佐久間 哲
ニッポンリポート


従軍慰安婦を調べる 編

従軍慰安婦の体験談等メモ・6


〔その251〕志賀直哉他監修『世界紀行文学全集第12巻・中国U』ほるぷ出版、1979年発行。
(その251・1)昭和13年、中国・蘇州。
「小林秀雄『蘇州』昭和13年5月」「蘇州は戦前より人口が増えたという。皇軍大歓迎の飾り付けの色も褪せ、街はもう殆ど平常な状態に復しているらしく見えた。銀行めいた石造りの大きな建物に頑丈な鉄門が開かれ、『慰安所』と貧弱な字が書いてある。二階の石の手摺のついたバルコニイに、真っ赤な長襦袢に羽織を引っ掛けた大島田が、素足にスリッパを突っ掛け、煙草を吹かし乍ら、ぼんやり埃っぽい往来を見下している。同行のA君と顔を見合せて笑う。何が可笑しくて笑うのか。無責任な見物人の心理は妙なものである」(54ページ)
(その251・2)昭和15年、中国。
「尾崎士郎『朔風紀行』昭和15年」「(列車の)食堂で朝飯を喰べているうちに平地泉に着いた。背の低い、――両肩の張った20歳前後の女が2人プラットホームに立っている姿が見えた。『あれです、昨夜の女は、――』と八木君が興奮した眼をあげて私の耳にささやいた。私は眠っていてよく知らなかったが、2人は厚和の売笑窟に売られてきたそうである。それが大同で引率してきた男が汽車に乗りおくれたために何処でおりていいのかわからなくなってしまった。切符を持っていないので平地泉の駅で男の来るのを待っていることになった。しかし、こっちを向いて笑っている顔は格別悲しそうでもない」「2、3日前、北京で会った旧友の北原竜雄が占領地区の小都会に跋扈する不良日本人について説明した話を思いだし、それにつながる現実をまざまざと見せつけられたような気持になったのである。北原君の話によると、小駅の一等地は3分の2、もしくは4分の3の割合で日本人が権益を占めてしまっている。おどろくべきことは売笑窟の親爺が日本人会の会長であり、淫売屋の店頭に『日本人会本部』『産業組合事務所』――と大きな看板のならんでいるところもある」「彼は深刻な実例をあげて説明した。もっとも大きな誤りは英雄のなすべき仕事を淫売屋がやっているところから生ずる。淫売屋はその専門だけで満足すればいいのである。私が一ばん恥かしい思いをしたのは山海関から北支に入るとき駅員が呉れる注意書の小冊子を一読したときであった。その中には、支那人は日本人を貞操観念の希薄な、男女関係において規律のない人種だと思っている傾向があるから特にその点を注意してほしいと書いてあった」(91〜92ページ)

〔その252〕久生十蘭著『定本久生十蘭全集第10巻』国書刊行会、2011年発行。久生は、昭和18年2月、海軍報道班員として南方へ派遣される。
(その252・1)昭和18年、インドネシア。
「3月8日(月)半晴、暑し。スラバヤ」「馬車にて町外れらしき一画へ行く。支那人多し。えらくきたない家へ入る」「向うの席に水月とか海月とかいう海軍集会所の芸妓なりという女4人ばかりいる。jupe-culotteを穿き、不思議に湾曲した不細工な短い脚をむきだす。一人の如きはダンテエルのスカートから桃色のシユミーズがすけて見ゆ。見られたさまにあらず。聞こえよがしに東京弁をあやつる。みな栃木訛にて滑稽の感に耐えず」(458〜459ページ)
「3月21日(日)晴。スカブミ、スラビンタナ・ホテル」「ひとりでプールで泳ぐ」「プールのすぐそばのパビヨンから黒い服を不恰好に着た女出てくる。肺を悪くしてもう2か月もここで静養しているジヤカルタの芸者なり。なにか某将官の思いものなるよし」「芸者のほう、世話になっている人は老人らしく、若い人と恋をして見たいなどとこれもあわれなことをいう」(382〜483ページ)
「4月9日(金)晴。スラバヤ」「(街中に)海軍軍属慰安所という看板がかかっている」「入って見ると薄暗い広いロビーなり。若い女出てくる。一見して姑娘なり。何か人ずきする顔をしている。きょうは休みゆえ、また来てくれという。ここに姑娘の綺麗なのが10人ばかりいるという。いよいよ面白く思ったが休みということでガッカリして出る。大いに他日を期す心持あり」(498ページ)
「4月23日(金)晴。サランガン」「ホテルのテラツスで長官と2人で写真を撮る。夕方、7時頃、約束通りパノラマ荘へ行く。1軒おいて隣の《carpedieum》の和蘭人の女の家で夕食するとのことなり。《carpedieum》は警察部の保養所にしてあるよし。その女通訳という名儀なり。より多く情緒のためらしく察す。男の子2人あり。亭主は捕縛されたり。31、2歳ぐらい。アメリカに行きたるよし」「(女が)ピアノを弾く。自信たっぷりなれど通俗耐えられたものにあらず、教養のほども知るべし。パノラマへ戻っていろいろと長官と雑談す」「ほかの和蘭人の女はみなこの山から下山させたのにこんなやつを一人ここに置く了見がわからず、なにか曰くのあることと察したり」(516〜517ページ)

〔その253〕長尾和郎著『関東軍軍隊日記』経済往来社、1968年発行。長尾は、昭和17年、陸軍に入隊し、満州の部隊を転々とし、千葉・旭の部隊から復員。陸軍兵長だった。
(その253・1)昭和17年、満州・東寧。
「5月1日 月曜 入隊いらい初の普通外出。町に行く途中、日記をまとめて書く。町に出て片っ端から食い歩く。カツ丼、シュウマイ、大福……。この旺盛な食欲はわれながら悲しくなる。古年兵はピー屋(公営の女郎屋)に直行する、眼の色を変えて……。軍人クラブで越井と飲み、酔ってその1軒を覗く。お粗末な掘建て小屋で、筵敷きのうえにせんべい布団。これじゃ激情が沈んでしまう。外の兵隊の列が、実に哀れだ。2、3年兵ほど助平が多い。満州の排泄装置は関東軍の喜劇だ」(66ページ)
「兵隊に愛想を振りまく人種が、2組あった。1組は満人の親子乞食、もう1組は施設の女性たちであった」「東寧の町にも、朝鮮女性の施設が町はずれにあった。その数は知る由もなかったが、朝鮮女性ばかりでなく日本女性も、将校用の飲食店で『営業』していたことはたしかだ」「これらの朝鮮女性は『従軍看護婦募集』の体裁のいい広告につられてかき集められたため、施設で『営業』するとは思ってもいなかったという。それが満州各地に送りこまれて、いわば兵隊たちの排泄処理の一道具に身を落とす運命になった」「7、8月ごろだったと思う。昭和14、5年に『綴方教室』の1作品で文壇にデビューした豊田正子が、ある慰問団と一緒に部隊を訪れたことがあった」「教育係将校や人事係准尉は、私の『地方』における前職を身上調書簿で知り、豊田正子を囲む座談会に出席し、司会者を補佐するよういい渡された。わたしは考えた。『朝鮮女性を排泄処理に使う野獣ごとき兵隊の前で、少女作家の豊田正子はいったい何を慰問するというのか?』」「『豊田正子は施設の女性たちの姿を凝視できるか。消え失せろ!』。わたしは座談会の出席に応じなかった。もし出席していたら、豊田正子に噛みついていただろう」(71〜72ページ)
「(昭和18年)1月2日 土曜 朝から内務班は酒盛りだ。初年兵にとって、朝から寝台に横になれるのは、1年中で正月だけだ」「箱崎上等兵が、朝鮮ピーに惚れられ、金歯2本入れて貰った話は痛快。早坂の報告だと、彼女らは看護婦募集の広告にだまされ強制的に慰安婦にされたという。おれは東京の吉原、洲崎の悪所は体験済みだが、東寧の慰安婦はご免だ。あれじゃ人体でなく排泄装置の部分品みたいなものだ」(94ページ)
(その253・2)昭和18年、旅順。
「旅順の町にも遊廓があった。旅順銀座から6、7百メートル入った一角で、その家々の背後には広い野原があって、樹木が茂っていた。道路をなかにして、両側には暖簾やネオンで色どられた店が、ずらり軒を列ねている光景は、東京の場末の花柳街を彷彿させるものがあった」「旅順の遊廓は、軍隊のために特別に設けられた施設ではなく、在留邦人の慰安施設も兼ねていたので、家の造りや女性たちの姿体は東寧とは雲泥の違いがあった。単なる兵隊たちの排泄装置ではなく、情緒的なものがただよっていて、『地方色』豊かな花柳街といった感じが強く、それが兵隊たちには余計楽しかった。だが、旅順にも日本、朝鮮、満州といった女性の格付が行なわれ、なかには白系露人の女性もいたが、日本女性は自他ともに『芸者』で通っていた」(110〜111ページ)
(その253・3)昭和20年4月、千葉・旭。
「町の郊外に海軍の航空隊基地があって、隊員たちの慰安施設が将校たちの分宿付近に散在していた。家の造りは普通の農家で、一見しては、それとわからなかったが、土間をはいると各部屋に数名の女性が客を待っていた」(159〜160ページ)

〔その254〕萩谷朴著『ボクの大東亜戦争』河出書房新社、1992年発行。萩谷は、昭和18年3月、東部第17部隊に入隊し、スマトラへ派遣。野戦病院の行李班(輜重)員となる。
(その254・1)昭和18年、スマトラ・シャンタル。
「行李班在籍中のことだったと思う。或る日曜の外出日に、病院内の電話交換台の当番を命ぜられたことがあった」「午前11時頃(とはいっても、日本内地とは2時間の時間差があるので、現地時間なら午前9時の朝のうちだが)、珍しく電話のベルが鳴った。大急ぎで受話器を頭からかぶると、いきなり大きな女の声がした。『××軍曹喚んでよ。薬剤の××軍曹!』。軍曹の名はすっかり忘れたが、言葉のイントネーションからして、間違いなく慰安所勤めの半島女性だ。ともかく線を繋いでその軍曹を喚び出した。『どうして今日来てくれないの?』『今日は、日直で外出できないんだ』『それなら仕方がないけど、今度来る時、ワダ持って来てよ、ワダ』『ワダ?何のことだ』『わたし、あれの時のワダよ。ワダ』」「メンスの時の脱脂綿が欲しいのだな」「なんだバカバカしい。こんな会話を盗聴している自分も、やはりバカだなと思って、受話器を耳からスラしてしまったから、その後の会話はハッキリとは聞き取れなかったが、軍曹は軍曹で、脱脂綿といえども軍の官物だから、無闇に持ち出すことはできないというようなことを、クドクドと言い訳しているらしい。こんな様子じゃ、大して深い仲でもあるまいなどと、下らぬことを考えていると、突如、女の声のトーンが上がった。『チョウセン、チョウセンって、パカにするでないよ。天皇陛下一つよっ!』。ずらせてある受話器からでも、耳をつん裂くような絶叫が聞こえたかと思うと、ガチャンと受話器を置く音がした」(92〜93ページ)

〔その255〕尾崎士郎著『作家の自伝14・尾崎士郎』日本図書センター、1994年発行。尾崎は、昭和14年10月、新作の資料調査のため、中国旅行をする。
(その255・1)昭和14年10月?、満州・包頭。
「包頭の町で2日間をすごしたが、ここへ来ておどろいたことは、こんな遠い街にまで、日本風の待ち合い兼料理屋をかねた売淫窟があって、日本の芸妓らしい恰好をした女の姿がちらちらと動いていることである。見るからに陰惨な、東西流離の旅をかさねて、やっとここまでたどりついたというかんじである。雲の色も月のかげも、ただ、すさまじいばかりに冴えわたって旅愁なぞというなまやさしいものではない。このときの印象から得た記憶のつながりが『後雁』という紀行小説となった」(99〜100ページ)

〔その256〕鹿地亘著『回想記「抗日戦争」のなかで』新日本出版社、1982年発行。鹿地は、中国で日本人民反戦同盟を組織し、抗日活動を行う。
(その256・1)昭和13年、中国。
「開封に設けられていた野戦病院が遊撃隊に襲われ、東京小石川で開業していたこともあるという軍医中尉の院長ごと捕虜になり、数人の兵隊と朝鮮人慰安婦の若干名もいっしょに、漢口に送られてきたことがあった。慰安婦たちはまだうら若い娘で、軍に強制徴用されてきた気の毒な犠牲者たちだった」(200ページ)

〔その257〕鳩友会戦記刊行会編『戎衣の追憶 近衛歩兵第五連隊第九中隊の記録』私家版、1985年発行。
(その257・1)昭和16年4月?、中国・広東。
「(『南支の想い出』と題する会員の手記)大隊本部が警備している所に、内地より慰問団が来るので、わが小隊も警備兵だけ残して慰問団の見物に出掛けた。本部に到着したが慰問団は来ていない。しかたがないので、酒保などへ寄っていたら、そばに慰安所があった。私は結婚するまでは童貞でいようと心に誓っていたので、(以前の警備地の)慰安所も前を通るだけで興味もわかなかった。それが昨夜の(便衣隊による日本軍の)負傷兵をみると、いつ死ぬかわからぬ『わが身』、俺も人間である以上、一度死ぬ前に女の身体を見たい!作戦に出て数ヶ月、もらった俸給も手をつけずにある。一度見るだけならいいだろうと、自分の心に云いきかせ、慰安所の入口をくぐった。中には兵隊が一杯いた。並んで順番を待つのである。その内に俺の番になった。かくごを決めて部屋に入る。若い姑娘がいる。おどおどしていると、ズボンを脱げという、姑娘はベッドの上にまたを開いて待っている。快々的快々的といっている。『よし!死んだら出来ないんだ!』やってみよう、と姑娘に向かっていった。2、3回で爆発、何のことはない。すると姑娘は、すぐ出て行けと云う。後の人が待っているからだ、帯剣もしめずに部屋を出る。小隊に帰って来て、古参兵に話すと、すぐ衛生兵のところへ行けといわれ、消毒されて、ヨーチンを塗られた」「こんなことだったら酒でも飲んでいた方が、ずうーとよかったと思った。22歳の頃」(36〜37ページ)

〔その258〕尾崎哲之助著『朝顔抄 花とともに60年』誠文堂新光社、1971年発行。尾崎は、園芸家で、とりわけアサガオの専門家であった。
(その258・1)昭和18年、東京。
「昭和18年の春、(アサガオ愛好家で親交があり、セレベスで海軍指定海運業を営む)その塩原翁から一通の手紙を受けとったのである。文面によると、『こんどセレベスの首都マカッサルに、海軍の出費で、前線の人々を慰安するため料亭が開設されることとなった。その経営の任にあたる隊長、大川はな氏は自分が海軍に推挙した人である。由来南洋は蔬菜に乏しいところである。きみも昨今日本にいてもなにもできないと思うが、当地にきて高冷地で蔬菜作りをしてはもらえまいか、南洋でのアサガオ作りもまた一興と思う。近く私の紹介状を持ってその大川はな氏が貴園を訪うはずだから、その節は色良い返事をして欲しい』といったものであった」「その後ある日お相撲さんのように太った中年の大女が、束ね髪に当時としては珍しい洋服姿で、塩原翁の名刺を持って(東京・小金井にある尾崎の)園に見えた。それが大川はな氏だったのである」「はな氏はもしお受けいただけるなら海軍の軍用機でお供する。助手を4、5名お世話のうえ同行して欲しい。給与はこれこれと当時の日本では思いもよらぬ高給が支給されるというし、かねて決意していたので、その場で受諾の返答をしてしまったのである。女史の話では現地で新たに料亭と酒蔵の新築のため、大工20名と、高冷地で日本酒の醸造を試みるため酒造関係の人々20名ばかり、農園関係は私の外に5人、酒間を取り持つ若い女性5、6名、都合50余名は別に船でいくということであった(その後、そのとおり実行される)」(162〜163ページ)

〔その259〕一ノ瀬俊也著『日本軍と日本兵ー米軍報告書は語る』講談社現代新書、2014年発行。
(その259・1)
「米陸軍省軍事情報局パンフレット『諸外国陸軍の士気向上活動』(1943年5月)は、日本軍将兵の『性的要素』すなわち買春の実情について『将校の間では、芸者と一夜を共にできるかもしれない芸者パーティーがまれに行われる。徴集兵はわずかの金しか持たぬため、その土地の安い売春宿で我慢せねばならない。肉体的な欲求は満たせるが、ロマンチックな気分は損なわれてしまう』と解説している。これは、同書がドイツ軍の性管理について、若くて魅力的、志願した女性のいる衛兵付きの慰安所を軍の直轄下に設置し、兵の買春前に医学的検査をしている、行為時の飲酒は厳禁、相手の女性には兵の勤務記録にイニシャルで署名させている(ポーランドでの事例)と報じているのとはだいぶ様子が異なる。もちろん全ドイツ軍が常にそうだったということではないだろうが」(106ページ)

〔その260〕京都新聞社編著『防人の詩(インパール編)・悲運の京都兵団証言録』京都新聞社、1979年発行。
(その260・1)昭和19年、ビルマ・メイミョウ。
「(将校集会所での軍司令部昼食会)牟田口軍司令官の入室を合図に全将校が起立するや、一斉に東方遥拝が行なわれ、昼食会がはじめられた。この日の献立はビフテキ料理を主体にした洋食で、パパイヤとマンゴスチンの果物がデザートに用意されていた。美食家の牟田口軍司令官は特にビフテキを好物としたため、ほとんど毎日の昼食献立がビフテキ料理を中心に調理され、その肉片も縦10センチ、横20センチ、厚さ2センチもの豪勢な牛肉が皿の上に焼き立てたばかりのにおいを放っていた。将校集会所の昼食会は、こうした豪勢な食事の終った後、軍司令官の精神訓話を聞くことを常としていた」(78〜79ページ)
「牟田口軍司令官がさわやかな冷気のメイミョウに軍司令部を置いたまま、インパール作戦開始後もその戦闘司令所を前線に移さないことに関して『麗人との別離がつらいのだろう』との風評がささやかれていた。この麗人とは、メイミョウの豪壮な邸宅内に囲われていた一人の女性を意味していた。彼女はメイミョウに設けられた高級将校専用の慰安所『清明荘』にいた前線慰安婦の一人で、彼女は広大な軍司令官官舎の奥深く居住をともにしていた。このとき」「『清明荘』には十数人の慰安婦がいたが、彼女らはいずれも大阪の松島遊廓内からはるばるビルマまで『お国のためだ……』と送り出されていたものだった。そして、牟田口軍司令官の官舎内にて彼の寵を一身に受けることとなった女性のことは、軍司令部内でも一部の高級将校しか知らない秘事とされていたが、それはあくまで表向きのことであり、事実は、軍司令部に勤務する三百余人の将校たちの間に公然たる秘密として知れわたっていた。そのような彼女に対して『麗人』の呼称が与えられたのは『清明荘』の慰安婦たちが派手な化粧と衣装とに包まれた日常をおくっているなかで」「彼女だけが化粧もひかえ目に押え、衣装もけばけばしい柄のものは着用せず、どちらかといえば清楚な感じをただよわせるふん囲気を持っていたことによるものであった」(79〜80ページ)

〔その261〕林銑十郎著『満洲事件日誌』みすず書房、1996年発行。林は、満州事変当時、朝鮮軍司令官。
(その261・1)昭和6年10月、満州・奉天。
「10月12日 月曜 晴」「此日、(朝鮮軍隷下の)歩78ノ兵卒2名奉天ニ於テ民家侵入、強姦罪ヲ犯セシコトノ通報ニ接ス。皇軍ノ名ヲ傷クルノ悪漢ナリ、将来ノ為メ厳罰ニ処スルノ要アラン」(52ページ)

〔その262〕吉川利治著『泰緬鉄道ー機密文書が明かすアジア太平洋戦争』同文舘、1994年発行。
(その262・1)昭和19年5月?、ビルマ?。
「客車はないため、機関車から吹きだす火の粉が飛び散り、乗客の衣服を焦がす泰緬鉄道であったが、乗車していたのは日本兵だけではなかった」「1944年の『5月に入ると、インパール作戦のためか、兵員と軍需品の輸送が活発となり、昼間は空襲の危険が大きいので、もっぱら夜間運行に主力が置かれるようになった。そうした中に異色列車があった。“女人”列車である。4、5両の貨車に日本女性、他は中国人や朝鮮人の女性。表向きはビルマ戦線への慰問団とされていたが、実態は特殊なサービス部隊だったらしい。久しぶりにわれわれも日本女性と話す機会に恵まれたが、出身地は全国にまたがっていた。果たしてこれらの女性の何パーセントが祖国に帰りつくことができただろうか』(十泰会刊行書)。4〜5両の貨車に乗っていたというから、数十人もの女性がいたはずである」(287ページ)

〔その263〕鈴木博雄著『体験的慰安婦の生態ー元衛生兵がみた140人の女たち』全貌社、1997年発行。鈴木は、昭和15年から、済南陸軍病院で衛生兵として勤務。病気のため、19年5月、帰郷する。
(その263・1)中国・済南。
「いま考えてみても、私(著者)は何時も単独行動で、先ずピーヤに行ってから、そこ等の場末をふらつくのが常だった」「土曜日の午後あたりに『明日○○日午後1時より、勤務に支障なき者の外出を許可する。依って希望者は別紙申込み書に記入申し込みすべし』とか何とか、まあそんな文句で、通達と申し込み用紙が回って来て、各人が申し込むのである」「外出者は本館前に整列して、名前を確認した上、『突撃一番』というカーキ色のサックを2個ずつ渡された」「私の体験した慰安婦は、韓国系娼婦(2円)は1回だけで、他は全部が中国娼家で、それも乙等(1円)の方を愛用していた」「中国ピーヤの甲等(2円)と、乙等との差はそれほどでもなかった」「ただ甲等の方は、みんな同じような、瓜実顔の美少女ばかりで、並べて見比べて見ないと分からないほどであった。乙等の方は、3割位は他の顔立ちの者も混じっていて、年齢も甲等の方の16歳から18歳までというのと違って、もっと年上の者も混じっていた」「朝鮮系娼家は、市内の方々に数軒が点在していたようであった。合計の人数は20人か、多くても30人位のものであったらしい」(13〜17ページ)

〔その264〕岡田酉次著『日中戦争裏方記』東洋経済新報社、1974年発行。岡田は、参謀本部支那課から、昭和11年、駐在武官として上海武官府に赴任し、以後、各種任務に従事する。
(その264・1)昭和12年?、中国・呉淞。
「上海にはさらに3個師団の増援があって、第一線部隊の進撃も著しく進捗し、輸送船積載の軍需品陸揚げ作業もだんだんと整ってきた。揚陸地点に山積される軍需品の整理整頓に要する労働力の不足が問題となり、当時の軍兵站参謀櫛田正夫少佐は、この苦衷をしばしば武官府に訴えてきた。そこで私(著者)は、応急の援助を上海在郷軍人会長堀場定蔵に協議し、在郷軍人諸賢の出動を依頼したほか、別に長崎県庁に対し労働力の救援を電請した。当時の県経済部長は平井章で、彼は直ちに県下にその手配を行なうと同時に、自ら上海に出張して打合せ」「以上のような手配により、現地在郷軍人数名と長崎からの二百余名の鉱山労働者の救援があり、これで一安心と思ったのだが、それもつかの間、当時の戦況では、彼らの職場呉淞上陸地点は常時砲弾が飛来するのみならず、夜間は便衣隊による集積物資への襲撃事件も起こり、生命への危険感から逃亡あるいは先任者に対する反抗が起こり、ドスによる果たし合いをまで招くに至った。櫛田参謀は最近、当時を回顧し、こう語った。『当時の戦況では、内地より召致した労務者が働くには、あまりに条件が悪かった。そこで貴官(著者)とも協議のうえ、第一線付近の仕事は兵站部隊が、第二戦は現地在郷軍人の方々が、そしてその後方に内地からきた応援者が働く、ということにして騒ぎも収まり、円満な就労ができた』」(67ページ)

〔その265〕末延芳晴著『森鴎外と日清・日露戦争』平凡社、2008年発行。
(その265・1)明治28年、台湾。
「明治28年7月20日から28日まで、台北と新竹間の反乱軍鎮圧のため日本軍が行った第一次『掃蕩作戦』において、台湾側民間人が受けた被害について、台湾の歴史学者黄秀政は、『台湾割譲と乙未抗日運動』(台湾商務院書館、1992年)のなかで、日本兵に虐殺された数は千人を超え、焼かれた家は三千軒に達したとしている。黄秀政はほかに日本兵が虐殺・強姦を行った例を少なからず挙げているが、そのなかで9月初め、嘉義県の(現在の大林鎮)を攻略したときに行われた婦女暴行は目を覆うものがある。このとき、抗日軍を指揮していた簡精華は、市内が日本兵によって荒らされ、家が焼かれ、住民が殺されることを恐れて、街路を清掃し羊や豚を殺して料理でもてなし、日本軍に対して恭順の意を表そうとした。しかし、日本軍は簡を信用せず、逆に人質として200人の婦女の提供を求めてきた。人質というのは口実で、実は慰安婦として女性を要求していることがわかり、簡が拒否すると、日本軍は」「市内掃蕩を行い、60人を超える簡氏一族の婦女に暴行を加え、市民・農民を多数虐殺したという」(106〜107ページ)

〔その266〕西野瑠美子著『戦場の「慰安婦」』明石書店、2003年発行。
(その266・1)ビルマ・ラシオ。
「松下は1942年4月から1944年8月」「ラシオの警備隊本部付き電報班の暗号兵として主に師団司令部と交信し、受信した暗号電報を解読する仕事に携わった」「解読したものはすぐさま連隊副官に届けなければならなかった。副官の姿が見当たらない時には深夜でも探さねばならなかったが、時には、慰安所に彼を見つけて届けたこともあったという。副官が通っていたのは日本人『慰安婦』の慰安所で、そこには『マコト』『フタバ』『キミ子』がいた。熊本出身の『フタバ』は『慰安婦』の中では年配の35、6歳の女性で、女たちの世話をしていた」「『フタバ』は拉孟陥落後に遠征軍に捕らえられた時に米軍により撮影されている」「『慰安婦』の中には熊本の遊廓からきた女性もいて、彼女たちのほとんどは年配だった」「『キミ子』は、日本人『慰安婦』の慰安所にいたが、実は朝鮮人女性だったという」「松下は」「ビルマ方面軍司令部に転属になった連隊副官の池尻中尉をメイミョウの司令部までトラックで送った時、(朝鮮人『慰安婦』の)『ハルエ』と『キヌエ』をトラックに同乗させメイミョウまで送り届けた。松下は2人から『故郷に帰る』と聞かされたというが、果たしてこの時期に帰国することができただろうか」「慰安所の主人は時々、『慰安婦』たちにラシオの町の散策と映画館に行くことを許可した」「ラシオ市街には久留米から進出していたスイ香園があり、将校たちはしばしばそこに足を運んでいた」「スイ香園がビルマのペグー街に南方支店を開店したのは1941年で、日本軍の南方進出と軌を同じくする。ビルマでの支店開設は南方派遣軍からの命令だった」(46〜50ページ)
(その266・2)ビルマ・タウンジー。
「慰安所経営者の井上は、ラングーンに着いた時にタウンジーに行くよう命令され、12人の朝鮮人『慰安婦』を連れて菊部隊が通う慰安所の経営を始めたが、彼の慰安所にも将校がやってきたという。『普通、将校は日本人慰安婦、兵隊は朝鮮人慰安婦のところに行くようになっておりましたが、そのころビルマでは慰安婦は足らんかったし、朝鮮人の方がべっぴんさんが多かったですから、私の慰安所にも将校がたくさん来よりましたよ』」(53〜54ページ)
(その266・3)中国・拉孟。
「第56師団歩兵113連隊長松井秀治は、(拉孟での)慰安所設置の経緯について(自著の)『波乱回顧』の中でこう回想している。『若い兵の為に考えてやらねばならぬ事は慰安所である。上司よりも17年の末には話があり将兵よりも希望の申入があった。私は拉孟は最前線であり、敵に長射程砲があれば着弾距離内にあり、且つ陣地外には置く所がないので、最初は置かない方針で鎮安街までは許し、兵は鎮安街まで外出させたが、これも都合が悪く長く続かなかった。その中に拉孟に是非置くように要望され、致し方なく場所を選び、記念碑高地と裏山との中間を切り開き、各部隊に割当て作業人員を出させて2軒を建築させた。作業員の努力は非常なもので、僅かの日数で拉孟で最も立派な建物が完成した。17年の暮れも押し詰まった頃、半島人の慰安婦10名が軍の世話で到着した。18年の夏頃又内地人と半島人合わせて10名が派遣された。最初の半島人10名は18年に龍陵の慰安婦と交代したが、此等の慰安婦は19年6月後方との交通が遮断された為後方に脱出する事が出来ず、拉孟の将兵と共に玉砕した』」「南京やラシオのような後方地域の慰安所は街の中にあったが、前線に造られた拉孟の慰安所は目に入るものすべてが山だった。陣地の周りに張り巡らされた鉄条網は1万メートルにも達し、重要な陣地は二重、三重に囲まれていた」「拉孟にいた朝鮮人『慰安婦』の『ヨシ子』も慰安所で妊娠した一人だ。1943年、『ヨシ子』は慰安所で子どもを産んだ。誰の子かは分からない」「『ヨシ子』はその後、子どもを連れて龍陵に移ったという」(70〜79ページ)
「CBI(中国・ビルマ・インド)方面に駐屯していた米軍が出していた週刊新聞『ラウンドアップ』(1944年11月30日付)には、『ジャップ「コンフォート・ガールズ」』と題した、ウォルター・ランドル特派員の次のような記事がある」「『日本軍要塞を掃討した中国軍は、このほど10人の日本人と朝鮮人の女性を捕らえた。彼女たちは松山(拉孟)で山の形を完全に変えてしまうような三か月間にわたる激しい砲爆撃と絶望的な最終戦を敵軍隊とともに生き抜いた』」「『松山の5人の哀れな女性たちの身の上話を聞くことができた。そのうちの4人は朝鮮の農民の娘たちで、年は24歳から27歳だった』」「『1942年の早春、彼女たちの故郷の村、朝鮮の平壌に日本の役人たちがやってきて、宣伝ポスターと演説で“WAC(陸軍婦人部隊)”組織への募集キャンペーンを始めた。WACではシンガポールに行き非戦闘員として後方支援――日本軍の休養キャンプを回ったり、接待や病院の手伝いをすると彼らは説明した。4人全員が、お金がどうしても必要だったと言い、一人は農民の父親が膝を怪我していたのだが、彼女が登録した時に軍票で1500ドル(USドルで約12ドル)が支払われ、治療代を払うことができたと話した。これら18人の女性たちの一団は1942年6月に朝鮮を出港した』」「『シンガポールを経由する船に乗せられた最初のころ、彼女達は少し不安になった。それからラングーンから北に向かう汽車に乗せられた時、自分たちの運命に気がついたのだった』」「『中国軍が松山を攻撃した時、彼女たちは壕で暮していたが、24人のうち14人は爆撃で殺された』」(115〜117ページ)
(その266・4)中国・謄越。
「張兆楷連長(通信連)が日本軍全滅後に城内を回った時の様子が(中国側の資料に)生々しく伝えられている。『日本軍を殲滅し、我が軍が戦場を片付けていた時、西門城壁の土の穴に3人の女性を発見した』」「『詳しい様子を尋ねると、彼女たちは元々台湾の同胞であり、日本軍によって強制的に軍妓(慰安婦)にされた女性たちだということだった。「軍妓院」(慰安所)にいたのはこの3人だけではなかった。筆者(張)が謄衝(謄越)城内に入り、戦闘が終わった後に城内を回っていた時、人間が燻る臭気がたちこめ、あちらこちらに死体が転がっており、土洞に大きな穴があって、そこには20以上の死体があった。化粧をしていたのだろう。口紅を塗っており、流行の服を着て、胸が半分見えるような半裸の状態だった。全て軍妓の死体で、穴の中に散乱していた。彼女たちの体に銃痕はなく、ただ、左右のこめかみに銃で打ち込まれた穴が開いていた。左から撃たれた1発の銃弾が右に貫通し、命が絶たれたのである』」(151〜152ページ)
「謄越の城内にいた『慰安婦』に関する新聞記者の報告記事(は)」「1944年9月から10月にかけて『大公報』と『掃討報』に掲載(されたが)」「(その記事)『謄越に於ける戦地記者の報告』の概要は次のようなものだ」「『謄越城内に攻め入る前に、すでに中国軍は城内に「五十数名」の「営妓(慰安婦)」が日本兵とともに包囲されていることを知った』」「『9月14日(謄越守備隊が全滅した日)午前。中国軍が謄越城内の日本軍の最後の陣地を攻め落とした時、城壁と城壁の間に十数体の女性の死体を発見した。死体は軍服の上着を着ている者、軍服のズボンをはいている者、きれいな衣服を身に着けている者もいた。彼女たちは日本軍により目隠しをされて一緒に銃殺されたのである』」「『14日の朝、2人のマダムは12名の妓女を連れて東門あたりの破損口から逃げ出し』」「『奔走しているのを中国軍に発見された。その中の何人かの女性は軍服を着ていたため日本兵と間違われて射撃され、一人が死に一人が負傷した。彼女たちは白いハンカチを振って投降し、13名の女性が捕虜になった』」「『中国語が話せる一人の「マダム」にはインタビューをするとともに通訳も引き受けてもらった。彼女は記者にこう話した。彼女たちは全て朝鮮人女性で、1年前に送られてきた。しかし、強制されて来たのではない。日本軍は営妓制度を作り、人を派遣して朝鮮で貧困の娘たちを集めた。このマダムは衣食に困っている母親や両親を亡くして孤児になった娘たちにお金を渡して彼女たちを買ったうえ、中国に連れてきて日本軍に提供した。営妓の生活は大変快適なので、貧困生活をしていた娘たちはその仕事を喜んでやるようになった。彼女たちの中には顔が醜いという理由で夫に捨てられこの道に入った者もいる。この生活を続けてお金を貯めて、将来に備えたいと言っているという』」「『2人のマダムはともに朝鮮の平壌の人で、夫と一緒にこの仕事をしていた。(中国語を話せる)マダムの夫は12年間中国の東三省で飲食店を営んでおり』『1年前、この商売は飲食店より儲かると考え、夫婦と子どもの3人で13名の女性を買って謄越に来た。もう一人のマダム崔玉山は元々農作業で暮らしを立てていたが、この仕事はいい商売だと思い、夫と8名の女性たちを連れて中国に来た』」「『記者は(これからのことを)彼女たちに質問した。「これからどうするつもりですか」「分かりません。でも、この商売を引き続きやっていくつもりです」』」「『年齢は一番若い女性は18歳で、19歳の女性が2人おり、20歳から23歳までの女性が一番多い。28歳の女性は2人おり、1人は夫に先立たれ、もう一人は夫に捨てられたために自分から紅楼(妓院)に入り、人間らしくない生活を選んだ。他の営妓たちは平壌と京城の出身で、両親がいるのは2人、祖母しかいないのが1人、叔母しかいないのが2人、両親も兄弟もいないのは4人だった。家族が居る女性は毎月敵(日本)の郵便局を通して手数料なしで家族のために6、70元から100元を送金していた』」(157〜162ページ)

〔その267〕中山定義著『一海軍士官の回想』毎日新聞社、1981年発行。中山は、チリ公使館附武官時、交換船で帰国し、昭和18年11月から海軍省軍務局第二課で矢牧課長の下で働く。
(その267・1)東京。
「私が帰国後最初に会った陸軍将校は、当時泣く子もだまると怖れられていた東京憲兵隊長四方憲兵大佐であった。帰国後間もないある夜、私は矢牧課長と一緒に日本橋方面の料亭に案内された。そこには、本格的な宴席が設けてあって、裾をひく芸者もはべっていた」「他に憲兵中佐一人を加え、主客合わせて4名の小宴である。四方憲兵隊長のこった和服の着ながし姿も珍しかったが、手にする鉈豆煙管で刻み煙草を扱うしぐさが、時代劇でも見るようですこぶる珍しく、かつ異様な印象を受けた」(180ページ)

〔その268〕読売新聞社編『昭和史の天皇・3』読売新聞社、1968年発行。昭和19年、夏、松代に大本営を建設する計画がたてられ、工事に着手する。
(その268・1)昭和20年、長野・松代。
「松代では、実際のずい道掘削作業に当たる、運輸通信省の第一地下建設部隊(熱海)の下に編成された松代建設隊約100人の鉄道員と、その協力業者西松組作業隊の職員、親方130人に、西松組が岩手のダム工事で使っていた朝鮮人労務者約500人、および、その家族(約1割)が続々と松代へ集結して来た。もっとも、これだけの人数ではとても足りないから、朝鮮総督府が徴用した別の朝鮮人労務者約2000人が、海を渡って富山に上陸、そこから送り込まれてきた」(31〜32ページ)

〔その269〕石井正紀著『石油人たちの太平洋戦争』光人社、1991年発行。日本軍は、石油の確保を目指し、パレンバンを攻略した。民間石油会社の社員らも動員される。
(その269・1)スマトラ・パレンバン。
「日本軍のあるところに慰安所ありそのままに、平和の街パレンバンは、その方も、なかなか盛んなものがあった。将校・奏任官用、兵用とピンからキリまであり、憲兵というのは、そんなところへも出入りし、階級の差を厳しく監視していた。キリの慰安所では、隣との仕切りが荒っぽく縦割りにした竹だけという粗末な造りで、むつ言はむろん、物音すべてが筒抜けであり、あちこちの透き間は、のぞき見防止に衣類をかけて隠すというありさまであった」(163ページ)

〔その270〕読売新聞社編『昭和史の天皇・5』読売新聞社、1968年発行。同書の「流亡の民」の章に登場するのは、森繁久弥と杏子夫人。森繁は、敗戦時、満州の新京放送局に勤務していた。
(その270・1)昭和21年、錦州。
「(森繁久弥)終戦の夏から秋、冬、春、そしてふたたび夏が来た」「そんなころやっと引き揚げの話が決まり」「ぼくたちも(新京から)錦州へ行ったんです」「(錦州の引揚者収容所では世話役となる)もの好きな森繁さんと冷やかされ、意地になったわけじゃないが、“暖かく、親切に”を当収容所のモットーとして、いろいろやりました」「引揚者を運ぶ所管が、錦州までが東北軍、錦州から乗船地のコロ島までが蒋介石の軍隊、コロ島からLSTの運航はアメリカ軍とわかれていた」「どこかでつむじを曲げられると」「パーッと引き揚げの人たちがたまるんです。そうなると、ニッチもサッチも行かなくなる。そこで、ぼくが(収容所に)来てから渉外班というのができて、森繁さん、あんたひとつやってくれや、ということで、このやっかいな仕事を引き受けることになったんです。さしあたっては、錦州からコロ島までの鉄道を指揮する、蒋介石軍のごきげんをとり結ぶことです」「まず、(収容所の人たちで)演芸班を組織しました」「簡単な練習をして、馬車2、3台を仕立てて、ぼくが駅近くにあった中国軍部隊へ連れていって慰問演劇をやるんです。それだけですめばいいんですが、終ると、将校連中の酒席に呼ばれて酌をして行けという段取りになる。演芸班の中には女の子もいますからね、あの女がいいって兵隊がいい出すんですよ。これには困っちゃうんですよ。そのとき出て来てぼくたちを助けてくれたのが特志婦人でしたよ。引き揚げを円滑にやろうと思えば、どうしてもだれか人身御供に出さねばならぬ。これは何もここばかりじゃない、ずうっとここまで引き揚げてくる道中にも、同じようなことがしばしばあったわけです。一般の婦女子を守るために、自然にこういう特志婦人が出て来て助けてくれた。だから、辺境からやってくる引き揚げ団の団長は、かならず2、3人の特志婦人を手もとに確保していたものです。ぼくは汽車がはいってくると、団長のところへ行って、ひそかに特志婦人の有無を聞いて、もしあれば、いやかならず何人かいたけれど、その人たちを預かって帰りました。そして所長室の隣の10畳ぐらいの一番いい部屋にいれて、衣類から食事から全部、ぼくは自分でお世話しましたよ。あなた方は団から離れて団とはいっしょに帰れないが、しかしつぎの船には、きっとぼくが責任をもってお乗せしますから、とお願いしたものです。ぼくはただひとりの渉外班員、といってもなんのことはない、悲しいかな、興行係兼女郎屋の主人となり果てたわけですが、ぼくは仕方ないとしても、しかし、彼女たちをぼくは決してパンパンとは呼びませんよ。彼女らは立派な大和撫子だと、いまでも思っていますよ」「それらの人々は、かつてその道のくろうとであった人は少なく、大方は頼みとする夫や子どもを失った奥さんで、中には国境近くにいた日本軍将校の未亡人もおられた」「ぼくは慰問隊を連れて行くとき、馬車のうしろにかならずおめかししたこの人たちをしのばせて行きました」「ぼくの劇団が相手のごきげんをとったあと『あの女』と目をつけられたら、そこでさっとすりかえちまうんです。こうして、演劇隊の女の子たちを無傷で収容所へ連れて帰ったあと、ぼくは深夜再びとって返して、町かどにひとり馬車をとめて特志婦人の帰りを待つんです」「特志婦人は、同じ人にそう何度もお願いしたわけじゃないんですよ。少したつと、『もうあなたはお疲れになったでしょうから、これで結構です。どうぞつぎの船でお帰りください』とお帰ししたが、すると、その代わりが、また引き揚げ団といっしょにはいってくるわけで、まあ、いつも7、8人はおりました」「特志婦人たちのおかげで、ぼくの顔も中国軍の中に売れて来て、ひとつお願い、と頼みに行くと、翌朝にはだあーっと汽車を出してくれる」(403〜410ページ)

〔その271〕原為一著『帝国海軍の最後』河出書房新社、1975年発行。原は、海軍兵学校を卒業し、駆逐艦天津風、時雨などの艦長を歴任。
(その271・1)昭和18年?、南方・ラバウル。
「町には貧弱ながら小店もあり、コーヒーの一杯くらいは飲める。ことに10月初旬からポツポツ内地、琉球、朝鮮方面から慰安部隊も進出してきた。以来ラバウルは殺伐無味の戦地気分もだいぶ緩和され、下士官兵の喧嘩口論などもよほど少なくなって、なんとなく明るい落ちついた前進根拠地となった。戦争もやはり、男女協同作戦でないとうまくいかないものらしい」(125〜126ページ)

〔その272〕水島朝穂著『戦争とたたかうー憲法学者・久田栄正のルソン戦体験』岩波現代文庫、2013年発行。久田は、昭和17年、召集され、陸軍主計将校として、満州、フィリピンと転戦。同書は久田と水島の対談形式をとっている。
(その272・1)昭和19年?、満州。
「久田」「ある上官は『おい久田少尉、一緒にこい』といって、『ピー屋』(慰安所)に私を同行した。私はそういう所の存在自体を許せんと思っていたから、当然に中に入るのを断って、氷点下の寒さの中、ずっと外で待っていましたよ。しばらくしてその上官が出てきて、代金を払っておけというのです。私は即座に拒否した。私は経理で、部隊の財布をあずかっていますが、さすがに売春代金に公金を支出するわけにはいかないからね(笑)」(95ページ)
(その272・2)昭和20年?、フィリピン・ルソン。
「久田」「大隊本部の木内軍曹が大隊副官の和田等中尉に、『連隊長に御馳走するから肉10キロを経理室へ行ってもらってこい』といわれて私のところにやってきたのです。当時、私のところでは豚を5、6頭飼っていました。この豚を入手するのにはとても苦労した記憶がある」「『徴発』と称する掠奪だけは絶対にしないということを住民に示すためにも根気強く(豚の売り手の住民と)交渉した。それだけ苦労して集めた豚は、私の部隊全員の貴重な蛋白源です。各中隊に支給するつもりでいたのを、10キロだけよこせでしょ。量にしてみればそれほど多い量ではなかったけれども、そのために豚一頭を殺さなければならない。私は経理学校で習った『戦時給養規程』を思い出し、『戦地では連隊長も大隊長も兵隊と同じ兵食である』といって、この要求を即座に拒否した」(150ページ)

〔その273〕濱本浩著『火だるま大佐』日本週報社、1957年発行。濱本は、昭和17年11月、海軍報道班員に徴用され、任地ラバウルを拠点にニューギニアなどに従軍する。
(その273・1)南方・ラバウル。
「(ラバウルの)山の上の第八海軍病院で、36人の若い看護婦が、かいがいしく働いているという」「(病院の取材の一環として)下士官食堂を利用した看護婦座談会」「いろいろ、身辺の話題が出た後に、それまで沈黙を続けていた、日赤山形班の若い看護婦が突然、鼻にかかる東北訛で、『とても、気の毒なお話があるんです』と、発言した」「それは―ひと月ばかり前のある午前、見知らぬ女が病院の受付に現われ、『ぜひ、院長さんにお逢いしたいのですが』と、恐る恐るいった。この基地に生活している日本の女で、病院勤務の看護婦と筆生以外は、パンパンと呼ばれる慰安婦にきまっていた。その頃、ラバウルには海軍用3か所と、陸軍用1か所の慰安所があって、みんなで30人ほどの慰安婦が勤めていた」「院長室に通してみると、その女は突然、『私は、騙されました。お願いします、お願いします』と、声をあげて泣き出した」「その女は、静岡の田舎の者で27歳になっていた。ある時、女の村へ、海軍の徴募兵と自称する軍服の男がやって来て、村役場に本部を置き、前線行の篤志看護婦を募集した。愛国の血に燃えていた田舎娘は、軍需工場へ徴用されるより、白衣の天使として軍病院で立ち働くほうが、はるかに理想的であったにちがいない。そこで勇躍して応募し、横須賀から、同志の娘達と輸送船に乗り込んでラバウルに到着してみると、看護婦というのは真っ赤な嘘で、その晩から客をとれと強いられた。泣く泣く奉仕はしたものの、娼婦を志願して来たものではないから『ぜひとも初志どおり、看護婦に採用して下さいませ、お願い致します』と、掌を合わせ、院長に嘆願した。院長は、その女の告白をきいて同情した。同情はしても、資格のないものを看護婦に採用するわけにはいかない。院長は、その理由を説明して、『まア、何をして働くのも、お国のためだから、辛抱しなさい』と、なだめた。が、その女は、あきらめかねるようすで、『それでは、雑役婦でも炊事係でも、何でもよろしいですから、病院へ使って下さい、お願いします』と、縋りついた。が、病院と慰安所は、所管がちがうので、おいそれと配置替えするわけにもいかぬ。いずれ機会を見て、司令部へ話をつけ、何とかしてあげるからと、慰めて、その日は引き取らすことにした。その女の勤めているところは、病院から12、3町もくだった、叔母山の中腹にある士官専用の慰安所であった。そこには20歳から40歳までの就業婦が、8人ばかり働いていた。その中には、この人達もやっぱり騙されて来た、母と娘の一組があった。その翌日、静岡の女はまた、てくてくと山を登って来て、洗濯物があれば洗わしてくださいと頼みこむ、ちょうど、ガダルカナルからの患者を大勢収容し、よごれものを山と積んであったところなので、病院でも喜んで手伝わし、幾らかの賃金を出したが、女は、そんなつもりで来たのではないからといって、どうしても受けとらず、翌日もまた勤めのひまを見て、てくてくと登って来た。それ以来毎日、昼間の暇な時間にのぼって来ては、患者のよごれ物を洗濯したり、庭の掃除をしたりしているのだった」(82〜92ページ)

〔その274〕森光子著『人生はロングラン』日本経済新聞出版社、2009年発行。森は、昭和18年7月、海軍の慰問団の一員として、シンガポールなどに赴く。
(その274・1)昭和18年、シンガポール。
「(浅間丸で)シンガポールに着いても、予定表も何もありません。そのうち現地の海軍さんを毎日慰問しては船に帰る日々がはじまりました」「そろそろ出発かなと思うころ、船の乗員からコレラ患者が出てしまいました」「浅間丸を空っぽにして消毒し、乗員は沖のセントジョン島に隔離されます。軍人だけでなく、軍属やその家族、医師に看護婦さん、慰安婦の方たちもいました。二段ベッドが並ぶ戸のない小屋はもとは囚人を入れていたそうで、女性の小屋は二つ。私の小屋には女医さんやタイピストがいて総勢百二、三十人」「印象深いのは、(約1か月隔離された)こんな生活の中でも恋は生まれるということです。もう片方の女性の小屋には芸者さんや慰安婦さんが収容されていました。ある日、(小屋を取り囲む)その鉄条網を越えて忍んでいった男の人がいたんですよ、人間とはそうしたものなのですね」(87〜89ページ)
(その274・2)昭和19年1月、ペナン。
「私たち(慰問団)はジャワからマレー半島へ渡り、昭和19年の元旦を日本人が昭南特別市と呼ぶシンガポールで迎えました」「5日には海軍の司令部があったペナン島へ向かいます」「ペナンではお雑煮をいただきました」「新年慰労演芸会のあと、司令官と一緒にフランス料理のフルコースをご馳走になりました。テーブルクロスが真っ白、ナプキンも真っ白。青い空に赤茶けた土、灰色の兵隊さんばかり見てきたものですから、その純白がまぶしくてしかたありません。映画のなかでしか見たことのないような豪勢な洋食でした」(103ページ)

〔その275〕島田俊彦著『関東軍』講談社学術文庫、2005年発行(原本、中央公論社、1965年発行)。
(その275・1)昭和16年、満州。
「昭和16年以後、満州方面での対ソ武力準備を、陸軍は『関東軍特別演習』、略称「関特演」という隠語で呼んだ」「(16年8月時点で)すでに北満には約70万の兵力」「が集中輸送されていた」「(関東軍の)原善四郎参謀が兵隊の欲求度、持ち金、女性の能力等を綿密に計算して、飛行機で朝鮮に出かけ、約1万(予定は2万)の朝鮮女性をかき集めて北満の広野に送り、施設を特設して“営業”させた、という一幕もあった」(195、221〜222ページ)

〔その276〕山口猛著『上海シネマと銀座カライライス物語』集英社、2000年発行。柳田嘉兵衛は、昭和10年1月、徴兵され、12年6月まで満州で勤務し、翌13年10月から14年にかけて中支に派遣される。その後、中国に渡り敗戦まで、上海、南京で映画関係の仕事をする。
(その276・1)昭和13年?、中国・武漢。
「武漢は占領直後で落ち着きを取り戻していたのでしょう。食糧に困ることはなかったし、月給も他の兵隊同様何回かもらいました。兵隊たちは、そうして手に入れたお金をどうするのかといえば、戦地では他に使い道がありませんから、食べ物か女に消えてしまいます。兵隊は中国人の娼婦、将校は日本人娼婦と差別はされていましたが、売春窟はどこにでもありましたし、どんな作戦のときでも従軍慰安婦がいて、部隊に付いて回っています。そういう商売だと、女は寝ているだけで、瓶いっぱいの金が貯まるとまでいわれました」(95〜96ページ)
(その276・2)昭和20年、南京。 「(日本人を帰国まで収容した南京集中営での)長い収容所生活はいつ帰れるのか分からないという不安も拍車をかけたのでしょう。しだいに風紀は乱れ、貧富の差が出てきたことから、泥棒も出たりと、いろいろなトラブルも起きてきました。問題は慰安所の女性たちです。軍が面倒見なくなったから、彼女たちには収入がない。にもかかわらず、収容所では金が必要であるとなれば、暗闇を利用して商売するようになります。収容所は城壁に囲まれていますから、そうした場所もある。もちろん、ただではありませんから、金が動きますが、なかには夫婦をも巻き込んだ問題も出てくるし、風紀もよけい乱れてきました」(181〜182ページ)

〔その277〕津村敏行著『ああ応召兵』講談社、1978年発行。故吉田慎一の6年間の陣中日記を著者がまとめたもの。吉田は、昭和16年10月、陸軍に召集され、ジャワ、ラバウル、フィリピン、南支、ビルマ、仏印などを敗戦まで転戦する。
(その277・1)昭和18年、マニラ。
「4日の夕刻、いよいよ(マニラを)出港である」「対潜、対空の警戒陣は例のとおり敷かれたが、赤イワシ(吉田らの乗った船の渾名)は9ノットの速力で波と闘いながらの航進である。『大変だよ、大変だ。女が乗ってるぞ。この船に』。一人の兵隊が大声をあげて飛びこんできた。早速、偵察員が調べに行った。その報告によると――女は2人、若い慰安婦で日本人と朝鮮人、ほかに男が一人ついていて、“転勤”の途中だという。この話で兵隊たちの話題は持ちきりになった」「着いた先は台湾の高雄港だった。入港と同時に検疫場に入れられ、厳重きわまる検査だ」「次は被服消毒、一斉入浴」「風呂から上がると大変だ。兵たちはみんな丸出しのまんまで消毒が終るまで30分間立ちん坊である。将校と2人の女には浴衣が渡されて着ているが、彼女らは隣の部屋から我々を見てニヤニヤ笑っている」(123〜124ページ)
(その277・2)昭和18年、高雄。
「久しぶりの高雄だが」「兵たちは内地紙幣で俸給をもらい、(17日間の滞在中)外出を3回ゆるされた。慰安所もあるので、みんな外出のたびにサックを渡された」(124ページ)
(その277・3)昭和18年、広東。
「広東市の中央には下士官兵食堂が大々的に営業され、兵たちの外出はまずここが目的だった。映画館もあるし遊んで歩くところも沢山あるが、あまり住民たちは愛想がよくなかった。慰安所も大々的に開かれていて、朝鮮の女性が大部分であった。沙河にも部隊から300メートルほどはなれた所に慰安所があったが、ほとんど将校と下士官の独占となっていた」(127ページ)
(その277・4)昭和18年?、中国・ワンチン?。
「激戦をつづけていた救援作戦も、友軍の奮闘と犠牲とにより、どうやら龍陵部隊も救出を終るらしい。夜中に帰ってきた牛車から女の声がする。みんなびっくりして飛び出してみたら、髪を短く切った6、7人の女たちがぐったりしている。菊部隊と共に怒江戦線に慰安婦として勤めていたのを、やっと救出してきたのだ。『ご苦労さんでした、みなさん』。ひげ面の我々は心から慰めの言葉をかけた」「女たちの目頭には熱い涙が光っている。誰ともなく夕食に用意した牛肉の煮たのを差し出すと、彼女達はうれしそうに食べていた。1時間ぐらい経って、『ありがとう』『さようなら』『元気で生きてて下さい』などといいながら、彼女たちは装甲車に乗せられて去っていった」(160〜161ページ)

〔その278〕上斗米正雄著『1932日間の軍隊』東京図書出版会、2005年発行。著者は、昭和15年、現役兵として関東軍に入隊。その後、支那派遣軍に転属し、敗戦まで中国各地を転戦する。
(その278・1)昭和17年4月、満州・綏遠。
「我々は2年兵になり余裕が出てきた」「日曜日には外出もした」「兵隊達は主として、軍属の経営する食堂で酒を飲むか、一つだけある映画館で日本映画を観るか、またはピー遊びをすることであった。ピー家とは、軍隊用語であるが、慰安所(遊廓)のことである。ピーとは朝鮮語で『いかがわしい』言葉らしい」「民間人(朝鮮人も日本人もいた)が、ピー家を商売として経営しているのである。問題は、慰安婦が強制的に連行されて来ているかどうかであるが、的確なところは不明である」「ピー(慰安婦)は殆ど朝鮮人であった。身元は絶対に喋らない。彼女達はある程度、自由のようであった。経営者が行動を監視している訳でもなさそうであった。ピー家には、普通7〜8人位のピーがいた。平屋に4畳半位の粗末な部屋が並んでいる。部屋にはせんべい布団が敷いてあるだけである。廊下は土間で兵隊が往来できるようになっている」「上等兵になったある日」「歯科医院を出たのが、午前11時頃であった。街は平日なので、閑散としていた」「いいチャンスだと思った。ピー家付近は人もまばらで、兵隊も見えなかった。私は吸い込まれるようにピー家に入り、誰もいない廊下の中ごろの部屋をノックした。『ハーイ』。ピーがドアを開けてうさんくさそうに私を見た。『ハイッテ』と私をうながした。部屋は冷えきっていた。『アカルノ』。ピーは私に聞いた。『いいの』。私が云うと『1円50銭ヨ』と手を出した」「私は努めて慣れているように見せ『貴方歳幾つ』。ピーは無表情に『18サイ』」「『兵隊サン、ハシメテ』『うんそうだ。あんたが初めてだ』」「私は無我夢中だった」(90〜92ページ)
(その278・2)昭和19年5月、中国・金牛鎮。
「毎日寝る事と、食べることで過していた。ある日、中隊長が『今日は、これを持って突撃して来い』と言って、中隊全員に小さな紙袋を渡した。袋には『突撃一番』と書いてあった。中にコンドームが入っていた。中隊長は更に『無理にとは言わん。行きたい者は行ってこい』と笑った」「この件(公認の許可)は、私の軍隊経験の中で、この一度だけであった」「慰安所は酷い所にあった。壊れた家屋の中に、アンペラ(竹で編んだ筵)で幾つかの部屋に仕切ってあるだけである。隙間だらけの粗末なものであった」「(慰安婦は)『綺麗な娘だ』。私は扉を閉めて中に入った。3畳くらい、土間からちょっと高く、アンペラの床に、薄い布団が敷いてある。彼女はシュミーズを脱いで、布団へ仰向けになった。16〜17歳位だろうか、二重瞼の澄んだ目、中国人だ」「私は札を余計に彼女の手に渡した」「5分も掛からなかったであろう」(123〜125ページ)

〔その279〕木下博民著『戦場彷徨ー鯨部隊一兵士の大陸青春記』ヒューマンドキュメント社、1987年発行。著者は、昭和17年12月、現役兵として召集され、敗戦まで中国大陸各地を転戦する。
(その279・1)昭和18年、中国・湖泗橋。
「初年兵教育が終ると、私たちは、6月1日付で、全員、星二つの一等兵になった」「一等兵たちにとっては、腹のへる自分のこと以外はなにも考えない毎日であった。下士官や古参兵たちは、(湖泗橋)警備隊内に一人だけ囲っている(ひょっとしたら一時出張営業していたのかもしれない)朝鮮人(?)の慰安婦のもとへ、もはや堂々と通っていた。彼らには、彼女の部屋への勤務表ができているようであった。もっとも、いつ頃から、慰安婦が炊事係古参の隣りの部屋を職場にしていたのか、私たちは知るよしもなく、恩恵にあずかることも、もちろんなかった」(88〜89ページ)
(その279・2)昭和20年2月?、中国・武昌。
「私は、武昌で片付けなければならない用事があった。満州を去るとき、関東軍派遣の普通科専修生から、手紙を託かって来ていた。叔父さんが武昌の憲兵隊長をしているので、もし会って頂ければ、何とか便利なこともあるでしょうから、と言ってくれた」「さっそく、兵站に装具を残して出かけた」「隊長は在隊していた」「出てきた隊長は、温厚そうな人であった」「(隊長と話しているうち)突然、憲兵軍曹が入ってきた。私を見て、ちょっとためらったが、手帳を示しながら言った。『只今、全員異状なく到着しました』『何人だ』『53人です』『たくさん集まったな。いい娘がいるか』『はい。案外元気です』『木下さん、あなたの(南京・下関から)乗ってきた船と同じじゃなかったのかな』と、隊長は私に尋ねた。『は……』『朝鮮人の女子挺身隊がいませんでしたか』『……いえ、知りませんでした』『最近は、なかなかいい娘が集まらなくてね。――ご苦労だった』と軍曹を下がらせてから、『そうそう、これから前線には、十分な慰安所もない。あなたも、ここで思い切り遊んでいらっしゃい。武昌では、まだまだ今日のように集めることができますからね。彼女ら、どうしても前線へは行きたがりません』」(216〜218ページ)

〔その280〕守屋正著『比島捕虜病院の記録』金剛出版、1973年発行。著者は、陸軍軍医として、昭和13年から17年、中国戦線、19年から敗戦までフィリピン戦線に従軍。敗戦後、フィリピンの米軍病院で日本人捕虜の診療に従事する。
(その280・1)。
「(フィリピンでのこと)終戦後山を下りて収容所に入れられるまでの労苦をFというナースが知らせてくれた」「婦人キャンプに入れられたが、このFは日本赤十字の朝鮮班(Fは朝鮮に居住して、日赤に在勤していた日本人だが、朝鮮人の看護婦がこの班には3名生き残っていた)」「だったので、先にPWになっていた朝鮮人の慰安婦が大へん親切にしてくれたそうである」「私はFから朝鮮人の慰安婦のことをきいて、まことに暗然とした。慰安婦は即ち売春婦で、兵隊はこの女たちをピーと呼んでいた。朝鮮人だから朝鮮ピーといって、最下等の人間扱いをしていた。これらの女性群は朝鮮特有の色白の美人が多く、大抵20歳前後の娘たちであった。太平洋戦争中こうした最低の生活を強いられた朝鮮女性の数はおそらく数十万いたであろう。その多くは人買いにだまされて、遠く戦地へ、敵弾の来る最前線まで送られ、兵たちの玩具にされ、青春のすべてを蹂躙されたのである。私は中国で河北省の厳城鎮という毎夜敵襲のあった山の中に彼女たちが数名連れてこられていたのを実見している。私は比島ではこうしたいわゆる朝鮮ピーの存在は全然知らなかった。マニラに1か月以上いても一回も遊里に足を向けなかったからである。中国では検黴担当の軍医として、こうした女性には多数接した。ある女は『料理店の女給になるのだといって何も知らずに連れて来られた』といっていた。ある時二人の朝鮮の慰安婦が自分の家柄のことを言い争っていた。一人は金で、も一人は李姓だった。金より李の方がよいとさかんにいっているのである。私はこの会話をきいて、かわいそうなことだと思った。またある時朝鮮人の通訳と朝鮮少女とが口論していた。『俺は天皇陛下のご命令で通訳をしているのだぞ』と通訳が言ったところ、彼女は、『私だって天皇陛下のご命令でピーをしているのよ』と喰ってかかった。私たちは腹をかかえて笑ったが、これは今となってはまことに可哀そうなことと思っている。『女工哀史』は書かれても、誰も『朝鮮少女哀史』は書こうとしない。兵士に踏みにじられて路傍に打ち棄てられた彼女たちに涙を流すものはないのかと憤激に堪えない。戦争の悲惨はこうしたところまで深く掘り下げる必要がある。口を覆うべきではない」(285〜287ページ)
「比島戦犯として処刑されたある将軍を回想したい。それは洪中将のことである。洪中将はマニラの日本軍の捕虜収容所の責任を問われて処刑された。洪中将はその名の示すように朝鮮出身の将軍である」「この人は少将だった時、第110師団の旅団長として私が駐屯していた中国河北省順徳に着任した。はじめは日本軍の将兵たちは『こんどの俺たちの旅団長は朝鮮人だ。さぞ朝鮮ピーがいばりだすことだろう』とカゲグチを叩いていた。しかし洪旅団長が着任するや、異口同音に『こんな立派な将軍は見たことがない』という畏敬の言葉に変った。その人格、識見のすぐれていること、いばらぬこと、温和なことに一同敬服した」「朝鮮人を蔑視する日本人は誤っていると、私は洪旅団長から深く教えられた」(362〜363ページ)

〔その281〕前六郎著『水兵と稚鰤』日本法令様式販売所品川分室(出版部)、1970年発行。著者は、昭和11年、海兵団に入団し、敗戦まで主計下士官として勤務する。
(その281・1)昭和14年1月、台湾・澎湖島。
「要港部のある澎湖本島に上陸する。主道路が1本海岸沿いに走っている。港の周辺にはわずかばかりの商店が並び、左の外れに下士官兵集会所、その先に馬公海軍防備隊があった。一方、右方向の澎湖神社への道筋には、数軒の飲食店、また軍隊にはつきものの(何処の楼でも洗浄器が備え付けてある海軍御用……)遊廓が十数軒並んでいる。その道路の奥に中国人の民家が点々とあった」(112〜113ページ)
(その281・2)中国。
「(駆逐艦勤務中では)保健と無聊解消のために」「(上海など中国各地の)占領地である安全な地域に、半舷上陸がときどき許された」「陸軍部隊が多く駐屯の占領街には、必ずといっていいくらい慰安所があった。内地人の他には沖縄、朝鮮、台湾の女性もいた。この共同X所の凄まじさには辟易……。ついに慰安所の慰安婦には相まみえたことはなかった」(129ページ)

〔その282〕朝日新聞山形支局著『聞き書き ある憲兵の記録』朝日文庫、1991年発行。土屋は、昭和6年、関東軍独立守備隊に入隊し、9年から敗戦まで関東軍の憲兵として勤務する。
(その282・1)満州・チチハル。
「チチハル市には、軍専属の慰安所が3か所あった。2か所は朝鮮人女性で、残りが日本人女性だった」「彼女たちは、1日に2、30人もの兵を、多い時は50人近くを相手にしていた。夜になると将校の番だった。あまりの激務に、病気になる女性も少なくなかったが、性病以外では、ほとんど休みを与えられないのが実態だった」「彼女たちは、病気で廃人同様になるまで働かされていた。自殺者もあった。当時、日本国内の遊廓に身を沈めた女性たちと同じように、満州での彼女たちも、貧しさゆえに売られた農村出身者が多かった。国内で売られ、さらに満州に転売された女性もいた。朝鮮出身の彼女たちも、女衒の手で売られてきていた。軍専用の慰安所のほかにチチハル市には遊廓街があった。永安里といった。接客婦は、中国人だけで5、600人もいた」「この中に、朝鮮人の接客婦40人ぐらい、日本人は20人が混じって働かされていた」(143〜144ページ)

〔その283〕朱徳蘭著『台湾総督府と慰安婦』明石書店、2005年発行。
(その283・1)昭和13年11月、台湾・へい東。
「台湾の『慰安所』には、性質の異なる2種類の施設があったことである。一つは公共娯楽施設であり、もう一つは日本軍の『強姦センター』である。大衆の娯楽施設としての慰安所の例としてヘイ東市の軍人『慰安所』があげられる」「(『台湾日日新聞』昭和13年11月20日付「軍人慰安所 11月末に完成し 一般にも公開の予定」の見出し記事)へい東市が予て将兵慰安を目的に武徳殿隣地に建設中の軍人慰安所は工事順調に運んで今月末までに完成するので市では12月上旬を期し落成式を盛大に挙行する計画である。本建物は北村組の設計請負になるもので総工費2万4千円、建築面積80坪、延建坪180坪、和洋折衷の明朗最新式の二階建であって階下は大食堂に浴場を附属し階上は畳敷の大広間と玉突き囲碁将棋等の娯楽室を設備して土曜日曜祭日は軍人専用に提供し其の他は倶楽部組織で一般にも公開することになっている。尚、新館は旧来の融楽荘を改めて図南荘と名称すべく之等も近く決定の筈である」(96〜97ページ)

〔その284〕山下弘文著『諫早に死す』南方新社、2001年発行。山下は、昭和9年2月生まれ、小学生のとき、父の仕事の関係で中国に渡る。
(その284・1)昭和13年11月、中国・バンプ。
「戦争の負けがこみ出した小学4年生のとき、また転勤となり、(南京から)さらに奥地のバンプという所に住むこととなった。ここでも相変わらず成績は全くふるわなかったが、少し心休まることがあった。それは同級生の半分近くが、いわゆる『ピーヤン』と呼ばれていた朝鮮人慰安婦の子どもたちだったからだ。当時はもちろん、彼女たちが何を商売にしているか全く分からなかったが、ピーヤンを母に持つ友人の家でよくお菓子を分けてもらって食べたものだ。本当に心やさしい人々だった。敗戦までをバンプで過した」(29〜30ページ)

〔その285〕勝見明著『戦場に残された日記』プレジデント社、1995年発行。ワシントンのアメリカ公文書館にあった日本兵の日記を紹介する。
(その285・1)昭和17年6月、南方・トラック島。
「海軍設営隊の軍属の日記」「(昭和17年)6月26日木曜 今日は暫らく目に5時間の上陸が出(き)た。我等が船に乗てから始めての永い乗陸であった」「バーアにて暫らくのビールを飲んだ。其れから島民の家にて遊んで来た。友はパンパンヤに行った。僕は其んな遊びはしない。実にパンパンヤの女を見ると、いやになってしまう。あまりだらしないので。僕は町子(妻)を信じて居るから僕も他の女にはせっしない。町子にすまないから」(59ページ)
(その285・2)昭和17年4月、蘭印・スラバヤ。
「WRITING BOOKの兵士」「4月17日 土人や白人の子供達の性理的によく発達しているのに驚く。私たちが14、5位迄知らなかった事を10才に満たぬ子供がもうしっているんだから」「兵団が造った慰安所が出来てもう使用されているが、女は殆ど土民で汚いそうである。そんな事でも皆子供まで知っているのである」(210ページ)

〔その286〕柳澤勝著『オレはまんねん上等兵』エイジ出版、1981年発行。著者は、昭和7年から18年、陸軍に応召。中国各地を転戦する。
(その286・1)中国・平望鎮。
「平望鎮という町に入っていった時のことである。次の作戦上、日本兵1個旅団ほどがしばらく駐屯して待機することになり、“慰安婦”というものが南尋方面から送られてきた」「1、入場者は必ず受付において料金を支払い之と引替に入場券及びサック1個を受取ること。1、入場券の料金左の如し。下士官、兵、軍属 金弐円。1、入場券を買求めたる者は指定せられたる番号の室に入ること。但し時間は30分とす。等々、利用注意書が麗々しく貼り出された。この女たちが商売する場所が仮設されると早速慰安部隊が乗り込んできた。白粉を真白に塗り化物のような女。プカプカ煙草をふかして足を組んで男を待つ間、ウイスキーをラッパ飲みしている女。みんな自暴自棄、ヤケクソでどうにでもしてくれという顔をしていた。営内勤務時代は古兵になれば、15日に一度は慰安婦と寝られる。だが、ここは戦線だ。軍袴を下ろして順番を待つ。1人の女が30人からさばいてしまう。私など情けなくて耐えられない。しかも女たちのいる場所たるや破壊された民家ならまだしも、前線では簡単な板囲いに中はアンペラ敷き、まるで簡易便所だ。兵隊に“入場券”なるものが渡った。入場券に「○時○分」・「○号室」と明示されている。兵隊たちは大喜びで、たちまちこの入場券にプレミアムが付いてしまった。プレミアムの第一が煙草、つぎに酒、そして慰問袋に入ってくる女の写真である。女に飢えた兵隊たちは、この入場券を宝物のように大切にふところに収めた」(155〜156ページ)

〔その287〕朝香進一著『初年兵日記』鵬和出版、1982年発行。著者は、昭和14年から16年、陸軍に応召。中国各地を転戦する。
(その287・1)昭和14年8月、中国・岳口鎮。
「8月30日」「宿舎の前に金星館という看板をかかげた大きな家がある。支那服を着た女たちが出はいりしている。夜になると兵隊たちが門前市をなし、わいわいさわいでいる。私は帰還兵にそのことで尋ねてみた。『初年兵のお前たちは立ち入っちゃいけないぞ』と、前置きしながら彼等は話をしてくれた。そこは慰安所、俗にピー屋と言い、内地のいわゆる女郎屋に相当するものであった。部隊が警備地に着くと、あとを追って1週間か10日後には開設するという。現在金星館には20人くらい居り、全部が朝鮮婦人である。タイムは20分で下士官は1円20銭、兵は1円の由である。又、別棟には将校向けに日本婦人が接待するのだと言う。去る8月23日、長江埠へ上陸したとき、和服や支那服を着た婦人たちが出迎え、お茶の接待を受けたことがあったが、彼女たちは慰安婦であったことを、今にして私はうなづくのであった」(142ページ)

〔その288〕金元栄著『朝鮮人軍夫の沖縄日記』三一書房、1992年発行。朝鮮人の著者は、昭和19年7月、「軍夫徴発令状」により、他の朝鮮人とともに朝鮮から出発し、奄美大島、沖縄本島で軍夫として主に輸送業務を行う。この間の日記をもとに、本書を書く。
(その288・1)昭和20年1月、沖縄・川田。
「1月8日」「我々軍夫には、毎月115円の俸給が支払われている。家族に100円、現地で15円、計115円だ」「1月15日」「午前の作業を終え、昼食をすますと、また木材運搬をする」「我々は、長さ6尺の大きな支柱用木材を1本ずつかついで、山の頂までやって来た。この時、山のふもとから、色とりどりの原色の服装をした10人あまりの女達が、こちらに向かって、登ってくるのが見えた」「彼女達との距離がだんだんせばまり、よく見ると、男も2人いる。大股で歩く、太った40代の男と、荷物を背負って、黒い手さげかばんを持った、20代のやせた青年だ。女達は各自が、色とりどりのふろしきを持っている」「彼女達は、あきらかに朝鮮語を話している。何を話していたのか、きゃっきゃっと笑う声も聞こえる。『あんた方は、どこから来たの?』。私の質問に、女達は泰然と答える。『釜山から来たのよ』『何しに、こんな所まで来たんだい?』『知ってるくせに。なによ!』。もうすれきった女達だ。話に聞く慰安婦だということが、一見してわかる」「1月16日」「作業班長に任命される。任務は、書きたくないが、あえて書けば、『慰安婦の幕舎づくり』だ。恥ずかしい、けがらわしい任務だ」「1月17日」「(作業中)慰安婦達がそばに寄って来て、笑いさざめく。満州だ、北支だと言いながら、部隊の後をついて歩いたという彼女達は、年季の入った慰安婦の古参らしい。女として満身創痍の彼女達が、こうして努めて陽気にふるまっているのも、あるいは人生の知恵なのかもしれない。しかし、その中でただひとり、一言もしゃべらない女がいる。物陰にすわり、ただ遠い山ばかり眺めては、もの思いにふけっている様子があわれだ。彼女の身の上に好奇心をおぼえた」「『娘さんは、どうしてここに来たの?』。私の問いに、彼女は答えず、ただ首をうなだれたまま、顔を赤らめるだけだ。抱え主がつけてくれた名は、貞子だという」「1月18日」「ためらっていた貞子が、やっと口を開いて、次のような話を聞かせてくれた。貞子は、ソウル近郊の農家のひとり娘として生まれた」「高等女学校5年に進級した頃(父親が財産をなくした上に病死)」「貞子は学校をやめ、京城のある百貨店に就職し」「母親は」「裁縫台で、賃仕事」「(ところが)貞子は、多くの同僚達とともに、勤めていた百貨店を解雇された。解雇されて、する事もなく遊んでいる娘、ということになれば、明日にでも、挺身隊志願の勧告を受けるだろう。こういう切迫した時期に、母親は愛国班長から、耳よりな話を持ちかけられた。内地にある民営企業で、女工を募集しているのだが、千円の前金をもらえ、2年間の契約で、寝食を提供された上に、50円の月給ももらえる、という条件だった。母親は、『娘を挺身隊からのがれさせたい』一心で、この話にとびつき、貞子は貞子で、千円の金があれば、母親が楽に暮せるだろうと考えて、募集に応じる決心をした」「愛国班長の立会いの下で、母子の印を押して、千円の現金を、其の場でもらった。3日後に、貞子は見知らぬ男に伴われて、釜山までやって来た。そこで、10人の女達と合流した時、彼女はすでに、人肉市場の捕らわれの身となってしまっていたのだ」「1月27日」「日曜日だ。毎週日曜日は休日だが、行く所のない隊員達は、川のほとりで洗濯をするだけ、そのほかは、内務班で寝ころがっているだけだ。ところが、今日は、慰安所の遊興が許可される。疥癬が根絶されていないので、外出者は性器検査を受け、外出証とゴムサックを受け取る。私は、それを、風船にして飛ばしてしまう。慰安所には、熱狂の行列が、延々とつづく」「今日は(朝鮮人軍夫)700人の休日だ。そのうち300人が、慰安所に出かけたとしても、11人の女が全部、受け入れなければならないのだから、この稼業もたいへんだ。貞子が顔を赤らめながら、片隅に駆けて行く。洗滌場も、11人がひしめくには、狭いようだ」(78〜85ページ)

〔その289〕影山正治著『老兵始末記』大東塾出版部、1984年発行。著者は、昭和19年11月、陸軍二等兵として召集され、敗戦まで中国で軍務につく。
(その289・1)昭和20年7月、中国・唐山。
「7月1日、はじめて初年兵の外出が許された。それは、自由な『単独外出』でなく、制約の多い『引率外出』であったが、それでも入隊以来8か月ぶりの外出であったから、初年兵一同の喜びかたは予想外で、遠足の時の小学生のようにうきうきとはしゃいで居た」「行く先は、そのへん一帯の中心地唐山であった」「(唐山に着き)『何時何分駅前集合』と云うことで、はじめて自由行動が許された」「古年次兵の場合だと、まづ部隊から持ち出して来た煙草や石鹸やを中国人に売って資金を作り、その金を握って慰安所に駆けつけ、その方の処理をすました上で、やおら一杯飲み、残った金で水筒に土産の白酒(パイチュウ)をつめて帰途につくと云う段取りらしいが、『可愛い新兵さん』の場合には、もとよりそんな真似の出来ようはずもない。最大の魅力は、ただ食べることである」「7月29日、二度目の外出が許された。この時も前回と同じく引率外出の唐山行きであったが、ただ前と違っていたのは、帰りの古冶駅のすぐ近くにある部隊御用の飲み屋『清楽』に立寄ったことであった。ここには兵站食堂のしろうと娘たちとは種類のちがった、厚化粧をしたあやしげな女たちが何人も居り、物の値段もかなり高かった」「主として将校諸君の営外会食や遊びに利用されることが多く、兵隊たちは、せいぜい唐山外出の行き帰りにちょっとのぞく程度であるらしかった。『清楽』の名は、部隊長命名の由であった」(183〜187ページ)

〔その290〕市岡揚一郎著『短現の研究』新潮社、1987年発行。
(その290・1)昭和20年、マレー・ペナン。
「終戦時、(短現)9期の近藤道生は海軍第八潜水戦隊司令部の副官としてマレー半島西側のペナン島で玉音放送を聞いた」「やがて隊は武装を解除することになり、40キロ離れた地点にいた連合軍に武器を献納しに行くことになった。近藤はただ一人、責任士官として残った民間人の護衛にあたることになった」「(その日本人居住地には)女性もいた。その中には海軍の俗語でピーと呼ばれる慰安婦もいた。近藤は女性を集めて、何事があっても整然と行動し、スキを見せぬよう命じた。早朝、仮眠しかけたところへ英軍がやってきた。一隊をひきいていたのはイシャックという名のインド人少佐だった。『女はいるか?』と訊ねる。かくすとかえってこじれると思い『いる』と答え、女性たちのところへ連れていった。ところが、女性達は整列して毅然としており、とくに慰安婦達の態度がしっかりとしている。英軍の一隊もそれをみて敬礼し、何事もなく離れていった」(205〜208ページ)

〔その291〕読売新聞大阪社会部著『中国侵略ー新聞記者が語りつぐ戦争6』角川文庫、1985年発行。「東洋鬼」の章は、昭和57年、ある戦友会の中国旅行に同行した記者が、戦友会の一員で、昭和14年から4年間、中国各地を転戦した兵士の話を報告している。
(その291・1)中国・はい県。
「『突撃して勝ったとき何をするかと言えば、どろぼうするか女をやるしかねえんじゃもん、われわれ20や21の者(もん)には。突撃する、女をやれる、どろぼうできる……。何が天皇陛下万歳じゃ。それが事実じゃもん。それが、わしらの青春じゃったんだもん……』。あんたにはわかるまいが、というような口調で、男は中(読売記者)に言った」(121ページ)「(昭和57年、訪問先のはい県で)40年前、男の中隊があった民家だった。土塀に囲まれた屋敷で、土壁の平屋が三戸並んでいた」「『こっちが慰安所だったんですよ。朝鮮から引っぱってこられた女が20人ばかりおったんです』。中の横にいた一人が声をひそめて、道の反対側の民家を指差した」「『どうして村人を殺(や)ってまでどろぼうするのか。食うことと、慰安所に行くためじゃった。べっぴんを買うんには3円いるんじゃけん。給料は7円20銭だけじゃった』。日本を出発する前、男はそう言った。その慰安所の前に、いま男は立っている。ハンチングの下からのぞく白髪。たるんだ頬の肉。40年の年月があった」(149〜150ページ)

〔その292〕西河克己著『白いカラス』光人社、1997年発行。著者は、昭和15年、北支那派遣軍として中国各地を転戦。18年、召集解除されるが、19年、再度応召し、南方派遣軍として、インパール作戦にも参加し、タイのチェンマイで敗戦を迎える。
(その292・1)中国・冀県。
「ある日、私は井口伍長に呼び出され、特殊任務を命じられ、『公用』という腕章を左腕に巻いて外出した。それは、兵舎外にあるピー屋に行って、漬物をもらって来いという命令であった。ピー屋とは、軍隊用の売春宿のことで、数名の朝鮮人の女性と旦那(ジャングイと呼ばれる朝鮮人の経営者)がいた。私はその当時、ピー屋の語源を知らなかった。北支那のこんな田舎まで連れて来られて、無理に兵隊の相手をさせられ、悲しくて、ピーピーと泣くから、ピーと呼ぶのであろうと思っていた。ピー屋の建物は一般の中国人の民家と同じく、日干しレンガを積み上げた窓の小さな家屋であったが、女性は、きまって日本風の着物(長襦袢のような姿)で、日本風の名前(春子、ヨシ子など)で呼ばれていた。その中のヨシ子が、井口伍長のお馴染みさんらしかった」「彼女たちは『慰安婦』と呼ばれ、ただの売春婦ではなく、国のために命を投げ出して闘っている兵隊たちを慰める重要な任務についているのだと、思い込まされているか、それは信じていないが、そうでも思い込まなければ生きていけないという諦観に落ちついてしまっているのか、私にはよく分からなかった」「冀県のピー屋は、『梅の家』というような日本的な屋号がつけられていた」「『梅の家』のような『ピー屋』は、軍の要請に従い、朝鮮人の経営者が貧困な家庭の娘を募集して(日本国家のための看護婦や女工であると騙して)連れて来るのだと聞いていた。当時、日本の統治下にあった朝鮮半島の農村は貧しく、志望者を容易に集めることができるのだろうと私は思っていた。日本でも貧困のために娘を売春宿に売ることはいくらでもあったし、売られる娘も、親兄弟のためにあきらめてお女郎さんになる例も多かったから、それに近いものであろうと思った」「戦後になって、『強制連行』の事実がいくつも公表され、彼女らの悲惨な運命が報道されたが、私のいた冀県のあたりでは、それほどきびしい雰囲気はなかった」(54〜58ページ)
(その292・2)昭和20年、タイ。
「5、6日も草ばかり食って、国境を越えた我々は、意外な集団に出会った。森の中の大きな三差路で、5、6人の女が休んで炊事をしていた。女ばかりと思ったが、40過ぎの男が一人いた。一行はピー屋のジャングイに率いられた慰安婦たちであった。彼女らは、ミイトキーナ近くの町にいたが、守備隊が玉砕する前に、脱出するよう隊長に言われ、食糧や薬品などをもらって、サルウィン河の上流を渡り、川に沿って南下してきたのであった。そういえば、ジャングイ(主人)をはじめ、2、3名の女が、軍服らしきものを着ていた。そして、その中に、7、8才の男の子がいた。男の子は主人の子供で、よく見るとその母親らしい年かさの女がいた。20代の慰安婦4名の計7名の集団であった」「食事が終った一行は、仕度をして、『兵隊さんといると心強い。一緒に行ってくれませんか』と、私たちに呼びかけた。一行が整えた荷物は、私たちとは比較にならない大荷物であった。一様に大きな背負袋(軍用のものやリュックサックらしきもの)に、鍋、釜、薬缶などを縛りつけていた」「女たちの一行と歩いて2日めに、異変が起こった。女の一人が動けなくなったのである。それまで私は気づかなかったが、女たちの中に妊婦がいたのである。彼女が急に産気づいて、生まれるかも知れないというのである。一行は、山中の小さな流れのほとりで止まった。そして、差し迫った状況について、朝鮮語で真剣なやりとりをはじめたが、やがて結論が出たらしく、一行は荷をほどいて、整理をはじめた。ジャングイの説明によると、妊婦はここに置いて行くことにして、仲の良い女が一人付き添いに残ることになった。そのために必要な生活道具一式を残して行くのだと言う。お産が始まったら、水がないと困るので、その意味でここは適当な場所だということであった。食糧のほか、毛布、携帯天幕(軍用のもの)、鍋などが残されることになった。私たちも、簡単な露よけの天幕を張る手伝いなどをした。男の母親が、出刃包丁を布に包んだまま差し出したのが印象的であった。ジャングイの一行は、そうと決めたら、案外あっさりとその場を発った」「私たちは、山を下って、はじめての集落にぶつかった」「ピー屋のジャングイは、この集落で泊ってあとから来る兵隊がいたら、置いてきた妊婦の様子をたずねるというので、私たちは、彼らと別れた」(210〜213ページ)

〔その293〕古山高麗雄著『兵隊蟻が歩いた』文春文庫、1982年発行(単行本、文芸春秋、1977年発行)。著者は、昭和18年、陸軍一等兵として南方に派遣されるが、その約30年後、その東南アジアの国々を再訪した。
(その293・1)マレーシア・クアラルンプール。
「兵舎の門を出ると、低い位置に道路があった。少し行くと、慰安所があって、さらに少し行くと、クアラルンプールの街に行くトラックが待っている。外出日には、慰安所に行く者は慰安所に行き、街へ出る者は、トラックの所に行く。あのあたりは、兵舎も慰安所も、小高い丘にあったのだ。外出日にトラックの所まで行く途中、丘の上から慰安婦が、有刺鉄線の柵の中に立って、馴染みの兵隊の名を呼んでいた。すると、呼ばれた兵隊は、あとで行(い)っがら、などと叫んでいた。あの慰安婦たちは、華僑だったような気がする。私は、行ったことがなかったから、柵内の様子は知らないが、Mという同年兵が、彼女、黄色いパンツをはいていた、と言っていたのを覚えている。彼女たちも現地調達だったのである」「もしかしたら、華僑とマレー人と両方いたのかも知れない」(126〜127ページ)
(その293・2)ビルマ・ネーパン。
「建設班は、(第二師団司令部の宿舎に)続いて慰安所の建設に取りかかった。数日のうちに慰安婦たちが到着するというのであった」「慰安婦は朝鮮人で10人ぐらいいたような気がする」「後日、聞いた話では、その松江(慰安婦の一人)は、日本軍将校の子供を生み、その子を残して死んだのだそうである。ビルマが負け戦になってから、あの慰安婦たちも仏領印度支那か、タイあたりに移動することになったらしい。私の部隊の一部の人たちは、サルウィン河畔で彼女たちと出会ったというのである。そのときは松江は生きていて赤ン坊を抱いていたというのであった。その子の父であることを自認して、松江にできるだけのことをしているという将校の名前も聞いた。考えてみると大東亜戦争を通じて、私が尊敬させられた将校と言えば、あの将校が筆頭である」「朝鮮人慰安婦たちもまた、手錠をかけられた奉国義勇隊のように、人狩りで狩られた者たちである。彼女たちは、挺身隊という名で集められて連れて来られたはずである。朝鮮における挺身隊狩りは、ビルマにおける義勇隊員狩りほどではなかったかも知れないが、大変荒っぽいものであったようだ」(196〜201ページ)
(その293・3)ビルマ・ヘンザダ。
「ヘンザダにも慰安所があった。ヘンザダの慰安所には日本人の慰安婦が来ていた。日本人の慰安婦は、遊廓の娼妓たちから募って連れて来た女性たちである。ヘンザダの慰安所は町なかの建物であったが、どれがその建物であったか、今ではもう見当もつかない」(229ページ)

〔その294〕小野賢二・藤原彰・本多勝一編『南京大虐殺を記録した皇軍兵士たち』大月書店、1996年発行。同書は、昭和12年12月の南京戦に参加した第13師団の山田支隊に属していた下級将校・兵士の陣中日記を集めたもの。
(その294・1)昭和13年1月、中国・全椒。
「堀越文男陣中日記」「(昭和13年)1月14日 腹いまだなほらず、昨日×××君師団にゆきしが今夕かへる。師団に女郎屋出来たりと、なほ連隊にも開設せられる由、然しながら出征の折に『女身にふれず』との念願すでに固ければ吾には用もなきことなり」(82ページ)
「柳沼和也陣中日記」「(昭和13年)1月17日」「皇軍の慰問に日本から遊女が来るさうな、それの準備も皆兵隊だからあきれてしまふ」(174ページ)
(その294・2)昭和13年1月、中国・浦口。
「大内利己陣中日記」「(昭和13年)1月10日」「(埠頭の倉庫での使役で)午后は(自動車)1台に毛布積載した、其の時内地から慰安婦30人来と聞いた、大阪人にて1月2日に内地出発し本日浦口に付(着)き、尚一線に自動車にて出発した」(274ページ)

〔その295〕稲垣照相著『中国・ビルマ戦線』旺史社、1981年発行。著者は、昭和12年から19年まで、陸軍軍医として、中国、ビルマ戦線に従軍した。
(その295・1)昭和14年、中国・応山。
「着任してほどなく与えられた任務は慰安婦の検診であった」「慰安婦の検診はもともと野戦病院の受持ちとなっていたのだが、突然変更されてそのお鉢が衛生隊に回ってきたのである。その原因について色々の噂が流れていた。慰安婦にサルバルサン注射の代償として、無料サービスを受けているとか、モルヒネ注射で上手に楽しんでいるとか、病院との癒着で風紀が乱れているとか、であった。某古参軍医が帰還するにあたり、多額の花代を請求されて狼狽したニュースが流れたのも、それから間もない頃であった」(53〜57ページ)
「歩68に配属された時のことである。部隊に配属されると必ず申告が行われる。私が第3大隊に配属を命ぜられ、応山にあった連隊本部に赴き、連隊長、連隊副官、連隊高級医官の順に申告を行ったのであるが、高級医官のT軍医大尉は不在で慰安所にいた。申告を慰安所で行ったが、彼は軍服に着換えるどころか、寝巻姿のままで、しかも亀が頭を出した恰好で、蚊帳より頭を突き出しただけであった。職場で真っ昼間からそのような不謹慎な行為をするのも常識はずれであるが、寝乱れ姿で申告を受ける彼の余りにも礼儀をわきまえない仕草に、腹の虫は収まらなかった」(71ページ)

〔その296〕立澤正雄著『戦雲に消えたパラオ放送局』エイジ出版、1980年発行。著者は、日本放送協会のアナウンサーだったが、昭和19年1月、南方・パラオの放送局への転勤を命じられた。
(その296・1)昭和19年。
「3月30日 木曜 晴」「(門司から出港)まず兵隊が乗船し終わると、われわれ総勢150名くらいだろうか、艀で船まで送られる。兵隊とは別の船である。南洋庁と一般便乗者の外に全国の農業学校生徒から選抜された拓殖訓練生、それから三菱重工業及び南方行の慰安婦たちも混ざる」「船室は貨物船であるから文字通り粗末なもの、いわゆるお蚕棚とでも称すべきか、あんぺら敷きで、われわれは第二班として10名一緒になり、すぐ隣に南洋庁が肩を並べている。下ではがやがやぺちゃくちゃ、毒々しい化粧の女たちが、ひっきりなしに騒いでいる」「食事がすむと自己紹介が始り、パラオ今昔談をやっているかと思うと、あちらではいつか下の女を上に上げて酒を飲みながら、トランプに興じている。下の部屋の女たちは一斉に『アリランの歌』をうたっている」「3月31日 金曜 晴」「われわれの乗った西豊丸も静かにいかりを下した。宇品に着いたのである」「朝から晩まで、女たちがギターを鳴らして『酒は涙か』をうたったり、それがまた哀号を叫ぶような声で、時には相撲の真似をしたり、喧嘩をしたり、まるで動物小舎の騒ぎである」「4月3日 月曜 晴」「(神戸入港中)昼前、突然軍よりの指令にてパラオ特命隊女子群50名ほどの全員下船、代ってラバウル行の兵隊約倍数乗込み、部屋換えを命ぜられて右舷より左舷に移る」(26〜30ページ)

〔その297〕上法快男編『最後の参謀総長 梅津美治郎』芙蓉書房、1976年発行。昭和16年7月、御前会議で、関東軍特種演習の名で「密かに対ソ武力的準備を整える」ことを決定する。
(その297・1)昭和16年7月。
「北辺の静謐を保つ(4)今岡豊の証言」「中央が『兵器弾薬その他の軍需品の所要分を満洲に前送集積する』と決定したので、関東軍後方主任幕僚を上京させるよう要請があったので、関東軍では兵站班長今岡参謀と各部高級部員を特別機によって上京、中央部との間に作戦計画に基づく前送軍需品の輸送、築城、道路、兵馬収容施設等の作戦準備等についての打ち合わせを行った。今岡参謀は、中央との連絡の内容を梅津軍司令官に報告したところ、軍司令官は受入れ態勢について、かつて陸軍次官として支那事変において経験したところに基づいて、主要事項の注意を述べられた。大連や釜山に軍需品処理機関を派遣することになったのも、また軍需品の集積のための警備や輸送に現地軍隊の協力を要請すること等は梅津大将の示唆によるものであった」「後方の作戦準備は、急激に増大する関東軍の兵力(関特演による兵力の集中が終れば、今迄の29万が一挙に85万と約3倍近くになる)に対する所要物資の準備と、対ソ作戦用軍需資材の整備前送がもっとも重要なる施策であった」(388〜389ページ)

〔その298〕林えいだい著『証言集朝鮮人皇軍兵士』柘植書房、1995年発行。
(その298・1)朝鮮。
「元伍長」「韓国・ソウル市在住、78歳(の証言)」「1938年に(朝鮮人に対する陸軍特別志願兵制度の)第一期志願兵の募集があって、翌年になると第二期、(元伍長の働いていた)阿部農場から誰か志願させろと警察から指示があった。ある日、阿比留場長から呼ばれた。『大原君、第二期の志願兵の募集があっているが、ここの農場を代表して行ってくれないか? 帰ってくれば、ちゃんとした役職を用意しておくが、どうだ?』『考えさせてください』。私は家に帰ると、志願兵として行くことを両親に話した。2人とも大反対で、母はとても悲しんで泣き続けた。父は一応口では反対したが、表面だって駄目だとはいわなかった」「私自身、朝鮮人であることを自覚していても、日本国民として軍隊に行くことに一片の疑いも持たなかった」「京城第一陸軍志願者訓練所は龍山にあって、300人が6か月の訓練を受けた。志願兵の年齢は20歳前後の青年で、中には既婚の人もいた」「1940年1月、訓練所が終ると同時に、現役兵として第20師団第79連隊に入隊した」「1週間に一度の休みには、酒保で酒を買って飲んだり、町のピー屋で女を抱いて気分を紛らわした。私たち朝鮮人は日本の女、日本人は朝鮮の女を好んだ。1か月50円の給料は、酒と女に使ってしまった」(199〜202ページ)

〔その299〕松岡環編著『南京戦・閉ざされた記憶を尋ねて』社会評論社、2002年発行。南京戦に従軍した元兵士102人の証言を集めた。
(その299・1)中国。
「当時・第16師団歩兵第33連隊連隊本部(兵士の証言)」「中国の南京におった時は独身なので、慰安所はよく行きました。軍司令部の傍らにあって、慰安所には歩いて行きました。中には朝鮮の女性と日本の女性だけで、中国の女性はいなかったな。軍医が検査に行って、病気の女性は名前を皆に知らせて、兵隊たちに行くなと言ってました」(76〜77ページ)
「当時・第16師団歩兵第33連隊第3機関銃中隊(兵士の証言)」「私らが行く所は慰安所というのはなかったし、いつも一線ばかりだったので慰安所なんかは行ったこともないし、あるということも知らなかった。その代わりに『女を徴発して来い』と言いわたされることがあります。夜中に1ぺん、『女を洗濯婦として徴用せよ』と言われたことがありました。それは小隊に出た命令です。いい顔の女は皆連れて来ました。大体向こうに行くとクーニャンは一人で部屋にいるんですな。夜中に襲撃して、寝ている女性を20人から30人ぐらい連れて来て、各分隊に3人ぐらい配分する。それが朝になったら全部逃げてしまってどこにもおらなくなっていたのです。こっちは連れて来て(強姦して)からは安心して寝てしまったので、うまいこと逃げられたこともありました。分隊に配分された場合は分隊長からやるんです。連れて来たときは抵抗するよりも泣いていましたな」(97ページ)
「当時・第16師団歩兵第33連隊第一大隊(兵士の証言)」「南京にはようけ慰安所があって、私も行ったな。中国人ばっかりやった。朝鮮の娘もおったな。軍票で払った。慰安所は大きな通りにたくさんあった。料金は安くて、月に2回や3回は行った。将校専用の慰安所が別にあり、そこは朝鮮人の女の子がいた。住んどったらあっちこっち行くわな。配給受けるのと一緒や」「街の娘、南京の娘やろな。安定してからは、親が慰安所に連れてくるというのもあった。食べていくのに、仕様がないな」(107ページ)
「当時・第16師団歩兵第33連隊第一機関銃中隊(兵士の証言)」「慰安所は、天津にいる時も無錫にいる時も北支にいる時も大別山攻撃の時もあった。部隊の行き先にはほとんどあった。南京も陥落後すぐできたと思う。お正月前にはあったからな。入城式の後ぐらいかな。南京の具体的な場所と名前は覚えていない。南京では行ったことがないんでな。他の所では行ったことがある。女性は朝鮮人と支那人(ほとんどが現地人)と日本人だった。日本人の女性は少なかった」(110ページ)
「当時・第16師団歩兵第38連隊第1大隊本部付(兵士の証言)」「慰安婦なんか軍と一緒に車で来るで。師団司令部とかと一緒に来るねん。南京にもあった。あれは係っちゅうか、それ専門に担当してる将校っちゅうのがおる。軍属じゃなくて民間の親方が連れてくるんやな。実際に私が行ったのは北支と、石家荘のそば。それも軍がつくった慰安所や。そこに大隊本部があったからな。慰安婦は朝鮮が多かったな。だいたいが大連におる遊郭の女がまわってくるんやな」(170ページ)
「当時・第16師団騎兵第20連隊(兵士の証言)」「慰安所は何か所もあった。朝鮮のブローカーみたいなやつとか、愛国婦人みたいな名前を騙って、朝鮮から姉さんを『慰問や』といって連れてきて、ほいで慰安所みたいなとこで働かせて、そして商売しとるのやね。それであれはみんな、軍も関与しとるけどな。軍の関与というのはな、軍の16師団へ届け出たりするのさ。いま津におるとするやろ、それで伊勢へ行こうと思うと、兵隊がそれを送っていくのさ。1個中隊とか1個小隊ぐらいが自動車に乗せて。なぜかというと、向こうの敗残兵に襲われたりするから。その報告は師団司令部にいくのやな。慰安所開設の許可とりに来るやんか。移動の警備だけは、それはしとったのは間違いない」(248〜249ページ)
「当時・第16師団歩兵第33連隊第3大隊(兵士の証言)」「慰安婦、慰安婦いうて、30人くらいの女をたいがいの部隊では連れて歩いておった。ほとんど朝鮮人の女じゃった。わしらの部隊でも慰安所を作ったわな。中隊やなく、野田部隊の連隊で作っておった。南京でも(駐屯していた)光華門の近くで作っておったで」「慰安所作っても強姦は減らんわ」「分隊の兵隊は、ほぼみんな(強姦を)やっとった。街に行ったら“ただ”やからな」(276ページ)
「南京戦の翌年・第16師団歩兵第33連隊第3大隊(兵士の証言)」「慰安所の朝鮮人の娘は、ピー屋から、軍需工場や看護婦にするいうて騙されて連れてこられた言うとったわな。馴染みになった朝鮮人の娘から、前線に徴用され、将校にやられた後、慰安所に払い下げられたという話もきいとるわな」「大東亜戦争の時、スマトラでオランダ人の女とも寝たよ。慰安所やのうて、捕虜収容所やった、そこの(収容されている)女とやったんじゃ。支那みたいにいやらしいことやったんじゃ。腹がへっとるさかい、食べ物で釣ったわけさね」(279ページ)
「当時・第16師団歩兵第38連隊第一大隊(兵士の証言)」「南京郊外の駐屯地にも慰安所ができた」「女の子は15人か16人位おったなあ」「分隊で訓練しているときは駐屯したところへ女を見つけてきて分隊で飼うとんや。1週間か2週間したらもう帰して替わりを捕りに行くんや。寺へ行ったらなんぼでもおるんや。寺は大きな家やから逃げて来てるんや。民家でも二階を壊したら隠れとる。二階に置いてあるわらの中なんかに隠して女の子の親が食べ物を運んでるんや。分隊の駐屯は民家を使っていた。3人くらい連れて来て飯を食わせていた。飽きてきたら替える。泣くのは最初だけや。分隊に連れてきて飯食わせたら諦める」(282ページ)

〔その300〕山田定著『憲兵日記』駿河台書房、1985年発行。
(その300・1)中国。
「『寄稿』漢口上陸の夕べ 武漢作戦派遣憲兵五嶋隊隊長 五嶋茂」「(昭和12年12月)首都南京もついに陥落した」「長江遡江作戦に随伴する五嶋隊は南京において編成された。日本軍人の非行の取締りを主任務とする30名の小部隊であるが」「私は、中支那派遣軍河辺正三参謀長に呼び出され、『南京占領時において発生した日本軍による強姦・暴行の絶滅と、外国権益に対する侵害を防止せよ』との至上命令を伝達された」「兵站司令部の責任者には兵の性非行の対策として、現地人の娼婦や難民から希望者を選定して慰安所の施設を至急開設するよう強く要望した」(140〜146ページ)
「約10年間の支那在留中には、多種多様の軍人以外の地方の人々とも交際した」「上海・漢口両市での私共の中国人賭博場の整理統制工作で、この業務を引継いでその後の賭博場業務の責任者となった監督部の佐々木武行氏とは接触が続き、終始変らぬ親交を保ったのだが、彼はたびたび上海・内地間を往復した。軍の中央部なり右翼関係から推されて、支那における我方の賭博場管理の総責任者としての地位に就いたくらいだから、右翼の親玉のような地位に在った頭山満翁とは絶えず連絡を続けていた」「志田先輩の紹介で、上海の日本海軍陸戦隊本部の近くに家が在った古賀倉力氏及び奥さんの蔦さんという夫妻と知合いになった。古賀氏は市内で煙草製造工場の経営やその他の事業に手広く携わって居られたが、同氏の事業面の詳細は知らない。同氏は東京帝大を卒えて、一時鳩山和夫の東京市議会議長の折に秘書役をやっていたという話であった」(215〜217ページ)
(その300・2)中国・宝慶。
「司令部参謀部に顔を出した私は、後方主任参謀の石田少佐から厄介な話を持ち出された」「『婦女子に対する強姦などという事件を惹起することを、司令部としては一番怖れている。憲兵長、その種の事故予防のために慰安婦の募集をやってはくれまいか』と言うのである」「あまり気の進む仕事ではないが、やむを得ずと観念してその方面に関する調査を約して別れた。帰隊後、半場曹長を呼んで、この種の婦人を集めるということが可能であるか否か、調査を命じた。1両日を経てから半場曹長の報告によると、元来この宝慶の街は10万内外の住民数に比例していわゆる遊び女(め)の数の格段に多い街で、その女たちの数はおよそ千名内外にも達したであろうと推定される、という。こういう女たちは、近親者もいない独身者が多く、戦禍を避けて潜むといってもたよって行くあてもない者が大半で、市周辺の山野に野宿同然の毎日を送り迎えているらしく、衣食にも事欠く毎日である、というのが密偵たちの一致した報告であった。それなら堅気の娘たちと違ってもともと色街で過してきた婦人たちである。衣食や報酬の点を固く保証してやって復帰を呼びかけたら案外早く帰ってくるのではないか」「こうして数日が経過したが、当初募集は容易と見当をつけていた婦人たちの集まった様子がないので、半場曹長に詳しく聞いてみると、意外な話である。この宝慶への日本軍の入城直前まで、近傍の地に、米国空軍関係の部隊若干名が駐屯していたそうで、彼らは給与面の待遇も格段に良好で、田舎街での無聊を忘れるためにさかんに遊んだ。連日連夜の遊宴にはいつも商売慰安婦たちが呼ばれてその相手をつとめたわけだが、そのアメリカ兵の相手をつとめた女たちの多くが性病を移されたり、身体をこわしたりで使いものにならぬ境遇に陥った者が大半であったという」「それが彼女たちをして募集に応ずるのを躊躇させている原因だというのである」「日本人もやはり外国人だから同じだろうというわけだ」「(しかし)窮乏生活にも限度がある。ついに、密偵たちの説得と誘引工作が功を奏して、女たちが来ることになったというのである。女たちの人数も十数名にのぼるという」「われわれは女たちの身柄を引き渡せばこれで任務終了と思い、やれやれ、やっと厄介な問題を卒業できるかと、ほっと一息ついた気でいた。ところがそう簡単にはいかなかったのである。司令部の次級副官大尉から電話があって、『憲兵隊からの通報で、早速女たちを収容する家を物色して、内外部の整備にかかるのだが、諸設備の完了するまで数日間かかるから、その間、女たちを憲兵の手で保護していてもらいたい』と言うのである」「やがて数日経って(施設整備が終了し)」「副官が自分で引き取りのために部下をつれてやってきた」(273〜278ページ)
「ある日のことである。査察のため部隊の駐屯地を回っていた半場曹長が帰隊し、顔色を変えて私の室に飛び込んできた」「兵団司令部の高級副官であり、監理部長を兼ねているR少佐が、兵団全部隊の集結と、行動開始のための諸準備などで数週間滞在した岳州の町で馴染んだ慰安所の姑娘(クーニャン)に軍属の服を着せ、兵隊と同様に断髪・男装させて、作戦開始後もつねに身辺からはなさず連れて来たが、宝慶入城後も同じように身近においているという。監理部というのは」「調達した玄米を精白する作業もやっており前々からあった中国人所有の精米所の建物を機械設備一切を含めて徴用して精米作業に当たっていた。この精米所の責任者である管理部付のF軍曹が件(くだん)の監理部長の姑娘を秘密裏におびき出し、精米所内に監禁している、というのである。姑娘が監禁されているのは、精米所の二階の室で、F軍曹は自分がこの室を出る場合には外部から錠をかけて姑娘の逃走を防いでいるという」「(連行されたF軍曹は事実を認めたが)司令部の次級副官大尉があたふたと駆けつけてきた」「『ここは兵団全体の威信を保つという見地から、事件が表沙汰にならぬようになんとか目をつぶってくれませんか』と、もみでをせんばかりの有様である」「この事件はどこから手をつけるにしろ、明快に処理を終えるということは困難のようだ。姑娘の身柄処理以外の処理の件は、すべて兵団側に一任するよりほかに方法はないと、私は判断した」「罪も抵抗力もない婦人を殺すという実に嫌な仕事を誰にやらせるか。部下が承知せぬ場合には私自身でやろう、と覚悟した上で信頼できる人物と見込んでいた部下の○○軍曹を呼んで、姑娘の処分に関する私の意見と苦しい胸の内を述べた。『そんなわけで、なんの罪もない女を殺さねばならん。いやな仕事だが、やってくれるか?』と聞くと、『やります』という返答である」「近くの山中に中国軍が掘った塹壕が残っていたので、そこで姑娘を銃殺し、死体を深く埋めてくるように指示した。それから数時間を経て夜になり、○○軍曹が私の室に来て、『やって参りました』と報告した」(294〜304ページ)
「ある日のこと、兵団長の個人副官秘書を勤める若い少尉が私の所に訴えにやってきた。その少尉が言うには、『先般、憲兵隊の手で集めていただいた慰安婦の中から一人を選んで兵団長閣下用と決め、お世話をさせていたところ、その姑娘が昨夜どこへ行ったのかいなくなってしまいました。困っているのですが、憲兵隊の手で探し出してもらえないでしょうか』という申し出である。実にもってふざけた話である。成行き上とはいいながら慰安婦の募集などという女衒まがいの馬鹿な仕事をしたために、いつまでも慰安婦問題がわれわれ憲兵のあとを追う羽目になった」「『石田参謀から切にたのまれて、苦労してきた兵隊たちを慰めるためというので、山や野にかくれひそんでいる女たちを急ぎかき集めたのであって、身元調査までして採用したわけではありません。逃げた姑娘の追跡調査までは請負いかねる』と、きっぱり言ってことわり、やっとこの慰安婦問題と縁を切ることができた」(307〜308ページ)

(2014年11月19日・最新更新)


ニッポンリポート・ファイル一覧

ご意見などは tetuh@mbj.nifty.com へ

SAKUMA TETSU
フリーライター
著書[恐るべき証人][検死解剖マニュアル][拳銃天国ニッポン]など