佐久間 哲
ニッポンリポート


従軍慰安婦を調べる 編

従軍慰安婦の体験談等メモ・15



〔その701〕岩崎稔著『或る戦いの軌跡―岩崎昌治陣中書簡より』近代文芸社、1995年発行。岩崎昌治は、昭和12年9月、近衛工兵連隊小池部隊林隊に属し、上海に上陸、南京攻略に従う。
(その701・1)昭和12年12月、中国・南京。
「(昌治の12月17日付封書)南京の下関駅を工兵隊が占領したのが14日未明です。時に敗残兵約800名位我等工兵の手で揚子江の川べりで銃殺しました。人を殺して居るのか、竹でも河に流す気か自分でもわからないほどでした。本日(17日午後2時30分)は午前中付近を巡察して午後は休養して居ります。支那兵を陸上で殺したのを一カ所にあつめて石油をかけて燃やして居ります。丁度相川小学校位の広場は支那人の死体で二重三重になって居ります。今日は南京の入城式です。自分は参加出来ない(中隊で将校1・兵12名だけです)のです。其の為に昨夜城内に居った支那人を約2000名ばかり集めて本日の未明全部殺してしまったのです。揚子江の河べりだけでも約5000名位の死体がごろごろして居ります。海にいる魚で『イルカ』と言うのが死体を食いにどんどん上がって来ます」「時々ドーンドーンと音のするのはまだ殺し切れぬ敗残兵を殺して居る音です。死体を焼いて居る一種別な悪い臭いが時々風の吹き回してやって来ます」(74〜75ページ)

〔その702〕讃岐章男著『広野の戦場』第一出版、1986年発行。著者は、昭和17年2月、徳島143連隊に入隊し、その後、235連隊に転属。中国各地を転戦。21年5月、兵長で除隊。
(その702・1)中国・新開塘。
「湖北省咸寧県横溝橋に慰安所があったかどうかは外出をしたことがないので知らない。咸寧市も私は知らない。警備地区交代で岳陽県新開塘で勤務することになった」「ある日曜日」「(2年間外出していなかったので)上官の命令で強制外出となった。私は5分もかからない国道まで行って引き返そうと思っていた。国道まで出てみると、左前方に兵50名ほどが列をつくっていて、その中に同年兵がいたので、どうして並んでいるのか聞いたが、みな妙な笑い方をして答えない。ずんずん先へ歩いて行くと、その列は家の中まで続いていて混み合った中をなおも先へ行くと、各室ともドアは無い。先頭のところでゲートルを巻いたままズボンを降ろし、下半身を露出させた兵が3名いる。その前方を見て気が仰天した。見えたのは若い女が股を拡げ寝台より両脚を垂らし、兵がそのうえに被さって激しく上下運動をしている姿であった。このような情景を見るのは初めてであった」「各部屋とも同じで大勢注視の中を平然と上下運動を続けていた。その上、次の番の者が『早くやれ』とやっている者の尻を軍靴でけっている。乗っている者はそのまま振りむいて、『ほない早よう出来るか』と言いながら続けていた。終わったと見るや、次の者は前者を両手で払いのけると、もう乗っていた」「山岡曹長から帽子を慰安所に忘れたので、持ち帰ってくれといわれた。兵達は勤務中のため慰安所は静かで各部屋の姑娘達はねそべっていた」(94〜95ページ)
(その702・2)
「戦場では住民のほとんどは逃げているが、たまに家のなかに残っている者もいる。殺気立っている集団は何をするか判らないから、これほど危険なことはない」「寝たきり老人の寝台の下へ、燃えさかる藁を押し込めている日本兵を二度も見た。通行中の住民を呼び寄せては絞殺し、毎日5、6人殺さんと飯が美味くないといい実行していた兵もいる。またある兵は強姦の最中に女の脇腹へ剣を突っ込むと面白いから、試しにやって見いと得意気に行軍中の私に話したことがある」「湘郷では、連隊本部のすぐ近くの家の土間で、一糸まとわぬ年若い女が2人うつ伏せで死んでいた」(120〜121ページ)
「我が隊の行軍中の列の中に、軍服に身を包んだ若い女が大分いた。しかし、女達はわが軍とは全く無関係の人達であった。それはどういうことかというと、いつからか、我が軍に帰順している支那将兵達が、行く道々で気に入った娘や強姦の末引っ張って来たのやらを連れて歩いているのであった。女たちは20歳前後で、最初はそれぞれ普段着だったが、いつの日かに軍服になっていたのである」(150〜151ページ)
(その702・3)昭和20年1月、中国・広東。
「大通りをあてもなく歩いた。日本人らしい通行中の女学生に道を聞こうとしたのは以西上等兵である。女学生は自転車から降り質問に答えようとした。初めて来たのに何を聞くのだろうと私も興味を持った。以西上等兵は『どこに慰安所があるか知らんか』と聞いた。女学生は『私はそんな所知りません』と言い、顔を赤く染めたので、どんな所であるかぐらい知っているなと直感した。女学生は急いで自転車に乗ると街の中へ消えた」(190〜191ページ)
(その702・4)
「広東省内にて」「今日は雨降り外出しましょ どうせ桜と散る身なら、お酒飲みましょ ピイ買いしましょ 儘よ財布の底たたけ(ピイとは女陰の支那語)」「20年頃(聞いた歌)」(277ページ)

〔その703〕曽根賢二著『燃える軍港―ありのままのラバウル戦記』学苑社、1986年発行。著者は、元第八方面軍電報(暗号)班員、陸軍伍長。昭和18年9月、ニューブリテン島に上陸する。
(その703・1)昭和19年3月、南方・ラバウル。
「(昭和19年)3月はじめ、高橋速射砲小隊は赤根岬方面で演習をした」「射撃訓練が終って休憩。4、5人連れだってパパイヤ探しに出かけた。行くほどに下草がぼうぼうと茂っている。かき分けながら進んでいくと、行く手になまこのような灰色の構築物が見えた。近づくとコンクリートの建物で、前へ回ると内部は1メートル間隔に仕切られている。『なんだ、馬房じゃないか』と私。『赤根荘だろう』と小島。『赤根荘?』『ピー屋じゃが』『へぇー、これがか?』『そうよ、白馬がいたはずだが、とうに引き揚げてしまったんさ』。なるほど爆撃下の慰安所とあれば、ぺトン造りもムリではない」(129〜130ページ)

〔その704〕ブランドン・パーマー著『検証日本統治下朝鮮の戦時動員1937―1945』草思社、2014年発行。
(その704・1)
「サンフランシスコ州立大学の人類学教授、C・サラ・ソウ女史は」「慰安婦問題を非常に公正かつ広範に調査しており、これまでに優に百名を超す元慰安婦にインタビューしてきた。彼女はこのうちの“わずかに2名”が元女子挺身隊の隊員だったと記している。要するに、挺身隊と軍慰安所との関係は極めて弱いということである」(272ページ)

〔その705〕村上薫編『私たちの昭和史』サイマル出版会、1985年発行。同書中、「豪快一代記」と題する桧垣徳太郎の手記。
(その705・1)昭和17年6月。
「(農林省から海軍にはいり、海軍経理学校で)五か月の訓練を終えてフィリピンの第三南遣艦隊司令部付として赴任することになりましたが、その途中、呉から香港まで、輸送船千早丸の輸送指揮官を命じられました。張り切って乗り込んだら、慰安婦がたくさん便乗していたので、悩まされました。香港からは鎌倉丸で機雷の危険を冒しながらマニラに赴任しました。昭和17年6月でした」(70ページ)

〔その706〕青山学院大学プロジェクト95編『青山学院と出陣学徒』私家版、1995年発行。同書中、「私の戦後処理」と題する同大OB永瀬隆へのインタビュー。永瀬は太平洋戦争勃発とともに、志願して陸軍通訳となる。
(その706・1)シンガポール。
「――出征先で慰安婦に出会うことはありましたか。
永瀬 はい。私が第三航空軍燃料補給廠の通訳としてシンガポールのプラカンマチという島に行っていたある日、14、5人の朝鮮人の女の子が慰安婦としてそこに連れてこられました。すると、隊長は私に彼女たちに日本語を教えろと言うのです。日本語を知らないと、日本軍が困るからです。そこで私は朝鮮人の慰安婦に日本語を3回くらい教えましたが、彼女たちは私が兵隊ではないのを知っていたので、本当のことを話してくれました。『通訳さん、実は私たちは国を出るとき、シンガポールの食堂でウエイトレスをやれと言われました。そのときにもらった100円は、家族にやって出てきました。そして、シンガポールに着いたら、慰安婦になれと言われたのです』。彼女たちは私にとりすがるように言いました。しかし、私は一介の通訳として軍の権力に反することは何もできません。彼女たちが気の毒で、なにもそんな嘘までついて連れてこなくてもいいのにと思いました。やがて慰安婦たちが商売をする慰安所ができたのですが、その慰安所が始まる前に、小太りの隊長が毎晩彼女たち一人ひとりを試しているのを聞かされました」(218ページ)

〔その707〕富沢繁著『女たちの戦場よもやま物語』光人社、1988年発行。著者は、昭和17年、現役兵として滋賀の第八航空教育隊に入隊。その後、台北の松山飛行場、埼玉の児玉飛行場などを転戦する。
(その707・1)台湾・台北?。
「『優待券』……軍隊経験がある人なら、だれでも懐かしく想い出すものだと思う。つまり、慰安所の割引券である。私がはじめてこの券を手にしたのは、台湾で勤務していたときのことであった」「当時、飛行場の酒保では、バナナ1房が5銭で買えた。町の喫茶店のコーヒー(といっても、大豆の代用品だったが)1杯が10銭、映画館の入場料は軍人割引で15銭だった。そして、慰安所の兵隊料金は1円だったが、優待券を持参すると、半額で遊べる寸法になっていた」(161ページ)

〔その708〕鄭清正著『怨と恨と故国と―わが子に綴る在日朝鮮人の記録』日本エディタースクール、1984年発行。著者は、昭和16年2月、福岡の吉隈炭鉱に強制連行されたが、逃亡を企て、各地を放浪するうちに20年8月を迎える。
(その708・1)昭和16年?、福岡。
「当時の私たちにとって娯楽といえば、日曜日に観る映画ぐらいなものでした。日曜日にしかやっていませんでしたから、きっと強制連行されてきた私たちのためだけのものだったのでしょう」「そんなある日のことです。ちょうど土曜日で仕事も早く終わった夕方でした。同じ部屋にいる友人が散歩に出よう、と私を誘うのでした」「日曜日でもない日に何をしに行くのだろうと、いぶかりながらも出かけることにしました」「30分ほども歩いたでしょうか。つきあたった路を左に折れると、家が何軒も立ち並んでいました」「ある家の前まで来たときに、家の中から大きな体つきをした男が一人出て来たかと思うと、後ろから朝鮮の民族衣装であるチマ・チョゴリを着た若い女が出て来たのです。そして、たどたどしい日本語で、『マタ、キテクダサイネ』といって、先の男に別れの挨拶をするのでした。私が異様な光景に驚いてあたりを見まわしますと、電柱の陰から、『アジェッシィ(おじさん)、ヨッテラッシャイヨ』と私に声をかけるのでした。あきらかにそれは朝鮮語の呼びかけだったのです。『アジェッシィ』と呼ばれても、私はまだ18歳でしたから、何ともくすぐったいような気持となって、一緒に来た友人をさがしたのですが、友人の姿はもう見えなくて私ひとりとなっていました」「恥ずかしさでその場を逃げるように立ち去ろうとしたのです。路の両側には何本もの電柱が建っていて、その電柱の陰に女が1人、2人と立っているのでした。どの女もみなチマ・チョゴリなのです。私はその時はじめて、日本に強制連行されて来たのは私たち男だけでなく、女たちもまた強制的に連れて来られたのだということに気がつきました」「男は危険な坑内で働かされ、女は男の慰みものにされているのでした」(85〜87ページ)

〔その709〕マルゲリート・ハーマー著『折られた花―日本軍「慰安婦」とされたオランダ人女性たちの声』新教出版社、2013年発行。
(その709・1)昭和19年2月、インドネシア・スラマン。
「(エルナは父親が日本軍捕虜となり、母親とジャワ・アンバラワの抑留所で暮らす。20歳?だった)1944年2月のある日のこと、抑留所の上の人から、17歳から28歳までの未婚女性は整列するようにとの命令が出た」「(2回の屈辱的な検査のあと)エルナを含む10人が後に残され」「これから煙草製造会社で働くんだ、食事もぐっと良くなると言われたが、だれひとりとして信用しなかった。抑留所のリーダーたちや母親たちが、娘たちを連れていかないでくれと懇願しても、日本兵たちは少女たちを力づくで引っぱっていった」
「少女たちはトラックでスラマンへ連れていかれた。とある大きい建物の前にトラックは停まった。少女たちはその建物に押し込まれたが、そこにはもっと多くの少女や若い女性たちがいた。日本人の将校が彼女たちになにかの書類に署名させようとしたが、全部日本語で書いてあり、彼女たちには読めなかった。署名を拒もうとすると力づくで署名させられた」「その書類には『自由意志でやります』ということが書いてあったらしいとあとでわかった。この強制署名手続きが終わると、彼女らは少数のグループに分けられ、スラマンにある売春宿として準備されていた建物へ連れていかれた」「(日本人医師の性病検査の後)『ママさん』という世話役の日本人女性が」「彼女たちになにが待っているかを彼女は話して聞かせた。『あんたたちのところには明日から兵隊さんたちが大勢やってくるの。兵隊さんたちにご奉仕して、喜ばせて優しくしてあげるのよ』」「(ママさんの話の後)彼女たちはひとりひとり日本名をつけられ、その名前がそれぞれの部屋のドアの外に書かれた」「だれひとりこれまでに性体験はなかった」「周りに塀を張りめぐらした建物からの逃亡は不可能だった。見はりはとても厳重だった」
「その夕方、彼女たちは完全に度肝を抜かれた。全員が特別の『お客』の相手をしなければならないというのだ。エルナのところに来た『お客』は日本軍将校だった」「むりやり処女を奪った。他の少女たちも将校が『お客』だったことはあとでわかった。その晩、彼女たちを検診した医者と売春宿の経営者までが彼女たちを犯した」「(翌日から)来る日も来る日も確実に20人くらいの兵士たちに犯された」
「約二か月が経った頃、突然すべてが終わった。売春宿はある日突然閉鎖された。抑留所から強制連行された少女の母親が、日本軍高級将校に通報する機会を得たのだ。その将校はただちに行動を開始し、その結果、各地の抑留所から連行された少女たちのいる売春宿は即刻閉鎖との命令が東京から届いた。女性を抑留所から連れ出し、性的に乱用することは戦争法規に反し、ジュネーブ条約違反だった」(34〜39ページ)
(その709・2)インドネシア・バタビア。
「(リアの父親は日本軍捕虜となり、母親と抑留所にいたが)リアは13歳になったばかりだった。(40人の)他の子たちはみな少し年上だった。彼女たちは(その抑留所から)またもやトラックに乗せられて、日本軍の兵営らしいところへ連れていかれた。兵営はバタビアのトサリ通りに面していた。そこにはいくつかの兵舎があり、南方航空隊の将校と兵士たちが宿営していた。少女たちは各兵舎に8人ずつ分散させられ、日本軍兵士の世話を強制された。この『世話』は、はじめのうちは掃除、洗濯、アイロンがけなどのような家事で、規律は厳しかった。食事はとても粗末で、わずかばかりのご飯と汁が主だった」「彼女らはうすっぺらなマットを敷いた小さい部屋をあてがわれた。ほどなくして、彼女たちがこの兵舎に連れてこられた主目的は家事でないことがわかった。ある日、リアは廊下を掃除していた。そこへ数名の兵士が現れた」「(彼女の部屋に連れ込み)彼らは代わる代わる彼女を犯した。他の少女たちも同じ目に遭わされた。その日から、彼女たちは毎日何度も犯された」(73〜74ページ)
(その709・3)昭和18年、インドネシア・スラバヤ。
「(スラバヤの母親の家に住んでいたノールチェはインドウで幼い男の子がいた。オランダ人の夫は日本軍捕虜だった)1943年のある日のこと、トラックが(ノールチェの住んでいる)部落に停まった。兵士数人を連れた日本軍将校が車から降り立った。将校は、女性は全員集合すべしと大声で命令した」「日本兵たちは女目当てに部落中をまわった」「こうして徴用された少女たちはみんなスラバヤの将校用ホテルに連行され、そこで仕事に就かされた。彼女たちははじめのうち、せいぜい食堂で日本人将校たちに食事を出したりバーで給仕したりするぐらいだろうと願っていた。しかしほどなく、彼女たちは日本の軍人たちの性的な世話もさせられることがわかった。ホテルは四方厳重に監視されていた」「戦争末期、ずいぶん若い兵士たちがやってきて、最後の晩をホテルで過ごした。神風特攻隊員だった。彼らは彼女の部屋に入ってくるやいなや、寝床の端に座ってオイオイ泣き出した。『どうしたの?』とノールチェは尋ねてみた。『僕らは明日、あるところへ行くんだ。そこから二度と帰ってくることはない。死にに行くんだ』。それが返事だった」「『これから行く先ではこんなものに用はないから』と言って、もっていた現金、貴重品、食べ物を少女たちに分け与えた。女を必要とするような者もたまにはいたが、たいていはこんこんと眠りつづけたのだった」(170〜174ページ)

〔その710〕毎日新聞社編『日本の戦歴』毎日新聞社、1967年発行。同書は、毎日新聞所蔵の写真集。
(その710・1)昭和17年?。
「(『ガダルカナル“死の島”』の見出しのある写真2枚のうちの1枚は、船内のカイコ棚を写し、兵隊に混じって和服の女性がいる。その写真説明文)ガ島へ向かう輸送船―ムンムンする船内には“慰安婦”もいた。志願して死地へおもむく兵隊と行動をともにした。戦後彼女らのことを記録するものはだれもいない」(207ページ)

〔その711〕山本武著『一兵士の従軍記録』私家版、1985年発行。著者は、昭和9年、鯖江36連隊に入隊し、11年、満期除隊。12年、支那事変で応召し、14年7月、歩兵軍曹で召集解除。
(その711・1)昭和14年、中国・臨湘。
「(昭和14年)1月のある日、多数の兵たちが待ち望んでいた慰安所が開設され、日本P、朝鮮P、中国Pと取り揃えての開店?、なかなか繁昌していた様子である」「慰安所に遊ぶ兵隊にチョンガの独身兵が多いかと思っていたら、案外妻帯者の年配兵がよく出入りするとは意外であった」「慰安所ができてまもなく、慰安所の経営主から中隊へ苦情が来たことがある。それは佐久間という、少々頭の脳味噌が足りないんじゃないかと思われる初年兵で、かれが中国Pを買いにいき、歓喜の絶頂の時無意識に女の鼻か頬っぺたに噛みついて、顔に怪我させてしまった。目下休ませてあり、大損害だとの抗議である。中隊でどう後始末をしたかは私は知らないが、笑うに笑えぬナンセンスである。
 慰安所に関連しては、私自身次のようなエピソードがあった。3月はじめのある日、大隊長桧皮少佐を主賓として中隊の下士官以上が陪席して盛大な会食を催した。その時に、お酌人として慰安所の日本の女、朝鮮出身の女たちを使って宴会を盛り上げた。後には、男も女もさしつさされつで酒を飲み、無礼講的で、みんな大いに酔っ払い、かなり脱線した班長や女が出始めた」「朝鮮Pの名前を夏子という眼が細く、顔はあまり魅力的ではないが体の大きい、肉体美の女が、誰に私の名前を聞いたのか、『ヤマモトクンソ、タイスキ』などと言って、私にもたれかかり後には抱きついてきたりした」「そのうち、他の班長が夏子を連れ去って、その夜の会食はお開きになったのであるが、翌日になっても、堅物の山本軍曹が夏子に惚れられたといって話題になり、冷やかされて大弱りであった」「(それ以来、夏子が)閑を見ては中隊へ訪ねてきて、『ヤマモトクンソトノ、イマスカ』と誘いに来るし」「1週間ほどは逃げたり隠れるのに苦労するというお粗末であった」(194〜195ページ)

〔その712〕金丸清彦著『中国戦線我れに異常あり―私の軍隊生活』近代文芸社、1995年発行。著者は、昭和17年、東部第10部隊に入隊し、第11軍、第六方面軍司令部兵器部部員(最終・技術大尉)として、中国を転戦する。
(その712・1)昭和19年?、中国・桂林。
「(第11軍)司令部が桂林に入城したとき、或る大洞窟の一つに敵部隊の慰問に来たと思われる女学生の一団がつかまった。日本軍の進撃が急で、逃避する余裕がなかったらしい。参謀部でその処置を協議したところ、保護して可及的速やかに彼女等の居住地へ戻す方法を考えるべきだという意見と、丁度戦闘が一段落した折りだから、後方からの慰安婦が到着するまで間があるから、彼女等を活用したらどうか、という意見が出たという」「桂林における洞窟の女学生については、どう決着がついたか聞かずじまいに終わった」(110〜111ページ)

〔その713〕木村九太郎著『軍隊生活裏表』私家版、1995年発行。著者は、昭和17年、入隊し、同年4月、満州に渡り、18年12月、広島の船舶司令部に転属する間、満州各地で勤務する。
(その713・1)昭和17年?、満州・東寧。
「兵士たちが休日に外出するのは、地方(兵営外)の空気に触れ、映画を見、茶を喫し、うまい物を食べるなど、訓練の苦労を忘れ、開放感を味わうというほかに、『女』と接するという目的があった。そのため外出点呼の時には服装検査のあと、必ずコンドームが一つずつ渡されるのが習わしとなっていた。その彼女たちはいわゆる『婢(ピー)と言われていて、日本人、朝鮮人、満人とそれぞれ別れて集落をつくっていた。日本人は『芸者』と言われ、日本料理の店で女中や仲居をしていて、専ら将校たちの相手をしていた。朝鮮人女性は下士官や古参兵たちが主に相手で独特の建て方をした住居にいた。満人女性はきれいにしている所と、場末の所とに別れていたようであった」「(ある日の休日、筒井上等兵に誘われ、2人で街に向かう)最後の峠を越えて街へ入る手前で道を外れ」「思わぬところに満人の部落のあるのを見た。20戸ほどもあったか、その片端の方に一列に5戸ばかり、家の並んでいる所へ出た」「道に面した壁の中央が入り口となっていて」「垢よごれした布が吊ってあり、その中が土間になっていて左右に部屋というか床があるようであった。入り口の前に一人の女性がしゃがみこんでいるのが2、3軒あり、中には立て膝をしている間から、女の秘部を見せつけて看板にしている者もいた」「彼女たちはとても20歳や30歳代には見えず、髪の毛や衣服は垢や埃でゴテゴテになっているように見え、全く清潔感などは感じられなかった。(筒井が選んだ)女は一本の線香に火をつけて、『火盤(ホーバン)』という洗面器のような形をした鋳鉄製の火鉢にそれを立て、奥へ入って行った。これは時間を計ると共に、用務中であることを表示するためのものであると、後になってわかった」「(著者は)あまりにもひどい不潔感のため」「市街地の方へと逃げるようにして出た」(61〜63ページ)

〔その714〕丸山豊著『月白の道・新訂増補』創言社、1987年発行(初版は1970年発行)。著者は、龍部隊の軍医として、中国・雲南省の龍陵でも勤務する。
(その714・1)昭和17年?、中国・龍陵。
「龍陵は冥府のように、くらい湿っぽい町。ながい間、女性的なすべてに無縁であった私たちは、ふとしたことにいら立ちやすく、おたがいの表情もとげとげしくなった」「故国からの女性たちの到着など、まだ予想もされない。なんとかここに、性の対象をもちこまねばならない。それを司令官や参謀たちは苦慮したものとみえ、私の同僚の中野中尉が呼びだされた」「おひとよしの中尉は、命令の『あたらしく酒保(軍隊で酒や日用品を売るところ)を開設するために』という表面の目的をかたく信じて、数名の部下をつれて女あつめに出かけた。このあたり、主要道路をはなれてすこし山深くたどってゆくと、大小さまざまの土侯たちの所領である。その土侯のひとりに会って、見目うるわしき少女の提供を交渉した。中尉はみごとに戦果をあげて、つまり、ういういしい少女たちをつれてもどってきた。みどりの髪を三つ組にくんで、白の上着にまっくろのもすそ。龍陵のしめった石だたみをふんで、はだしの少女たちがあるいてくる。久しぶりに見る柔和なものの美しさ。そして、私たちの部隊が意図したことのみにくさ。ついに真相を知った中野中尉はふんぜんとした。司令部では、日本軍の尊厳と実利をめぐって活発な議論がわいた」「司令部から第二の命令がでた。『酒保は開かない。中尉はこのままあの女性たちを、土侯のもとに返しにゆきなさい』。中尉は、大分県のおくになまりを丸だしに、涙を流してよろこんだ」(9〜11ページ)

〔その715〕堀川潭著『運命の卵』芸文書院、1957年発行。著者は、同盟通信記者のとき、昭和19年3月、海軍報道班員としてマリアナ方面に従軍、同年10月、グァム島で米軍の捕虜となる。同書は、その戦争体験をほぼ事実に基いて書いた小説。
(その715・1)昭和19年、南方・グァム島。
「(200人の在留邦人らとともに、避難中、米艦の艦砲射撃が始まり、著者は)遮蔽物を探し求めた。天の祐けか、ある地点でそれは見つかった。岩原にぽっかりあいた天然のタコ壺。直径4尺、深さ6尺。私は発見するが早いか無我夢中で飛び込んでいた」「それから、どのくらいの時が流れたか。私は、ふと上方に女の声を聞いた。『おじさん、あたいたちも、はいらせて……』。切羽詰まっての哀願だった。私は、反射的に顔を上げた。若い女が2人、穴の縁に立って覗き込んでいた。『駄目だよ。この中は狭いんだ』」「『おじさん、そう言わんと、助けると思って……』。女たちは、そう言うが早いか、強引に、穴の中へ飛び降りてきた」「2人とも、黒いニッカ―スを穿き、赤い半袖の防暑衣を着けていたが、そのうちの一人、丸顔で小肥りの女が、春子という慰安婦だったのだ。春子―私にとっては、ほんの行きずりの女だった。島の中心地、西海岸中央部のアガニア街にあった『あかし』という、あいまい屋で、交合の時間を含めてわずか1時間ばかりつき合った女」「春子は、和歌山県の生れで、半年ばかり前、島へやってきたといったが、それ以上は明かさなかった」(16〜19ページ)

〔その716〕ロマン・ロラン著『ロマン・ロラン全集27・戦時日記2』みすず書房、1964年発行。第一次世界大戦期間のロランの日記。同書中、アルトワ戦線にいるフランス軍人の手紙の一節。
(その716・1)フランス。
「『1915年12月14日。――昨日、僕は自分の宿舎で、第138歩兵部隊の人たち数人とともに食事しました。そのうち、ある少尉は、食事の終わる頃にやってきました」「この少尉は率直で快活な青年で」「サン=ポル町(バ=ド=カレー県にある。郡役所所在地)の淫売屋のありかを教えてくれと言って、そんなものは全然ないんだと答えても信じようとしませんでした。やっと納得すると、司令部がB・M・C(野戦移動淫売所)をないがしろにしていると言って、非難の言葉を発しました』」(235〜236ページ)

〔その717〕ロマン・ロラン著『ロマン・ロラン全集28・戦時日記3』みすず書房、1964年発行。第一次世界大戦期間のロランの日記。
(その717・1)フランス?。
「『ル・ラディカル』紙(1916年)10月19日号と『ル・ポピュレール』紙10月23日・29日号は、軍隊の伝播する梅毒について警告を発している。軍隊内の伝播と、軍隊による一般人への伝播と、兵士の家族への伝播とである。軍隊の門は正妻に対しては厳しく閉じられているが、売春婦に対しては大きく開かれており、売春婦は死骸にたかるハエのようにますます増えてゆく。それは戦争を持続しようとする悪人たちが、国民を戦線にとどめておくために、どんな手段でもかまわずに用いるからである。彼らは国民を、新聞と、アルコールと、虚偽と、娼婦とによって、毒する」(173ページ)

〔その718〕谷本光生著『運命と偶然―私の軍隊生活』文芸社、2001年発行。著者は、昭和11年12月から14年3月まで、朝鮮・馬山重砲兵連隊入営。日中戦争従軍。18年2月から20年12月、応召し、太平洋戦争従軍。
(その718・1)昭和12年、朝鮮・馬山。
「(入営して)三か月して1期の検閲が終ると、日曜日には外出が許可されるのだ。許可をもらった外出者は兵舎の前に整列して、週番下士官の服装検査を受け、外出証とコンドーム各2個ずつ渡される」「営門の衛兵に外出証を見せ、足早に町に出る。カフェーや食堂で酒を飲み食事をして、後は遊廓に行く。新馬山街には日本人の妓を置いた遊廓が、旧馬山街には朝鮮の妓生が置かれている遊廓があった。ここで若いエネルギーを発散させた」(98〜99ページ)
(その718・2)昭和18年、中国・楡次。
「昭和18年6月の末、独立混成第四旅団司令部付に転属した」「眼鏡をかけ、背の低い旅団の経理部長のH少佐は、(著者の勤務する)野戦倉庫の隣に日本人の彼女を住まわせていて、夕方になると彼女の所に通っていた。米や調味品類を野戦倉庫から届けさせていた」「更に経理部長は彼女の弟を、軍属として倉庫に勤めさせた。前線では命をかけて日夜警備や作戦に従事している兵隊たちがいることを思うと、H少佐らに対して何とも言いようのない憎悪を感じていた」(165〜167ページ)
(その718・3)昭和19年?、中国・臨汾。
「昭和19年11月、(臨汾にある)第114師団通信隊本部付で転属した」「(著者は、経理室勤務の主計軍曹)この部隊の副官は若いH少尉であった。彼は街の遊廓に馴染みの日本人の妓がいた。部隊では時々街の日本人の女性たちに応援を頼んで、軍服などの修理をしてもらっていた。H少尉の彼女もそのような中に来ていて、そんな時の副官はそわそわして落ち着かなかった。そのような彼女が妊娠した。少尉の子を孕んだ、というのだ。そこで彼女を内地に帰して子供を生ませるということになり、副官は朝鮮の釜山まで送って行くという。部隊長が私の所に来て、『出張ということにして、旅費を渡してやってくれ』と言われるのだ」「私は彼女を副官の従者として、2人分の旅費を渡してやった。副官は何度も頭を下げて私に礼を言っていた」(201〜203ページ)

〔その719〕藤田豊著『黄塵赤塵―第37師団戦陣こぼれ話』第37師団戦記出版会、1986年発行。
(その719・1)昭和16年5月、中国・垣曲。
「『お』支隊の突進(と題する)騎37・斎藤延雄(の著書からの抜粋)」「(昭和16年)5月23日、真夜中に、第一軍の命令を受けた」「捜索37は、24日10時、皐落鎮を撤収して西北へ向かい、東鎮を目指した。垣曲道では、長いトラックの縦列が、垣曲方向に向かって走って行くが、不思議なことに、幾人もの女性が、荷台に、白や赤で匂装された荷物のようにして、積み込まれていた。なぜ、こんな危険を冒してまで、戦塵の中に身を晒さねばならないのか、なんとなく哀れであり、戦争の裏面は、もことに非情で複雑である。東鎮に着いたのは、23時ごろ」「臨汾に着いたのは、午前8時であった」(159〜160ページ)
(その719・2)昭和14年6月、中国・曹張鎮。
「薊のお芳(と題する)捜索37・井星登(の著書からの抜粋)」「井星登軍医中尉は、第37師団衛生隊付であり、当初、運城に落ち着いていたが、日ならずして、捜索第37連隊の兼勤軍医を命ぜられ、運城から曹張鎮へ派遣された」「(昭和14年7月のある日、井星を訪ねてきた新聞記者の知り合いと酒になり)内地の話から、すぐに落ちて、戦場慰安婦の話になった。井星軍医は、去る6月ごろ、この曹張鎮で起きた『薊のお芳』の話を始めた。それは、近ごろ開店したばかりの某日本料理屋で、5人の女の中の一人に、第一線には、勿体ないような色白で小股の切れあがった男好きのする女がいて、年は22歳と書いていた。第一線の慰安婦の身体検査といっても、主に、結核と性病の有無であるが、井星軍医は、彼女の諸肌を脱がせ、聴診器を当てようとして、ギョッとした。青森県出身だ、と称するその女は、その白い柔らかな左肩から胸背部にかけて、パッと眼を射るような、赤と青の薊の刺青が燃えていたのである」「彼女は、大変なヘロイン患者で、何回となく胃痙攣だと騒いで、深夜の往診を頼みにきた。井星軍医が、行って見ると、『モヒはいかん。パピは駄目、ナルスコの黒いのを注射して……』と、半狂乱になりながらも、あまりに麻薬の名に詳しいので、不審に思い、その経営者に問い質してみた。その50過ぎの男は、髪の毛の薄い禿げ頭をかいた。その女は、ヘロイン中毒であり、型のごとく、満州から北京・天津へ、そして第一線へと流浪の果ての女であった」
「そのころ、曹張鎮駐屯地には、女性は、日本人が5〜6名・半島系が20〜30名ほどいた」「ある日、半島系の彼女達は、検診の順番を間違えたと、衆団で、頭突きの派手な喧嘩をやったことがある。なお運城の彼女たちは、半島系が約300名、日本系が50〜60名ぐらい。カフェーは、時雨・木蘭・千鳥・大陸・大国など、10軒ほどであり、戦友諸兄にも、思い出は尽きないものと思われる」(236〜238ページ)

〔その720〕上田稔著『黄塵の野を征く』善本社、2002年発行。著者は、昭和14年1月、野砲兵第22連隊入隊。15年7月、北支派遣。秋第4287部隊転属。18年7月、召集解除。
(その720・1)昭和15年12月?、中国・日照。
「部隊が移動するとなると在留邦人も落ち着かない。特にこの度のように、独立大隊が独立中隊となり、守備隊員が1000名から300名に減少するのでは、支那に進出して意気軒昂である邦人でも心細く思うであろう。ましてや日照での在留邦人は幾人もいないので、なおさらのことである。写真屋夫婦―ご主人は朝鮮出身で、奥さんは邦人(ただ一人の)である―は第五旅団の中隊長さんに説得されて、迷った末に残留する決意をされたとか。もう一組は慰安所の娘さんたちである。7名全員朝鮮出身の娘さんたちである。初めは全員、青島に引き揚げるつもりでいたが、やはり説得されて4名は残り、3名は引き揚げる決意をしたとか」(251ページ)
(その720・2)昭和16年、中国・張店。
「軍医は部隊討伐時には部隊と行動を共にする。討伐がない時には毎日、部隊の病人の診療を行う外、軍人が出入りを許されている張店の接客婦、即ち本土出身婦人約20名、朝鮮出身婦人約30名、支那出身婦人約30名の性病に対する検診を、三か月に1回実施しなければならない。接客婦に菌が発見された際には直ちに休業を命じ、治療を施す。治癒した際には再び検診をすることとしていた。検診に際してはカーテンで婦人の顔と上半身を隠し、下半身を一人一人診察して性病の有無を調べる。検診では、軍医には患者の顔が見えないように、誰であるか分からないようにして接客婦の人権を尊重して行うので時間がかかり、軍医さんは多忙なのである」(282〜283ページ)
「張店にも支那娘による平康里(ピンカンリー)が5、6軒あった。転び専門である。日本軍人は立入禁止になっている。従って軍医による検診や治療はなく、悪質で強烈な性病を移されるおそれがあると恐れられている」「敵の密偵が潜むおそれが最も大きい場所であるので、私は夜の巡察計画の中に加えた。平康里は張店の東部にあって、一般家庭と同様な構えであった。周辺は薄暗くて気持ちが悪い」「朝鮮娘のピィー屋も二カ所あった。ここは軍人立入禁止区域ではないが、支那人の平康里より簡素であった。中を覗くと、室の入口には筵が下げてあり、侘しい思いがした。内地から来た娘は、表向き飲み屋となっていて、宿ることもできる仕組みである。軍人は立入禁止ではないが、料理や飲み代等、高くつくので将校でもそう回数多くは行けない。京都の宮川町や橋下、中将島と同じ仕組みである。飲み屋には、民間の日本人や上級将校が入っているので巡察は遠慮した」(306〜307ページ)

〔その721〕土金冨之助著『シンガポールへの道・下』創芸社、1977年発行。著者は、昭和16年1月、近衛歩兵第四連隊へ入隊。南支、南仏印、タイ、マレーシア、シンガポールと転戦。さらにスマトラ島に三か年勤務。22年6月、復員。
(その721・1)昭和17年、スマトラ・ブキチンギ。
「フォルトデコック(現地名ブキチンギ)で私は、海外の軍隊には『ピー屋』と呼ぶ慰安所(倶楽部とも呼ばれていた)のあることを初めて知った」「スマトラへ来るマラッカ海峡の輸送船の中で、先輩、戦友たちにその話を聞いたという方が本当かもしれない」「ある日曜外出の時、私はその道のベテラン戦友に誘われて、このピー屋の館へ初めて足を入れた」「オランダ人の住宅と思われる数軒を1区画とした所で、道路に面した方の境を板塀で囲い、原住民には外からは中が見えないようにしてある。その囲いを一歩入ると、日本女性が数十人、脂粉を漂わせ、ベランダや日陰の芝生に腰を下ろし、兵隊達と談笑していた」「これらの女性達は浴衣を着ているか、ワンピース姿である。派手な色柄のものを着て、タバコを吸っている人も多い」「経験のある兵隊で、馴染みのいる者は入るとすぐ大きな声で彼女を呼ぶ。新しい相手と交渉する者は、目星をつけた女性に積極的に交渉する。話がまとまると、さっさと部屋へ楽しそうに消えていく」(29〜31ページ)
(その721・2)昭和17年、スマトラ・パレンバン。
「(17年9月、パレンバンに移動し、著者は軍曹で補助憲兵となる)補助憲兵の巡回する地域に、ムシ河岸の貧民窟と称する、ビタビタした如何にも不潔な地区があった。この区域は武器の不法所持、麻薬、淫売婦と、兵隊には危険な場所で、立入禁止になっている所であった」「ある時」「(この)淫売婦の所に、兵隊が居るとの情報を得て調査に出た。その一角は狭い橋で1軒1軒繋がっている」「家といっても小屋程度のもので中も簡単である。唯その用途が用途だけに、板やカーテン(派手な色)で2間位に区切りがしてあった。怪しげな女性が慌てて、あちこちの家から飛び出してきた。皆色の黒い原住民だ」「この一角で5、6人の兵隊と下士官(伍長)一人を憲兵隊へ連行した」「現地の淫売婦に接すると、悪質な性病に100%罹ってしまう。この為出入を厳しく禁じている。その防止のためにも軍隊には、慰安所が公認の場所として開設されているのである。私には、何故彼等がそんな危険を犯してまで、こんな汚い所へ来るのか理解できなかった。パレンバンには、市内に三階建てのビル二つを使って慰安所が開設されていた」
「慰安所へも時々巡回に行く」「慰安婦にはグループがあって、それを監督掌握する芸者の置屋的なものがある」「各部屋にはそれぞれ名札が下っていて、大きな建物の場合は一階は何々屋、二階はどこと区分されている。パレンバンには慰安婦が7、80名はいたように記憶している。巡回で出入りしているうちに、私はK子とY子という朝鮮の女性(この建物は全部朝鮮出身)とよく話すようなった」「K子は年もまだ18とか19歳といっていた。小柄で丸顔の可愛らしい顔立ち、いかにも純情そうな女だった。Y子はK子より二つ三つ年上で、K子に比べてずっと大人っぽい。いうこともはきはきして、二階に居る20人程の女性のリーダー格で、よく仲間の面倒をみてやっていた。中肉中背綺麗な整った顔立ちの女だった。私はこの二人と、すっかり顔なじみになった」
「勤務の休みの時には、憲兵兵長と私服で時々彼女(Y子)を訪ねた」「彼が勤務の時は一人で行くこともあった。彼女の部屋へ招かれて、お茶、お菓子の接待を受けながら、故郷のことや生い立ち、家庭の話など聞かせて貰った」「ある日、彼女は『私達は好き好んで、こんな商売に入ったのではないのです』と、述懐するようにため息を吐きながら語った。『私達は、朝鮮で従軍看護婦、女子挺身隊、女子勤労奉仕隊という名目で狩り出されたのです。だから、まさか慰安婦なんかにさせられるとは、誰も思っていなかった。外地へ輸送されてから、初めて慰安婦であることを聞かされた』」「Y子は真剣な面持ちで、訴えるように話を続けた。『今更、悔やんだって、嘆いたって仕方ないことだけど、当時は毎日泣きながら過ごしたの。日本の軍隊が憎らしかった』。彼女は涙ぐんで、『あんた方兵隊さんはいい。内地へ帰れば手柄話をし、戦場の勇士として歓迎されるんだから名誉なことだわ。だけど私達はどうなの。看護婦になれるんだ。軍需工場で働くのだといって出て来て、煙草を覚え、厚化粧して媚を売ることしか覚えないで、看護婦のカの字も知らない。汚れたこの体はどう見たって昔の私には戻らない。親や兄弟にあわせる顔もないでしょう』。彼女の頬には、小さな雫が光っていた。私は唯、黙って彼女の話を、椅子にもたれて聞いていた。『どうせ帰れないんだから、友達とお金を貯めて、どこかこっちで何か商売でもしようと相談しているの……』。将兵達はこのような事情を知っているのだろうか。いや知る必要はなかった。なまじ知っては楽しく遊べなくなるだろう。金儲けに来ているんだぐらいにしか理解していない者が多いと思う。こうした話を聞くと、彼女等は金儲けに来たのではない。すくなくとも命ぜられるまま、日本軍に協力するという理由で、故郷を出たはずである。それだけに哀れという外ない」「私はパレンバンに三か月程で別れた」(37〜50ページ)

〔その722〕日野西資博著『明治天皇の御日常』新学社教友館、1976年発行。著者は、明治天皇の侍従を務めた。
(その722・1)
「(日露戦争の際)広島から東京へお帰りの後、戦利品・参考品で、振天府を御設けになりまして、またその中に戦病死者の将校以上は総て写真を御撮りになり、下士以下は人名を御認めになりまして、振天府に御納めになり、戦病死者の霊を御慰めになりましたことは、みなさま御承知の通りであります」「将校以上は写真でありまして、そうたくさんではございませぬが、下士以下の戦病死者になりますると、なかなか大変でありまして、37、8年の時などは戦病死者の数が十何万もございまして、それを一々巻物なり法帖なりに認めて御覧に入れます。これは私の係でございましたが、私が持って出ますると、御見落としなく残らず御覧あそばしまして、殆ど名前を読むように」「詳しく十何万人の戦病死者を、一兵卒に至るまで、御上は御覧になったのであります」
「37、8年の戦役中」「特に御心に掛けさせられたのは、旅順の包囲であったろうと思います。それは私どもにまで御沙汰がございまして『旅順はいつか陥落するにちがいないが、あの通り兵を殺しては困った。乃木も宜いけれども、ああ兵を殺すようでは実に困るな』ということを、たびたび吾々にまで御沙汰があったのであります」(47〜49ページ)

〔その723〕江頭幸編『満洲国憲兵の懐古』私家版、1984年発行。同書は、満州国の日系憲兵の歴史・手記などをまとめたもの。慰安婦とは無関係だが、メモしておきたい記述があった。
(その723・1)満州。
「ある日系憲兵軍官は討伐に出動する時必ず手術用のメスを携行した。それは生肝をとるための武器である。彼は捕虜を得ると、生きたまま腹部にメスをあて、肝を取り出すのに妙を得ていたと自慢していたが、その光景は目を蔽う残忍無惨である。戦争は人の理性を失わせ悪魔にする。彼は戦後病気がちであり、死霊のたたりかなどいっていたが死亡して久しい」(116ページ)
「彼(前記と同一人?)は時には、首を斬って返り血を浴びない要領を説明したり、人間の生き肝のとり方を教えたり、またその生き胆を乾燥させたのを、私の胸の病に効くからといってくれたりした」(451ページ)

〔その724〕飯田辰彦著『有東木の盆』鉱脈社、2014年発行。同書中、昭和14年3月、北支に出征した静岡34連隊兵士の家族あての手紙の一節。
(その724・1)昭和14年3月、中国・山西・平陽?。
「この2、3日前に、日本の娘が15、6人来ました。皆、料理屋やカフェーにいます。それでも、日本人を見ると懐かしくなります」(191ページ)

〔その725〕太田良博著『太田良博著作集3・戦争への反省』私家版、2005年発行。
(その725・1)昭和20年、沖縄・首里。
「私に(女スパイ)事件の真相を語った」「川崎(正剛・弁護士)氏は当時、沖縄師範学校の生徒で、学徒動員兵として、首里洞窟司令部のなかにいた。『女スパイがつかまった!』というので、洞窟内からドヤドヤと野次馬がとび出した。川崎氏もその群衆の中の一人であった。場所は、洞窟司令部の南側斜面である。憲兵に縄をうたれた一人の若い女が現れた。カーキ色の短いパンツに短袖シャツ、一見、女子挺身隊員かとおもわれる服装である。小柄小太り、みたところ25、6歳の色白の女性で、頭髪はざんぎりになっている。その女はたえず童謡を歌っていた」「精神異常の女だったのか、殺されることを予知して放心状態になっていたのかは、知るところではない。女は、田んぼの近くの電柱にしばられ、そこに集まった連中に突かれることになった。まず、最初に突かせたのは、朝鮮人慰安婦である。朝鮮から連れてこられ、兵隊相手に売春をさせられていた娘たちに『日の丸』鉢巻をさせて、帯剣や竹槍などで、かわるがわる突かせたのである。
 電柱にしばられていたのは、もちろん、沖縄の娘である。帯剣や竹槍の先が、女の胸や腹部にプスッぷすっとささるごとに、鮮血が噴出して、シャツをそめる」「突くほうも女である。力が弱いので致命傷にならない」「かなり突かれて、ついに悲鳴もだんだん細かくかすれ、ついにぐったりしてしまった」「(最終的には)一人の若い将校が」「みんなに聞こえるような声で、『おれは、剣術は、あまり上手じゃないがのう』と言いながら、腰の軍刀をサッと勢いよく抜き放った」「(端坐させたその女を)斬首!首と胴体が離れた女の屍体は、泥田のなかにころがされ、みんなにふんずけられた」(338〜340ページ)

〔その726〕山口博著『海軍厦門根拠地隊・軍艦鳥海・記録壱千余日』私家版、1987年発行。著者は、昭和13年、横須賀海兵団に入団し、以後各地を転戦。その間、厦門派遣時の日記の一節。
(その726・1)昭和15年10月、中国・厦門。
「(厦門)市内雑感」「慰安所は日の出は朝鮮ピー、花月も同じこと。みゆき笹之家は日本の女を置いてあったが兵隊はどういうものか朝鮮の女をば好んだような徴候であった」(66ページ)

〔その727〕九紫会編『命をかけた青春―陸軍経理部幹部候補生の太平洋戦争回想録』九紫会、1976年発行。同書は、陸軍経理部甲種幹部候補生として、陸軍経理学校第9期幹部候補生隊(昭和17年9月〜18年1月)にいた出身者の手記集。
(その727・1)
「第一中隊・第一区隊(出身者の手記)」「野戦勤務の主計将校の先ずやるべき仕事は、慰安所の設置であると教わったことがある。不幸にして野戦勤務の経験がなく、自分で吟味しながら実行する機会はなかったが、兵隊の士気を鼓舞する、当を得たポイントであり、このことは大局を見極め今打つべき手は何にであるかの、実社会の教訓にも通ずる教えであるように思う。宇品にいる頃、従軍慰安婦の船団が護衛艦とともに南方へ出航した折、彼女等に喜んでもらいたいと真心を込めて船内糧秣を積み込み、経理学校の教えを思い出しながら、無事を祈りつつ出港を見送ったことがあったが、不幸にして南方海域で撃沈されたと後で聞き、がっかりしたが可哀想でもあり又残念至極でもあった」(48〜49ページ)
(その727・2)昭和19年2月、網走。
「第二中隊・第六区隊(出身者の手記)」「昭和18年2月。陸軍経理学校卒業」「昭和19年2月」「主計少尉として(小樽兵站司令部?)網走支部に赴任。沿岸警備隊に召集兵の老年多く、問題を起こしては軍民離反のもとになるとのことで、内地には珍しい慰安所を開設」(524ページ)

〔その728〕宮崎博史著『緑野ふたたび』電通、1955年発行。
(その728・1)
「(昭和20年、敗戦直後ごろの)ある日、私は昔新聞社の広告料金値上げの時に、招待された料亭で知り合った若い芸者の訪問を受けた。彼女は既に芸者家のおかみをしていたのである。幸い向島で焼け残ったので、進駐軍相手の商売をしたいというのである。『すみませんが、「接待婦募集」の広告を書いて下さい』。私はあきれてまだ22歳だという彼女の顔を見た。しかし、彼女もこれ以外に生きる道がないというのである。私は憮然として実に久しぶりで『接待婦募集』の案内広告を書いたのである。『ここまで落ちたら、(当時、百貨店の)広告部長もおしまいだ』。私はもう広告の仕事にあきあきしていた。この『接待婦募集』の広告は東京新聞に掲載された。しかもその効果は驚くべきものであった。この小さい広告で、実に多数の接待婦志願者が殺到してしまった。工場を焼け出されて失業した女子工員たち、空襲で夫や家を失った未亡人達、それらの不幸な女たちが、汗にまみれお白粉気もなく、泥だらけのもんぺを穿き、下駄穿きで陸続と集って来た。私は自分で書いた広告の怖ろしさを目の当たりに見た」(34ページ)

〔その729〕澤正道著『わが生還記』西田書店、1997年発行。著者は、昭和18年11月、佐倉連隊に入隊。満州、中国各地を転戦する。
(その729・1)昭和19年5月?、中国・漢口。
「漢口では大きな学校に2泊したが、満洲以来の電灯の明るさがうれしかった。金銭の支給されない兵は憲兵の目を忍び、ついてくる中国人に、煙草『旭光』を売り、日の丸看板の軍管理の『つわもの』で廉いライスカレーを幾皿も食べた。帰りに軍帽一杯でいくらの饅頭を買って雑のうに納め、水筒の水を捨て、中に堅豆を買って入れて帰る」「将校は特配のゴム製品『突撃一番』を雑のうに納め、市の中心街の積慶里という慰安婦街へ突進し、人間に戻ったそうだ。将校に比べ靴下や煙草の支給の少ない兵は、呼び名は同じでも、プカプカ饅頭か縮んだ堅豆がせめてもの慰めである」(62ページ)
(その729・2)昭和19年6月、中国。
「昭和19年6月25日頃、湖南省焦渓嶺から通城へ引き返し、西方20キロの張李橋駅から、貨車で武昌へ行くことになった。発車時刻がわからず早朝着いたので待った。洞庭湖の東方で、駅舎も標示も人家もなく、野原に1メートル土盛りしたホームがあるだけだ」「彼方に、ローソクの灯がかすかに見える。煮豆屋(兵隊仲間)と行ってみた。アンペラ囲いの屋根なしの掘っ立て小屋で、すぐ移動できる私設のお女郎屋だ。慰安婦と呼ぶ女がいて、兵隊は『ピー屋』という。入口に裸ローソクを立て、中年女が呼びかけるのでのぞくと、馬小屋のように両側を2メートル幅に仕切りカーテンが引いてあり、『はな子、よし子』などと源氏名がかいてある。この道で一筋に鍛えてきた煮豆屋が、『どうする、やるか』『よしきた、おばさん、いくらだい』『前線帰りは、暑中大割引だよ。朝鮮も台湾も、年も顔もお好み次第さ。お金がなければ煙草でいいよ。でもパッパは駄目ですよ』。徴発生活では煙草はご無沙汰で、草の葉を丸めたパッパ葉巻に満足のご身分だ。パッパは葉っぱ、たき火の煙と同じだ」「(結局)引き返した。土手ホームで恨めしくローソクの灯を眺め、『畜生め、初めてピー屋にであったのに、顔ぐらい拝んでくればよかった』。無一文のみじめさよ。実弾なしでは戦闘はできない」(80〜81ページ)

〔その730〕丸田順康著『鉄輪二千六百里』日本文教新報社、1986年発行。著者は、昭和12年9月から昭和15年2月まで、野砲兵第101連隊第二中隊・砲車小隊長として、中国各地を転戦する。
(その730・1)中国。
「『今に女が来るよ』(という言葉を著者が聞いたが)はてさて女が戦地に来るとはどういう事かと訝った。説明を聞くと、特殊慰安婦隊の事である。杭州攻略戦では杭州城内に、土地の支那婦人による慰安所ができた。『女が来るよ』とは内地の売春婦やら、朝鮮の婦人達が狩り出されたのである。成るほど生死をかけた兵士達の志気昂揚に役立つのも一理あり、性欲に理性が無くなれば敵地婦女子の強姦に赴く事は防止できない事なのである」(177ページ)

〔その731〕第三十飛行場大隊戦友会編『第三十飛行場大隊史』第三十飛行場大隊戦友会、1986年発行。同書は、同大隊に所属した将兵の体験手記集。
(その731・1)昭和17年、中国・上海。
「昭和17年中支セ号作戦に参加、上海大場鎮飛行場に展開(した隊員の体験)」「外出はアカシアの並木を通り過ぎ海軍陸戦隊前の上海神社前で解散、慰安所が陸海軍別なのを知らず、(大隊は陸軍)海軍専用に行き断られ大恥をかいて帰ったこともありました」(141ページ)
(その731・2)昭和16年10月?、満州・長発屯。
「(長発屯派遣隊長の体験)半地下の兵舎ができたてのころ、関西なまりのある地方人が面会を求めてきました。『長発屯に守備隊がいると聞きましたので』と話を切り出しました。依蘭あたりで、この奥にも兵隊がいると聞いたのでしょう、このあたりでは部隊がいればすべて『守備隊』になってしまうんですから。兵隊さんを慰問するために慰安所を開きたいが、商売が成り立つほどの人数がいるかどうか見にきたということだったのです。結局この『守備隊』では採算に合わないと判断したようで、この話は打ち切りとなりました。帰り際に『どのくらいいればソロバンに合うのか』と聞くと、大体500から600名ぐらい、最低でも400名という答えが返ってきました」(157〜158ページ)
(その731・3)昭和20年8月?、沖縄。
「(20年8月末、沖縄で捕虜になった隊員の体験)石川の米軍収容所にいたころ慶良間列島の水上特攻隊の隊員銃殺事件の話を聞き、小生が中に入り、ある部隊長(とくに名を秘す)にわび証文を書かせて解決したこともいまだ記憶にあります」(223ページ)
(その731・4)昭和13年?、朝鮮・会寧。
「(会寧に駐屯した隊員の体験)日曜日は2キロぐらい離れた会寧の街に外出するのですが」「街では、カフェの若い娘ナミちゃんにゾッコンほれて、1本30銭のビールで流行歌を聞きながら、甘酸っぱい青春の香を楽しみました。それから、おでんや『日の丸』で、おばさん相手に酒で憂さを晴らし、つぎは、おそるおそる1円50銭のピー屋をまわって帰るのが、給料9円也では精一杯のコースでした」(333ページ)
(その731・5)昭和20年8月、満州・海浪。
「(軍医中尉の体験。昭和20年8月)15日の昼すぎであったか、大隊本部への緊急集合があった。海浪飛行場から撤退し、とりあえず敦化に集結せよ、との撤退命令がでた」「医務室にはバス1台があたえられた」「(筆者ら6人が乗り込んだ)バスにはあとで3人ほど海浪の慰安婦が乗り込んできた。ちょっと白けた存在であったけれども、彼女たちも軍属である。頼まれれば乗せてやるべきである」(377ページ)

〔その732〕青山憲三著『横浜事件』弘文堂、1966年発行。著者は、言論弾圧事件で有名な横浜事件検挙者の一人。昭和19年1月29日、検挙される。横浜の加賀町署に留置される。同年7月、大岡署へ移される。
(その732・1)昭和19年、横浜。
「(昭和19年)11月の半ばを過ぎていた」「この頃になると時たま空襲警報が鳴った。しかし大岡署でただひとり"思想犯"の私だけは、けっして留置場から出されなかった」「(留置場に)はいって来るものも野荒らしやコソドロのような田舎のにおいのするものが多かった。なかに一人だけ紳士がまぎれこんで来て、私は彼と2人きりで第一房に寝起きした。彼は本牧で有名な『スター』というチャブ屋の主人だった」「内山(その主人の名)は経済違反だった。ダイヤモンドの売買を仲介したと言った」「(内山の語った一部)『こんどの事件を機会に、私はチャブ屋を廃業しようかと思いますよ。現にいまでも部屋は半分空いています。女を戦地へ持って行かれてしまうのです』」(89〜91ページ)

〔その733〕歩兵第135連隊史編集委員会編『歩兵第135連隊の思い出・続編』歩兵第135連隊史編集委員会、1998年発行。慰安婦とは関係ないが、メモ。
(その733・1)昭和19年、南洋・テニアン。
「住民の協力と老幼婦女子を爆殺(の項)」「(昭和19年)7月28日陸海軍最高指揮官は、陸海軍両大臣ならびに大東亜大臣あて次のように報告した。
1、支庁及び民間幹部指導下の在『テニアン』島邦人15000名中16歳より45歳までの者全員3500名義勇隊に編成し、軍に全幅協力中。残余は老幼婦女子にてその大部は既に『カロリナス』地区より避難しあり。
2、義勇隊は6か中隊に編成し軍各隊に配属。奮戦敢闘しつつありて皇国人としての伝統を遺憾なく発揮しあり。
3、支所長代理在住邦人幹部を合わせ、老幼婦女子は集結の上爆薬により処決す」(200〜201ページ)

〔その734〕橋本善作著『橋本善作百年史・一隅を照らす人生』ブリッジブック企画、2011年発行。著者は、昭和17年12月から、第16軍政監部付軍属として、ジャワに従軍。
(その734・1)昭和18年、ジャワ。
「(昭和18年3月5日付、妻への封書)飲んだり食ったりの交際費も相当使うので小遣いにはいつもピーピーしている。従って貯金など一文も出来ぬ。方法さえあれば内地から送って貰いたいぐらいである。当市には内地から来た料理屋が5、6軒ある。皆日本人の女がいて(彼らも亦軍属)、サービスもするが何か近づきがたい処があるので外のインドネシアの喫茶店などへよく行く」(81ページ)
「(昭和18年5月、妻への葉書)2、3日前、内地から慰問袋が配給された」「慰問文を読みつつ感激の涙を流した次第である。笑えぬナンセンスは女の子に配布してやった慰問袋の中から性病予防薬とサックの出たことであった。これは送り主が兵隊さんの身を思う一心から真面目な気持ちで送ってくれたものでその好意を無にしないようにソッと別な品と取り替えてやった」(108ページ)

〔その735〕遠藤幸三著『青年医学徒の沖縄戦回想記』橋本確文堂、2000年発行。著者は、昭和12年から20年の間、軍医として召集3回。那覇には19年10月上陸。第24師団第二野戦病院に配属される。
(その735・1)昭和20年、沖縄・小城。
「昭和20年5月、その年の沖縄の梅雨は大雨の日が多かった。(洞窟病院と呼ぶ)壕の中には、最近、女が増えた。前線の壕にいて危険が迫り、どこからかの指示で受け入れることになったらしい。看護婦1人、女学生2人、女教員1人、それに慰安婦13人、合計17人。沖縄の軍隊に慰安婦がいるとは意外だった。壕内は暗黒だが、こんなに人がこんでいるから、プロフェッショナルがいても、まさか男女のもめごとは起こるまいとたかをくくっている。もちろん、新入りの女性の誰も、顔は知らない」(87ページ)

〔その736〕第五特設鉄道工作隊行動記編集委員会編『第五特設鉄道工作隊―はるかなるパゴダに捧ぐ』原書房、1977年発行。同工作隊は、昭和16年初秋、部隊長以下32人の軍人と国鉄幹部を工作部長とする軍属285人の人員で、鉄道車両の修繕技術を活用するため編成され、戦地に派遣された。同書は、隊員の手記集。
(その736・1)昭和17年?、マレーシア・クアラルンプール。
「クアラルンプールの思い出(と題する手記)」「宿舎群から道路ひとつ隔てたところに広い庭をもつ大きな家があって、我々の専属みたいな慰安所と称する商売屋があって常時5人から6人ぐらい女がいた」「女たちの中に梁玉珍という舌たらずの発音をする色のやや黒い中国娘がいて、彼女には随分世話になった」「この家のほかに近くにマレー娘のいるヤミ慰安所もあって行ってみたことがあった。部屋にはいると広間があって取引するところらしく、女たちがビール壜をもって入ってきた。兵隊にコップを渡してついでくれ、それを呑めばその兵隊はその女の捕虜となり商談成立となるのだそうだ」(81ページ)
(その736・2)ビルマ・マンダレー?
「ミンゲ雑記(と題する手記)」「近くにわが隊管理の朝鮮女の慰安所が出来て、開店日前夜祭に隊長金子三郎氏と俺と誰かが招待されて初契りを味わえたし、その後その相方と喧嘩をしてしまい、別なのへ乗りかえたりしたこともあった」(114〜115ページ)
(その736・3)ベトナム・ヴィン?
「大虎の襲撃(と題する手記)」「我々の宿舎は軍属6名、元のフランスの工場長の宿舎であったという、三階建ての立派なものです。それぞれの宿舎のうち一番遠い距離にあったので、淫売婦が籠に果物を入れて、上等○○○あるが如何ですか、と押し売りにきて、買う者は三階へ連れていきます」「サイゴンの時は、フランス女は将校専門で36、7円、現地女は10円でOKであったそうであります」(260ページ)
(その736・4)昭和17年、シンガポール。
「戦地の思い出(と題する手記)」「(ビルマ行きの)命令の発表があると直ちに多数の隊員が私(軍医)のところに来て」「我らは若いのでこの世の思い出に、今夜、美人を愛したい。よってサックをいただきたい(といった)」「そこで、サックを取り出して検査したらサックには多数の穴がある。よく調べたらサックが相互に癒着するのを防ぐ目的で澱粉が使用されていた。この澱粉を蟻が食べて穴をあけているのだ。よって希望者には事情を話して煙草の煙を含んだ空気か、水でサックを膨張させて穴の有無を各人で検査するように申し渡して、各人に3個宛分配した」(339〜340ページ)

〔その737〕野重九会連隊史編纂委員会編『みんなで綴る野重九連隊史』野重九会事務局、1993年発行。同書は、昭和8年編成された野戦重砲兵第九連隊の歴史・手記集。
(その737・1)昭和19年、中国・東寧。
「(元第二大隊本部・少尉の手記)昭和19年2月8日に実施された徴兵令により、30数名の朝鮮半島の現役兵が初めて入隊してきた。この半島出身兵の受入れに当って軍の方針として軍機保持、防諜上の見地から、観測通信、砲手には就かせず、馭者のみとすることになり、私が所属する第二大隊本部指揮班にも3名が割り当てられた。逃亡など事故防止のため温厚な古年兵を戦友に指名して、常時目が届くように配慮した」「初年兵にとって手紙のくるのが一番の楽しみである。週番士官勤務では、兵への来信を検閲するのも仕事の一つ。彼ら半島兵にも故郷からよく手紙が届いた。内容はハングル文字でかかれてある。ときどき半島出身の女性のいる慰安所に出向いて、持参した彼ら宛の手紙を説明してもらったが、いずれも内地からの手紙と同じく、軍務に精励して1日も早く一人前の軍人になるようにという意味で、むしろ内地からのものよりも真剣味があるように思えた」(240〜241ページ)

〔その738〕社会問題資料研究会編『社会問題資料叢書第一輯』東洋文化社、1973年発行。同書中、「思想研究資料・特輯第15号・日本共産党に対する批判其の2」(昭和9年8月発行)復刻版のうち、共産党員「山下平次上申書」の一節。
(その738・1)
「共産党の責任者が、近頃海上の組織は全く伸びないがどうしたものかしら、と嘆息をもらしていたので、自分はソビエ―トあたりの海員倶楽部を想像して、では神戸の町に海員が上陸した時の慰安所というようなものを、党か組合が経営してそこを足場としたらどうだと名案のつもりで提案した。ところが、神戸のオルグは、実はそれは勿論良い方法であるに違いないが、それでは海員の連中すっかり憤慨しているんだ。実はこうだ。昭和7年の初め、大和丸と吉野丸の党員及び文連のメンバーが主体になり、船員の全部の賛成を得て、どこか神戸の良いバーか喫茶店を買い取って、海員の慰安所をつくることを計画し、一人から何円という金を集めて、いざ実行しようとする段になると、船員は陸に疎いので捗々しく仕事が進まなかったらしい。そこへちょうど文連の神戸責任者も来ていたので、船員の発議でこの仕事を全部文連にまかせようと一決した。文連責任者も快く受諾し、金を三百有余貰い受けて責任ある仕事をするからと固く約束して帰った」「ひと月ぐらいして文連の責任者は、その金をもっていずこへともなく雲隠れしてしまった。それから、船員は陸のものというと全く信用しないんだそうだ」(75〜76ページ)

〔その739〕喜安幸夫著『台湾島抗日秘史』原書房、1979年発行。同書は、日清戦争で台湾を領有し、台湾平定を進める日本軍らと抗日台湾人の物語。
(その739・1)明治28年9月?、台湾・大ホ林。
「大ホ林(現・大林)への日本軍入城に際し、日本側の戦史には出てこない不祥事が起きた」「台湾側の資料によれば、この時入城した部隊(騎兵一個大隊)が、帰順の意を表す簡精華に、婦女子200名を献じるよう命じたが、彼は応ぜず、そこで腹を立てた一部兵士が乱行に及んだとされている。また、この時の犠牲者は60名を数え、断られた腹いせもあってか簡一族の婦女子が中心であったという。そして『日本兵士による姦淫、惨酷、暴虐さは天も日もなし』とある」(73〜74ページ)

〔その740〕市川鶴吉著『北支そして満州からジャワへ』私家版、1988年発行。著者は、昭和12年7月召集され、北支に向かい、北支那野戦自動車廠に属す。13年1月17日から11月4日までの「陣中日誌」をのこす。
(その740・1)昭和13年3月、中国・山西。
「3月11日」「霊石は城外に宿。営水が約3町位遠く困難す。ピー三紀と同宿す」
「3月12日」「霊石を6時半出。45度位の急坂路を難なく突破。仁義鎮にて休止。4時頃霍県到着宿営。日本ピー2組同行」(25〜26ページ)

〔その741〕久米滋三著『中支戦線を征く』旺史社、1986年発行。著者は、昭和13年9月予備役陸軍少尉として召集され、14年10月、第40師団236連隊要員で中支に出征。21年復員。
(その741・1)昭和16年?、中国・漢口。
「内地の遊廓に当たる軍の慰安所も二カ所あった。三民路の孫文銅像の近くの六合里は中国女性が、中山路の裏通りの積慶里には内地及び韓国の女性が集まっていたが、日本各地の有名な店の支店が軒を並べ、なかなかの壮観であった。漢口警備の任に着いた時に、土地勘を得るため一度入って見ただけで、その後は行ったことはなかったが、前線との間を往来する将兵達で、朝から晩までごった返して、繁昌しているようであった」(61〜62ページ)
(その741・2)昭和18年?、中国・大冶。
「作戦にでていた留守中に、悲しむべき事件が起こっていた。それは連隊本部経理室に勤務していたN伍長が、公金を持ち出し、慰安所の中国人女性を連れて逃亡、行方不明になったというのである」「(伍長は)まもなく武昌の憲兵隊に逮捕され、軍法会議に回って懲役1年半の刑を受け、南京の刑務所に入った」(229〜230ページ)
(その741・3)昭和18年8月?、中国・羊楼ドウ。
「羊楼ドウの部落は、南北に山が迫った帯状の谷に位置し、30戸ほどの貧相な家が固まっているだけで、その中に歩兵と砲兵各一個大隊がいるのだから、民家は極めて少ない。酒保と小さい慰安所、邦人の時計屋に雑貨屋各1軒があるだけで、休日に外出しても行く所がない有様だった。3日ばかり前駐部隊の第六師団の中隊と同居したので、私は将校室の一つを開けてもらって入っていた。ところが向かいの中隊長室に、女の姿がチラチラする。おかしいなあ、と思ったが、朝になるとその女と当番兵とが、仲良く談笑しながら炊事をしたり掃除をしたりしている。中隊長専属の女性が公然と兵舎内に起居し、移動の時には中隊とともに行軍して行く。兵隊達も普通のこととして、格別何の抵抗も感じていないらしい」(232ページ)

〔その742〕福島兵作著『十年捕虜日記』文芸社、2000年発行。著者は、昭和12年10月、下関からヤミの“軍部御用船”の機関長として出港。32歳。同年11月、渤海湾で座礁し、中国軍(蒋介石軍)に捕まり、捕虜として中国各地を移動し、21年、帰国。
(その742・1)昭和12年12月、中国・泰安?。
「捕虜になって、こんな山寺の薪小屋の中で、木魚の音をきくとは思いませんでした」「(翌朝)薪小屋から出して山門の中に入れた。中に入って見てびっくりしました。日本の将官と同じ姿の軍人が沢山居りました。その中に、日本兵の軍服姿を見て、二度びっくり。ここで私は、日本の教育がまちがっていることを知りました。日本軍人は捕虜になるより、死を選ぶと思ったからです」「山を下ることになりました。日本兵も加え、一行19名」(57〜60ページ)
(その742・2)昭和13年、中国・常徳。
「毎日、種々様々な捕虜が続々と来ますので、収容所は大繁昌。軍人さんは航空中尉、帝国大学出身。騎兵中尉。少年航空兵。軍医さんは3人もおいでになりました」「妊婦が産気づいた」「女性も沢山おります。夫婦者3組、若い、16、17、18の売春婦など、大勢おります。産婆さんがいるわけもなし。困った」「庭に幕を張った。急づくりの産室ですもの、妊婦の苦しい声が手にとるようにきこえます」「調書では、男はあの有名な京城大学出身で朝鮮人です。女は大阪の女学校の出身で、日本人となっています。収容所内でも、インテリカップル。きれいな日本語を喋っていました。産婦が最後の苦しいドタン場、クライマックスで使った言葉はなんと日本語ではなく、れっきとした朝鮮語でありました。生きるか死ぬかの瀬戸際には本国の言葉が出るそうです。赤ちゃんは死産でした」(74〜75ページ)

〔その743〕井元正章著『碧空を征く―一海軍飛行下士官の戦中日誌』潮書房・光人社、1996年発行。著者は、海軍通信学校を終えて横浜海軍航空隊に配属され、飛行艇乗員となる。昭和16年、南方に派遣。
(その743・1)昭和17年2月、南方・ラバウル。
「2月17日(火曜)」「昨日から西羅春荘(一名特用倉庫)という慰安所が開かれた」(93ページ)

〔その744〕歩兵第85聯隊史刊行会編『軍旗のもとに―歩兵第85聯隊史』歩兵第85聯隊史刊行会、1986年発行。本題と直接関係ないがメモ。
(その744・1)昭和17年、中国・塢岩山。
「三笠宮参謀殿下が塢岩山視察(と題する)第九中隊(員の手記)」「昭和17年のことと思う。中支那杭州の第一線孝順を出て、塢岩山付近の警備についていたときである」「皇族殿下が前線に視察に参られるという中隊会報が届いた。若杉参謀といわれたように思う」「参謀は三笠宮殿下であることが知らされた」「当日となり警戒兵が沿道に百米間隔ぐらいに立って、空には友軍機が飛来していた。総勢2、30名の将校を引きつれて三笠宮参謀殿下がお出でに」「参謀の宮殿下は大尉の肩章をつけておられたと記憶している。侍従は大佐の肩章であった」「一升瓶が随分沢山きている。大変な酒だと思っていたら、殿下が昼食用に使われる内地の水であると知らされがっかりした」(357〜358ページ)

〔その745〕北尾謙三著『ぼんぼん主計長奮戦記』サンケイ新聞社、1978年発行。著者は、昭和18年、学徒動員。海軍主計中尉、のち大尉として太平洋戦争に参戦。石川・七尾の対潜訓練隊では主計長。
(その745・1)昭和20年、石川・七尾。
「主計長として大事な仕事がある」「それは、赤線の問題だ。出撃すれば、生きて帰れるか、死んで帰るかわからない若い兵隊達の、セックスの問題だ。もし、これが適切でないと、町の若い子女とのトラブルが起こる。ボン主計長は、赤線のボスと会って、いろいろ取り決めなければならない。その取り決めは、『2軒は士官用、他は下士官、兵用。戦地に向かう兵隊であるから、税金は免除。兵隊が最後の遊びをするのであるから、食事は十分に出してやってくれ、軍より食糧は出す。万事よろしく頼む』ということであった。赤線のボスは錆のかかった声で言った。『まかしといてくれ』」「着く船もなく、開店休業になっていた赤線は、息を吹き返した」(178〜179ページ)

〔その746〕森下紀良著『北満・初年兵の生活日記』三恵企画、1980年発行。著者は、昭和8年、習志野騎兵第14連隊に入隊、10年、ハイラル騎兵第14連隊を現地除隊。この間、日記を書く。
(その746・1)昭和8年9月、満州・奉天。
「9月3日」「日曜日、外出許可さる」「奉天駅近くの兵士ホームへ行く。此処は兵士の慰安所で、接待のしるこを2杯飲んだら胸を悪くした。無料だからいいわで5、6杯飲んでる奴もいる。女学生等が兵隊相手にピンポンをやったり、オルガンを鳴らしたり、レコードを掛けたりしてはしゃいでいる。俺には面白くもない場所なので10分間位で外に出る」(81ページ)
(その746・2)昭和9年1月、満州・ハイラル。
「1月8日」「外出は1週間に2回と定められてあって、大概、水曜と日曜」「外出といっても例の通り女買いより外に娯楽がなく」「ハイラルにある料理屋(淫売所)で日本女のいる、その名前だけでも現在、おれの知ってる範囲で次の通り位はある。寿(この料理屋へは将校が遊びに行く。兵隊は恐らく相手にしないだろう)。武羅佐紀屋。葉月。喜楽。沈幸楼。有明。松月。永楽(将校女郎屋)。末広。葉幸。花月。ハイラル館。日本橋。千鳥。それ以外にロシア淫売(ピー)が5、6軒。支那ピーと来たら50軒もあろう。朝鮮のもいる。こうなると何だか云い様のない呆れた感じが出て来る」(105〜106ページ)
「1月9日」「医務室の事務所へ入って、何か変わった雑誌でもないものかと物色の目を、ふと机上に落としたら検鏡簿が目についた。検鏡簿というのはハイラル街の日本料理屋女の、即ち芸酌婦の検黴調査簿の事だ。毎週軍医が検黴して外出に際しての将兵等の予防に通告するのだ。例えば次の様なのがある。芸酌婦健康診断に関する件(昭和9年○月○日、騎13、医務室)。○月○日実施したる首題の件左記に就き参考迄通牒す」
「左記(家号、呼名、病名、摘要の順)」「寿、栄次、子宮頸管炎、通院」「末広、四五六、子宮頸管炎、休業」(108〜109ページ)

〔その747〕沼田公雄著『ドンゴロスの小袋から―一応召軍医の戦犯容疑記』私家版、1972年発行。著者は、昭和16年、二度目の召集で陸軍の兵站病院勤務となる。17年8月、ラバウルに上陸する。
(その747・1)昭和17年?、南方・ラバウル。
「(ラバウルの)繁華街は、元来華僑の集合地で、俗悪なペンキ塗りの家が多かった。そこの一角にできた数軒の慰安所も、若者の『性』のはけ口のため、なかなかの混雑であり、上陸する部隊が多くなるにつれその増設が急がれていた。慰安婦の一人が急性虫垂炎になった。正式に病院に入院させるわけにもゆかず、非公式に上部からの命令のような形で、わたしたち治療部が出張手術に行った事がある。術後も慰安所まで、毎日、衛生兵が包帯交換に出かけた」(4ページ)

〔その748〕レオ・シャーマッハ著『ラバウルもう一つの戦い―抑留下カトリック・ミッションの記録』私家版、1987年発行。著者は、昭和17年から20年まで、日本軍占領下ラバウルで抑留された約350人の宣教団リーダー。司教。
(その748・1)南方・ラバウル。
「(日本軍が現地自活状態に入ったころ)日本軍の看護婦も例外ではなく、やはり畑を耕作するように命令されていた」「彼女たちは病院の中では無論白衣を着ていたが、仕事以外に着る制服はなかなかスマートでシックなものであった。この看護婦たちとは仕事も目的もまったく違う一群の女性たちがいた。私たちは彼女らを芸者と呼んでいたが、これはその実体に対しては少々上等すぎる名称であった。この哀れな女性たちについては、ある将校が『われわれは彼女たちを軽蔑しながらも利用している』といっていた。ラバウルとココポ周辺にはこの種の女性が数百人もいたが、その後米軍の爆撃が激しくなってきたため軍当局も彼女たちの本国送還を決めた。しかし時すでに遅く、輸送船は爆撃されて沈み全員が死んでしまったという」(146〜147ページ)

〔その749〕深山篁子編『日支楽土・夢幻の碑―支那事変従軍記者深山清市資料と記録』私家版、1996年発行。深山清一は、昭和12年11月から13年7月まで、富山日報(のち北日本新聞)従軍記者として中国各地を転戦する。南京戦にも同行。同記者の富山日報掲載記事の一節。
(その749・1)昭和13年1月、中国・蘇州。
「昭和13年1月9日掲載(1月6日蘇州発飛行便)」「(蘇州)金門外の花街は久し振りに店開きした。旧臘余日に迫る29日から開業し、新庄町出身政二氏が○○○部隊の依託で特にこれを牛耳っている。支那美人と半島美人約50人が出現して人気栄当である『大新旅社』というのが店開きしたわけだ。ここの店先には凡そ花街に似ても似つかぬ軍衛兵が不良支那民や残兵の襲撃を防ぐべく頑張って保護してやっているのも珍妙なコントラストではないか」(251ページ)
(その749・2)昭和13年、中国。
「昭和13年5月8日掲載(4月25日鳳陽発)」「常熟を訪ふた。常熟は随分平和になっていたのに驚いた。日本女性が此処にサービス嬢として百余名も来ているというのを聞いて驚かされた」
「江陰を通り、鎮江を廻って包容に入り、それから思い出深い南京城へと入る」「鎮江、包容、南京間に松井謙部隊によって架せられた橋梁がいくつも記者の目に入って、何かしらうれしい感がした。殊に包容の入口にかつて朝香宮殿下南京入城式に御通行遊ばされのを前にして、昼夜兼行で架設した『兼六橋』など記者は車上からとても思い出深く感じたのである。この橋は高さ50尺、幅30尺でとても難工だったものを僅か2日で架けてしまったのだから」
「5月9日掲載(鳳陽発の続)」「かつて我が皇軍が堂々南京城攻撃に向かった時、この下関は敵の唯一な退路となったので、盛んにここを先途と逃げた敵は十数万に上った。その退路に向けて我が勇敢なる海と空の精鋭からかたっぱしから強撃を喰らい、そのため下関には当時敵屍の山をきづいたものである」(200〜201ページ)

〔その750〕竹本兵十著『沖縄戦従軍記録・二十万人の声なき声』日本図書刊行会、1994年発行。著者は、支那事変応召後、昭和19年から沖縄戦に従事、野戦防疫給水部の陸軍衛生曹長。
(その750・1)沖縄。
「部隊が津嘉山・織名の三角兵舎に移動して間もなく、(昭和19年10月ごろ)軍の慰安所が開設された。津嘉山から那覇に通ずる道路に面した、丘の民家が開放されて慰安所となった。日曜日にはなかなかの繁盛ぶりである。月に3−4回、慰安婦の検診が行われた。部隊で古参の軍医が検診に当った。これに同行して軍医の検診結果をカルテに記載した。厳しい軍医ですべて軍隊式である。慰安婦はみんな軍医を嫌っていた。性病に罹患しているものは大声で??り、その場で営業停止を命じた。勤務とはいえいやな仕事だと思った」(39〜40ページ)
「(20年)5月20日、防疫部に命令が出た『知念方面に転進し負傷兵を収容すべし』。佐宗武雄軍医中尉を隊長に医官1名、下士官及び兵を合わせて30名。看護婦として慰安婦20名が隊員である」「住み慣れた識名の洞窟を後にし、戦友たちの見送る中を出発した」「悪路を重い荷物を背負っての行軍は実につらい。慰安婦でも30キロ近い荷物を背負っている」「夜明け前に知念に着いた」「住民が負傷兵のために洞窟を開放してくれた」「洞窟は負傷兵でいっぱいになった。2名の軍医では診断に応じきれなくなり、佐宗軍医中尉は『下士官は負傷兵の診断をして、その処置を兵と慰安婦に指示せよ』と命じた」「負傷兵が絶え間なく送り込まれてくる。死後の処置、汚物の処理、給食など、慰安婦だけでは手が回らなくなった」「慰安婦の献身的な奉仕には頭が下がる思いであった」「6月初旬と思われる」「佐宗武雄軍医中尉は決意をこめて『病院も危険が迫った、病院を閉鎖して日没を期して真壁に転進する。城所曹長は兵士20名ほどで独歩患者を引率して出発せよ』と命令を下した」「重傷患者は乾パンを渡し洞窟に残した。慰安婦には乾パンと手榴弾1発を渡し、解散を命じた。彼女達はみな泣き伏した。解散とはいえ彼女達は独歩患者に同行した」(54〜57ページ)

(2016年9月26日・最新更新)


ニッポンリポート・ファイル一覧

ご意見などは tetuh@mbj.nifty.com へ

SAKUMA TETSU
フリーライター
著書[恐るべき証人][検死解剖マニュアル][拳銃天国ニッポン]など