佐久間 哲
ニッポンリポート


従軍慰安婦を調べる 編

従軍慰安婦の体験談等メモ・14



〔その651〕台湾会編『あゝ台湾軍』台湾会、1983年発行。
(その651・1)昭和20年10月、台湾・北投。
「(中野学校出身の情報要員の手記)クラーク少佐以下ペンタゴンから直行して来た一行は、米軍の中にあっても特にエリートであったのだろう、実に紳士的で私達に敗者の惨めさを感じさせる事は全く無かった」「10月半すぎ、クラーク少佐が折入って頼みたいことがあると言うので、彼のオフィスを訪問した。彼は米軍には日本軍と違って程度の悪いGIがいくらでもいる。誠に恥ずかしくもあり恐縮だが、実は上海にいるGIが40数名、台北に来て日本女性と遊びたいと言ってきた。済まないが何とか便宜を計ってくれないかとの懇望だった」「結局3日後の土曜日に決定した。戦時中は万華の芸妓組合に対し副官部が強い支配力を持っていたので、女性の方は副官に組合幹部に因果を含めて手筈を整えていただいた。さて当日、バスを2台仕立てた。1台は台北飛行場に午後3時、1台は2時に万華へ。女性たちにはすべて日本人に見せかけるため着物着用を命じてあった」「バスを北投の指定旅館につけ、部屋を割当てて待機させた。4時すぎ目玉をギョロギョロさせ熊のようなGIが到着した。いまだ日も高いし、腹が減っては何とやらということで、予め大広間にすき焼きを用意してカップルごとに食事させたのである。ところが何と、食事もそこそこに部屋に引き揚げるのは、まあ許せるとしても、過半数は大広間のあちこちで隣は何をするものぞとばかりに、ゴソゴソ始められるに到っては何をかいわんであった」(190〜191ページ)

〔その652〕高橋功編『ある野戦病院の記録』金剛出版、1972年発行。同書は、第二師団第二野戦病院の記録・手記集。
(その652・1)昭和19年11月、ビルマ・バーモ。
「(『壮烈!バーモ脱出』と題する手記。昭和19年)11月2日夜、ミイトキーナ守備隊が敵の南下を阻みつつ後退し、バーモ守備隊の警戒陣地に到着するとの情報があった。その傷病兵収容のため、(バーモ守備隊の野戦病院の)大童大尉以下10名トラック3両で、バーモ後方20キロ地点、イラワジ河岸に赴いた。暗夜しかも物凄い土砂降りの中に、隠密裏に敵中を突破後退して来る丸山聯隊を待つ」「続々彷着する丸山聯隊の将兵はほとんど銃を持たず、軍靴もなく、軍服も破損し完全なものなく、気息奄々、気力で辛うじて歩を進めているかに見える傷病兵が多かった。友軍陣地内に辿りついた安心感が、そうさせたのかもしれない。余りにも無惨な敗退振りであり、それだけに想像を絶する死闘が繰り返された事が推測された。早速傷病兵収容に当った。その乗車序列を決めるのに一苦労し、いずれにしても背嚢を背負い、まともな軍服を身につけているものは、まず乗車を禁じ、重症と思われるものを半分抱きかかえるようにして乗車を助けていた。突然聯隊長の叱責を受けた。聯隊長の指示で、優先乗車となっていた前述の元気な兵の乗車禁止が、勘気に触れたらしい。それは女子挺身隊であった」(121〜122ページ)

〔その653〕土橋勇逸著『軍服生活四十年の想出』勁草書房、1985年発行。著者は、元陸軍中将。同書は、生前の昭和41年に書き上げられた。
(その653・1)昭和10年、満州・泰安鎮。
「(歩兵第20連隊長時代)部下の性問題を解決することは、連隊長としての義務である。その見地から、泰安鎮に性を処理し得る女が何人ぐらいいるかを調査させた。すると、一切合財で14人いるということであった。14人では不足である。だが、急に増員することが難しいばかりでなく、出来得ることならば、将校と下士官・兵とは別々の場所で遊ばせることが望ましかった。将校を別な場所で遊ばせるとなると、チチハルか克山あるいは北安である。しかし、これらの地点へ行くには汽車賃を要する。汽車賃を節約させようとすればパスが欲しい。というような訳で、私は統率上必要だから、一等と二等各々2枚ずつのパスを下さいと申し出た。ところが、ちょうどそのころ、満鉄ではパスを減らすべく整理している最中であったので、4枚のパスをくれといわれても出せないと断って来た」「強談判の末、満鉄も渋々パスをくれた」「そこで私は、将校一同になるべく泰安鎮では遊ばず、チチハル、克山あるいは北安あたりに行くよう」「パスは連隊副官に預けておくから、勤務の都合を見計らって利用しろ(と指示した)」「2、3か月経ってから連隊副官に、『あのパスをちょっと見せろ』と言って持って来させたら、ほとんど印刷も見分けがつかぬほど汚れていた」(289〜290ページ)

〔その654〕中村浩爾編著『中支戦線従軍日誌―ある通信兵の前線と銃後』文理閣、2009年発行。編著者の父は、二度目の応召で、歩兵231連隊に入営し、昭和14年10月から16年5月まで、支那事変に従軍し、その間、従軍日誌を書く。
(その654・1)昭和14年12月、中国・漢口。
「12月3日 晴 本日は久し振りの外出。朝8時過 トラックに便乗 漢口に行く。軍人ホームに行き、意外にもそこの経営者たる高砂の小父さんに出会う。ここで相当よって朝鮮カフェーに行く。2時過 中隊に帰る」(56〜57ページ)
(その654・2)昭和15年1月、中国・信陽。
「1月2日」「昨日 慰安婦がもう此の信陽の街に来ているのを見たが、戦争と女はつきものだ。“西部戦線異状なし”の映画にも慰安婦の居る所が有ったようだ。しかし、我々は何時出発するか分らない身にはこんな女は用がない」(70ページ)
(その654・3)昭和15年1月、中国・随縣。
「1月23日」「今日、浙河から来たトラックの中に美人を見た。何かしら? と思っていたが、前線に来た、日本の慰安婦だと知れてハハアと思う。美しい女が5人の中2人程居るという話だ。銃砲声の生々しいこんな前線まで出て来るとは、なかなか勇敢だなあと思う」(86ページ)
(その654・4)昭和15年2月、中国・岐亭。
「2月3日」「6時 岐亭出発。雪の小路を行軍、各部落・各部落を掃討し、14時過、八里鎮に到着。今度の掃討は各部落の男を殺し、部落を焼く。悲惨さ言わん方なし」(92ページ)
(その654・5)昭和15年、中国・長軒嶺。
「2月9日」「夕食後、砲兵隊の隊長が来るとのことにつき、我々の寝台は持って行かれ、我々は慰安所の部屋に行って寝む」「3月1日〜14日まで 何等異状なく長軒嶺・道明中学校の校舎内にて平和な日々を送る。時には外出して慰安所に遊んだり、夜半、巡察に出かけたり」(102ページ)

〔その655〕松本清張著『松本清張全集34』文芸春秋、1974年発行。同書中、「半生の記」。著者は、昭和18年6月、二度目の召集で、朝鮮・井邑に駐屯する。
(その655・1)昭和20年8月?、朝鮮・井邑。
「(敗戦直後)京城からアメリカの将校が乗り込んできて、日本軍の兵器一切の引取りを完了するという話が伝わった」「そんなある日、将校たちは日本人会長と会い、アメリカ将校団への奉仕のことで打ち合わせをしていた。彼らは、日本人の女性を差し出さなければなるまいと話していた。その場合、娘さんは困るから、一般の奥さんで適当な人を考えてほしいと会長に要望していた。話し声はただそれだけだったが、内容はおよそ推察がついた。高級将校には、日本軍の将校がかつて中国大陸に赴いたとき同じ待遇を要求したことが頭にあったようである。このことは彼ら高級将校が戦争犯罪の軽減を願う手段として考えられたと思える。私はモオパッサンの『脂肪の塊』を思い出した。しかし、アメリカの将校が兵器受領に来て京城に帰っても、『脂肪の塊』のような場面は聞かなかった。アメリカ将校連は紳士的にふるまったらしい。だが、実際のことは今でも私には分かっていない」(55ページ)

〔その656〕津本陽著『名こそ惜しめ―硫黄島魂の記録』文芸春秋、2005年発行。同書中、父島経由で硫黄島に向かった吉住伍長の話。
(その656・1)昭和20年2月?、小笠原・父島。
「父島は硫黄島とちがい、鬱蒼と木の茂った山ばかりである。吉住伍長が大発へ乗ろうとしていると、どこからか慰安婦らしい女があらわれていった。『兵隊さん、キャラメルを一個くれない』『キャラメルか。いいよ』。東京深川生れで気のいい吉住は、女にキャラメル百箱入りの木箱をひとつやった」(158ページ)

〔その657〕二木滉著『遙かなる戦歴』彩光社、1979年発行。著者は、昭和17年1月、佐世保海兵団に入団。18年10月、海軍経理学校を卒え、新竹海軍航空隊付となる。
(その657・1)昭和18年、台湾・新竹。
「(新竹)駅の西北部一帯に売春宿が並んでいた。その経営者は日本人であったようで、そこに働く婦人達は朝鮮から来た者や現地の婦人が多かった。ここに寄る客の大部分は軍人が主で、接する婦人はすべて日本名を名乗り、和服を着飾っていて、ここにも常時いびつな姿が展開されていた」(52〜53ページ)

〔その658〕大内誠著『兵営日記―大戦下の歩兵第27連隊』みやま書房、1988年発行。著者は、昭和16年3月、旭川の第7師団の第27連隊に入営する。
(その658・1)北海道・旭川。
「慰安婦を連れて歩き、戦闘と性行為を繰返してきた大陸帰りの兵隊や、妻帯者の多い召集兵などの殆どは、外出即ち女郎買いと割り切っているから、初年兵の間に蘇った性への関心を育てはぐくむことにはことの外熱心だ」「私も一度、外地帰りの召集兵につかまり遊廓回りをさせられたことがある。女遊びを旭川の兵隊は『金星橋を渡る』という。その橋の向こう、中の島に数軒の遊廓があった」(157〜158ページ)
(その658・2)昭和19年6月、北海道・釧路。
「6月19日(の日記)」「安永連隊長、北支派遣軍へ。川のほとりで離任式。挨拶と分列行進及び閲兵(著者注―釧路で初めて外出が許された日、米町遊廓は満員になったというが、その客の名前は殆どが安永篤次郎だったという伝説)」(242ページ)
「10月1日(の日記)」「6時起床。五十里共集まって南瓜を炊き、花札を弄ぶ」「(著者注―この程度の遊びなど他愛ないものだ。脱柵して夜遊びに行く奴はあとを絶たない。それどころか此の間医務室へ来た召集の伍長などは、出征兵士の妻をものにしたと聞こえよがしに自慢する。『慰安婦つれて歩いている軍隊だ。旦那も適当にやっているのに、その相手の留守を慰めるのが何故悪い』)」(252ページ)

〔その659〕加藤裕著『大東亜戦争とインドネシア―日本の軍政』朱鳥社、2002年発行。下記に取り上げる部分は、倉沢愛子、川田文子らの慰安婦関連著作などに対する反論部分。
(その659・1)インドネシア。
「50数年前の日本軍占領時代にも、このような施設(インドネシア人による民間売春)がありました。専門的に調べたわけではないですが、ジャカルタ、スラバヤ、メダン等の大都市には当時の日本内地と同様の待合、料亭があり、日本から来た芸妓、娼婦が将校相手の売春をし、一般兵士は現地人相手の昔からあった、このような施設を利用していました。この運営は、日本の民間の業者に委託していました。このような業者は『女衒』と呼ばれ、軍を取引相手としていました。あなたがインドネシアから連れて来た女性たちは、戦時中ここで働いていた人たちだと思います」「こんなにまでして大騒ぎしたあなた方ですが、今ではこの問題について口を閉ざしています。あなた方がなぜ沈黙しているのか理由を公表しないので、筆者が代って明らかにします。『Ianfu・インドネシアの場合』の番組が(日本で)放送されてまもなくの平成8年11月14日、インドネシア社会省は『インドネシアにおける慰安婦問題に関する社会大臣見解』を発表しました」「この中でインドネシア政府は、日本政府から提案のあった『アジアのための女性基金』3億8000万円を受け入れるに当っての自国の立場を明快に述べています。要約しますと」「この基金は一般の女性の福祉のために使い、第三者や個人に給付しない旨明記しています。つまり『慰安婦』には使わないとはっきり述べています」「あなた方はインドネシアではいわゆる『従軍慰安婦』問題は存在しないにもかかわらず、意識的にこの問題をでっち上げ、日イ両国の友好を阻害しようとしたわけです」(77〜78ページ)
「スカブミは独立歩兵150大隊(倉本勇造大佐)が駐屯していたが、当時この地区の軍紀の取締りに当っていた谷口武次憲兵大尉(ボゴール憲兵分隊長)によれば、元慰安婦の証言したようなことは当時の日本軍ではありえないことだという。スカブミには公認の慰安所はなかったが、兵士たちは昔からある慰安施設で金銭を払って性の処理をしていた。銃剣を突きつけ、兵舎に女を連れ込んだり、監禁などしたらすぐさま憲兵隊に逮捕されてしまう。谷口元大尉は当時、巡回のため何度もスカブミを訪れ、倉本大佐とも会っている」「バンドンのチマヒには当時、軍の貨物廠や兵器廠があって軍属など一般の日本人も多くいた。付近には『八千代』『田毎』『喜仙』等といった日本名の遊廓(慰安所)があって、日本から来た慰安婦のほか現地人も働いていた。これらの慰安所は朝鮮人、中国人(華僑)の経営によるものが多かったが、女衒(慰安婦集めを仕事としている人間)の中には軍服と見まちがう国防色の服を着ていた。これがインドネシア人に誤解をよんだのではないかと、指摘する人もいる」(211ページ)

〔その660〕岡村俊彦著『榾火』文献社、1961年発行。著者は、陸軍軍医として、昭和12年10月から15年1月まで、中国を転戦する。
(その660・1)昭和13年9月、中国・九江?。
「(昭和13年)9月24日 曇後晴」「13時兵の作ったドラム缶の風呂に入る、書簡、小包同時に来る、羊かんはすっかり腐っていた」「慰安所開設さる、兵隊で一杯である」(110ページ)
(その660・2)昭和14年1月、中国・揚庄?。
「(昭和14年)1月31日 晴」「11時マラリア検索班解除せられ、部隊長に申告の後各軍医薬剤部将校に送られ帰隊、16キロの道で疲労す」「慰安所設置さる」(169ページ)
(その660・3)昭和14年3月、中国・安義?。
「(昭和14年)3月25日 晴後曇」「7時出発、冷たい空気が気持ちよい、部隊本部の落伍者に会う、部落に入るたびに女の悲鳴と豚、鶏の叫び声、これが戦争だと眼をつぶる。私には行軍が精一杯の力なのだ、残念だが仕方がない」(200〜201ページ)
「4月29日」(この日のことは、その378・1に既述)
(その660・4)昭和14年8月、中国・西山?。
「(昭和14年)8月4日 晴」「本日下給品羊かんあり、担架兵前のクリークをかい堀り、獲物はどじょう、うなぎ少量大山鳴動の類だった、昨日より慰安所西山に開設せられたりと」(250ページ)
(その660・5)昭和14年8月、中国・南昌。
「8月9日 晴」「岩松少尉等と食堂『みかど』に行きてのむ、『みかど』の女性なかなか愛嬌よし、久し振りに見る日本女性」(251ページ)
(その660・6)
「(日記ではなく『戦場こぼれ話』の章)慰安所(大和撫子隊)来る(と題する節)」「3里(12キロ)先に慰安所が出来『大和撫子』隊7名来たると、早速各隊で行く日をきめる。衛生隊の当日、35名の希望者に私がつき2食分けい行していく。当日は曇で今にも降りそうな空を気にしながら隊列を組み勇ましく行く。途中残敵出没するとの報に軽機1、各人銃を持って行く。慰安所は七カ所に分かれて設置され前は戸がなくむしろが下がっている。仕事にかかる前に昼食、直に各分隊毎にむしろの前に列をつくる。1名平均約5分、共同便所の感あり、それでも一同満足し帰隊。帰りは2倍の時間を要す。これを見ても男女共に暮さざるは神の摂理に反すると思った」(341〜342ページ)

〔その661〕プラムディヤ・アナンタ・トゥール著『日本軍に棄てられた少女たち・増補改訂版』コモンズ、2013年発行。同書中、内海愛子大阪経済法科大学特任教授執筆の「解説・プラムディヤの願い」の章。
(その661・1)インドネシア。
「インドネシアでは、どのくらいの少女たちが日本軍のわなに落ちたのだろうか。その正確な数はない。インドネシア、とくに東部のアンボン島、ブル島、タニンバル島などでは、『慰安婦』の『現地調達』が行われていた。本書の少女たちのようにジャワ島からわざわざ連れてくるのではなく、島の女性を強制連行し、強制使用したのである。1944年10〜11月に日本軍の虐殺があったババル島では、『長い家』と呼ばれた慰安所があった」「フローレス島には『赤い家』と呼ばれる慰安所があった」(272〜273ページ)
(その661・2)ボルネオ・バリックパパン。
「戦後、日本軍の戦争犯罪を裁いたオランダによる軍事法廷がインドネシア人『慰安婦』について取り上げた。ボルネオ島のバリックパパン法廷では、インドネシア人女性を『慰安婦』にした事件が裁かれている。『昭和17年和蘭軍投降後本人所有のバリックパパンの建物を日本軍の慰安所とし強制売淫及び婦女の誘拐をなす』との理由で、日本人石橋仲三郎が起訴された。以下は、戦前のジャワ島で教育を受け、オランダ語が堪能である、法廷通訳を務めた藤田勝氏の証言である。『蘭領東印度時代に刑務所暮らしをした経歴を持つ石橋が、なぜか軍政下で慰安所を開設していました。彼は戦前にバリックパパンに出稼ぎに来て、的屋稼業をしていた男です。1947年10月18日に起訴され、公判で10年を求刑されました。ところが、法廷は思わぬ展開になったのです』『検察側証人として出廷した3人のジャワ人女性が、「トゥアンのおかげで楽をさせてもらった」「トゥアンに助けてもらった」という証言を繰り返したのです。なかには石橋の顔を見て泣き出す者も出て、検察側の意図した虐待の立証はできませんでした』。結局、石橋は1948年2月27日に無罪判決を受けた」(274ページ)
(その661・3)ボルネオ・ポンティアナック。
「日本軍政期にポンティアナック市にいた益子恒資氏の証言によると、同市にも慰安所があった。軍政が開始されて以降、東京の吉原・浅草や横浜の遊廓経営者が軍属として派遣され、慰安所を開いていたという。そこでは、インドネシア人、中国系のインドネシア人、中国人苦力の娘たちが働かされていた」「慰安所は、軍の下士官・兵用と将校専用の三カ所と、民間人用の5〜6か所に分かれていた」(275〜276ページ)

〔その662〕開高健著『きのうの戦争きょうの戦争−開高健全対話集成5』潮出版社、1982年発行。同書中、安岡章太郎との対談。
(その662・1)神戸・福原。
「(安岡の話。昭和20年?)大阪の病院にいたとき、一人、落語家上がりの兵隊で本当に生意気な奴がいて」「福原の遊廓の女郎屋を持っていて、彼は、それが自慢でね。土蔵の中へ抱え女郎たちを閉じ込めておいたら、空襲でもってその子らがみんな焼け死んだ。お父さん、お父さんといって自分を慕ってくれたのに焼き殺して大変残念だ、ということを語って聞かせるんですが……」(185ページ)

〔その663〕北ボルネオ会編『北ボルネオ従軍記(ゴム林・ジャングル・有為転変)』北ボルネオ会、1983年発行。同書は、昭和20年1月から北ボルネオで行動した陸軍第147兵站病院関係の体験手記などを収録。
(その663・1)北ボルネオ。
「(『腹の立ったことの一つ』と題した手記)」「高級将校連中が、商売女を現地妻よろしく作戦中にもかかわらず、出張先にも連れてきていたのには、全く腹が立った。それこそ一銭五厘ではないが、兵隊は哀れなもので、年寄り部隊でも、私などはチョンガーだからまだしも、女房、子供のある兵隊が半分いたのだから酷な話である」(133ページ)
(その663・2)昭和20年、北ボルネオ。
「(『ケニンゴー患者救護所』と題した手記)」「終戦前か後か、記憶は定かでないが、慰安婦を集めミシンを置いて、シャツを縫うことになったという事で、経験のある大西が担当することになり出かけたが、自分たちは何をしていたかということは、はっきりとは知らなかった」(188ページ)
(その663・3)昭和20年12月?、ボルネオ・ゼッセルトン。
「(『ゼッセルトン地区日本人病院』と題する手記。昭和20年)11月21日に陸病の主力が到着して、12月17日には豪州軍の命令によってゼッセルトン地区日本人病院となったようです」「この病院の構成は」「看護婦は正規の赤十字派遣の看護婦が5、6名、それに軍司令部の女子職員が30名位と、他にどのような関係か知りませんが、民間の女子、芸者や慰安婦であった者が30名位、臨時看護婦として配属されておりました」(229ページ)

〔その664〕小山武夫著『補充兵記者』東京新聞出版局、1981年発行。著者は、同盟通信の記者だったが、昭和19年5月、陸軍に応召し、沖縄、同年12月、台湾に移動する。
(その664・1)昭和19年12月、沖縄・具志頭。
「冷たい雨が北の風に乗って小やみなく降っていた12月の3日、私はまったく思いがけなく漢那憲和代議士(沖縄県選出)の陣中慰問を受けた」「『海軍少将漢那憲和』という名刺が取り次がれ、私はすぐさま中隊長室で面会した」「氏は東京の私の留守宅の近況を最初に、中央の政情や戦況、軍陣生活のあれこれなどを親身に話題にしてくれたうえ、留守宅から委託された1本の万年筆を届けてくれた」「氏は持参した握り飯をしたためた後、再び雨の中を帰って行かれた」(98〜99ページ)
(その664・2)昭和20年5月、台湾・新竹。
「18尖山陣地の構築に当っている間に空襲はますます頻繁となり」「(昭和20年)5月15日の昼間爆撃で新竹市は灰燼に帰し海軍航空基地も潰滅的打撃を被った」「悲惨だったのは、私が消火班として現場にかけつけ消火救出に当たった“慰安所”付設の防空壕の惨状だった。この壕には18人の韓国人女性が避難していたが、みんな蒸し焼きになって、そのうち14名はすでに息絶えていた。あとの4名も幽かに心臓の鼓動が聞き取れただけ、意識不明だった。病院にすぐ担送された彼女らが生命をまっとうしたかどうかは知らないが、醜悪な姿となってならべられた屍体を見ては皆気がくじけた。『名誉かどうか知らんが戦死だね』『こういう女性たちにも戦死の扱いをしてやるべきだ』。兵たちはそういって、彼女らの屍に蓆をかけてやったものだった」(153〜154ページ)

〔その665〕榊山潤著『ビルマ日記』南北社、1963年発行。著者は、昭和16年12月、陸軍に徴用され、台湾、タイなどを経由して、ラングーンに到着し、航空本部報道班に勤務する。
(その665・1)昭和17年1月、台湾・屏東。
「(17年1月)4日 10時45分那覇発」「3時台湾屏東飛行場着。金城旅館に入る」「屏東は完全な灯火管制下にあった。夜、まっくらな町を一同でぶらつき、日春楼なる家にあがる。カフェーだが、お望みとあれば女給さんと二階の部屋にあがってもいいことになっている」(20ページ)
(その665・2)昭和17年5月、ビルマ・ラングーン。
「(17年)5月21日 朝、読売の小俣君来る」「小俣君すこし喋って帰る」「(同僚の平野零児との会話で部落という言葉が出る)部落というのは、最近、インセンにも出来たという、ビルマ女の売春窟のことである。新聞社の連中はすぐに探検に出かけていろいろ話もきいているが、平野も私も未だ実地には当っていない」「ラングーン市内に基督教青年会館がある。朝鮮の女子部隊が到着して、その女子部の全館が女郎屋になったのは、10日ばかり前からで、屋上から幅3尺ぐらいの長い布を垂らし、その幅いっぱい、墨色もあざやかに、『アリラン部隊来たる』と書いてある。料金は兵隊50銭、尉官1円、佐官クラスが1円50銭である。兵隊は週2日、水曜と日曜に、昼からそこへ行くことが許されていた。その最初の日には、一人の女が50人から70人を相手にした、というような話も伝わっていた」
「6月17日」「今日はヒンヅー寺院のお祭だそうで」「印度人たちの寺院詣での、何かうきうきした姿を見ているのは、楽しかった。ところがそのうち、印度人たちにまじって、異様な感じの一団が通った。憲兵が3人で、20人あまりのビルマ女を、連れて行くのである。連れて行き方が唯ごとではなかったし、女たちの様子も唯ごとでなかった。後で読売の大河内君が来ての話で、それが、近くにできた『部落』の女たちであったのが分った。憲兵がその売春窟に手入れして、女たちを何処かへ連れて行ったのである。『いけないというのかね、そういう商売が。それがいけないというなら、アリラン部隊だって、よくないじゃないか』『アリラン部隊は公許だ。女郎屋の亭主が軍と結託して、ひと儲けに乘り出して来たのだからね。ああいう私娼をバッコさせては、公許の女郎屋の亭主の儲けが、うすくなる。うすくなっては、軍として申訳がない。そこで手入れとなるのは、当然の成行だ』『女郎屋の亭主の利得を、軍が保護するということか』『しかし何も、女まで専売にしなくても、よさそうなものだがね。此処はビルマの主都だ。ビルマの女郎屋の亭主にも、すこしは儲けさせてやってもいいじゃないか。仁義としてね』」「私たちは階下で、そんなバカなお喋りをした」(194〜195ページ)

〔その666〕城戸洋著『河童憂愁―葦平と昭和史の時空』西日本新聞社、1994年発行。同書は、火野葦平資料の会の鶴島正男会長・事務局長からの聞き書き。
(その666・1)中国。
「様々なペンへの制約が生んだ困難さについて葦平は次のように書き遺しています」「葦平はさらに『戦争と性欲との問題は文学作品として大きなテーマであるのに、皇軍は戦地では女を見ても胸をドキドキさせてはいけないのである。まして現地の女との交渉などは以ての外だ』と書いています。広大な中国の麦畑の中を行軍する日本兵を描写した『麦と兵隊』。実はこのとき、日本兵にくっつくようにして従軍慰安婦も歩いていたのです。ギラギラ照りつける太陽の下で、白い手拭を頭からかぶり、埃っぽい道を行く慰安婦の姿です。後に葦平は『あれが書きたかったのだが、当時は書けなかった』と漏らしています」(122ページ)

〔その667〕新保祐司編『「海ゆかば」の昭和』イプシロン出版企画、2006年発行。同書は、インタビュー集で、そのうち、中曽根康弘の章。
(その667・1)
「(中曽根の話)昭和16年11月29日に呉を出港する前、私は巡洋艦『青葉』から転勤を命ぜられて、呉の軍港へ行って参謀長に会って挨拶したら、『お前は設営隊の主計長だ』と言われた。『設営隊というのは何ですか?』と聞くと、今度初めてできる部隊で敵の飛行場を取って味方の零戦や中型攻撃機をすぐ飛ばせるようにする部隊だ。さっそくやれ、と。すでに2000人の徴用工員が徴用されておって、それを編成することになった。出港が11月29日で、私が着任したのが19日ですから約10日間しかないわけです。その間に部隊を編成し、それからブルドーザーやセメントなど居住を作ったりするもの、飛行隊が来る前に持って行く燃料と爆弾を積んだりしてね、その間ほとんど寝ないで一生懸命やった」「最初に敵前上陸したのはフィリピンのダバオでした」
「11月29日に出航してパラオに着いたのは12月6日ですからね。戦争は12月8日から始まるのでパラオで待機しとった。その間、船の中で2000人をどう訓練していくか。4月に大学を出て、四か月間経理学校で訓練を受けて、海軍の『か』の字も、戦争の『せ』の字も知らない、本当のトーシローの中尉ですからね」
「徴用工員の『経歴帳』を調べてみると、相当な刑余者がおるわけです、昔で言えば前科者、相当な重犯の人もおった。逆に三文文士が工員で入っていたり。全国からの徴用なものだから歯医者がいたり、文学青年がいたりと、大変面白い混成部隊でしたね」
「最終的にはねえ、バリクパパン(インドネシア)へ上陸しようと私の船団が湾の中に入っていった時に、イギリスの駆逐艦だろうと思うんだが、殴り込みをかけてきたんです。こっちは駆逐艦とか軽巡などが14杯くらい湾の中にいたもんだから、撃てない。メチャクチャに暴れられて、10杯くらいそこで轟沈された。私の乗っている船の前と後、左右の4隻も轟沈されました。敵が側まで来ておったものだから私の船を副砲で撃った。そしたら船尾にあたって火事が起きた」(117〜120ページ)

〔その668〕堀慶介著『軍医のお笑い従軍記』新興医学出版社、1980年発行。著者は、昭和14年、千葉医科大学を卒業し、海軍軍医中尉に任官する。
(その668・1)昭和14年、静岡・沼津。
「(私の級の鎌神と称する男が)横須賀砲術学校での或る日、同室の連中から各々5円也の資金カンパを受けていそいそと出て行った」「(横浜のバーのマダムと)沼津の静浦ホテルの一泊旅行と相成った」「翌朝彼女とロビーへ出たら、バッタリと出合いがしらに現れたのが誰あろう、横須賀鎮守府司令長官海軍大将長谷川清その人」「直立不動で敬礼してよくよく見れば」「美妓を従兵がわりに従えているではないか。長官曰く『武士は相見たがい。お互いにだまっていよう』」(2〜3ページ)
(その668・2)昭和14年?、中国・漢口。
「漢口で私にホレて見受けまでせまった蘇州芸者のことだ。何せ中尉の月給では女一人を見越しの松にかこう様なことは不可能なので、武官府の通訳を通じておことわりしてしまったが、それ以来漢口の検番から彼女の姿は消えてしまった。それから6か月たった或る寒い暮れのことだった。私が仏蘭西租界を歩いていると、10数名の野鶏(ヤチ―と言って最下等の淫売婦のこと)が一団となって来るのに出会った。その内の一人が私の顔を見るやニコニコ笑いながら近づいて来る。よくよく見れば6か月前の姑娘だ。ヤツレはてて膚の色は悪く、すり切れた靴をはき、みすぼらしい服を身にまとっていた」「可哀想になってその連中を近くの料理屋に案内して、腹一杯食べさせて、私の持ち金を全部彼女に渡した」「女も一旦落ちだすと、トコトンまで落ちぶれてしまうものらしい」(19〜20ページ)
(その668・3)昭和17年、南方・トラック島。
「17年の初めトラック島に寄港した時」「慰安所を訪ねてみたら大モテのモテモテ。今晩映画があるから御一緒に見に行きましょうョとお誘いまで受けて、長谷川一夫のチャンバラを即席の小屋がけに見に行った。それから1か月程して、グアム島に水汲みに入港したら、例の別荘に彼女達がいた。さらに1か月後に帰るべくサイパンに立ち寄ったら、又彼女に会った。恐らく漁船程の小船に乗って、彼女達は彼女達なりの動物的直感力と情報に従って、トラック島があぶないらしいからとグアム島に逃げ、さらにサイパンへ行くのらしい」「彼女達は自主的に行動しているらしく、映画モロッコのラストシーンのように、女の強さをまざまざと見せつけられた一幕だった」(146〜147ページ)

〔その669〕橋本武彦著『累骨の谷』旺史社、1981年発行。著者は、昭和17年、久留米医専卒業後、会津若松連隊に入営、その後、第124兵站病院付軍医としてビルマ戦線に従事する。
(その669・1)昭和20年4月?、ビルマ・カロー。
「(第二野戦輸送司令部司令官の)少将の副官の某大尉が年の頃27、8位の日本女性2名をつれて(カロー)分院長のところにやってきた。しばらくカローを離れるので、帰る迄世話を頼むという、司令官からの依頼であった。私は分院長によばれた。『すまんが、この2人を10日ばかり預かってやってくれんか、遊ばしておくこともないから適当に働かせればよい!』。この戦場に、女性を連れてきていること自体が、けしからんと憤りを感じたが、命令とあらば致し方ない。炊事、洗濯までさせていたが、10日程で、また輸送司令部から迎えがきて、つれて帰って行った。この2名の女性はこのあと、サルウィン河を渡河する時、司令部の通信機2台という名目で、兵隊たちよりも早く渡河して、いずこかへ去っていったと、船舶工兵隊の連中が語っていた」「私はこの2人の女性の顔に見おぼえがあった。(昭和18年11月?)輸送船有馬山丸に一緒にのっていた、久留米の翠香園という、料亭の女の団体の中に、確かにいた女であった」(137〜140ページ)

〔その670〕花菱アチャコ著『遊芸稼人―アチャコ泣き笑い半生記』アート出版、1970年発行。
(その670・1)昭和8年、満州・綏芬河。
「昭和8年、わたしは再び満州に渡った。前回と同様、朝日新聞主催の皇軍慰問である」「ハルビンから綏芬河までは汽車である」「(車中で)わたしの向かい側にすわって(いる)」「62、3歳のおやじと視線があった。若い女3人を横に従えている」「(アチャコの知人の知り合いだった)いろいろ聞いてみると、いまは綏芬河で『国境クラブ』をやっており、連れの女3人は日本から買ってきたのだという」(151〜154ページ)
(その670・2)中国・天津。
「4回目の慰問遠征の話が持ち込まれたのは、第二次大戦にはいってからである」「(柳家三亀松と一緒に天津の街で)着いた場所は一階が百貨店、二階以上がアパートになっている『天津公司』である。二階に上がって行くと、ヒゲをはやしたオッサンが『ベッピン、ベッピン』と声をかけてきた。部屋にはいるとそこには15、6歳の女が2人いた。『なんぼや』と聞くと、指3本突き出して『サンエン』という。『3円でも5円でもかまわん。面白いやないか』――そういったかと思うと、三亀さんは金も払わずに一人をベッドに連れていった」(157〜160ページ)

〔その671〕町田敬二著『戦う文化部隊』原書房、1967年発行。著者は、昭和17年3月からジャワ派遣軍宣伝班長。
(その671・1)インドネシア・ジャワ。
「その太平ムード―もっと的確に言えばデカダンス―などジャワ島駐留部隊の生活は、ピンク・ムードを越えて聖戦を性戦化してしまい、性病は複雑多岐となり、ユーラシアン以上の混血児人口の急増を来たし、日イ双方の民族の純血は混濁しつつあった。『ジャワは天国だ』という合言葉は、こうしたデカダンスな世相を指していたもので、インドネシアにとっては、決して天国ではなかった。『オランダ300年の搾取を、日本は3年間で強行した』などの酷評はともかくも、シボられることには慣れていたジャワ人たちも、このアジアの盟主の豪遊ぶりには、小首をかしげる外はなかった」(141ページ)
「かつての大陸同様、軍の慰安所が開かれたのだ。その人肉の市には、さすがに国際色豊かなニョナン・ノナン(女性)の群像が絢爛と咲きみだれた。むくつけきサムライや蒼白きインテリーなどが、ペチャ(小馬車)を飛ばして夜の蝶を求めたことは申すまでもない。それとは別に、しかるべき婦人をオンリーさんにして、しかるべくやっていた達者なトアン・トアン(旦那衆)もいた。その中に『白馬会』というのがあった。白人の婦人を専らとするグループである。そうした或る日、Kという主計少佐が着任して軍司令官のところへ挨拶に行った。『ここは亜熱帯だから、健康に気をつけ給えよ。適当な運動をすることだね。ときに君は乗馬は好きかね?』『ハイ、大好きであります』『うむ、そりゃあよかった。軍の宣伝班には「白馬会」という乗馬クラブがあって大いにやっとるようだ』『そうでありますか。では私も会員に入れてもらってせいぜい乗ることにいたします』」「実はご両人ともその時は『白馬会』の何ものかを知っていなかった。しかしこの少佐は、のちに累進(?)して『白馬会』会長になったというから、その精進振りはあっぱれと申しあげねばなるまい」(373〜374ページ)

〔その672〕近藤芳美著『近藤芳美集・第八巻』岩波書店、2000年発行(単行本『青春の碑』垂水書房、1964年発行)。同書は、「自伝的長編小説」。
(その672・1)昭和16年、中国・武昌。
「(武昌の野戦予備病院に入院中の)或る日10人ばかりの国防婦人会の女らが、忘れられた炊事場裏の結核病棟に慰問に廻って来た。白いエプロンに白い婦人会の襷をかけてはいたが、彼女らがみな朝鮮人である事を病兵たちはすぐに気付いた。兵隊相手の売春婦らであった。彼女らは戦場のどのようなところにも来ていた。作戦で部隊が移動すれば、彼女らは真鍮の鍋と匙とわずかな所帯道具とを負い、一団となってその後に従った。前線には必ず女たちのみすぼらしい『慰安所』の小屋が建てられ、戦火がしずまると間もなく兵らのための悲しい生業が開始されていたのだった。そのような女らもたれかに強いられて街の国防婦人会に加わり、傷病兵慰問に出掛けなければならなかったのであろう。着馴れないエプロン姿にはじらうように、所在ない薄笑いを始終黄色い顔にうかべ、声一つかけるわけでもなく、彼女らはおずおずと病床の間を廻って歩いた。しかし、私たちの結核病棟を訪れてくれたのは無智なその売春婦の一行だけであった。外科の病舎なら一せいに卑猥な言葉が飛んだかもしれない。西陽のあらわな藁布団に汗の体を横たえ、患者らは不器用な彼女らの慰問の列を黙々と眼で追っていただけであった」
「(昭和16年6月頃、南京の陸軍病院への後送時、武昌の船着場)後送患者の(病院船への)乗船を岸から見送っている国防婦人会の女らの一団があった。手に手に小旗を持った襷掛けの彼女らが皆、いつか結核病棟の慰問に来た街の朝鮮人の売春婦である事に気付いたのは病兵だけだったのであろう。護岸の切石に、暑さに疲れたように並んで腰をおろし、ふしだらにエプロンの膝をひらき、その日と同じような所在ない薄笑いをうかべながら、彼女らは私たちにむかって別れの国旗を打ち振ろうとした」(474〜478ページ)

〔その673〕小原定子著『戦火の最終列車―満鉄電話交換手彷徨の記』海鳥社、1996年発行。著者は、昭和17年4月、満鉄に入社、満州・東寧で電話交換に従事する。
(その673・1)昭和20年7月、満州・東寧。
「7月初旬のある日、私は夜勤の帰途に生計所で買い物をした。11時頃にロータリーを通り」「今まで通ったことのない道に出る。迷子にならぬように周りを見ながら歩いていた。バラック建ての家の前に兵隊さんが並んでいる。何があっているのかわからないまま前を通ると、中から白衣の朝鮮の女性が飛び出してきた。その人を避けながら、側に坐っている女性を何気なく見た。するとその人は、『何を見るかあ』と奥に駆け込み、洗面器のようなものに水を入れてきて、『馬鹿野郎』と私に頭から水を掛けた。一瞬の出来事であった。周りに立っている兵隊さんたちは、黙って見ている。私は羞恥心にかられ、その場から急いで走り帰った」「あの場所をわかっていなかった私は、ただ怒りまくっていた」(105〜106ページ)
(その673・2)昭和21年?、満州・鉄嶺。
「八路軍政下の時、若い女性を供出するように民団(日本人の避難民団体)に強く言ってきた。民団も人選に困ってくじで決めることになり、芳ちゃんが当たった。芳ちゃんの泣き顔にたまらなくなった墨子姉たちは、以前花街にいた女性を捜しだし、なけなしの金を払って身代わりを頼んだ。その後、この身代わりの女性は行方知れず、帰国した話も聞かない」(175〜176ページ)

〔その674〕田尻愛義著『田尻愛義回想録』原書房、1977年発行。著者は、外交官で、昭和11年8月から上海在勤の大使館一等書記官。
(その674・1)昭和12年12月、中国・南京。
「南京入城のときの日本軍の略奪凌辱などの残虐行為は、松井石根大将に同行して、外国宣教師や教授と一緒にその防止に当った岡崎勝男君の直話によっても聞くに忍びないものがあった。また蘇州河を引揚げてくる兵隊の首には女用の狐の襟巻、腕には金時計がキラついていた。私はときどき松井さんを上海の司令部に訪ねたが、世間話が好きな枯れた人だが、政戦ともに統制力がなく、柳川軍団の過早な南京攻略を抑えられなかった」(62ページ)

〔その675〕千原繁子著『随想カルテの余白』若夏社、1978年発行。著者は、女医で、昭和3年から那覇市で小児科医院を開業する。
(その675・1)昭和20年、沖縄。
「昭和20年4月1日、米軍の沖縄上陸戦が始まった」「(首里の避難先は)元富原医院が日本軍に接収されていて、遠縁に当たる兼久楼の芳子が将校慰安所をやっていて、石穴壕もあり、井戸、野菜畑もある」「芳子は喜んで迎えて、女子供だけで心配だから 是非一緒にいてくれ、食糧も充分あるという。渡りに船ととどまることにした。女24人、芳子の家族5人が住んでいる完全壕である。目と鼻の虎頭山に布陣している砲兵隊将校の現地妻達、この人たちが食事の世話いっさいしてくれるので、これでこのまま戦争が終わるなら有りがたいなと思った。砲兵隊長は神崎大佐、次長は滝沢中佐(金沢の人)だった。将校達はチョイチョイ兵隊を使いによこして、それぞれの女達に何事かを伝えているようだった。天長節、女達はイソイソと葛餅を作り、日の丸を垂らし私が指揮官となって『今日のよき日』を合唱した。決死隊2人が葛餅を虎頭山に届けることになった。滝沢中佐の彼女、恵美子(24歳)から、空襲と艦砲が静まったら出発する2人に託する手紙の代筆を頼まれた。彼女は遊女とは思えないほど、いんぎんで親切な妓だった」「翌30日の未明に、2人の決死隊は帰って来た。中佐はローソク6本で飯盒の飯をたいていたので手伝ってあげて喜ばれた」「5月25日中佐から、『全員、南に下がって命を全うせよ」「』との伝言がきた。思い思いに出て行った壕の連中で、助かったのは10人足らず。恵美子は、どこでどうなったか不明。滝沢中佐は八重瀬山に下がってから戦死されたと聞いた」(180〜182ページ)
「余談であるが思い出すことがある。大正末頃、ほとんどの華族が株主で、島津が7割ぐらい持っていたといわれる十五銀行が、取りつけにあって破産した。漢那憲和夫人、政子さま(尚泰王8女)が『三百年来、琉球からしぼり取った富は今吐かされたのね』といわれた」(215〜216ページ)

〔その676〕鈴木勘次著『虚しき挽歌』マグブロス出版、1977年発行。著者は、海軍航空隊に入隊し、昭和20年2月?、特攻出撃のため、宇佐飛行場で待機する。
(その676・1)昭和20年、大分・宇佐。
「いざ出撃という前日に、淋しさをまぎらわせるために、一夜を小雪の降る宇佐の遊里で過ごした。そこには明日の出撃のウワサが流されていたのか、相当の尊敬と、相当の待遇を受ける身となった。少々英雄気取りで、女をはべらせ格好をつけた。美酒佳肴、刹那的気分を味わうのは死期の迫るを承知しなければならない境地か。あるいは見るも聞くも、食べるのも、すべてが珍しいなかで、通人ぶろうとする若さの虚勢であったかもしれない」「存命制限が本能的な欲望とからみ合って、新しい木の香の座敷で、夜明けをみる」(26ページ)

〔その677〕川北恵造著『揚子江―日中戦争 参戦の実録』私家版、1979年発行。著者は、昭和14年、奈良38連隊に入営後、中支戦線に従軍する。
(その677・1)昭和16年、中国・殷家ワイ。
「(殷家ワイで学友の西田少尉と話し込み、別れ際のこと)『そうだ、忘れていたが……』と彼(西田少尉)は声を落として『近く白馬が来ることになっている。目下館(やかた)を設営中だ』『ほお、それは絶好だ。共同便所なら誰憚ることなく用足しに来るか』。扉口に立って私は哄笑した。『便所箒の希望者が殺到して、殷家ワイも賑やかになるぞ』。彼も私を送り出しながら冗談口を叩いた。殺伐とした戦場にあっては、慰安婦の存在は無視できない。鬱屈した心身を適当にほぐし、時によっては心の余裕を与え、死地に投ずる勇気を与えてくれることもあろう。戦いの余暇、酒に酔い痴れ慰安婦に戯れる。そして刹那の生命の悦びにすべてを忘念する――この行為は、もとより賞揚すべきことではないが、だからといって慎みなき者と呼ばわることは不当である。むしろ自然の振る舞いだと言えるのではなかろうか。兵隊が、女達のことを共同便所だと嘲笑(わら)えば、彼女達は、男を便所の箒だとやり返す」(225〜226ページ)
(その677・2)昭和16年、中国・方村?。
「(将校用慰安所で)歌曲に聞き惚れていると、背後から女が腕を引っ張った。1、2度馴染んだ(朝鮮人?)慰安婦である。ほかにも2、3人の女達が土間に出て片岡中尉のギターに耳を傾けていた。考えて見れば、慰安婦達も哀れな存在である。若い身空で故郷を遠く離れ身に危険も多い戦場にまで来て、兵隊相手の売春行為を強いられることは、いかに経済上の事情からとはいえ可哀想であった。南京、上海などの中心的都市へ行けば、いわゆるそれを本職とする公娼が進出して商売をしていたが、現地の支那人による娼妓は別として、朝鮮から派遣されている慰安婦に関しては、その組織あるいは制度について詳知しないものの、言わば軍の必需携行品として第一線に配属されている所から見て、軍属に準ずるものとして、軍の目的達成のために貢献する所大なるものがあったと言うべきではなかろうか。私たちは、これ等女のことをおしなべて『ピー』と呼び、その建物を『ピー屋』と言ったが、朝鮮の女たちは支那の女たちと同等視されるのを嫌い、天皇陛下は同じだという表現を用いることによって、兵隊さんも私たちも同じ日本人であると、一つのプライドを固持していたようである」(276〜277ページ)

〔その678〕遠藤三郎著『日中十五年戦争と私―国賊・赤の将軍と人はいう』日中書林、1974年発行。著者は、元陸軍中将。
(その678・1)昭和12年、中国・北支。
「(野戦重砲兵第五連隊長時代[昭和12年7月〜11月]のこと)古来一般に『戦地では略奪強姦勝手次第』ということがいいふらされ、これが矯正には随分努力してきましたが、やはり十分ではありませんでした。特に虐殺と強姦は永久に取り返しのつかぬ犯罪であります故、最も厳重に注意もし取締りもして来たつもりでありましたが、遂に強姦事件一つを作ってしまったのです。動員部隊には夫婦生活に慣れた応召兵も沢山おりますことゆえ戦地における性の問題は難しい問題であり、部隊によっては慰安婦部隊を連行していったものも多いように聞きました。しかし私の連隊は中隊長以上の納得の下に断乎これを排し、清純な行動に徹しておったのですが誠に残念なことを致しました」(132ページ)

〔その679〕山本平弥著『[越中島]海軍予備士官の太平洋戦争』光人社、1989年発行。著者は、昭和18年8月、海軍に応召。終戦時海軍大尉。
(その679・1)昭和19年、インドネシア・スラバヤ。
「スラバヤは南西方面艦隊の守備範囲では、奥座敷にあたる地にあって、もっとも平和な都市である。艦隊司令部のあった期間が長かったせいか、海軍占有の料亭やバーのたぐいがいくつもあって、将官たちや佐官クラスの行く料亭と、尉官クラスが多く利用するバーなどに、おのずから分かれていたようであった。店によっては、働いている女性全員が、オランダ人や混血のハーフカッスルというのもある。独身女性もいたのであろうが、夫がオランダ軍人でジャワ島を離れている者、緒戦で夫が捕虜となり収容所にいる者など、さまざまである。戦争が女性の運命を変える冷厳な一面を、垣間見る思いであった」(120〜121ページ)

〔その680〕藤井成之編『傷痕―戦争体験記』広島県医師会、1976年発行。同書は、広島県医師会員の戦争に関する体験記集。
(その680・1)昭和13年、中国・浦口。
「(昭和12年、熊本第六師団に応召し、中支に派遣された軍医の手記)我等の病院船は、揚子江を航路とした4・500屯のもので」「揚子江上より南京攻略戦に参加、昭和12年12月下旬、南京入城となる。南京対岸浦口にて、我が部隊は病院開設、昭和13年の元旦を迎えた。南京の各城門には、尚死屍累々として門を閉ざし、死臭は鼻をついた。この時にあたり、各部隊には速やかに前進開始すべしの命令あり、捕虜の処置に困惑した部隊の処置として、所謂南京大虐殺が行われ、我々の眼前で毎日何百名もの捕虜が揚子江の藻屑と消えていった」(60ページ)
(その680・2)中国・仏山。
「南支上陸作戦の時は、第五師団軍医部に籍をおいていた(軍医の手記)」「仏山(広東西方約10里)では兵隊さんが支那の娼妓を買いに行くものがあると聞いて視察してみると、顔に癩の症候を表している妓がたくさんおり、南方では特に防疫の大切なことを痛感した」(85ページ)
(その680・3)昭和20年、アンダマン島。
「(アンダマン島の第12特根医務隊軍医の手記)20年6月頃より急に部隊内で自殺者が出始めた。精神的に追いつめられた結果と思われる。その中には心中事件も1件あった。バンブーフラットの朝、椰子林が墨絵のように朝もやに浮かぶ丘の上で銃声がしたので、何かあったと思っている所へ連絡があり、行ってみるとビルマ娘を抱いて兵隊が死んでいた。今度の戦争で海軍部隊で心中の検屍をしたのは珍しいのではないかと思う」(174〜175ページ)

〔その681〕伊藤孝治著『悲惨・テニアン島』旺史社、1990年発行。著者は、陸軍第29師団の上等兵だったが、昭和19年3月、同師団は南満州からテニアン島に派遣される。
(その681・1)昭和19年4月?、南方・テニアン島。
「(テニアンの)広い飛行場には航空隊の兵の姿は見えないが、場内に入るのははばかられるので、南側のバラックの建物に近づくと、設営隊の作業所になっていた。中をのぞくと、設営隊員と国防婦人会のたすきをかけた女性達が、赤い羊羹のようなものを紙袋に詰めていた。これはハッパ、ダイナマイトだと隊員が教えてくれた」「その隊員がそっと話したのは、この女性達は(テニアンにある)ソンソン街のパンパンだと言った。よく分らなかったが、満州でいうピイであることを知った。島に来て初めて出会った美しい女性達である」(52ページ)

〔その682〕帝国石油「南方に石油を求めて」編集委員会編『南方に石油を求めて―石油徴用者の戦争体験記』帝国石油、2001年発行。同書は、南方に徴用され、軍人、軍属ではなく、徴員と呼ばれたという帝国石油関係者の手記集。
(その682・1)ボルネオ・タラカン島。
「(昭和17年1月、ボルネオ・タラカン島に上陸した海軍・徴用者の手記)休日に警備所に名札を預けて外出しましたが、門限がありましたので遅くまで遊んではおられませんでした。街に出て食堂やバザー、商店等を見て廻りました。慰安所もありましたが、慰安婦は日本人、インドネシア人、メナード人で、病気をうつされ、それに感染してうずき苦しんだ人も何人かいました」(30ページ)
「(タラカン島の別の海軍徴用者の手記)娯楽はもっぱら将棋と囲碁でした。酒は主にチャンチューでした。慰安所は少し遠いが営業しており、慰安婦は日本人、朝鮮人、現地人(インドネシア人)等で、兵隊がよく利用していました」(33ページ)
(その682・2)ボルネオ・アンガナ。
「(昭和17年、ボルネオ・サンガサンガ・アンガナ鉱場に到着した海軍徴用者の手記)現地人の居住地入口に海軍の検問所があり、それと宿舎の中間に慰安所があり、今問題の慰安婦は台湾や朝鮮の人がいた。未成年者は立入り禁止であったが、慰安婦を巡っての兵隊と徴用の軍属の間で時々トラブルがあったのは聞いた」(78ページ)
(その682・3)ボルネオ・タンジョン。
「(昭和19年1月、ボルネオ・タンジョン鉱場に到着した海軍徴用者の手記)海軍は好き者でタンジョンでも慰安所を作りましたが、数人の現地の女性に70人の日本人では、一か月もしない内に誰も利用する人がいなくなり閉鎖となりました。立派な建物なので、空襲の時触発爆弾でやられました。トワンブッサール(大旦那)の家と思ったのだとの評判でした」(113ページ)
(その682・4)ボルネオ・セリア。
「(昭和19年末、ボルネオ・セリアに配属された陸軍徴用者の手記)軍隊のクラブである酒保には売店があって徴員もツケがきいた。ここには、コーヒーとぜんざいがあって、係員にはおばあさんの『からゆきさん』が雇われていた。その他に、今問題になっている慰安所はセリアには将校用があって、ここの慰安婦は韓国人であった。コーラブライトには、兵隊の慰安所があって、現地人の慰安婦がいた。慰安所は事務所の係に申込んで予約するようになっていたと思った。未成年者は申し込みができないし、立入り禁止であった」「海軍は慰安所として御殿のような家を建てていたために、最初にやられて、皆に笑われていたのを思い出した。いろんな職種の人が行っていたから御殿の家を建てられたのだ」(204〜205ページ)
(その682・5)スマトラ・ジャンビ。
「(昭和17年4月、スマトラ・ジャンビ油田に配属となった陸軍徴用者の手記)最近問題になっている慰安所も各地にあって、朝鮮人や支那人がいた。それも(南方燃料廠の現地組織の)庶務課の管轄であって、それは年配の人が係であって、現地人の女衒が出入りしていた。軍隊がそんな物をそろえるとは思わなかったので驚いたが、ただ中国戦線で性犯罪が多発して、現地の信用を落としたから、それの反省で作っていると聞いたことがあった。当時は日本に公娼制度があったから、どこも同じことだと思っていた、と今となっては言うしかない」(301ページ)
(その682・6)スマトラ・ドリー。
「(昭和19年4月、スマトラ・ドリーに配属された陸軍徴用者の手記)ドリーには中国人もいたし、村の入り口に事務所があり、病院もあってドクターがいた。慰安所も作ってあって、中国人の慰安婦がいた」(488ページ)「(敗戦後、スマトラ・アイルモレの?)慰安所は解散になって、慰安婦の人達もいなくなったが、中国人経営の売春宿があって、若い将校に性病が増えた。この性病は治り難かった」(490ページ)

〔その683〕関東甲信越田島隊有志の会編『今次太平洋戦争における宮古島防衛戦に参加して』有志の会、1997年発行。同書は、昭和19年9月、宮古島に派遣された独立歩兵第397大隊(田島隊)関係者の手記集。
(その683・1)昭和19年?、沖縄・宮古島。
「(田島隊副官のメモ)師団司令部からの命令受領」「軍官民一体の真意義」「酒食を共にしたり、女性と親しくしたりすることが軍民一体ではない。誤解も甚だしい。以ての他である。全て、戦闘が基準。戦闘の遂行を容易に出来るようにすることが軍民一体の基本である」「(註)当時、駐留していた軍人某が島民の女性と過ちを犯し、問題となった事件があった」(24〜25ページ)
「(田島隊見習士官の手記)終戦の詔勅が宮古島にも伝えられ、正直いって敗戦の悔しさよりも『やっと生き返った』の念が強かった。住民にとっては、それ以上の喜びであったらしく、早速、村の入口に『アメリカ軍歓迎』のアーチが建てられた。そして『やまとんちゅうの兵隊さん、負けたね』とひとごとみたいに住民から言われた時には、流石に閉口した」(51ページ)
「(田島隊第三中隊第三小隊長の手記)N氏、我々と幾つも年の違わない、美形の青年将校だった。明るく素直な人で、軍務には張り切って精励していた」「着任して間もなく、N氏は、私を将校専用の慰安所に案内してくれた」「当時、私は女性そのものに対してある一線を画しており、こういう女性に対しては複雑な思いを抱いていたので、些か迷惑な気がしないでもなかったが」「誘われるままに一緒に上った。小さな個室に案内をされると、女の人がやってきた。女は直ぐに衣服を脱ごうとし、早速事を始めるよう急かされたが、私は『まあ待て。俺は今ちょっと体の具合が悪いのだ。向こうが終るまで話でもしていよう』。女は怪訝な顔をしたが、無理にそれ以上誘うこともなく、適当に時間を過ごして帰ってきた」(80ページ)
(その683・2)昭和20年2月、沖縄・那覇。
「(那覇で宮古島行きの船待ちをしていた見習士官の手記。首里で)首尾よく肉と野菜を仕入れ夕暮れ前に那覇に帰った。自分たちで料理する気になれず、焼け跡を探したら、急造の小さな家に旅館という看板がかかっているのを発見した。玄関で声をかけると奥から白いワンピ―スを着た、どうにもこの焼け跡には不似合な色白のグラマーな若い女性が出て来た」「話はまとまり、数時間後に再訪することになった」「夕刻に玄関に立った。そして再びびっくりした。何と土間に2人分の長靴が並んでいるではないか。直立不動のまま内部をそっと見ると、玄関に続く部屋の奥で長靴の主人達は夢中で碁を打っているではないか。しかもかのグラマーさんは一方の、そして別の女性は他の将校を盛んに声援し、お互いに奥さんと呼んでいた」「彼らは飛行場勤務の大尉と中尉で、満州のハルピンから来たという」「後に現地妻の話をきき、あの2人の女性はそうだったのかと納得した」(151〜152ページ)

〔その684〕鶴来直孝編『南洋戦の記憶―偵察飛行班の太平洋戦争』桂書房、2002年発行。同書は、軍艦名取艦載の水上偵察機通信員の日記などを収録した。通信員は、昭和13年、海軍に志願し、20年1月、マニラ沖で戦死した。
(その684・1)昭和17年5月、インドネシア・タンジョンプレオク。
「(昭和17年)5月6日」「基地より外出。陸軍さんに面白い処を尋ねて行くも見当たらず。陸軍慰安所に行って、憲兵に怒られる」(92ページ)
「5月19日」「晩、タンジョンブリオクの町を散歩す。町角で、フエ、タイコ等に合せて踊子が舞っている。また彼方、此方にアヤシゲなる女が沢山おり、ひやかし廻って帰る」(95ページ)
(その684・2)昭和17年8月、スマトラ・サバン。
「8月11日」「午前1時間の散歩上陸あり。町は大したことなし。慰安所まで行くも遊ぶ暇なし。午後出港」(110ページ)
(その684・3)昭和17年8月、マレー・ペナン。
「8月13日」「午後は上規の外出、此所は人口15万位の町でバタビヤより一寸劣っているが良い処だ。支那人、印度人が多い。支那人の旅舎では姑娘を呼んで遊べるし、慰安所にも綺麗な姑娘が沢山いる」(114ページ)
(その684・4)昭和17年8月、スラバヤ。
「8月22日」「午前5時間の散歩上陸」「日本女のいる慰安所が出来ており、満員だ。大阪、神戸方面から30名来たとのこと。綺麗な女がいるが、若い女は少ない」「綺麗な看護婦数人が市中を歩き、そのあとを子供が珍しげについて歩いた。やはり日本人は一番綺麗だと思う」(120〜121ページ)
(その684・5)昭和17年9月、セレベス・マカッサル。
「9月6日」「第二慰安所に行ったが満員でつまらなかった」(126ページ)
(その684・6)昭和17年11月、アンボン。
「11月2日」「午後は1時間半の外出あり。慰安所あり遊んで来る」(137ページ)
(その684・7)昭和17年12月、ボルネオ・タラカン。
「12月21日」「散歩上陸あり。自動車で町まで約20分」「慰安所で佐々木兵曹と遊んで来る」「捕虜を最近食糧欠乏の為沢山殺し元気なのだけバリックパパンへ送ったとのこと。陸戦隊約240名を乗せ、1930出港、戦友(残留者)日本人慰安婦等、桟橋いっぱいに見送りに来て、互いに別れを惜しみ、殊に女には、涙を流しているのもあり、互いに交わす万歳万歳の歓呼の声、感激の場面であった」(153〜154ページ)

〔その685〕永倉三郎著『無我の人生―中国・ビルマ従軍編』西日本新聞社、1985年発行。同書は、昭和10年、現役召集されて以後、敗戦まで数回召集され、主計将校として、中国、満州、ビルマと戦歴を重ねた回想録。
(その685・1)昭和13年1月、佐賀。
「(陸軍佐賀臨時分院の佐賀での歓迎会席上)なかに予備役の薬剤中尉がいて、鼻っぱしの強さは驚くばかり。後に伝えられる軍人万能主義の言葉のそっくりあてはまるような軍人であったが、最初の歓迎会の終りごろとなると、接待に相つとめている芸者連中を、君はどの女、君はあの女などと割当までするので、女達はさぞや驚いたであろう。私は地元佐賀の出身ではあるし中学校、高等学校も当地なので、芸者についても少々の知識はあった。しかし私に割り当てられた芸妓は私は困りますと泣きを入れるくだりとなった。私には実家があり、そこから隊に通うのだから心配するなとなだめて帰宅したのだが、さすがの私もこれには唖然とした」(36〜37ページ)
(その685・2)昭和13年6月、中国・開封。
「(野重5連隊第一大隊時代)一夜明ければ街も平穏となっていたし、日本軍に協力する商工会も設置されるという手ばやさには感心した。そして確かその翌夜には驚くべし歓楽街たる遊廓みたいのまでが開業されたのである。のぞきに行った私達にまで勧誘の手が差しのべられたのは驚きであった」(57ページ)
(その685・3)昭和13年12月、中国・懐慶。
「昭和13年の暮れは懐慶周辺の警備を中心として比較的平穏な駐留の期間であったようである。そのことを示す1枚の演芸会のプログラムが手元に残っている。即ち『大中部隊演芸プログラム 昭和13,12,5』である」「芸題、出場隊、出場者が記載されている」「(出場隊の)中にあけぼのという出演が(芸題30のうち)4つ位あって、智江、友千代、小茶目などと書いてある。戦場最前線に女性の出演者が数名あることを不思議に思われる方もあるであろう。ここで戦場で必要であった慰安所なるものに触れねばならないだろう」「そのような設備(慰安所)を準備するのも主計の仕事とされていて、考えれば誠に因業な仕事であったのである。家を確保すること、部屋の間じきりなどお客のとれるような設備を準備すること、飲食物の補給をすることなどが歴史の中に隠された仕事であったのである。当時の日本国内でのそのような組織、習慣から考えると占領区域内に同様なものが出来ることは不思議なことではなかったろうし、また必要であったことも事実であったろう。しかし戦争中の軍の行動は完全に『秘』であったにも拘らず、駐留が少し長引くとなると部隊とつながりのある移動料飲、女性部隊が現れてくるのは不思議なことであったが、危険を冒して追及してくる商魂には驚きとむしろ敬意に似たものを感じたのである。そしてその所属の女性が演芸会などの催しものの場合に賛助出演ということになって、兵隊連中への慰問を兼ねてのサービスとなるのである」「このような慰安所、慰安婦の存在は城外に駐留する私の部隊にのみ存在したのではない。私の部隊の配属先である城内駐在の本隊地区にももちろん数カ所の慰安所が開業していて、戦闘に明け暮れる中にしばらくの休養をとる兵隊さんに心からの慰労を捧げてくれたのである。私も我が部隊から離れた城内へ同僚とともに息抜きに行くこともあった」(84〜86ページ)
(その685・4)昭和17年?、満州・城子溝。
「城子溝居住の兵隊族にとって、将校のためには偕行社という将校クラブが設置してあったが、飲食が主の設備である。兵隊のためには隊内に酒保があるだけで、酒保の開業時間は夕食後数時間、従って、遊興のためには日曜日に東寧まで出かけることとなる。しかし、兵隊、下士官ともに帰営時間があるので、往復の時間を考えると白昼の遊興というものはわびしいものであったに違いない。その点将校は割合に自由で、東寧お泊りもないではなかったが、深夜の帰営には苦労が多かった」「東寧まで出かけなければならない兵隊の不便を察してか、城子溝駅の付近に軍駐留の必需品である慰安所が出来て、日曜ごとに繁盛していたのもこのころであった」(148〜150ページ)

〔その686〕日韓共同「日本軍慰安所」宮古島調査団他編著『戦場の宮古島と「慰安所」』なんよう文庫、2009年発行。
(その686・1)沖縄・宮古島。
「沖縄戦と朝鮮人『慰安婦』(の節)」「1944年末、最終的に宮古島に駐屯した部隊は、陸軍のみでおよそ2万8000人、海軍部隊を合わせると3万人を超える強大なものとなった」「大人の男性は住民より軍人の方が多い状況が続く」「宮古島における『慰安所』は次のような3つの特徴がある。第一、宮古島における全島要塞化により、島全体に『慰安所』が分布している点。第二、島の自然環境により、『慰安所』を村はずれや、人目に触れないところに隠すことができず、『慰安婦』はむしろ住民と生活空間を共有する存在であった点。第三、日本軍が演芸会などを開催してその場に『慰安婦』を出演させていた点である」「確定できた宮古島における『慰安所』は」「(伊良部島の二カ所を含め)16カ所である」(30ページ)
「証言者の声(の章)」「野原の『慰安所』(の節の証言者)」「当時自宅のすぐそばに長い慰安所があってよく見ている。僕らは小学校5年生であったから、ここにいたのは『挺身隊』と聞いていたけど、実際は慰安婦だよね」(76ページ)
「福山の『慰安所』(の節の証言者。当時14歳?)」「私が知っているのは『台湾ピー』だけ。海軍に派遣されてまた陸軍に廻されたりして、終戦は大野越で迎えられた」「大野越に、2軒か3軒あった」「管理している男性は朝鮮人だった」(117から119ページ)
「地盛の『慰安所』(の節の証言者。兵隊にとられた地元男性)」「(所属する)中隊は慰安所を作って、中隊長は月に2回くらい慰安所に行った。200メートルくらい歩いたところにあった。そこには10名くらい女性がいた。3つ(の建物)に分かれていたから全部で30人くらいだった。全部朝鮮人で日本語が話せた」「自分は曹長だった。慰安所は戸の上に顔写真があった。行ったらずっと歩いて自分の好きな彼女を選んでお願いした。『駄目』だと言われたらできなかった。女性がイヤと言うと入れなかった。予約が入っているから難しいとかもあった。どんなことが起るか分らない。憲兵隊が必ず女性を守っていた」「慰安婦は綺麗な服を着ていた。本当に綺麗だった。当時はあまりに多くの数だから本人が希望してきたのではないかと思っていたよ」「支払いをする者もおれば、しない者もいて、私がなぜ支払われないか聞いてあげたりしたこともある」(122〜124ページ)
「下北の『慰安所』(の節の証言者)」「戦争が終わったのは8月15日でしょう。8月16日あたりにはみんないなくなったよ。アメリカが殺すからみんな船で逃げたよ」「空き家になってたら、今度はよ、大阪の女性たちが来たよ。まだ兵隊がいるからね」「大阪の女性たちは10名はいた。日本軍がみんな帰っていなくなると大阪の女性たちもいなくなったよ」(158ページ)
「伊良部・国仲の『慰安所』(の節の証言者。当時17歳?)」「朝鮮から来た女性たち」「13名、14名いた」「サックを風船かと思って、ふうふうと、遊んだこともあるね。『お前、それが何と思ってるのよ!』と、シゲヤマが怒ったよ。シゲヤマは朝鮮人男性で、慰安所を管理していたの」「シゲヤマさんが募集をして連れてきたらしい。シゲヤマさんは40後半の人でここの人たちとも親しくしていたよ」(172〜174ページ)

〔その687〕能戸英三著『郡司草』原書房、1979年発行。著者は、昭和15年、北千島要塞司令部参謀付となり、北千島各島の調査、情報収集を行なう。元陸軍大尉。北千島とは、占守島、幌筵島など。
(その687・1)北千島。
「越冬になると全北千島で居住している人が120人ぐらいになってしまう」「占守島に定住者として2家族、幌筵島に1家族である。殆ど女というものは見ることが出来ない」「2,3年後になってあまり人々の気持ちがすさむので慰問のために女性を数十人置くことになったが、しかしこの土地は日本国内であって警察の権限に属する。だが軍が駐屯し憲兵がいる。警察は殆ど会社の仕事以外にはふれまいとするんだろうが、なかなか営業の許可がない。業者は早く開業したいが許可が来ないので気をもんでいる。(幌筵島?の)海岸から司令部にゆく大きな道路がある。その南側に100メートルばかり離れた横道の倉庫に女を数十人住まわせて待機させていた。そこには道らしい道がない。司令部通りの大道から大きな橋があって、立派な道路を経て海岸に通ずるのであるが、その大通りを通らずに横道を廻り知らず知らずにその女の宿っている傍の小さな一本橋を渡らねばならぬような道の人通りがどんどん繁くなってきた。ついに1間位の道路が出来てしまった。別段営業しているわけでもないが。ただそこに女がいるというだけで大道を通らずわざわざそちらの方に足が向く。真に女というものは吸引力の強いものだということがわかる」(52〜54ページ)
「(?年)春早く、東京で全国軍司令官、参謀長会議が開かれた。そのとき北部軍司令官浜本喜三郎中将は北部軍の軍状をつまびらかに奏上した。一般の奏上が終ったのちに、陛下は特に北部軍司令官に向かって御下問になられた。『北部軍司令官、北千島の部隊はどうしているか』『はい、昨年の冬は無事に越冬致しました』『そうかそれはよかった。向こうにいる軍隊は何をもって娯楽にあてているか』『……』。軍司令官はくわしいことは判らなかった」「即時に回答ができ得ない」「一応退下した」「(調査後)再び天皇陛下に拝謁を仰せつかった。『北千島におります部隊はラジオ3台、蓄音機7台、若干の単行本をもって娯楽にあてております』と奉答した。陛下はつぶさにその状況をお聞きになったのち、お言葉を続けて『そうしたことにも手ぬかりのないように』と仰せになったそうである。軍司令官は恐懼して下がり、このことを現地のわれわれに伝達された」(67〜68ページ)
「昭和17年8月20日たまたまこの島にはじめて慰問団を派遣されることになった」「これは浜本北部軍司令官が陛下の御仁慈の御心を体して特にこの慰問団を派遣することにした」「この慰問団一行が乗船すべく小樽まで来て」「船に乗る間際になってから急に一行の団員の中2人の女性は北千島行きを停止せられ船を降ろされたという。何事がはじまったのかと思って不思議に思って尋ねると、『北千島はいままで女のいないところであった。また血気盛りの者ばかり群がっているので、そこに女の姿を見せることはかえって挑発的であり、また刺激を与えてよくないではないか、女は危険だからむしろやらんほうがよろしい』ということになったそうだ」(155〜156ページ)
「今度は(慰問団の)三回目の企てで、しかも今回は女子芸能陣をもって殆ど編成した慰問演芸団を派遣された。昭和19年9月10日(慰問団を乗せた)汽船高島丸が(幌筵島の)柏原湾に入港する」(213ページ)

〔その688〕青木正文著『歴史の一齣へ―スマラン事件・最後の証言』私家版、1995年発行。著者は、昭和17年4月からジャワ島・スマラン憲兵隊勤務。
(その688・1)昭和20年10月、ジャワ・カウリング。
「遭難者全員(下記工場の死者53人)は、昭和21年のはじめ、現地で、軍属採用願によって軍属になり、戦死扱いとなった」「第16軍参謀長による死亡証明書を附記して参考に供することとする」「事実死亡証明書」「(死亡者の)本籍地」「現住所」「所属 第16軍司令部附・陸軍臨時嘱託・無給」「死亡場所 ジャワ島スマラン州カリウング王子製紙株式会社スマラン製紙工場」「状況」「昭和20年10月10日頃より、スマラン西方約20キロカウリング所在スマラン製紙工場邦人従業員残留は、外部との連絡が絶たれ軟禁状態におかれしため、スマラン州庁及び関係者は」「スマラン市への救出移動を10月15日を期に行うべく決定手配を完了せる処、10月14日より勃発せるスマラン事件のため移動不能となり、しかして『インドネシア』過激分子及び暴徒は、スマラン事件に扇動せられ、スマランよりの退路カウリングの製紙工場を襲い、爾後日本人従業員を虐殺」(199〜200ページ)

〔その689〕軍人恩給連盟浮羽郡支部編『後に続く真の日本人へ―大東亜戦争の想い出』明窓出版、2001年発行。
(その689・1)スマトラ・ブキチンギ。
「(昭和17年からスマトラで勤務した会員の手記)日本軍が韓国をはじめアジア各国の女性を強制連行し、慰安婦にしたとして大きく非難された。しかし、真実はどうだろうか。私たちが駐留していたスマトラでも、たしかにブキチンギに慰安所があった。日本人女性10人ほどと韓国女性10人ほどがいた。恥をしのんでいえば、私も一度だけ韓国女性を買ったことがある。その女性がたどたどしい日本語で語ったところでは、『軍人相手の売店の売り子と聞かされてやって来たが、こんな仕事だった。いまはもうあきらめているし、お金になればいい』ということだった。当時、いわゆる女衒と呼ばれるその道の商売人にだまされたのだろう。軍による強制連行などではない。私の狭い見聞、体験に過ぎないが、中国の広東、マレーシア、シンガポール、インドネシアでは、現在非難されているような事実はなかったと断言できる」(200〜201ページ)
(その689・2)中国。
「(上記とは別の会員の手記)今日は岩塩を駄載して全員乗馬で宣撫工作にでた。各々部落の村長を集め岩塩を配給した。必ず敵情を報告するよう義務づけて帰還した。東門衛兵所前に2台の軍用トラックが停止していて、車上に機関銃手が一人で警戒に立っている。『おいでになったぞピーさん(従軍慰安婦)が』。分隊長が笑った。衛兵所前の通路に純白の上っぱりに、大日本国防婦人会の襷がけで、『兵隊さん御苦労様です、今日からお世話になります』と上手な日本語で出迎えてくれた。夢ではなかろうかと思った。真っ白できれいな肌、髭づら兵隊には『もったいないぞ』と誰かが言っていた。故国を離れて丸1年、纏足した老婆ばかり見てきた我等である。駐留部落全体が俄かに明るくなった。ピーさん達は大きな行李を引きずって部屋に入った。毎晩の如く銃声が起きる。ときどき夜襲戦がある此の最前線によく来られたものと感動した。中隊の木工兵が支那人の大工達を狩り集め、突貫工事で掘立て小屋の慰安所を完成させた。高い土塀の中にある表入口には諸規定諸注意の看板が立ち、中隊の会報には『桃子・春子・花子』と日本名で書かれてあった。検診書もあった」「規定 兵 17・00時迄 下士官 20・00時迄 将校 24・00時迄」「慰安所はアンぺラで仕切られていて、日曜の午後は満員で部屋の前に列をなして順番を待っていた。彼女らの食事は中隊炊事で兵隊たちと一緒であった。よく炊事場の手伝いをしていた。朝夕の挨拶も気持ちよく交わしていた。敵襲があると衛兵のトーチカに避難していた。弾丸運びをする勇敢なるピーさんもいた。一遊び1円50銭也である。一等兵俸給5円50銭、上等兵俸給7円50銭」(274〜275ページ)

〔その690〕川田文子著『インドネシアの「慰安婦」』明石書店、1997年発行。
(その690・1)昭和17年?、ボルネオ・トラワン。
「トラワンの慰安所では、軍属待遇の役所の人や電話局員なども受け入れていた。ただし、利用者は日本人に限られていた」「近くに、慰安所が出来る前から一軒の買春宿があった。そこの女たちは、ジャワ島から若い娘ばかりが(慰安所に)来て、さっぱり客足が遠のいてしまったと嘆いている、そんな噂が流れてきた」(22〜23ページ)
「(ジョグジャカルタ近郊で会った元慰安婦。トラワンにいた)痩せて、痛々しい姿でスカルリンさんは私たちの目の前に現れた」「白髪まじりの髪は乱れ、老いて衰弱してはいるが、美しい方である。慰安所では兵士たちの指名を最も多く受け、表彰される機会が最も多かったという。(慰安所管理者の)チカダは毎月皆勤賞とともに指名の多かった慰安婦にいくばくかの褒賞金をだしていたのだ。しかし、その賞は第二陣が来ると廃止された」(43ページ)
(その690・2)
「東京・池袋のエポック10で行われた『もうひとつの歴史館・松代』建設実行委員会主催の集まりに、背の高い白髪の旧軍人がみえていた。『ジャワ終戦処理記』の著者宮元静雄氏であった。私の調査報告に、軍人の立場から疑義を挟まれた」「集会の終わった後、一度じっくり話を聞きたい旨を伝えると、ちょうどNHKの取材があるから同席してはどうかとのことであった」
「(以下、宮元がNHKの取材で話した?一部)『ジャワにおいては町にパンパンがいくらもおるわけだよ。貧乏だから。それで、そういう連中を囲って、定価を決めて、軍がこれを検査して、兵隊が買いに行く。慰安所をわるいことのように(いうけど)、悪いことじゃないのよ。軍がやらせるんじゃなくて、東京の慰安所専門にやっている連中がついてくるから、その連中が金を出して、ジャカルタ、スラバヤの専門屋にやらせて、それがうまくやるわけだね』
『それは、ほめることじゃないけれど、パンパンが町におるんだから、それに正業を与えて、金を与える。日本、朝鮮から行く場合には、慰安所へ行けば親父の病気が助かるんだと、あるいは、兄ちゃんの学資ができるんだというつもりで当時は行ったわけ。親は娘に、お前はパンパンに売ったんだとはいえんわなぁ。親自身は普通の事務員で行くのか、パンパンで行くのか、金額で分かっているんだから。だから、パンパンで行った人は親のいうことを本当にして強制的にやられたんだと、こういわざるを得んわねぇ。まじめに働いたらすごく儲かって、兵隊の何倍という儲けするわけだから。僕は残念なのは、終戦になって、しこたま貯めとった金を持って帰れなかったことなんだよ。これはなんとかしてやりたいけど、どうにもならんね』
『吉原の専門屋、大阪のなんとかという専門がおって、内地は商売にならんようになった。この裏の人々が軍についていくわけです。一族郎党を連れて。朝鮮で日本が軍隊を通じて子を連れていったなんていうけど、ぜんぜんそんなことはない。朝鮮総督府というのがあるんだから。これは立派に仕事やっとったわけで、その連中が村長あたりに話すんでしょうね。村長としてみれば、貧乏というのは知っていますから、それに話して、親が納得する金額で出すわけですね。それを(連れて)朝鮮人の専門屋が現地に行く。慰安所をコントロールする専門技術がいるわけですよ。それに日本人の専門屋が金を援助する。(その日本人の専門屋が)軍司令部や部隊の主計将校のところに行って金を出してもらう、と。そういう連中が軍隊についてくる。軍としては軍の後についてくるから家を世話するとか、警備を安全にしてやるとか……』」(150〜152ページ)

〔その691〕川田文子著『皇軍慰安所の女たち』筑摩書房、1993年発行。
(その691・1)昭和19年、千葉・茂原。
「農家が点在する千葉県茂原の田園地帯に、忽然と7軒の慰安所が建てられたのは1944年秋である。(船橋の遊廓)大吉楼の主も軍(海軍?)の要請を受け、出店した」「茂原に海軍の航空基地が完成したのは1943年である」「隊員は約4000名、零戦や艦載爆撃機等約80機が常備していた」「7軒の慰安所はそれぞれ名前がついていた。(元慰安婦)タミのいたところは、大吉楼と、船橋の店の名をそのまま使った。道を挟んで大吉楼の側に4軒、向かいに3軒、東京にある遊廓洲崎から来た業者が多かった。大吉楼以外はいずれももとの店はたたんで来た。それぞれの慰安所に、6、7人ぐらいずつタミと同じぐらいの若い娘ばかりが集められた」「娘たちの多くが、茂原に来るまでは売春体験いや性体験もなかった娘たちだった」「料金は軍によって指定されたが、遊廓に比べるとだいぶ安かった。安い料金で業者が応じたのは、税金を低く押さえるか免税にするなど、なんらかの措置がとられたのだろうとタミは感じた」「慰安所はもちろん、軍人軍属以外の民間人の出入りは禁じられている。だが基地の兵隊たちの休日を知っている地元の民間人が、兵隊たちが来られない時間を見計らってこっそり入ってくる。どの慰安所でも、軍から規定された額より高い料金をとれる民間人を隠れて受け入れていた」(186〜190ページ)

〔その692〕今澤栄三郎著『徳孤ならず』日本防衛研究会、1997年発行。著者は、昭和19年、第五師団の一員として、南方・ケイ島に駐屯する。
(その692・1)昭和19年、南方・ケイ島。
「(ケイ島の)ヅラでのエピソードの一つにこんな事があった。師団司令部が各隊に対して、娯楽施設のない兵隊のため、慰安所をつくるか酒保をつくるかのアンケートをとったら、前者はゼロという数字が出たそうだ。酒保(軍隊では通常、日用品や食料品など日常必要品を売る)といってもすぐ売り切れとなるし、分散している各隊のために、ここではただの1品だけ甘味品(まんじゅう)の配給という方法がとられた。休日なんかあっても、盛り場など皆無の孤島ぐらしでは自然の成り行きであった」(47ページ)

〔その693〕秋田武彦著『南海の不沈艦・ポナペ島戦記』恒文社、1981年発行。著者は、昭和18年、歩兵第107連隊の本部付として、ポナペ島に上陸する。19年2月17日、米軍のポナペ島・コロニア町への空襲がある。
(その693・1)昭和19年、南方・ポナペ島。
「(空襲のあった日の回想。コロニアの)桟橋あたりには南洋興発の社屋や倉庫が並んでいる。そこはポナペ全域の、銀座であり新宿であり浅草でもあった。将兵たちが飲食できたり、女と遊べる料亭もあった。『銀なべ』は将校用宴会に使われ、内地から女たちがきていた。『大海楼』は下士官用の慰安婦がいた。彼女たちは沖縄の女性だった。また『清波荘』には主として兵士用の女がいて、こちらは朝鮮人の女性がいた」「私もしばしば『銀なべ』で遊んだ。ここの鰹や貝類は新鮮だったし、すしもうまい。いつか横浜からきた女が、『中尉さん、泊っていって……』とさかんに引っぱったところだった」「しかしいま、そのコロニア町には日本人はほとんどいなかった。戦局が悪化するにつれ、今年にはいってしまったのだ。残っているのは軍人と軍属とごく一部の民間の男だった」(51〜52ページ)

〔その694〕大澤重人著『泣くのはあした―従軍看護婦、95歳の歩跡』冨山房インターナショナル、2015年発行。同書は、昭和17年3月、満州・林口の陸軍病院に派遣された陸軍看護婦への聞き書き。
(その694・1)昭和17年?、満州・林口。
「林口にも売春行為を提供する慰安所があった。『どこの部隊にもありますよ。あたしゃ、行きませんでしたけどね(笑)』」「(慰安所は)部隊の周辺ではなく、林口街にあった。部隊と一線を画す必要があったのだろう。兵士は外出の許可をもらい、腕章を巻いて出かけた」「(彼女が後に行った)朝鮮国境の延吉にも、部隊とは別の街中に軍人慰安所があった。『慰安婦はほとんどが朝鮮の人じゃったかねえ。日本人の慰安婦もいて、将校や偉い人の相手と聞きました』」(82〜83ページ)

〔その695〕東京裁判資料刊行会編『東京裁判却下未提出弁護側資料・第一巻』国書刊行会、1995年発行。同書中、刊行会の小堀桂一郎代表の「緒言」の一節。
(その695・1)
「(東京裁判における)通例の戦争犯罪・残虐行為関係」「この争点での最大の話題はもちろん南京事件であるが、これについては単行の専門的研究書が何点も公刊されている次第であり、此処で触れる必要もあるまい。それに何といってもあれは検察側が『言いたい放題』の怪し気な証人を大量に繰り出して、法廷現場で捏造した元来虚構の事件である。存在しない事件に関してはそれを反駁立証するべき証拠も有り得ない道理である。この事件に関する反証書類は元来少ないので従って却下・未提出の件数も有名な争点のわりにはわづか4点づつしかない」(26ページ)

〔その696〕木村園江著『花と星と海と―四ケ所ヨシの歳月』芙蓉会、1996年発行。同書中、ベテラン看護婦・四ケ所ヨシが、昭和17年5月、ジャワ派遣第16軍所属の1602部隊四ケ所隊(従軍看護婦とタイピストの編成)隊長(監督兼婦長)として、ジャカルタ病院で勤務したときの節。
(その696・1)インドネシア・ジャカルタ。
「(ジャカルタ病院の)看護婦は、慰安婦の診療も行った。梅毒が広がらないようにするための検梅である。日本からは大阪の花柳界の女性たちが来ていた」(190ページ)
「(昭和20年)5月のある夜、ヨシは軍政監部総務部長の西村少将の官舎に呼ばれる」「部屋に入ると」「(西村は)静かな調子で語り始めた。『四ケ所さん、現在ジャワにいるすべての日本女性を無事に故国へ帰したいんです』。ヨシははっと胸を突かれる。『いったい、女性は何歳くらいまで子供が産めますか』『そう、まあ45歳までは可能でしょう』『今ジャワで働いている女性たちは皆若い。ぜひその人たちに、日本へ戻ってこれからの日本国民を産み育ててほしいんです。自分たちは軍人ですから、死に臨んでの覚悟はもとよりできています。しかし女性たちは一人残らず生きて日本へ帰ってもらいたい、その全権をあなたに託したいのだ』」「商社のタイピストや学校教員、商店やデパートの店員、薬剤師その他数百名を越す女性たちを、いかに安全に母国へ連れ帰るか。そのときヨシの胸中に、英国のクイーンを会長に頂く万国赤十字社の規定が思い浮かんだ。『閣下、全員を大急ぎで看護婦に養成しましょう。規約の2条に“看護に当たる人員、資材、施設は中立として保護すること”とあるのですから』『よし、それでいこう。あなたに任せる』。ヨシは我が身に託された責務をずしりと抱えて、自分の宿舎に戻った。その後軍政監令が出て、ジャカルタの日本女性に看護教育を行うことになる」「ちょうど一か月間で、すべての教育を完了した。7月22日、軍医部から看護婦の免状が授与され、四ケ所隊の看護婦は総勢560名の大所帯となる」「この女性たちが、後にポツダム看護婦と呼ばれる」(200〜204ページ)

〔その697〕増子吉太郎著『想い出遙か中支戦線』創栄出版、1987年発行。著者は、昭和12年11月、若松29連隊の一員として、中国に派遣され、上海戦、南京戦を戦う。
(その697・1)昭和12年12月、中国・南京。
「ある日の夕方、突然部隊本部からの命令があった。昨夜、夜半に支那軍の捕虜が突然捕虜収容所に放火して脱走を企てた。これらの捕虜を処刑する。各小隊より20名ずつ兵を出すように。但し差し出す兵は強制ではなく希望者のみとする事という命令だった。当時の軍命令としては異例の命令だった」「(処刑に参加した)上海戦生き残りの宮田最古参一等兵が、重い口を開いて昨日の状況を話した処によると、次の通りになる。南京城内にある捕虜収容所に行くと、バラック建ての収容所がある。数万名の捕虜がいるとの事だった。その中から一か中隊、20名ずつの捕虜を後ろ手に縛り、更に長い縄で数珠つなぎにして一列に並べた。点呼を取る。そして一人一人の身体検査をする。所持品(時計、万年筆、財布等々)他に指輪なども何でも身に付けている物は全部取り上げる。この品物は検査して取り上げた者に全部呉れてやるから持って行け、と言われた」「『捕虜の処刑はどんな事をしてやるのか』と聞くと宮田一等兵は、『大きな声では言えないが』と前置きして、『実は処刑の場所は揚子江の河岸だ。江の土手に処刑兵を一列に並ばせる。50米程の距離を置いて重機関銃を左右に据える。一斉射撃をして殺してしまう。揚子江の川中には味方の海軍の駆逐艦が2隻待機している。射撃が始まると、サーチライトで一斉に岸部を照らす。一人も逃がさないように明るくする。処刑の応援をしているのだ。一人も逃がさず処刑が終ると今度は俺達の出番。射殺した捕虜の死骸を揚子江の川の中に投げ込む。直接手をくだす訳でないから平気さ。上海戦で戦死した戦友達の敵を討ったつもりなら戦友達の霊も慰められるだろうから、俺は毎晩行くよ』と言った」「上海戦の戦闘では、我が両角部隊は全兵力の3分の2を失ってしまった程の激戦だった」「最後の頃になって捕虜達も最後の抵抗を試みる。銃で射撃された際、命中しなくても、命中したふりをする。地面に倒れ、日本兵が死んだと思って、油断して川に投げ入れに来た時、突然起き上がる。いっしょに川の中に日本兵を抱き込んだまま飛び込む。抱き合い心中のような格好で殺された日本兵もいた。それからは銃で射って皆倒れたら、今度は死体の上から石油を掛けて火をつけて生死を確かめた。死んでいればそのまま動かないが、生きていれば熱い火の海にはいられない。堪えかねて飛び起きる。逃げる所を射殺するわけだ」(62〜65ページ)

〔その698〕杉山四郎著『語り継ぐ民衆史』北海道出版企画センター、1993年発行。
(その698・1)
「赤平における朝鮮人炭鉱労働者(の章)」「(昭和電工豊里鉱の労務課に昭和12年から勤務した)中口さんの(話)『会社が業者を入れておこなわせた慰安所がありました。場所は豊山寮のそばで、朝鮮の女10人ほどを集めての商売でした』」(203ページ)
「芦別における朝鮮人炭鉱労働者(の章)」「(昭和18年から三井芦別鉱で坑内作業をした在日朝鮮人の男性の話)『会社が作った慰安所が川向いにありました。慰安婦は5人ほどいたと思います。全部朝鮮の女です。稼ぎのいい坑夫には割引券が出ました。稼ぎがいいとは、たとえば一か月休まず働くことをいいます。でもこれも当てにはできませんでした。出たり出なかったりです。割引券は1円の値打ちがありました。慰安婦を1回抱くのに6円です。私は3回ほど行きました。芦別の町の中にも何回か出かけました。町の女は病気持ちが多くて、病気を移された仲間もいました。慰安所での話ですが、ある時なんか、朝から会社のえらい連中が女を上げて酒盛りをしていました。えらい連中は、5人のうち自分の気に入った女を独占していましたよ』」「(三井芦別鉱の労務課に勤務していた男性の話)『芦別の町の中に、民間人の経営する慰安所がありました。南2条東1丁目のところです。朝鮮人の慰安婦を置いていたんです。その関係から朝鮮人がいつも出入りしていました。炭鉱でも、東頼城に慰安所を作りました。慰安婦が7、8人いたと思います。経営は民間人に委ねていましたが』」(259〜264ページ)

〔その699〕松田光春編『東鷹栖出征兵士の従軍録―森山正孝伍長支那事変陣中日誌』私家版、2012年発行。森山は、昭和12年7月、歩兵第28連隊の一員として、中国に派遣される。唐官屯に駐屯していたころの話。総站は天津にある?
(その699・1)昭和13年5月、中国・総站。
「(昭和13年)5月29日」「午後 外出す」「(総站に行き)『憩ノ家』日本基督教会の慰安場に至り茶を馳走になり蓄音機聞く。散髪す(無料)、入浴、ピンポン等の設備あり」(296ページ)

〔その700〕河野誠著『赤道直下の血涙』心交社、1987年発行。著者は、昭和6年、朝鮮龍山歩兵78連隊入営。旭川憲兵隊副官から、昭和19年、スマトラ憲兵隊パレンバン憲兵分隊附、ブキチンギ憲兵分隊長、パカンバル憲兵分隊長を歴任。終戦時、憲兵大尉、スマトラ憲兵隊本部特高主任。
(その700・1)昭和19年3月、フィリピン・マニラ。
「今日の宴会場である料亭巌松に案内された。玄関の外にいきな姐さん達が夕涼みしながら客待ちをしており、一瞬内地に戻った様な錯覚をおぼえた。この建物は洋館だが、内部は座敷に改装されており、久しぶりの畳の部屋の様な気がするが、よく考えてみると今朝まで台北の旅館の日本間に居たのだ」「芸者の中に一人、旭川から来た姐さんがいて、しきりに旭川の話を聞きたがるので『内地はもうそろそろ芸者は禁止になると言う話だよ』と言ったら、びっくりして『もう内地には帰れないわ』と嘆いていた」(44〜45ページ)
(その700・2)昭和19年、インドネシア・パレンバン。
「P屋(女郎屋)は軍指定で、われわれの取締りの対象」「パレンバンには朝鮮P屋が第一明月から曙荘まで7軒あり、女性は約200人近くいた。みな若く日本語はペラペラで日本の歌も上手で美人が多く、中にはこんな人がと思うぐらい教養のある女性もいた。みんな故国をはなれ、遠い異郷で働く可憐な女達である。芸者は『新大阪』『征空荘』に20人ぐらいいるが、みな年増が多く本当の芸者は少なく、ここは将校専用なのか、おたかくとまっていて好意は持てなかった。ここのP屋で1日30人の兵隊の客をとり、師団長から表彰されたという女性がいた。どうしてそんなに相手が出来るのかと聞いて見ると『兵隊はみな長く女に接しておらず、餓えているので、女体に触れただけで射精をしてしまう人が多く、30人ぐらい出来ますよ』と言う」(82ページ)
(その700・3)昭和19年7月、インドネシア・ブキチンギ。
「(分隊長就任の)挨拶回りを終わり、次に市内のホテル、旅館、食堂、飲み屋、P屋、映画館、料亭等を一通り見て回った。軍政だから内地の警察の様な仕事もしなければならない。料亭治作は大阪出身、立花は九州組でそれぞれ芸者が20人ぐらい居て張りあっている。新任分隊長なので双方の仲居が女を取り持とうとしたが、いやしくも軍紀風紀取締りの分隊長が女を持ったら思い切った取締りが出来ない」「料亭治作と立花は将校同相当官、商社の指定された者しか利用できないが、将校も私服で行くから見分けがつかず、とくに商社の方が金使いが荒く、料亭の方も儲かるので、もぐりを入れて闇商売をやっているようだ」(133ページ)
「紅娼君は(治作と立花の)2店で50人ぐらいおり、九州と大阪の女が多かった。1人の女に数人の男がつき、さや当てが時どきあり、それも高級将校に多かったのは、われわれの眉をひそませるものがあった。この決戦下このスマトラに、いつ敵が上陸するか分らないのに、この道ばかりは別であった。彼女らも軍属なので勝手に旅行は出来ない。しかし、男と女だから恋に狂う者が出て来ても不思議はない。転任する男をパカンバルまで追い同地憲兵隊から送還され、分隊に留置したこともある」「芸者は大勢いたが、本当の芸者はほんの少数で、これらの人は皆三味も踊りも唄もさすがに本格的に訓練されているので立派なものだった。立花に『富香』という若い芸者がいた。博多の中洲検番から来た妓で年も20歳、丸顔色白の美人で愛くるしくブキチンギのピカ一であった」「美人薄命、終戦後、軍はブキチンギよりパヤクンブに疎開し、彼女(富香)はそこの陸軍病院で死んだ。まだ22歳の若さであった」「ブキチンギには将校用、下士官用にたくさんのP屋があり、インドネシア、支那人、インド人のたくさんの女が居た。その他に『ジャランプロンパン』と称する密淫が多かった。ジャランは歩く、プロンパンは女の事で、日本流の『夜たか』『辻君』である」「(この密淫狩りをやったところ)高級将校、同相当官の官舎のバブ(女中)の中にこのジャランプロンパンをやって居る者が多く、取調べて見ると、みなそのトワン(旦那)と関係がある事が分か(った)」(150〜152ページ)
(その700・4)昭和20年1月?、インドネシア・パカンバル。
「(パカンバルは港町だが)或る日、転進中の某歩兵連隊の副官が折入って相談があると言って分隊にやって来た。会って話を聞いてみると、この連隊はパダン市近くの山の中に駐屯していた。ところが山の中で兵隊の慰安所が無かったので連隊長のお声がかりで、現地人の慰安婦十数人を集めて山の中で慰安所を開設していたのだが、今回の突然の転進命令でこの女達も連れてここまで来たが、この女達の乗船を許可してもらえないか、と言う話であった」「馬鹿な事を言うなと其の副官を追い返した」「ところが翌日、またその副官がやって来て『連隊長殿がもう一度お願いして来い』と言われて来ました。乗船時、貴官の部下に見咎められて、まずければ、女にはみな兵隊の服を着せ男装して隊伍の中に入れて分らぬようにするから分隊長が黙認してもらいたいと、ヌケヌケと言うのである」「もしそんな事をしたら偽せ兵隊として逮捕する。いったい貴隊には防諜心はないのか。女達は置いて行きなさい」「とどやしつけてやったら這い這いの態で帰って行った。全く呆れ果てた副官だ」「部隊が出て行った後、その女達がションボリ残っていた」(236ページ)
「このころ支那人の若い娘が昭南からP屋に売られて来たが、腹に子供がいるので、どうしても客を取らないと泣いているのを遊びに行った下士官が拾って分隊に連れて来たが、いつの間にか分隊のバブになっていた。本人もそれを恩にきてよく働いた」「彼女はなかなか良かったが、間もなく出産のため辞めてしまった」(248ページ)

(2016年5月2日・最新更新)


ニッポンリポート・ファイル一覧

ご意見などは tetuh@mbj.nifty.com へ

SAKUMA TETSU
フリーライター
著書[恐るべき証人][検死解剖マニュアル][拳銃天国ニッポン]など