佐久間 哲
ニッポンリポート


従軍慰安婦を調べる 編

従軍慰安婦の体験談等メモ・8


〔その351〕益井康一ほか著『B29戦略爆撃隊を壊滅せよ』光人社、1992年発行。
(その351・1)昭和19年、中国・騰越。
「あゝ騰越玉砕記(と題する)吉野孝公(の手記)」「(昭和19年2月、雲南省騰越守備隊に配属。同年7月、敵の猛攻撃で騰越)城内の戦場も惨烈であった。砲弾に吹き飛んだ家屋はほとんどその姿をとどめず焼け倒れて、なお燃える樹木の炎はメラメラと爆風にあおられ、地獄さながらの光景である。その中を勇士たちが駆けまわっていた。この猛爆下の惨状のもとに2、30名の慰安婦たちの姿が目にとまった。切り落とした黒髪に鉄帽をかぶった軍服姿の女たちが、炸裂する弾雨の中で炊き出しや負傷兵の救護に駆けまわる姿は、雄々しくも、また感涙胸をつくものがあった」(101ページ)「(同年9月)ころ、高木中隊長の指示にしたがって城内部隊救出に向かう途中の私たちは、城壁手前の林の中で、これらのようすを見守りながら待機していた」「一群の人影が現われた」「私たちの林の中になだれ込んできた。よく見ると、彼らはみな女性であった。彼女らは城内の慰安婦たちであった」「彼女らは鉄帽に軍服姿の雄々しさであった。しかし、その顔はみな恐怖におびえている。暗い林の中のこと、人数はよくわからぬが2、30名はいるようすである」「しばらくたって慰安婦たちの中から年配のひとりが近づいて話しかけた。『城内には日本の兵隊は一人もいません。本部の太田隊長さんも死にました』」「彼女は竹迫少尉の手をにぎると、『隊長さん、私たちをいっしょにつれていってください。けっして迷惑はかけません。死ぬときは私たちもいっしょに死にます』。彼女は必死にすがりついた。そばにいた女が涙をこぼしながら、『兵隊さん、お金は私たちがたくさん持っています』。そういうと、彼女は背中の袋をおろして、その中から軍票をつかみだして見せた。私は胸がつまった。いまとなっては三文の価値もない日本軍票である。それとも知らずにだいじにもっている。必死にたのむ彼女たちの姿がいじらしくも、また哀れである。若い将校の竹迫少尉は彼女たちに泣きすがられてこまりはてていた。そのとき、周囲に数発の迫撃砲弾が炸裂した。竹迫小隊長は判断をくだす余裕がなかった。私たちも、慰安婦の彼女たちも、とっさのことでなにもわからず、夢中で暗闇の水田に飛び込んだ」(115〜116ページ)

〔その352〕オーテス・ケーリ著『真珠湾収容所の捕虜たち』ちくま学芸文庫、2013年発行(単行本「日本の若い者」、日比谷出版社、1950年発行)。著者は、米軍情報将校として、日本軍捕虜の訊問などにあたる。
(その352・1)昭和18年5月、アッツ島。
「(昭和18年5月)8日の夕方、私は(アッツ島への)第二波の上陸艇に乗った」「日本軍の兵舎や死体から集められた書類や、兵隊の日記、手紙を読むのが私の任務だった」「ゲーシャガール部隊がこの島にきていると、兵隊の間にうわさが起こった。“ギイシ”(芸者)部隊をつかまえるんだと張り切っている兵隊からその情報の出どころをたぐっていってみると遺留品の口紅が現われた。サックがあった。そして『ほら、頬紅だ』と指さされたものをみると、紛れもない印肉だった」「アッツに慰安部隊がいたという確証はなかったが、そこで見た口紅とサックだけは、理解しかねた」「『女のいない島でなぜサックを持っているのだろう』と、戦争を経験した日本人の友人に後日聞いてみた。『島へ来るまでの通過地で果たし得なかったかな。それとも生還日に備えた用意周到な兵隊だろうか』ということだった」(33〜34ページ)

〔その353〕牛見信夫ほか著『五人の教師』ひまわり出版、1979年発行。牛見は、小学校教師だったが、昭和13年、朝鮮江原道へ出向する。
(その353・1)朝鮮・江原。
「38年(昭和13年)4月3日、江原道鉄原南公立尋常高等小学校に着任した。朝礼のとき、子どもたちが大きな声で皇国臣民の誓いを唱えたのは非常な驚きであった。皇国臣民の誓 1、私達は大日本帝国の臣民であります。2、私達は心を合せて天皇陛下に忠義を尽くします。3、私達は忍苦鍛錬して立派な強い国民となります。これは、昭和12年10月、朝鮮総督府が制定したものである。ことあるごとに斉唱しなければならなかった。初めて聞いたときは、朝鮮人もこのように考えるようになったのかと大きな感動をうけた」「42年(昭和17年)6月、東草市の永朗国民学校の校長となった。衰陽郡14校中の最も大きい学校、28歳のいちばん若い校長、先生がたはよく協力してくれた」「校長になっていちばんいやなことは、戦局が不利になるにつれて、青年を鉱山や内地に動員することや、志願兵に駆り立てることを、警察の駐在所首席と、面長(町村長)と校長の3者に責任をもたせたことである。いやがる者を無理強いするほどつらいことはない」(32〜39ページ)

〔その354〕戸川幸夫著『戦場への紙碑』オール出版、1984年発行。著者は、太平洋戦争中、海軍報道班員として従軍。
(その354・1)昭和17年?、インドネシア・バリ島。
「日本軍がこの島を占領したとき、軍では直ぐに慰安所を開設した。それはこの島に限らず、どこの占領地においても行われていた占領地政策の一つであった。つまり慰安所を設けることによって、兵士たちがその地区の女性たちを犯したりすることのないようにするためであった。そのため現地女性が採用された。後になってからは日本から日本娘子軍が送り込まれて、これらの現地女性と入れ替わったが、占領当初の頃はやむを得ない措置であった。敵前上陸、戦闘、残敵掃討と気が荒くなっている兵士たちの激情を鎮めるためにはどうしても急いで慰安所を開設する必要があったからだ。慰安所用の女性を供出せよ、という命令がこの島でも駐屯地部隊周辺の村々に出されたのである。しかし、対住民政策のためには女狩りという姿勢は見せられなかった。表面はあくまで話し合いという形をとった。軍から村長に“慰安所で働いてもいいという女性がいたら斡旋してくれないか”という依頼をする。そこで村長は村の主だった者と相談し、適当な女を捜して頭数を揃え提供するのだ。だが、バリ島には強い宗教心からもともと売春婦という者は皆無と言えた。だから供出するとすれば、素人の女性しかいなかった。未亡人だとか、貧しいために、といった女が集められた。そんな女たちが泣きながらトラックで運ばれてゆく」(62ページ)
(その354・2)セレベス・マカッサル。
「慰安所といえば、当時の事情を知らない今の若い人たちは、単なる赤線、軍人や軍属が行って妓を抱く、いわゆるセックスのはけ場で今日のトルコのようなものだと思うかもしれない。たしかにそういったところではあったが、そこの妓たちの心構えや、実態はかなり違っている。一口に言うならば、昔の遊廓のような組織、――それを現代化したものと思えばいい。そこは一面では軍人軍属たちの社交場でもあった。料亭も芸者もなく(戦争後半にはマカッサルにも出来たそうだが)、バーもクラブも存在しなかった当時は、われわれが酒を飲みながら大いに語るという場所は慰安所しかなかった。また慰安所に働く妓たちは単なる売春婦ではなく、軍属という資格で日本から送り出されていた。彼女らは全員が国防婦人会の会員であって、いざとなれば戦闘に参加し、従軍看護婦の手助けをすることなども義務づけられていた」「彼女らは“お国のためだ”という信念を持ち、“貞操の防波堤だ”と言っていた。彼女らの前身は日本国内で芸妓や赤線などで働いていた者がほとんどだったが、中には自ら志願して、あるいは説得されて来た者もあり、その中にはかなり処女なども混じっていたのである。したがって彼女らの気ぐらいは高かった。金さえ出せば誰にでも身をまかせるというのではなく、嫌な客は妓のほうから拒否した。当時、マカッサルには5ヵ所の慰安所が設置されていた。第一と第二慰安所は軍人専用で、第一は准士官以上、第二は下士官、兵用となり、第三、第四、第五慰安所は文官専用となっていた。第三は判任官(下士官、兵に相当する)用、第四は高等官(士官に相当)用、そして第五が船員、設営隊などの軍属専用と決められ、その出入に関しての戒律は厳しかった。もし下の者が上の者の行く慰安所に入ると体罰が加えられたりもした」「私の行くところは第四慰安所で、市の郊外近くにあり、椰子の林に囲まれた一等地で、戦前は誰かの豪邸であったのが接収されて慰安所になっていた」(150〜152ページ)

〔その355〕いまいげんじ著『赤紙兵隊記』径書房、1987年発行。著者は、昭和18年7月、第二国民兵役応召し、渡満する。
(その355・1)満州・間島。
「“親のためとはいいながら 売られ来ました満洲の 西も東も南北も 知らない間島の興亜館”。これは慰安婦の館『ピー屋の歌』である」「興亜館とはよくぞ名づけたもので、女を抱いて亜細亜を興すというその興亜館には第一、第二とあって、いわゆる『ピー』と呼ばれる女性たちはほとんどが朝鮮娘であった」「慰安所は民間業者の経営となっていたようだが、同じ女を買って兵隊が1円50銭、下士官が2円50銭というシステムから察するに、軍の庇護下にあったのだろう。ただし、日曜以外の日は一般地方人の客をとっていたらしく、そのかわり毎土曜日にはきちんと検診、洗滌を実施していた」(77〜78ページ)

〔その356〕谷川美津枝著『ものいわぬ娼妓たちー札幌遊廓秘話』みやま書房、1984年発行。
(その356・1)札幌。
「いやな客はいい放題、好きな人には金がない(と題する)質屋の主人・81歳(の話)」「(札幌の白石遊廓周囲にあった)朝鮮バーは、戦争になってから出てきたんだけれど、はじめは飲食店だったの。飲食店には、酌婦がいたんだけど、酌婦も娼妓とほとんど同じ、前借で入る仕掛けだね。ただ、娼妓は体を売るほうを専門にしていたが、酌婦は飲ます方だから、それでお客に要求されれば、娼妓と同じことをしてたね。たしか、酌婦は娼妓より2つぐらい若かったと思うね」「(朝鮮バーは)一人が儲かったら次々と出てきて、うちの向いも横も朝鮮バーだった。経営者は朝鮮人なんだけど、朝鮮の農家は、すごく貧乏なんだな。いくらでも娘を安いお金で売る農家があるんだそうだ。12、3の女の子を買って、2,3年かかってこっちにつれてきて、日本語を教え、年頃になるのを待つんだけど、毎日、一緒に暮して先輩が客をとるのを見てるから、自然に教育されてるんだね。自分から『店に出してくれ』って言うそうだ。朝鮮バーはね、髪は長くして、チョゴリを着せた女を入口に立たせて、二階で客をとらすの」「値段が安いから、若い人はよく行ってたよ」(106〜108ページ)

〔その357〕大西覚著『秘録昭南華僑粛清事件』金剛出版、1977年発行。著者は、昭和17年からシンガポールで特別警察隊長。
(その357・1)昭和17年?、シンガポール。
「昭南における料亭開設の乱脈ぶりは物すごく、南幸女学校、南洋女学校などは建設会社の手で改装して、立派な日本風の料亭とし、絃歌と嬌声が響いた。その他適当な建物があると、すぐ料亭または慰安所となった。その数は何十軒もあったようだ」「これら料亭の昭南に乗込む姿も変っている。大和部隊の旗を押し立て、畳、膳部、食器、味噌、醤油までも御用船で運び、大勢の婦女子を連れて来る。これら婦女子は、タイピストまたは事務員として募集した者を、酒席のサービスを強制された者もあったと聞く、どうしても嫌という者は一部商社に勤めた。内地の大料亭で、当初から芸妓、酌婦などを連れて来たものは問題はなかった」(233〜234ページ)

〔その358〕鈴木省五郎著『霧に消えた兵隊』叢文社、1983年発行。著者は、陸軍に応召し、択捉島で敗戦。ソ連に抑留される。
(その358・1)昭和23年?、シベリア・コムソモリスク。
「コムソモリスク市の第113ラーゲルのコンバート(大隊長)小路嘉彦少佐は、いつもの通り最近数日の作業地である駅付近の作業監督に出かけた」「その日、小路少佐は、輸送されて来た貨車から吐き出されて、駅舎近くにひしめきながらたむろしている黒っぽい異様な集団を認めた。近寄ってみると、それは紛れもなく若い、20代前後と思われる妙齢の女たちの集団だった。しかし彼女たちの表情は、若さとはうらはらに、例外もなく暗く、目に光はなく、皮膚は汚れてひびわれていた」「彼の近くまでブラブラ歩きまわっている者に話しかけたところ、運よくロシヤ語が通じた。彼女たちは全員ポーランド人で、大部分が娘たちだった。独ソ両軍がポーランドに侵入し、戦利品として一網打尽に分捕られたものだった。その数は判らない」「拉致された彼女たちは、強制慰安婦として千人ほどのグループを組んで、国内の軍隊駐屯地を回っているのだという、世にもすざまじい話だった」(238〜240ページ)

〔その359〕戦中派の会編『続・戦中派の遺言ー女性版』櫂書房、1979年発行。
(その359・1)
「女のラバウル小唄ー従軍慰安婦たちの空しい死(と題する)高安やえ(の話)」「昭和17年の秋、私、東京の浅草の吉原で女郎をしていたんです。18で女郎に売られ、女郎を10年もしていたんです。そしたら或る日おとうさん(抱主)が、どうだお前、海軍さんと一緒に戦地へ行って働いてみないか、誰々も誰々も行くぞ、お前ならベテランだから従軍芸者ということにしておいてやるぞ、と声をかけられたのです。そのころ満州や支那はもちろん、南方の第一線でも兵隊さんを相手にする従軍慰安婦なんていうと、ていさいがいいけど、要するにお女郎さんがすごく足りなくて、今に私たちにも徴用令がくるかもしれない、という噂があったんです。私はおとうさんから話があると、すぐOKしました。私も女郎としてはトウのたった齢で余り売れなかったし、戦地に行けば今の10倍は稼げるし、稼いだら早々に内地へ帰って来て何か自分に向く商売をはじめよう、と考えたからです。それから半月後に、私は同じ吉原の3人のお女郎さんと、輸送船に乗せられました。乗って驚きました。若い逞しい女たちが20人、30人いたかしら――大勢いたんです。全部が朝鮮の女性たちばかりでした」「輸送船の一番船底で荷物と一緒におしこまれて、着いたところが台湾の高雄という軍港と飛行場のあるところでした。そこに半年ばかりいたが余り稼ぎがないので、ほかに移してくれるように頼みました。だってそこでは将校さん相手で一晩に15円貰っていましたが、ほとんど一人ぐらいしか客がなく、まわしがとれないんですもの。いくら一人あたりが高くても、それじゃ内地にいたのと同じだもの……」「(そこでシンガポール、バンコク、海南島、マニラと移り)最後はラバウルだった。ラバウルが一番稼ぎになったし、面白かった」「私はそこで××という小料理屋のおかみの代理みたいなことをやって、女の子たちの監督もやっていたんです。もちろん私自身も体を売ったわよ」「××は海軍専用の小料理屋、といっても目的は女よね」「飲んでいるうちに手をひっぱってちょんの間をやるの。そして終わると20円か30円くらい握らせて、また仲間のところへ行って飲むのね。すると今度は別の若い将校さんが手を握って。だから一晩に200円や300円稼ぐのわけはなかったわ(注・当時大学を出て初任給が80円か100円だった)」「私は悪運が強いというのかしら、ラバウルが陥落するちょっと前、上海へ行かないか、という誘いがあったの」「上海はわりあいのんきだった。私の行ったのは、上海軍工路の近くの楊家宅というところだけど、ここはちょうど内地の吉原や洲崎みたいに、軍営の慰安所がまるでアパートのようにずらっとならんでいたの。その端にある××という小料理屋が私の仕事場。でもここで商売したのは3か月ぐらいで、半年も休んでしまったわ。というのは、性病がはやっちゃったのよ。従軍慰安婦は週2回、検診があったの。かなりいい加減な検診だったけど」「どうしたわけかウチではやっちゃって。将校相手だけにあとの処置が大変で、全員完全になおるまで営業停止。でもこっそり商売はやっていたわ。サックを2枚もはめてもらって向うへぜったい移らないようにして」(207〜211ページ)

〔その360〕阪本楠彦著『湘桂公路ー1945年』筑摩書房、1986年発行。著者は、南京の予備経理学校を卒業し、見習士官となる。
(その360・1)昭和20年?、中国・亭里村?。
「亭里村にあった<椿>の第216連隊長室は、その一隅に四帖半の日本間をしつらえてあった。日本風の障子で仕切ってだ。連隊長が専属の女を抱いていたのは、その四帖半においてである。『戦死はしてもよいが、タタミの上で、も一度寝てからにしたい』とは兵士たちがよく口にした言葉である。兵士たちが故国にしかないと思いこんでいるタタミの部屋が、亭里村にはある」(41ページ)
「慰安所の開設を準備せよ、という口頭の命令が大村中尉に対して出た。中尉はその場で問い返した。第一に、正式の命令なのかどうか。第二に、正式の命令であるとすれば、典範令のうちの、どれの、どの条項に基づく命令なのか? ここで典範令とは、歩兵操典や射撃教範、作戦要務令や大東亜戦争給与令など、陛下がお決めになった諸規定の総体のことである。そのどこかに『主計将校をして慰安所を経営せしむるを可とす』とでも書いてあるかどうか? 『書いてあるなら大隊長の命令を上御一人の命と心得て実行致します。しかし書いてないなら、上御一人の大御心に反することになるから、実行致しかねます』。そう言われて、大隊長は二の句を継げなくなってしまった。日本軍の占領下どの大都市にも、兵站は堂々と慰安所を開設している。何らかの法的根拠があるに違いない。だが根拠とされている規則に、御名御璽(天皇のサインと捺印)があるかどうか? 困って、情報担当の長熊少尉が私を泣き落としに来た。『先任の主計サンのやらぬ穴を埋めてやってくれよな』と言う」「読んでくれと少尉から手渡されたのは、ガリ版で十数ページのパンフレットであり、<呂>集団司令部発行のものだったと記憶する。要点は、およそ次のようだった。<イ>兵站の慰安所施設が整っていた地域から、はるかに進撃してきたが、高級の将校が個別に女を囲い、満足している傾向がある。これは兵の不満を爆発させやすい。女は将兵が共同利用し、輪番制を確立するなど、利用率を高める工夫をすべきである。<ロ>その場合、性病が蔓延しやすい。対策の確立が肝要であり、毎日、その日の利用者を整列させ、軍医が事前検査する以外に良法はない。とりわけ将校について一人の例外でも認めると、どんな堅固な堤防も『蟻の一穴で崩れる』のたとえの通りになることを決して忘れてはならない。一読して、『やはり、主計には関係のないことのようです』とパンフレットを長熊少尉にお返しした。『関係はあるだろ』と少尉が指で示したのは、ゴム製品の不足対策としての“被服”に関する文章のところだ。豚や羊の膀胱や盲腸が使えるとある。私は答えた。『洗って10回使えるとしても、よっぽど大量に屠殺しなきゃ足りませんよ。これ、肉は飽きるほど食べてモツの食べ方を知らぬ人の発想でしょう。自分はとても付合いきれません』」(46〜48ページ)

〔その361〕森利著『モリトシの兵隊物語』青村出版社、1988年発行。著者は、昭和16年、現役兵として野砲兵第1連隊に入隊し、渡満。昭和19年、鉄道13連隊に転属し、中国各地を転戦する。
(その361・1)中国・孫呉。
「当時、現役兵の大体3分の1は経験者で、何らかの形で女を知っていた。3分の2は欲情はあっても性病が怖いのと、そのような行為に対して軽蔑感が強いのか、理性で性欲を制御するとか、いくつかの理由で経験者とは対異性観を異にしていた。ところが、未経験者の半分は軍隊生活で女を知ることになる。残った半分は、服務6年間に及んでも断固として女を拒否し、禁欲に徹したようだ」「北満孫呉は軍都である」「表通りは兵隊相手の商店が軒をつらね、横町に慰安所が4つほど軒を並べている」「(慰安所の)彼女達は軍属という身分で狩り出された朝鮮の特殊慰安婦である」「彼女等は日に60人も兵隊を遊ばせる者もいたそうで、日本女性の4倍も能率を上げた。幹部の慰安所は別の地区にあって、ここは日本女性が殆どだったそうだ」(225〜226ページ)
(その361・2)昭和19年、中国。
「昭和19年3月、鉄道13連隊に編成されて河南作戦に参加した」「(黄河を渡り南下を続け、遂平の手前で)宿営している頃、3日程の休養があった」「召集の古い連中は、禁欲が限界にきていることが言語態度に現われる」「その頃、鉄道13連隊の某中隊の某分隊長が強姦未遂で問題を起したことがある。私は、3日間の休養日に開設する特設慰安所の長を命ぜられる。先ず、前線司令部のある?城の軍政部に、自動車2台と一個分隊の警備兵を伴って出頭する。軍政部の係官と書類手続きを済ませ、25人の慰安婦と賄婦、監督(やりてばばあ)、総数30人を受領する。彼女等は朝鮮ピーと違い、現地で徴発した支那ピーで、半分は素人、半分がセミプロ程度のようだった。軍政部から金が支払われている。2台の車に分乗させ、逃亡されないように警備も分乗する」「部落の村長の豪邸を3日間借り受け、6棟くらいある家に分営させる」「設営は老練な予備の伍長が万事請け負う。先ず、寝台を頭数だけ集める。部屋をアンペラで区切って個室のようにする。毛布を配る。受付は門前に机を並べる。6棟ある家には、各々家号を張る。できるだけ吉原や洲崎の女郎屋を連想させるムードづくりから始める。松竹楼、文梅楼、春琴楼とかの名をつける。翌日9時から開業である。それまでに軍医殿の検査を終わらねばならない」「私も軍医に立ち会って彼女達を見る。なんと驚いたことに、彼女達は例外なく不具者である。足の指が6本と手の指が4本ずつ合計すると20本、また、足の指が11本に手の指が9本もある。甚だしく不自然である。顔だちはよく20歳前の女性である。軍の命令で軍政部が集めた慰安婦は、倫理道徳の進んだ中国社会では、苦肉の策として、この不幸な彼女達に慰安婦の仕事を引き受けて貰うしか方法がなかったものだろう」「軍政部の指示で、止むなく治安維持会が彼女達に犠牲になってもらったようだ」「初日は大盛況裡に事故もなく無事終了した。第二日目に入ると、彼女達から、1日休ませてくれという陳情とも哀願ともつかない申し出がある。要するに、朝の10時から夜中まででは身体がもたないというのだ。尤もなことだが、ここで休まれたのでは兵隊が承知しない。充分な栄養をつけて時間を短縮するからとなだめすかして、2日目は午後から開業し、どうにか終了する。第3日目も午後から開業、無事3日間の営業を計画通り終わる」(226〜228ページ)
「戦時中、日本軍が駐屯している所には例外なく慰安所があった。そして、大部分の慰安婦は朝鮮人女性である。国策でこのようなことをしたのか私には分からないが、慰安所の男達も、やはり朝鮮人が多かった。殆どが北鮮系の人達で、彼女達は軍属ということで、騙されて慰安婦になったといっていたが、もしそれが本当なら、人権問題で現在なら大変なことである。貧農の子女を人身売買する口実に、業者が勝手にそんないい方をしたのではないかと思う」(311ページ)

〔その362〕小宮徳次著『還らざる戦友ー蘭貢高射砲隊司令部顛末記』私家版、1975年発行。著者は、昭和17年、東部第78部隊に初年兵として入営、18年2月、ビルマに出征する。
(その362・1)昭和19年、ビルマ。
「昨19年10月中旬に起った翠香園の爆撃を思い起こした」「第一線将兵の苦闘を忍び、国を憂いて戦局の悪化を嘆き悲しむ者にとっては、誠に憎んでも飽き足らぬ存在となっていたが、天網恢恢疎にして漏らさず『天は正に、正しきかな』と小気味よく翠香園の爆撃は、それ等の将兵には快哉を叫ばせた。しかしながら、此の時全く罪のない4人の女性が生き埋めになったと聞いては、流石に哀れを催さざるを得なかった。しかもその内2人は掛け替えのない半玉の、千代菊とマリ千代の2人であった」「大柄なマリ千代は幸いに手当ての甲斐あって蘇生したが、泥中の蓮の花にも似た純真無垢な、小柄で痩型の清楚白百合の如き可愛い少女の千代菊は、何か悲しい運命の星の下に生まれて来たのであろうか、遂に再び帰ることはなかった」(140〜141ページ)
(その362・2)昭和18年、マレー・アロルスター。
「明日は此の地を出発するという前夜、此の地における唯一の慰安所へ案内された」「民家を巧みに改造した其の家には、10人程の半島婦人が住んでいた、その中で幼児を抱いた一人に私の関心が寄せられその婦人を選んだ。子供を持つ慰安婦、その子供は一体誰の子供なのであろうか。それとも誰の子とも解らぬまま生まれたのであろうか、果たしてこうした戦地で子供が育てられるものであろうか。との好奇心からであったが、結果的には次の解答を得た。父親は中隊長で、誤ってできたのではなく、自己の意思に依ったこと、それ程中隊長を愛している。従って如何な障害があっても絶対に此の子は自分の手で育ててゆく、と非常に固い決意を示していた」(311ページ)

〔その363〕清水靖子著『森と魚と激戦地』北斗出版、1997年発行。
(その363・1)昭和19年、南方・ラバウル。
「(ラバウルの慰安所街の)この一角について詳しいのが『私は憲兵隊の本部の責任者として、その「慰安所」の総監督もした』と語る松田才二さんである」「以下は松田さんの語る『慰安所』である。『「慰安所」と女たちを引き連れてきたのは陸軍の暁部隊です。暁部隊は正式には第4船舶輸送司令部というので、強力な輸送力を持っていました。坂本中将が司令をしていました。支那事変・満州事変以来の日本軍相手の「慰安所」の親方と暁部隊が話し合ってラバウルに女たちを連れてきたのです。「慰安所」の管理は暁部隊がしていました。警備・取締りは憲兵隊がしていました。女たちはひどい生活でしたね、廊下の左右にうなぎの寝床のように布で仕切られただけの2畳ほどの部屋があってね、小さな包みほどの身の回り品を持っているだけ。食事は乏しいもので、ごはんと味噌汁におしんこだけ。健康を維持するにも足りません。わずかの時間に裏の空き地で行水していました。彼女たちの着物を洗うなどは現地人の少年たちがやっていました。彼女たちの衣服はゆかたがけに帯でした。一番大きい「慰安所」は平屋建ての長い建物で、朝鮮の女たちがすし詰めに200人から300人入れられてました。日本から連れてこられた女たちは、別の8棟ほどの二階建ての「慰安所」にいました。それぞれ20人づつぐらい詰められていたでしょうか。出身地は沖縄県・五島列島・天草・宮崎県・滋賀県・奈良県・和歌山県・東北など、貧しい地方からの女たちが多かったんですよ』」「『女たちの3分の1は病気で伏せって、そしてまた多くが死んでいきましたよ。女たちの死亡は暁部隊の日報に載りました』」「『今村均司令長官指揮下の副官部が「日々命令」を師団に伝達するんですが、そのひとつが、この「慰安所」の使用でした。今日はどの部隊が「慰安所」を使うかなど、日を割り当てていたんです。そうでないと混雑してしまうからです』」「ちなみにラバウル、ソロモン諸島方面の軍隊へのコンドームの配付は、1942年だけでも第17軍に334万個、南海支隊に1万個が陸軍省からなされたことが、陸軍省経理局建築課の記録に残っている」(76〜78ページ)

〔その364〕柳本通彦著『台湾先住民・山の女たちの「聖戦」』現代書館、2000年発行。
(その364・1)台湾。
「(タイヤル族の女性)3人は、日本の軍隊で働くように指示されて、昭和19年12月『蕃社』に駐在していた警察官に連れられて山を下りた。当時、3人の夫あるいは婚約者はいずれも従軍中で部落には不在であった」「竹東には兵隊がジープを用意して待っており、ここで集落からついてきた警察官は、お国のためにしっかり働けと言い残して戻っていった」「彼女らが連れていかれたのは、当時井上と呼ばれていた中央山脈の山中であった」「(そこにあった兵舎は)木造瓦屋根で、500人前後を収容できるしっかりした造りであったという。その一角の部屋に彼女たちは収容された」「当初は、洗濯や炊事を手伝うということであったが、1か月ほどするうちに、夜間兵隊の相手をするように強要された。昼間は川で洗い物、小屋で繕い物をし、夕食後は班長に連れられてすぐ隣に用意されている竹小屋に連れていかれる。一人の女に1軒、畳1枚ほどの小屋が割り当てられ、男たちが1日に4〜6人ずつ入れ替わりやってきたという。以来、昭和21年2月まで1年余にわたって連夜日本軍兵士から暴行を受け続ける。未知の土地では逃げ出す勇気がなかったし、終始衛兵が銃をもって監視していた」(11〜13ページ)「(この3人を含め)10人の女たちを抱え、兵舎に夜の営みのための小屋をきっちり10個しつらえているというのは、いかなる軍隊なのであろうか」「防衛研究所の資料のなかに、わたしはこの部隊の素性を求めた。そして、確かにこの部隊が存在することを確認した」「〔台13887武部隊・特設警備隊513大隊〕。台はむろん台湾、台湾軍である。武というのは、第九師団の略称で、金沢で編成されている」(97ページ)
「(タロコの女性3人の場合)彼女らが年頃になる頃に、太平洋戦争が始り、夫や婚約者が戦争にとられていった。昭和19年末になって、彼女らの集落のすぐ近くに日本の軍隊がやってきて駐屯した。3人のうち2人の女性が軍隊の使う食堂に手伝いにいくように警察に指示され、その2日後にはもう一人の女性が兵舎のなかで縫い物や掃除をするようにと言われて、3人がともに軍隊に雇われた女中のような格好で働くようになった。当時、先住民の集落は警察の管理下にあり、警察の指示に逆らうようなことは考えられなかった。住み込むようになった軍営は、およそ5、6百名の日本人ばかりからなる部隊で、シマヤ部隊と呼ばれていた。1か月ほどして、彼女らを世話していた憲兵のミズグチ軍曹から夜の仕事もするようにと指示された。その仕事とは、軍営内の小部屋で兵隊たちの性の相手をすることだった。3人が断ると、ミズグチ軍曹は、兵隊も命をかけて戦っている。もう3年も家内と会っていないから、お国のために身体を使わせて欲しいと言った。武装した数百人の男たちに囲まれて、拒み続ける方途もなく、3人は毎夜交替で訪れる男たちの性奴隷となった。部隊での生活は昭和19年末から昭和21年3月頃までに及び、敗戦後も少なくとも半年以上その『仕事』を継続させられた。うち一人は部隊が解散した後も残っていた『隊長』の現地妻となり、基隆港から最後の引き揚げ船が出るぎりぎりまで性の奉仕は続き、そして路傍に遺棄された。ようやく『解放』され、新しい生活に立ち向かうべきときに、3人はともに身籠もっていた」(102〜103ページ)

〔その365〕長峯良斉編『天翔ける若鷲』読売新聞社、1980年発行。同書は、海軍飛行予科練習生の体験集。
(その365・1)昭和18年10月?、フィリピン。
「燃える海(と題する)東畑幹栄<東京都・甲飛13期>(の手記)」「操舵もままにならない速力4ノットの老朽船辰城丸で、スル海の真ん中をまたもや見張りに立たされているのが畠中練習生」「(交代で)畠中はブリッジの屋根から、ラッタルをおりてデッキへ行くと、非番の同期がかたまって、便乗している日本料理屋の女たちの方を、チラチラ見ながら、ふざけている。この女性たちは、どんな境遇、どんな政策でなのか、自分たちが志願してまで護ろうとしてきた、母や姉妹と同じ日本の女性なのに、軍隊と一緒に祖国を遠く離れた、こんな異国の空の下、なぜ海の上にいるのだろうか。若い彼らにはわかりもしなかった。馴れてきたとはいえ、船艙への階段に一歩足をふみおろすと、とたんに、一種異様な臭気が鼻をつく。暫らくの辛抱ですぐ馴れるのだが、このにおいでがぶられたのでは、粋な飛行兵と自認している彼らも形無しになる」「(その後、辰城丸が魚雷攻撃を受け、沈没寸前となり、畠中は)後部デッキへ、ラッタルを昇っていくと、もうこれで最後、あとは海へ飛び込むだけという所で、これ以上逃げ場はないので、舷側から海面に垂らした綱を伝って、つぎつぎと海へおりている。『兵隊さん、助けて! 私泳げないのよ』。料理屋の女が、足にしがみついて絶叫する。つかまれたままでは、こちらが動きがつかない。『泳げなくても、逃げなきゃしようがないんだ』。小沢と目くばせして、2人で抱えて、『浮いているものにつかまりゃいいんだ』。イチ、ニ、サンで海へほうり投げた。見渡すと、やはり多勢の女が、下<舳の先>へ滑り落ちないように、何かにつかまりながら、すがりつくような目で、2人を見つめる。『早く船から離れなきゃ助からんぞ。ぐずぐずしていると逃げられなくなる。飛び込め、飛び込むんだ』。2人で声をかけながら、火よりも水を選んで寄ってくる女性を抱えては、海へほうり投げ」「上から見ると、海面まで10メートルぐらいありそうだ」(37〜43ページ)

〔その366〕水田洋著『ある精神の軌跡』現代教養文庫、1985年発行。東亜研究所の所員だった水田は、軍政に資する調査のため、ジャワに向かう。
(その366・1)昭和18年1月?、ジャワ。
「ようやく1月12日に、山下汽船の旭光丸という老朽船に乗って、(シンガポールから)スラバヤへむかった」「同乗者は、兵士のほかにジャワ新聞へ出向する朝日新聞記者、ジャワの軍酒保を担当する白木屋の女店員、および慰安婦、という調子であった」(165ページ)

〔その367〕肥田真幸著『青春天山雷撃隊ーヒゲのサムライ奮戦記』光人社、1983年発行。著者は、飛行隊長として第二鈴鹿基地で敗戦を迎える。
(その367・1)昭和20年7月、鈴鹿。
「私は電報を工藤通信長から受けとると、胸をとどろかせて司令の宿舎へと車を走らせた。司令はちかくの河口の岸辺にポツンとはなれた一軒家に夜はおられると聞いていたが、まさに小じんまりとした家であった。私は玄関の戸をたたき、『司令、飛行隊長、重要電報をとどけにきました!』と大声で呼んだ。すると、でてきたのは意外にも服装、物腰でじきにそれとわかる若い女であった。太った司令は、そのあとを浴衣姿で奥からでてきた」(214ページ)

〔その368〕バウネット・ジャパン編『「慰安婦」戦時性暴力の実態U』緑風出版、2000年発行。
(その368・1)昭和17年3月、シンガポール。
「東南アジアの日本軍慰安所ーマレー半島を中心に(と題する)林博史(の論文)」「シンガポールを占領してまもなくの2月27日近衛師団通信隊無線第二小隊の駐屯地の『ほど近い所に慰安所が開設された』。ここでは地元の女性を募集して集めたようである。また3月6・7・8の3日間にわたって、日本軍の宣伝班の下で刊行された新聞『昭南日報』に17〜28歳の『接待婦』(慰安婦)を募集する宣伝が掲載されている。その応募受付はラッフルズホテルに設けられているが、ここは軍兵站が管理する将校用ホテルだったことから見て、軍兵站が関わっていると考えられる」(355〜356ページ)

〔その369〕バウネット・ジャパン編『「慰安婦」戦時性暴力の実態T』緑風出版、2000年発行。
(その369・1)昭和19年、呉。
「日本人『慰安婦』―誰がどのように徴集されたか(と題する)西野瑠美子(の論文)」「1944年、広島県の呉にある海軍軍需部総務課労務科の徴用係の仕事をしていたHさんの所に、分厚い冊子が回ってきた。それは『外地慰問団志願者名簿』だった。女性だけに回っていたのだ。署名の中に軍需部の『お偉いさん』の娘の名前があった。上司と課長が『良家の子女の行くところじゃない。やめさせた方がいい』と話していたのを聞いたHさんがその意味を問うと、『あれは女郎が行くもんだ』という答えが返ってきたという。慰問団として送られていった女性たちのその後は不明である」(85ページ)
(369・2)昭和16年、満州。
「《資料1》関東軍による『慰安婦』動員に関する(『従軍慰安婦』著者千田夏光あての)手紙(の一節)」「(『従軍慰安婦』)文中の(関特演に関する)関東軍従軍慰安婦の件は原参謀大綱企画をし、命令伝達通達配置指示及業者との接触等事務処理は小生がいたしました。当初日本人慰安婦を集める予定でしたが、何分当時支那事変の最中で多くの日本人慰安婦は支那大陸に渡り、その不足分を朝鮮人慰安婦を集めた訳で、原参謀は7000人と申して居られますが、小生の記憶では3000人位だったと思います。当時配置表が兵站班事務室の小生のロッカーにマル秘扱いで保管して居りましたが、終戦と共に処分した事と思います」(336ページ)

〔その370〕日本経済新聞社編『私の履歴書・第10集』日本経済新聞社、1960年発行。
(その370・1)昭和11年、平壌。
「内ヶ崎ウン五郎・東北電力社長(の巻)」「私は大連で(同行の視察団)一行と別れ」「平壌で下車、満鉄の経営するホテルに投宿した。ここでは牡丹台にいき、高浜虚子さんが平壌で遊んだおり、名づけたという『おまきの茶屋』で昼食をとった。その茶屋でかねての念願だった妓生を数人呼んでサービスをしてもらった。年のころはみな17,8歳、清潔な感じのする子ばかりだった。気にいったのでそれを連れ、初秋の大同江に龍頭げき首の舟を浮かべて下った。2、3時間はかかるだろうと思い、ビールなどを積んで舟に乗り込んだが、30分ほどで終わってしまい、あっけない思いをした。その舟遊びの終点では、いっしょにいった妓生の母校である妓生学校を見学したが、ここで詩歌管弦のほかに、書と絵とを勉強させられるということであった。そこで妓生の書いたものを1本50銭だったと思うが、2本買わされて退出した」(293〜294ページ)

〔その371〕日本経済新聞社編『私の履歴書・第18集』日本経済新聞社、1963年発行。
(その371・1)昭和11年?、鹿屋。
「坂信弥・大商証券社長(の巻)」「鹿児島ではこんな思い出がある。鹿屋という町に海軍航空隊があった。後年真珠湾攻撃をやったあの航空隊である。同隊には少年航空兵がたくさんいたが、海軍の中でここの少年航空兵がいちばん早熟だったらしい。いつ死ぬかわからない境遇だから、死ぬ前に“男”になりたいという気持も強かったのだろう。ところが適当な遊び場所がないものだから、町の娘たちに被害が及ぶ。娘の親たちは怒って航空隊に苦情を持ちこむ。隊長の石井静大佐もこれには弱って私(鹿児島県警察部長)のところへやってきた。『こういうことを頼むのはあなたで三代目の警察部長だが、なんとか遊び場所をつくってくれないだろうか』。要するに“赤線”をつくってくれというのだ。当時、内務省は人身売買をうるさく取り締まっていたので、新しく遊廓を設置するなんてとてもむずかしいことだった。私はこの申し出には弱ったが、私も同じ男である。まして少年航空兵はお国のためにあすを知れない命だ。そこで『よろしい、なんとかしましょう』と言って一計を案じた。それは郊外の町有地約5万平方メートルにダンスホールをつくる計画だ。各ダンスホールのダンサーは客である少年航空兵と意気投合の結果、別室にご案内する。つまり、今しきりにその方面に利用されている“恋愛関係の成立”という形式をとることにした。『特殊飲食店』というのはこの時初めてつけた名前である。しかし、私はここに働く女たちが雇い主に搾取されることなく、年期をつとめあげたら貯金通帳が持って帰れるようにと経営者に仏教関係者をもってくることを考えた。そこで関係者一同を集めて『こういうところで働く女たちが身はけがしても心をけがさぬようあなた方の手で守ってはくれぬだろうか。死んだ仏にお経をあげておふせをいただくばかりが能ではあるまい。この際生きた仏を助けてほしいものだが……』と言った。しかし残念ながらこの話は実らなかった。しかたがないので町長の推薦する50人の業者にこれを任せた。ここの建物の回りは植え込みでかこみ、文字通り小鳥たちがチューチューさえずる環境にしたてあげた。警察部長が赤線をつくるなんて今ではとても考えられないことだ」(149〜150ページ)
(その371・2)昭和20年、東京。
「(坂が)二度目の警視総監を命じられたのは東久邇内閣のときで、終戦の2日後ー昭和20年の8月17日」「私はさっそく署長会議を開いて占領軍対策を検討した」「問題の中心は日本の女性をどうしたら占領軍から無事に守れるかということである。町にはそのために疎開しようという空気さえ出はじめていた」「都民の不安をなくすため署長たちには『君らの疎開している家族を呼び戻せ、娘がいなければどこからか借りてこい』という訓示をした。私自身も娘を麻布の家につれてきた。しかし占領軍も人間だ。ご苦労さんと言ってお迎えするわけにはいかないけれども、流れる水はせきとめてそこへ落とさなければ、やっこさんらなにをするかわからない。そこで愛宕山の嵯峨野という料亭のおやじに因果を含めて『そういうことを気にとめぬ女性がいたら集めてくれ。金はおれがつごうするから』と言って集めさせ進駐軍から日本の婦人を守る“防波堤”をつくった。まず大森に、次に向島につくった。向島には一度行ってみたが、そのとき私は彼女らのはいっているフロに横綱の手数入りみたいに堂々とはいった。その心は“おれもはだかになっている、君たちはおれの娘ぐらいの年だ。おれもつらいがお前たちも気にそまぬだろう。どうかしんぼうしてくれ、はだかになって心で手を合わせているんだ”というところである」(169〜170ページ)

〔その372〕森田芳雄著『ラサ島守備隊記』河出書房、1995年発行。著者は、昭和19年4月、陸軍ラサ島(沖大東島)守備隊長として、220名を率いて上陸する。
(その372・1)昭和19年11月、沖縄・ラサ島。
「11月の便船で、突然やっかいなシロモノがやって来た。それは、番頭の卜部某という者につれられた韓国人7名の慰安婦のことだ。もちろん乗船前にわかれば拒否したのだが、島に向かって出発した、となれば手の打ちようもない。慰安婦の派遣については、もともと内地を出発するときに、部隊本部でも話が出た。私は、不潔だから島には寄こさないでほしい、といい残してあった。そのため、携行してきたコンドームも本来の役目をはなれ、時計とかその他金属類の湿気よけなどに使われていた。だが、遠路はるばる来た者を、追い返すわけにもいかない。とりあえず、西海岸の最北端にあった職員長屋の空家に押し込むことにした。その後、彼らから事情を聞くと、真偽のほどはわからないが、南方に行こうと沖縄まで来たとき、そこで32軍のある参謀から、ラサ島は緑の天国、あたかも別天地のようだといわれ、まともに信じてやってきたらしい。ところが聞くと見るとでは大ちがい。こんなゴツゴツした岩ばかりの島ならば来るのではなかった、だが、いまさら逃げ出すわけにもいかない、と嘆く。ところで、陸海軍とも、金銭の補給がないのだから、遊ぶにも金が続かない。そのため2か月ほどで開店休業となってしまった」「商売にはならない。そうかといって帰る船は来ない。どうにもお手挙げとなったあわれな一行は、以後は軍の使役。死なば軍ともろとも、貧乏くじを引いた運の悪い一行であった」(216〜217ページ)

〔その373〕門司親徳著『空と海の涯で』光人社NF文庫、1995年発行(単行本、毎日新聞社、1978年発行)。著者は、昭和16年、第6期短期現役主計科士官として海軍主計中尉に任官する。
(その373・1)昭和17年7月、グアム。
「慰安所は、アガニヤとスーマイの中間あたりの左手の丘の上と、その少し先の右手の丘の上と2軒あった。木造の西洋館で、女性はチャムロの人たちであった」「西洋館の中は、個室ばかりで、酒も個室のベッドの傍で飲むようになっていた。女性はあまり美人はいなかったが、体格は良かった」「丘の上の慰安所は、明るい7月初めの太陽の下では、陰気ではなかった。隊員の外出は昼間であったから、この丘の上で列を作って順番を待っている姿を見かけることもあったが、のんびりと大らかでユーモラスであった」「准士官以上の慰安所は、アガニヤに近い海岸通りの、ちょっとした岬の上の林の中にあった。『あかしや』という名の家で、5人の日本人女性がいた。太った人や、いつも首にほうたいを巻いた人や、白痴的でちょっと頽廃した感じの美人など、いろいろであった。ここの女将は、もとダンサーをしていたという近代的な女性で、『あかしや』の近くに住居を持っていた。しゃれた西洋館で、すぐ窓の下に波が打ち寄せていた。『あかしや』の宴会場は、赤い毛氈の敷いてある簡素な広間で、押し上げ窓を開くと、海が見えた」(132〜133ページ)
(373・2)昭和19年1月、アンダマン・ポートブレア。
「ポートブレアでは、時間の余裕があったので、仕事が終わってから街を見物しに行った」「分遣隊の人が慰安所に案内した」「ブレアには、日本の女性と台湾の女性がいる。女性の数が少ないので、昼は下士官兵、夜は准士官以上だという。われわれは台湾女性の家に案内された。ところが、行って見て驚いたことには、この世界の果てのようなアンダマンの慰安所に、年の若い、美しい女性がいるのである。慰安所は、人気のない草原の一画にあった。家の真ん中にあるホールで待っていると、そこに台湾の女性が、5、6人入ってきた。電灯がなく、色のついた細長いロウソクである。その光の中に見た彼女たちは、目をみはるような、若々しく、清潔で、美しい女性たちであった。だまされてきたのか、承知できたのか知らないが、私たちは意外なことに驚いた。分遣隊の話によると、日本人の慰安所は、流れ流れた末のような、疲れた女性だという」(301〜302ページ)

〔その374〕南支派遣軍報道部編『兵隊』第39号、1944年5月号(復刻版、刀水書房発行)。
(その374・1)昭和19年5月、中国・広東。
「民心把握(という題の“巻頭言”的な文章)」「大東亜戦争の終結は、米英を屈服せしむるにあるは勿論なれど、これのみによって、今次大戦の終結の到来を思考するは誤りである。されば、大東亜戦争終結の鍵は、いづこにありや、それは、日支両国の悲劇的な戦ひの早急な終息に俟つ以外、他にないのである」「我々南支軍将兵の、その日その日に於ける一挙一動が、如何に大きく日支事変解決の線上に、あらはれているかを考えてみるとき、我が南支軍最高指揮官の要望せる、『民心把握』を文字通り実践しているか、いないかが、いつに日支事変解決に懸かっているのである。『欧く』『盗る』『姦淫』あるところに、日支事変解決の鍵は絶対に開かれないのである」(1ページ)

〔その375〕堀末吉著『客戦記ー歩兵第116連隊戦記』長門出版社、1985年発行。著者は、昭和15年12月、入隊。中支派遣軍などで中国大陸を転戦する。
(その375・1)昭和15年?、新潟・新発田。
「夜間演習から帰舎して銃の手入れをしているとすぐ消床が掛った。その時仮宿舎には初年兵と教育上等兵等が寝起きしていた」「私の教育上等兵は、今でも忘れぬ星野上等兵でした。その星野上等兵の寝る場所は私のすぐ隣りでした」「(寝て)10分位も経った頃でしょうか、私の毛布の端が動いた」「そのうち上等兵殿の手が私の毛布の中に入り、私の手を握りしめて来た。ハッとして私はその上等兵殿の手を払いのけると、又二度私の手をしっかり握りしめ、初年兵に聞こえない様な小さい声で私を呼んでいる」「致し方なくなすがままにした」「すると、私の手を自分の股倉まで持っていき、私の手で上等兵殿の男根を握れというサインを送って来た。いやこれには初年兵の私も一本参った。その当時上官命令は、どんな火の中水の中であろうと入らなければだめだった。上官に対しては絶対服従をしなければなりませんでした。その様な訳で、上官に対して何もかもその場で服従することとした。上等兵殿は、私が手を放そうとすると私の手を握って上下させる」「小刻みに身体を震えさせていたが、目的を達したとみえて私の手を払いのけ、暗闇の中毛布を頭から被りスヤスヤと眠りに就いた」(31〜32ページ)
(その375・2)昭和16年4月?、中国・漢口。
「南京滞在も終わりをつげ、再び上船して漢口に向って出航した」「2日後、漢口に到着」「漢口市内も南京に負けぬ名所古跡が多く」「夜ともなると、我々初年兵の宿舎近くまで支那娘が集って来て、モーションをかける気配がするけれど、戦乱時の慰安婦でしたから若しや戦場警備地途上において梅毒にでも罹ったらと心配し、好奇心あるものの手招いて話だけしている。姑娘は、そんな兵隊の気持ちを見透かしてかゲラゲラ笑っている」(40〜41ページ)

〔その376〕三宅善喜著『密林に消えた兵士たちー私のダバオ戦記』健友館、1981年発行。著者は、昭和18年、陸軍航空本部に徴用され、技手としてフィリピン・ミンダナオのダバオに配属される。
(その376・1)昭和18年9月、東京。
「昭和18年9月の初めだった。私は川崎市水江町のドックの現場にいた。『本社(東京)から呼び出しだよ。これからすぐ行ってくれ』。工事主任のこんな言葉に、用件もわからないまま」「本社に出頭した」「『キミ、昭南(シンガポール)支店に行ってくれないか』。専務がいきなり切り出した。突然のことで返答に窮した」「『社命なら行きましょう』ということになってしまった。後でわかったのだが、南方支店勤務は真っ赤な嘘で、航空本部から大手建設会社10社に対し、それぞれ建設部隊を編成するよう指令が出て、清水組からは私がその責任者として白羽の矢が立てられたのだった。欺されたと気がついた時はすでに遅く、成増の工場に集合してみると、わが清水班は『特別野戦飛行場第一設定隊』となっていた」(14ページ)
(その376・2)昭和20年7月、ミンダナオ。
「『改めてお願いがある。是非聞いて欲しい』。(軍司令部の)銀行員中尉が突然言い出した」「『実は自分は管理部長を拝命して今日に至ったが、十数名の内地娘を預っており、それぞれ配置したが、言うことをきかない娘が3人残っていて困っているんだ。是非連れて行って、君の部隊に引き取ってくれないか。軍司令部は承知のとおり極限の状態だ。頼む。この通りだ』と頭を下げる」「3人の娘は25歳になる『桃子』が姉御株で、他の2人を紹介する。19歳の『トモ子』は従妹。22歳の『千恵子』は同じ町内から来たと関西弁で言う。昨年の夏、陸軍の南方要員の募集に応募して来たら、実際は慰安婦が目的だった。ダバオ湾口で敵潜水艦に沈められ、救助されてダバオに着いたときはすでにてんやわんやで慰安所どころではなかった。その点は運よく助かったのだが、今度は敵の上陸騒ぎ、命からがら今日まで生きてきたという」(148〜152ページ)

〔その377〕峰敏朗著『インドの酷熱砂漠に日本人収容所があった』朝日ソノラマ、1995年発行。太平洋戦争中、イギリスは日本人をインドの砂漠地帯のデオリという村の収容所に入れた。
(その377・1)昭和19年10月、インド・デオリ。
「昭和19年10月25日、ビルマからの婦人22名が収容された。彼女らはいわゆる戦線婦人と噂された。一般の男女とは別に、4翼の隣にテントを張って収容された。全員朝鮮人と噂されたが、インタニーには確かめようもなかった。彼女らには、初めのうちは4翼から食事を運んでいた。ある若者は食事当番の時、ご飯と食器の間に手紙を入れて密かに手渡したが、ついに返事はもらえなかった。日本語は読めなかったのかもしれない。彼女らはひっそりと人目を避けて、収容所生活を送るつもりらしかった」(184ページ)

〔その378〕昭和戦争文学編集委員会編『昭和戦争文学全集9・武器なき戦い』集英社、1965年発行。
(その378・1)昭和14年4月、中国・九江?。
「ほだ火(と題する)岡村俊彦(元陸軍軍医大尉の著書)」「(昭和14年)4月29日 雨 天長節 6時出発兵站本部にて朝食、雨降りはじめる。8時乗船開始、徴用漁船なり、10時出発」「15時、呉城前方2キロで牽引中の舟艇、波をかぶって沈没す。乗用車3台、工兵、慰安婦等数名、水中に投げだされ大騒ぎとなる。ドラム缶につかまる兵、いかだにつかまる女等、目前にその姿をみて如何ともすることができない。車中で眠っていた1名の女性は行方不明」「その夜は船中に泊まる。天長節の酒下給され助けられた女性たちもくわわり、にぎやかに酒宴、船中はさながら慰安所のごとし」「運転室で性交を堂々と行っている兵もある。女が嬌声をあげている、まことにめでたい」(80ページ)
(その378・2)昭和16年12月、南方。
「南海支隊(と題する)山下恒七(陸軍徴用船一等機関士の書)」「われわれ船員の目からみても、この南海支隊の軍紀は厳正であったし、隊そのものが兵隊が間違いを起こさぬよう気もつかって、施設の用意もしていた」「婦女問題についてもなかなか手配よくゆきとどいたもので、母島集結地において1隻だけはるか離れて停泊しているのがいて、この船はグァム島でも占領から2日おくれて入港してきた。陸上の施設が準備できてから上陸させたのだが、なんとこれは慰安婦の一隊であって、さすがに軍属とはいわずに、正式には陸軍要員と呼称していた。字をていねいに書かないと要具とまちがえやすい」(269ページ)
(その378・3)昭和17年9月、スマトラ?。
「ああ静岡連隊(と題する)柳田芙美緒(写真家の書)」「(昭和17年)9月19日」「この町にこんど店を開いた『南海洋行』」「南海洋行というのは日本の南方作戦を知って、香港の日本商人が食堂のボーイ、女中、そのうえ、中国人、日本人、朝鮮人の慰安婦までつれてきてひらいた料理屋なのだ」(466ページ)

〔その379〕島田一男著『中国大陸横断ー満州日報時代の思い出』徳間文庫、1985年発行。
(その379・1)
「陸士、陸大を首席で通した青年将校高柳保太郎は、薩長に頭を押えられて有名将軍を出していない加越能郷土人のホープだった」「日独戦争の青島攻撃では輸送司令官として抜群の功をたてて少将となり、シベリア出兵では陸軍中将兵站本部長として出征、軍略と政治力で派遣軍の兵站確保と原住ロシヤ人工作に成功した」「シベリア出征中の将軍は、一日、新戦場を流れ歩く娘子軍を集めて、盛大な宴会を張ったのだ。将軍が主人役で、女達がお客である。宴なかばに、将軍は、菊花御紋章入りの巻き煙草を1本ずつ女達に配給した。『―お前エらのおかげで、わが将兵は大いに慰められとる。その上、時には身を投げ出して敵状をさぐってくれる。わしは、心から礼をいうぞ。恩賜の煙草をいただいて、これから後もお国のために働いてくれ……』てな挨拶をしたものである。それまで、歌い踊っていた女達は、一瞬水をうったようになり、唇を震わせ、すすり泣くものもいたということだ」「ところが、それから数日後」「副官が、あわただしく、一通の軍事電報を握って将軍のところへ飛んできたのだ。―何月何日付待命仰せつけらる……。それは、将軍が娘子軍を慰安した翌日の日付けになっていた。その間の事情はすぐわかった」「高柳は恩賜の煙草を売笑婦にやった……、そう参謀本部へ報告したやつがあったのだ。かねがね、閥外の能登からのし上がった高柳将軍を小面憎く思っていた中央の兵隊どもは手を打って大喜び、たちまち待命電報となったわけである」(187〜188ページ)

〔その380〕清水正三編『戦争と図書館』白石書店、1977年発行。
(その380・1)昭和7年1月、富山。
「左翼物影を潜め、軍事書籍大もて 失業者の慰安所になるこのごろの図書館(と題する新聞記事)」「富山市図書館の窓から見た社会相」「読書子は勿論学生が60%、つぎが失業者の15%、これは最近図書館が失業者の慰安所化した傾向のせいであろう。(1月19日、大阪朝日新聞)」(135〜136ページ)

〔その381〕野里洋著『汚名ー第26代沖縄県知事泉守紀』講談社、1993年発行。
(その381・1)昭和19年、沖縄。
「昭和19年の夏頃から沖縄に部隊が続々と配備された」「兵隊の増加に比例するように風紀の乱れがひどくなった」「未亡人や若い娘との間でトラブルが頻発した。那覇の波上神社の近くには、美妓3000人といわれる辻遊廓があったが、血気盛んな兵隊が遊廓で乱痴気騒ぎを繰り返し、女をめぐって兵隊同士殴り合い、挙句に発砲事件を起こすなど、事件は毎晩のように発生した」「軍は規律を守るよう各部隊に命令したが、事態はいっこうによくならなかった。軍としては、こうした事件が起こるのは兵隊専用の遊興施設がないためとして、県当局に『慰安所』をつくるよう申し入れてきた。軍のこの申し入れに対し、泉知事は拒否した。『ここは満州や南方ではない。少なくとも皇土の一部である。皇土の中に、そのような施設をつくることはできない。県はこの件については協力できかねる』」「上級の幹部が再度申し入れたが、知事はそれでも態度を変えなかった。『県は軍の作戦に協力しないつもりか』。軍の幹部の中に、知事を露骨に非難する者が出てきた」「泉知事が慰安所設置の要求を拒否したにもかかわらず、軍は警察に圧力をかけて各地に慰安所をつくり始めた」(90〜96ページ)

〔その382〕上原要三郎著『輜重兵マル秘日記』国書刊行会、1983年発行。著者は、鉄道省勤務中、昭和12年から15年まで支那事変に応召。
(その382・1)昭和13年、中国・曲沃。
「(昭和13年)3月31日」「輜重の執銃兵達は充弾の上、敵の銃声を聞きつつ、西門を出る。午後1時半無事曲沃着。兵站より糧秣を受領。3時宿営。朝鮮人慰安婦の一団が来着する」(41ページ)
(その382・2)昭和14年2月、中国・馬頭王サイ。
「(昭和14年)2月11日」「2,3の部落を過ぎ9時半、馬頭王サイの部落に入堤し待機、大休止となる。2、3人ずつ物を求めあるいは姑娘を求めて部落内に進入して行く者もある。残念至極。20〜30分後、袋を担いで帰って来て自分の車両に積んでいる者もある」「帰来して姑娘徴発の手柄話をしている者もあり、一人の姑娘が気絶し局部を曝したまま倒れているとの話に次々に見物に出かける馬鹿者も。出征後1年も経てば仕方ない等と話しあっている兵隊もいる」「今日は紀元節の佳き日、こんな嫌な実情を見ては淋しい」(134〜135ページ)
(その382・3)昭和14年2月、中国・元村?。
「(昭和14年)2月27日」「夕刻、小隊長宿舎に全員集合の上、支那人慰安婦買いと性病についての注意がある」(140ページ)
(その382・4)昭和14年12月、中国・青島。
「(昭和14年)12月17日 晴 青島出帆。昨夜はこれが支那に於る最後の夜」「大陸最後の検疫で、過去2年、賭博で数千円も稼ぎ、さんざん軍紀を乱し、慰安婦の身請けまでしてのけた同班の××君が、性病のため青島に留置されることになり、我々と帰還の喜びをともに出来なくなった。これも彼の所業の報いか」(195〜196ページ)

〔その383〕緩詰修二著『最悪の戦場 独立小隊奮戦す』光人社、1993年発行。著者は、昭和16年、敦賀歩兵第119連隊に入営。19年からビルマの戦闘に参加する。
(その383・1)昭和20年、ビルマ・マンダレー。
「(昭和20年1月)その夜、中尉は西坂上等兵をともない、野砲兵の自動貨車に便乗して、マンダレーに向かった」「(到着した)時間は4時前で、辺りはまだ暗かった。しかし、マンダレーの街を見回し、2人はわが目を疑った。街には、“赤い灯、青い灯”がきらめき、料亭ふう、慰安所ふうのなまめかしい感じの家が軒を連ねているのだ」「歩きながら中尉は、西坂上等兵に、『前線追及中のことだが、機動砲小隊がこの対岸のサガインで、列車待ちをしていた。その際、妙に色っぽい5、60人の女性が、兵隊姿も凛々しく軍歌を歌い、歩調を合わせて行進しているのに出くわした。兵站の兵隊に、“あの兵隊姿の女性たちは、いったい、何者なんだ”と、尋ねたところ、「あいつらは、大阪からやって来た芸者なんですよ。これから、メイミョウに在る第15軍の司令部へ行って、連日、連夜の宴席にはべる連中ですわ」と噛んで吐き出すようにいった』」(143〜144ページ)

〔その384〕篠崎護著『シンガポール占領秘録』原書房、1976年発行。
(その384・1)昭和17年、シンガポール。
「(昭和17年4月ごろ?)それまで日本人の渡航を抑えていた陸軍省第六委員会は、軍政要員の外に続々と日本商社を送り込んできた。白木屋デパートは、英国のデパートであったホワイト・ウェーを接収して軍の酒保を開いた」「昭南は南方の兵站基地となり、戦時とは思えぬくらいに治安もよく、活気に満ちていた」「後方基地昭南は、兵站参謀が脚光を浴びる時代となったが、料亭の開設も、兵站部の担当であった。ソファイア路にあった南幸女学校を軍兵站部が接収していたが、やがて東京大森海岸の料亭『かにや』が進出してきて軍の高級料亭となった。ケーンヒル路の南洋女学校も軍の料亭となり、清水建設の手で立派な日本風に改造されて絃歌と嬌声が周囲に響いた。スコット路には海軍の筑紫、バルモーラル路には五十鈴、さらにジョホールバルには、艦隊用として新喜楽が開店した。五千万弗献金の推進者であった高瀬嘱託は軍政部長の強力なバックアップで伊豆長岡温泉から有名な旅館を呼び寄せた。一行は総勢百名余の大所帯で、大和部隊と大書した旗を押し立て、畳、食器、味噌、醤油、漬物、膳部、箸まで持ち込み、大勢の婦女子を連れて来た。これ等妙齢の美女は、日本でタイピスト、事務員として応募して来たが、昭南に着くと、酒席のサービスを強いられて失望した」「女学校を料亭に使用したことは、ニューデリーからも放送され、軍のトップも考慮していたので、女学校の料亭は閉鎖された」
「シベリア出兵の老兵は記憶しているかもわからないが、大正末期に流行した歌があった。北はシベリア南はジャバよ 流れ流れて落ち行く先は……。それは慰安婦の歌であり、物哀しいメロディであったが、日本軍の駐屯地には必要悪として兵隊用の慰安所が設けられた。昭南の治安が一応確立されると、軍兵站部は早速オーチャード路の裏、ケーンヒル街の一角を接収して兵隊の為の慰安所を開き、朝鮮から連れて来た親方と、台湾人であった日本名山口君子という女性に経営させた」(80〜83ページ)

〔その385〕藤村謙著『変転せる我が人生』日本文化連合会、1973年発行。著者は、昭和12年7月、熊本野砲兵第六連隊長となり、第六師団内にあって、北支に出征し、後、中支に出征、南京、漢口などの会戦に参加する。
(その385・1)昭和12年12月?、中国・蕪湖。
「蕪湖駐留」「南京城攻略後暫域外の支那兵営に駐留したが、蕪湖に移動する命令を受けて、雪の降る中を行軍し(昭和12年)12月23日同地に到着した」「慰安婦の必要」「当分当地に駐留すると、隊長として第一に考えねばならぬことは、若い将兵に対し慰安を与えることである。若し之を怠るときは、土地の婦女子に対する暴行が続発し、厄介な問題を惹起し、引いては軍の威信を失墜するに至るのである。そこで速刻内地に連絡し慰安婦を至急迎えた。日本女性と朝鮮人女性とが来たが、後者の方が一般に評判が良いので逐次之に代えることにした。今まで当隊の兵の中、約20名は支那部落に侵入し、婦女子をあさり行方不明になった。之に対し徹底的に調査したが、約半数は死体となって隠匿してあったが、残り半数は発見出来なかった」「部隊長の慰安設備と出動命令」「さて(昭和13年)5月に入ったが出動の様子はなかった。そこで我々部隊長は坂井旅団長の宿舎に集り、部下将兵には慰安の設備は整って無事であるが、部隊長には何の慰安もないから部隊長用の倶楽部を秘かに作る議がまとまり、先ずサービスガールを撰ぶことになった。日本人や朝鮮人は避けて、支那人の上流家庭の婦女子を充つることに一決し、地方有力者を介して物色したところ、美人4、5名を得た。倶楽部の場所も人の眼のつかぬ適当な処に求むることができた。いよいよ明日より開所することにした途端、5月24日安慶作戦に対する出動命令が下った。やむを得ず之を中止した。残念残念」(109〜112ページ)
「支那作戦の所感及び教訓」「軍紀と補給」「補給ない作戦に於いて軍隊は、活きるためには徴発に依らねばならぬ。一度や二度なら良いが、我が連隊について言えば、(昭和12年)11月9日杭州湾に上陸して以来、南京城外、雨花台に達する直前12月10日まで、1か月間一物の補充もなかった。此の間人糧は徴発に依った。土民の敵愾心は強く、且つ相手が居らぬことが多い。知らず知らず略奪となり、糧食以外の物品を見れば手をつける、盗む、偶々土民が居れば言語の不通や敵愾心より、不遜の態度を見れば直ちに之を殺害する、放火する。後方部隊は戦闘間暇があるので、遠くまで行って、奪略、強姦、放火勝手放題の悪行を働いた。此等の悪虐行為は不当な徴発より馴致したもので、一つに高等統帥の不見識より生じたものにほかならぬ。皇軍の威信を永遠に失墜したのは遺憾であった」(135ページ)

〔その386〕西村修著『ある兵士の戦場のスケッチー盧溝橋事件直後の北支戦線』草思社、1995年発行。秋田県角館の日本画家田口秋魚は、昭和12年9月、応召され、14年1月の帰還まで中国各地を転戦した。同書は、田口の戦地での日記を紹介している。
(その386・1)昭和13年2月、中国・黎城。
「(昭和13年)2月27日、好天。治安維持会にて私娼4、5人、招来すという。いずれにもせよ、個人として賛成しかねることだ。本能にしろ節制するところに人間性があるのだ。しかし、一様にこれを否定するわけにもいくまいが」(126ページ)

〔その387〕吉田一著『サムライ零戦記者』光人社、1987年発行。著者は、日映写真報道班であり、ラバウルに赴任する。
(その387・1)南方・ラバウル。
「通称『山の家』と呼ばれた海軍の士官用慰安所」「女は十代と見えるのが2、3名で、後はみな30を越した年増ばかり、なかには40に手のとどく大年増もまじっている。いずれを見ても気になるご面相ではない。もっともこの程度じゃなきゃ、好きこのんでラバウルくんだりまで出稼ぎに来やしまい」(24〜25ページ)
「突然、8根司令部から報道班員の慰安所立ち入り禁止を命令してきた」「憤慨した私は、さっそく26航戦司令部に走りこみ、23航戦から転任してきた安延参謀にその委細を話すと」「さっそく筆と硯をとりよせ、1枚の半紙に、『特用倉庫出入許可書 海軍報道班員 吉田一 右は第26航空隊付報道班員にして、特に海軍特用倉庫への出入を許可するものなり。右証明す。第26航空戦隊 先任参謀安延中佐』とていねいに書き終わる」(190ページ)
「ラバウルを去る最後の夜は、やっぱり女の宿で過すのが、私には一番ふさわしく思えた。あまりなじみでもない女の部屋で、生ぬるいビールを、私はひとりで飲んでいた。女はすこし前の空襲で、爆弾の破片を足にくって、その夜まだ起きられず床に横になっていた。明日かえると聞かされた女は、取り残される寂しさに、口数も少なく、ただ私の飲み口をじっと見つめていたようだ」(223〜224ページ)

〔その388〕巣鴨遺書編纂会編著『死と栄光ー戦犯死刑囚の手記』長嶋書房、1957年発行。
(その388・1)昭和23年11月、インドネシア。
「神意のままに(と題する蘭印のオランダ軍事法廷によりスマラン事件で裁かれた)「長崎県、陸軍士官学校卒業、元陸軍少佐、昭和23年11月27日『グロドック』において刑死、39歳(の遺書)」「私のよき妻へ。大村の警察署で別れておおかた2年になるね。寒い晩だったね」「その後子供達も丈夫に大きくなっていることでしょうね」「とうとうお別れする日が来たよ。お前にも、可愛い子供達にもこの世ではもう会う事が出来なくなりました」「今3人の幼児を残して逝かねばならぬことは残念である。しかしこれも運命だ。お互いに諦めねばならないことです」「新婚早々の人々も多く逝きました。また終戦後そのまま捕えられた人々も多いのです。11か月ではあったが復員して一緒に暮せたのも神の恵みでしょう」「私の魂はお前の傍に帰って常にお前達の幸福を守るでしょう。ではさようなら、ごきげんよう。昭和23年11月25日夕」(79〜81ページ)

〔その389〕梶村太一郎他著『「慰安婦」強制連行』金曜日、2008年発行。
(その389・1)昭和19年2月、インドネシア・スマラン。
「(オランダ軍事法廷のスマラン事件)公判記録によれば、1944年1月、能崎清次陸軍少将が司令官であったスマラン幹部候補生隊(事実上の準士官学校)の司令官補佐官池田省一大佐と大久保朝雄大佐が、スマランの売春所での女性不足と性病の問題を解決するため、(オランダ人)抑留所の『2万人もいる女性の中から募集して新たに軍慰安所を設置する』提案を司令官にしたことから始まる。能崎は、提案には反対しなかったが、バタビアの第16軍司令部の認可を条件にした。池田は東京への出張命令が来たため、部下の岡田慶治少佐を代理兵站将校として能崎の一書を持たせ、バタビアでの軍司令部との認可交渉に当たらせ」「軍司令部の兵站将校は女性の『承諾書』を条件に、将校専用一軒、日本人民間人用三軒について認可したが、下士官用一軒については認可しなかった。岡田は準備のためバンドンのヨーロッパ人女性のいる『慰安所』の視察をしたうえで、スマラン州庁に女性を集める手配と、四軒の『慰安所』開設の準備を指示した」「周到な準備の上、2月下旬、スマラン周辺の7か所の女性抑留所から若い女性の連行作戦が行われた。多くで猛烈な抵抗に遭った結果、4か所から36人の女性を連行し、そのうち少なくとも24人が売春を強制されたと公判は認定している。開設のとき不在であった池田は公判で『後になって女性たちの署名のある日本語の承諾書には、仕事の種類が記されていなかったことがわかった』と供述している」「この事件では、容疑者13名が起訴され、1948年2月と3月の3回に分離された判決で、2名が無罪、軍人7名と軍属慰安所経営者4名が有罪となっている。岡田は死刑、能崎は禁固12年、池田は同15年であった。事件を発案した大久保は、連合軍の追及を知り47年1月、仙台で自殺した」(107〜108ページ)

〔その390〕遠藤真夫著『北鮮・シベリア戦友録』旺史社、1986年発行。
(その390・1)昭和20年8月、朝鮮・カン林山。
「日ソ全面戦争が明白となり、数千キロに及ぶ満ソ国境に凄惨な戦闘が展開しているにもかかわらず、7481部隊守備地域には、ソ連軍の積極侵攻がないまま時間が過ぎていった」「7481は掩蔽壕や防空壕にじっと身を潜ませ、ひたすら夜を待った。砲4中隊が火砲、軍馬、弾薬などを待避壕に運び、兵隊が防空壕に避難し終わったとき、近くにあるピー屋(慰安所)に5人の朝鮮人慰安婦が残っていると最初に気がついたのは、やはり利用回数が最も多い丹治新一兵長だった。『栄子たち、どうしたっぺ』。丹治がすっとんきょうな声を上げると、兵隊たちは皆一様に“おおそうだ”という顔をした。ピー屋は」「敵弾の直撃を受ける心配はないが、非常事態の発生に途方に暮れていると思うと哀れだ」「丹治を先頭に数人が飛び出して行った。7481では、国境要塞に釘付けになった兵の性欲処理のため、各地区ごとに人員に応じた慰安婦をおき、軍医の管理下、軍属に準じて扱った」「(砲4中隊を含む地区には)5名の朝鮮人慰安婦がいた。栄子、春子、花子などの源氏名を使い、いずれも10人並以上の器量をしていた。5人の慰安婦に対する利用者数は、歩兵大隊本部以下歩砲3個中隊約600名になる。しかも兵隊の利用日は日曜と限定されているから、当日の混雑は大変なものだ。もちろん600名が一度にとはいかないから、第一日曜は歩兵隊、第二日曜は山砲隊というように割当てられる。それでも100名ぐらいにはなる。ピー屋の内部構造は、20畳位の土間を囲んで3部屋あり、奥に2部屋となっている。そこへ午前の組、50名ほどがどっと押しかける。最初の5名が先陣をきってお目当ての部屋に飛び込むと、あとは土間のストーブを囲んで待機ということになる」「その内最初の兵隊が終了する。長くて10分だ」「女が『次のひとー』と叫ぶと、『おおっ』と叫んで二番手が飛び込む」「かくして午前の部が終わると午後また50人ほどがくりこむ」「以上は兵隊のそれも公式の場合で、将校下士官については自由にピー屋に出入できるし、兵隊も古年次の古狸になると、月に1回の公式訪問などとても待っていられない。毎日のように上官の目を盗んでしのんで行く。丹治などはその方の第一人者であった」「丹治兵長らが砲弾落下の中をピー屋に行ってみると、すでに栄子達は夜明け前に牛車で青鶴に引き揚げていることが分かった」(32〜34ページ)

〔その391〕関野豊著『東満の兵営と抑留記』旺史社、1985年発行。著者は、昭和17年10月、近衛歩兵第五連隊に入営し、18年3月、満洲第70部隊(第20軍司令部)に転属する。
(その391・1)昭和18年?、満州・ケイ寧。
「高級将校の中には、ケイ寧の街に満洲妻を囲っているものもいた。将官(少将)の参謀長も同様である。彼等は、土曜日など休日の前日には、勤務に支障がない限り、乗馬で街に下っていった。休日明けには、官舎に一旦戻らず、直接庁舎に出勤する者が多く、照れくさいのか、正門から入らず、ほとんど北門から入ってきた。このため、当番兵は平常より早く起床して乗馬を世話し『満洲妻』の家に向かわざるを得ず、私は北門立哨のときは必ず『ご苦労さん』と声をかけた。小1時間ほどたつと、当番兵を従えた親分の将校が北門通過となるわけである」(122ページ)

〔その392〕森嶋通夫著『血にコクリコの花咲けばーある人生の記録』朝日新聞社、1997年発行。著者は、昭和18年12月、海軍に入隊し、大村海軍航空隊の通信科に配属され、暗号士となる。20年6月、第22連合航空隊司令部付き、その後、8月11日、垂水航空隊への配属命令を受け取る。
(その392・1)長崎・大村。
「朝早く特別緊急の軍機電報を受信したことがあった。軍機電報は士官が翻訳し、届けなければいけなかったので、私が自動車で司令が外泊している所に行った。それは旅館か料亭のような所だった。廊下が行き詰る所に襖があって、それを開けるとあがり口があり、障子があった。障子の下の部分は透明ガラスになっていた。私は中をのぞいて『司令』と呼んだ。司令は女と寝ていた。それが彼の妻であったか、遊び女であったかは私にはわからない。司令はなかなか起きなかったが、女は立ち上がって寝巻の紐を結びなおした」(151ページ)
「(特攻)隊員たちは1日数時間の訓練時間以外は一切の規律から解放され、自由に外出が許可された。多くの彼らにとって、外出はセックスと結びついていた。目前の死が生殖本能を異常昂進させたのは当然であった。と同時に、このような生活の乱れは、非特攻隊員にもすぐ伝播した。今度の人選では、彼らは幸運にも特攻隊行きをまぬがれたが、第二次特攻隊がやがて募られるであろうから、次には自分も特攻隊に選ばれるであろう。こうして全隊が一挙に特攻熱にあえぐようになってしまった」「酒に酔った搭乗員が大声で夕食後わめき、外出時には女のいる所に直行した。こうして全隊が色欲集団と化したのである」(181〜182ページ)
「航空隊は大村湾の海岸沿いにあるが、鉄道の向う側の小高い丘の上に、送信所をもっていた」「そこは本当の楽天地であった。そこへ行くまでに下士官兵の『宿泊所』と呼ばれる施設がある場所を通り抜けねばならず、そこでは昨夜のどぎつい化粧が崩れて残っている何人かの女が、ふしだらに床几に腰掛けていた」(191ページ)
(その392・2)昭和20年、熊本・人吉。
「ある時副直将校がカンカンになって怒っていた。参謀が『何々楼』に電話をかけろと言ってきたが、その時は空襲警報発令中で、電話局は防空関係以外の電話を取次がなかった」「参謀はこの返事に激怒した。そして参謀室と副直将校をつなぐ隊内電話の送話器の口で怒鳴った。『何をぐずぐずしているのだ。こちらは作戦特別緊急通話だと電話局に言え』。何々楼が呼び出されている間に、参謀は待ち切れずに副直将校室にやって来た。そして『貸せ』といって受話器をむしり取ると『何々楼ですか。司令部のN参謀だがね。ああ、かみさんか。こんばんS子ちゃんあいているかね』とやりだした」(201〜202ページ)
(その392・3)昭和20年8月、鹿児島・国分。
「私は(国分の)駅前に海軍の下士官兵宿泊所を見付けることが出来た。そこも雨戸を閉めていたが、トントンと戸をたたくと、雨戸にくり抜いた潜り戸が開いて、女が顔を出した。『泊めてもらえませんか』。女が奥に向かって『少尉さんよ』と大声で伝えると、キャーという数人の女の声がして、どうぞということになった。私は大変なところに来たなと思ったが、逃げ出すわけにはいかなかった。そこは不思議な所であった。入口をはいった所にある大きい板間は坂になっていて、相撲の桟敷のように升目に仕切られていた。兵隊がそこに寝るらしかったが、升目の数は―電気を消しているので全貌はよくわからなかったが―100以上もあるように見えた。『この頃は外出禁止でしょ。兵隊さんが誰もこなくて淋しいわ』。確かに彼女のいう通り、桟敷に兵隊がいる様子はなかった。家には若い女が5、6人いたが、そのほかには誰もいなかった。彼女たちは奥の普通の部屋に、私の蒲団を敷いてくれた」「夜行列車の疲れが出て私は寝てしまったが、彼女たちは『この遊び知らず』とののしりながら部屋を出て行ったに違いない」(237〜239ページ)

〔その393〕松尾勝造著『シベリア出征日記』風媒社、1978年発行。著者は、大正7年8月、小倉兵営を出発し、シベリア・ウラジオストックに上陸する。
(その392・1)大正7年9月、シベリア・イマン。
「9月5日 午前4時起床。5時、大隊長より『戦時と土民と衛生』と言う題で一場の注意事項の訓示があった」「午後6時イマン市に着いて兵舎に入った」「市内には日本人の売春婦がいるそうな。たとえ売春婦でも、日本の女と聞くと一目見たい懐かしみを感ずる。こういう売春業者はどう調べているのか、軍が駐屯するとすぐ其処へ店を張って、日本人はもとより外人でも誰彼の差別なく客をとる。一つ間違えば敵弾の来ることを覚悟での商売であるがために、滅法高価な由だが、それでも明日をも知れぬ我命だとて、兵隊は此処に遊びに行くのである」(91ページ)
(その393・2)大正7年9月、シベリア・ハバロフスク。
「9月21日 市内の支那町に売春婦がいるが、その大部分は日本人であると言う。多くは島原の女である由。それへ米兵が盛んに遊びに行くそうな。米兵は金を持っているからこんなものはとても見逃しはしない。その支那町へ日本兵が入り込まぬよう我二小隊より」「4名が衛兵として歩哨に立つことになった」(102ページ)
(その393・3)大正8年5月、シベリア・ザビタヤ。
「5月14日」「(軍の?)病院にはいろいろの患者のいるうち、3分の1は梅毒(カサ)患者である。どうして罹ったかを聞くに、ハバロフスク、ザビタヤ(当地)、ブラゴエ、ポチカレオ等に天草女の売春婦、ロシア女の淫売が沢山いる、それを買ってこの梅毒に見舞われたと語っている。この患者こそ精神の薄弱、意志の薄弱を証拠立ているものである。高い金を出し一分の快楽を貪り、終生拭うべからぬ梅毒を感染され、今になって後悔しているとは馬鹿も馬鹿、念の入った馬鹿である。ましてや軍隊では、三等症として最大恥辱である。軍隊手帳を汚すこととなる」「中隊全部の内2名を引いてのほかの者は、女色を知らぬものなし。この2名こそは我と我親友花村卯太郎君なり」「当地にも売春婦店数軒出来、検査の上これに行くことを許されをれば、将校は勿論兵卒とても、1時間露貨28円(日貨4円)を出しても、人目を忍んで行くという始末なれども、我等はこれを見ること地獄を見る心地こそすれ、立入ること等思い設けぬことなり」(277〜278ページ)

〔その394〕井上雪著『廓のおんな』朝日新聞社、1980年発行。同書は、金沢の東の廓で一番の芸達者といわれ、その後置屋の女将となった山口きぬの生涯を描いた。
(その394・1)金沢。
「金沢にはじめてロシア人の俘虜が収容されたのは、明治38年3月26日である」「俘虜の到着は7回に及び、その収容数は将校37人、兵、下士官3885人となった」「第一回目は旅順からの俘虜が来た。旅順の俘虜の身なりはこぎれいで持ち金も豊かだった。旅順の軍隊は多額の軍資金を貯えていて降服と決めたとき、それらの公金を敵軍の没収されるのを惜しんで全員に分配したためといわれている。彼等は料理店の、またのちに遊興を許された廓にと豪遊した」「下洗いの小屋が、ある日突然建てられた」「屏風をたてたように目かくし板が幾重にもめぐらされていた」「3棟の下洗いの建物は、梅毒の予防のために設置されたのである。廓の女たちは、病気もちのロシア兵をもっとも恐れていた」「ロシア兵は無知であった。だからロシア人の相手を、兵部省の通達を受けた市当局からやむなく引き受けさせられた置屋のおかみたちの悩みは大きかった。梅毒検査を遊廓が抱え医師に頼みこむこともあったが、それはロシア兵俘虜たちが遊廓にあそんだこの事件後のことである。それまでは梅毒検査、つまり『検薇』ということばはこの町にはなかった」(69〜73ページ)
「昭和19年3月、戦争が苛烈になった。警視庁は『決戦非常措置要綱』により、日本全国の待合、料理屋に1年間の休業を命じた」「きぬには悪夢のような日々だった。『休業せなならん、と決められて一番弱ったもんな楼主のわたしらやったがですて。その日から収入がのうなるがですさけ。芸者さんな接待婦と呼ばれたまま、おおっぴらに枕サービスにでも廻ることになったがですわ。芸者は三味線ひくことならん、太鼓たたくことならんと、表芸を止められてねえ。慰安婦たら、接待婦たらとしてなら良いとお上がいうまさりゃ、つまり、なんですがうね、お床のことだきゃ目つぶって許すちゅう寸法でございみやすやろ。ちょいと横になる昆布巻が10円、夜の11時までが15円、一晩中なら20円と、その時分のそんな公定価格が決められとりみした』」「兵隊は月2回の休日には、かならず押しかけてきた。大方は三番町で遊んだ。上町で遊ぶほどの小遣いが持たされていなかったからだ。しかし将校たちは、上町の座敷で遊んだ。こっそりと闇の酒を、やかんで温めて。その頃、三番町の愛宕から北支へ慰問所の名目で店を出して、大儲けした『こちよ』という置屋があった。たくさんの芸者が加わった。『なも寝台に寝たなりでおむすび食べんなんわ、水のまんなんわや。おしっこに行く間ものうて。ぬくいと思うたさな済んどるちゅう調子で、ただ男に運動させとるだけの明け暮れやった。ほんでもお金をたんと稼いだわ』。北支から帰ってきた妓の話である。その貯金通帳には、ぎっしりと数字が書きこまれていた」「(金沢の話)夕方から、深夜の午前2時過ぎまでたてつづけに(三番町の)娼妓はつとめた。そのうえ朝寝もさせてもらえない。日曜日だけでなく、復員や動員のたびに兵隊たちの慰安婦として連日のように、朝からのつとめを強いられた」「戦時下の登楼客は、圧倒的に兵隊であった。廓の妓のあいだでは兵隊たちのにわかイガグリ頭を『坊(ぼん)さん』と、愛称した」(195〜197ページ)

〔その395〕原田熊雄著『西園寺公と政局・6』岩波書店、1951年発行。
(その395・1)昭和12年10月?、東京。
「ちょうどその前の日あたり(昭和12年10月?)に、普通の人は勿論、軍人軍属で満4年以下の刑を受けている者を、希望によって、出征させるという司法省の達しが出た。それに対して(西園寺公望)公爵は『どうも囹圄の者の出征は、甚だしく軍紀破壊のように思う。普通の国民でも出征できることは光栄である、また名誉でなければならないと教えられている筈である。いわんや軍人軍属においては更に一段の光栄である、また名誉である。それを罪滅しのような結果になることは甚だ面白くない』という話をしておられた」(100ページ)

〔その396〕青野豊作著『無私大道ー竹平政太郎の軌跡』ダイヤモンド社、1992年発行。竹平は、富山歩兵第35連隊(第9師団)の一員として、昭和12年9月に中国の戦場に送り込まれた。同師団は、12月の南京攻略、翌年の徐州、武漢戦にも参戦した。
(その396・1)中国。
「―戦場でなにを見たのですか。まるで話したがらないそうですが。(竹平)『地獄やちゃ。中国の兵隊たちは捕虜になると、みんな「いっそのこと殺してくれ」と言っていた。<東洋の鬼・日本兵はいずれ捕虜を虐殺する、日本人は鬼畜生やからダメや、だから>と。私は日本人でありながら日本人の一番悪い所を知っているんですよ。ここでも無間地獄でした……』」(75ページ)

〔その397〕伊藤隆他編『真崎甚三郎日記・3』山川出版社、1982年発行。
(その397・1)昭和13年12月、東京。
「(昭和13年)12月25日 日 晴 月野木予(真崎)の起床前に来訪。先般賀陽宮殿下の御召に応じ参殿したるに、殿下は26日に単独拝謁を許されありて軍の実状(掠奪強姦)を詳細に申上げんと思われ月野木の意見を問われ、月野木は之を可とする旨御答せしに、殿下は尚荒木にも相談すと申され年明くれば山本にも会いたしと申されしと云う」(465ページ)

〔その398〕伊藤隆他編『真崎甚三郎日記・4』山川出版社、1983年発行。
(その398・1)昭和14年4月、東京。
「(昭和14年)4月20日 木 晴 羽生7時半に来訪、北支に将校慰安所を設くる為に予(真崎)に何人へかの紹介を乞う。予は之を断る。寧ろ本人の為なり。彼等其の理を覚らず予の無慈悲を恨むらん」(103ページ)
(その398・2)昭和15年、中国。
「(昭和15年)12月12日」「笹川及其弟外1名12時に来訪、支那を視察し来り解決難を訴う。阿部一行が毎日福岡より飛行機にて魚を取寄せ、又常に芸者を招き祝儀1名1回100円を与え芸者中に憤慨しある者ある等、又大阪商人は二途の命令を得て窮しある等を語れり」(509〜510ページ)

〔その399〕伊藤隆他編『真崎甚三郎日記・6』山川出版社、1987年発行。
(その399・1)昭和18年9月、東京。
「(昭和18年)9月10日」「副島良次8時に来訪、ビルマへ料理屋開業の為陸軍省に願出である故援助を乞うとの意なりし故予は痛嘆して之を断る。彼の動機は佐賀刑務所にも佐官級の者戦地にて強姦しある者ありとのことを聞き思い立ちしと云う」(67〜68ペー)
(その399・2)昭和19年5月、東京。
「(昭和19年)5月11日」「先般廃止したる待合料理屋は次官会議にて各省に分け又軍需会社も加わりて殆ど買い上げ女中は俸給制とし芸者は派出婦として課長級以上の者の会合所と変じありと云う。果して真ならば亡国の徴十分なり」(183〜184ページ)

〔その400〕八代目林家正蔵著『正蔵一代』青蛙房、2001年発行。
(その400・1)昭和8年、満州・熱河。
「あたしが初めて慰問隊で行ったのが、たしか昭和8年の冬ですね」「まず熱河へはいりました」「駐屯している兵隊が、夜ンなるってえと、その、女の子のいる所へ遊びに行って、その時分ですから剣付き鉄砲ですよね、あいつをこう、ぶっちがいに組み合わせやがってね、おもてのほうへ立てといて、中で遊ンでやがる。どうもずいぶん様子のちがうところだなァと思いましたね」(182〜184ページ)

(2015年2月25日・最新更新)


ニッポンリポート・ファイル一覧

ご意見などは tetuh@mbj.nifty.com へ

SAKUMA TETSU
フリーライター
著書[恐るべき証人][検死解剖マニュアル][拳銃天国ニッポン]など