佐久間 哲
ニッポンリポート


従軍慰安婦を調べる 編

従軍慰安婦の体験談等メモ・17



〔その801〕岡本信男著『ラバウルの落日』旺国社、発行年不明。著者は、陸軍高射砲第5連隊の一員で、昭和17年11月?、ラバウルに到着する。
(その801・1)昭和18年、ラバウル・ココポ。
「(ラバウルのココポ)海岸は切り立った岩山と白い砂浜とが断続していて、砂浜には椰子の木が波打ち際まで繁り、豊かな美と収益が計画だててある。ところが、その海に面した木陰に、民家を改造して将兵の慰安所が設けられ、慰安婦がたむろしているではないか。昭和18年の7、8月という、戦況はきわめて悪い今日この頃、こんな遠くの島にまでこのような所があろうとは、夢にも思わなかったからじつに驚かされた。朝鮮の女がほとんどで、一部沖縄の女ということだ。ここは、誰が名づけるともなく『京城楼』と呼ばれていた。中隊長は毎日2、3人ずつ交代で外出を許した。外出とは京城楼へ行くことであった。中隊長自身もよく行くらしい」 「ある日、私も外出が許され、天野上等兵と共に丘を下った」「『京城楼』へ着いた。床の高い木造の民家を改造した家に、3畳ぐらいに仕切った部屋が15、6もあった。その中に一人ずつ『かの女』がいるのだが、入口の外にはズラリと兵隊達が列をつくって、順番を待っているのには度肝をぬかれた」「一人10分と決められている」「長い間待たされてから、やっと私の番がきた。カーテンをまくって中へ入ると、なんとも不快な汚臭が鼻をついた。無表情そのものの『かの女』が、やせた土色の全裸をなげだして、ふてくされたように椰子の葉の団扇をつかっている。これはひどい……楽しみどころか悲劇だ。私は絶望のあまり、このまま外へ出ようと思った。その時」「娼婦(原注・ピー)は、『さ、あんた早く――』と気だるそうに促した」「『かの女』は沖縄の産であった」「かの女の機能はもはやただ単なる精液の墓場でしかないのだ。1日に何十人もの兵隊を相手にするこの女性に、私もその何十人の一人のようにして接した」(109〜112ページ)

〔その802〕「江南の雲」編集委員会編『江南の雲―歩兵第60聯隊の記録・中支篇』私家版、1971年発行。同書は、歩兵第60連隊の中支での記録・手記集。
(その802・1)昭和13年8月?、中国。
「第7中隊史の一部として(と題する第7中隊長?の手記)」「この頃聯隊から慰安所設置の話があり、私はそれを断った。部下から或は恨まれたことと思うが、若い私には当初一寸精神的に受け入れる気にならなかったのである。某日突然中隊長室に師団の小野参謀が来られ、『慰安所が要らぬという中隊長はお前か』と怒られたようなほめられたような会話を交わしたものである。しかし慰安所は中隊長の意思とは関係なく、間もなくやって来た。今思うと少し固すぎたと思っているが、あんな若さからくる一徹根性も尊いものと思っている」(24ページ)
(その802・2)昭和15年8月、中国。
「陣中日記から(と題する手記)」「8月15日 (漢水河畔の羅漢寺?を)6時に出発する。真っ暗な中での出発準備は実に骨が折れる」「今日の行軍は約8里、そしてまた、だんだん暑くなってくる。第13師団と行違う。われわれと交替かな!軍用トラックでP屋が行く。多々的!本日の露営地は揚家ホウだ。まずP屋がある。そして下給品がすごい。ビール1、みかん罐1、たばこ25個!なんと給与の良いことよ。みんなご機嫌で寝たまでは良かったが、夜中に猛烈な夕立に見舞われとうとう朝まで立ちん坊!」(292ページ)
(その802・3)昭和16年、中国・当塗(太平)。
「太平好日(と題する第三大隊本部軍医?の手記)」「この当時太平には慰安所が2軒あった。医務室から塀と塀との間の迷路のような路地を、東北方へ200米ぐらい行った所にあるのが古くからあった方で、上海館だったか朝日館だったかそんな屋号だった。親爺は鮮人で、女も多くは平壌 附近出身の朝鮮婦人である。反対に、医務室から溝川沿いの狭い道を南へ200米ほど行くと、東西の賑やかなやや広い道へ出る。そこを東へ少し行った左手に『日之出館』というペンキ塗りの横看板がかかっていて、その下の路地を数米入ったところの支那家屋が、16年の夏ごろから新しく開店した慰安所である。親爺は日本人で、九州男児だと威張っていた。女は紹興附近から金で集めて来たという姑娘である」「女の数は両方とも10名前後であったが、これの検黴が軍医の仕事である。1週1回の検黴を、古い方の店は」「紅卍会の建物を借りて行った」「女達は先に来て賑やかにオシャベリしながら待っているが、我々が現れると一斉に含羞の嬌声をあげる」「『日之出館』の検黴はその店へ行ってやった。女が姑娘なので、逃げられる危険があるので、親爺が店内に検診室を作ったのかもしれない。15〜6才で、まだ子供子供した姑娘の姿が可憐で痛々しかった。新店なので、店の名前をとって日出子と名付けましたと、親爺はこの娘を開店の売り物にするつもりらしかった」(594〜595ページ)
「蕪湖及び当塗駐留の思い出(と題する第三機関銃中隊員の手記)」「太平地区は平和な日が続いた。14年兵黄金全盛の時代である。日本人経営の日の丸食堂に、日之出慰安所とよく通った。源氏名は日出子、清子、順子、綾子、芳子等日本名であるが、支那人の慰安婦である」(643ページ)

〔その803〕長井通泰編『白い星―歩兵第10聯隊第2大隊本部支那事変従軍戦史』私家版、1973年発行。
(その803・1)昭和12年?、中国。
「一般の慰問団なんて一度もお目にかかれない、兵站かよくて師団司令部の位置位のものだ。慰安婦もそうであるが、時にはもっと前まで出て来る。主に朝鮮の婦人が多いが、戦いのほんの3、4日の休養の時、5、6日前までは敵地だったこの地に、それはいつの戦いだったか忘れたが、慰安所なるものが開かれた。そして外出が許可された。外出といっても、部落高台を下りてほんの50メートルも行かない畠の中の、その慰安所へ行く目的だけだ。いろいろの注意を受けて、薬をもらって、サックを貰って出かける。兵は夜は外出がないのが当然なのだが、大隊本部は、或る中隊との組み合わせで、日が暮れての時間となった。畠の中の急造のアンペラ小屋は、1間ほどの間隔でアンペラ1枚を垂れかけた間仕切りがあって」「そんな部屋がずらりと並んで、どこの入口にも兵士の群がり列をつくる状景は、レマルクの小説『西部戦線異状なし』か、それに続く小説かに描写されている、あの状景と全く同じ光景だ。陸軍はすべてドイツを先師として創設されたと聞いているが、こんなことまでドイツの真似をしたのであろうか……。私達の間ではこの小屋を“共同便所”と呼んで『共同便所へ行ってくる』などといった」「軍がこれだけ気を使っているのに、私達の内にも“姑娘狩”といって出かける者がいた。その一組は特に残酷で、時には老幼婦女子の別なく惨殺して、その話を吹聴していた」(108ページ)
(その803・2)昭和13年1月、中国・新泰。
「(昭和13年)1月23日(日)」「本日午前9時、軍司令官訓示、師団長訓示、軍紀風紀緊粛に関する注意書に基づく参謀長指示を受領する」(149ページ)
(その803・3)昭和14年、中国・隆平。
「慰安所は私達宿舎の前に在り、ぜんざい屋もほんの4、50メートルと離れていない。この慰安所もぜんざい屋も一人の経営者で朝鮮の人だ。兵隊の必要としている物は何でもやってみるという商魂のたくましさだ。慰安婦も全部朝鮮の人で、私達が内邱へ行っての帰り、行李車輌の後を、香しい花やかな雰囲気で牛車に運ばれて、この隆平までやって来た」(381ページ)

〔その804〕井尻隆志編『東寧―追憶の記』東寧会、1987年発行。同書は、関東軍経理部東寧派出所(東寧満州第39部隊)の記録・手記集。
(その804・1)昭和17年?、満州・東寧。
「私の女子軍属日記(と題するタイピストの手記)」「お休みには皆さんで街へ遊びに行っても、映画は内地で2年位前に見たものばかりでした」「町へ行ってびっくりしたのは『軍慰安所』と書いた所の多い事、中をのぞいて見ると、私達の遊ぶようなところは何もなく、男の人の遊ぶ所でした。うすぐらい部屋のような所がせまい通路をはさんで両側にあるだけで、中から兵隊さんが出て来たかと思うと、朝鮮の女の人が厚化粧して出て来て、『また来てね、待っているわ』と手を振って見送っているのです。兵隊さんは私達が見ているからきまり悪そうでした。面白いので2、3軒見て廻りましたら、満人の慰安所もあり、こんな国境の果てまでこんな施設があるなんて、全く信じられませんでした。まして日曜日等、兵隊さんが行列しているのに呆れ果てました。子供の頃、修身で肉弾三勇士、広瀬中佐と杉野兵曹長のお話を聞き、兵隊さんはお国のために命を捧げて働く偉い人と教わり、その人達と一緒に働けることを誇りに思っていたけれど、その夢が一瞬にして破れてしまいました。部隊にも朝帰りする人や、尿を試験管に取り、病気がないかと調べている人がありました。私はそれを見て腹立たしくなり、その人に『家族の人は遠い、寒い満州でお国のために働いている息子の武運長久をお祈りしているのよ、朝帰りなどして申し訳ないと思わないの』といいますと、返って来た言葉が『そう言うなよ、君はキツイこと言うな』でした」(86〜87ページ)

〔その805〕青木忠夫著『私の航跡―海軍軍人の慟哭と悔恨』銀の鈴社、2003年発行。著者が海防艦『隠岐』の主計長・大尉のときの体験。
(その805・1)昭和19年9月。
「昭和19年9月11日『隠岐』は駆潜艇『千島』と『八祥丸』を護衛し、父島より横須賀に向かった。途中B24、3機の攻撃を受け、私も25ミリ機銃と13ミリ機銃を指揮して対空戦闘を行ったが、射程が届かず無効であった。爆撃を受け航行不能となった『八祥丸』より乗員51名を救助の後、艦砲により処分した。収容者の中に20名女子がいたが、それぞれ数十万円も腹巻の中に入れていた。慰安所楼主に引率された勇敢な女性達であった」(44ページ)

〔その806〕『ジャワ電気回想録』私家版、1959年発行。同書は、昭和17年6月、ジャワに電気事業会社が設立され、それに従事するため、電気技術者らが軍属として派遣された。彼らの活動の記録。
(その806・1)昭和17年10月。
「(昭和17年10月26日、派遣第一陣が乗船し、宇品を出港した病院船の)あらびや丸は乗船客1500名という満員ぶりで、昼間は甲板にでることも禁じられた缶詰生活の苦しみであったが、乗船者の半数が所謂娘子軍で、これが時々演芸会をやったのは思いがけない憂さはらしではあった」「昭南ではジャワ行きの船に乗りかえるのであるが、この102名もの一団を運ぶ船便は容易でなく予定もたたない。しかし少人数なら11月12日出発のジャワ行き娘子軍の乗る船に割り込めるというので先発隊を出すことにした」(27ページ)
(その806・2)昭和21年1月、ジャワ・チロハニ。
「筆者はここ(ジャワ・パラカンサラックの抑留所)で、21年早々パラチブスにかかってチロハニの陸軍病院に入院した。これは軍が急造した病院で、病室はニッパ椰子葺きの掘立て式であった。大部分の看護婦はかつての慰安婦の俄か看護婦であったが、皆甲斐甲斐しく働いていた。筆者はここに二か月余の在院で快くなり、3月中旬ポントゲデの司令部集結所に移って静養」(134〜135ページ)
(その806・3)昭和21年、ジャワ・タンジョンプリオク。
「(ジャワの抑留者は昭和)21年早々、1月22日には帰還第一便として、老弱者約300名がタンジョンプリオクを出発したのである。ジャワ電気としてはこの第一便に21名が便乗したのであるが、4月になると2日、13日、16日、27日と相次いで出発した。以後各月2、3回あての出発があり、7月26日の出発を最後として、278名の全員がジャワを離れたのであった」「ジャワから直接日本に向けて出港したのは例外で、すべて小型船でシンガポールに向い、そこで集団編成して日本に向かったのである。軍属はシンガポールへの途中ガラム島で下されて、そこで編成が行われたようである。シンガポールではジュロンキャンプで船便を待ったのであるが、40日、50日と待つ場合が多かった」「シンガポールからの帰還船は多くはアメリカのリバーテイ型貨物船であった」(157〜159ページ)

〔その807〕新野博編『黄塵茫々―独立歩兵第194大隊(幹第1437部隊)想い出の記』私家版、1987年発行。同書は、独立歩兵第194大隊の記録・手記集。
(その807・1)昭和20年5月?、中国。
「戦争世代の青春譜(と題する大隊本部員の手記)」「連日陣地掘削に追われている兵士たちには、なんの楽しみもない僻地のことである。とうとう、ある大隊で、兵隊が部落の老婆を犯す事件が発生したと伝わった。軍紀の乱れを心配された旅団長は、高級主計の大塚少佐に、慰安婦を徴発するよう命じられていたが、実現できなかったと、鷲見大隊長から伝えられた。大隊長は、旅団司令部はあてにできない、佐藤大尉(筆者のこと)なんとかやってくれと命じられた。難しい仕事だが、命令とあらばやるよりほかない。通訳の上等兵と、現地召集で入隊したばかりの、済南で旅館を経営していた山田一等兵、同じく天津の日本租界で料亭支配人をしていた山下一等兵の3名を同行して出発した。済南で山田一等兵の旅館(原注・主人応召で休業中)に立ち寄り、津浦線を北上して天津へ向かった。天津で山下一等兵の料亭『岩倉花壇』に入った。防衛司令部を訪ね、副官に会って旅団長の要望を伝え、関係者への連絡と交渉場所として司令部の会議室の提供を受けることができた。ここで、天津貨物廠の廠長が旧知の平戸主計少佐であることを知り、天の助けと喜んだ。この使命は、平戸少佐のお力で無事達成することができた。
 20名の慰安婦を連れて済南へ戻り、山田一等兵の旅館に泊る。中国の女性は靴を脱いで上がることを知らず、磨き抜かれた廊下を土足で通るという騒ぎ。ここで、女たちが親方から聞かされていた話―済南で一か月交代で営業―と違うと騒ぎだしたのを、何とか説得して高密へ向かう。女たちの中に日本語が出来る娘がいた。名前はなんと“李香蘭”。本名だという。彼女のおかげで女たちとの意思疎通が円滑になった。状況が悪いというので、荷物を減らし、トラック2台に分乗して強行突破することにして、ロ県へと出発する」「輸送班が準備されており」「途中2,3発飛んできたが、無事ロ県に到着、大任を果たすことができた」
「8月15日、午後3時ごろであったと思う。かねて慰安婦の割譲を希望されていた旅団司令部へ行ったところ、もうその必要はなくなったという」「方面軍の命令により、部隊は山を下りて膠済線の高密へ出た。これに先立ち、私は20名の慰安婦や苦力たちを解放するため、8月27日に高密へ着いた」「これから済南へは、鉄道は不通になっている。苦難の行軍中、3人の女が共産兵に拉致されるという珍事が起きた。幸いにしてこの3人は後日戻されてきた」(32〜34ページ)
「思い出すままに(と題する第二中隊情報係の手記)」「棗荘時代、私は本部の佐藤主計中尉(原注・当時)と共に、部隊本部の要請で天津より支那姑娘(原注・慰安婦の6名と思う)の引き受けに出張した。これは私が天津在住中、毛利憲兵准尉が憲兵退役後、天津地区特務機関的な仕事に勤めていて、私と隣り合わせに住んでおり、この慰安婦問題に一役買ってもらって、すべての下工作をしていただいたおかげで引受けの交渉も円満にでき、佐藤主計ほか2人が引受けに出たものである」(122ページ)
(その807・2)昭和19年5月、中国・臨城。
「思い出すままに(と題する第二中隊情報係の手記)」「臨城着任後初めての中隊出動があった。なんでも楊柳が青くなろうとする5月初めのころだったと思う」「中隊は陵丘という地点目指し行軍を続けた」「山と山に挟まれた真ん中を川が流れ、片方の山の根に突き当たって岩がえぐられ、大きな洞窟があった」「私ほか3名で穴の前に近づくと、穴の奥に2、30人の婦女子が一団となっておびえているのが目に入った」「私が中国語で『皆、そこで何をしているのか。前に出てこい』といってもなかなか応じない。私が一人で群がっている女共の方に進むと、その中の一番の老婆が前に来て、『陵丘にいた八路軍は3日ほど前にどこかへ移動し、陵丘にはいない』と言う」「女どもに近づいてみると、実に臭い。大便の臭さだ。第一、皆揃って変な格好をしている。袴の上から下腹のところを手で覆っている。そして老婆は言った。『3年ほど前に、この陵丘で八路と日本軍が戦闘し、両方多数の死者が出た。そこへ日本軍の援軍が来て、八路はほとんど全滅、逃亡した。そのあと日本軍は婦女子を強姦したり、百姓の若い男を殺害した。その時の二の舞を踏まぬよう女ども全部申し合わせて、日本軍が接近したとの情報を基に、日本軍の強姦よけの策として糞を袴の下、陰部に塗ったのだ』。老婆の珍妙な訴えだが、戦争ならでは味わえぬ妙ちくりんの話であった」(116〜117ページ)
(その807・3)昭和20年12月?、中国・シ川。
「3中隊始末記(と題する手記)」「昭和20年9月ごろから、武装解除もなく、私達の中隊は、シ川炭鉱西方8キロぐらいに位置する炭鉱第一坑の警備をしていた」「20年12月ごろから時々八路軍の夜襲を受け、それがだんだん激しくなっていた」「夜襲のない夜は、時々日本人反戦同盟員らしい者が隊長に会いに来ていたことが、兵隊の耳にも入って来た。当時隊長は、昔済南で知り合った女性を中隊に呼び、一緒に暮らしていた。いくら敗戦後とはいえ、帝国陸軍の将校の名が泣く行状である。なんとも癪にさわるやら羨ましいやらであった」(170〜171ページ)

〔その808〕田中保善著『町医者ボルネオにたたかう』西日本新聞社、1978年発行。著者は、昭和19年7月、陸軍軍医として応召、北ボルネオに派遣される。
(その808・1)昭和20年6月?、ボルネオ・クダット。
「敵上陸が近くなったので、兵站宿舎のマダムや慰安婦達を避難させなければならなくなった。兵站宿舎は森岡という人が経営していたが、その妻のマダムが経営努力のためか浮気性のためか、将校に愛嬌を振りまいて、話題の多い女であった」「飛行場大隊その他航空関係部隊は全部ミリ方面に転進し、兵站宿舎の主人森岡も現地召集されて宿舎も慰安所も閉鎖した。マダムは一人では危険だと、田村部隊長は確実に保護するために大隊本部の自分の隣の部屋に寄居させることにした」「大体本部に女性が寝泊まりすることは部隊将兵に好印象を与えず、数日後兵2名を付けてアピへ移動させた。水牛4頭にマダムの私物をたくさん積み、宿舎や慰安所で儲けた軍票を箱に詰めて運んだが、途中で反日ゲリラに襲われて全員虐殺され、荷物は奪われた」(160〜161ページ)

〔その809〕野砲兵第12聯隊・山砲兵第18聯隊史編集委員会編『砲声』私家版、1978年発行。同書は、野砲兵第12聯隊・山砲兵第18聯隊の記録・手記集。
(その809・1)昭和16年12月、中国・広東。
「初年兵悲歌(と題する聯隊本部員の手記)」「12月も末のある日曜日、入隊以来初めて初年兵に外出が許可された。紙の小箱の突撃(原注・衛生サック)が全員に支給された。それをポケットに勇躍して沙河の街に出た。私は、原隊以来同班の戦友だった、柴田、山野一等兵と一緒に慰安所へ突撃した。沙河の慰安所は10名足らずの慰安婦で、すでに十数名もの長い行列ができていた。異性を知るのもこれが最後であろうと、私達は行列をあきらめて広東市へ向かった」「東山の支那人慰安所に入った。可愛い姑娘の白い肌に、私はわが青春の血のすべてを捧げた」「『ヘイタイサン、ゲンキデネ』と、あやしげな日本語の彼女の言葉を背に聞き、約10キロの道を兵営へといそいだ」(131ページ)
(その809・2)昭和17年7月、ビルマ・タウンジー。
「タウンジーの日々(と題する第二大隊本部員の手記)」「5月13日夕方、シャン州タウンジーに到着。これより12月30日まで大隊は占領地区確保と警備地区残敵掃討の任務につき駐留することになる」「7月頃になって慰安所が中央市場の裏に出来た」(332〜333ページ)

〔その810〕岩城政治著『悔いなき同盟』雪華社、1963年発行。同書は、戦時中、新聞特派員としてバンコクに駐在した著者の事実を素材にした小説。
(その810・1)タイ・バンコク。
「(昭和18年)5月もあと3日で終わるという日、一木は景山と片柳(3人とも特派員)を日本料亭の白雲荘に招いて会食した。白雲荘というのは、日本の白木屋デパートのバンコック支店が経営しており、日本駐屯軍の管轄下にある料亭だった」「(料亭の女将格の)静子は24、好子は22で、彼女らは白木屋デパートのバンコック支店の女店員を兼ねて、この料亭を切りまわしていた」(53ページ)
「(昭和19年11月ごろ)大東亜省から駐タイ日本大使館に宛てて『明年2月頃、南方諸地域の連合軍捕虜への救恤品輸送のため、日本郵船の阿波丸を派遣する。この船は往還の航行安全を保証されており、帰航の際には、南方各地の邦人婦女子を乗船せしめることになっているから、バンコックでも希望者を決めて、最寄りの同船寄港地へ集結するよう準備を進めておくこと』という通知が届いていた。そこで日本大使館としては、日本人会に依頼して、隠密裡に帰国希望者の資格選衡 に当たっていた」(180ページ)
(その810・2)仏印・サイゴン。
「(昭和20年2月)サイゴンではその頃、阿波丸乗船の手はずで、タイや仏印各地から集結した人々でひと騒ぎが起こっていた。乗船許可の最終的権限は、サイゴンの南方総軍第三船舶運送司令部が握っていたが、ところが同司令部では理不尽にも婦人子供を極力制限して、陸海軍の現役軍人や軍属をできるだけ多く乗船せしめる工作をしていた。婦人子供のほか男でも病気の者には優先的に乗船が認められていたのに、同司令部では乗船を希望する病気の男を非国民扱いし、威圧を加えてそれを除外したりした。バンコックから選ばれて来ていた15人の婦人子供も、これら軍人軍属の強引な割り込みのため押し出され、結局3分の1しか乗船が認められなかった」(192ページ)
「(昭和20年3月ごろ)支局長の三宅は景山と一木を軍酒保の料亭に招待した」「開店間もないという一軒の料亭へ連れ込まれた。日本式の青畳もあれば襖もあり、ちゃんと着飾った芸妓が三味線を抱えて現れた。戦線の後退のため南方総軍司令部がシンガポールからマニラに移り、さらにマニラが危なくなったので、サイゴンに転じて来たのは前年の11月であり、ここはもう最後の拠点だった。それほどの緊迫した情勢下に」「日本料亭が新しく開業するというのは、どう考えても褒めたことではなかった」「運ばれた膳も食器もなかなか立派なものだった。芸妓も台湾芸妓というものの、総軍司令部のめがねに適ったものだけに、容姿も芸も磨きがかかっていた」(201〜202ページ)

〔その811〕あやめ戦記刊行会編『あやめ戦記―歩兵第16連隊と太平洋戦争』私家版、1975年発行。同書は、歩兵第16連隊の記録・手記集。
(その811・1)昭和17年12月、南方・ココポ。
「炊事班長(と題する第二大隊歩兵砲小隊員の手記)」「再召集された私は、17年12月、(ラバウルの)ココポで糧秣委員助手として炊事班長を勤務していた」「月のとても美しい夜、飲酒快気してココポ海岸にただ一軒存在する小鳩たちの家に登楼したが、満員の盛況にて、引き返さざるを得なかった。無念やるかたなく『火事だ!』の声に、宿泊していた将校さんたちは軍刀、衣類を携えて小鳩たちと共に右往左往。『ざまあ見ろ』とばかり、遙かヤシ林より望見して快哉を叫んだ。旬日ならずしてこの家は米軍機の空襲を受け、楼主は爆死。火葬に参列した生き残った小鳩たちの姿は、悲しみのうちにも場違いな色気を漂わしたものである」(242〜243ページ)

〔その812〕支那駐屯歩兵第2聯隊誌編纂委員会編『支那駐屯歩兵第2聯隊誌』私家版、1977年発行。同書は、支那駐屯歩兵第2聯隊の記録・感想文集。
(その812・1)昭和17年5月?、中国・廊坊。
「35年前の走馬灯(と題する感想文)」「明けて17年となり、私は一大隊の酒保掛り下士官となり、満期まで六か月を討伐に出ることもなく、4年兵の優雅な生活を送っていた。当時廊坊では外出者には突撃一番を持っていない者は外出させないことになり、兵達は中隊から、みんな無償で例のゴム製品を支給されていたが、酒保でも聯隊からの割当があり、ゴム製品の売れ残りが山となって、どうにもならない状態になったに、苦肉の策として自家製のまんじゅうや煙草の釣銭に例のゴム製品を渡すことにしたが、初年兵が『班長殿、釣銭にサックはいりません』と苦情を申し出る奴がいるので、『釣銭のサックを受け取らん奴にはまんじゅうは売らん』と云い渡して、なんとか一時を過したこともあったが、今考えてみると、随分可哀想なことをしたものだと、後悔している」(536ページ)
(その812・2)昭和13年5月、中国・滄県。
「幻の兵隊(と題する感想文)」「5月中旬過ぎか、三大隊は滄県警備へ天津を離れた」「滄県(原注・天津より汽車で2時間位)では分隊編成となり広い民家の中の建物へ分宿の形で入った」「苦しい思い出はない、のんびりムードが思い出に残る。営門に備え付けのピー屋の検梅表を見ると、殆ど梅毒、淋病持ちで軽いのでギジ患者、とても遊ぶ気にもなれず、向かいは支那料理屋だが豚の嫌いな私にはとても寄る所でもなかった」(737〜738ページ)

〔その813〕幸道会編『戦史と回顧―幸道会誌特別記念号』私家版、1970年発行。同書は、独立混成第9旅団歩兵第40大隊・独立歩兵第193大隊関係者の記録・手記集。
(その813・1)昭和17年8月、中国・新河。
「新河のツバメ射たれる(と題する文章)」「昭和17年8月であった。河北省新河県城内に独立歩兵第40大隊本部があった。城内には慰安所があって一羽のツバメがいた。A中尉に拳銃で射たれて死んだ。可哀想なツバメだった。同室に一緒に居合わせた安藤伍長も危ない目に遭ったのだ。フッとこんな事件を想い出した」(98ページ)

〔その814〕北原修造著『テーラー兵隊奮戦記』私家版、1984年発行。著者は、昭和17年、応召し、19年、所属する独立重砲兵第4大隊の南方派遣に伴い、韓国・釜山に着く。
(その814・1)昭和19年9月、韓国・釜山。
「釜山の駅から南へ1キロあたりに柳町という花街があった。日本の赤坂、新橋あたりの高級クラスよりも、むしろ、やや上等の赤線地区といったほうがあたっている」(126ページ)

〔その815〕横田泰助編『戦塵九星霜』私家版、1979年発行。同書は、独立輜重兵第4聯隊第3中隊・第6師団第7兵站輜重兵中隊の記録・手記集。
(その815・1)昭和17年5月、中国・金華。
「金華の敵は備えも堅く、頑強に抵抗したので、攻城部隊は少々手こずった」「陥落とともに逃散した敵兵が、中隊の布陣している後の林の中に迷い込んできたのを19名とらえた。大隊本部にその処置を伺ったら、処分せよという案外の指示に困り抜いたことだった(原注・後に副官にあって詰問したら、伝達の誤りだった)」(93ページ)
(その815・2)昭和19年12月、中国・柳州?
「復興隊と郷長〔1〕(と題する手記)」「当時食糧の自給自足を強いられた軍の意図により、聯隊に復興隊が編成された。我が中隊から私がその一員に選ばれて治安の維持と宣撫の任務につくことになり、聯隊本部より8キロほど離れた進徳郷進徳街という所に派遣された」「我々は郷長に、食糧・野菜の集積方を頼んだ」「儲備券で代金を支払いたいというと、駄目だ、関金(原注・米国銀行中国札)でなければとのことにて、聯隊本部は中国中央銀行発行の紙幣をもって支払いに当てた。日本の貨幣が通用しない事態になっていたのだ。
 一番印象に残っている出来事は、聯隊本部に慰安所を作ろうという計画が持ちあがった。本部の樋口准尉が主になって相談に来た。私は郷長に話を持っていき、郷長、樋口准尉、私と3人で柳州の街まで慰安婦を探しに出掛けた。柳州の夜の街は暗くて、細い路地を3人で歩きながら警戒しつつ一軒の家にたどりついた。薄暗い土間に灯芯の明かりに40歳位の背の高いすらりとした女が立っていた。郷長はさも昔からの知り合いのようで、何か楽し気に語らいながら梯子を登って二階に消えた。残った樋口准尉と私は不安ではあったが、しばらく待った。やがて郷長が下りて来て、7人ほど確保できそうだ、今晩はもう帰れないから明日連れて行こうという。我々は郷長に何度も頭を下げた」
「こうして聯隊本部の慰安所は出来上がったが、開店2、3日は押すな、押すなの盛況で、女の子はくたびれて起き上がれない状態だったと聞く。この女達は日本軍の進攻に追われて湖南省から逃げて来た女達で、省が違えば異国人のように敵対心の強かった広西人が、無理強いした素人娘の慰安婦であった。私は進徳街に駐留していたおかげで、慰安所を作った張本人でありながら、一度も恩恵を受けず、全く残念で今思えばもったいない気がしてならない」(178〜179ページ)

〔その816〕神野敬二編『中支戦線の歩み』私家版、1984年発行。同書は、兵站電信第8中隊の記録・手記集。神野は元中隊長。
(その816・1)昭和13年、中国・南京。
「軍紀・風紀の厳守と中隊の威武(と題する神野の手記)」「(昭和13年)1月8日大本営陸軍部幕僚長載仁親王名をもって外征部隊に対し軍紀風紀粛正に関する厳重な訓示が出された。これは従来戦地における軍紀風紀が悪く、今後作戦が一段落して部隊駐留態勢に移ると、さらに悪化するおそれがあるので異例の措置がとられたのである」「1月20日陸軍大臣名により『形而上下の万般にわたり長期持久戦の準備と対策とを要するの秋、全軍将兵一致結束して堅忍持久の精神を持って職務に最善の努力を傾注すべし』との訓示が出され、長期に臨む将兵の心構えを説いた(原注・この訓示は次に記述する部隊長合同会議席上における松井軍司令官の訓示で布告された)。2月8日軍通信隊本部において第2回有線中隊無線小隊長会議があった。その席上、松井軍司令官の訓示が伝達せられた。2月7日中支派遣軍の戦没者合同慰霊祭が南京において行われ参列した。式後、軍司令官は全軍部隊長を集め訓示されたのである。(1)2万1千余柱の犠牲を払って占領せし南京も入城以来一か月をもって未だ数名の不軍紀者のため、皇軍の威信を失墜せり。英字新聞等によると不法極に達すとかく、派遣軍将兵は須く之が名誉の回復に努むべし」(36〜37ページ)
「南京攻略戦(と題する別人の手記)」「昭和13年(1月?)鎮江を経て南京入りした部隊は駐留の形になった。当時は城内への入口はなお土嚢で埋められた跡が残り、逃げのびようとして焼き打ちになる苦悩の跡もいたましい。道路上を埋めた屍体も整理つかず、車が無惨にもその上を通る始末だった。揚子江河岸には屍体がポカポカ浮いていた。聞けば逃げのびようとして桟橋で機銃掃射をうけた屍体で奇妙なことに皆申し合わせたようにうつ伏せになって浮いてる」(42ページ)

〔その817〕離石会編『追憶の従軍記』私家版、1989年発行。同書は、北支派遣勝第4212部隊の記録・手記集。
(その817・1)中国・汾陽。
「作戦会議と特務機関への助教(と題する手記)」「どうも私は部隊移動の際の残務整理要員である。かつて山西の汾陽から解県に進駐する場合も今回と同じで、司令部主力が出発した後に残された荷物をとりまとめ貨車積みをした。ここは外人のキリスト教会で宿舎の返還についての苦労はなかったが、出発時に三明高級副官から『あれもだよ』と人差し指で方向を示し『できれば一緒に積み込んでくれ』と指示され、副官の顔に含み笑いが見えた。重荷だなぁと思ったが、『ハイ』と言って敬礼して見送った。残留者数名で任務遂行のため打ち合わせして、『駅』『兵站部』は勿論のこと、憲兵隊等へも連絡交渉するなど、苦心惨憺の末、無事貨車積み込みを終了し、解県に追及した。三明副官に『命令掲示どおり到着しました』と報告すると、ニコニコして『よくやったね』と褒めてくれたことを思い出す」「原注・『あれもだよ』と人差し指で方向を示し、とあるは“慰安婦”のことである」(130〜131ページ)
(その817・2)昭和19年9月、中国・安邑。
「私の足跡・他一篇(と題する主計将校の手記)」「(昭和19年)9月13日、8日間の期間を無事に終えて将校行李一つかつぎ、安邑に到着した」「その夜、早速歓迎会を開いていただいた。心づくしの山海の料理をご馳走になりながら、現地の状況等いろいろと聞き、飲むほどに酔い話もはずみ、皆打ち解けて歌が出る。メートルも上がってきた。この席に朝鮮出身の娘さん『慰安婦』数名がこの宴席におった。お富、ダリヤ等、それに冬部隊の将校に小指を切って送ったという情の深い彼女もいた。皆適当に酔いがまわったのであろう、彼方此方で何やら話し合っていた。それは宴会後の取引のようであった。私にも誘いがあったが、新人でもあるし今宵は遠慮した。宴が終って好奇心から田村主計の案内で『何事も一見に如かず』と彼女達の住み家を巡回したが、なかなか盛んなものだった。これが自然なのかもしれないと思った。その後大分経過してから例の彼女から一度だけ情を受けたことがあったが、病気予防のために『過マンガン酸カリ』の紫色の溶液で洗浄してもらったのである」(689ページ)
(その817・3)昭和20年、中国・嘉定。
「(前出・主計将校手記。米軍上陸阻止の)陣地構築も一応終了したので、(昭和20年)8月早々部隊の勇士慰安と士気の高揚をはかるために、上海から慰安婦を呼ぶこととなった。兵舎の広場内にアンぺラの小屋造りに取りかかったのである。私は慰安婦を上海から呼び寄せるために、上海出張を指示されたのである。私を案内してくれた親日家の中国人宅に一夜お世話になった夕食時に、大人から日本軍が無条件降伏するのではないかとの情報を聞いたが、まだ信じられなかったのである。大人と一緒に翌日上海に向かう途中、上海郊外で中華民国国幣中央儲備券銀行発行の500円貨幣を『不用』と無造作にクリークに投棄しているのを各所で散見した。何故投棄するかと尋ねたところ、日本軍は降伏したという噂であった。ある程度は察していたが、これは慰安婦どころではないと情況判断し、急遽部隊に引き返し、この事情を部隊長に報告した」(697ページ)
「戦闘回想記とある思い出(と題する手記)」「敗戦になり、各中隊が、そこここにバラバラと移動し始めたころ、中国軍より、中国人慰安婦の申し出があった。場所は嘉定の手前野戦郵便局のある所だったと記憶する。何しろ緊急を要するので、各中隊にはそれぞれ口頭で伝えたが、集まった兵隊の数は30名位と思われ、私が引率していった。料金は中国軍の指示で200円でしたが、日本が戦争に負けたので貨幣価値が下がり、本当の料金は三千円位だったと思う。多少のトラブルはあったが、兵隊は皆、蒋介石のおかげだと楽しみ、喜んで帰隊した。このこともこれっきり、後はなかった。昭和20年10月頃の出来事である」(318ページ)

〔その818〕静岡新聞社編『静岡連隊物語―柳田芙美緒が書き残した戦争』静岡新聞社、2009年発行。同書は、自身の入隊した静岡連隊の“連隊付き写真師”となって従軍した柳田芙美緒の戦争関連短文集。その中で、未発表か初出媒体未確認の「捕虜」と題する文章の一節。創作か否か、南京攻略時の光景か不明だが、南京事件の一部と思われる。
(その818・1)中国・南京?
「一団の部隊は、正確に(午後)5時に城門を出た」「朝からこれで6回目、この運命の行進をして行く部隊は、4人の兵隊が前後になって、静かに城外へと流れる様に吐き出されて行った。足音も重々しい。今日で、命の終りになる、捕虜部隊の行進の足音だ」「この一団、総数380人」「この捕虜の一団は、家並の密集している部落の、石畳の道を、ペタペタと跣足で歩いて、郊外の波止場へと急いでいる。揚子江の激流はさざ波を立てない」「岸辺から20米あまり、桟橋が流れの下手に浮かんでいた。その先に伝馬船が一隻繋がれている。窓も閉めて、明かりも点いていない」「『船に乗って対岸に行く。そこに寝床や食糧や、仕事が用意してある』と云われたのは嘘でなかったと思った。我先にと桟橋へたどり着いた。一歩一歩歩いて行く桟橋の板を、べったりと染めている黒いものが、2時間前の彼等の先輩の流した血で有る事も気がつかなかった様だ。桟橋は、ぎっしりと満員になった。桟橋の先頭に伝馬船が綱をたぐって近づくと思いきや、ともづなは桟橋を離れて矢の様に下流に流された。この静かな、動きの点景を、ハッと思って息を呑む瞬間、柳の影、土壁の蔭にかくれていた6門の重機が、一斉に悪魔の火を吹いた。それは伝説の様に、悲惨な図であった」(120〜124ページ)

〔その819〕近歩三史刊行委員会編『近衛歩兵第三聯隊史』私家版、1985年発行。同書は、近衛歩兵第三聯隊の記録・手記集。
(その819・1)昭和20年9月?、スマトラ・ランサ。
「ムルデカの花(と題する第三歩兵砲小隊員の手記)」「(昭和20年9月?、スマトラ・ランサで野戦倉庫警備にあたっていたが)任務が終り列車を待つ間、時間があったので付近にあった軍専用の彼女たちの所へ行ってみました。彼女たちは何の命令もないまましょんぼりと暮らしており、私たちが行くと喜んで寄ってきました。敗戦の事、国にいつ帰れるか等色々と話をして情報をしりたいようですが、私たちとて何も知りません。じき引揚げの命令があるだろう位の事しかいえません。しかしこれからどうなるか、それを思うと悲しかった。やがて列車が到着し、『お互いに元気でね』と手を振って別れました」(701ページ)

〔その820〕小林健一郎著『ふり返れば五十年―中国大陸への熱い思いをこめて語る哀歓』私家版、1996年発行。著者は、昭和13年3月、関東軍騎兵第14連隊第3中隊に入隊する。
(その820・1)昭和14年1月?、満州・拓城。
「この町には東西南北に城門があり」「東門近くには軍の慰安所があった。憲兵隊の直属で慰安婦が数人いるようだった。戦争をしている反面、宣撫工作も盛んに行われていたが、一部の精神状態の荒廃した者が中国人婦女子を暴行する事を防ぐための憲兵隊の粋な計らいのようにも思われた。しかし慰安所に行くのは初年兵でも自由だが、そこには恐るべき掟があった。もし性病に感染したら後送され、兵站地の病院に入院させられ、回復後原隊に復帰して営倉の刑を課せられるのだ。遊びたいけど営倉が怖い、これが大部分の兵隊の本音のように思われた」(92ページ)
「(昭和14年1月?)中隊本部に外出証をもらいに行くと、週番下士官が遅くならないようにと言って、木製の外出証に小さな紙袋を付けて出してくれた。小さな紙袋には『突撃一番』と印刷されていた。中身はコンドームであった」「当時このような物があることは知っていたが、実物を手にするのは初めてであった。A君が突然、どうだ卑屋(原読み仮名・ピーヤ)へ行って見ないかと言い出した」「(慰安所は)城内の東南の隅に土壁に囲まれた数軒の家である。若い慰安婦が数人いるという話である。花子とかみどりとかの仮名が付けられて兵隊達の話題になっていた」「冷かしだけだと意見がまとまり、3人で門をくぐった。兵隊達は誰も来ていないようで、女達が外に出ていた。私等の姿を見ると走り寄ってきて、肩にすがり手を取りして『ね、遊んで行くんでしょ、上んなさいよ』と部屋の方に連れていこうとする。私とS君はただおどおどするばかりだった。A君は落着きはらって、今日はだめだ、今日はお前たちの顔を見に来ただけだ、今度給料もらったら来るから放せよと言っても、彼女等はなかなか放そうとしない。胸に埋めた顔こそ見えないが、香水の臭いと大蒜の臭いが入り混じって独特の雰囲気をかもしだす」「その時少し年配の女性が出て来て、みんな余りしつこいことよしなさいと言ってくれた」(98〜99ページ)
(その820・2)昭和14年4月、満州・安北。
「(城門衛兵勤務を終り)衛兵控え所に戻ると、小さな焚き火を囲んで、みんなで殻付きの落花生を貪っていた。私も一緒になって食べていたら、非番のH君が暇を持て余してぶらりと衛兵所に来た。殻の落花生を一つつかみ取ってぼりぼりやりながら、おいみんな大ニュースだよ、里見の親爺が安北まで来たよ、すぐ其処で開店したんだ、里見の奴14連隊とは離れられないんだな、相変わらず汁粉と餡巻きだがな、今度は慰安所も始めたらしいよ、『よか楼』って言うんだ、その内に写真屋も来るらしいよ、安北も住みやすくなるな、みんな大喜びだった。このところ、8円80銭の給料が使い切れないで、もう100円近くも郵便貯金が溜まってしまった。包頭にある野戦郵便局に、給料日ごとに中隊指揮班からみんなの金を預かって預金に行くのだった。慰安所通いの味を覚えた者は金が足りなくて送金してもらうような者もいたようだが、大部分の者は某かの預金を持っていた」(133ページ)

〔その821〕大江一郎著『兵は死ね―狂気のビルマ戦線』鵬和出版、1983年発行。著者は、昭和18年9月、臨時召集され、ビルマ方面軍第31師団工兵第31聯隊に補充要員として入隊。インパール作戦などに参加する。
(その821・1)昭和20年5月?、ビルマ・ケマピュー。
「私達はトングーへ約100キロというケマピューまで来て、その街道沿いの広大な竹林に野営したとき、漸くビルマ戦線の事態が容易でないことを悟った。それというのもジャングルのような竹林の中に、日本軍の乗用車やトラック数十台が放置されているのを目にしたからである。しかもそれらの車輌は新品同様で、決して故障車ではなかった」「これほど多くの日本軍の車輌を」「とくに乗用車を見たことはなかった。おそらくこれは、メイミョ―やマンダレーにいた軍司令部あたりの高級将校が乗り回していたものであろう。その立派な乗用車の一部の車輌の周辺にはトランク、柳行李の類が投げ出され、その中から取り出した衣類があたり一面に散乱していた。とくに、散乱している衣類の殆どが日本人女性の着物、帯、長襦袢等であったことが私達の眼を瞠らせた。これは、そのトランクや柳行李を捨てた者の仕業ではなく、明らかにそのものに興味を持った人間、つまり私達より先にここへやってきた兵隊のやったことに相違ない」「そうした衣類だけでなく、こまごまとした日用品や化粧品などのほかに、『突撃一番』が数え切れないほど、あたり一面にばら撒かれていた」「(突撃一番は兵隊の)外出許可のひとつの条件である。しかし、戦地へ来ると、よほど秩序を取り戻した後方の町でなければ、そんな面倒なことをやっているヒマはない」「戦地では『突撃一番』は慰安婦たちが持っていて、自分達を守ることになっていた」「したがって、これがばら撒かれているということは、ここに放棄してあるトランクや柳行李の類の所有者が、そうした職業の女性達であるということになる」「(軍司令部の)将校が此処へ退るときに慰安婦達も便乗したことに間違いない。同時にそのことは、戦線の趨勢がそうした状況をきたしたということであろう。此処からさき、自動車では後退したくても出来ないということなのだ」(159〜161ページ)
「ケマピューからモチの山越えにパプンへ向かうことになった日、私達は、先に功績書類と糧秣を持って後退したN曹長以下の牛車隊が、道路脇の疎林に設営しているのを目にした」「功績・糧秣後送班の牛車の上には、殆ど糧秣の梱包はなくなっていたようである。そして、どこから乗って来たのか、10人ばかりの従軍慰安婦がとって代っていた。疎林の中の牛車の陰に天幕が張られており、N曹長以下の10名ばかりの下士官と兵隊が、それぞれ慰安婦と同棲生活をしていたようである。のちになって聞いたところによると、ある下士官の相手の慰安婦は妊娠していたとのことである。数か月間にわたって仕事を忘れた慰安婦達が、後退するために工兵隊の牛車隊を利用したことによって、通常の女性の生理に戻ったということであろう。もちろん、工兵隊の牛車隊員達が、目の前の女性に手を出さないはずはない。また、彼女達にしても自分の立場上からそれを拒否することはできない。当然のように妊娠ということもあり得ることだ。こうした慰安婦達は、ケマピューから先、どうなったのだろうか」「のちに、第31師団歩兵第58聯隊長稲毛譲大佐の手記を見ると、チェンマイへ向かったこうした多くの女性達が、悪路のため途中から引き返し、モチの山越えで疲労困憊、ついに枕を並べて死んだということである。稲毛聯隊長の手記によると、モチの山越えで死んだのは看護婦達であるように書かれているが、全員がそうであったとは思われない。だいいち、この時点で、看護婦と慰安婦を日本軍が同等に扱うはずはないだろう。特に慰安婦はほとんどが朝鮮出身の女性である。支那事変初期の彼女達は、貧しさの故にかなり自分の意思によってこうした職業を選んだ者が多かったようであるが、太平洋戦争になってからは、軍の甘言に乗せられるか、あるいは強制的な徴用によって慰安婦になった者が多かったようである」(217〜219ページ)

〔その822〕川崎徳次著『戦争と野球・兵隊にされたプロ野球選手』ベースボール・マガジン社、1997年発行。著者は、昭和18年4月、久留米歩兵第48連隊に入営、同年7月、ビルマに派遣される。
(その822・1)昭和19年4月?、ビルマ・ナンカン。
「朝食をすませて散髪をする」「内地出発以来、大切にしていた安全剃刀で剃髪をするのだが、10枚の古刃を帯革で研ぎ、飯盒で沸かした湯にタオルをひたして髪を温めて、とっかえひっかえやったが、その痛いこと。2、3人はなんとか我慢して剃ったが、もう刃は全然切れない。頭は血だらけ、とうとう悲鳴を上げる始末だった。近くに芝生にかこまれた瀟洒な二階建ての洋館があった、どうやら慰安所らしい。さっそく出かけて鋏を借りた。愛想のいい朝鮮の娘さんたちは、血だらけの虎刈りを見て吹き出してしまった。『あがれ』と誘ってくれる。『銭がない』と答えると『どこからきたか』と聞く。フーコン下番だと知ると『大変だったね』と、嬉しいことをいってくれる」「マレーからビルマと長い道中で、話に聞いた慰安所の前を通ったことはあったが、初年兵であるわれわれはいつも素通りで縁がなかった。こんな前線基地で声をかけあうとは、それこそ久しぶりに女の匂いを嗅いで、忘れかけていた色気をいっぺんに思い出させて、何とも罪なことであった」(129〜130ページ)
(その822・2)昭和20年1月、インドネシア・ジャカルタ。
「(ジャワの南方軍幹部候補生学校を卒業し)かねて聞き及んでいた『ジャワ会館』へほとんど全員が突進した」「大阪の道頓堀やミナミのキャバレーなどそれこそ夜毎に通ったものだが、ジャワ会館ほど大きなのは初めてだった。昼間だったのでバンドは入っていなかったが、舞台装置があり、グランドピアノがでんとすわっている。驚いたのは女性群である。大和撫子がわんさといる。べっぴんばかりだ」「飲めや歌えの大騒ぎ」「私も人一倍メートルを上げていると、テーブルからテーブルへサービスしてまわる女たちの中に、どうも見たことのあるのが2、3人いる。呼び止めてみると、相手もびっくりして、とびついてきた。道頓堀の赤玉あたりのお姐さんであった。名前は忘れたが、女は度胸がよいものだ。どんないきさつで赤道を越えてジャワくんだりまで働きにきたのか」「ほかにも知った人がいると呼んできた。つごう4人の美女に大もてである」「戦後復員して、焼け野原の大阪で、4人の中の2人とバラック建ての飲み屋で再会した。なんともたくましい彼女らの生命力に感嘆したが、帰国するのに大変な苦労をしたであろうに、その話はあまり聞けなかった」(209〜211ページ)

〔その823〕伊藤桂一著『戦旅の手帳』光人社、1986年発行。著者は、昭和13年から20年まで3度にわたり満7年間、中国大陸で軍隊勤務。
(その823・1)
「戦場慰安婦雑感」「私はかなり長い期間、兵隊として戦場に在ったが、慰安婦についての知識はあまりない」「彼女たちが、具体的にどんな事情、方法によって海を渡ったのか、そうしてどういう経過をたどってその末路を迎えたか」「私はかつて、戦争の最大の被害者は戦場慰安婦であり、かつ彼女たちの功績も黙殺できない、従って慰安婦の忠魂碑も建てるべきだと書いたことがある」「兵隊に慰安婦はつきものだから、兵隊が動員されれば、慰安婦もついて行く。しかし、兵隊を慰安することを第一義として海を渡った慰安婦は、たぶん一人もいないかもしれない。多くは業者に縛られて海を渡らざるを得なかったか、または巧みにだまされたか、荒く稼ごうと考えたかのどちらかである」(109〜110ページ)
(その823・2)中国・蕪湖。
「蕪湖で、私は有利なポストにいた関係上、なんとなしに朝鮮人慰安婦の相談役みたいな仕事?をしていて、軍務よりこの方に熱心だったが、20人ほどいる女の中で、気質の悪いのはいなかった。素朴なのだ。よく稼ぐが抜けているところも多かった。なかには子供を中国人にあずけて育てているのがいた。借金を抜き、金をためて帰国するときの女の喜悦の表情は忘れがたい。2、3商船の下級船員と結婚したのがいるが、彼女らにとっては玉の輿なのである」(111ページ)
(その823・3)中国・臨汾近郊。
「(著者の属する騎兵第41連隊は、昭和14年?臨汾近郊の小村に駐屯するが)駐屯地には慰安所もあり、朝鮮人の女が4人来ていた。兵数600で女4人では、女は忙しくて大変だろうと考えがちだが、そういうことはなかった。むしろ、せっかく北辺の土地まで来て、思うような稼ぎにならぬのではないかと心配されたほどである。私たちの部隊は全員現役だったが」「性というのは習慣性のもので、夫婦生活の経験がないと、性に対する執着は薄い」(124ページ)

〔その824〕「兵站勤務第74中隊大肚子会編『兵站勤務第74中隊―記録編』私家版、1978年発行。
(その824・1)昭和19年2月、満州・大肚子。
「私の兵站勤務第74中隊記(と題する手記)」「うるう年で今年は29日まであった。引率外出で映画『奴隷船』を見に行った。幼稚な映画手法であったが、明治の意気込みをくみとることはできる。明治5年神奈川県令大江卓が中国人をマリア・ルーズ号から解放した映画であった」(71ページ)

〔その825〕小野総八著『召集歩兵小隊長の行動記録』私家版、1972年発行。著者は、近衛歩兵第三連隊第二中隊小隊長として、昭和17年3月、スマトラ作戦に参加する。従軍慰安婦関係ではないが、メモする。
(その825・1)昭和17年3月、インドネシア・ブランケジヤラン?
「(昭和17年)3月29日」「日本の飛行将校9名が捕虜となり収容所に収容されていたのを救出する。彼等はマレー作戦中撃墜され捕虜となったもので、英軍がシンガポール脱出の際、オランダ軍に引き渡され、此の地まで連行されたもので、皆20歳代の青年将校である。其の中の一人は5中隊長園田中尉と同期生であった。彼等は既に名誉の戦死者として公報されており、今更捕虜の汚名を着ることは忍び難いであろうとの考えから、大隊長は彼等に自決をすすめたが拒否された。彼等は同じ死を選ぶなら、再度飛行機に乗り戦場に散りたいとの希望を述べており、彼等の心情まことに掬すべきものがある」(130〜131ページ)

〔その826〕「マライよ遙かなり」編集委員会編『マライよ遙かなり―第29軍憲兵隊タイピン回顧録』私家版、1989年発行。
(その826・1)昭和17年3月、インドネシア・ブランケジヤラン?
「『プキマ』奮戦記(と題する戦闘隊員の手記)」「20年3月に谷口大尉の下に戦闘隊が編成され、50名位の兵力でタイピンに駐留となった」「私は若さを買われて(大尉の当番兵で)運転手として」「専ら官舎と本部との間の送迎に昼間は従事し、夜間は外出の車のお供、それもタイピンから遙か北方のカムンチンを通り越して、日本人芸者のいる料理屋へ、月に2、3回はシボレー41年式でお出かけのお供であった。何処にあり、どのような店か、少し手前で降りるので見たこともなく、迎えは又その地点で待っていた。その代り、昼の演習・勤務は免除してもらい、専ら夜間勤務に備えた」(85ページ)

〔その827〕濱井光三著『八等軍医物語』私家版、1994年発行。著者は、昭和17年、関東軍独立守備隊に入隊し、衛生下士官?。
(その827・1)昭和20年、満州・富錦。
「今日は富錦地区慰安所の検黴日である。最初の時は、軍医の助手を志願して大騒ぎをしたが、2回目の今日は抽選になった。八等軍医は川井兵長を連れて、福田軍医に随行した。検査場は、満人の家を改造した粗末なもので、薄暗い土間になっている。電灯はなくランプの使用である。控室には多くの慰安婦が待たされている。検査が開始された」「約半数が終り、小休止となった」「検査は夕方になって終了した。検査官を買収すべく、立会人はくどく料理屋へ誘ったが、固くこれを断り、軍医は2人の助手を伴って、街の食堂に入った。『あの誘いに乗ると、病気持ちの者にも合格の印を押さねばならん。仮に、仮にだぞ、そんな誘いに乗ってみろ……』」(112〜113ページ)

〔その828〕羽田政美著『戦火に煙る南十字星―野戦高射砲隊の回想』戦誌刊行会、1985年発行。著者は、昭和13年、会寧高射砲第5連隊に入営、後に野戦高射砲第47大隊に転属、南方に派遣される。
(その828・1)昭和13年、朝鮮・会寧。
「(会寧は)日曜、祭日には外出した兵隊でごった返す町である。そのころの映画館の入場料は、兵隊は一人5銭で、コップ酒屋の一杯は15銭だった。花町は朝鮮女が1円10銭で、日本人はこれに20銭増しが相場である。初年兵の手当は月給にすると6円54銭と、内地より高かった」(25ページ)
(その828・2)昭和16年12月、グアム。
「(グアムを)攻略して1週間後にはオイラン船が入って来て、市内は急に華やいだ雰囲気が醸し出されて、酒と女の楽園に変わっていった。しかし、そろそろ気のゆるみも見え始めた昭和17年1月14日の午後、今度は第二の目標であるラバウルを攻略すべく一路南下することになった」(79ページ)
(その828・3)昭和17年、南方・ラバウル。
「ラバウルに進攻してから一か月余りが過ぎた。内地から待望のオイラン船も入港して、これから街には華やいだ空気が漂うことであろう」「ラバウルでは兵隊は午前10時から午後5時まで、下士官は9時まで、将校は12時までと一応門限があった。街には慰安所も開設され、そこの女の中にはしばらく稼ぎ借金を返し終えて、特定の兵隊を選んで夫婦気取りでいた者さえ出たほどだった」(112ページ)

〔その829〕足立基外編『命ある限り―ビルマ派遣第54師団第1野戦病院出征記録』私家版、1983年発行。
(その829・1)昭和20年4月?、ビルマ・プローム。
「(ある隊員の手記。敗走転進中)先行した部隊を追ってイラワジ河岸を下る時」「また狼部隊の落伍者に会った。その中に元気な朝鮮人の上等兵がいた。彼はガリを持ち、美しい着物を持った同胞の慰安婦を乗せていた。その時、反乱のビルマ兵補や住民の襲撃があったので、私は近くの荒れ果てたパゴダの中へ逃げ込んだが、例の女性は捕らえられ悲鳴をあげていたし、上等兵は撃たれて戦死した。このままでは前進できず、急いで河岸にあった民舟で河を下り、再びイラワジ河を渡って、プローム街道を横切り山中へ一旦入り込んだ」(114ページ)
(その829・2)昭和20年7月、ビルマ・ペグー。
「(別の隊員の手記)或日、こんな(ペグー)山中を日本の慰安婦の集団(原注・100名程)が大きな荷物を背負って移動しているのを追い越した。夕方目的地に到着して野営することになり、桧田兵長と一緒にセブリ(原注・寝床)を手早く作り夕飯の準備にかかった」「桧田兵長の飯盒には、自分の米で粥が炊かれてあった。それは、今日会った慰安婦の一人が大変弱っていて、彼女に粥を作って持って行く約束をしていたらしかった。食事がすむと、彼は飯盒を持って飛び出して行った。私はマラリアの発熱と疲労で寝込んでいると、トントン音がするので目を覚ますと、彼は鉄かぶとで籾をついていた。不審に思って尋ねると、あの弱った慰安婦は籾より持っていなくて明日から困るので精米してやっているのだと言っていた」「籾をつきながら話してくれたことは、彼女達は女でありながら、稼いで買った物に世帯道具、使えなくなった軍票まで後生大事に持っているので、それらに未練を残すと命が持たないから、身軽にするように言ってやったが聞き入れなかったと吐き捨てるように言ったが、慰安婦のそんな気持ちも分かるような気がしないでもない。お礼に煙草(原注・興和)を貰って来たと差し出してくれた。長い間お目にかかれなかった貴重品が何より嬉しかった。後で聞いた話では、慰安婦がモールメンに辿りついたのは1名だけだったそうである」(213ページ)

〔その830〕三ノ上澄雄編『遠謀―第124師団司令部史』私家版、1990年発行。
(その830・1)昭和20年8月、満州・綏陽。
「綏陽留守司令部情報班〔参謀部〕(と題する手記)」「(ソ連軍越境に伴ない、昭和20年8月9日)10時の第1回避難列車に近藤中尉の家族はじめ女子軍属の乗車を確認―会議の都度くれぐれも頼むといわれていた―をしたりする。11時頃、衛兵司令より慰安所の女性が大勢来ているというので会って聞くと、彼女達は軍属で副官部の所属につき、撤退に同行させよとのことである。第2次の午後1時の避難列車は出発できるかどうか不明、そのうち在留邦人も続々集合する」(92〜93ページ)

〔その831〕針谷和男著『ウエワク―補給杜絶2年間、東部ニューギニア第27野戦貨物廠かく戦えり』私家版、1983年発行。著者は、昭和18年9月、ニューギニアに派遣される。
(その831・1)昭和19年、ニューギニア・ウエワク。
「ウエワク半島の台上には、八建所属の看護班があり、白衣の天使の姿を何人か見かけた」「ニューギニアに来て以来、それが日本女性を見た最初であり、最後となった。戦況益々苛烈の度を深めた二か月後には、その唯一の日本女性たちも遂にニューギニアを引揚げてしまったからである。東部ニューギニア戦線に関する限り、軍隊に随いて廻るのが当たり前と思われていた慰安婦等は如何なる理由によるのか判らぬが、全く来ていなかった。本当にニューギニアは女気のない、男だけの戦場だったのである」(104ページ)

〔その832〕高畠喜次著『悪夢のボーゲンビル―海軍第1通信隊員の手記』私家版、1967年発行。著者は、軍艦「沖島」に乗り組み、南方へ向かう。
(その832・1)昭和17年1月?、グアム。
「波止場に戻って来てから、艦に帰る内火艇を待つ間、みていると、その炎天では、陸軍の兵隊さんが裸で汗みどろになり、出発準備に忙殺されていた。その近くで、これはまた、戦地には似合わないゆかたにタスキがけ、ねえさんかぶりの女、5、6人がはでな色彩で働いているのでおかしいと思ったが、特用倉庫員だと聞かされた」(9ページ)
(その832・2)昭和17年2月?、南方・トラック。
「トラック島(原注・夏島)には海軍特用倉庫があった。そこの井戸で黙って洗濯をし、水の尊いところだから、ひどく女達に怒られたことがある。特用倉庫の入口には高札があり、
『特用倉庫使用規程
1、下士官、兵の使用時間は午前9時より午後4時までとす。
2、1回の使用料 一金1円50銭』
などと書いてあったりした。特用倉庫員の女性達は、特用倉庫員と書いた腕章を巻き、その姿は町でよくみかけた。その当時聞いた、パンパンの語源については、『昭和12、3年ころから、南洋委任統治領は活発な軍の動きによって、南の生命線として、軍事施設の完備を急いだ。人員、機械等それだけでなく、料理店も女達も集まった。日本人は座敷に上がった時、女を呼ぶのに手をたたいた。カナカ族はその行為をかいまみておぼえた。手をたたくと女がくる。パンパンとたたくと女がくる。彼等が生んだ言葉であった』というのである」(16ページ)
(その832・3)昭和17年2月、ラバウル。
「(昭和17年2月、ラバウル行き輸送船の護衛任務につく)本艦の右げん側に、タンカー、ボロ船の順で進んだ」「双眼鏡で見張りをしている者がえらいものを発見した。後に続くボロ船にたくさんの女群を見つけたのである。双眼鏡の中にはいろいろな色彩が映った」「トラック島に集結していた特用倉庫員のラバウル行であることは確実である。ラバウル敵前上陸以来、20日近く経過しているのに、日本人の女性はあの地に一人もいないのである。ラバウルへ、女と油、作戦に重大な何よりの贈物であろう。ラバウルへ無事上陸しての昼食時、艦の方の先任である田辺兵曹のまじめくさった冗談がはじまった。『明日くれる戦給品はな、各自3枚づつ、特用倉庫の無料券があるぞ』というものであった」「ラバウルに上陸してみると」「昨日着いたばかりだと思った女達の入っている建物には、もう赤いものなどが干してあった」(18ページ)

〔その833〕高松宮宣仁著『高松宮日記・第八巻』中央公論社、1997年発行。
(その833・1)昭和20年9月、北朝鮮。
「(昭和20年)9月28日」「北鮮 強姦〔南下の途上『ソ』聯兵に1日数回姦せらる。1人は妊娠、1人は罹病せる2人娘を伴い辛くも京城に着せる母あり〕。くぢ引で性交提供、日本内地人のみ強制。『せつ元(原編者注・清津と元山か)』にて女すべて監禁、10人中すでに4人死、『平壌』女60人慰安婦として空輸、幼児死亡数十人」(158ページ)

〔その834〕笠置慧眼著『ああ、策はやて隊』私家版、1990年発行。著者は、昭和17年12月、軍医少尉でビルマ派遣第55師団衛生隊として従軍。
(その834・1)昭和18年4月、マレー・ペナン。
「(ビルマ行途中のペナン)陸軍の施設は何もなく、慰安施設は7軒もあったが、いずれも海軍専用のものであった」「(ある晩、著者ら3人が)その海軍専用の慰安所に行った。服装は軍服でなく、シンガポールで購入した白の開襟シャツを着て、白のズボンと白の短靴姿で出かけたのであったが」「すぐに陸軍と見破られてしまった。そして『陸軍の方は、上からの達示があって、官等級氏名および部隊名を記帳していただくことになっていますから』といわれたので、癪に障り、さっさと帰ってしまった」「ペナンでの駐留が長引きそうだ。そうなると、陸軍専用の慰安所を作ってやらないと、下士官、兵がかわいそうだし、問題を起こさないとも限らない」「輸送司令官の原中佐を口説き落とし、早速州政庁へ交渉に行ったら、政庁で女性を募集してもらえるよう話がついた。そして20名の予定で募集してもらったら、現地の若い女性50数名が応募してきた」
「(この女性の検査だが)婦人科の方は次の4段階に分類してもらった。
A、病変なく、見た目の立派
B、病変なく、見た目は普通
C、軽度の病変か、または瘢痕あり
D、病変あり、使用不可
 さて、検査の結果、婦人科の方で病気のない者、すなわちA、Bの者はわずかに15名だった。これでは予定人員の20名に満たなかったので、Cの者を再検査し、上、下の2段階に分けてもらい、上の者を合格として、やっと22名になったので、この22名を採用することにした」
「開設に先立ち、安藤中尉と私は『サック』の受領に行かされた」「当時物資の補給地であったクアラルンプールまで受領に行くことになった」「我々2人はクアラルンプールの軍医部に行きサックを請求したら『サックは衛生材料ではない。あれは軍隊では被服となっているので、貨物廠に行って受領せよ』と叱られてしまった」「軍医部でしかられた我々は、改めて貨物廠に行きサックを請求したら、ここでは簡単に2万個のサックを受領することができた」
「州政庁も占領下のためか、軍には非常に協力的だったので、何事も順調にいった。すなわち、女性たちの検査も州立病院を使わせてもらったし、また、開店後の経営者も政庁で適当な人を選び、建物も格好な既設家屋を世話してくれた。そして、その家の屋号は『梅の家』と命名され、待望の陸軍専用の慰安所が誕生したのである」(46〜49ページ)
(その834・2)昭和18年11月、ビルマ・タラワジ。
「はやて隊が結成されて4週間目の11月17日のことであった(隊長が慰安婦開設のため現地人の慰安婦候補5人を集め、著者に検診を命じた。5人のところに行くと同行の副官)佐藤中尉は、さっきからリーダーのM子と何やら話していた。そして、ときどき『高い、高い』という声が聞こえるので、料金のことを話しているのだなァと気づいた。『いくらと言っているんですか』『1日1人、150円くれと言っている』。私も『それは高い』とすぐ思った」「(ペナンの慰安所開設経験で)兵1人が5円ずつ支払い、女が1日に15名を相手にすると仮定すれば、女の稼ぎは1日75円になる。だから、彼女らが1日150円を要求するのは、ちょうど2倍の値段であって高すぎると感じた」「(値段交渉ははかどらず、先に検査を実施すると5人中2人だけ合格)『2人で150名を賄うということは、ちょっと無理だなァ。今日はなかったことにしよう』と佐藤中尉はいった」(221〜230ページ)
(その834・3)昭和20年4月?、ビルマ・ペグー。
「昭和19年12月上旬、パウンデにあった第28軍司令部が、120キロ南のタイキの山中ジュビュー湖の近くに移動したが、我々はやて隊も期を同じくして、タワラジからタイキに移動した。また、軍司令部に付属していた3つの慰安施設『翠香園、曙食堂、八雲荘』も移動して来た」「和風料理屋の翠香園は」「専ら軍司令部の佐官級以上の慰安施設で、将校集会所とも呼ばれていたらしい」「(純粋の慰安所)八雲荘には15名の女がいた」
「(敵が迫った昭和20年4月)第28軍司令部は東側のペグー山系内に転進の準備をしていた」「3つの慰安施設は(4月)25日までで閉鎖される」「26日、私は将校行李の整理に追われたが、彼女らも、長く伸ばしていた髪を短く切って男装となり、私物の整理をしていたはずです。そして、翌27日、我々は策戦闘隊に編入されたので軍司令部に行ったが、彼女らも軍司令部に集合しているところであった」
「(その後、彼女らはペグー山中に入ったがどうなったのか)昭和60年の夏、これら女子部隊の引率責任者だったという五十嵐信一氏に手紙を出したら、次のような詳しい返事をもらったので、その一部を紹介してみることにする。≪翠香園、曙食堂、八雲荘の従業員は、全員身分を軍属とし『傭人隊』と名付けた一部隊を作り、その隊長に私が命じられ、軍司令部副官部の指揮下になった。そして、4月29日の夜、タイキの軍司令部を出発するとき、私は『一人たりとも見殺しにしてはならない。山中に入ったら、速やかに安全地帯に集結せよ』との桜井軍司令官閣下の、彼女らに対する思いやりのあるお言葉をいただき感激した≫。そして、手紙の末尾には、全従業員の本籍地、現住所、留守家族の氏名、本人の芸名、氏名まで詳しく書いた一覧表が記入されており、その中に、戦死者、戦傷者、落伍者の印も付いていた。それによると、隊長五十嵐信一氏以下32名中、戦死者3名、戦病死および落伍者は7名である」「(傭人隊はシッタン河を)全員、軍司令官らが使用した民舟で、あとから渡っている」「彼女らの軍票は、引率責任者の五十嵐信一氏が傭人隊の名簿を作成したとき、各人に預り証を渡し、全部まとめて経理部の金匱行李に封じ込み経理部が輸送した。そして、モールメンに到着後、彼女らに返済したらしく、五十嵐信一氏は現在もなおその預り証の控えを保管している」(377〜385ページ)
「(前出戦死者3人のうち1人の場合、ペグー山中で)道路の左手に、人の背の高さのほどの木に墨痕も鮮やかに『山口ツヤ之墓』と書いた墓標が建っていた。『以前、女の人が野象に踏まれて死亡したという噂を聞いていたが、本当だったんだなァ』と思いながらそこを通過した。この女性は翆香園の女だったので、下級将校の私には縁がなく、従って、どんな顔をしていたかは知らなかった」「昭和60年このことについて、蜂須賀隊長に問い合わせて見たら、やはり名前は『山口ツヤ』に間違いなかった。そして、野象に襲われたとき、『椎場ヨシエ』という女性は足の骨を、慰安婦たちの責任者だった五十嵐信一氏は肋骨を折ったという。その五十嵐氏は肋骨骨折をしていたにもかかわらず、椎場ヨシエさんを背負って、ペグー山系を横断、更にシッタン平地も突破した責任感の強い人だったということまでわかった」(325〜326ページ)

〔その835〕鹿野幸彦著『ビルマ軍医日記』叢文社、1981年発行。著者は、元狼49師団衛生隊軍医少尉。昭和19年9月、ビルマに入り、ビルマ・雲南方面に向かう。
(その835・1)昭和19年11月、中国・遮放。
「(昭和19年)11月22日」「遮放は竜川江と東側に連なる低い山に挟まれた僅かな平地の一画である。公路はその山すそに沿って走っている。以前にはかなり家居のあったであろうが、今見る遮放の町は殆ど焼かれて私のいる辺りは崖上に急造された軍の竹小屋と道路西側の平地に、これは援蒋物資のブリキ板で見事に貼り合わせて造られた小屋がひとつ、焼け跡に奇妙な対照を見せて建っているきりの淋しいところである」「さて、何時までも(所属隊を追及途中、立ち寄った)衛生隊におる訳にはゆかぬ、私が朝早く公路傍に佇んで、これからどうしようかと思案していると、若い女が壕の中から寝ぼけ顔をのぞかせた。『アレイ、トミ子さんョ……一寸来てみんナ、征く時にはあれバッカ家があったバッテンどげんしたとッ、チャカンチャカンにやられとるバイ』と焼け跡にたまげて仲間を呼んだ。彼女達は竜兵団専属の慰安婦で、昨夜遅く退ってきたらしく、次の便のあるまで待っているのである。殆どが九州の天草あたりか朝鮮の出身である。夕暮れ時になると、山に退避していたこれ等の娘子軍がてんでに毛布を抱えて帰って来た。蝋燭の灯りのかすかに洩れる小屋からはつい最近に生まれたらしい赤ん坊の泣き声が聞こえて、この索漠たる戦野に奇妙な雰囲気を醸し出す」(140〜141ページ)

〔その836〕浜地利男著『インパール最前線』叢文社、1980年発行。著者は、昭和14年、祭第15師団歩兵51連隊に入隊。華中戦線を転戦し、昭和18年、ビルマに入り、インパール作戦、イラワジ会戦等に参加する。
(その836・1)昭和19年3月、ビルマ・メイミョウ。
「(第15軍の軍司令部のある)メイミョウの街には、第15軍専属の翠明荘、青葉荘と呼ばれた2軒の料亭があった。そこは、数寄屋造りで、畳敷の室にふすま、格子戸などをしつらえた豪華な建物である。前線から、あるいは後方から公務連絡のため、立ち寄る将校の集会、懇談会、部隊長会同などを設けて、第15軍が主催する宴会を開催した。毎夜、食卓にはマグロ、カツオの刺身、清酒などがでて食膳を賑わした。その座敷へ、牟田口軍司令官と久野村参謀長、木下高級参謀、副官、他幕僚たちの抱え女、つまり芸者が厚化粧をして、あでやかな衣装を着こなし『さあーおひとつ』と愛嬌をふりまいて将官に酒を酌む」「重大な時期に、15軍の乱脈ぶりを聞かされて前線の勇士たちは憤慨した」
「私が、この記事を執筆中、その当時第15軍司令部管理部付であった戦友が、はからずも拙宅へ来訪された。その戦友は『これが、その時の軍機密だよ』といって、1冊の古ぼけた手帳を手渡された。日記をめくると、翠明荘の芸者(原注・慰安婦)の一覧表が克明に記入されていた。これまで一般に公表されていない芸者の名前をここで発表する。内地大阪飛田遊廓の主人公、山口勝治郎を筆頭に、雇用人、栄一、信男、東郷京一、女将は、とみと呼び、仲合者、庄司芳夫、妻おたま、芸者と呼ばれた、かよ、日之出、松香、糸二、進、珠美、忍、三田子、幸子、夢二、恋路、露二、小政、咲子、薫、若葉、瞳、瑛、新駒、艶子、八重子など、22人の遊女を翠明荘は囲って経営していた」「世界戦史未曽有のインパール大作戦が今まさに勃発するとき、前線の将兵たちはこうした軍上層部の腐敗堕落した醜聞を耳にして信用できなくなった」(19〜20ページ)

〔その837〕ルイス・アレン著『シッタン河脱出作戦』早川書房、1975年発行。著者は、数回来日し、資料の渉猟、関係者との面談などで万全を期し、出版した。
(その837・1)昭和20年5月、ビルマ。
「斎藤(弘夫中佐・第55師団参謀)は兵団に背負わされた一つの大きな責任から兵団を解放していた。木村とその司令部がラングーンに残していった軍の慰安婦、彼の言葉によれば『獣欲を満たす対象物』にたいする責任から、であった。この人たちが残されていると聞いていらい、これが絶えず彼の胸を噛みつづけていた。おもに朝鮮人からなるこの慰安婦の制度は、東アジア全域を通じて日本軍についてまわった特徴的なものであった」「兵団に奉仕したすべての慰安婦は、山系にしかるべく護衛していれるべきだというのが、28軍の指示であった。しかし、斎藤は逆の方法を立案した。デルタ地帯には船があるし、その男なら、最大限の勇気と勘を持ち、英海軍のパトロールの鉄拳の列をくぐりぬけることができるだろうという信のおける将校が一人いた。朝長大尉は、バイアス湾やジャワを通りぬけてきたヴェテランで、1943年春から夏にかけては、マユ川でイギリスの砲艦と戦ったことのある人物であった。彼は第4船舶工兵隊のもの数名をひきつれて、ビルマでもめったに見られないような奇妙な船客名簿を用意して、40隻の発動機船を連ねた。80名の慰安婦とシッタン渡河はいうにおよばず、山系までさえとうてい生きては歩けない負傷者数百人をこれらに分乗させ、1隻の護衛艦にまもらせて、マルタバン湾へ出航させた。ラングーンが英軍に奪還されてからもう10日もたっていた。船団は普通の航路よりも南をとり、48時間無電の発信は切っておいた。振武兵団の無線班はこのあいだ交代してキーを叩きつづけ、船に位置・方向を指示した。2日あとに、4隻をのぞく全船団がモールメンの南、180マイルのイェの村に無事着いたという報告がとどいた。そのあと何日かたってから入った無電は、全部の船が安着したという報告を斎藤にもたらした。これらの最も見捨てられた女たちへの斎藤の配慮が、とにかく80名の女の命を救ったのである。28軍のほかの部隊の婦人の場合はこのような幸運に恵まれなかった」(144〜145ページ)

〔その838〕明珍格著『優曇華の花―実録カクさんの戦争体験』文芸社、2002年発行。
(その838・1)昭和20年、満州。
「(満州鉱山株式会社勤務時代)新京では、いわゆる当時の満州の遊郭なるものがどんなものか見ておこうと思い、竹腰君を誘った。竹腰君は大喜びで、自分も行ったことがないからぜひ見ておきたいと言う。軍が徴用しているという鮮ピー(原注・その頃、朝鮮人主体の遊郭が非常に多かったため、彼女達をそう呼んでいた)を揚げて、話を聞いてみた。値段が安いということと、腰が強くて日本人女郎の何倍も客がとれるという点が、軍に徴用された理由のようだ。プロは自由意志で協力し、他は員数確保のために強制徴用されたということであった。日本女性の場合は、階級でお相手が決まるという噂だった。内地から慰問にきた芸能人も著名度によって尉官、佐官、将官という階級で接待させられたらしい。実名を挙げると差しさわりがあるのでやめておこう。
 私が終戦後、現地で知り合った兵隊さんのひとりにK上等兵がいた。彼はお酒が入ると、慰安婦の話を自虐的なニュアンスをこめて話すのが常であった。『カクさんよう!駐屯地に慰安婦のトラックが着くと、ワシはいつも衛兵で「はい、次」といって、3分ごとに交替させるのが役目だったんだ。長い行列をつくっている兵隊の列を見ては、ため息をついていた。ワシはどうなるんや、のう、カクさんよう』。慰安婦は朝鮮人ばかりで、日本人の女はいなかったのかと聞くと、全部朝鮮人だったという。彼女達は1日に30〜40人は受け入れられるが、日本人では駄目だし、お金も高いこともあったようだ」(53〜54ページ)

〔その839〕伊藤桂一著『戦旅断想・草の海』光人社、1986年発行。著者は、昭和13年より終戦まで3度にわたって満7年軍隊勤務する。
(その839・1)昭和20年春、中国・南京。
「私たち移駐部隊は、元の駐屯地(南京)を出てくるとき、慰安所を解散させてきた。というより、戦局も苛烈になってきていたし、また(朝鮮人の)慰安婦たちもお金をためこんでいたので、私たちの移駐を機にみな、国へ帰って行ったのである。『あなたたちが上海の前線へ出るのなら、私たちも帰国します。長年なじんだあなたたちだから働く張り合いもあったのよ。ほかの部隊の兵隊なんか顔をみたくないわ』。彼女たちはみな、それぞれのなじみの兵隊に、こういって別れを惜しみ、かつヤマト慰安婦の心意気を示してくれたのである」(82ページ)
(その839・2)中国。
「私は戦争の前期に足かけ3年、北支那にいたが、駐屯地には兵隊600に娼婦が4人しかいなかった。これでは女が忙しくて、1日1人当たり150人を相手にしなければならぬ、と考えられがちだが、実は女たちは忙しくなかったのだ。いつ行っても、兵隊のつめかけていることはなかった。しかも、若い全員現役兵の部隊でそうなのである。なぜかというと、北支那は戦況が悪く、兵隊は作戦、討伐、付近の粛清、警戒勤務、雑用に追われ通しで、100メートル離れた隣集落には夜は便衣隊が来ているし、いつ出動命令があるかもわからない。そのうえ騎兵隊なので、馬の世話もあり、過労と睡眠不足のため、女4人で十二分に間に合ったのである」(104ページ)
(その839・3)中国・山西。
「私たちが現役のとき、部隊長は中佐で、山西お玉という女を専用の慰安婦にしていた」「流れ流れて山西省まで来た女だが、若くて、鄙にはまれな美貌だった。部隊長にしても、毎晩この恩納を抱いているわけではなかったから、空いている時は手の早いのが失敬したはずである」(140ページ)

〔その840〕富山妙子著『炭坑夫と私』毎日新聞社、1960年発行。同書中、筑豊炭田のある炭鉱労組組合長の半生話の一節。
(その840・1)宮崎。
「(太平洋戦争末期、召集され)わたしは故郷の鹿児島から出征して小倉の部隊にはいり、非常移動で宮崎県の特攻隊基地に配置されました。炭鉱に比べると夜は眠れるだけでも、軍隊のほうがましに思われました。納屋生活をしてきたわたしにはビンタの一つ二つは問題ではなかったのです。明日は死の門出の特攻隊は、村娘を強姦し、酒をあびるほど飲んで出てゆきました」(24〜25ページ)

〔その841〕内海愛子著『朝鮮人BC級戦犯の記録』岩波書店、2015年発行。
(その841・1)昭和18年10月?、タイ。
「(泰緬鉄道建設で)レールの敷設が終り、軽便鉄道がノンブラドックとの間を往来するようになると、ジャングルの中にも、『慰安所』が開設された。そこには、ジャングルで作業する日本人の兵隊ばかりでなく、ビルマへと進軍する兵たちが、つかの間の“快楽”を求めに行った」(24ページ)
(その841・2)昭和20年、スマトラ・パレンバン。
「日本軍のゆくところどこでも慰安所がついてまわった。パレンバン市内も例外ではなかった。敗戦で、かつての軍隊の階級が崩壊しかかっていた時、軍の慰安所もまた性の『フリーマーケット』のような状態だった。『女』の値段が民族によって決められていたという。インドネシア人の慰安婦1円、中国人の慰安婦10円、朝鮮人の慰安婦100円、日本人の慰安婦1000円。現実にはこのようになっていたわけではないが、兵隊の間では、『女の値段』がこのように伝えられていた」「(俘虜収容所監視員だった)朝鮮人軍属の中には、かねてなじみの女性のところへころがり込んだ者もいた。結婚した者もいた」「1945年12月31日、帰国の乗船命令が出た。帰国を前に、男と女の間に潜在していた亀裂がはっきりしはじめた。男は、朝鮮へ帰るという。女はとても朝鮮へ帰れないから日本へ行きたいという。こうして、何組かの軍属と慰安婦の結びつきがあっけなくこわれた」(155〜156ページ)

〔その842〕松尾敏夫著『ビルマ派遣第二航空情報聯隊戦誌』私家版、1989年発行。
(その842・1)昭和20年3月、ビルマ・モールメン。
「当時聯隊本部は(ビルマ・ミンガラドンから)プノンペンへ転進のための準備中であった。(第六)中隊長とともに行動した徳野中尉は、一装備を指揮してモールメンで待機することを命ぜられた。徳野中尉は、モールメンで阿久津中尉と会い、種々指導を受け、3月21日、バンコックへ集結せよとの命令を受領した。出発に際し、朝鮮出身の慰安婦14名の輸送を託されたが、兵隊の心理状態を考慮して随分迷ったとある。この点については、阿久津中尉の手記にも述懐しているが、末期状態の極めて殺伐とした戦場で、青春に飢えている若者の集団であってみれば、指揮官にとってこれ以上の迷惑はないと判断したのは当然である。地区司令部と協議の結果、彼女達を泰国ドムアン飛行場まで輸送したとある。3月26日、泰緬国境を通過し4月2日バンコクに到着した」(74ページ)

〔その843〕土師二三生著『ケイヅラ島戦記―独立野戦高射砲第50中隊史』有文社、1988年発行。同中隊は、昭和19年2月、モルッカ諸島のアンボン島に到着する。
(その843・1)昭和19年2月、インドネシア・アンボン。
「標高30メートルにも及ぶ熱帯樹の密林の中に、適宜開豁地を造成して数棟の(第19軍)司令部建物が見えたが、それらは屋根こそニッパ椰子で葺いているが、床板や側壁とも現地材ながら、木口も見事な本建築であった。その高等司令部から200メートルほどのやや海岸寄りにバラックの慰安所があり、洗濯物を干している朝鮮女性らしい姿が散見される」(68ページ)

〔その844〕エルンスト・フリードリッヒ編『戦争に反対する戦争』龍渓書舎、1988年発行。第一次大戦中のドイツ軍の資料。
(その844・1)ドイツ・ミュンヘン。
「ミュンヘン・グラートバッハにある女郎屋管理に関する規定・細則」「ガストハウス通2番に設けられし女郎屋の構成員たる2女性より、次のような申し出あり。すなわち、彼ら2人にては当該女郎屋に押し掛け来たる数多き客、および当該女郎屋前に絶え間なく群なし立ち並ぶ飢えたる顧客すべてを満足させうる能わず。務めの第一義はドイツ兵およびベルギー兵士に対する奉仕であることは充分承知はすれど、受容するそれら顧客の数を1日につき師団から20人―すなわち、各女性につき10人―を上限とし、さらに、当該施設を夜間閉鎖、日曜休息を励行いたしたし。
 当該地域の財政状態は、女郎の数を増しうる能わず。かかる事情の下、すべての混乱を回避し、さらに、当該女郎にその能力を超えたる労働を課さぬために、以下に定める規定をここに発布する。
 女郎の労働日・日曜を除くすべての日。
 最大受容顧客数・各女郎につき1日10人、2女郎で20人、週120人。
 接客時間・午後5時30分〜午後9時。時間外接客は不可。
 料金・当該施設への出入時間を含め15分につき5マルク。
 飲物・施設における飲料販売は一切なし。待合室なし。顧客は必ず2人1組となって待機すべし。
 割当・1週6日の割当を次のように定める。
 月曜日・第164師団第1大隊。火曜日・第169師団第1大隊。水曜日・第164師団第2大隊。木曜日・第169師団第2大隊。金曜日・第164師団第3大隊。土曜日・第169大隊第3大隊。
 各大隊においては、割当当日、大隊傘下の中隊特務軍曹室より20枚の女郎屋利用許可書が発行されるものとする。ただし、各中隊特務軍曹室には5枚ずつ配当されるものとする。当該施設への訪問を希望する者は、利用許可書を受け、当日の優先権を獲得すべし。
 当該女性がその労働に従事せざる際に特権的に利用可能な『個人』、および当該施設の秩序維持に関する規定は別に定める。当番将校は、当該施設の秩序ある利用を確認すべく、頻繁な点検を行うべし」(165〜167ページ)

〔その845〕高鍋博美編『地隙を征く・3―第三中隊戦史』私家版、1988年発行。同書は、歩兵第80聯隊第三中隊の北支における戦史で、第三巻は同中隊下士官の陣中日記。
(その845・1)昭和14年3月、中国・張店鎮。
「(昭和14年)3月22日 先般から張店鎮では遊女及びカフェーが営業を開始した。遊女は鮮人で、カフェーには内地人の女給がいる。これらは凡て軍の指示に基づき営業しているのだ。午後、一杯飲むために張店鎮に出掛け戦友と共に足を運ぶ。戦地の楽土だけあって満員である。この瞬時だけは各人凡ての苦を忘れる」(343〜344ページ)

〔その846〕第16野戦自動車廠誌編集委員会編『第16野戦自動車廠誌』私家版、1976年発行。同書中、機工班長の手記の一節。
(その846・1)昭和18年、満州。
「昭和18年夏、国境の町スイフンガへ満頭を買いに行った事がある」「トラック1台に10名位乗り出掛けた。朝早かったので早昼を済ませ、帰途についた。町はずれに兵舎でもないのに将兵が100名位いるが、並んで何かを待っている。何か珍しい物でも売っているんだと思い、急いで車を道路に止め、五つばかりある入口に一列に並んでいる最後尾についた。前に25位はいるようだ。何を売るんだろうと前の入口の方を見た。特別皇軍慰安所と書いてあるではないか、皇軍用女郎である」「みんな列から離れ、帰る事にした。大笑いである。そうであろう、東寧には慰安婦は沢山いる。『ピー』と呼んでいたが、その中でも階級のようなものがあり、日本人ピーは高くて満人には買えない。黄色の将官旗をつけた乗用車で乗り付けて遊んでいく。次は朝鮮ピー、日本語も一寸なまりがあるが、普通に話す。当時聞いた話では、朝鮮民族を、朝鮮人人口を少なくする政策上、大勢の朝鮮婦人をピーに誘い、子供を生ませないために優遇していたという」(155ページ)

〔その847〕春二部隊回想編集委員会編『回想・北支春二部隊』私家版、1968年発行。同書は、独立混成第8旅団の記録・手記集。
(その847・1)昭和18年?、中国・北支。
「春二の兵站(と題する手記)」「(昭和18年夏?)その頃、内地では追々と甘い物などは少なくなったらしく、内地からの慰問団員が酒保で汁粉を買う時などは真っ先に買うのには驚きました。酒保品の中で何時も品不足していたのはゴム製の鉄カブトで、慰安婦の配給と歩調があわず、石原軍医から度々苦情を聞きました。慰安婦も商売とはいいながらなかなかご苦労で、辺鄙な分慰隊では治安が悪く、隊の外では危険なため、隊内で開業ですが、運悪く旅団長などの巡視でもあると大変です。一部屋に閉じ込められ、出入口や窓に煉瓦が積まれ、暗い中で巡視の終わる迄籠城です」(85ページ)
(その847・2)昭和17年4月、中国・鉅鹿。
「春二部隊の記憶(と題する手記)」「17年4月、兵団は京漢線の順徳に移動し、春二部隊は鉅鹿地区の警備にあたることになった」「移駐してまもないある夜、本部の将校みんなで民情偵察と称して城内に出かけ、とある飲屋(注・実は慰安所)を見つけ、大いに気焔をあげていると、野田部隊長がおっとり刀でやってきて、一同大目玉を頂戴したことがある。何とそこは部隊長室の真裏にあたり、我々の騒ぐ声が筒抜けだったのである」(170ページ)
(その847・3)中国・広宗。
「あゆみ(と題する手記)」「晋県当時、私は初年兵だしP屋の味は知らなかったが、馬于に来た時は、衛門の外に家を建てて時々出張して来たらしいが、初年兵に関係はなかった」「広宗に来てからは2年兵だし、もう大っぴらだ。日曜日には勤務以外は外出出来た。然し外出区域は何時もきまっていて、どこでも行けるわけではない。此処では、せいぜい『ラーメン屋』か写真屋かP屋位で、此処は支那Pであって、しかもたった2人しかいない。外で待っているんだから忙しい話だ」(223ページ)
(その847・4)中国・秦皇島。
「あゆみ(と題する手記)」「秦皇島は吾等の第二の故郷とでもいうべきところで、こんな思い出の多いところはない。ここには日本人の経営する料理屋が2軒あり、秦皇館と◯◯館だ。朝鮮系P屋に朝日館、第一楼、金竜館などがあり、いずれも5、6人の玉がいて、邦人向き支那楼においては何十軒か軒を連ねて見事だったが、兵隊さんは立入禁止であった。うっかり、こんなところに足を入れると、蒸発してしまうことがあるので絶対に行けない」(224ページ)

〔その848〕「あの頃の思い出」編集事務局編『あの頃の思い出−郵船社員の戦時回想』私家版、1965年発行。同書は、日本郵船社員の戦争体験集。
(その848・1)昭和20年3月、昭南。
「阿波丸に想う(と題する藤波家治の手記)」「昭和20年3月27日21時阿波丸が内地に向い昭南を出帆した時、私もこれを見送った一人であるが、遂に本船は死の航海となってしまった。当時私は昭南の第三船舶輸送司令部に嘱託として勤務していた」「出帆の時浜田松太郎船長を本船に訪れたが、沈んだ面持ちで『往航の安全は保障されたが、(昭南で)かように錫、ゴムを積み込んでは、先ず帰りは無事には済まされまい、ご覧なさい、この吃水の深いことを』といわれたことを記憶している」(443ページ)
(その848・2)昭和18年、中国・楓林李。
「野戦千里(と題する手記)」「昭和18年の春から1年間は江西省の僻地(楓林李)で歩兵(217連隊第一)大隊附主計」「楓林李はこの丘陵がつきる処、直径250メートルに円を描いて鉄条網を巡らし、壕を掘って抵抗線となす」「本部建物は破壊し尽された農家を補修したもの、屋根は傾き柱は曲がり土窟よりややましの程度、私の部屋も今にも倒れんばかりの掘立小屋」「敵に近いので朝鮮娘、姑娘3人ずつの慰安所から姑娘2人の酒保まで全部吾吾と同じ鉄条網の中、夜は土器に燈心と油が唯一の燈火、鉄条網の外側には敵の工作員(原注・刑死)2、3体埋めてあり、雨の夜などよく人魂が流れる。聞きしにまさる前線生活の惨めさだが、慰安所と酒保があるだけが中隊や陣地の兵達に羨ましがられ、時々慰安所の姑娘3、4名での中隊巡回、ご機嫌を結ぶ」(550〜551ページ)

〔その849〕『燃ゆる軍旗−歩兵第6連隊物語』名古屋タイムス・1989年8月連載。同書は、連載を冊子にまとめたもの。
(その849・1)昭和16年、中国・浙河。
「昭和16年2月中旬から5月にかけて歩兵第6連隊の参加した江北作戦は、この年、山西省南部から河南省の平原にかけて展開された中原作戦に呼応するものであった」「作戦が終ると、兵たちはまた在所(浙河)に帰った。在所には慰安所もあった。軍の規定によれば、慰安所の定義は次のようになる。
―慰安所の目的は殺伐たる気風を緩和するにあり。
 慰安所の室の壁には、軍からいただいた感謝状の額がかかっている。
―貴殿は兵の士気を鼓舞するため日夜努力され……」(16ページ)

〔その850〕神野敬二編『戦友の回想記』私家版、1984年発行。同書は、兵站電信第8中隊員の中支戦線の手記集。
(その850・1)昭和13年1月、中国・南京。
「従軍回想記(と題する手記)」「昭和12年10月6日、上海呉淞敵前上陸」「大場鎮の陥落直後の戦場を覆うばかりの中国兵の無数の死骸、その上を輜重車輌が骨を折る音をたてて通る。私達はなるべく死体を踏んだり、蹴躓いたりしないようにピョンピョン飛びながら歩かなければならなかった。なんでこんなに中国兵ばかり死んだのだろう。しかし日本が勝っている証拠だとも思った」「昭和12年も暮れて新年の正月に南京に着く。これより少し前、郷土部隊第6師団によって南京は陥落していた。城内に一歩足を入れて驚いた。ここも又大場鎮と同様、中国人の死骸の海だ。ここでは特に日本刀で無茶苦茶に切られた刀傷が痛々しく全く目を覆うばかりであった」(38ページ)

(2017年5月24日・最新更新)


ニッポンリポート・ファイル一覧

ご意見などは tetuh@mbj.nifty.com へ

SAKUMA TETSU
フリーライター
著書[恐るべき証人][検死解剖マニュアル][拳銃天国ニッポン]など