佐久間 哲
ニッポンリポート


従軍慰安婦を調べる 編

従軍慰安婦の体験談等メモ・11


〔その501〕ジョーン・D・ポッター著『マレーの虎−山下奉文の生涯』恒文社、1967年発行。
(その501・1)昭和34年5月、東京。
「毎年5月になると、この会(白菊会)の千人の会員たちは、東京の靖国神社に集まって、天皇、皇后の挨拶を受け、そのあとで皇居のお茶の会に招待される。この儀式は1959年5月に始まったばかりであるが、その後、毎年行われている」「『白菊会』は、処刑された日本人戦犯の未亡人および親族たちの集まりだ」「夫や父が第二次世界大戦の戦勝国の手で戦犯として処刑された関係から、彼らには年金が下りなかった。しかし、1959年5月に、静かではあったが執拗な陳情が功を奏して、白菊会の会員たちは国から年金を受けることに成功した」「彼らにとっては忘れることのできない、誇り高き日、1959年5月28日に、天皇ヒロヒトは白衣の神官たちに、処刑された日本人戦犯全員の名を鬼神簿に記載することを命じた」「(その名簿の中に)陸軍大将『山下奉文』の名があった」(7〜8ページ)。
(その501・2)昭和18年、満州・牡丹江。
「やがて妻の久子がこの遠隔の地(牡丹江)の孤独な生活に加わった。最初、彼(山下)はそれを許さなかった。(第一方面)軍司令官ではあるが、部下の将兵が妻を伴わずにいるのに、自分ひとりが妻を呼びよせるのは好ましくないと感じたからである。しかし、1943年4月、ほかの将軍の夫人が満洲にいる夫と起居をともにするために日本を離れることになり、それを機会に山下は妻の久子にその夫人と同行することを許したのであった」(138ページ)

〔その502〕ジョン・ラーベ著『南京の真実』講談社、1997年発行。著者は、南京事件の発生した昭和12年12月、民間ドイツ人として、在住していた南京の南京安全区国際委員会代表として、南京市内に安全区を設けるなど在住中国人の保護などに活躍した。同時期、詳細な日記を書いた。
(その502・1)南京。
「(昭和12年)12月13日(の日記)」「日本軍は10人から20人のグループで行進し、掠奪を続けた。それは実際にこの目で見なかったら、とうてい信じられないような光景だった」「200人ほどの中国人労働者の一団に出会った。安全区で集められ、しばられ、連行されたのだ」「元兵士を千人ほど収容しておいた最高法院の建物から、400ないし500人が連行された。機関銃の射撃音が幾度も聞こえたところをみると、銃殺されたにちがいない。あんまりだ。恐ろしさに身がすくむ」(110〜111ページ)
「12月16日」「武装解除した中国人兵士がまた数百人、安全区から連れ出され、銃殺されたという。そのうち、50人は安全区の警察官だった。兵士を安全区に入れたというかどで処刑されたという。下関へいく道は一面の死体置き場と化し」た(121ページ)。
「12月17日」「アメリカ人のだれかがこんなふうに言った。『安全区は日本兵用の売春宿になった』。当たらずといえども遠からずだ。昨晩は千人も暴行されたという。金陵女子文理学院だけでも100人以上の少女が被害にあった。いまや耳にするのは強姦につぐ強姦。夫や兄弟が助けようとすればその場で射殺。見るもの聞くもの、日本兵の残忍で非道な行為だけ」(123ページ)
「12月20日」「午後6時、ミルズの紹介で、大阪朝日新聞の守山特派員が訪ねてきた。守山記者はドイツ語も英語も上手で、あれこれ質問を浴びせてきた。さすがに手慣れている。私は思っているままをぶちまけ、どうかあなたのペンの力で、一刻も早く日本軍の秩序が戻るように力を貸してほしいと訴えた。守山氏はいった。『それはぜひとも必要ですね。さもないと日本軍の評判が傷ついてしまいますから』」(130〜131ページ)
「12月21日」「日本軍が街を焼きはらっているのはもはや疑う余地はない。たぶん掠奪や強奪の跡を消すためだろう」(131ページ)
「12月23日」「今日、シンバーグが棲霞山から持ってきてくれた手紙には、棲霞山の1万7000人の難民が日本当局にあてた請願書が添えてあった。あちらでもやはり日本兵が乱暴のかぎりを尽くしているのだ」(139ページ)
「12月27日」「鼓楼病院に今日、男が一人、担ぎ込まれてきた。5か所も銃剣で刺されている。金陵中学の難民収容所では、およそ200人の元兵士が選び出されたのだが、そのうちの一人だという。この元兵士たちは、射殺されたのではなく、銃剣で突き殺されたのだ。目下この方法が取られている。さもないと、我々外国人が機関銃の音に耳をそばだてて、なにかあったのか、とうるさいからだ」(148ページ)
「(昭和13年)1月22日」「今日、トラックが数台、南の方からやってきて、下関へ向かっていった。どれも中国兵で満員だ。おそらく捕虜だろう。ここと蕪湖の間でつかまって揚子江のほとりで処刑されることになっているのだ」(199ページ)
「1月25日」「もし強姦した人間が残らず仕返しに殴り殺されたら、日本軍はすでに全滅していることだろう」(204ページ)
「2月3日」「局部に竹をつっこまれた女の人の死体をそこらじゅうで見かける。吐き気がして息苦しくなる。70を越えた人さえなんども暴行されているのだ」「江南セメント工場のシンバーグさんが、ギュンターさんの報告を届けてくれた。これをみると、南京だけが日本兵に苦しめられているのではないことがわかる。強姦、殺人、撲殺。同じような報告が、四方八方から入ってくる。日本じゅうの犯罪者が軍服を着て南京に勢揃いしたのかといいたくなる」(222ページ)
「(昭和13年5月、帰国後、ドイツでの講演で)われわれ外国人は(南京での犠牲者は)5万から6万人とみています。遺体の埋葬をした紅卍字会によりますと、1日200体は無理だったそうですが、私が南京を去った2月22日には、3万の死体が、埋葬できないまま郊外の下関に放置されていたといいます」(267ページ)

〔その503〕小田部雄次著『四代の天皇と女性たち』文春新書、2002年発行。
(その503・1)
「閑院春仁が妻の直子から離婚を請求され、昭和32年に30年に及んだ結婚生活を終えた」「離婚の理由は、春仁の同性愛であり、戦後になって春仁の軍隊時代の当番兵であった男が閑院家に入り込み切り盛りをはじめ(た)」「『宮様が生理的に異常だとハッキリ気づいたのは、満州へ渡ってからでした。……私たちの寝室にはシングルベッドがふたつありました。酔ったときは、宮さまは兵隊といっしょに寝室へ入って来るのです。宮さまはその兵隊を自分のベッドに入れて、ふたりで並んで寝るわけです。……互いに抱きあっていたようでした』と直子は語っている」(100〜101ページ)

〔その504〕太田毅著『拉孟』昭和出版、1984年発行。著者は、昭和18年、ビルマに従軍。捕虜になり、中国・昆明で収容所生活を送る。
(その504・1)中国。
「昆明収容所では10人ぐらいを一組として天幕生活をした」「慰安婦は別の大きな天幕に入っていた」「拉孟の慰安婦は、最後のとき日本兵が手榴弾で殺したとか、青酸カリを飲ませたと書いた戦記があるが、そんな事実はない。現に昆明の収容所には、大分県出身の『双葉』、大牟田市出身の『誠』、鹿児島出身の『君子』ともう一人、全部で4名の日本人慰安婦が収容されていた。朝鮮人慰安婦は5名だけ収容されていたのがわかっているので、拉孟にいた15名のうち10名は死んだのかもしれない。米軍が撮った横股の壕内の写真の説明に『この壕内には日本兵13名と慰安婦2名の死体があった』とあるので、その他の慰安婦は、他の壕か脱出途中で死亡したことも考えられる」「朝鮮人慰安婦のうち『若春』という22歳の娘は、本名を朴永心といい、歌のうまい勝気な感じの良い女であった」「マラリアで弱りきっていた騰越の慰安婦『弘子』も、(収容所で)看護の甲斐なく息を引き取った」(270〜273ページ)。

〔その505〕のぐち たい著『戦いの白衣は遠く』戦誌刊行会、1985年発行。著者は、昭和12年、日赤看護婦として応召。同年、上海の海軍特別陸戦隊工部局避病舎(コレラ病棟)に勤務する。
(その505・1)昭和12年、中国・上海。
「私たちの忙しさに、陸戦隊では看護婦1名に対して3名の朝鮮婦人を今の看護助手の役目で配置してくれました。日本語が少しわかる程度ですが食事の介助、吐物、汚物の処理等、気持よくやってくれて私たちは大変助かりました。私は私についた3人に日本の名前をつけて上げました」「『ウメ子』『キク子』『ユリ子』という名を書いて胸につけて上げました。そのことで3人は大変よろこんで一生懸命、兵隊さんのお世話をしてくれました。ウメ子さんとキク子さんは私より年長らしく、ユリ子さんは一番若くて小柄で大変な美人さんでした。お兄様が日本の医学校へ行っているそうで日本語が一番上手で私になついてくれ、私も妹のような気がしました」(59〜60ページ)。

〔その506〕岡村寧次著『岡村寧次大将資料・上』原書房、1970年発行。本書は、岡村大将の戦場・回想編。
(その506・1)中国。
「(敗戦後の第二連絡班時代、昭和22年)3月10日。谷寿夫中将最後の公判、死刑を宣告された。いわゆる南京暴虐事件は、中国側で最も重大視していた。当時南京に居住していた外国宣教師等が、実際に視た暴行の状況を詳細に綴った書物なども欧州で刊行され、その中国語訳書を終戦後殊更に私の許へ届けたりして、南京事件は許さないぞとばかりの示唆があった。中国側も、谷寿夫の第六師団よりも中島今朝吾第16師団の方が遙かに罪状が重いことを知っていて、わが連絡班に対しても、中島師団長、同師団参謀長、同各団隊長≪これらの氏名は先方は既に調査済であった≫の所在、場所を調査して報告せよと命じてきたこともあったが、中島は既に死亡、その他団隊長等の所在は当地当班では調査不可能と答えておいたことがある。罪の深い第16師団関係は罰せられず、ほとんど罪のない方を代表して谷中将のみ極刑に処せられる。感無量」「註 私は武漢攻略の任務を有する第11軍司令官の大命を受けて昭和13年7月上海に上陸し間もなく先遣参謀其他から南京における大暴虐事件の実相を聴き、しかもその関係部隊の大部を以て、漢口、武昌の攻略に任ずるのであることを知り、大に覚悟を新たになし、いろいろ苦心したが幸に漢口攻略に際し一件の非行も無きを得たことなどを思い出す」(150ページ)
「(昭和13年、第11軍司令官時代)東京で、南京攻略戦では大暴行が行われたとの噂を聞き」「上海に上陸して、1、2日の間に、このことに関して先遣の宮崎周一参謀、中支派遣軍特務部原田少将、杭州特務機関長萩原中佐等から聴取したところを総合すれば次のとおりであった。1、南京攻略時、数万の市民に対する掠奪強姦等の大暴行があったことは事実である。1、第一線部隊は給養困難を名として俘虜を殺してしまう弊がある」「7月15日正午、私は南京においてこの日から第11軍司令官として指揮を執ることとなり、同17日から第一線部隊巡視の途に上り、18日潜山に在る第六師団司令部を訪れた。着任日が浅いが公正の士である同師団長稲葉中将は云う。わが師団将兵は戦闘第一主義に徹し豪勇絶倫なるも掠奪強姦などの非行を軽視する」「以上の諸報告により、私はますます厳格に愛民の方針を実行しようと覚悟を決めた」(290〜291ページ)
「慰安婦問題を考える。昔の戦役時代には慰安婦などは無かったものである。斯く申す私は恥かしながら慰安婦案の創設者である。昭和7年の上海事変のとき2、3の強姦罪が発生したので、派遣軍参謀副長であった私は、同地海軍に倣い、長崎県知事に要請して慰安婦団を招き、その後全く強姦罪が止んだので喜んだものである。現在の各兵団は、殆どみな慰安婦団を随行し、兵站の一分隊となっている有様である。第六師団の如きは慰安婦団を同行しながら、強姦罪は跡を絶たない有様である」「来陣した中村軍務局長の言によれば、戦地から惨虐行為の写真を家郷に送付する者少からず、郵便法違反として没収したもの既に数百枚に達しているという。好奇心も甚しいというべし」(302〜303ページ)

〔その507〕品野実著『異域の鬼』谷沢書房、1981年発行。著者は、昭和19年、応召し、ビルマ方面で戦う。著者の体験、戦友の証言などで同地区の戦況などををまとめたもの。
(その507・1)昭和19年、シンガポール。
「古兵が一度、慰安所に連れて行ってくれたことがある。ここも黄、黒、白と国際色豊かだ。隊でもらったコンドームには『突貫』と書いてある」(28ページ)
(その507・2)中国・龍陵。
「彼(若い薬剤少尉)は龍陵駐屯中に恋仲になって、自分の子供を孕んだと信じた身重の朝鮮人慰安婦を妻ときめ、跡継ぎができたと、母あての手紙を添え、金を与えてさきに日本に帰らせていた」「朝鮮人慰安婦は、だまされて連れてこられた純情な素人娘が多かった。その慰安婦が母にうけいれられたかどうかを知る者はいない」「米軍が撮ったミイトキーナ戦場あとの写真には、助けられた朝鮮人慰安婦ら17名の姿が写っている(ミイトキーナの慰安婦は約60名ほどいた)」(81〜82ページ)
(その507・3)中国・拉孟。
「拉孟では、建設隊のほかに各隊からも作業兵を出して、兵舎営門を出たところの記念碑高地と裏山陣地の間を切り拓き(慰安所)2棟を建てた」「(慰安婦の)第一陣が到着したのは昭和17年の暮れも押し詰まっていた。初めは朝鮮娘10名だった。みんな将校クラブ勤務とか挺身奉仕隊など『お国のため』という、かっこよい触れ込みにだまされて集められた。逃げ場のない輸送船内で、抱え主に事実を告げられいい含められて、泣く泣く『実習』で仕込まれてきた娘たちだ。だから18、9から22歳くらいまでの若くて綺麗な娘ばかりだった。年が明けると、さらに日本人5名もはるばるやってきた。ほかに朝鮮娘5名も増え、みんなで20名ほどになった。日本人は内地での玄人だった」「最初の10名は翌年、龍陵のやはり朝鮮娘と交代した。純情な娘ほど兵との馴染みが真剣になりやすい。事実、南方戦場ではよく慰安婦が身籠り子供を生んだ。ここでも、ヨシ子とかいう朝鮮慰安婦が男の子を生んで猛雄と名付けられた。ヨシ子は龍陵に鞍替えして、拉孟全滅に巻き込まれずにすんだ組だ。もちろん、父親はわからない」(194ページ)
「子連れのヨシ子は終戦後、サルウィン河を渡り雨季の困難なビルマ・タイ国境山脈越えをした。雨季の終わりごろタイ国にはいったブトの多い山中で、後退部隊に混じって小休止していた池田文字雄軍医は、ヨシ子とひょっこり再会した」「(池田軍医はヨシ子の)赤ん坊をとりあげ名付け親になってやったばかりでなく、彼女の出身地の朝鮮半島北端、満州との国境を流れる豆満江を渡ったことがある」「(子供は)もう3、4歳になっていて」「丈夫そうで片言の日本語を喋っていた。ヨシ子たちは、10名ほどの慰安婦の一行で、朝鮮出身軍属らしい男に引率されていた。その後、会うことはなかった」(199〜200ページ)
「担架中隊長の大尉と相愛の仲だった」「慰安婦は無事に日本に帰り、大尉も復員して2人は結婚した。一部の白い目にも屈せず初恋を貫き一緒に暮らしているということで、大尉の生きようはいまもそれを知る旧将兵の心を温めている」「平穏なころ、衛生隊本部がいた遮放の日本人慰安婦は、この人も含めて8人いた。あとで広東ピーと呼ばれた中国人もきたが、日本人はみなオンリーのように将校の相手が決まっていた。そのなかの福岡県出身の一人は、衛生隊車両中隊長の大尉と仲良くなって子供を生み、大尉も半ば、その子を自分の子と認めていた。終戦後は、子供を抱いたその女を准看護婦に仕立て、野戦病院と一緒にさがらせたが、日本に帰り着いたとたん別れてしまった(輸送船は別だった)。大尉はある町の町長に立候補して当選した」(198〜199ページ)
「(拉孟の慰安所には)『双葉』『君子』『誠』ら4、5人の日本人がいて、双葉は35、6歳にも見える姉御株だった」(200ページ)
「(衛生兵の)鳥飼一等兵が拉孟にはいったころは慰安所ができていた」「『(鳥飼の話)慰安所には男の抱え主が2人いて、慰安婦は2組、20名くらいいた。日本人は熊本の遊郭からきたというものもいたが、大半は年増でモヒ患者もいた。薬が切れて暴れ出し、ひどいのは楼主が鍵をかけて閉じ込めたりしとった』『慰安婦はときどき交代した。朝鮮人は若こうてきれいだった』」「『(著者の質問)本には日本人慰安婦が手榴弾を一人一個ずつ抱いて死んだとか、青酸カリをあおって自決したなどとも書いていますが……』『(鳥飼の答え)手榴弾は足らなかったから、慰安婦が一人一個ずつもらって死ぬことなんかない。(殺すとしても)一カ所に集め1、2発の手榴弾で殺すか、昇汞錠を飲ませるかだ。青酸カリなどありゃせん』」(314〜315ページ)
(その507・4)中国・保山。
「保山(の捕虜収容所)には慰安婦たちも収容されていた」「早見上等兵は、拉孟全滅戦の前の昭和18年暮れから19年の3月一杯まで騰越にもいたことがあり、若い現役兵だから拉孟、騰越のどちらの慰安婦たちとも、よく見知っていた」「最前線で日本人慰安婦がいたのは拉孟の5人ほどだけだ」「大分県出身という『双葉』」「一番若いのが『誠』で、確か大牟田市出身、それに鹿児島出身とかいう『君子』と、もう一人、全部で4人が助けられ収容されていた。ほかに拉孟組の朝鮮人5名ほどもいた。ということは、拉孟にいた朝鮮人約15名のうち約10名は死に、5人ほどだった日本人はほとんど助かっていることになる。『日本人慰安婦が朝鮮人慰安婦を逃がし、自分らは死に化粧して自決した』軍国美談調の伝説は崩れ去ったわけだ。騰越組はすべて朝鮮出身者で、『音丸』『朱美』『花子』『信子』『松子』『弘子』と名付けられていた20名もが顔を揃えていた。音丸は24、5歳、朱美は23,4歳、あとはみな18、9歳だ。弘子だけは病気で、とても弱っていた」(348〜349ページ)
(その507・5)中国・昆明?。
「日本人慰安婦のなかでもいちばん若く色白だった『誠』が、米陸軍病院で3人の米兵に犯されたのである」「日本兵にとって、慰安婦といえども戦火をくぐり抜けた『戦友』だ」「みんなで米軍司令部に厳重抗議した。米軍司令部は直ちに事件を調査して、被害者の傷害補償はもちろん、加害者3名の米兵たちに『六か月重労働』の判決を下して謝罪したという」(352〜353ページ)
(その507・6)昭和20年9月?、中国・重慶。
「朝鮮の慰安婦たちは朝鮮人民解放軍の要人たちに引き取られていき、日本人慰安婦は残って(重慶の収容所に)同居した」(353ページ)

〔その508〕山本夏彦著『最後の人』文芸春秋、1990年発行。
(その508・1)熊本。
「昭和11年に熊本から出た本(『廓読本』)で、著者は貸座敷組合の幹事長で市会議員だとある。つまり女郎屋の亭主が甲羅を経て市会議員になったものである」「ここに驚くべきは『廃業の挨拶』『同上返事』のお手本が出ていることである」「また席主10訓、娼妓5訓、番頭仲居12訓も出ている」「あんまりといえば毎年10月組合主催の運動会がある。質屋の店員の運動会があったことは別に書いたが、これも大正デモクラシーの発露である。それにしても女郎の運動会とは驚くべき発想である」(34〜35ページ)

〔その509〕斉藤邦雄著『歌と兵隊物語』ノーベル書房、1989年発行。著者は、昭和16年、応召し、北支、満州を転戦する。
(その509・1)北支。
「上等兵は(内地へ)帰る時、私に軍隊のことをよく勉強しろ、といって小さな箱を二つくれた。一つの箱には、典範令が入っていたが、それは表紙だけで中味は例のスーハ―ものの本である。もう一つの箱は何も書いてなかったが、開けると『戦闘には必ずこの鉄帽をつけること』と書いた紙キレがあり、その紙キレをとると、なんと『衛生サック』がびっしり入っていた。軍隊では日曜等の外出には、性病予防のために必ずこの『衛生サック』(兵隊は『鉄帽』と呼んだ)一個は持たされた。高崎の初年兵時代にも、外出する時には並ばされて、外出証と、このサックを持っているかどうか検査された」(72〜73ページ)

〔その510〕海野福寿著『恨(ハン)朝鮮人軍夫の沖縄戦』河出書房新社、1987年発行。
(その510・1)朝鮮。
「日帝の労務動員計画にもとづいて」「連行された娘たちの一部は、日本軍の大陸侵略に伴う『特殊要務者』として徴発され、従軍慰安婦にさせられた。44年8月公布の『女子挺身勤労令』による被徴発者をふくめると、10万人とも、20万人に上るともいわれている」(26ページ)

〔その511〕平和祈念事業特別基金編『平和の礎・軍人軍属短期在職者が語り継ぐ労苦17』平和祈念事業特別基金、2007年発行。
(その511・1)昭和20年3月、佐世保。
「米国産『第102号哨戒艇』(と題する章)」「(昭和20年)3月18日、我々海軍士官にとって憧れの港である佐世保軍港に入港した。佐世保には海軍士官行きつけの『萬松楼』と特務士官の『清流』の二つの料亭があった。萬松楼は小高い丘の上にある料亭で、日本の四大軍港、舞鶴・横須賀・呉・佐世保の中でも最も有名で、海軍士官としては一度は遊んでみたい料亭であった」(296ページ)
(その511・2)昭和19年3月、中国・湖南省。
「湖南省の警備隊にて(と題する章)」「私の中隊だけが転属になりました。転属先は」「旅団長安永篤次郎陸軍少将のT大隊であります」「大隊本部は(湖南省)通城に在り、中隊は石城湾に駐屯していました。T大隊長は素行極めて悪く、現地女性を伴いて部下の『顰蹙』を意に止めず、誠に嘆かわしい少佐でありました」(416ページ)
(その511・3)昭和18年12月、朝鮮・済州島。
「軍国の父でした(と題する章)」「(昭和18年)12月1日、朝鮮の南方対馬海峡にある済州島の(海軍)第201航空隊に転属を命じられた」「部隊から2キロぐらいの所に小さな街があり、郵便局、風俗店、軍のクラブもあって宿泊施設もありましたので、軍務が暇な時には交代で休暇を取り、町まで歩いて行き宿泊して帰りました。風俗店でも利用した者はみんな利用料は払って、楽しんでいたものです」(633ページ)

〔その512〕小柳次一・石川保昌著『従軍カメラマンの戦争』新潮社、1993年発行。小柳は、従軍カメラマンとして、中国、フィリピン、北千島など、約5000キロを兵隊とともに歩く。
(その512・1)昭和19年、中国・岳陽。
「名取(洋之助)さんとも漢口で別れたあと、一度、洞庭湖の近くの岳陽のあたりの停車場ですれ違いまして。名取さんは人夫を連れて、『焼くな、奪うな、殺すな』という宣伝をしておったですね。中国軍へじゃなくて、日本兵に向けての啓蒙宣伝です。もう、日本軍のやりかたがあんまりひどいので、名取さんが司令部に直訴して、そういう宣伝班を率いてあの辺りを回っていたわけです。私も、そこの停車場にペンキで『焼くな、奪うな、殺すな』と描いていたのをそばで見てました」(219〜220ページ)

〔その513〕金成寿著『傷痍運人金成寿の「戦争」』社会批評社、1995年発行。著者は、昭和18年3月、朝鮮で志願して入隊する。
(その513・1)昭和18年、朝鮮・大田。
「大田は忠清南道の道庁所在地で、十数万の人口があった。軍専用の遊郭もあった。私たちはそこを『ピー屋』と呼んでいた」「ピー屋は、遊郭や慰安所を意味した」「私が(ピー屋に)入ると、日本の着物を着た中柄な女性が現れた。彼女は日本語で話すのだが、下手で日本語になっていなかった。それで朝鮮人とわかった」(62〜63ページ)

〔その514〕井関恒夫著『西ボルネオ住民虐殺事件―検証ポンテアナ事件』不二出版、1987年発行。著者は、長くポンテアナに住む民間人だが、戦争に巻き込まれる。
(その514・1)昭和18年、ボルネオ・ポンテアナ。
「(昭和17年7月、ポンテアナの地区駐屯軍隊長として着任した、25歳の)若い隊長にとっては、酒に酔い、喧嘩はする、妾を囲って放埓な生活をしている在留邦人の行動は、時局柄もはや黙視し難い事態であり、在留邦人の精神を刷新する目的として指令が出された。『蓄妾禁止令』である。日本人が妾を持つことを禁止する軍の指令である。現在妾を持っている者は妾と別れて、その妾を慰安婦として差し出せとの命令である」「イスラム教では、4人迄の妻帯を許されているこの地方の風習では、現地妻となった女達は、自分は第二夫人であると自認してる者達なのである。その女達を一括して慰安婦とするから差し出せとの命令である、当然色々な反発が生じた」「又慰安所に入れる女を求める方法として、民政府に命じ、日本人商社に勤めてる未婚の女事務員を調べて、処女でない者は、日本人との関係を自白させて慰安婦にしたケースもあった。現に住友殖産の17歳の女事務員が局部を調べられたといって泣いて帰って来た例もある」「これらの事実は、若き隊長が如何に自らの権力に溺れ、原住民を蔑視し個人の人権などを全然無視した行為であり、原住民の一部に不安と恨みを買ったかを物語っている。そして慰安所は、軍人用、民政部役人の高等官用・判任官用及一般商社用と分かれて設けられ、一般商社用は、慰安所で女を抱く毎に月日氏名を記入する事になっていた」(20〜22ページ)

〔その515〕桜井忠温著『兵隊過去帳』読売新聞社、1954年発行。
(その515・1)中国。
「私が華中へ行ったときも、そうした女(慰安婦的女性)が兵隊と一緒に歩いているのを見たし、軍はきょう、どの線で停止するだろうと女共の方が幕僚以上に勘を働かせ、サッサとすりぬけて前へ飛び出し、兵隊が着くと、ちゃんと国旗を出していらっしゃい、いらっしゃいをやる。どこからついて来るものか、どこから流れてくるものか、こうした女は兵隊より勇敢である。島田まげを横っちょにかしげながら、水筒と雑のうで押出して行くなんかは上等の方で、うしろからムチでシリをたたいている男がいるのだから、こじきみたいな女が朝鮮あたりからも繰込んでいた。ひょいと装甲車に飛乗ったものがあった。兵隊服みたいなものを着ているが女にちがいない。兵隊はだれもいけないといわない。『乗れ、乗れ』と手を取らんばかり、みな『親切』である。『おまえたちはどこへ行くのか』『わたし? 第一線へよ』『何しに行くのか』『兵隊さんの洗たくをしてあげによ。タマ運びでもするわよ』といった調子である。『兵隊の洗たく』とはうまく言ったものである。どこを洗たくするのか知らぬが」「アメリカ軍はうしろに慰安隊が控えていた。シナではうしろに督戦隊がいて、退却する兵隊を撃ち払ったものだが、慰安隊の方は退却兵を歓待するのである。退却といったところで逃げて来るのではなく、前線で疲れると、うしろへさがって慰安隊の女にもんでもらうのである。一夜なり二夜なり堪能してまた前線へ帰って行く」(87〜88ページ)

〔その516〕田辺利宏著『夜の春雷』未来社、1968年発行。著者は、昭和14年12月、入営し、中国各地を転戦し、戦死する。
(その516・1)昭和15年、中国・無錫。
「4月17日(の日記)」「古兵がついて来いというので、ついてゆくと、大和屋という家がある。壁に、一番誰々、二番誰々と、女の名があるので、ははあ慰安所だなとわかる。暑い日なのにかかわらず、中は兵隊で押すな押すなのさわぎだ」(54ページ)
(その516・2)昭和15年、中国・沙洋?。
「8月15日(の日記)」「(漢水の)こちらの岸辺に、たくさんの荷物と兵をつんだトラックがとまっている。部隊の移動らしい。午後来た1台のトラックには、日本のきものをきたのと、ハイヒールの赤い洋装のと、朝鮮の女が2人乗っていた。われわれの目には、珍しい花のようにパッと感じられ、見たとたん皆、ほうほうと感嘆したのであった。どこかまだ前方の町のピイ屋へ送られるのだろう。この戦線で見る彼女らに対して、われわれはべつに賤しい観念は湧かず、俳優でも見るような感じだ」「8月16日(の日記)」「女たちを乗せたトラックは、昨日のまま、まだ草原のなかにいる。だれかが聞いたところによると、彼女らはあいまいな日本語で、孝感より荊門へ行く<途中である>ことがわかった。荊門あたりにころんでいた、いくつもの蛆のわいた屍体を見て、彼女らの肉体は、精神は、いったいどう感じることだろう」(105〜106ページ)
(その516・3)昭和15年、中国・孝感。
「8月19日(の日記)」「ふたたび孝感駅頭に立つことのよろこび。来た車から慰問団らしい一行が降りる。若い美しいハイヒールのおんなたち。また漢口あたりへ行くのだろう。あくどい化粧の2、3のおんなたち。たぶん孝感ではたらいていた日本Pであろう」(107ページ)
(その516・4)昭和15年、中国・武昌。
「12月15日(の日記)」「久しぶりに外出した町」「見るべき映画もなく、岡本とぶらぶら歩く。西側裏にある特殊慰安所の街。一番はじめの店に女が二人立っている。その顔はあまりにも醜悪に、老いている。慰安所特有の臭気。兵隊ばかり歩いている町。酔った兵隊たち。急ごしらえの家々。安く赤いカーテンが二階に見える。Yamatokan。古兵殿と会う。あくどいルージュの朝鮮女たち。けっきょく上らず」(134ページ)
(その516・5)昭和16年、中国・新安鎮。
「7月9日(の日記)」「夕方、分哨へ食事を持って行ったとき聞いた話だが、日光館の半島のおんなたちが、分哨のそばの川を渡り玉蜀黍畑に入り無断で玉蜀黍をもってかえるので、住民がさわぐから注意したという。日本人の恥をさらすような行為だと思う一方、あるいはそれを飯の代わりにしているのではないかと思い、暗澹たる気持になる」(180ページ)

〔その517〕奥村芳太郎編『碑なき墓標−ガダルカナル・ラバウル・ニューギニア』毎日新聞社、1970年発行。同書中、「天使たち」と小見出しのついた4ページに、合わせて4枚の写真が掲載されている。3枚は従軍看護婦の写真で、1枚が慰安婦5人が屋外で食事をしている写真。
(その517・1)南方・ラバウル。
「(写真説明)ラバウルには兵隊のすさんだ心を慰める女性もいた。それを天職と心得る女性たちだった。さらに前線を志願する女性もいたという」(154ページ)

〔その518〕土井敏邦著『“記憶”と生きる―元『慰安婦』姜徳景の生涯』大月書店、2015年発行。
(その518・1)
「姜徳景は1929年2月、慶尚南道晋州市の水晶洞の実家で生まれている」「当時の晋州第一公立国民学校」「姜徳景はこの学校の初等科を卒業すると、当時、新設されたばかりの高等科へ進学」「(保存されていた)1944年の高等科学籍簿の1ページ目には全生徒21人の名が列記されていた」「姜徳景の日本語名が『金岡春枝』だった」「その『姜徳景』の名は、名簿の2番目に登録されていた」「『金岡春枝』の名簿の1ページ目、名前のすぐ横に『昭和19年6月3日退学 内地女子挺身隊入隊為』、さらに最後のページの下欄に『富山市 不二越鋼材株式会社へ挺身隊員トシテ入所』と明記されていたのである。高等科1年のクラスからは姜徳景の他にもう一人、女子挺身隊に参加した生徒がいた。『林淑子』という名の生徒で、この旧友について姜徳景は『私のクラスから級長と私の2人が行きました。級長だった友達はクラスで一番勉強ができ、家も金持ちでした』と証言している」
「1944年から不二越鋼材株式会社の女子挺身隊の寮で、『教導』として朝鮮からやってきた少女たちの世話を担当していた中谷清子は述懐する。『中には小学校3年生(8歳)の子どももいました。どうして義務教育を受けているはずの子どもたちがやってくるんだろうと思い、訊いてみると、少女は『朝鮮には義務教育がないんです。先生、私たちは女学校へ上がりたかったんです』と言うんです。子どもたちの話によれば、不二越の職員と共に富山県庁の職員が訪ねてきて、『不二越に来れば女学校へも通わせてあげます。茶道も生け花も習わせてあげる。京都見物、東京見物もさせてあげます』と言って勧誘したということでした。でもそんなことはまったくなかった。騙して連れてきたんですよ。ただ週に3回、1時間ほど不二越の職員が算数を教えたり、私が裁縫を教えていたくらいです。子どもたちは『先生、契約とはまったく違うといって泣きました』」
「姜徳景自身の証言によれば、女子挺身隊として晋州で集まったのは50人、釜山へ向かう途中の馬山でさらに50人、釜山でもう50人が加わり、総勢150人の隊員が集まった。釜山から連絡船で下関へ、そこから陸路で富山に向かった」「『不二越50年史』の中にも、女子挺身隊について触れた箇所がある。『軍需生産遂行のため当社は、太平洋戦争勃発直後から昭和19年まで数次にわたって多数の徴用工を迎え、また女子挺身隊、学徒動員によって年少者や女子までもが生産に参加した。つづいて朝鮮半島からも19年から20年にかけて女子挺身隊1090名、男子報国隊540名が入社し、工場は人で埋まる様相さえ呈した』」
「姜徳景たち朝鮮から送られてきた女子挺身隊員たちは不二越工場の敷地内にある『12愛国寮』に収容された」「不二越工場に到着直後、姜徳景たち新入りの女子挺身隊の隊員たちは、1週間ほど工場の見学、機械の操作訓練などを行ったのち、富山市から西に20数キロ離れた新湊周辺に遠足に連れ出されている」「不二越で働き始めて二か月ほど経ったとき、空腹と重労働に耐えられず、姜徳景は」「林淑子と共に宿舎から脱走した。姜徳景たちが目指したのは遠足のときに知った新湊の朝鮮人部落だった。しかしまもなく寮の舎監が捜索にやってきて、すぐに見つかり、連れ戻されてしまった。『工場に引っ張って行かれ何度もぶたれました。模範を見せなければならないお前たちがこんなことをして、と怒鳴りつけられました』と姜徳景は当時を語っている」(42〜56ページ)
「姜徳景が二度目に寮から逃亡した時期は明確ではない」「おそらく1945年の春と思われる」「『(寮で)夜、布団を敷いておいて寝ているふりをして友達と2人で逃げました。外に出たら、車が近づいてきました。私はびっくりしました。気づいて横を見ると、運転手と軍人一人が座っていました。一緒に逃げた友達はもういませんでした。そのとき、どのくらい走ったかわかりません。年も若かったし。私の隣に座っている軍人が、私に『車を降りろ』と言いました。少し歩いてから、私を強姦しました』『私はそのとき、はじめて純潔を奪われたんです』」「その直後、姜徳景は強姦した『憲兵』によってある部隊へ連行されている。2人の見張りの兵士が立っているその部隊のテントのような家に連れ込まれた。その『家』は布の仕切りでいくつかの部屋に分けられていた。姜徳景に与えられた部屋は畳1枚半ぐらいの広さで、畳はなかった。姜徳景は軍用の簡易ベッドで寝た。その『家』には5人の女性がいたが、何も語らず、じっと新入りの姜徳景を見つめていた。やがて女性たちが小さな声で朝鮮語をしゃべっているのを耳にし、姜徳景は初めて彼女たちが朝鮮人であることを知った」
「姜徳景たちはその後、部隊と共に移動している。『高級タクシーのように車体の長い国防色の自動車1台とトラック3台に分乗』し、『片側にずっと海が見えていて、反対側には山』が見える道を走ったと姜徳景は証言している。おそらくその道は、日本海沿いに富山県から新潟県へ向かって走る」「国道8号線が続き、直江津から長野県へ向かう国道18号線に入る。そこから直江津までは80キロほどの距離である」「姜徳景自身ははっきりとその地名を記憶していない。ただ手掛かりとなるのは、私の姜徳景へのインタビューの中での次のような証言である」「(ある軍人が)『私の肩に手を回して、「もうちょっとしたら帰してあげる。これは内緒だよ」と言い、「ここに天皇陛下がいらっしゃる」と言った。「ここに来ると言ったのか、その隣町に来ると言ったか」は私はちゃんと聞いていなかったけど、とにかく天皇陛下が来ると言って、「これは軍事機密だから誰にも言わないで」と言って、肩を軽く叩いた』」「これらから類推すると、その場所は現在の長野県松代町か、その周辺と思われる」「地下壕建設のために集まってきた軍関係者や工事関係者たちを対象に、松代町やその周辺に『慰安所』が設けられた。工事が始まりつつあった1944年9月以降、松代町だけでも7軒の『置屋業者』、いわゆる『慰安所』が新規営業を開始していたことを示す資料もある」
「解放の時は突然にやってきた。真夏のある日、あたりが急に静かになった。姜徳景は近くの部隊まで出かけてみた。すると、いつもいるはずの門番の兵士がいない。中では軍人たちが、座り込みうなだれ泣いていた。天皇陛下のラジオ放送が聞えた。日本人たちはハンカチで目頭を押さえていた。姜徳景が通りに出ると、路上から『万歳(マンセー)!』という朝鮮語の叫び声が聞えてきた。トラックの上で旗を挙げて喜ぶ朝鮮人の男がいた。徴用されていた同胞らしかった。通り過ぎようとするトラックの運転手に取りすがって姜徳景は『どこに行かれるんですか。富山に連れて行ってください』と懇願した」「男は『富山へは行かないが、大阪までなら連れて行ってやる』と言った。姜徳景は急いで風呂敷にわずかな荷物をまとめ、トラックに乗った。同じ『慰安所』にいた他の女も2、3人同行したが、途中で降りていった。大阪に着くと、その男の手配で、姜徳景はトラックと汽車を乗り継いで富山県の新湊にたどり着いた。不二越の工場から最初に逃亡したとき、保護し食事を提供してくれたパンという朝鮮人の家を訪ねることが目的だった。姜徳景にとって日本で唯一の知人だった」(57ページ〜69ページ)

〔その519〕平和祈念事業特別基金編『平和の礎・軍人軍属短期在職者が語り継ぐ労苦4』平和祈念事業特別基金、1994年発行。同書中、「戦争と軍医と衛生兵」と題する「神奈川県 永井収三」の章。永井は、朝鮮・大邱医科専門学校を卒業し、昭和18年8月、独立混成第22旅団独立歩兵第66大隊に軍医見習士官として配属される。大隊本部は中国・広州市の河南にあった。
(その519・1)昭和18年?、中国・広州。
「(広州時代の嫌なこと)初年兵の性教育、具体的にはコンドームの使用法に立ち会うことです。説明は人事係の准尉でした。朝鮮の学校の出身者だと慰安婦に直ぐ分かるのでしょうか。巡察や定期検査の折りなどよく相談を持ち込まれました。奴隷狩同様に連れてこられたとか、いつ帰れるのか、こんな体では故郷に帰れないとか。見習軍医では答えるすべもありません。黙って聞いているだけでした。ふとアレキサンダーやジンギス汗の軍隊では若者の性処理をどうしたのか、考えこんでしまうこともありました」(370〜371ページ)

〔その520〕平和祈念事業特別基金編『平和の礎・軍人軍属短期在職者が語り継ぐ労苦11』平和祈念事業特別基金、2001年発行。同書中、「師団通信小隊長の中国参戦記」と題する「島根県 金築富雄」執筆の章。金築は、昭和18年12月から、陸軍通信隊に所属し、中国各地を転戦する。
(その520・1)昭和20年6月?、中国・漢口。
「(昭和20年)6月30日、南京予備士官学校を卒業、見習士官となり」「漢口にて歩兵隊員を通信兵にするための教育指導官に任命され、同時に陸軍少尉に任官、第132通信隊の小隊長を命ぜられました。一か月ほど教育して原隊の前線に帰そうと思うのですが、歩兵隊の兵士が前線に帰るのを嫌って漢口で慰安婦と心中するという不祥事が数件も発生、中隊長の病死という判断で処置したことがありました」(170〜171ページ)

〔その521〕吉岡義一著『零の進軍・上』熊本出版文化会館、2015年発行。著者は、昭和18年12月、中支に派遣され、大陸打通作戦で湖南を進む。
(その521・1)昭和19年5月、中国・監利。
「沙市出発後5日目頃から、行軍中にもっぱら監利へ今日あたり到着するらしいと話がもち上った」「それは1943年11月に遡ると、1943年徴集として私たちが入隊する三か月前に、湖南省北部の洞庭湖の西側にあたる常徳作戦で峯口を占領し、監利を占領した常徳攻撃を敢行しているからである。その作戦に参加した経験をもつ小川寅男4年兵は自慢そうに、『監利は俺は行ったことがある。その時は朝鮮ピーと一晩寝て思う存分48手の裏表を使ってやったぞ。いよいよ監利へ着いたらまた朝鮮ピーを抱いて寝れるかも知れぬぞ』。それを聞いた立山和義4年兵も、『朝鮮ピーのチャワンの穴も悪くはないが小川さん、やっぱり日本のおなごの毛のあるのを抱きたいとは思わんかいな』『そうそう立山さん、日本のおなごはあきらめて朝鮮ピーで我慢しよう。さあ、監利まで頑張るそ!』と小川・立山両最古参兵は動物の交尾にも似た喜びの様子で行軍している」「(監利の町に入り)行軍は騒がしくなってきた。シュミーズ一枚の朝鮮女の疲れ切った姿が家の中へ2人入っていくのが見えるので、古兵たちは『よーいよーい』とそのシュミーズ一枚の朝鮮女に声をかけるが、その女は振り向きもしないで門の中へ姿を消していった」「(行軍も)次第に町を通り過ぎ、反りをうたせた監利の町の瓦屋根はもうだんだん後ろの方へ遠く小さくなってゆく」(45〜46ページ)

〔その522〕吉岡義一著『零の進軍・下』熊本出版文化会館、2015年発行。著者は、昭和18年12月、中支に派遣され、大陸打通作戦で湖南を進む。
(その522・1)昭和20年2月、中国・義寧。
「谷口兵長はまた珍しい話を切り出した。『川向こうの最初の民家はピーヤだぞ。俺は遂にピーヤに行ってしまった!』(ピーヤとは現地の中国女性、主に婦人を捕まえて慰安婦にして占領地の民家に拘束し、慰安所として兵士たちの戦力の減退を防ぐために上官の命令で作られていた)と、谷口兵長は遂に自分の童貞を破ったと残念な表情で語りかけた」「『誘われたので行ったんだ。すると部屋の入口には2〜3人と中隊の兵隊・下士官も自分の順番を待っている。その部屋は3部屋に分かれ、ピーも3人だ。その三つの部屋に並んで順番を待つ時は照れ臭かったぞ!』『俺の順番になったので、簡単に作ってある扉を開いて三つに仕切ってある部屋に入ると、ピー(中国女性)は真っ裸にされ、両足をはだけたまま仰向けに寝ているではないか。俺は初めてで困ったぞ。そのうえ、ピーは兵隊が次々と抱きつき思う存分やった後だから、ぐったりとなってびくとも動きはせん。その上に俺もズボンをとって乗り、一発やったんだ。その後、おれがピーから降りた時もびくとも動かず、死んだ者のようだったぞ』」「日本皇軍が、天皇の軍隊が、中国の女性を捕らえて急作りした野戦慰安所。ここにも戦争の惨々たる現実があるのだ」(110〜112ページ)
(その522・2)昭和20年2月、中国。
「行軍は湘桂鉄路へ出た。行軍の列は大隊本部が第一中隊の次に続いているので時折、曲がりの路線では馬上の河野大隊長、大隊付将校・吉田大尉の馬上姿が続いて見え、大隊本部の最後尾に支那馬に乗って行軍している中国婦人らしき者が兵隊の目にとまり、話が行軍の列に広がり始めた。それによると『支那馬の中国婦人は、河野大隊長の夜の女である』ことが判明して、龍勝でのピーヤがあったことも自ら上官の命令で行われたことも知った」(118ページ)

〔その523〕杉山熊男著『海軍新参軍医転戦記』昭和出版、1981年発行。著者は、昭和16年9月、海軍軍医少尉に任官。以後、パラオ、メナド、ニューギニアなどを転戦する。
(その523・1)昭和17年、インドネシア・メナド。
「混血児については私は一つの意見を持っていた。即ち男の子は母親の素質を非常に大きく受ける。そして国籍は父方の日本人を名乗るのであるから、特にインドネシアの闇の女が母の場合、素質も教養もよかろうはずはなく、父が日本の兵隊というだけで名前もわからないような場合は、今から20年後を考えると恐ろしいことになると思った。そこで州立病院の院長キスマンが産婦人科医だったことを思い出し、彼のところへそういう場合の処置を頼みに行ったが、一口で断られた。私はカトリックだから絶対に出来ないと言って頑張る。だが私も負けてはいなかった」「理詰めの説法をする一方、通訳の誰かの入れ知恵もあって、もしキスマンがこのことに協力してくれれば、日本軍に協力してくれたからと特別の申請を出し、トムホンの婦女子収容所に入れられているオランダ人である彼の奥さんを子供ともども特別に釈放してもらうよう尽力すると申し出て日参した。ついに彼はОKと言った」「かくてその後、インドネシアのP(著者注・闇の女)が妊娠したと分れば片端から妊娠中絶をすすめた。少なくともメナド界隈には、父親の分らぬような戦争の落し子は、一人も生まれていない筈である」(81〜82ページ)

〔その524〕戸石泰一著『消燈ラッパと兵隊』KKベストセラーズ、1976年発行。著者は、昭和17年10月、入営。19年2月、インドネシア・スマトラのブキ・チンギに駐屯する第25司令部に見習士官として配属される。
(その524・1)
「日夕点呼では『日々命令』というのと『会報』というものが伝達された。週番下士官かあるいは班長が画板のようなものにはさんだ紙を読み上げる」「『会報』というのは、命令を改まって出すというほどでもない、いわば『お知らせ』である」「毎週土曜日には、“慰安婦”たちの健康状況についても、『会報』で知らされる」「『大和屋!』などと、娼家の名が呼ばれ、『花奴、センケイ・コンジローム』などという具合であった」(80〜81ページ)
(その524・2)昭和19年、インドネシア・ブキ・チンギ。
「将校慰安所をかねた日本料理屋に行くと、畳敷きの部屋があって、日本髪の“芸妓”が出てくる。その若い妓からレコードを借りてきて、小唄の練習をするのが、流行した」「マージャンもまた大いに流行した。酒を呑みに出ない夜は、もっぱらこれである。『なあ、おい、将来日本に帰っても、黙っていようぜ。家の連中は、何しろ瘴癘酷熱のジャングルか何かで、汗びっしょりで苦労していると思っているんだろうからなあ』。パイをすてながら、そう言った」(247ページ)
「将校用の慰安所兼料理屋には、『治作』という店と『立花』という店と2軒あった。『治作』というのは、もちろん、築地の店の名をとったものだろう。ここには、日本髪のかつらをつけ、長い裾を引いた妓たちがいた。三味線の達者な老妓(といっても、まだ40にはならなかったろうが)もいて、若い連中は踊ったりする。ところで、ここには、司令部の将校だけが出入りするわけではない。ブキ・チンギ周辺の町にも、いくつかの部隊が駐屯しているし、さらに、軍政部の高等官の軍属、商社や銀行、新聞社の特派員など、いわゆる民間人も来る。圧倒的に女性が不足なのであった。たいていの妓たちが、部隊の違う将校を2人ぐらい、それに軍政官のお役人、商社の民間人と、4、5人の愛人を持っている。われわれ少尉などは問題外の外みたいなものであった」(257〜258ページ)
「昭和20年の3月、南方各地の抑留外国人、捕虜に対する国際赤十字を通して慰問品を送り届ける船が、内地から来る事になった。阿波丸という貨客船である」「この赤十字交換船なら安全なのである。皆が争って、これに乗りたがり、その許可を得た人は喜んだ。その中に朝鮮人の慰安婦もいた。彼女たちは、中国各地を日本軍と共に強制的に行動させられ、マレーからシンガポール、そしてスマトラまでつれて来られたのである。とっくに『借金』は返し、年期があけた『自由』の身であった。それでも、客をとらされていた。もっとも、雇主も強制は出来ないわけで、嫌いなやつは客にしなかったし、勝手に休むこともあった」「(ブキ・チンギの中国人街の)坂の上の左に、朝鮮人の彼女たちの宿る一画があった。コンクリートと漆喰でできた家であった。彼女たちが、阿波丸の乗船者に選ばれたことに、どんな経過があったかは知らない。しかし、これはわれわれにとっても、嬉しく思われる事であった」「20年4月1日、阿波丸は、台湾付近で、アメリカ潜水艦によって撃沈された」「私たちとしては、この船に乗れることをあれだけ喜んでいた、彼女たちの事を思わずにはいられなかった」(259ページ〜262ページ)
「(敗戦直後)司令部をあげて落着かず、騒然たる中で、ただ軍司令官のまわりだけが、ひっそり静まっていた。中将・田辺盛武、開戦からガダルカナル戦あたりまでの参謀本部の次長であった」「かれだけは、『愛人』を持たなかった。料理屋にも行かなかった」(277〜278ページ)
「(敗戦直後)在留邦人の婦人は、すべて陸軍病院の『看護婦』にされる事になった。上層部が発案し強行したという事だった。英印軍が入って来ても、病院看護婦としてあれば、まさかひどい事はしないだろうというのである。日本軍がこれまで、中国はじめ各地でやって来たような事を、かれらも必ずするに違いないと確信しているわけであった。病院は、ひどい騒ぎだという噂が、すぐに広まって来た。もともと、本職の従軍看護婦はこの臨時看護婦を入れることに強く反発していると言われた。そして、臨時看護婦になるべき婦人たちも、いろいろだった。まず、治作や立花の妓たち、商社員として来ている人、偕行社(ホテル)のウエイトレス、軍政部の軍属の資格では、インドネシア人女学校の女教員もいた」「高級将校の中には、病院にチャンタ(インドネシア語・愛人)に会いに行き、その煙草や酒を差し入れするばかりか、共に外泊する者まであるという。また、偕行社のウエイトレスの中にも、やはり将校のチャンタにさせられてしまった娘もいて(もちろん、まじめな恋愛関係にあるものもあったが)妓たちとの間に、複雑な対立があるとも言われた」(280ページ)

〔その525〕杉江勇著『福岡連隊史』秋田書店、1974年発行。
(その525・1)
「(福岡の113連隊は昭和17年2月17日門司を出港)18日から済州島西方を経て澎湖島に向かった。船中で、『いまのうちに“ハート美人”のほしい者は購入せよ』と回報がきた。“ハート美人”とは衛生サックのことだ。ところが“ハート美人”を食い物と勘違いした兵が早速、50個注文した。あとで現物が届いてビックリ、両手いっぱいに50個のサックを持って、『うーむ』とうなった」(216ページ)

〔その526〕日高親男著『南海をゆく−第153海軍航空隊戦没兵士の霊に捧ぐる鎮魂の記録』協楽社、1984年発行。
(その526・1)昭和19年、インドネシア・セレベス。
「偵察飛行隊が(セレベス・ケンダリ―基地から)アンボン・マノクワリ方面へ出撃する機会が多くなり、ときには未帰還の飛行機が出るようになった。出撃の前夜になると『山』と呼ばれた慰安所に隣接する料亭に繰り込んで搭乗員の壮行会が催された。料亭には日本からはるばるきた若い慰安婦もいて明け方近くまで飲み明かしたこともある」(20ページ)
(その526・2)昭和20年、フィリピン・ルソン。
「(ルソン・インファンタの“自活生活”中)わが兵士のなかにもよくない奴がでてきた。数名が群れをなして群盗と化し住民の集落に夜襲をかけ、食糧を強奪し・婦女子を強姦・なかには一家みな殺しを犯す者が出てきた」「このような犯罪行為は兵隊だけが行ったわけではない。士官のなかにも自ら先頭に立って住民の部落に潜入し、掠奪や婦女暴行を行った者もいた。わけても兵学校出身のキャリア組の少佐の一人などは、部下がかどわかして連れてきた村の娘を現地妻として、終戦まで同棲した」(234ページ)

〔その527〕古山高麗雄著『人生、しょせん運不運』草思社、2004年発行。著者は、「今度は実名で、新義州のこと、両親のこと、私と妻のことを書いてみる」決意で、過去を振り返る連載を月刊『草思』で開始した。ところが、連載途中で急逝し、未完となった。軍隊以前で途絶したので、従軍慰安婦関連の記述はない。
(その527・1)
「軍隊というのは、人間の価値を階級以上に考えることがなく、そうすることで組織を維持し、アラヒトガミだのセキシだのというカルト教団の教義のような考え方で国民を統制して、陸海軍の最高幹部が天皇という絶対神の名のもとに、オノレの栄達を求めた大組織でした」「それにしても国民は、まんまと、と言うのか、従順に、と言えばいいのか、ああいう人たちの思うままに使われて、無惨に死に、生き残った人たちは、そういう仲間や肉親のことを、英霊などと言っている。東条英機も英霊です。侵略されたわけでもなく侵略されそうだったわけでもないのに、他国に押し入って、人を殺し、家を焼き、物を奪い、13、4の少女から、70過ぎた老女まで、強姦し、そのうえで殺したりした皇軍の兵士も多い。そういう兵士の中には、恨みを買って殺された人もいる。そういう兵士も英霊です。わが国では、東条も、強姦殺人の兵士も、死ねば皆仏さま、あるいは神さま」「しかし、犯人が死んで英霊と呼ばれても、過去の痛ましい事件が消えるわけではありません」(81〜82ページ)

〔その528〕古山高麗雄著『二十三の戦争短編小説』文春文庫、2004年発行。同書中、「過去」(『すばる』1995年6月号)の一節。
(その528・1)
「元下関労報動員部長吉田清治が書いた『朝鮮人慰安婦と日本人』という本を読んで、私は書かれていることをそのまま信じて驚いたものであった」「私がその手記を頭から信じたのは、ビルマで“ビルマ人狩り”で狩られた労務者の行列に出会ったことがあったからでもある。ビルマで出会った行列というのは奇妙なものであった。先頭の日本兵が義勇奉公隊という大書した幟を立てて歩き、手錠をかけられたビルマ人の行列がそれに続き、その横に何人かの武装した日本兵がついていた。何ですかこれは? と武装した兵士の一人に聞くと、泰緬鉄道で働かせる労働者だということであった。なぜ手錠をかけているのかと聞くと、逃亡防止のためだと言う。それで服役中の囚人でも連行しているのかと思ったら、そうではなく、公園や市場でつかまえて連れて来たのだと言った」「ビルマ人狩りがあるなら、朝鮮人狩りもあるだろう」「ビルマであんなものを見たために、私は吉田清治氏の“朝鮮人狩り”についての告白を容易に信じてしまったが、だんだん全面的には信じられなくなった」(568ページ)

〔その529〕鈴木英次著『サムライの翼』光人社NF文庫、1997年発行(単行本、光人社、1971年発行)。著者は、読売新聞社記者で、昭和17年3月、ビルマ方面特派従軍記者としてビルマなどに赴く。
(その529・1)昭和19年3月、ビルマ・メイミョ。
「3月5日夜、長谷川記者は支局からさして遠くない、赤松林のなかにある料亭『清風荘』で、ぼく(著者)らの歓迎宴を張った。野戦支局の全員が参加したその席上で、ぼくは、若々しい日本娘をみておどろいた。そこには3月前にきたばかりだという18歳から23歳までの女たちが20数人もいたのである。うそかまことか、真実のほどは、わからなかったが、女たちは南方総軍司令部のタイピスト要員に応募し、つれて来られたのがメイミョの山の中で、しかも15軍の将校たちのための“芸者”にさせられた、というのだった。ゲイシャとは名ばかりで、それはあきらかに15軍の料亭兼将校慰安所なのであった」(392ページ)

〔その530〕火野葦平著『火野葦平選集第二巻』東京創元社、1958年発行。
(その530・1)
「当時、ペンに加えられていた制限は大きなものであった。第一、日本軍が負けているところを書いてはならない」「次に、戦争の暗黒面を書いてはならない」「第三に、戦っている敵は憎々しくいやらしく書かねばならなかった。味方はすべて立派で、敵はすべて鬼畜でなければならない」「第四に、作戦の全貌を書くことを許さない」「第五に、部隊の編成と部隊名を書かせない」「第六に、軍人の人間としての表現を許さない。分隊長以下の兵隊はいくらか性格描写ができるが、小隊長以上は、全部人格高潔、沈着勇敢に書かねばならない」「第七に、女のことを書かせない。戦争と性欲との問題は文学作品としての大きなテーマであるのに、皇軍は戦地では女を見ても胸をドキドキさせてはいかないのである。まして、現地の女との交渉などは以ての外だ」「にもかかわらず、私(著者)は『麦と兵隊』を書いた」「(まず原稿を現地軍が検閲したが)いたるところに朱が入れられ、方々が削除されていた。5月11日の最後、中国兵捕虜雷国東が麦畑につれ去られて銃殺されるところ、5月22日の終り、3人の捕虜を麦畑で斬首するところは削除になっていた」(406〜412ページ)

〔その531〕今日の話題社編『太平洋戦争ドキュメンタリー第3巻』今日の話題社、1968年発行。同書中、元伊17潜・掌信号兵曹の手記「死に見放された兵士たち」の一節。
(その531・1)昭和18年8月?、南方・ニューカレドニア。
「(乗っていた潜水艦が撃沈され、ニューカレドニア・ヌーメアの米軍収容所に連行されると)2日目から、毎日のように、一人一人呼び出されて訊問がはじまった」「『トラック島には慰安所がいくつありますか』などとも聞かれた。これはトラックには凡そどの位の兵団が常駐しているかということの推定の資料になると思って、私はこれも何とかごまかして答えねばならなかった。慰安所の数で凡そ兵隊の数がわかるということを、私はまえにきいたことがあった。『私たちは外洋ばかり廻っていて、まだそんなところに行ったことがない』と答えた。事実私はそんなところに行ったことがなかった」(120〜121ページ)

〔その532〕今日の話題社編『太平洋戦争ドキュメンタリー第4巻』今日の話題社、1968年発行。同書中、元海軍中尉の手記「わだつみに捧ぐる若きいのち」の一節。
(その532・1)昭和20年、鹿児島・串良。
「(串良の)町へ出てわれわれがお世話になるのは、通称『日の丸食堂』の小野能貞様宅。偵察の山田達は、旅館『国見屋』だ」「基地でわれわれが親しくなった人に、報道班員の長島氏(同盟通信特派員)がある」「或る日、この長島報道班員が、面白い所へ案内するというので」「串良の町へ出ると、まっすぐに駅へ直行、汽車で高山(コウヤマ)まで乗った。案内にしたがって行き着いたところは、海軍士官専用に指定された料亭であった。座敷へ通ると着飾った数人の芸妓に取り巻かれ、左右から酌をされ大いに面喰った。これが話に聴く軍用語でいう『Sプレイ』というものかナと、思ってもみたが、生まれてはじめての経験でもあるし、また特攻搭乗員という自覚からも、とんだ所へ来てしまったと後悔が先に立った」「酔うほどに、報道班員が真先にのびてしまい、大広間の片隅に大の字になり、高鼾をきめこんでしまった。われわれも大いに騒ぎ酔い、ぐったりしたとき、女中が寝床の用意をしましたと告げて来た。『この辺で宴会はお開きにするか!』と連れ立って行ってみると驚いた。部屋別に大きな夜具が敷いてある。とんでもない! いわゆる『Sプレイ』の準備らしい。『俺達は潔よく死ぬんだ! 綺麗さっぱりと征くんだ! 是が非でもフトンはシングルを用意しろ!』。後藤が怒鳴ると、女中はそれでも怪訝そうな顔をして敷き直した。われわれは、久方ぶりに畳の上でフトンにくるまり一夜を明かし、翌朝は暗いうちに起床した」(144〜145ページ)

〔その533〕今日の話題社編『太平洋戦争ドキュメンタリー第5巻』今日の話題社、1968年発行。同書中、訓2551部隊・元陸軍大尉の手記「サイパンの空 星はまたたく」の一節。
(その533・1)昭和19年7月、南方・サイパン。
「最後の突撃は終った。あくれば7月8日」「(その日の真夜中、従軍看護婦の林がやってきた)彼女たちも亦、生きる道を失い、全員自決することに意見が一致し、それには誰か将校に見届けて欲しく、そのため連絡に来たのだということだった」「『気をつけ!』。婦長は、号令をかけ、自分の場所に行き、全員に正座させた。『只今、林連絡婦の案内で、私たちのため2名の将校が来て下さいました。その中に、皆さんも御存知の堤軍医殿もおられます。一同衷心より感謝の意を表しますとともに、皇軍将兵の方々の御奮闘をお祈りします。一同敬礼!』。12、3人の従軍看護婦たちは、新調の制服に身を整えている」「40歳前後と思われる婦長を除けば、20歳前後の乙女たちである。バナナの葉を敷き各自50糎ぐらいの深さの横穴を前にして正座している。彼女たちは、嗚咽にむせんでさえいる」「(続いて堤軍医の言葉が終り)婦長は、私たちに挨拶し、故郷遥拝を終えた後、『では用意!』と命じた。各自は救急箱を開け、注射器を取り出し、死の液体を吸い上げる」「婦長の左腕に注射針がささった。全員これにならった」「数分後には、全員動かなくなった。私たち3人(部下の軍曹も立ち会う)は、こと切れた彼女たちを、そっと前の壕に入れ、その上をバナナの葉で覆った」(83〜85ページ)

〔その534〕今日の話題社編『太平洋戦争ドキュメンタリー第9巻』今日の話題社、1968年発行。同書中、野砲中隊長・元陸軍中尉の手記「血風硫黄島」の一節。
(その534・1)昭和19年、小笠原・父島。
「私たちは、硫黄島派遣を命ぜられたものの、渡る船がないまま、ついに20日余りも(父島に)滞在する結果になった」「父島には、20名ばかりの慰安婦がいた。その中に、洲崎で見たことのある女がいた。彼女たちは、内地から来た者ばかりだった。『お国のために戦って下さる兵隊さんのために、ちょっとでもお慰めになれば、私たちはここで死んでも本望です』という言葉に、微塵の嘘はないようであった。その彼女たちも、最後には父島に果てたという」(19ページ)

〔その535〕今日の話題社編『太平洋戦争ドキュメンタリー第13巻』今日の話題社、1969年発行。同書中、三重空乙技・予科練第23期生の手記「14歳の少年兵」の一節。
(その535・1)昭和19年、三重。
「土曜日の午後、外出に対する注意があった。練習生に許された外出地域に禁止区域があった。つまりわれわれは、未成年者である。三重空(三重海軍航空隊)よりの町、松坂と津には遊郭があり、これに禁止の赤線がしてあった」(274ページ)

〔その536〕韓国挺身隊問題対策協議会・挺身隊研究会編『証言――強制連行された朝鮮人軍慰安婦たち』明石書店、1993年発行。同書は、元慰安婦19人の証言集。元慰安婦の事情調査に参加したアン・ビョンジク(ソウル大学経済学部教授・殖民地経済史)は、「調査を検討するうえで非常に難しかった点は、証言者の陳述がたびたび論理的に矛盾することであった。すでに50年前のことなので、記憶ちがいもあるだろうが、証言したくない点を省略したり、適当に繕ったりごちゃまぜにしたりということもあり、またその時代の事情が私たちの想像を越えていることもあるところから起こったことと考えられる。この中でも調査者たちを困らせたのは、証言者が意図的に事実を歪曲していると思われるケースだった」「私たちが調査を終えた19人の証言は、私たちが自信を持って世に送り出すものである」と前書きで述べている。
(その536・1)中国・広東。
「決して忘れることはできないけれど、もう恨まない(と題する)李英淑(イ・ヨンスクの手記)」「(前文)孤児の身で、大阪で10歳ごろまで奉公した。両親が朝鮮人だからと1937年、15歳の時に朝鮮に帰ったが、孤児だという理由で奉公もさせてもらえなかった。1939年、日本で就職させてやるという人がいるので一緒に行こうと友だちに誘われ、新義州、下関、台湾を経て」
「(本文)再び船に乗って広東に行きました」「船から降り、自動車に乗って着いたのは、三階建ての煉瓦造りの家でした」「門は鉄扉で、窓ごとに鉄格子がはまっていました」「私たちがいた家の周囲は全部慰安所で、そこにいた朝鮮人慰安婦だけでも数百人になったと思います。路地の入り口には常時、通訳を兼ねた中国人の警備と日本人憲兵が立っていました」「私たちが到着した時、その家には既に15人の朝鮮人の女たちがいて、皆日本語が上手でした」「主人は日本人夫婦でした」「到着して2日たつと、新入りの私たちを求めて軍人がやって来て、その日から軍人の相手をしました」「相手をした軍人の中には将校もいたし、兵士もいました」「2年たつと、そこでの事情がどんなふうになっているのかよくわかるようになりました。親しくしていた女が『あんたは契約期間が過ぎたから好きなようにしてもいいんだよ』と耳打ちしてくれました。2年たち何日か過ぎても、経営者は何も言いません。それである日、酒を一升買ってきて飲み、くだをまきました」「それからは私の所に来る軍人を一人も受けませんでした。その路地には慰安婦を業者に紹介する日本人の年寄りがいましたが、ある日彼が私の所に来て『他の所に行く気はないか? いいところに紹介してやるから』と言いました。私が了解すると、数日後、他のところを紹介してくれました。その日に荷物を移し、移った家で生活を始めました。前の家を出るとき、契約期間が過ぎた分を計算して金を受け取りました。自由の身になれば、経営者と半々で分けるようになっていました。新しく行った家には、日本人慰安婦しかいませんでした」「ここは比較的過ごしやすいところでした。相手の軍人もたまに兵士がいましたが、たいてい将校です。ここでは自分の好きなときだけ軍人の相手をしました。経営者との利益配分は半々でした。そして、金があれば朝鮮に行くこともできました。けれども、既に自暴自棄になってしまって、朝鮮に行くほど金を持っていたわけでもなかったので、そのままになってしまいました」(74〜79ページ)
(その536・2)中国・満州。
「『一家に一人の供出』だと言われ(と題する)黄錦周(ファン・クムジュの手記)」「(前文)1922年扶余生まれ」「父の発病後、家運が傾く。1934年、13歳の時、家を出て奉公に出る。日本人の班長が、日本の軍需工場に行けば金が儲かる、一家で一人は行かねばならないと脅すので、奉公先の娘たちに代わって1941年、20歳(のときだった)」
「(本文)私の村では2人が行きました」「(集合場所の)咸興駅に行ってみると、いろいろな郡から来た女たちが20人くらいいました。年格好は大体15、6歳といったところで、私が一番年長の方でした。出発の時、送別式のようなものはなく、見送りの家族が大勢きていました」「軍人は私たちを軍用列車に乗せました」「汽車の窓には黒い油紙でできた日よけが引きおろされていました」「車両の前後には見張りの憲兵が一人ずつ立っていました」「時計もない汽車の中で2、3日過ごしたように思います。汽車から降りるとなにやら放送する声が聞こえました。何の放送かと尋ねると、吉林駅だということでした。駅前広場にでると、埃まみれの汚い幌を張ったトラックが待っていました」「トラックは半日走り続けました。トラックが着いた場所には民家のようなものは一切なく、軍隊の幕舎(テント)ばかりが見える果てしなく広い部隊の敷地内でした。私たちは『小屋』と呼ばれるたくさんの幕舎の一つに荷をとき、その日の睡眠をとりました」「その小屋には私たちより先に来ていた女が何人かいました。彼女らは『あんたらももう終わりね。かわいそうに』と言いました」「翌日、軍人たちが来て女たちを一人ずつ連れて行きました。私もある軍人に連れられて将校の部屋に行きました」「将校は寝台の横にいて、近くに来いと言いながら、抱き寄せようとしました。私がいやだと言うと何故かと問い返しました。『洗濯や掃除ならやります』と言うと、そんなことはしなくてもいいと言いながらまた抱き寄せようとしました」「チマを引き裂かれ下着姿になってしまった私はそれでもいやだと言って座り込みました。将校は私のおさげ髪を引っ張って立たせ刀で下着を引き裂きました。その時私は気を失ってしまったのです。しばらくして気がつくと、将校は向こうの方に座って汗を拭き、服を着ているところでした」「半月ほどの間は1日に3、4回ずつ将校たちに呼ばれました。来たばかりの女は新物ということでしばらくの間将校の相手だけをさせられたのです」「約半月後、その小屋に荷物を置いたまま慰安所に行くことになりました」(106〜109ページ)
(その536・3)中国・満州。
「勉強したくて(と題するムン・ピルギの手記)」「(前文)1925年慶尚南道生まれ。家はさほど苦しくはなかった。兄弟は2男9女。勉学への思いが強く、母親が父親に黙って9歳の時に学校に入れてくれたが、父の反対にあい中退した。1943年、18歳の時、勉強もできるし、金も儲かるという男の言葉に騙されて、満州の軍慰安所に連れていかれた」
「(本文)慰安所には30人ほどの慰安婦がおり、全員朝鮮人慰安婦でした」「慰安婦たちの中には学校に通っていて連れてこられた者もいました」「私が一番親しくしていたのはキヨコでした。細面で器量のいいキヨコは平壌の妓生でしたが、いい所を紹介してやるという言葉に騙されて慰安婦になったということでした」「(私は)慰安所に到着するとすぐ、性病にかかっているかどうか、処女かどうかを調べる検査がありました。その後、軍医は私に何か月間か看護婦の仕事をさせました」「昼間は病院の仕事をして、夜は軍医の相手をさせられました。私はその軍医に処女を奪われたのです」「数か月後には看護婦をやめさせられて慰安婦をさせられました。慰安婦となってからも、負傷兵が多い時など時々病院に行って看護婦の仕事をしました」(117〜122ページ)
(その536・4)台湾・新竹?。
「くやしい! 私の青春を返して(と題する)李容洙(イ・ヨンスの手記)」「(前文)1928年大邱生まれ。貧困家庭の一人娘(男兄弟の中の娘ひとり)で達城普通学校に入学したが、家庭の事情が許さず1年も通えなかった。他家の乳母をしている母親の代わりに弟の世話をしたり、製綿工場で働いた。日本人の口車に乗せられて友達と一緒に台湾の軍慰安所に連れて行かれた」
「(本文・1944年秋、台湾へ向かう途中の船内で軍人に強姦され)台湾に到着しました。船から降りて歩こうとしたら、下半身が自分の身体ではないようでした」「(慰安所に着き)部屋に入れと言われましたが、入るまいと突っぱねたら、経営者が私の束ねた髪の毛をつかんで、ひとつの部屋に引っ張っていきました。その部屋で電気拷問を受けたのです」「電気コードを引き抜いてその線で手首、足首をくくられました。それから『この野郎』と言いながら電話機のダイヤルをやたらめったら回しました。目からピカッと火が出て全身がわなわなと震えました。とても我慢できなくて『なんでも言う通りにします』と、泣き叫びながら両手を合わせてただただ拝みました」「私たちは主に特攻隊の相手をしました」「1日平均4、5人の軍人の相手をしました」「ある日地下防空壕にいた時爆撃を受けて慰安所が崩れました。防空壕の上に土が崩れ落ちて来ました」「その爆撃で経営者のお妾さんと、背の高い面長の朴(パク)という名の慰安婦が死にました。家が壊れたので山の下の防空壕に避難しました。そこでもまた軍人の相手をさせられました」「慰安所を建て直すのにそんなに時間はかからず、すぐにまた軍人の相手をさせられました」「ある日の夕方ひとりの軍人が来て、自分は今日出て行くと死ぬのだと言いました」「そして歌をひとつ教えてくれました」「その軍人がこの歌を教えてくれたので、(その歌詞から)そこが台湾の新竹というところなのだろうと見当がつきました」(131〜141ページ)
(その536・5)台湾・高雄。
「12歳のとき、ゴム跳びをしていて(と題する)李玉粉(イ・オクプンの手記)」「(前文)1926年慶尚南道永川生まれ。家の暮らしは楽な方で、4人兄弟の中の一人娘だった。11歳の時、永川南部小学校に入ったが、12歳で蔚山に引っ越した。引っ越して二か月後、友だちとゴム跳びをして遊んでいるところへ、日本人一人と朝鮮人一人が来て、お父さんが捜しているよというのでついて行くと、そのまま三か月間監禁された。その後、船に乗って下関を経て台湾の慰安所に連れて行かれた」
「(本文・その台湾の家は)二階建てで、片方の門のわきに『彰化慰安所』と漢字で書かれた看板がかかっていました。慰安所は山に近い田舎にあって、女たちがたくさんいました」「満14歳にならなくては警察の接客許可が出ないとのことで、私は許可が下りないので、洗濯や走り使いをさせられました」「(それから5年後、高雄へ連れて行かれる)高雄特攻隊でした」「小学校を軍人たちが命令して接収しました」「一つの教室を合板で仕切って三つの部屋を作っていました。女たちはみんなで40人ほどでした。学校の入り口に、『特攻隊慰安所』という看板がかかっていました。部隊の慰安所とは半里ぐらい離れているということでした」「はじめの八か月間は、山本という連隊長の相手を主にしましたが、彼がタヨコに移動した後からは、私も1日、20人から30人の相手をしました」(144〜152ページ)
(その536・6)シンガポール。
「『処女供出』を逃れたつもりが……(と題する)李順玉(仮名・イ・スノクの手記)」「(前文)1921年慶尚北道盈徳に生まれる。同じ村に住む親戚が独立運動をしていたためにきびしく監視されていた。17歳になる頃、処女供出の噂を聞いて、ある男性と書類上の婚姻届を出したが、新妻のふりをするのがいやでたまらず、日本の工場に就職させてくれるという人の話を信じてお金を稼ごうとついて行った。着いた所は中国関東軍部隊だった」
「(本文・関東州の慰安所から)3年後に、私たちは主人のおばさんと一緒にシンガポールに行きました。事前にはそんな話はまったくなく、ある日の夜、突然荷物をまとめろと言われて木綿のふろしきをくれたのです。そこに残る女もいましたし、シンガポールへ見物に行くつもりで志願する者もいました。私たちと交替に他の女たちが来るとのことでした」「(シンガポールの)常連の客の中に全羅道光州出身の朝鮮人で藤原という人がいました。この人は木工技術者で軍属でした。この藤原に死んでもいいから朝鮮に帰りたいと頼むと、手伝ってくれました。慰安婦の中にはすでに朝鮮に行くために慰安所をでた人もいましたが、国に向かう船が爆撃を受け沈没して死ぬことが多いということでした。それでも故郷に帰りたい気持ちが強く藤原に話をしたのです。しばらくして藤原が何人かいっしょに階級の高い軍人に会いに行こうといいました。藤原は木工仕事の関係で階級の高い軍人たちをよく知っている様子でした。私たち6人は彼に会うためこっそり慰安所をぬけ出ました」「兵営に着いて」「階級の高い軍人に会いました。何年勤めたのか聞かれたので、6年目だと答え、朝鮮に帰りたいと言いました。すると、病院船の看護婦が不足しているがその仕事ができるかと聞かれたので、ちゃんとできると答えました。それから半月後に日本に行く赤十字船が出るのでその船に乗るように言われました。このようにして6人がいっしょにシンガポールを出ることになりました。1944年の冬のことでした。軍から慰安所に人がきて、経営者のおばさんに私たちを出すように言うと、おばさんはぶつぶつと文句を言って最後までいやがりました。私たちが出る前にまた新たに朝鮮人女性たちが補充されました」「朝鮮に帰ってきて約半年後に解放を迎えました」(180〜192ページ)
(その536・7)中国・漢口、インドネシア・クタラジャ。
「満州、漢口、クタラジャを転々と(と題する)李得南(仮名・イ・トクナムの手記)」「(前文)1918年慶尚南道居昌生まれ。酒とばくちを続ける父親の荒れて暴れる生活が嫌になり、家出をする機会をうかがっていた。おばのいる満州に行き、おばが経営するカフェで小間使いをするようになった。1939年、22歳の頃、カフェで働いていた女たちと漢口に連れて行かれ、慰安婦生活をするようになった」
「(本文)漢口に到着すると私たちを連れてきた日本人は、金山(金)と名乗る30代後半の朝鮮人男性に私たちを引き渡しました。金山は日本軍部隊から10メートル程離れた、中国人が住んでいた家に私たちを連れていきました」「部隊の周囲には慰安所がたくさんありました」「そこには新入りの私たちを含めて、朝鮮人慰安婦が20人いました」「私は金山に、家に帰してくれるように頼んでみたのですが、『お前にかかった金を返せば帰してやる』と言うのです。そして『どうせこんなことになったのだから、腹を決めて熱心に金儲けすることを考えろ』と言われました」
「漢口に来て3年目、金山はスマトラのクタラジャで慰安婦が必要だから、この慰安所を引っ越すといいました。1942年、私が25歳の年に南方に向かって発ちました」「クタラジャは田舎でした。金山はオランダ人が住んでいたL字型の赤瓦の家に私たちを連れて行きました。漢口から一緒だった日本人女性2人と、金山がどこからか東南アジアの女性6人を連れてきて、となりの家に住まわせ、全部で28人をおいて営業を始めました」「慰安所の周囲には、警備隊、野戦病院、憲兵隊など、色々な部隊がありました。私たちの慰安所には、野戦病院にいる軍人が多く来ました。私たちの食事も、病院部隊が運んできました」「軍はサックを節約するため、一つで2、3回使用するようにと言うので、洗って使っていました」(212〜220ページ)
(その536・8)南方・ラバウル。
「『慰問団募集』で慰安婦に(と題する)朴順愛(仮名・パク・スネの手記)」「(前文)1919年全羅北道茂朱生まれ。16歳のとき、貧しい家庭に事情も知らずに嫁いだが、その家を逃げ出し、1936年、18歳で再び金持ちの後妻に入った。1938年に息子を出産。1941年23歳のとき、平素から猜疑心の強かった夫に紹介所に売り渡された。紹介所で慰問団を募集するという話を聞き、早くお金を稼いで息子と一緒に暮らそうと思い、自ら志願した」
「(本文・慰問団の話とは)『野戦病院で軍人の服を洗い、彼らが負傷したら治療してやればよい』といわれ、3年ほど働けば借金も返せるし、お金も儲けられるということでした。募集人員は25人」「紹介所の人はあんたたちはいい所にいくと言いました」「(釜山から下関を経て)一か月半ほどかかってラバウルに到着しました」「私たちが軍人の相手をするとは夢にも想像しませんでした」「軍人が初めてやって来た日は彼らと言い争うなど大騒ぎでした。私たちはこんなことをしに来たのではないと経営者とも激しく言い争いました。私は厨房でご飯を食べるほかは、戸を閉めてじっとしたまま動きませんでした。すると経営者は借金をどうやって返すのかと責め立てました。17歳になったばかりのスミコは半月もの間、人を寄せ付けずがんばりましたが、結局、冷酷な経営者と軍人ばかりのなかで、それ以上は無理でした。また逃げようとしても、四方海で逃げることもできなかったのです」「姉妹で一緒に来ている人もいましたが、妹の方は目が不自由なようでした。トイレに行くときも姉さんについて行っていました。梅毒のためそうなったのかもしれません」「食糧とおかずは帰る日まで軍で補給してくれました」「水も軍から運搬してくれました」「慰安所の横には憲兵哨所があって」「許可書がないと出られない」「祝日になると、舞台のある大きな部屋にあちこちの慰安所の女たちが集まりました」「ふだんあまり見かけることのない将校たちだけがいました。かれらは『皇国臣民の誓詞』を暗唱し、講演しました。私たちは日本の軍歌を歌い、舞台に上がってアリランを歌ったりしました」「このときどこから来たのか知りませんが日本の女もいました」「女たちは約束の期限が過ぎたのになぜ帰してくれないのかと経営者と何度も言い争いました。経営者は交替が来ないので帰せないのだと言いました。ところがどうしたことか、しばらくして交替も来ないのに出られることになりました。私と一緒に入った女たち50人がみな慰安所を後にしたのでした。船に乗る直前、経営者は貯金通帳を分けてくれました」「乗船して1週間くらいたったころ」「(撃沈され、救助後)再びラバウルへ戻りました。15人が生き残っていました」「(慰安婦生活を続け、再度ラバウルを脱出する)2回目のときも船は壊れましたが、素早く救助され、死んだ人は一人もいませんでした。今度はラバウルに戻らずパラオに出て1週間ほど滞在しました」「お金を儲けて帰りたいと数人はパラオに残りました」「私は死のうが生きようがパラオに残るのはいやで、どうしても朝鮮に帰りたかったのです」「再び船に乗り」「新暦のお正月(1944年)に下関に到着しました」(253〜266ページ)
(その536・9)朝鮮・釜山。
「自宅のそばの慰安所に監禁(と題する)尹頭理(ユン・ドゥリの手記)」「(前文)1928年釜山生まれ。父親が建設業を営み家庭はゆとりのある方だった。しかし兄は結婚後精神異常で家出し、父も亡くなって家運が傾きだして家庭がめちゃくちゃになった。1942年、15歳でゴム工場に働きに行くが、軍服工場に移った。そこの日本人の課長に下心を持たれたのでまた職場を変えることにな(る)」
「(本文・新しい職場を見に行った帰り)夕方5時か6時頃、釜山鎮駅にある南部警察署を通り過ぎようとすると、歩哨に立っていた巡査が来いと呼ぶのです」「1943年9月初旬のことでした。警察署の中には私のような少女たちが数人いました。座れと言うので『どうしてですか』と聞くと、『いいところに就職させてやるからじっとしていろ』と言いました」「(その夜)軍用トラックに乗せられ、どこかわからないところで下されました」「翌日の夜、私たちは軍人の引率で」「警備船のような船に乗りました。船のなかには20歳にもならないような幼い少女たちが50人ほどいて、3人の軍人が一緒に乗っていました。その船は日本に行きましたが、日本のどこかはわかりません」「釜山から一緒に行った50人は、10人ずつ2班と15人ずつ2班とに分けられました、私は10人の班に入りました。釜山で私のように捕まえられてきたスンジャも私と同じ班になりました」「スンジャは私より1歳年上の17歳でした。家は釜山の旧家でしたが、彼女もやはり勤めていた工場の帰り道に捕まえられたと言っていました」「私と同じ船に乗った10人の幼い少女たちは、1943年9月、釜山の影島にある第一慰安所に行くことになりました」「影島の第一慰安所には45人の慰安婦がいました。彼女たちはみな朝鮮人でした」「第一慰安所だった建物は、昔朝鮮人が旅館をしていたのを日本人が取り上げたものでした。その一帯には雲雀町という日本人の遊廓街がありましたが、影島橋を渡り左に500メートルほど離れた場所に位置していました。その日本人遊廓街を過ぎ、さらに奥に入ったところに慰安所がありました。慰安所の経営者は日本人の高山という人で、慰安所の監視は軍隊がしていました」「釜山の大新洞には『第二慰安所』がありました。そこにも約40〜50人の慰安婦たちがいたと聞きました」(301〜312ページ)

〔その537〕吉沢南著『私たちの中のアジアの戦争』朝日新聞社、1986年発行。同書中、戦時中、ベトナム・ハイフォンで憲兵をしていた高田への聞書き「ハイフォンの憲兵」の一節。
(その537・1)ベトナム・ハイフォン。
「フランス軍を武装解除し、日本の一国支配を実現させた1944年暮れから翌年の冬にかけての時期、ベトナム北部の食糧難は危機的な飢餓状態にいたり、民衆は死の淵に立たされた」「私(著者)の聴取りでも、十中八、九の人が、ベトナムの民衆が飢餓に瀕していた時、日本兵は『腹一杯食って、遊んでいた』と証言している。『先生にですからざっくばらんに話しますが、その頃の女遊びはすごかったですよ』と高田さんは恥じらいながら語った。繁華街の一角に色町があった。日本の女がいる店には将校連中などがかよい、朝鮮・台湾の女がいる店には、兵士がかよった。高田さんの馴染みもそこだ。やや離れたところには、ベトナムの女がいる店もあった」(188〜189ページ)

〔その538〕加地慶子著『書きつづけて死ねばいいんです―駒田信二の遺した言葉』新潮社、1998年発行。作家の駒田信二が中国での体験をもとに述べた話。
(その538・1)
「(駒田の言葉)小屋みたいな慰安所の前に、何十人もの兵隊が並ぶんです。順番がやってくると筵をめくりあげて小屋に入ります。若い兵隊なんかは我慢できなくて、こうやって前を押さえてまして」「慰安婦には朝鮮の女性もいます」「慰安婦は、自分たちよりも兵隊のほうがかわいそうだと思っています。自分たちは前線で戦うわけではない、兵隊は戦って死にます。だから兵隊のほうがかわいそうなんです」「兵隊たちも、慰安婦を哀れに思うんです。こんな戦地にまでつれてこられてと。自分たちはお国のために戦うのだから、仕方ないというかいいと思っていますから。慰安婦にはまだ少女のような人もいます。兵隊は妹や姉や恋人や妻を思い出し、泣く者もいます」「兵隊は手をついて、『おねがいします』というんです。終わったら『ありがとうございました』とまた手をついて、泣きながらいう者もいます。兵隊も慰安婦も哀れなんです」「慰安婦を見ただけで射精してしまう兵隊もいます。並んで待っているもんですから、間に合わないんです」「慰安婦が身の上話することもあります。泣きながらきく兵隊もいます。兵隊のほうも郷里の話なんかすることがあるんです。外で待っている兵隊が『早くしろう』とどなったりしますから、長話はできません」(78〜81ページ)

〔その539〕小関智弘著『東京大森海岸ぼくの戦争』筑摩書房、2005年発行。
(その539・1)東京・大森。
「(慰安施設設置は)戦地だけではない。戦争中の内地でも行われていた。しかも同じ大田区の、いまは羽田空港の敷地に埋もれた旧蒲田区穴守町でのことである」「昭和19年に、江東区洲崎の業者が入りこんで、ここにその名も(敗戦後、占領軍用に設置したと)同じ特別慰安所をつくった」「『蒲田警察署50年誌』に次の記録がある。『昭和20年6月。穴守の慰安施設特別認可なる。穴守町750番地付近6500坪を産業戦士に対する慰安施設として臨時私娼黙認地域を認可』」(180〜181ページ)

〔その540〕山城むつみ著『小林秀雄とその戦争の時』新潮社、2014年発行。
(その540・1)
「内務省警保局図書課が発行していた出版警察報という記録があった。その第112号に1938年の4月、5月、6月の三か月間の出版物取締の状況が報告されている」「5月分の処分要項に次のように記されている。『文芸春秋 第16巻第9号』『6月1日発行 5月18日削除』『「蘇州」と題する記事は蘇州に設けられたる慰安所と称する軍関係の淫売所を露骨に紹介されたるものなるが右は皇軍の威信を毀損し併せて風俗壊乱の虞あるに因り312頁313頁安寧並風俗削除』。そして問題の箇所を次のように引用している。『(前略)慰安所には、見学禁止憲兵隊と大きく書かれてゐて、見学するわけにはいかないので、やはり実際に慰安を求めに這入らなければならない。杭州では火野伍長から切符を分て貰って登楼した。「一発」と書き、下に下士官1円50銭、兵1円とある。(中略)胸には、めいめい番号と名前のはいった慰安所営所証を勲章の様に付けて居る。(中略)這入って行くと二三人が頓狂な声で○○○○○○しよ、と喚いた。(後略)』。小林が『無邪気に筆を走らせ過ぎた』と書いていたのはこういう箇所のことだろう」(56〜58ページ)

〔その541〕那覇市企画部市史編集室編『那覇の慟哭―市民の戦時戦後体験記1(戦時篇)』那覇市企画部市史編集室、1981年発行。同書中、「軍人であふれた城下町―首里の戦時体験座談会」の一節。
(その541・1)沖縄・那覇。
「野崎(当時昭和高女講師) 与儀先生のいわれたように、民家の大きい家は将校宿舎か宴会場、あるいは将校倶楽部として軍隊にとられました。私の家も大きかったので宴会場になりましたし、高原医院の場合は、内部を全部改造し、小さな部屋をたくさん作って慰安所にしていました」
「司会 慰安婦のことですが、その人たちは、慰安所にいたのですか、それとも何処か一カ所に集められていて、そこに通っていたのですか。
野崎 辻の女もいたし、朝鮮の女もいましたね。その女たちは慰安所にいたようでした。
宇良(当時首里市役所職員) 将校倶楽部とは名目で、裏ではそのようなことをやっていましたね。宴会場では将校らが酒をのんで夜中の2時3時まで、どんちゃん騒ぎをやって、それが毎夜の如く傍若無人の振る舞いでしたなあ」(549〜551ページ)

〔その542〕那覇市企画部市史編集室編『那覇の慟哭―市民の戦時戦後体験記2(戦後・海外篇)』那覇市企画部市史編集室、1981年発行。
(その542・1)沖縄・宜野座。
「米軍野戦病院で見たもの(と題する民間沖縄人の手記)」「私は、捕虜になった後、しばらくの間CPをやっていたが、そのときMPが、お前はレントゲン技師を長年したようだが、病院に勤めた方がよかろう、と病院に転出させてくれた。私が勤めることになった病院は宜野座米軍野戦病院であった」「病院に勤務する米兵は大勢いた。その中にはMPもいた。彼らは病室であるテントの中で、しかも白昼、女の患者を強姦した。戦時中は、それはひどいものだったが、戦後も絶えなかった」「この病院の敷地内に『朝鮮ピー』(朝鮮から狩り出されてきた日本軍相手の慰安婦)が20名ぐらい一つのテントの中に住んでいた。彼女らは別に負傷してないようだったし、病気の者もいなかったようだった。また、捕虜の扱いも受けていなかったので妙な存在であった。彼女らはほとんどが20歳前後の若い娘らであったので、病院勤務の米兵(MPも含む)らが見逃すはずはなく、将校の眼を盗んで、彼女らのテントに盛んに出入りしていた。彼女らは身を委せた報酬として缶詰類や煙草を彼らから受け取っていた。ところが、ある昼、将校に現場を見られてしまった。もちろん米兵らは彼女らのテントに出入りすることを厳禁された。そこで困ったのは彼女らで、収入源がばったり途絶えてしまったわけである。そこで、2人のピーが全裸になって、炊事軍曹のいる事務所に乗り込んできて軍曹はじめ、その部下、そして私たちをあっと言わせた。彼女らの言い分は『これまで缶詰や煙草をくれたのに、どうして今日から何もくれない。1日に三度の食事のニギリめし2個宛では、とても生きられない。死んだ方がいい。まず、私たち2人を銃で刺し殺せ。さあ殺せ』とわめき、その場にあお向けになった。軍曹らは色を失い、結局、彼女らの言うままに缶詰類や煙草をどっさり与えた。彼女らは意気揚々とそこを引き揚げて行った。その翌日、彼女らは全員、外の収容所に移された」(64〜67ページ)
(その542・2)朝鮮。
「敗戦で掠奪にさらされた日々―朝鮮引揚者体験座談会(の一節)」「亀谷(ヤス・当時朝鮮で小学校教員)」「わたしは昭和14年から昭和18年までは、お米の産地である水田地帯におりました」「昭和18年から19年にかけて山の方の学校に転勤しました」「日常は朝鮮の婦人たちと生活をしました」「一般の人たちが日本に徴用されていくことや、日本軍のために朝鮮の芸者である『妓生』たちが、日本軍の慰安婦に狩り出されていることも知りました」(555〜560ページ)

〔その543〕駒田信二著『私の中国捕虜体験』岩波ブックレットbQ14、1991年発行。著者は、国民党軍の捕虜として重慶の地下牢に収容されていたが、昭和21年6月、上海にある日僑自治会の帰国班の特別班として帰国した。
(その543・1)昭和21年、中国。
「特別班というのは、国民党軍や共産党軍の捕虜になっていて、上海まで送りかえされてきた6、7人の慰安婦たちだけの班でした。その引揚げ船の中で、私はずいぶん彼女たちの世話になりました。胃痙攣をおこして苦しんでいると、彼女たちはうつ伏せになった私の上にまたがって、力いっぱい背骨の下の両側のくぼみをおさえつづけてくれるのでした。私が聞かれて、捕虜になってからのことを話しますと、彼女たちは自分たちの悲しみや苦しみは外に置いて、兵隊さんはみんなつらかったのね、などと、くちぐちにいって私をいたわってくれるのでした」(62ページ)

〔その544〕『別冊文芸春秋・第202号』文芸春秋、1993年1月発行。同書中、朝日新聞従軍記者だった渡辺正男の「上海・南京・漢口 55年目の真実」と題する手記の一節。
(その544・1)昭和13年、中国・南京。
「(昭和13年3月)わたしは蕪湖支局長となり」「蕪湖に赴く前、わたしは南京におよそ10日間滞在していた」「南京支局には」「近く帰国予定の守山義雄がいた」「(昭和12年)12月13日、日本軍に従軍し南京に入城した橋本と守山は、支局を再開した」「毎夜、守山の部屋で、彼とわたしはウイスキーの盃をかたむけては遅くまで話しつづけた」「南京陥落の状況、落城後の状況などを、わたしは守山に尋ねた」
「彼の言葉をそのままここに記す。『日本の軍隊は勇敢に闘って南京城を攻め落とした。殺すか殺されるかの激しい闘いは終った。しかし、落城後の日本の兵隊の非情残虐の行為は許せない。非戦闘員の市民を数多く殺した。多くの婦女子に暴行を加えて殺した。われわれと同じ血が流れている日本の兵隊がどうしてあのように非情残虐になるのか、信じられないことだ』『15万人の市民がこの難民区に保護されている。この難民区に逃げ遅れた中国兵が軍服を平服に着換え、便衣のすがたで潜入していると称して、日本の軍隊が強引に侵入して、多くの市民を捕まえてゆく。成年男子の市民が毎日2000人、3000人と捕えられ、中山路を北に向い、揚子江の岸にある下関へと連れられていった。それらの人びとはふたたび難民区へ帰ってくることはできなかった』」
「戦争が終わり、南京城から戦火は遠く消え去った。それなのに、毎日毎夜、城内のどこかで赤い火が空に燃え上がる。『敗残兵がかくれている怪しげな家がある、敗残兵を狩り出すのだ』といって、軍隊が家を焼いているのである。年の暮れに近いある日、守山は第16師団司令部に、師団長の中島今朝吾中将を訪ねて訴えた」「『率直に言ってくれる新聞記者の貴君に敬意を表する。しかし、いまの貴君の言葉を受け容れることはできない。中国人の抗日心はまことに頑強だ。ここは敵首都の南京である。南京の一つひとつに、一木一草にもいまわしい抗日心が宿っている。その抗日心を打ち砕くのだ。どこかの建物にまだ敗残兵が潜伏している。それを焼き払うのだ。難民区の市民のなかにまだ敗残兵が潜伏している。それを狩り出して捕まえなければならないのだ』」「『中島という軍人は非道きわまる野蛮な人間だ』と心の中でつぶやいて、守山は師団司令部をあとにした」
「南京支局の別棟の建物には支局で永く雇用している中国人の趙明徳の一家が住んでいた」「(12年)12月21日の正午すぎ、支局の応接室で守山たちが雑談している。趙の妻君の英琴がいきなり駈け込んできて泣き叫ぶような声で告げる。『わたしと息子の兆明の2人が中山路の端に立って、通ってゆくトラックの列をみていると、1台のトラックが急に止まり、2人の兵隊が降りてきて、いきなり兆明を捕まえてトラックに乗せて、下関の方へ連れてゆきました。揚子江の岸で殺されます。守山先生、助けてください』。守山はすぐに起ちあがった」「揚子江岸の下関に着いた。およそ300人の中国人の男たちが黄濁りの流れに向って立たされている。その背後に5台の機関銃が並び、射手が銃座の位置を定め、『撃て』の命令を待っている。何という偶然であろうか。将校の一人は守山と顔見知りであった」「『朝日新聞の南京支局で働いている善良な少年です。助けてやってください」「わずか5分ののちに、撃たれて生命を絶たれる300人の中から、守山は兆明少年一人を連れ出した」
「(南京事件被害者数について)守山は『少なくみても、4万人は殺された』と、わたしに告げた。(南京支局の)林田重五郎記者はのちにつぎのように報告している。『山と重なる幾万とも知れぬ死体……。紅卍会と自治委員会と日本山妙法寺の僧侶たちが協力して死体の埋葬作業をつづけ、現在までに、城内で1793、城外で3万311の死体を処理した。夏までには処理を終わる予定である』(大阪朝日新聞北支版、1938年4月16日付、南京便り=林田特派員)」(238〜242ページ)

〔その545〕鈴木俊一他編『唯従自然・東龍太郎紙碑』私家版、1985年発行。同書中、日和佐房夫の「あのマカッサルの日々」と題する手記の一節。
(その545・1)インドネシア・マカッサル。
「昭和17年、大東亜戦争に輝かしい戦果をあげたとき、海軍が南方制圧した占領地区、セレベス島・ボルネオ島・セラム島に民政を敷くために、南西方面艦隊民政府をセレベス島のマカッサルに設置することになりました」「東龍太郎先生(東大教授)が司政長官に懇望され、衛生行政を任されることになりました」「先生には度々宴会がありましたが、無い暇には晩酌を静かにたしなんでおられました。酒は御用船で内地より必需品とともに運ばれ、懐かしい故郷の便りも一緒だったので、一同何よりの楽しみにしていました」「海軍は第一線の上級士官や民政府の高官のために資材を内地より運び、数寄屋風の建物を建築して数寄屋寮と名付けました。使用人のサービス人、調理人等は、海軍要員として大川隊と名づけられ、東京より派遣されましたが、中にはお国のためと葭町などにいた芸者さんの美人も加わっていました。第一線で働いた軍人が疲れをいやし、また民政府の交歓の場などに利用し功績も多々あったと思います」(70〜73ページ)

〔その546〕NHK「戦争証言」プロジェクト編『証言記録市民たちの戦争A本土に及ぶ戦禍』大月書店、2015年発行。同書中、「戦場になると噂された町―茨城・勝田」の章の一節。
(その546・1)昭和20年、茨城・勝田。
「(昭和20年7月、米軍の艦砲射撃が行われ)アメリカ軍上陸の噂は、ますます現実味を帯びて感じられた」「西野(栄子さん・昭和2年生まれの証言)今まで、支那事変(日中戦争)へ行って、やってきたことを、帰ってきた在郷軍人の人が、『俺は支那行ったとき、女の人見つければかまった』だのなんだのって話したから、やっぱり日本に敵が上がってきてもそうやられんだろうってぐらいの話は、噂でね。だから女の人はもう、(顔に)墨塗って、男装じゃないけど、そうして逃げるんだなんて話は聞きましたけどね」(263ページ)

〔その547〕朝倉喬司著『戦争の日々(上)』現代書館、2009年発行。
(その547・1)
「南京陥落直後のころの、雑報記事をいくつか拾い出しておこう」「『支那向け娘子軍罷りならぬ 皇軍の戦果南北に拡張され国民の目はひとしく支那進出に注がれるに至ったが、(神奈川?)県外事課アジア係に最近、女性の支那渡航説明願いが非常に多くなってきた。同課では男性に先だっての支那進出のこの意気愛すべしと身許調査を進めていたが、調べてみると驚くべし、大部分は横浜その他の闇の家に咲く花と判明、唖然としている。(略、外務省の方針もあって―引用者)「女軍挺身隊」は空しく足踏みの止むなきに至り、苦しまぎれの彼等の女将校は素人風を装い外事課に現れ「堅気なものですが早く支那に行かせて下さい」など襟の白粉を気にしながら口説くなど、ナンセンス風を描き出している』(昭和12年12月22日「東日」)」(15〜16ページ)

〔その548〕秦郁彦著『靖国神社の祭神たち』新潮社、2010年発行。
(その548・1)
「女性の祭神たち(1)」「女性合祀者の第一号は、戊辰戦争で後方補給の一員として『賊軍』の銃弾に倒れた秋田藩の農婦山城美与である」「明治2年6月の第一回合祀者3588名のうち、ただ一人の女性でもあった」「(次は)明治22年の水戸藩殉難者(武田耕雲斎ら1390人)の大量合祀に次ぐ24年の追祀者92人のなかに、処刑されたり獄死した武田の妻を含む天狗党関係の女性14人が入った」「(ついで)明治40年に、『(日露戦役業務)に従事し傷痍疾病等に因り死没した』者を『特旨を以て』合祀したなかに」「22人の救護看護婦が加えられた」「彼女たちは多くが内地の陸軍病院、一部が病院船で働き、いずれも伝染病などで死亡した」「第一次大戦ではシベリアの兵站病院で勤務中に病死した岸タマなど2人が大正15年に合祀」「日清戦争中に病死した4人の日赤看護婦のうち3人が、おくれて昭和4年に追祀された」「昭和10年までの女性合祀者は累計49人にすぎないが、支那事変以後は急増し、範囲も広がって2006年末までの祭神は5万6161柱(靖国神社調べ)に達する」(88〜89ページ)
「5万6161人と意外に多いが、うち5万6003人が大東亜戦争関係だから、それ以前の合祀者は158人にすぎない。次に彼女たちの身分を多い順に大別して、概要を紹介したい。a、沖縄等の戦闘協力者(準軍属)、b、日本赤十字社の救護看護婦、陸海軍看護婦、c、ひめゆり部隊などの沖縄女子学徒、d、軍需工場等に動員され爆死した女子学徒、e、その他の女子軍属。数の上で圧倒的多数を占めるのは、沖縄戦に巻きこまれて死没した女性たちで、食糧の供出、運搬、炊事、救護等の雑役、壕の提供、道案内、集団自決など積極的、消極的に貢献し、『戦闘協力者』(準軍属)と認定された」「祭神の総数は不詳だが、援護法の適用者(男女)が約5・5万人、1959年4月の合祀者が1万5700人という情報からおよその見当をつけるしかない。同様の戦闘協力者は、サイパン島(約7000人)や満州(不明)にもあった」「戦没した日赤の救護看護婦は1149人とされているが、陸海軍看護婦の数字は見当たらず、日赤と同数ぐらいかと推定される」「(沖縄女子学徒は)主として野戦病院の補助看護婦として働き、188名の犠牲者を出した」「(動員女子学徒は)砲爆撃で死没した例(豊川海軍工廠では258人が爆死)や、広島市の中心部で家屋の強制疎開作業に動員され原爆で死没した例(広島市立第一高女生は544人が爆死)などである」「『其の他の女子軍属』では、生前から軍属の身分を有した女性はきわめて稀で、タイピスト、給仕など大多数を占めた下級の雇傭員は実績に応じ戦没後に軍属の身分を与えられ、合祀された」
「戦後は認定基準が大幅に緩和される。1955年、靖国神社は新聞の『読者応答室』で、『基準は戦前どおり軍人、軍属で戦地勤務が原因となって死んだ者となっています。ひめゆり部隊は軍人でも軍属でもなかったのですが……後になって軍属と認められたため合祀されることになったのです』と説明している」(233〜237ページ)
「約1000人のBC級戦犯のうち主として外地での刑死者約800人の合祀をすませた厚生省と神社は、世論の反発が弱いのを見定めたのち、内地での刑死者を主に」「残余の百余名を合祀した」「(昭和)42年5月8日の合同審議では、それまで保留されていた一般邦人の青地鷲男(21年12月27日の獄死時は60歳)の合祀にさえ同意した。青地はバタビアの桜クラブという慰安所の経営者で、オランダ軍事法廷で『婦女子強制売淫罪』により10年の刑を受け、服役中に病死している」(163〜164ページ)

〔その549〕〔その262・改訂版?〕吉川利治著『泰緬鉄道』雄山閣、2011年発行。
(その549・1)昭和19年2月?、タイ・チュンポーン。
「この時期(昭和19年1月末ごろ)、シンガポールから約100人の看護婦を含む衛生部隊が、チュンポーンに到着していた。そして、1944年4月7日には、日本軍はチュンポーン市内に野戦病院を建設し終り、患者約100名を収容できると語っている。また、6月23日、チュンポーン県知事と日本軍の森大尉憲兵隊長および横山大尉らとの対話で、日本側は、シンガポールの南方軍司令部からの命令で、日本軍が病院を拡張したいと申し出ている。約100名の看護婦は大いに目立つ存在であったから、タイ側の報告書に記載されている。だが、敗色濃くなり、海上輸送が困難になるこの時期に、日本からはるばると100名もの看護婦が派遣されてくるとはとても考えられない。あるいは、従軍慰安婦であったかもしれない」(256ページ)

〔その550〕沢田允茂著『昭和の一哲学者―戦争を生き抜いて』慶応大学出版会、2003年発行。著者は、昭和15年12月、応召し、中国戦線、南方戦線に従軍する。
(その550・1)昭和16年?、中国・東明。
「東明で今度は大隊の経理部の仕事(炊事軍曹)として食事を作ることになったが、そこで兵隊さんのお米をけずって、あるところに持って行かなければならないことがわかった。あるところというのは、休みの日に兵隊さんたちが外出したときに行く、女たちを抱えている店だ。日本人がそういう店を経営していて、そのために彼らには部隊からお米を支給してやらなければならない、という事情があったわけだ。中国の奥地だからそういうお米を別途に出すわけにはいかないので、兵隊さんたちの分をけずってそれにあてていることに気がついた」(55〜56ページ)

(2015年11月19日・最新更新)


ニッポンリポート・ファイル一覧

ご意見などは tetuh@mbj.nifty.com へ

SAKUMA TETSU
フリーライター
著書[恐るべき証人][検死解剖マニュアル][拳銃天国ニッポン]など