佐久間 哲
ニッポンリポート


従軍慰安婦を調べる 編

従軍慰安婦の体験談等メモ・5


〔その202〕千田夏光著『従軍看護婦ー痛哭のドキュメント白衣の天使』双葉社、1975年発行。
(その202・1)昭和20年、フィリピン。
「数年前、或る高名な元新聞記者が、ルソン島での軍報道班員時代に入手した“風聞”をもとに、また若干の同島従軍将兵の体験を加味して某週刊誌に従軍看護婦の風紀事件について書いたものがある。ルソン飢餓の敗走行進中に『食糧と交換に体をていきょうした』とか『兵隊たちを体で慰めた』などが盛られた部分のあるレポートだった」「だが、4年余にわたる私の取材結果として言えることは、それがまったくの事実無根であることだった」「調べると、その高名な元新聞記者は、名称は似ているが内容はまったく異なる“従軍慰安婦”と彼女らたちをとり違えているのであった」「昭和19年12月末、急速作戦変更でバタバタと準備もないままマニラ市を放棄し、ルソン島北部の山岳地帯へ逃げることになった時、所在の第14方面軍司令部は、かかえていた“従軍慰安婦”二百数十名の処置に困った。一部後方参謀のなかには『火急の場合、軍は彼女らの面倒をみる必要なし』とマニラ市へ放置していくことを唱えたが、『もし米軍が入城し彼女らを捕まえたとき恥をさらすであろう』という他の参謀の意見が勝って、彼女らも北部山岳地帯へ連れて行くことになった。ところが、ここで困ったのは、彼女たちを作戦部隊に編入することが不可能なことであった。激烈な戦闘の予想される地帯に連れて行っては足手まといになるし」「『無駄飯ぐらいが来ては迷惑だ』とされたのだ。『ではどこの部隊におしつけるのか』と言ったとき出された案が『特志看護婦、つまり看護婦の資格はないがその仕事を手伝いたいという奇篤な婦人ということにして南方第12陸軍病院におしつける』というものだった。ただちにその奇案は実行に移されることになったが、ここにいまひとつ困難な問題があった。“従軍慰安婦”は第14方面軍キ下の各軍兵站部が管理し」「南方第12陸軍病院は、第14方面軍の指揮系統下にはない」「そこで出たのがえさで釣る案であった。飢餓が予想される山岳地帯への退却について軍需物資、およびその輸送で面倒をみるから“特志看護婦”として従軍慰安婦を引き取ってくれという提案だった」「とにかく」「この“奇妙な特志看護婦”部隊が同病院部隊へ編入され、病院隊とはおくれて出発、病院部隊がバギオからさらに東北部山岳地帯に転進した時に合流している。ルソン島の本当の飢餓はこのころからはじまるのだが、このころにこんな事実がある」「当時の事情はバレテ峠と呼ばれた要衝で防戦しなければ全軍が全滅する状況にあり、つぎからつぎに、そこへ兵力を投入しなければならなかった。斬込隊も十数次にわたって編成された。この狩り出される兵隊を元気づけるため、というよりその行為との交換に“奇妙な特志看護婦”を抱かせたという事実である」「(これを)“従軍看護婦”に置きかえて書かれたものであるらしかった」(109〜112ページ)

〔その203〕内山完造著『花甲録ー日中友好の架け橋』東洋文庫、2011年発行。
(その203・1)上海。
「今次大戦中上海の料理屋を全部閉鎖して、アスターハウス内に軍専用の料理店を設け、閉鎖した料理店の芸妓達まで入れて軍人達だけの遊興場を設けた」(309ページ)

〔その204〕田中眞澄著『小津安二郎と戦争』みすず書房、2005年発行。小津は、昭和12年9月、支那事変に従軍し、中国各地を転戦する。
(その204・1)昭和13年4月、中国・定遠。
「(定遠の小津から知人への手紙。昭和13年4月11日付)ここに4日程前から慰安所が出来ました。慰安所とハ トム、ブラウンの居ないアミー、ヂョリーの一群です。いかに人見知りをしない意馬心猿を以ってしても、しかも酩酊余程度を過しての揚句でなけれバおいそれとハ退治の出来ない半島の舞姫(チミモウリョウ)です。その慰安所心得左の如し<抜粋>。
1、所内二於テハ静粛ヲ旨トシ他人ノ戦闘行為ヲ妨害シ又ハ慰安隊員ノ争奪等卑劣ノ行為ナキヲ要ス。
1、次期作戦準備ノタメ戦力ノ保持上如何ナル撒毒地帯ヲモ突貫シ得ル如ク防具ノ装着ヲ確実ナラシムルコト決シテ一時ノ情的或ハ防具ヲ裏返シテ使用スル等ノコトナキ様注意スベシ。
1、戦闘後ハ別室二設ケタル洗浄室二於テ兵器ノ手入ヲ行フベシ。
1、不注意ノタメ花柳病二感染シタルモノハ市町村長二通報ス。
1、非常火災呼集ノ号音ヲ聞キタル場合ハ戦闘中ト雖モ直チニ中止シ所属隊二帰ルベシ。
以上です」「賃金は兵隊さん30分以内1円50銭。正午から7時迄」
「この文章(慰安所心得)、小津が潤色したのでなければ、軍人にはもったいないような才筆である。トム・ブラウンとアミー・ジョリーとはすなわち、ジョゼフ・フォン・スタンバーグ監督作品『モロッコ』でゲーリー・クーパーとマレーネ・ディートリッヒが演じた役名である。『半島の舞姫』は、朝鮮出身の著名な舞踊家、崔承喜をヒロインとして映画の題名で、“慰安隊員”が朝鮮女性であることを示したのである」(76〜78ページ)
(その204・2)昭和14年1月、中国・応城。
「(小津の日記。昭和14年1月13日)今日から城外に慰安所が出来る。金曜日がZ(原文はZを○で囲む)で開店早々うちの部隊が当る。慰安券が2枚 星秘膏 ゴムなど若干配給になる。半島人3名支那人12名計15名の大まがきだ。慰安券に曰く*慰安所に於ける酒食を禁ず。*泥酔者の慰安所に出入を禁ず。*軍機を厳守し之を漏洩せざる様万全の注意を要す。*時間の厳守。*衛生に注意。*自隊日割外の出入を禁ず。*性病者及切符を所持せざる者の慰安所出入を禁ず*とあり、応城野戦倉庫之印の捺印がある。兵隊ハ13時から16時まで半時間1円、下士17時から19時まで30分1円50銭1時間2円。兵ハ1時間1円50銭高橋伍長試みに出かける」
「Zとは小津が属した野戦瓦斯部隊の符号である」(79ページ)

〔その205〕御園生一哉著『軍医たちの戦場』図書出版社、1982年発行。御園生は、昭和17年から海軍軍医。
(その205・1)昭和18年11月?、南方・ポナペ島。
「タウラを出港して4日後、ポナペに入港した。機関長、主計長、運用長はさっそく上陸、艦長のお供で慰安所にストップ(泊り)したらしい」「翌日他に用のある主計長と警備隊軍医長を訪れた」「帰途、主計長はちょっと慰安所に寄るという。昨夜の相手は東京三輪田高女の出身で詩などをかくとのこと、スラリ長身でこれも背の高い江戸っ子の主計長とは似合いにみえた。2人が彼女の部屋でなにやら語っている間、機関長の女の部屋でまっていた。こちらはジャガイモのような女で、部屋にタンス、茶ダンス、鏡台などがあり、私は珍しげにキョロキョロと眺めていた」(183〜184ページ)
(その205・2)昭和18年3月?、南方・ガラパン。
「ガラパンの町へはバスがあり、内地に帰ったような気分になった。まず一杯と宿屋らしきところに案内された。根拠地隊軍医長の大尉も同席し『けちな野郎でござんすが以後おみ知りおきを』と挨拶され、こちらは目をパチクリ。水もしたたる日本髪のエスが2人あらわれ、年増が英太郎、若いのが小太郎といった。小太郎は大尉にピッタリ寄りそってサービスしていた」「数日の荷役の間毎晩上陸。よか楼というレスにも行ってみた。内地並みに料理がで、変化の少ない艦内食事の私には、トロロが美味であった」「別の晩」「したたかに飲み、三三五五宿屋や慰安所にしけこんだ。私は先任将校と2人になり宿を求めたが、深夜でみつからず、やむなく1軒のパンパン屋(女郎屋)に入った。女が一人現われ、『混んでおりますので、お一人の方は回しになりますが』といった。泥酔していた私は『お前なんかに用はない、泊るだけにきたんだ』とガナッた」(191〜192ページ)
(その205・3)昭和18年5月、トラック島。
「4月下旬、連合艦隊司令部もときどき宴会を行なった、横須賀からトラックに進出していたレス小松(パイン)で、新艦長歓迎会があった」「新任軍医と一緒に、病院船でやってきたエスがたくさんいた」(214ページ)
(その205・4)昭和18年6月?、馬山。
「鎮海には『春の日』というレスがあり、そこでエスプレするのを、春日神社参拝と称した」「(鎮海に近い馬山浦では)上陸し 朝鮮料理で一杯となり、キーサン(妓生)が現われ、片膝を立て両手を開いて挨拶した。片膝立ちは古代日本女性の正座であったという。南鮮は京城の、北鮮は平壌のキーサン学校を卒業し、英会話もできるとのことであった。京都舞妓の八さか学園と同様である。卓にはクロスがわりなのか、大きな藁半紙が敷かれ、盃の残酒をキーサンが、パッとこの上にあけるのには驚いた。年増ながら色白で彫りが深く白人のようなキーサンは、チョンアニー(難しい漢字)と名乗った。主計長がしなだれかかると『ソレイケマセン』。ストップはどうかと持ちかけると、『ナカヨシニナッテカラ』と、情が移れば考慮しようとのことらしかった」(226〜227ページ)
(その205・5)昭和18年6月?、舞鶴。
「舞鶴に入港し、一番定期で白糸にいそいだ。『おかえりやす』と小幸が玄関に手をついて出迎え、思わずロング(鼻下長)になった。舞鶴では横須賀や佐世保とちがい、枕金と称して初診料をとられた。二度目からは再診料ですむが、エスを変えれば、また初診料というわけである」(230〜231ページ)

〔その206〕川村湊著『妓生ー「もの言う花」の文化誌』作品社、2001年発行。
(その206・1)
「1932年に朝鮮総督府から出された『生活状態調査・平壌府』には」「平壌警察署管内の芸妓・娼妓および私娼の人数を調査し、さらにその平均年収を調べたものを載せている。それによると、1929年末現在で、芸妓は日本人(原表記は内地人)55名、朝鮮人164名の計219名。娼妓は日本人125名、朝鮮人148名の計273名。私娼は日本人79名、朝鮮人99名の計178名」「賑町に日本人、朝鮮人の遊廓があり、それと桜町界隈にこれらの芸妓・娼妓たちは住んでいた」「日本人芸妓の1年間の稼ぎ高の平均は2599円、朝鮮人芸妓は813円、日本人娼妓は1052円、朝鮮人娼妓は361円で、日本人と朝鮮人の間では、3倍近い差があることになる。また、平壌府の周辺部を管轄とする大同警察署の管内の酌婦(娼妓・私娼と考えてよいだろう)の数は朝鮮人33人で、1年間の稼ぎ高の最高が600円、最低が200円となっている。当時、平壌に住む朝鮮人の7割近くが年収600円以下であり」「妓生たちの収入は中流階級に属するものといってよく、女性の職業としては最高収入を得られるものであったことが分かる。前述の『平壌府』には『現在平壌に於ける妓生には、箕城・大同両券番の設けがあり、彼等は内地人芸妓の如く抱主に自由を束縛せらるることなく、大部分は自前にして、各券番の組合員として、役員選挙、其他の発言権を有し、その自宅に於ける生活は概ね中流以上の堂々たるものである』と書いていて、それを裏付けている」「妓生への道が、貧しい少女たちに富貴への道と見えたとしても、それはあながち欲目ばかりではなかったのである」(134〜136ページ)
「1940年8月に出された『モダン日本・朝鮮版』」「には、『京城一流妓生資産番付』があって、東西72名の京城の当時の売れっ子妓生の資産が掲げられている。それによると、東の横綱」「が20万円でトップ、西の横綱」「は18万円だ。以下、東の大関」「関脇」「小結」「がそれぞれ18万円、10万円、8万円であり、西の大関」「関脇」「小結」「は、それぞれ10万円、8万円、8万円である。前頭は東西ともに1万円から3万円であり、京城の一流妓生の平均資産は3、4万円ということになるだろう」(136ページ)

〔その207〕伊藤隆・照沼康孝編著『続・現代史資料4ー陸軍・畑俊六日誌』みすず書房、1983年発行。畑は、昭和13年2月、中支那派遣軍司令官になる。
(その207・1)
「(昭和13年)11月2日。午後2時頃漢口到着。諸報告を綜合すれば漢口武昌進入はよく上司の意図徹底し、軍紀風紀事項及渉外事項も極めて少なくまず余の希望する処に近く行はれしは慶賀すべきことなり」(166ページ)

〔その208〕華公平著『従軍慰安所「海乃家」の伝言』日本機関紙出版センター、1992年発行。華(日本人)は、父親が上海で海軍の慰安所を経営していた。華が内地から上海に渡った昭和19年7月ごろからの慰安所見聞記。
(その208・1)上海。
「(慰安婦が死亡すると)死体は海軍さんに預けた、海軍が、死人は全部処置してくれた」「従軍慰安婦たち約40人の食事は(華の家族とは)別で、海軍が、トラックに積んで運んできて、支給してました」(28〜29ページ)
「朝鮮人慰安婦は、10人近くはいたと思います」「(本館の)一階には、海軍が作ってくれた防空壕がありました。帳場の隅の方にね。詰めれば10人くらいは入るもので、海軍の施設部がきて、掘って作ったんです」(36〜37ページ)
「(中国人慰安婦もいたが)中国人に関しては、お金を貸さなかった」「上海では逃げられても、探しようがないですからね」「飛田などの遊廓には、門がありますね。あれは、全員、前借り金・借金があるからなんです、それも払わないうちに逃げてしまう、とかいうことがないように囲いがあったんですが、うちは出て行くのは自由です。日本人の場合は、出ていっても、上海広しといえども、そう簡単に身を隠す所もなく、借金の借りを踏み倒して出て行っても、行き先はきまってます。すぐに捕まるんです。海軍の情報網で探したら、あくる日にでもわかるんです。上海は海軍が押さえていましたから、支那方面艦隊司令部も上海にありましたしね」(44ページ)
「朝鮮人の女性については、当時、朝鮮人に見える人はいませんでした。中国人は支那服を着ていましたが、日本人はみんな着物で、朝鮮人も着物を上手に着こなしていましたから」「朝鮮人の慰安婦で一二三さん(源氏名)という子がいました。この人は、徹底して稼ぎに走る、つまり仕事熱心というか、お客熱心の、顔だちの綺麗な、頭のいい人でした。こういう所に身を落したからには、私は金儲けに徹すると言っていました」「そういう感じで、私がちょっと聞いたときにも、びっくりするような金額を残していました。もちろん本人からではありません、また聞きではありますが」「年は30歳くらいでしたね」「絹代(源氏名)というのも、朝鮮人女性で働いていました」「この人も、30前後の年増で」「絹代さんの思い出というと、阿片に溺れてね」(50〜52ページ)
「海軍から軍属証明書をもらうために、従軍慰安婦は軍属扱いで、その人名は提出せんといけませんでしたでしょう。人の出入り・死亡のたびに、慰安婦の戸籍謄本など、身元の分かる書類を提出するきまりになっていたようです」「最年少で、18歳の、清香さん(源氏名)という娘もいました」「戦争が激しくなって、私の行った昭和19年というと、もうピークで、軍属のお客さんがホールで、煙草吸いながら大勢、待っていましたね」(63〜65ページ)
「海軍特別陸戦隊から、私たちにも、軍属の証明書をくれたんですよ。私も、楼主の家族ということで、軍属の身分でしたから、証明書を持っていました。慰安婦たちも軍属で、みんな、軍属の身分証明書を持っていました」(70ページ)
「別館ができた詳しいいきさつについては」「本館だけでは足りなくなり、それで、もっと増やしてくれ、ということになったのです。海軍が家を見つけてきて、親父は、女の供給、全ての運営について任されたのです。まあ、いってみれば、うちの親父の最大の仕事は、女を集めることだったのではないでしょうか。それで、親父はしょっちゅう日本に帰ってきていました。年に多い時には、3回くらい帰ってきたように思います。慰安婦のなかには、朝鮮人の方もおりましたが、全部、日本内地での採用ですから、親父が朝鮮半島へ直接行って、採用したという朝鮮人の女の方は、確か、いなかったと思います。現地採用は、混血も含め、ほとんど中国人でした」(82〜83ページ)
「軍人専用の慰安所は、海軍陸戦隊の本部のある辺りに、“横浜橋(ワンパンショ)”というのがありました」「朝鮮半島の北か南かはわかりませんが、横浜橋の方は、朝鮮人が多かったです。軒数が多かったので、慰安婦は、1軒につき、だいたい10人前後いたのではないでしょうか。<海乃家>の場合は、軍属専用の独占企業でした。海軍軍人の慰安所については、横浜橋に6、7軒、ズラッと並んでいたのを想い出します」「横浜橋は、あくまでも、下士官兵クラスの慰安所で、将校用は、別にあったようです」「将校クラスになりますと、水交社の近所に、芸者がいる料亭風のお店に行くのです」(90〜92ページ)
「終戦後、10日ほどたって慰安婦の中の一人がリーダーになって、女ばっかり10人くらいで、退職金みたいなものを精算にきました。『いままで、あれだけ儲けてきているのだから、一時慰労金を出せ!』と、親父さんに言ってきましたよ」「家の中は客も来ないし」「通帳もみな封鎖でしたから、預金はすべて凍結状態です」「570万元、大金です。その通帳を抱えて死にましたよ、うちの親父さんは……。たしか、その当時のレートが20分の1だったと思いますから、日本円にしたら25〜6万円になりますか。当時では大金です」(104ページ)

〔その209〕井手静著『これが私の戦争だった』高校生文化研究会、1982年発行。井手は、昭和16年10月、陸軍に召集され、18年1月、サイゴンからシンガポールへ転進する。
(その209・1)シンガポール。
「日本の占領後は、日本料理屋の進出がめざましく、当時、現地人が『イギリス人は道路を整備し、フランス人は教会を建て、日本人は料亭と女を持ち込んだ』と皮肉をいったというが、そういうところで遊べるのは軍の幹部たちだけで、私たち兵隊はもっぱら、このキャセイビル付近でまごまごしているうちに帰営時間の4時がせまり、あわてて集合場所へ駆けつけて、部隊からの迎えのトラックを待つのが、日曜外出日の日課であった」(76ページ)
「(昭和20年8月18日のこと)昭南神社は、日本軍のシンガポール占領のあと、忠霊塔とあわせて建立された。拝殿と神殿は、日本から運んできた檜材を使った総檜造りであった。その建立には、連合軍の捕虜2万人を使役したというが、三段の鳥居を構え、玉砂利を敷きつめた昭南神社は、日本のシンガポール統治のシンボルともいえた。その昭南神社に、日本軍みずからの手で火が放たれたのである。数ヶ月をかけて建立された神殿も、放火とともにみるみる炎につつまれ、30分ほどで燃え落ちてしまった。あとで聞いた話だが、この昭南神社の宮守をしていた63歳の老女が、燃えさかる炎の中に飛び込み、神社とともに焼身したということであった」「(彼女の)出身地は九州の平戸島で、18歳のときに『からゆきさん』としてこのシンガポールに売られてきたという。日々体を売る悲惨な生活の中でよく生きぬき、日本軍の進攻にあたって真っ先に志願して道案内役をつとめ、その功によって昭南神社の宮守になったという」(120ページ)

〔その210〕松浦敬紀編著『終りなき海軍』文化放送、1978年発行。同書中、海軍主計大尉だった中曽根康弘衆議院議員の「23歳で3000人の総指揮官」と題する手記。中曽根は、昭和16年11月、敵の飛行場を占領し整備して海軍用飛行場を設営する部隊の主計長として、3000人の徴用工を率いて、パラオ、ダバオ、バリクパパンに赴く。
(その210・1)
「3000人からの大部隊だ。やがて、原住民の女を襲うものやバクチにふけるものも出てきた。そんなかれらのために、私は苦心して、慰安所をつくってやったこともある」(98ページ)

〔その211〕田中眞澄編『全日記小津安二郎』フィルムアート社、1993年発行。
(その211・1)昭和14年1月、中国・応城。
「(昭和14年1月)20日(金)」「無為。室外不出。慰安所の日」(233ページ)
(その211・2)昭和14年2月、中国・陽新。
「3日(金)」「本部と共に兵站宿舎に寝ることになる。となりに慰安所があって何時迄も賑で仲々ねられない。怒鳴る。効目があって静になる。ねる」(235〜236ページ)

〔その212〕小川松次郎著『一銭五厘の旅・想いでのままー一兵士の記録』私家版、1997年発行。小川は、昭和19年3月、陸軍に召集され、7月、スマトラ島のパレンバンに上陸。同地で敗戦。
(その212・1)スマトラ・パレンバン。
「一等兵になったからか……外出が出来るようになった。毎週日曜日の午後から、半数交替でいわゆる1週間おきである」「外出を重ねるうち、コースが決まるものである。先ず大東亜会館と云う、パレンバン州政庁の隣にある映画館に入る。軍人のみの映画館で無料である」「映画館を出てその次は、邦人経営の酒保である。一杯5銭のコーヒーを飲む」「酒保を出て、一回りするのが、軍人倶楽部と書いた看板のある処で、当時4か所あった。娼婦の多くは朝鮮の女性。中には現地の女性の居る倶楽部もあった。どこの倶楽部も、順番を待つ兵長、上等兵が多い。我々一等兵では、番が回ってくる筈がない。定価3円50銭と記載あるも、定価通りでは出来ないらしい。下士官もこの倶楽部を利用することになっている。帰隊時間が兵隊と違い、午後9時迄で、従って兵隊が帰った後で、ということか……下士官の姿は見あたらない。どこの倶楽部も12、3名居るが、務める女性は大変な重労働であると考えられる。将校の慰安所は別で、征空荘と新大阪の2か所ある。いずれも日本女性であった。本間少佐、早川大尉の使いで、二度両方へ行ったが、日本女性は実に美しい。特に征空荘の照子さんは素晴らしい」(53〜55ページ)
「サイパン島が玉砕した」「スマトラもおそらく、戦場になるのではなかろうか。もしこのまま、命を落とすことになれば、男としての悔が残る」「軍人倶楽部に、3円50銭也と、書かれてあるも、定価では女性が喜ばない。10円出していると聞く。10円は痛い。しかし地獄で閻魔大王に『女を知らずに来たのか、馬鹿者』と、怒鳴られるのも癪だ」「(何とか工面し)喜び勇み軍人倶楽部へと道を急ぐ」「1軒1軒品定めする余裕などない。手近い処へ飛び込んだ」「待つこと30分、番がきた。部屋に入る。部屋と云っても1坪半位、24か、25歳くらいの朝鮮の女性で、良くもなく悪くもない、普通の面だ。10円渡すと出て行き、直ぐ戻って来た。『兵隊さん初めてね』と彼女が聞いた。『初めてだ』と答える。小生の態度で判るらしい。なにがなんだか、判らないうちに終わった。なんだこんなつまらない事で10円も出すのか、馬鹿らしい。ところで彼女『兵隊さんまた来てね』と云った」(84〜85ページ)

〔その213〕瀬間喬著『わが青春の海軍生活ー素顔の帝国海軍・別巻』海友堂、1981年発行。瀬間は、昭和6年、海軍経理学校卒業、以後海軍勤務。海軍主計中佐。
(その213・1)昭和13年、中国・安慶。
「あるとき軍需部の運送船を乗り継いで“東京市会議員”という肩書で戦場視察に来ている男がいることが判った。市会議員が何で戦場を視察する必要があるのか確かめて見ると、本人は市会議員には違いないが女郎屋の親父で、一儲けしようと思って適地を探しに来ていることが判ったので、引きずり降ろして追い帰したことがある。また若い女性が駆けこんで助けを求めてきたので、事情を聞いてみると、戦地で兵隊さんのための食堂で勤めると聞いてやってきたら、売春を強いられるので怖くなり逃げてきたことが判り保護してやったこともある」(118ページ)
(その213・2)昭和13年?、中国・南京。
「ある時、安部と一緒に、『陸軍将校の慰安所に行ってみようや、海軍はM(もてる)かも知れんぞ』と言って行ってみたら、慰安婦は全部朝鮮人であったが、どういうものか、軍人以上に陸海軍の対抗意識を持っており、極めてF(もてない)であった。翌年鎮海航空隊に勤務した時、仁川に行った帰りに白川温泉で妓生を呼びストップしたら、その妓生に、『こういう時局に、貴方は軍人として、こんな事をしてよいと思いますか』と叱られたことがある」(121ページ)
(その213・3)昭和14年?、朝鮮・清州?。
「在任中、二度献納飛行機の命名式があった。一度は清州(だったと思うがはっきりしない。光州だったかもしれない)、一度は仁川においてである」「清州の時、前夜、海軍大臣代理たる要港部司令官以下我々航空隊職員に対する官側の招宴が地元の料亭で催され、知事以下が出席し、地元の警察署長も出席していた。酒が回るにつれ、平素から酒癖があまり良くないらしい警察署長が、『自分は剣道5段で、自分にかなう者は一人もいない、その自分が明日海軍大臣代理を先導する』などといろいろ自慢話をしていたが、そのうち、『自分は今まで何人強姦したか判らない』と言って、いかにもそれを自慢するかのような口振りでしゃべり始めた。離れた席にいる警察部長が目くばせをして注意するのだが一向にやめず、何という嫌な奴だろうかと思った。この強姦は本当だと思う。このようにして権力を笠に着た植民地の役人達が朝鮮人を苦しめ、朝鮮人達は泣き寝入りであったのであろう」「そういえば、『春の日』のSが数え唄を歌っていた中に、『ただで○○する署長さん、署長さん』というのがあったのを思いだし、実に嫌な気がした」(133〜134ページ)
(その213・4)昭和19年2月?、南方・トラック島。
「相当夜もふけた頃、誰かが使いにきて、『小松は今晩限りです。すぐに来て下さい』と言った。第一次の空襲後、各庁勤務の女子職員(筆生)や小松のS、南華寮の女達、慰安所の女性など女達は皆内地に帰すことは知っていたので、そのためだとすぐ判った」「極めて下司な言い方であるが『これで、この世でのしおさめか』と思って急いで行って目的を果たしすぐに帰った」(199ページ)

〔その214〕鈴木卓四郎著『憲兵下士官』新人物往来社、1974年発行。鈴木は、昭和15年4月、憲兵上等兵を拝命。南支派遣軍に転属。
(その214・1)昭和16年、中国・福州。
「台湾師団は混成旅団として南寧に駐留当時から相当数の慰安所を抱えており、海南島に撤収後も、師団直属慰安所として援助していた。ところが師団が今次作戦に参加して、相当期間、福州に駐留することになった。師団としては当然彼等も作戦が一段落したら追従して来るものと予想していたが、予想に反して1軒の慰安所も来なかった。『台湾師団は福州作戦が終ったら台湾に復員するであろう』と解釈して、師団に追従して台湾に帰還したら再び戦地には出られない。いっそ此処で師団と別れ此の南支地域に落ち着くことが最良の策と商人らしく判断し、師団の招聘を断ったのが真相であった。慰安設備のない戦陣ほど無味乾燥なものがなかった。参謀部は対住民事故のおこる事を懸念して1日も早く慰安所を作るべく兵站部に命令した。参謀部の命令を受けた兵站部は、憲兵隊に秘して(現地住民を酌婦稼業させる場合は必ず憲兵の許可が必要であった)市井の婦女子を集め慰安所を開こうとした。だが現地人とはいえ、酌婦又は慰安所として婦女子を集めることはなかなか容易なことではなかった」(50〜51ページ)
「一口に慰安所といっているが、其の性格、設置条件によって其の分類はなかなか複雑なものがあった。内地人(純日本人)、半島人(朝鮮人)、本島人(台湾人)、特殊人(現地中国人)等、人種別があり」「陸軍慰安所にしても、陸軍部隊に直接追従する部隊専属慰安所と、部隊の駐屯する都市に定着して営業する所謂遊廓的慰安所の別がある。部隊に追従する専属慰安所は給与・宿舎・営業場所等一切の管理を其の部隊から受け、兵站軍医の衛生指導のもとに営業するもので、兵器・弾薬・食糧の如き軍需品と同等以上に待遇されていた。従って彼等の身分は軍に追従する日本人として、部隊指揮官の監督下にあって特別待遇を受けていた。だが、これは法律的には違法なもので、戦地という特殊事情下、やむを得ぬ方法であった。連隊単位の部隊は必ずという程、1つか2つの慰安所を抱え、師団司令部の後方参謀がこれを統轄していた」「遊廓的軍慰安婦は、軍の追従者として軍の警察権保持者たる憲兵の取締りを受ける反面、在留邦人として領事館警察の取締りも受けていた」「特異な存在は特殊慰安所であった。現地人に対しては、部隊は勿論、領警の警察権も及ばないので、軍の唯一の警察権保持者たる憲兵のみが、晴の任務(?)を受けて、営業・衛生等に至るまで管理していた」「一度此の泥沼に入った女性は、なかなかはい上がることが出来ず、3年から5年と、長いのは40を過ぎても酌婦を勤めているものもいた。また、稼業許可規則も、あいまいなものであった。有夫の婦人と15歳未満以外の女性は例外なく許可された。未成年の場合は、親権者の同意書とか、戸籍抄本が必要となっていたが、戦地外地という特殊事情から殆ど省略されていた。では終戦時に、軍慰安婦はどの位いただろうか。軍の兵站部は勿論、我々憲兵隊にしても領警にしても、己の管理下にあった人員は掌握はしていても、総轄的な数字はつかんでいなかった。終戦により現地軍の接収された内地人は、在留邦人として集中営に、半島人は独立国人として第三国人収容所にそれぞれ収容され、本島人特殊慰安婦は、中国人として吸収されたので総合的な数字を求めるのは至難というより外ない。ただ、私の推定としては、南支軍下では、1000人乃至1500人位でなかろうか。其の根拠とするところは、慰安婦の稼業許可する際の標準として、軍人100名に対して酌婦1〜2名位としていた。終戦時における、南支軍は大体10万と見て、1500人前後と見るのが、当らずとも遠からぬ数字でなかろうか。此の1500人前後の7割以上は半島人(朝鮮人)婦女子であったことは驚くより外はない。貧家に生れた彼女らは、生まれ故郷を振出しに、内地〜台湾と放浪の果てにたどりついた者、或いは悪徳紹介屋の甘言に乗せられ、直接戦地に来たもの、哀れ聖戦の犠牲者として、或いは陰の軍の戦力として働いた彼女等は、何処の空で如何なる生活を営んでいるだろうか。昭和16年の11月より3年間、海南島・江門・中山等で直接或いは間接に取締官として彼女等に接した私ではあるが、復員後未だ一人として再会したことはない」(59〜61ページ)

〔その215〕杉野明著『シンガポール捕虜収容所』明石書店、2005年発行。日本軍の捕虜になったイギリス人たちの回想録などの一節。
(その215・1)昭和18年1月、シンガポール・チャンギー収容所。
「ウィルキンソンの日記」「最近、食糧事情が悪くなり、卵がまったく手に入らない。日本兵が『女がいないのだから卵の必要はあるまい』と笑う。シンガポール市へ行っていた仲間が、慰安婦を満載した輸送船を見かけたと言っていた。日本人はよほど女が好きなようで、現地人の女も使ってシンガポールで手広く女商売が行なわれているらしい」(80ページ)

〔その216〕謝永光著『日本軍は香港で何をしたか』社会評論社、1993年発行。
(その216・1)昭和17年8月、香港。
「三大強制移転事件ー日本軍政下の土地収用」「日本の統治下で前後3回にわたって大規模な強制移転事件が発生した」「(その一つ)日本軍当局は香港陥落当初に発生した兵士たちの婦女暴行問題について秘密会議を開き、香港に軍妓区を設けて慰安所を開設することを決定した。その後この計画は、陸軍総医官江口大佐によって急速に実行された。当時彼は500名の娼妓を日本軍の性欲処理の道具にするよう提議したが、これは彼の当初の計画よりはるかに大規模化していた。香港陥落の初期、日本軍は一部のホテルを接収し、そのうちの何ヵ所かに臨時の慰安所を開設した。そのほか、日本人に迎合する一部の漢奸たちは若い中国娘を集めて私営の慰安所を設け、日本兵をもてなした」「これらの女性の大半は『仕事を世話してやるから』という漢奸たちの口車に乗せられて連れてこられた」「しかし上述の慰安所は規模も小さかったので、日本軍当局はもっと多くの兵士の性欲を処理できる大規模な軍妓区を設置しようとした。1942年初め、香港の街頭に『人数に制限あり、至急応募されたし』と書かれた慰安婦募集の手書きのポスターが出現した。1942年8月、副総督平野茂は防衛司令部の岡田梅吉に対し、香港に500か所の慰安所を設けるよう指示した。総督磯谷廉介は湾仔の大仏口の近くの駱克道一帯の幅800メートルにわたる区域に慰安所を開設するよう望んでいた。そのため岡田梅吉は、この地域の住民にただちに立ちのくよう通告した」「やがて日本軍当局は、慰安所の設置にはこんなに多くの家屋は必要ないことに気づいた。その時にはこの地区の人家の大部分ががら空きになっていたが、誰一人として戻ってこようとは思わなかった。慰安所の娼妓は、およそ1000人以上にのぼった。香港で募集した以外に、広東省の各県の農村および広州で集められ、一部は日本本土から流れてきていた。湾仔の駱克道の慰安所は一般の兵士たちの性欲処理のための妓楼だった。高級軍人用の遊廓は設備も豪華で、そのうち最も有名なのは香港島の半山区に開設された『千歳館』で、料亭の雰囲気をただよわせていた」「駱克道は完全に日本人一色の地域に変貌した。この区域の新式の粋をこらした建物は、妓楼か料亭やレストランになっていた。その中で『中華旅館』は妓楼になり、着飾って厚化粧した娼妓がおよそ200人以上もいた。総督部軍医部は、台湾人の林正富をこの慰安所の通訳に派遣した」(144〜149ページ)

〔その217〕江口圭一・芝原拓自編『日中戦争従軍日記・一輜重兵の戦場体験』法律文化社、1989年発行。小原孝太郎は、昭和12年9月、応召により陸軍第16師団輜重兵第16連隊に入隊し、輜重兵特務兵として第4中隊第二小隊第四分隊第19班に配属され、9月18日、中国・華北に上陸。以後、中国各地を転戦し、その間、日記を書き続ける。その全文を紹介している。
(その217・1)昭和12年8月、中国・石家荘。
「11月8日」「石家荘に近づいた」「町に這入るとすぐ郊外に出てしまった」「すぐ班長さん引率で酒保へ買物に出掛けた。えらい人の波だ」「と突然どこからふってわいたか、天人のようなーーとその瞬間は思ったキレイにキカザった日本ーー日本ピーが数名眼前にあらわれた。これにはどぎもをぬかれた。なかなか勇敢なものだ。おーとすれ違って向へ行ってしまった」(89ページ)
(その217・2)昭和12年11月、中国・長辛店。
「11月10日」「(汽車で)長辛店着」「停車3時間だという」「此の駅も大きいことは石家荘のそれと同じく、それに1先発の1小隊の列車や他部隊のも停車しているので、駅頭はこむことこむこと、あふれて一杯だ」「向こうから来た列車は材木其の他満載しているが、御婦人?も満載している。駅の裏の通りには御婦人が日本、朝鮮などいくらでもいる。早い連中は御飯もたべないで御婦人のいる所へとんで行った。なほ、各班に中隊より公然と防毒面が配給されたのだ」「日本婦人などへ行った連中が御キゲンで帰って来た。自分も行ってこいといってもらった防毒面の外に、福井さんからわけてもらった1枚、都合2枚は内地への土産にもってかえろう」(95〜96ページ)
(その217・3)昭和14年1月、中国・梁家湾村。
「1月16日」「珍しく終日雨。外出日というので(3人が)三サ?埠へ遊びに行った。慰安所へ……。自分(ら2人)は留守番」「1月26日」「夜は班へ遊びに行った」「帰ったら隣の8班でレコードをかけている。三サ?埠の慰安所でかりて来たものだとかいう。久し振りになつかしくメロデーを聞き、軍国子守唄などを聞いてほろりとした」「2月1日」「朝から月例の身体検査」「身体検査は体重と淋病有無の検査である」「(ある一人は)支那酒飲んで慰安所へ雪崩れて行った」(345〜350ページ)

〔その218〕千田夏光・馬原鉄男著『従軍慰安婦ーその支配と差別の構図』部落問題研究所、1992年発行。同書は、千田と馬原の対談形式。
(その218・1)
「千田」「(慰安婦の)正確な数はわからないんですよ。わからないというのはリストつくってないから。これまで、私は約8万人という数を信じているんですけど、その約8万人という数を出して下さったのは、元関東軍司令部第三課(補給担当)の課長をされていた原善四郎(当時陸軍中佐、後に大佐)さんという方です。従軍慰安婦のことを調べてるときに、堺市に住んでいらっしゃる原さんの所へ行って、どのくらい連れて行ったのかと聞いたんですね。その時に8万人という数字を出して下さったんです。どうして原さんに私が会いに行ったかといいますと、1941(昭和16)年6月の『関東軍特別大演習』(関特演)」「の際、慰安婦の動員計画がたてられましたが、原さんがその直接の責任者ということを知っていたからです」「7月7日の第一次動員開始(後)」「約80万人の兵力が集中させられた。原さんは80万人の作戦部隊の兵隊の欲求度、所持金、それに女性の肉体的能力を計算して、“必要慰安婦は2万人”という数字をはじきだしたわけです。これは兵士約40人に1人の慰安婦ということになります」「原さんはさっそく、当時の京城、今のソウルに飛び、朝鮮総督府に『女2万』の調達を要請したわけです。朝鮮総督府は、警官や憲兵を大動員して、8月までに約8000人を集めました。8000人集めたところで、6月にソ連に侵入したドイツの作戦計画が狂い、モスクワに突入出来なかったものだから、日本の軍隊は対ソ戦を中止し(た)」「原さんが罪滅ぼしだといって、2日がかりで計算していただいたのが、約8万人という数字です」(34〜38ページ)

〔その219〕森島守人著『陰謀・暗殺・軍刀』岩波新書、1950年発行。満州事変のときの逸話。
(その219・1)昭和6年11月?。
「ハルピンの大橋総領事は、事件発生当初から、北満出兵論の急先鋒で、いろいろ外務省とのあいだに摩擦を起していたが、清水(チチハル領事)は大橋とは人となりも異なる上、平素から軍との連絡も薄かったので軍の計画や、時局の将来についても、別段の考えを持たず、在留民の世話に終始していた。その上自分から進んで茶屋酒を飲まぬという謹厳居士だっただけ、大橋が軍のチチハル常駐を見越して、ハルピンから娘子軍を送り込むと、清水は風紀をみだすとて送りかえす、また大橋が送り出すという具合で、娘子軍がハルピンとチチハルのあいだを、行きつ戻りつしたことは嘘のような実話であった」(66ページ)

〔その220〕杉浦正明著『海ゆかばー南海に散った若き海軍軍医の戦陣日記』元就出版社、2000年発行。杉浦正博は、昭和17年、海軍軍医学校卒業後、南方各地を転戦、昭和18年6月、サイパン沖で敵潜水艦の攻撃を受け、乗艦が沈没し、重傷を負う。内地帰還後の10月、戦病死。海軍大尉。同書は、彼の日記。
(その220・1)昭和17年11月、ラボール(ラバウル)。
「11月30日(月)ラボール」「1700から山の上の第一常碧荘で懇親会あり。慰安婦の給仕で痛飲、愉快なり。帰艇したのは2130頃だったろうか」(130ページ)
(その220・2)昭和17年12月、ニューアイルランド島・カビエン。
「12月9日(水)」「1100、カビエン無事入港。2、3日前、夜敵機の空爆により、カビエンの陸上にあった慰安所3戸はすっかり跡形もなく破壊され、7名の死者と数名の死傷者を出したと。なにしろ、ダイナマイトの倉庫に爆弾命中したので、慰安所が吹き飛んだそうだ。13噸ものダイナマイトが一度に爆発すればたまらぬ。大きな池が出来たと」(134〜135ページ)

〔その221〕和田敏明著『証言!太平洋戦争』恒文社、1975年発行。和田は、毎日新聞南方特派員として、マニラ、スラバヤ、サイゴン支局長を務め、太平洋戦争の裏側を知る。
(その221・1)昭和20年3月?、サイゴン。
「明号作戦以後、サイゴンの在留邦人は厭戦的虚脱におちいり、自暴的享楽にふけっていた。そんなある日、在サイゴンの町はずれで、家数はややまばらであったが、熱帯にのみ咲くブウガンヴィルのかぐわしい生垣にかこまれた大きな邸宅であった。(日本特派員団への)招宴がおこなわれた広い部屋には、新しい青畳がしきつめられてあったが、天井からは豪華なシャンデリアが5つばかり垂れさがっていた。この2つの対照が、なんとも辛抱できないほどの不調和であったことが、いまだに印象にのこっている。主人公の(寺内)総司令官元帥は、浴衣がけで、ズルハゲのビリケン頭に、豆絞りの手拭をのっけて、正面中央に大アグラをかいていた。粒揃いのサイゴン芸者、主人公の説明によれば、ごく最近台北から空輸されて、サイゴンの高級将校用料理屋に配属されているという美形が、お酌の席につくや、『ご苦労さんでした』という元帥の音頭に、宴会ははじまった。久しぶりのおいしい日本料理、とくに握りずしと、比較的に防腐剤のすくない日本の特級酒の味覚は、故国への郷愁をさそった」(151〜152ページ)

〔その222〕那須三男著『るそん回顧』元就出版社、2009年発行。那須は、昭和19年、陸軍経理学校を卒業し、ルソン島赴任を命じられ、10月、マニラに着く。昭和20年12月、ルソンの捕虜収容所で書いた手記。
(その222・1)昭和20年1月?、ルソン・イポ。
「○○の参謀長であった○○大佐は、クラーク地区の後方諸部隊を引き連れ、800名近くでイポの陣地に雪崩れ込んできた。みんな20名か30名、大きくて7、80名の部隊ばかりで、戦闘力は皆無といっていいくらいであった。半島人の慰安婦なども15名混じっていた。これらの各部隊の持ち込んだ食料は1か月分もなかったので、兵団の食料はいよいよ緊迫した」「朝鮮ピイ(慰安婦)は司令部で遊んでいたが、遊んで食うのはいかんというので、半数ほど神州荘(兵団長側近グループの兵舎?)で働き、他は交替で司令部の各部に出張サービスをし、洗い物や『籾より』をさせ、夕方になると帰って行くことになった。経理部では断然、断った。これらの女たちも、○○大佐以下500名がジャングルを越え、東海岸に食料を求めて決死行をするという組に入って行ってしまった。3人だけは神州荘に残った」(126〜128ページ)

〔その223〕田中利幸著『知られざる戦争犯罪ー日本軍はオーストラリア人に何をしたか』大月書店、1993年発行。
(その223・1)昭和17年3月、スマトラ・パレンバン。
「(豪州へと避難するため、昭和17年2月、シンガポールを出港したが日本軍の攻撃により)沈没したヴァイナー・ブルック号(に)」「豪州従軍看護婦は当初65名が乗船していたが、そのうち12名が溺死し、21名が(日本軍に)虐殺されたため、32名にまで減っていた」「(日本軍によって、バンカ島の)ムントクにある抑留所に集められた」「1942年3月2日、午前3時、彼女たちは突然起こされて、旅の支度をするようにと命令された」「2日間かけてスマトラ島南部の町パレンバンの郊外ブキットバザールにある、元はオランダ人が居留していた地区に連れていかれた」「彼女たち32名の看護婦には2軒の家が与えられた」「この2週目の週末に、日本軍は、この2軒の家を『慰安』目的のために(将校クラブとして)使用することになったので、別の家に移るようにと彼女たちに命令した」「最初、日本軍将校たちは看護婦たちを懐柔して『慰安婦』にしようと考えたようである。民間人の被抑留者の一人であるイギリス人女性を手なづけて慰安婦『募集』の責任者にし、慰安婦になればいろいろ特典が与えられることを彼女を通して看護婦たちに伝えさせた。しかし彼女たちはこんな策には乗らなかった。懐柔策がうまく功を奏さなかったため、今度は将校たちは看護婦たちに『将校クラブ』の開設日の夜にクラブにくるようにとの強制的な命令を出してきた。その日の午後、彼女たちは全員が集まってなんとか慰安婦になることを避ける作戦を練った」「(彼女らの何人かは)慰安婦にならなければ餓死させると脅迫されたが、彼女たちは餓死しても構わないと主張して、あくまでも将校たちの要求を拒み通した」「(これ以降)すでに少なかった食糧の配給量がさらに少なくなり、彼女たちはその後も慢性的な飢餓に悩まされた。くわえてその後まもなく、彼女たちはパレンバンの元貧民住宅街を利用した衛生環境の悪い別の収容所に移動させられ、生活条件は極端に悪化した」(174〜178ページ)

〔その224〕北沢杏子著『ある一族の愛と性』現代書館、2007年発行。
(その224・1)
「1981年、タマちゃんは『1億人の昭和史ー昭和・戦前の女』という写真集を見て、はっと緊張した! というのも、『収容所の従軍慰安婦』の写真の中に、朝鮮時代の小間使だったチャムスナーの姿を発見したからなんだ。わたしも見せてもらったけど、有刺鉄線で囲まれた粗末な小屋の中に20人くらいの若い女性が座っていて、周りでアメリカの兵隊が監視している写真だった」「タマちゃんは、『前から3番目がチャムスナーに似ている! かわいそうな子、きっと探し出すからねッ』と決意も固く宣言したのでした」「タマちゃんとチャムスナーの話は、すごーく劇的に展開したんだよ」「ピース・ボートが最初に寄港した釜山市の婦人団体が、タマちゃん達の来韓を記念して交流会を開いてくれたんだけど、その会場に、“元慰安婦”の申告電話を開設。その時、まっ先にかかってきた電話をタマちゃんがとらせてもらってね、習いたての韓国語で『ヨボセヨ(もしもし)』と声をかけたのが(あとでわかるんだけど)、元“慰安婦”のチャムスナーだったの」「6年後の1997年、タマちゃんは釜山に滞在して、韓国の各地を舞台にした『元“慰安婦”は語るー李貴粉さんを訪ねて』というドキュメンタリービデオを製作します。そう、その人が幼名チャムスナーだったの。タマちゃんは、女学校に入学すると寄宿舎に入り、チャムスナー親子は村に帰ったんだけど、そこで彼女は突然、2人の男に拉致されて、大きな軍艦みたいな船に閉じ込められたんだって。何日か経って着いたところは、台湾のなんとかという港で、翌日から“慰安婦”にされ、日本軍兵士の性奴隷として働かされたと、彼女はビデオの中で切々と語ります」(71〜74ページ)

〔その225〕麻生徹男著『ラバウル日記』石風社、1999年発行。麻生は、昭和17年1月、陸軍独立野戦高射砲第34中隊付軍医として、12月、ラバウルに上陸し、敗戦を迎える。
(その225・1)ニューブリテン島。
「(昭和18年)4月4日」「帰路乗車したトラックの上でガ島帰り18師団に随行している前山という商人に逢い、その苦労話を聞かさる。酒保商人も娘子軍の引率者でもあり之れ亦辛苦多々である」(115ページ)
「4月20日」「用件を済まし浜辺の丘の上に点在する別荘風の建物の処に行ってみる。運転手の和田上等兵は此等の建物が我が軍の慰安所であることを知って好奇の心を動かしたが何しろ夜の商売の彼女らの事ゆえ、どの建物も扉を堅く閉ざしている」「私は支那事変の初、此等陸軍慰安所の管理をした事があるので、この慰安所の運営が如何にされているか知りたく思った。入場券売場窓口、消毒洗浄室等の設備は当時私が其の道の開拓者として制定した時の通りに踏襲されていた」(126〜127ページ)
「6月15日」「午後は業務連絡の為103兵站病院に赴き其の帰路兵站司令部に立寄り、該部隊の軍医と共に『京城楼』と称する慰安所に赴く」(166ページ)
「8月6日」「業務日誌」「兵站司令部附属の時計店に立寄(る)」「同一建物の大部分は『京城楼』と称する陸軍慰安所に占有されあり、15、6名の半島出身の女性は板仕切の個室にて営業しあり。小官上海時代我陸軍慰安所を初めて開設したる時の状態と全く同様か寧ろ其の当時より悪い状態にあり。時計屋の店先迄個室内の嬌声の聞こえ来るは困った事だ」(199ページ)
「9月14日」「業務日誌」「午後兵站司令部より軍医2名来たり、婦人科医としての本官の助言を求む」「9月15日」「昨日の要請により兵站司令部附属の慰安所に行き2人の女性の妊娠診断をする。一人は4か月他は3か月の子を身籠っていた」「9月26日」「今朝兵站司令部軍医の招きで例の妊娠慰安婦を診療に行ったが2人とも手元にある手術機械だけで中絶手術をするには大きくなり過ぎている様なので私は手術は中止したがよかろうと申し入れた。専門医として此の様な妊娠中期の中絶の難しさを説明すると若い軍医たちも納得してくれた」(225〜233ページ)
「(昭和19年)5月17日」「何時の間にか時計屋も精巧社即性交社と兵隊は云っていた。然し此の様な処にも私達防空部隊の兵は名目上休日とか交代とか云う時間割が出来ないので誰一人行ける者は居なかった。又兵站病院前の海辺には将校用とか称して琉球出身の娘達の料亭もあったが、情況悪化と共に之らの色めいた処も跡形もなくなってしまった」(315ページ)

〔その226〕『1億人の昭和史「日本の戦史」B日中戦争1』毎日新聞社、1979年発行。
(その226・1)昭和12年10月、中国・大同。
「(店の前、左手に祝開店カフェ○○と書かれた立て看板。中央に和服と中国服の女性が立ち、右手には店の長のれんをわけて、日本軍兵士が店に入ろうとしている写真。その説明文)京綏線と同蒲線が交差する大同は山西北部と内蒙古の物資集散地で、日本軍の山西平定の拠点でもあった。写真は“皇軍”を追って早くも開店した日本人経営のカフェー(10月9日)」(207ページ)

〔その227〕澤昌利著『日本人よ、侵略の歴史を忘れるな』御茶の水書房、1987年発行。澤は、昭和13年、臨時召集、第一期陸軍乙種技術幹部候補生として、中国北部を転戦する。
(その227・1)昭和14年7月?、中国・ロ?安。
「連隊本部へ用たしに行った帰り途、ロ?安城西関で、やっとたどりついたという格好の、糧秣を山積みにしたトラックが1台、埃にまみれて入ってくるのに出会った」「この山積みした米袋の上に女が3、4人と男が2人ばかり、目鼻も真白に埃をかぶりながらしがみついていた。部隊への久し振りの、最初のかつ緊急の補給トラックに、米と機関銃と一緒に女郎屋が一番乗りしてやってきたのであった」「しばらくして城内に女郎屋開設のニュースがいち早く伝わったし、兵隊達も陸続と列をなして女郎屋に殺到し、門前市をなすという盛況ぶりだったと聞いた」「(この)P屋は、日本人だったか朝鮮人だったかよく知らないが、わずか3、4人で少なくとも1千人近い兵隊の性欲処理に立ち向かうのであるから、たまったものではなかったろうと思う」「人数が人数だけにいちいち洗滌などしておれないくらい大多忙だったそうだ。そのためか性病の伝播もまた加速度的にひろがったと聞いた」(107〜109ページ)

〔その228〕高橋香織著『シンガポールの日本人社会史』芙蓉書房出版、1997年発行。昭和16年12月、イギリスはシンガポール・マレーの英領に居住する敵国日本人を収容所に入れたが、最終的に、インド・デオリの収容所に集めた。
(その228・1)インド・デオリ。
「デオリに移ってからの入所者もいた。昭和18年9月、ロンドンから3人、アフリカの英領植民地から5人の日本人男子と、19年10月、ビルマから婦人22人の計30人である。ただし、この婦人たちは、いわゆる“戦線婦人(売春婦)”と噂され、ほとんど日本語を話せない朝鮮人らしかった。そして一般のインタニー(抑留者)とは別に」「テントに収容され、ひっそりと人目を避けて生活していたのである」(214ページ)

〔その229〕小川関治郎著『ある軍法務官の日記』みすず書房、2000年発行。小川は、陸軍法務官で、昭和12年10月、第10軍法務部長に着任し、中国に赴任し、13年3月、帰還。
(その229・1)昭和12年11月、中国・張堰鎮。
「(昭和12年11月)14日」「同所では日本軍の為に入用なる物は何にても進呈するに付暴力を以て取ることは為されぬ様願ふとの掲示を出しあるを見る、支那人の態度を知るに足る」(28ページ)
(その229・2)昭和12年11月、中国・金山。
「15日」「夜9時頃憲兵特務曹長打合の為来部す。所謂陵辱事件に付」「陵辱事件とは金山附近の民家に兵3名が至りたる処、支那の男女2人居合わせたるを見て女をして腰以下を半裸体と為さしめたる上、2人にて相交接すべしと強迫強要したる事実也と」(38ページ)
「23日」「作戦上必要以上に民家の破壊、次で軍司令官より訓示ありし如く又自分も20日付を以て通牒を発したる如く強姦、掠奪、放火等相ついで頻発するを憂ひ之を予防せんとす。之れは戦場に於ける特別心理なるか至る所強姦を恣にし掠奪を敢てし放火を悪事と認めず実に皇軍として恥ずべきこと言語に絶す」「支那人は我々日本人を以て猛獣呼ばはりを為し日本兵を以て獣兵と唱えて戦慄すると聞く」「25日」「昨夜3時半松岡憲兵大尉深夜にも拘らず重大事件なりとて連絡に来る。同事件は第六師団の兵5名の内1名伍長が3里程田舎の農村に至り10幾才より26才迄位の婦女を拉致し或る他の相当大なる空家に連れ込み強姦を恣にして且つ拉致するに当り55才位の女が逃げんとしたるを射殺し尚女1名に対し大腿部に銃創を負わしめその行為不逞極まり不軍紀も茲に至りて言語に絶す」(58〜63ページ)
(その229・3)昭和12年12月、中国・湖州。
「21日」「会報にて聞く。湖州には兵の慰安設備も出来開設当時非常の繁昌を為すと。支那女10数人なるが漸次増加せんと憲兵にて準備に忙しと。兵の押すな押すなの勢いにて列を為しながら先を争うが如し」(124ページ)
(その229・4)昭和13年2月、上海。
「所謂慰安所を見学す。同所には朝鮮婦人3、40名居ると。人間の裏面亦吾々の想像外なり。何事もその道にて勿論之を経営する者は日本の男なり。所謂妓夫に等しき者が興行物の木戸口とも謂う所にて切符を売り居るを見る」(191ページ)

〔その230〕文玉珠・森川万智子編著『教科書に書かれなかった戦争Part22・文玉珠 ビルマ戦線楯師団の『慰安婦』だった私』梨の木舎、1996年発行。
(その230・1)昭和18年3月?、ビルマ・タンガップ。
「衛生兵であった楯8400部隊の曹長A氏が(森川に)語ってくれた次の出来事」「昭和18年に先遣隊でタンガップに行ったときのこと。先遣隊というのは憲兵2人、主計4人、副官部と管理部各3人、軍医部1人で行くのですがね。衛生状態を調べるのですよ」「部落全員に予防接種した」「ピー屋は管理部の仕事でね。駐留したら、若い兵隊が女をいじめて、どんなことをやるかわからんからね。軍隊というところは男ばっかりだし、元気だから、女に接することで和むわなあ。強姦すると治安が乱れるから困る。村長にいって娘を出させた」「きくこ、ゆりこ、はるこなどと名前を付けた。検バイ(性病検査)も、普通は1週間に一度だけど、3日目には診てやった。大事に使わないとできなくなるぞ、といって。少しくらいのただれは仕事をさせました。ひどいただれがある娘は、村長を呼んで家に帰らせた。500人の兵士に娘7人じゃった」(182〜183ページ)
(その230・2)昭和18年10月?、ビルマ・アキャブ。
「前述A氏の同僚B氏の証言である」「幹部は専属を連れとった。(師団長の)花谷閣下にはえいこさんとか、おえいさんと呼んだ日本人の別嬪がいた。町(アキャブ)で幹部会議があるときは飛行機で飛んでくるのだけれども、会議がすんだら女の所にいくのだわ。参謀長のお抱え女も日本人で、ここの近くの出身だったよ。没落した家の娘じゃった。朝、運転手つきの自動車で当番兵が参謀長を迎えにいったものですよ」「前出のA曹長とB氏は語った」「アキャブには台湾ピー、現地ピーもいましてね。現地ピーにはインドとの混血も少しいたなあ。危険な状況になったとき、日本軍についとったピーだとわかったら命が危ないから、全員坊主にして寺に預けた。得度させてパゴダに入れたんですよ」「朝鮮人や台湾人は連れて逃げたけど、シッタン河でほとんど死んだろう。兵隊でさえ1万人以上も死んだもの」(185〜189ページ)

〔その231〕額田坦著『陸軍省人事局長の回想』芙蓉書房、1977年発行。同書中、「陸軍大将148名の銘々伝」の一条。
(その231・1)
「大将寺内寿一」「寺内正毅元帥の嫡子として生れ、若い頃はずいぶん放蕩もされたらしい」「法衣を着て吉原を練り歩くくらいは、平気であった」「筆者は昭和13年北京に出張の節、寺内方面軍司令官から『ちょうど大阪から飛行機でうまい鮨が到来しているから』とて馳走になった覚えがある」「戦地での品行を云々する者もあるがこれは大間違いで、北京以来絶対に、私行を慎んでいられた。昭和18年マニラ出張の際、筆者が偕行社に招待された時、わざと皆の前で老女中の手を握って『手を握るくらいはよかろう』と陽気に笑い飛ばされたが、これくらいのことはもちろん平気であった」(335〜336ページ)

〔その232〕石射猪太郎著『外交官の一生』中公文庫、1986年発行(単行本、太平出版社、1972年発行)。石射は、外務省に入り、大正5年、広東領事館勤務以来、海外勤務を経て、敗戦時はビルマ大使だった。
(その232・1)昭和6年9月?、中国・吉林。
「吉林総領事時代」「(日本軍の吉林占領後)将士の生理的需要に応ずるため、多数の朝鮮婦人が輸入されたが、商売は繁昌しなかった。東北農家の窮乏を反映して、兵達の多くが給与を郷里送金するからであった。ただ将校の中には、料亭に登って抜身を振り回すような乱暴者もいた」(209ページ)
(その232・2)昭和12年12月、中国・南京。
「外務省東亜局長時代」「昭和13年1月6日の日記にいう。『上海から来信、南京におけるわが軍の暴状を詳報し来る。掠奪、強姦、目もあてられぬ惨状とある。嗚呼これが皇軍か。日本国民民心の頽廃であろう。大きな社会問題だ』。南京、上海からの報告の中で、最も目立った暴虐の首魁の一人は、元弁護士の某応召中尉であった。部下を使って宿営所に女を拉し来っては暴行を加え、悪鬼のごとくふるまった。何か言えばすぐ銃剣をがちゃつかせるので、危険で近よれないらしかった」「日本の新聞は、記事差し止めのために、この同胞の鬼畜の行為に沈黙を守ったが、悪事は直ちに千里を走って海外に大センセーションを引き起こし、あらゆる非難が日本軍に向けられた。わが民族史上、千古の汚点、知らぬは日本国民ばかり」(332〜333ページ)
(その232・3)昭和19年10月?、ビルマ・ラングーン。
「ビルマ大使時代」「前線にはまだ距離のあるラングーンではあったが、敵は逐日われに接近し、敵の空襲は激しくなるばかりの中にあって、上級将校は上級将校で女と酒の逸楽に荒んでいた。大使官邸の裏手にある翠香園というのが、彼らの夜の花園であって、そこに貼り出された遊興規則には『戦力を増強するごとく使用すべし』とあったという。そこで戦力増強中の軍司令部の将校達が口走るのであろう、話を聞きはさんだ女達の口から、軍機のはしばしが、よく外部に洩れてくるのは笑止であった。外部では、参謀達を、翠香園参謀と呼んでいた。下町の方には『つわ者寮』その他数軒の慰安所があって、多数の大和撫子が、下級将校や兵達の需要に応じていた」「敵はラングーンに対して大空襲を3回行なった」「2回目には、官邸裏手の武人の花園も爆弾を受け、女が3人生き埋めになって死んだ」(456〜463ページ)

〔その233〕杉山春著『満州女塾』新潮社、1996年発行。満州国への日本人500万人移住計画に沿って、開拓団が送り込まれ、さらに開拓団の青年のため、「大陸の花嫁」を送り込むため、日本政府と満州国は日本人の未婚女子を対象に「開拓女塾」と呼ばれる「女子義勇隊訓練所」を満州に設立した。
(その233・1)昭和18年?、満州。
「(満州に着いて)まもなく、娘達の間から自分達は、結婚するためにここに来たのではないという声が上がった。募集時にはっきり、訓練後は自由と聞いてきた人や、教師になることを延ばして、1年間の研修のつもりで来ている人もいたのである。確かに『開拓女塾生渡満斡旋要領』には、訓練の終了後は開拓民の配偶者として斡旋すると書かれていたが」「府県や市町村で直接に娘達を送り出した人々は、十分な説明をせずに渡満させていたのであった。そうしなければ、十分な人数が集められなかったのであろう」「だが、娘達は、どうすることもできなかった。訓練所を抜け出したとしても、日本に帰る方法は分からない。帰国の旅費を持たない者も多い。中には満州にさえ行けばと、風呂敷包みひとつで来ていた者もいたのである」(78〜79ページ)「(結婚を強要し、あくまで拒否する女性には、責任者が)『結婚が決まらない者は、憲兵隊付きで日本に帰らせる』と言いだした。娘達は追い詰められた。満州から憲兵隊付きで帰ったら、ふるさとではどういう目で見られるか。親にどんなに迷惑をかけるか」(138ページ)

〔その234〕中村八朗著『ある陸軍予備士官の手記・上』徳間書店、1978年発行。中村は、昭和15年、盛岡陸軍予備士官学校卒業。以後、中国、仏印、マレー、スマトラ等での作戦に従軍。
(その234・1)昭和16年1月?、中国・杜家荘。
「(他の中隊の兵隊が中隊長を襲うなどの騒動発生)その導火線が、中隊長にはあったのだ。中隊長には女がいた。北京あたりで商売をしている日本女性だった。戦闘が終わり平和になると、その女を警備隊に呼んで、同棲し、兵隊には『奥さん』と呼ばせて公然と警備隊の中で大きな顔で暮させていたのだ。今も、戦闘が収まって警備隊が落ちついたので、北京からその女を呼び寄せて同棲中であったのだ。上官の大隊長もそれを注意することは出来なかった。と、いうのは、大隊長自身も北京から芸者上りの女を呼び寄せて自分の宿舎に住まわせ、やはり『奥さん』と呼ばせて公然と暮させていたからである。そればかりか、本部付の作戦主任である大尉にも中国女性の夫人がいて子供まであった。そんな女関係が上部にあったから、中隊長も女を呼び寄せていたのだろう」(205〜206ページ)
「(大異動があり、部隊長、中隊長が交代。軍紀も厳正化)平和な日がよみがえると、部隊本部に慰安婦達も北京から送られてきた。そしてそれらの慰安婦達は日を定めて警備隊へもトラックでやって来て、兵隊達を慰めてくれる段取りとなった。その慰安婦達の生命をはった犠牲によって、部落民の中の若い女性達が強姦などから守られたのでもあった。しかし、慰安婦達がはるばるやって来ても、兵隊達は誰も彼もが行くとは限らなかった。むしろ、ふりむかなかった兵隊のほうが数としては多かったかも分からない」「だが、慰安婦達は、やはり女性の華やかで柔らかい雰囲気を警備隊に残してくれた。そして何人かの兵隊達は彼女らと恋愛を成立させたことで満足し、つかの間の平和に心をなぐさめられた筈だった」(216〜217ページ)
(その234・2)昭和16年8月?、サイゴン。
「フランス側とトラブルが起きないように、日本軍専用の慰安施設が作られて行った。台湾や広東あたりから、軍隊用の慰安施設が移動して来た。料理屋、酒場、慰安所等がサイゴンの郊外に特設されて、外出した将兵はそこへ行くことになった。サイゴンにほど近いショロンという華僑の町には広東から移動して来た芸者屋まで出来た。これはもっぱら高級将校用の慰安施設で、若い美しい芸者は旅団長用になっていた」(238ページ)

〔その235〕中村八朗著『ある陸軍予備士官の手記・下』徳間書店、1978年発行。
(その235・1)昭和17年3月?、スマトラ・メラボウ。
「困ったことが出来た。月例身体検査で性病患者が発見されたことだ。原因をしらべると、かつて、蘭印軍が駐屯したところだけに彼ら相手の女達がまだ町に残っていたことだ。兵隊達は彼女達と町のホテルで遊んでいたのが分った。うかつであった。駐屯すると、一番初めに考えねばならぬことは、この種の問題だった。中国大陸では娘に乱暴を働くことで、百日の宣撫が1日で吹き飛ぶと言われていた」「イスラムの国だから、普通の娘に乱暴したら大変なことになった。それは、駐屯の当初によくよく兵隊に教育しておいたから安心していた。が、病気を持つ女達と遊ぶことまでは気がまわらなかった。中国大陸では慰安婦という名の女性達が駐屯地へ将兵を慰問にまわってきたものだ。このスマトラでは、まだ占領間もないのでその方面のことはまだ手がまわり切っていなかった。ある日中隊長は、私に対して『慰安所を作れ』という命令を下した。私は中隊の駐留に協力してくれている衛生隊の軍医と相談して、慰安所を作ることになった。場所はすぐ決まった。かつて、オランダ人の旅行者が宿泊したホテルが無人のままになっていたのを利用したのだ。個室が7部屋もあり、新しい洋館なので慰安所にはもったいないくらいのものだった。次は女達の募集だった。これも、蘭印軍がいなくなってあぶれている女達が何人も町に残っていたので問題はなかった。が、病気があっては大変である。何人か集まった女達を、軍医が検査して、合格したものだけ4人を慰安婦としてホテルに入れた。料金も決めたりして、慰安所を開設することが出来たのだ。私は種々の職務に追い使われたが、慰安所の開設までやるとは思わなかった。が、駐屯地としては大切な問題なので、私はそれなりに懸命にその職務を実行した。慰安婦達から、私は『バッパ』と呼ばれた。『バッパ』とはお父さんという意味である」(40〜41ページ)
(その235・2)昭和17年12月?、インド洋・アンダマン。
「昭南(シンガポール)の軍司令部に、アンダマン防御作戦計画を説明に行かねばならなくなった。大隊長の命令なのである。『ついでに、海軍に負けないように、料理屋と女達を送ってもらうように頼んで来い』。大隊長は厳粛な命令のあとで、そのようなことをつけ加えた。私はあっけにとられた。そしてすぐ私は思い当った。大隊長の本当のねらいは、こっちの女の方にあったのだ。大切な作戦計画の説明に予備役の将校が出張するわけがなかった。そういう問題の時は、必ず陸士出の現役将校が命ぜられる筈であった。しかし、現役将校に女の要求を任命することは大隊長には出来なかった。予備役将校なら、そういう問題は丁度いいと思ったのだろう。私がスマトラのメラボウで、慰安所を設営したことを大隊長は知っていた。現実に海軍部隊の方には将校用の料理屋と数名の日本女性がいた。大隊長は海軍側から招かれて時たまその料理屋へ行くことはあったが、他の陸軍将校は行かれなかった。海軍側とのトラブルを避けるためとされていた。現に大隊長自身が、海軍側の将校と女のことでトラブルをおこしていた。そういうことは秘密にしていてもすぐ私達の耳に入った。兵隊達のための慰安所は陸軍用のものも出来た。将校も利用していいことになっていたが、料理屋のような風情はなかった。大隊長は海軍に負けないものを作りたい、と言った。私の才覚でそれをうまくまとめて来い、というのだった」「命令をことわることは出来ない。ただ、私の上官の中隊長がことわってくれれば話は別である。が、中隊長は私を出張させることに承知していた」「『いい女を選んで来いよ。お前の腕だ』と大隊長は言った。私はむっとした。こんちくしょうと思った」(64〜65ページ)

〔その236〕リンヨン・ティッルウィン著『死の鉄路』時事通信社、1981年発行。著者は、泰緬鉄道建設のため動員されたビルマ人労務者だった。そのときの体験記。
(その236・1)ビルマ・タッデイン?。
「(キャンプ責任者の将校の)ヤマモトが住んでいたのは岩山の上の小さな家だったが、きちんとした清潔な家屋であった。建物の形は日本家屋風である」「ヤマモトの家に入ると山奥の労務者キャンプとはとても思えず、日本の小さな村にきたように感じたものだ」「ヤマモトは私とマウン・エイチョウを窓際に連れて行き、山裾の方を指して説明を始めた。そこから見ると樹木の下に3軒の小さな日本家屋がみえた。家の傍は川で、水がとうとうと流れている。なかなか清々しい、いい景色である。私はこんな家があることを知らなかった」「その家は木の繁みに囲まれていたから、ほとんど陽は射しこまなかった。自動車道路と建設中の鉄道線路の方に寄った所にあった。ヤマモトは3軒の家を指してから、通訳を通じて話しはじめた。家をみた時も驚いたのだが、ヤマモトの話をきいてまた驚いた。彼の言によれば、今日これから日本人女性のお客さまがキャンプにやってくる。彼女らはその家に滞在する。彼女らの滞在は1か月ぐらいとのことだった。そんなわけだから、日本人女性がいる間は労務者たち、班長や分隊長も一人としてその家の近くを通らせないように言えという指示であった」「私は事情がわからなかったし、想像も働かず何の考えも湧いてこなかった。どうも今日の日本人はいつもと違うわいと思っただけだった。それからちょっと変なことも考えた。日本人は国を離れてもう随分たつのだから、その婦人たちがやってきたのではないかと思ったのだ。もちろんそうではなかった。日本人女性とは娼婦たちであることがあとでわかった。その娼婦たちを何処から、誰がどのようにして送ってきたのかは知らない。その日の朝10時頃、10人の日本人女性が大型自動車でキャンプに到着した。彼女たちは寝具類や衣類を入れた鞄を持っていた。ワァワァ、キャアキャアいいながら自動車からバラバラと降りてきた様子は品が無かった」「彼女たちはそれぞれの荷物を手に持ち、新顔の将校の案内で小さな家の方へ向かった」(170〜172ページ)

〔その237〕磯村生得著『われに帰る祖国なく』時事通信社、1981年発行。磯村は、台湾人として生まれ、昭和18年、海軍軍属として太平洋戦争に従軍した。
(その237・1)ボルネオ・バリックパパン。
「(磯村の仲間からの聞き書き)軍の慰安所には、兵隊、軍属を問わず、たいていの者が遊びにいった。その慰安所にも階級による差別があった。軍人、軍属の高等官待遇者は、将校クラブで日本内地の娼婦が相手してくれる。下士官以下は台湾や朝鮮出身の女性のいる『月明荘』と、現地人やオランダ混血の女性のいる『桂林荘』『千鳥荘』であった。19年7月のサイパン陥落後、戦況が悪化すると、内地出身慰安婦や従軍看護婦など内地女性はすべて引き揚げたので、『月明荘』は、1階級進級して高等官用のものになった」(103ページ)

〔その238〕熊井敏美著『フィリピンの血と泥』時事通信社、1977年発行。熊井は、元陸軍大尉で、昭和17年10月からフィリピン・パナイ島に派遣され、同島守備隊本部付将校、部隊副官として、対ゲリラ作戦、戦闘指揮にあたる。敗戦により、米軍に投降する。
(その238・1)フィリピン・パナイ島。
「(日本軍は昭和17年)6月16日にはパナイ全島の軍政を宣言し、イロイロ市内で日本軍の盛大なパレードが行われた」「バス会社も日本人の手で復活、イロイロ市近郊を走り回っていた。邦人経営の台湾人とフィリピン人の慰安所、バー、レストラン、ボウリング場なども開かれ、順調な経営を始めた」(18ページ)
「(昭和20年3月、米軍の攻撃を受け、山中への避難を開始)逃避行の時も在留邦人の一員として行を共にした10人の台湾人の慰安婦がいたが、途中、邦人たちから毛嫌いされ、差別された。しばしの休憩中でも母親たちは子供たちを彼女らに近づけまいとした。この差別に耐えられず、彼女らは頭を坊主にして男の姿となり、彼女らだけが一団となって日本軍の後を追った。幸い若く体も丈夫だったので一人の落伍者もなく山中へ逃げることができた」(179ページ)
「当初、邦人には山寄りの安全な一画を食糧補給地として与えたが、間もなく食物は取りつくしてしまったので、邦人14、5人単位で各隊に分散して割り当てた。この割当ての話をしていたとき、台湾人慰安婦の千代が私のところにきて『邦人の人たちはみな、私たちを台湾、淫売と馬鹿にする。私たちを別々にしないで一緒の組にしてほしい』と泣いて頼んだ。私は彼女らがかわいそうでならなかった。この扱いをどうするかと考えていると、意外にもいざ割当てとなると最も引き受けの希望が多かったのは約10人もいた台湾人慰安婦だった。彼女たちのため、また、このような状況下で商売をされては兵隊の間で紛争のタネになると思い、私は日頃から頑固者で通っている師団残留隊の中村隊長のもとに配属した」(187〜188ページ)
(その238・2)昭和20年11月?、フィリピン・レイテ。
「特別キャンプはやがて各地からの戦犯容疑者で一杯になり、天幕は増えた。しかし、くる日もくる日もトウモロコシのスープ一杯の3食と水だけで腹ペコだった」「二重柵の向こうは邦人婦女子のキャンプらしく、時折、台湾慰安婦の特有なしゃべり声が聞こえるので、私は空腹でたまらず、もしやと思ってある晩、二重柵に近寄って一人を呼んでみると、パナイ島にいた慰安婦の一人だった。彼女らはパナイ島の連中が収容されていることを聞くと驚きひどく同情して、食糧の差入れを約束してくれた。翌朝、ボトン、ボトンとヤシの実でも落ちるような音がしたので天幕の外に出ると缶詰が方々に散乱していた。米軍のレーションの缶詰である。私たちは歓声をあげてこれに飛びつき、久しぶりに腹一杯食べた。やがてイロイロの邦人たちも食糧の投げ入れに加わるようになり、警戒兵たちも大目に見てくれた」「婦人たちが懸命に差し入れてくれるのは、部隊長以下われわれに対する感謝の念もあったようである。彼女たちは、ボカレ山中では軍隊に対してかなり不満を感じていたらしいが、レイテのキャンプにきてみると、パナイ島からの婦人たちが子供連れでいるのを見た他の島々からきた婦人たちは『子供まで連れて帰れるとは……』と、涙を流してパナイ島の邦人たちをうらやましがったという。他の島々では、山中へ避難するとき、日本軍の行動の支障になると12歳以下の子供たちは殺されたとのことである。また、台湾の慰安婦たちは、全員が助かったのはパナイ島だけであったため、余計われわれの立場に同情してくれたのである」(212〜213ページ)

〔その239〕高見順著『高見順日記・第二巻ノ上』けい草書房、1966年発行。高見は、昭和17年、徴用され、陸軍の宣伝班として、ビルマ・ラングーンに赴く。
(その239・1)昭和17年10月、ビルマ・ラングーン。
「10月10日」「夜、翠香園で一高会。第一回のときのような感激はなかったが、でも楽しかった。日本の女を、やはり美しいと思うのだった。九州の芸者で、産業部の同窓生がいい煙草を持ってき、それを1本ほしいと手を出すとき、『今のよかタバコ、どこ行ったとーー』などというのだった」「会が終って、下に青木中尉などがいるというので、のぞいたらひきとめられ、遅くなった」(57〜59ページ)
「10月12日」「ウー・サン・モンが、これから女の子に会いに行く、一緒に行かないかという。自分は酒をのむと勇気が出てくるという。事実だった。顔に似合わず弱気なウー・サン・モンだった。私は、ねむいからとことわった。ビルマの淫売屋は恐ろしくきたなく、女も恐ろしくきたなく、とうていダメであった」(74ページ)

〔その240〕神崎清著『決定版・神崎レポート 売春』現代史出版会、1974年発行。
(その240・1)南方・サイパン。
「戦争中のあのいまいましい軍人万能主義が、やはりせまいサイパンの町のパンパン屋の表に『軍専用』の木札をかかげて、一般の日本人をよせつけなかったのである。この軍専用のパンパンが300名ばかりいたほか、いわゆる慰安婦の名目で、ラバウルへ送られる途中、戦況が悪化して、サイパン島で立往生した日本人の売笑婦が80人ばかりいた。サイパン島の失陥は、彼女たちの運命にどのような変化をもたらしたのであろうか」「400人ちかくいた売笑婦のうち、生きのこった者は70人ほどしかいなかった」(10〜11ページ)
(その240・2)
「昭和19年の11月、陸軍省の恩賞課からヨシワラの親方の代表によびだしがかかった。女と勲章ーー兵隊のよろこぶものという意味なのか、あの軍隊用の慰安施設なるものをこの恩賞課であつかっていたのである。女郎屋の亭主をかねた軍人課長が、ヨシワラの親方に折り入ってたのんだのは、『これまでの無統制な慰安施設は失敗だらけで、東京に本部をおいて戦地の施設を統制したいから、経験のあるヨシワラの業者が、その仕事をひきうけてくれないか』という相談であった。『北京の大きなホテルを接収してあるから、さしあたり3、40人女をつれていってほしい』という命令である。『費用はどうするか』と聞くと、『立てかえておけ』ということであった」「そのうち戦況が悪化してきて、北京遠征の話がおながれになったので、親方連はソッと胸をなでおろした」「アメリカ軍の本土上陸必至となって日本の近海のはなれ島に、守備隊が送られていったが、伊豆七島の守備隊から警視庁をとおして、『慰安所をひきうけてくれ』という注文が、ヨシワラにまいこんできた。女は不足だし、採算がとれないので、一度ことわってみたが、必死の要求に、下手をすれば非国民あつかいされる危険があった。やむなく承諾した親方連は、施設と食糧は向こう持ち、女と蒲団はこちら持ち、税金は一文もとらぬ、という条件で昭和20年の2月、約30人のヨシワラ部隊を新島に進駐させた」「海軍の方でもまた話を持ちこんできた」「芝浦にあった海軍後方施設の若い徴用工を大量的に優待してほしいという相談であった。その結果、ヨシワラでは、2時間10円の遊興券を発行することになった。ふつうなら30円の相場」「しまいには、軍需工場のがわで、『工場の近所に慰安所をたててもらわないと困る』といいだした。この要求を軍部が支持したので、今まで玉の井と亀戸以外に私娼窟をみとめなかった警視庁が、産業戦士慰安の名目で、立川、蒲田、亀有、立石、新小岩などの工場地帯に、慰安所の新設をゆるしたのである」(19〜20ページ)

〔その241〕全日本海員組合編『海なお深くー太平洋戦争 船員の体験手記』全日本海員福祉センター、2004年発行
(その241・1)昭和16年9月?、香港。
「塔路丸の二等航海士の手記」「(昭和16年)この年の9月初め、宇品港で陸軍に徴用された塔路丸には、同港を出港後、香港に寄港して数人の将校と中年の民間人夫婦、そしてこの夫婦に引率された10数人の若い女が便乗してきた」「香港を出た大船団は一路サイゴンに向かって航行した」「サロンでは夜な夜な弦歌さんざめき、賑やかな嬌声が聞こえていた。それは便乗の将校と慰安所要員の狂態であった」「双眼鏡で見ると他船の甲板にも女の姿があったので、本船と同じようなドラマが展開されていたのではなかろうか」(39〜40ページ)
(その241・2)昭和17年7月?、南方・サイパン。
「海軍御用船・秋葉山丸の甲板員兼操舵手の手記」「秋葉山丸に乗船したのは、昭和17年の7月であった」「内地からの便乗者はなかったが、サイパンではトラックまで数十人の特看(特志看護婦=慰安婦)を乗せたことがある。そのときはトラックに入港したところ、陸上に収容所がないことから、ラバウル行きの病院船が入港するまで秋葉山丸に留まらせることになった」「1週間ほど過ぎて病院船・高砂丸が入港すると彼女たちは、その日のうちに移動して行った」「秋葉山丸は3、4日後にテニアンに向けて出港したが、便乗者はその後もトラックから内地帰りの特看を1回(あった)」(190〜191ページ)
「昭和18年になってから」「トラックから、総洋丸と二隻で帰国の途中」「総洋丸には一般の引揚者が便乗しており、その中には山本連合艦隊司令長官の妾親子が乗っているとのことで、2隻の船を2隻の駆逐艦が始めて護衛していた」(193〜194ページ)
(その241・3)
「山珠丸の機関員の手記」「昭和19年8月7日(撃沈されマニラへ)」「海軍下士官兵集会所へ収容されて毎日防空壕掘りや近くの海軍飛行場で魚雷運搬や雑用の使役に従事した。私たち船員は海軍五等軍属で、当時の軍慰安婦より等級は下位にあったから、扱いはよくなかった」(226〜227ページ)

〔その242〕神奈川新聞社編集局報道部編『満州楽土に消ゆー憲兵になった少年』神奈川新聞社、2005年発行。少年・菅原幸助は、昭和14年6月、満蒙開拓青少年義勇軍として、満州の訓練所に入る。その後、開拓団を経て、19年9月、関東軍に入隊し、翌年、憲兵学校に入る。敗戦直前に憲兵任官。
(その242・1)昭和19年、満州。
「(菅原から)慰安婦の話も出てきた。『僕も買った。「明日をも知らない命。女くらい経験しておけ」って、上官から避妊具を渡されたんだよ』。ソ連領に近い老黒山に配置された関東軍7003部隊。そこに、ベニヤ板で囲っただけの粗末な建物があった。菅原さんは19歳だった。『相手は釜山出身という若い朝鮮人だった。山形弁が抜けない僕よりも日本語がきれいだったことを覚えているよ』『こっちは義勇軍に入った時から、まともに女性と接する機会なんて皆無だったでしょう。ドキドキした。早く布団に入りなよ、と荒っぽい口調で言われてね。それでいて「吉林の軍需工場で働いていたら、突然ここに連れてこられた」なんて、僕を責めるんだ。自殺した娘もいるのよって言われて、気分が滅入っちゃって』。日本人の相場の4分の1が朝鮮人、さらにその半額が中国人の“値段”だったと、菅原さんは記憶している。『従軍慰安婦はいなかったという人がいるけど、何を言ってるんだろうね。買ったんだから、僕は』」(201〜202ページ)

〔その243〕聞き手・池島信平・嶋中鵬二『文壇よもやま話・上』中公文庫、2005年発行(単行本、青蛙房、NHK編、1961年発行)。2人が、小林秀雄に聞く。
(その243・1)
「池島 いや、大変な騒ぎは、その時は日本にもあったんですよ。小林さんその時杭州ッて題で原稿を書かれた。その中に慰安婦のことを書いてあるんですよ。ほんの3行位でしたがね。
小林 ええ、え、慰安所……うん。
池島 慰安所があって慰安婦が居るッてことを……。と、まあ当時ね、神聖なる日本軍隊は慰安婦など相手にすべからざることだし、特に銃後を護っている妻子に怪しからん影響を及ぼすッてんで、あれは発売禁止になったんですよ、『文芸春秋』は。
小林 あ、そうだったかねえ。
池島 そうですよ。
小林 あッそうだ。それ、聞いたことがある。
池島 そうでしょう。僕たちはしょうがない、発売禁止になったけど、その個所だけ破けば売ってもいいッてんで、一度、警察に押収されたのを、みんな物差持ってッて破るんですよ、2頁か、4頁を……。
小林 あ、そうかねえ。
池島 何万部ッていうのをね、僕は動員されて、破りに行きましたよ(笑)。辛かったね、あの時は。
小林 だけど、僕は慰安所ッていうの、火野君と一緒に行ったがね。見学に行ったんだがね。実に清潔でね、それで女の子が実に溌剌としてたよ。そりゃ健康でさ、いい顔色してね、日本語なんか、みんな兵隊さんに教わってさ。僕は驚いたよ、清潔で健康なんで……清潔で、健康だッてことは書いたわけだがね。
池島 そりゃそうでしょう、きっと。なおいけないんじゃないですか。(笑)
小林 尚いけないか、ふうん」(294〜295ページ)

〔その244〕小平喜一著『湖南戦記』光人社NF文庫、2007年発行(私家版、1980年発行)。小平は、昭和19年3月、召集により陸軍第一野戦補充隊員として、再度、中国の戦線勤務。
(その244・1)昭和20年3月、中国・湖南。
「すでに50の坂を越えた新旅団長は、前任者に輪をかけた、特権意識過剰の我利々々亡者であった。着任して半月も経たぬうちに、夜伽の女が欲しいと言い出した。戦地へくれば、軍の高官に酒と女は付きものであると、率先して範を垂れたのは揚子江岸にあった39師団参謀時代からの慣習ででもあるかのように平然として言い出すのであるから、緊迫した戦局をどう考えているのかと疑いたくなるような感覚の持ち主であった。旅団長閣下の欲しいということは即、命令であった。忠義面をした副官は早速、治安維持会に命令して女を準備させた。人身御供になったのは16歳にも満たぬ花も蕾の姑娘であった。そして『おれはサックなんか使うのは嫌いだから病気の有無をよく調べろ』と命じた。止むなく、軍医はこの命令に従ったはずであるが、この姑娘はすごい性病罹患者であると言ったら、好色閣下はどんな顔をしたであろうか。旅団長閣下はこの稚い娘をことのほか気に入って、3日にあけず通っていたらしい。ある時、愛妾の衣装を新調せしめ、その代金20数万元を主計官に請求した。インフレが昂進していたとはいえ、その金額はあまりにも大金であった。止むを得ず、主計将校は砂糖等の糧秣を中国人に横流しして金を工面したらしい」(116ページ)

〔その245〕高見順著『高見順日記・第二巻ノ下』けい草書房、1966年発行。
(その245・1)昭和18年7月、宮城・宮古。
「7月9日」「(宮古の海員養成所に仕事で滞在していたときのこと)朝鮮の淫売らしいのを数多見かけた」(585ページ)
(その245・2)昭和19年4月、東京・吉原。
「4月22日」「吉原へ行く。三業組合取締、副取締(いずれも楼主)に会い、話を聴く。過日営業停止令をうけた待合のうち、いわゆる場末の17か所だけ再開を許された。それに対する不満の口吻が強くうかがわれた(再開のことは新聞に発表されてない)。○再開の箇所は玉の井等の私娼窟と同じく無税である。そして吉原等の公娼は、12割の税をとられる。再開は産業戦士の『慰安』という見地からであろうが、実際は『高級』産業戦士、ー戦争景気の重役連中の遊び場所となって、ほんとうの産業戦士には、『只今満員で……』とことわっているらしいという。兵隊さんは、私娼窟の出入を禁じられている。貸座敷は許されている。そして貸座敷へ行くと、兵隊さんでも一般と同じく12割の税をとられる。たとえば泊りの値段30円で税金を加えると66円になる。17か所の再開は私娼奨励ということにもなる。花柳病の蔓延が恐れられる。○吉原の娼妓現在数1635人、以前の半分、ますます減少する。貸座敷数296軒、うち1割は娼妓がいないため休業状態。○もとは娼妓は6年以上勤められぬ規則だったが、今日それが撤廃されたので平均年令はあがっている。○娼妓の妊娠率が多くなった。○客の種類。新宿ーいわゆるインテリ。旧洲崎ー労働者が多い。吉原ーあらゆる種類の客がくる。○米の配給は、娼妓は甲種。腹が減ってしようがない」(779〜780ページ)

〔その246〕石川幸太郎著『潜水艦伊16号通信兵の日記』草思社、1992年発行。石川は、昭和16年2月から伊16潜水に配属される。
(その246・1)昭和17年8月、マレー・ペナン。
「8月9日 日曜日 ペナン入港」「ペナンの5日間(8月9日、10日、11日、12日、13日)」「顔、手足が真っ赤になるほど日に焼けて、いっぺんに昔の健康美を取り返したようになった」「慰安所も国際ホテルが当てられ、クーニャン、マレー等多くいるそうだが、ついに行ってみる機会もなかった」(166〜168ページ)

〔その247〕国森康弘著『証言沖縄戦の日本兵ー60年の沈黙を超えて』岩波書店、2008年発行。
(その247・1)沖縄。
「梅澤部隊長は、『解散命令』を出した後、朝鮮人『慰安婦』の『トミヨ』さんと行動を共にし、6月初めに、2人一緒に米軍の捕虜になった。当時、同島(座間味島)には7人の朝鮮人『慰安婦』がおり、数百人の朝鮮人軍夫は穴掘りなどの重労働を強いられていた」(23ページ)
「同島(渡嘉敷島)の慰安所では、女学校を出た教養があり品位の高い朝鮮人『慰安婦』がいて、1回の“遊び代”が1円50銭だった」(104ページ)

〔その248〕三木鶏郎著『三木鶏郎回想録@青春と戦争と恋と』平凡社、1994年発行。三木は、昭和16年1月、召集され、陸軍見習士官を経て、東部軍教育隊の主計中尉となる。
(その248・1)昭和20年5月?、千葉。
「ある晩、私は女と酒を飲んでいた。その相手が誰であったか、その場所がどこであったか記憶がない。おそらく津田沼か船橋の一杯飲み屋で、相手はそこにいた女かもしれない。『ねぇあんた、中尉殿、三日女房ってぇの知ってるかい?』と女は酔っていた。『知らないね』と私。私も酔っていた。『あたしゃ特攻隊の基地から流れて来たんだけどさぁ、あの人たちは若くて童貞なんだよ、ほとんどがさ。それが発つ前にさ、必ず女を抱いていくのさ、“お筆下ろし”してくのさ、なかには三々九度の杯を挙げてく人もいる。結婚して3日目にはあの夜行きということなんだよ。男もかわいそうだが、女もかわいそうだよ。ある男は、一晩中あたしにしがみついて泣いていた。そして最後に言うことがくやしいじゃないの、“お母さーん”だって。あたしゃその三日女房なんだよ』」(396ページ)

〔その249〕高橋秀治著『第四航空軍の最後』光人社、2008年発行。高橋は、昭和17年6月、中部第96部隊に入営し、ラバウル、ニューギニア、マニラなどを転戦する。
(その249・1)昭和19年6月、台湾・高雄。
「市内の歓楽街へ行く。中国料理店に入り、大皿に乗った豚の頭に一驚し、食ったのはその脳味噌と知る。高額な料理を注文したことに後悔した。軍指定の慰安所に入り、相手の台湾女性が味気なく失望した。台湾女性はつまらぬと先入観念を持ったものだが、当時私は女性に色々な体型があることを知らなかった。軍隊に入り、初めて性のはけ口を求める体験である」(72ページ)
(その249・2)マニラ。
「大北中尉や田辺少尉が『大物の土建屋だ』というこの年配の将校(主計中尉)」「彼は内地から臨時召集により出征して、マニラ四航軍司令部に勤務していた」「彼も他の高級将校と同様、近くにある将校専用料亭<浪花荘>や<丸玉>の常連である。ある日、田辺少尉と公用外出でマニラ航空廠の前へ出ると、料亭方面からうつむきながら司令部に向かう将校がくる。腰に軍刀を着けず、朝帰りのようであった」(94〜95ページ)

〔その250〕別所源二著『青春と戦争ーある戦中派の手記』光和堂、1980年発行。別所は、昭和17年、陸軍に応召し、陸軍経理学校を卒業後、ビルマに赴く。
(その250・1)昭和18年11月、門司。
「輸送船有馬山丸はゆっくりと(宇品の)岸壁を離れた」「船は7隻で船団を組み門司に立寄って、ここで沢山の兵員や軍属さらには慰安婦要員と覚しき女性群(大阪の『丸玉』というキャバレーの従業員らしかった)を積み込んだ」(264〜265ページ)
(その250・2)ビルマ。
「戦争中『岩陰連隊長』という芳しからぬニックネームをつけられていたS大佐は、臆病なくせに鉄面皮で色欲旺盛な人だったようで、慰安所にいたA子という娼婦を独占し、状況の悪い作戦中もずっと連れ歩いて常に同棲していた事実は有名であり、また、連隊が移動するとき軍旗のすぐ後ろを歩いている連隊長の横に必ずA子がいたことも、私は第二野病、第一野病等他部隊にいたときにも見て知っていた」(383ページ)

(2014年11月19日・最新更新)


ニッポンリポート・ファイル一覧

ご意見などは tetuh@mbj.nifty.com へ

SAKUMA TETSU
フリーライター
著書[恐るべき証人][検死解剖マニュアル][拳銃天国ニッポン]など