佐久間 哲
ニッポンリポート


従軍慰安婦を調べる 編

従軍慰安婦の体験談等メモ・10


〔その451〕上原光晴著『落下傘隊長堀内海軍大佐の生涯』光人社NF文庫、2011年発行。堀内豊秋は、昭和17年1月、インドネシア方面に、海軍落下傘部隊司令として降下。ジャワ島、バリ島などで各地の司令となる。
(その451・1)昭和17年?、インドネシア・バリ島。
「作家の戸川幸夫は」「元毎日新聞記者。戦時中は海軍報道班員として堀内から親しく取材していた」「堀内にまつわるバリ時代の思い出を話してくれた」「(戸川の話では)日本内地から何百人もの慰安婦が鎌倉丸に乗せられて、どおっとやってきました。占領地各地に分散させられ、バリ島には10人ほどでしたか。(注・業者たちが、「南方各地ではよい労働条件で働ける」と若い女性たちに言って慰安婦を募集した。占領当初の慰安婦はインドネシア人であった)。ところが、堀内さんは公正、厳正な方だから慰安所に行かない。司令官が行かないから、部下は将校も下士官も兵隊も、みな行かない」「慰安所に行くのは、たまたま寄港した船員ぐらいであった」(214〜216ページ)

〔その452〕村山茂直著『村山の人々』私家版、1988年発行。
(その452・1)昭和18年、満州・寧安。
「(村山茂直は)昭和18年5月の中頃、満州第510部隊即ち戦車第一師団に教育学生として派遣を命ぜられ」「寧安に行く事になった。寧安では満州第116部隊(戦車第一師団整備隊)に配属」「(寧安の)町に出ても何も無く、兵隊の行くのは慰安所と軍酒保位」「或る日週番士官を命ぜられて街の視察にサイドカーで行った」「いくつかの慰安所を巡って見たが、どの慰安所にも各部屋毎に十数人が列び、順番を待つという状態」「当時は師団管下の人員は1万余人で、休日は各隊月曜日から日曜日まで7日間に分けられ、1日の外出人員は各隊合わせて1500名位で、実際に外出する者は約半数7、800名程度であった。慰安所は4か所あり、外出の点呼時下士官から『突撃』と云う必需品を渡されると、兵隊達は一目散に街に向かって駈足し、先陣争いをするのだった。見渡す限りの平原の中で、粗末な兵舎に寝起きし、娯楽らしいものも何一つない状況では無理も無いと思う」「部隊に残る者は年配者が多く、家族に手紙でも書くのか、静かに落着いて休養する者が多かった」(124〜125ページ)

〔その453〕高宮亭二著『ルソンに消ゆ』白馬出版、1975年発行。著者は、秋葉という名前で登場するが、昭和18年2月、主計見習士官としてマニラに着き、5月、セブ島の独立守備歩兵大隊に配属される。
(その453・1)昭和18年、フィリピン・セブ。
「セブは古い都であるだけに、スペイン系の混血が多かった。町のあちらこちらの家の前には、『この家は売春婦がいるから、立ち入りを禁止する』と性病予防のために書かれた日本文字の立札がたてられていた」「部隊は討伐のため、セブ島の西海岸の僻地、アストリアス、ツブランに進出することになった。糧秣、弾薬の補給はもちろんのこと、現地でトラブルを起こさないために、慰安婦を調達する必要があった。秋葉は大隊付主計としてはじめて慰安婦かり集めの任務をおわされた。彼は『おんな』のいそうな場所へ乗用車を走らせ、それらしい女性と交渉し、待機中のトラックに乗せ大隊本部に連れて来た。本部では軍医が性病検査を行ったが、合格は2人に1人という割合だった。結局、倍以上の慰安婦を捜し集めなければならなかった。彼女達のなかには、なかば運命とあきらめている者や、むしろ進んで応募する者がいたが、ときには、言葉が充分に通じなかったために、かたぎの女性を間違えて連れて来てしまい、後で返すという失敗もあった。秋葉はそのたびに気の毒なことをしたと思い、彼自身が謝罪しては送りかえした。当然、吉田大隊長も『おんな』を要求した。当惑顔の秋葉に『慰安婦を世話するのは、主計の任務の一つだぞ。ま、一番若くて抱き心地のよさそうなのをまわしてやるさ』と副官は慰め顔でいったけれども、――これも天皇陛下の命令というものか――と秋葉はやり切れなかった」「みじめな比国人の生活にひきかえ、日本将校向きの『和楽』という料理屋では、夜の歓楽が続いていた。ここでは、すべて日本内地から直輸入で、その方の女たちも殆ど日本の女性だった。将校のうちでも、中尉や、少尉は相手にされず、佐官以上の軍人たちがもてはやされた」(25〜26ページ)
(その453・2)昭和20年9月?、フィリピン・ルソン。
「部隊は、細川副官が2ヶ分隊の警備兵と共に白い褌の布を竹に結びつけ、マゴボホクの米軍陣地へ交渉におもむいた。それによると『女性、患者、負傷兵、幼年者がいるなら先に出せ』ということだった」「9月7日に、5人の朝鮮婦人、患者、負傷兵、続いて台湾の少年達を米軍にひきわたすことに決めた。5人の朝鮮婦人は、ツゲガラオ飛行場特攻隊用の慰安婦であったが、特攻隊は次から次へ死地におもむき、ついに特攻機もなくなり、秋葉達の部隊がその女たちを引きつぎ給養したのだった。ツゲガラオ撤退後も、彼女達を捨て去ると米軍にほしいままにされるばかりか、情報が洩れるのを怖れ、最後まで庇護してきたものであった」(157〜158ページ)

〔その454〕佐藤俊男著『生と死とーニューギニアの一兵卒』日本基督教団出版局、1977年発行。著者は、昭和18年秋、陸軍一等兵としてニューギニアに上陸する。
(その454・1)昭和18年秋?、ニューギニア・マノクワリ。
「私たちが小屋を建てた場所からほど遠からぬ海岸ばたに板べいでかんたんに囲んだ4、5棟の建物が椰子林の中に点々とあったが、それが第二軍の司令部であった。更にその海岸に臨んで脚が海中にあるコの字形の建物が作られつつあったが、それは特殊慰安所になると噂されていた」(62ページ)

〔その455〕南京戦史編集委員会編『南京戦史資料集U』偕行社、1993年発行。
(その455・1)昭和12年12月、中国・南京。
「上村利道日記」「(上村は当時)上海派遣軍参謀副長・歩兵大佐」「(昭和12年)12月27日」「南京市内に在る学術的貴重品、だんだん獲物を漁る無智の兵等の為め破壊されんとす(風早大佐、時任中佐連絡して呉れたり)第二課に所要の処置を採らしむ」「12月28日」「南京慰安所の開設に就て第二課案を審議す」(270〜271ページ)
(その455・2)昭和12年12月、中国・ジョ(?)県。
「山田栴二日記」「(山田は当時)歩兵第百三旅団長・陸軍少将」「(昭和12年)12月26日」「午後1・00よりジョ(?)県城外広場にて合同慰霊祭を行はる」「午後3時半より会食」「会議にてP(慰安婦の意味)招致問題あり、大反対す」(336〜337ページ)

〔その456〕福山琢磨編『孫たちへの証言・第19集』新風書房、2006年発行。同書中、「『戦争と憲兵隊』首謀者捕え非人道的行為も」と題する鳥取市在住・87歳男性の手記。
(その456・1)中国・近県。
「私は昭和15年、憲兵補充として補助憲兵採用となり、近県憲兵隊分隊に配属となった」「私は補助憲兵の班長を命ぜられ」「風俗営業取締りなどを行った。朝鮮人慰安婦25名の検診立会は1日と15日で、医師は朝鮮人。性病保持者は営業停止処分である」(111〜112ページ)

〔その457〕織田五二七著『海の戦士の物語』竹井出版、1984年発行。著者は、元海軍軍医大尉、軍艦常磐軍医長。
(その457・1)昭和17年、佐世保。
「ちょうどその頃、クラス(海軍軍医科2年現役士官の同期生)の仲間から、ちょっと不思議な士官がいるという噂を聞いた。なんでも親しいS(インチと言った)を決めて、泊っても、何もしないで座禅を組んでいるというのである。万松楼(海軍関係者がよく利用した佐世保にある料亭)の近くに禅宗のお寺があり、Sが寝るまで待って、そっと夜中に抜け出して座禅を組みに行き、明け方、そ知らぬ顔でもどってきて、Sが目を覚ますと『ご苦労、ご苦労』と背中をなでるのだという。名前を聞くと、中曽根主計少佐。今をときめくあの中曽根総理である」(34ページ)

〔その458〕守屋ミサ著『従軍看護婦の見た病院船・ヒロシマ』農山漁村文化協会、1998年発行。著者は、昭和16年10月から22年まで日赤救護班として3回応召し、病院船・陸軍病院等に勤務した。
(その458・1)昭和18年。
「従軍慰安婦を(台湾・香港周辺?で病院船に)便乗させたのもこの頃でした。荷物といっしょに船倉に入れられ、夕方はこっそりとハッチの陰で涼んでいました。派手なスフ(化繊)の着物を着た女性を、私たちははじめ不思議に思いました。当時はPさんと呼ばれた女性たちと、その存在さえも知らなかった私たち。その背景も知らず、上陸する時に、『白衣を着せて上陸させるのを目撃した』と同僚は憤慨していました」(153ページ)

〔その459〕青木一雄著『歌集・補充兵の歌』朝日ソノラマ、1995年発行。著者は、昭和16年7月、応召、関東軍第16野戦自動車廠に配属される。
(その459・1)昭和17年?。満州・牡丹江?。
「ピイ買いにみな出でゆきし夜を守り 風呂沸かし待つ将校当番われは」「(著者のこの歌の解説)将校宿舎から2キロほど離れた満州人の村に将校専用の娼家があった。そこにいる女性を『ピイ』と呼んでいた。戦地加俸を支給されていた将校たちは、カネとヒマにまかせ毎夜のごとく連れだって出かけて行った。そして、一パイ機嫌で戻ってきて、風呂に入って汗を流すのである。留守番の将校当番は『主人達』がいつ御帰館になってもいいように、風呂加減を見ながら待っているのである」(38ページ)

〔その460〕安藝基雄著『平和を作る人たち』みすず書房、1984年発行。著者は、昭和19年、応召。同年12月、軍医中尉として、関東軍第2国境守備隊付として勤務する。
(その460・1)昭和19年、満州・綏芬河?。
「部隊長は陸軍大佐で、すっかり頭のはげた、率直に言ってすでに老人の境地に入りかけている人物と見えた。(着任の日は)日曜日であったので、部隊の当直将校から彼の官舎をたずねて申告だけ早く済ませるよう命ぜられ、兵士の一人に案内されて、部隊長の官舎に出向いたのである」「玄関の扉をあける。取次に出たのは、当時内地ではもうすっかりかげを潜めていたはなやかな和服を身にまとった明らかに妙齢の婦人で、来意を告げると、『かしこまりました、ちょっとお待ちを』ということで、部隊長もそれから軍服に着替えたのかどうか、少し間をおいて出て来て、玄関で申告を受ける」「2週間もたたぬうちに、『部隊長夫人が内地から到着された』という話がさっと部隊を走りぬけた」「先日お目にかかった人を、私は彼の夫人とばかり思いこんでいたが、先任の軍医に確かめると」「あの人は駐屯地から少し離れた牡丹江から呼んでいた芸者で、ずっとこの官舎に住んで部隊長の身の周りの世話もしてきたのだとのことである。『でも官舎当番は別にちゃんといるではありませんか』というと、『馬鹿を言え、男じゃできないことがある。貴様もそれくらいのこと分かるじゃろう』との答えである」(57〜58ページ)
(その460・2)昭和20年、満州・廟嶺。
「廟嶺の部隊に転任してからは、軍医は私一人になった。新しい部隊長からもらった最初の命令は、慰安所の検梅の仕事であった」「たとえば営内の酒保にも日本の女性がいた。流れ流れてこの僻地まで来る人は、やはりすれっからしの荒れた感情を露骨に漏らす人たちが多かった。それに比べれば、『朝鮮ぴー』の名でかたづけられていたこの人たちは、ほとんどが農家の出身であり、みな若く素直で純真であった。ちょっとしたわずかな親切に対しても、この人たちの感謝の情は厚く、真実のこもったものであった。たまたま熱を出した一人のために、その部屋まで何回か往診に通ったこともあったが、その際には私の官舎にたどたどしい仮名で書かれた短い手紙に添えて、一皿の漬物が届けられていた」「日ソ開戦の日、私はこの本来無垢の人たちの運命が一番気がかりであった。『きっと大丈夫でしょう。私たちより早く、皆トラックで下がってゆきましたよ。軍医殿』というのが、彼女らについての最後の情報であった」(61〜62ページ)

〔その461〕渡辺直寛著『太平洋戦争ノンフィクション・海戦・空母翔鶴ー「翔鶴」軍医官日記』今日の話題社、1991年発行。著者は、昭和16年11月、海軍軍医中尉として、空母翔鶴に乗り組む。
(その461・1)昭和17年4月、南方・トラック島。
「(昭和17年)4月25日」「1530トラック入港」「4月26日」「トラック在泊中に同僚と夏島に(夏服姿で)上陸」「折から慰安所用の大きな建物を建造中らしく、いささかびっくりする」(142〜144ページ)

〔その462〕枝法著『敗北の道』鹿砦社、1979年発行。著者は、昭和19年3月、3回目の応召で、第14師団第66連隊に配属される。その後、復員するまでの従軍記録であるが、反省と幾分の想像を加え、小説風に書いたものだという。人名、部隊名などは仮名であり、著者は志田中尉として登場する。
(その462・1)昭和19年11月、中国・湘タン。
「(旅団司令部での中隊長教育会合で)志田の近くにいた485大隊の月野中尉がたちあがった。『きくところによりますと、湘タンには慰安婦がきているそうでありますが、司令部で独占をしないで、前線部隊にも配給していただきたいと思います』『そのことは旅団長としても考えておる。いま漢口の連絡所で業者と交渉中であるから、とおからず配給することができると思う』。中隊長教育はそんなふうにしておわった」(201ページ)

〔その463〕岩根承成編著『戦争と群馬』みやま文庫、2008年発行。
(その463・1)昭和20年7月、ビルマ・カラゴン。
「1945年7月上旬高崎の連隊、歩兵第215連隊第三大隊による、ビルマ東南部モールメン地方のインド人部落カラゴン村殲滅作戦(イギリス軍への加担容疑)が強行された。その結果、少なくとも女、子供を含む600人以上が虐殺され、10人前後の若い女性の拉致、その後村が焼き払われる事件が起こった。ビルマにおける最大の住民虐殺事件として、戦後イギリス軍によるBC級戦争犯罪裁判にかけられることになる」「(起訴された大隊長以下14人は虐殺などの事実関係を認めるが、大隊長には次の訴えが付け加えられていた)カラゴン村の村長の妻および9人の同村の一般住民の女性を、不法に拉致または拉致をはかったことに係わった」「(拉致について)事実関係は被告(大隊長)も認めたので、拉致の目的をめぐり、検察側の『慰安婦』とするためか」「被告の(主張する)『スパイ』として利用するためかが争点となった。結局、検察の『慰安婦』説は立証されず、拉致罪に止まった」「(虐殺事件に関与しなかった)第三大隊元小隊長・少尉が1973年5月、戦友会誌用の原稿として書き送ったものの一部を引用する」「『(事件後)大隊長は大隊本部のおびただしい捕獲の荷駄に前後して、色の黒い若いその部落の少女数名を行軍の列に交えていた。全員虐殺の筈なのに。なんとしたことだろう。兵のささやき交わすことばのひわいさ』『その少女の姿も数日後には行軍のなかに見出すことは出来なかった。噺はいろいろであった』」(166〜178ページ)

〔その464〕益子徳三著『満蒙軍属日誌』叢文社、1981年発行。著者は、東京中央電信局に勤務中、昭和16年7月、36歳で“逓信軍属”(尉官待遇)となり、満州に渡り、翌17年秋、帰国する。
(その464・1)昭和17年、満州・海拉爾(ハイラル)。
「(満州電々海拉爾電報電話局勤務時代の昭和16年)11月25日」「(同僚と海拉爾の)街へ出て、中央大街より西大街の軍第八慰安所へゆく。慰安所というのは軍隊の生理調節所なのである。第八慰安所は昨日今日休みだったので、軍指定のいろは屋にゆく。そこの女に色々と話をきいた。うちは将校だけが遊びに来るところという。女は皆朝鮮の者のようである」(53〜54ページ)「12月14日」「夜、(同僚と)東大街あたりにある第一以下の軍慰安所を見廻る。慰安婦は皆朝鮮の人であった。支那戦線その他で、娘子軍移動と新聞などにあったかも知れないが、それは慰安婦の集団で、味方の兵隊から一せいに生理的射撃をうける筈のものなのである」(65ページ)「12月20日」「(同僚と)軍第八慰安所にゆく。第八は他の慰安所とは離れて一つだけ、中央大街から西大街にはいってまもなくにある。私たちは第八に入る。広土間の大円筒ペーチカに女たちが群れていた」「外は吹雪だし、明日は日曜でもあるし、私は泊ってしまった。泊りは普通7円40銭だが」「割増ししてくれたらうれしいというので、1円追加してやり、チップとしてそのほかに1円与えた。ショートは普通3円20銭ということであった」「第八も女は皆朝鮮の人であった」「12月21日」「『赤瓢箪』は日本美人だけいる呑み屋で、ハイラルでは有名」「日本美人たちは気ぐらいが高い。大金を積んだとて日本男子以外は相手にしないが、日本の人に強いて頼まれれば、その人の顔をたてて、相手になることがあるという」(68〜72ページ)「(昭和17年)5月20日」「(同僚)に誘われて、海拉爾神社裏の丘上原っぱで、催されている全軍慰安所の運動会を見にゆく。見物人はまばらで、街の人や子供たち、それに兵隊が2、3人。競技をしているのは慰安婦たちで、折々朝鮮語が飛び出して、賑やかなことであった」(130ページ)「(帰国前日の)10月25日」「私は軍第八慰安所のほくろの女を想い出していた」「その女をたずねて宿泊する。女は喜ぶ」「女は自分を文子といい、別れを惜しんだのである。10月26日、第八から朝宿舎に帰って、部屋の掃除をし、風呂へゆく。それから文子と約束した街の酒屋へゆく」「ウイスキーを相当御馳走になる。それから三好屋食堂へいって別れを告げ(る)」(213〜214ページ)
(その464・2)昭和17年10月、満州・ハルビン。
「(帰国途中のハルビンで、昭和17年)10月30日」「(軍属仲間に)案内されたところは、日本人街の遊郭、ロシア人の遊郭といったところで、そうしたロシア人のところに連れ込まれる。私たち4人がはいってゆくと、10人程のロシア女がホールに出て来て、輪になってダンスをはじめた。私たちは窓ぎわに腰かけて見ている。日本の盆踊りを想い出していた私に、あの中から選んで、声をかければいいのだという」(223〜224ページ)

〔その465〕長岡純夫著『われ地獄へ堕ちん−土屋芳雄憲兵少尉の自分史』日中出版、1985年発行。土屋は、「その282」にも紹介した人物であるが、昭和6年から敗戦までの15年間、おもに満州・チチハルで憲兵として行動する。
(その465・1)満州・チチハル。
「チチハルには、軍専属の慰安所が三カ所あった。ただし、慰安所の門には、慰安所では露骨すぎるので『軍娯楽所』という看板をぶらさげていた」「月1回『検梅』があり、軍医が花柳病の有無を検査した。これには憲兵が立ち会うことになっていて、私は2回ばかり立ち会った。慰安婦たちの多くは、『茎管カタル』(?)であった。茎管がすり切れ爛れているのである。しかし、軍医は『茎管カタル』を花柳病に含めなかった。従って彼女らは、ほとんど休めなかった」「女たちは、たいがい家が貧しいため、100円ぐらいで売られてきていた」(71〜73ページ)

〔その466〕青木正美著『戦時下の庶民日記』日本図書センター、1975年発行。著者は古本屋で、そこで収集した日記のひとつ、「南方航海陣中日記」と題する船舶砲兵小隊長の日記の一節。
(その466・1)昭和17年3月、香港。
「(3月21日、香港入港・上陸して船に帰ると)僕等が上陸する頃乗り込んできたのですが西貢まで運ぶ慰安所要員(即ち淫売婦と言っても軍の命令で点々と第一線をまわっているもので、日本、支那、朝鮮人)が260人乗り込んで二番船倉に入ったのです。何しろ11月出港以来女つ気は全然なかった船の事故、こんな女でも来てくれれば矢張り灰、鼠色の船も紅260点を得てパッとしようというものです」(55ページ)
(その466・2)昭和17年9月、南方・パラオ。
「(9月25日、パラオに入港。上陸する)コロールの町は日本領だけに日本人で一杯だ。東京の裏店のかかあ然たる女がきたないヨレヨレのアッパッパを着て歩いている。しかも胸をはだけて。こんな事なら、いっそ土人のようにサロン一つで上半身裸の方がよっぽどいやらしくなくていい。しかもこれより南方の地域に送る慰安婦の養成所という所なので、町を歩いている女はその卵と来ているので不愉快この上なし」(58ページ)

〔その467〕坂本悠一・木村健二著『近代植民地都市釜山』桜井書店、2007年発行。
(その467・1)大正7年、釜山。
「(第三節シベリア出兵における軍事輸送−1918〜22年)釜山で宿泊した将兵にとって、釜山は最初の外地であるとともに、軍用列車が長春まで直通運転されたことから、日本帝国領土内では最後の宿営地でもあった。新聞記事は彼らの4分の1が、遊廓・料理屋など花柳界で遊興したと見積もっており、なかには2泊中に250円相当の豪遊をしたという兵士の例も報道されている。これについては、釜山兵站司令部も『遊廓は毎日昼夜満員の姿にして1日鮮人遊女34人日本人遊女27、8人の客を取扱いたるの盛況を呈したりと云う病毒感染の恐れあるに依り取締を望む』と注意を喚起している」「釜山警察署では、各遊廓の娼妓にたいし3日に一度(従前は週1回)の性病検査を義務づけるとともに、(大正7年)9月11日から3日間、酌婦・芸妓・仲居などを対象とした臨時検診を実施し、うち酌婦・芸妓計91名中17名を有毒者と判定し強制入院の方針、などと報道されている。これにたいして芸妓たちが猛反発し、40数名の芸妓が2日間にわたってストライキを行うという事件にまで発展した」(178〜179ページ)

〔その468〕高木俊朗著『陸軍特別攻撃隊第一巻』文春文庫、1986年発行。
(その468・1)昭和19年10月、台湾・嘉義。
「(嘉義飛行場に着いた特攻隊は兵站宿舎で夕食後)下士官たちは、思い思いに町に出て行った。盛り場には軍人専用の慰安所があって、朝鮮や台湾の女がいた。下士官たちは金剛楼というような名の家にあがって、せまくしきられた、わびしい部屋で、慰安婦を抱いた。下士官たちは自暴自棄になっていた」(220ページ)

〔その469〕高木俊朗著『陸軍特別攻撃隊第三巻』文春文庫、1986年発行。
(その469・1)昭和20年1月、フィリピン・マニラ。
「(1月1日)夜には、隈部参謀長の主催で、司令部の幕僚、各部長が出席して、新年宴会が開かれた。四航軍専用の料亭広松からは、芸者、仲居が呼ばれてきて、宴席をはなやかにした。フィリピン人の楽団も演奏した。参謀長の官邸からは、にぎやかな絃歌酒笑の声が聞こえ、松の内らしいめでたさとなった。流血敗亡の戦場は、別の世界のことのようであった」「(冨永四航軍司令官の官邸で冨永の看護をしていた)入野看護婦は思いがけない見舞客におどろかされた。きゅうに、にぎやかな声がして、女の客が3人はいってきた。3人とも派手な着物を、いきに着こなしていた。そのような美しい着物姿は、内地では禁止されていた」「3人とも、冨永軍司令官となれなれしい口のきき方をする」「入野看護婦は自分がじゃまになっているように感じて、部屋を出て食堂に行った。そこには当番兵がいて、紅茶を入れていた」「『あの女の人は、どういう方ですか』。当番兵はにやにやと、意味ありげな笑いをみせた。『看護婦さん、知らなかったんですか。あれは芸者ですよ。広松という料亭の芸者です』」「(入野は)戦場に慰安婦がきていることは知っていたが、芸者がいることは、よく知らなかった」「当番兵はおもしろそうにいった。『あのなかには閣下のごひいきがいますよ。閣下の今使っている布団は、彼女の贈物、というのも変ですかな。時どき、自分もきて使うんですから』」(11〜16ページ)「(入野ら)3名の日本赤十字の従軍看護婦は、冨永軍司令官の官邸の一室を与えられていた。食事も官邸の食堂でしていたが、そこは晩餐会に使えるように、装飾も調度も豪華にしつらえてあった」「官邸には、ホテルのような食事がある」(26ページ)
(その469・2)シンガポール。
「太平洋戦争中」「シンガポールは、日本の南方作戦の中心地となっていた」「そこには南方軍司令部がおかれていた」「そのほか、地上兵団の第25軍、航空兵団の第三航空軍、それに海軍の司令部などがあった」「上級将校の宴会が連夜、さかんにおこなわれた。そのための料亭が幾つかあったが、近松はシンガポール第一の構えをもち、最も繁昌していた」「おもだった芸者は、幹部将校が独占し専用にしていた。近松の家具、調度は、内地の高級料亭と変わらなかった。食器、調理用具はもとより、ふとん、ふすま、畳まで、内地から運んだ。近松が開業したのは、昭和18年5月8日であったが、それまでに畳800畳を送った。こうした輸送は、すべて軍の艦船、飛行機が使われた」「(戦後)近松のおかみ、今井小静は東京の築地で、新小松という旅館を経営していた」「(今井は近松のことなどを語った)『昭和10年5月8日に資金8000円で、ハルビンの近松を開店しました』『昭和13年に橘という芸者屋を開きました。そのころなじみだった渡辺渡参謀が、太平洋戦争になって、近松のシンガポール進出をすすめてくれました。昭和17年、近松開店の準備にシンガポールに行きました。その時には、近松を呼んでくれた山下大将がシンガポールからスマトラに移り、代って寺内元帥の南方軍総司令部がいました』『芸者は、昭和18年に50人、20年の2月から3月に50人を、内地から送りこみました。開店したのは、昭和18年5月8日でした。花子(隈部の愛人)を養女にしたのは、そのころです。花子はそれまではシンガポールの司令部で軍政部員として事務をとっていて、誰知らん者もない立派な軍人さんの彼女になっていました。しかし、その軍人が25軍についてスマトラへ行くことになったため、誰もてをつけられないように、私に預けたのです』『お座敷には出ずに、若おかみとして、芸者たちの指図をしておった』『その後、近松はスマトラのパレンバンにも支店を出しました』」「(第三航空軍の)作戦主任参謀をつとめた内藤進・元中佐が」「私(高木)に語った。『近松には100人からの芸者がいたが、将官の一人一人に女をあてがうとなると、数がたりなくて、小静はやりくりに困っていた。仕方なく、一人の女が将官2人をかけ持ちにして、ばれないようにしておく』『パレンバンに近松の支店を出させたのは、第9飛行師団長の中将。女好きで有名だった。パレンバンにくる前は、シンガポールで第三航空軍の参謀長をしていて、近松に女がいた』『中将の本心としては、自分の女を呼び寄せるための方便であった』」(416〜427ページ)

〔その470〕横堀洋一編『昭南新聞(1942〜1945)』五月書房、1993年発行。同書所収の「陣中新聞建設戦」(富部隊宣伝班発行)紙の第204号(昭和17年8月15日付)の1面記事。
(その470・1)昭和17年8月、シンガポール?。
「現地に活動する日本人に訴ふ」「特別寄稿」「軍政監部総務部長・渡辺渡大佐」「(同寄稿文中)戦争は今進行の最中である」「吾吾は東亜諸民族の先達者としての自覚に基き、正しき道義の率先垂範により現地諸民族と共に手を携えて東亜の難に赴く気概を鼓吹して大東亜戦争完遂の任務を喜んで分担せしむべきである」「(しかし)現地在住の日本人の日常生活を見聞して、日本人建設戦士の猛省を促したき点を数多発見するのである」「昭南市目貫通りの支那人、インド人の店舗での日本人の買物欲の旺盛、不必要な物まで先を争って買占める有様の不体裁を見よ、昭南に着任する日本人が取る物も取敢えずに買物に専念するが如きは如何にも日本内地の物資不足を露呈していて見苦しき限りではないか、若し又日本人の不自覚から昭南の目貫通りに不格好な料理屋店舗が続出し櫛比するに至る様な事でもありとすれば其非文化相は何とも評しようがない、かかる状態が仮に1年つづくならば多数の日本人が昭南に住まった為に昭南の相貌が一変して昔と打って変った醜い姿に変貌し昭南市の市格が低劣なものとなるであろう」「これではどうして東亜諸民族の中枢指導者として自認し得ようか」「銃後に於いては1億国民が鉄石の団結を固め歯を食いしばってあらゆる困苦と闘い消費節約、貯蓄奨励、生産報国を行って大東亜戦争を完勝に導かんと苦心努力しているではないか。況や前線に活動する建設戦士の一人一人の家庭では親兄弟や妻子が蔭膳据えて吾吾の武運とつつがなき御奉公を祈っているのである、正に自戒せざるべからずと信ずる」

〔その471〕西條八十著『西條八十全集第17巻』国書刊行会、2007年発行。同書所収の「我愛の記」(単行本、1962年発行)の一節。著者は、昭和13年?、音楽部隊の隊長として、中支徳安戦線に従軍した。
(その471・1)昭和13年?、中国・星子。
「ここに駐屯する将兵の中で、山梨県人だけで出来ているひとつの会が、ぼくを招待して御馳走してくれた」「(その宴上、西條の今一番ほしいものを差し上げたいといわれ)『毛布が一枚欲しいんですが……』と答えた。そのころ中支はもう秋で、夜になると、毛布1枚で板敷きのベッドに寝ると、足さきが冷えてたまらなかった(足さきをくるむ毛布がほしい。しかし、毛布は入手できなかったが代替策を提案された)」「それは奇想天外な提案だった。つまり、この駐とん地にはいま数人の慰安婦が来ている。その中の太った一人を選んで夜ぼくの足を暖める湯たんぽ代わりによこそうかと言うのだった」「ぼくは笑いをかみころし、ていねいに断って、その将校を帰した。やがて音楽部隊の連中にその話をすると、かれらは手をうって喜んだ」「そのうち、いたずらなひとりが飛び出して行って、もどってくると、ぼくに伝えた。『たのんできましたよ。今夜、9時にはきっと来るそうです』。ぼくはこの町の慰安所がどこにあるかも知らなかった」「九江では慰安所の話を一度久米正雄から聞いたことがあった。なんでも、町はずれにそれがあって、見物に行ったら、慰安婦の中で一番美人のお豊というのが病気で寝ていた。ところが、それにほれているおおぜいの兵士たちが、みんなでそのベッドをとりかこみ、中には親切に講談倶楽部を読んで聞かせてやるもの、うちわであおいでやるものなど、和気あいあいたる光景だったという。さて、みんなの期待のうちにやがて日が暮れた。晩飯がすんだあと、時計の針は7時、8時と進んでいった。だが約束の9時を過ぎてもみんなが期待する肉湯たんぽの艶なる姿はあらわれなかった」「(そのうち現れたのは完全武装の兵隊で敵襲情報が入ったという)待ちうけていたものと、来たものとのあまりの相違に、ぼくらはシュンとしてしばらく凍りついたように黙ってしまった」「ぼくは南京入城の前日、あのむごたらしい大虐殺を目のあたりに見て、心にもう血の洗礼は受けていた。従軍とはいうものの、まかり間違えば殺されるか、捕虜になるかもしれないとは覚悟していた」「(だが)敵軍は、市街へははいって来たが、なぜかぼくらの兵舎までは来ず、ただ2つの橋梁を爆破しただけで、また山へもどって行った」「(そのとき敵軍は)街はずれにあった慰安所の若い女を2人さらって帰っていった。そのあとを追跡してゆくと、山道に彼女たちの衣類のこまかいちぎれたのが黒々と落ちていた。かわいそうな慰安婦たちは万一の救助を頼みに、自分たちの着衣を裂いて、目じるしを残していったらしい。だが、相当登った地点で、もうその目じるしは絶えていた。追っていった若い兵たちはそこに立ちどまり思わず声を上げて泣いたという。ぼくはそれを聞いて、昨夜ぼくのところによこされるはずだった婦人も、その中にいたのじゃないかと、ふと考え感慨無量だった」(227〜234ページ)

〔その472〕石上正夫著『日本人よ忘るなかれ−南洋の民と皇国教育』大月書店、1983年発行。
(その472・1)南方・テニアン島。
「(テニアンの)官庁、文化施設、商店が集まっている中心地から南にはいったところに慰安所があった」「テニアンの慰安所は南方における慰安所の拠点であった。サイパン、パラオ、トラック、ラバウルなどに兵が増員されると、慰安婦がテニアン港から船に乗って各島に渡って行った。当時島に在住していた人から、日の丸の旗をふって、戦地に行く慰安婦を見送ったという話を聞いた。島で守備隊の兵士を相手にしていた慰安婦は、使いみちもないため金をもっていたが、守備隊が(昭和19年?)8月2日に玉砕した後はカロリナス岬から身を投じたり、洞窟にひそんでいても飢えて、ほとんどが死んでしまったという」(86ページ)

〔その473〕半藤一利著『日本参謀論』図書出版社、1989年発行。同書中、「昭和陸軍の功罪」と題する対談中の半藤の発言。
(その473・1)南方。
「南方にいたある師団長は、女を2人だか3人だか囲っていて、戦争末期に『衛生部品一式』というような名目をつけて(笑)、飛行機で内地へ逃がしている。こういう人たちが少なくなかったんです。麻雀やダンスにばかりうつつを抜かす軍司令官もいた。兵隊さんたちは、みんな見ていましたからね」(88ページ)

〔その474〕城田すず子著『マリヤの讃歌』日本基督教団出版局、1971年発行。著者は、東京の実家が倒産し、17歳で芸者屋に売られる。18歳で台湾・澎湖島の遊廓に移る。
(その474・1)昭和14年?、台湾・澎湖島・馬公。
「馬公は城内と城外とに別れており、私たち(城田ら)が入ったのは城内でした」「馬公の遊廓は、城内の北のはずれにあり、そこには、『海軍御用』という看板をかけた家が20軒ばかりずらっと並んでいました」「翌日からは、お店に飾る写真を撮りに行ったり、常盤楼(城田の働く遊廓)の主人と馬公市庁に娼妓の鑑札をもらう届けをしに出かけたりしました。親の承諾書や、戸籍謄本を持って行って鑑札をもらい、名実共に奴隷の生活が始まりました。鑑札をもらう時に、海軍の軍人に病気を移すとたいへんだというので、検診をされました」「検査は軍医がしていました」(33〜35ページ)
(その474・2)昭和20年?、南洋・パラオ。
「(24歳ぐらいになっていた城田は南洋に向かう)南洋群島がいつ戦場になるかわからないというので、(パラオ行の)船にはもう内地に帰らないつもりの人が多くいました。南洋庁の役人とか、パラオ島、コロール町海軍特別慰安隊の名目の若い女の子が20人程乗っていました」「(この)特要隊の女の子は、朝鮮と沖縄の人ばかりで、内地の人はいませんでした」「(そのうち)特要隊の人が避難している所に(米軍の)小さい爆弾が落ち」「女の子が3人即死」(59〜62ページ)
「本島(パラオ?)にアルミズの飛行機があり」「その傍のジャングルに陸海軍の生き残った兵隊さんや、高級な技術を持った軍属さんが皆避難をしていました。その人たちの慰安のために慰安所を開こうという話が(伝保)部隊から出ました。そして、紅樹園(城田の働いていたパラオの特別料理屋)の支店のようなものができることになりました」(67ページ)

〔その475〕和泉竜一著『沖縄で死んだ兵士たち』横手県南民報社、1988年発行。
(その475・1)沖縄。
「(沖縄戦当時)沖縄本島には7〜80人の『男盛り』の高級将校が配置されていたし、20才から30才までの尉官級は300名近くいた。これらの高級将校のうちには朝鮮女性の慰安婦や現地沖縄の売春女性は相手にせず、ひめゆり部隊の上級生を壕によびよせ、泣き叫ぶ乙女を軍刀で脅迫して強姦し、そのまま慰安婦として手もとに引きつけて置くのであった」「これらの高級将校たちは、ひめゆりの上級生乙女たちにつぎのように放言するのであった。『朝鮮ピーなどは毎日何人もの兵隊を相手にして難儀している。おまえらは高級将校の慰安婦になれてありがたいと思え』……と」「なおまた驚くべきことに、当時の沖縄駐屯日本軍の多くの将校たちが、慰安婦ではなく沖縄住民の良家の婦女を将校用の慰安婦として提供することを求め、それにたいして多くの若い沖縄女性たちが応じていたのである」「求めている日本軍の将校の地位が高ければ高いほどにお国のために名誉なこととして、地元でも指導者層が進んで身内の子女から提供したと言われている」「(それはなぜか)沖縄の婦人たちはつぎのように答えてたという。『身も心も“お国(天皇)”のために捧げることこそ最高の美徳とされていたので、その天皇の軍隊“皇軍”の将校からの求めだったから、女でもお役に立てるのだと思い、疑問を感じる余地などなかった』……と」(49〜52ページ)

〔その476〕宮尾登美子著『生きてゆく力』新潮文庫、2012年発行。
(その476・1)
「(宮尾の)父は、昭和8、9年ごろから満州各地の妓楼と取引があり、内地で前借金がかさんで首の廻らなくなった芸妓や、一儲け企てている芸妓など、現地へ送り込んだが、そのころ満州は物価が上昇し、内地の借金も満洲で働けば短期間で返せるという好景気だったので、芸妓たちは満州行きを希望する者も多かったらしい」(72ページ)
「父が亡くなったのは昭和26年」「(父の書いていた)日記は昭和11年から14年間、1日もかかさず天候気温、来信発信まで克明につけてあり、驚いたことにはその14冊の余白という余白に、赤インクでびっしりと感想を書きなぐってある。この赤字はすべて戦後書いたもの」「(それは)悉く戦争を推進した日本の首脳部に対する恐ろしいまでの憤激と、自分自身への深い悔恨の思いからだった。このひと、女の身売りは親兄弟への最高の献身愛、と信じ、大正の中ごろ、その善行を助けるため、として芸妓娼妓紹介業の看板を掲げ、以来、家業を嫌う娘の反抗もものかは、ひたすら家業に励んできたのだった。とくに戦争酣のころは、大陸の戦士を慰労するため多くの女性を送り出し、また自らもたびたび出向いては意気軒昂たる姿だったのを娘は目にやきつけている。そして思いもかけぬ敗戦。日本のあらゆる価値基準は逆転したり消去したりのなかで、親孝行の介助行為が実は残忍な人身売買という行為であったと知ったときのこのひとの衝撃は、いかばかりであったろう。赤字の文章は至るところに『己の愚かさよ。東条英機に騙されて』或いは『軍部に踊らされて』などの文字が行間から怒りが噴出するほどの激しさで記されてある。明治生まれの無学な男だっただけに、己れの過ちはいかにしても許せなかったにちがいない」(192〜193ページ)

〔その477〕日本経済新聞社編『私の履歴書 第48集』日本経済新聞社、1973年発行。同書中、掲載時衆議院議員の赤城宗徳の巻。昭和12年12月、赤城ら6人の衆議院議員が中国戦線に慰問団として赴く。
(その477・1)昭和12年12月、中国・保定。
「盧溝橋から保定に入ると、第一線のザワメキが目立ってきた」「駅の一角で、国防婦人会員が軍人にお茶の接待をしていた。聞けば朝鮮出身の婦人を徴用してきているらしい。軍用列車で石家荘につく」「ここで、南京陥落の報をきいた」(45〜46ページ)

〔その478〕遠藤千代造著『陸軍工兵大尉の日中・大東亜戦時代』元就出版社、2013年発行。著者は、昭和7年、満州事変で出征。昭和13年8月、工兵隊小隊長として、武漢三鎮攻略戦に参加する。
(その478・1)昭和13年8月、中国・瑞昌。
「我々工兵隊も寸時も休む事なく、連日不眠不休で自動車道を構築し」「第一の目標たる瑞昌に進出し、これを占領する事ができたのである。連日の雨天には我々も閉口してしまう。車両部隊の水田通過はまったく前進不可能だ。このような時には馬匹によって物資や食糧の輸送を実施するが、この輸送隊の仕事が非常に大変である。『どこまで続くかぬかる道』と歌にまで歌われ、人も馬も物資も皆汚れ、車両は轍を減らしてしまう。馬は腹までどろどろ、歩兵、パンパン隊の如きは4頭曳きの馬でも人馬一体となって気合をかける。兵は一晩中、小坂に立ち往生の状態である。馬も倒れる人間も気力を失う、この世の地獄といえる状態であった」(106〜108ページ)

〔その479〕星亮一著『アンガウル、ペリリュー戦記−玉砕を生きのびて』河出書房新社、2008年発行。同書に登場する倉田は、パラオ諸島のコロール島にある南洋庁の水産試験所で働いていたが、昭和19年7月、現地召集される。20歳だった。
(その479・1)昭和19年7月、南洋・パラオ。
「召集まで1週間あった。『おい倉田、これで死ぬかもしれんぞ、男として覚悟を決めろ』と友人がいい、倉田も生まれて初めて遊廓に出かけた。そこは料亭『鶴の家』といい、格式の高い遊廓で、南洋庁の高官や軍の将校が出入りしていた。コロール島の色街は空襲で大分、焼けてしまったが、鶴の家は残っていた」「(倉田は)意を決して『鶴の家』にあがった」「そこで出会った女性は、なんと少年のころに過ごした栃木の人だった。西那須野の農家の娘で、凶作のため身売りされ、パラオまで来たのである」「倉田は陸軍二等兵としてパラオ諸島の南端にあるアンガウル島に配属になった」「東京の母に遺書を書いた」「遺書は人を介して鶴の家の女性に頼んだ。女性は全員、日本に帰ることになっていたためである。しかし船がなく、彼女は帰れず、倉田の遺書はパラオにとどまったままだった。のちに倉田は、その遺書を自分で開いた」(63〜66ページ)

〔その480〕帰山則之著『生きている戦犯−金井貞直の「認罪」』芙蓉書房出版、2009年発行。同書に登場する金井は、昭和15年1月、入営し、満州勤務の後、17年5月、山東省に移動し、110大隊機関銃中隊の小隊長として、吐糸口鎮に駐屯する。
(その480・1)昭和17年、中国・吐糸口鎮。
「吐糸口鎮では大隊本部に慰安所がくっついていた。ただし、正確には慰安所ではなく、俗にいうあいまい茶屋とか銘酒屋の戦地版で、『吐月』という名の料理屋だった。朝鮮人の若いのと年増、そして中国人、3人の女性がいた。彼女らは兵と下士官のみを相手にし、将校は出入りしなかった。将校が行くと兵が遠慮するからである。兵と違って将校は莱蕪や済南へ公用で行くことができる。どちらの街にも大きな遊廓街があった。(『吐月』の)経営者は日本人女性、お梅さんといって大隊長の彼女であった。大隊長宿舎と『吐月』は木戸でつながっていて、大隊長は昼飯をそちらで済ませていた」「大隊はのちに章邱に移駐するが、隊のトラックに女たちとその荷物を積んで、部隊とともに移動するという体たらくであった。内地から届く配給品なども、いいものは真っ先に彼女らのところへ渡っていた」(56〜57ページ)

〔その481〕220会編著『歩兵第220聯隊』医学研究社編集部、1982年発行。
(その481・1)昭和16年7月、中国・封門口。
「7月の暑いさかり、内地よりはるばる最前線まで、陸軍じゅっ兵部演芸慰問団がやってきた。その団長は帝都漫才界の重鎮、桂金吾で、以下同夫人の花園愛子(稲田みさ氏)ほか、漫才(夫婦)2人、奇術(女)親子3人、声帯模写(男)1人、浪曲(男女)2人の10名であった」「(北京から出発し)封門口から大店の警備隊を慰問する予定で、7月22日8時半、4両編成のトラックで済源を出発した」「谷間の道路を進行中、突如!およそ200名ばかりの敵兵の襲撃を受けた」「団長夫人は、負傷した運転手を抱えて、下車しようとした刹那、右大腿部に2発の敵弾を受け、骨折して歩行不能となり、車内で苦悶する」「(結局)団長夫人は応急手当もままならず、ついに出血多量で落命した」「団長夫人は、当時36歳であった。名誉の戦死という取り計いを受けて、帰途、北京では、北支派遣軍司令官岡村大将列席のもとに、官民合同の葬儀が、厳粛に行なわれた」「帰京後の9月1日、浅草本願寺において、帝都漫才協会葬が盛大に営まれ」「昭和40年4月21日、陸軍軍属として、靖国神社に合祀されている」(119〜120ページ)

〔その482〕石田甚太郎著『殺した殺された―元日本兵とフィリピン人200人の証言』径書房、1992年発行。同書中、昭和20年2月ごろ、ルソン島南部で討伐ということで住民虐殺を行った日本軍部隊に所属していた元日本兵2人の証言の一節。
(その482・1)昭和20年、フィリピン・ルソン。
「『フィリピンで忘れられないのは、なんといっても討伐だな。ある村に行った時に、若くて美人の娘たちを20人ばかり集めて、連れ帰って家に閉じ込めておいた。俺は遊ばなかったが、みんなが女たちをもてあそんでいたよ。そのうちに、上の方針が変って、女たちを減らすことになった。12、3人にしたんだから、残りの7、8人程は井戸に投げ込んで殺してしまったわけだ。その後だが、初年兵が当直しているときに眠ってしまったので、女たちに逃げられてしまったよ』」(125ページ)
「『考え直してみると日本軍は残酷だったよ。女や子どもから老人にまでひどいことをやった。討伐に行く度に18、9の娘を見つけて連れてくると、囲ってピー屋(慰安所)にしていた。しかも、アメリカ軍が迫って用がなくなると、生きたまま井戸に投げ込み、上から石や土を入れて殺してしまった。一人だけ逃げた女がいたけどな……』」(197ページ)

〔その483〕中田整一著『モンテンルパの夜はふけて―気骨の女・渡辺はま子の生涯』日本放送出版協会、2004年発行。
(その483・1)昭和14年6月、上海。
「歌手渡辺はま子が、『私の上海事件』とよぶいかにもはま子らしい逸話がある」「昭和14年6月、渡辺はま子は上海東亜劇場に招かれて、19日から1週間、上海での舞台にたった」「ある日劇場に、日本軍の上海兵站部の陸軍中尉がはま子を訪ねてきた」「用件は、ちょうど兵站部の講堂が完成したのでその落成式を行いたい、ついては兵隊たちに聴かせたいのではま子に来て歌ってほしいというものであった」「(はま子は)舞台の自分の出演時間をやり繰りして、約束の時間にバンドを引き連れて車で上海市内の兵站部に駆けつけた。ところが、意外なことに落成した講堂には、兵隊は誰もいなかった。そこでは兵站部の渡辺部隊長や憲兵隊長ら高級将校たちが、酒に酔い胸をはだけて真っ赤な顔でドンチャン騒ぎの酒宴の真っ盛り、舞台では国防婦人会の女性たちが炭坑節に浮かれていた」(76〜77ページ)

〔その484〕ノモンハン会著『ノモンハン戦場日記』新人物往来社、1994年発行。昭和14年、ノモンハン事件が発生したが、参加した将兵の記録集。
(その484・1)昭和14年10月、満州・ハイラル。
「第八国境守備隊の西銘軍曹の日記」「10月1日」「(トラックでノモンハンを出発し)2か月ぶりにみるハイラル。生きて再び見ようとは思わなかったハイラル」「今こそ我々はそこに下り立ったのである。愛国、国防婦人会の美しい人達が14、5人居られて、苦労を慰めてくれた。ともかく出して呉れたお茶と汁粉。このおいしかったことは、言いようもなかった」(309ページ)

〔その485〕インドネシア日本占領期史料フォーラム編『証言集―日本軍占領下のインドネシア』龍渓書舎、1991年発行。
(その485・1)昭和20年12月、インドネシア・メダン。
「証言2―激動の北スマトラに接して(と題する)総山孝雄(当時近衛歩兵第四連隊通信中隊長の話)」「(日本敗戦後)メダンで最初の、やや大きな衝突が起こったのは12月15日」「メダンの中央市場の西北角のバリ街にオランダ軍の慰安所がありました。その前でアンボン兵が子供の独立バッジをとって踏みつけたため群衆が殺気立ったので慰安所へ逃げ込んで、それといっしょに応戦するオランダ兵をインドネシア軍が攻撃したんです。今そこに記念碑が建っています」(99ページ)
(その485・2)インドネシア・東ティモール。
「証言17―陸軍主計中尉としてみた東ティモール(と題する)貴島正道(当時陸軍主計中尉の話)」「質問 たとえば、兵隊が女性に渡すのも軍票ですね。 貴島 軍票です。ああいうのはかわいそうですね。戦争が終われば何の役にも立たないんですから」「ところが、戦争が終わって役に立ったのは、確か軍人、兵隊さんは、軍票で預金しておくと、返してくれたんですね。僕なんか、全然、そういうことを知らないもんだから……。女性というのは、日本人はいませんでしたが、朝鮮人が主で、あとは現地の人でした。3段階で、朝鮮の人、ティモールの人と、それからジャワから連れて来たのとおりましたね。 質問 ほう、ジャワから。 貴島 これは高級なのがおりまして、オランダとのハーフカスなどがおりました。3種類あったんです。ああ、そこに民間人がおりましたよ。いわゆる管理者ですね。唯一の民間人ですね。 質問 一人で? 貴島 一人でやっていたんですがねえ。1か所でした」(744ページ)

〔その486〕富田晃弘著『兵隊画集』番町書房、1972年発行。著者は、昭和19年10月、満州要員として、第12師団の西部第46部隊に入隊し、満州に派遣される。昭和20年1月、台湾に移動する。
(その486・1)昭和19年、満州。
「国境の町三ブン口(東寧)は昭和13年ごろ大勢の苦力によって開発された」「町にピイ屋が15軒ほどあった。日本人の婦(おんな)がいた。ピイが足りずに下士官の喧嘩が絶えなかった……その三ぶん口から城子溝へ8キロ寄った荒野のまんなかに24連隊が駐屯する大城子の兵舎があった」(33ページ)
「12師団の司令部は城子溝にあった。傘下の満州第894部隊は大城子に駐屯していた。大城子の町中に慰安所があった。料理屋もあった。芸者(日本婦人)をあげるのは将校と上級下士官、俗にいうピイ屋で娼婦(ピイ)を抱くのは年期のあさい下士官と兵隊である。源氏名は『椿』とか『千鳥』とか『深雪』などと古風であったが朝鮮人がほとんどであった。初年兵用のピイ屋には満人の婦(おんな)がいた。ピイ屋もピイも極端な上下があった」(37ページ)
(その486・2)昭和20年、台湾。
「一中隊では兵隊の休養外出を許さなかった。鼠穴陣地構築と訓練のくりかえしであった。林子辺の町まで兵隊を遊びに行かせなかった。林子辺の国民学校に連隊本部が駐屯しており、慰安所らしいものは将校と下士官用である。一般兵を相手にする人数の娼婦がいなかった」(175ページ)
「嘉義から軽便が通じている朴子は人口2万弱の町であった」「海岸の東石は古い港だが、すっかりさびれて塩田と養魚場があった。ここの私娼を買った兵隊はみんな発病した」(200ページ)

〔その487〕田村真作著『愚かなる戦争』創元社、1950年発行。著者は、当時、朝日新聞記者。
(その487・1)昭和14年、北京。
「昭和14年の春に、私はあこがれの北京に着いた」「朝日新聞の北支総局は、東城の蘇州胡同というおそろしくせまい路地の奥にあった。新参の私を一番最初に驚かせたものは、まっ白くぬりたてた日本の女達の群がこの蘇州胡同を埋めて通行することだった」「どこからこのおびただしい日本の内地で見るのと同じ芸者風の姿をした女性が出て来るのか不思議だった。後で、朝日総局の近くに病院があってそこで定期的な検査を受けるために、彼女達がこの胡同を通ることがわかった。北京のここかしこに、日本内地の料理屋なぞ及びもつかない大きな料理屋が建ちならんでいた。畳も柱もみんなはるばる日本から運んで来てつくらせた純日本風のぜいたくな建物だった。この高級料理店では、連日連夜どんちゃんさわぎが続いていた。お客は、軍司令部の軍人と興亜院の官吏と国策会社の重役だった。――日華事変の正体がはっきりと現れていた」(60ページ)

〔その488〕後藤基治著『日米開戦をスクープした男』新人物文庫、2009年発行(単行本『海軍報道戦記』新人物往来社、1975年発行)。著者は、当時、大阪毎日新聞記者。
(その488・1)マニラ。
「マニラの海軍を語る時、忘れられないのは料亭『東』である。ここは海軍が駆逐艦で材料を運んだ、という“伝説”があるくらい、見事な数寄屋づくりで、海軍俗語でいう『ゴッド』、つまりおかみの藤坂絹子さんが台南の本店から来て経営にあたった。はじめは陸海軍の佐官以上が共用していたが、陸軍は対抗上、まもなく『広松』を開店させてそちらに移ったから、お客は海軍関係者だけとなった」「『東』は高級クラブの建前上『ストップ』、つまりお泊まりは厳禁である」「『東』が閉店したのは、まだマニラ初空襲に間のある(昭和19年?)9月8日だった。『海軍さんが荒んできて辛い』というのである。ストップを認めろ、という要求が出されたからでもあった」「『東』の女たちは、10月8日と11月13日の病院船にて内地に帰ったが、ゴッドと『雀』ちゃんだけは残り、後に山中にろう城して命からがら終戦を迎えた」(218〜220ページ)

〔その489〕浅見淵著『昭和文壇側面史』講談社、1968年発行。著者は、昭和19年6月、海軍報道班員として、マニラに派遣される。
(その489・1)昭和19年、マニラ。
「まだマニラに空襲が激化しない頃、ぼくの宿舎からそんなに遠くないところに、以前アメリカ人経営の小さなホテルだった建てものに、大阪の道頓堀にあった赤玉食堂が進出して来ていた。そして、大阪の若い女性たちがホステスになって大勢来ていて、陸海軍の軍属たちで賑わっていた」(255ページ)

〔その490〕細野耕三著『砲煙の海へ』光人社、1987年発行。
(その490・1)昭和19年、門司港。
「決死船団<第六大星丸本田省二一等通信士の場合>」「(昭和19年)11月の初め、一等通信士本田省二は乗船命令の電報を受けた」「本田一等通信士が門司港駅に着いた」「船舶運営会門司港支局に乗船命令書をもって行くと、すぐ陸軍の船舶司令部に行くようにいわれた」「陸軍船舶司令部は、岸壁に近い倉庫群の一角にある税関ビルの中にあった」「軍属係の受付に行ったとき、彼と同様の乗組員が4人待っていた」「本田一等通信士たちが乗船を予定されていた第六大星丸は、まだ入港していなかった」「若い少尉は、ちょっとばつが悪そうに顔を赤くして注意をあたえた。『貴官たちは、今日から一般地方人と違うのであるから、つぎの点を厳重に守られたい。1、宿舎を出るときは受付にそなえつけてある動静記入簿に行先、用件、帰投時間を記入すること。1、軍の緊急命令に応じられるように、環境をつねに整備しておくこと。ついでに言っておくが、慰安所は軍が指定したところに行くこと。サックはかならず使用して罹病せぬように衛生には充分注意すること。以上』」(49〜52ページ)

〔その491〕千田夏光著『従軍慰安婦と天皇』かもがわブックレット、1992年発行。
(その491・1)昭和13年、中国。
「(上海近くの楊家宅に陸軍慰安所第一号が建てられ)『商売』は(昭和13年)1月14日から始められました。ところがすぐに軍直轄から御用商人の運営になります。というのは上海にいたアメリカ、イギリス、フランスなどの新聞記者連中が嗅ぎつけてきて記事にしようとしたからです。下士官が入口に立って受付みたいなことをやっていたんです。兵隊が兵隊から金を取ってやっている。『日本の軍隊は女郎屋さんをやっている』。欧米の記者たちにすれば格好のからかい材料なのです。それじゃかなわんということで軍の直轄を止めて御用商人にやらすようになったわけです」(20ページ)

〔その492〕女性のためのアジア平和国民基金編『政府調査「従軍慰安婦」関係資料集成・第四巻』龍渓書舎、1998年発行。同書中、「内閣・内務省関係」「4、朝鮮総督府部内臨時職員設置制中改正ノ件『閣議決定』(昭和19年7月12日)」に関して「第6、経済統制に伴ふ警察事務に従事する者の増員説明」文中の一節。
(その492・1)昭和19年、朝鮮。
「本年度(昭和19年度)以降は徴兵令の実施に伴う壮丁の○集ある等加速度的に労務の量的逼迫○来たすと共に一面半島に於ける民衆は民度低き為に戦時下に於ける労務の重要性に対する認識猶を浅く勤労報国隊の出動をも○しく○○なりと為し一般労務募集に対しても忌避逃走し或は不正暴行の挙に出ずるものあるのみならず未婚女子の徴用は必○にして中には此等を慰安婦となすかの如き荒唐無稽の流言巷間に伝わり此等悪質なる流言と相俟って労務事務は今後愈々困難に赴くものと予想せられる」(106ページ。○は原文読み取れず。また、原文の読み誤りの可能性あり)

〔その493〕日本戦没学生記念会編『第二集 きけ わだつみのこえ』岩波文庫、1988年発行。同書中、昭和16年、國學院大學を卒業し、17年2月、応召入隊、19年5月、中支で戦死した陸軍中尉の従軍手帳の一節。
(その493・1)中国。
「4、内務」「初年兵はまだいい、食欲だけで精いっぱいだから。北支軍現地中隊の現況を言おう。駐屯地においては毎日毎日酒と懐郷とののらくらした生活。幹部はP屋と麻雀に夜を更かす。下士官は下士官で、兵は兵で、それぞれ眼前瞬間の享楽だけを求め空しい除隊の日数を数えている」(181ページ)

〔その494〕南京戦史編集委員会編『南京戦史資料集』偕行社、1989年発行。同書中、「通牒、訓示、作戦経過概要、戦時旬報、戦闘詳報、陣中日誌等の部」の一節。
(その494・1)昭和13年、中国。
「軍紀風紀に関する参謀総長要望」「中支参第19号」「軍紀風紀に関する件通牒」「昭和13年1月9日」「中支方面軍参謀長塚田攻」「両軍参謀長 直轄部隊長 中支監 宛」「1、首題の件に関しては各級団隊長の適切なる統率指導の下に之が振粛に邁往せられあるを信ずるも今回参謀総長宮殿下より別紙写の如き要望を賜りたるに就ては此際軍紀風紀の維持振作に関し最大の努力を払われ度尚軍紀風紀並国際問題に関しては今後陸軍報告規定に準じ其の緩急に従い電話・電信又は文書を以て迅速に其の概要を報告し更に詳細なる報告を呈出せられ度 右依命通牒す」
「別紙」「顧みれば皇軍の奮闘は半歳に爾し其行く所常に必ず赫々たる戦果を収め我将兵の忠誠勇武は中外斉しく之を絶讃して止まず 皇軍の真価愈々加るを知る然れ共一度深く軍内部の実相に及べば未だ瑕瑾の尠からざるものあるを認む
 就中軍紀風紀に於て忌々しき事態の発生近時漸く繁を見之を信じらんと欲するも尚疑わざるべからざるものあり
 惟うに一人の失態も全隊の真価を左右し一隊の過誤も遂に全軍の聖業を傷つくるに至らん
 須く各級指揮官は統率の本義に透徹し率先垂範信賞必罰を以て軍紀を厳正にし戦友相戒めて克く越軌粗暴を防ぎ各人自ら矯て全隊放縦を戒むべし特に向後戦局の推移と共に敵火を遠ざかりて警備駐留等の任に著くの団隊漸増するの情勢に処しては愈々心境の緊張と自省克己とを欠き易き人情を抑制し以て上下一貫左右密実聊も皇軍の真価を害せさらんことを期すべし
 斯の如きは啻に皇軍の名誉と品位とを保続するに止まらずして実に敵軍及第三国を威服すると共に敵地民衆の信望敬迎を繋持して以て出師の真目的を貫徹し聖明に対へ奉る所以なり
 遡て一般の情特に迅速なる作戦の推移或は部隊の実情等に考え及ぶ時は森厳なる軍紀節制ある風紀の維持等を困難ならしむる幾多の素因を認め得べし従て露見する主要の犯則不軌等を挙げて直に之を外征部隊の責に帰一すべからざるは克く此を知る
 然れ共実際の不利不便愈々大なるに從て益々以て之が克服の努力を望まざるを得ず或は冱寒に苦しみ或は櫛風沐雨の天苦を嘗めて日夜健闘しある外征将士の心労を深く偲びつつも断じて事変の完美なる成果を期せんが為茲に改めて軍紀風紀の振作に関し切に要望す
 本職の真意を諒せよ
 昭和13年1月4日 大本営陸軍部幕僚長 載仁親王
 中支那方面軍司令官 宛」(564〜565ページ)

〔その495〕阿川弘之著『山本五十六』新潮社、1965年発行。
(その495・1)昭和18年?、南方・トラック島。
「トラックには、横須賀の『小松』の出店があった。いわゆる『海軍レス』で、露骨に言えば慰安所であるが、もうすぐ60というのに、山本(五十六)は時々は通って行ったらしい」(298ページ)
「真偽のほどは不明だが」「山本を慰めるために、千代子(山本の愛人)を飛行機でトラックに連れて行こうかという話が、起ったことがあったという」「しかし、はた目をはばかるということもあったであろうし、結局此の、『河合(千代子)氏』のトラック行は、実現はしなかった」(303ページ)

〔その496〕高木俊朗著『特攻基地知覧』角川文庫、1973年発行。
(その496・1)昭和20年、福岡。
「福岡市の女学校の校舎を使っていた(陸軍第六航空軍)司令部は、(昭和20年)6月19日の福岡市大空襲のあと、学校の西側の山のなかに移った」「司令部の近くには、博多の料亭がきていて、防空壕のなかに店があった」(189〜191ページ)
(その496・2)昭和20年、鹿児島・知覧。
「菊の家とか月見亭という料理屋があって、慰安婦もいた」(202ページ)
(その496・3)
「(特攻隊の上級指揮官で生き残った人たちは)なぜ、このように(特攻隊は)“志願”を主張するのだろうか。その理由は特攻隊の“編成”ということと関係があるようだ。服部卓四郎の全史でも『義烈の士は、個人として作戦軍に配属し、作戦軍は臨時に特攻隊を編成』したと書いている。つまり、現地部隊で勝手にしたことだ、というのである。これは、特攻隊も隊員も、天皇が裁可したものでないようにする必要があったからである。天皇の命令で、このような非道無法の作戦がおこなわれたのではないことにしようとしたのだ。それは、軍の首脳部も(特攻作戦)立案者も、体当たり攻撃が無謀異常な戦法であることを、知っていたからである」(289ページ)

〔その497〕今里能著『敗走一万粁・一気象将校の手記』旺史社、1989年発行。著者は、昭和16年11月から外地勤務の気象将校だった。
(その497・1)昭和20年、朝鮮・密陽。
「(昭和20年)9月、私は五航軍司令部の移転に伴い、釜山北方50キロの密陽に移った」「軍司令部の知恵者が、密陽の町に軍専用の慰安所を作った。この期に及んでと、私は半ばあきれたが、目標を失った部隊の若い将兵を掌握していくためには、それも必要悪かも知れないとうなずいた」「密陽に舎営して自活自給の態勢に入ろうとしていた五航軍司令部に対し、思いがけなく早く内地帰還の命令が出た。私達は20年10月2日、釜山から乗船帰国することになり、鉄道貨車に乗せられて釜山駅に到着した」(361〜362ページ)

〔その498〕木佐森恒雄著『崩壊す・ビルマ戦線』旺史社、1983年発行。著者は、昭和17年12月から軍医として出征。ビルマ各地を転戦する。
(その498・1)シンガポール。
「(ビルマに向かう途中のシンガポール)市内には将校用の慰安所もあった。アパート風の建物の中に、女の部屋が5、6室ならび、その部屋はいろいろの装飾品で飾られている。テーブルの上には、さまざまな飲み物に添えて南国の花が飾られ、壁には美しい絵が掲げられてある。レコードが優雅な曲を室内に流し、一層ムードを盛り上げている。“豪華”といっていいこの部屋で、歓楽の一夜が約束されているのだった」(39ページ)
(その498・2)昭和18年10月?、ビルマ・ヤザギュー?。
「ある日、慰安所の女達の検診に行くようにと、連隊副官から命令を受けた」「私は衛生兵をつれて、乗用車で出かけた。慰安所のある部落につくと、そこの衛生軍曹が、『私達が慰安所の設営と管理をしております。週に1回慰安婦の検診を各部隊の軍医殿にしてもらっているのですが、今週は貴隊の軍医殿にお願いします』と、恐縮しているのか、いばっているのか分からないような挨拶であった。はじめに慰安婦を一室に集めた。慰安婦は10名ほどいた。色も鮮やかな和服や洋服の女達が、顔には薄化粧し、赤い口紅をつけ、ニコニコ話している者もいるし、ブスッと黙っている者もいる。とても密林の中とは思えない、華やかな雰囲気であった」「私は一応聴診した。それが終わると、今度は局部の検診である」「全員清浄度良好、就業許可のサインをした。女達はニヤニヤして私を見ながら、それが当然だといったような顔をしていた。私はある意味で緊張した1時間を過ごし、なにかしらホッとして引き揚げた」(68〜70ページ)

〔その499〕田中保著『泣き虫軍医物語』毎日新聞社、1980年発行。著者は、昭和19年7月から軍医として出征。ボルネオで勤務する。
(その499・1)昭和19年10月?、ボルネオ・ゼッセルトン。
「セッセルトン国防婦人会の慰問があった。襷をかけた若い婦人達は軍医が(日本から到着早々)病気で寝ていると聞いて、私の寝ている部屋まで入って来て慰問の辞を述べ、特に私に熱いコーヒーをご馳走してくれた。日本の南、はるかなボルネオで、男ばかりの殺風景な軍隊にパッと花が咲いたように甘い香りがただよった」「ゼッセルトンにこんなに沢山の日本人居留民がいるとは知らなかった」「古参の衛生兵が『軍医殿、お気に召した娘がおりましたか。あいつらは主婦達ではなく、ゴム林の向こうの家のP達ですよ』と教えてくれた。大村、長崎、天草等からはるか南の国へ遠征している大和撫子で、勇敢なる娘子軍であった。商売繁盛を願って、大切なお客さんを歓迎するため、また顔見せのために来たのである」(66〜67ページ)
(その499・2)ボルネオ・アピ?。
「(独立歩兵432)大隊の陣容もやっと整い、田村大隊長は20数名の部下将校を、兵站宿舎で料亭もやっている所へ招待して宴会を開いた」「酒ばかり飲んでいたら相当に酔っ払ってしまった。酔った私を可愛い芸者が親切に介抱してくれ、すっかり親しくなった。千代龍といって、アピ中のナンバーワンの美女とのことであった」「ここにいる女給は皆日本娘で将校用の慰安婦をしており、兵隊用は先日私達の宿舎を訪問した女達で、日本娘の他に朝鮮や台湾の娘もあり、時にはジャワ島から来たジャワ娘もいた」「宴会が終わり宿舎への帰途、中島中尉から、『あの千代龍は馬奈木参謀長のお気に入りで、司令部移動に伴い参謀長とともにクチンからアピに来た者で、彼女と親しくしていると参謀長が嫉妬して、君をアピから遠い前線にやってしまうよ。現に千代龍と仲の良かった将校は皆前線に放逐されてしまっているよ。君も注意し給え』と、注意を受けた」「(参謀長は)なじみであった大森の川魚料理屋『松浅』の主人松木を、芸妓15、6人と共にクチンに軍属として呼び寄せ、主人を赤帯(佐官)待遇にして、軍司令部近くに将校クラブを開設させていたという豪の者。その芸妓の中でナンバーワンの白山芸者が千代龍であった」(72〜74ページ)
(その499・3)昭和20年9月?、ボルネオ・コタブルト?。
「高級軍医にも帰隊の申告をして医務室に行った。私が将校伝令出発前の医務室は、敵上陸近しの悲痛な絶望感が漲っていたが、今帰ってみると若い女達の賑やかな話し声が外まで聞こえてくる。以前と全く違った雰囲気であった。私が久しぶりに現れると、林衛生曹長たちが私の無事帰隊を喜んで迎えてくれたが、笑い声がぴたりとやんでシーンとなってしまった。医務室に集まった4名の若い女はラナウ地方やこの地方にいた慰安婦達で、俘虜収容所へ入所するまで身辺の危険を防止するため、保護を願い出たので臨時従軍看護婦として、医務室に収容していたのである。4名とも朝鮮人で、その中の一人は瓜実顔の可愛い娘であった」(204ページ)

〔その500〕『太平洋戦争ドキュメンタリー・第22巻・栄光マラソン部隊』今日の話題社、1970年発行。同書中、元飛行第21戦隊陸軍准尉・水柿敏男の手記「翼の陰に」の一節。
(その500・1)昭和17年3月?、ベトナム。
「ご多聞にもれず、ここハイフォンの町にも日本人経営の食堂や慰安所があった。この町は日本の軍隊も割合少ない。そのため休みの日に慰安所にでもいったら大もてだ。驚くほど待遇がいい」(196ページ)
(その500・2)昭和17年12月、シンガポール?。
「(シンガポール近郊?の)ホテルから5分ぐらいのところだった。道路の両側が高台になっており、両側が全部慰安所だ。ブキテマ高地のいちばん東側の端あたりらしい。20軒ぐらいはあったろうか。とにかく片っぱしからのぞいて歩いた。どこも兵隊さんで満員だ」(206ページ)
(その500・3)昭和17年12月、パレンバン。
「軍人の慰安施設も、映画館、食堂、のみ屋、慰安所とひととおりは揃っていた。慰安所は4軒あり約120名ほど、朝鮮の人がいたが、いついってみても満員に近い盛況だった。経営者から女中さんまで、全部日本人だった料理屋もあり、案外うまいものを食わせてくれた」「慰安所の方も人並みにお世話になったが、一人の女ではあきたらず、千人切りよろしく、片っぱしから荒らすので、私が行くとたちまち『飛行隊のほうきがきた』なんて言われた」(212ページ)
「栗田軍曹も女には目がない。パレンバンには慰安所の女だけど、いい彼女が彼を待っている。横浜で生まれ、横浜の昔の女学校を卒業した朝鮮の女だ。毛筆で手紙を書き、驚くほどの達筆だった。栗田軍曹がよく自慢げに見せてくれた。軍にだまされ、南方に連れてこられて、慰安所の女にされてしまったらしい。教養もあり美人ときている。まことにお気の毒というよりほかない」(228〜229ページ)
「(昭和20年7月?、ゲルンバン?駐屯時、隊の創立記念日に)余興として演芸会をやることになり」「(私は)庶務掛担当となり、雑役を仰せつかってしまった」「第一に(余興の劇の)役者たちの着るもの(女ものの和服)を準備してやらなくてはならない」「岡中尉と2人で毎日のようにパレンバンの町に出かけた」「岡中尉が将校専用の料理屋から借り集めたけれども、とても足りない」「慰安所の女のところを片っぱしから歩いた」「4軒ある慰安所を全部歩き、ようやく4人分借り集めた。朝鮮の女なので日本の着物をもっている人はすくないのだ」(258ページ)
(その500・4)昭和18年、マレー?・タボイ。
「午後から兵舎に帰り寝転んでいたけど、退屈なので、ちょっと町に出てみた。町というよりも現地人の部落といった方が適当かもしれない。慰安施設も何もない。慰安所がただ1軒あるだけだ。それも現地人の女ばかりだ」(224ページ)

(2015年10月7日・最新更新)


ニッポンリポート・ファイル一覧

ご意見などは tetuh@mbj.nifty.com へ

SAKUMA TETSU
フリーライター
著書[恐るべき証人][検死解剖マニュアル][拳銃天国ニッポン]など