佐久間 哲
ニッポンリポート


従軍慰安婦を調べる 編

従軍慰安婦の体験談等メモ・12


〔その551〕中江進市郎著『少年通信軍属兵』元就出版社、2001年発行。著者は、昭和20年1月、南方軍通信隊の軍属として仏印に到着する。
(その551・1)昭和20年、仏印・ダラット。
「作業の合間に、2週間にいっぺんのわりでダラットの市街へ交替で外出がある」「我々の部隊から歩いて2、3キロの地点で、右側の谷側に歩いて行くと兵寮があって、食堂(うどんや丼、酒やアイスクリームなど)やピーや(慰安所)などがあって、他の連中は終日、その周辺で食ったり、飲んだりしていた」(123ページ)

〔その552〕鮎川信夫著『鮎川信夫著作集第七巻』思潮社、1974年発行。同書中、「戦中手記」(思潮社、1965年発行)の一節。著者は、昭和17年10月、近衛歩兵第四連隊?に入営し、18年5月、インドネシア・スマトラに派遣されるが、19年6月、病気のため帰還し、20年2月から3月にかけ、傷痍軍人療養所で「戦中手記」を書く。「戦争について知り得たこと、或は兵士たちとの共同生活によって特に感じた2、3のこと」のうち、同連隊のある「兵士の話」。
(その552・1)昭和17年、シンガポール。
「シンガポールへ入ったときは、やっと作戦が一段落ついたという気持も手伝って、みんな色に飢えていたことを思い出したんだね。作戦中だったって軍紀を犯して強姦、凌辱は多少は行われたけれど、やはりそれは一部の者だったし、そんなに問題とするほどのことはなかった。それに皆馴れた古い兵隊ばかりなので手際よくやったし、それに後くされの無いように済んだあとは女を殺してしまへというんだから、割に処罰されたり醜態を残したりするような破目に立到った者は少なかった」「支那の時より軍紀は概して良好で、それにそんな悪いことをする間もないほどの急進撃だったからな。女の死体の陰部などに竹の棒をさし込むような凌辱を加えられてあったのを一度だけ見たけれど、あんなことはさすがに嫌な気がして面をそむけちまった。しかし戦争なんてそういうものなんだからな。そんな凌辱を受けたくないと思ったら絶対負けないようにしなければならないんだ」
「シンガポールではじめて慰安所を設けた時はひどかったな。ダンサーなどしていたらしい18、9位から20過ぎの支那の姑娘なんかが、ずいぶん娼婦として兵隊たちの相手をしなければならなくなったんだが、その時は空ホテルを臨時にピー屋として使用したのだが、なにしろ作戦中はそうした機関がなかったし、やっと落着いたところで愈々開業ということになったのだから押しかけた兵隊の数がもの凄いんだ」「俺達大隊砲はピー屋へ出かけるのが後れたので、もうすっかり部屋の扉の前には長蛇の列が出来ている」「俺達は長蛇の列を見ただけで怖気づいて入るのは止めて」「帰りに一寸覗きに寄った時は全く魂消ちまった。ピーがみんな死んだようになったり虫の息になったりしているんだ」「寝台の上には髪をふり乱して殆ど裸体に近い女が真青な顔をして苦しそうな息をしながらのびている。みんな商売の娼婦でないからやっぱり弱すぎたのかもしれない。それに年齢が若いし可哀想とか何とかいうよりも凄愴な陰惨な正視にたえない狼藉の光景であった。中には血を喀出したり、なんか汚物を吐き出したりして、死んでいるのか生きているのかわからないのがいる」「本当にあの時の状景は忘れることができない、なんともいえないものだったよ」(254〜256ページ)

〔その553〕八木義徳著『われは蝸牛に似て』作品社、2000年発行。同書中、「われは蝸牛に似て」(『新潮』1967年10月号)の一節。著者が、昭和6年、非合法運動に加担し、検挙を免れるため、ハルピンに逃れたときの話である。
(その553・1)昭和6年、満州・ハルピン。
「ハルピンに着いて最初の3晩を、私はロシア人のホテルに泊った」「ホテルは高かった。4日目から裏町の安い支那宿に移った」「私はこの薄穢い支那宿で2週間ほど暮した。だんだん金が乏しくなってきた」「無一文になった。そこで自殺を図った。(金がなくなったら死ぬつもりで、睡眠薬だけはあらかじめ買っておいた)。ところで私は助かった。眼をさましたのは、見知らぬ病院の寝台の上であった。私を助けてくれたのは2人の日本女―日本軍隊の慰安婦であった。後に『満洲事変』と呼ばれることになった奉天郊外・柳条溝の鉄路爆破事件は、私の日本逃亡のわずかひと月ほど前の出来事である。日本軍はすでに全満洲を制圧していたが、その1部隊がこのハルピンにも駐留していた。私は1週間後に退院することができた。2人の慰安婦は、彼女等が『旦那』と呼んでいる或る男のところへ私を連れて行った」「こうして私は、彼が元白系ロシア軍の陸軍大佐だった男と共同経営しているという或る賭博場の用心棒となった」(180〜181ページ)

〔その554〕樽本重治著『ある戦犯の手記』現代史料出版、1999年発行。著者は、昭和15年、津田沼鉄道第二連隊に入営する。鉄道第九連隊に転属し、17年8月からタイ・バンポンで泰緬鉄道建設作業に従事する。
(その554・1)昭和17年、タイ・バンポン。
「バンポンは何と云っても一つの町だ」「最近にバンコックから出張してきた日本人商社の経営する店へ行けば、ビールが飲めるし」「我々の入った(チャーク葺き竹造りの)宿舎とは比較にならぬ程の立派な、そして大きな慰安所も早速出来ている。更に兵隊目当の私娼窟も町の中にはある」(7ページ)

〔その555〕渡辺考著『戦場で書く―火野葦平と従軍作家たち』NHK出版、2015年発行。
(その555・1)昭和12年、中国・嘉善。
「火野は、戦場から、故郷若松に、たびたび手紙を送っていた」「父、金五郎に宛てたものもある。中国上陸から三か月経った1937年12月半ば」「南京を陥落させた2日後の15日に、南京で書かれた手紙である」「具体的に記述されていたのは、南京に至るまでの戦闘中、『最も激烈』な『嘉善の戦』における出来事だった」「浙江省嘉善にある銭家浜という小村で火野たちの部隊と中国兵との間で戦いが起き、戦闘終了後、火野たちの部隊が、トーチカに隠れていた30数名の中国兵を捕らえた」「火野はこのときに取った中国兵への対処について、手紙に細かく記していた。『つないで来た支那の兵隊を、みんなは、はがゆそうに、貴様たちのために戦友がやられた、こんちくしょう、はがいい、とか何とか云いながら、蹴ったり、ぶったりする、誰かが、いきなり銃剣で、つき通した、8人ほど見る間についた』」「このあと」「火野は昼食に行くのだが、現場に戻ってきて目の当たりにした光景が続いて描写されていた。『飯を食べ、表に出てみると、既に32名全部、殺されて、水のたまった散兵壕の中に落ちこんでいました。山崎少尉も、一人切ったとかで、首が飛んでいました』」「手紙には、わんわんと泣きながら、火野におがむように『田舎に、両親もいるし、日本に抵抗したのが悪かった、親のところへかえりたい』と命乞いをしていた16、7の可愛らしい少年兵も殺されていたことも綴られていた」「(その手紙には)さらに続きがあった」「『一人の年とった支那兵が、死にきれずに居ましたが、僕を見て、打ってくれと、眼で胸をさしましたので、僕は、一発、胸を打つと、まもなく死にました。すると、もう一人、ひきつりながら、赤い水の上に半身を出して動いているのが居るので、一発、背中から打つと、それも、水の中に埋って死にました』。火野も中国兵捕虜の殺傷に関わっていたのである」(126〜130ページ)

〔その556〕半藤一利・秦郁彦・保阪正康・井上亮著『「BC級裁判」を読む』日本経済新聞出版、2010年発行。
(その556・1)昭和12年、中国・南京。
「半藤 ともかく朝枝(繁春)の話によると、シンガポールの虐殺は相手の顔を見て『おまえはこっち、おまえはよし』という程度の選別しかしていなかった。
秦 これは南京事件のときと同じです。南京で難民区の中で敗残兵を狩り立てた際、『今日中に敗残兵を粛清せよ』と命令されているけれども、見たってわかるわけがない。結局、顔色を見て『こいつはどうも怪しい』というのを中庭でどんどん殺している。余ったのは揚子江岸でやった。だから、『スタイル』は同じなんです」(185ページ)
「(秦)南京で女性をたくさん連れ込んで降格された中隊長がいたんです。この中隊長は召集の弁護士です。この中隊は9連隊の中のさらにまた予備隊なんですよ。召集で来る予備中隊は質の悪いのが多い」「アメリカのアリソン領事が使用人の女性が連れて行かれたというので駆けつけたら、この中隊長の部下がアリソンをぶん殴って国際問題になった。さすがに軍法会議にかかって、旅順の刑務所かどこかに入ったらしいんです。こういうたちの悪いことをやっていたのはろくに戦っていない連中なんですよ。
半藤 そうみたいですね。
秦 大体そうなんです。予備兵が強姦をよくやる。この中隊長は戦後なぜかまた弁護士資格を取戻して、日弁連の人権委員をやっているんですよ」(262ページ)
(その556・2)
「秦 靖国神社がBC級戦犯を最初に合祀したのは昭和34年でしたが、第一回目の合祀者にちゃんと立花中将(父島人肉食事件で刑死)が入っているんです。BC級戦犯については、しかるべき理由がある場合には合祀の対象外にするという原則があったんですがね。どういう事情があったのか。
井上 的場少佐(立花と同事件で刑死)も合祀されたんですか?
秦 的場は確認していませんが、立花が入っているからにはたぶん一緒に入っているでしょう。
井上 戦犯裁判で死んだ人は全部合祀するということで、それほど厳格な選別はしていなかったんじゃないですか。
秦 でも、バタビアの慰安所『桜倶楽部』のオヤジは昭和41年まで合祀を延ばしていた。一番最後に懸案として残っていた。
井上 軍人じゃないですからね。軍人のほうは無条件に合祀していたんでしょう。恩給の関係もあるから。
秦 恩給と合祀は同じ書類を使って手続きをしていたという関係はありますが、全然別の話なんです。BC級戦犯の合祀は一つの基準を持って臨んだはずです。『しかるべき理由がある場合』外すはずでした。恥ずかしいことをしたやつは合祀しませんということです。
半藤 靖国神社は刑死した戦犯を『昭和殉難者』と呼んでいるけど、父島事件で刑死した連中は殉難者とは言えないね」
「秦 昭和34年の合祀では、父島事件の立花と海軍の森国造中将、スマラン事件の岡田慶治少佐が合祀されています」(319〜321ページ)

〔その557〕尾崎秀樹編著『日本史異説100選』秋田書店、1973年発行。同書中、「10、義経と建礼門院とのロマンス」の一節。
(その557・1)
「ここに特筆すべきは、(義経と)建礼門院平徳子との情事である」「(この)テーマにふれたものは戯書『大東閨語』(江戸時代の発行)」「など数多い。『……平の大后、姿あまねくこう麗にして(この後に続く一字が、尸に穴を書いて、「ひ」のふり仮名があり、注として「女性の陰部」)また極めて美しかりけり」「』(『大東閨語』)といった書きぶりだ」(37ページ)

〔その558〕外山三郎著『錨とパイン―日本海軍側面史』静山社、1983年発行。横須賀市には“海軍料亭”として有名な「小松」がある。
(その558・1)南方・トラック島。
「『海軍料亭ここに在り』の意地を、前線海軍将士の眼のあたり示したのがトラック・パインである。トラック諸島は開戦前から第四艦隊の根拠地として利用されていたが、17年8月連合艦隊長官が同地へ進出した以後、19年2月同地を引き揚げるまで連合艦隊旗艦の所在地となり、連合艦隊の前進根拠地となった。料亭小松は開戦の翌年トラックに支店を開設、前線の海軍士官をなぐさめてくれた」「(料亭小松の経営者・山本)直枝夫人にトラック・パインの思い出を語ってもらうことにする」
「『前線の将士の慰安のためお店を南方に進出させようという話は、シンガポール陥落(17年2月15日)直後、(横須賀?)鎮守府の方からありました』『シンガポールにするか、トラックにするか問題となりました。シンガポールは陸軍の方が多いということで、私、陸軍の方のお気持ちはあまりわかりませんから、海軍の方ばかりのトラック島に決めました。後にラバウルへも支店を出す予定で人を送ったのですが、ラバウルが危なくなったため中止となりました』
『最初は主人が行きました。女中や芸者衆を連れて行ったところが、なんにもできていないんです。地所が決められただけで、住む家もできていない。みんなアンぺラの上に寝る有様でした』『飲み水といったら、ボウフラの湧くような水で、飲み水にも不自由する有様ですから、お風呂なんか浴びるどころではありません。そんなひどいところへ行って、家作りから始めて、畳から建具、蚊帳まで持って行きました。お部屋にかける額も何枚か、内地に戻った気分を少しでも味わっていただこうと、持ってまいりました。お店は夏島に出しました』『飛行場や病院もここにあり、一番設備がととのっていました』
『主人はその後も行ったり来たりしましたが、私が参りましたのは2回です。最初は浅間丸で、追加の芸者衆や従業員を連れて行きました。山本(五十六)長官のパーティをウチですると聞きまして、それに間に合うようにと出発を急いでいたのですが、着いたときはすでに出発された後でした』『それから間もなく、戦死なさって…』
『芸者衆は初め、横須賀から連れて行くつもりでしたが、鎮守府の方から、それでは横須賀が困るから、それはよしてくれと強く要望されましたので、横浜や東京から集めて、うちで一か月ほど仕込み、横須賀の踊りなどを覚えさせ、横須賀の芸者として仕立てて向こうにやりました』『髪結いさんも2人連れてゆきました。暑いところですので、着物も1日に2、3回は換えなきゃならない。それをみんな送ったんですよ。お酒やお米の配給は軍から特別の面倒をみてもらいました』『芸者衆の数は初め20人から30人でしたが、あとから何回にも分けて送りましたので、最後は5、60人になったと思います』
『2回目は飛行艇で行きました。10人乗りくらいの小さい飛行艇でした。横浜で乗り、サイパンで一度着水し、約10時間かかってトラックに着いたのです』『こんど行って驚いたことは、うちには退避壕一つ造って下さってないんです。軍そのものの退避壕はありましたけれども。私は怒ったんです』『その後間もなく、造ってくださったらしいですけど』『それから、私、病院に行って院長さんにお会いし、こう(芸者衆らに繃帯巻き訓練をし、病院で手伝うことを)申し上げました』『院長さん、「ありがたい、頼む」とたいへん喜ばれまして、繃帯の巻き方を教えてくださいました』
『19年2月17日、18日のトラック島大空襲によって、店は滅茶苦茶にやられ、6人が爆死しました。もはやトラックには居れない、パラオに行けということで、みんなで死んだ6人のお骨を抱いてパラオに逃げました。すると、今度はパラオがやられたんです。そしてサイパン廻りは危ないということで、台湾廻りで三か月かかって、帰ってきました』」(237〜246ページ)

〔その559〕田島栄三著『陸軍ジャンク船隊始末記』騒人社、1995年発行。同書は、小説。
(その559・1)昭和20年、東京。
「紀元節の式が終わって急いで家に帰ると、両親とも床についていた。先日歌舞伎座で珍しく菊五郎劇団が『産業戦士慰安特別興行』というのをやるのをみつけ、初めての親孝行のつもりで案内したが、場内が寒くて2人とも風邪をひいてしま(った)」(45ページ)
(その559・2)昭和20年、中国・安東。
「夜は当隊主催の宴会が行われた。場所は『有明』という料亭だ」「主賓の2人が崎村少尉の案内で到着し、座が定まる。そこへ『こんばんは』と賑やかな声がして妓たちが入ってきた」「『安東はまだこういう料亭が残っていて、芸者もいるんだな』と高柳中佐が感にたえたようにいうと、『そうですな。大連じゃ閉鎖になってもうだいぶになりますからな』と喜多見大尉が相槌を打つ。大連では内地並みに遊興禁止になっているのだ」(112ページ)

〔その560〕安岡章太郎著『僕の昭和史』新潮文庫、2005年発行。
(その560・1)昭和19年1月、東京・玉の井。
「昭和19年は1月1日から大雪であった。僕はその日、午後から日本橋の石山皓一の家へ行き、夜になって2人して玉の井へ出掛けた」「玉の井へ行くには変装が必要であった」「戦争が進むにつれて私娼窟の取締りはきびしくなり、迷路のような小路の辻々には私服の刑事が眼を光らせて立っていたから、迂闊な恰好で出掛けて行くと、たちまち見咎められてブタ箱へ送られる惧れが大きかったのである。その夜も、漬け物屋のかどを曲って、小窓の並んだ小路に足を踏み入れたとたんに、険悪な叫び声がきこえ、人だかりがしているので、覗いてみると雪のヌカルミの上に女が一人倒れており、2人の刑事が彼女を引っ立てようとしているのであった。女は泥酔しているらしく、さかんに泣きわめいており、刑事は黙ってそれを見下ろしながらときどき靴先で女の体を蹴とばしていた。そのたびに、どすっどすっというような不気味な音がひびいて、僕は一瞬、自分も軍隊に入るとあんな目に合されるのじゃないかな、とイヤな気がした」(215〜216ページ)

〔その561〕高橋孟著『海軍めしたき総決算』新潮文庫、1984年発行。著者は、昭和16年1月、海軍の主計兵として徴兵される。
(その561・1)
「上陸して、兵隊の行く所といえば相場は決まっている。“飲む”か“買う”かである」「私が上陸したのはフィリピンのマニラ、イロイロ、ダバオ、ザンボアンガ、セブ、ホロ、ボルネオのタラカン、台湾の高雄、そしてサイゴン等、武昌丸で運ばれたところである」「それぞれの港には名前は忘れたが馴染みの指定店(飲む方)があった。『買う方』も、港々(台湾の高雄は何処でも自由だった)に指定された場所があったが、陸軍さんと出くわさなかったところを見ると、『買う』方は陸軍、海軍はそれぞれ別に指定されていたのではないか」「性病にはやかましく、上陸時には必携品として、頑丈なコンドーム、消毒用クリーム(チューブ入り)を各自に持たせていた」「女性の方々に対しては誠に申し訳ないが、戦地(昭和18年頃)の慰安所とは“男性”の処理場であった。これも、軍の作戦の一つであったのだから、現地の女性はもったいなくも、我が軍の作戦に協力して下さったのだ」(95〜97ページ)
(その561・2)ベトナム・サイゴン。
「某年某日」「サイゴンでの話」「(指定の慰安所に)気の合う兵隊と連れだっていったのだが」「三階建位のビルで、一見、高級レストランといった感じの入口ドアのガラスにはレースが掛けてあったのを覚えている」「そこには慰安婦が30名から40名いて、内日本人10名、韓国人10名、他は現地の方々だったらしい。私は」「『一番上等のをくれ』と(経営者の日本人に)いった」「一番いい女はよかったのだが、フランス系の現地人の女性だった」「(通された部屋は)窓際のベッドには、刺繍入りの大きな枕、ベッドの隅々に細かい彫刻をほどこした柱があり、涼しげなレースのカーテンが巡らせてあった」「カーテンを通して、まるで、宮殿の王女様のように横たわっている女性が、静かにこちらを向いたのだが、その表情は堅く、何の反応も示さない」「料金のほどは憶えていないが、一番高い金を払ったことだけは覚えている」「日本人相手の“商売”なのに、日本語は一言もダメ、“手振り”“身振り”より仕方もなし、というものだが、その上、体を触れずに“処理”をしろと言うのだから徹底している。彼女の言うには、いや、感じでは、《暑苦しいから体を引っ付けないでほしい》と言っているようだった。私は、かくして、まるで、新兵当時の“前へ支え”の罰直を受けに、高い金を払ったようなものであった」(100〜102ページ)
(その561・3)昭和19年2月、台湾・高雄。
「昭和19年の2月半ば過ぎだったと思うが」「(サイゴンから佐世保へ転勤のため便乗した)輸送船は、高雄で3日程碇泊」「高雄で下船するものはなく」「高雄からの便乗者の中に」「一見して玄人筋と思える3人の日本女性」「軍用船の女性便乗者はその時期は極く少なく、風紀上の問題もあってか、艦船内は勿論他の艦船の目に触れる場所にも出さないように配慮されていたのだが、白昼堂々と(?)上甲板に現れたのだから、びっくりした」「取り巻く兵隊達に、愛想よく話しかけたりしていた。兵隊達を喜ばせるのが上手で、職業を問われると、『うちらは女郎なんよ』と、平気で答えていた。何処の出身かは知らないが、多分、高雄市内の遊廓で働き、年期が明けて、故郷へ帰る人達だったのだろう。3人共、かなりの年増、といった感じで、美人ではなかったのが幸い(?)して、兵隊達をリラックスさせていた」(144〜146ページ)

〔その562〕藤代護著『海軍下駄ばき空戦記』光人社、1989年発行。著者は、昭和13年、横須賀海軍航空隊に入隊。マレー、アンダマン攻略戦に参加し、負傷により内地帰還する。
(その562・1)昭和17年、マレー・ペナン。
「ペナン島は、全体が観光地のようになっていた。入港すると、上陸外出が許された」「集会所のようなところが指定されていて、そこでは朝日ビールの大瓶1本が35銭で飲むことができた。二階が慰安所になっていて、一階中央が吹き抜けのロビーになっていた」「物資は豊かで、とくに魚類は豊富で安かった。ホロ酔いになってから、ヤンチャオ(人力車)に乗って、外出禁止区域とされているところへ繰り出すのである」「街には、多くの旅社と称する慰安所が、たくさんあった」(146〜147ページ)
(その562・2)昭和20年、福岡?・今宿。
「(901空水偵隊今宿基地では)准士官以上は当直士官を残して、博多の料亭で宴席を設けることがあった。夜間の哨戒機を発進させた後、小型のバスで博多へ繰り出すのであった。民間では、酒もほとんど手に入らない状態だったのに、われわれは痛飲というに充分な酒もあった。芸者をはべらせての宴会、私は心中、独り苦々しく思っていた」(234ページ)

〔その563〕水木しげる著『水木しげるのラバウル戦記』筑摩書房、1994年発行。著者は、昭和18年11月ごろ、門司から南方に向けて出発。最終的にラバウルで軍務につく。
(その563・1)昭和18年?、南方・ラバウル。
「上陸した頃は、(ラバウル近郊の?)ココボはまだ陸軍の基地で、たしか103兵站病院もあり従軍慰安婦もいた。彼女たちは『ピー』と呼ばれていて、椰子林の中の小さな小屋に一人ずつ住んでおり、日曜とか祭日にお相手をするわけだが、沖縄の人は『縄ピー』、朝鮮の人は『朝鮮ピー』と呼ばれていたようだ。彼女たちは徴用されて無理矢理つれてこられて、兵隊と同じような劣悪な待遇なので、みるからにかわいそうな気がした」(26ページ)
「(遺書を書けと命令された)そのあくる日、ピー屋(従軍慰安婦)に行っていいという命令が出た。早速行ってみると、なんと長い行列ではないか。これは何かの間違いではないかと観察すると、行列は小さい小屋まで連なっている。そういう小屋が6つばかりあり、いずれも、50人位並んでいる。やる方も必死だが、こうなるとやられる女の側は下手すると死ぬのではないかと思った。50人もいるとすると、終りは何時になるか分らない。2、3時間まったが行列の人数は少しも減らない」(63ページ)

〔その564〕佐木隆三著『娼婦たちの天皇陛下』潮出版社、1978年発行。
(その564・1)沖縄。
「1年ほど前(1971年)に、かつて日本軍の慰安婦だった女性に会った。いまは、小さな店を経営している。戦前の遊廓である(那覇の)辻町で娼婦をしていて、沖縄守備軍に徴用されたのだった」「本土から来る官僚や商人の現地妻として重宝がられた辻町の女たちは、太平洋戦争の末期にどっと10万もの大軍が沖縄守備にあらわれたことで、こんどは慰安婦として重宝がられたわけだ。娼婦なりにプライドはある。わたしに話してくれた元慰安婦は、『(辻町では)一晩に一人しか客をとらないで奥さんみたいに尽くしていた』ころのことを強調する」「『それがさ、慰安所にやられてからは、1日に何十人も相手にさせられて、それはもう、ズリ(娼婦のこと)なんかじゃないよね、こうなると……』と、それから先は口をつぐむ」「沖縄戦が激化し、日本軍は南端へ敗走を続けるが、このとき慰安婦たちも行動を共にする。朝鮮人が沖縄へ送り込まれていて、不運な娘たちは辻町のズリたちよりもさらに惨めだった。なにしろ腰が立たなくなったのをかついでトラックに乗せ、順番を待つ次の部隊へ運んでまたベッドで身体を開かせるほどだったという。この朝鮮人慰安婦も辻町から来た慰安婦も、激戦のさなか補助看護婦や炊事婦として酷使される。そして慰安婦としての役目も、また……」「日本国内で、軍隊の慰安所があったのは、沖縄だけのはずである。本土にも、慰安所として機能する公娼地帯があったのはもちろんだが、少なくとも行列はなかっただろう。だが、沖縄には行列が作られるほどの慰安所があった。輝ける皇軍の兵士たちが昼間から性の排泄のために行列を作っても、住民の目を気にしなくて済む。なぜなら、実質的には植民地なのだから……」(10〜13ページ)

〔その565〕土井全二郎著『失われた戦場の記憶』光人社、2000年発行。同書中、「第7章赤トンボ特攻隊」の一節。
(その565・1)昭和20年1月、台湾・屏東。
「昭和20年1月末、第50師団捜索第50連隊第1中隊・陸軍軍曹、大下繁二は、(台湾)潮州鎮の駐屯地から、隣接の屏東市にある連隊本部に公用出張で出かけている」「(屏東)市街地に入ったところで、前から黄色の将官旗をひるがえして軍の乗用車が走って来る。立ち止まって挙手の敬礼をしたのだが、ちらと見た車の後部座席に『ベタ金』の襟章をつけたエライさんが芸者といっしょに乗っている。白昼である」「(それを見て)見知らぬ軍曹が近づいてきて『なぜ敬礼したのか』。とがめるような口調だったから、こっちはきょとんとしている。その軍曹は『あれはフィリピンから部下を置き去りにして逃げてきた卑怯な冨永司令官だ。自分たちの部隊では、だれも敬礼する者はいない』というのだった」(222〜223ページ)
(その565・2)昭和20年、台湾・潮州。
「(前項の大下たちが)陣地を構えている台湾南部・潮州付近は敵上陸の可能性が最も高いと見られていた」「いずれ確実に死ぬと分ったせいか、あきらめてすっきりした心境になったせいか」「陣地に張りつく戦闘要員もあっけらかん。交替で街へ出かけている。行き先は言わずと知れた『ピー屋(慰安所)』だった。突撃一番(衛生サック)を軍隊手帳にはさんで、せっせと通っている」「ある朝、そのピー屋で――。『ぶるん、ぶるん、と男泣きしているような鈍い爆音がしきりと旋回する。女性は私を押しのけて縁側に飛び出し、体を乗り出して、しきりに両手を振る。この慰安所が目当てだ。女とは話し合っていたようだ。複葉の練習機。爆弾を抱いており、飛ぶのがやっとである。特攻機なのだ。翼を振り、紺碧の空の彼方に消え去った。白いマフラーがひるがえり、目にしみた。「昨日、男にしてあげた」と語る女も、生還も成功も当てのない出撃であることを知っており、私にすがってしきりと泣きじゃくった。17歳の少年兵だったという。男としての初めての営み。それは死の旅へのはなむけなのだ(大下「青春への郷愁」)』」(225〜226ページ)

〔その566〕渡辺直己著『渡辺直己全集』創樹社、1994年発行。著者は、昭和12年7月、陸軍歩兵少尉で応召し、中国各地を転戦し、14年、戦死。
(その566・1)昭和13年、中国・天津。
「(昭和13年)1月23日(の陣中日記) 6時起床。設営隊長として下士官、兵7名を連れて海光寺兵営へ出掛ける」「午後兵は柳家金語楼の慰安観覧に出掛ける」(243ページ)
「2月11日」「紀元節で夕食には馳走があがる」「通訳が1名帰って来る。軍属のふしだらさにむかむかと腹を立てている。一線には兵隊以外の奴は一人だって入れるべきではない。金の為に蟹のように眼の飛び出た奴、貞操も何も泥中に投げて恥じない娘子軍、兵隊の性欲をだしに暴利を貪る曖昧屋、それが皇軍慰問とかの美名の下にかくれて蠢動するんだ」(262〜263ページ)
(その566・2)
「(昭和12年)8月25日(付、広島で出港待ちの渡辺が差し出した封書)」「官費の洋行が出来て支那の珍しい風景を見るのも一興でしょう。勿論死は覚悟の上で何時駐屯軍に進発命令が来るかも分りませんから生還は期しない心算です。特に女便衣隊に注意し、飲食物の毒注入に注意しないといけないそうです」(741ページ)

〔その567〕福地曠昭編著『オキナワ戦の女たち―朝鮮人従軍慰安婦』海風社、1992年発行。
(その567・1)昭和20年、沖縄。
「証言」「(沖縄)玉城村・当時軍の炊事婦」「20年1月、武部隊は台湾へ転出。入れかわりに石部隊がやってきました」「部隊は部落のパーマネント屋を改造、朝鮮ピーと呼ばれる売春宿をつくりました。朝鮮から特別看護婦として連れてきた17、8歳の女性50人ほどが売春婦に仕立てられていたのです。兵隊が朝鮮ピーへ行くときは、部隊で発行した切符を手にしていました。休日には、兵隊が朝鮮ピーへ殺到して、列をつくって部屋の入り口に並んでいるのです。朝鮮の人もたいへんだろうと語り合ったものです」(142〜143ページ)
「証言」「宮古平良市・当時教員(男性)」「昭和19年の7月、旧満州チチハルから第28師団と一緒に宮古にやってきた20代の若い朝鮮女性たち20人が、城辺町の比嘉部落入口、城辺街道の慰安所に入った」(170ページ)
「証言」「宮古平良市・当時軍医」「昭和19年の末ごろ」「台北帝大の医学部にマラリアの薬をとりにいくよう軍医部から命令された。小型の機帆船が用意され、無事、台北に着き、医療品等を受けとり基隆港を出港した。機帆船で大型の木造船には朝鮮人慰安婦53人が乗船していたという。この慰安婦たちには渡辺大尉とシモガキ(下垣?)曹長がついていた。野原越にある陸軍司令部の管理部から、慰安婦を台湾から連れてくるように派遣された2人であった」「翌日の夜明け前に与那国へ着いた」「空が白みかける朝5時ごろ、北の方から飛行機が2機飛来してきた」「急降下して機銃掃射を浴びせた」「最初の機銃掃射で十数名の慰安婦が倒れた。米軍機は3〜4回も旋回して銃撃してきた」「機関部に弾が命中したらしく、もうもうと黒煙が吹き出た」「甲板へかけ出したシモガキ曹長が、陣頭指揮をとって甲板からイカダを海へ放り投げた。泣き叫ぶ女たちを次々と海へつき落とし、『イカダにすがれ』と命じた」「イカダが転覆し」「海はしけるし」「(慰安婦で)生き残ったのはわずか7名だけであった」(177〜180ページ)

〔その568〕土井全二郎著『生き残った兵士の証言』光人社、2004年発行。
(その568・1)昭和16年、中国・中牟。
「寺前信次元大尉には、次のような記憶がある。16年11月、中国河南省中牟の陣地で」「歩兵第219連隊の中隊長をしていたときだった。この最前線に『朝鮮ピーの親方』がやって来て、慰安所を開設したい、と申し出た。当時、中牟警備隊の兵力は400人ぐらいだった」「寺前隊長は『一喝して追い返した』のだが、以下、(寺前著の)『支那戦場余話』にある寺前警備隊長と朝鮮人親方との問答が興味深い。親方は『名刺代わり』として『いろんな品物』まで用意してやって来ている。そこで寺前隊長が、大隊長や連隊長、さらに師団参謀長の許可を取って来たのかと質したところ、『軍の許可なんて必要ない』という返事だった。
寺前『軍は関与していないのか』
親方『ピー屋の女たちは軍が連行してきたのではなく、我々が連れてきたので、開設の許可だけでお願いしたい』
寺前『女は強制的に連れてきたのか』
親方『隊長さんもご存じの通り、現在は公娼制度ですからそんな必要はありません』」(173〜174ページ)
(その568・2)昭和18年、中国・広東。
「18年9月、中国南部の広東市郊外にある大山頂陣地にいた第14師団歩兵第161連隊第1大隊第3中隊。徳増長五郎少尉は、日本内地からやって来た未教育補充兵50人を迎え」「一般中隊の教育担当教官(となる)」「(しばらくして外出許可を出す)喜び勇んで広東市内に素っ飛んで行った」「大多数の初年兵が別名『第13中隊(大隊には12の中隊があった)』と呼ばれていた部隊慰安所に向かった」(187〜190ページ)
(その568・3)
「戦争が始まり、ぶらじる丸は陸軍輸送船となっていたのだが、あるとき、神戸港を出港したさい、神戸の福原遊廓から来たという慰安婦500人を乗せている。(司厨員の)藤本によれば、たいへんにぎやかな一行だった」「司厨部は男所帯なのに、ぜんぜん気にもしない。当時、駆け出しの藤本も適当にからかわれている。果ては身の上話なんぞも聞かされ、大いに同情したものだった。『からっとした気っぷ』がなによりだった。『どこか、はっきり行き場所は聞いてないけど、南方に行くの』『支度金がよくってね、2500円もくれた』『親の借金を払ってやった』『抵当に入っていた家の田畑が買い戻せた』」(192〜193ページ)
(その568・4)昭和18年5月、ビルマ・タウンガップ。
「昭和18年5月」「ビルマ南部のタウンガップ基地にいた船舶工兵第11連隊・和田寅吉一等兵は『朝鮮からの慰安婦が10人くらい来るらしい』との噂にいささか驚いている。ここまで船で来るにしても、マラッカ海峡を通り、アンダマン海をマレー半島沿いに北上し、ベンガル湾まで出なくてはならないのである。『こんな辺境の地へ』『うれしい話だ。顔だけでも拝みたいものだ』」「その日夕、和田一等兵は」「大発艇機関室に潜り込んでエンジンの調整をしていた。夜に入ってアキャブに向かうことになっていた」「表がにぎやかになったので、機関室から出てみておどろいている。『日本語を話す女人が十数人、40歳半ばの夫婦者に連れられて乗り込んできた』『わが舟艇は戦闘部隊の兵員を乗せての敵前上陸が主な任務だと思っていた。女を乗せることなぞ夢にも考えていなかった』(和田・手記)。彼女たちは朝鮮人慰安婦だった。夫婦者は」「慰安婦の親方だった。大発に同乗してアキャブへ行くというのだった。やがて出港」「(和田は一人の慰安婦と機関室で身の上話もするようになる)『500円か600円かでオトウサン(親方)に買われた』『年季は5年だが、頑張れば3年で故郷へ帰れると聞かされている』。女はそんな話をしている」(193〜195ページ)

〔その569〕全国憲友会連合会編纂委員会編『日本憲兵正史』全国憲友会連合会本部、1980年発行。
(その569・1)昭和19年、南方・トラック。
「トラック島憲兵分隊」「(古屋勝雄憲兵軍曹の回想)トラック島にはクェゼリン島が玉砕する直前に、同島から引揚てきた慰安婦が内地に帰れずにいた。このため陸海軍慰安所が4か所に増加し、次第に退廃的なムードが漂ってくる」「昭和19年5月頃、トラック島駐屯柏第52師団兵站参謀某少佐(陸士出身)は、クェゼリン島より引揚げた慰安婦に熱中し、軍の非常用物資のビール、煙草、酒、米等を毎夜のように運び出し、慰安婦に供与していた。この事実が参謀の当番兵から洩れ、将校に対する下士官、兵の反感となり、憲兵隊に数通の投書があった。憲兵は事実を調査のうえ、本人より始末書をとり、処置は参謀長に一任した。陸大出の参謀にもこんな将校がいたのである」(1081〜1083ページ)
(その569・2)昭和20年8月?、香港。
「香港憲兵隊は全員予定どおり英軍に武器を渡して貨物廠へ移動した」「貨物廠営内の出入口には英軍の歩哨が警戒に立ち、憲兵隊の生活には殆ど干渉しなかった。ところが、海南島の朝鮮人の囚人労務者が貨物廠へ送られてきてから、食糧の配給をめぐって紛争が起こると、他部隊からの依頼で朝鮮人を憲兵隊で預かることになり、これには統制がとれず手を焼いたという」(1207ページ)
(その569・3)昭和20年、アンボン?。
「(豪北のバンダ海とフロレス海の諸島を担当した)第五野戦憲兵隊はオランダ関係では最も戦犯の被害は少ない。けれども、憲兵隊内部にはいくつかの問題があった。その筆頭が、憲兵隊長中村通則中佐と沼田英隆少佐(アンボン分隊長)の思想的相剋である。問題は海軍側の要望によって、現地住民の婦人を使って慰安所をつくる問題で、これに協力的な中村中佐と反対した沼田少佐の対立から始まった。米豪軍の上陸作戦近しを思わせる現在、陸海軍の団結と士気向上のため、慰安所を必要とする海軍及び中村中佐側に対して、それ故にこそ原住民の反発を憂えて沼田少佐は反対した」「中村中佐は沼田少佐に対し抗命罪を覚悟のうえか、とまで激高したくらいであった。結局、沼田少佐は動員された原住民の女性を背後で逃がしてやった蔭の行為が、最後の戦犯裁判で原住民の有利な証言を得られるという、思わぬ好結果をもたらすことになる」(1230ページ)

〔その570〕久住忠男著『海軍自分史』光人社、1987年発行。著者は、大正14年、海軍兵学校に入学し、南西方面艦隊参謀などを歴任する。
(その570・1)昭和19年末、フィリピン・ガダルペ。
「このころ、冨士ヶ丘(マニラ北方のガダルペ)の(南西方面艦隊)司令部に多くの在留邦人が押しかけてきた。病院船や航空便への便乗を希望する人たちだった。それとは反対に、わざわざ残留してバヨンボン基地ゆきを希望する人があった。海軍指定料亭の顔見知りの女将ら3人であった」(145ページ)

〔その571〕松井覚進著『阿波丸はなぜ沈んだか』朝日新聞社、1994年発行。
(その571・1)昭和20年4月。
「2045人の阿波丸乗船者のなかには、アメリカ軍の攻撃で海にほうり出されて助かった遭難船員が700人以上も乗っていた。このほか帝国石油450余人、阿波丸乗組員148人(うち一人米軍救助)、昭和電工97人、日本軽金属94人、古河鉱業11人、官庁関係では大東亜省・外務省46人、軍需省地下資源調査所11などが乗船していた。これだけで全乗船者の4分の3に達する」(193〜194ページ)
「(阿波丸乗船者)遺族への補償を肩代わりさせられた日本政府は、1950年7月に『死亡者一人に7万円、船の所有者日本郵船に1784万3000円』という内容の『阿波丸事件の見舞金に関する法律』を制定した」「サンフランシスコ講和会議は、翌51年9月に開かれた。阿波丸の遺族への見舞金は、その時までに支払いを終えていた」(214ページ)

〔その572〕浅田勁著『海軍料亭小松物語』かなしん出版、1994年発行。
(その572・1)南方・トラック。
「(横須賀の老舗料亭)小松のおかみの山本直枝は開戦後間もなくトラック島・夏島の第四艦隊司令長官の井上成美から、『小松の支店をトラック島に出してくれないか』との依頼をうけた。『現在ある下士官用の「南華寮」だけでは間に合わない』というのがその理由だった」「直枝は夫の耕二とも相談した結果、井上の申し出を受けることにした。こうして昭和17年7月、トラック島・夏島に『トラック・パイン』が開店した」「『建物は現地の「南洋興発」に3日間で作ってもらいました。3、40人のお客さんを受け入れることができました。芸者も2、30人いました。私は開店直後と18年の秋の2回様子を見に行きました」「そのトラック・パインは19年3月30日、空襲の被害に遭った。この空襲で、パインの芸者2人と使用人の男女各一人の計4人の命が失われた。このため、直枝は店を閉鎖することを決めた」「敗戦直後に小松を訪れた井上は、“長官部屋”(紅葉の間)の畳に手をつき、『おかみ、ごめんね。あんなところまで引っ張り出して』とあやまった。責任を一人で負うようなその姿を見て、直枝は涙があふれるのを止めるのができなかった」(66〜71ページ)

〔その573〕中谷孝雄著『のどかな戦場』東都書房、1967年発行。著者は、昭和18年、召集され、同年11月、西部ニューギニアのマノクワリ基地に上陸した。同書は、小説。
(その573・1)ニューギニア・マノクワリ。
「私は前の大戦中、ある兵站部隊の小隊長として、西部ニューギニアのマノクワリ基地に駐屯していた」「われわれの部隊がここに上陸したのは、昭和18年11月なかばのある日のことであった」「この地はそれより20日ばかり前わが海軍によって占領されていた」(3〜4ページ)
「慰安所というのは軍人専用の女郎屋のことで、それを開設したり経営するのも兵站部隊の任務の一つであった。しかし、赤道を越えたこんな僻遠の地へ内地(あるいは台湾や朝鮮)からやってくる女はなく、現地の女を募集するにもいろいろ都合のよくないことがあった。パプア人の女には兵隊がてんで興味を示さず、インドネシア人の女は少ない上に、その少ない彼女たちの大部分は海軍将校のオンリーになっているという噂であった。そういえば、これももっぱらの噂であったが、われわれの部隊長(地区隊長)の大佐のところにも、身のまわりの世話をするインドネシア婦人がいるということであった」(35〜36ページ)

〔その574〕大師堂経慰著『慰安婦強制連行はなかった』展転社、1999年発行。著者は、朝鮮で生まれ、昭和16年、京都大学を卒業し、翌年、朝鮮総督府に入り、敗戦まで勤務する。
(その574・1)昭和18年、朝鮮。
「私が直接体験したことを付記しておこう。(著者が高校時代から親しく交際していた)彼は私より2歳年上の朝鮮人であった。普通学校(小学校)卒業だけの学歴であったが、日本語は上手で、そのうえ立派に事務処理のできる有能な青年であった。田舎の小さな郵便局に勤め、郵便と電信、電話の業務を担当していた」「その彼が昭和18年の初めであったろうか、思いもかけぬ相談を持ちかけてきたのである。『こんど何人かの女性を連れてビルマに行くという人から仕事を手伝ってくれないか、と頼まれている。仕事は会計を担当してもらいたい。報酬は半年で1500円払う、と言われている』ということであった。突然なことであったため、私も戸惑ったが、『そんな遠いところまで行ってどうするんだ。報酬の約束だって確約と言えるのか』と否定的な答えをしたところ、彼は『今のままでは、もらった給料を飲まず食わずで全部貯めても、1500円を貯めるには5年はかかる』と、いつになく、きりっとした態度で応じたのが印象に残っている。当時、彼の月給は30円くらいであった。大学出で、高い月給の人でも初任給が75円、地方で一番偉いと思われていた知事の月給が300円程度であった時代のことである」「秋になって『やはり、ビルマに行くことにした』と言ってきた」「そして私が18年10月、京城(ソウル)から新しい任地、春川に移って間もなくのころであったが」「(彼は)別れの挨拶に来てくれた」(56〜57ページ)

〔その575〕礒崎隆子著『生ある限りルソンへ』講談社、1984年発行。著者は、昭和18年、軍需会社の大阪製麻に入社し、経理タイピストだった。その後、同社の支店・工場のあるジャワ行きを志願し、軍属として派遣されることになる。当時24歳。
(その575・1)昭和19年9月、フィリピン。
「昭和19年9月18日、南方戦線へ向かい高雄を出港した」「この船(瑞穂丸)には、私たち女子軍属200人を含めた軍人軍属約6000人が乗り組んでいた」「彼女たちの行先は、シンガポール、スマトラ、セレベスなどが多く、ジャワは意外に少なかった。タイピスト、事務員、看護婦、技術指導員など職種もさまざまで、年齢は16歳から30歳ぐらいまでだった」「(女性の中には)三味線を抱えた年増の芸者ふうの一団などいろいろである」「芸者ふうの一団は将校室に自由に出入りし、ふんだんに水を使っていた。洗髪して出てきた人もいた。将校室に水不足はなかった」「200人の女性の中には、私たちのように会社から派遣された人が多かった。日東紡績17人、三菱関係24人、日本タイプ35人などの大世帯もあるかと思うと、大阪製麻は4人。たった一人で乗船した人もいた」(18〜21ページ)
「9月21日の朝」「(僚船に続き、瑞穂丸も米潜水艦により撃沈され、約10時間後に救助される)私たちは、ルソン島北西にあるサロマゲの桟橋に上陸した」「乗員約6000人のうち、助かったのは半数の約3000人。私たち女子軍属は、200人から70人に減っていた」(35ページ)
(その575・2)昭和19年10月、フィリピン・サンフェルナンド。
「サロマゲの部隊に移動命令がくだった。ルソン島西海岸最大の軍港である北サンフェルナンド港へ移動せよ、という。将校と70人の女子軍属は船、兵隊は徒歩で南下する」「(到着後)そのうちマニラに引受人のある偕行社関係の女子40人が、トラックでマニラへと先発していった」「何か使役でもないだろうか、マニラに行けるトラック便でもないだろうかと、私はひとりで軍の輸送連絡所をたずねた」「当番兵に用向きを伝えると、彼は(高床式ニッパハウスの)連絡所にあがっていった。まもなく大きな怒鳴り声が聞こえた」「怒鳴り声の主は副官だと、あとで教えられた。『マニラへ行くトラック便などあるものか。トラックで運ばなければならないのは、軍用品だ。行きたいなら歩いて行くがいい』。それからあとは、急に声が小さくなり、聞きとりにくくなった。やがて当番兵が駆けおりてきて、小声でいう。『慰安婦になるなら面倒をみてやる。ほかの者と相談するように、と副官がいっておられるが、どうか。衣食住の保証つきで、それならもちろん、トラックで運んでもらえるよ』『慰安婦?』。慰安婦がどういうものか、当時の私にはよく理解できなかったが、およその見当はついた。異様な辱めを受けたようで、頭がくらくらっとなった。そんなこと、そんなことできるわけがない。ほかの人に話すつもりなどまったくなかった」(47〜48ページ)
(その575・3)昭和19年10月、フィリピン・マニラ。
「(ようやくマニラ行きの機帆船を見つけ、大阪製麻の4人など8人が乗船)マニラに入港したのは、昭和19年10月22日だった」「(ところが)身元引受人のいない日本女性は上陸禁止だという」「(機帆船で同乗した暁部隊上等兵の尽力で)貨物廠の管轄下にあるサンミゲルビール会社で、軍属として働くことができるようになった」(51〜56ページ)
「会社には、昭和19年11月から翌20年の1月はじめまで、二か月あまりいた」「ある日」「瑞穂丸で遭難した将校が、マニラ市内にあるケソン病院に入院している(と聞いて見舞に行く)病院の帰り、バラックの兵舎のそばを通った。兵舎の続きに、馬小屋かなにかのように間仕切りをした長屋があった。そこに『下士官用』『兵用』と書いた木札がかけられていた。『あれはなんなの』と聞くと、衛兵が小さく笑って、『慰安所のあとさ』と答えた。ショックだった。北サンフェルナンドで慰安婦になれといわれたことを思いだし、怒りとも嘆きともつかぬいやな気分になった。千人針を持って街頭に立つ内地の若い女性が想像もしていないだろう一つの現実があった」「ある日、マニラホテルから私に電話があった。ある高官が近くサイゴンまで飛行機で行くことになっている。サイゴンからならジャワでもバンコクでも便があるだろう、サイゴンまで便乗させてやってもいい、というような内容だった。ジャワに行く便があったらと、機会あるごとに頼んでおいたそのひとつの手応えだった。自動車を用意してもらい、すぐにマニラホテルへ駆けつけた。その頃マニラホテルは日本人の、しかも将校以上の専用宿舎になっていた。冷房のよくきいた一階のロビーで、ふたりの将校に会って」「話をよくよく聞いてみると、慰安婦になるなら飛行機に便乗させてやってもよいということだった。憤然として、挨拶もそこそこに待たせてあった車ですぐ帰った。恋も結婚も断念して日本を出てきたのだ、バカヤロー。ジャワ行きをまったく断念したのは、このときである」(61〜63ページ)
(その575・4)昭和20年9月、フィリピン・カルンバン。
「(米軍に投降後)マニラ駅からまたトラックに分乗し、カルンバン捕虜収容所に行った。9月25日だった」「収容所は二重の鉄条網で囲まれ、四方の角には監視兵が銃を持って立っていた」「テントに入り、キャンパスベッドに腰をおろす」「私たちのテントに朝鮮人の女性がふたりいた。日本軍の慰安婦をしていたという。早い時期に捕虜になったので血色もよく、服装も派手で可愛い顔をしていた。彼女たちは日本語で、『日本の兵隊さんはやさしかった』と語り、朝鮮漬の漬け方を私たちに教えてくれた。だれもが塩に飢えていた頃で、漬物の話だけでもうれしかった」(201〜202ページ)

〔その576〕井上成美伝記刊行会編『井上成美』井上成美伝記刊行会、1982年発行。
(その576・1)
「海軍士官に酒と女はつきものという。井上は女中や芸者にも好かれていた。ならば、浮いた話の一つや二つはあってもよさそうなものである。当時から小松(横須賀の海軍料亭)の宴席に出入りしていた女性たちに、兵学校の教え子が小指を突き出して、『井上さんにもこれはいたんでしょう』と聞いてみると、彼女たちは色をなして、『井上さんに限って、そんな浮いた話は絶対にありません』と強い否定の言葉が返ってくるばかりである。晩年の井上に『これの方はどうでした。もてたでしょうね』と水を向けてみても、『私はそういうことは不得手です』という返事が、にこりともせずに返ってくるだけであった」(192ページ)
(その576・2)昭和16年12月、南方・トラック。
「開戦準備が曲がりなりにも整った昭和16年12月の初めごろ」「そのころのトラックには、まだ料亭がなかった。横須賀のパイン(小松)の支店や『南華寮』など士官用料亭や、兵員用料亭ができたのは開戦後である。(珍しく酒宴を設けた)井上は参謀連を引き連れて、島民たちが出入りする飲み屋へ乗り込んだ」「開戦後ではあるが、井上の従僕(通称ボーイ。軍人である従兵とは別に長官や参謀長につきっきりで世話をする軍属)を務めた新宮一司がこう言っている。『何人かの長官に仕えましたが、衣服を片付けるとき、サックが出てこなかったのは井上長官だけでした』(319ページ)
(その576・3)昭和20年、神奈川・横須賀。
「戦後、さきに訪ねたのは、井上の方からであった。終戦直後のある日、小松の一室に案内された井上は、敷居の外に座ったまま、直枝(小松の経営者)に向かって頭を下げた。『申し訳ありません。今度の戦争では大変な御迷惑をおかけしたことを、日本海軍を代表しておわびいたします』。かつて小松が、日本海軍の進撃に合わせて、遠くトラック諸島まで進出していったころ、それを援助した当時の第四艦隊の司令長官が井上であった。戦争が激しくなってからは、看護婦の仕事まで手伝うようになった女子従業員を小松は6人も亡くしてしまった」「小松と井上のつき合いは長い。直枝が記憶する限りでも、井上が比叡艦長のころからの関係である」(526ぺージ)

〔その577〕大谷勲著『ジャパン・ボーイ』角川書店、1983年発行。
(その577・1)昭和18年、ビルマ・フーコン。
「橋本恒は、当時ビルマ派遣軍第18師団(菊師団)に在籍していた元陸軍兵士である」「『当時、私(橋本)はフーコン渓谷南端のモガウン弾薬・燃料集積所の所長をしておりました』『集積所では、多い時には150名ぐらいのビルマ人を雇うことができました。各村落の村長に呼びかけると、すぐに必要な人員は調達できたものです。当時、雇人に対して1日1円20銭ぐらい支払ったと思います。ところが昭和18年の中頃になりますと、敵側からの空襲が酷くなってきまして、次第にビルマ人の姿が少なくなっていったのです』『その年の終りには、もう日本軍の軍票というのが信用がなくなりまして、現地人は軍票を受け取らなくなったのです。そこで私は計理部に交渉して、阿片を貰い受け、それを日当として渡すようになりました』」(198〜199ページ)
(その577・2)昭和20年6月、中国・昆明。
「(米陸軍の情報関連活動をした帰米二世・東久保)輝男ノートブック・第86ページ。『クンミング 昆明 一行と共に当市に着陸したのは、6月初旬だった』『此処にも大きい俘虜収容所在り、約100名の日本軍兵士及び約25、6名の婦女子慰安部隊が収容されている。慰安部隊のうち、4名は日本婦人、残りの全部は朝鮮婦人である。軍人の中に朝鮮人も居たが、彼等は皆、日本軍から逃亡し俘虜になった者ばかりと云う』『胸を病める一朝鮮婦人あり。運悪く、ある雨降る朝、遂に昇天せり。俘虜連中一同に野辺の送りを許可した』」(229〜230ページ)

〔その578〕那覇市総務部女性室那覇女性史編集委員会編『なは・女のあしあと―那覇女性史(近代編)』ドメス出版、1998年発行。
(その578・1)沖縄。
「戦況が日々きびしさを増してきた1944年3月、日本最南端・沖縄の守備軍として、総数約11万人から12万人を有する第32軍が編成された。この軍の主たる構成部隊が、先の中国戦線経験部隊であったことと、沖縄全土に慰安所が設置されたこととは無縁ではない。すでに慰安所を軍関連の必要後方施設として持っていた部隊である。『準外地』の沖縄で、駐留にともなう業務の一つが慰安所設置であった。その年の7、8月をピークに順次沖縄入りする部隊のために、一部隊につき2慰安所の設置をめざして、場所と女性の確保に取りかかった」(448ページ)
「ペ・ポンギさんをはじめとする50人の朝鮮女性たちを乗せたマライ丸が那覇港に入港したのは、十・十空襲から一か月も経たない1944年11月はじめであった」「そこから女性たちは、渡嘉敷島、座間味島、阿嘉島へそれぞれ7人ずつ、20人が那覇の慰安所へ、残り10人が大東諸島へと、まるで軍需物資のように振り分けられた」「1992年に『沖縄女性史を考える会』が調査した『慰安所マップ』によって、沖縄全島に130か所の慰安所があったことが判明している。他の軍関係資料などを突き合わせて、朝鮮の女性は約1000人くらいが連行されてきたのではないか、と推測されている」「沖縄に連行されて来た女性たちは、そのほとんどが船でまず那覇に入港し、全島の慰安所へ送られた。しかし、宮古、八重山駐屯の陸・海軍へは、朝鮮女性たちが直接台湾から移送されてもいた。ある輸送船が米軍の爆撃にあい、上陸と同時に50人近い朝鮮女性の遺体を葬ったという」(454〜456ページ)
「独自の伝統で公娼制度を272年も維持してきた辻遊郭は、第32軍の各部隊が到着するにつれ、将校専用の場となった」「(しばらくして)辻の女性たちは、本格的に慰安婦徴用の標的にされた。慰安所は軍専用の施設であり、その管理責任は部隊副官の任務とされていた」「軍命は強く、1944年9月頃までに、およそ500人の辻の女性が慰安婦に狩り出された、と山川(当時那覇署警部)は推測している」(456〜458ページ)
「朝鮮の女性に比べれば人数は多くはないけれど、台湾の女性たちもまた沖縄で、日本軍の慰安婦にされていた」(458ページ)
「日本の統治下にあったサイパン、パラオなどの南洋群島では、在留日本人に占める沖縄出身者の率は、40%から60%以上という高さで、それだけ群を抜いて働きに出ていた。また台湾には、辻遊郭の支店などもあったので、遊女、『女中』として海を渡る女性も多数いた」「断片的な証言のかき集めだけでも、外地で軍隊慰安婦にされた(沖縄出身)女性の数も決して少なくない、ということである」(458〜459ページ)

〔その579〕秦郁彦著『慰安婦と戦場の性』新潮社、1999年発行。
(その579・1)
「奇妙な話だが、埼玉県(1930年)、長崎県(1934年)、三重県(1939年)などの廃娼宣言は、実質的には公娼から私娼への転換あるいは娼妓から酌婦への呼びかえにすぎなかった」(32ページ)
(その579・2)中国。
「本原政雄憲兵(虎頭憲兵分遣隊)は、(昭和16年?)10月頃だったか『軍特殊慰安所開設ニ関スル件通達』と題した関東軍司令部の公文書が来て、隊の話題になったと記憶する。主旨は、近く慰安所を開設するので、駐屯軍司令部は建設資材等の便宜供与をされたいというもので、それから間もなく、業者が書類をもって出頭、虎頭陣地の近くに朝鮮人慰安婦5、6人を置く『軍特殊慰安所』が開業した。虎頭から遠くない虎林には第11師団司令部があり」「秋に入った頃、師団の経理部に着任したばかりの海原治主計少尉が『虎林に4か所の慰安所を開設』と知らせる会報を見て、部下に『慰安所とは何だ』と聞き『ピー屋のことであります』『現に民間のピー屋が4、5軒あるじゃないか』と問答した。そのうち巡察する番がまわり、行ってみると、アンぺラ一枚で仕切った粗末な部屋が十余あり、兵が並んでいた。民間のピー屋が日本人主体なのに、こちらは朝鮮人が主だったという。軍医の話では『初検診でバージンや小学校の先生もいたので聞くと、女衒から軍の酒保でサービスするとだまされてきたよし。帰ったらとすすめたら、前借金があるので返してからでないと帰れないと語った』とのことだった。同じ時期に密山で、関東軍から配分された朝鮮人慰安婦を迎えた森分義臣憲兵は、県長や市の有志と合議して空き家を改造、20数人を収容したという。森分は大要次のように書いている」「『娼婦になった動機を尋ねたら、「家計を助けるために前借してきた」というのが殆どで、残りは「お金が儲かると友達に誘われたから」というもの であった。借金返済の終わった者もいて、豪華な毛皮のコートを持っていた者、せっせと親許へと送金している者もいた』」(100〜101ページ)
(その579・3)
「日中戦争期には現地軍の要請を取り次ぎ、必要な手続きを進める中央の担当部門は確定しておらず、そのつど関係の部局課が場当たり的に処理していたよう(だ)」「陸軍の場合は論議の末、42年4月から人事局恩賞課が選定されている」「勅令第300号(42年3月30日付)の改正で」「(陸軍省管制第9条)第5項の『扶助』を第1項に移し、第5項を『軍人援護、職業補導其ノ他厚生二関スル事項』と改めた。慰安所関係は『其ノ他厚生』の一部として所管事務に組み入れられた、と当時の恩賞課員で第5項を担当した井上正規大尉は回想している。井上はさらに次のように語る」「『最初は占領地行政をやる軍務課が候補だったが恩賞課と決まり、私が兼務で所管した。専任のスタッフはいない。42年夏、人事局長一行に加わり南方をまわったとき、ビルマや比島で兵の強姦事件があり、住民に報復された話があって、すでに一部で慰安所は開業していたが、現地軍からどんどん慰安婦を送ってくれと要請された。そこで伊藤主計大尉とともに遊廓のボス連中を歴訪して南方進出を打診してみたが、老舗ほど消極的でなかなか難しいと感じた。それでも俄か仕込みの知識で単価基準を計算して2年働き1000円持たせて帰らせたらとか、兵30人に慰安婦一人の割合か、と試算してみたりしたが、船の手配に口を利いたことがある程度で、陸軍省がリードするに至らず、業者が留守部隊の副官あたりにわたりをつけ、船舶司令部に便乗を頼みこんで出ていった例が多いようだ』」(104〜105ページ)
(その579・4)北千島・ホロムシロ。
「北千島には終戦の時点で、ホロムシロ島の柏原に約50人の慰安婦がいた事実が確認されている。日魯漁業会社の缶詰工場長だった菅原貞一の回想によると、軍の要請で主として函館周辺の遊廓から集めてきた女性たちが柏原に上陸したのは43年6月頃で、会社の敷地内にオンドル付きの慰安所3棟を建てたという。45年8月18日、ソ連軍の大挙侵攻にさいし、彼女たちは日魯漁業の女子工員や看護婦約300人とともに、その日の夜、26隻の小型漁船に分乗して北海道へ脱出した」(116ページ)
(その579・5)西部ニューギニア。
「西部ニューギニア(旧蘭領)については、オランダ政府の報告書に『日本軍慰安所があり、そこではパプア人の女性が働いていた……加えて、ジャワとモルッカ生れの官吏や警官の未亡人たちが収容されている小規模な抑留所があり、慰安所として利用されていた』との記事があるので、一時的、局部的に存在したと考えらえる」(116ページ)
(その579・6)アンダマン・ニコバル。
「北端がホロムシロ、東端がラバウルとすれば、西端と云える僻地はインド洋のアンダマン・ニコバル諸島だろうか」「5軒の慰安所に何人の慰安婦がいたのか不明だが、カーニコバル島に陸海軍10人前後ずつの慰安婦がいたことは判明している。それでも不足したのか、45年3月のアンダマン補給作戦で、日本軍は18人の慰安婦を送り込む。3月26日、日本の船団と護衛艦はアンダマン沖で英艦隊と射ち合い全滅したが、救助された53人の捕虜のなかに7人の女がいた。そのうちメリーと呼ばれる女性は妊娠しており、チャチャという混血女性は英語が話せた」「この女性たちがどこで調達されたかは不明だが、戦争末期に南方航路が途絶すると、現地人女性の調達が多くなり、域内移動も起きた。ジャワから男子労務者とともに慰安婦要員をマライなどへ移動させているし、逆にマライからセレベスへ行かされた女性もいた。ジャワの女性をスマトラ、ボルネオ、セレベス、小スンダ、チモール、西部ニューギニアに送り出す域内移動も、1994年のオランダ政府報告書で確認されている」(117ページ)
(その579・7)
「戦後期を眺めると、(呼称として)『慰安婦』が主流になったが、1970年前後から『従軍慰安婦』が出現する。久しくベストセラーの千田夏光『従軍看護婦』(1973)が初出ではないかとされてきたが」「それ以前にも使用例が見つかっている。調べていけば、さらにさかのばれるかもしれない」「《表12−2》戦後における『慰安婦』の呼称例」「『週刊実話』1971年8月23日号に『“性戦”で“聖戦”のイケニエ、従軍慰安婦』の記事」(362〜363ページ)
(その579・8)
「平時と同じ身売り方式で女性集めが可能なら、植民地統治が崩壊しかねないリスクをはらむ『強制連行』に官憲が乗り出すはずはないと考えられる。それを裏書するのは、44年夏テニアン島で米軍の捕虜になったリー・パクドら3人の朝鮮人による陳述である」「朝鮮人慰安婦について次のように述べている。『太平洋の戦場で会った朝鮮人慰安婦は、すべて志願者か、両親に売られた者ばかりである。もし女性たちを強制動員すれば、老若を問わず朝鮮人は憤怒して立ちあがり、どんな報復を受けようと日本人を殺すだろう』」(380ページ)
(その579・9)
「官憲による組織的な『強制連行』はなかったと断定できる。では実状はどうだったのか」「当時の慰安婦たちから事情を聞きとった人たちの証言から推察するほかない。次に列挙したのは、これらの諸証言から私が信頼性が高いと判断してえらんだものである」
「柴岡浩元憲兵軍曹(北満州チャムス憲兵隊)の証言―1945年7月、チャムスの軍特殊慰安所で、接客を拒否して業者になぐられていた美貌の朝鮮人女性(金城梅子)から次のような身の上話を聞き、業者に接客を禁じると申し渡した。『私の父は北朝鮮・清津の資産家で町の有力者でした。ある時、大の親日家の父から関東軍が軍属のような立場で、歌や踊り等の慰問を募集している、男の子がいたら軍隊に志願させるところだが、その代わりに関東軍に応募してくれないか、と言った。私は女学校で音楽が得意だったので私にぴったりと思って応募したら、実は慰安所だった』」
「榎本正代伍長(済南駐屯の第59師団)の証言―1941年のある日、国防婦人会による『大陸慰問団』という日本女性200人がやってきた…(慰問品を届け)カッポウ着姿も軽やかに、部隊の炊事手伝いなどをして帰るのだといわれたが…皇軍相手の売春婦にさせられた。『目的はちがったけど、こんなに遠くに来てしまったからには仕方ないわ』が彼女らのよくこぼすグチであった。将校クラブにも、九州の女学校を出たばかりで、事務員の募集に応じたら慰安婦にさせられたと泣く女性がいた」
「井上源吉憲兵曹長(中支憲兵隊)の証言―1944年6月、漢口へ転勤、慰安所街の積慶里で、以前に南昌で旅館をやっていた旧知の安某という朝鮮人経営者から聞いた内幕話。『この店をやっていた私の友人が帰郷するので、2年前に働いていた女たちを居抜きの形で譲り受けた。女たちの稼ぎがいいので雇入れたとき、親たちに払った300−500円の前借金も1、2年で完済して、貯金がたまると在留邦人と結婚したり、帰国してしまうので女の後釜を補充するのが最大の悩みの種です。そこで1年に1、2度は故郷へ女を見つけに帰るのが大仕事です。私の場合は例の友人が集めてくれるのでよいが、よい連絡先を持たぬ人は悪どい手を打っているらしい。軍命と称したり部隊名をかたったりする女衒が暗躍しているようです』」
「やや意外にも思えるが、新聞広告などで公募していた事例もいくつか見つかっている。一例は、半島内で最大発行部数をほこる『毎日新報』(唯一のハングル新聞)に出た『軍慰安婦急募』の広告である。行先は○○慰安所とあるから甘言も何もなく、そのものずばりで首都京城の朝鮮旅館内にいる業者らしき人物が募集主になっている。総督府の御用新聞とされた『京城日報』にも、求人欄にその種の広告がある。慰安婦と明示されれば、格式を重んじるこの新聞が掲載するはずがないと思われるのに、何かの手違いか44年7月の広告ページに、自動車会社のタイピスト募集や産婦人科医院の広告と並んで『慰安婦至急大募集』がかなり大きな枠を取って堂々と出ている。前借金の3000円は現在だと1500万円ぐらいに相当する破格の高値だが、実際にはもう少し安かったのかもしれない」「さすがに、内地の新聞は警察の目がきびしく、この種の公募広告が見つかった例はまだないが、見たという証言もないわけではなく、今後の調査に期待したい」(382〜387ページ)
(その579・10)
「日本軍に随伴した慰安婦は何人ぐらいいたのか」「総数を示す公式ないし準公式統計が、どこかに残っている可能性があるのだろうか。私はこの点については、悲観的になっている。なぜなら、彼女たちは身分的に軍の構成員(軍人、軍属、雇傭員)ではなかったから、発令行為がないし、名簿作成の対象にもなっていなかった」「いずれにせよ、出先の憲兵隊や軍医部が保管していた慰安婦関係の文書は原則として終戦時に焼却され、残ったとしても連合軍の命令で、日本への持ち帰りは許されなかった。そこで、副次的なデータを手がかりに、推計作業を試みるほかない」「(その結果)狭義の慰安婦は多めに見ても2万人前後であろう。広義をとっても2万数千人というところか」「(そのうち)9割以上が生還したと推定している」(397〜406ページ)
(その579・11)
「前借金の高い内地人女性は売春を兼ねた都市部の料理屋で働き、収入の多い将校、軍属を相手にする傾向があった。若い朝鮮人女性は、前線に近い僻地で収入の低い兵士を相手に性サービスだけの『薄利多売』に向けられたが、それは資本力の弱い、阿片の密売人も兼ねた朝鮮人親方の利害に副っていた」「こうした諸条件を考慮しつつ、私(著者)としては民族別比率は筆頭が日本人(内地人、縄ピーと呼ばれた沖縄出身者をふくむ)で、現地人(中国人、満州人、フィリピン人、インドネシア人、ビルマ人、混血女性など)がそれに次ぎ、朝鮮人は第三位と推定したい。他に台湾人、オランダ人などのカテゴリーもあるので、あえて比率を概数で示すと、4−3−2−1(内地人−現地人−朝鮮人−その他)となろう」(410ページ)

〔その580〕中谷孝雄著『中谷孝雄全集第三巻』講談社、1976年発行。同書中、著者が昭和13年9月、陸軍“ペン部隊”の一員として約二か月、中支をめぐった記録である「滬杭日記」の一節。
(その580・1)昭和13年9月、中国・南京。
「9月23日 午前9時、特務機関を訪ね、大西少佐より南京の現状をきく。戦前の人口約100万のうち、中流階級以上の約5万は香港へ、25万は漢口へ、更に25万は上海へと逃げ出してしまったので、現在は殆ど下層階級ばかり約45万残っているという。邦人の居住者は戦前の百二三十名に比し、現在は1800人に達する激増を示している」(319ページ)

〔その581〕川名紀美著『女も戦争を担った』冬樹社、1982年発行。同書中、「第12章“朝鮮ピー」に登場する吉子は、昭和2年12月生まれで、沖縄・宮古島で暮し、宮古高等女学校に在学していた。
(その581・1)昭和20年、沖縄・宮古島。
「敗戦の4か月前、病弱だった(吉子の)母親が、61歳で亡くなった」「(吉子は)戦火も激しくなる一方だったので、叔母の疎開先へ身を寄せた。その家と道路をへだてた向い側に、一風変った家があった。大きな平家。木造だけれど、白っぽいペンキが塗ってあり、瀟洒な感じがした」「若い女の人が何人も出たり入ったりしている。どの人も目を奪うような派手な服装をしていた」「その家に、兵隊がしょっちゅう出入りしているのにすぐ気づいた。日曜日などは、その家をめざしてはるか向こうの方から兵隊たちがゾロゾロとやってきた。腕に外出許可のマークをつけた兵隊たちが、その家の前に長い列をつくっていた」「その家が、何をするところか、着飾った女たちが何をする人か、吉子さんは間もなく知った。近所の、同じ年頃の娘から教えられたのだ。『慰安婦、とずばりいいましたよ。私にもすぐにわかりました」「』。付近のひとたちは、そのモダンな家を“朝鮮ピーヤ”と呼んでいた。そこで働く女性たちは“朝鮮ピー”。『ピーっていうのはね、宮古では女性の陰部をいうんです』」「この人たちのうちの何人かと、吉子さんは親しくなった。『ひまなときは、私たちの家にも遊びに来ました』『片言の日本語でおしゃべりしたりしました。みんなきれいな人たちでしたよ。10人以上いました。もっといたかな?きれいなお姉さん、という感じだったから、たぶん21か2くらいじゃなかったかしら』」「不自由なことばで語りあううち、彼女たちの全員が、だまされて連れてこられたことがわかった。気がふれてしまった女性、自殺した女性、自殺未遂……。モダンな家から、女たちが一人、二人と消えていった」
「吉子さんは島のいくつかの部隊に、『部隊長付き』として勤めた。いまでいうなら秘書のような役割だ。“危険な目”に何度かあった」「吉子さんを愛人に、と、正式に申し入れてきた部隊長もいた。断ったのに、あるとき戸外でいきなり抱きすくめられた。『必死で抵抗しました。あの丈夫な軍服を破ってしまうほど』。吉子さんの友人のなかには、部隊の食糧にひかされて、将校のいいなりになった者が少なくなかった。日本兵の落とし子を育てながら、いまも苦労している島の女性が、吉子さんのまわりに何人かいる」(208〜213ページ)

〔その582〕高橋義樹著『サイパン特派員の見た玉砕の島』NF文庫、2008年発行(単行本『あ号作戦』図書出版社、1978年発行)。著者は、昭和19年、海軍報道班員兼同盟特派員として、南洋方面に従軍する。
(その582・1)昭和19年4月、南洋・テニアン・ソンソン。
「その夜、私は(ソンソンの)水交社で入浴したあと、浴衣がけでビールを飲み、夕食をとった。そして酔いが回ったころ町へ出て裏通りを歩いた。久しぶりで女体がほしくなったのである。娼家の並びはすぐ見つかった。一軒の店先で私はある女に強く心ひかれた。リスのように鋭く澄みきった眼をした小柄な若い女だった。一見して沖縄生れとわかった」(93〜94ページ)
(その582・2)昭和19年5月、南洋・サイパン・ガラパン。
「その夜、私と日野は夕食を終わると頃合を見はからってガラパンの街へ出た」「(行き先は)ガラパン街の山寄りの裏通りに面した『いろは』という将校用の料亭である。ここは海軍士官用語でいうところの“レストラン”で、酒肴の接待はもとより、なじみの女(インチ)が、先約がないかぎり同衾する仕組みになっていた」「私にもインチができていた。照葉という、さほど美人ではないが丸顔で眼が大きく肉づきのいい女であった。年齢はこの年、満で23歳。照葉は、女学校を卒業したという、この島には珍しいインテリ接客婦であった」「(照葉は)昭和16年春」「八丈島から流れてきたという男が経営する料亭『いろは』(に横浜からやってきた)」「大戦争がはじまると『いろは』は、将校用の“レストラン”に指定され、それ以来、照葉は否応なく幾人もの軍人たちの夜の御伽を勤めなければならなくなった」(120〜122ページ)
(その582・3)昭和19年5月、グアム・アガナ。
「5月末の熱帯の夜。酔いの回った若い体に欲情がうずきはじめた。私たちは、アガナの東の街はずれにあると教えられていた、チャモロ女の私娼窟の方へ足を向けていた」「間もなく、家の灯りが見えてきた。行きつくと、そこがチャモロ女の私娼窟である。私たちは、扉の開け放された平家建ての一軒の店を選んで敷居をまたいだ。とっつきのリノリュームの張られた8畳ほどの部屋に丸テーブルが置いてあり、そのテーブルに2人の女が肩肘をついて客待ち顔であった。西洋のブローゼル(娼家)といった感じである。2人の女は、どちらもトビ色の髪をして、顔だちも整っていた。それが多分にスペイン人の血を引いていることを思わせた。年ごろは2人とも23、4と思えた」「(そのうち)温順そうな女は、私のもとめに応じて、カーテンで仕切られた別室へ案内した。それは6畳間ほどの部屋でダブルベッドが置いてあった」「女は、濃密な接吻をくりかえしてから、蛇のように身をくねらせ、全裸に近い私の体を絡めつくように抱きしめた。数分ののち、交合は終っていた。女がコンドームを抜き取ったとき、私は異様な充足感に浸っていた。女と別れるとき、私は5円札一枚を彼女に手渡した」(156〜158ページ)

〔その583〕今日の話題社編『大平洋ドキュメンタリー第18巻』今日の話題社、1970年発行。
(その583・1)昭和18年1月、ビルマ・ペグー。
「第55師団・当時陸軍大尉土井滋俊(の手記)『突撃鬼中隊』(の一節)」「今日(18年1月1日)は師団長閣下の招宴に招待されている」「招待されているのはペグー駐留の各団体長である」「中隊長たる私は大尉でも独立歩兵中隊長で団体長の中に入るのである。酒宴のサービス要員として、朝鮮の慰安娘子軍が動員されていた」「ついつい度をすごし遂には持ち前の酒豪振りを発揮して、遠慮なく大いに飲んだ」「私は師団長の招宴からいつ、どうして帰ったのか。気がついたのは丸顔の朝鮮娘の膝枕で寝ている自分を発見したときである」「この朝鮮娘と一夜の契りを結んだ」「(翌日)行って見ると女はご馳走を作って待っていた」「私はこの女の考えが理解に苦しむのである。女たちは朝鮮では貧しい暮らしをしていたはずである。金のため慰安婦としてここに来ている。早く金を貯めて朝鮮へ帰り幸福な結婚をするのが唯一の希望であると思う。しかるに夜の客も取らず私を待っている」「その夜も朝帰りとなった。昼間女は花と花瓶を持って私の部屋に置いて行った。それから毎日新しい花を持って来る」「結局元日よりここペグーを出発するまでの30日間、交渉があろうとなかろうと、それに関係なく、蘭子(朝鮮娘)の部屋から出勤したのである。いとも自然に、そして公然と」(121〜123ページ)
(その583・2)昭和19年10月?、南方・セラム島・アマハイ。
「元飛行第75戦隊長・陸軍中佐土井勤(の手記)『豪北の旋風』(の一節)」「弘田参謀の話によると、司令部の移転にともない、いままで愛用していた現地人の慰安婦が数人いて、処置にこまっている。もしもよろしかったら、このたびのお礼に、その処置をおまかせしたい、という。話はいささか横道にはいるが、なんの慰安施設のない戦地では“性の処理”の問題は、部隊長として、部下統御のため、重大関心事でなくてはならない。じじつアマハイ基地にはこの種の施設は皆無だったので、私はかねてから、明日の命も知れない空中勤務者たちが、なんの不平もいわずに不自由をしのんでいるのをかわいそうに思っていた」「将校団にはかり、総員起立で、弘田参謀の厚意をうけいれる決議が成立したが、さて、100キロばかり離れた小さな島におき去られた、彼女たちの輸送方法が問題だった」「戦隊に輸送機はあるが、生きた彼女たちを乗せるとなると、操縦者がどうしても、首をたてに振らない。つまり兵器の神聖がけがされるというわけなのである。そこで迎い入れに熱心な某中尉が、輸送機長の准尉どのに『相手は動くものにはちがいないが、このさい、物品として考えれば、なんらさしつかえないじゃないか』と熱心に説いたので、機長の方でも『それでは考えてみましょう』ということになった。一方張りきった設営委員は、彼女たちのたむろする一画の名称を投票で、珍無類“大黒荘”ときめ、万端の準備をととのえて、輸送機の飛来を、首を長くして待つことになった」「輸送機長の准尉どのの決心が、ほとんどつきそうになった10月中旬のある日、(比島転進の)飛電到来!」「髪を刈り、ひげを剃って、大黒荘の店開きを、いまやおそしと待ちかまえていた空の勇士たちは」「レイテの決戦場に」「かけつけることになってしまった」(160〜161ページ)
(その583・3)昭和20年12月、中国・上海。
「元在支第13軍参謀・陸軍大佐笹井寛一(の手記)『上海の集中営』(の一節)」「待望の帰還船第一号は予報のように入港して、(昭和20年)12月8日、晴やかに上海を出港した。この一番船には、特に内地に先遣せられる復員業務関係者と、女子軍属が優先的に乗船を命ぜられ、また各地の将兵から留守宅あての通信が託された」「このとき、女子軍属を優先帰国せしめたことには、こんないきさつが秘められていた。終戦直後、米軍の上海進駐とともに、上海市中には、米軍が日本女子軍属の強制徴用を始めるとの噂がひろがり、当時市内にあった4000名にのぼる女子群にパニックをまきおこした。彼女らは恐ろしい幻想におびえ、黒髪を断ち切って男装したり、または悲痛な覚悟を固める者さえあった」「(日本軍は)急きょ上海の各部隊に配属されていた女子軍属をまとめて、これを上海市より最も遠く、人目もひきにくい呉淞の集中営に収容がえするなどの対策を講じた。その後この噂はいつとなく立ち消えて、関係者一同にほっと安堵の吐息をつかせたが、軍はこのにがい体験にこり、今は手足まといになったこれらの女子群を、優先帰国させ、後患を除いた次第であった」(186ページ)

〔その584〕今日の話題社編『大平洋ドキュメンタリー第19巻』今日の話題社、1970年発行。
(その584・1)昭和18年2月、ビルマ・アキャブ。
「第55師団・当時陸軍大尉土井滋俊(の手記)『突撃鬼中隊』(続編の一節)」「その夜、小隊長を誘ったが、誰も行かないので、私一人慰安所に行った。マユ半島の砲声が殷々と聞こえるなかの夜遊びである。敵機は昼夜を問わず連日数回の爆撃にくる。ここもやはり朝鮮の娘子軍であった。真夜中、例によって爆撃である」「爆弾はこの家屋の周囲に落下しはじめた。女は『早く早く』と言って部屋の外で待っている。私は『先に行け』と言って防空壕に行かした。裸で、しかもピーヤで死んだとあっては自分はもちろん先祖にも申しわけない。せめて軍装を整えてと思い、闇のなかで服を着て靴を履き、革脚絆を手に持って入口をさがす」「手探りで壁を一周してようやく出口を見つけて部屋から出た」(297ページ)

〔その585〕今日の話題社編『大平洋ドキュメンタリー第20巻』今日の話題社、1970年発行。
(その585・1)昭和15年2月、満州・公主嶺。
「元飛行第12戦隊・陸軍兵長内田栄次(の手記)『陸軍重爆と共に』(の一節)」「久し振りの公主嶺である。まず、とある一軒のカフェーに入って夜の蝶たちのお気嫌をお伺いし、さてこれから待望の“実弾射撃”である。日本か、朝鮮か、満州かと、諸説ふんぷんとしたが、先立つものはなんとやら、たちまち衆議一決して乗り込んだところは満ピーの館、こちらは早々に射撃を終って帰り仕度を始めたが、(同行した)岩間が長い。『オイ、どうした』。ドアをどんどんたたく、と中から声あり。『ただ今発射』。あきれた野郎である」(225〜226ページ)
(その585・2)昭和15年6月?、満州・新京。
「元飛行第12戦隊・陸軍兵長内田栄次(の手記)『陸軍重爆と共に』(の一節)」「私と岩間と3中隊の野口の3人で別行動をとり、近くの日本人旅館に軍装をといた。さて、これから夜の新京探訪である。カフェーかなんかをのぞいたりして、行き着くところは決まっている。『今夜は朝鮮と行くか』『よかろう』と3人はとある館に乗り込んだ。私の相手はまだ若い丸顔の女であったが、なかなかサービスがよい。今夜はぜひとまって行けというのを振り切って帰りかけたが、岩間が出てこない。女を呼びにやってみると、『あまりよいコだからとまってゆく』という。仕様がないやつだと思った」(232〜233ページ)
(その585・3)台湾・屏束(東?)。
「元飛行第12戦隊・陸軍兵長内田栄次(の手記)『陸軍重爆と共に』(の一節)」「タキの試験で、台湾に行ったときの事もいまに忘れられない。屏束(東?)を基地にして試験をしたが割合順調に試験も進み宿舎に帰ると『内田サン行こう行こう』と兵隊さんが誘いにきた。『ハハン、やっこさんたち、おれをだしに使う気だな』と思ったが、お供をしてついて行くと、三階建の立派なビルである。行きがかり上、私も実弾射撃をしてきた」(244ページ)

〔その586〕今日の話題社編『大平洋ドキュメンタリー第16巻』今日の話題社、1969年発行。
(その586・1)昭和19年9月、台湾・彰化。
「第10師団輜重兵第10連隊第一大隊・元陸軍准尉森本春実(の手記)『バレテ峠に鉄兵団あり』(の一節)」「彰化の街をひと通り歩いてみた」「街のカフェーや料理店なども4月以来全廃となり、花街も淋しい。それでも街の一角に内地人の遊廓が3軒、朝鮮人の遊廓が4軒、別なところに本島人の遊廓が10軒ほどあった。また、街のところどころに喫茶店が2、3軒と、公園の前に古月園とか書いた一流の料理屋兼旅館がある程度であまり目ぼしいものは見あたらない」(303ページ)

〔その587〕今日の話題社編『大平洋ドキュメンタリー第?巻』今日の話題社、19?年発行。
(その587・1)昭和20年3月、インドネシア・ゲルンバン。
「独立飛行第74中隊・元陸軍准尉水柿敏男(の手記)『スマトラの敗戦野郎』(の一節)」「3月下旬、部隊は隣のゲルンバン飛行場に移動した。パレンバンからトラックで約1時間半ぐらいの距離にあり、現地人ばかりの小さな部落にすぎない」「ここゲルンバンは、軍人の慰安施設といっても、現地人の女ばかりの慰安所が一軒と、簡易食堂が一軒あるだけ。部落にでても、コーヒーをのませる店と、果物を売っている店が1、2軒あるだけだ。しぜん兵隊たちもこの簡易食堂と、現地人の慰安所に集中するようになる。慰安所など昼間いってみるとどの室も行列がつづいている。現地人の女はあの方はものすごく強いという話はきいているが、これだけ多数の兵隊をあいてにして、女の身体がどうもならないかと心配になってくる。私のような営外居住者は、できるだけ兵隊の時間外にいってはいるが、それとて客のない女など一人もいない」(228〜229ページ)
(その587・2)昭和21年3月?、インドネシア・パレンバン。
「独立飛行第74中隊・元陸軍准尉水柿敏男(の手記)『スマトラの敗戦野郎』(の一節)」「(パレンバンに)移動してきた翌日なんの気もなく宿舎の周辺を歩いていたら、日本の女のひとをたくさんみかけた」「ふらふらと女たちのいる宿舎に近づいていた。宿舎にいた女たちの方でもいち早く私の姿をみつけたらしく、一人の女が室からかけだしてきた。あっ、パレンバンで戦時中はさんざんお世話になった彼女の一人だ」「慰安所の彼女だ」「敗戦により国籍も違ってしまったが、男女の情愛に変りはない」「(誘われて、夕食後、女の宿舎を訪ねると)10人ほどの女がわあわあ寄ってきてとうとおし倒されてしまった」「女の顔を見渡しておどろいた。どの女とも何回か一しょにねている」「彼女たちと一ぱいのみながら、すぎ去った日の思い出話に花が咲いた。間もなく彼女たちは内地帰還のため輸送船上のひととなった」「一たん内地に帰還後、大部分の方は祖国韓国に帰っていったことと思う」(260〜261ページ)

〔その588〕今日の話題社編『大平洋ドキュメンタリー第23巻』今日の話題社、1969年発行。
(その588・1)昭和19年、フィリピン・マニラ。
「元海軍報道班員・同盟通信社特派員小野田政(の手記)『神風特攻隊出撃の日』(の一節)」「201空の副長玉井中佐は、山本大佐に代って、正式に司令となった。元来が人情家の玉井中佐から、ひそかに私に『報道班員、うちの特攻隊員を慰めてやってくれんか』。そう内命(?)をうけた。関大尉が征ってから間もないころのことである」「私はマニラ支社からステーションワゴン型の車を一台借りると、それにラム酒をゴッそり積み、暮夜、明日出撃の特攻隊員を宿舎に迎えに行くのである」「私はどうしても彼らに『人間の味』を知ってもらいたかった。マニラ市内に点在するピー屋(慰安所)はできるだけ避けるようにした。私もその方では人並に、いや人後に落ちぬ方であったから、そういったアナ場を探究する好奇心もあり、いまでいう白線地帯をいくつか知っていた」「(私は)玄関に横づけした車の中で、彼らの戦果を待っていただけだった。特攻隊員の遊びは、1、2時間を限度にしてもらった。というのは、やはり明日の出撃に差し支えてはとの気づかいもあったが、未練を残されてはの懸念の方が強かった。そのうち特攻隊員の方から、いろいろ注文をつけるようになった。カラバオ(タガログ語で水牛の意、転じて現地人)よりもホワイト・アニマルをとの要望が強くなった。ところが需要供給がアンバランスであったから、どうしても全部の要望を容れることができなかった。そこで私のとっておきのものまで提供することになった。しかし特攻隊へのサービスもそう長くはつづかなかった。戦局がそれを許さなくなったのである」(38〜39ページ)
(その588・2)インドネシア・セレベス。
「第2軍参謀・元陸軍中佐了戒次男(の手記)『謎のセレベス作戦』(の一節)」「マカッサルには大川部隊という特殊部隊があった」「俗称大川部隊は海軍直属の独立部隊同様であった、内地からの手紙でも宛名に大川部隊田川花子で届いた。それというのも大川さんは海軍省の援助で、このマカッサルにはるばる出かけ、自給自足の総合的料理屋を経営したもので、酒造、漁撈、野菜栽培の専門家はもとより、舞踊、小唄の師匠まで揃えて、すべていっさいを自前でまかなえるだけの陣容をととのえている、特殊の存在だったからであろう。大川さんは新橋のさる料亭のお嬢さんで、若い美空でありながら、危険を意とせず、第一線へと乗り出し、あんな大世帯を切りまわし、第一線部隊の慰安活動を展開した」「(その後)大川部隊は海軍部隊の一部としてマリンブンの北部に移転し、連合軍に監視される身となっていた」「軍としては大川部隊の素性を連合軍に明かさないようにと気を配っていた。連合軍に芸者部隊として悪用されないように、他の諸部隊とまったく差をつけず、現地自活にも励むことを強く望んでいた」「真偽のほどは確かではないが、大川部隊が海軍省から借りた金は50万円であったが、セレベスから内地へ持ち帰った品物は時価にしてはるかにそれを上回るものであったと聞いている」(53〜55ページ)
「連合軍がセレベスに進駐した当初、豪軍から日本婦人を連合軍の勤務に差し出すようにとの指令があって、軍司令部では討議の結果、慎重論が強く二の足を踏んだ。なんとかこの要求を拒否する工夫はないかと思案していた。ところがなんと私どもの予想に反し、自ら積極的に連合軍勤務を希望する若い婦人が何人もあったことにはまったく驚いた」(55ページ)
「セレベスには日本人および朝鮮人の慰安婦が数十名派遣されていた。終戦とともにこれらの慰安婦をどう処遇したらよいかとの問題がおこって、南方総軍からも特殊看護婦に仕立ててはとの指示もあった。連合軍将兵に凌辱を加えられず、日本軍の一部として無事内地に送還することは、今までこれを利用してきた軍の責任であった。それだからといって強制はできない。あくまで本人達の自由意志にまかせなければならない。そこで日本内地人および朝鮮人ごとに各個に説得することとなった。この勧めに対し、日本内地人の方はすぐ受け入れ、陸軍病院で正規の特別教育を始めることとなった。病院長北条軍医の言によると、大体熱心に看護婦として修業を積み、その成績もまずまずというほどで、内地帰還後正業に転向できる者も相当出るのではないかとの観察であった。これに反し、朝鮮人慰安婦の方は説得に応ぜず、かえって説得者の方が冷やかされて引きさがるありさまで、さんざん手を焼いた」「そのうちに朝鮮人帰還船の回航が本ぎまりとなり、とうとう教育の問題もお流れとなって、わたしの悩みも自然解消となり、ヤレヤレと思った。私はこのごろかつて日本の同胞として聖戦の名の下に遠く南の国に存分の働きをしてくれた朝鮮の方々へ、果たしてそれに報ゆるだけのことをなし得たであろうかと思い自責の念にたえない」(60〜61ページ)

〔その589〕吉開那津子著『増補新版消せない記憶−日本軍の生体解剖の記録』日中出版、1996年発行。同書は、元軍医中尉・湯浅謙の回想記。湯浅は、昭和16年、東京慈恵医大を卒業後、陸軍に入隊し、翌17年から中国・山西省ロ(さんずいに路)安陸軍病院に勤務する。
(その589・1)中国・山西省。
「ロ安にも、慰安所があった。一軒は将校専用で、こちらは軍公認であったが、他の二軒は民間の料理屋だった」「この地まで流れて来ている日本の女は、流浪の果てに最後にここに来たという感じで、芸者とはいっても、酌婦に近かった。そして民間の業者は、軍を相手に多額の金を儲けていた。それぞれの女たちは、軍を相手にしている土建業者をなじみの客として持っていた。そして金に卑しいという噂がたつのをおそれて、土建業者のなじみであることをカモフラージュするために、もう一方で、軍人たちにもなじみをつくっておいた」「民間の料理屋にいる女たちは十数名でこちらの女たちの方が華やかで面白かった。朝鮮人の女たちばかりいる妓楼も二軒あった。将校の中には、日本人の女を相手にすると愛情が通っていやだ、といって朝鮮人だけを相手にする者もいた」「下士官や一般の兵士は、朝鮮人の妓楼へ主に通っていた。外出日の日曜日になると、そういう女たちは何十人もの男たちの相手をした。客の相手をしながら、疲労から眠ってしまう女さえいた程だった」「商売女を真剣に愛して、結婚するのだ、といっている兵隊もいた。借金をかえして女中になった女と仲良くなり、こどもが出来て、国へ帰ったら結婚する、といっていた将校もいた。借金を返済し終えて自前になった女もいたが、借金が1万円も残っている者もいた」「朝鮮人の女はさばさばしていて、兄さんが結婚する金がないので、わたしが出稼ぎに来た、などといっていた」
「敗戦の前の年のことである。将校団の軍人会館、つまり慰安所に、若い慰安婦が10人位やって来て、大変賑やかになったという話を聞いた。数日後、わたしが兼務していた憲兵隊へいくと、若々しい女たちが来ていて、騒然としていた。彼女たちは日本で、大陸へ行ったら将校さんたちのお酒の酌をするだけで、将校さんと結婚できると聞いてロ安までやって来たのだった。憲兵隊に夜の相手をするなどというのは約束違反だといって、訴えに来ていたのだった。憲兵隊は女たちを帰国させれば軍の士気に関係することになるし、弱っていた。が、結局、年端のいかない者は、1年位は客をとらせない、ということで話がついたようだった」(120〜122ページ)

〔その590〕澤地久枝著『ベラウの生と死』講談社文庫、1997年発行(単行本、講談社、1990年発行)。
(その590・1)昭和19年11月、南洋・パラオ。
「同盟通信パラオ支局長としてコロール島へ着任した多田貞三郎に『同盟通信と多田(督知)参謀長』というタイプ印刷の資料がある(『多田日記』)」「『多田日記』中、『肉攻斬り込みの練習が全島にわたって行われている。/パンパン屋はそれとともに解消し、食糧増産に挺身することになったとのこと』と書かれているのは19年11月15日の項である。パラオ本島へ移ったあと、この時期まで軍の慰安所が維持されていたのだ」(116〜117ページ)

〔その591〕内海愛子・村井吉敬著『赤道下の朝鮮人叛乱(新装版)』勁草書房、1987年発行。
(その591・1)昭和19年、インドネシア・バンドン?。
「(俘虜収容所に勤務する朝鮮人軍属は)週一回の外出許可日など完全に無視して、彼らは夜な夜な収容所を『脱柵』、軍服などもちろん着ないで、慰安所に行ったり、将校クラブにも平然と入っていった」「彼らが将校クラブの女性を相手に遊ぼうとしたのは、日本人に対する恨みの感情の表現であったという。将校クラブでは日本の女性が遊びの相手で、兵隊用の慰安所にはインドネシア人の女性と朝鮮人女性がいたからである」(128ページ)

〔その592〕高松宮宣仁著『高松宮日記第四巻』中央公論社、1996年発行。
(その592・1)昭和17年1月。
「(昭和17年1月16日の日記の一節)第四艦隊は自分の場所で補給休養をやり度、其の様に施設され度。慰安200名送ること。現地にて不足を云うも、責任者が要求せぬ。(陸軍では『ガム』占領すると直ぐ40名送れと云い(4000名に対し)其の引揚げのとき、又送皈すことにせり)」(32ページ)

〔その593〕大谷晃一著『評伝武田麟太郎』河出書房新社、1982年発行。武田は、ジャワ派遣の第16軍宣伝班(町田班)の一員として、昭和17年3月、バタビアに入る。
(その593・1)インドネシア・バタビア。
「(町田班の)身分が決まる。陸軍軍属で、さし当たりの期間は一か年である。麟太郎は少佐待遇となった。一番上が大宅(壮一)の中佐で、尉官の人もある。軍隊は学歴社会である。帝大が本俸で月260円、私大と専門学校が200円、中等学校が100円を基準にする。大宅が最高である。学校は卒業も中退も問わないので、麟太郎も265円だった。学歴の低い大木や松井はひどい目に会った。洞少尉が決定額を各人に告げる。軍隊は復唱せねばならない。小さい声で、特に注意されたが、みな分かった。戦時手当がその14割もつく。それだけでもあり余る。麟太郎たちは本俸を留守宅へ送る手続きをした」(329ページ)
「(武田は)ベチャと呼ぶ輪タクに乗り込んで、夜の町へ消えて行く。食糧も酒も煙草もふんだんにある。ジャワは天国だった。ノールドウエイ街にあるジャワ会館は大阪のカフェー丸玉の経営で、女はみんな日本人である。大阪弁を使う」「コタというのは古い下町である。そこの南京旅舎へもよくあらわれる。回廊の奥に一人一人の女の部屋が並ぶ。娼家である。20歳前の女が多いが、25歳ばかりの華僑系の姐御がいて、麟太郎に尽くした」「華僑系が一番で、混血の女も好きだった。白人を軽蔑し、そんな女のいるバー津軽などへはあまり足を向けない。大理石を床に敷き詰めたハルモ二イクラブは将校集会所だが、それよりもバンデン広場の東にあるコンコルデアへ行った。兵隊のためのクラブである」(343〜344ページ)

〔その594〕林郁著『新編大河流れゆく』筑摩書房、1993年発行。
(その594・1)中国・同江。
「同江は松花江が黒竜江に合流する地点にあり、昔から交通、交易の要所だった」「1940年代の女郎屋つまり慰安所」「(その内部に詳しい中国人の)証言によると、同江には3つの慰安所があり、日本の女性だけの店と、朝鮮女性の店、それに『満ピー』または『支那ピー』とよばれた女性たちの『ピー屋』があった。前の2つは日本人専用、『満ピー』の店は日本人、中国人、朝鮮人、だれでも入れた」「朝鮮人は日本名の源氏名、和服姿で7、8人いた。気の毒なのは松花江を船で運ばれてきた朝鮮の少女たちだった。彼女たちは泣いて抵抗したため、女郎屋の男に手足を縛られ、蹴られていた」「旗日には慰安婦全員が国境の日本軍守備隊に出張慰安に出された。また、彼女たちは日の丸の旗を持ち、白エプロン姿で並んでどこかへ行くことがあった」(68〜69ページ)
(その594・2)昭和20年9月、満州。
「数え年14歳から21歳の乙女がA開拓団本部の裏によび出されたのは9月下旬だった。50代の副団長が低い声でいった。『女子挺身隊としてソ連軍宿舎に行ってほしい』。20歳になったばかりの明子さんは、挺身隊の意味がわからなかった。どんな仕事をするのかたずねると、しばらくして、『兵隊の慰安だ』と答え、『団を救うために挺身すべし』。あとは押しの一手という感じだ」「結局19人の乙女が指名された」
「A開拓団から応召し、敗戦で帰って来た男たちが、『戦争に負けたら、女はやられるのが当たり前だ』と彼女にいった。『おれたちも中支の戦場でいっぱいやったよ。朝鮮ピーも抱いた。朝鮮ピーは若くてよかったよ』。彼らは悪意やからかい口調でなく、当たり前の顔でいった」「『ピー屋の朝鮮女や姑娘はお前より年下なのに、日に何十人も乗せていた』と男たちは軽くいったが、その人たちはどんなにつらかったことか」(89〜94ページ)

〔その595〕藤井重夫著『きけわだつみもうひとつの声』汐文社、1975年発行。著者は、昭和18年から20年まで、朝日新聞南方特派員、その途中から陸軍報道班員となる。
(その595・1)中国・芒市。
「雲南の芒市で、私はこの(小説『火焔樹』に書かれた日本人慰安婦と日本軍人の)“兄妹相姦”という、世にもふしぎな戦場秘話を知ったのであった。芒市は緬支国境に近い町である。雲南ペストの本場で、ペスト患者が多発することで世界的に有名な土地だった」「伝染病の本場だから、よほどの覚悟がなければ、そんな土地へ流れてくる慰安婦はいなかっただろう。危険が大きければ大きいほど、慰安婦は荒稼ぎができる。それを承知のうえで、戦場ずれのした女が、あぶない芒市くんだりまでやってくるのだ」「芒市の慰安所で、私はたまたま一人の慰安婦に会った」「(ミートキーナの慰安所にいた)ミドリであった。二度、三度とミドリのいる慰安所(それは出入り口に鉄板を張った土民の家を借りうけた粗末な家だった)に、しごとの合い間に私は出かけた」「私は、ミートキーナの旧知であるこのミドリとは、友人としてつきあった」「必要なときは、私は別の慰安婦のところへ寄った」「兄妹のような仲でミドリとつきあったので、ミドリはその出身地と本名、そして慰安婦としてこの南方の戦場へやってきたいきさつを、かなり素直に私に話した」「3日ぶりかに、ミドリのいる慰安所へ出かけたところ、ミドリは死んだわ/自殺したよ/きのう荼毘にした/ほら、ミドリちゃんそこの小さな白い骨箱におさまってしまってる…。慰安所のかあちゃんが、目をしばたたいた。怒江の最前線ヘ出かける自動車隊の曹長と、一夜ミドリはつきあった。忘れていった護符の名が、ミドリの兄の名とおなじであったこと、そして次の日、最前線から伝えられた情報で、曹長は兵員を前線の部隊へ送ったあと、拉孟まで弾薬を緊急輸送する途中、敵の仕掛けた地雷で、車といっしょに吹っとんで、あっぱれな“戦死”をとげた…。この前後のいきさつは、あとで私が聞きだしてわかったことである。『どうしてミドリちゃん、はたちか21か、まだ若いのに、じぶんで死んだのかねえ。戦場で稼いで、日本へ帰って、一軒のおみせでももてばよかったのに、ねえ』。遊廓のやりて婆のことをいう」「それっきり再び、私はミドリのいないその慰安所へ出かけなかった」(89〜93ページ)

〔その596〕森史朗著『作家と戦争−城山三郎と吉村昭』新潮社、2009年発行。
(その596・1)中国。
「(杉本中佐著の)『大義』の伏せ字は文章全体におよび、しかも数カ所にわたっている。その伏せ字は杉本中佐が前線より送った最後の『陣中遺稿』に集中しているのも、奇妙といえば奇妙であった」「『大義』の本文」「第17章『戦争』の項」「(の)伏せ字部分を再現してみよう。以下は、松江歩兵第163聯隊第一大隊本部戦友会が復刻した私家版『大義』の原文による(編集・大江芳若)」
「『大義明白なる戦争発起も、之に従ふ上下、大義不分明ならば、各々自己を執ってその保存に懸命の努力を終始せん。《上は其の功を競ひて他の損傷を顧みず》、《下は自己保存の極限を発揮して上を怨嗟す》。《一度敵地を占領すれば敵国民族なるの所以を以て殺傷して飽く事なく》、《略奪して留る処を知らず》。《悲しむべし》、万端悉く 皇軍の面目《更に無し》、《皇道は空華施布は口裏の禅現皇軍が 皇化第一線の使徒たること遠し正に白雲万里なり》。聖上を尊崇し奉る、戦庭に立つもの皆靡々として然らざるなし。歩一歩を進めて、皇道宣布に邁進《せざる所以のものは》、《尊崇に徹骨ならず従ひて宣布の精神流露せざればなり》。尊皇だに透徹しあらば、 弘道布施の大業は自ら流れ出づる清泉なり』(《》内が伏せ字部分)。
「『上は其の功を競ひ』とは、将校たちが戦場では功名争いに熱中しているさまを指す。『下は自己保存の極限を発揮して』は、下級の兵士が保身のみに汲々としていて、いったん中国兵を駆逐すれば残虐、略奪の行為は思いのまま。とどまるところを知らず、の悪辣さである。これでは『皇軍』の名に価しない。いくら『皇道』をとなえても、『空華』(注・禅語の虚空華の略)のごとく、単なる妄想にすぎない。杉本中佐は最前線の指揮官として、日本軍の残虐性、軍紀の堕落ぶりに直面して、これは『皇軍』ではない、『天皇の軍隊』ではないと慨嘆した」「『斯くて今次の戦争は帝国主義戦争にして、《亡国の緒戦》と人謂はんに、誰人か何んと抗弁しうるものぞ』」「瞠目すべきは、昭和12年の盧溝橋事件の起こった緒戦期の段階で、この戦争を『帝国主義戦争』と見ぬき、日本軍崩壊の予兆を感じとっていることである。『悠久の大義』を純粋に説き、『忠君愛国』をはげしく鼓吹しながら、それゆえにこそ現地軍の中国戦線での略奪、暴行の野蛮行為が許しがたく思われたのであろう」(68ページ〜73ページ)

〔その597〕「アジア・太平洋地域の戦争犠牲者に思いを馳せ、心に刻む集会」実行委員会編『アジアの声・第11集・私は「慰安婦」ではない−日本の侵略と性奴隷』東方出版、1997年発行。1996年8月に開催された「心に刻む集会」の報告集。
(その597・1)ボルネオ・バリクパパン。
「証言−台湾」「勇気をもって忍耐してきた(と題された)黄秋月(仮名・発言)」「日本人に連れて行かれた時、私は19歳でした。女性と男性の2人が私を連れて行ったのです」「2人に呼び出された私たち台湾の少女は全部で16人でした。学校に行けたので文字が読める少女たちもいましたけれども、そうでない少女は読めなかったのです。『あなたたちは看護婦の仕事をするのです』と(その日本人の)おばさんに説明されました。『私たちは文字が読めないのに、どのようにして看護婦になることができるでしょうか』。おばさんは私たちにこう答えました。『文字が分からなくても構いません。炊事はできるでしょう』。それを聞いて、私たちは『それでは、いっしょに行きます』と答えました。私たち16人は台湾の高雄から出発したのです。1943年のその月日は忘れましたが、船の名前は覚えています。『浅間丸』といいました。浅間丸に半月ほど乗っていました。そして南洋のマカッサルという所に上陸しました。連れて行かれたところは軍人招待所でした。招待所に1週間いる間に空襲に遭ったのです。その空襲で私たちのうち3人が殺されて、13人が生き残りました。そして、また別の船に2、3日間乗せられました」「今度は、バリクパパンという所に着きました」「連れて行かれた家は椰子の葉で囲ってあり、部屋はどれも1畳ぐらいの広さしかありません。そして、みんな一緒の部屋に住むと思っていた私たちに、おばさんと(日本人男性の)タキさんは『一人ずつ別の部屋に入りなさい』と命令しました。タキさんは看板を掲げました。看板には何と書いてあったでしょうか?『マツノヤ』という名前でした。『兵隊慰安所』とも書いてあったのです。文字を知っている少女たちは、その看板を見て泣き出しました」「私たち台湾の少女たちは皆処女で、とても若かったのです。19歳の私が一番年長でした」(82〜83ページ)
(その597・2)
「(集会シンポジウムでの)犠牲者のトラウマは今も続く(と題された)ノンフィクション作家川田文子(の発言)」「ぺ・ポンギさんと一緒に渡嘉敷島にいた7人の朝鮮人元『慰安婦』の中に、ハルコという女性がおりました。彼女は空襲で亡くなったんですが、その遺骨が渡嘉敷島の『白玉の塔』に合祀されています」「しかし、(渡嘉敷島の)集団自決者の名前がずらりと並ぶ白玉の塔に、ハルコの名前は刻まれておりません。なぜかというと、ハルコというのは慰安所でつけられた源氏名で、本名はわからないからです。『平和の礎』が沖縄の糸満市に造られましたが、その平和の礎のなかにも、韓国・朝鮮人の軍人軍属の銘は刻まれたんですが、『慰安婦』の名前は刻まれておりません。『慰安婦』たちはハルコのように、その本名はおろか、連行された人数も、その生死の数さえ判らない」「私の知るかぎり、公文書において慰安所制度の被害者の名前が明記されたものは今までに発見されていません」(162ページ)
(その597・3)フィリピン。
「(集会シンポジウムでの)クマラスワミ報告が日本に問うもの(と題された)弁護士武村二三夫(の発言)」「フィリピンの場合についてお話ししますと、いわゆる慰安所というのはほとんどなかったのです」「実はマニラのような都市部には慰安所があったらしいのですが、おそらくそれは日本人女性と強制連行された朝鮮人の女性が多かったようだと考えられます」「フィリピンの場合は少しタイプが違っていて、慰安所というよりも長期強姦型というべき議論もあるくらいです。はじめから組織的に慰安所を設けたというよりは、個々の兵士や将校がそれぞれ女性を兵舎に連れ込んだのが実態です。つまり、現地略奪、監禁、強姦が頻発したというタイプで、慰安所で見られるような医師の定期的な検診や金銭の授受は、ほとんどなかったのです」(165ページ)

〔その598〕田代常雄著『戦場のしおり』武蔵野書房、1994年発行。著者は、昭和17年、仙台第四連隊に入営し、翌年、中国に派遣される。
(その598・1)中国・馬橋。
「咸寧から6里ぐらい入った所に避暑(寒)馬橋という地名の温泉場があったのである。しかも日本式兵舎や日本家屋があり、ここの管理は漢口兵站司令部で高級将校の休養場所で日本芸者を多数確保して慰安所兼割烹亭を開設して、第一次、二次長沙作戦の第一拠点として、現地視察の帰りに泊って戦陣の垢を流す温泉で、呂集団(軍)高級幹部の欲情の捌口の場所でもあったと言う」(32〜33ページ)

〔その599〕石川達三著『徴用日記その他』幻戯書房、2015年発行。
(その599・1)昭和17年、仏印・サイゴン。
「(著者が海軍報道班員だった昭和17年2月)18日」「上京していた報道部長堀内大佐が帰って来た。留守中は石田中佐が代理をしていた。彼はハノイからサイゴンへ来るとき、広東だか台湾だかの女数人を連れて来た。そして日中から情痴に入りびたっていた。仏国駐在中にフランス軍人の女遊びを見習って来たらしい」(25ページ)
(その599・2)昭和13年1月、中国・南京。
「あの時の経緯−『生きている兵隊』」「(中央公論特派員として)私が東京をはなれたのは(昭和12年)12月25日頃」「(軍用船に乗り)東支那海で13年の元旦を迎えた」「上海では民間の宿屋にとまった。ここには北九州からひともうけを企てて渡って来た商人たちがうようよしていた。私は大陸には何の手がかりも無かったので、(三重県出身の)補充将校にさそわれるままに、彼等とともに南京へ行くことにした。汽車は上海南京間をまる一昼夜以上もかかった」「三重県の部隊は南京市政府を占領して、そこに駐屯していた。私はひとりの下士官と若い通訳との部屋に同居させてもらった。南京は死の街だった。野犬と野良猫とが屍体をあさってうろついていた。夜になると誰も居ない家から火が出て、二三軒が燃えた」「1月28日帰京」(144〜145ページ)

〔その600〕渡部良三著『歌集小さな抵抗−殺戮を拒んだ日本兵』岩波現代文庫、2011年発行(単行本、シャローム図書、1994年発行)。著者は、学徒出陣で中国・河北省の駐屯部隊に配属され、新兵訓練で捕虜を銃剣で突き刺すことを拒否する。これらの軍隊生活の中で、約700首の歌に詠む。
(その600・1)昭和19年、中国・東ギ(やまかんむりに魏)家橋鎮。
「捕虜虐殺(の章)「朝飯(あさいい)を食(は)みつつ助教は諭したり『捕虜突殺し肝玉をもて』」「『刺突銃を呉れ!』猛き声あり教官の手のいださるるを見つつすべなし」「纏足の女(おみな)は捕虜のいのち乞えり母ごなるらし地にひれふして」「『捕虜殺すは天皇の命令(めい)』の大音声眼(まなこ)するどき教官は立つ」(1〜19ページ)
「教練と生活(の章)」「かすめうばい女(おみな)を犯し焼き払うおごる古兵も『赤子(せきし)』とうかや」「いずくより如何な運命(さだめ)ぞ北支那に身を苛(さいな)みて慰安婦は来ぬ」「『尽忠奉公慰安婦来たる』の貼紙を見つつ戦友等にならわぬひとり」「三銭のハガキ一枚に兵はありいかな費(つい)えに来し慰安婦か」「兵等みな階級順に列をなす浅ましきかな慰安婦を求(と)め」「終身の未決囚の如き兵等いま慰安婦のいのち踏み躪(にじ)るなり」「弾丸(たま)の雨あぶるよりなお心冷ゆ慰安婦来たりうごつく群に」「唐国(からくに)の大地を濡らす慰安婦の涙を凌ぐ犠牲(いけにえ)ありや」「いかがなる権力(ちから)の故に連れ来たり遠き戦野に人を売るとは」「慰むる何なき傷(いた)みかこつ女(め)に兵等の心安らうとうか」「苦力(クーリー)のかつぎ行きたる棺(ひつぎ)見つ聞けば慰安婦急死せるとう」「長旅を戦野に来たり土壁のさ暗き部屋に慰安婦の惨!」「慰安所に足を向けざる兵もあり虐殺(ころし)拒みし安堵にも似る」「(著者の)註・当時の私は、『慰安婦』は韓国人女性自らの意志によるものと教えられていた。しかし敗戦後45年たった1990年になって、韓国人女性に強制したものである事を、韓国人の詩によって知った。よって、この一連の歌は自分の知英足らざるを思い、削除を考えた。が然し、私の当時の実感として、そのまま残すことに心をひるがえした」(67〜73ページ)

(2015年12月16日・最新更新)


ニッポンリポート・ファイル一覧

ご意見などは tetuh@mbj.nifty.com へ

SAKUMA TETSU
フリーライター
著書[恐るべき証人][検死解剖マニュアル][拳銃天国ニッポン]など