今中中佐を伴い、陣地偵察に赴く」「この頃、兵が女捜しに方々をうろつき、いかがわしき話を聞くこと多し。これは、軍が平時状態になるたけ避け難きことであるので、寧ろ積極的に施設をなすを可と認め、兵の性問題解決策に関し種々配慮し、その実現に着手する。主として、永見中佐これを引き受ける」「3月17日」「軍紀風紀の問題頻発し、憂慮すべきものあり。特に各隊長を集め、軍参謀長より注意せらる」(23〜25ページ)
(その195・2)昭和13年、中国・天津?。
「(北支那方面軍参謀長時代、昭和13年)7月2日」「娘子軍は、軍隊と共に前進しありて、師団の行動企図が事前に漏洩することしばしばなり。兵站部は、娘子軍を兵站自動車にて輸送し来ることあり。(一定の常駐地に、自然娘子軍が集まるのは放任して可なるも、移動不定の軍隊駐屯地に追随し来ることは、制限の要あり。又兵站自動車隊により、公々然として輸送するは不可なり)」「昼夜を分たず、飲食店等に於て遊興するもの少なからず。(軍隊指揮官は何をして居るか)」(227ページ)

〔その196〕古山高麗雄著『身世打鈴』中央公論社、1980年発行。
(その196・1)
「軍隊に召集されて、私は新義州で気がつかなかったことに気がつき、新義州で考えなかったことを考え始めた。軍隊で、正義運動家の言うように、『差別され』『人権を無視され』て、哀しみと諦めの底に降りたとき、たとえば、ある朝鮮人慰安婦の身の上を想像する気になった。想像する以外には、何もできないが、それまでは、想像する気持もなかったのだ」「その頃私はすでに、朝鮮女性が挺身隊の名で徴集され、慰安婦として前線に送られるからくりを知っていた。それは私が最後に新義州を離れたのが昭和17年で、その頃には平安北道でも、強制徴用が始まっていたからだろう。そういう徴用があることを私に教えてくれたのは、私の家ー新義州病院に勤めていた桂国太郎であった。桂国太郎の本姓は朴である」「桂国太郎を誘って毎晩飲みに行った。前もって、窓の鍵をはずしておいて、明け方、その窓から家に入った。桂とそういうことをしながら、私は、女子挺身隊の話を聞いたのだろう。ビルマのネーパン村に彼女たちがやって来ても、私が彼女たちを求めなかったのは、朝鮮人狩りに対する反発もあってのことだったかも知れない。そういう女たちを争って抱く気にはなれなかった。その頃の私は、やたらにそういうことばかり考えて、自分の殻に閉じこもっていた。しかし、今になって思うと、そうムキにならずに、順番を争うのはいやだが、お茶をひいているブスでもいれば、上がってもよかったような気がする。もしかしたら彼女は、身世打鈴を聞かせてくれたかも知れない」「ネーパンの慰安所は、庭のまわりを女たちの部屋が囲んでいた。中庭の長腰掛に腰をおろして見ていると」「ときどき挺身隊員も、部屋の外に出て来た」「彼女たちはみな、ひどい目に遭っているわけだが、表情に、それが出ていなかった。嘆き節を語りそうな感じはなく、うつろでもない。平常的に落ち着いた表情の挺身隊員ばかりであった」(11〜16ページ)

〔その197〕後勝著『ビルマ戦記ー方面軍参謀 悲劇の回想』光人社、1996年発行。後は、陸軍大学校卒業後、昭和19年、ビルマ方面軍参謀となりビルマ作戦の要務に参画。
(その197・1)昭和19年、ビルマ・ラングーン。
「偕行社には、軍属を志願して従軍し、ラングーンに派遣された良家の子女が数十名、甲斐甲斐しくも規律正しく立ち働いており、『兵隊さん、頑張って下さい』というのである。そして『国家非常のとき、少しでもお国の役に立ちたいと思って、志願して来た』というので驚いた。さすが大和撫子であった」「ある夜、自動車廠が爆撃を受け、私は現場に急行して後始末を終わり、帰途、粋香園の前を通ったとき、いつものようにたくさんの車が並んでいた。こんなところで爆撃にあって討ち死にすれば、末代まで恥を残すのにと思いながら宿舎に帰ったら、途端に電話がかかった。受話器を取ると、某課長である。『粋香園に爆弾が落ち、防空壕が崩れて芸妓数名が負傷したから、すぐに軍医をよこしてくれ』というのである。前線では食うや食わずで、連日激戦をつづけているのに、一体、何を考えているのかと思ったが、家計を助けるため遊里に身を沈め、ビルマの地まで送られて来た身の上を思い、広島軍医に連絡して救助に行ってもらった」「戦後ある会合で、『戦時中に私は、部付将校を連れて偕行社に行き、月に一度か二度すき焼きを食べたら、月給は空っぽに使い果たしたのに、値段の高い粋香園が、連日繁昌していたのは理解できない』と言ったところ、『ガソリンやその他の軍需品を、少し横流しすれば悠々と1か月遊べたのに、方面軍の後方主任がそんなことを知らないようでは、戦さに負けるのも無理はない』と笑われて、まったく二の句がつげなかった」(174〜176ページ)
(その197・2)昭和20年4月?、ビルマ・ロイコウ。
「ロイコウを後にして出発すると、北方から5〜6輌の車が疾走してきた。車を止めて隊長を呼んで聞いたところ、某司令部の車であった。車には人が満載されていたので、傷病兵を護送していると直感して声をかけたら、意外にも娘子軍であった。かねてからこの司令部の噂は耳にしてはいたが、この乱軍の中で、こんなお荷物をつれているとは、まったくあいた口がふさがらない思いがした。隊長を叱ってはみたものの、上司からの命令であれば致し方もなく、崩れゆくわが国軍の姿を眼前に見るような気がして、長嘆禁じ得なかった」(251ページ)

〔その198〕柴田隆一・中村賢治著『陸軍経理部』芙蓉書房、1981年発行。同書中、「宮崎弘毅の記録」と題する項中、「鉄帽に2種類あり」の節。
(その198・1)昭和16年12月、中国・広東。
「当時軍経理部糧秣主任として広東に残留を命ぜられ、攻略後における香港地区に対する補給計画の樹立と、マレー半島攻略戦に参加する第18師団に対する糧秣補給の指導に任じていた私は、香港攻略の翌日軍戦闘司令所から次の電報を受領した。『鉄帽を至急追送せよ』。当時まだ若く純情(?)だった私は、香港攻略戦に参加した第38師団が、次のスマトラ攻略の作戦準備のために戦闘で破損した鉄帽の補給請求にしてはえらく早手回しの要求ではあると思ったが、戦闘司令所に対し次のように返電した。『とりあえず戦利品を利用されたし』。私は英軍の使用しているお皿型の鉄帽を数万個も戦利品として押収したことを頭に思い浮かべ、形はあまりスマートではないが、日本陸軍の正規の鉄帽を追送するまで、充分利用できるものと考えたのである。ところがその夜直ちに督促電報を受けとった。『サイズ合わぬ。追送品至急送れ』。うかつだった私も、さすがにこの電報で気がついた。頭にかぶる本物の鉄帽ではなく、下にかぶせる鉄帽だったのである」「本物の鉄帽は被服に属することを知っていたが、例の鉄帽が需品とは気付かずとんだ恥をかいてしまった」(455〜456ページ)

〔その199〕小林英夫・張志強編『検閲された手紙が語る満州国の実態』小学館、2006年発行。「関東憲兵隊通信検閲月報」所収の手紙の一節。
(その199・1)昭和16年、満州・黒河。
「日本人・武田某(黒河)→村上某(秋田)41・10・16(押収)」「北満黒河市街を去る北方4里にある山神府兵舎(中略)果てもなき広野に村もなく只一面に国威を示す各兵科の兵舎のみ。唯僅かに見えるのは陸軍官舎の一隅を利用して開設せられたる東西に慰安所あるのみ。慰安所と申せば一寸劇場か、見せ物小屋の様にも想像せられますが、さにあらず。此の兵舎に起居する兵どもの貴重なる精力の排出ヶ所なのです。慰安所の兵力は僅かに20名そこそこの鮮人にして、然も国家総動員法に縛られ、芳子や花子など桃色配給券が分けられ、軍隊でなければ見られぬ光景です。おまけに公定価格という解にて安サラリーには向きません。配給券も職権乱用にて専ら将校連中専用の状態です」(155〜156ページ)

〔その200〕千坂精一著『特攻基地の少年兵』光人社、2006年発行。千坂は、昭和19年、防府海軍通信学校に入校し、20年1月、国分基地の第701海軍航空隊に配属。
(その200・1)昭和20年2月?、鹿児島。
「途中、日当山という温泉地の大正館という旅館に立ち寄ったので、私たちは用事がすむまで降りて休憩することになった」「座敷に通されてお茶をのんでいるとき、『この大正館は、海軍の指定旅館、集会所になっている』。関根兵長は、まじめに説明したあとで、『この日当山温泉には慰安所もあるぞ』。微笑みながらそう付け加えてくれたが、満15歳になったばかりの私には、このときまだなんのことか解らなかった」(195ページ)

〔その201〕高崎隆治著『教科書に書かれなかった戦争Part14・「陣中日誌」に書かれた慰安所と毒ガス』梨の木舎、1993年発行。陸軍歩兵第65連隊の第11中隊、第13中隊の昭和13年1月から14年9月までの「陣中日記」から関連部分。
(その201・1)昭和13年6月、中国・寿県。
「6月16日」「今日の帆前船で慰安所の慰安員が70人程寿県に来たそうだが、その方より早く酒保を開いてビールか日本酒を販売してほしい」(39〜40ページ)
(その201・2)昭和14年2月、中国・林山河。
「2月25日」「新州より慰安婦3名来たり(慰安所を)開設す。池田軍曹設備を行う。大室伍長会計を行う。浅子、照子、和子、3名」(100ページ)

(2014年9月19日・最新更新)


ニッポンリポート・ファイル一覧

ご意見などは tetuh@mbj.nifty.com へ

SAKUMA TETSU
フリーライター
著書[恐るべき証人][検死解剖マニュアル][拳銃天国ニッポン]など