佐久間 哲
ニッポンリポート


従軍慰安婦を調べる 編

従軍慰安婦の体験談等メモ・16



〔その751〕小川徹著『橋の思想を爆破せよ』芳賀書店、1967年発行。著者は、学徒出陣経験者で、同書は映画論集。同書中、「戦中派思想の限界――<国境は燃えている>の反戦傍観者」の一節。
(その751・1)
「(映画『国境は燃えている』・監督バレリオ・ズルリーニの評)敵国ないし敗戦国ギリシアの女を、慰安婦として前線の部隊へ送り届ける主人公のマルチ―ノ中尉(イタリア軍?)の小さな正義感、彼女らへの同情、彼女らをまもるための小さな勇気、女全般へのウイウイしい憧憬と性そのものへの子供のような羞恥心、これら現実への受け身な姿勢<インテリのヒューマニズム>を、私は20数年前の自分たちが軍隊におかれていた姿とひきくらべてみてあやうく共感しようとさえした」(97〜98ページ)

〔その752〕太田昌克著『731免責の系譜』日本評論社、1999年発行。
(その752・1)
「(アメリカの)『ホルツマン修正条項』は、ナチスドイツの戦犯関係者を『入国不適格事由』および『強制退去事由』とする法律で、78年のアメリカ移民国籍法の改正で成立した」「このナチス戦犯対策の法的根拠が96年になって、日本の戦争犯罪にも適用されることが明確に打ち出された。米司法省は12月3日、731部隊の元隊員、関係者と従軍慰安婦施設の維持・管理に関与した関係者など70−80代の男性16人について、過去の非人道的行為を理由にアメリカ入国を禁止する、と発表した」「司法省は16人の名前を公表しなかった。『リストに載っているのでは……』と関係者に不安を抱かせることで、入国を躊躇させるというのが狙いだという」(175〜177ページ)

〔その753〕江口圭一・芝原拓自編『日中戦争従軍日記―一輜重兵の戦場体験』法律文化社、1989年発行。同書は、昭和12年9月、第16師団輜重兵第16連隊に入隊した応召兵士が、中国各地を転戦し、14年8月、帰還・除隊するまでの日記。
(その753・1)昭和12年11月、中国・長辛店。
「11月10日」「(列車移動中、午後)5時長辛店着」「停車3時間だという」「駅前には天理教婦人の早湯のサービスあり。又日本料理店あり。えらい賑わいだ」「向こうから来た列車は材木その他満載しているが、御婦人?も満載している。駅の裏の通りには御婦人が日本、朝鮮などいくらでもいる。早い連中は御飯も食べないで御婦人のいる所へとんで行った。なお、各班に中隊より公然と防毒面が配給されたのだ。みんな点呼すむのを待ちかねて、うづうづしている」(95ページ)
(その753・2)昭和12年12月、中国・南京近郊。
「12月15日」「山の向こうの空高く、アドバルーンが二つ浮いている」「どうもあのあたりが南京らしい。その中、一通り山を越えて、少し平らかな所に村があった。そこに驚くべき光景にぶつかった。竹矢来で囲まれた広場の中に、無慮2000人の捕虜が我軍の警戒裡にうようよしているのだ」「これは南京攻撃においてこれだけの捕虜があったのだと。話によると、約7000人の捕虜があったそうだ」「後ろの山には、銃殺された捕虜の屍体が山のようになっているそうだ」(133〜134ページ)
「12月17日」「滞在2日目。南京入城が本日ある」「27班が乾草の徴発に行ったら農家の藁の中に敗残兵が4名隠れていたので、それを捕まえてきた。自分等の××(人名伏せ字)が業物を抜いてすぱっと一刀のもとに切捨てたら、首がぶらんぶらんしていた。次に○○の○○(人名伏せ字)が抜くなりやったが、首は落ちなかった。△△(人名伏せ字)がついで、俺のを手本にしろというなりずばっと飛閃一陣、首は前にころがって血汐がそれを追っかけてほとばしった。物凄い腕だ」「入城式の参列なのだろう。飛行機が前方の高い山の上あたりを旋回している」「捕虜が来た!一昨日見たあの村にいた捕虜だ」「駆けていって聞いてみたら、約4000人の捕虜だという」「捕虜は20000人あったのが、これだけに処分したのだという事である」(136〜137ページ)
(その753・3)昭和14年1月、中国・梁家湾。
「1月16日」「珍しく終日雨。外出日というので3人は三サ埠へ遊びに行った。慰安所へ……」「自分は留守番」(345ページ)
「1月26日」「隣の8班でレコードをかけている。三サ埠の慰安所でかりてきたものだとかいう。久し振りになつかしくメロデーを聞き、軍国子守唄などきいてほろりとした」(350ページ)
(その753・4)昭和14年2月、中国・京山近郊。
「2月28日」「糧秣輸送隊は9時、湯地方面に向かって出発。留守隊は残置貨物をもって京山へ8時出発。自分は炊事班だから糧秣輸送について行く」「糧秣を糧秣集積所で受領して付近の部落に宿営。ここの集積所は、自動車隊が京山まで輸送するやつを、悪路のため中止して臨時にここへ集結したものである。20連隊の歩兵が監視兵をしている。宿舎にはP屋がいて――これは全く意外だった――京山へ入城する為待機しているらしい――。賑やかなことだった」(372ページ)

〔その754〕奥平俊蔵著『不器用な自画像―陸軍中将奥平俊蔵自叙伝』柏書房、1983年発行。
(その754・1)明治30年12月、台湾・基隆。
「(台湾守備歩兵第一連隊附少尉時代)基隆に於いて奇異に感じたのは、営庭には腰を没する草茫々として毫も練兵したるの痕跡なく、将校等は10時頃出勤し昼食には帰宿する様子なれば、教育は如何にするやと問いたるに、病人のみで僅かの健康兵は諸勤務に使用する故教育は殆ど行わずと。而して連隊長やその他の上長官は芸妓を官舎に入り込ましめ夕食頃になると芸妓や仲居が青年将校等の室に立入り、共に相携えて外出する様、植民地の軍隊が如何に内地と異なるかを此一点で看破したのである」(39ページ)
(その754・2)明治38年7月、中国・大連。
「(第14師団参謀大尉時代)師団司令部は元ダルニー市長サハロフの邸宅たりし天長館に宿泊す」「夕刻屋に登り涼を容るれば南方市街の方位に当たり幽かに弦歌の声、鼓笛の響断続して聴こゆ。聞く所によれば既に普通日本人の大連市居住を願出たる者2700、其の大部は芸娼妓、酌婦の類なりと。彼等が日本軍の全勝を信じ大胆に占領地に発展せんとする勇気は称賛すべきである」(75ページ)
(その754・3)明治38年12月?、中国・鉄嶺。
「師団鉄嶺に移転するや参謀長は軍紀維持の目的であろうが、将校は一切料理屋に至り飲食遊興するを禁ずと言い出した。この頃日本人が漸次移住して店を開き、芸妓酌婦等の来る者多きを加え、兵站部において居住及び旅行を許可せざる地帯へもどしどし侵入する景況であった。これが為今日まで戦地の没趣味生活をなし懐中が暖かになって居る軍人等が一時盛んに遊興し、中には失策するものも出来るだろう。現に予等も時々料理屋に遊んだ事もある。参謀長は軍人の失策過誤を予防するの考えであろう」(85ページ)
(その754・4)大正9年9月、中国・漢口。
「(中支那派遣隊司令官時代)着任当時の実情を忌憚なく述べると、派遣隊表門前、すなわち風紀衛兵所に近き将校宿舎には日夜醜業婦の出入するもの少なからず、中には将校宿舎内にてこれ等醜業婦を相手に飲酒し従卒をして酌をなさしむる者あり。軍紀風紀上に及ぼす弊害の甚だしき者あり。前司令官のこれを禁止し得ざりしは自分自らも日本租界の司令官宿舎に醜業婦の出入を許しありし故に外ならず」(198ページ)

〔その755〕磯部利彦著『火だるまからの生還―磯部海軍大尉の体験と信条』高文研、2012年発行。著者は、海軍兵学校卒業後、昭和16年11月、第37期飛行学生となる。
(その755・1)昭和16年11月。
「飛行学生任命の少し前、1941年11月1日、われら少尉候補生が待ちに待った海軍少尉任官の辞令が来た。外泊が認められ、『S(芸者)プレー』もできるようになる。大和のガンルームでは、ほやほやの少尉さんに対し『その道』の先輩からSプレーの手解きが行われた。
1、お遊びの相手は芸者(S)に限ること。
2、遊びに徹し、惚れてもSを結婚相手と考えるな。
3、女郎(P)とは遊ぶな」(114ページ)

〔その756〕藤原弘達著『藤原弘達の生きざまと思索1・生き残る』藤原弘達著作刊行会、1980年発行。著者は、学徒入隊し、昭和20年2月?、中国・汕頭着。
(その756・1)昭和20年2月?、中国・汕頭。
「中国大陸に渡ったとき、その中隊の将校で童貞だったのは、私ひとりだった。『行って来いよ』などとすすめられ、汕頭の将校専門のクラブに連れて行かれた。クラブといっても、料理屋兼慰安所のようなところで、そこにはセックス・サービスをする女(中国人)がいた」(103ページ)

〔その757〕支駐歩三、第十中隊会編『支駐歩三、第十中隊の歩み』支駐歩三、第十中隊会、1985年発行。同書は、昭和13年、北京で編成された支那駐屯歩兵第三連隊の第10中隊の戦史と回顧録集。
(その757・1)昭和18年?、中国・揚店子鎮。
「私の軍隊生活(と題する会員の回想記)」「一個大隊以上の兵力が駐屯している所には、必ず売春婦が付随している。ほとんどが朝鮮人で、主人公は女が多い」「我が竹内大隊がこの付近(揚店子鎮)の治安維持のために、いままで駐屯していた任邱から新しい警備地に移動することになった」「この時も彼女等は我等の大隊に随行していた」「大隊本部の偉い人から『お前は暇だからピー屋を作れ』と指示された。実をいうと、私の任務は大隊本部の炊事責任者(兵長)で、炊事以外はあまり用のない存在だった。部隊が長い間駐留するとなるとこれは大変だ」「大隊の本部は本部要員が寝る所を作り、重機関銃中隊、大隊砲小隊と各中隊が大隊本部を中央にしておのおのが砦を構築するのである」「(建設)場所が決まると各部落の村長が集められ、必要な資材と職人が徴用される。極めて短期日に作り上げなければならないので、その他大勢の苦力を動員する」「兵隊達の一番楽しみにしている娯楽センターのピー屋が手つかずにあるので、その部屋造りに本部で一番暇な私に白羽の矢が立ったというわけだ。『女郎屋作りに日本の兵隊はやれないから、支那側の兵隊(馬賊帰順者)を使え』ときた」「(彼らと共に近郊の大きな部落に行って村長を脅しあげ)それから約2週間、毎日のようにこの部落にピー屋を作るための資材集めに出かけて行った」「(建設)職人の手も揃って、兵舎が出来るよりも早く2軒のピー屋が(兵舎の外の街中に)完成し、早速営業を始めた。私はこの功績によって、女郎屋のジャングイ(主人)にのし上った。全部で15名程いたお姐さん達のサービスのよいこと。女将から言い聞かされているのであろう。誰を選んでもただだった」
「(ある夜)女将をさかなに老酒を一杯やり、一寝した。ところが真夜中になると急に彼女が苦しみだした」「私はフト気づいて『アヘンが切れたのか』と聞くと『ウン』とうなずいた」「この女将は24、5位、女盛りでしかも下ぶくれのちょっとした日本内地でもお目にかかれないような美人だが、日本語があまり上手でないのが玉に瑕だった。生まれた所は北朝鮮の奥地鴨緑江の近くで、川を渡れば満州だと聞いていた」「悲鳴を上げて苦しんでいる彼女を見捨てて帰って来るわけにもいかないので、アヘンのある場所を聞いた。この店の裏の1軒おいて次の家だというから、渡された金をつかんで深夜の裏道を抜き足差し足でその家の戸をたたいた」「金を渡してアヘンをもらってきた」(126〜129ページ)

〔その758〕野口采芽著『太平洋戦争裏話』東京図書出版会、2007年発行。著者は、昭和17年10月、静岡歩兵第34連隊補充隊に現役入隊する。後、憲兵となる。
(その758・1)昭和19年、静岡。
「昭和19年の夏の日、新しい連隊長が赴任」「新任連隊長は、今まで上海の日本陸、海、軍諜報機関の最高責任者の地位につかれていた、大佐の陸軍将校である。早速この連隊長付を命ぜられることとなった」「朝、いつもの如く馬と共に隊長の市内居宅に向かった。玄関先には今日も、画から抜き出たような令夫人が主人を送るため、玄関前に出ている。背丈のある主人も帯刀、軍服等はいかめしいが、俳優なみの美丈夫である。この日、馬の手綱を取る前に珍しく口を開いた。"今日は静岡駅前の旅館に行ってくれ"」「(木造二階屋の)その宿の入口の松の小枝に隊長から受け取った手綱を引っ掛ける。連隊長はそのまま隊に馬と共に帰ってくれという。隊長の命に従い、馬上の人となり帰路についた」「(この後、この)旅館内で、連隊長が中国上海の陸海最高諜報機関の長の任に当たっていた時馴染みになった、当時の上海で美人の名声高かった、中国の映画女優との密会現場に踏み込まれ、静岡憲兵分隊の憲兵に逮捕される事件が突発した」(63〜66ページ)

〔その759〕大野景範編著『十八歳の遺書―予科練・学徒兵の生と死と』昭和出版、1985年発行。著者は、昭和20年4月、特攻隊員として特攻基地である詫間航空隊に派遣される。
(その759・1)昭和20年4月?、香川・善通寺。
「私の隊に仁木兵曹というのがいた。彼とは外出が一緒だったので、よく相携えて善通寺町の遊廓へ行った仲である。この仁木二飛曹に恋人ができた―と言っても、その善通寺遊廓の妓であったが、その女性がぞっこん仁木二飛曹にまいってしまい、仁木二飛曹も憎からず思っていたらしく、『もし俺が特攻隊員でなきゃあ、いまにきっとカアちゃんにしてやるんだがなあ』などと言っていた。その仁木二飛曹が突然死んだ。夜間飛行ではなかったが、その日超低空飛行で飛んでいて行方不明になった。やがて小豆島の西側の海中から、仁木二飛曹の飛行機が発見された」「その夜、私は例の妓の所へ寄った。仁木二飛曹から私が前にもらってあったタバコのケースを遺品だといって渡すためだ。『今日急に命令が出てね。仁木兵曹は出撃したよ。出るとき、これを渡してくれって……』。私は嘘を言った」「それから1週間ばかり経って、どうしているかと訪ねて行った。すると顔見知りの仲居のおばさんが言った。『あの妓、死にましたよ』。私はぎくっとした。首をつって死んだということであった」「(タバコケースが)女の懐から出て来た」(203〜204ページ)

〔その760〕大浦庸生著『飢餓の島メレヨンからの生還』新風書房、1993年発行。著者は、西部第33部隊に入隊し、メレヨン守備隊員となる。戦友から聞いた話の一節。
(その760・1)昭和19年1月、九州。
「(南洋5支隊は)昭和19年1月1日真夜中に兵営を発ち宇品港へ、そこで輸送船江りい丸に乗船、4日未明、宇品を発ち釜山にて慰安婦を乗せ門司に寄港、その後1月9日佐伯港に入港した。佐伯港で海軍用船山鶴丸と怒和丸が一緒になり3隻の船団が組まれ、11日早朝護衛艦に守られて出港した。この船団は九州の太平洋岸を右舷側に見ながら悠然と航海の途についた。船内では昼食が終った頃(米軍攻撃により)強烈な爆発音と衝撃を受け、船内は真っ暗になった。全員退避を叫ぶ、船倉から抜け出すことができない。やっと甲板に出ると、船は傾き、爆発のあおりで海中に投げ込まれて泳いでいる者がたくさんいた。筏がおろされ、兵士達は冬のいてつく海に飛び込んだ」「兵士達は護衛艦に助けられ(た)」(19〜20ページ)

〔その761〕野村正太郎著『補充兵日記・1938−40年』伝承出版社、1995年発行。著者は、第32師団通信隊に配属され、中国に派遣される。
(その761・1)昭和14年7月、中国・滕県、城後荘。
「(昭和14年)7月16日」「輜重の兵隊に逢って表通りに出て、半島人に聞いたら先刻歩いていた近くにピー屋はあった。なるほどわからない奥まったところに一人の女がシュミーズのまま腰かけて飯を食べていた。何と日本人だ。『いらっしゃい』と言ったまま我々の方を見向きもしない。日本人の商売女は兵隊は相手にしない。将校専用である。その部屋は横に長い家屋を四つに仕切ってあって、三味線がかかっていたのが妙になまめかしい。一人若い女がいたが、後のはあせもと吹き出物とで赤くかぶれたような皮膚の年寄りだった」「支那ピーがいるという一角に行ってみたが分からなかった」「さらに表通りを歩いていると女が出ていた。今度は朝鮮ピーであった。入って行くと中にも、朝鮮服を着た女が一人とワンピースを着た女が2人毛布の上につくねんとしていた。『おはいりなさい。こしかけなさい』と女が呼んだが僕は外に出た。そして日本人と見まごう女と話をした。関西なまりで眼の綺麗な女だ。(同行の同じ分遣隊員の)栗沢が話しかけた。そして僕には『半島人みたいでないですね』としみじみ言う。女は平壌から来たばかりで、支那は汚いとこぼしていた。妹の亭主が岡山県の人だが今出征していると言う」
「7月17日」「今日はいよいよ小林隊の援護付で輜重隊と我々が城後荘に向けて出発する日だ」「朝飯もそこそこにして、(城門にやってきた13台の)トラックの1台に乗り込んで出発。と昨日見た朝鮮ピーがいるではないか。おやおやと思っていると、彼等も我々のトラックに乗り込んで来た。一行は昨日の可愛いいの、日本語が分からないの、ジャガイモのようなの、それに眼鏡をかけた(朝鮮人の)男の4人だった」「道が悪くなると自分等兵隊だけは降りて後押しをした。乗るとやせた女が僕にしなだれてきた。女は写真を見せてくれた。1枚は彼女が軍曹の服を着ていて今より肥っていた。女は絶えず痰を吐いていた。それをそっと覗くと血がまじっていた。女は風邪をひいたのでと言いわけをしていた」「女は黒のスカートをはいて白のガウンを引っかけていた。見ればみるほど痩せて小さかった。朝鮮なまりがあったが、よく歌を歌っていた。他の女人が急に城後荘に行くのをいやだと言い出したので憲兵隊の許しを得て、代わりにわたしが来たのだと言っていた」
「城後荘に着いた」「やせた女に頼まれ、持っていた風邪薬アスピリンをやった。そうか、女達はこの部落に入って来たのだ。しかし女達は入る家がないのでとりあえず医務室の一角に入る」「夕方、もう薄暗かった。便所に行くと、女が3人、途中にアンぺラをしいて横になっていた」
「7月19日」「ピー屋がいよいよ医務室から中隊長室のとなりの兵舎に引っ越して行った」「夜になると、ピーの話でひとしきり、誰が誰を買うの、誰と誰とがマラ兄弟になるのと、騒がしい」
「7月21日」「ピー屋のおやじは開業をあせっている。医務室のうしろの支那人の家をどかして家は確保したが、寝台がないのだ。彼は部屋の内に張るのだと(著者の勤務する)電信所にあった新聞紙を持っていった。ピー屋のその背の低いおやじはよく電信所にやって来る。何でもピーの稼ぎは歩合制だそうである。『年季だと女もつらいしするから……』と言っていた。『はじめは性病検査もやるとか言っていたが、軍医がまだ中隊に帰って来ないので、止めたらしい』とも話していた。兵隊は午後4時から8時まで、後は将校用の時間とか。こんなところでも何時も美味い汁は上の方からすう。兵隊は1回が1円50銭。下士官は2円。そして将校は5円だとか」
「7月23日(日曜日)」「ピー屋が今日から開業である」「栗さんと2人で5時の交信を終ってから出かけた」「(ピー屋へ)僕が行くと秀が来て西瓜をくれた。僕を部屋に引っぱりこんで『遊んで行ってよ』と言う。眼鏡をとられてしまう。向こうは真剣だった」「女はアンペラの上に蒲団をしいただけの寝台の上に僕を乗せるのに懸命だった」「初めての経験なので変だったが、考えていたほど突飛なことでもなかった。寝た。彼女は慣れていた」
「7月25日」「班長の話だと別命あるまでピー屋に行ってはいけないと。何でも秀子は岡山にわずか二か月しかおらずにピーに売られて来たので、中隊長がその身の上に同情して中隊長が身のまわりを世話させることにしたので、あの野村が買った女はピー屋がまた始まってもなるたけ行かないようにと伝達係の曹長から言われたと班長は笑った。みんなが『野村はうまくやったなあ』と言うので僕は何だか得意になっていた」
「8月12日 自動車が来て、食糧を運んできた。この自動車で、朝鮮ピー達は滕県に帰すのだ」「僕は何となく寂しかった。僕はとうとう秀子の本名を聞かなかった」(136〜149ページ)

〔その762〕福田實著『満洲奉天日本人史』謙光社、1976年発行。
(その762・1)昭和20年8月・21年、満州・奉天(瀋陽)。
「(昭和20年)8月19日ソ連軍の先遣隊が、次いで翌20日、本隊が奉天に進駐、司令部を東拓ビル、宿舎をヤマトホテルに定めた。続いて21日、戦車隊も入城した」「当初(奉天の)居留民会が最も苦心したのは、ソ連軍将兵の暴行に対する予防措置であった。まず柳町、十間房界隈の三業・遊廓組合長と相談し、補助金を出して店を再開、娘子軍を侍らした。しかしそれでも需要に応じきれず、中国側の平康里(遊廓)の建物を借り受け、商売女のほか避難民からも希望者を募り、市民から衣裳の供出を受け、店舗をふやした。蘇家屯地区では、ソ連軍の要求を拒んだが威嚇されたので、ソ連兵専用のキャバレ―を開き、婦人たちの犠牲的行為により(婦人特攻隊と称した)、ある程度ソ連兵の暴行を緩和した。その機に乗じ、満人労働者が避難民女性を集団略奪する騒ぎも起きた」(255〜258ページ)
「(昭和21年3月正式に国府軍奉天進駐、5月から引揚列車運行したが)引揚げ途中、国府軍から女の要求があるので、(引揚集団)一個大隊に商売女5人くらいを付けた。彼女らは(居留民会)分区の一区民として登録し、持帰金の限度千円のほか生活費一切面倒を見ることとし、一般婦人の身代りとしてサービスに出てもらった。編成は、一分区一大隊で列車一両、員数約一千が標準で、一般に分区長が大隊長になった」(327ページ)

〔その763〕吉田庚著『軍馬の想い出―一輜重兵の手記』「軍馬の想い出」刊行会、1979年発行。著者は、昭和12年9月、再召集され、第13師団管下歩兵58連隊第一大隊応召、中支戦線に出征、弾薬輜重任務とする。14年12月、帰還復員。
(その763・1)昭和12年12月、中国・南京。
「昭和12年12月28−31日」「南京に入城した」「噂に聞く下関埠頭の捕虜銃殺現場を検分する。街側堤防脚部に監視兵に取り囲まれた多数の捕虜うごめき、20名堤上に整列させ半数は揚子江に面して半数は裏向きとして前向き10名は桟橋に駆足行進濁流に投身せしめるのである。強行溺死の処置であるが、生還せんとするものまたは逃げんとせし者は数名の歩兵が膝撃の構えで射殺する。終わると残る裏向き10名が前向けにかわり、終われば堤脚部から20名整列、これを繰り返すのである。鮮血河流を紅とす。嗚呼惨たる哉、已むを得ざる処置なる哉、江上に浮上する我が駆逐艦上より2、3発飛弾水面につき刺す。流弾的をはずれば友軍に危害招く恐れあり。桟橋上と堤上の歩兵が怒号して中止せよと叫ぶ。漸くやみたり。海軍の面白半分の行動である。上流に向かって堤防を行く川面側の堤下には、到る所正規兵の死体と銃器、弾帯、鉄兜散乱し逃げかねて濁流に流されしものも多数あらん」(68〜69ページ)
(その763・2)昭和13年、中国・洋店。
「我々が糧秣を積んで孝城を出発し洋店へ向かって帰隊行軍が始まった間もないときである。同じ孝城から違った道を出て、我が隊と合流しようとする一隊を見つけた」「外被を着て戦闘帽を頭に馬に乗っている。遠目には兵隊と区別がつかぬ。それを兵隊が曳いている。約10人位、その他の馬には商売用具類を駄載している(慰安婦だった)」「民家を急改造して2畳位に仕切り、床を張り扉には筵をつり下げ、彼女等一人一人の居住と職場陣地が出来上がった。経営者夫婦は中年であって、炊事を担当している。外では料金の決定と部隊との渉外関係を司る。街の愚連隊的な心配は軍隊にはないから仕事はしやすい」「上陸以来10か月、砲煙弾雨に明け暮れて生死と戦う兵隊には初めてのお客さんである。僅か10余名の美女が、妙技を尽くしてのサービスは部隊全部を潤した」「彼女等は当時同胞であった朝鮮婦人で健康である。軍医の検診に落伍者が出ない。世の中の娼婦、売春婦と同じであるが、軍隊では違う。使命感を持つ自覚があり、兵隊の行列等には驚かない度胸がある。軍も慰安隊と呼称して待遇したのである。
 後日1年後、武漢攻略戦が終り、漢口の揚子江下流の巴河鎮でこの慰安隊と再会した。彼女等は当時6師団に配属されており、我等と警備交代する時『何だか見かけた慰安隊だね』と、すれ違いに語り合った戦友達の一人が『あれは洋店へ来たピーだよ』と手をあげ会釈したことがあった。彼女等も覚えている者もあって懐かしい目と目をあわせたものであった。我等一大隊は洋店以後1か年南船北馬の戦場にあって恋に飢えているので、設営に先行した将校が6師団に、その慰安隊の由来を説き残置するよう交渉したが応じてくれず移動先に連行することになった経緯が後日談としてわかった。武士の情を知らんか、6師団もえらく惚れ込んだものである」(113〜117ページ)
(その763・3)昭和14年、中国・潜江。
「潜江には慰安所が2つ開設された。南門には現地人の姑娘のみと、もう一つは軍斡旋の日本婦人である。(未婚の朝鮮出身者が多い)いずれも軍医の検診を受けた健康体でなければ就業できぬ」「下士官、兵、軍属の入場料は金2円で持ち時間30分で退場せねばならないコンベヤー式なのである。将校の料金は表示されていない」(229ページ)

〔その764〕竹富町史編集室編『竹富町史資料集@鐵田義司日記―船浮要塞重砲兵連隊の軌跡』竹富町役場、2000年発行。同書は、昭和16年、船浮要塞重砲兵連隊の陸軍少尉として沖縄・西表島に派遣された鐵田の日記。
(その764・1)昭和17年2月、沖縄・西表島。
「(昭和17年)2月6日」「連隊長の思いつき命令が突然電話で通達された。『明日7日重砲隊の将校だけの会食を3区で開くからその準備をしておけ』であった」「翌日連隊将校全員21名が欠席者もなく打ち揃ったことは珍しい事で、鶏5羽、猪1匹、桜正宗1ダース、ビール2ダースと、園田慰安隊のサービスで盛大な会を催すことができた」「(園田慰安隊の脚注・西表島の船浮湾内にある)内離島にあった下士官、一般兵士を相手にした慰安婦らによって組織された集団」(74ページ)

〔その765〕野砲兵第8聯隊第10中隊梶原武次編『砲声比島の空に消ゆ―野砲兵第8聯隊第10中隊戦記』私家版、1990年発行。同書は、昭和16年創設された野砲兵第8聯隊第10中隊の満州・フィリピンでの戦記。昭和16年から19年8月まで満州・綏陽に駐留する。
(その765・1)満州・綏陽。
「綏陽には軍の慰安所なるものが第一から三までの3軒があった。これ以外にも所謂女郎屋が『一力』『祇園』『金時』等の屋号で何軒かあったが、これらの店は料金が高いことと、日本人の女は気位が高く、兵隊などは相手にしないとかの風評で人気が悪く又満人の店もあったが、これも兵どもには一般的ではなかったようで、兵どもの行くのは専ら料金の安い軍の慰安所で、相手になってくれるのは日本語に特有の訛りのある、にんにくの口臭のある女達であった。煉瓦造りの陰気くさく裸電球の薄暗い土間の廊下を正面に安ベニヤ板で仕切った小さな部屋が並び、ベニヤの粗末なドアには下手な字で『春子』『花子』『桃子』などと書いた紙の名札がはられている。4畳半くらいの部屋の中にはせんべい蒲団が一組と木箱の上には小さい鏡台が置いてあるだけで家具などは何一つなく、安い化粧品の香りだけが女の部屋の雰囲気をわずかに醸し出しているだけだが、ここが兵隊どもにはひと時の極楽の場所であった。関特演の召集兵、現役兵の血気盛りの強兵共が休日を待ちかねたように各部隊からここへ殺到し、先を争って部屋の前に一列に並ぶので各部屋ごとに長い列が出来ていた。私はこの光景に驚きながらその人数を数えると、最も多いのが24名、最少が17名であった」
「さらに並んでいる者の動作が面白く、ベニヤのドアを開けると、中は小さな土間で通常ならここに靴を脱いで部屋に上ることになるのだが、客の多いその時はそんな悠長なことはしておれず、蒲団を土間のすぐ上に敷き、女は足を土間へ向けて寝る。兵達は靴をはいたままでズボンと下着を下げただけのスタイルで用を済ませるというものであった。武士の情けか、あいみたがいで、終わった者は身づくろいをせず、ズボンを上げながら出てくると、次の者は待ちかねて飛び込むというもので、先頭の者はズボンの紐を解いてすぐ下げて行動できるよう準備が出来ていた」(24〜25ページ)

〔その766〕井上靖文学館編『井上靖「中国行軍日記」』井上靖文学館、2016年発行。同書は、応召した井上が昭和12年8月から13年3月まで名古屋の第四兵站輜重兵として中国・北支に従軍したときの日記。
(その766・1)昭和12年10月、中国。
「(昭和12年)10月13日」「今日は午後鉄道の沿線(平漢線烏馬庄・新村間?)を通る。手を繋れてる支那の十七八の若年の屍甚だ多し」(27ページ)
(その766・2)昭和12年10月、中国・東常寿。
「(昭和12年)10月25日」「今日サック9枚支給さる。女が4人来る由」(35ページ)

〔その767〕歩兵第51聯隊史編集委員会編『歩兵第51聯隊史―中支からインパールへ』私家版、1970年発行。51聯隊は、昭和18年秋、ビルマに転戦する。
(その767・1)昭和19年3月、ビルマ・モール。
「空挺部隊攻撃戦(と題する第八中隊員の手記」「(敵空挺部隊との交戦で、モール鉄道)守備隊へ次々と死傷者は運ばれてきた。私もすでに片腕、両足を受傷、血だらけで守備隊へ運ばれた。ここに朝鮮の女性3人が甲斐甲斐しく負傷者の手当をしているのに驚いた。私も看護を受け励まされた。彼女達は守備隊専属の慰安婦だった。母国からお国のためと『特志看護婦』としてここまで連れてこられたのであろうか、必死に看護される。私達には母のようにも思え、彼女達の健気な姿があまりにも美しく感じた」(497〜498ページ)

〔その768〕嵐兵団歩兵第120聯隊史編集委員会編『嵐兵団第120聯隊史―血涙の記録・上』嵐120友の会、1977年発行。120聯隊は、昭和13年5月編成され、以後、敗戦まで中国各地を転戦する。同書は、聯隊員らの手記・記録集。
(その768・1)昭和13年7月、中国・湖州。
「(第4中隊関係者の手記・昭和13年)7月1日 宿舎の道を境に兵隊の慰安所、前部隊交代帰還を明日に控えて、今日は自由外出、室の幕が降りっ放しで、しかも室の前に快々的快々的と4、5人も待っている位の盛況ぶり。中には別れがつらいと、大道で手放しで泣いている兵隊さえ見受けられる。こんなのどうかと思う」(62ページ)
(その768・2)昭和13年7月、中国・武康。
「(小行李長の手記・昭和13年)7月21日夜襲の武康の大激戦のことの詳細とは、21日午前零時頃、敵約千、騎兵渡辺部隊本部の衛兵所を全滅し、衛兵所の奥へ侵入、敵は機関銃を据え一斉射撃、他の敵軍は本部及びその他の部隊を全部包囲、にわかの敵襲とて兵全部裸のまま飛び出したが、すっかり敵にしてやられ、手榴弾投下、小銃弾等にて散々な目にあい、しかも部隊長はピー買いをし、支那女、日本女2名よりなる慰安所を設置し、その襲撃のときも隊長以下幹部はピーと遊び、敵の退却後に戻って来たらしいと、兵一同に私は聞いた。兵一同は幹部の無責任に憤慨し、その隊長の相方たるや、敵スパイの回し者にて、相当に良い女だと認めた。その女性等は、渡辺部隊引上げと同時に杭州へ引き揚げた」(98ページ)
(その768・3)中国・安慶。
「(聯隊本部関係者の手記・昭和14年)4月29日、戦地で迎える天長節」「午後1時から部隊内で天長節の余興が催された。その内でも福知山踊りは大喝采であった。兵隊が多分慰安所あたりで借りて来たのであろう、女の派手な浴衣を着、編み笠をかぶって十名余が一団となって踊っている」(416ページ)
「(第9中隊関係者の手記・昭和14年ごろ)兵隊の楽しみは、内地からの手紙や慰問袋等だが、中でも中隊から安慶へ使役に行くことだ。毎月2、3回はあるのだが、小隊ごとに3名くらいが選抜される。往路は、郵便物や兵隊の貯金等を持って行く。そして安慶へ遊びに行くのである。その頃の兵隊の俸給は1、2等兵で8円80銭、上等兵で10円24銭であった。安慶へ行くときは、大体兵隊の持って行く小遣いは10円までの時が多い。自動車のない時期は前江口まで歩いて行って乗船、そして揚子江を発動機船で上っていくのだ」「到着のその日は、聯隊本部に泊めてもらう。一夜明けて、次の日が朝から張り切って外出日だ。何人か仲良しとグループになって、聯隊本部の衛兵所を出ると、安慶の街へ出て行く。第一線からそれぞれ来ているようだ。大勢の兵隊が街の中をぶらついている。先ず亜細亜飯店で、中国料理を3円で3人位かかって食べるのだ。一人ではとっても量が多くて食べきれないのである。次は慰安所行きである。ここの支払いは兵隊は3円である。下士官、将校と値段に差がある。また遊ぶ時間も違う。そこを出ると足取りも軽く、記念写真を撮りに行く。ここも2円である。残る3円が『たばこ』や『ゆであづき』の缶詰。分隊への『みやげ』等を買って帰るのだ」(548ページ)
「(前出・第4中隊・昭和14年?)3月2日 初年兵の一人、安慶で慰安所へ行って貰ってきたようだ。今度の討伐では決死隊を志願して死ぬるつもりだ、と申し出て来る。すぐに福井軍医に頼んで診断してもらう。ところが何でもなかったのだそうだ。全く笑い話だ。てっきり破れたので貰ったとのみ思い込んだわけだ」(638ページ)
「(前出・第4中隊・昭和17年)3月16日 所用のため安慶に至る」「我4年間しかもその間約2年を安慶にて過ごすも、かつて一度も慰安街に足踏み入れず、清潔を保てり。軍公然の施設とはいえ、我聖戦に参加せるなり」「生理的必需に名を借りて、皇軍の一員たる清潔さを忘るは、賞むべきにあらず」(964〜965ページ)
(その768・4)昭和15年6月、中国・湖口。
「(前出・第4中隊・昭和15年)6月17日 湖口の街も見違えるほど整備されたり。住民多数帰り来たりて、カフェー、慰安所等も見らる。又付近の住民参集し、商売活気を呈す。僅かに1年にして斯くの如し」(470ページ)
(その768・5)昭和14年11月、中国・殷家ワイ。
「(第3機関銃中隊関係者の手記・昭和14年)11月3日 明治節、移動慰安所『ふるさと』開業」(587ページ)
(その768・6)昭和16年?、中国・東流。
「(別の第9中隊関係者の手記・昭和16年ごろ)兵士の唯一の楽しみといえば、中隊本部へ来たときの内地からの便りや慰問袋の受領、あるいはアン巻を買い求め、それにたまの休みに東流の慰安所へ(約3里)遊びに行くくらいであったろうか」(1019ページ)

〔その769〕嵐兵団歩兵第120聯隊史編集委員会編『嵐兵団第120聯隊史―血涙の記録・下』嵐120友の会、1977年発行。120聯隊は、昭和13年5月編成され、以後、敗戦まで中国各地を転戦する。同書は、聯隊員らの手記・記録集。
(その769・1)昭和18年、中国・池州。
「(第7中隊関係者の手記・昭和18年)部隊と塀を境にした中国住民街には、正門50メートルほどのところに、軍指定の食堂と饅頭屋と慰安所が1軒ずつあった。各隊はそれぞれ週1回休養日を定め、別名『散歩日』ともいった」「休養日となると、兵たちは午前中に兵器の手入れをはじめ衣類などの洗濯から散髪など、内務の整理を終え、午後は週番下士官から腕章をもらって正門を出た」「その彼等が一番に入るのが若草食堂であった。テーブルを囲んで揚子江の活きづくりならぬ鯉の中華料理をつつきあってメートルを上げた」「食堂を引き上げた兵たちは、その足で石川饅頭店の前を通過、そのお隣の朝鮮娘待つ慰安所蓬莱館へと突進した。1番―政子、2番―富子、5番―桃子、15番―美代子、17番―梅子、21番―星子とそれぞれ馴染みの女に。『大酒飲ミーニシキバラ!』『イバルナー酒クサイ!』。彼女らにたたかれ組みつかれ、腕をとられて4畳半へー。兵たちはここで<突撃一番>蓄積した若いエネルギーの処理を済まし、石川屋で饅頭を手土産に帰るのが散歩日の標準コースとされた」(42〜43ページ)
(その769・2)昭和18年11月、中国・殷家ワイ。
「(第6中隊関係者の手記・昭和18年)11月末だったと思う。大隊本部より、慰問団を派遣するとの連絡があった。私は浪花節でも来るのかと思っていたら、上田中隊長は、中隊の教会風の建物の内部改造を命じた。入口中央扉から奥に向かって廊下をつくり、その両側に、アンペラで仕切った4畳半くらいの小部屋が8室出来上がった。その慰問団とは芸能人ではなく、日本人女性を団長とする若い朝鮮人慰安婦8人の一行である。中隊長は各隊の割り振りを定めた。兵隊の利用時間も決められた。妻帯者以外はなるべく利用するなとか、また、衛生用具は必ず使用せよとか、細々と念の入った指示をした。慰安所入口は、歩哨が一晩中警戒に当たっていた。その前を上田中隊長と共に、歩哨の捧げ銃に答礼して入口を潜った面はゆい思い出も、今は遠い昔である。慰安所開設2日目夜半、敵襲があった。直ちに戦闘態勢に移ったが、敵は射撃を行うのみで接近しなかった。我が慰安所情報を知り、威嚇射撃を行ったものであろう」(277ページ)
(その769・3)昭和19年4月?、中国・土地塘。
「(前出・第7中隊・昭和19年4月ごろ)武昌の平原に特訓の明け暮れを送って二か月が過ぎるころ、土地塘駅前の小さな田舎街に、粗末な慰安所と食堂が開設された。食堂といってもくすびた土間のテーブルで、せいぜい味もないソバが食べられるくらいのもの。また、慰安所も純チャン(支那人)でうらぶれた年増女か、それとも12、3のいたいけな小姑が3〜4人―よければ相手になってやるという顔つきでいた。仕切られたアンペラも兵の帯剣で幾個所か破られているところでは、性欲の便所とはいえ、兵たちにも魅力的なものではなかった」(295ページ)
(その769・4)昭和20年7月、中国・宝慶?
「(第2大隊本部関係者の手記)大隊本部は風樹坪北側に、聯隊本部は拓木田のミカン畑の中に位置した。(昭和20年)7月の上旬である。風樹坪の部落には住民も帰り、商売を始めるようになった。師団から軍の慰安所を設置せよという要請が来た。早速、慰安婦を集めなければならないのだが、その方面のことはさっぱりわからない。そこで副官土家中尉、藤本軍医、それに特別情報班の松井少尉をその担当として処置させることにした。その間にも、第一線中隊陣地、特に第6中隊の大山嶺は、毎日敵機の銃爆撃に膚接して、突撃して来る優勢なる敵と死闘を繰り返していた。湖南の7月は実に暑い。毎日激戦しているその2キロ余り後方では、急造のアンペラ張りの慰安所が大繁盛しているという。いつ命を捨てなければならないかもしれないという、追いつめられたぎりぎりの心境の中に、一瞬の快楽を求める人間の赤裸々な姿であった」(907ページ)

〔その770〕山砲兵第41聯隊聯隊史編纂委員会編『山砲第41聯隊史記―河3567部隊』戦誌刊行会、1983年発行。同書は、北支、ニューギニアを転戦した同聯隊の記録・手記集。
(その770・1)昭和17年7月?、中国・建橋鎮。
「(阜城県建橋鎮に駐屯した第五中隊長の手記)私共はよく晩餐に招待された。この晩餐会も度重なるうちに、姑娘のお酌が出てくるようになった。勿論、各部落には姑娘の数が日増しに多くなっている。私の過去の体験からすれば、姑娘が警備隊(第五中隊の担当)付近に姿を現すようになれば、その警備隊は模範警備隊であって、住民が、その警備隊に絶大なる信頼を寄せている証左であるといえる。彼らが抱いた信頼の原因は、勿論、我が中隊の士気旺盛、隊規厳正にあったけれども、その一つは、私が阜城の大隊本部に連絡に行った際、隊規維持上必要なる旨を大隊長に説き、阜城にいた慰安婦3名の借用に成功して、隊員に対する防犯処置を住民に知らせた効果を重視せねばなるまい」(104ページ)

〔その771〕神波賀人著『護衛なき輸送船団』戦誌刊行会、1984年発行。著者は、昭和17年1月応召し、陸軍の船舶砲兵第2連隊に編入され、アリューシャンからソロモンまで太平洋海域を輸送船の船舶砲兵として従軍する。
(その771・1)昭和17年8月。
「(昭和17年)8月26日午後6時、準備なった(著者の乗船した)崎戸丸と笹子丸の2隻は、小雨降る宇品を出発、翌27日午前5時、門司港に投錨した」「雨の中を南方派遣部隊の将兵が乗船してきた。その最後に思いもよらぬ女が乗船してきて船内が沸きたった。当時は、女は乗せない輸送船という歌もあり、また船に女が乗るとその船は沈められると、まことしやかな風評があったほどで、輸送船に女が乗るなどということは奇跡に近かった。したがって兵隊たちはまるで乙姫様が現れたかのように歓喜し活気づいてきた」「その女とは、前線で毎日戦争で明け暮れて殺伐とした気分にいら立っている将兵を慰安させるための慰問団と慰安婦十数名であった。慰問団は上級船室に入り、慰安婦たちはわが船尾小隊の居室の一段下の船倉に入った。それも乗船部隊の兵隊の室と毛布で仕切っただけの隣りの室で起居することになった。その日夕食に珍しく一杯の酒が配給され、夕食後慰問団と慰安婦による慰安会が催された。雨のしたたり落ちる船底に仮設された舞台で、久しぶりに見る慰問団の芸はさすが芸人だけあって、各種の演芸から歌謡曲などを演じて拍手喝采を受けた。続いて慰安婦たちが赤い襦袢姿でなまめかしい色香をまきちらしながら、兵隊を挑発するごとく大きな尻をふりながら踊ったカッポレや奴さんの姿態が、女に飢えている兵隊の官能を刺激し、随喜の涙とともに狂喜せしめた」「28日午後4時、崎戸丸と笹子丸の2隻は予定通り門司を出発」「(高雄から単独シンガポール目指した崎戸丸は9月)9日午後2時、無事シンガポール港に投錨し、翌10日午前9時桟橋に横付けとなり、乗船部隊の将兵と航海中色香をまき兵隊の眼を楽しませてくれた慰問団と慰安婦たちは、それぞれの目的地に向かって上陸して行った」(82〜86ページ)

〔その772〕渡辺憲央著『逃げる兵―高射砲は見ていた』文芸社、2000年発行。著者は、昭和19年応召し、新編成の球12517部隊・独立高射砲27大隊の一員として同年6月、沖縄・那覇に上陸。
(その772・1)沖縄。
「(昭和19年夏ごろ?那覇)乙姫さまがいるといわれる辻町の廊がある。鬱蒼と繁るガジュマルの並木をはさんで両側に並ぶ妓楼は、真夏の太陽を浴びながら、ひっそりと静まり返っていた。開け放った二階の壁に架けてある蛇皮線や胡弓が異国に来たように物珍しい。私は一軒の店に入って声をかけた」「だが、どうしたことか、いくら呼んでも誰も姿を見せないばかりか返事ひとつも返ってこない。土間の片隅には将校用の長靴が数足、脱ぎ捨ててあった。私はあきらめてガジュマルの木陰に腰を下ろし、流れる汗をふいた」「噂に聞いた乙姫も下級兵士の私には高嶺の花だったのかと諦めながら、不愛想に静まり返った廊をあとにした。だが、この辻遊郭についてすっかり勘ちがいしていたことがあとでわかった。照空隊に分遣されていた豊原が中隊に帰って来たとき、辻遊郭の体験談を聞かせてくれた。『辻は昔からいちげんの客は揚げんことになっているんじゃ。俺もはじめはお前と同じ扱いをうけて腹が立ったが、なじみになってみろ。ここほど親切なおなごはどこにもおらんぞ』といった。彼に紹介の労をとったのは沖縄出身の金城上等兵である。金城はなじみの店に彼を案内すると数人の女を見せ、『どれにするか』と訊いた。相方を決めて部屋に入ると、女は早速、『暑いから裸になりなさい』といい、寝支度をはじめた。女は眉の濃い黒目がちの美人で、沖縄絣の着物を軽く腰でしばり、ふくらんだ胸の下を腰紐で締めていた。この日まで女を知らなかった彼は、あっという間にことを終えてしまった。女は下から彼を抱きしめたまま、『あんた、はじめてね。だったらもっとしていきなさい』と耳もとで囁いた。さらに情事のあと女は壺から泡盛を出して勧め、蛇皮線を取り上げて民謡を聞かせ、この日の支払いは金城と2人で6円しかとらなかったという。
 豊原は次の外出日を待ちかねて、こんどは一人で出かけた。『よく来られたね』と女は喜んで迎え、『あんたは私と契りを結んだのですから、ほかの女と寝てはいけません。もしそれがわかったら廊中からたたき出されますからね』と真顔でいった。それが辻町の掟だったのである。帰る時、女は金を渡そうとする豊原の手を抑え、『きょうはお金は要りません。昨夜海軍さんが余分に置いていきましたから』といい、海軍の残していったタバコまで土産にくれたという。
 ある日、この辻町の廊から慰問演芸団が大隊本部のある蚕業試験所にやって来た。わたしたち一中隊は全員、大隊本部の将兵たちとともに大広間に集合し、はじめて沖縄舞踊を鑑賞した。豊原の話どおり、紅型染の衣裳をつけて踊る女たちはみな美しかったが、とりわけ指先と足首の表情が魅惑的で、一時、軍隊生活の辛い日々を忘れさせてくれた」(34〜35ページ)
「(昭和19年10月ごろ?織名園上間)陣地に着いたとき、私たちを見て通信班の浜田が走り寄って来た。彼は上間分遣隊の指揮小隊長になった若月少尉の当番兵となって来ていたのである。若月少尉は見習士官から任官したばかりで22歳、浜田は鹿児島で信用組合に勤める3児の父親で、八つも年長の30歳である」「仕事といえば、小隊長の身の回りの世話と、週一回、ふもとの慰安所へ『隊長のコレを迎えに行くだけじゃ』と小指を立てて見せた。彼の話によると、慰安所には20人ほどの女がいるという。しかしいずれも将校専門で、兵隊は家の中に入ることも許されなかった。彼は若月少尉のなじみの女のからだがあくまで、慰安所の外に立って待っていなければならない。腹の立つのは、出入りする若造の将校たちに馬鹿のように敬礼ばかりしていなければならないことだとぼやいていた」
「そのころ、廃墟になった那覇市内にも兵隊専用の慰安所が出来た。交代で外出する兵隊に大塚曹長から、『つる』『かめ』などと書いた紙片が手渡され、兵隊たちはいそいそと陣地の坂道を降りていった。『つる』『かめ』とは相手方にきめられた慰安婦の名前である。10月10日の空襲で立木1本残っていない荒涼とした辻遊郭の焼け跡に、筵囲いの小さな掘立小屋が数十戸並んでいた。小屋の軒にはそれぞれ相手の名を記したボール紙がぶら下がっており、おなじ女を割り当てられた兵隊たちが、入口の前に一列になって順番を待っている」「やがて順番が来て受付の兵隊に紙片を渡し、筵をめくって入ると、2坪ほどの地面に毛布が敷いてあり、天幕がわりの筵の間から差し込む薄明りの下で、裸身の慰安婦が股を広げてまっていた。片隅では、終わったばかりの兵隊が軍衣のボタンを忙しげにかけて出て行った」「(コトが終ると)女は寝たまま、始末をした紙屑を枕もとの芋笊の中にポイと投げ込み、『お次よ』と受付の兵隊に声をかけた。慰安代金は月末、給料から差し引かれた」(60〜62ページ)
「(昭和20年4月ごろ?小禄)大隊本部の壕を住み心地よくするため、浜田と私が土方作業の使役に駆り出された。本部指揮班は酒宴の真っ最中であった。大隊長の横にひかえているのは、去年の秋、慰問に来たとき琉球舞踊を見せてくれた乙姫のトヨ子である。色は少し黒いが目鼻立ちの整った美人で、あのとき以来大隊長のお抱えとなり、辻遊郭が空襲で焼け野原になったあと引きとられてきたそうだ。女はほかに何人かいて陽気に騒いでいたが、私たちはそれに見とれているわけにはいかなかった。大隊長専用の個室を作るため私たちは岩盤を砕き、石塊をモッコに入れて外に出す作業を終夜くり返した。本部には初年兵教育を一緒に受けた羽矢がいて、そっと私に囁いた。『見てみろ、将校はあの調子じゃ。軍規も風紀もありゃせんぞ。酔っ払うとそのまま女を抱いて寝るんじゃ。早よう個室を作ってもらわんと、若い者はたまらんわい』とぼやいた」(75ページ)
「(昭和20年7月?沖縄・屋嘉捕虜収容所。著者は写真班だったが、現像に使う水くみ業務の)使役の一人は、軍司令部高級将校の当番兵で、将校たちの秘話を聞かせてくれた。なかでも長参謀長は女優山田五十鈴の大ファンであったらしく、首里の地下壕に『天の岩戸戦闘司令所』の看板を掲げたその日から、自分の居室に彼女の等身大の写真を飾っていたという。5月下旬、軍司令部が首里を捨てて摩文仁の洞窟に撤退したとき、参謀長は当番兵がその写真を首里に残してきたのに腹を立て、すぐとりに行くよう命じた。当番兵はばかばかしいと思ったが、牛島軍司令官に次いで偉い人の命令である。そのまま首里に引き返し、大きな写真をロープで背中にくくりつけ、弾丸雨飛の中、命からがら摩文仁の洞窟へ運び込んだという」(194ページ)
「(昭和20年8月15日以後?同前収容所内の)指揮班の編成は、英語の自由に話せる元日本兵の中から選ばれた。私たちの第一号幕舎では、球部隊元兵站の内山軍曹、大竹軍曹、山部隊の田中曹長、角伍長、写真班として私たち2名」「いずれも通訳や捕虜カードの作成が仕事で、もはや軍の階級を忘れおたがい“さん”づけで呼び合った。横浜生れの内山さんは生粋のハマっ子育ち、食糧その他軍の買い付けが専門だったが、その一方で兵隊に提供する慰安婦の元締めも兼ねていた。そのせいかわい談が好きで、この人の話を一席聞くと頭が痛くなり、夜眠れなくなるとみんなこぼした」(199ページ)
「(昭和20年)6月はじめ、(摩文仁近くの小度の)この壕に入った大滝大地長は突き当りの一番奥に大隊長居室を作り、将校、下士官のいる指揮班の間に衝立がわりに毛布を吊り下げ、その中で愛人トヨ子と起居を共にしただけでなく、当番兵に糞尿の始末までさせていたという。しかも、彼女の抱親(廊の女将)と実母まで手狭な壕内に同居を許されていたのである」(204ページ)

〔その773〕鈴木益三著『赤紙の兵隊日記―臨時召集を受け満州(現中国東方地方)と韓国に応召中の記録』私家版、1988年発行。著者は、昭和16年7月応召し、満州各地を転戦する。
(その773・1)昭和16年10月、満州・西南フン?
「(昭和16年10月)2日 病馬治療。饒河から女(原注・半島人の女?)5人来たのを見る、酒保か慰安所か。国境のウスリー江が凍結したと知らされる」(22ページ)
「(昭和16年11月)3日」「饒河の本部では、午後大隊長は女浸りとのうわさ。4日 大代河の酒保には慰安所ができると」(24ページ)
(その773・2)昭和17年、満州・大代河。
「(昭和17年1月)15日 休養日大代河の酒保への外出は各班から1名、くじびきで決める。慰安所は1円30銭だったと」(28ページ)
「(昭和17年4月)9日 被服使役が取りやめになったので、大代河の酒保に行く。午前9時に出る。オムレツ2皿、高粱酒4本で金5円なり、慰安所は1時間2円60銭、防具20銭なり。午後3時には帰途につく。その途中通り雨にあい濡れて帰る」(37ページ)
(その773・3)昭和17年5月、満州・饒河。
「(補助兵として派遣された饒河で、昭和17年5月)24日 休日、午後外出の組に入る。今日は日もよいのか賑やかな花嫁行列を二つも見た。初めてで珍しかった。『ニコニコ』食堂で50銭、慰安所で3円60銭、町の銭湯で30銭。満州式の風呂場は石造りの大きな物だった」(39ページ)
(その773・4)昭和19年10月、満州・琿春。
「(昭和19年10月)26日 外出日午後、13名。床屋、写真屋、映画、慰安所、中華料理屋」(125ページ)
(その773・5)昭和20年4月、満州・老黒山。
「(昭和20年4月)24日」「官舎当番の岡田一等兵来る、話では官舎専用の慰安婦のいることを知った」「(5月)3日 環境の整理。18時から21時まで中村伍長と2人、第一大隊の積み込みを見学に行く。帰途、慰安所に5円也(当時著者は兵長)」(140〜142ページ)

〔その774〕辻野龍一著『一銭五厘の青春―中支那戦線に従軍した下士官の手記』市田印刷出版、2011年発行。同書は、父の戦争体験手記3冊をもとに書き下ろしたもの。父は、昭和14年1月、現役兵として入営し、同年4月、漢口に上陸。野砲兵第39連隊獣医部に属し、各地を転戦。
(その774・1)昭和17年、中国・当陽。
「慰安所に辿りつくと曹長の奴はさっさと女の部屋へ上がりこんで行く。女達が『軍曹ッ』と残った2人の腕を引く。藤元の奴も腕を引かれて姿を消す。私も女の引くがままに部屋に上がり込む。朝鮮女性の頼子とこの時に初めて出会う。4年目にして助平の仲間入りである。助平軍曹といわれる階級になったことを自覚する」(211ページ)
(その774・2)昭和18年12月、中国・?
「(陸軍獣医務曹長に進級し)皆で進級祝いの酒盛りをする。酒が入ると当然の如く外へ繰り出すことになる。慰安所に顔を出すとなんと顔見知りの女がいる。昔当陽の慰安所で一度上がったことのある頼子(朝鮮名・李順伍)である。その後は病気が怖くてずっと慰安所は遠慮していた。助平軍曹が病気をもらったと言われたらと思うとぞっとする。内心は驚くが知らぬ顔を決め込む。女はしきりに考え込み、『あッ。当陽の時の軍曹さんだッ』と抜かす」「いつから此処に来たのかと聞くと、『昨日鞍替えして来たばかり』と話す」「(その翌日)昼からは用無しでブラブラする。すると頼子の奴が豚肉の燻製を持って事務室へ現れる」「慰安所は部隊の直ぐ隣にある。月子は大上曹長の馴染みなので2人で事務室へ来る事もある。時には女達が大挙して押しかけて来る時もある。これにはスケベ連中も私も皆閉口して、『帰れ。帰れッ』の大合唱で事務室から追い出す。追い出された女達は次に本部事務室へ押し掛けて行く」「平日の昼間は慰安所には誰もいけないので女達も昼間は退屈している。日曜日は昼から兵、夕食からは下士官、22時からは将校と決まっている。平日の夜は将校だけの専用である。兵と下士官は日曜日だけである」(259〜261ページ)
「(昭和19年1月、2年ぶりに連隊本部が作戦出動する)連隊長を先頭に出て行くと本部はガランとして静まりかえっている。慰安所も客が少なくなり開店休業となる。そうすると暇を持て余した女達が大挙して営内へ遊びにやって来る。10名近くいる女達がこの時とばかりに押し寄せる。女のいない軍隊のはずが女だらけになり追い出すのに時ならぬ騒ぎになる」(264ページ)
「気晴らしに焼き栗を持って慰安所の頼子に会いに行く」「この頼子は大上曹長の馴染みの月子と同郷である。一緒に女子挺身隊だと言われ内地から中支まで連れて来られたという。戦地に来てみれば否応なしに慰安婦にさせられたと嘆いている。当陽に着いたのが3年前の20歳の時だという。私が軍曹になったばかりの時である。『俺はあのときが初めて慰安所へ上がった時であまり覚えていない。お前はよく俺を覚えていたな』『そうよ。あの時はまだ1週間目だったのでよく覚えている』と笑う。騙されたと怒って逃げ出しても周りは知らない土地だし敵地なので諦めたという。それからは自暴自棄になり酒ばかり飲む生活が続き、今では胃痙攣が持病だと笑っている」(283〜284ページ)
(その774・3)昭和20年6月、熊本。
「(昭和20年6月、転属で熊本へ。熊本の)旅館の夕食が終ると、(同室の獣医大尉が)『曹長ッ。六本木へ繰り出すぞッ』と言い出す。後片付けをしていた女中が、『まだ早過ぎますよ』とクスクス笑うので女郎屋行きだと判る。『どうぞ行って来て下さい。私は一人で寝ていますからご自由に』と言い終わらないうちに『では、行って来る』と張り切って出て行く」(380ページ)

〔その775〕権二郎著『オラン・ジュパン―ジャワ、スマトラ・残留日本人を訪ねて』長征社、1995年発行。同書に登場する残留者の一人、ジャワにある日本の製薬メーカーの研究薬草園にいるヨハネス(85歳)。薬剤師だった彼は、戦時中、スマトラ・メダンの軍政部衛生局管轄「メダン病理研究所」で働く。彼の体験談。
(その775・1)昭和21年、インドネシア・メダン?
「(終戦後、10月に進駐した連合軍の指示で従来の仕事を継続し)私が集結命令を受けたのは46年の3月で、もうそのころには北スマトラにいた日本人は民間人も軍政部員も大部分は帰還して、兵隊も、治安警備にあたる部隊以外はどんどん帰っていました。しかし、私は大変な仕事をさせられそうな気配でした。朝鮮人慰安婦の輸送指揮官です。私の同い年の市丸という医者から、出張で集結地の農園に行ったときにこのことは聞かされました」「スマトラには全部で6000人ほどの慰安婦がいたそうです。大部分は現地人で、終戦後すぐに解放されて、それ相当の手みやげを持たせて帰らせたので表面的には問題はありませんでした。日本人女性もいましたが、連合軍に要求される前に、看護婦やなんかに仕立てて病院関係者と一緒にいち早く帰還させていました。残りが朝鮮人の慰安婦で450人いました。そのうち300人はすでに朝鮮に帰還していて、あと150人残っていました。ところが、先にその300人を乗せて帰った船の輸送指揮官だった衛生局の佐久間さんという人が行方不明のままだというのです。船は確かに朝鮮に入港したのです。おそらく、当時の朝鮮の混乱した状態の中で、これまで日本が犯してきたことへの恨みから、血祭りにあげられたのではないかという話でした。ですから輸送指揮官というのはイヤで……。それに、市丸に教えられて、朝鮮人慰安婦が収容されていた宿舎をこっそり覗いてみましたが、酒を飲んで胡坐をかいてクダをまいている者、博打を打ってケンカをしている者――まったく酷い状態でした。じつは連合軍が進駐してきたあと一度、これらの者は、連合軍の慰安婦となったのですが『気にいらない』とすぐに送り返されてきたそうです。そういう者たちを150人も連れて行くというだけでもゾッとしました。しかし、元はといえば日本軍に騙されて連れて来られ、処女を失い、青春をメチャクチャにされたわけですから哀れな人たちです」(110〜112ページ)

〔その776〕青柳謙一著『インド洋の夕映え・駐スマトラ海軍部隊始末記』東京図書出版社、2006年発行。著者は、海軍に入隊、短期現役主計科士官となり、昭和19年3月、主計中尉任官と同時に南方戦線に赴く。著者は、小杉という名で登場するようだ。
(その776・1)インドネシア・サバン(ウェー)。
「(昭和19年3月?海軍第9特別根拠地隊司令部のあるサバン島に着任し、宿舎で歓迎会)『さあ、聚楽荘へくりこもう!従兵、車を用意しろ』。宴酣となったころ川上中尉は叫んだ。聚楽荘とは士官専用の慰安所のことだそうである」「車で10分ほど行くと門があり車は中に入る。門の中はかなり広い敷地で、ひろい中庭兼道路をはさんで幾棟かの平家の建物が並んでいる。川上中尉ら一行は入って左手の、幾棟先にある南方風の開放的な建物の中に入った。この部屋は、まん中に大きな四角のテーブルがあり、いくつかのイスがこれを囲んでおかれてある。一同はめいめいその席につく。一行の声をききつけたか、4、5人のシナ服を着た若い女性がつよい脂粉の香を漂わせて入って来た」「これらの女性は慰安婦なのである。あとで聞くところによると、これらの女性は、主としてもとペナン島の『桜の園』などというクラブで働いていた、華僑女性のダンサーたちを連れてきたものだという。それだけにこんな僻遠の孤島にふさわしからぬアカぬけした女性たちである。サバンの『聚楽荘』といえば、スマトラ、アンダマン、ニコバル等のインド洋方面に展開している、海軍艦船部隊の士官たちの遊び人にとっては、垂涎の場所ともいわれていたという」(52ページ)
「(昭和19年?月)司令部では来たるべき決戦に備えて、足手まといになる非戦闘員の軍属らを、日本内地に送還する方針を決めた」「庶務主任の小杉のところへは、内地送還の陳情が相次いだ。サバン島の慰安所経営を兼務している山路通訳は、最も熱心に哀願するように小杉に頼み込むのだった。彼は東京外国語学校のマレー語科を卒業しているが英独語にも通じていた」(219ページ)
(その776・2)スマトラ・メダン。
「(スマトラ・メダンに出張時)『新井兵曹、今夜は慰労のためにごちそうしてやろう。運転員の山田兵曹も長旅でご苦労だったからいっしょに慰労しよう。新井兵曹、どこかにいいレス(原注・料亭)はないか』。参謀は施設部の連絡所を出ると、新井兵曹に言った。『はあ、もと女優だった大山デブ子が、おかみになってやっている梅月という料亭がございますが』。梅月はもとオランダ人の宿舎の内部を改造し、日本風に畳を敷いた部屋がいくつかあったが、参謀らの通された部屋は十数畳もある広い部屋で、何の装飾もないガランとした殺風景なものであった。酒は日本酒といってもスマトラで作られたもので、あまりうまくなかった。芸者と称するすれっからしの日本人の女が2人出て来て酌をしたが、その言葉つきや所作の荒っぽさにあきれるばかりだった。どうせ娼妓が昇格して芸者になったものだろう」(103ページ)
(その776・3)ジョホール。
「(昭和19年7月?シンガポールへ出張時)宵となり小杉は桑原(同期の主計中尉)と短期現役の軍医大尉及び予備中尉の3人とともに車に乗った。ジョホールのまちにある『新喜楽』というレスに着く」「座持ちの女たちが3人現われた。芸者2人と仲居1人である。芸者の1人は、芸者という名前負けのするような顔だちのあまりよくない女で、もう1人は40歳ぐらいのババア芸者であった。ところが仲居は芸者にしてもよいようなアカぬけのした美人であった。芸者はいかにも暑苦しいような和服のお座敷着を着ているが、仲居の方は清楚なワンピース姿で年も21、2歳と若く、女学校ぐらいは出ているようで芸者たちよりも知性的にみえた。桑原の話によると、こういった仲居になる女性は、南方諸地域の海軍の水交社ホテルや、諸厚生施設の事務員やサービス員になるのだという、悪質な周旋屋の口車に乗せられ南方へ来たところ、芸者になれと強制され、拒絶したがいれられず、やむなく仲居となって処女を守っているものが多いのだという」(204ページ)
(その776・4)昭和20年8月、スマトラ・パダン。
「(昭和20年5月?パダン海軍派遣隊本部に異動。敗戦で)小杉はその職掌がら、主計長として終戦処理すべき仕事が多くなってきた」「海軍が集会所と慰安所とを委託経営させていた谷川通訳を呼び、終戦に伴ないこれらの施設を解散するよう指示した」「谷川氏は三重県の出身で、旧制中学を終えるとすぐ、中部スマトラで海運関係の仕事で成功していた伯父を頼ってスマトラへ渡った。それから二十数年間、マラッカ海に面したパカンバルという河口の港町付近に居住、現地人から旦那旦那と慕われた人である」「(戦争がはじまり)海軍の要請でスカウトされ、パダンの海軍集会所と慰安所を受託経営することになったのである」(307〜312ページ)

〔その777〕近衛野砲兵聯隊史編纂委員会編『近衛野砲兵聯隊史』私家版、1986年発行。
(その777・1)昭和15年11月?中国・洋沙。
「(聯隊本部員の「中山県日誌」と題する手記。昭和15年11月)30日 変な命令を受けた。慰安所の女子受領のため唐家まで行き、7名受領すべし、変な役目、慰安所を南ロウ(草かんむりに朗)と崖口との間にある洋沙に設けた。この部落には部隊が駐屯していないが、適当な所がないのでここにした」(502ページ)

〔その778〕榎本弘著『ある兵隊の回顧』私家版、1970年発行。著者は、昭和13年9月、応召し、南支各地を転戦する。
(その778・1)昭和14年1月?中国・朱村。
「長い間作戦が続いていたので、兵隊も不自由しているだろうという配慮から、われわれが朱村に来て、間もなく、慰安婦たちが自動車隊に送られてやってきた。兵隊たちは喚声を上げてこれを迎えた。東莞にも慰安所があったが、初年兵としての苦しい訓練の連続と、ここは戦地だという緊張感から、そんなものには全く関心がなかった。広東の市内警備の時慰安所のそばを通ったが、ほとんどが朝鮮の女性で、無理もないことだが荒み切った感じであった。またそのあたりの雰囲気は索漠たるもので、何ともやり切れない空気が漂っていた。この朱村の慰安所は果してどんな風であろうかと、私は戦友に誘われるまま、大工たちの兵によって急造された仮設慰安所を見学に行った。すると、そこには番号札を持った兵達がたむろしていて『おーいまだか、長いぞ、早くせい』などと室内に向かって怒鳴ったり、甚だしいのは扉をどんどんたたき、はては扉の上によじのぼって中をのぞき込んでいる。だが、その兵たちの顔は何のてらいも屈託もなく、きわめて朗らかにふざけ合いながら待っているのであった。
   これでは、ムードなどというものは全然ない。のみならず私には、余りにもむき出しすぎるというのか、浅ましい感情が先に立って嫌悪を覚えた。でも彼女たちの献身的な奉仕によって、兵たちが大いに慰安され、殺伐な空気が緩和されたことは事実である。たしかに慰安所に行ってくると、兵たちの間には、殺気立った喧嘩がしばらくはなかった。その功績は決して小さくないと、私は思っている。そこでこの慰安婦たちを、食糧隊になぞらえて、私は性糧隊と名付けた。それは部隊のために欠くことのできない、兵団の中の一部隊のような気がしたからだ」(127ページ)

〔その779〕加藤正編著『従軍回顧録第一巻』従軍回顧録編纂委員会、1970年発行。同書は、岐阜県関係者の手記集。昭和12年8月から15年12月まで中国各地を転戦した南京第二陸軍病院長の手記「想い出の記」の一節。
(その779・1)中国・揚州。
「揚州には、長期にわたって滞在した」「その間に、地方民も帰って来て、平常とかわりなくなった。有名な揚州美人が町に氾濫しはじめ、売笑婦が商売を始めた。花柳病の心配が生じて来た。そのころ、私たち病院に慰安所づくりの命令が出た。さっそく娼婦を募集したら、初めの予想に反してわんさと集まったのである。志願者の多いばかりか、合格したい熱心さのものすごさ――検査場の近くにたらい湯を用意して身体を洗っている。不合格を宣すると、大声をあげてわいわい泣き出すのである。ムリじいされて来たのではなく、自ら望んで来たことがわかる。さらに意外に感じたのは、若い夫婦が来ていることだ。夫は事務員に若妻は娼婦として合格し、その亭主は妻が美人ゆえよく売れると自慢していることである。これら娼婦は、全部16、7才で、20代はいない。支那人の下級者は、栄養の関係か早く老化し、上流生活者以外は20代になると色あせ易く、30代の美人なんて少ない。娼婦が10代ばかりというのは不思議ではない。揚州に美人の名が高いのは、揚州ばかり美人が多く生まれるのではなく、ここは昔から色街が多く、美人が多く集まるからである。揚州の町のある区域は、娼婦を2、3人抱えて暮らしている家が多い。揚州の思い出は多いが、戦争に関係が少ないので……」(248〜249ページ)

〔その780〕従軍回顧録編纂委員会編『従軍回顧録第四巻』従軍回顧録編纂委員会、1971年発行。同書は、岐阜県関係者の手記集。その中の「住民の協力(南支にて)」と題する手記の一節。
(その780・1)南支。
「私の隣の部隊の話であるが、当時兵の間で話題になったことであるので記述したい。某軍医中尉が部隊近くの民家の前を通りかかると、姑娘(原注・娘のこと)がただごとでない泣き方をしている。その傍らには貧しい両親と人相の悪い人買いの男が姑娘の売買を交渉していた。この貧しい住民の家族に同情した軍医は金50円を出して身売りをしりぞけ、数日後には内地部隊へ転勤して行った。終戦後日本軍人の暴虐行為が針小棒大に宣伝され多くの犠牲者を出しているのは残念なことであるが、日本軍人の中には某軍医のような人も多かったことを忘れてはならないと思う」(198ページ)

〔その781〕真子平治著『軍艦旗に青春を捧げて』私家版、1991年発行。著者は、昭和17年?17歳で海軍志願兵になり海兵団に入団し、駆逐艦「浜風」などに勤務する。
(その781・1)昭和19年12月、広島・呉。
「19年11月30日、呉に入港した。翌日から、半舷上陸が許可された。入湯上陸といっても、一等兵には外泊は許可されず、半日間の上陸であった。山近一水(著者のこと)にとっては、海軍に入って、内地では初めての上陸であった。上陸時間がきて、当直将校から、軍紀・風紀上の注意と、防諜に関しての厳重な注意があった。さあ上陸だと、岸壁に上ったら、大勢の人が列を作り、何かを受け取っているので、何だか分からないが、自分も貰おうと思い、列の後ろに並んで順番を待っていると、後ろに並んでいた下士官が『お前も、それが入用なのか……』と問われたので、『ハイ、そうです』と答えた。下士官は『お前には、それを使うのはまだ早いよ……』といって、ニヤニヤ笑っていた。順番が来て、渡された品を見ると、初めて見る品物であった。『ハート美人』と『消毒クリーム』と表示がある。何だろうと思いながら、クリームを絞り出したり、ハート美人を、風船のようにふくらませていると、同班の佐川上水が通りかかったので、『佐川さん、これは何ですか』と尋ねたら、佐川さんは『馬鹿だなあ、何も知らずに貰ったのか』と笑いながら、その使用法を説明して『ちょうど良い機会だから、13丁目に連れて行ってやろう』といった。佐川さんと連れ立って、13丁目に行き初めて具体的にその使用法を知ったのである」(121ページ)
(その781・2)昭和20年1月、台湾・馬公。
「(昭和20年)1月15日、敵艦載機の空襲で、浜風に来襲した100機余りの敵機との戦闘で、8機撃墜、20数機撃破の大戦果をあげた。その翌日、散歩上陸が許可されて、通航船のサンパンに乗って、馬公の街に上陸した。街で出会う人たちが口々に『兵隊さん、ありがとう』と、浜風の奮戦を称えて大変な喜びようだった」「澎湖島名産のサンゴ細工等を土産に買って、同班の竹沢一水と連れ立って、遊廓に行き『買物をしたので、手持ちの金はこれだけしかないが……』といったら、『良いです、兵隊さんたちには特別サービスします』というので、登楼した。相方を決めてそれぞれの部屋で事を済ませて話をしていると、竹沢一水とその相手の女がこちらの部屋に来た。女たちが何かヒソヒソと話していたが、『兵隊さん、まだ時間があるんでしょ、私たちが交替するから、遊んで行きなさいよ』というので、『金は一人前分しかないから、いいよ』といったら、『一人前だけでいいです』というので、相方を交換して充分に楽しませてもらった。女たちの寝物語で『あの憎らしい敵の飛行機を撃ち落としてくれた軍艦の兵隊さんだからサービスするのよ!』といいながら、『台湾にも何時敵が上陸してくるか分からんでしょう。私たちも日本に帰りたいけれど、帰ることができないので、これから先はどうなるかと思うと、心細くて堪らない!』としみじみと話すのだった」(128ページ)
(その781・3)昭和20年5月、神奈川・追浜。
「森里隊が田の浦水雷学校に居候住まいをしていた時であった。久しぶりに入湯上陸が許可されたので、追浜の街に行き、遊廓街をポケットに手を入れてブラブラ歩いていた。曲がり角で出合い頭に突き当たりそうになった下士官がいた。その下士官は巡邏であった」「色街のど真ん中で多数の陸・海軍の兵隊が行き交い、女たちが客引きをしている目の前で、『貴様、一等兵の分際で大きな顔をして、ハンドポケットで歩いているとは生意気な奴だ!』といいながら、ビンタを10発ぐらいぶっ飛ばして、氏名、所属部隊名を聞き取り、手帳に書き留めて、長々と説教した後」「解放してくれた」「(その後登楼し、女と)世間話をしていると、警戒警報、続いて空襲警報のサイレンがなり、早くも高角砲の音が聴こえて来た」「『空襲警報の時には速やかに帰隊せよ』と注意されていたが、横着を決め込んで『帰隊したって何もすることがないじゃないか』と動こうとはしなかった」「(しかし女にせかされ)防空壕に行った。その店の裏山に掘られた壕で、行ってみたらすでに満員となっていて、入口近くにわずかな隙間があるだけで、おまけに兵隊は帰隊したのか、誰も居なかった。山近一水がただ一人の兵隊であった。気恥ずかしいので女だけ押し込んで、中には入らず入り口に立って見ていると」「(そのうち)空襲警報解除となり、間もなく警戒警報も解除されたので、店に戻った。そうして十分なサービスを受けて朝帰りとなったのである」(138〜139ページ)

〔その782〕飯村大吉著『ラバウルの回想』私家版、1976年発行。著者は、昭和17年10月、海軍主計見習尉官となり、18年2月、第958海軍航空隊付でラバウルに派遣される。
(その782・1)昭和18年、南方・ラバウル。
「着任して1週間ほど経過した時(歓迎会を行う」「(本部から車で)1時間ほども密林の中をゆられて行くと、真っ暗な中に車のライトに照らされて一軒のパネル組立式の小屋が見えて来た。こんな密林の真ん中に忽然として現れた小屋に私は本当に驚いた。よくよく見ると窓に派手な桃色のカーテンがかかっており、何か幻想的な美しさを漂わしていた。これがパンパンヤですよと掌経理長はいった。パンパンヤとは慰安所のことで、慰安婦のことを『パンパン』といった。慰安婦とは戦地における兵達を慰める為、内地、朝鮮、台湾等から募集した婦人で、兵達の旺盛な性欲の処理に身を提供するものであった。
 私はラバウルに着任する途次パンパンヤなる言葉を聞いていたが、今このような奥地に一軒ポツンと建っているパンパンヤを見て、また、この建物の中に生活している女性の姿を、やがて現れるであろう女性の姿を想像して、私は一瞬夢ではないかと自分の眼をうたがった。掌経理長は入口の階段を上がって中に入って行き『オーイ』と声をかけた。建物の中はしんとしていて声一つきこえない。それは気味が悪いくらいであった。我々はかまわず中に上がり込み、6畳位の小部屋に陣取った。持参のビールや缶詰や食器類をテーブルの上に並べ飲み始めた。よく耳をすましてみると、遠くの方でガヤガヤと人の騒ぐような声が聞こえる。だんだんと大きくなってくるようである。別の組がいて宴会を始めているらしい。掌経理長は何か落着かないようすで部屋を出て行ったが、しばらくして戻って来た。女を交渉に行ってきたらしい。
 やがて廊下の方に嬌声がきこえ、数人の女性が部屋の扉をあけてなだれ込むように、我々のところに入って来た。膝もあらわに帯も半ばくづれた格好で、厚化粧をしていた。既にしたたかに酔っていた。私はその時はじめて慰安婦の顔を見たが、その女性がどんな顔をしていたか、今でもよく思い出せない。我々は彼の女とよく飲んだ。5人で5打のビールを殆ど空けてしまった」「主計長は『今夜泊りたければ泊ってもよいぞ。しかし明朝の総員集合までには必ず隊に帰ってくるようにしろ』といって席を立った」「私は泊ったら明日総員集合に間に合う自信がなかったので主計長と共にその夜遅く隊へ帰った」「ラバウルにこのような慰安婦が海軍だけで60人位いるという。陸軍を加えれば100人を越す人数となろう」(29〜33ページ)
「(その後)一夜部隊長以下士官全部でパンパンヤで宴会をした。薄暗い粗末な部屋で、例によって厚化粧の女性が何人か出て来た」「慰安婦の顔は薄暗い電灯の光の下ですさんだ不健康な妙に毒々しい感じであった。軍医長は夜だからまあまあみられるが、昼間はげっそりするからなあと言った。翌日パンパンヤの近くに行って見ると、検診所に行くのであろう4、5人の慰安婦がこちらに向かって何かしきりにしゃべりながら歩いてくるのに出会った。よく見ると足の膝のあたりから下の部分に紫色の斑点が沢山あり、私はこれが昨夜の女かとげっそりしたと同時に可哀想な気がした」
「慰安婦の運命はまさに悲惨なものであった。この年の暮れから翌昭和19年にかけて南太平洋の戦局は日毎に不利となり、制空権、制海権共ほぼ米軍の手中に落ち」「病人や慰安婦を輸送船に乗せて内地へ帰しはじめたが、私は多数の彼の女等を満載した輸送船がニューアイルランド島のカビエン沖で敵の爆撃を受けて海底に沈んでしまったことを聞かされて、何ともいえぬ暗い気持に襲われた」(58ページ)

〔その783〕会沢蛭風著『椰子と南十字星と学徒兵』私家版、1984年発行。
(その783・1)昭和20年、タケク。
「第7方面軍野戦貨物廠西貢支廠は、第338軍野戦貨物廠となり、タケク出張所は第38軍野戦貨物廠タケク支廠と強化され、石野大尉が支廠長で着任され、私は昭和20年4月10日付をもって同支廠建設隊材量主任となる」「各種部隊が駐屯し、タケクに日本軍が増加し、1万を越す。地区司令部が設置された」「地区司令官からタケク出張所に対し、ピーヤ(慰安所)の開設命令が出る。駐留軍が1万を越すと、貨物廠は慰安所の開設をしなければならない任務がある。ハノイ支廠に連絡すると、ハノイから安南人の慰安婦十数名を御用商人が募集して連れて来た。バンガローの一軒をこれらの者の慰安所と定める。この慰安婦のうちの1名に、日本人商社員を恋人に持つ美人の安南人がいた。恋人がいるのに何故慰安婦になったのか、と聞くと、私を捨てて軍人になった(原注・現地応召したらしい)ので、探すのには軍人相手の仕事であれば、何時か会えるからという」
「各部隊に対し、衛生サックの交付がはじまる。タケク出張所開設以来初めての交付である。日曜日慰安所を巡回してみると、おどろいた。各慰安婦の部屋の前は10メートル以上の長い行列ができている」「夜再び巡回してみると、将校のみの利用者で、昼間のような繁昌はない。部屋の入口には名札が下っている。裏は赤く染めた中に氏名が書いてある。花子とか房子とか皆日本名を使っている。赤色の地に氏名が書いたのが下っているのは、性病の発病中の者である。軍医の検査が終わったばかりのようで、2名の赤い札が出ていた。一番の売れっ子は100名以上の売り上げをした者がいた」(166〜169ページ)

〔その784〕『第84兵站病院のあゆみ―老黒山想い出会員回想文集』私家版、1982年発行。第84兵站病院は、昭和16年7月、関特演を契機に満州・老黒山に開設された。同書は、病院関係者の手記集。
(その784・1)満州・老黒山。
「老黒山を偲ぶ(と題する手記)」「私は職業のせいでしょうね。許される限り満州、朝鮮の学校を訪問いたしました。私どもが老黒山本村といっていた部落にも小学校があり、長野県松本出身の青年教師がいました」「満州語がペラペラで誠実で熱意のある好感の持てる青年で、1回の面接で意気投合、大いに語り再会を約して帰りました。さて次に訪問した時は、その学校は軍に接収されて、なんと皇軍慰安所になり、学校は狭い民家に移転させられてしまいました。日本の植民地政策はこれ一つでも大失策、排日、抗日の声の高まるのは必然なりとがっくりしました」(21ページ)
「想い出す儘に(と題する手記)」「軍隊が移動すると、必ず何時の間にか慰安婦がこれについて来る。(昭和16年7月から?)半年もたつと本村には70人位の(原注・主として朝鮮の女)慰安婦が来た。中には日本人の慰安婦もいたが、これは将校専用で、兵隊には配給がないが、検毒となると全部これを行い、不合格者名を各部隊に会報で知らせ、お互いに感染しないようにした。その検毒の勤務を渡辺中尉の助手として行い、迎えの馬車に乗って本村に行き、不合格者は部屋に赤札を貼って商売を停止させた。毎週月曜日を検診日と定めてその日以外は異状者の洗浄、注射等をし、半年以上本村通いをしたが、慰安婦の1割以上も要注意者があった」(55ページ)
「捕虜生活3年(と題する手記)」「(敗戦後、間島〔延吉〕収容所でのこと)私の隣に寝ていた軍曹が、昭和21年の2月も半ば頃であったか、夕食後こんなことを言い出した。『俺は事によると此の収容所から出るぞ……。今日朝鮮ピーが来てな、衛兵司令に金を出し、俺と面会させてくれたのだが、何でも露助の衛兵司令に金を出すと出してくれる。私が近いうちに金を用意して来るから待っていてくれというのだ。そしたら俺は出る』というので、『貴方はそのピーと生活するのか。日本に帰らないのか。妻子はあるのか』と聞くと、『日本には帰らない。あいつと活すよ。勿論妻はある。子供は今年4才になる男の子だ。帰らなければ満州で戦死したものと諦めてくれようよ』という。そして5日目、『おい杉山さん、ピーが迎えに来た。俺は出るからな』と荷物をまとめだしたので、『貴方こんな食糧もなく寒さをしのぐ衣類もない捕虜生活から脱け出そうとしているだろうが、ピーと生活してもうまくはいかない。何年か先にはきっと後悔する時が来る。妻子があるなら尚更のことだ』と止めたが、『俺はこの戦争で何回か死に損ねた人間よ。後悔なんかするものか。帰ったところでどうせ貧乏百姓だ』と出て行ってしまった」(58〜59ページ)
「老黒山から入ソまで・2(と題する手記)」「我々の一番の楽しみは、休日の本村方面への外出と、下給品の清酒、甘味品等の支給でした。休日ともなれば本村の東京亭、十の八や京城館等は各部隊の将兵で一杯でした。私は週2回」「本村の診療所で机一つと急造腰掛3台の診療室で診療治療業務に服し、時々訪れる満人と附近の十の八の女中等の治療に当たりました」「流れ流れて東満の僻地に来た邦人は何の楽しみを求めて働くのか?梅毒病の婦人(原注・酌婦)等は606号注射を自ら求めて来た者もあり、本当に気の毒な生活をしておりました。京城館、東京亭の慰安婦の診療は大勢のため検査に時間を要しました」(128〜129ページ)

〔その785〕重野義夫著・重野正一編『父のガダルカナル戦争日誌』朱鳥社、2010年発行。著者は、歩兵第228連隊第3中隊に属し、ガダルカナル派遣前、ジャワで戦う?
(その785・1)昭和17年、ジャワ・スラバヤ。
「ジャバ島スラバヤの外出はすごく楽しかり。行く先がなくて兵舎にゴロゴロしている戦友の気がしれない」「軍の歓迎されない場所、公認されない、立入禁止にされている穴場というか面白い場所を求めて高木重吉と共に出る。街の風景より目的は女を求めての外出だ。軍の公認の慰安所が列をなして待っており。広い広場も兵隊にて身動きできないほどにて。いつのことだか分からない。現住人の案内にて怪しげな慰安所へ入る。前の路傍に立て札あり。此処に入ることを禁ずると憲兵隊よりの注意事項あり。それをおして遊ぶ高木重吉は性病をひろう。私にはどこまでも幸運が。女を替えて遊ぶも異状なく」(60〜61ページ)

〔その786〕佐々木春隆著『長沙作戦』図書出版社、1988年発行。著者は、昭和15年、陸士卒、第40師団に属し、華中・華南転戦。
(その786・1)昭和15年12月?、中国・殷祖。
「(第236連隊第9中隊の小隊討伐で)小1時間後に、笠原小隊が分水嶺に登ったころ歓声が上がり、2、3発銃声がした。喘ぎながら頂上に追及すると、萱で造った哨所の中で女兵を訊問している。いわゆる洗濯女で、慰安婦でもある。彼女は、西の谷に多々的中国兵が宿営していると供述した。雪になり、寒い。焚き火ができないので処置なしだ」(57〜58ページ)

〔その787〕沖縄海友会編『沖縄海軍物語』私家版、1985年発行。沖縄県の旧海軍軍人の手記集。
(その787・1)昭和19年1月、シンガポール。
「第12号掃海艇にて大海亀を救助す(と題する海軍上曹の手記)」「(内地転勤のため、昭和)19年1月17日愈々潜水母艦筑紫丸に便乗してシンガポールを後にする。対潜哨戒昼夜見張りを厳にし、艦長も用便以外は指揮所を離れない。我々も昼間は5米間隔で並び、女性(原注・歌手・看護婦・慰安婦)もあいだあいだに1人あて入れての見張であった。見張につく前に副長が訓示し『前を見ながら女性に話は良いが、決して1米以内に近寄るな。触ってはいけない。右違反した者は厳罰に処する』との話に全員大笑い。かくて10日後の27日には佐世保へ無事入港し、補充分隊にはいる」(97ページ)
(その787・2)台湾・高雄。
「中曽根康弘主計中尉に仕える(と題する手記)」「高雄の海軍施設部に軍属として14年12月から終戦まで勤務した。そのうち2か年は、海軍主計中尉中曽根康弘(原注・のち大尉)のもとで購買係として仕えた。あらゆる資材・食糧・消耗品などの購買伺い・検収・支払等、1日に数回も中曽根中尉の決裁を受けるほどに多忙であった。その人柄のよさと部下掌握には定評があり、講演の時には軍需部女子職員もすべて集まり、そのたびに事務所はがら空きになった」(188ページ)

〔その788〕果敢砲兵隊の会編『果敢砲兵隊の思い出』私家版、1982年発行。同書は、独立混成第77旅団砲兵隊の記録・手記集。
(その788・1)昭和20年1月、サイゴン。
「サイゴンの思い出(と題する本部員の手記)」「(昭和20年)1月の機動部隊の来襲の前に、私はサイゴン地区の地上対空火器の全般の指揮まで命じられたのだが、電話機が不足である。中隊内の戦闘用電話機だけでも間に合わず、思うような戦闘指揮ができないので、電話機をもらいたいと上申したところ、品物がないと却下された。そこで総軍は料理屋等不要不急の場所につけているが、それらを外してくれと申しても、不要のところに使用はしておらないで終わりであった。その直後、1月12日の米機動部隊の来襲で、やっぱり電話機が不足でどうにもならないことを痛感、総軍に対して強硬手段をとったのであった。即ち千村少尉に命じて、兵を指揮し、料亭を廻り、総軍が架設した電話機を外して持って帰らせ、次の様な借用証を貼ってこさせた訳である。『借用証 戦闘部隊に於いて電話機不足のため、戦闘並びに訓練に甚だ困りおるところ、かかる不要不急の個所に施設しあるを認め、大東亜戦争完遂までこれを借用いたすものなり。早乙女少佐 寺内総軍司令官閣下』」(73〜74ページ)

〔その789〕佐藤寛二編『嗚呼独立野砲兵第2聯隊』私家版、1980年発行。同書は、独立野砲兵第2聯隊の記録・手記集。
(その789・1)昭和18年6月?、中国・武昌。
「第1中隊の戦記(と題する手記)」「聯隊は武昌に駐留することになった。私達1中隊は、運よく武漢大学の見える東湖畔の別荘を宿舎に割当てられた。朝な夕なに白帆が舞う風光明媚な所で、誠に優雅な生活が始まったわけで、これを当時の兵隊語で表現すれば、『頂好の甲』であった。いま一つ、兵隊の最大の関心事は慰安所のことで、これは武昌市内の、中国史でも有名な黄鶴楼の近くの蛇山公園にあった。しかし、ここはやや遠く、近い所では武漢大学の近く、通称三軒屋というピーヤがあり、中隊の兵舎から直線で3キロの距離にあり、夜間外出禁止の命令もコタエン勇ましい連中は、連夜のごとく放馬して三軒屋通いをした」(94〜95ページ)

〔その790〕遠藤誠著『弁護士と仏教と革命』長崎出版、1981年発行。著者の父は、昭和12年9月、召集され、支那事変に従軍。13年7月、陸軍輜重一等兵のとき、中国・安慶付近で戦死。戦地での日記を残し、同書で紹介される。その一節。
(その790・1)昭和13年4月、中国・定遠。
「(昭和13年)4月8日 午後から入浴に行く。帰りに、曽根君・川島君・矢沢君と一しょに支那ピーと日本ピー(原注・ピーとは売春婦の意)の姿を見に行く。最近は、支那ピーが30分で50銭(原注・今の3000円)、日本ピーが30分で2円(原注・今の1万2000円)、それでも満員なので慰安所にはなかなか入れない。曽根君は、1時間50分やって、9円払って来たとのこと」(172ページ)
「4月14日 鳳陽城西北方の蘆山方面の支那敗残兵を討伐しにゆく」「討伐行軍、徴発というと、必ず支那の女を見つけだしては強姦する。この日も、丹治と須田等は、また強姦をやったそうである」「4月20日」「鈴木隊の下士官以上は、慰安会と称して支那の女性を強姦する」(174〜176ページ)
(その790・2)昭和13年5月、中国・蚌埠。
「5月15日 丹治、矢沢らは、早くも蚌埠の支那街の離れ小島に、支那女性の徴発ピー(原注・強姦同様にして売春婦にされた中国女性を言うらしい)あさりに行き、性交を遂行してきたそうである。もと支那軍の将校の妻だった32歳の女と、支那巡査の妻だった32歳の女と、それから34歳の女のいるところへ行って、丹治君は、50銭を相手の女に与えたら、その女は、矢沢君の、軍帽にすがり、軍衣にすがり、5角(原注・今の1万5000円位)の金を要求したそうである。しかし『5角出すのだったら、慰安所に行って、公然とやった方がいい』と言って、すがる女の手を払いのけ、20銭でむりやり強姦してきたそうである。そしたら、彼女らはワイワイさわいでいたという。きっと、矢沢君のことを『けちんぼう』と非難していたのだろう。この蚌埠の衛兵所にいると、勤務のあいまに、おおかたの兵隊たちは、その離れ小島に支那女と性交をやりにゆく。戦争に酒と女はつきものかしらないが、兵隊が女の性器を要求するや切なるものがある」(179〜180ページ)
(その790・3)昭和13年6月、中国・南京。
「昭和13年6月1日 南京に軍用列車でもどる。6月2日 南京に待機。兵站宿舎の周囲のいたるところに、ピーの慰安所がある。慰安所の包囲陣だ。安値だという。そして、ある兵隊は一ぺんに6回性交してきたという」(187ページ)

〔その791〕歩兵第124聯隊史刊行会編『草むしぬ―歩兵第124聯隊史・太平洋戦争編』私家版、1986年発行。同書は、ビルマ戦線で戦った124聯隊関係者の記録・手記集。「第4章コヒマよりの撤退」の一節。
(その791・1)昭和19年5月?、ビルマ。
「婦人部隊(と題する聯隊軍医?の手記)」「誰がつけたか『白骨街道』といわれるタム道を、ひたすら敗走に敗走をもってしたわれわれの眼前に、異様な一団が現れ、杖にすがって退って行くのに出っかした。オンボロの兵隊服をまとい、丸坊主なのだが、何となく頼りなく、腰のあたりが艶めかしい。よくよく見ると、やはり女性ではないか。すぐ背後に英印軍が追撃してくるし、食べものもなく、一様にフラフラしながら退ってくる兵隊の多くは、この女性集団に気がつかず通りすぎた。私が思い切って声をかけてみると、姿かたちこそ変わり果てていたが、かつて私が輸送してやった慰安婦たちであった。手に荷物らしきものも持たず、痩せこけた蒼白い顔をして、体力の弱りきった私たちにも追い抜かれるほど弱りきっていた。何とかしてやりたいと思っても、わが身一つを扱いかねている私たちは、何もしてやることは出来なかった。『みんな頑張って退がるんだよ』と、励ましの言葉をかけるのが精一杯であった。彼女たちが生きて再び故郷に帰れたとは、とうてい信じられない状態であった。ビルマ17万8千という戦死者の中に、もちろん彼女たちが入っているはずはない。『兵隊さん、元気でね』と、手を振って見送ってくれた彼女たちの顔がいまでも浮かんでくるようである」(244ページ)

〔その792〕広瀬正三編『あゝボルネオ―独歩367大隊の足跡』私家版、1971年発行。同書は、独歩367大隊の記録・手記集。「北ボルネオの戦跡をたずねて」と題する元北ボルネオ・テノム補導官の手記の一節。元補導官は戦後20数年たって同地を再訪した。
(その792・1)ボルネオ・テノム。
「(テノムの)華台の前に戻ると、ひとだかりの中から駆け寄って来た一人の華僑が『トアン』と呼びながら私の前に現われた。忘れもせぬこの華僑はチュンタンに紛れなし。しかし彼は終戦のドサクサの中で殺されたと聞いているし、現に『戦塵』でも殺されたと書いているとおり、すでにこの世を去って20数年になると信じ切っていたのに」「ビックリした。テノムの華台の端に住んでいたブリキ屋で、狂信的といってよいほど極端な日本贔屓だった」「従って軍政の協力者でもあった。私がテノムにクラブを作った時にも、このチュンタンが奔走してくれたし、ゴム林の中にP屋を始めた時も彼の肝いりだった。役所前広場で毎朝行う国旗掲揚の朝礼には必ず出て来て、頼みもしないのに現地人に対し、日本語で『敬礼』の号令をかけるし、映画館を開いてからは、私が入場すると『起立。補導官殿に敬礼』と、これまた一般観衆に日本語の号令をかけるのを得意になって一人で受け持っていた」(279ページ)

〔その793〕桜田静務著『一兵卒の戦争回想記』私家版、1998年発行。著者は、昭和16年1月、入営し、17年、シンガポール陥落後、隣接するブラカンマティ島の海上警備任務にあたるが、同地に開設された日本語教室の教師も務める。
(その793・1)昭和17年、マレー・ブラカンマティ。
「ある日、日語教室に日直将校が姿を現す。彼は広島高等学校出身で、私の後輩である旨を告げる。雑談をしているうちに、慰安所の話をしてくれる。慰安婦の中にはズブの素人がいる。南方に希望の職場を求めてやって来た女性達である。『将兵は命を的に戦っている。女性が貞操を提供するのは当然の事である。……』というわけで、強制的に慰安婦をやらされているものもいるという。彼女達のことを思うと気が重くなって仕方がない。日語の先生がうらやましいと述懐する」(72ページ)
(その793・2)昭和18年1月?、マレー・クラン。
「クランの町の小高い処に慰安所(原注・妓楼)があった。休日になると、兵隊の長い列がつづく。(日語教室の)生徒の中にはよく知っているものもいて、先生はあそこに遊びに行かないのかと笑いながら、からかうものもいる。中には知っていて聞くのか、知らないで聞くのか、まじめな顔をして、あそこは何をするところかと聞くものもいる。私が何と答えるか聞きたくて、からかっていたのかもしれない。慰安婦は現地出身の女性ばかりらしい」(90ページ)
(その793・3)ジャカルタ。
「(敗戦後、ジャカルタの収容所に収容中、イギリス軍将校宿舎で当番兵となるが、宿舎の)食卓の上に紙片が置かれてある。それとなく目を通すと、慰安所の設置とその注意事項が記してある。これは何かと尋ねると、見られたくないものを見られたとみえて、君には関係ないことだと不機嫌である。イギリス軍も日本軍と同様、慰安所を設けるようだ」(182ページ)

〔その794〕「私たちの戦記」編集委員会編『私たちのビルマ戦記―「安」歩兵第128連隊回想録』私家版、1980年発行。
(その794・1)昭和19年11月?、ビルマ・マンダレー。
「敵前、麻酔薬なしで手術を行う(と題した第3大隊軍医の手記)」「マンダレーに到着後、病院で部隊の到着を待つことになった」「部隊の到着も近づいたので、上坂と他に某を連れ、王城内に置いてあった、私の行李内の私物を取りに行く。王城の周囲には軍の飲食店があった。まずそこで2人に御馳走をして腹がふくれたところで慰安所(原注・軍専用の赤線)に行くなら待ってるよ、と気をきかす。某だけが失礼しますと出かける。上坂とコーヒーを注文して半分ほど飲んだかと思うころ、彼は帰って来た。『何だ、駄目だったのか』と言うと、彼『いやー』と言いニヤッとする。ものの3分間ほどである。若い彼のこと、1年以上も禁欲生活を送っていると、あの方のスピードも新幹線なみである」(451ページ)

〔その795〕平田澄子著『砲声は聞こえない―北京・天津 あの日あの時』皓心社、1997年発行。著者は、昭和12年、父親の経営する日華語学校日本語教師となった後、京津日々新聞社に入社し記者(後、新聞統合で東亜新報天津支社記者)。同書中、「第4章ようやく板についた職業感覚―新聞記者のころ(2)」の一節。
(その795・1)中国。
「プロダンサーの前線慰問に同行(の節)」「もとは農道だった筈だ。深く抉られた轍の跡を、2台の大型トラックがユラユラと辿る。4人の警護兵が八方へ眼を走らせる。荷台の片隅に千重(著者)がいる。並んで写真部の三田の顔も」「三田はレンズからの風景を封じられて肩を落としている。時折、カメラを低く構えて、気まぐれに同乗の女達にシャッターを切る。鼻先まで被ったさまざまな色模様のスカーフで砂塵を避けながら、疲れた身を寄せ合い、巡回演芸団の一行は9人。本土の舞台から狩り集めたプロ級というから、シャッター価値は充分だろう。行先の地名ははっきりしない。地図にもない作られた町だから。移動慰安婦がいて、ちょっとした呑み屋も並ぶ、急造のバラック集落が其処。
 風塵が小さな渦を巻く形ばかりの青空舞台で、団員たちは生き返った小鳥のように囀り、踊る。股旅ものやフラダンス。ごった煮風の出し物にギラツク目で食い入る。カーキ―色の観衆に、浮巣の、流れるままに異動する、慰安婦たちの嬌声が混じる。彼らに背を向けて、三田のカメラが舞台を捉える。斜めから、横、下からも。『厭になるよ。客席の方、被写体には絶対駄目だってさ。今日は新兵の慰安会だから遠慮してくれって。なあに、本音は、あの女達の存在さ。カメラに残したくないんだよなぁ。これじゃまるでさまになんねぇ』。特別席の長刀組を憚って、三田が千重の耳の端で不機嫌の声を押し殺す」(131〜132ページ)

〔その796〕近衛歩兵第5聯隊史編集委員会編『近衛歩兵第5聯隊史(上巻)』私家版、1990年発行。同書は、近衛第5聯隊の記録・手記集。
(その796・1)昭和16年、中国・長平舎。
「(支那事変時代)南支の想い出(と題する第9中隊員の手記)」「広東市内よりバイヤス湾に通ずる途中の部落で警備していた時」「昼間通って行った輜重兵の兵隊が峠の所で便衣隊に襲われた。血だらけになって警備隊に助けを求めに来た」「峠の周辺を捜索したところ2名の兵士が倒れており、もう息はなかった」「私は結婚するまでは童貞でいようと心に誓っていたので、西椏(原注・作戦前の警備地)の慰安所も前を通るだけで興味もわかなかった。それが昨夜の負傷兵をみると、いつ死ぬかわからぬ『わが身』、俺も人間である以上、一度死ぬ前に女の身体を見たい!作戦に出て数か月、もらった俸給も手をつけずにある。一度見るだけならいいだろうと、自分の心に言い聞かせ、慰安所の入口をくぐった……。よく世帯持ちの兵隊から話には聞いていたが、いざ自分で試してみると何のことはない。こんなことだったら酒でも飲んでいたほうが、ずっとよかったと思った。22歳の頃。(原注・広東 長平舎にて)」(141ページ)
(その796・2)昭和18年6月?、タイ・チュンポン。
「(第1中隊の)中原中隊長は、伊藤少尉並びに出入商山田某を伴い、盤谷(バンコク)の軍司令部に申告と現況報告すると、新しい命令を受けた。1、第1中隊は『チュンポン』―『カオフォーチ』道沿いに中隊の兵舎を建て、兵力の一部を『カオフォーチ』に派遣して兵站業務に任ずべし。2、『チュンポン』に慰安所を開設すべし。第1項は予想された事だが、第2項には面喰う。少なくとも我々は『近衛』の誇りを持っている。殊に、中原中隊長は神宮皇学館出身の高邁な方である。しかし命令では仕方がない。出入商を帯同したのが幸いし、即日、従業員募集、翌日十数人の婦女が集まった。帰隊後、楼屋の買収、造作、運営の一切を業者にまかせたが、指導監督は中隊で引受けざるを得なかった。開業の時点で多数の部隊が駐留していることが分かり、中隊は巡察を厳にした」(600ページ)

〔その797〕近衛歩兵第5聯隊史編集委員会編『近衛歩兵第5聯隊史(下巻)』私家版、1990年発行。同書は、近衛第5聯隊の記録・手記集。同書中、スマトラで日本人・日本軍引揚げ業務にあたった第25軍渉外部ベラワン出張所長・藪清の「『藪清』終戦日誌」から一節。
(その797・1)昭和21年、スマトラ・ベラワン。
「昭和21年2月2日 第1回引揚開始。泰東丸、南進丸、南興丸、南明丸、弥栄丸、すみれ丸。1月引揚輸送開始の為、ベラワンに渉外部の出張所を開設。所長となる」
「2月18日 第2回引揚輸送。南興丸、南明丸、弥栄丸、すみれ丸を除いて、すべて戦時急造船で船会社でいう『E型』船。上甲板に人員を貨物並に乗せ、シンガポールまで輸送する。すみれ丸は病院船で女子病人を直接日本まで輸送」
「2月下旬 第3回引揚輸送」
「3月26日 第4回引揚輸送。第3回、第4回とも前期E型船が多数入港、船名不明。軍政部、邦人は4回の引揚で終了」
「4月3日 遂に私も帰国することになる。静波丸(原注・サルベージ船)で引揚。第三国人、婦女子、邦人、軍属の順に引揚げ、軍隊では近歩5が最後まで残り、ベラワン作業隊400名を残して、昭和21年末までに復員した」(396〜397ページ)

〔その798〕野原朴編『ラバウル生活思い出集』私家版、1978年発行。同書は、海軍第212設営隊の記録・手記集。
(その798・1)昭和18年、台湾・高雄。
「私の従軍記・台湾工員を率いて(と題する手記)」「昭和18年7月中旬」「当時私は台湾総督府の一官吏として台湾中部の治水工事に従事していた。ある日突然軍属として海軍に従軍するよう本局より連絡」「高雄海軍施設部についてからは毎日午前は航空基地の建設、軍事施設の工法等今まで教わったこともない学科の講義を受けた。午後は主として軍事教練と築城施設の見学である」「約1か月ののち、講習は終った。我々の従軍を企画し、担当した、主計長中曽根康弘大尉は彼の第一線敵前上陸の体験を、独特の熱弁を振って我々を励まし、上野部長以下、士官全員で我々の壮行を祝ってくれた」「8月4日、いよいよ台湾工員が送り込まれて来た。高雄港国民学校の校庭はごった返すかれらの喧騒でひとしきり賑わった」「中曽根大尉が例によって流れるような美声で号令をかけ、次々と編成がおわって行く」(78〜79ページ)

〔その799〕堀田一之編『我等斯ク戦エリ』私家版、1958年発行。同書は、捜索第56聯隊の記録・手記集。
(その799・1)昭和17年6月?、ビルマ・モンユー?。
「田淵隊血戦記・其の他(と題する福日新聞・昭和17年6月の記事)」「戦友の屍を踏み越えて『バーモ』へ『バーモ』へと驀進する平井快速部隊が緬支国境に近い『モンユー』は『雲南省』『龍陵』と『ナンカム』を経て『バーモ』に至る道路が分岐する三叉路で約1時間にして部落内の敵兵を掃討し終った頃、『バーモ』方面の道路からヘッドライトを灯したまま三叉路へフルスピードで駆けて来る乗用車3台があった。『あっ敵の車だ』と機銃掃射して兵隊が突っ込んで、ホブソン英軍大佐1名を捕虜とした。敵屍を調べてみると、二十数名全部将校で、中に『軍事委員会後方勤務部』の徽章を附した陳少将が交っていることが判明した。陳少将はダンサーらしいけばけばしい服装をした若い愛妾と同車しており、重慶軍の軍紀紊乱ぶりに我々は唖然とした。ホブソン大佐の言によると、トラック4台で『バーモ』に物資を取りに行き、(乗用車は先行し後に続くトラックで)龍陵に運んでいく途中だとのことであった」(44〜45ページ)

〔その800〕河戸弥一著『ラバウル日記』洛西書院、1993年発行。著者は、一式陸攻電信員として、昭和18年5月、ラバウルに着く。
(その800・1)昭和18年12月、南方・ラバウル。
「戦局は逼迫して、海軍病院の白衣の天使や、慰安婦、高級将校、病弱者は(昭和18年)12月中旬『ぶえのすあいれす丸』で内地にむけて出港したが、間もなく撃沈された」

(2017年2月2日・最新更新)


ニッポンリポート・ファイル一覧

ご意見などは tetuh@mbj.nifty.com へ

SAKUMA TETSU
フリーライター
著書[恐るべき証人][検死解剖マニュアル][拳銃天国ニッポン]など