佐久間 哲
ニッポンリポート


従軍慰安婦を調べる 編

従軍慰安婦の体験談等メモ・7


〔その301〕有末精三著『有末精三回顧録』芙蓉書房、1974年発行。著者は、昭和6年11月、青森歩兵第5連隊の第一大隊長となり、7年4月、満洲へ出動。綏中で守備にあたる。
(その301・1)昭和7年、中国・綏中。
「従来の戦例に見るに駐留久しきにわたるとき兵員損耗が病気によることの多いのにかんがみ舎営部隊の衛生については特に留意すべく次のような処置をとった」「3、町の中心部にカフェーナナム(歩76の命名)というのがあってウエイトレスとして7、8名の女性がいたほか2、3のところに邦人、鮮人の売春婦が15名ほどいた。守備兵員の関係から混雑や喧嘩ができてはと各部隊(歩兵第一、第三、機関銃中隊、歩兵砲隊、連大隊本部通信班、砲兵中隊等)1週間に1日宛の外出日を割振り、また別に1日を検査日と定めて大隊本部の軍医が検診を行うこととして性病の感染予防を図り、また各人は外出のとき必ず防毒サック2個を携行し、各房には消毒用薬品器具の備付の外要図に説明を加え、使用法を明示し、もし罹病(命令違反)したものは処罰する旨示達した。その後某日、吉野副官が来て大隊長の当番S某一等卒が淋疾に冒されたので当番を交替し処罰したいと報告したので、果して命令を遵奉しなかったかを調べさせたところ一枚のサックを裏返しにして二度使っただけで命令には遵っており違反でなかったので却下したという笑い話が残っていた。おかげ様で一人も性病に犯されたものはなかった」(261〜262ページ)

〔その302〕金鍾在述・玉城素編『渡日韓国人一代』図書出版社、1978年発行。金らは、昭和19年暮れ、日本軍からノリの大量発注を受け、朝鮮の漁業組合から買い付けるようとする。そのため、20年1月、在住する内地から朝鮮に行き、管轄先の朝鮮総督府水産局の承認を得るのに奔走する。
(その302・1)昭和20年1月?、韓国・京城。
「(総督府の)すべての手続きが正式に完了して、もう成果は目前である。われわれは大船に乗ったような気持ちになった。そこで、総督府の要人たちを招待して、感謝の宴を張ろうということにした。例の朴春琴が経営する最高級の料亭明月館に、総督府の局長、部長全員20数名を招待して、一大盛宴を催した。戦争末期で、ソウル市内の歓楽街はさびれていたが、日本官憲のバックする明月館だけは市内の妓生(キーセン)100名余りを独占して繁昌していた。その妓生たちを総揚げし、一人の客に2人ずつ妓生をつけ、飲めや唄え、歌えや踊れの大さわぎ、妓生たちには一人100円のチップもはずむというぜいたくなふるまいをやった。このひと晩で10万円近くの費用がかかったろうか」(118〜119ページ)

〔その303〕松尾茂著『私が朝鮮半島でしたこと』草思社、2002年発行。著者は、昭和3年、京城の土木会社に入社し、以来18年間、朝鮮各地の土木工事にたずさわる。
(その303・1)朝鮮。
「このころ(昭和14、5年以降?)になると、日本人で若くて優秀な人はほとんどが兵隊にとられて、残っているのは私のよう に怪我をした者や年寄りばかりとなった。しかし、こんどは総督府のほうで作業員を斡旋してくれるようになったので、私のところで必要な2、300人ほどの人員は常時、確保されるようになった。あらかじめ役所と『いつからいつまで、何名が必要か』を打ち合わせておくと、労務関係は、ある程度強制的に道庁から『どこの面(村)はどこそこの工事に何百名出すように』という指示が出るようになったのである。朝鮮人はまだ徴兵になっていなかったので、志願した人以外は若者も残っていた」(99〜102ページ)

〔その304〕クリスタ・パウル著『ナチズムと強制売春』明石書店、1996年発行。
(その304・1)
「(第二次世界大戦)開戦直後、売春婦の営業施設を限定する指令が国防軍の作戦展開地域に出され、1940年3月にはそれがドイツ国防軍の全作戦地域に適用されるようになった。その年の半ばより国防軍最高司令部は、強姦や刑法175条違反および性病の蔓延を防ぐために、占領地域での国防軍軍人の『性行為』を管理統制のもとでのみ可能とする新たないくつかの対策を検討した。そのなかでもきわめて重要な対策はドイツ国防軍による売春宿の設置であった。これに関して出された最初の指令の一つに従い、1940年の夏フランスで、条件に適った既存の売春宿が国防軍用売春宿に指定され、フランスに駐屯するドイツ兵のために開放された」「それからわずか数か月後の1940年10月には、ある軍衛生部主任将校が、国防軍用の売春宿の設置は不可欠であり、国防軍、民間人動員局、空軍そしてSSが売春宿の設置を引き受け、それらの売春宿用には以前売春婦として働いていたポーランド人の女性たちを『獲得』すべきだ、とポーランドから報告している」「ザイトラーはドイツ国防軍は1942年には五百軒以上の売春宿を手中におさめていたと書いている。そのさい戦線の移動や兵員の変化により、売春宿が閉鎖されたり新たに設置されたことも考慮されねばならない」「ノイハマーの軍隊演習所のある陸軍医師団はブレスラウの軍管区軍医に、演習所内の売春宿に予定されていた人数の売春婦が到着しなかったと、1943年3月12日付の書簡で訴えている。その正確な数字から、売春宿の女性一人につき1人平均何人の『客』があったかが明らかである。そのうちの最小値は22・6で、最大値は46・5である」「ユダヤ人女性との性交渉禁止令にもかかわらず、ユダヤ人女性が国防軍用売春宿に連行されたことは疑いの余地がない」「占領下のポーランドでは、禁じられているにもかかわらずドイツ人と性交渉を持ったために処罰されたポーランド人の女性たちが、強制的に売春宿に収容された」「国防軍はその売春宿のためにラーベンスブリュック女性収容所からも女性の囚人たちを選別させた」(143〜149ページ)
「ナチズムの時代に国家機関により最初に設置された売春宿は国防軍用売春宿で、それは第一次世界大戦中に帝国軍により作られた兵士用売春宿の伝統を引継いだものであった。1940年の夏以降、国防軍は国防軍の軍人のためにフランスで売春宿を接収したり、新たに設置したりし、戦争の経過とともに売春宿の設置は各占領地域に広がっていった。1940年3月、外国人強制労働者用売春宿を設置するための最初の指令が出された。1941年の秋以降このカテゴリーに属する売春宿の設置はいっそう協力に推し進められた。1942年3月、ヒムラーは強制収容所の囚人用の売春宿の設置を命じた」(184ページ)

〔その305〕福島慎太郎編『村田省蔵遺稿・比島日記』原書房、1969年発行。戦時中、フィリピン大使としてマニラに駐在した村田の日記。
(その305・1)昭和19年9月、マニラ。
「(昭和19年)9月26日」「訪客坂本(?)某名もなき会社の社員としての名刺を加藤取次ぐ、引見せるに壮士肌の不作法なる所謂好ましからざる日本人の型なり。パンヂャルマシン行慰安隊3、40人を率い船の都合にて此の地にストランドしをるものの如し。既に3か月程滞留しをるとのこと」(164〜165ページ)
(その305・2)昭和20年5月、台湾。
「(昭和20年)5月10日」「片寄理事官と共に南方荘に向う」「女将亦話に来る」「此宿は海軍武官府唯一の指定のものなること、武官府より非常によくして貰うこと、周囲より疎開しろと言わるるも時局に鑑み、頑張りたき事、特攻隊の若き兵がよく泊るので泣かされる事等等綿々として尽きず」(520〜521ページ)

〔その306〕角田順編『石原莞爾資料(増補)・国防論策』原書房、1984年発行。石原は、昭和14年8月、第16師団長となったが、15年早々、師団が北満移駐を内命されたので、移駐にあたっての準備・方針を訓示した。
(その306・1)
「昭和15年4月24日師団長訓示説明(第16師団司令部)」「2、北満に適応せる力強き新生活の建設」「(3)高尚な娯楽」「@園芸畜産」「A運動競技」「B音楽」「C映画」「D芝居」「E狩猟」「F酒保 酒保は極力合理的なものにする。兵の慰安設備を充分やって駐屯地には如何はしき飲食店等の開設は断じて許さない考えである」(404〜418ページ)

〔その307〕米良至剛著『インパールの十字架』旺史社、1985年発行。著者は、昭和18年5月、応召、陸軍軍医として、ビルマに派遣され、インパール作戦に参加する。
(その307・1)昭和18年6月?、サイゴン。
「ある日の夕食後、隊長以下将校連は打ち連れて、慰安所をひやかしに行った。これも将校特権かもしれない。各自簡単な部屋に入る。部屋の壁も全部草葺である。安南人の黒褐色の肥っちょの女が素裸でしなを作ってくるが、私は巻脚絆も取らずにただ眺めた。あやしげな婆さんが、サックらしきものを売りに来た。私は急に興ざめて早々に引き揚げた」(24〜25ページ)
(その307・2)昭和19年1月?、ビルマ。 「(一個分隊を率いて野戦病院に向うため)トラックは夜通し走った。明くる日は良い天気であった。河畔の町であったが、町の名は全く思い出せない。チンドウィン河の畔とすれば、マニワだったかも知れない。兵隊全員を慰安所に連れて行った。木造の小屋が並んでいた。私は一番先にその1軒に入った。部屋は広い。私は元々セックスする気は全くなかった。なにせ真昼間である。巻脚絆もとらなかった。慰安婦は私の逸物の小さいのを見て、子供も作れんと嘲った。慰安婦は突然不機嫌になった。愛の表現も優しさもない。私も癪にさわって、プイと外に出た。この地で駐留している将校らしいのが、慰安婦といちゃついていた。しばらくして兵隊達は、満足気に喜々として出てきた。私はこれで良かったと思った。これから先の生死は誰にも予想できない。この1日の快楽が兵隊にとって、次の戦闘への心の支えになるよう願うのであった」(47ページ)

〔その308〕武部善人著『ある兵の戦争記録』三一書房、1985年発行。著者は、昭和17年12月、陸軍に召集され、19年2月、宇品港から船で南方へ派遣される。ベトナムで敗戦を迎え、サイゴン近郊の仮宿舎で復員まで過す。
(その308・1)昭和19年2月、宇品。
「宇品へ行って驚いた。もう内地には余り兵隊はいないなどと思っていたのに、将校、下士官、兵、軍属等々うようよしていた。白衣の看護婦や、素人離れした女の人もいた。誰かがあれは慰安婦などといっていた。何がなにかさっぱりわからない。唯、うろうろしてその日は過ぎた」(64ページ)
(その308・2)昭和21年?、ベトナム。
「ある日、2人の日本の敗残兵らしい者が私達の仮宿舎にやって来た。青黒く痩せ衰えて、垢だらけの体に、ぼろぼろの服を着て、食事もろくろくとっていないようだ。『とにかく風呂に入りなさい』といって勧めた。風呂といってもドラム缶に河水をいれ、泥で固めたところへそれを置き、下から火を焚くといった、兵達の工夫した手製のものであった。いくら勧めても入らない。暫らくして2人は、『実はわたし達は女なんです』といって、みんなを驚かせた。彼女らの話によると、元は日本軍の慰安婦で、ビルマ方面のある部隊の全滅とともに、男装にかえ、命からがらジャングルに逃げこみ、どこをどう逃げ歩いたか知らんが、夢中になって逃げ隠れして、ここまでたどり着いたというのである。途中マラリアで高熱を出し、一人死に、二人死にというようにして逃げ歩き、最後に2人だけになったという。話に辻褄の合わぬところもあったが、詳しい詮索はせぬことにして、2、3日休養させてサイゴンの終戦連絡所へ送った。その後、彼女らはビエンホアの自給隊へ送られたらしい」(189〜190ページ)

〔その309〕井口和起ら編著『南京事件・京都師団関係資料集』青木書店、1989年発行。支那事変に参加した京都師団(歩兵第16師団)第20連隊兵士たちの陣中日記。
(その309・1)中国。
「上羽日記」「(昭和12年)9月18日(塘ク)」「市内へ見物に出る。支那のおやま(娼妓)もみました。ピーカンピーカン、さいこさいこ。いも銭(50銭)でやりました」(18ページ)「(昭和13年)1月1日(南京)」「午后は外出す。空には飛行キ、道行く支那人は皆手に手に日の丸を振ってむかえる。おやまも出来た。70人のおやまはんに500人とはあきれた。2烈(列)にならんでわんさわんさ。此をとりしまる憲兵も並々ならず、したいのはだれもやがな」(32ページ)
「北山日記」「(昭和12年)11月8日(石家荘)」「未だ列車は動こうともしていない。みんな外出をする」「街を歩く」「なかなかの繁昌だ。売買する家はみんな店を出している。ピイ屋を見て廻る。美しい姑娘がいる」(57ページ)「(昭和13年)1月24日(鎮江)」「少し時間があるので慰安所に遊に行く。半時間2円50銭である。1時間遊ぶ」(78ページ)

〔その310〕吉田重紀著『慟哭の孤島』廣済堂出版、1981年発行。著者は、昭和19年、陸軍軍医として、グアム島に上陸し、敗戦を迎える。
(その310・1)昭和19年3月、グアム。
「まだ外出もしないのに兵隊たちは、ピー屋は坂の上にあるそうな、などと、どこから聞いてくるのかたちまち噂がひろまっていた。応急派兵で、あわただしく上陸したというのに、すでに兵隊相手の女郎屋が開設されているのは一驚だった」「ある日の午後、ぶらりと街(アガナ)に出たついでに、噂の場所へ足を運んでみた」「飛行場方向に坂を上ってゆくと、左側に目ざす女郎屋が建っていた。あまり綺麗ではない二階家の階段を上ろうとすると、二階の窓からのぞいていた娼婦が、『将校さん、ここは兵隊専門だよ、将校さんのは別にできてるよう』と叫んでくれた」「建物の中に入ってみると、小部屋が幾つも並んでおり、そこに一人ずつ娼婦が住んでいた。造りといい、雰囲気といい、まったく満洲の“軍隊ピー屋”と変っていない。先刻、顔を出していた娼婦の部屋をのぞいてみて、私は、『俺たちは3、4日前に来たばかりだが、お前たちはいつ来たんだね?』とたずねてみた。『1か月ぐらい前に来たのさ。横須賀から船に乗って小笠原に寄ってね。途中、たくさんの船の中に、魚雷をくって沈んだ船があってねえ、とってもこわかったよ』『お前たち、よくこんなところまで来たもんだなあ、偉いもんだ』『兵隊さんのことを思えば、なんともないよ。いつ死ぬか兵隊さんは分からないんだものね。兵隊さんにうんとサービスしてやるのが、あたいたちのお勤めだよ。もうこうなったら商売抜きだね。あたいだって、ここで死ぬことになったら、靖国神社に行けるんだってさ。誰かがそう言ってたけど本当かねえ。ねえ軍医さん』『そうだよ、君たちは婦人挺身隊だもの、当然だよ。がんばって兵隊さんたちのためにサービスしてやってくれよな』。27、8歳だろうか、とても美人とは言えない女だが、私の言葉にニコッと笑ってうなずく姿が可憐だった。私は兵隊ピー屋を検分して」「(“将校ピー屋”)へ行ってみて驚いた。堂々たる二階建てのスペイン風洋館である。ちょっとした邸宅だった」「この邸も、ドアのついた個室がいくつかあって、それぞれに女がいるらしい。海軍が昭和16年12月11日にグアムを占領して以来、この洋館を将校用の高級娼家に仕立てたものだという。(相手の)マーガレットは24、5歳の混血女であった。なるほど美人である。美女にふさわしく室内の調度もこったものが並んでいた。豪華なダブルベッドの真上には扇風機がゆったりと回って心地よい風を送っている。シャワー室もあって、いたれりつくせりの娼家である。将校用の娼婦は5円、兵隊用は2円か3円というのが、当時の値段であった。1時間ほど遊んで外に出る」(48〜51ページ)

〔その311〕藤原彰解説『ドキュメント太平洋戦争1・海と陸を血に染めて』汐文社、1975年発行。同書に、「元兵士の戦場報告」と題する歴史学者高橋の手記がある。
(その311・1)昭和17年9月?、中国。
「われわれはトラックの荷台に詰め込まれて、(開封から)北東へ向けて出発した」「われわれ補充兵の詰まったトラックの片すみに、年の頃なら15、6だろうか、朝鮮人の少女が、親方らしい朝鮮人の男に連れられて乗っていた。一目で、僕たちは了解した。貧しい朝鮮の少女が人買いの手に買われて、前線の日本軍の『慰安婦』として前線に送り込まれるのだった」「約1日のトラック輸送で(目的地に着き)」「トラックを降りる時、いままで小さくうずくまっていた朝鮮の少女が、おそらく親方に教え込まれていたのだろう、片言の日本語で『兵隊サン、アソビニ来テネ』と言った。僕の胸は冷たくなった」(256ページ)

〔その312〕独有91ラバウル戦友会編『独立有線91中隊史・遙かなるラバウル』私家版、1982年発行。同中隊は、昭和18年2月、宇品を出港、下関、釜山などを経て、南方を目指し、3月、パラオに到着。その後、ラバウルに向う。同書中、「独立有線第91中隊と共に」と題する「木村昇吉」の手記。
(その312・1)昭和18年3月、南方。
「(3月)17日出港今日も晴天であるここの出入口は敵潜の格好な待伏せ場所とかで一同緊張のうちにパラオを離れる」「甲板で風に吹かれていた或る日左舷に見える輸送船の甲板で色彩の鮮やかな布が風にはためいている。私達はその無神経ぶりに驚く。敵機や敵潜の格好の目標ではないかと、腹立たしく思いながら話し合う何時もの仲間達である」「予備召集の吉田さんは一番の年配で子供も来年は1年生と言って私はよく中国大陸の話を聞いたものである。この吉田さんが、あの船には『ピーさんが乗っているんだ、きっと間違いがないよ』と、女の洗濯物だと言う。中国帰りの人々からよく聞くことだったが、私はなぜこのような女性が、こんな前線に出て来るのか考えられないことである。私は吉田さんに『なんでこんな前線に女性を連れてこなければならないのだ』と言葉を強める。ガダルカナルでは食糧弾薬と輸送も出来ずに、戦没者の大半が餓死したと言うことだ。聖戦を遂行する日本軍隊では考えられないことだと反論する。吉田さんは中国大陸では兵隊の多い所には必ずピー屋はあったもので、絶対間違いないよ、と分別くさく言われてしまう。私は天皇陛下の軍隊にはそんな事がある解がないし、もしラバウルにこの女性がいるようなことでは、もうこの戦争は勝目がないだろうと言うてはみたが、傷つけられた気持は収まらなかった。然し後日ラバウルで最初の外出の時に、市内の一隅の建物が、あれは海軍用、これが将校用とか、区別されていることを教えられて、船上で吉田さんと口論したり、吉田さんを軽蔑したことが申し訳なく悔やまれた。然し私の気持は、大東亜共栄圏を築くとか、聖戦であり大義を遂行するのだと、真面目に気負いこんできたことが空しく感じられたことはいなめなかった」(45〜46ページ)

〔その313〕宇垣纏著『戦藻録』原書房、1968年発行。同書は、宇垣の戦中日記だが、その中で連合艦隊参謀長の頃の日記。
(その313・1)昭和17年9月、ラバウル。
「(昭和17年)9月11日 金曜日 晴」「1300出発、東山上の病院を見舞う。先日はラビ負傷者を収容満員の盛況なりしも現在は160名にして目下増築工事中。帰途士官慰安所たる倉庫に立寄る。現在15名あり毎日盛況と云う。上海より移動せるものと云えば天草下り多かるべし」(187ページ)
(その313・2)昭和17年11月、トラック島?。
「(昭和17年)11月27日 金曜日 晴」「下幕僚連大分以前より宴会を望みありしが作戦の情況暇を与えず、荏ゼン延期中の処大分苦労しあり副官に命じて本夜トラックの新設小松のレスに於て一宴を張らしむ。三長以下出席せるも長官余輩出でず。余りに穢き所と聞く。郷に入りて郷に従う程の有気なし。加えるに別に考える事もあるに依る」(250ページ)

〔その314〕山本茂実著『松本連隊の最後』角川文庫、1978年発行(単行本、近代史研究会、1965年発行)。同書は、松本の歩兵第150連隊が昭和19年2月、トラック島に上陸してから同島で敗戦を迎えるまでの戦記。
(その314・1)トラック島。
「敵機の去ったあと部隊は徒歩でチョンチョン橋を渡って対岸の丘に移動した。ここで野宿しようというのである」「支給された一枚の毛布と夕飯の握り飯をほおばっている時、下の方で時ならず艶っぽい女の声が聞こえてきた。『松本の兵隊さんたちごくろうさまです。ひどいめにあったんですってね』。めいめいもちきれないほどの食べものやちり紙や下駄までもっていた。海軍の設営部隊と機銃2丁だけの52師団司令部所在地夏島は、彼女たちも心細いものだったにちがいない。『おれたちがきたら、もうだいじょうぶだ。心配するな!』とどんと胸でも打ってやりたいところだが、そこは残念ながら丸腰兵である。あんまり大きなこともいえなかったが、それでもうれしかったらしい。『みなさんがきて、これで安心ですわ……』。丸腰ではあまり安心でもあるまいが、それでもこんな時には人数が多いことが心強いものだ。そこには“慰安婦と兵隊”という関係はどこにもなく、みんな同じ故国を遠く離れた人間同士ー男と女」(187〜188ページ)「この間島内にいた非戦闘員、婦女子は船で内地へ帰すことになり、あわただしく出航していったが、それも環礁外へ出たとたん、みんなが見送っている目の前で敵潜水艦の魚雷攻撃を受けて沈んだ。兵隊が死ぬのは覚悟の上だが、この婦女子の遭難は、見ている兵隊たちを心から悲しませた。2大隊が哀れな姿で上陸した夜(つまり空襲をおそれて対岸の丘に登って野宿した夜)、たくさんの慰問品をもって見舞いに来てくれた慰安婦たちもほとんどこれで死んだ」(218ページ)
「夏島から『女たちが配給されて来て』ひと騒ぎがあったのもそのころのことである。その間の事情を5中隊の立野渥孝分隊長の手記は次のように書いている。内地引揚げのため夏島に集まっていた女たちが、サイパン、テニアン島が陥落すると、引揚船の見込みがたたなくなって、師団本部でも給与に困ったことと、兵の士気昂揚との2つのねらいで、この『海軍払い下げの女たち』を再び陸軍のいる各島に分配したということらしい。この配給が春島には十余人。連隊本部に近い女鳥羽川(松本の川名をつけた川)の下流の丘の上と、6中隊の裏山にしゃれた特別な家を建てて、兵隊給与の“芋の葉飯”とは比べものにならない、豪勢な連隊給与の“米飯”で女がかくまわれた。『慰安施設ができたから、皆も浩然の気を養うように』との会報が出された。しかし『ネズミまで食べてようやく餓死をまぬがれている現在、食糧にそんな余裕があるなら兵隊に少し回して欲しい、衰えた体力では女など思いもよらない、色気より食い気だ』というのがこの会報の出た時点のいつわらざる兵士たちの心境であった。しかし考えてみればこの女たちも可哀想であった。『お国のため』に連れてこられ、品物かなんぞのように軍隊の慰みものになっているのだ。彼女らの中には根っからの慰安婦ではなく、軍の事務を執るのだとだまされてきた良家の娘も多いということだった。2週間ほどたった日曜日、立野兵長たちは」「午後みんなで一緒に施設を見物に行った」「施設の中をのぞいてみると、午後のせいか、兵の姿は一人も見えなかったが、何を食べているのだろうか?まるまると太った若いたくましい将校たちが、へやの中で女を相手に明るい笑い声をたてているのが見えた」「連隊長が女たちの中で気に入った一人を官舎に入れて同居しているとの噂が全島に拡がった」「それで朝の点呼のあとで戦陣訓を唱える時、その1項の『上乱るれば下必ず乱る』のところに来ると、兵隊たちは皮肉をこめて力を入れるので、一段と声が高く聞こえた。これがせめてもの兵隊たちのレジスタンスであった」(281〜283ページ)

〔その315〕南京事件調査研究会編訳『南京事件資料集A中国関係資料編』青木書店、1992年発行。同書中の「46悲劇の南京」と題する章。南京占領後の話。
(その315・1)昭和13年?、南京。
「漢奸は日本人の歓心を買うために民衆の抑圧に努める一方で、城内に17か所の慰安所を設立し、町で探した美しい同胞の女性に日本人のための人身御供となることを強制した。この17か所のいわゆる『慰安所』で、何万の同胞の女性が蹂躙されて犠牲となったかわからない」(143ページ)

〔その316〕青地しん解説『ドキュメント太平洋戦争D外地に骨を埋ずめて』汐文社、1975年発行。同書中の「従軍慰安婦という女たち」と題する千田夏光執筆の章。
(その316・1)
「(支那事変のとき)御用商人は、当時北九州炭鉱地帯の飯場に多く働いていた朝鮮人女性労務者をかき集め、要求された頭数をそろえにかかった。故郷の朝鮮を追われるごとく去り、そこで選炭婦、炊事婦などをしている売春未経験の娘たちである。世間知らずの彼女らを口先ひとつでコロリとだますのは、口八丁手八丁の御用商人には赤子の手をひねるようなもので、またたく間に命じられた頭数をそろえ、昭和13(12?)年12月27日か28日には博多から輸送船に乗せた」(114ページ)「昭和13年末より同14年にかけた時期から、組織的な慰安婦募集が朝鮮ではじまっている事実である。“韓国”忠清北道に住む韓ムンスウさん、女性、56歳によると、『彼等は、まず主として南部の釜山、馬山あたりの貧しい農村にきて駐在所の警官とか面長(村長)を同道し、“楽な若い娘むきの仕事で金になる、食事も与えられる”といって各家をまわり、未婚の若い女性をつれていった』という。彼等とは御用商人のことだ」「『とにかく彼女等は警官や面長を信じ、警官や面長がまさか慰安婦募集に協力しているとは思いもしないから、貧しい者からつぎつぎ応募していったのでした』。韓ムンスウさんはそう回想する」「“関特演”徴募のとき各村ではどのようにして女性が集められたのか。ソウル特別市麻浦区で商店を経営するR氏は、ぜったいに名前を秘匿してくれるならという前提でこう語ってくれた。『私の父親は“韓”半島の南部にある面で面長をしていましたが、あの年の7月8日か9日です。駐在所の警官が訪れてきました。もちろん日本人です。父は彼から何やら話を聞かされていましたが、翌日から、貧しくて娘のいる家を一軒一軒あるき“軍隊で洗濯や、炊事などする仕事がある。危険はないし金はたくさん貰えるし、心配ない仕事”だと言って勧誘していました。そのとき必ず警官が一緒についていて、勧誘する父の後ろから、断れば許さぬぞという面がまえでにらみすえていたのでした。このとき私の面から4人の女性が出てゆきました』」「ちなみにR氏一家は日本の敗戦、すなわち朝鮮民族の独立後、このときの責任追究からムラを追われ、ソウルへと流れていった」「この朝鮮人慰安婦は大東亜戦争になり兵員の動員がより進むにつれ」「日本人警官が直接的方法で法の名により集める方法にかわっていく」「それは“挺身隊”の名により集める方法だった。工場で働かせることを主体とした徴用令により集めた者のうちから、必要人員をそれに当てたのである。昭和19年からのことだ。いま“韓国”においては“従軍慰安婦”と“挺身隊”を同義語とされているのはこのためである」(120〜126ページ)

〔その317〕南京戦史編集委員会編『南京戦史資料集』偕行社、1989年発行。南京事件の検証のため収集された陣中日記・戦史などの資料集。
(その317・1)中国。
「飯沼守日記<陸軍少将・上海派遣軍参謀長>」「(昭和12年)10月26日」「兵卒の上海市内に入る者多く風紀を紊すのみならず流言の流布防諜上甚だ寒心に堪えざるものありとのことなるを以て酒保を速に開設し上海市の出入を禁止することとせり(実施は酒保開設後)」(163ページ)「11月10日」「酒保も大繁昌1個所1万円以上の売上あり、為替も1万数千円に上りありと」(184ページ)「12月11日」「本日及川恩賞課長来たりし由なるも会えず。慰安施設の件方面軍より書類来たり実施を取計う」(211ページ)「12月19日」「憲兵の報告に依れば18日中山陵奥の建物に放火し今尚燃えつつあり。又避難民区に将校の率いる部隊侵入強姦せりと言う。<真偽確かならざるも>其他之に類すること及英、米大使館又は領事館の『トラック』を押収し或はせんとしたる者ありて注意事項は実行せられあらず。本夜副長より参謀長に電話にて注意を与う」「迅速に女郎屋を設ける件に就き長中佐に依頼す」(220ページ)「12月25日」「長中佐上海より帰る、青幇の大親分黄金栄に面会上海市政府建設等の打合せを為し先方も大乗気、又女郎の処置も内地人、支那人共に招致募集の手筈整い年末には開業せしめ得る段取りとなれり」(226ページ)
「上村利道日記<上海派遣軍参謀副長・歩兵大佐>」「12月28日」「南京慰安所の開設に就て第二課案を審議す」(280ページ)
「山崎正男日記<第10軍参謀・歩兵少佐>」「12月18日(湖州)」「先行せる寺田中佐は憲兵を指導して湖州に娯楽機関を設置す。最初4名なりしも本日より7名になりしと、未だ恐怖心ありし為集りも悪く『サービス』も不良なる由なるも、生命の安全なること、金銭を必ず支払うこと、酷使せざることが普及徹底すれば、逐次希望者も集り来るべく、憲兵は100人位集るべしと漏せり。而して其の繁昌振りは相当なるものにして、別に告知を出したる訳でもなく、入口に標識を為したるのもあらざるに、兵は何処からか伝え聞きて大繁昌を呈し、動ともすれば酷使に陥り注意しありとのことなり。先行し来れる寺田中佐は素より自ら実験済みなるも、本日到着せる大坂少佐、仙頭大尉この話を聞き耐らなくなったと見えて、憲兵隊長と共に早速出掛けて行く。約1時間半にして帰り来る。憲兵隊長の口添えもありし関係か非常に『サービス』良かりしと、概ね満足の体なり。予も一緒に行けと勧められしも兎に角断り置く。予は娯楽に就ては次の方針を取らんとす。藤本大佐も概ね同意なり。一度味を覚えれば内地に在るとき同様、数日に1回とか週に1回とかに実施せされば物足らぬ様になるに違いなく、然るときはその湧き出ずる力を抑えるのに却って苦労するに違いなからん。寧ろかかる習慣をつけざるに限る、然れども若し他人より見て明瞭に神経衰弱の徴候を現わし、是非とも一度遊ぶを可とするときに至らば、其の時に初めて行くことにし、自ら求めて好奇心に駈られていくことは絶対に之を避く」(411〜412ページ)

〔その318〕洞富雄編『日中戦争南京大残虐事件資料集第一巻』青木書店、1985年発行。東京裁判で、検察官が提出した証拠のひとつに対する編者?の解説。
(その318・1)中国。
「ここ(検察官提出の証拠)に『動乱地域から帰還した軍隊及軍人の状態』といわれているものは、昭和14年2月、陸軍省が、内地・朝鮮・台湾・満州にある陸軍部隊に対し、『支那事変地より帰還する軍隊及軍人の言動指導取締に関して』通牒を発したとき、指導・取締りの参考として送付した『支那事変地より帰還の軍隊・軍人の状況』である」「(その『状況』の)『風紀・軍紀に就て』」「(中の)軍紀・風紀上注意を要する主なる言辞の事例左の如し」「○親子4人を捕え、娘は女郎同様に弄んで居たが、親が余り娘を返せと言うので親は殺し、残る娘は部隊出発迄相変らず弄んで、出発間際に殺して了った」「○戦争に参加した軍人を一々調べたら、皆殺人・強盗・強姦の犯人ばかりだろう」「○約半年に亙る戦闘中に覚えたのは強姦と強盗位のものだ」「○部隊では将校3円、下士官2円、兵1円の淫売通用券を発行し将兵を遊ばせて居る」(336〜337ページ)

〔その319〕朝日新聞社編『女たちの太平洋戦争』朝日文庫、1996年発行。
(その319・1)中国・通化。
「身代わりになった元慰安婦の方々(と題する手記)」「(筆者は)兵庫県川西市在住、主婦・68歳」「終戦を旧満州(中国東北部)通化市で迎えた私たちの間で、当時、ソ連軍の進入駐屯が話題になった」「そのうち多数のソ連軍が駐屯司令部を置いた」「しばらくしてから日本人会に対し、男子の使役と共に“婦女子の奉仕”を申し渡してきた」「当時、偶然にも元慰安婦だった人たちが、通化で足止めを食っていた。その人たちが犠牲になってくれたのである。私たちは、犠牲になってくれる人のために大切にしていた訪問着や晴着を感謝しながらできるだけ提供した。ある日、駐屯司令部前を通りかかった時、着物姿の元慰安婦の方々の姿が見えた」(88〜89ページ)
(その319・2)東チモール。
「強制労働・慰安所の開設」「広島県御調郡在住、農業・69歳」「(昭和17年8月?)わが1中隊は東チモールへ」「無人の港町と化したラウテンを経て内陸部の高地アビスに進駐した」「こうした最前線にも慰安所が開設された。キセル島から『アビスで食堂の給仕をさせる』と偽って連れてこられた娘たちであった。敗戦直前、チモール島から撤退する際、彼女たちは『こんな体になって恥ずかしくて島へは帰れない。ジャワでも日本でもどこでもよいから連れて行ってくれ』と泣いて哀願したという」(180ページ)

〔その320〕大石進著『弁護士布施辰治』西田書店、2010年発行。
(その320・1)
「(大正時代以来、布施が取り組んだ日本での)廃娼運動を法律的に構成すれば、前借金契約の無効と、自由廃業の権利ということになる。布施はそのための理論的枠組みとして、民法90条の公序良俗規定などとともに、古い太政官布告まで援用している。『人身を売買致し、又は年期を限り其主人の存意に任せ、虐使し候は人倫に背き、有るまじき事に付き、古来禁制の処……(明治5年10月2日 太政官第209号布告)。娼妓芸妓は、人身の権利を失ふ者にて、牛馬に異ならず、人より牛馬に物返弁を求むるの理なし(明治5年10月9日 司法省第22号布告)』。いかに彼女らの自由を守るためとはいえ、『牛馬に異ならず』、とはひどい物言いである。『牛馬解放(ときはなち)令』などといわれるこの太政官布告の由来はよく知られている。1872(明治5)年横浜停泊中のペルー船籍船マリアルス号から中国人奴隷が逃亡する。日本では人身売買は御法度だといって船舶中の奴隷を解放させようとしたところ、マリマルス号船長から日本にも芸妓娼妓のような人身売買があるではないか、とねじ込まれ、あわてて作ったものである。しかし、『牛馬に異ならず』の表現は、太政官布告・司法省布告が人権意識に基づくものではなく、先進諸国からの圧力に応えるためのものだったことをはしなくも物語っている」(76〜77ページ)

〔その321〕朝日新聞東京社会部OB会編『戦中・戦後50年』騒人社、1994年発行。
(その321・1)昭和13年、中国・漢口。
「御用船で送られてきた慰安婦たちー揚子江上の一枚の写真(と題する)」「熊崎玉樹=写真部出身(の手記)」「漢口(いまの武漢)が陥落して初めての冬だから、昭和13年の冬だったと思う。当時カメラマンとして朝日新聞の漢口支局にいた私は、内地から御用船が入るというので、小艇に乗り、途中から御用船に乗り移って、この一枚の写真をとった」「船上の男は、ほとんどが軍服に似たカーキ色の服と帽子。女は洋服あり着物ありだが、そう上等なものではない」「写真の左端、真ん中ごろには女たちが輪をつくって話し合っている右半分が見える」「御用船の係の人から私は、この人たちは『軍属と慰安婦』だと聞かされて、メモに『湖北省漢口に送られてきた慰安婦の一団と軍属たち』と書いた」(19〜20ページ)

〔その322〕笠原十九司・吉田裕編『現代歴史学と南京事件』柏書房、2006年発行。
(その322・1)
「『渡辺進軍医大尉日記』で軍慰安所関係の記述が最初に現われるのは、上海派遣軍が参謀第二課の軍慰安所開設案を審議した(昭和12年)12月28日からである。以下、日記から関係部分を摘記してみよう」
「12月28日」「豊島大尉を見送り、明日検梅76名の件、野戦予備病院第13班に連絡」「午后1時、小出少佐は上海派遣軍司令部へ会議(軍慰安の件)」「検梅医官、第13班より佐伯中尉、平尾少尉来る。明朝より検梅の打合せをなす」「午后5時より小口大尉と共に、第一、第二楼及四達里、瑞芳泉を視察す」「12月29日」「小口大尉はP検査の指導に行く」「12月31日」「午后、小口大尉は第13班佐伯、平尾と現地調弁品の検査を為す。大変な騒ぎなり」「(昭和13年)1月2日」「午前、榊原参謀と第13班に行き、鼓楼飯店にて佐々少佐と共に検査。東洋洋行の松原氏夫人が連れて来たものなり」「1月5日」「午后3時、将校会報。参謀長より」「支那人に対しては防諜。○上海に《で》女に対し機秘密が洩れる。○書類、地図の遺留、紙屑等」「1月6日」「漢口のS17名来る。大西参謀と之を見る」「1月7日」「鮮P来れりとの事にて平賀大尉、鷹津少佐と行く」「1月23日」「花柳病調査」「1月24日」「サック送附の件」(196〜200ページ)

〔その323〕真鍋元之解説『シリーズ現代史の証言4・帝国軍隊従軍記』汐文社、1975年発行。
(その323・1)昭和16年12月、仏印・カムラン湾。
「兵隊の幽霊(と題する)竹森一男(の手記)」「(昭和16年12月、仏印・カムラン湾の輸送船上で)中隊長は船橋に私たちを集め、興奮しひきつった声で叫んだ。『われわれの敵は英国である!』」「船中で手の切れるような新鮮な軍票が、俸給として支給された」「『マレー語早やわかり』という活版刷りの小冊子までもらった。船には兵站司令部勤務隊、警備隊その他の兵站関係諸部隊が乗っていた。任務の必要からでもあろうが、すでに現地徴発の慰安婦まで船艙につめこんでいるという。まさに天才的な主計たちの働きというべきであろう。おれたちのために女まで準備していただき、ありがとう。ピーたちよ、どうか生きながらえて欲しい」「私たち兵站部隊は敵のいないタイ領シンゴラへ上陸し、国境線を越えて英領マレーのアロールスターで業務を開始した」「勤務隊は街の清掃、宿舎の設備、糧食の集積、炊事、などから仕事にかかった。ぞくぞくやってくる通過部隊の宿舎の世話、糧食の補給などがおもな仕事で、じつに手早く慰安所の開設までやってのけた」(75〜78ページ)

〔その324〕春風亭柳昇著『与太郎戦記』立風書房、1969年発行。著者は、昭和16年、召集され、内地勤務の後、18年4月、中国に出発する。
(その324・1)昭和18年、中国・巣湖。
「私たちの駐屯していた町は、治安もよく、城壁内はまず平穏で、日曜日には外出も許されていた。外出といっても猫の額のような町だ。慰安所以外に行くところがなかった。だから、外出整列の際には、“突撃一番”という名前だけは勇ましい、例のゴム製品が一個ずつ渡される。ところが私は、ご存知のマジメ人間。戦場でこの身を花と散らす覚悟はあったが、ベッドの上の戦場で童貞を散らしてしまうのは、どうも気がすすまなかった。だから、まだ一度も“突撃一番”を敢行したことはなかった」(83ページ)「そのころ、どんな目的だったのか、連隊中の兵長を一か所に集めて、1か月間特別教育というのがあった」「兵長は、私のような現役が3分の1で、あとは予備役召集の人たちだった。つまり、シャバの経験も豊富な年配者である」「中に新聞記者出身という兵長が一人いた。ブルドッグのような顔をしているくせに、吉原に関しては、知らぬことがないというくらいの知識人だった」「当時、治安状況の悪くないところでは、日本軍の駐屯地には、かならず、慰安所……陸軍専用のお女郎屋があった。女性は現地徴用の人が多かった。(この新聞記者出身兵長に童貞放棄をすすめられ)日曜日、週番下士官から“突撃一番”をもらい、記者兵長氏といっしょに出かけた。慰安所は、隊のじき近くにあり、玄関をはいると、中は、10部屋ぐらいあるアパート風の平家(ひらや)である。小母(おば)さんというのは日本人だ」「小母さんは、一人の女性を私にわりあてた。25、6歳ぐらい、いやに肉づきのいい女で、身長も私くらいあった。私は、男でもむしろ大きなほうだから、たいへんな大女だ」「部屋にはいると大女はすぐに中国服をぬぎにかかった」「『あと、お客来るよ、快々的(カイカイデ)』。大女にせきたてられ、私は勇気をふるい、任務のために邁進した。大女がすべての操作を要領よく導いてくれたが、突撃した私の敵前上陸は、水際で呆気なく玉砕した。私は失望した。こんなものに、なぜみんな大さわぎをし、しかも軍でも奨励するのだろう、私は皇軍の良識を、一瞬疑った。大女の部屋には日本名で“花子”という表札がかかっていた」「『つまらないものだ。こんなところ、二度と来ない』と、心底そう思い、吐き捨てるようにいって慰安所を出た。だが、これまたフシギなことに、私は、次の日曜日も、花子さんの部屋を訪問したのである」(122〜127ページ)

〔その325〕井上源吉著『戦地憲兵』図書出版社、1980年発行。井上は、昭和12年、応召し、中国各地の憲兵隊を転任。敗戦時、陸軍憲兵曹長。
(その325・1)昭和13年8月?、中国・南通。
「百一師団がこの地方の警備につくと南通の町にも朝鮮人慰安婦たちが進出してきた。部隊では彼女たちを東門外の民家に入れて下士官兵用とし、城内にも一か所慰安所を作り、中国人の芸妓たちを徴用してこれを将校用とした」(103〜104ページ)
(その325・2)昭和14年3月、中国・徳安。
「私たちは数日間城外のくずれ残った民家に宿営して前進命令を待った。しかし、なんとも水の汚いのには閉口した」「なにしろたった一つの水たまりをたくさんの通過部隊が使っているのだから」「おまけに、水たまりの岸にはドラムカンの風呂がならび、兵隊のほか朝鮮人慰安婦たちが入浴している。これらの汚水が、ふたたびみたび同じ水たまりへ逆流しているのだから、ものすごい汚れようであった」(131ページ)
(その325・3)昭和15年3月、中国・南昌。
「南昌特務機関は当時南昌警備部隊であった第34師団の参謀長、桜井徳太郎大佐の指導を受けていた。昭和15年3月末ごろのこと、特務機関では中国兵を相手とする慰安婦をつのり、約1か月のあいだ、これら中国婦人たちを中国軍支配地区へ派遣し、慰問団として各地を巡回させていた」「その目的は、敵情の調査や敵兵の戦意喪失など、諜報謀略だった」(144〜145ページ)
(その325・4)昭和16年6月、中国・九江。
「環城路の両側は、主として軍の慰安施設が多く、ゆたか、桃園など、小料理屋、料亭がならんでいた。通りの西側、甘ドウ湖畔にがんばる憲兵分隊を過ぎると、その隣家から先は慰安所街で、日本、朝鮮、中国など各国の遊女をかかえた慰安所十数軒がノキをならべ、その先は甘ドウ湖畔にある将校クラブ(将校用慰安所)、料亭日華荘までで邦人居住地区は終っていた」(172〜173ページ)
(その325・5)昭和20年8月、中国・易家湾。
「(易家湾に向う途中の出来事)来陽河の対岸から軍用の軽便列車に乗ったのは8月24日のことであった」「発車まぎわになって5、6人の朝鮮人慰安婦が私たちの前の車両に乗りこんできた」「彼女らの乗車に先だって、列車長と一人の中尉がホームで何事か言いあらそっていた。彼女らを乗車させるための交渉をしていたのだ。列車長は『すでに満員でこれ以上の乗車は危険だし、軍用列車に女を乗せるのは不吉だから乗車させない』といい、中尉は『慰安婦だって軍に協力してくれたのだから、乗車させてもよいはずだ。看護婦だって女だ。彼女らとどこがちがうのだ。かよわい女の足で歩かせるわけにはいかないのだ』と強硬に主張してゆずらなかった。しかしけっきょく列車長が折れて、乗車させることになった」「やがて易家湾駅へつくと、ここには野戦軍事郵便局があって、兵隊たちが持つ軍票を回収するため、通過する部隊にたいして預金をすすめていた。私たちもそれぞれ何がしかの預金をしたが、その後の苦しい俘虜生活を思えば、せめてこの金でラーメンの一杯でも皆で食べればよかった、と悔やまれた。2、3日前に私たちが衡陽へ到着したころには、すでに日本軍敗戦の情報は住民たちの末端にまで知れわたっていた。軍票の価値は日に日に暴落し、ラーメン一杯が2万、3万という状態になっていた。それでもまだ日本軍が完全武装のまま駐留していたので、かろうじて通貨として通用してはいたのだが、3億円という多額の軍票をトラックに積んで前線から引き揚げてきた朝鮮人慰安所店主などは、この金の処置に困っていた」(255〜256ページ)

〔その326〕倉茂好雄著『蘭印滞在記』清水弘文堂、1988年発行。
(その326・1)昭和19年3月?、インドネシア・マカッサル。
「軍の赴く所どこにも慰安隊が付随していたというが、ここスラウェシも例外ではなかった。マカッサルの郊外にあった慰安所には、軍専用のものと一般民間人用、さらに、現地人用があり、軍人用にも将校用と兵用との区別があった。将校用には元オランダ人の立派な住宅が用いられ、兵用には中国人の粗末な住宅があてられ、現地人用にはニッパヤシ囲いの極めて粗末な現地人の住宅が用いられた。従事する女性は、インドネシア人、現地人とインドネシア人の混血があり、日本人もいたというが、朝鮮半島から徴用された人たちだという」「これは公営の施設であり、民政部の役人によって、定期的に検診が行われていた。また、現地生産のゴム衛生品もあったので、性病感染の恐れはなかった」(59〜60ページ)

〔その327〕岡田聰著『戦中・戦後』図書出版社、1976年発行。岡田は、海軍報道班員として南方戦線に従軍。
(その327・1)昭和19年3月?、ニューギニア・マノクワリ。
「一度こういうことがあった。ジャバ、セレベス、ハルマヘラへ出張することになって、丸山さんに相談したら、『ハルマヘラから、ついでにセレベスへ行くといい。あそこには日本人やスペイン人、オランダ人の慰安婦がいるから、息抜きをしていらっしゃい。衛生隊でコンドームをもらってあげよう』」「だが航空便が杜絶して出張はできず、ハート美人(コンドーム)は使わずじまいだった」「マノクワリには、海岸通りに慰安所だけは設置されたが、戦局の悪化とともに、かんじんの慰安婦は、来られなくなったので、兵隊たちはがっかりしていた」(97〜98ページ)

〔その328〕宮部一三編『白衣の天使』叢文社、1981年発行。副題は、ビルマ最前線・従軍看護婦死闘の手記。
(その328・1)昭和18年11月、門司。
「静岡第486救護班」「ビルマ従軍の思い出(と題する同班員の手記)」「(昭和18年)11月6日、宇品の司令部の広場で読去式も済み、同日輸送船『あらびや丸』に乗船しました。船内は兵隊さん大勢と、看護婦200名、それに『ピーサン』と、呼ばれる若い半島出身の女の子が100人位乗っていました。この人達には5人に1人位の割で、親方という人が付いていました。永い航海のある日、この人達がアリランやトラヂトラヂ等を、あの半島の美しい服装で披露してくれました。やっと15、6になったような可愛い子ばかりなのに、一層あわれを誘いました」(62〜63ページ)「(敗戦後)この(プノンペンの)兵站には、ヨチヨチ歩きの子供を連れた慰安婦さんが宿泊していました。子供達はお腹をすかせているのか、母親にかまって貰えないのか、泣き声も寒々として哀れをさそいました。どうして子供を連れているのかしら、何か手立ては有った筈なのにと不思議に思い聞いてみましたら『子供は売れる』ということでした」(83〜84ページ)
「石川第488救護班」「ビルマ追憶の記(と題する同班員の手記)」「軍属宣誓を終えた私達10ヶ班を乗せた『あらびあ丸』は宇品を出て門司に着いた。多勢の軍人にまじり朝鮮の女性が数十人乗船し、奇異に感じた。この人達はどこへ何しに行くのだろう、甲板で遊ぶこの女性を見て不思議で不思議で仕方がなかった。後から少しずつ少しずつ解ったような気がしたが、どうして神様のような日本軍にこのような女性が必要なのか、1週間程前に卒業証書を手にした私達には不可解なことであった」(176ページ)
「石川第488救護班」「赤十字マークの病棟爆撃(と題する同班員の手記)」「一夜明けたら門司港、ここで給水、食糧、燃料を満載するらしい。タイピスト50人、朝鮮の慰安婦200人も乗船、船内は派手な服装の姿の人が多い」「11月11日門司出港」「11月13日午後6時頃、ドカンとの響きにより非常呼集で全員甲板に集合、視界は薄暗い。船団後部の一隻が轟沈と聞く、海軍の船だそうである。場所は済洲島附近」「慰安婦の一人がアイゴーアイゴーと泣いている。これも日本国民なのかと思うと情けない」(185ページ)

〔その329〕角田和男著『修羅の翼』今日の話題社、1990年発行。著者は、予科練出身搭乗員として、昭和17年7月から約1年間は南方・ラバウルなどで戦う。
(その329・1)昭和17年8月?、南方・ラバウル。
「戦地の事、幾分日没後は暇になり、先輩に誘われ遊びに出るようになった。我々新米の准士官(飛行兵曹長)では士官慰安所では相手にもされない。下士官兵の慰安所は、夜はもちろん外出する者はないので空いているので、そちらの方へ行く者が多かった。慰安婦は朝鮮出身者だったが、初めて訪れた時、ほとんどの者が洋服でいた。中に、一人だけ和服を着て座っており、部屋をのぞいた時丁寧に頭を下げて『お帰りなさい』と淀みない標準語で挨拶され、ツイ足を止めるようになった。それが半年余り交際するようになった若丸であった。本名はわすれてしまった。まだ何日も経たない夜、夜半よりB24の空襲を受けた事があった。爆撃よりも安眠妨害が目的で、小型爆弾に依る波状攻撃だった。防空隊では寝る事も出来ず一晩中対空戦闘が続いていた。私は、慰安所にもある防空壕に入ろうと彼女を誘った所が、『私は行きません、兵隊さんどうぞ行ってください』と言う。『どうしたんだ、危ないぞ』と言うと、『防空壕に入ったんではいつまでも戦死できませんから』と言う。不思議に思い色々事情を尋ねると、ここラバウルに今いる海軍下士官兵用の慰安婦は、殆どが元山付近の北朝鮮出身者が多いのだが、初めは女子勤労挺身隊として徴用され、横浜に着いた時に、内地の軍需工場に働く者と前線の慰安部隊との希望を聞かれ、気の強い仲間が仕事の内容は知らずにお茶汲みか食事洗濯の手伝い位に考えて前線を希望したのだという。船に乗せられてトラック島に向う途中で初めて慰安婦の仕事を説明され、驚いたが既に遅かった。船の中では、毎日、これも天皇陛下のためであると教育され、トラックを経由、ラバウルに着いた時は大部分の者があきらめ、しばらくの間は4、5名の者が言う事を聞かなかったが、今では故郷に許婚者が待っているという一人だけが頑張って何と言われても聞かず、仲間の洗濯、炊事などをしているということであった。『私は天皇陛下のために兵隊さんの奥さんの代わりを勤めようと決心しました。仲間内には良く日本語の話せない子もいますが、私は京城の高等女学校を卒業し、内地人の生活も大体知っているので、なるべく内地の奥様らしく務めるよう努力しているのです』と、初めて会った時の挨拶もこの子に出来る精一杯の忠義心であったのだ。しかし、このような事は故郷には知らせられない。家には横浜局気付で元気に工場で働いている。詳しい事は軍機で書けない。といつも簡単に葉書を出している。お金は沢山貰えるが、使い用がない。家に10円以上は送れないという。それ以上の大金が女の子にかせげる訳がないから監督者は金をためて、横浜辺りで将来は料理店でも開いたらどうかという事で、大体みなその積りで故郷へは帰らない決心でいるのだという。『監督の説明では、もし万一ここで戦死するような事があれば、身分を1階級進めて特旨看護婦として公報され、靖国神社に祭ってもらえるとの事です。私は店を開くより靖国神社に祭ってもらい、立派に軍属として父母に公報を届けて貰った方が良いのです。防空壕に入っては戦死できませんから』と言う。戦争とはいえ何と不幸な人達のいる事か。人生も完全に狂わされてしまったのだ。時々心ない兵隊のからかいに、彼女達は、『何を言うか、天皇陛下一つ、朝鮮朝鮮パカにするな』の叫び声は毎夜のようにどこかで聞かれた」「死を決している少女の言葉にウソは無いと信じた。そうと聞いて一人逃げる訳には行かない。『チラッ』と妻の顔が浮かんだが、天皇陛下のためにとこの道を選んだ少女がいるなら陛下に代ってお詫びの印に、私も一緒に万一の場合は死んでやろう、と決心した。『本当に一緒にいてくれますか、前に聞いた事ですが、もし爆弾が当って2人一緒に戦死すれば、海軍では一夜でも妻は妻、一緒に海軍葬をしてくれるそうです。私は飛行士官の妻として靖国神社に祭って貰えるかも知れませんね』と言う。私は服装を整えて静かに横になっていた。終夜続いた間断的な盲爆の1発で、30キロ位の爆弾が慰安所の庭に落ちた。バリ、バリッという屋根に破片の落ちる音と共に二階から人声がする。誰か他にもいる。飛び起きて見に行った若丸が、しばらくして眼を輝かして帰ってきた。『今夜も防空壕に入らない者が7人ばかりいる。でも皆一人で寝ている。丁度上の部屋の子が足に破片を受けて今病院に運ばれて行った。あの子は可哀想だった』と。しかし、嬉しそうに『今日は爆弾が当る、当る』と歌うように口づさみ私の横に寄り添って、胸に顔を埋め、真剣に、『神様仏様、どうか今夜は爆弾が命中しますように』と、小声で祈っていた。本当に可愛い子だった」(127〜129ページ)
「(昭和18年の)紀元節前後の頃、要務があって飛行機隊が一時ラバウルに復帰したことがあった。その晩私達の私室に在ラバウルの先任搭乗員楢原上飛曹が訪ねてきた事があった。深刻な顔色で」「『先程慰安婦が3人、誰に聞いたか582空に戦闘機隊が来た事を聞いて慰安所より脱出して私達の宿舎を探し当てて参りました。話を聞くとこの3人がそれぞれ山本、長野、古本の3下士官を好きになってしまい、彼等のいないラバウルでは客を取らないと582空のブイン進出以来ずっとストライキを続けて、監督部隊の先任伍長より大分罰直を受けたらしく、話では盥に水を入れて頭の上に長時間支えさせたり、頭も大分殴られたらしく青くはれている。今日話を聞いて我慢できなくなり逃げ出して来てしまった、と言うのです。大切な郵便貯金通帳(2飛曹の月給が21円か23円の時、既に彼女等は数万円の預金を持っていた)だけ持ってきたが、これも要らないから使ってくれ、と出され、3人とも困っているのです。私達も聞いていて可哀想でたまらないので、分隊士(著者のこと)何とか彼女達を助けてもらえないでしょうか。こういうわけでお願いに上がりました』と(この話はしばらく様子をみることになったが)」「後日ブインより内地へ転勤の途次、例によって一回りしてみたが慰安婦達の数は増えていたが、前の子達は全部トラック基地へ引揚げたとの事であった」(133〜134ページ)
(その329・2)昭和19年11月、マニラ。
「朝から小雨が降った。正午になっても止まず、今日は索敵機が未だ出ないので、待機を解く、との指令があった。休業と分かるとたちまち搭乗員達は消えてしまった」「退屈なので掌経理長に教えられた慰安所の辺りでも散歩して、ひやかして来ようかと出かけてみた。慰安所は木造二階建てのバラックで、ラバウル辺りよりやや上等の建物だった。台湾出身の慰安婦が15、6人いるという。雨も小止みなのでブラブラ歩いていくと、その建物の裏口に出た。そこには隊長が立っており、私の足音に振り返って静かに、静かにという。そして手真似で言われるまま板壁の向こうを見ると、正面帳場の座敷を開け放して5、6人の搭乗員と同数の慰安婦達がトランプ遊びの真っ最中だ。慰安婦は18、9才か、揃いの純白の服で美人揃いだ。茶褐色の飛行服もちょうど同年代、わあわあ大騒ぎしながら遊びに興じている」(280〜281ページ)

〔その330〕東門容著『さくら、ムラティの花咲く陰に』思想の科学社、1992年発行。著者は、昭和18年、応召し、スマトラ島に駐留する。
(その330・1)インドネシア。
「激戦が行われた中国やビルマ、フィリピンと違って、ここでは日本本土のように(軍人相手の)売春宿といった感じで、兵隊が行列して待つというような光景は見られなかった」「大都市メダン等では、シンガポール同様、高級将校や軍属、商社員相手の料亭や待合、芸妓まで存在していた。従軍慰安婦の方も最初は日本人もいたようだが、そのうち朝鮮人女性だけになり、それに現地人の女性も加わるようになった。朝鮮人女性の場合は当時でも、日本の官憲による甘言、欺瞞、強制等の非常手段により慰安婦とされたことは広く知られていた(尚インドネシア人女性についてもこれに近い手段が取られたという証言が最近出てきた)」「終戦、日本軍は慰安婦の存在を秘匿するため、急遽彼女たちを軍の病院に収容し、看護婦という身分に変えてしまった。なお朝鮮人慰安婦の中には、しっかり者もいて、ごく少数ながら、その身分を脱して軍酒保(食堂)の経営者になった者もいた」(304〜305ページ)

〔その331〕平塚柾緒著『証言記録 生還 玉砕の島ペリリュー戦記』学研パブリッシング、2010年発行。
(その331・1)昭和19年、南方・ペリリュー島。
「歩兵第二連隊の一等兵であった森島通さんも、(約1万人の日本軍が壊滅した)ペリリュー島から生還した“34人”の一人だが」「『私たちがペリリューに上陸した当時(昭和19年4月)は、慰安婦は3人ぐらいいました。いずれも将校用だったんでしょうが、(19年9月)米軍が上陸する前にパラオ本島に引き揚げて行った。ある隊長の“専用”だけが残った。そのペリリューに一人残った慰安婦は兵隊と同じ恰好をして、よく釣りなどしていたですな。星(階級章)はつけていなくて、少しぽてっとした感じだった。敵が上陸する前にその女を2、3度みかけたことがありましたからね。連隊本部が全滅し、敗残兵の生活をしているとき、(島内の通称)水戸山に建てられてある十字架のようなものを眺めて、よく「あれ、なんだろうか?」といっていたんだが、戦後、米軍に投降してから聞いた話によれば、(武器を持って攻撃する)その女の兵隊をやっつけるために米軍側は何人もの死傷者を出したという。それで米軍の戦友たちは戦闘が終わってから、女の兵隊が死んでいたところに十字架を建てたそうなんです』」(201〜202ページ)

〔その332〕谷川美津枝著『女たちの遙かなる戦場』光人社、1989年発行。副題は、従軍看護婦たちの長かった昭和史。
(その332・1)中国。
「南京大虐殺の惨状を見た(と題する証言)」「船渡めつい(日赤北海道支部第二班救護看護婦)の場合」「もうひとつ驚いたことは、話に聞いていた軍隊の慰安所を見たことだった。(昭和13年)広東に上陸して、迎えの将兵に連れられて部隊に到着し、整列したとき、第7救護班の看護婦たちは、『日本人の女性でこの地を踏んだのは、あなた方が初めてです』といわれた。めついたちは名誉なことだと思った。女で従軍できるのは看護婦以外にない。陛下のために死ぬるのならと、志願したのだ」「ところが、兵隊から、『あんたたち、兵隊たちは後方に慰安婦がきたと部隊に連絡がくると、3キロも4キロも行くんだよ』ときかされた。さらに、『性欲のはけ口がないと、士気に影響するんだ』ともいわれて、(ああ、そうなのか)と漠然と思った。学校を占領した宿舎に入るとき、めついたちは隣りの建物の東側に、縄をかけて赤や白の腰巻をズロースが7、8枚干してあったのを見かけたのである。『あら、あんなところに』。だれかが言ったとき、同行の兵隊が、『のぞくんじゃない』と制した。看護婦たちは顔を見合わせたが」「夜、暗くなってから見に行ってみようということになった。そっと覗くと、建物の入口に『受付』と書いた札が下がっていて、兵隊が1人、2人と入っていくのが見えた。そこは慰安所で、あの風にひるがえっていたのは、慰安婦の下着だったのだ」(54ページ)
「乳児を残して涙の出征(と題する証言)」「小浜静子(日赤北海道支部第7班救護看護婦)の場合」「(昭和14年)8月13日、第7救護班は医員3名、薬剤員1名、書記1名、看護婦長4名、看護婦26名、使丁1名という編成で、もと貨物船だった病院船『三笠丸』に乗船した。乗船したのは救護班だけではなく、兵隊もいれば慰問団の踊り子たちや一般の民間人もいた。なかに若い女性ばかり5人をひきつれたひときわ目立つ30歳ぐらいの女性がいた。彼女はどこかの女将らしく、広島から南京に行って将校専門の料理屋をするといっていた。『朝鮮の人はよく働くよ。ものすごい馬力があるんだから』と笑っていたが、彼女のそばで一塊りになっている女性たちが、日本人なのか、朝鮮人なのか、その区別はつかなかった」(65〜66ページ)
(その332・2)昭和18年、南方・ラバウル。
「南十字星の輝く戦場で(と題する証言)」「窪田マツエ(日赤北海道支部第316班救護看護婦)の場合」「ラバウルの生活にも馴れたころ、兵站病院に若い女性が虫垂炎で入院してきた。男ばかりの病室に女性の患者が来るというので、病室を仕切って入れたが、同僚の話だと、彼女は本部からきた将校づきのピーさん(慰安婦)だったという。そのころとしては贅沢な絹布の布団を持参し、じつに艶やかな人だったそうだ」「12月29日、ラバウルもいよいよ危険になって来たということで、日赤の看護婦たちに帰還命令が出た」「12月30日、空襲の中を、マニラから来た最後の病院船『吉野丸』に、滋賀班など、五個班が乗船した。そのとき、日本婦人も乗船するときいていたが、日本婦人とは従軍慰安婦の人たちだった」(87〜92ページ)

〔その333〕塚本誠著『ある情報将校の記録』中公文庫、1998年発行(単行本、私家版、1971年発行)。著者は、大正13年、陸軍士官学校を卒業し、昭和2年、所属連隊とともに満州に向う。
(その333・1)昭和2年4月、中国・大連。
「大連に上陸し、初めて私は外地の土を踏んだ。埠頭には在住の日本人が多数出迎える」「妙な名称の『関東倉庫』とよぶ軍の宿泊施設に泊る」(89ページ)

〔その334〕石田勇治ら著『資料ドイツ外交官の見た南京事件』大月書店、2001年発行。南京などに駐在したドイツ外交官がドイツ外務省に報告した南京事件関連の文書集。
(その334・1)昭和13年、中国・南京。
「1938年2月7日付駐華ドイツ大使館報告第76号」「1938年1月20日の南京の状況」「日本大使館ではいつも豪勢な料理が食卓に並び、芸者たちは外交官が困難な時期をしのぐ手助けをさせられている」「自治委員会は、全焼した夫子廟に少女たちを集めて娼館を開いたが、その後、安全区内では故意の暴力行為はほとんど起こらなくなった。しかし、掠奪はいまでもまれにおこなわれているので、安全区はかなり厳しく警備されている」(111〜113ページ)
「1938年1月20日付南京ドイツ大使館分館第2号」「南京情勢の推移」「(自治委員会顧問で古物商の中国人)ジミーの最初の公務のひとつが娼館の設置であった。かれはこのため、城内にまだ残っていた、夫子廟付近の旧歓楽街の女性たちのなかから働き手を募った。また、自分の商店の在庫から必要な家具類も無償で提供したようだが、その後連れて来られた日本女性たちがいる娼館の備品については代金を請求したとのことである。いずれにせよ、ジミーはこうして同胞を大いに救うことになった。というのも、こうした娼館ができたことで、それまでエルフの王のごとく南京の尊い女性を手込めにしてきた日本暴兵の情欲が幾分和らいだからである」(116ページ)
「1938年2月3日付南京分館第6号」「本間少将と日高大使館参事官の南京訪問 兵站地での大宴会」「少将は協議日程を取り決める代わりに、われわれを日本大使館の晩餐会に招待した。その席には、米国大使館と英国領事館の職員も招かれていた」「日本側は、われわれがそもそも本間少将と話し合おうと考えていたすべての心配事や問題を派手な宴会で忘れさせようと努力した。宴会はわれわれの異議や苦情を封じ込めようとするあからさまな下心をもって開かれ」「愛くるしい芸者たちが、杯を飲み干す間も与えず酒の酌をし、将校たちはほどなく軍服の襟のボタンをはずし」「歌に興じ始めた。芸者たちは、手もなくわれわれ一同の膝の上に腰を下ろし、この甘美な重荷から解放されるには、グラモフォンの楽曲にあわせたダンスに彼女らを誘うしかなかった。日本軍将校や大使館員の中には、特大のセンセーションだと言って、2人の芸者がまだ処女だと憚りもなく囃し立てる輩がいた」(143〜144ページ)
(その334・2)昭和13年7月?、中国・包頭。
「1938年7月23日付北平分館」「綏遠における日本軍の残虐行為」「綏遠鉄道の沿線都市に駐屯する日本軍占領部隊は、多くの中国人女性と少女を手に入れる目的で、夜な夜な町をうろつくことを習慣にしていた。こうしたいつもの『巡察中』の出来事だが、数日前、北京=綏遠鉄道の終着駅包頭で、ひとりの下士官に率いられた日本軍部隊が、ある著名な中国人商人の屋敷に裏塀を越えて侵入した。連中は、この家の主人に輿入れしたばかりの若妻が町で評判の美人と聞いて、力ずくで彼女を拉致し、強姦する計画をたてたのである。主人は親戚縁者や召使いといっしょに抵抗し、日本兵の撃退に成功した。そのさい、部隊を指揮していた下士官が軽い傷を負った。日本兵が立ち去った後、若妻はすぐに助けを得て、難を逃れた。だがその後しばらくして、負傷した下士官が日本軍占領部隊の宿営から援軍を引き連れ、今度は屋敷の門前に姿を現わした。かれらはまたしても屋敷に押し入り、若妻が逃げた腹いせに、家の主人を捕えて両眼をえぐり、体に灯油をかけて生きたまま焼き殺した。半ば炭化した主人の死体はトラックに積まれ、『見せしめ』として包頭の街中をゆっくりと引き回された」「この恥ずべき行為の結末は実に深刻だった。包頭と周辺の住民のあいだに凄まじい憤激の嵐が巻き起こったため、事件を起こした部隊の司令官はその翌日、事件についての日本軍の遺憾の意を表明し、一族への謝罪と犯人の処罰を約束した」(277〜278ページ)

〔その335〕砂塚熊太郎著『人間らしく在りたい』合同出版、2006年発行。著者は、昭和12年10月、召集され、中国で輜重兵として参戦した。
(その335・1)昭和13年、中国・徳安?。
「昭和13年11月2日」「愈愈前進する。5時起床。若干の残置品に監視者を残して約20キロ越山市付近で露営する」「来辺路に慰安所が出来たとか、何と言う事だろう」(97〜98ページ)

〔その336〕岩井健著『C56南方戦場を行く』時事通信社、1978年発行。著者は、昭和15年、津田沼鉄道第二連隊に入営し、マレー、ビルマ、スマトラの鉄道建設に参加する。
(その336・1)昭和20年9月、インドネシア・ムアラ。
「ブキチンギにある南方第17陸軍病院の分院が、(著者らの駐屯する)このムアラに開設されることになった」「完成したバラック建築の病院には、第四大隊から内海軍医と衛生兵たちが、また鉄道建設隊タルック診療所から樫田軍医が勤務について、病院業務を開始した。それと同時に、ブキチンギの本院から20名近い補助看護婦が派遣されてきた。彼女たちは、中部スマトラ地区にいる女性を、敗戦によるトラブルから保護する一方策として考えだされたもので、『赤十字』を戴き、日本帰還の時期まで身分と生活を保証された。彼女たちの中には、パカンバル・ホテルの事務員や、私がパダン・ホテルや、ときわホテルで顔見知りの、伊勢丹から派遣されてきた女性も何名かいた」(222〜223ページ)

〔その337〕林禮二著『ビルマ戦中日記 死と生』連合出版、2012年発行。著者は、昭和17年、金沢の砲兵連隊に入営し、18年6月、ビルマに着く。
(その337・1)昭和18年8月、ビルマ・カロー。
「15日、教育終了後慰労の会食があった。女好きの参謀長の司会で日本人の芸者が来たりした」(28ページ)
(その337・2)昭和20年12月、ラングーン。
「ラングーン市タムエの日本人墓地」「の両側には戦前にビルマで亡くなった日本人の墓石が百ばかり並べてある。大部分が大正年代に亡くなった人で、九州殊に天草の女の人の名が読まれた。20才台の者が多いのは、淫を売りに流れて来た女達なのであろう」(158ページ)

〔その338〕岩手・和我のペン編『農民兵士の声が聞こえる』日本放送出版協会、1984年発行。岩手県の旧藤根村の元教師の家に残された同村出身の兵士が書いた軍事郵便集。
(その338・1)昭和13年4月、上海?。
「上海から家族へ(と題する衛生兵の軍事郵便)」「昭和13年4月6日 上海河辺部隊深谷隊本部より」「最近患者一千二、三百しか居りませんが、花柳病が急に多くなりました。花柳病は今後内地に送還しないそうです。原因を見ると、召集地或いは出港地に於いて自暴に遊んだのが多いようです。此の点応召者に御注意願います」(92ページ)

〔その339〕ミニー・ヴォートリン著『南京事件の日々』大月書店、1999年発行。南京事件当時、著者は、南京市内にあったアメリカ・キリスト教系金陵女学院の指導責任者で、アメリカへの報告のため、克明な日記をつける。当時50歳、女性。
(その339・1)南京。
「(昭和12年)12月24日」「10時ごろわたしの執務室に呼び出されて、師団の高級軍事顧問と会見することになった。さいわい、大使館付の年配の中国人通訳を同伴してきた。ここの避難民1万人のなかから売春婦100人を選別させてもらいたいというのが日本軍側の要求であった。彼らの考えでは、兵士が利用するための正規の認可慰安所を開設することができれば、何の罪もない慎みある女性にみだらな行為を働くことはなくなるだろう、というのだ。以後は女性を連行しないことを彼らが約束したので、物色を始めることを承知した。その間、軍事顧問はわたしの執務室で腰を掛けて待っていた。かなりの時間が経過してから、彼らはようやく21人を確保した。こうした物色がおこなわれていることを聞きつけて逃げ出した女性や、いまなお身を隠している女性もいると彼らは考えている。大勢の少女が次つぎにわたしのところへやってきて、残り79人は品行正しい少女のなかから選ぶのか、と質したが、わたしとしては、わたしが言って阻止できるのであれば、そういうことにはならないはずだ、と答えるのが精いっぱいだ」(77ページ)
「(昭和13年)2月8日」「けさ王さんがやってきて」「報告した」「西華門近くの何軒かの家では、兵士たちは若い女性を見つけることができないので、10代の少年を代用しているようだ」(157〜158ページ)
「2月18日 金曜日」「ある女性が、ここに避難している娘に会いに農村地域からやってきた。彼女の情報によれば、きのう彼女の近所の家いえから慰安のための婦人が大勢連れ去られたそうだ」(174〜175ページ)

〔その340〕戦場体験放映保存の会ら編著『戦場体験キャラバンー元兵士2500人の証言から』彩流社、2014年発行。
(その340・1)中国。
「慰安所の風呂を作る(と題する証言)」「当時23歳」「陸軍第二船舶輸送司令部漢口支部(に所属)」「軍の命令で慰安所を作ったわけです」「各班5名ずつ出せって。6班いましたから、30名ですよね。1週間で作れってわけ」「アンペラでもって、みんな仕切るだけだからね。大きな旅館か何かの建物を仕切っただけなんですよ。3畳ぐらいの部屋かな、一部屋がね。それを5部屋作ってね。それで僕らお風呂をドラム缶で、3つか、ドラム缶3つ並べたんだ。それで1週間で作ったね。そしたらね、1週間目にね、洞庭湖畔をね、女の子が、原色ギラギラの洋服着たね、あれは朝鮮人だと思うけどね。要するに女衒じゃないけれど男と女のね、ここ(首元)に綿を巻いた女がいたね、日本髪結ったね、それが連れて来たのね。それと男が一人いてね。それで女の子が5人ぐらいいたかな。それでみんな『ああ、来た来た』というわけですよね。そしたら、どやどやっと入って来てね。そしたら靴にみんなね、『えみこ』とかさ『あいこ』って書いてあるんですよ。私いまだに覚えてますよ。いわゆる小学校の上履きみたいな、ぺたぺたの上履きか、ああいう運動靴みたいな」「それができてからすぐね、僕ら暁部隊っていうんだけど、『暁部隊専用慰安所』というこんな看板がね、こんな看板が出来ましたよ」「日曜日っていうと外出するでしょ。そしたら慰安券っていうのをくれるんですよ」「それからサックね、爆弾って言うんだけどさ、爆弾1号2号3号って言ってね、大中小あるんですね」(92〜93ページ)

〔その341〕遠藤美幸著『「戦場体験」を受け継ぐということ』高文研、2014年発行。
(その341・1)中国・龍陵。
「中国側の資料によると、1942年から44年の2年間、(雲南の)龍陵の老城区にある董家の家屋が『慰安所』として使われ、朝鮮人『慰安婦』15名がいた。1944年10月頃、戦況の悪化により、11月1日に日本軍は観音寺で『慰安婦』らに毒を飲ませて殺害した。白塔村にある段春鴻の家は、1942年から強制的に『慰安所』にされたが、1944年11月に戦況の変化にともない『慰安所』は解散となった」(101〜102ページ)

〔その342〕伊東義久著『華中華南転戦記』図書出版社、1988年発行。著者は、昭和15年、入営し、華南、華中を転戦する。
(その342・1)昭和20年4月、中国・南支。
「その夜、宿営地(広東南郊)に帰ってから妙な噂を耳にした。その時は、少し誇張して伝えられた話だろうと思って、聞き流しはしたが、前夜の連隊命令と結びつけてみると、その噂に近い事実はあったのかもしれない。その風聞というのは、われわれ連隊より一両日先行して広東に到着した他の連隊が、広東のどこかで宿営した時のことである。一部の兵隊が軍の慰安所に出かけたものの、戦場から直行した汚い服装のためか、慰安所で断られたらしい。大いに期待し、おそらくは一杯機嫌でやってきた挙句断られたとあっておさまらなくなった。大暴れとなったところを、通報で駆けつけた憲兵にとり押えられ、憲兵隊に拘引されてしまった。ここまでのところは間々あり得ることである。そこからが問題なのだ。これを聞いたその部隊の連隊長は、その翌朝、一部の兵力を引きつれて憲兵隊に向かい、まず重機関銃を憲兵隊に向ってその門前に据え、連隊旗を奉じて乗り込み、軍旗にものをいわせ、拘留されていた件の兵隊を取り戻してきた、というオマケがついていたのだ」(319ページ)

〔その343〕菊地重規著『中国ビルマ戦記』図書出版社、1979年発行。著者は、昭和17年、第13師団参謀、18年、奈良歩兵団参謀を経て第49師団参謀となる。
(その343・1)昭和14年、中国・襄河。
「わたしはこの秋、道路の構築に熱中した」「そして大隊本部の位置に、中国女と朝鮮女の慰安所を2軒開店させ、第一線から交代でやってきて、セックスの解決に寄与させた。とくに多宝湾守備隊へ行く道には」「1日も早く自動車の救援道路の完成が急がれたので、全通すればそのお祝いとして、慰安所を1軒プレゼントすると約束して、作業能力の向上をはかった」「12月にはいって敵の行動は活発になった。自動車道路網はもう完成して、わたしは約束通り多宝湾へ連中が希望する朝鮮女の慰安婦をトラックで送った」(186〜188ページ)
(その343・2)昭和20年、ビルマ。
「(1月?)そこ(モールメン)のホテルで『おその』と呼ぶ子持ち芸者に会った。彼女は最近インパール攻撃の弓師団の参謀長から、木下秀明の後任になって、しかも爆撃に会い戦死した田中参謀大佐の彼女で、子は彼の子どもだということだった。彼女はラングーンの料亭『翠香園』から、第一線の彼をしたって出向いていき、しかもこの惨事に会って、泣きながら彼の遺骨と幼児を抱えてこれから内地へ帰るということであった」(229ページ)
「1月の終わり、ペグーをたって、自動車でまず28軍司令部へ出頭した」「司令部は、プローム街道からちょっとはいったペグー山脈中のジャングルの中にあって、そこには美しい湖があり、ラングーンの水道の水源地になっていた。深い谷にのぞんだ崖の上にバラックの座敷がつくられて、芸者が住んでいた。だが、芸者というより、大和なでしこという方がにあっているでこぼことした顔の女ばかりであった」(230ページ)

〔その344〕三浦徳平著『一下士官のビルマ戦記』葦書房、1981年発行。
(その344・1)昭和19年?、ビルマ・ミートキーナ。
「(ミートキーナ守備隊の連隊長)丸山大佐は、自分個人用に特別に堅牢な避難壕を作らせた。菊兵団は北九州編成の部隊だが、特に114連隊は筑豊地方の炭坑出身者が多い。その中から腕利きの掘進夫3名に命じて、特別入念に構築させた。少し盛り上げた入口から地下壕へ6、7段下って、真直ぐに5メートルほど進み、更に右に曲った処が丸山大佐の居室である」「当番兵がドラム缶の風呂を沸かした日は、その壕に妓(おんな)が呼び込まれるとか、糧食が不足しているのを承知していながら、副食が少ないと当番を怒鳴るというような噂を、何かの折に聞いたが真偽のほどは判らない」「連隊本部の附近には商売が駄目になった慰安所の妓たち十数人が避難してきて、前線に運ぶ握り飯などを作るのを手伝っていた」「もう食うものもなくなってきたようだ。1日に2個ずつ配られていた握り飯が、いつからか1個に減っている。これは連隊本部附近に避難している慰安婦が握ってくれているという話だ。どうかするとその1個が届かない日がある」(208〜213ページ)

〔その345〕武田八洲満著『マリア・ルス事件ー大江卓と奴隷解放』有隣新書、1981年発行。明治5年、ペルーの船(マリア・ルス号)が横浜に寄港したとき、中国人苦力230余名が船内にいた。時の神奈川県権令大江卓は彼らの解放を目指し、裁判を行う。
(その345・1)明治5年、横浜。
「(ペルー船船長のイギリス人代言人ディケンズは)この裁判の不当をいう」「(不当理由の一つとして)売奴の一件は、日本法律および規矩上かつて禁制するところにあらず」「日本にも奴隷制度があるではないかとして、娼婦契約書および横浜検黴病院の医事報告書を日本側に提出する。人身売買の証拠として、当時日本にあった身売奉公人請状、年季奉公人請状がだされていた。ディケンズは、これはあきらかに奴隷制度であり、この制度を持つ日本に、奴隷問題を裁く資格はないと強調したのである」(89〜90ページ)「ディケンズに指摘された10日後の7月30日、この頃の事務処理としては異例の早さで、このときの大蔵大輔井上馨が、当時の立法機関である正院に、つぎの建白書を提出していた。この頃大蔵省は民政も担当していたのである。ディケンズの与えた衝撃は大きかった。『今や時世文明に赴き、人権愈々自由を得』。井上はたどたどしく筆をすすめる。『然るに尚、人の婦女を売買し、遊女、売春其の他種々の名目にて、年期を限り或いは終身其の身心の自由を束縛し、以て渡世いたし候者これあり、かつて亜米利加州にこれあり候売奴と殆ど大同小異の景況にて、其の者憫然たるは申す迄もこれなく、実に聖代の欠典、嘆息の事にこれあり』」「『(日本国内に)ほぼ売奴同様の人民共これあり候では、上は朝廷を始め奉り、皇国人民の大恥これに過ぎず』」「政府は明治5年10月2日」「『太政官布告第295号』をだす。4条からなるこの布告の1条は」「『娼妓、芸者等の年期奉公人一切解放致すべし、右に付ての貸借訴訟総て取上げず候事』」「『娼妓解放令』と呼ばれるこの布告の、歴史上の存在は大きい。しかし当時の一般にとっては、これは唐突な布告でしかない。前提となる人権論議がまったくなされていないのである。この後をいえば、やがて布告は誤解と混乱のなかでなし崩しになる。再浮上した人身売買は、女子製糸労働者の雇用までを含めた、広範なものになっていた」(115〜117ページ)

〔その346〕大町力著『白雲の果て波涛の果てー続海軍あれこれ』私家版、1986年発行。
(その346・1)昭和20年、石垣島。
「(海軍)石垣島警備隊ー松村久中尉の手記より」「精悍な顔つきで醒めた行動をとっているように思えたこの(警備隊)副長が、実はなかなかの女好きの人であった。登野城の小学校を仮の本部としていた警備隊が、バンナ岳の中腹に新しく本部・兵舎・陣地を構えて移動した時、慰安所も同時に近くに移設した。司令と副長は専用の女性をここに住まわせ、副長は毎夜、巡検が終わると女性のところへスウーッと姿を消した。副長はともかく、クリスチャンの司令もこんなことをやっている。お互い人間だなあとつくづく感じたものである。さすがに周囲の手前もあってか、ストップして朝がえりということはなかったようである。だが、士官なみの酒保物品を女性の所へ運んでいると従兵が言ったので私は頭にきた。表立って騒ぐよりもと思って、事を済ませた2人が私室に引き上げた頃を見はからい、酒や煙草を2人の女性の所へ頂きに行かせた。裏をかくというか、上前をはねるというのか、こういうことにかけては私の方が1枚も2枚も上手であった」(305〜306ページ)

〔その347〕米田利昭著『兵士の歌』朝日選書、1983年発行。
(その347・1)昭和13年、中国。
「2 ある機関銃隊長の歌ー武田嘉雄のこと」「(武田は)日中戦争初期に応召し大陸に渡って転戦した陸軍歩兵少尉(のち中尉)」「『(妻)富久子の便りに慰安所ゆきを心配した文字あり、お帰りになればいくらでもお需(もとめ)に応ずる富久子ですとある。愛すべし妻よ』(昭和13年2月25日の武田の日記)」「健康になると慕うは家郷の妻の肉体であり、現実のピー(慰安婦)のそれの誘惑である。妻からは別れている間に処女のようになったからこんどは初夜のように痛かろうなどと甘いことを言ってくる。ある時彼は自分の功績を考え、上陸以来女の肌に触れないことを功績の第一としている。10銭20銭で移動ピーを捕えることをし得ないのは、妻との約束と一つには中隊長代理のためだといっている」(69〜73ページ)

〔その348〕高崎伝著『最悪の戦場に奇蹟はなかった』光人社NF文庫、1993年発行(単行本、光人社、1974年発行)。著者は、ガダルカナル撤退後、ビルマに派遣され、インパール作戦などに参加。
(その348・1)ビルマ。
「(シャン高原を移動中のこと)パプンまでの道は、まだまだ遠かった。小さい道を、各人ばらばらに歩いた。みんな疲れきって、人のことにかまっておれない。自分だけがせいいっぱいだった」「モチ鉱山をすぎて10日ばかりした山中のジャングルで、タイ国のチェンマイとパプンとにわかれる三叉路に出た。傷病兵と看護婦、慰安婦たちは、タイ国のチェンマイへ向かった。この途中、軍の女郎屋の女将が、軍票をリュックにドッサリ詰めこんで、兵隊と一緒に行軍していたが、ついに落伍して、『兵隊さん……お金やるから、荷物持ってくださいよ』と、哀れな声で頼んでいたが、兵隊たちは笑って、『おばさん……軍票は役にたたんとバイ。みんな捨てっちまいなよ』。冷やかす兵隊たちを、女将はうらめしそうににらみつけていた。この女将は、途中で気が狂って、軍票をバラまいて、泣いたり笑ったりで、聞くにたえないような、あられもないことを喋りつづけていたそうだ。『兵隊さんたち……お元気でね』。真っ黒く陽やけした朝鮮の若い慰安婦たちは、私たちに手をふりながら、タイ国のチェンマイ道へ去っていった」(378ページ)

〔その349〕笠原十九司著『南京事件と三光作戦』大月書店、1999年発行。
(その349・1)中国・天津。
「(中国調査資料の解説?)天津の傀儡軍少将・王士海は天津軍司令部が設置した慰安所に3週間交代で毎回2、30名の中国女子青年を拉致して来て提供。別の高級慰安所『軍人クラブ』には天津全市の妓女3000名から100名を選抜、さらに厳重な性病検査をおこなったうえで20名を提供した。44年5月31日、天津市政府(傀儡)は、日本軍の要請にもとづき、妓女200名を集めて慰労隊を組織、河南省開封一帯の日本部隊に派遣した。45年7月、天津司令部の日本軍当局は、25名の妓女を選んで山東省の日本部隊に送り込んだ。(上記内容が事実であることを裏づける天津特別市政府警察局の報告書が発見され、『慰安婦供出中国に公文書』と題して『朝日新聞』1999年3月30日に紹介されたー笠原)」(97ページ)
(その349・2)中国・盂県。
「(昭和15年、現役召集を受けた浅見昇一氏の証言)浅見さんは、召集される前から、当時の若者の常として、月に一、二度女郎買いに行っていて、女性の経験はあった。盂県で慰安所があるのは、大隊本部のある盂県県城だけだった。朝鮮人慰安婦がいる慰安所が1軒あり、浅見さんも一度行ったことがある」「慰安所では1回に1円50銭払ったから、慰安婦は1日、5、6人の兵隊を相手にするだけで7円にもなった。当時兵士に手渡される月給が2円だったから(8円の給料のうち、残りは天引き貯金にされた)、兵士よりはずっとよい稼ぎができた。それで、彼女らは志願して朝鮮からやってきたと、浅見さんはいまでも思っている」(177ページ)
(その349・3)中国・臨清。
「(昭和15年、召集された岩田和夫氏の証言)山東省西端と河北省との境にある臨清は、大運河の街としてもさかえ、日本人の商社員も駐在していて、日本人が経営する割烹料理屋や飲み屋もあり、ピー屋と呼ばれた慰安所が3軒あった。3年兵になって、古年兵からとがめられることもなくなった岩田さんは、その1軒に慰安婦を買いに行ったところ、相手が日本人だったので、驚き、思わず『大和撫子がなんでこんな所へきて、こんなことをやっているのか』と詰問する口調で尋ねたという」「売春婦、慰安婦は朝鮮人や中国人がなるものという民族差別意識をもち、日本女性が中国で慰安婦をやっているのは『日本女性の恥』とそのときは思ったのだという。これにたいして梅子という30歳くらいの女性は、『兵隊さん、あなたは日本がどんな状況なのか知っているのか。私は夫を兵隊にとられ、子どもたちを育てなくてはならない。しかし、戦争が長引き、みんなの生活は困窮し、学歴も職歴もない主婦の私に勤める職場などない。仕方なく、子どもたちを祖父母に預けて、生活のためにこういう商売をしているのだ。外地ならこんな商売をしているのを子どもに知られなくてすむ』と答えたそうだ。岩田さんは二の句が継げず、ただ『借金はあるのか』とだけ聞くと『借金はない』と答えたという」(191ページ)

〔その350〕山本義中著『沖縄戦に生きて』ぎょうせい、1987年発行。著者は、昭和19年8月、那覇に上陸し、陸軍少尉(のち中尉)として沖縄戦を戦う。
(その350・1)昭和20年、沖縄。
「(昭和)20・2・1」「(著者の属する)第四中隊は浦添村小湾付近に布陣する」「82戸の家に約300人の人々が平和で豊かな暮しをしており、琉球王朝の子孫、尚侯爵、尚男爵の別荘があった。昭和20年1月頃は、その別荘もどこかの部隊の慰安所として使用されたそうだ」(84ページ)
「20・2・10」「有川主一少将閣下は無類の酒好きだそうだ。村人と一緒に飲むのが好きで、村の人達がえらぶらない将軍の姿に親しみをもっているとのことだ。周りで気をつかって『女性を』と言うと、『俺はこれさえあればよい』と酒を見せて、女性を側に置かんというのがまた、村民の尊敬を受けているそうだ」「(旅団司令部の准尉から)『ところで、こっちはどうですか?』と小指を出されて聞かれた。『初年兵教官で、女日照続きだ』と答えた。『初年兵教育じゃ暇がないですからね。ところで、伐木隊長で、北谷村に行かれますが、あそこには、暁部隊(船舶兵)の慰安所があります。たまには命の洗濯をされたほうがいいですよ』」「『いやあ。ありがとう。ご意見もっとも、じゃ、よその部隊のを使わしてもらうかな』と礼を述べて別れた」「20・3・24」「午前6時40分、グラマン大編隊が、北谷村一帯に爆撃を開始し、艦船数十隻より艦砲射撃を受け、まさに狂乱動地となる」「暁部隊の慰安所のあったところは跡かたもなくなって、県道に通ずる両脇の家も全くなくなっていた」(89〜92ページ)
「20・8・31」「(敗戦後、屋嘉捕虜)収容所に入って全く知らなかった情報が入ってきた。第32軍高級参謀八原博通大佐が、若い女と同棲して住民の中に住んでいた。それを米軍に通報されて捕虜になり、この収容所にいることがわかった」(437ページ)

(2015年2月25日・最新更新)


ニッポンリポート・ファイル一覧

ご意見などは tetuh@mbj.nifty.com へ

SAKUMA TETSU
フリーライター
著書[恐るべき証人][検死解剖マニュアル][拳銃天国ニッポン]など