佐久間 哲
ニッポンリポート


従軍慰安婦を調べる 編

従軍慰安婦の体験談等メモ・9


〔その401〕佐橋滋著『異色官僚』ダイヤモンド社、1967年発行。著者は、昭和13年1月、岐阜歩兵第68連隊に応召され、主計将校として中国大陸に渡る。
(その401・1)昭和13年?、中国・応山。
「駐屯地である応山も、はじめは城内にいたが、住民の城内に住みたがる欲求と、部隊の長屋生活の不便さを考えて、城外に兵舎を新築して移った」「慰安施設は城内に残されていた。師団経理部の行き帰りは、馬で兵を連れてここを通過した。料理屋・慰安所が軒を並べて通りをなしていた」(62〜63ページ)

〔その402〕白井文吾編『烈日サイパン島』東京新聞出版局、1979年発行。
(その402・1)昭和19年、南方・サイパン。
「サイパン島の民間人で、戦争初期、組織的に働いた人々もたくさんいた」「南洋興発会社の若い職員を中心に、軍の後方勤務要員として働き、ついで、軍がタッポーチョ山ろく、ドンニイ方面へ後退するとき、道案内や荷物の運搬役として働いたのである。あわれなのはガラパンの料亭、軍の慰安所で働いていた女たちである。逃げても逃げきれないと思ったか、各地で首をくくって死んだ。色あざやかな長じゅばん姿で、密林の中の木に首をつっているのを、兵士たちは敗走の途中、たくさん見た」(126ページ)
「(昭和19年)7月6日にはマッピ山の南ろくまで進出した米軍に終われ、山頂付近にまで逃げ込んだ民間人にはもう逃げ場がなかった。前はのぞき込むだけで目がくらむ垂直のがけである。後ろからは敵の戦車や砲弾が迫ってくる。敵に捕まったり、殺されるよりは自ら死を、とがけから一家そろって身を投じた人も多かった。食糧探しのため夜間、この山に入り込んだ南洋憲兵隊の加賀学伍長は思わず目をそむけた。谷に何列も整然と並んで、海軍の傷病兵や従軍看護婦が死んでいた。注射か毒物をあおって死んだようであった。派手な長じゅばん姿でひと目でガラパンの慰安婦とわかる女たちが手榴弾で集団自決したらしく、あちこちにむごたらしい姿になって散乱していた」(242ページ)

〔その403〕松崎敏郎著『ビルマ戦線を征く』旺史社、1993年発行。著者は、昭和16年7月、第33師団の主計官となり、以後、ビルマ各地を転戦する。敗戦後、連合軍の収容所でしばらく過す。
(その403・1)昭和17年、ビルマ・エナンジョン。
「昭和17年10月1日附で、林勝潮部隊長が内地に栄転することになった」「栄転を祝い内地から来たばかりの料亭、偕楽荘で送別会を開催した」(52ページ)
(その403・2)昭和20年、タイ・ナコンパトン。
「(昭和20年の)年末近くになって、(収容所を管理する)連合軍の地区司令官(イギリス人)や下士官が、交互に査察に来た。司令官は(収容所内の?)病院を視察し、病院長に、看護婦の中には、元日本軍の慰安婦もいるらしいから、全員身体検査を実施する。指定した日は看護婦全員が、司令部に出頭せよ、と指示を受けた、という」(277ページ)

〔その404〕永井壮吉著『荷風全集第23巻(断腸亭日乗・3)』岩波書店、1993年発行。
(その404・1)昭和9年、東京。
「(昭和9年)2月7日」「(東京・四谷に住む)稲叟は芸娼妓周旋業をなすもの」「(稲叟に)近頃景気はいかがかと問うに、満州より大口の注文ありて、先は多忙なりと云う。大連の快楽と云う料理屋の主人(八尋某)などは飛行機にて折々上京し、3日位滞在して一度に女10人位つれて行くと云う。前借一人3000円を上玉となし並は1500〜1600円の相場なりと云う」(130〜131ページ)

〔その405〕永井壮吉著『荷風全集第24巻(断腸亭日乗・4)』岩波書店、1994年発行。
(その405・1)東京。
「(昭和13年)8月8日」「水天宮裏の待合叶家を訪う。主婦語りて云う。今春軍部の人の勧めにより北京に料理屋兼旅館を開くつもりにて1個月あまり彼地に往き、帰り来りて売春婦3、40名を募集せしが、妙齢の女来らず。且又北京にて陸軍将校の遊び所をつくるには、女の前借金を算入せず、家屋其他の費用のみにて少くも2万円を要す。軍部にては1万円位は融通してやるから是非とも若き士官を相手にする女を募集せよといわれたけれど、北支の気候余りに悪しき故辞退したり。北京にて旅館風の女郎屋を開くため、軍部の役人の周旋にて家屋を見に行きしところは、旧29軍将校の宿泊せし家なりし由。主婦は猶売春婦を送る事につき、軍部と内地警察署との連絡その他の事を語りぬ」「世の中は不思議なり。軍人政府はやがて内地全国の舞踏場を閉鎖すべしと言いながら戦地には盛に娼婦を送り出さんとす軍人輩の為すことほど勝手次第なるはなし」(190〜191ページ)
「(昭和16年)6月18日」「町の噂」「芝口辺米屋の男3、4年前召集せられ戦地に在りし時、漢口にて数人の兵士と共に或医師の家に乱入したり。この家には美しき娘2人あり。医師夫婦は壷に入れたる金銀貨を日本兵に与え、娘2人を助けてくれと嘆願せしが、兵卒は無慈悲にもその親の面前にて娘2人を裸体となし思う存分に輪姦せし後親子を縛って井戸に投込みたり。此の暴行をなせし兵卒の一人やがて帰還し留守中母と嫁とを預け置きし埼玉県の某市に到りて見しに、2人の様子出征前とは異り何となく怪しきところあり」「留守中一夜強盗のために母も嫁もともども縛られて強姦せられし」「かの兵士は(漢口のこと)を回想せしにや、程なく精神に異状を来し、戦地にてなせし事ども衆人の前にても憚るところなく語りつづくるようになりしかば、一時憲兵屯所に引き行かれ、やがて市川の陸軍精神病院に送らるるに至りしと云う」(527〜528ページ)

〔その406〕永井壮吉著『荷風全集第25巻(断腸亭日乗・5)』岩波書店、1994年発行。
(その406・1)昭和19年、中国。
「(昭和19年)5月15日」「2、3月前戦地慰問演芸団に加り南京より漢口まで赴きしと云う女優あり。其地の景況を語れり」「物価は日本の10円が向の100円位なり」「慰問団の芸人2ヶ月間の給金1500円にて食料宿料は向持ちなれど現金は500円以上持行くことを許さずそれ故買いたいものも買って来ること能わず」(220〜221ページ)
(その406・2)昭和19年9月、東京。
「(昭和19年)9月20日」「岩波書店編集局員佐藤佐太郎氏来り軍部よりの注文あり岩波文庫中数種の重版をなすにつき拙著腕くらべ5000部印行の承諾を得たしと言う。政府は今年の春より歌舞伎芝居と花柳界の営業を禁止しながら半年を出でずして花柳小説と銘を打ちたる拙著の重版をなさしめこれを出征軍の兵士に贈ることを許可す。何等の滑稽ぞや」(261ページ)

〔その407〕小澤眞人・NHK取材班著『赤紙』創元社、1997年発行。
(その407・1)富山。
「(昭和15年から富山歩兵35連隊区司令部の動員担当として約3万通の赤紙を発行した)澤上さんは」「『(在郷軍人の)不明者というと、憲兵に言うとか警察に言うとしかないのですよ。手の打ちようがなかった。それが途中で犯罪をおこして、警察に検挙されてわかるということもありました。(不明者の人は)方々を歩くでしょう。手配書が回ったときは「土木現場におらんか」といって探したりね。だいたいがどさくさしているところに集まっているのですよ』」「不明者は後に炭坑で働くことになった人が多いとも語っている。『終戦間際には、不明者の多くは、北海道の炭坑に行っていましたね。あれもやっぱり国策だろうね。強制的に国が、富山あたりでも福井あたりでも、うろうろしている人間を引っ張ってしまいよる。私の知っている人も、大阪に行って行方がわからなくなって、警察に願い届けを出しても「わからん」と言われた。それが終戦頃になったら、北海道網走から帰ってきた。あの頃は「口入れ屋」といって就職を斡旋する業者があって、そこへ行ってふらふらしていると「あんた、いい仕事があるんで来ないか」と引っ張られる。それは警察や憲兵も黙認していたんだね。とにかく炭坑へ引っ張っていって、強制的に石炭を掘らせて。そのときに朝鮮でも、強制的に炭坑に引っ張られた人がいたんだからね。やっぱり国策やで』」(170ページ)

〔その408〕亀井勝一郎・臼井吉見編『人生の本4・死との対話』文芸春秋社、1967年発行。同書中、田辺利宏の書いた「戦線日記」の記事。田辺は、昭和14年12月、入営し、日中戦争に従軍。16年8月、戦死。
(その408・1)中国。
「(昭和15年)8月15日」「午後来た一台のトラックには日本の着物を着たのとハイヒールの赤い洋装の朝鮮の女が2人乗っていた。われわれの目には珍しい花のようにパッと感じられ、見た途端みんなほうほうと感嘆したのであった。どこかまだ前方のピイ屋へ送られるのだろう。この戦線で見る彼女らに対して、われわれは別に賎しい観念は湧かず俳優でも見るような感じだ。彼女らは行く先々で珍重せられ、われわれの久しく忘れている女性的なものを花の薫りのようにふりまいて行くことだろう。戦線の母なる彼女らに健康あれ!」(304〜305ページ)
「(昭和16年)4月20日 日曜日」「支那人のピイ屋へ入ってみる。中の壁にマーラカピイ屋と落書きがしてある。マーラカピイは馬鹿野郎、ピイ屋は女郎屋の意である。河合の話によるとここは拾い児が多く、サック2枚はめても病気がうつるくらいだそうだ。子供のような女たちが庭にアンペラを敷き、足を投げ出している。彼らを見てもなんの欲望も起こらぬ。一人の女が歌でもうたっているように家の中で土の上に坐ったまま泣いている。一軒の家に入りビールをのむ。料理屋といっても少しも料理屋の構造でなく、10間四角くらいの大きい部屋に畳がしいてあるくらいのものである。一人の汚い肥った朝鮮ピイがトランプをいじっている。やるのは二階らしい。靴をぬぐのが面倒なので二階の板の間に二枚の畳をしいた女郎屋でのむ。1本1円いくらだ。黒ビール2円の高価さだ。ピイ代も2円50銭くらい」(321〜322ページ)

〔その409〕辺見じゅん編『私たちの戦争体験』深夜叢書社、1985年発行。同書中、福島正夫の書いた「青梅勤労動員署にいた私」の記事。
(その409・1)昭和20年、東京。
「戦争が日ましに激しくなってきた昭和18年から19年にかけて、当時、私は青梅勤労動員署の庶務課長兼労政課長の職についていた」「当時の勤労動員署は国民徴用令の関連で、警視庁管下」「陛下の終戦を告げられた放送があった日から3日目、8月18日GHQの情報が入り、警視庁勤労部長の緊急指示で、動員関係の極秘資料を、動員署裏庭で焼却した」(87〜88ページ)

〔その410〕河野信子編『女の系譜―内なる女性史』太平出版社、1973年発行。同書中、森崎和江の書いた「あるからゆきさんの生涯」の記事。
(その410・1)香港。
「(天草出身の)サトは、(「おなごのしごと」をしていた)上海でイギリス人の衛生兵と結婚」「マンチェスターで10年間くらしたあと、ふたたびイギリス国外に出て香港にいたとき第二次世界大戦となり、主人は抑留された。サトは主人が抑留されたので、昼間は華僑の電気器具卸店につとめて通訳をし、夜は慰安婦の監督をした。慰安婦は日本軍人相手で、サトの受持ちは中国人の女が20人、朝鮮人の女が5人であった」(198ページ)

〔その411〕辻薦著『月は光を放たず―満洲敗戦記』北洋社、1978年発行。著者は、敗戦時、満州の遼陽造兵廠に技術将校として勤務していた。
(その411・1)昭和20年、満州。
「(遼陽)造兵廠は、軍人軍属の家族のほかに、南満の各都市から派遣されてきた学徒勤労奉仕隊の女子生徒や、日本からはるばる徴募されてきた女子挺身隊の独身の娘たちも抱えていた」「都市で(ソ連軍の)兵隊たちがほしいままにその野望を遂げているのを聞き知ると、造兵廠の(ソ連軍の)兵隊たちも女を求めて動き始めた」「私たちは、やむなく“特攻隊戦法”をとらざるをえなかった。それは特定の婦人を犠牲として敵にささげる戦法であった」「真田中尉が、遼陽市から芸妓の経歴のある日本婦人を一人探し出してきて、ソ連の守備隊長と一軒の宿舎に同棲させた。思わぬ贈物によろこんでいる隊長に、交換条件を出した。兵隊たちのためにも特設の慰安所をつくるから、一般の婦女子を凌辱することは絶対に取締ってほしいと申し入れた。隊長は確約した。隊長の専属となった婦人はよい人で、隊長をうまく内部で操縦して、私たちのために蔭でよく尽くしてくれた。しかしこれも長くは続かなかった。2週間もたたないうちに、局部の裂傷のため入院して治療を受けなければならなくなった。日本婦人の接待の味を覚えた隊長は、さっそく代りの婦人を要求してきた」(74〜76ページ)

〔その412〕藤田稔著『一無名兵士の手記』みやま書房、1988年発行。著者は、昭和18年5月、応召し、内地で勤務する。
(その412・1)昭和20年4月、日本。
「4月21日 新聞に『決戦訓』が発表されている。仇敵撃滅の神機に臨み特に皇軍将兵に訓うる所左の如し、として次の5か条である」「東部戦線の全将兵に対して発したヒットラーの檄文の一部も新聞に出ている。『わがドイツの女が赤軍兵によって辱められぬよう阻止せよ』。戦争の醜悪な裏面が眼前に写されていやな気持になった。戦争とはこういうものであり兵隊とはこういうものなのだ」(248〜249ページ)

〔その413〕上條彰著『あの山を越えればー第二師団元主計少尉の追憶』私家版、1985年発行。著者は、昭和18年2月、入営し、19年6月、陸軍経理学校を卒業後、ビルマ各地を転戦する。
(その413・1)昭和19年、ビルマ・ドングー。
「慰安所開設の指示が、連隊本部付主計及び大隊付主計に下った。街の中央の森のなかに、竹を組みニッパ椰子の屋根を葺いて、アンペラの壁をはった慰安所がまたたく間に出来上った。日本人を始め、広東出身の中国人とか、現地人など、片言の日本語を話す商売人の女性が、それぞれの部屋に分散して、並んで待っている兵達の相手をしてくれた」「私達将校は、同じ慰安所では気がひけるので、第3大隊付主計の松村少尉に先導され、大隊長以下の将校が、航空隊近くに既に設けられていた慰安所に時々通った」「その頃、私に出戦(しゅっせん)手当が支給されていた。懐具合は豊かであった。150円ぐらいだったが、そんなことに使う以外は余り使い道はなかった。一晩遊びに行っても、5円程度だった」(57〜58ページ)
(その413・2)昭和20年、ビルマ・カロー。
「部隊は『シャン』高原を北から南に縦断し、長躯『モールメン』に抜ける予定のようだ」「住民の住んでいる集落では、牛を購入し、銃で額をうちぬき、倒れたところを鉈で心臓を突いて出血させた。血を出しきったらすぐに解体し、枝肉にして部隊に交付した」「経理学校の調理実習で、豚のと殺方法の教育を受けていたので、それが野戦で役立った」(160ページ)

〔その414〕戦後50年記念「私の戦中・戦後」公募手記集編集委員会編『51年目のメッセージ』旭川冨貴堂、1996年発行。
(その414・1)中国・輝県。
「藤本北樹(の手記)」「北中国後方戦線にて(という題)」「私は兵士として昭和14年から16年にかけて、約2年中国北部の輝県というところにいたが、第一線ではなく、第二線であった」「そこには住民もいたし、『お姐さんの家』というものも並んで立っていた。あまり立派な建物ではなく、ベニヤのバラック住宅で、彼女らの一部屋は横2メートル縦4メートルくらいであった。そして1棟がそれらの部屋が20くらいつらなって、合計6棟あった。それらの棟に『お姐さん』が朝鮮女性が8割、中国女性1割、日本女性0.5、フィリッピン女性0.5の割合であった」(82ページ)

〔その415〕行田稔彦編著『生と死・いのちの証言 沖縄戦』新日本出版社、2008年発行。同書中、昭和19年12月、山部隊(24師団)に配属され、第一野戦病院東風平分院に勤務した看護婦(当時17歳)の証言。
(その415・1)昭和20年、沖縄。
「東風平にはたくさんの『慰安婦』がいたんですよ」「朝鮮からも、沖縄の辻町からも、たくさん来ていたので、1か月に1回は検梅しないといけなかったんです。梅毒検査をしてプラスの人は兵隊と寝ないようにと注意していましたけど、それを守る人はいなかったと思いますよ。私は、梅澤義男軍医に付いて検査に行って、沖縄の人に会ったんですよ。軍医が傍にいるのに、彼女が方言で、『ハルコ、私たちの記録はマイナスって書いてちょうだいね』と言うと、梅澤軍医がそれを分かって、2人の慰安婦と私の3人を大変叱ったんです。『おまえがこんなことしたら、みんな治療やらんといけないじゃないか。この人たちは淫売婦だよ。淫売婦とあんたは親戚なのか』と言って怒られました。朝鮮から来た『慰安婦』もいました。朝鮮から来た女の人と話をしたことはありません。梅澤軍医の話では、彼女たちの親にお金が渡っていて、日本に連れてこられているから、彼女たちは何年経ってもお金をもらわないで、慰安所で働かせているということでした」(229ページ)

〔その416〕高崎隆治編・解説『15年戦争重要文献シリーズ第一集 軍医官の戦場報告意見集』不二出版、1990年発行。
(その416・1)昭和13年、中国。
「資料1『戦場神経症ならび(漢字)ニ犯罪ニ就テ』」「昭和13年4月」「於上海第一兵站病院」「金沢医科大学教授 予備陸軍軍医中尉 早尾●雄(の意見書)」「第3章 戦場に於ける犯罪に就て」「今時の事変中将兵に頻発せる犯罪事件は其の数極めて多く其の原因につきても種々講究するの要を感じ命により法務部及び憲兵隊と連絡をとり調書、司法書類、被告人等につき調査を実施せし結果により得たる所を左に記述せんと欲す」「(三)犯罪の種類」「官憲の取締行き届かざりし頃は放火、掠奪、殺人、窃盗、強奪、強姦等凡ゆる重犯行為思うがままに行われつつありしが取締厳となると共に放火は漸次数を減じたるを見たり。必要上の放火よりは遊戯的放火の少からざるを見たり。殺人行為も減少せり。姦したる後に是を殺したる例も其の目撃者より聞けり掠奪、強奪も見られたるも漸次減少しつつあり。反之奇異なる現象は休戦期間の続くと共に戦友間の傷害が目立ちて多くなり支那人強姦例は殆ど数を挙げ得ざる程の多数に上り詐欺、脅迫、強奪、服飾潜用等の如き犯罪をも見るに至れり。犯行は次第に在留邦人にも向けらるるに至れり」「(四)犯罪頻発の原因 左の諸項目を挙ぐるを得べし」「1、悪戦苦闘の中に万死に一生を得たる優越感と功績陶酔感は超人間的意識と変じ他を侮蔑するに至りしこと」「1、戦の後に精神の弛緩を来したる時にあたり慰安方法宜しきを得ざりしこと」「1、酒の配給多きに過ぎしこと」「1、古き者を残し新しき者を先に凱旋せしめしこと」「1、上海、南京等に酒場、慰安場を多数に開設し自ら酒と女とのみを以て将兵を慰むる方法をとり他に健全なる精神の転換を図る施設を忘れたること」「(五)犯罪の予防策」「(イ)酒の調節を計ること、其の方法に種々あり左の如し」「(ロ)精神強化の方法として体育的遊戯の施設をなすこと。(ハ)高尚なる慰安施設をなすこと。例之 シネマ、芝居、音楽堂、図書館、博物館。(ニ)競技を励行なすこと。(ホ)慰安所を閉鎖し遊廓に改むること。(へ)身上調書、精神検査により前科ある者、精神欠陥者、酒精中毒者等を速かに除去なすこと。(ト)現役将兵を以て速かに交代せしむること」(37〜42ページ)
「付録1『武昌ノ柳(私娼ノ由来及現況)』」「昭和16年2月」「小原兵站司令部」「陸軍軍医少佐安村光亨」「(表紙裏に『武昌地区防疫衛生委員会』の緒言ありて云う)近時武昌地区に支那側私娼の跋扈甚しく支那側政府の之に対する施策尚討究実施に到らず、軍人軍属にして此等私娼より感染入院せる者すくなからず。現況寒心に堪えず。之が施策は目下(湖北)省政府にて案出中なるも実施さるる迄には相当の期間を要するを以て軍として斯かる私娼に接せしめざる手段を取るを必要とせん。別冊は安村少佐の調査せし梗概なるも聊か支那側私娼に対する参考として配布す」(88ページ)
「(以下、安村の意見書)目下武昌に於ては次の三つの方法にて柳の取引が行われつつありと言う」「(第一は)普通の民家にて取引を為すものにして」「有夫又は家庭を有する者が多く」「時間も短時間で1時間乃至2時間のものが多く」「其の料金は6円乃至10円余なりと云う」「(第二は)飯店又は旅館に待機せる娼婦」「其の料金は1時間2円1泊20円内外」「所謂柳業専門婦人にて専門施設及未検梅黴なる為濃厚なる病毒伝播仲介者なりと言うも不可なきなり」「(第三は)生計維持の為婦人の自宅に於て公然取引をなし居るものにして表面は普通家庭人の姿態」「現在武昌の旅館に住込の婦女は旅館主人に前借其他金銭上の貸借関係無く身柄は自由にして生活方面の為人肉市場に現わるるものなるを以て従て流転も又容易なるものとす」「彼女等の待機せる旅館は繁華街に最も多く其の主なる顧客は邦人殊に軍人軍属を目的とし居る」「現況は以上の如く自由散娼にして悉く未検黴者なり従って濃厚病毒保持者にして感染率百『パーセント』と言うも過言には非ざる可し」「(安村の柳病予防対策のいくつかは)公娼の確立と私娼の駆逐」「妓楼に於ける衛生施設及娼婦の衛生教育」「検黴と治療」(98〜107ページ)
「付録2 写真資料10点 麻生徹男氏蔵」「(コンドーム『突撃一番』の写真に寄せた麻生の説明)昭和12年末、支那事変出征より、同15年頃に至るまで、兵員間で話題となり、又実際に使用されていた衛生サックは、当時、名の通った商品、例えばハート美人の様な物であった。所が昭和16年の太平洋戦争開始を前にした企業統制、軍需用品指定などの、からくりの中に、サックのメイカー『国際ゴム』より軍需品として野戦貨物廠、各師団、各連隊、大隊→中隊→各兵員へと、流通する一つの品物が出来上がった。その名は『突撃一番』である」(113ページ)

〔その417〕纐纈厚編『15年戦争重要文献シリーズ第6集 軍紀・風紀に関する資料』不二出版、1992年発行。
(その417・1)
「資料1『支那事変ノ経験ヨリ観タル軍紀振作対策』(昭和15年9月19日・陸密第1955号)」「第二、主として事変地に於て著意すべき事項」「五、事変地に於ては特に環境を整理し慰安施設に関し周到なる考慮を払い殺伐なる感情及劣情を緩和抑制することに留意するを要す」「環境が軍人の心理延いては軍紀の振作に影響あるは贅言を要せざる所なり故に兵営(宿舎)に於ける起居の設備を適切にし慰安の諸施設に留意するを必要とす特に性的慰安所より受くる兵の精神的影響は最も率直深刻にして之が指導監督の適否は志気の振興、軍紀の維持、犯罪及性病の予防等に影響する所大なるを思わざるべからず」「(資料1の)附録 主要多発犯の若干に対する一部の観察」「二、掠奪、強姦、賭博等に就て」「支那事変勃発より昭和14年末に至る間に軍法会議に於て処刑せられし者は掠奪、同強姦致死傷420、強姦、同致死傷312、賭博494に達しあり」(19〜24ページ)
「資料3『軍紀風紀等に関する情報<第6号>(昭和17年12月19日・陸密第3833号)』」「幹部の服務不熱心に因する犯罪非行特殊事例」「(1)幹部自らの犯罪、非行特殊事例」「(罪名、階級、人員)非行、現軍医、中佐、1。(犯行の概要)所属隊幹部は大部応召者にして軍紀風紀に関しては特に留意せざるべからざる状況にあるに不拘病院長として著任以来部下の看護婦中美貌なる者を選び自己の下宿或は旅館に出入せしめ且下宿女将に対し寂寥に堪えずと称し数回芸妓を招かしめて遊興し部外者の風評を惹起したるのみならず部下に対する威令充分に行われざるに至る。(摘要)単独赴任しある幹部の往々にして陥り易き過誤なり、院長にして斯の如き非行を為す該病院の軍紀知るべきのみ」(122ページ)

〔その418〕朝日新聞テーマ談話室編『10人の昭和史』図書出版社、1989年発行。
(その418・1)中国。
「13『手紙伍長』の陣中通信(の節)」「樋口三代吉にも、日中戦争の勃発とともにたちまち召集令状がきた。昭和12年9月のことである」「三代吉の属した部隊は華中で主として占領地の警備にあたり、比較的敵と直接戦火を交えることは少なかったのだが、不幸にして14年4月27日戦死した」「三代吉は戦死するまで、1年半の間に千余通の手紙を妻やナーベルの人々あてに送った。日に4通も5通も書いて『手紙伍長』の異名を奉られた」「昭和13年2月、樋口三台吉の部隊は杭州にいる」「『2月2日の2(2月2日発信の2通目の手紙の意)今度こそは信じてもいいだろう。凱旋のニュースを。戦争の現実は、勇敢を超越して、悲痛である。人間が野性に還る。やりたいと思う蛮心を抑えて平生、都会ですましている人間が、一度戦場に足を入れ血の臭を嗅ぐと、忽ち祖先の蛮心を発揮する。変態心理作用だ」「杭州は上海に近い。上海には女の缶詰が夥しく移入されたらしい。上海は毎日、兵隊の渦だ』」「しかし樋口伍長はこうしたところへ一切近づこうとしない。分隊の部下たちにも注意して接近させないようにした。『奥さん、戦地では、決して、浮気しませんから御安心下さい』」
「14『ありがとう、ありがとう』(の節)」「(昭和13年3月から数か月、樋口三代吉の部隊は崇明島で警備にあたる)『4月6日の1 兵隊の荒んだ生活には、当局も手を焼いているらしい……徴発、暴行等が未だに絶えぬ。昨夜聞いた話だが、数日前、ここから程遠からぬ処で、兵隊が1名、若い女の為に銃剣で刺殺された由。勿論、手を出す際に、あべこべに帯剣を抜かれてやられたのである。女も其為、其の場で銃殺された。日本なら、さしづめ烈婦と呼ばれる処だろうに』」「樋口分隊長は部下たちがP屋にいくのを当然と考え、お前もいけよとギザ銭を与えるまでになる。息子をいためたと心配そうにみなに見せている兵隊のために、中隊に“鉄兜”を請求する物わかりのよい上官である」「ただし本人自身は決して女を買いにいかない。夫人への貞節を守る」「(島内の)廟鎮のP屋の3、4人の女をめぐって、どの兵隊がもてるか、論争がある。『おれが一番好かれているらしい。おれがいくとホレーシー、ホレーシー、ワンサンとかツルといって歓迎する』『ばか、おれだって同じだ。ワンサンとかツルとかいって首玉にしがみついてくる』。この話を聞いて三代吉は通訳の黄にこの中国語の意味を聞いたが、黄はハッハッハと笑って答えない。なお問いただしたら、ツルとは豚のこと、ワンサンは畜生という意味だと教えてくれた」「6月29日、崇明島を離れる。桟橋には大勢の老若男女が見送りにきた。P屋の女たちもいる」(70〜81ページ)

〔その419〕会田雄次著『アーロン収容所』中公新書、1962年発行。著者は、昭和18年、召集されビルマに赴く。
(その419・1)昭和19年、ビルマ。
「私は日本軍部の理想が単なる説教であり、内部の腐敗は驚くほどで、それが最後には表面にまできていたことを知っている。私たちがラングーンに入った昭和19年早春」「私はそのときこんな経験をした。初年兵たちが隊伍をつくって街を歩いていると、将官旗を立てた乗用車が向うからやって来る」「若い兵士たちは喜びと尊敬をこめてあわてて道をよけて整列し敬礼した。幸運にもビルマ軍最高指揮官の顔でも見られたら、隊への自慢できるみやげ話になるという期待をみんな持っていたのだ。しかし、それに乗っていたのは2、3人の、泥酔しふざけてキャーキャー騒いでいるビルマの慰安婦らしい女だけだったのである」(168ページ)

〔その420〕江頭義信著『日本一歩いた「冬」兵団ー第37師団・一軍医の大陸転戦記』葦書房、1993年発行。
(その420・1)中国。
「(昭和15年5月)19日、大隊はそれぞれの駐屯地に帰隊した。大隊本部のある河津では、城外の広場に県知事以下の中国の役人、一般住民、そして『国防婦人会』の襷をかけた着物姿の婦人たちが、手に手に日の丸を振って盛大に出迎えていた。こんな僻地に国防婦人会とは……と、私は目を疑ったが、聞けば慰安婦とのことだった」(83ページ)
「日本軍の駐留が定着すると、駐屯地にも次第に住民が復帰定住して、飲食店などもでき、徐々にもとの賑わいを取り戻していった。が、姑娘の姿は遂に見ることはなかった。戦場という異常環境の中で、青春真只中の兵の性の暴走を防ぐために、昭和12年秋、軍は慰安所を設けることとした」「我が第3大隊地区では、河津と固鎮と稷山に慰安所があった。女性は、朝鮮半島出身の乙女達が多かった。運城には日本女性もいたが、ドサ廻りの我々には縁がなかった。半島出身の彼女たちは、健気でよく働いた。献身的に兵隊に奉仕した。日本の商売女を知っている者は、その真面目さに面喰い、申し訳ないと感じるほどだった。彼女達は『お国のため』というはっきりした意識が見られた。時には、若い兵士達の姉とも、妹ともなって心から尽くしてくれた。恋の花が咲いたりもした。部隊が討伐から帰ってくると、彼女たちは、和服に白いエプロン姿で、肩には『大日本国防婦人会』の襷をかけて、城門外まで、出迎えてくれた。彼女達がどれだけ兵の心を和ましてくれたことか。お蔭で駐屯地内では、婦女子に関する事件は1件も起きなかった。彼女達は無事祖国に帰れたであろうか。幸福に暮していることを願わずにはいられない」(150〜151ページ)
「(昭和18年)山中のヤオトン生活も二度目ともなれば馴れたもので、陣地構築や居住施設の整備も着々と進捗した」「娯楽施設が全くなく、外出する所もないので、将兵は銃剣術をしたり、囲碁将棋や花札に興じた」「しばらくして、大隊本部のある西ハ?村に慰安所が進出してきた。各中隊の将兵は、糧秣や郵便物の受領、患者の護送、事務連絡等のため、一泊二日で2、30キロの山道を西ハ村に出張して来るのが唯一最大の楽しみだった」(340ページ)
「(昭和19年、宝慶城攻略戦で戦死した)小田少尉は、美への感動、人の心の痛みを知る好青年だった。武昌に1か月滞在していたころ、私は慰安所で宮沢賢治の『風の又三郎』のレコードを聞いて好きになり、何回も蓄音機をかけてその歌を憶えた。この時、『やっぱりこの曲を何回もかけさせる将校さんがいるよ』と半島女性が言う。服装や年齢、風貌などから、それが小田少尉であることが分かった。以来、一層彼に親近感を覚えた。山西省の固鎮で初年兵教育をやっていたころ、青年将校連中がよく私の所に集って性談に耽ったことがあったが、その折、誰かがポツンと、『俺はとうとう大和撫子を知らずに死ぬのかなあー』と言った。その言い方に真情がこもっていて、可哀想に思われた。私はそれが小田少尉だったとばかり思い込んでいたが、通夜の時、彼が妻帯していたことを初めて知った」(537ページ)

〔その421〕第3中隊戦記編纂委員会編『歩兵第215連隊第3中隊戦記』私家版、1979年発行。
(その421・1)中国。
「(「衛生兵の想い出」と題する藤巻の手記。昭和15年?)1月31日より靖安県券家附近の警備についた。それ以前より部隊は朝鮮人慰安婦を随行させていたが、一切の面倒を医務室の責任に於て見て来た。軍医の診察が週1回は必ずあり、私達は良く手伝いしたものであった。熱のある時はマラリアではないかと先方で薬を貰いに来たものである。私は当時乱視で眼鏡をかけていたが、ある日連隊本部に公用に行った一個分隊の兵隊から、目がねをかけた衛生兵に届けるよう頼まれたと、包物を手渡されてびっくりした。中味をこっそり開いて見たら、小さなかめの中に朝鮮漬がぎっしり入っていた。夕食前に中隊長が来て『藤巻、お前の処へ朝鮮から貢物が来たそうだが何だい』と言われたので、誰かが隊長に話したに違いないと思い『はいきました』と例の朝鮮漬を分けてあげたら『これはうまい、色男は女にもてるのう』と大変喜ばれた。夕食には各小隊にも分けた」「今にして見ればたかが朝鮮漬と思うが、あの時の味が忘れられない。スーパーでたまたま朝鮮漬を買う事があると、その昔が懐かしくなる。彼女達も無事帰ったろうか、達者ならもう60の坂を越えているだろう」(162〜163ページ)
(その421・2)昭和18年、ビルマ。 「(「モニワ大空襲」と題する竹沢の手記。昭和18年5月、各小隊宿舎が空爆されたが)数日後の爆撃はチンドン河に近い地域に集中し、連隊本部の建物に3発も命中し、1発は軍旗奉安所の近くであったが、前回に比較して爆弾が小型で被害は少なかった。この爆撃で慰安所に被害があり数名の被害者が出た。非戦闘員で身を粉にして隊員の慰安につとめ、異郷の地に果てた彼女等も戦争の尊い犠牲者であり、共に冥福を祈るものである」(297ページ)

〔その422〕前田秋信著『落花の風』近代文芸社、1995年発行。著者は、昭和18年10月、陸軍特別操縦見習士官として、太刀洗陸軍飛行学校に入学。飛行第55戦隊付となり、フィリピンに出陣する。
(その422・1)昭和19年、マニラ。
「マニラにある四航軍専用の高級料亭広松には、内地から来た芸者、仲居が多数いた。そこには畳を敷きつめた日本座敷があって、毎夜、盛大な宴会がおこなわれ、軍司令官や参謀などの専用の芸者が決まっていた」(148ページ)
(その422・2)昭和20年2月?、ルソン。
「記憶がはっきりしないのでよくわからないが、ツゲガラオあたりか、それとも、アパリ付近だったかも知れない。私達は、夜半を大分過ぎた頃、一つの町に辿り着いた。休憩をとりたかった。町は暗かった。どこか入り込める家はないかと探したら、直ぐ見付かった。でもそこは慰安所であった。慰安所というのを見たのは初めてである。女性がいた。日本女性のようだった。こんな時機に、こんな所に、こんなものがまだあるのか、フィリピンを脱出したいと、軍も民間人も血眼になっている時に、何故早く避難させないのか。この人達の生命の安全を、どう保障するのか。私は、誰にともなく腹立たしい気持ちがした。部屋に入った私は、女性に頼んだ。『一泊分払うから、この部屋を貸してくれないか。君は友だちの誰かの所に行ってくれないか』と言うと、女性は直ぐ理解して出て行ってくれた」(182〜183ページ)
(その422・3)台湾・台中。
「特操1期の山縣徹が、沖縄に散ったことを知った。私は山縣に済まないことをしたことがあった。台中にいた時、山縣は私を誘った。つまり慰安所にである。私は、そうか、と一緒に行った。山縣は初めてだという。彼は私に『お前、あの一番きれいなあのこをとれよ』と言う。そこでは、女たちは自分たちだけでダンスをしていた。私は『オレはいいよ。お前があのこをとれよ。オレはここで待っているから』『お前もいかなきゃ、オレもいかん』『オレのことかまわんでいいよ。いいからあのこのとこへ行けよ』。山縣は、私は上がらない、というものだから、結局自分も諦めて、2人は外に出た。(昭和20年4月、沖縄戦で)彼は童貞のまま特攻に散った」(236〜237ページ)

〔その423〕高塚篤著『予科練特攻秘話』原書房、1980年発行。著者は、昭和18年12月、第13期甲種飛行予科練習生として三重海軍航空隊奈良分遣隊に入隊。滋賀航空隊、伊吹部隊近江隊として航空特攻要員となる。
(その423・1)昭和20年2月?、沖縄。
「(沖縄・久米島に)台湾に向う機帆船がやって来たのが、2月28日、先客があったので、三隻に分かれてのりこんだ。その船には陸軍の兵隊や、台湾に行くという慰安婦がのっていた」「出航して1時間もたたないうち、沖縄に空襲に向うグラマンの編隊に発見された。そのうちの3機が降下してきたと思ったら、実に正確な爆弾投下」「1隻は忽ち舳先をあげて沈没」「私ののっていた船も、もう1隻も度重なる銃撃に火をふいた」「私は炎に顔をなめられてあわてて海にとび込んだ。幸いなことに、私のとびこんだ近くにボートがあったので、無我夢中で這い上がった。次々とボートによじのぼる人があったが、泳げない慰安婦たちは断末魔の苦しみを顔に浮かべながら、次々に波間に没していった」(114〜115ページ)

〔その424〕守屋清著『回想のラバウル航空隊』光人社、2002年発行。著者は、昭和17年10月、海軍経理学校入校。18年1月、海軍主計中尉任官。ソロモン、横須賀などで勤務する。
(その424・1)昭和18年2月、南方・トラック島。
「(トラック島の)夏島には士官用のレス(レストラン)として、小松(通称パイン)と南華寮の2軒があるということだった。前者の方が格式が高く、後者の方がガンルーム向きといわれ、ここではレスと言わずにパンパン屋と呼ばれていた。お客が行くと玄関でパンパンと手を叩くからそう言うのだと聞いていたが、その真偽は定かでない」「その南華寮へ行ってみようということになった」「山を登って南華寮の門を敲いた。粗末な造りの部屋に案内され、エスが2人入ってきた。エスとは」「芸者の意である」「酒宴が始まった」「驚いたのはエスたちの無茶飲みである。酒やビールをガブガブ飲んでは、空瓶をドンドン窓から外へ放り投げてしまう」「空瓶を割るのを楽しみに飲んでいるようなしぐさは、彼女たちの荒んだ気持を如実に現わしていた。彼女たちの中には、軍属として御国に奉公するのだと誘われて、純粋な気持で来た所が前線慰安所だったいう者も多かったと聞いた」「その夜、若いエスの桃代に挑まれ続けたのであった。南国の陽光は明るく爽やかであったが、何か寂寞とした気分であった。彼女の部屋の壁に、『来年4月までは辛抱しよう』とつたない字で貼り紙がしてあったのを思い出したのである。帰りしなにそっと渡したチップに触れもせずに、『また明後日来てね』と言い、事実翌々日、水交社に電話してきた。『明日は戦地に行くからもう行けない』と苦しい断り方をしたが、彼女はその後どうしたであろうか。彼女らの多くはサイパンまで帰ってそこで玉砕したという」(73〜74ページ)

〔その425〕高木俊朗著『戦記作家高木俊朗の遺言U』文芸春秋企画出版部、2006年発行。同書中、「遺族ー戦没学徒兵の日記をめぐって」の一節。
(その425・1)昭和20年、鹿児島・知覧。
「知覧には、すでに慰安婦もきていた」「(特攻隊員の外泊する旅館の)庭のさきには、低い板塀がめぐらしてあった。塀のむこうには、田が見えた。まだ、すきかえしてはなかった。田の間に、まがった道がある。そのわきに、わらぶき屋根のいなか家があった。そこへ、ひとかたまりになって、飛行服の軍人がはいって行くところであった。今しがた、この部屋を出て行った特攻隊の隊長と隊員である。その家が慰安所であった」「特攻隊になると、誰でも急に、酒と女に近づいた。周囲のものも、できるだけ、そうした機会を与えるように努めた」(76〜78ページ)

〔その426〕松岡環編著『戦場の街南京ー松村伍長の手紙と程瑞芳日記』社会評論社、2009年発行。同書中、「第V部『程瑞芳日記』を読む」の一節。程は、昭和12年の南京事件当時、南京にある金陵女子文理学院(金陵女子大学)のメンバーとして同学院に留まり、同学院に避難してきた人たちの保護などにあたり、克明な日記を書いた。
(その426・1)昭和12年12月、中国・南京。
「12月17日」「今夜も11人の女の子が(同学院から)連れて行かれたそうだ。かわいそうに、彼女達はどこへ連れて行かれたのだろう。もう泣きたくなる。彼女達の将来はどうなるのだ!」(275ページ)
「12月18日」「昨夜、日本兵に連れて行かれた女の子達は今朝になって皆帰された。一人だけ帰って来ていない。日本兵にどこかに留置されたか、恥ずかしくて自ら帰って来ないのかは分からない」「日本兵の凶暴さはますます酷くなっていく。どうにもならない。彼らは人を殺したいと思えば人を殺す。強姦したいと思えば強姦する。それも老人か子供かを問わずに。親子が同時に日本兵に強姦された。母は60を過ぎていて、3人の日本兵に強姦され、娘は40過ぎで2人の兵隊に強姦された。親子とも夫はいなかった。日本兵は人倫がまったくない」
「12月19日」「昨夜、憲兵が正門の方で寝ているにもかかわらず、夜中に日本兵が入ってきた」「大勢の目の前で女性を強姦した」「午後、日本の領事が華小姐を訪ねてきた。華小姐は領事を連れて、地下室と地面に歩く所もないほどびっしりと寝ている難民達の様子を見せた。そのとき、領事は自分達の軍隊が悪いと言っていたが、心の中では笑っているに違いない」
「12月20日」「憲兵も女の子を庭に引きずり出して強姦する」「今日の昼、兵隊が来て2人の女の子を連れて行く時、彼女達の物まで奪って行った。ちょうどその時、ある長官が見学に来ていて、華小姐が長官に部下たちの行動を見せつけると、とても気まずい顔を見せたが、それはどうでもいいことだと思っているに間違いない。中国人は彼らの仇だ」
「112月24日」「昨日交代で入ってきた兵士は、ちょっとよくなったかどうかだ」「あの悪い兵隊たちは帰ったらしい。徐州の戦場に行ったらしい」「今日は、ある参謀が中国人何人かを連れてきて妓女〔売春婦〕を探しにきた。もし妓女たちが外で商売し始めたら、兵隊は収容所に来ないから、良民の女性達の被害がなくなるという話なので、理解できないことはない。収容所の中には妓女達もたくさん避難していたので、探すのを許した。中には参謀が連れてきた中国人が知っている妓女もいた。この2、3日、また日本の妓女もきているので、彼らのしたい放題だが、民衆が侮辱されることもすべて政府が悪いからだと思う」(299ページ)
「12月27日」「ここに女の子を捜しに入ってこなくなったが、外ではやはり民家に入って引っ張る兵隊がいて、若い子がいなかったら、年配の女性を引っ張り出す」(308ページ)

〔その427〕林年秀著『英霊たちの転進』光人社、1992年発行。著者は、昭和17年、日南産業社員だったが、陸軍航空本部資材課員を兼務してビルマに派遣される。20年3月、ラングーンで現地召集される。
(その427・1)ビルマ。
「(ペグー山中で出会った現地召集の)佐藤さんには、つぎのような逸話がある。私のもとに遊びに来たあるとき、『前線では死闘を演じているというのに、後方では料理屋、芸者までいて、高級将校ほどいい思いをしている。なっとらん。一発やってやるか。批判の声がとどくだけでも有効というものだ。電話をかしなさい』と受話器をつかむと参謀部をよびだし、『前線では死のもの狂いの戦争をしているというのに、夕方になると赤い旗、青い旗の車が料理屋、芸者屋に乗りつけるとはなにごとだ。たるんどるぞ。真面目にやれい!』。ガチャンと電話をきって、アハハと笑っていたが、目は真剣であった」「桜井(徳太郎)少将が前線から方面軍司令部へ来たとき、公園広場に将星が綺羅星のごとくならび、民間人も多数、参加して祝賀式典がおこなわれた。そこに現われた桜井少将は、進行係をとおさず、ずかずかと壇上にのぼった。弊衣破帽で、髪髭はぼうぼう、上衣の背中は汗にまみれ、朽ち穴があいていた。『桜井少将である。アキャブ戦線から連絡にもどって来たが、ラングーンはまさに日本内地より後方ではないのか。これでよいのか、前線では弾薬なく、食料なく補給も思うにまかせないというのに、陽が没すれば料亭が繁昌する。たるんどるのではないか。自分はすぐ前線にもどる』。自分の上級司令部、上官のいる満座を睥睨して強烈な苦言を呈したかと思うと、さっと降壇して去っていった」(69〜71ページ)

〔その428〕田中重男著『遙かなり戦場』私家版、1989年発行。著者は、昭和16年5月、岡山中部48部隊に応召入営、同年8月、召集解除、同年10月、姫路中部46部隊に応召入営し、北支、中支、ブーゲンビル島に転戦する。
(その428・1)昭和18年、中国・蘇州。
「繁華街には大丸百貨店が進出していた。道路を距てた真向かいには大陸飯店という看板のかかった店がある。もともとは支那料理屋であったのではなかろうか、この飯店は兵隊言葉でいう『ピー屋』即ち売春宿であった。店内を簡易間仕切りで仕切って幾つもの個室を作り、その中へベッドを置き日本円換算で30円位出すと主人が5、6人の姑娘を呼んできて室内に並ばせ、客が気に入った女性を残し1時間位遊ばせるという仕組みである」「生活費を稼ぐためにか若いクーニャンが夜になると美しい支那服に身を包んで街頭に立ち、道を通る日本兵に秋波を送り売春していた」(73〜74ページ)
(その428・2)中国。
「(ウースン?近郊の)江湾鎮の街のはずれに日本兵が多勢行く現地人の慰安所があった。もともとは支那の遊廓であったのだろう。蘇州に近い美人の多い土地といわれるだけにここの慰安婦には美人が多かったらしい。連隊本部の事務室に勤務する西村兵長はここの慰安婦である可愛いクーニャンの一人に芯から惚れてしまい、入営以来の貯金の全部をはたき出して慰安所に通い続け、遂には心中するかもしれないという騒ぎとなった。同僚が必死になって説得して思いとどまらせた」(83ページ)

〔その429〕大沢清著『フィリピンの一日本人から』新潮社、1978年発行。著者は、日本軍のマニラ占領以来、フィリピン全土の燃料を管理する燃料統制配給組合の常務理事をしていた。
(その429・1)昭和19年、フィリピン・マニラ。
「その頃(昭和19年9月)、南方軍総司令官の寺内寿一元帥はマニラホテルに泊っていた」「軍の命令でマニラホテルの支配人になっていた坂本徳次さんは」「ある時、『寺内元帥は2週間のメニューをつくらせて、毎日違った特級料理を並べなければ承知しません。酒もフランスの極上でなければ駄目なんです。本当にこれにはほとほと弱っています』と私に語ったことがあった」(8ページ)

〔その430〕阪野吉平著『戦争聞き歩き 生きてます』新風舎、2004年発行。同書は、山形県在住の元日本軍兵士からの聞き書き集。
(その430・1)満州・神武屯。
「(山形32連隊の兵士の話)司令部から少し離れた所に30人ほどの慰安婦がいた。軍が管理しているから性病の心配はなかった。それでもアレ好きな人は、自分の配給になった靴下などの物資を売り払って、個人経営の売春宿へ行く。今日は13歳の娘だったとか、今日の女はアレ上手だったとか、部隊へ帰って話していた。性病にかかる、淋病だな。部隊外では遊ぶな、と言われていたから、入院すれば罪人扱いされる。三等待遇だ」(341ページ)
(その430・2)昭和20年?、大分。
「(海軍航空隊大分分遣隊兵士の話)部隊からの免税券を持って行くと、1回20円でアレできた。下士官や将校は電話でいい子を予約する。俺達はその残りよ。顔見ただけで帰ったこともあった。ある夜、イザ本番の時に警戒警報。女が俺の金持って逃げて行った」(419ページ)

〔その431〕黒鳥四朗著渡辺洋二編『回想の横空夜戦隊』光人社、2012年発行。著者は、昭和18年、飛行専修予備学生として海軍に入隊。19年、横須賀海軍航空隊に配属される。
(その431・1)横須賀。
「横須賀地区の下士官兵の上陸時における現状視察を、当直士官から命じられたときのこと」「夕食をすませて私服を着た」「当直室に行くと、医務科の先任下士官もシャツ姿で待っており、当直士官から木の札をわたされた。『この札を見せれば、鉄道、映画館、旅館、飲食店、遊戯施設などへ、すべて無料で入れます。また、こちらが要求する書類の提示、状況の報告を受けられます』と先任下士から説明を受けた。2人で横空を出たのは、夜の8時半から9時のころである。先任下士の言葉どおり、彼が木札を示すと京浜急行の追浜駅の改札を通り抜けられ、横須賀中央駅で下車して外へ出るときも同様だった」「最初に案内された遊廓(遊女屋。ピー屋と呼んだ)に、木札を見せて入店した。中を見せてくれた店の者から『お調べいただくようなことは起きておりません』と報告された。私はこういうところに入った経験がないので、照れくさく落ち着かなかった。『分隊士、次の店は問題が多いので、よく検査してください』と言われたのは、下士官専用の遊女屋であった。問題とは、遊女の性病の管理がルーズなことである。軍医官が毎週、検診に出向いた。性病罹患者と分かると店には出られず、名札を裏返す。それが店にいる女性たちと合致しているかをチェックし、加えてもろもろのトラブルの有無を質問する。来店中の宿泊客の下士官名が記された名簿を見て、彼らの所在を確認し、問題がなかったかを問いただした。先任下士は慣れたもので、年配の女主人に遠慮なくズケズケと突っ込んで聞く」「その後、横須賀市中の何軒かの遊廓をまわった。最終電車で帰隊し、当直将校に『異常なし』を報告した」(99〜100ページ)

〔その432〕真尾悦子著『いくさ世を生きて』ちくま文庫、1986年発行(単行本、筑摩書房、1981年発行)。同書は、沖縄戦における女性の体験を掘り起こした。
(その432・1)昭和20年、沖縄。
「(首里に住む60代半ばの女性の話)非戦闘員は戦争の邪魔になるからと言って壕を追い出されたのは、もう、どなたも経験なさったことでございます。それでいて、こう申しては何でございますけれど、兵隊さんは、偉い方々ほど、辻(那覇の遊廓)の女をお連れになっておりましたよ。民間人を壕から追い出して、ご自分たちは遊女をはべらせて、楽しみながら、ということでございます。お信じになれないかもしれませんが、わたくしたちは事実を見て知っております。ある偉い軍人さんは、首里の壕の中で、辻の女と一緒に自決なさったんでございますよ」(195ページ)

〔その433〕宮尾登美子著『めぐる季節を生きて』講談社、2002年発行。著者の父親は、高知で芸妓娼妓紹介業をしていた。
(その433・1)
「戦前、芸妓の紹介人が人助けであると胸を張り、大いばりで仕事に精出ししていたものが、終戦を境に人身売買の残酷な職業に下落してしまったその憤ろしさを、父は(遺品の)ノートにめんめんと書き綴ってあった。無学な人間だったから、国家体制にひたすら協力し、戦争中は外地へ女たちを送ってお国のためと自己満足していたのに、戦後すべてが暴かれてみると、いかに自分が軍部にだまされ踊らされていたか、口惜しさ限りない思いであったに違いない」(239ページ)
「私の家で、満州と取引がはじまったのは昭和11、2年ごろからで、父はしょっちゅう、たくさんの女たちを送り出し、また向うからも、保養を兼ねて女たちの雇入れに来ていたものだった。大連、奉天、新京、吉林、ハルビンが主な取引先で、その妓楼の楼主たちは、札束をふところにしてやって来、いく月も滞在しては命の洗濯をしてまた向うへ帰ってゆく」(268ページ)

〔その434〕福田哲子著『ビルマの風鐸ー日赤従軍看護婦が見たビルマ最後の日』叢文社、1996年発行。著者は、昭和19年1月からビルマで日赤看護婦として従事する。
(その434・1)昭和18年。
「昭和18年10月末」「宇品港から」「シンガポールを経て、ビルマ国ラングーンに向った」「(輸送船では)人一人が横になれる幅が、個人の自由になる居場所。座れば頭が天井に付く、二段仕切りの船倉であった。他の船室には馬がおり、兵隊、慰安婦も乗せられていた」「船の中では看護婦と言わず、兵隊も慰安婦にも、病人が多発した」(25ページ)
(その434・2)昭和21年2月、タイ・バンポン。
「(バンポン第133兵站)病院には我々の着任以前に一般邦人(戦中慰安婦であった人)の一団が補助衛生看護婦として働いていた」「補助衛生員は我々よりは年長者で物分りのよい方ばかり、彼女たちの機転に随分助けられた。この頃、手持ち無沙汰な患者たちの間に木切れを削って下駄やサンダルを作るのがはやっていた。彼女たちは自分の花模様の半襟で下駄の鼻緒を作り下駄に仕立てて我々に提供してくれた。宿舎ではトイレ、洗面所にいくときこれを履き、束の間女心を取り戻したひとときでもあった」(192〜193ページ)

〔その435〕日本戦没学生記念会編『新版第二集きけわだつみのこえ』ワイド版岩波文庫、2004年発行。
(その435・1)
「(昭和16年、陸軍に入隊した学徒からの)17年5月17日着信〔華南から〕“……何だって、かかを持てば戦地でP屋へ行かないで済むだろうって! と、とんでもねえ話だ。そんならおめえ、家で米を食ってるからと言い戦地へ来れば米を食わないでいられるかい。外米だって米と名がつきゃあ喜んで食うじゃないか。……ともかくこの途はおめえたちチョンガーにはわからねえよ”。P屋とはプロスティテューション〔売買春〕の略語だろう。兵隊の通用語である」(242〜243ページ)
「(昭和18年12月、海軍予備学生となった学徒の内地から)昭和20年1月〔家族への手紙〕」「給料のほかに特別手当や増俸などで、毎月500円くらいいただきます。先月は千円近く貰ったので、500円ほどおすそわけいたしました」(369ページ)

〔その436〕小林大治郎・村瀬明著『新版・みんなは知らない国家売春命令』雄山閣、2008年発行。敗戦直後、日本の国策として、民間業者によるR・A・Aという団体が組織され、占領軍専用慰安所がつくられた。
(その436・1)
「業者たちはR・A・A発足にあたって『五千人は集めてみせる』と豪語したにもかかわらず、実際に集ったのは1360人に過ぎなかったし、この1360人が予期したほど使いものにならなかったからである。『お金になるため……』や『国家のための人身御供』と決心はしてみても、所詮は素人上りであった。赤線出身の“性の熟練工”のように、一晩47人もこなすなどは、できようはずはなかった」「業者たちは必死になって玉探しをはじめた。軍需工場に動員したもの、疎開したもの、帰郷したもの、“現役復帰”を図って、東奔西走した。新聞広告やポスターを使っての公募もはじめた。あまり派手に行った結果、当初は募集の黙認を約束した警視庁も業者に警告を発し、各署に監視を指示しないわけにはいかなかった。その指示の内容は、
『◇慰安婦の求人注意方の件
標記の件、左記の通り内務省行政警察課長より通牒有之候、業者の指導上遺憾なきを期せらるべし。追て各接客業組合連合会に対しては当部に於て指導済に付念為。

連合軍進駐に伴う特殊慰安施設等の整備を急ぐの余り一部の業者に依りては従業婦の獲得に狂奔し女給・ダンサー・慰安婦等の求人広告を新聞紙上その他に掲載するの向漸く滋からんとする傾向有之斯くては社会風教上考慮すべきものと思料せらるるに付、此際業者をして斯種広告掲載等は自粛せしむる様内面指導に留意せられ度。尚娼妓・酌婦等紹介業者にして誇大・虚偽なる言辞を労し或は紹介先を隠蔽し以て不正なる紹介を為す等の事なき様指導取締を為し之等婦女子の保護に遺憾なきを期せられたし。』
 この警告が発せられたのは、R・A・Aが発足してから2か月経過してからであり、一般の素人女性はもう『宿舎・衣服・食糧』付きの甘い手には乗らなくなっており、現実には玄人相手の広告になっていた。しかし、素人女性が慰安婦に狩出されるという現象がなくなったわけではない。東京には少なく見積もっても約6万人、全国では40万人以上の若い女性が、空襲で家や家族を失い、飢えと不安におびえながら職を求めていた」「つまり、玄人に対しては“厚遇”を約束した広告で釣り、素人にはスカウトで、玉を集めるようになっていた」「だまされたり脅されたりした女性は、なぜか逃げ出そうとはしなかった」「この疑問に対して、元R・A・A協会の幹部S氏はこういっている。『全国の良家の子女のかわりに犠牲になるという、あきらめの心以外にない。ひと口にいえば、日本の女が長い間教育されてきた“あきらめの美徳”があったから、逃げ出せなかったのではなく、逃げ出そうとしなかったのだ。進駐軍に暴行されてヤケになったという女性もいたにはいたが、そんな連中でも“自分の犠牲によってほかの人がいくらかでも救われるのなら”といっていましたからねエ……』」「だから彼女たちは、R・A・A発足の際、警視庁が特に名付けてくれた『特別挺身部隊員』という名称を愛していたし、その通りだと思い込んでいた。業者たちも『毎日の訓示には“お国のため、日本の貞操の防波堤”であることを強調した』」「実際のところは、政府と業者たちは『進駐軍慰安婦』とズバリそのものの名で呼んでいた」(35〜38ページ)
「最盛時には7万人からの慰安婦をかかえたことのある大所帯(閉鎖されたときは約5万5000人)だったR・A・A」(74ページ)

〔その437〕高田歩兵第58聯隊史編纂委員会編『高田歩兵第58聯隊史』歩58会本部、1982年発行。所属した将兵の回想記も収録している。
(その437・1)昭和14年?、中国・潜江。
「(初年兵時代の回想)私達は17次補充兵として、長い道のりを経てようやく潜江に到着した。私は医務室に配属された。医務室では軍医殿を始め諸先輩に暖かく迎えられ、長い道中の疲れもふっ飛んだ。ここに来て初めて驚いたのは、突然女の声がして婦人たちが入って来たことである。従軍看護婦ならわかるが、そうではない。後で戦友に尋ねると大笑い。戦友曰く、『あの人たちは兵隊さんを慰めてくれる人たちだよ』と教えてくれた。私は二度びっくり、新兵には何もかも目あたらしいことだった」(234ページ)
(その437・2)昭和14年?、中国・天門。
「(応城まで外出したときの休憩地での回想)出発まで時間があったので街を見物に出ると、大勢の兵隊が飯盒などを持ってならんでいます。旅団司令部近くなので、何か特別配給があるのかと思い、私もならんでみました。中に入った者が出て来ないので不思議に思い、前の人に聞くと『ピー屋だよ』と言われ、慌てて逃げ帰りました」(241ページ)

〔その438〕高柳泉著『ニューギニア戦記ーある一兵卒が体験した戦争の記録』私家版、1987年発行。
(その438・1)昭和18年、南方・パラオ。
「(輸送船でパラオに着いたが)朝早く隊の会報で本日一部の部隊が上陸すると言うニュースが聞かされ、私共は先発で今日上陸し南洋神社参拝を行うと聞き、大喜び。そこで面白い話があります。話は小隊長が来て、『本日不参加の者はないだろうが、この中でチョンガーの者は手を上げろ、俺もチョンガーだ。この内で童貞の者が居るか』。それは先ずいい。本日は隊長の有難い心尽くしで、この者達は、帰路町のピーヤーに行く事になった。ピーヤーとは往時の赤線である。残りの者は参拝が済んだら帰隊する様に。さて、幸か不幸か俺も童貞者だ。気が高ぶって仕方がない」「さて、参拝も終わり」「いよいよ小隊長と共に突撃開始だ。それぞれの思いを込めて勇往邁進、花街へと繰り込んだのであるが、その時に店の前に立つ兵隊が、店のお婆さんに言われた言葉は皆同じだった。『誠に相済みません。本日は海軍さんの日でして、申し訳ありません』と(陸軍の)一同がっかり。又ほっとした者もいただろう。この時の20人ばかりの者は、ほとんど死んだ」(13〜15ページ)

〔その439〕久布白落實著『廃娼ひとすじ』中央公論社、1973年発行。
(その439・1)
「昭和6年の春、国際連盟から婦人児童売買実態調査団をむかえた。一行は日本にくる前に半か年ほど東洋における婦女売買の実状調査をすませて来朝した」「委員の来日は、政府当局、民間の廃娼、反廃娼諸勢力に異常な緊張を与えた。官庁を調査訪問、新橋の芸妓学校、吉原の妓楼見学をはじめ、救世軍や矯風会を直接訪問して事情聴取し、廃娼運動家たちとの親睦歓迎会など盛りだくさんの日程であった」「この調査団の報告書が昭和8年に発表されたが、東洋諸国の実状について500ページ余の大部のものであった。私たちの主張、報告をよくきいて、自分たちの意見をあまりさしはさまず、広範囲の人たちに会って勉強した調査団の成果のほどが、日本の項には盛られていた。日本政府としても『これらの少女を得る周旋業者が非合法、または秘密の方法を用いる必要がない日本』と記載され、世界に公娼国であることを喧伝されたのは痛手だったろう。勧告文では『国際的協力が必要なこと、東洋諸国では人身売買業者が婦女にたいし絶大な力をもっているから、これらの婦女の救済には、彼らの取引市場たる公認妓楼を撲滅せねばならぬ。また委員会としては、行政的処置でたたかう当局と、被害者救済に努力する民間団体との協力提携を願ってやまない』とあった」(220〜221ページ)

〔その440〕矢野成典著『商社マン戦中裏日記』日東出版社、1992年発行。著者は、戦時中、三井物産ジャカルタ支店駐在員として勤務する。
(その440・1)ジャワ。
「新関支店長は『日本の軍司令部から見れば、一番偉いのが軍人、その次が司政官、軍属、軍馬、軍犬、伝書鳩、はるかに下ってインドネシア王族、その下が芸者、慰安婦、そして最後がわれわれ桜組さ』と冗談めかしていた」「われわれ企業の駐在員をはじめ民間人が、胸に桜花の記章をつけて行動することを軍から義務づけられ軍専用の慰安所、娯楽所へ出入することを厳禁されていた。国力をかけた総力戦でありながら、軍人のみ一段も二段も上位に位置づけている『軍尊民卑』の思い上がり」「しかし民間人の中にもヘソ曲りがいて、桜花の記章をはずして平服のまま軍人専用の慰安所や料理屋へ堂々と入りこんだりしていた。民間人の方が金ばなれがいいので、慰安所も料理屋も、軍人ではないと知っていて、迎え入れたのだろう」(81〜82ページ)
「(敗戦直後、日本人男性玉ヌキ論の)次に当然議論になったのはジャワの日本人女性はなにをされるか、ということであった。この問題については軍司令部が8月21日の全軍直轄部隊長会同で、『婦女子は全員看護婦として山間部の病院に保護する』と決め、ただちに実行された。民間企業の女子職員、慰安婦などを全員ポツダム看護婦に変身させる一方、本職の看護婦を婦長に、婦長を婦長監督と1階級特進させて日本軍部隊が駐留している山間部の病院に疎開させた」(205ページ)「ジャカルタ在住の約200人の女性はチサルワに集結」「集結所は野戦病院であった。約200名のポツダム看護婦たちは、民間企業と軍政監部、本職の看護婦と元慰安婦の2グループに分けられ、日本軍の入院患者の面倒を見た。一度に大勢の女性がやってきたので、近くの部隊からニセ患者がたくさん押しかけてきて、病院は大混雑となった」(345ページ)

〔その441〕谷川健一編『近代民衆の記録3ー娼婦』新人物往来社、1971年発行。同書の月報中、伊藤桂一の「オアシスへの郷愁ー戦場慰安婦について」と題する文章中の一節。
(その441・1)中国。
「中支の戦場で、ある、教養のある朝鮮人慰安婦がいて、どこから来たか、ときくと、奈良女高師に在学中、強制的に慰安婦にさせられた、と話した――と、将校だった人が感慨深げに私に語ってくれたことがある。そのときその慰安婦は、静かに『日本の負けるのを信じ、それを待っている』と言葉を重ねたそうである」

〔その442〕谷川健一編『近代民衆の記録8ー兵士』新人物往来社、1978年発行。同書中、シベリア出兵に従軍した川北太市郎の「西伯利亜守備日誌」の一節。
(その442・1)大正10年、シベリア。
「7月24日」「午前9時よりニコリスク市街へ外出を為した ニコリスクは浦潮程には立派で無いが大きな建物立派な寺院等沢山有った そして日・露・支・鮮人の遊女屋が非常に沢山有った」「7月25日」「午後1時半よりスパスカヤの街を見物に出掛けた」「ニコリスクト同じく市場が有って露支鮮人の店が沢山有った 日本人の遊女屋も沢山(10軒程)有った」「7月27日」「午前ラズドリノエの街を見物に出掛けた 小さな処で有るが種々な商店が有って又遊女屋も十数軒在った」(296〜297ページ)

〔その443〕滝口岩夫画・文『戦争体験の真実』第三書館、1994年発行。著者は、昭和16年、関東軍に入隊。その後、昭和17年10月、ラバウルに移動し、絵描き兵となり、その体験を通し、「イラストで描いた太平洋戦争一兵士の記録」を残す。
(その443・1)ラバウル。
「日本から新しい慰安婦がラバウル市内に来た。若い女性5、6名を連れている親方を見て驚いた。満州で現地除隊した先輩だった」「米空軍の大爆撃でラバウルに住めなくなった彼は、ラバウル発日本行きの輸送船に乗ったが、米軍機の爆撃で海中に。彼は一度、無事甲板まで逃げたが、船底に残した金庫を取りに戻り、お金を持ったまま海底へ沈み、帰らぬ人となったと生き残った2人の慰安婦から聞いた」(45ページ)
「日曜日外出で小さな街ラバウル市内を歩く。楽しみもない南方の街に兵隊たちの最高の悦びであった慰安所が建ち並んでいる」「ラバウルより遠く離れたクーロン地区駐屯部隊には出張慰安所があった。部隊内に仮り小屋を作り兵隊たちはいきりたっている」(46ページ)
「今日は日曜日。私たち宣伝班の兵隊は特別時間外出する。戦友と2人で宣伝班近くにある慰安所に行った。兵隊が帰り静かな慰安所には下士官2、3人がちらりと見えるだけ。右端の慰安所に入る。そこは朝鮮人女性の慰安所だった。朝鮮人女性4名が日本の着物姿で上がり口に座っていた。彼女たちの顔は昼間大勢の兵隊を相手にした疲れなのか、眼の淵は黒く痩せて悲しそう。私たちの姿に苦痛の様子。戦友と私はかわいそうになり止めることにした」(50ページ)
「今日は慰安所を閉鎖して慰安婦全員が日本に引き揚げる日だった。米空軍の爆撃で女性の身が危険になったためだ」「慰安婦たちは輸送船で日本に帰る途中、米軍機の空からの攻撃に遭い、大勢が太平洋の海底へ船と共に旅立った。その途中で奇跡的に助かった2人の慰安婦は、ラバウル市内にたどり着くと、日本陸海軍兵数十万人男ばかりの基地の中で男装して生き延びていた。服装は、兵隊の普段着に髪は短く、頭と手は包帯姿で、今はもう誰もいない元慰安所の表に立っていた。2人の女性の生活は兵隊たちには秘密だったが、将官たちの相手をしていたという話を聞いた」(51〜52ページ)

〔その444〕角田房子著『責任 ラバウルの将軍今村均』ちくま文庫、2006年発行。
(その444・1)朝鮮。
「1910年、第二師団は朝鮮に移駐し、今村(均)は朝鮮北部の羅南で中尉になった。外地勤務は本俸のほかにその5割の手当てがつく。今村は本俸全額を母に送り続けた。朝鮮には内地の芸者が進出し今村の同輩はよく遊びに行ったが、彼は陸大入試の準備中であり、財布も軽く、遂に遊里へ足を向けない“童貞中尉”で通した」(168ページ)

〔その445〕藤原則之著『在留日本人の比島戦』光人社NF文庫、2007年発行。著者は、昭和7年、フィリピンに移民し、戦中時は日本軍の通訳などを勤める。
(その445・1)昭和17年、フィリピン。
「上陸作戦以来、(日本)兵たちは女という者に接していない。昭和17年の3月頃になると、婦女子がそろそろ隠れ場所から町や村に帰りはじめた」「その時期までは兵隊の遊ぶ場所は皆無の状態だったのである。(軍道路隊の)高見中尉が、『藤原君、遊び相手の女を探してくれたまえ。兵士たちが間違いを起こすと困るから是非頼む』と相談を持ち込まれた」。カビテ軍港を偵察しての帰途だった」「この地域は軍港に近いので、アメリカ水兵を相手にしていた女たちが必ずどこかに隠れているに違いない。探し出すためには、カレサ(客馬車)を操るコチェロ(馬車夫)に尋ねるのが一番近道だと思った。さいわい、うまくコチェロを見つけることができた」「(彼の案内で)約30分ほど走ったと思う頃」「繁茂した枝で空の星さえ見えない真っ暗な下に、粗末なコーポ(小屋)を造り、女たちが10名ほど避難していた。さっそく私は女たちに日本兵たちが女をほしがっている。私が連れて行くので、絶対大丈夫だと交渉してみる」「勇気のあるプータ(売春婦)3人が、『私が帰りにも送る』条件で、兵隊の待つ小学校舎を訪れたのである。兵も下士官も、たった3人の女を相手にたいへん喜び、満足していた」「帰りの馬車の中で、3人のプータは思いがけない金儲けができて、こちらのほうも大喜び、明日は大勢で乗り込むと約束してくれた」(67〜68ページ)

〔その446〕山下晴朗著『サザンクロスを背にうけて』中日新聞社出版開発局、2000年発行。著者は、昭和19年、陸軍明野飛行学校通信班に就職。同年10月、15歳のとき、ルソン島に軍属として派遣される。
(その446・1)フィリピン。
「時々特配とのことで、小瓶のサンミゲールのビールや菓子などの支給があったが、なかには『突撃』というゴム製品が配給された。その当時の15歳は平成の15歳と違っておぼこかった。何に使うんだろうかと眺めすかしているうち、『こんなもの、子供はいらんからな』と古参兵殿に召し上げられた」「毎夜飛行場のほうから勇ましい軍歌の歌声が聞こえてくる。最後は決まって『同期の桜』でおひらきになる。特攻隊員の送別会を整備員一同と一緒にやっているらしい。整備員の先輩の話によると、そのあと特攻隊員は飛行場外れにあるバラック建てのピー屋に行って、今生の別れと命の洗濯に行くそうだ」(22ページ)

〔その447〕上斗米正雄著『戦友に捧ぐー1932日間の軍隊』東京図書出版会、2005年発行。著者は、昭和15年、現役兵として満州第273部隊に入隊。19年、支那派遣軍に転属し、中国各地を転戦する。
(その447・1)中国・金牛鎮。
「飯村軍曹が誘いに来た。本間伍長と私の3人連れで、慰安所に出掛けた」「慰安所は酷い所にあった。壊れた家屋の中に、アンペラ(竹で編んだ筵)で幾つかの部屋に仕切ってあるだけである。隙間だらけの粗末なものであった」「順番の少なそうな列に並んだ。この列の先頭で、可笑しな事が起きた。慰安婦が居る筈だが」「(列の先頭の兵隊が)声を掛けても返事がない(ので)」「他に移動した」「次の先頭が荒っぽく扉を叩いた。すると中から、扉を半開きにして、慰安婦が『ダメ』と言って扉を閉めた。兵隊は怒って捨て台詞を残して去っていった。続いて並んでいた3人が『駄目らしいな』と言いながら移動して行った。今度は先頭になった飯村軍曹」「慰安婦が顔を出して『アンタ、イイヨー』とたどたどしく言った」「10分もしない内に飯村軍曹が出て来た。慰安婦がまた顔を出して、本間伍長に『アンタヨ』と招いた。本間伍長が出てきた。いやに早かった」「『アンタヨ』慰安婦が私の顔を見て言った」「彼女はシュミーズを脱いで、布団へ仰向けになった。16〜17歳位だろうか、二重瞼の澄んだ目、中国人だ。朝鮮人にはないタイプだ」「5分も掛らなかったであろう。外へ出ると次の兵隊が待っていた。後で『ダメ』と言う彼女の声がした」「慰安婦という過酷な状態におかれても、厭な相手には『厭』と言えた、彼女の勇気に拍手を送りたい」(124〜125ページ)

〔その448〕井上咸著『収容所のロビンソン・クルーソー』毎日新聞社、1981年発行。著者は、昭和13年、入隊し、満州、ビルマなどの作戦に参加する。
(その448・1)昭和15年、中国・広東。
「私が第一番に軍隊に失望を感じたのは、昭和15年夏、ほやほやの見習士官として南支派遣軍第一線に着任した際、たまたま広東の街角で見かけた若い日本の女が、師団長専属の女だと古参将校から教えられた時であった。つい数時間前、司令部で着任の申告をした時、畏敬の念をもって仰ぎ見たベタ金(将官の襟章)をつけた顔が、急に不潔な助平爺のように思われ、唾を吐き散らしたい不快感に襲われた」(33ページ)

〔その449〕松原俊二著『学徒、戦争、捕虜ー私のレイテ戦記』開発社、1989年発行。著者は、昭和17年、近衛歩兵第四連隊に入営し、マニラ、レイテなどに転戦する。
(その449・1)
「昭和18年12月1日、私はやっと陸軍少尉に任官し」「大塚の自宅へ帰ることになった」「ちょうど時を同じくして、北満の孫呉の戦車隊から主計中尉になっていた兄が休暇をもらって帰国していたので、偶然我が家には中尉と少尉の兄弟がそろい、毎夜遅くまで床の中で話し込んだものである」「その中でショッキングな話題で忘れられないことが一つある。兄は孫呉の慰安婦で可愛がっていた女がいて、たまたま日本に休暇で帰国することを話したら、その女の実家が京城市にあるので両親宛の手紙を実家に立寄って渡してくれと頼まれた。当時、軍の慰安婦は兵隊同様に通信文の検閲が厳しくて、本当のことを書いて出すことができなかったのであろうが、彼女からの手紙を託され、京城で途中下車してその家を訪れた。娘を慰安婦にまでしている家庭だから貧しい家の娘と思い込んで家を探したが、その住所周辺は京城でも高級な立派な家ばかりで不審に思った。そして案の上、彼女の実家も立派な門がまえの家であった。両親が娘からの便りと聞いて驚いて部屋にあげ、丁重な挨拶をしてから、『ところで、家の娘は陸軍でどんな仕事をしているのですか、タイプでも打っているのかしら、あれでお役に立つのか?』と熱心に尋ねてきた。返事に困った兄は、『娘さんは軍に志願して就職したのか』と尋ねてみた。『いいえ、ある日、娘が使いに出たきり帰ってこないので、心配していたら、翌日、軍の方が来られて、うちの娘を是非軍に勤めさせてくれ、協力してくれ』ということで、何が何か判らず承諾したというのである。どうやら街頭で無差別に一斉に網をかけて若い女をさらった様なものである」(54〜55ページ)
(その449・2)フィリピン。
「年一度の昇進昇格の査定の時が来た。各小隊長はクラークの中隊本部へ集合ということで、私は愛用車で単身、中隊本部に出掛けた」「3小隊長が出揃い、中隊長宿舎を訪ねた。准尉が困惑気に案内してくれた。中隊長は寝台から身をおこしているので、病気なのかと案じたが、そうではない、隣のもう一つの寝台に人が毛布にくるまっていた。我々3人は、時刻が早過ぎたかと、時計をみると、約束の定刻である。隊長はニャニャ笑いながらその毛布をはぐと、そこには現地人の娘が恥ずかしそうにして、毛布を被ろうとするのである。これは遠慮すべきだと考え、『あと30分ほどしたらまた参ります』と言って部屋を出ようとすると、『このまま、ここで会議をしてもいいだろう、始めようや……』という。独身者の3小隊長と家族持ちの准尉もいささかめんくらった形である」(110ページ)

〔その450〕河辺虎四郎著『市ヶ谷台から市ヶ谷台へ』時事通信社、1962年発行。著者は、支那事変での南京事件当時、陸軍参謀本部第一部第二課長であった。
(その450・1)
「華北にせよ華中にせよ、戦場兵員の非軍紀事件の報が頻りに中央部に伝わって来る。南京への進入の報道の中には、かなりの誇張や中傷の事実を認められたし、殊にああした戦場の常として、また特に当時の中国軍隊の特質などから、避け得なかった事情のあったようであるが、いずれにせよ、後日、戦犯裁判に大きく取り扱われ、松井大将自身の絞首刑の重大理由をなしたような事実が現われた。南京攻略の直後、私が命を受けて起案した松井大将宛参謀総長の戒告を読んだ大将は、“まことにすまぬ”と泣かれたと聞いたが、もう事はなされた後であった」(153ページ)

(2015年5月21日・最新更新)


ニッポンリポート・ファイル一覧

ご意見などは tetuh@mbj.nifty.com へ

SAKUMA TETSU
フリーライター
著書[恐るべき証人][検死解剖マニュアル][拳銃天国ニッポン]など