佐久間 哲
ニッポンリポート


従軍慰安婦を調べる 編

従軍慰安婦の体験談等メモ・13


〔その601〕日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会編『歴史教科書への疑問−若手国会議員による歴史教科書問題の総括』日本の前途と歴史教科書を考える若手議員の会、1997年発行。
(その601・1)
「(平成9年3月6日開催の同会第2回会合)検定教科書の現状と問題点(の章・質疑応答の部)」「穂積良行 私は昭和10年生まれで、終戦は満10歳のときですから、多少は戦争の記憶があります」「戦争中は『従軍慰安婦』という言葉じゃないんです。『朝鮮ピー』で、これは言っちゃいけないんです。皆さん、こういう言葉を憶えていますか。私は憶えている世代なんです」「いま75から85歳ぐらいの人たちから炉端でポツリポツリと語る話を聞いた人間なんです」「桜田義孝(の発言)」「教科書とか新聞だと、タダで引っ張ってきて強制的にやらせたようなことを書いてあるけど、いまのソープランドの女性よりも多額のカネをもらったという話もある。全く営業だということを、なぜわかりやすく教科書で言わないのかということですね。日本国内だって売春防止法が施行されたのは昭和32年なんだから、当時の国情からすると特別なことじゃないと思うんだね」(37〜39ページ)
「(平成9年3月19日開催の同会第4回会合)いわゆる従軍慰安婦問題とその経緯(の章)」「西岡力講師(の発言)」「慰安婦の調査、証言ですけれども、実は裏付け調査をしている証言集があるんです。この本(韓国挺身隊問題対策協議会・挺身隊研究会編『強制で連れて行かれた朝鮮人軍慰安婦たち証言集1』韓国語)です」「これは40人以上の人を対象にしてやって、19人しか入ってないんです」「この19人の中には、先程言いました道端で歩いていたり、うちにいたら軍人が来て連れていかれたと、そういうケースは4人しかいないんです。この4人の中の2人は富山県と釜山で慰安婦にさせられたと書いてあるんです。戦場ではないところです。多分私娼街に売られたということとしか思えないわけです」(141〜142ページ)
「東良信外政審議官(の発言)」「官憲等がこれに加担したことが明らかになったケースがあったということで」「慰安所をつくって慰安所に入れたという事例がございまして」「バタビアの事件が一つあった」(147ページ)
「(平成9年3月26日開催の同会第5回会合)『慰安婦記述』をめぐって(の章)」「藤岡信勝講師(の発言)」「終戦のとき」「朝鮮のひとたちから、『あなた方日本人は私たちの娘を強制連行したじゃないか』という文句を言われたことがただの1例もない。戦後の反日教育の中でも」「取り上げられていない。1965年の日韓基本条約締結のときにも、このことは少しも話題になっていない」「そして、1991年のあの金学順さんたちの提訴のあともただ一人も証人があらわれていない。なぜあらわれないか。それは強制連行がなかった。日本軍の慰安所で働いた女性は、韓国の業者が親に高いおカネを出して娘を引き取る。娘は親に売られた。そういう形で連れてこられたのです。日本の官憲が強制連行して、そこでトラブルが起これば周りの人が目撃しているはずですから、ただの一人も目撃者がいないということはあり得ない」「ですから、ただの一人の証言も今日に至るまで存在しないということが、何よりも状況証拠として強制連行などなかったということの有力な証明であるわけです」「(吉見義明教授は)これは人権蹂躙の性犯罪で、とんでもないことだ、奴隷制だとおっしゃるんですが、それを実証的に学者として論証されようとする段になると、そのどの資料を見ても50年以上昔の時代としては、これは当たり前のことじゃないか、何が問題なんだろうというふうにがっかりさせられる」(200〜203ページ)
「中野正志(の発言)」「私たちの認識では婦女子に暴行を犯した軍人は、軍法会議にかけられて必ず監獄に入れられたと聞いているんですね。それから漏れる幾つかの例はあるかもしれませんけれども、基本的には軍法会議もんだと」(206ページ)
「(平成9年4月9日開催の第7回会合)河野官房長官談話に至る背景(の章)」「安倍晋三事務局長(の発言」「絶対100%慰安婦として行為をしていた人以外が手を挙げることは考えられないわけでありますが、そうではなくて、私は慰安婦だったと言って要求している人たちの中には、富山県に出ていたというようなことを言う人だっています。富山には慰安所も何もなかった。明らかに嘘をついている人たちがかなり多くいるわけです」(313ページ)
「石原信雄講師(の発言)」「実は16人の方々のヒアリングにあたりまして、官憲が立ち会ったとかという……。これはそのヒアリングの中に出てくるところなんですが、それは朝鮮総督府の巡査が立ち会って、サーベルをガチャガチャしながら『受けなさい』と言ったというような場面が出てくるんですけれども、そういうようなことを総合して、(官憲の加担等という)あのような表現になったわけです」(320ページ)
「(平成9年6月13日開催の同会第9回会合」「我が国の戦後処理と慰安婦問題(の章)」「鶴岡公二外務省北米二課長(前職条約局法規課長時代、慰安婦問題にかかわる。官憲等の加担について)それも事例として確かにあるんですよ。例えば、村役場みたいなところへいって、『軍からの要請もあるので手伝ってくれ』と言うわけです。そうするとあの辺にいるよとか、そういう形でのお手伝いはしているんですよ」「自見庄三郎座長 これは石原官房副長官の話と全然違うな。課長さんは想像力豊かにしておられるのかもしれませんけれども、この前、石原官房副長官は『強制は(元慰安婦の)この供述だけです』と、はっきり言われた」「鶴岡課長 いまのは、私は強制のことは言ってないです。強制じゃないです。加担です。本当はもっと正確に書かないといかんですけど、『その場合も、甘言、強圧による云々』というのは、まさに主体は業者が甘言・強圧によっているのであって、そういう甘言なり強圧をする場を設定しているのは、現場の官吏なんですよ」「中川昭一代表 この文章には、鶴岡さんは加担していないの?」「鶴岡課長 していません(笑)。私がいったときに、こうなっていたんですね。私も全部調べて、強制を示す証拠はなかったと確信しているんですよ。だけど全体のお膳立てをするところのお手伝いはしているという証拠はあります」(416ページ〜418ページ)
「慰安婦・教科書問題−若手議員は発言する(の章)」「政治家こそが解決を(と題する)菅義偉(の文の一節)」「有識者の皆さまの検証によって、『従軍慰安婦』の強制連行など実際にはなかったことが明らかになっているにもかかわらず、それが堂々と中学生の歴史教科書に載っているのは、非常に問題であります。『従軍慰安婦』に軍が深く『関与』していた、という誤った情報を教科書に載せているだけでも問題ですが、わが国の近代について、青少年にゆがんだ認識を与え、誤った国家観をいだくことを助長することは、もっと問題であります」(477〜478ページ)

〔その602〕空河晴夫著『ドクトル・アメンボ―後悔記』近代文芸社、2002年発行。著者は、昭和16年、軍医として応召。
(その602・1)昭和16年7月、中国・常熱。
「『おい、空河士官。散歩に行こう』。ある日院長に誘われた。他にもう一人軍医がいたと思う。通りを眺めながら歩いていた院長は、突然、一軒の家に入っていった。何処で情報を入れたのか、それは開設準備中の軍の『慰安所』であった。上海は一般の遊ぶ所があまり多いので、空河君はその様な軍の施設を見るのは初めてであった。慰安所には、半島出身者と中国人との2種類あり、それぞれの民族の親方に引率されていた。部隊が作戦で移動すると、彼女達も親方に引率されて、儲かりそうな土地へ移動して行くのであった。兵隊は衣食住の全てを軍から支給されているから、兵士の給料の殆どは彼や彼女等のポケットに入って行く。親方は勿論、彼女達の収入も予想外に多いのである。物語で聞く日本の私娼窟の女と違って彼女達の表情は意外に明るいのであった。彼女たちは顧客の多いことを誇りにし、馴染み客の争奪に真剣であった。一度登楼した男が女を更えることは『箒き』と言って軽蔑された。兵士と真剣な恋に落ちる女もいた。半島出身の人達は当時は中国人に対して、日本人であることを誇りとしていたのだ。少なくとも、現在『慰安婦』問題で支援に活躍している日本のご婦人達が心に描いているものと、実態はかなり異なったものであった。軍の監督で週1回の検黴(性病検査)があり、これで指摘された女は1週間の営業停止である。産婦人科専門の三原さんが衛生兵を一人連れて毎週通うことになった。三原さんの実話を聞くと好色な彼も流石に遊びの意欲をそがれるのであった」(46〜47ページ)
(その602・2)昭和16年、中国・上海。
「11月に入ると第五師団の全員が上海に集結することになり、病院も上海に帰った」「(上海に残留していた軍医のうち)澄川さんは憲兵隊長と懇意になり、奥様を上海へ呼び寄せて、ホテル通いをしていた。永泉さんは勿論、遊びに狂っていた」(48ページ)
「軍隊では将校一人ずつに一人の当番兵がつく。空河君も上海到着と共に川本という当番が付いた。軍隊に入る前はかなり遊んだらしいが案外まじめに勤めてくれた。部隊が上海出発(16年12月17日)直前に、一度上海に連れて行ってくれという。そういえば将校は毎日の様に郊外電車に乗って上海へ出かけ、時には外泊までして来るが、下士官兵は駐屯地、江湾より一歩も出られないのだ。日曜祭日の外出日も江湾の食堂へ行き、慰安所へ行くだけだ。そこである日、一緒に上海へ出た」「何処か遊び場へ連れて行けという。あいにく上海では正規の軍の慰安所など場所も知らない。やっと夜に紛れて夜鶏(ヤーチー)=街娼婦を拾ってやった。ところが彼は馬鹿なことに鉄兜なしに裸で突撃したというのだ。当然の結果、マレー作戦の行軍中、膿が『りんり』として流れ、歩行に難渋したのであった」(73ページ)
(その602・3)昭和17年2月?、マレー・クアラルンプール。
「クアラルンプールの或バーの中国人のマダムが岡野さん(軍医)に惚れ込んで彼を放さなくなったのだ。彼は何日もしけ込んで部隊へ帰ってこない。隊長は幸い軍医予備員の大林さんだったから公の問題にはならないが、隊員には示しが付かない。三原さんがやっと連れ帰ってフレザー・ヒルへ診療所長として送り込んだのである」(72ページ)

〔その603〕中西会編『黄土蒼海』アムリタ書房、1982年発行。楓第4262部隊中西隊の隊員手記集。
(その603・1)昭和18年、中国・台児荘。
「城内分哨あれこれ(と題する一等兵の手記)」「時にはピー屋へ遊びに行き、支那娘をだいてベッドの上で両親を想い出す。俺は中国で童貞を破った。なつめ荘にいる時馬屋当番で馬のえさをやっていると、古兵がきて『明日、日曜日だ。お前をいい所へつれていってやる』というので『いい所ってどこでありますか』と聞くと『いけばわかる。一回やると頭がすっきりし、天国へいったように気持良くなる』日曜が来た。外出の時整列しサックをもらい、週番上等兵に外出の時の注意をきき、古兵と一緒に来た所はピー屋で兵隊が3列に10人くらい並んで待っていた。まもなく俺の番になった。相手の女は朝鮮で26歳ぐらいの女である。女の上にのっかるとあっという間に終わってしまった」(78ページ)

〔その604〕浦口楠之著『飢えと病の南方戦線』文芸社、2000年発行。著者は、昭和19年10月、海軍陸戦隊員として、内地を出発し、台湾・基隆港に入港する。
(その604・1)昭和19年10月、台湾・基隆。
「海軍兵に上陸が許可された」「内地出港以来のアカを落さんものと、薄暗い街を、銭湯を探して歩いた。だが残念ながら、この日は銭湯の公休日とかで、折角の楽しみが消えた」「他の者達は、これが最後の想い出になるかも知れんと、街の東部にある花街に行こうと言い出した」(31ページ)

〔その605〕鈴木英夫著『戦陣秘帖』湘東文庫、1995年発行。著者は、昭和11年12月、軍医候補生として近衛歩兵第三連隊に入隊する。12年9月、中国に向けて出発。同月22日、上海に上陸する。
(その605・1)昭和12年10月、中国・大場鎮。
「(著者の陣中日記)10月27日」「大場鎮」「繃帯所の位置選定のため」「街の中へ入ってゆく。生き残った老婆達。爆撃の跡物凄し」「渡辺少尉一人の男(老人)を殺す。休憩したのはお寺の裏。敵の正規兵3名(の捕虜)篠崎上等兵外数名で捕まえた者。木に繋がれている。若い表情。2人は青年教導隊員、一人はその指導者のごときものか。『武器を捨てて降れ。日本軍は捕虜をいじめはしなし』というような、昨日飛行機から撒いたビラ(拾って持っていた)を見せてやる。一番若い一人の顔に浮かんだ、深刻な、複雑な表情。何か訴えるが言葉が分らない。他の一人は笑っている。約100m離れた所で、たちまち斬られる。(斬って)得意気なK准尉の顔。道で見ている老人、女、子供達。喚声を上げる兵達」(55〜56ページ)
(その605・2)昭和12年10月、中国・張宅。
「10月29日」「張宅滞在」「住民を5、60名まとめて焼き殺した話。佐々木隊の兵から女の話」(58ページ)
(その605・3)昭和12年12月、中国・湖州。
「12月21日」「11時湖州城内に入る」「街の中、纏足の女たち。治安維持会。理髪店。肉饅頭屋。宿営の兵達。憲兵がやかましいと。目抜きの場所の火事、10戸ほど燃えている。支那人の手押し消火ポンプ。見守る群衆の顔の表情。子供達。副官のところへ地図を返しにゆく。稲村隊の兵の事故。憲兵に捕まえられる」(88ページ)
(その605・4)昭和13年10月、中国・大屋田村?。
「10月6日」「敵退却の兆ありと、旅団司令部前進」「司令部と同行、直ちに本道を離れ山に入る」「遠く見える部落を目標に山を下る。田圃のあぜ道、貧しい家。道にうづくまる老人。旅団の准尉道を聞く。答えを聞いてその場で射殺。これが戦争か」(163ページ)

〔その606〕石川達三著『武漢作戦』文春文庫、1976年発行。著者は、昭和13年9月、中央公論社特派員として、武漢作戦に従軍する。帰国したのは同年11月で、小説『武漢作戦』を書き、『中央公論』昭和14年1月号に掲載される。
(その606・1)昭和13年10月、中国・武穴。
「瀬田兵站は船のつく江岸にあったので跛の塩田は歩かないで済んだが、吉沼部隊の位置はここでも分らなかった。『陽新まで行って見ろ。むこうで訊けばわかるだろう』。彼は午後の便船ですぐに武穴にむかった。小さな発動機船で、デッキには20人ばかりの兵隊と武穴へ行く5人の女たちとが乗っていた。この国防婦人会の女たちはまだ24、5の若さで占領した市街が平穏になるとすぐに兵隊の慰安に乗りこんでゆき、部隊のあとを追うてどこまでも前進してゆくのであった。6時間ののぼりの船のなかで彼女等は人目をさけるようにして踞り、次には小声で兵隊と話し始め、やがて一緒に軍歌をうたい、最後には肩にもたれて居眠りをはじめるのであった。10月末の川風は冬のような寒さで、塩田一等兵は女たちの肩の陰に坐って慄えどおしの6時間であった。荒れはてた黒く艶のない肌の色が彼女等の生活のすさまじさを想像させた。併し彼女等は前線の傷病兵に対しては献身的な親切さと忠実さとを示し、その存在を光輝あるものにしていた。そういう奉仕の生活によって彼女等の道徳的なさびしさを自ら慰めていたのかもしれない」(180〜181ページ)

〔その607〕吹浦忠正著『聞き書日本人捕虜』図書出版社、1987年発行。同書中、「『戦陣訓』は私が起草した」という章に登場する起草メンバーの一人、元陸軍中尉白根孝之の回想の一節。
(その607・1)
「とにかく僕のもの(『戦陣訓』草案)なんてのは破天荒なものでした。ただ戦地で女に必要を催したときは、家に残した妻の顔を思い浮かべろ、という式でした。これは今でも僕は一番よくできていると思うんですがね」「今度の日支事変の時ではですね、それは盛んなものでして、なかには『敵の女を自由にすることを目的に、勇敢に戦え』などという中隊長がいたくらいでしたからね、そういう時代でした。もちろん、守るべき軍紀風紀はあったんです」(50〜51ページ)

〔その608〕鈴木四郎著『南溟の空』未来社、1989年発行。著者は、同盟通信の航空従軍記者として、昭和17年5月、ビルマに着く。
(その608・1)昭和17年、ビルマ・ラングーン。
「九州・久留米市の古くからの料亭萃香園は、久留米に本拠を持つ第18師団司令部の申し入れを容れ、去る9月、ラングーン市ヴィクトリア湖畔に日本料亭を開業した。ラングーン市内に数軒ある日本料理店に比し、萃香園は造作、設備とも師団のお声がかりだけに群を抜き、たちまち軍人、在留日本人商社員間で評判を呼んだ。なかでも開業と同時に、日本から送り込まれた久留米美人選り抜きの20余名の若い芸者は、女ひでりの異国ラングーンで一種の旋風を巻き起こした」「第18師団はいま師団司令部をラシオにおいていた。ビルマが一応、平静状態を持続しているとして、多分、師団命令だろう、最初に女6人を呼び、つぎつぎと女の数をふやす魂胆だった」「派手な衣装をつけ、白粉を厚く塗り、顔、かたちとも整っているものの、松太郎(芸者の一人)はもともと平凡な田舎娘で、他の芸者たちと違って酒を飲み、馬鹿騒ぎすることができない内気な性質だった。どうして、こんな娘がビルマ界隈までやってきたか私には不思議だった。多額の金額に瞞され、甘言に乗り、何も知らずにビルマに連れてこられたのだろう。松太郎が師団の某参謀の夜の勤めを泣き泣き強いられているのを私は聞き知っていた。日本軍のどの戦線にもみられる慰安婦ほどの隠微と悲惨はないものの、片や一方が一般兵を相手にするに対し、萃香園は限られた将佐官級に同じように媚を売ることを求められた」(280〜283ページ)

〔その609〕ミノル・フクミツ著『阿波丸事件-太平洋戦争秘話』読売新聞社、1973年発行。
(その609・1)昭和20年。
「(阿波丸の)乗船客の選択は大本営から指示されてきた。シンガポールからの乗船客は大本営のほかに、シンガポールの南方総軍もこの船を選択した。最後に日本へ安全に帰れる船に乗船希望者が殺到したことはだれにも想像できる」「135名の船客しか収容できない設備の阿波丸に、2009名が乗船したのだから、その混雑は極度に達した」(177ページ)

〔その610〕出口範樹編『丸別冊第六号玉砕の島々(中部太平洋戦記)』潮書房、1987年発行。同書中、中村利夫元海軍少尉の手記「巡洋艦『那珂』の最も長かった日」の一節。
(その610・1)昭和19年2月、南方・トラック。
「昭和19年2月16日、私たち那珂乗組の兵学校71期の3名は、久しぶりにトラックの春島に上陸、横須賀にあるレス(料亭)『小松』のトラック支店で、クラス会を開いた」「(というのは)2月16日になって、どういうわけか、第二警戒配備が解かれ、第四警戒配備(通常の警戒配備)が発令され、久しぶりに上陸が許され、クラス会の開催となったわけである。少尉に任官して間もない、新品少尉の料亭での宴会は、いまから思えば、酒のあるママゴトみたいなものであった。Sプレイ(芸者遊び)とはほど遠く、せいぜい16、7歳のハーフ(半玉)を一人か二人呼んで、童謡でも歌うといった他愛ないものである。それでも本人たちは、遊び人を気取っていたものである」(182ページ)

〔その611〕高塚篤著『予科練甲第13期生-落日の栄光』原書房、1972年発行。
(その611・1)昭和19年9月?。
「当時の(海軍飛行予科)練習生の心理として、同じ飛練(飛行術練習生)に行くのなら、外地に行きたいという者が多かった」「上海空に希望する者が圧倒的に多かった」「上海空に渡航する船はどの期の場合も吉林丸が使われた」「飛練40期が渡航する時は、海軍の軍楽隊が1隊、後は慰安婦が数十名乗っていた」「都会っ子の多い飛練40期の中には慰安婦にチョッカイを出す者もいた。『何さ、まだクチバシの黄色い坊やのくせにしてさ』『オッパイの方が欲しいんでしょ』。逆にからかわれる始末である」(125ページ)
(その611・2)
「佐伯空は古い航空隊で陸上機基地と水上機基地がある。そのためか慰安設備が完備されていた。先輩顔した丙飛出身の教員だった2飛曹がそそのかした。『もう後わずかの命だぞ、男として一人前になっておけよ』。年齢の若い者が揃っている飛練39期は、それが何の事かぐらいの見当はついても具体的には何もしらないのである。未知のものに対する不安と憧れとで、物知り顔に案内する彼に引率されるようにして遊廓に足を踏み入れた。『いいか、忘れても鉄かぶとをつけるのを忘れんな』。料金は決して安いものではなかったし、それ程快いものとも誰も思わなかった。しかし回を重ねるに従ってやみつきになるような者もあった」(256ページ)

〔その612〕七期雄飛会著『予科練のつばさ』光人社、1992年発行。
(その612・1)昭和17年3月、佐世保。
「(マカッサルから帰国途中の昭和17年)3月19日、飛行機隊は佐世保に先行することになり、奄美大島の南方洋上でカタパルトから打ち出されて、佐世保へと向かった」「午後1時すぎ、佐世保航空隊の滑走台に帰着した」「宵闇せまるころ、私たち戦地帰りの若い搭乗員たちは、紅灯緑酒に酔いしれて佐世保の町を彷徨することになった。当時の日記を見ると、戦地帰りの私たちは、500円あまりの現金を持っていたらしい。当時はカフェーで美女たちにかこまれて飲むビールが50銭、赤線がオールナイトで3円50銭、宵越しの金は持たぬといっていた私たちは、思いきり飲んで佐世保の夜を過ごした」(133ページ)

〔その613〕林芙美子著『林芙美子全集第11巻』新潮社、1952年発行。同書中、小説「ボルネオダイヤ」の一節。
(その613・1)ボルネオ・バンヂャルマシン。
「球江は裸で白い蚊帳のなかに腹這っていた」「ジャワ人の女按摩に躯を揉んでもらっていた」「内地を発ってからまる4か月は過ぎてしまった。この南ボルネオのバンヂャルマシンという處へ来て、休みなく毎日毎日夕方には雨が降った」「このような處へ働きに来る女たちというものは、内地で散々苦労をした挙句の果てに来たと思われるような者が多かったけれども、球江だけは、もののはずみで、人に誘われて、こんなところへ来てしまったといった風な女であった」「(家出して、男と同棲し、女の子を出産したのが18歳のとき。その子は里子に出される。同棲相手が)勤めに出た間は、1日部屋にこもってごろごろしていることが、球江には退屈だったので、或日近くの桂庵を頼ってゆき、熱海の旅館の主人だという女にあって、窮屈な内地の生活のなかであくせくしているよりは、一つ南へ進出して働いてみてはどうかとうまいことを云われて、球江は急にそんな気になり、支度料としてその女主人から2500円の金を貰った。千円を母親へ送り、あとの千円を松谷(同棲相手)の下宿へ残しておいて、誰にも黙って、球江は自分と同じような仲間の女達5人ばかりと広島へと発って行ったのだった」「5人のうちでは球江が一番若くて、年長者には、30をすこし越した女もいた」「(広島で乗った)船は表面上は病院船ということになっていたので、一緒に乗っている沢山の兵隊は勿論、球江たちも、昼間は船倉でじっとしていなければならなかった」「ボルネオは2年という約束だけれども、2年ぶりに戻って行って、松谷をたづねて行ったら松谷はどうして迎えてくれるだろう……」「ボルネオへ着いて、球江は始めの二三日は耐えられないような自責を感じていた。東京での約束とは何も彼も違っていて、ここでは躯を犠牲にするということだった。どの部屋にも粗末な畳が敷かれていて、塗りの荒い卓子が置いてあった。外地から来る上官の為には床の間のある部屋もつくってあった」(155〜157ページ)

〔その614〕浜田芳久著『ビルマ敗戦記』図書出版社、1982年発行。著者は、昭和17年2月、入隊し、18年3月、満州・東安市の第17野戦貨物廠に主計の見習士官として転属され、19年5月、野戦重砲兵第5連隊に転属し、大隊付主計少尉としてビルマに派遣される。
(その614・1)昭和18年、満州・東安。
「(東安には)満鉄が経営するヤマトホテルがあり、映画館が三つ、飲食店がいくつもあって、皇軍特殊慰安所が軒を並べている区画もあった。軍人軍属以外の者の立ち入りを禁じているこの軍管理の特殊施設では、女のほとんどは朝鮮人で、将兵たちは朝鮮ピイと呼んでいた。建物を入ってすぐのところには、女の名前を書いた名札が稼ぎの多い順に掲げてあり、裏返しにして赤字の名札になっているのは、軍医が検黴して接客禁止になっている女であった。朝鮮人が経営している慰安所もある。彼女たちは稼ぎの4割程度しか自分のものにならず、その取り分の中から前借を返済していくということであった」「売春公認の二枚鑑札の芸者のいる料理屋などがある色街めいた一角もある」「東安での私は25歳の老人であった。少女のように無邪気で心のやさしい朝鮮人の慰安婦を愛し、毎夜のようにそこに通っていた。いっしょに部屋にいて、彼女のうたう朝鮮の唄をきき、日本の唱歌をふたりでうたい、持って行った軍隊の羊かんやキャラメルを2人で食べる。そこにいるだけで心が休まる思いがした」(14〜15ページ)
(その614・2)昭和19年5月?、朝鮮・釜山。
「(ビルマに向かうため)先発隊が釜山に先行し、主計として私もその一員に加わった」「(釜山で)将校、下士官は、埠頭に近いS屋という旅館に宿泊していた。S屋旅館には3人の女中がいた。当時釜山でも、家業をつづけるのが難しくなって、芸者が転廃業していた。3人のうち年かさの女中は、芸者をしていた女であることが私の目にもすぐわかった。この女中が妹みたいにして可愛がっている若い女中も同じ芸者で半玉から一本になって間もないような少女であった。10日ほどの滞在のあいだに、私はこの少女と親しくなり、彼女は私に特別の好意をよせてくれた」(16〜17ページ)
(その614・3)ビルマ。
「19年10月にビルマ入りした連隊が下車したタンビザヤ」「には慰安所があって、ビルマ人の慰安婦がいた。この施設があるのは、ある人数以上の日本軍将兵が周辺に集まっているからであった。駅に近いところにあるのは木造の家であったが、多くはゴム林の奥につくったニッパハウスの小屋がけの慰安所であった。布きれをねじってつくった灯芯を、油の皿に浮かし、それに火をともしたのが部屋の灯りである」「満州では部隊がいるところには必ずといっていいほど慰安所がつくってあり、たいてい朝鮮人の慰安婦がいた」「朝鮮人の慰安婦はタイ、ビルマにもきていた。日本軍将兵と軍属に性のサービスを売るこの施設は、フルネームでは『皇軍特殊慰安所』と呼ばれ、軍管理のもとに、これを専門に営業する特殊の商人により経営されていた。性の商人の営業の足は遠く大陸の奥地や南海の島々にまで伸び、慰安婦のほとんどは朝鮮人であった」(32〜33ページ)
「(昭和20年6月ごろ?)ビルマ人が売りにくるドリアンが一個50円も60円もし、大福餅一個が20円もするようになっていった。戦局が日本軍にきわめて不利に展開していたので、ルピー軍票の価値は目に見えて下落していく。いつのまにか5円札以下の軍票は通用しなくなり、10円札と100円札でしか、ビルマ人から物が買えなくなってしまった」「俸給と戦地増俸を合わせて、一等兵は21円、上等兵は24円50銭が支給額であった」「少尉であった私は俸給の70円83銭(年俸850円の12分の1)を留守宅送金にし、戦地増俸の105円を現地で支給をうけていた」(73〜76ページ)
「(敗戦後の20年9月)軍事郵便所が出張してきて、将兵の所持金を郵便貯金にさせ、軍票を回収していった。20何円しか給料をもらっていなかった兵隊たちが、着ているものや持っているものを軍票に換えて何千円、何万円もの貯金をし、その通帳を受けとった。しかし、この軍票貯金は昭和22年に復員してみると、将兵の期待を裏切って、当然のことながら全額が無効になっていた」(87ページ)

〔その615〕海軍飛行予備学生第14期会編『続・あゝ同期の桜』光人社、1995年発行。同書中、「第三部同期生の記録と手記」の一節。
(その615・1)昭和20年、京都。
「大津空での(昭和20年)7月は、14期或はそれ以外の搭乗員のお通夜が相つぎ、海軍公報にも沖縄特攻で散った同期生の名前が続々と報ぜられるなど、戦局の前途まさに暗たんたるものがあった。6月頃までは14期も上陸のたびに、祇園或は先斗町で大いにSプレイし、飛行作業の疲れを忘れたものだったが、その上陸も7月には禁止され陰鬱な気分が隊をおおった」(223ページ)
(その615・2)昭和20年。
「昭和20年4月29日」「木更津在攻撃709空にて夜間天測航法の訓練を充分受けた20余名が、鳥取県西伯郡余子村在の801空に転勤を命ぜられた」「丁度私達が赴任した当日、その地に駐在していた陸軍暁部隊の火薬庫(境港)が、原因不明の大爆発を起こした」「私達は早速、死体収容やら被爆地の整理をやらされた事を記憶している」「ここには大きな赤線地帯があり下士官兵が休日を大いに楽しんだ所で、がっかりした兵が私の部下にも大勢いた」「米子にエスプレイに出かけたが、少佐、大尉等の上官が多くて我々の番が中々廻って来なかった。一夕このグループで松江に出かけた。この夜を最後と、5人の所持金200円程を散在する積りあったが、料理屋で大散財してエスプレイして翌日20円余が残っていたのを憶えている」(243〜246ページ)

〔その616〕堀元美著『鳶色の襟章』原書房、1976年発行。著者は、昭和10年、東京帝大工学部船舶工学科を卒業。海軍造船中尉となり、終戦時は海軍技術中佐。
(その616・1)昭和16年5月、中国・寧波。
「(寧波の)ある街で意外なものにぶつかった。とある一郭の建物の前に着物姿の日本女性が10人あまりもズラリと並んでおり、その列の一端に女将らしい中年の女がいて、われわれの隊列に向かって『御苦労様でございます』と丁寧に挨拶するのである。これには私も度肝を抜かれて、びっくりした。ハテ何だろうと思った途端に、ハハァこりゃあ陸軍の開設した『慰安所』なんだなと気がついた。そういえば作戦計画のなかの輸送計画に、『特要員何々』と書いてあったのはこれだな、と思いあたった。それなら御苦労様はそちらの方だ、私は思いかえした」(229〜230ページ)

〔その617〕常澤巌著『失われた日記-満州から中国へ・残留日本人の軌跡』東銀座出版社、2001年発行。著者は、昭和17年、満州の公主嶺国立農林学校に入学する。
(その617・1)昭和17年、満州・公主嶺。
「公主嶺の街は軍人が多い」「日本人街と満人、朝鮮人街がはっきり分けられていた」「兵隊向けの遊郭も日本人街には日本人の経営する遊廓(慰安婦も日本人)、城内には満人、朝鮮人の経営する満ピー、朝鮮ピーと呼ばれている遊廓があった。慰安婦は満人であり、朝鮮人だった。白系ロシア人の慰安婦も多少いた」(45〜46ページ)

〔その618〕佐藤清夫著『駆逐艦「野分」物語』光人社NF文庫、2004年発行。著者は、海軍兵学校卒業後、大和、野分などに乗り組む。
(その618・1)昭和17年、南洋・トラック。
「『野分』が上海からトラックに着いた昭和17年8月5日の『軍医長日記』に、『陸上の南華寮にパラチフス発生、立ち入り禁止』との記述がある。このような艦隊乗員用の慰安施設は夏島にあった。慰安婦問題のそれである。筆者はあまり上陸したことがなかったので、横須賀の料亭小松の支店の名前だけを知っていたが利用したことはなかった。まして、この南華寮(昭和15年の歌謡曲『南洋航路』に出てくる)、そのほかの料亭の千歳、南月寮などは戦後になって知った。この地にあった軍人、軍属の多くにとっては馴染みのところで、娯楽の極端に少なかった現地であって見れば、立ち入り禁止は大変なことで、艦隊乗員の士気に関係することであった」(63〜64ページ)
(その618・2)昭和19年8月?、佐世保。
「各艦の若い連中が期せずして『山』で『パイ一』をした。『山』とは料亭万松楼、『パイ一』とは『一杯やる』を逆さにしたいずれも旧海軍の隠語で、各艦の科長が一堂に会したこの夜の宴席は最初で最後となった。若い士官はこの『山』が専用で、士官室士官愛用の『川』(いろは楼)があった」(235〜236ページ)

〔その619〕佐賀純一著『戦火の記憶-いま老人たちが重い口を開く』筑摩書房、1994年発行。同書は、著者による聞書き集。
(その619・1)昭和19年、中国・葉県。
「餞別をくれた中国人(と題する章で、語り人は昭和19年2月、宇都宮連隊に入隊し、中国を転戦した)」「昭和19年の秋、洛陽に入る前だったが、葉県というところに駐屯したことがあった」「そこへ突然、慰安部隊がやって来たことがあった。慰安婦たちはトラックに乗って来たが、全部で10人ぐらいいたということだ。移動慰安部隊とでも言うんだろうかな。駐屯地の真ん中あたりに小屋が建った。そうすると各部隊へ割当の知らせが来る。何日はどことどこの中隊。翌日はどこそこという具合だな。割当は誰がどこでやったのかそれは分らない。兵隊が何百人も一度に行ったら、とてもさばききれないというんだろう、午前中が兵隊、午後が下士官、夜が将校と決められていた。ところが、それだって誰も行かれるというわけじゃあない。何百人という兵隊だから、全員はとても無理だ。それで、下の者は遠慮する。初年兵なんぞはまず行けない。三年兵ぐらいから上が優先だ。古株の連中で行く者は、その日ともなると、髭でも剃って軍服の埃りを払ってちょっとでもきれいな格好をして、決められた時間に集合する。そうすると突撃一番というコンドームと星秘膏という軟膏を渡される。これを持っていないと外出は許可されない。私は正直なところ、初年兵だったからそこへは行かなかった。慰安部隊は10日ぐらいは居たろう。それからまたトラックでどこかへ移動して行った。もう一度これに出くわしたのは、関西の鷺師団に応援に出た時で、慰安部隊はどこから来たのか分からないが、鷺集団の駐屯地の中に小屋掛けした。われわれが派遣された場所からそこまでは30キロばかり離れていたが、利用許可の通知が出たもんで古参兵たちは出かけた」(49〜50ページ)
(その619・2)昭和18年春、サイパン。
「慰安婦船轟沈(と題する章で、語り人は海軍の徴用をうけ、18歳のとき、サイパンの水上基地で働いていた)」「輸送船が撃沈されたんです。基地は大騒ぎになった。海軍の兵隊が近くの船に乗り込んで、どんどん繰り出て行く。珊瑚礁の中ですから大きな船はありませんが、大勢の兵隊が手近な船に乗り込んで大急ぎで救助に向かって行く」「しばらくすると船は次々に戻ってきました。見ると、どの船にも大勢の女たちが乗っている。みんなびしょ濡れで、頭の毛が顔に張り付いて、顔がくしゃくしゃに歪んでいる。真っ青で、まるで老婆のように見える。洋服は着てました。女たちは兵隊に助けられながら次々に浜辺に上がってきました。裸足で、みんな幽霊のような姿になってふらふら歩いている。10人、20人ではありません、百数十人はいたでしょう。基地の兵隊が周りを取り囲んでついて歩いて行く」「いったん防空壕の前で休んだんです」「海から上がってきたとき、みんなひどい顔をしていましたから恐ろしいほどの年寄に見えたんですが、よく見るとみんな25、6の若い女ばっかり。なんでこんなに女ばかり居るんだろう。輸送船には兵隊が乗っているのに、女ばかりが乗っている船というのは合点がゆかない。『どこから来たんだ』と水兵が訊きました。『ニューギニア』。へえ、この女たちはニューギニアから逃げてきたんだ。そして陸地に手が届くところまで来てやられちまったんだ。そうか、この女たちはニューギニアで働いていた慰安婦だったんだ。女たちは砂浜で体がだんだん温まると、お互いに喋ったりするようになりました。するとそのとき妙なことに気がついたんです。腹が奇妙に膨れている。洋服の下が不自然に盛り上がって厚い腹巻を巻き付けたようになっている。なにだろうと思って見ていると、女たちは濡れた洋服を脱いで半分裸のような格好になった。すると体に巻き付けていたものが出てきた。厚い腹巻でしたが、中身は札束だったんです。女たちは、稼いだ金を失くすまいと、札束をびっしり巻き付けていた」「女たちはその(防空壕の出入口の)屋根のところに濡れたお札を、まるで神社の御札みたいにべたべた貼りつけて乾かしはじめた。腹巻の中から札束を溢れるように掴み出しては、べたべたと貼っている。そして近くの兵隊に、『命が助かったんだから、お金なんかいらないんだ。欲しいだけあげるからもって行って』なんて言っている。一人で何千、何万という金を持っていたでしょう。それが100人以上の金ですから、お札もたいへんなものです。防空壕全体がお札でいっぱいになっちゃった。
 船が撃沈された時救助に行った兵隊が近くに居たので聞いてみると、あの船には何百人という慰安婦が乗っていた。それが魚雷でいっぺんに吹っとんだ。慰安婦たちは全員船倉にいたんですが、魚雷が命中した爆発で四方に撥ねとばされて、即死した者が多かったそうです。どうしてそんなことが分かるかというと、海中に沈んだ船の破片が海に漂っている。その船倉の天井とおぼしき部分に女の死体が無数に張りついている。バラバラになった板に、洋服を着た死体が平らになってぺったりと張りついている」「そうやって何百人という慰安婦が死んだ。だから助かった女たちは、本当に運が良かった。木製の甲板の破片に捕まっていたところを救助されたんですが、あれが基地の近くでなかったら全員死んだんでしょうね。女たちが、どんな気持ちで札束を乾かしていたのか分かりません。兵隊が見ていると『もうこんなものはいらないから、いくらでもあげるよ』と言うのでしたが、命と引き換えに持ってきたお金を誰も貰えませんよ。そのうち陸戦隊の1部隊がやってきて、女たちを町の方へ連れて行ったんです。それからどうなったかは分りません」
「サイパンには大きな町がありましたが、そのかなりの部分を飲み屋と遊廓が占めていました。遊廓にはちゃんとした構えの家がずらっと軒を並べて」「平均して一軒の家が40から50坪ぐらいだったでしょう。将校のための待合と普通の兵隊のための慰安所とは、厳重に区別されてました。慰安婦たちは外に出て客引きをしてました。日本人も朝鮮人もいたと思います」
「トラック島にも行きました。これは慰安婦船がやられる前のことでした」「夏島には戦艦大和が停泊していました」「サイパンと違って完全な戦時体制で、食べ物もまずい、果物もない」「ところが、そんな前線にも慰安所はあったんです。戦時慰安所とでもいうのでしょうか、非常に粗末な建物でしたが、面積はとても広い場所をとっていた。何人ぐらい女がいたものか分りませんが、いずれも粗末な屋根を葺いて、周りをゴザで囲ってある。珍しいので見物に行きましたが、ちょうど芝居小屋のような小さな入口で、受付の窓に金を出すと木札をくれる。それには番号が書いてある。その番号札を中で見せると、受け取った男が『何番』と呼ぶ。そうすると、部屋の片隅に並んでいる女のうち番号を呼ばれた者が立ち上がって、小さな粗末な部屋に男と入るという仕組みでした。一つの部屋はゴザで仕切ったようなひどいところで、1畳か2畳ぐらいしかなかったということです。私は興味はありましたが実際に入った経験はなかったんで、はっきりした広さは分らないんですが、サイパンの遊廓と比べると、外見はまるで掘立小屋同然でひどいものでいた」(99〜104ページ)
(その619・3)チチハル。
「観測兵 北満からパラオへ(と題する章で、語り人は昭和17年、宇都宮連隊砲兵部隊に配属され、チチハルで2年間駐屯する)」「上等兵になった時だが、友達に誘われて、今問題になっている慰安所へ行ってみるかということになった。突撃一番というのを貰って、ポケットに入れて、チチハルの花街に出かけたんだ。あそこにはおおきな慰安所がある。入口にチケットを貰う場所がある。中にはどんな女がいるのか分からない。兵隊が列を作って並んでいる。人気が高い女の入口の前は長蛇の列だ。女の部屋の入口にはアンぺラが下がっている。初めてその列に並んだ。そしたら、誰かが、敬礼! と叫んだ。なんだ、こんなところで敬礼だなんて、誰だ、と思ってそっちを見た。するとそれは師団司令部の見習巡察将校だったんだ」(170ページ)
(その619・4)土浦。
「特警隊長のダイアモンド(と題する章で、語り人は昭和15年から約3年間、霞ヶ浦航空隊の“巡邏伍長”を務める)」「霞ヶ浦航空隊が出来たのは大正10年だが、その時期に合わせて花街が出来たんだ。それまでは土浦の町のそっちこっちに散らばっていた女郎屋だの芸者屋、待合を強制的に一カ所に集めた。そうしないと、いざというときに兵隊が方々に散らばっていたんでは非常招集するのにも困る」「最盛期には女郎屋が約80軒、待合が20軒も出来た」(186〜187ページ)
(その619・5)ボルネオ。
「特警隊長のダイアモンド(と題する章で、語り人は前章と同じ。昭和18年、ボルネオの第22特別根拠地付属飛行隊・水上基地隊に転属する)」「ボルネオの日本軍の司令部のあったバリクパパンという町には料亭もあったし、大きな慰安所も三カ所あった。日本がボルネオを占領した直後に建てたものだろうと思う。造りは学校の校舎のような具合だったな。仕切りはアンぺラ1枚。床も同様。士官だけが入れる慰安所は日本人の慰安婦が10人ほど居たが、この他に下士官と兵が入る慰安所には70人からの慰安婦がいた。みんな原住民だな。あの周りにどれぐらいの慰安婦がいたのか詳しいことは分らないが、おそらく数百人はいたろう」「ボルネオの慰安所は海軍が直接関係したんではなくて、商売人がやっていたんだよ。内地でその関係の商売をしていた人間が南方まで進出して、原住民を集めて慰安所をこしらえて、ボルネオで働いていた民間人や兵隊に場所を提供したんだ。慰安所の親父たちは、いろいろと口でうまいことを言って原住民を集めたんだろう。ある所では女が泣き騒いで暴れているというんで、私が行ってみたら、騙されたといって泣きわめいている。それで店の親父に、本人がこんなに嫌がっているんだから家に帰してやれと命令して、私自身がトラックに乗せて、女の村まで連れて行った。そしたら家族だの近所の者だの大勢出てきて、喜んで大変だったよ。こんな具合に、いやいや連れて行かれた女たちは終戦になるとオーストラリア兵に訴えた。それで親父たちはみんな捕まって、ほとんど現地で銃殺されたんだ。この事は公式記録にはのっているかどうか疑問だが、正真正銘、確かな話なんだ」(206ページ)

〔その620〕竹内いさむ著『戦記最後の輸送船』成山堂書店、1982年発行。著者は、船舶通信士として輸送船に乗り組む。
(その620・1)昭和19年、シンガポール。
「第四次航(19年2月)のことである。神戸から乗り込んだ便乗者の一行の中に、戦前、阪神ではかなり有名であった映画解説者(通称“弁士”)伍東光朗が、若い女性十数名を引き連れて、その一行をシンガポールまで便乗させたことがある」「シンガポール上陸後十数日たったある日、タンジョンカトンの海ぞいに『旭別館』という料亭を開いたからと案内をうけ、同僚2、3人と出向いたことがある。その頃どのようなルートで料亭の開設が出来たのか定かではないが、かなり広い日本風の、このあたりでは珍しい構えであったことを記憶している。女中たちも、その大部分が、神戸の福原界隈の水商売の出身であったことは確かで、当時、この種の料亭は、現地軍の高級将校あるいは軍の関係商社の幹部クラスが主として利用し、輸送船の船員たちが利用するには距離的にも遠く、商港岸壁からはかなりの距離があり、余ほどのことのない限り出かけられるところではなかった」「(この店の女のうち)2、3名は一時ここに留まり、やがてビルマ方面に転出する手はずであったらしい。伍東等一行もここから奥地へ行くような話であった。当時、この種の女たちが内地から出る輸送船には必ず便乗し、『娘子軍』と称して多数前線へ出稼ぎで流れたものである」(107〜108ページ)
「『からゆきさん』たちが働いていた海外の娼楼は、シンガポールはいざ知らず、大連、青島などは、その構えは内地に劣らず豪華で、とくに大連の蓬阪町あたりは日本の一流どころの娼楼と比肩して劣るところはなかった。太平洋戦争となると、これらの女たちは軍専属の慰安婦となり、あるいは料亭の酌婦として前線へと数多く送られたものである。軍当局と、これらの女たちを前線へ送る構図が、どの様であったかは私たちの知る由もないが、中国大陸、東南アジアのどの都市でも、この種の女たちの素早い進出は不思議でならなかったものである」(109ページ)
「毎航、神戸港からは『現代からゆきさん』が数え切れないほど船出したものである。その多くは、部隊輸送との混乗を避け、軍需物資専用の輸送の場合が多く利用された。本船など船体の中央船員室の下部船倉に、仮設の部屋を設け、これらの便乗者の客室に当てたのである」(110ページ)
「前線では、その場所を問うことなく、軍の進出に併せて、その占領直後、一応治安が保たれるや否や、何処からともなく、日本人、韓国人を混じえたこの種の女たちが、娘子軍と称されて進出してくるのである。どのようなルートで、この機敏な手廻しが出来るのか、私たちにはいまもって不思議な存在でもあった」(111ページ)

〔その621〕亀尾進著『魔のシッタン河』旺史社、1987年発行。著者は、昭和18年4月、ビルマ派遣軍第118兵站病院付き軍医としてビルマに出征する。
(その621・1)昭和19年、ビルマ・モールメン。
「モールメン分院に麻薬中毒患者として入院していた慰安婦が、私の日直将校の晩、突如脱走するという事件がまたまた発生した。個室に収容していた慰安婦が、日夜点呼の時に脱走しているのが見つかった」「当時、麻薬中毒患者にはインシュリン・ショックを試みていた時代であった。彼女は禁断症状を起こしてたまりかね、床廻りのレンガを踏みたおし、そこから小さい身体を抜き出して脱走したに違いなかった」「私は内科勤務員や補助憲兵隊をそれぞれ手分けして、彼女が麻薬売買を行ったかもしれぬと推察される、モールメン市内の中国人街の暗黒街に踏み入った」「暗黒街を、疲れた足を叱咤して歩きまわったが、脱走逃亡した慰安婦を見つけ出すことは困難であった」「一晩中かかっての捜索も効なく、この晩は女を発見する事は出来なかった。翌朝、日朝点呼のあとで彼女の個室を覗いて見ると、キョトンとして彼女が板張りの個室の中に坐っているではないか」「訊問しても、彼女は昨夜の事については一言もしゃべろうとはしなかった」「私は、床の上の患者用の毛布3枚がなくなっているのに気付いた。この毛布3枚を処分して彼女はアヘンと交換して喫煙したに違いなかった。翌朝、慰安所の主人が病院を訪れて毛布3枚分の弁償金を支払わせた。彼女は完治する事なく退院して古巣へ戻った。モールメンバの慰安所は分院より徒歩で約1キロ離れた所にあって、慰安所には日本人、中国人、朝鮮人、ビルマ人の慰安婦がいて客にサービスしていた」「麻薬中毒の彼女は、噂によれば内地出発以来、中毒にかかっていたようで、病状がひどくなったために止むなく入院させられた。彼女は30歳前後で、色は青白く両前脾、両上膊には注射の傷痕が生々しく残っていた。口数も少なく、誰と話すわけでもなく一人寂しくベッドの上に寝ころんでいた」(113〜117ページ)

〔その622〕井上友一郎著『泥絵の自画像』エポナ出版、1977年発行。同書中、「あの頃のこと」と題する、井上と澤野久雄の対談。
(その622・1)昭和13年、中国・広東。
「澤野 僕は昭和13年の春、新聞記者として南支那派遣軍に従軍したんです。井上さんが行かれた漢口攻略戦の後で、広東にいました。当時の新聞原稿はそのままフリーパスということはなく、必ず軍の報道部の検閲を通さなければなりませんでしたね。当時、その検閲をしたのが、火野葦平さんでした。火野さんは、その前の年『糞尿譚』で中支で芥川賞をもらって有名になり、広東報道部の検閲官になっていたんです」「当時は広東の陸軍報道部のデスクに座って『花と兵隊』を書いていました」「生々しい戦争の状況については全く書かなかったから、火野さんから、『きみの書くものは問題ないな』などと言われましたね」(222〜223ページ)

〔その623〕野田正彰著『戦争と罪責』岩波書店、1998年発行。
(その623・1)昭和21年、中国・北京。
「北京戦犯拘留所で小川医師(元軍医)が支えた戦犯死刑囚、高具勝(憲兵准尉、39歳)、高橋鐵雄(華北電信電話大興県分所長、39歳)、黒沢嘉隆(憲兵曹長、31歳)の3人は連名でこう書き残した。『銃殺刑を前に遠く祖国の皆さんに訴う。靖国は侵略戦争を反省各国にお詫びする神社にして下さい。「英霊」「勲章」は拒否します。戦争で日本軍は大変悪いことをした。私たちに殺された中国人遺族の皆様には申訳ない。「聖戦」ではなく侵略であります。天皇陛下も侵略を各国にお詫びして下さい。お詫びは恥ではなく、日本の良心です。日本はかつてのドイツにならぬよう、二度と武器を持たないで下さい。国民党蒋介石軍の戦犯処刑の実体を帰国者から知って下さい。岡村寧次総司令官などの戦争責任者や、石井細菌部隊こそ厳重に処罰して下さい。吾身をつねり、殺される立場になって、その痛さを知りました。朝鮮民族の伊藤博文に対する憎しみも日本に対する怒りもわかりました。祖国日本の平和と良心は民族の反省なくしては得られません。私達は日本軍の罪を背負って銃殺されていきます』。黒沢は奇跡的に脱獄に成功したが、高具、高橋の2人は北京の南、天橋刑場で処刑され、小川さんが遺体を引き取った」(46〜47ページ)
「蒋介石総統の終戦告示文には、『暴に報ゆるに寛容と温情を以てす』とあり、日本人はこの布告に期待したが、実際には多くの人が逮捕処刑された。国民政府の戦争犯罪審判条例には、1931年9月18日の満州事変から45年9月2日までの間、満州、中国大陸にいた日本人の成人男子はすべて戦犯容疑者とみなす、とされていた。逮捕された者が殺人で告訴されると、ほとんど死刑の判決となった。死刑が実行されるかどうかは、ここでもカネと日本軍上層との関係によって左右された。北支派遣軍総司令官の岡村寧次大将は、敗戦後、南京にあって日本連絡班の総班長(蒋介石の顧問格)に変身しており、彼があの男の死刑を執行しないでくれというと、無期に判決が変わった。こうして日本の巣鴨戦犯刑務所に移送され、釈放となった幹部は少なくなかった。結局、46年9月から48年3月までに29人(その内、台湾人1人、朝鮮人4人)が処刑されている」(85ページ)
(その623・2)昭和12年12月?、中国・南京。
「1937年7月、盧溝橋事件が起こり、日中戦争に突入。東京の各大学、専門学校では右翼学生連合『愛国』が結成された。その学生運動のひとつとして、12月、上海から南京まで、日本軍が攻略した各都市の視察旅行が行われた」「永富博道(浩喜)青年は国士館の代表として、他11校の代表と共に初めて中国に渡った」「南京は攻略されてから、まだ2週間ほどしかたっていなかった。学生たちは、南京城に近づくにつれ、累々と横たわる死体に驚いた」「永富さんたちも南京特務機関の職員につれられて、金陵女子文理学院など難民区内の建物を視察してまわった。永富さんたちは、『東京の学生さんか。気に入った娘がいれば連れていってもいいよ。俺たちは毎日ご馳走になっている』『最初はガソリンをぶっかけて殺していたが、面倒なので重機関銃でしまつしている』と日本将兵に声をかけられ、興奮していった。この時も避難民から引き抜いた男たち20人ほどを車に積み、長江きわの『下関』に連れていき、殺害することになる。永富さんは最初の殺人を行った当時のことをよく憶えている。『何千という死体が積み重なっている。その間の狭い道を通って行くのですから、体がぶるぶると震えてくる。初めて見る光景ですから。自分は剣道4段、弱いところを見せちゃいけないと思うと、さらに興奮してくるんです』。長江の堤近くにくると、引率してきた将校が学生たちに、『お前たち、自由にこの中国人を殺してみろ。土産話になるぞ』と誘った。そこで柔道の猛者は首を締め、空手の選手は殴り殺そうとするが、容易に殺せるものではない。将校は『俺が見本を見せてやる』と言い、日本刀に水をかけ、一刀のもとに首を斬り落とした。ところが彼らが斬首に注目している隙に、一人の男が逃げ出し、長江の濁流に飛び込んだ。永富青年は咄嗟に兵隊の銃を借りて、浮き沈みする男を射った」(194〜199ページ)
「永富さんは帰国してすぐ、頭山満よりもう一度『中国へ行け』と言われた」「彼は上海特務機関に入り」「呉江県宣撫班に服務する」「(永富は)婦女子をかわいがれば、善いことをしていると思っていた。『仲介人から少女を100円で買って、呉江県で従軍慰安所を開いたこともあります。売られているのを買い戻してやった、苦しいところを助けてやったと思っていたくらいです』と永富さんはいう」(200〜201ページ)
(その623・3)満州・チチハル。
「(12年間、チチハルの憲兵隊に勤務した土屋芳雄のこと)結婚する前、1年半ほど通った(遊廓の)朝鮮人女性を、順警していた中国人労務者用の旅館で見つけたことがある。『どうしたのか』と尋ねると、『やっと年季が明けたが、帰る当てがない。人買いが孫呉(ソ連国境の日本軍基地の町)へ連れて行くというので待っている。そこで、また……』という。汚れて何ひとつ持たない彼女に、彼(土屋)は20円を持たせている。その後にもう一人、通った朝鮮人女性も年季明けに楼主に拘禁されて困っていた。それを知って抗議に行こうとする彼に、彼女は『自分が苛められるから止めて』と言った。この時も、『なんとか故国へ帰りなさい、汽車賃だ』と言って20円を与えている」(264〜265ページ)

〔その624〕呉林俊著『記録なき囚人』現代教養文庫、1995年発行(単行本、三一書房、1969年発行)。著者は、日本本土に住む朝鮮人だったが、昭和19年10月、朝鮮・羅南部隊に入る。
(その624・1)昭和19年10月、朝鮮・晋州。
「(入隊前の集合場所は晋州)朝鮮出身の徴兵者、晋州警察署長の訓示にしたがい、その夜の外出を許可された」「朝鮮人の経営になるか否かは知らぬ。晋州の遊女はその大半が半島の女性である。1時間ほどあそぶべし、というわけで(同僚3人に)おれも従う。房内に入る前に、5人の女をそれぞれ自己の気に入ったものを選定してよしという。正直、羞恥で全身がほてった。しかし、意を決して白衣をまとった女性を指名し、せまい房内に座した。女は、はやくも床をとろうとする。押しとどめていう。その必要はなしと」「まことに女は売女とはとうてい思えぬ。その、シミ一つなき白衣、その楚々たる姿態からは遂に汚濁の気配はさらにない。おれはいう。人生に未練なし、君は幸福になるべし、一人だけ、かかる場所で登楼した者のなかに、おれのごとく変わったもののいたことを記憶してくれよ、と」(119〜120ページ)
(その624・2)昭和19年10月、満州・老黒山。
「満州東寧県老黒山駅に、羅南の朝鮮兵を含めた新入部隊が到着したのは1944年の10月下旬である。下車したわたしの眼を襲ってきたのは、噂にきかされていた異様な風体の集団―苦力であり、それにもましてはじめてきくピーといわれた朝鮮の女性であった」「わたしは突如、それまで一度も想像もつかなかったピー、ピーという冷笑がささやかれるのを聞いた。ピー、ピーとは? たったいまの朝鮮の女が慰安婦なんだ。これはどうしたことか。よりによってたったいま、老黒山部隊に配置されるために貨物列車につめこまれて到着した兵隊の整列した前を女たちが平然と通過するとにわかにおこったささやきを、私は一瞬、どうしても信じられなかった。わけへだてのない平等とは……、いや、そんなはずはないと否定しても、いまこの状景を支配しているのは侮蔑ではないか」(128〜129ページ)
「(12月のある日)老黒山駅前の娼家をめぐってきた下士官宮本驕っていわく。朝鮮ピーに、『宮本さんは朝鮮人によく似ている』といわれてさかんにくさっておるよし。おれのいる前で、『おれが朝鮮人にそっくりだとよ、いやになるたい』と、かれは得意であったな。老黒山の駅頭に整列したあのとき、頭巾をかぶって通り過ぎたあの女たちの願貌が一瞬横切った。いま、戸外に白雪降りしきり、満州の冬は巨大なるつららの如く冷酷な感情をむき出しにしてきた。朝鮮ピー。朝鮮人慰安婦の濡衣とはなんだ。晋州に到着したときにのぞいた白衣の女、あるいはいま遠く慰安婦として出発の旅程を組むやいなや」(236〜237ページ)

〔その625〕森山康平著『証言記録三光作戦―南京虐殺から満州国崩壊まで』新人物往来社、1975年発行。
(その625・1)昭和12年12月、中国・南京。
「(田所は昭和11年9月に18歳で志願兵として入隊した)南京作戦では、宇都宮の第114師団で重機関銃部隊の一等兵であった」「田所さんは語る」
「『城内で残敵掃討をやった。将校や下士官出のやつをつかまえ、栃の木にしばりつけて撃ち方や刺し方を教えながら、やらせる。将校や下士官は、穴の前に坐らせた捕虜の首をはねる。私? 私は二等兵だったから、刺し方だった』『こんなことが城の内外で10日間くらいつづいたかな。もちろん命令でやった。そのころ、私らは下関にいた。鉄条網の鉄条をはずして、つかまえた連中を10人ずつくらい束にして、井げたに積み上げ、油をかけて燃やしちゃった。“俵しばり”といったな。豚を殺すのと同じ気持だったな。ああいうことをやっていると、人間を殺すのは平気になる』『機銃掃射して殺すのもやった。左右に山があって、そこに据えつけてバリバリ撃つ』
『女が一番の被害者だったな。年寄りから何から、全部やっちまった。下関から20人くらい受け持たせてね。倉庫のまわりなど、日当たりのいいところを選んで、木っ葉などをぶらさげて場所をつくる。赤ケンといって、中隊長のはんこがある紙を持った兵隊たちが、ふんどしをはずして順番を待つんだ。いつか、女の略奪班長をやったことがあるけど、ゆくと、女たちはどんどん逃げる。殺すわけにはいかないから、追いかけるのに苦労したもんだよ。支那の女は技術はうまいね。殺されたくないから、必死なんだろうけど、なかなかいい。なにしろ上陸以来女の身体にさわったこともないんだから、いじくりまわしたり、なめまわしたりする。私らは、よく“なめ殺す”といったもんです』『強姦をやらない兵隊なんかいなかった。そして、たいていやったあとで殺しちまう。パッと放すとターッと駆けていく。そいつを後ろからパーンと撃つ。憲兵にわかると軍法会議だからね。殺したくないけど殺した。もっとも、南京にはほとんど憲兵はいなかったけど……』」(19ページ〜22ページ)
(その625・2)昭和12年11月?、中国。
「カメラマンとして、第10軍に従っていた河野公輝さんの話」「(杭州から南京の間)『川沿いに、女たちが首だけ出して隠れているのを引き揚げてはぶっ殺し、陰部に竹を突きさしたりした。杭州湾から昆山まで道端に延々とそういう死体がころがっていた。昆山では中国の敗残兵の大部隊がやられていて、機関砲でやったらしいが屍の山で、体は引き裂かれて、チンポコ丸出しで死んでいた。そのチンポコがみな立ってるんだ、ローソクみたいに。「チンポコ3万本」と俺たちはいっていたが、3000人以上はいたろうな』『読売のカメラマンで発狂したのもいたな。やったってしようがないのだが、飛び出してやめさせようとするものもいた。普通の百姓だからといってね。しかし兵隊はそんなのにかまわずぶっ殺していった』『蘇州の女というのがまたきれいでね。美人の産地だからね。兵隊は手当たりしだい強姦していた。やったあと必ず殺していたな』」(46〜47ページ)
(その625・3)昭和13年、中国・蒙城。
「(その625・2の)河野公輝さんの話」「『そこは城壁と堀があって堅固な陣地だった。占領まで2日ほどかかった。3000人ほどを捕虜にしたが、南京と同じように片っぱしから殺していった。徐州へ進撃しなければならないので捕虜を保護するわけにいかないんだね。子供連れの兵隊もいたがかまわず殺した。子供は殺される親父をじっとみていたね。そしてその子供も殺されてしまった』」(48ページ)
(その625・4)昭和13年、中国。
「(その625・1の田所の話)『南京に二か月ぐらいいて、徐州に向かったんだけど、このときだったな、股裂きをやったのは。ある部落で、みせしめのために女を柳の木に縛りつけ、両足首にまきつけたロープを2頭の馬の鞍に結び、左右からムチをくれると股から乳房のあたりまで肉がさける。骨があとに残るんだ。それを部隊みんなでみている。中隊長もみてみぬふりだった。将校だろうと下士官だろうと、文句をつけても「ウシロダマ(後ろ弾)だぞ」とおどしちゃう』」(51ページ)
(その625・5)昭和17年8月?、中国・虞城。
「(河南省)虞城に到着直後には、日本から連れてこられた処女の慰安婦を中隊長が一夜買いたいというので、金の工面をさせられた、などというのはいかにも当時の日本軍の倫理水準を示している。『70円という費用の工面に、肉屋に押しいり、豚をかっぱらい、それを売り払ってつくりました』と菊池さんはいう」「『虞城から約10里離れた所にホウミョウという部落があり、そこに15名の分隊が派遣されたのです。その分隊には慰安婦が1人配属になりました。性欲処理ばかりではないのです。炊事、洗濯などいっさいを手伝わせるためです』」(81ページ)
(その625・6)昭和20年、満州・阿爾山。
「そんな奥地でもピー(慰安婦)はいました。阿爾山とイルセに慰安所があって、朝鮮人と満州人は1回50銭から1円程度、日本女性は下士官以上用で1回5円でした。兵士の給与は月額11円50銭でしたから、日本女性は高いといえば高かったわけです」(147ページ)

〔その626〕朝日新聞「新聞と戦争」取材班著『新聞と戦争・下』朝日文庫、2011年発行。
(その626・1)昭和13年、中国。
「朝日新聞三重版(1938年2月4日付)が掲載した兵士の手紙に、次のくだりがある。『南京も陥落後一か月余りになります……各所に軍慰安所(料理屋)が出来まして毎日押すな押すなの大賑ひです 』(丸カッコ内、原文のまま)。南京陥落直後に帰国した朝日新聞記者斎藤一は38年秋、二度目の派遣で中国にいた。『上海、鎮江、杭州、蘇州、南京、安慶から九江まで……どこにも慰安所』と手記にある。斎藤は慰安所の『親父』の言葉を書きとめる。『女達の中に2人、戦線慰問部隊をどうしても嫌がる女がゐた。無理やりに連れて来る様にして連れて来たが……(今では)兵隊さんにからだもいのちも捧げる気持は本当です―といいながら、ハリ切ってやってゐます。……みんなお国のためですからね』。斎藤は『そういって笑った親父の顔は実に卑しかった』と記している」(138〜139ページ)

〔その627〕松下孝昭著『軍隊を誘致せよ―陸海軍と都市形成』吉川弘文館、2013年発行。
(その627・1)日本。
「新設される遊廓(の章)」「(日本国内で)軍隊に遊廓はつきもの、というのが当時(明治以後)一般の通念であった。とりわけ、兵営の誘致に奔走してきた有志者にとって、同時に遊廓を設けることは、なかば公然の合意事項のようであった。軍都に不可欠な都市インフラとみなされていたとも言えよう」「(遊廓新設の内務省内規の)第一の条件は、戸数2000戸、人口1万人以上の市街地であることだった。ところが、これには但し書きがついていた。『兵営所在地・船着場其の他の特別事情あるものは、此の限りに在らず』というのである。人口1万人以下の小都市でも、兵営が立地していれば貸座敷免許地(遊廓)を定めてもよいのである。こうした法規からも、軍隊には遊廓が不可欠という当時の通念がすけて見えるであろう」(210〜211ページ)
「近世から城下町や宿場町として栄え、遊廓があった所に兵営が置かれた場合には、従来の遊廓が利用され、新設をめぐる問題は生じなかったものと思われる。兵営の立地によって遊廓がさらに繁栄したことが記される場合が多い」「兵営は設置されたものの、遊廓が認められないケースも、わずかではあるが存在する。廃娼を県の方針としているような所である」(214〜216ページ)
「海軍の軍港都市は、それまでの寒村が一挙に市街地化しただけに、既存の遊廓はない。軍港建設の人夫や軍人、工廠の職工らが急増するにつれて新設され、拡張あるいは増設されていく点で共通している」「佐世保市は、鎮守府設置が決定した1886年にわずか4111人だった人口が」「1907年には7万6012人に達する」「しかも、たとえば1902年の場合、男性3万1056人に対して女性1万9912人で、3対2の比率であった。これに海軍軍人が約1万人加わると、4対2になる。遊廓が繁昌する背景には、軍人や工廠の職工も含めて単身男性のこうした異常な多さがあった。なお、明治末の佐世保市職業別調査によると、海軍職工2707人、日雇1428人、海軍軍人1001人は当然としても、続いて娼妓668人が4位にランクインしているのに驚く」(221〜224ページ)
「遊廓をめぐる反対運動(の章)」「群馬県は廃娼をめぐる県会での論争の後、1893年末をもって公娼の廃止を断行した」「この群馬県には、明治前期から歩兵第15連隊が立地する高崎がある」「廃娼県となってから『特殊飲食店』なるものが急増した」「市内の柳川町あたりに40〜50軒あり、酌婦は200人以上いた」「あくまでも飲食店という位置づけであるから、廃娼令の対象ともならなかった」「全酌婦を対象に土曜に(性病)検査したというから、実態は遊廓とかわりなかった」(240〜241ページ)

〔その628〕山谷哲夫著『「慰安婦」物語』宝島社、2013年発行。
(その628・1)沖縄・渡嘉敷島。
「当時の『皇軍』は、慰安所に(渡嘉敷島の)島民を近寄らせなかった。軍が売春婦を囲っていた事実を出来るだけ秘密にしておきたかったのだ。しかし、村民の中で唯一の例外があった。それが新里一家である」「新里一家は戦前から慰安所の隣に住んでいて、7名の『慰安婦』の日常のこまごました世話をやいていた。軍もそれを黙認していた」「戦後33年たっても、新里家の人たちは鮮明にアキコ、キクマルなど慰安婦のそれぞれを覚えていた。その中でも、ハルコは強烈な印象を残している。『私とお母さんが同い年いうて、おばさんを見たら、うちのお母さんを思い出して、さびしくてさびしくって、泣きよったです』と、新里吉枝さんは思い出す。ハルコは全羅道のオモニに4歳の娘を預けて、食堂の手伝いと言うことで騙されて、この島に来ていた。7人中一番の美人だったそうだ」「そのハルコは3月の空襲で最初に死んでいる。戦後、『白玉の塔』に遺骨が納められているそうだ」(92〜93ページ)

〔その629〕池波正太郎著『青春忘れもの』新潮文庫、2011年発行(単行本、毎日新聞社、1969年発行)。著者は、昭和19年2月、横須賀海兵団に入隊する。20年5月、山陰の美保航空基地に移る。
(その629・1)昭和20年、美保。
「このころの生活を、のちに[厨房にて]という小説にしたが、それによると」「『明日の知れないいのちには軍律も理性もなくなり、特攻隊員は狂暴になった。たがいに烈しく口論し撲り合い、港町の娼婦を奪い合って拳銃を撃ち合ったり、そればかりか農民たちにまで迷惑がかかるようなことも起きはじめ、日が暮れると農家では堅く戸を閉ざし、若い娘たちは外を歩かなくなった。風紀を取締る巡邏隊が強化され、私もえらばれて他の兵隊たちと一緒に、司令部の近くにあるA村の巡邏隊本部へ移った』と、ある」「正規の軍装に半長靴。拳銃をさげ、棍棒をにぎって巡回するわれわれは、死と生の間をさまよいつつ酒と女におぼれ、乱暴・暴行に走る出撃前の軍人たちを相手に、ま、大立ちまわりもかなりあったのである」(169〜172ページ)

〔その630〕深瀬信千代著『満鉄厚生船の最期』中公文庫、1985年発行。
(その630・1)満州。
「満鉄が全満洲の交通網を一手に収めることになってから、各地の従業員ならびに居留民たちを慰問するという一大事業計画が出来上がった。その中で最も規模の大きいのは慰安列車であった」「(昭和)10年にはこれが全満洲各地を走り回るようになった。慰安列車は、娯楽、施療、廉売の3部門に分かれ」「中間の小駅においては1日2駅ないし4駅に各2時間半ずつ滞留し、大駅では1日間開催した。夜間は映画を上映して居留民たちを慰安した」「鉄道の通っていない辺境では、慰安自動車が活躍していた。満鉄が経営していた自動車路線を主として用い」「大体バス4台、トラック4台で編成し」「中間小駅3時間、主要駅1日の行動であった」(32〜33ページ)

〔その631〕今戸公徳著『宇佐航空隊始末記』光人社、2005年発行。
(その631・1)大分・宇佐。
「戦争がはげしくなって、高級料亭などが廃止になったため、“嬉しの”(海軍料亭)のほか、2、3軒の割烹旅館しか残らなかったが、河岸には、13軒の遊廓が営業を続けていた」(227〜228ページ)

〔その632〕岩川隆著『孤島の土となるとも―BC級戦犯裁判』講談社、1995年発行。
(その632・1)昭和19年、グアム。
「グアム裁判第一号の被告人は、グアム島に明治28年に入植して戦争中は民間人として日本軍に協力し、事業家でもあったグアム島日本人居留民会長の篠原武熊であった」「起訴の内容(の一つ)は」「『現地民の女性を慰安婦として日本軍にあっせんし売淫せしめた』」「篠原にたいしては、戦争中の昭和19年8月27日に終身刑(のち15年に減刑)の判決が下された」(172ページ)
(その632・2)
「七か国(米、英、中、豪、蘭、仏、比)がおこなった2244件・5700人余という膨大な数の裁判事件と被告人を“起訴事実”の内容から分類してみる」「一人が2項目以上の“起訴事実”によって裁かれている例も多(い)」「(起訴事実―人数は)強姦―143人、売春強要―34人、婦女誘拐―2人」(649〜650ページ)

〔その633〕松下竜一著『ルイズ―父に貰いし名は』講談社文庫、1985年発行。同書は、大杉栄・伊藤野枝の四女・ルイズ(留意子)の半生記。
(その633・1)昭和16年、満州・牡丹江。
「牡丹江市の4月初めは、まだ雪の中にある。銭湯に行った留意子は、そこで異様な光景を目撃した。20人くらいの娘たちが、さながら数珠繋ぎのようになって牡丹湯(銭湯)に入ってきたのだ。いずれも16、7歳くらいだろうか、顔に幼さを残している者が多かった。彼女たちは一様に真っ赤な長襦袢を着ていて、裸になると痛ましいほどやせていた。彼女たちが浴槽に入ってくると、先客たちはみんな慌てて湯を上がり、そそくさと浴場から出て行った。さも、汚いものに触れたくないという慌てようだった。留意子の眼に特に異様に映ったのは、娘たちが一言もものもいわないし笑いもしないことだった。一番陽気でおしゃべりな年頃の娘たちが20人も集まりながら、まるでお通夜のように黙って表情を暗くしているのは、不気味な光景であった。帰ってきて和吉(留意子の夫)に話すと、『ああ、それは前線の慰安婦だ。おおかた国境から帰ってきたのだろう』と、こともなげに教えられた。娘子軍と呼ばれる軍の慰安婦がいることは留意子も知っていたが、こんな形で目撃するのは初めてのことであった。ひっそりと黙っていたのは、しゃべることを禁じられているのだと、和吉は説明した。最前線の兵士を相手にしている彼女らのことだから、なにげないおしゃべりから軍の機密がもれるかもしれない。それを警戒して厳しい緘口令が布かれているはずだという」(162〜163ページ)

〔その634〕柳井乃武夫著『万死に一生―第一期学徒出陣兵の手記』徳間文庫、2008年発行(単行本『山の兵隊』交通協力会、1987年発行)。著者は、昭和18年、学徒出陣でフィリピンに派遣され、陸軍船舶工兵隊に所属し、レイテ作戦に参加する。
(その634・1)昭和20年1月、フィリピン・ポロ島。
「お正月料理の献立は、雑煮の代わりに米飯と塩汁、清酒『武士正宗』3勺、飴玉1袋、『栄養食』1個だった。『栄養食』とは初めてお目にかかるが、魚粉を煙草の箱位の大きさに固めたもので、『これを常時食することにより、熱帯地での健康を維持し得る』と書いてあるが、保証期限は1年前に切れていた。初めての品としては、『突撃丸』なる薬品が配給された。敵に突撃する前にこれを服用すれば勇気が湧き、敵を容易に打ち破るべしとか、効能書に書いてある。ヒロポンのような興奮剤だろう。お正月料理のデザートにはふさわしくないので、これは捨てた」(112ページ)

〔その635〕三岡健次郎著『船舶太平洋戦争』原書房、1973年発行。著者は、昭和18年8月、大本営陸軍参謀・運輸通信長官部参謀となる。
(その635・1)昭和20年1月。
「(昭和20年)1月31日 中野学校8丙学生の講義が終った。私の期待した通りの自覚が高まり、反応は目立ってよい。学校で関東平野周辺山地帯での遊撃戦を研究指導しているが、私は、榛名、秩父等の山中で遊撃戦を行う時期は、関東平野1500万人の日本人が敵の手に委ねられ、700万人の日本婦女が敵に蹂躙された時である。それでも尚国民が遊撃戦を行ってまでも頑張る意気ならば大丈夫である。然し一般の趨勢はそれまで持ちこたえられない様に観察されるから、遊撃戦もさることながら、それ迄頑張れる様、国民精神の指導を心がける方が大切だと警告した」(231〜232ページ)

〔その636〕湘北教育文化研究所「戦争体験を問う」編集委員会編『戦争体験を問う』田畑書店、1983年発行。
(その636・1)昭和14年、中国・費県。
「中国で戦って(と題する)」「1918年生(男性の手記)」「1939年1月10日、甲種合格で東京麻布の歩兵第三連隊留守隊に入隊した私は、3月に歩兵第211連隊第一大隊第四中隊に編入され、同年5月始め東京港を出帆し、中国の青島に上陸、その後、山東省のほぼ中央部の山に囲まれた費県に着いた。そこは大きな町ではあったが、徐州会戦の直後とあって相当荒廃していた。われわれが到着後半年ほど過ぎてから、白襷の国防婦人会の婦人たち、すなわち慰安婦、軍公認の公娼でほとんどが朝鮮の婦人たちが、はるばる20人ほど渡ってきた」(27ページ)

〔その637〕村上信彦著『明治女性史(4)』講談社文庫、1977年発行。
(その637・1)
「娼妓に心中のおそれがあることは江戸期から現代まで変りなく」「遊廓に通うような男には食つめ者や泥棒・ごろつきもあり、絶望してどうせ死ぬなら女を道連れにしようというので、無理心中が多く、そのため娼妓はいつでも逃げられるように、客の枕を壁の側、じぶんの枕を入口の側にならべ、湯巻の紐はつけないという慣習までつくられた。だが無理心中以外に合意の心中もあったことは容易に考えられるので、前途に希望のない娼妓が客の悩みに同情し、共に死ぬことを選んだ場合も決して少なくはなかった。日本の情死が廓を中心にしていることは歴史的にも立証されているが、伊藤秀吉の計算によれば、明治43年の情死は一般女性の0.4%にたいし娼妓は99,6%を占め、ほとんどすべての情死が憐れな娼妓であることが明らかにされている。生きるも地獄なら死を憧れることも有り得る」(48〜49ページ)

〔その638〕尹貞玉・他著『朝鮮人女性がみた「慰安婦問題」』三一新書、1992年発行。
(その638・1)沖縄・座間味島。
「ハワイ捕虜収容所名簿調査[慶尚南道聞慶・慶山郡編](の節)」「(座間味島にいた朝鮮人男性で捕虜になった人の証言などでは)特別待遇を受ける慰安婦もいた。特攻隊本部があった座間味島の総指揮者は少佐だった。この少佐はある朝鮮人慰安婦を独り占めしていた。この慰安婦は飛びぬけた美人だった。22歳ぐらいであったが、すらりとしていて軍服を着、拳銃まで身につけていた。在日同胞で中学校を出、英語もできたということだった。少佐は米軍に降伏するときも彼女を連れて行ったらしい」(84〜85ページ)

〔その639〕渡辺清著『砕かれた神−ある復員兵の手記』朝日新聞社、1983年発行。著者は、昭和16年、高小卒後、海軍に志願、17年、戦艦武蔵に乗り組む。20年、復員し、故郷の村に帰る。
(その639・1)
「(昭和21年)2月24日(の記録)」「おれはかつて艦でも」「下士官や古参の兵長たちから、なんどか港の遊廓に誘われたことがある。一度などは呉で下士官2人に両わきから無理矢理腕をとられてみせの入り口まで引っぱっていかれたこともあった。相手はからかい半分のつもりだったのだろうが、こっちは白粉だらけのけばけば女にふるえあがり、玄関口で女にとられた水兵帽をやっとのことで取り返すと真っ青になって後ろも見ずに逃げかえったものだ。艦隊泊地のトラック島やパラオのピーヤでは、下士官たちの順番とりで、炎天下に2時間も3時間も並ばされていたこともある」「当時のおれは、自分の体はすでに天皇に捧げたものだ」「忠誠な兵士として恥ずかしくないように、身も心も『きれい』なままで死にたいと思っていた」「少なくともおれの分隊の同年兵の中には女を買った者は一人もいなかった」(198ページ)
(その639・2)中国。
「(昭和21年)3月11日」「(著者が耳にした戦争体験者の話)『上海から南京まで進撃していく間に、そうだな、おりゃ20人近くチャンコロをぶった斬ったかなあ。まあ大根を輪切りにするみてえなもんさ。それから徴発のたんびにクーニャンとやったけや。よりどりみどりで女にゃ不自由しなかった。ほれ、この指輪も蘇州でクーニャンがくれたやつさ。たいしたもんじゃないらしいけんど、そのときもこれ進上するから命だきゃ助けてくれって泣きつきやがったっけ。でもさ、生かしておくってえとあとがうるせえから、おりゃ、やったあとはその場で刀でバッサバッサ処分しちゃった……まあ命さえあぶなくなきゃ、兵隊ってのは、してえ事ができて面白えしょうばいさ。それでお上から金ももらえるんだから、博労なんかよりもずっと割がいいぜ』」(214ページ)
(その639・3)フィリピン・マニラ。
「マニラの女性はしっかりしていた。スカートの内かくしにピストルをひそませて日本兵をねらっていたものだ。レイテ沖海戦後、おれたちは内地行きの便船を待って、半月ほどマニラ市内にとどまっていたが、その時も、日中でも物騒で一人歩きはできないほどだった。通りがかりにさりげなく寄ってきてズドンとやるからだ。武蔵の隊にはなかったが、ほかの部隊で、そういう女性に何人かやられたのをおれは知っている。売春婦に化けた女学生が兵隊を部屋に誘いいれておいて殺すという話も聞いた。しかもそれは欲得からではなく『抗日』とフィリピンの独立のためだったという」(226ページ)

〔その640〕今崎暁巳著『いのちの証言』私家版、2006年発行。戸口好太郎は、昭和18年10月、陸軍兵器学校を卒業し、満州・鶏寧の関東軍第16野戦兵器廠に配属される。
(その640・1)満州・鶏寧。
「(戸口は)ある日、衛守地週番巡査隊の任務遂行を、中隊長から命じられました。判りやすくいえば、鶏寧繁華街の性的遊興施設『ピー屋』が立ち並ぶ場所を、巡回視察して、各店に入り、衛生状態が守られ健全に行為が行われているかを点検するのが、巡察隊の任務なのです。行動開始にあたって、まず任務として命じられたのは、各下士官以下の兵隊に、衛生サックの使い方を教えることでした。二十歳の戸口班長は、使い方はおろか、サックを見たのも全く初めてでした。しかし、使い方を教えるのですから、年配者に未経験をみすかされないように四苦八苦しました。いよいよ巡察行動の開始です。軍医大尉が先頭の馬に乗り、戸口伍長の馬が続いて、今日は兵隊2人も馬で従い、4頭の馬が、繁華街を順序よく行進し、やがて、それらしいバラック建ての並ぶピー屋街にしずしずと入って行くのです。このピー屋街は下士官以下の兵隊が行く所と決まっていて、将校士官が行く店がどこにあるかは、下士官戸口伍長には知らされていないのです。下士官以下の兵隊は月二度の休みがあるだけですから、その日はピー屋の収容能力が足りず、順番を待つ兵隊がどのピー屋にも溢れています。その兵隊たちが、軍医大尉、戸口伍長に一斉に敬礼をします。軍医大尉と戸口伍長は落ち着いて敬礼を返して、2人の兵隊を外に待たせて、あるピー屋の中に入って行きました。ピー屋の中は、一部屋4畳半、ダブルベッドが置いてあります。ほとんど北部朝鮮一帯の、日本軍人向けに礼節をわきまえた、いい家庭の女性たちを連れてきていると、軍属の日本民間人が得意そうに話しているのを戸口は聞きました。北朝鮮の娘さんをだまして連れてくる日本人は許せないと、危うく口に出しそうになった記憶が、今も残っています。『あっ……』。ある部屋に入って、好太郎は驚いて声をあげました。下着姿だったのは戸口の上官の曹長です。曹長も驚いて、声も出ないようです。ベッドの女の人がよく通る声で、『私、病気、ないよ』。その女の人は戸口の役目を知っていてそう言ったのでしょう。その明るい声とたくまない笑顔に思わず、戸口も笑顔で応えていました」(55〜56ページ)

〔その641〕小沢一彦著『インド洋戦記』図書出版社、1979年発行。著者は、昭和18年、海軍第三期予備学生として館山砲術学校に入校し、19年8月、アンダマン島の第12特別根拠地隊に赴任する。
(その641・1)昭和19年8月?、マレー・ペナン。
「昭和16年12月下旬、日本軍がペナンを占領すると同時に、ここは海軍の第11潜水艦基地になった」「昭和17年の終りごろ、内地から大丸デパートがペナンに進出し、現地で諸物資の買占めを行い、物価高騰をまねき、現地人の評判をおとしたことがあった」「治安が安定してくると、美しい夜の女性部隊が和歌山県海南市からペナンに進出してきて、昭和18年の春を迎えた」「(著者がアンダマン行きの途中、ペナンに滞在するが)エスプレイ(エスは芸妓、したがって、いわゆる夜遊び)のほうがいそがしく、二日酔い回復のためや野戦に備えるため、昼間は水交社の自室でゆるく廻っている天井のファンを見あげて、ベッドに寝ているほうが多かった。ペナンには慰安所として『もも屋』『さくら屋』、『レス』(料亭)としては『つた屋』(別府)『藤屋』(新和歌浦)などがあった」「大通りに出たら、すぐ『つた屋』だ。ブーゲンビリアの花が夜目にもわかる前庭をすぎると玄関で、レス(料亭)らしからぬ洋式建物のなかに入る。部屋は洋間に畳をしいた和洋折衷で、天井も高い」(72〜75ページ)
(その641・2)昭和19年8月、アンダマン。
「アンダマンには『レス』がない」(110ページ)
(その641・3)千葉・館山。
「(著者と同期生のこと)そのころ、予備学生は『レス(料亭)』などは立入り禁止になっていた。(ある同期生は)それをもののみごとに『陣地進入』したのだから、たいしたものであった」「もちろん、上陸帰校点検が2000(午後8時)になってからのことである。まず、彼は隊門の近くに、自家用自転車を常備した。この機動力を駆使して、彼の攻撃範囲は拡大されていくのである。薄暮になると、『富士橋』(レス)に接近、やがて裏口から隠密裏に進入、オカミと談合に入る」「風呂に入って身をきよめ、合戦準備おこたりなし。オカミの手配で、なじみの『エス』を緊急召集、といった秒きざみの作戦である」(229ページ)

〔その642〕殿山泰司著『三文役者あなあきい伝』講談社、1974年発行。著者は、昭和17年?、二度目の召集で、中国へ。
(その642・1)昭和20年8月、中国・咸寧県楠林橋。
「部隊の中に設営されていた慰安所に、4、5名の朝鮮ピイがいたんだけど、これが敗戦の翌日に姿を消してしまった。それは煙の如くにふわあっと消えてしまった。その慰安所の経営者というか責任者というか、人相風体かんばしからぬ、日本人の中年の夫婦者がいたんだけど、この巡査上がりみたいな夫婦も、ピイと共に見えなくなってしまった。みんな銃殺されたという噂が飛んだ。『そういえば銃声を聞いたぜ』なんて言う兵隊もいた。朝鮮ピイたちは将校専用といってもいいくらいで、われわれ兵隊は時どき遠くからチラチラと、そのナマメカシイ姿を見かけるだけだった。何が慰安所だい、ふざけやがって。それにしても、何も銃殺することはねえと思うんだけどな。朝鮮へ帰してやればいいじゃねえか。可哀想だよ。おそらく不法拉致してきた女たちに決まっている。深く考えると滂沱と涙が出る。戦争というものはヒドイものだ」(226ページ)

〔その643〕宮本正男著『沖縄戦に生き残る』小川町企画出版部、1984年発行。著者は、昭和19年、4度目の召集で、海上挺進基地第二大隊の一員として、沖縄に派遣される。
(その643・1)沖縄本島。
「(大隊の那覇)連絡所には本隊から絶えず将校や下士官がやって来た。毎日の演習や壕掘りに疲れた彼らが、特権を利用して、何やかやと出張命令をせびりとり、連絡と称して那覇へ来て、息抜きしてゆくのである。辻町の遊廓は(昭和19年)10月10日の空襲で焼けていたが、すぐに波の上神社の横の方にピー屋(売春宿)が群生し、大部分が朝鮮から拉致されてきた売春婦たちがひしめいていた」(47ページ)
「(地上戦が始まり、水島中尉が)大隊を離れて、(与座近くの洞窟内にあった)経理室の傍の小さい洞窟に移ってきた。洞窟というにも足らぬ岩陰の、2、3人も入ればいっぱいのところであった。そこで当番兵の奥山と2人で暮らしていたが、さらに1、2日たつと、奥山をわたしたちの経理室へ移らせ、何だかえたいの知れぬ40歳ぐらいの未亡人らしい女と2人で住み始め、この時になってさえ、奥山に将校特別食を作らせて運ばせていた。一方、酒井曹長も急速にぐれ始め」「ひまを作っては水島の壕へ行って、女に酌をさせては2人で飲んでいた」「女とふざけてばかりいた将校は水島ばかりでなかった。上は軍司令官より、下は中隊長にいたるまで、幾多の例外を除いて、みんな右へならえをしていた。牛島中将は最後の時まで、某代議士の娘を『当番』につけていたし、長中将も同様であったという。想像してみるがよい。世にも異様な光景を。この日本軍国主義の『最後の花』であった第32軍の将校が、潰走する部隊の中で、軍服を着たこれらの女性を伴って、しかも兵隊を『しった』する姿を。そして、これはまた日本陸軍の真相でもあった」(95〜96ページ)

〔その644〕伊藤隆編『国防と航空−国粋大衆党時代・笹川良一と東京裁判別巻』中央公論新社、2010年発行。
(その644・1)昭和7年、大阪。
「(国粋大衆党党史の章)昭和7年1月15日 婦人矯風会慰問使として満州派遣のわが将士をねぎらひ、さらに上海、南京で中華の一流婦人達と時局を語って帰って来た林歌子、久布白落実両女史の報告演説会が午後7時大阪中央公会堂で開催された際、両女史の演説中満州問題に関し常規を逸した非国民的言句があったので、聴衆中にあった本党幹部は憤激し直に抗議を申込んだので同9時中止、淋しく解散した」(97ページ)

〔その645〕総山孝雄著『南海のあけぼの』叢文社、1983年発行。著者は、元近衛師団通信小隊長。シンガポール攻略戦に加わる。
(その645・1)昭和17年2月、シンガポール。
「(昭和17年)2月27日、われわれの駐屯地のほど近い所に慰安所が開設された」「作戦を終って一地に落ちつくと、住民の女性とのトラブルの発生を防ぐために、一刻も早く慰安所を開設して生理発散の場を与えようとするのが軍の習わしである。軍司令部の後方係りが、早速住民の間に慰安婦を募集した。すると、今まで英軍を相手にしていた女性が続々と応募し、あっという間に予定数を越えて係員を驚かせた。難攻不落のシンガポール要塞を陥落させた日本軍の将兵は、今や住民の女性たちの憧れの的であったから、『日本兵のお相手ができるならば』と喜々として応募し、トラックで慰安所へ輸送される時にも、行き交う日本兵に車上から華やかに手を振って愛嬌を振りまいていた。ところが慰安所に着いてみると、彼女らが想像もしていなかった大変な激務が待ち受けていた。昨年の12月初めに仏印を発ってより、三か月近くも溜まりに溜まった日本軍の兵士が、一度にどっと押寄せていたからである。私の部隊からも何人かの兵が喜び勇んで出掛けて行ったが、気の弱い一人の衛生兵が、間もなくしょんぼりと打ち沈んで帰って来た。ちょうど医務室で軍医と雑談していた私が、『どうしたんだ、しょんぼりして。どうだった』と聞くと、彼は言葉もなく坐りこんで首を振り、ただ一言、『可愛そうだった……』とつぶやいた」「(彼の話)彼が行ってみると、薄板を張って小部屋を仕切った急造の慰安所の部屋部屋の前には、兵たちがいくつもの列を作って、並んで待っていた。前の奴が時間をかけていると、何しろ皆気がせいているから、『何をしているか、早くすませてかわれ。後がつかえているんだぞう』と叫んで、扉をどんどん叩いたという」「英軍時代には一晩一人ぐらいを相手にして自分も楽しんでいたらしい女性たちは、すっかり予想が狂って悲鳴をあげてしまった。4、5人すますと、『もうだめです。体が続かない』と前を押さえしゃがみこんでしまった。それで係りの兵が『今日はこれまで』と打ち切ろうとしたら、待っていた兵士たちが騒然と猛り立ち、撲り殺されそうな情勢になってしまった。恐れをなした係りの兵は、止むをえず女性の手足を寝台に縛りつけ、『さあどうぞ』と戸を開けたという。ちょうど番が来て中へ入ったくだんの衛生兵は、これを見て真っ青になり、体のすべての部分が縮み上ってほうほうのていで逃げ帰って来たというのであった」(150〜151ページ)

〔その646〕浅見淑子他編『凍土からの聲―外地引揚者の実体験記』私家版、1976年発行。
(その646・1)昭和20年9月?、満州・態岳場。
「(態岳場温泉ホテルにいた、ある女性の手記)ソ連兵対策には悩み通しでした。男性が5、6人で相談の結果、大連の遊廓から女性を数人連れて来て、ソ連兵を呼びパーティーを開きました。大連から来た若い女性をソ連の将校と軍曹にパートナーとしてつけ、今後は仲良くするように握手させました。将校のパートナーとなった女性は独立した住居をあたえられ、略奪品と思われる豪華な毛皮などをプレゼントされました。以後は略奪もなく一人の狂暴な兵がいた以外は、紳士的に約束を守ってくれました」「ある真夜中、ワシカという名のわし鼻で背の高いソ連兵が『女を出せ』とあばれこんで来ました」「ワシカは年とった日本人のパートナー(遊廓の女性)がいたのですが、若い女が欲しくなり、酒の勢いをかりて銃で威嚇射撃したところ、過って主人の頭にあたりました。医師もいないので救急箱の薬品をひっくりかえして手当てし、床につきました」(184ページ)

〔その647〕金子光晴著『日本人について《増補版》』春秋社、1972年発行。
(その647・1)昭和13年1月?、中国・天津。
「(「没法子−天津にて」と題する章。中央公論昭和13年2月号掲載)2、3日前に開店したキャバレ天津会館」「は、内地から100人、大連から50人のダンサー、女給をよびよせて、大阪のマルタマが経営しているのだそうだ」「料亭は、宴会、相談会などで席のあいているためしはなく、天津租界はじまって以来の大好況で、事変前には70人ほどしかいなかった芸者半玉の数は、現に150人ぐらいでますますふえてゆく一方だそうだ」(110〜111ページ)

〔その648〕久保田知績著『上海憲兵隊』東京ライフ社、1956年発行。著者は、昭和16年6月、上海憲兵隊に派遣される。後に南京の憲兵隊に異動する。
(その648・1)昭和16年6月?、中国・上海。
「(滬北分隊での仕事で)外出先における軍人軍属の非違犯行を取締るため、その日も径路は自然、軍指定の食堂や軍慰安所のある虹口地区に向けられた。虹口クリークに沿って華人経営の慰安所が並ぶ二之橋附近を通り、滬月、末広、第一サロン等の慰安所のある北四川路に出て、横浜橋に差掛る頃は夕暮だった。帰隊時刻の迫る夕刻の慰安所は、何処も慌しい兵士の喚声と慰安婦の嬌声に充たされていた」(20ページ)
(その648・2)
「支那派遣軍全般に亙って増加して来た逃亡離隊事件の原因は、朝鮮兵士の増加にあった。これは志願兵制度から義務制、徴集となったためであり、逃亡する朝鮮出身兵の多くはインテリ青年達であった」「軍人として直接日本軍隊に在る彼等の外に通訳、運転手、軍商人等軍属として、多くの人員が日本軍の構成に加わっていた。これ等の人々の協力と共に、特に記録すべきものに朝鮮婦人の従軍がある。彼女達の殆どは軍慰安所の慰安婦として、青春の肉体を日本軍に提供していた。日本軍隊の駐留する処必ず慰安所が設置され、その検黴にはその地各憲兵隊が立会していた。故国を遠く、只灰色に包まれた戦火の後を追って、砲声の轟く前線から前線へ続けられて行く彼女達の旅は、文字通り献身奉仕の旅であり、過労と病魔にさらされた、彼女達の日夜を分かたぬ勤めは、兵にもまして命を賭けたものであった。こうした記録は韓国の人々にとって或は、……植民地としての曾つての朝鮮という汚辱感を感じるかも知れない。然しわれわれは……『日本の兵隊さんのために』と、凡てを捧げ尽くした彼女達の純心を、戦の流れにくみせしめたわれわれに曾ての日捧げられたこの朝鮮女性、否、朝鮮人凡ての真心を、日本人としての私達の記憶から取除くことは出来ない」(108〜109ページ)

〔その649〕たてよこ会編『たてよこ奮戦記−海軍軍医学校第68期・69期生の記録』たてよこ会、1973年発行。
(その649・1)昭和17年、ハルマヘラ・テルナーテ。
「(A軍医中尉の手記)三か月位後にハルマヘラ群島のテルナーテ島にマラリア患者多発ということで、そこの警備隊(一個小隊)附となる。隊長が少尉なので、全く天下様の生活。風光明媚で、食物、果物の豊富な所で、マラリア患者が全員治癒したら用事がなくなったので、以来、Pハウのオヤジとなる。拡張政策で半舷上陸の25名に対してPが20名。大らかなもの」(30ページ)
(その649・2)昭和17年、熱海。
「(B軍医少尉の横須賀潜水艦基地隊時代の思い出)主計長が『軍少も一度熱海に行って貰いましょうか』と食事をしながら小生の顔を見たが、小生には何故この戦争中温泉場に行くのかさっぱり判らない」「(その後、主計長は)熱海が潜水艦乗員の休養地で、旅館も一部海軍が契約しているので、当基地隊が管理している事、従って旅館の衛生及び伝染病発生の有無等を観て、指導監督して貰いたい等、語った後」「ニヤニヤしながら、もう一つの大事な事は、乗員の相手をする芸者さんの衛生もよくみて来て下さい。早速熱海の産婦人科の先生に連絡しておくから検診に立ち会って来なさいと言い、まあのんびり温泉に入ってらっしゃいと、ポンと肩を叩いて出て行った」「早速衛生兵曹と一緒に出発した。午後2時頃、芸者組合の薄暗い一室に、古い木製の内診台があり、ヒゲを生やした年配の婦人科医師が次々と検診の最中でした。私の姿を見ると目礼して、検診の度にヒョイと体を横に傾けて見せてくれるのですが、私は初めての事でドギマギして先生の肩越しにチラッとのぞき込んでいたが、白い腿だけが印象に残っている」(66ページ)
(その649・3)昭和17年?、スマトラ・サバン。
「(C軍医少尉の手記)サバンは海軍の兵、多分約千数百名いた。殺伐な兵の鎮静のため、ペナンよりピー嬢数十名の来島を計り、ピーハオを兵用、士官用、隊長用各舎を作った。たちまちにして殺伐たる兵各位は温厚とまではゆかないが、平静になりなごやかになったようだ」(81ページ)
(その649・4)昭和17年?、インドネシア・スンバ。
「(D軍医の手記)産物の少ないスンバ島での生活は、やや刺激の少ないものであったが、原住民の間に癩、熱帯潰瘍が多く、且、慰安婦として募った住民女性の検診で性病の多いのに驚かされた」(154ページ)
(その649・5)昭和18年10月、ラバウル。
「(E軍医の手記。昭和18年)10月16日ラバウルにたどり着く。植物園横に残留主計長室と自活を狙ったコ島よりの送院患者の建てた宿舎があった。隣りに士官用パンパンが三軒。19設の建てたものだ。1週間もすると彼女達『軍医長、軍医長』と病人が出ると自分の部屋から大声を立てる。何をおいてもすぐ往診。だから無理は利くし、モテタこと、モテタこと」(369ページ)

〔その650〕トラック島海軍戦友会編『トラック島海軍戦記』トラック島海軍戦友会、1983年発行。
(その650・1)昭和17年、トラック・夏島。
「(元トラック郵便局の手記『夏島回想記』。街中にある)チョンチョン橋の云われだが、道路が余りに低地にあるので、満潮時に道路が海水下となるため、兎とびにチョンチョンとぶ様に渡るためとか。又対岸にある横須賀の有名割烹『小松』の出先である、トラック『小松』に凄い男キラーの芸者が居り、一夜情事のもつれから高級将校の一物をチョンとばかりチョンと切ったからと云う説、更には軍属専門の慰安所南国寮に性病が流行、行為後チョンがチョン切られる様な激痛に襲われたという説、どれが本当かは分からない」(105〜106ページ)
(その650・2)昭和17年、トラック・夏島。
「(第41警備隊病室勤務だった軍人の手記『トラック島の挽歌』)ある日“ぱっと”花が咲いたように、パラソルをかざした女達の一群が押しよせた。診察室に入りきれず、ベランダも通路も占領される人数である。看護長の説明では今回、内地から慰安婦が大挙してトラックにきたが、本日検査に呼んだ女達は、とりあえず士官接待婦として予定される者だが、ほかに下士官兵、軍属その他のための女達も順次、検査に来るという。また慰安婦の診察、健康診断をこの病室で診るということも検討されたらしいが、もともと兵員の診療を目的とする場での不都合もあってか、慰安婦の診療については支庁病院に委託し、海軍側は管理面だけを担当することになった。私が接した 短い期間の中で2名の慰安婦が内地に帰された。印象に残る一人は、胸を病む20歳前の小柄の女で、馴れない気候と無理がたたっての発病と思われたが、生れは神奈川の真鶴だという。多くの借金を残し、この身体でこれからどうなることかと他人ごとながら気にかかったが、明日病院船に乗船するという日、彼女の病室に顔を出すと『お世話になりました』と、小箱が差し出されたが、本人はあとのないことを悟っていたのかもしれない」(111ページ)
(その650・3)昭和19年、トラック・夏島。
「(海軍第四施設部の所属員の手記『夏島当時の日記メモ抜粋』。昭和19年)2月28日 患者と女子群、氷川丸にて帰途につきぬ」「3月23日 敵来襲濃厚にして遂に来たらず、パンパン屋存置の要否に関し、部長より計らるる。棚村主計中尉着任。青年!」「3月27日 “南国”も本日より再開となる。平和の色、日毎に濃きトラック危うし、我れ慣々たり」(129ページ)

(2016年2月18日・最新更新)


ニッポンリポート・ファイル一覧

ご意見などは tetuh@mbj.nifty.com へ

SAKUMA TETSU
フリーライター
著書[恐るべき証人][検死解剖マニュアル][拳銃天国ニッポン]など