佐久間 哲
ニッポンリポート


従軍慰安婦を調べる 編

従軍慰安婦の体験談等メモ・18



〔その851〕山下辰雄編著『揚子江岸警備―歩兵第109連隊』私家版、1991年発行。同書は、同連隊の記録・手記集。
(その851・1)昭和15年、中国・香口。
「(昭和15年)4月13日其後平穏な日が続いて香口にも初めて野戦食堂、慰安所も出来た。中隊長を集め宴会がなされた。浮村部隊長等のうれしそうな写真が残っている。前線から交替に外出にやって来て香口も賑わった」(267ページ)
(その851・2)昭和15年、中国。
「中支戦線の一補充兵(と題する手記)」「(昭和15年9月ごろ大隊の)隊長がかわると早速、大隊本部が夜襲を受けるようになった。本部は大きな池に面した、集落としては立派な農家に置かれていて、左から医務室、本部、その背後に経理部とその間の右端に機関銃隊本部、少し隔てて輜重隊と厩、更に鉄条網を越えて水田の向こうに慰安所が設けられていた。本部の背後は屋根瓦がのぞく程度の低い木立の土堤、守るには如何にも絶好の地の利に恵まれていた」「その土堤の反対側から不意にパンパンと射ってくる」「深更暗夜に乗じて来襲するので、応射することも出来ず、まして追跡するは無理であった。そのうちに、とうとう隣接の慰安所が襲撃を受けた。夜の白むのを待って馳せつけてみると、半島人の主をはじめ慰安婦達が後ろ手に縛り上げられていて、酒や煙草や缶詰類が悉く持ち去られてしまっていた」(325ページ)
(その851・3)中国。
「再び9中隊へ―西沢部隊(と題する節)」「花尖山から下りて9中隊に戻った」「初めて週番勤務についた」「申し送りの巡察の経路に慰安所があった。ある時姑娘が皆泣いている。『如何したのか』と尋ねると『シーサンが帰る』という。帰還兵があった時だろう。戦争に家を焼かれ、或は親兄弟を失い、生活の為、そんな境遇に入りながら、かりそめの数多くの敵国人に身をまかせ、その別離を悲しむその心情が理解出来なかった。この自分の事か、何処かの部隊の慰安所が遊撃隊に襲撃され、兵隊は女に隠されて助かったが、女は裸足、裸で拉致されたという」(394ページ)

〔その852〕軍艦妙高会編『軍艦妙高―潮騒と倶に尽くることなき乗員の回想』私家版、1981年発行。同書中、「昭南島の想い出」と題する乗員の手記。
(その852・1)昭和20年、マレー・ジョホール。
「ジョホールの陸橋を渡って(ジョホール市街に入り)、綺麗なアスファルト道路を少し登って右に歩けば、百花園、新喜楽という将校の慰安所があった。道路を真っすぐに登った峠に、見晴しという下士官兵の慰安所もあった」(412ページ)

〔その853〕宮崎清文著『軍艦高雄始末記―短現主計科士官の回想』立花書房、1989年発行。著者は、昭和20年当時、高雄主計長職務代理。
(その853・1)昭和20年、シンガポール・ジョホール。
「セレター軍港から海軍定期(乗合バス)に乗り、ブキテマロードを30分ほど南へ下ると、スコットロードに達する。スコットロードのとっつきの左手の小高い丘の上に、南港水交社があった」「この辺りからオーチャードロードとの交差点に至るまでのスコットロードの両側には『筑紫』『武乃屋』などという名前の海軍レスが2、3軒軒を並べていた」「私たちが比較的よく飲みに行ったのは、この『筑紫』とジョホール・バルの『新喜楽』である。料亭といっても、普通の住宅に一寸手を加えたものであり、座敷も、だだっ広い洋間に畳を敷いたおよそ風情のないものであったが、当時の私達は、畳の上であぐらをかけるだけで、十分に満足していた。この2つの店には、いわゆる内芸者が2、30名はいた。『筑紫』の方は、その名のとおり大部分が北九州の出身であり、『新喜楽』は、関東一円からの混成部隊だったようである。彼女達は、昭和19年の秋、一般の邦人婦女子が内地へ引き揚げた後も、現地に踏み止まっていた。正確には、軍の方針で残留させられたというべきかもしれない。そして、終戦後は、海軍病院で篤志看護婦として働いていたが、昭和21年1月、最初の復員船で内地へ還って行った」(32〜33ページ)

〔その854〕第8期生緑園会編『白雲悠々―満州第815部隊第8期生卒業40周年記念文集』私家版、1985年発行。同書は、関東軍経理部教育部新京陸軍経理学校第8期生の手記集。同書中、「関東軍の最劣等部隊」と題する手記で、筆者は、卒業後、満州の野戦重砲兵第10連隊第1大隊付主計となる。同連隊は昭和20年4月、内地に移動する。
(その854・1)昭和20年、福岡。
「4月初め船が博多港に入る」「砲を博多の姪の浜の松林に隠し、大隊は早良区その他の小学校、民家に分宿した。私は大隊長と間材木店の二階をお借りした」「大隊長は動員のどさくさに私物梱包十数個に高級衣料その他を入れて国内に無税で運びこみ、これを郷里の大分の留守宅に運んだといわれる。大隊長はさらに小学校での慰問団の女芸人を、兵隊に作らせた山の隊長宿舎に住まわせ同棲するという有様で、軍紀の乱れは目に余った」「彼は敗戦前に軍法会議にかけられ、福岡の刑務所に入れられた。民間人からの密告で、憲兵が内偵していたと聞いた」(522ページ)

〔その855〕元輜重兵第32連隊第1中隊戦友会編『我等の軍隊生活』私家版、1983年発行。同書は、戦友会員の手記集。同書中、「ハルマヘラの思い出」と題する手記。
(その855・1)昭和19年、南方・ハルマヘラ。
「(ハルマヘラ・タラカン湖畔?の)縫工場の前を通り飛行場の方へ向かって行くと右手に機関砲隊があり、その裏の方の湖畔に慰安所があった。縫工場の裏からも椰子の間を抜けて行く細い路が出来ており、だれが付けたか愛の細路とシャレた名前で呼んでいた。部隊では将校、下士官が主に利用していたようであった。慰安婦は30名余りおり、その中の一人に源氏名を清子(原注・本名リナー)と名乗る18歳の若い娘を知り、よく遊びに行った。彼女らは、セレベス島のメナドから、東印度水産会社の事務員にすると騙されて、ガレラに連れてこられ、慰安婦にさせられたそうである。彼女らの女学生時代のセーラ服姿の写真を見せられたが、日本の女学生と同じ服装で、メナド人はミナハサ族といって色白で、日本人によく似た顔立ちで美人であった。彼女らは当時としては高等教育を受けた良家の子女達であった」(293ページ)

〔その856〕平川武著『さらば、南十字星―わが太平洋戦争従軍記』私家版、1989年発行。著者は、昭和13年、海兵団に入り、昭和15年、茨城の鹿島航空隊でエンジン整備に携わる。
(その856・1)昭和15年、茨城・鹿島。
「片田舎にぽつんとできた航空隊である」「娯楽というものは何一つない田舎ではあるが、農家の中にひと際目立つ下士官兵集会所があり、そこではひと通りの飲食もでき、多少の娯楽雑誌も並んでいた。日曜日の外出区域には土浦江戸崎、佐原があてられていたが、土浦は遠くたまに遊びに行くくらいであった。やがて下士官住宅もでき、また近くに慰安所もできた。航空隊ができたばかりの当時は、下士官といわず兵といわず農村の娘たちとの間に問題が起こり、身籠ってしまう者が何人も出る有様であったという」(50ページ)

〔その857〕牛久保徳二他編『軍旗中支を征く―歩兵第217聯隊史』私家版、1971年発行。
(その857・1)昭和18年?、中国・望城崗。
「望城崗の思い出(と題する第12中隊員の手記)」「在支約6年(のうち)」「私は約2か年にわたって駐屯した望城崗に思いをはせたいと思う」「ときたま訓練がある以外はまったくのんびりムードのよい駐屯地」「が、悲しいことには八房、植円方と違い、女気がなく、ただ洗濯にくる近くの部落の女を2人ほど見かける程度だった」「しばらくして酒保もでき、愛子というかわいいクーニャンがきた。横のわれた支那服がよく似合うクーニャンであった。しかし若いわれわれはそれでは満足しないと思って、当時の築嶋大隊長がわれら望城崗一族に植円方から大挙3名の慰安婦を派遣?して下さった」(380〜381ページ)
(その857・2)昭和14年、中国・黄玻。
「戦陣回顧(と題する第6中隊員の手記)」「(昭和14年)7月にはいり、留奥隊長のきも入りで、本部から慰安婦を呼ぶことになった。5名くるとのことで、1軒の空民家をそれに当て、かますを開いて壁や戸の代用にし、腰かけの上に戸板を乗せ、アンペラを敷いたものを寝台にした1坪足らずを1室として来着を待つ。やがて2個分隊(原注・トラック2台に分乗)に前後を護衛してもらって到着。漢口出発以来、若い女を見ることのない毎日、しかも殺伐な戦闘を繰り返している者たちにとっては、赤い着物を見るだけでもうれしい興奮を覚えるのに、若い娘たち5人が日本婦人会のたすきをかけてトラックの上から日の丸の小旗を振りながら近づいてくるのを見た兵隊たちは、思わず歓声を上げる。さっそく例の宿舎に入れて営業を開始してもらう。第1小隊から順次、褌だけの姿で集合。またたく間に第2小隊に。そしてまた第3小隊に。重機の血野隊が終るまでたいした時間はかからなかった」(385ページ)

〔その858〕阿城重砲兵聯隊史刊行会編『阿城重砲兵聯隊史』私家版、1992年発行。同書中、「回想」と題する手記。筆者は、昭和16年夏、重砲兵第3聯隊第4中隊に編入され、満州・下城子に駐屯する。
(その858・1)昭和16年、満州・下城子。
「誰がつけたかアリラン峠、休日ごとにアリラン姫を求めて行く足軽さ、こんなところから峠の名が自然と生れて来たのであろうか。峠の上に立って北に下城子街、南に纐纈部隊と重砲兵第3聯隊を一望することが出来た」(278ページ)

〔その859〕津村敏行著『海猫副官』富士書房、1954年発行。著者は、元海軍中佐、昭和15年前後、海軍第8特別陸戦隊本部副官として、中国・海南島で勤務する。
(その859・1)中国・三亜。
「(本部は海南島・陵水にあったが)兵隊の方は時たま(海南島の)三亜の特要隊(原注・慰安婦)にやって、1か月に1回くらい息抜きをやらせる。とかく前線で気が荒くなっているのを和らげるには何といっても女性の力よりほかにない。しかし、200人ぐらい朝から夕方までやるために、慰安婦の方は実に多忙で、1人で20人ぐらい相手にせねばならず、馬小屋の前はずらりと列をつくって待っている盛況である。そしてこんな際は、特要隊規程によって1人20分間ということに時間まで決まっている。だから次の者は腕時計を見ながら戸の外に頑張っていて、15分経過すると拳固でドンッ、ドンッと叩いて叫ぶ。『5分前ッ!』。すると中の者はすっかり後始末してズボンをはいて出て来ることになっている」「女の方は」「本当に事務的のマンネリズムに陥ってしまい、次から次と20分間隔に交替して現れる男たちを、軽く誤魔化して大抵両足ではさんでうまく満足させてしまい、『はいッ、お次ッ』と来る」(109〜110ページ)
(その859・2)中国・嘉積。
「(本部は海南島・嘉積に移動する)そのうち、三亜に新鋭の特要隊が内地から到着したといって、司令部の橋中副官が早速、嘉積に進駐させてくれた。やはり親友のありがたさで内地からの直輸入を特配してくれたのである。特要隊というのは、いわゆる慰安婦たちであって、これはいい年歯をしたオヤヂ夫婦に率いられて、整然たる統制のもとに到着した。なにはともあれこの特要隊に大きい元学校であったといわれる青畳の宿舎を割当て、中を小区画に区切った。そして内地からの疲れもあるので、しばらく女たちは休養させることとし、また身の回りの整備や、生活態勢をととのえさせる一方、南国の気候にも馴染ませようと計った」(157〜158ページ)
「特要隊では、女たちが落ちつくと早速、にぎにぎしく開業した。まず、(同地には陸軍部隊が先に駐屯していたので)陸海の准士官以上が招待されて、盛大な歓迎会というか懇親会が行われた」「夜半まで宴会が続き、士官達は各馬小屋(原注・女達の部屋)に泊ってしまった」「(その朝から)特要隊を一般兵員に開放させた」「司令と(陸軍の)宮島部隊長との相談で、特要隊は陸軍部隊にもしばらく利用することが許された」(170〜171ページ)
(その859・3)中国・海口。
「(海口で)特務部の鎌田大佐や林少佐や嘱託の人たちとの打ち合わせが終ると、私はそーつと抜け出して妹(原注・海南島限り)のいるはずである海南ホテルへ行った」「海南島兄妹の妹は心から懐かしげに、手を取るように引き入れた。私が司令部の副官になった(栄転した)ので少しは自分の先見の明が得意らしい。また私も彼女に対して権力で可愛がってやれることが嬉しい。というのは司令部副官は彼女等の元締めであって、私の机の引出しには彼女等の写真と履歴書が入っているのだ」「(その彼女に三亜に呼んでほしいと頼まれたので、その後)海口で約束した慰安婦・敏子を三亜海南荘附とする転勤命令を発令した」(262〜282ページ)

〔その860〕海軍705空会著『第705海軍航空隊史―ラバウル航空隊・中攻・死闘の記録』私家版、1975年発行。同書は、同隊の記録・手記集。
(その860・1)昭和18年?、南方・ラバウル。
「高村君の霊に捧ぐ(と題する手記)」「705空の整備長となって私自身がブナカナウ基地(ラバウル西飛行場)の指揮所に到着」「(その夜の歓送会の)宴会はいたって質素に戦地らしい趣で山の上の慰安所の大広間を使って行われ、沖縄出身の女たちの琉球の歌と踊りが披露された。福島中佐説明していわく。『この連中これでラバウルの慰安所としてはほかに見られないくらいの上等の代物ばかりだぞ。これから先、内務長を兼任するはずの君自身のことだ。その監督下に置かれるということから、705空の整備長の副業たるやなかなか大変だぞ、その代りコイツらの親分ということでなかなかもてるという役得もある』などなど」(270〜271ページ)
(その860・2)昭和19年2月、南方・グアム。
「グァム島最後の搭乗員たち(と題する手記)」「昭和19年の2月下旬、印度洋方面の作戦にピリオドを打って、急遽トラック、グァムに転進してきた705空の搭乗員たちが翼を休めた頃は、まだ瞬時の平和があった」「宿舎は、米軍の残していった高床の木造平屋住宅が幾棟もあって、シャワー付きの洋式風呂がある贅沢なものだった」「そしてまた、さほど遠くない所に金髪の慰安婦も残っていた」(452ページ)

〔その861〕高岸美好他編『第一機関銃中隊史―第34師団歩兵218聯隊』私家版、1985年発行。同書は、同隊の記録・手記集。
(その861・1)昭和16年4月?、中国・南昌近郊・尚ジン村。
「懐かしき尚ジン村の思い出(と題する手記)」「踏みへらされた幅4、5米の石畳の両側に立ち並ぶ粗末な家並、鰻のようにくねくねと約1キロ程延びたわびしい街村に聯隊本部、大隊本部があり、各隊の兵隊が溢れていた」「そこには聯隊と大隊に所属するそれぞれの食堂とP屋が夜の花を咲かせていた。作戦が終って帰ってきた時、誰しも先ず馴染みの姑娘に心を走らせ、酒食の快楽に戦闘の疲れを癒やした。そこで費やすひとときはまるで異次元の陶酔境であった。みよ子、せつ子、さだ子……こうした名前の姑娘の顔を今でも即座に思い浮かべることができる人も多いと思う」(72〜73ページ)

〔その862〕第3気象聯隊史編集委員会編『第3気象聯隊史』私家版、1990年発行。同書は、同隊の記録・手記集。
(その862・1)昭和20年6月?、マレー・メンタカブ。
「(昭和20年6月)聯隊本部から直轄部隊をクアラルンプール奥地のラウブに前進させることになった」「長期駐留ということもあって、鉄道の駅があり、パハン州の行政、経済の中心地でもあるメンタカブまで展開地域を拡大」「(メンタカブの)町の首脳と密接な連携の下に積極策を打った。警察には戦利品の猟銃を貸与したり、華僑協会長と物資購入契約を結んだり、ラウブ金鉱から金を入手して現地のボスに渡し、好条件で食糧の取引をしたり、自営農場の計画を立案したりした。また、ピンク色のカーテンで装いを新たにし、衛生器具を完備して、各種人種の慰安婦をクアラルンプールから招き、私設慰安所を開設したりし、時に担当の梶本主計見士は多忙を極めた」(156〜157ページ)

〔その863〕姫路第139聯隊戦友会編『遙かなり大陸の戦野―姫路歩兵第139聯隊史余聞』私家版、1993年発行。同書は、同隊の記録・手記集。
(その863・1)昭和15年4月、中国・惠民(武定)。
「惠民(武定)にて(と題する補助憲兵の手記)」「私は昭和15年4月27日聯隊本部にある惠民憲兵隊に補助憲兵として派遣を命ぜられ変わった勤務であり戸惑う」「聯隊本部などでこれまで見た事もない日本人の慰安婦の治安亭という店もあり、軍医さんの性の検査にも立会うのも、憲兵の仕事の一つである」(70〜71ページ)
(その863・2)昭和20年8月、中国・何口。
「(第110師団副官部員の手記)木村師団長や参謀長は師団第一梯団として既に出発されていたので、我々残留員は第二梯団として、藤井管理班長が指揮をとられて、日暮れの何口を去って洛陽へ帰ることとなった。第1車は戦斗の経験のある慰問隊員18名が乗車。第2車は(朝鮮出身の)慰安婦24名が乗車。指揮官藤井大尉は第3車に管理班員20人と乗車。4台目、5台目には各部班の残留兵が乗車。合計120人位だったと思う」(309ページ)

〔その864〕犬飼総一郎編『栄光と悲運―わが第16師団通信隊』私家版、1997年発行。同書は、同隊の記録・手記集。同隊は北満からフィリピンに移動する。
(その864・1)昭和17年、フィリピン・タガイタイ。
「マニラ陥落後に追及して(と題する手記)」「司令部で団隊長会議があり、歩兵団長はじめ師団直属部隊長が集められた。会議が終ると参謀長は『何か意見があるか』と水を向けたので、私(犬飼)が『通信隊の兵舎の眼の前に慰安所を設けていただきたい』と言ったところ、師団長以下参加者の大笑いとなった。聯隊長らは内心では、一番若かった私がよく言ってくれたと思ったに違いない。じつは師団は比島では、慰安所の存在を認めていなかった。参謀長は以前、ワシントン駐在大使館員だったこともあり、アメリカのやり方をご存じで、現地人とのラブロマンスがあれば、現地除隊させてもよいと考えておられた。だから、この会議の後、タガイカイに駐留する将兵をマニラホテル・アネックスに集め、なんとキッスの仕方まで詳しく説明されたので、みな腹を抱えて爆笑したものである。マニラには私娼宿があり、わざわざ慰安所など設けるまでもなかったが、通信隊員は警備通信で遊んではおれないし、マニラへは公用以外には行けないので、つい私は思い切った意見を述べたが、許されないことは初めからわかっていて、ただ通信隊員の多用なことを訴えれば十分だと考えたに過ぎない」(106ページ)
「1億分の1のメモリー(と題する手記)」「戦後の桃陵慰霊祭で第三代の通信隊長だった犬飼様に初めてお目にかかり、その後あるときのお話によると、わが第16師団では慰安所の開設を一切認めなかったとのことであった。それはアメリカで駐在武官勤務の経験があった師団参謀長の渡辺三郎大佐の趣旨によるもので、アメリカの統治下にあったフィリピンのカトリック的社会では、日本のような公娼制度を認めないことを参謀長はよくご存じだったためと聞いた。終戦前までわが国には公娼があり、京都でもそのお世話になった者も少なくなかった。その延長戦上に大陸の戦場にも慰安所が開設されたが、それはあくまで私娼であり『慰安婦』などという名称は全くなく、ましてそれに『従軍』を冠するなど論外である」(181〜182ページ)

〔その865〕高橋顕編『思い出の幾山河―第13師団通信隊譜』私家版、1982年発行。同書は、同隊の記録・手記集。同隊は昭和12年10月から中国各地を転戦。
(その865・1)中国。
「戦場のウラおもて(と題する手記)」「『国際写真情報』昭和13年6月1日号の説明は―『慰安所―つまり日本兵士をサービスする街頭の接待所』と歯切れが悪い」「軍隊の悩みの一つは性的対策だった。戦闘―占領―慰安所という順序はどこでも見られた。建物を接収し、『慰安婦』は内地からだけでなく、朝鮮からも連れてこられ、現地でも強制的に徴募された」(302ページ)

〔その866〕阪田泰正著『死地幾山河―満洲・虎林陸軍病院の記録』私家版、1972年発行。著者は、昭和15年、短期陸軍候補生として入隊、陸軍軍医大尉。
(その866・1)昭和16年4月、満州・虎林。
「(虎林には)娯楽機関として、映画館のほかに、軍の慰安所があり、朝鮮人の慰安婦が20名ばかりいた。慰安所での行為は、それが空しい行為であっても、今日生きて明日を知らない兵隊にとっては、生きていることを確かめるよりどころとして、休みの日にはこの附近は兵隊たちでにぎわった」(14ページ)

〔その867〕台歩2会事務局編『軍旗と共に幾山河』私家版、1977年発行。同書は、台湾歩兵第2聯隊の手記・記録集。
(その867・1)昭和13年4月、中国・江蔭?。
「中南支戦跡回顧(と題する手記)」「厳正な軍紀を維持して占領行政の邪魔をせぬようとの必要悪か?慰安婦を置くことになった。現地調弁とシャレ込んで慰安婦を募集、来た来た拾数名、軍医さん曰く、慰安婦の採用試験を行う。検黴だ。見にこいよとの話。物好きに身に行った。情緒も何もない。あんなもの見るもんじゃなかった。全員落第不合格、危ない危ない。現地調弁全員不合格のあとをうけて、内地人の移入だ。小便壺だ。溜まったから出しに行くのだといっても、内地のものとなるとそうもいかぬが人情。行かずにいると迎えに来よる。衛兵に兵舎に入れてはならぬと申渡してあるが、衛兵の制止など聞かばこそ。『奥さんが旦那に会いに行くのに何故悪い』。占領地を渡り歩く日本娘子軍には歯が立たぬ。娘子軍中薬の切れたモヒ中毒患者の苦悶する姿を見せてもらったのも初めてだ」(833ページ)
(その867・2)昭和15年、中国・小トウ墟。
「(同じ手記。昭和15年2月から半年間、小トウ墟に駐留する)部隊副官の仕事は、過去3年1万数千名にのぼる将兵の戦功の調査図への上申事務と慰安所の秩序維持だ。当時、朝鮮籍の業者が来ていて、兵隊との間は、いざこざなど全くないが、慰安婦同士のゴタゴタ、楼主と慰安婦との労賃紛争、内容はここに書く訳にも参らぬが、楼主から呼びに来れば断り切れず、出向いての調停役、おかげで私は本職の部隊、副官業務は落第だったが、慰安所の仲裁役は立派に卒業した」(93ページ)

〔その868〕根城昼夜他編『パレンバンの医療団』久留米大学図南会、1968年発行。同書は、太平洋戦争中、スマトラ・パレンバンの南スマトラ燃料工廠に派遣された九州医学専門学校医療団の記録。
(その868・1)昭和18年、スマトラ・プラブムリ―。
「(ある医師の手記)昭和18年11月末に中村と交代に(プラブムリ―にある)第一鉱業所へ転勤する事になった。部隊長に申告に行くと『座り給え、実は第一鉱業所には毎月のように花柳病患者が発生している。君に特別任務として第一鉱業所の花柳病撲滅を命ず』と一本釘を刺された」「(プラブムリ―で)現地人巡査と共に街娼売春婦の調査をすると、現地人アパートに数人、その他一人ずつ散在して数人の売春婦をキャッチし登録し、毎週検診を実施し、不合格者は休業を命じ治療をする事にした。しかし休業を監視するものもなく、生活の保証も与えなければ効果のあがらないのは火を見るより明らかである。着任後旬日にして隊員の中から新たに2、3名の淋病患者が発生した。再び現地人巡査を督励し、全部の売春婦をバトラジャの町へ追放する事を命じた。隊員の不平の声が耳に入ったが、幸いにその後は花柳病患者は発生せず、特別任務を完遂する事ができた。バトラジャの町へ追放した売春婦は2、3か月後に再びプラブムリ―の町へ逆送されてきた。一部はオンリーとなり竹林の陰に小さい一間の小屋を作り愛の巣を営んでいるものもある様子であった。そのうちに隊直属の慰安婦が配属され、必ずゴム製品を使用する事を義務とし、花柳病問題も終止符を打った」(234〜235ページ)

〔その869〕山本勇著『想い出の進軍―南京・徐州・武漢三鎮』私家版、1973年発行。著者は、山砲兵第9聯隊の一員として、中国各地を転戦する。
(その869・1)昭和13年1月?、中国・蘇州。
「平和が回復すると共に、日本人も遥々内地から来て商魂たくましくカフェーや雑貨店等を経営していた。そしてご多聞に洩れず町には慰安所も開設されていた」「慰安所は中心街の大きな飯店があてられていた。慰安婦は幾人いたであろうか」「話によれば(日本人の)彼女等は、間接の軍命令により、この戦場に来ることによって前借金は帳消しにされたということである。また、一歩裏町に足を踏み入れると、抜け目のない中国人は、戦争帰りの日本兵を好餌として『姑娘多多有来来』と連れ込む場面も見られ、人種は異なっても本能的な人間の弱点を利用して、金儲けをする中国人もいた」(123〜124ページ)
(その869・2)昭和14年、中国・通城。
「(昭和14年の)新年を迎えてからは5月11日までをこの地、通城において警備の勤務で過ごした」「通城の町にも慰安婦が来た。城内の一角に慰安所が開設された。旅団司令部ほか兵の総数は要る由もなかったが、おそらく三千は下らなかったであろう。その駐軍地に慰安婦20名足らずが来たとて、焼け石に水の状態であった」「彼女等は自分の身を犠牲にして将兵を慰安することが、現在、無上の報国行為であり、内地の女以上遙かにお国のために役立っている、という意識は強かった」(316〜317ページ)

〔その870〕船橋忠利著『中国大陸五年の歩み』私家版、1984年発行。著者は、昭和16年1月から満州第177部隊、支那駐屯歩兵第1連隊で、中国各地を転戦する。
(その870・1)満州・ハルピン。
「哈爾浜の外出(と題する項)」「(週番士官の外出時注意後)週番下士官と週番上等兵で『外出証』と焼印の押捺されたマッチ箱位の樫の木で作った門鑑が配布される。その外に『突撃一番』と印刷されたゴム製品を衛生上1個づつ配給されるが、初年兵は『いりません』と断る。初年兵で未だ星一つでは遊郭にも行けないし、後で古年兵に発見されたら大変だろうと遠慮する」「2年兵3年兵は(外出すると)支那酒で元気をつけて柳町といって朝鮮婦人だけがいる遊郭に行くのが通例であった。しかしこの外出が毎週許可になったにしても甘味品でも50銭は食うし、映画は1円、遊郭で朝鮮ピーを買えば2円だから、兵隊の俸給では毎週は遊べなかった」「柳町には朝鮮婦人だけだが、上海に次ぐ国際都市といわれたハルピンだけあって、白人の遊郭も日本人のもあったが、一度登楼して驚いた、大枚6円50銭だった。金は高いし、兵隊と見下してサービスは悪くて喧嘩して帰った。やはり兵隊は柳町の朝鮮婦人が相応しく『天皇陛下同じよ』と共に喜びを分かった」(42〜43ページ)

〔その871〕三浦重介著『チモール逆無電』自由アジア社、1961年発行。著者は、陸軍第48師団で、昭和17年9月からチモールに駐留する。
(その871・1)南方・チモール。
「オランダ屋敷(と題する章)」「チモールに駐屯した日本軍は終始軍紀厳正だった。これはわれわれの師団長土橋中将が格別軍紀風紀のやかましい方だったせいもあるが、食においても性においても、日本軍の生活が原始社会のテトンとまるで領域がちがっていたことが最大の原因だったと思われる。日本軍が上陸すると間もなくクーパン、ディリー、ソエ、ラウテンなどの主要な駐屯地にはさっそく慰安所ができて、われわれの眼にいちおう女らしく見える日本の女が来た」「2万名の軍隊に対してたった30名ぐらいの女では、何といっても数が足りないから女の体がもたなかった」
「占領前からこの島にいた外来人は、いちおう決められた地区に抑留されていた」「陸軍に収容されたものは、クーパンとディリーの近所に、おのおの数地区を設けてそこへ収容されていた」「(慰安婦が足りないので)収容所の外来系の女たちの中にもし希望者があれば外に出す、ということで相談を持ちかけて見ることになった。その条件はあくまで勧誘であって、それに従事することになっても、お客をとることを強制しないということを約束した」「軍政部の方から、この相談を持ちかけてみると」「10名の申し込みがあった」「申し込みに応じた女たちの大部分は占領前からたぶんこれを職業にしていたものだろうと思われた。集まった10人の女たちは、人数は少なかったがまるで人種の見本を集めたようなものだった。純白系と見える女が2人いた。目鼻立ちや身体はよく整っているが日本人よりずっと色の黒いインド系混血、中柄で小麦色の肌をしたオランダ・インドネシア混血、インドネシア支那混血など混血が大部分で中には華僑そのままではないかと思われる女も一人いた。こうして集まった女たちに、軍政部はディリーの町の一角で一軒の家をあてがうことになった。ディリーの町はづれに出来たこの娼家を、兵隊たちはオランダ屋敷と呼んでいたが、毎晩8時から9時頃になると、このオランダ屋敷に日本人が訪れて、賑やかな声が窓から洩れるようになった。これが日本から追送された慰安婦に対してだったら男性の強制配給もできたであろうが、自由意志の志望で狩り集めた彼女たちに対してそんなことは出来なかった。この娼家のお客になるには曲りなりにも英語の少しくらいは話せることが必要だったから、いつのまにかオランダ屋敷は自然に幹部専用のような形になってしまった。彼女たちはおもにポルトガル語を使うのだが、われわれはみなポルトガル語が苦手だった。彼女たちの英語たるや甚だしいブロークンだったが、日本人が普通こなす程度の英語でもこの道ではブロークンはブロークンなりに結構用が通ずるものだった」(56〜60ページ)

〔その872〕浅野義雄著『陸軍主計軍曹浅野義雄従軍日誌』文芸社、2006年発行。著者は、シンガポールの南方軍貨物廠に勤務する。
(その872・1)昭和20年4月、シンガポール。
「(昭和20年4月ころ)交換船阿波丸がカルカッタから邦人を引揚げてきた。この船は交戦国の間で紳士協定のもとに安全が保証されていたのであるが、シンガポール入港と共に最後の食糧をサイゴンから運搬する特別任務を受けていたようだ。もちろん連合国との協定違反であったので、無電で警告を受けていたらしい。しかしながらいよいよ戦況が悪くなり、いつ敵兵の上陸を許すかも知れぬ当時、止むを得ずこうした密航を断行したのであろう。とにかく一晩のうちに5千トンからの米を積み降ろしして運搬集積する作業が行われた。車輌は全部動員され、厳重なる警戒のもと秘密のうちに(植物園へ運搬の)夜間作業が行われたのである」「この突貫終夜作業の後、この優秀船はシンガポールを後に決死の単独航行に出帆したのであったが、予告された通り哀れ海底の藻屑となってしまった」「数日後、この米をタングリンの倉庫に移管したのであるが、この移動作業を担任したのが自分である」(82〜83ページ)

〔その873〕江波戸慎三著『我が太平洋戦争従軍記』私家版、1994年発行。著者は、昭和19年12月、第三航空軍(昭南)に配属される。敗戦後、捕虜収容所時代の日記。
(その873・1)昭和20年3月、シンガポール。
「(昭和21年)3月2日(日曜日)振り返ってみると、去年の今日はシンガポールを昭南と呼んでいた日本の占領時代だった。奇跡的に内地から着いた自分は、大谷見習士官と『阿波丸』の弾薬積降ろし作業を終えた後、街に出てワインを飲み過ぎて圖のうを紛失した日だ」(104ページ)

〔その874〕朴寿南著『朝鮮・ヒロシマ・半日本人―わたしの旅の記録』三省堂、1973年発行。同書は、在日朝鮮人の証言集。
(その874・1)長崎・崎戸。
「エピソード あるばくち打ちの話」「大ヤマ(炭鉱)あるところ、だいたい青楼(売春屋)があってね、まあ、女あそびするのが、いちばんまじめに働いたですからね。なじみができて通うにも、カネないと行けん。だから、よう働くんですな、(太平洋戦争時)徴用の人ら、朝鮮から引っ張ってきてから、はぁ青楼もいっぺんにふえたですよ。女で縛ろう、いうことですな。この崎戸(長崎県)みたいこまい島でも、5軒ふえたですよ。崎戸炭鉱いやぁ、監獄島できこえた島ですがね、女ら泣いておったですよ。『大阪紡績工場、世話する』いうて、朝鮮から連れて来て男、とらせておったですよ」「(1965年10月、長崎県の離島、崎戸島にて記録)」(126〜128ページ)

〔その875〕上坪隆著『水子の譜―引揚孤児と犯された女たちの記録』現代史出版会、1979年発行。同書中、昭和21年、佐世保・針尾島に開設された引揚者婦人健康相談所の問診日記の一節。
(その875・1)
「3月9日(昭和22年)」「3月7日上陸の遠州丸C16団Gさん(27歳)は、17歳で渡満しハイラルで芸者となって働いておりました。そして現地で軍人と結婚しましたが、夫が海南島で戦死したため、7月13日新京に出てきました。敗戦をきき毎日日本へ船が出ている大連に大急ぎでやってきました。その時泊まった大連のホテルには新京から女学生が20人ばかり避難してきておりました。ちょうどGさんはその隣室におりました。ソ連軍が進駐して来て、隣室にやってきて16歳の女学生をソ連の司令の所へ連れて行きまして、あやうく凌辱を受ける所でした。Gさんは見るにみかねて、その部屋に飛び込み身代りとなりました。その時はみなやんやと言って感謝してくれましたけれども、後ではあの人は挺身隊だといわれてさげすまれるので、最早やけくそ一度しみのついた体だ、どうでもなれという気持で、とうとう商売をしてしまいました」(223〜224ページ)

〔その876〕岡田栄蔵編『噫々万陀礼之里―歩兵第67連隊(ビルマ派遣祭7371部隊)記録文集第三巻』私家版、1966年発行。
(その876・1)昭和19年?、ビルマ・マンダレー。
「想い出のオンパレード(と題する歩兵砲中隊員の手記)」「我々の連隊が『インパール』への進撃のため、進軍途中における『マンダレー』は想い出多き街である。王城も街も道路も本当に良い町、そして長閑な町のたたずまいであった」「(無断外出中、その町中の)馬車の中で妙齢の日本婦人に会うことが出来た。よくよく見るとどうもどこかで見た顔である」「入隊する迄5、6人で私達が(大阪の)島屋町で下宿していた時のことである。我々の下宿の前に喫茶店があって、そこで働いていたウェイトレスがこの人である。或日のことだった。丸髷を結ったこの人が、私達の下宿へやって来て、『永らくお心安く願っておりましたが、これから芸者ガールになって南方へ行って参ります』と挨拶するので、早速無い金をはたいて、ささやかな送別会をして送ってやったのだ」「王城前で下車して、なおも話しながら歩いて行くと、将校専用の慰安所に連れ込まれてから、だまされたと気がついたが後の祭りだ。彼女は『だまされて連れて来られ、はずかしいことですが、私は慰安婦にされてしまいました。帰ろうにも帰れず、こんな務めをしています』」「『この慰安所には、大阪の女の人が多いし、皆懐かしがるから遊んでいらっしゃいよ』と大いにすすめてくれるので、ついその気になり、裏口からコッソリ入った。見つかったら大変なので、すぐ丹前に着がえ、私の兵服はまるめて床下へ投入れて隠匿し、慰安所にあった陸軍中尉の将校服を吊り、軍刀を立てかけて、さも中尉殿ご遊興中のごとく擬装してすましていた」(175〜176ページ)
(その876・2)昭和14年?、中国・鎮江。
「(ビルマ派遣前、中国駐屯時代?)東京から揚州へ(と題する軍医の手記)」「小川部隊が揚州に入ったころは、城内の治安も悪く、伝染病なども絶えなかった」「鎮江にはじめて日本女性のいる慰安所が出来たというので飛んで行った某中隊の将校がいる。行く時、私にその話をして得意になって出かけて行った。ところがその翌日鎮江の衛生部隊から『慰安所の日本女性が天然痘にかかったから注意のこと』という電話である。1、2日後には会報になって回って来た。そこで心配になって、中隊に帰ってしまったその将校に連絡したところ、女性の発病直前夜に一緒にいたのは、正にその君であるということが判明した。部隊長にいうわけにはいかず、本人はもう天然痘にかかったような落胆のしようであって、本当に困ったが、直ちに再種痘して秘かに患者収容所に隔離したところ、幸いにして発病しなかった」(325ページ)

〔その877〕第139会編『比島おもい出集』私家版、1974年発行。昭和18年12月、フィリピンに到着した比島派遣第139兵站病院の記録・手記集。
(その877・1)昭和19年?、フィリピン・ムニオス。
「慟哭のルソン島(と題する手記)」「私は北支河部隊野戦病院に満4年勤めて満期、予備役となった兵長であった」「4年間の現役で、仕事は何でも知っていたので軍医さんから重宝がられた。ムニオスでは、病院の近くに出来た慰安所の定期検診に、なぜか私ばかり連れて行かれた。現地人の女が数人いた」(86ページ)

〔その878〕都築金光編『ビルマ戦線"地獄の霊柩車隊奮戦記"第49師団歩兵第168聯隊手記集』私家版、1975年発行。
(その878・1)昭和20年?、ビルマ・メイミョウ。
「(ある上等兵の手記。ビルマの)明妙で中島、津田と3人で午後慰安所へ行ったが、千円といわれびっくりした。1回5、60円のはずなのに、どうしてそんなに高いのか聞いたところ、其の日の午前中2回も爆撃を受けた上に、高級将校から状況の悪い事を聞いており、荒稼ぎでなければ商売する気がないと聞き、金は全員塩を売って沢山持っていたので、千円を払って遊んで来た」(43ページ)
(その878・2)昭和19年?、ビルマ・ラシオ。
「(昭和19年2月、補充兵で竜山の第49師団に入隊した一等兵の手記)ラシオで朝鮮出発以来、初めて俸給を支給された。約40円程であったが、3か月分である。給料袋と一緒に"突撃一番"を2個支給された。経理下士官に『あの家の前で並んでおれ!』命令だと思って、指定された大きな家の前で、既に並んでいる兵隊の最後尾についた。私の列には、30名以上いたが、30分ほどしてから初めて話しぶりから慰安所とわかり、迷った」「話に聞いた慰安所を後学のために知っておこう」「大体一人の所要時間2分30秒」「女が朝鮮人とわかり、『表で待っている。仕事が終わったら朝鮮の話をしよう』夜半まで待った。やがて営業?を終った彼女が出て来た。まず彼女の流れて来た経過を聞き、ビックリした。女の話では、最初、特志看護婦だった。しかしビルマに入国してから病院に1日も勤務する事もなく、高級将校の相手をさせられ、月日と共にだんだん下に落とされ、今は兵隊相手で1日に数十人の相手をさせられ、今日も百二十人余りの相手をさせられたと、涙を流して夜更けまで時間の経過も忘れて語った。金が沢山出来れば朝鮮に帰れる。ラシオから先には、金を使う所もない。慰安所も此処が最後と聞き、全部信用した間抜けな兵隊になってしまった。朝鮮から持ってきた朝鮮銀行券(原注・朝鮮通貨)全部と、其の日貰ったばかりの給料の残りも全部渡してしまった。作業賃金1回5円也?私が騙されたかもしれない。でもその時は、とても良い事をしたような満ち足りた気分でした。それより先慰安所はないはずなのに、数多くの慰安所があった」「見事にやられたのである」(99〜100ページ)

〔その879〕池田佑編『秘録大東亜戦史・改訂縮刷決定版・第1巻・開戦太平洋篇』富士書苑、1954年発行。同書中、「ラバウル地底戦記」と題する「読売新聞社社会部次長・山崎英佑」の章。
(その879・1)昭和19年、ラバウル。
「(ラバウルに立てこもった)男10万のなかに、日本人女性が3人いた。アナタハン以上である。一人は徴用された船長の女房、船に一家族ごと乗り込み、開戦初期に沿岸輸送の任に当たっているうち船が撃沈され、夫は行方不明になったという。夫帰る日を待っているうち、内地との連絡もとだえて、そのまま居残ったという。他の2人は、いわゆる慰安婦と呼ばれる女である。19年の1月、ラバウルにいた全女性は、最後の内地行輸送船で送り帰されたが、不幸、ラバウル湾を出て間もなく敵潜水艦のために撃沈されてしまった。100人ばかりの慰安婦はもちろん、船員も、便乗の内地連絡の兵隊も、みんな溺れ死んでしまった。だがこの2女性だけは、泳いでラバウル近くの海岸にたどり着いたのである」「一人の女の出身地は、和歌山県で、漁師の娘であった。小学校の頃から、紀伊半島の浜辺で泳ぎまくっていた猛者である」「23才、下ぶくれの丸顔で、海女によく見かける均整美の女であった。いま一人M子は、沖縄の生れで、長くパラオ島で慰安婦をしていたという32才の女であった」「女という女をぜんぶ帰して、玉砕態勢をとったラバウルに、こうして闖入して来た3人の女性のために陸海軍とも頭を悩ました」「たった3人とはいえ、その顔や姿を見かける兵隊が、ふっと故郷を思い出したり、人間の性本能を抱いたりしたら、それは全部隊のマイナスとなる。3人の女性のために、12人の護衛がついた。田ノ浦と呼ばれる海岸にほど近い海軍司政官宿舎のそばに、3人の女のための壕が掘られニッパ椰子の家が作られた。『絶対に、壕ならびに家屋以外には外出せざること』。これが、3人の女に通達された命令である。着剣し、装弾した哨兵が、その宿舎の入口に立った。だが、性に飢える兵隊の臭覚は、猟犬よりも敏感であった。噂は噂を呼んで、深夜ひそかに訪れる兵隊は、数限りなく、終戦までに、2名もの犠牲者を出していた。別に女性をどうこうして、おのれが本能をみたそうというのではなかった。ただ、なんとなく来たものらしく、『女房を思い出そうとしたんです』と、歩哨に射たれて息を引き取った中年の兵隊はいったという」(402〜403ページ)

〔その880〕池田佑編『秘録大東亜戦史・改訂縮刷決定版・第3巻・マレービルマ篇』富士書苑、1954年発行。
(その880・1)昭和20年、シンガポール。
「2人の美女の物語(と題する)共同通信社論説委員牛島俊作(執筆の章)」「阿波丸の往復の航路の安全は連合軍によって保障されていたはずなので、この船に乗って日本へ帰ろうとする希望者が多かった。乗客数には限度があるのでしまいにはプレミアがついた。一人日本まで1万円という高い値段であった」「(昭和20年3月)阿波丸のシンガポール入港以来、マレー半島の南部からおびただしい電波が乱れ飛ぶのが日本軍のほうにわかっていた。シンガポールとその周辺に連合軍の第五列が沢山入り込んで信号を送っているものと判断された。それで憲兵隊では阿波丸は危ないといっていた。阿波丸には積んではならないはずの石油、ゴム、ボーキサイトが積んであったようである。しかし禁制品を積んでいたが故に、この船を雷撃したのではなかろう」(102ページ)
(その880・2)昭和17年?、シンガポール。
「マレー軍追放(と題する)共同通信社政治部次長津吉英男(執筆の章)」「占領とともに順調にすべり出したマレー軍政もいつの間にかゆるみが出ていろいろの弊害が目立ちはじめた。その中でも伊豆のNという温泉町の旅館、やまと屋が"やまと部隊"という娘子軍を編成してシンガポールに進出してきたことは、マレー軍政の暗黒面とからむ利権問題として在留日本人の大きな非難を買った。これは当時流行の南方熱にとりつかれた内地娘数十名を募集して、連隊旗まがいの隊旗に"やまと部隊"の名も麗々しく、堂々と隊伍を組んでシンガポールに乗り込んで来た一団であった。"やまと部隊"の活動は上陸後ただちに開始され、その勢はめざましいものであった。朝に一城夕に一砦、シンガポールのホテル、料理屋、飲食店の目ぼしいものは見る見るうちに、やまと部隊によってその経営を乗っ取られ、部隊の娘子軍がそこに配属された」「この難しい軍政下で、やまと部隊だけがどうしてこれほどたやすくその業務を伸ばすことができるのか」「最も真相に近いものと思われるのはこんな話だった。伊豆N町の『やまと旅館』に、その昔、長く御厄介になっていた一人の浪人者が大陸各地を流れ流れてついにこのシンガポールまでやって来た。たまたま軍政監部の某要人にうまく取り入り、いまやその進言は一つとしてきかれざるなしという状態で、この門を叩けば利権の道は必ず開けるというのである」「(このような風説がある中で)旧小学校の校舎を改装して料理屋としたことが早くも外国に知られて、インドからの敵性放送に利用されたことは痛かった。この事実を知った南方総軍司令部は日本軍の威信のためにもマレー軍の軍政面の腐敗を黙過できないとして激怒した。たまたまやまと部隊の経営に属する料理屋に勤めている娘子軍の一人が、店を逃げ出して総軍参謀に実情を直訴した。この女は、現地で事務員かタイピストの仕事をするつもりでやまと部隊に応募したものだが、来てみれば料理屋の女中で将校相手にいやなサービスを強要され、こんな約束ではなかったと悲嘆にくれている時、自分の遠縁の者が総軍参謀として同じシンガポールの地に来ていることを知って、救いを求めたものであった」(109〜110ページ)
(その880・3)昭和20年、スマトラ・ブギチンギ。
「悲しき幕切れ(と題する)朝日新聞社大阪本社井之丸喜久蔵(執筆の章)」「(ブギチンギは)赤道直下で、ソバの花が咲く高原の街である。そこにはスマトラ派遣軍の司令部と飛行場と、その他に南方随一を謳われた有名な料理屋兼宿屋があった。マラアッピ―という美しい旧火山を前に、畳の上で浴衣がけで、しかも銀座裏から集められてきた娘達の給仕で、日本酒でもビールでも飲める料理屋である。サイパンが陥ち、東京が焼け野原になっても、将軍と参謀共は、赤道直下の『軽井沢』にこういう料亭を作らせて、日夜酒池肉林にひたっていたのである」(135〜136ページ)
(その880・4)昭和17年、ビルマ・メイミョウ。
「イラワジ戦記(と題する)読売新聞社記事審査部主査若林政夫(の手記)」「(筆者は陸軍の宣伝文化工作でビルマで活動。昭和17年8月ごろか)社の連中がうちのメイミョウ支局をみろと僕を引っ張り出して、慰安歓迎会とか称して、大いに盛宴を張ってくれた」「ガリという馬車に乗せられた。2、3町も行ったと思ったら、降ろされた。バー、カフェー、キャバレーでもない、クラブだろう」「そこは将校用の慰安所だった。ホールがあって、妖しげなレコードが鳴っていた。ビールはまだなかったものの、お酒はあった。女の子たちはイブニングではない、ワンピースを一着におよび、なかなか元気がよかった」「ホールの横手を入ると階上、階下に別れて小奇麗な部屋が並んでいた。部屋のドアーの脇にそれぞれの源氏名を書いた名札が出ていた。"健康良子""健康春子"どれもこれも"健康"の2字がついていたのにはおかしくもあったが、人を食っていやがる、と腹が立った。僕は"健康富子"さんの部屋に入った。安もののカーテンを隔てて、左手にベッドがあって、小さいテーブルと椅子が2つそのベッドの脇にあった。大きな室をいくつかに割ったのだろう、両側は真新しいチークの板壁だった。『平壌のカフェーにいたの』。まずい顔立ちではない。言葉も案外訛りが少なかった。『仁川から船でネ、昭南にあがって…』。彼女は此処に来るまでの、いやこれまでの苦しかったことでも急に思い出したのか、首をかしげてもの憂く考え込んでしまった」(251〜252ページ)
(その880・5)昭和17年、ビルマ・ラングーン。
「(その880・4と同じ筆者)3か月ぶりでラングーンに帰った」「 (びっくりしたことの一つは)陸海競って専用料亭を持ち、日とともに日本の女の子が殖え、いやな言葉だがいわゆる慰安所という、お女郎屋が雨後の筍のようにニョキニョキ出来てゆくことだった。そのお頭は、なんといっても陸軍の星の旦那方が御専用の粋香園にとどめをさす。こいつがラングーンに進出したことについてはこんなことが、まことしやかにいわれていた。粋香園というのはかつての軍都久留米の料理屋で、例の割腹自殺した杉山元帥が久留米の師団長時代にごひいきにしていた家だとかで、大の客筋の師団はなくなる、統制統制でにっちもさっちもゆかなくなって、廃業の御挨拶におやじが元帥邸に伺候したところ、まあもう少し待て、俺がいい口をさがしてやるということになった。それから間もなく戦争がはじまる、直ぐ上京せよということで、お前ラングーンに行けということになったのだと。ありそうなことだ。それはともかくとして、ラングーン一流のクラブをいただいて、そこに陣取ったこの一隊は総勢150名になんなんとする大部隊で、芸妓、半玉はもとより女中、下働き、料理番。これまではわかるがあとが凄い。髪結いさんに三味線屋、鳴物屋、仕立屋に洗張屋にお医者さんまで、これが婦人科兼泌尿器科であることはもちろんのこと、それに青畳、座布団、屏風、障子、会席膳一式まで海路はるばる監視哨つきの御用船で、つつがなくラングーンに御到着になったのだ」「それだけに、お値段も滅法おたかく相手にもしてくれなかったが、何もかも留守宅送金の僕等軍属どもには無用の長物、高嶺の花だった」「海軍の錨旦那方はバンドの川っぺりに、これは基隆仕立の遙地亭という、いとも小じんまりしたやつを、御設営になって、しんみりとチンカモでやっていた」(255〜256ページ)
(その880・6)昭和20年4月?、ビルマ・ラングーン。
「白旗をかかげて(と題する)朝日新聞社整理部次長沢山勇三(の手記。当時陸軍中尉)」「その晩も珍しく晴れて月がシュエダゴン・パゴダの黄金色の先端を照らしていた。青い青い月だった。私ともう一人の大尉はコンクリートの人道に腰を下ろして、アスファルトの車道に長々と足を投げ出していた。向かいあって、4、5人の朝鮮出身の慰安婦がしゃがみ込んでいた。はじめ慰安婦たちは、我々に泊ってゆけとしつこくすすめたのである。『お金なんかどうでもいいんだよ。淋しいから泊まっていきなさい』と、彼女らは言った。明日、軍司令部が(ラングーンから)撤退するというのに、彼女らは何も知らないのである。ただ何か異様な雰囲気だけは感じていたことに間違いはない。客がさっぱりなかった。そこへ夜更けて将校がふたり現れたのである」「慰安所に隣り合って、日本映画社と日本映画配給社の両支局があった。映配の方には、沢山の映画フィルムがあった」「これを処分することを支局長に命じてあったが、これを確認するために、われわれ2人が夜中近くになって行ったのだった」「そして帰りがけの駄賃に彼女らとの雑談であった」「あの時、危ないから早くラングーンを逃げ出すように、なぜ話してやらなかったか」「あのころまでは、私は軍人だった。軍紀がこわかった」(530ページ)

〔その881〕池田佑編『秘録大東亜戦史・改訂縮刷決定版・第4巻・大陸朝鮮篇』富士書苑、1954年発行。
(その881・1)台湾・高雄。
「孤島の回想(と題する)共同通信社調査部井上満(の手記)」「南洋海域が不利になったころ、サイパン、パラオ方面の婦女子らは海軍の舟艇に乗せられ、米機の襲来にきょうきょうとしながら、途中名もない島や、マニラなどに寄港し、長い日数をついやして、高雄港まで引揚げて、ここで陸揚げされた。彼らは数日をへて、別の船で内地へ引揚げる約束だったが、台湾には、そのころもう船はないのだ。そこで彼らのあるものは、高雄で職をみつけるものもあったが、この職というのが、ていのいい軍雑役婦で、実は慰安婦というのが多かった」(275〜276ページ)
(その881・2)昭和20年、京城。
「変貌する北と南・朝鮮引揚史3(と題する)元京城日本人世話会森田芳夫(の手記)」「終戦の後」「多くの総督府の高官達が拘引された中で、もっとも大きな事件として、当時朝鮮側の新聞紙上に喧伝されたのは、金桂祚事件である。その発端はつぎのごときものだった。北鮮でソ軍が進駐するとともに、婦女子への強姦が各地でおこなわれた情報をきいた総督府では、米軍進駐の際を憂慮して、慰安施設としてダンスホールをもうけることを企画した。金桂祚氏は、当時北鮮に炭鉱を経営しており、山もとに多量の貯炭があった。この石炭を担保にして、金桂祚氏に金をかし、それでダンスホールを開かしめようとした。その石炭を京城に運ぶことができれば、京城市民の冬の燃料にもなり、一石二鳥になるという構想であった。そのために、朝鮮石炭株式会社や総督府側から310万円の金が金氏に渡された。ところが、米軍の進駐後、これが『日本は諜報機関をつくって米軍の機密をさぐろうとしたのだ』と誤解されて、C・I・Cから捜査された。金桂祚氏は逮捕され、日本側の局長連は、取調べがすすめられた。その結果、 はじめのいきさつがわかり、C・I・C側の調査ではみな無罪放免となった」(328〜329ページ)

〔その882〕歩兵第135連隊史編集委員会編『歩兵第135連隊の思い出』私家版、1994年発行。
(その882・1)昭和18年?、名古屋。
「防空演習に励んだ二部隊・楽あれば苦もある毛ジラミ部隊!(と題する第二中隊員の手記)」「中村遊郭という処へ、外出時に分隊を編成して、しかも衛生兵付で今でいうコンドームを貰って満足して?帰隊。その後、数日もたたないうちにカユミに気付き、地方の薬店で、今はないが水銀軟膏なるものを買って来て一生懸命塗布する姿が今でも目に映ります」(61ページ)

〔その883〕木村三四郎編『北支派遣自動車第22聯隊』私家版、1976年発行。
(その883・1)中国・石門。
「(ある隊員の回想。昭和15年3月、石門に駐屯したが)石門のピーヤには1等から3等まであった。我々になじみの深いのは3等だ。1時間たしか60銭であった。だから外出から帰って来ると班内ではよくこんな話が出た。『俺は今日20銭パであそんできた』『俺は15銭パだ』。1時間3回で20銭パ、4回なら15銭パ、何が3回で何が4回かは説明するまでもない」「作戦参加のため南下するという石門最後の外出日、自分は一度特等ピーを経験しておこうと思って入口に立った。ここは金のある将校のゆくところだから勝手がわからない。どの部屋も鍵がかかっていて開かない。やり手婆さんの部屋にも誰もいない。満員かな?と思って待っていたら奥の部屋の扉が開いて姑娘が顔を出した。スゴイ美人、やっぱり特等だなあと一瞬呆然、そうしたらドアを閉めてスーッと中に消えてしまった」「するとまたドアが開いて手招きして自分を呼ぶ」「姑娘の部屋に入ってまた驚いた。2部屋続きの奥の部屋にはお宮のような寝台、手前の部屋には応接セット、テーブルの上には酒まである。営倉のような暗い3等しか知らない自分は夢かと思った。西瓜の種を食べながら注がれるままに酒を飲む」「姑娘は何の香料をつけているのか良い香りが漂ってくる」「姑娘は片言の日本語で話しかけてくるが、自分はもううわの空である。ふと見上げると視線に感謝状が飛び込んできた。当時、石門市民が日本軍に飛行機を献納したことがある。愛国石門号がそれである。この美人の姑娘は、それに2回も寄付したのである。感謝状には支那方面最高司令官の名がはいっていた」「『私、日本人、好きです。私も、日本に協力しています』。姑娘がいった。その顔には厳粛なものが浮かんでいた。私はこの姑娘の一言で本題を切り出すことをやめた。姑娘に注がれるままに盃を重ねて夢のような一刻を過した」(8ページ)
(その883・2)中国・清豊。
「(ある隊員の回想)清豊は独立混成第1旅団の警備地区では一番奥地であった。独立歩兵第57大隊が駐屯して、電灯なぞももちろんなくランプ生活であった。それでも慰安所が開設されていた。日本人が1人、アリランが3、4人、サービスに勤めてくれた。自動車隊の兵隊は割合にもてたと思います」(89ページ)

〔その884〕池田佑編『秘録大東亜戦史・改訂縮刷決定版・第5巻・比島蘭印篇』富士書苑、1954年発行。
(その884・1)ジャワ・ジャカルタ。
「ジャワの日本人(と題する)朝日新聞社企画部次長河合政(の執筆)」「戦犯処刑者の中でも、青地鷲雄さん(63歳)の獄死は悲惨であった。青地老は抑留中のオランダや混血の女性を誘拐して、日本軍人相手の慰安婦にしたということで逮捕された。たしかに青地老はジャカルタの都心に近いところに開設された慰安所のあるじであった。だがこれは日本海軍の専用慰安所であり、青地老は海軍から命ぜられて、ここに勤務していたにすぎなかったのだ。しかも海軍からはこのために一人の逮捕者も出ず、青地老ひとりがすべてを背負ってしまった。しかも無期を判決された青地老は、刑務所参観者の前にさらしものにされ、悪罵と嘲笑の中で、判決後数日にして死んでしまったのである。死因は衝撃の激しさから病死とか伝えられたが、多くの人は明らかに自殺だと思っている」
「青地老は大正10年頃夫婦でジャワに渡り、バタビアのモーレンフリート街に、日本人相手のホテルを経営した」「(在留日本人の面倒見もよく)このままでゆけば青地老は日本人にとっては、恩人的存在として名物にもなった人であろう。思えば青地老の晩年は全く戦争にかきまわされてしまったのだ。あわただしく引揚げ船に乗って、何十年ぶりかで故国を踏んだ青地老は、すぐ陸軍から企業担当者としてジャワに戻ることを命令され、妻女は郷里の長崎に残して住み慣れたバタビアに帰って来た。そして長年の経験を生かしてホテルを経営しようとしたが、すでに軍と特殊関係を持つ日本人に占められていて、割り込む隙もなく、やむなく日本人相手のレストランを開業したがこれもうまく行かなかった。弱り切っていたところへ、海軍から慰安所の開設を頼まれ、いくたびか断ったが、ついに"お国のため"の仕事として押し付けられてしまったのである。ここに必要な女性は抑留所から希望者をつのり、未成年者はことわっていちいち契約書に署名させたのは、青地老の性格でもあったろう。しかしこうした手堅さも空しかった。希望して働いたはずの女は、ほとんど被害者として証人に立ち、裁判ではすべて青地老が、甘言をもって誘惑し未成年者までも強制したとされ、あらゆる弁明も証言も一蹴されてしまったのである。インドネシアの土になることを念願した青地老が、いかに懊悩しつつ慰安所の仕事をしていたかは、知る人も多い。そこに働いていた女たちも決して青地老を憎んではいなかったらしい。女たちは青地老を罪に落とさねば、自分たちの生きるみちがなかったのである」(346〜347ページ)

〔その885〕御田重宝編『特攻』講談社・講談社文庫、1991年発行。
(その885・1)昭和20年、鹿児島・鹿屋。
「特攻隊の若者たちが黙って日本の未来を信じ、散華していったことは疑う余地はないが、彼らだけが内輪で見せた素顔はどのようなものであったろうか。もちろんすべてではない。が、このようなこともあったということは報告する義務がある。『神雷部隊』(特攻機桜花、桜花を運ぶ一式陸攻などで構成)の小西勉一飛曹は、『「桜花」の搭乗員と母機の陸攻の搭乗員の宿舎は鹿屋では別でしたが、同じ若い者なので似たような行動をしました。野中五郎少佐の初の出撃(原注・20年3月21日)後は、夕方になると小さなバスが隊員を迎えに来て遊郭へ連れてゆき、翌朝バスが連れて帰ります。毎日それをやると、「早く殺してくれ」と言うようになります』と証言する。日常的に"脱"(原注・無断外出)が行われるようになる。宿舎にいたら同僚の死の実証がいやでも目につく。"死"から逃れたいのは人情であったろう」(508ページ)

〔その886〕大城将保著『沖縄戦の真実と歪曲』高文研、2007年発行。
(その886・1)昭和20年、沖縄・玉城。
「(沖縄本島・玉城村にある)糸数壕は『上のガマ』と『下のガマ』の2つの区画に分かれる。上下のガマ(原注・洞窟)は地下の細い横穴で草刈鎌の形につながっているのであるが、出入り口が別々になっているので、表からは2つの洞窟のように見える。上下あわせると全長270メートルほどになる」「下のガマの司令部壕の中は立派な地下要塞になっていた。地下水が小川となって流れ、戦場で最も貴重な飲み水の心配はなかった。小川の上に木材を渡して土台を築き、通路と兵舎ができていた。兵舎は二階建てで、糸数集落から赤瓦家を5、6軒買上げてきて移築したものだった。明るい電灯の下に、炊事場、ポンプ式井戸、食糧倉庫と武器弾薬庫などが立ち並んでいた」「(昭和20年2月)美田連隊(原注・独立混成旅団第15連隊)は本部半島の八重岳から中城の屋宜原から玉城へと配置換えになってきたが、本部で徴集した炊事班の婦人義勇隊30名も従軍してきていた。さらに、将兵用に掘り抜かれた南口に近くに慰安所の部屋があって、派手な民族衣装をつけた従軍慰安婦が十数名いた」「4月27日から28日にかけて夜の闇をついての美田連隊の将兵と、途中から合流してきた海上挺身隊、これに付属した防衛隊・義勇隊が首里西方の前線へ出撃していった」「糧秣倉庫に山積みされていた食糧や弾薬類は、おおかた残して出発せねばならなかった」「慰安婦も置いていくほかなかった」(221〜224ページ)

〔その887〕十二葉会編『われら戦争を越えて』私家版、1983年発行。同書は、陸軍経理学校第12期幹部候補生の回想録。
(その887・1)沖縄・宮古島。
「軍隊生活と私(と題する独立歩兵第306部隊)諌山博(の手記)」「経理学校をでると、私は見習士官になって、古巣の旧満州に帰された。それから南方転進の部隊に編入、朝鮮、鹿児島、奄美大島を経由して、沖縄県の宮古島に送り込まれた」「宮古島では、主計少尉として、一個大隊の経理に責任を負うことになった。金銭出納はベテランの下士官にまかせ、私はもっぱら600人の隊員の胃の腑を満たす仕事を受け持った」「主計将校の担当のひとつに、慰安所の管理があった。松の丸太で柱と梁を組み、屋根と壁にかやを当て、ござで仕切りをしただけの小屋掛けが慰安所であった。縄のれんを垂らした出入口の白い消毒液が、妙に生々しく、私の記憶に刻まれている。あのころ、部隊に慰安婦がついてくることに、私は奇異な感じをもたなかった。軍隊とはそういうものと思い込んでいた。荒廃した駐屯生活のなかで、人間としての感性が、すり減らされていたのに違いない。慰安婦の問題を真剣に考えるようになったのは、戦後、平和な市民生活に復してからである」(147ページ)
(その887・2)昭和19年?、台湾・台北。
「吾が貧しき戦時体験―第10方面軍・台北陸軍病院(と題する手記)」「サイパン失陥後戦局も苛烈となり、敵機の空襲が連日のように続く頃、台湾も戦地に指定され、営外居住の将校連中に営内居住命令が出された。そうなると欲求不満が高まるものらしい。そんな或る日のこと、相当年輩の軍医殿から声がかかった。『最近軍が将校慰安所を設営したそうじゃないか、経理部の管轄だろうから、君場所を知っているだろう。探訪してみよう。君案内してくれ』との話、こっちはウカツで何も知らない。早速照会してみると、たしかにありますとのこと、ご案内役をつとめる羽目となった。現場に行ってみると、街のど真ん中でどうもそれらしくない建物だが、案内を請うと、通されたのがベッドルーム、大きな寝台が一つとケバケバしい中国風家具が置かれた個室だ。やがてやって来たのは、化粧料の臭いをプンプンさせた中国服の現地人女性が2人、若くて生気に満ちた看護婦を見なれた目にはどうみても食欲をそそられる相手ではない。軍医殿は『今日は天気がよくて暑いなー』など照れくさそうに挨拶、件の女性のサービスで台湾茶など飲みながら話はなかなか核心に入らない。そのうち『握手しようよ』などとおっしゃってグズグズしている、どうする気なのかジリジリしていると、軍医殿、『今日はもう帰ろうよ』と耳うち、こちらもその気は起らないので、何がしかの金を置いて退散する。帰り道で軍医殿がおっしゃるには『イヤー、あれはだめだ、ぶっそうだよ』。よく聞くと、腕にまだ新しい注射の跡がいくつも残っていたとか、さすがにお目が高い、握手しながら慎重に診察に及んだというわけだ」(433ページ)

〔その888〕今東光他編『新聞集成昭和編年史・昭和7年度』新聞集成大正昭和編年史刊行会、1961年発行。同書中、「売られ行く女達・満洲へ」と題する大阪毎日新聞昭和7年8月4日付記事。
(その888・1)昭和7年7月、大阪・堺。
「31日午後10時、堺港を抜錨、大連へ向かった大連小樽間定期船鮮海丸(原注・3500トン)の三等船室に北海道函館から遙遙と満州に送られて行く苦界の女性6名があった。此6名は深刻な不景気に襲われている北海道を捨て、新興満洲へ身を売られて行く姐さん連であったが、静かに暮れて行くデッキベンチに腰を下ろして、うら寂しそうな瞳を投げていた井上君代さん(20)は苦界の呪いを胸に、悲しき宿命と果てしなき流転生活の心境を語った―何でも満州の吉林省とかいう所へ行くのだそうです。どうせ自由にならない私達の身体です。どこで働くのも同じです。総てを諦めていますけど、此港が愈々内地とのお別れかと思うと悲しくなって、今泣きたい気持ちになった処です。だけど満洲へ行けば、日本の兵隊さんを慰めるのが私達の仕事だと聞いていますので、嬉しいような心持もしています。うんと働きますわ」(494〜495ページ)

〔その889〕歩37会編『大阪歩兵第37聯隊史・上』私家版、1976年発行。同書は、第37聯隊の記録・手記集。
(その889・1)満州・鶴立崗。
「特技と役得(と題する)田中幸一(衛生兵の手記)」「倉島軍医中佐殿がにこにこ笑いながら『田中、午後から身体検査に行くから準備しなさい』と云われた。それは『ホリカン』(鶴立崗?)にあったカフェー(原注・協和雲仙・天満源蔵庵)女性従業員の身体検査だった。生まれて初めての経験である」「野波准尉殿が『田中ちょっとこい、今日から君も身体検査に出るが、相手は女だ。君は真面目だが、これも職務だ、今度から君が専門に受け持つこととなる……』。いろいろと細部について指示を受く。俺は兵隊だ、戦地に来て女の身体検査とは故郷の両親に知らすこともできない。それでも胸がわくわくする。診療所へ行くと、中佐殿と平野さん、女性30名余り集まっている」「平野さんは笑いながら女達に『上半身裸になりなさい』と指示している。中佐殿は『田中、胸囲と眼、口をしらべなさい』。とんでもないことだ、女の大事な所へ手が触れる、女達は平気、僕は初年兵、顔を真赤にしながら……『田中さん、うぶね』『あんた今日初めてね』。何をぬかす、俺も帝国軍人だ、しかし職務だから仕方がない。僕の特技だ、ああホリカン、ホリカン、皆さんも当時のカフェーをもう一度想い出してみませんか」(331ページ)

〔その890〕元輜重兵第32聯隊第3中隊戦友会編『輜重兵第32連隊第3中隊―激動と忍苦の青春記(軍隊の思い出集)』私家版、1986年発行。
(その890・1)昭和14年6月、中国・沂州。
「女を乗せた自動車隊(と題する第二小隊長の手記)」「徐州戦が終り、木村兵団が山東省の警備についた昭和14年の6月頃だったかと思う。沂州の山口部隊に糧秣輸送行動をした時である」「沂州の途中、右側にクリークがあったと記憶する路上で小休止10分位した時である」「休憩に入った折、直ぐに『第二小隊長前へ』の伝声があり、急いで最前部の野上中隊長の所に駈足で行こうとした時、小隊の最後尾磯辺分隊の車の脇に白い服を着た慰安婦が5人位道路より離れて用を達していたのが目に入った。(原注・アンペラとアンペラの包みの間に乗せて来たらしい)。直ぐこれだなあーと気がついた」「『第二小隊長(原注・見習士官)参りました』と敬礼し、手を下すか下さぬか途端に、『どうして女を乗せたのだ』という第一声。磯辺軍曹が私に断って乗せたとも云えず、ただハイというばかり。その叱られている時間の長いこと。正味1分かせいぜい2分位だと想うが、不動の姿勢を10分位とった気がした」「中隊長も乗せてしまった事だし、今更途中で置いて行く訳にもゆかずという事だったろう。『ようし』という言葉が出ると同時に『出発』という命令で放免される」「その夜、山口部隊長の招待で中隊長、各小隊長が呼ばれご馳走になる。沂州は徐州戦の折に、跡形もなく土壁だけ残っていた有様で、第一線の姿を現していた。そこに流れ者の人で木下商会なるものが進出し、写真屋とピー屋を兼ねて営業しており、なかなか頑張っていたようである。宴途中に磯辺軍曹が宿営準備完了の報告と外出許可証の印を貰いに来て、今晩木下商会の主人より昼間のお礼に招きたいとのこと。勿論行けるものでなく断る。今想えば第一線の人達に慰安の糧に偶然とは申せ協力した事は今日になってみれば良かったと痛感する次第である」(110ページ)

〔その891〕小生富夫著『南国の空の下で―私が体験したこと』私家版、1999年発行。著者は、昭和18年5月から近衛歩兵第4連隊第2中隊所属で、スマトラ島のバリゲ、コタラジヤ、ロンガに駐屯する。
(その891・1)昭和18年、インドネシア・コタラジヤ。
「コタラジヤでは川すじにアダップ葺の粗末な小屋が出来て間仕切りをし、その前に外出日となると、兵隊が行列をなして自分の番を待った」「ここでは相手する女の人は朝鮮の女の人が殆どだった。朝鮮の女の人は軍隊に付いてきたのではないかと思った。彼女らも心得たもので、1日に大勢の兵隊を真面目に相手にしていたのでは疲れて身が持たないから適当にしているのよと言っていた。ロンガでは現地人の女の人達だった」(20ページ)

〔その892〕斎藤満男著『私の満洲物語』白凰社、1979年発行。
(その892・1)昭和15年、中国・奉天。
「(兄を訪ねて行った満州・奉天)日本の遊廓に相当する売春宿の集まった一画を、この満洲では平康里(原注・ピンカンリ)と呼んだ。日本人はその売春宿をピー屋と呼ぶ」(136ページ)
(その892・2)昭和20年2月、朝鮮。
「(兄のいる満州へ家族と疎開。関釜連絡船で釜山に着く)釜山からは一等車に乗った。生まれてはじめて乗る一等車である。乗客の数は少なく、広い車中にまばらに坐っていた。慰安所(原注・兵隊相手の売春宿)の主人と自称する男がしきりと話しかけてきた。この頃になると海路は危険なので、中国大陸はもちろん、仏印その他の前線を志す 人の多くが朝鮮経由の列車を利用していた。この男は華中へ行くのだという。やがて車中に移動警察が入って来た。一人一人旅行の目的を問いただし、所持品の検査をする。慰安所の男のトランクの中からは山ほどたくさんのサルバルサン(原注・通称606号、当時としては最高の梅毒治療薬)が出て来た。質問は厳しかったが、どうやら申し開きに成功した」(160〜161ページ)

〔その893〕白楊会編『満州国陸軍軍医学校』私家版、1979年発行。同書は、軍医学校卒業生の手記などを収録。
(その893・1)昭和20年9月?、中国・錦州。
「熱河の放浪、錦州の難民救済(と題する手記)」「錦州市におけるソ連兵の日本婦人に対する暴行は入市と同時に始まり、貞操を犯され、夫の前、子供の前で暴行を加えて憚らなかった。このため、民会(日本人居留民会)は在留婦人の中から三業関係の犠牲的志願者を募り、『女子特攻隊』を編成し、国兵会館を利用して『七海(原注・ななみ)』と称し、ソ軍慰安所を開設した。彼女たちの犠牲によって婦女子の恐怖は一応減少し、感謝された。この特志者達の健康については、私と飯村純一君が担当し、色々な問題もあったが無事解決することが出来た」(284ページ)

〔その894〕藤田相吉著『「ルソン」の苦闘』私家版、1973年発行。著者は、比島派遣中、ルソン、レイテで、独混33旅団高級副官、105師団高級副官を務める。その間の日記。
(その894・1)昭和19年2月、フィリピン。
「2月10日(木)」「夜、安山主計、松山軍医、荻野獣医、予を訪問し酒を飲む。特に親しき悪友、将校倶楽部で二次会中、彼等曰く、2粁ばかり離れて、飛行場大隊の慰安所あり。そこに変わった妓ありと」「4人で車を走らせた。ベニヤ板で仕切った簡易な設備、荻野中尉が先に入って話をしている。予と2人が扉を排して進入するや否や一人の女が飛び出して来るなり『ナカヤマ―、チンポキッテ、モッテ来イ、マニラ』と叫んで予に抱きついた。慰安婦がお客に抱きつくのは当たり前のこととして、彼の文句がおかしかった。『これはどういう事だ』と松山中尉に訊ねると、彼はこう解説した。『兵器部の中山中尉は不思議に女にもてる男、恐らくは、今の妓は、中山の上手に首ったけにほれ込んでいて、中山がマニラに出張中であることを知り、予に中山をマニラから連れてきてくれと訴えているのであろう』。予はようやく判った。それにしても、兵隊は日本語をうまく女に教育するものだ」(355ページ)

〔その895〕碌々会編『海軍々医の思出』私家版、1981年発行。同書は、昭和6年、海軍軍医中尉に任官した軍医の手記集。
(その895・1)中国・三竈島。
「海軍の思出〔裏話〕(と題する手記)」「三竈島〔第二防備隊軍医長〕時代」「支那事変の真最中、此処から重慶爆撃に行くので、航空隊と防備隊が出来た。それにつれて慰安婦もやってくる事になった。私は内科小児科だったので、慰安婦の疾病検査には往生した。例の〔アヒルの口〕の使ひ方などまことに下手くそなので、時々慰安婦から文句が出た程だ。慰安婦の中にもなかなかの豪傑が居た。汽船から起重機で降ろされる処に、私がぶつかったが、悠々と扇子などをつかって笑いながら降りてくる女など驚きであった。また子供を中学にやっている、その学費を稼ぐためとかで慰安婦になった中年の女がいた。彼女は男の上にのる時には、必ず〔御免遊ばせ〕と云って取りかかるというので、誰云うとなく〔校長先生〕というニックネームが付けられた」(51〜52ページ)

〔その896〕元日赤従軍看護婦の会編『日本赤十字従軍看護婦』私家版、1985年発行。同書は、書名どおりの手記集。
(その896・1)昭和20年9月、中国・海林。
「〔中国編〕34年目の遺書より(と題する手記)」「(虎林陸軍病院から牡丹江野戦病院を経て、昭和20年)9月始めに、ハルピンから汽車で海林へ移され、救護活動を始めました。ここには大勢の日本人が収容されており、女は私達だけでした。ここで私達はもう一つの戦いがあることを思い知らされました。ある日本軍の部隊長が私達に『貞操を捨てろ』と言うのです。『俺達は軍人の魂である軍刀を捨てた。あんた達には貞操を捨ててもらう。ソ連兵の元に行け』と。何という理屈でしょう。だが負けてたまるかと私達は、『我々は慰安婦として来たのではない。もし、どうしてもというのなら、あなたの奥さんから差し出しなさい』と。その将校には家族がありました。私達も必死だったからすごい見幕だったと思います。この話はこれでご破算。しかし、早速食糧の配分が減らされました」(8ページ)

〔その897〕芳我孝一編『淳誠会戦記』私家版、1979年発行。同書は、海軍軍医学校第70期卒業生(昭和18年)の手記集。
(その897・1)昭和18年4月、南方・トラック。
「私の海軍生活(と題する手記)」「病院船天洋丸で昭和18年4月下旬、横須賀から連合艦隊基地トラックへ向け、初めての大洋航海に胸ふくらませて出港した。戦線慰問団として、トラックの『小松』に赴任?する芸妓連中も便乗していて、航海中に演技を披露してくれた。着任後もトラックで彼女らと再会を重ね得た」(121ページ)

〔その898〕古守豊甫著『南雲詩』金剛出版、1963年発行。著者は、昭和18年12月、軍医少尉に任官し、ラバウルへ向かう。途中、パラオに寄る。
(その898・1)南方・パラオ。
「(パラオの不思議なこと)真昼の暑い町を歩いていると、『海軍専用』と板に墨で書かれた『バー』や『慰安所』があることである。『陸軍』という文字は見当たらなかった。この慰安所で働いている女性の多くは、沖縄方面の出身であったらしい。毛の生えたたくましい男性的な腕を見せていた。船に酔って10日余り、ろくに食事もとれず、ふらふらのまま上陸、やっとアイスクリームにありついたわれわれ若い軍医の一行は、とてもその方の食欲が生じなかったのは、無理からぬことではあった。しかし私らのように学生服を軍服に着替えて未だ3か月そこそこで、軍人精神3割、学生気分7割程度の速成軍人の目に映ずる、この『海軍専用』は、どうひいき目に見ても、『これは?』と思わざるを得なかった。ここにもまたはしなくもわが陸海軍抗争の『内輪もめ』が、ちょっぴり顔を出しているように思われた」(59ページ)

〔その899〕邑楽慎一著『軍医転戦覚書』中央公論社、1940年発行。支那事変最中の出来事。
(その899・1)中国。
「まだタク州平野が戦場であった頃、私の属する衛生部隊は天津から白河の一支流を(船で)遡って保定と正定の中間地区へ出ようとしていた」「天津を出てから2週間ほどすると河北省の田舎で、その昔水滸伝の豪傑どもが往来したあたりになった。その頃のある日、薄暮に船を舫って炊爨の準備をする間に、私は堤に近い小部落に燈があるのを認めた。住民は全部避難しているのだったから、燈などがある筈はないのである。一人の兵士をつれてあたりに気をくばりながら近づいて見ると、みすぼらしい破屋の中に人がいる。更に忍び寄ってみると意外にも女らしい。向こうむきになって寝そべっているので、年輩は詳らかではないが貧民らしい様子である。わざと足音を立てて近づくと、女は起き上がりもしないで、豆ランプの光をたよりにこちらをすかして見ていたが、自分たちを兵隊だと認めてから、『大人(原注・だんな)。満々的(原注・まってください)……』と低い声でいって、体をちょっとばかりずらせたのを見ると、丁度赤ん坊を眠らせているのであった。
 待つほどもなく、静かに立ち上がると何やら襤褸の包のようなものを持って出て来た。格別悪びれた様子もなく手真似でこちらへと示すので、隣の納屋へついて行くと、藁の上に持ってきた襤褸を拡げてから、おもむろに斜め向こうに回ってシタギの紐を解いている。襤褸と思ったのは実は彼女の夜具であった。説明するまでもなく、彼女は自分たちが日本の兵隊であることを認識していないのである。避難する資力もなく略奪される財力もない女達は、昔から武装匪が通過する間中、黙々として兵匪らの要求にこうして応じながら『天災』の終わるのを待っている訳であった。連れて来た兵士がたまりかねて、『へっ、何だい、この醜女(原注・すべた)野郎』と唾を吐いたが、女はぽかんとしたまま、まだ様子が解からない。自分らは日本の兵隊だからそんな事はしないよ、と変な支那語で説明して、ポケットからキャラメルを出して与えたら、初めて驚きの眼をみはって、しげしげと見上げ見下ろしていたが、その恐怖の色はおおうべくもなかった。もっとよく話して聞かせたいが、私らの支那語ではどうにもならない。急いで隊に引き返して、改めて通訳と兵士をやったところ、何処にも姿は見えません、赤ん坊もいませんといって帰って来た」(24〜27ページ)

〔その900〕椎名龍徳著『病める社会』先進社、1929年発行。著者は、当時、東京で小学校長をしていた。
(その900・1)昭和3年。
「昭和3年5月11日の東京日々新聞の朝刊をご覧になったお方は、『高松宮殿下の御慈愛』と題して」「次のような記事のあった事を、なお記憶しておられるであろう」「『練習艦八雲の第三分隊士として御乗組み遊ばされ、今し遠洋航海中におわします海軍中尉高松宮宣仁親王殿下の、臣士に対する御慈愛は、まことに恐懼の極みであると拝聞するが、最近、殿下には御配下にある一水兵の妹が貧困なる家庭の犠牲となり、當に淪落の淵に沈まんとする哀れな事情を聴かせ給い、畏くも石川同宮家事務官に御命じになり、救わせ給うた御美徳は、まことにわれ等国民の感激措く能わざる処である。しかして此の尊き御手に救われた女性、柳田きえは、10日午後9時30分上野駅発で、感謝の涙に咽びつつ、郷里秋田県土崎に送り返された――』」
「(事務官の)石川岩吉先生は、私にとっては国学院大学に在学した頃の恩師である関係から」「先生は殿下の御意志を私に語りながら、『府下寺島町3650、野村金造(原注・仮名)方柳田きえ〔18歳〕前借金225円』と鉛筆で認めた紙切れを示された。『これが殿下のお調べですが、一応事実を調査されて、甚だしく堕落しておらぬようでしたら、救済してやりたいとの思召しですから、1日も早く調べていただきたいと思います。遠洋航海から帰るまでに、救う事が出来たら、柳田も喜ぶであろうからと、殿下もそう申されておられました――』」
「(貧困の実家を助けようと、柳田きえは)東京の堅気の家に奉公したのであったが、月に12円の給料では、とても5円の金も送る事はできなかった」「彼女は同家の近所に出入りする、前記寺島町の野村金蔵という、口の先で生活するもぐりの周旋屋、娘猟師の懐中に飛び込んだのであった。『一時に纏まった金を送ったなら、どんなに両親が喜ぶだろう』と、彼女は乗気になって国元の父に相談した」「単純な国の父は、200円の前借に感泣して、『親切な都の周旋屋』を三拝九拝して、娘の将来を懇願する書面と共に、前借の証文を送って来た。一切の相談は調って、4月6日、きえ女は野村に伴なわれて」「野村の所謂堅気な家、玉の井の◯◯屋という銘酒屋に連れられて行った」「(そこで)蒼くなった。肝をつぶした。然し気の付いた時には、既に彼女は前借の金網に動きも出来ぬ、籠の鳥となっていた」「4月16日」「が吉日であるからとて、客に接する事に定められたので、彼女は驚いてすくみ上がった」「『そんな約束ではない。殺されたって厭だ……』」「『そうだ、兄さんに相談してみよう』」「16日の朝髪結いに行くと称して」「兄のいる軍艦八雲を訪ねて、横須賀に走ったのであった。兄に面会して身の窮状を訴えたけれども、200円を越す大金を、一水兵の身で如何ともする事はできない。結局、泣き別れをした」「近侍の人々さえ知らなかった、この兄妹の悲劇を、殿下はどうして御存じになられたのであろう。兄の下宿まで海岸伝いに歩いた悲しげな2人の様子は、早くも甲板に立たれていた、殿下の御眼に止められたのであった」
「頼った兄に何ほどかの汽車賃を恵まれて、彼女はその足で土崎の家へ逃げ帰った」「(しかし)彼女より先に、玉の井からは捜索の人が来て、枯木のような父に厳談している最中であった」「純朴な親娘は、理屈に勝っても金に負けて、再びきえ女は玉の井に連れ戻されねばならなかった」「玉の井に戻ると間もなく、捜索の費用を加算されて、埼玉県大澤町のある料理屋に、400円で転売された」
「(著者は玉の井から調査を始め)5月7日にようやく大澤町に行っていると突き止めた」「(翌日、大澤町を管轄する)埼玉県越ヶ谷に警察署を訪ねた」「新井署長にきえ女の所在をたずねた」「署長は事務室に行って、やがて一通の書類を持ってきた。『ありましたよ。昨日酌婦の届けが出たばかりですから、まだ呼び出して調べてありません。川向こうの大澤の◯◯亭から出ておりますが――』との事であった。第二の問題は、果たして救う価値があるや否やという品性の調査である。私は署長に事情を打ち明けて相談した(高松宮の名前は伏せ、上官の依頼とした。署長は)『どうせ認可するには調べるのですから、早速呼び出して、あなたの前で調べてみましょう』。電話で呼び出し命令が出る」「小一時間も待たされた頃、40前後の主人らしい男に伴なわれて、華美な模様のメリンスの袷を着た田舎娘がやって来た」「署長は娘と共に応接室に入った。聴き取りの問答は2人の間に始まった。氏名年齢本籍などと型の如く進んで、『お前は好んで酌婦を志望して来たか?』『……』『今まで酌婦の経験があるか?』『……』。彼女は俯いて鼻汁をすすっていた」「『お前は酌婦になる事を承諾したのか?』と署長が質問した時に、果たしてどう答えるだろうと、私は注意深く彼女の態度を見守っていた。彼女は真赤に熱した顔をあげて、首肯いて承諾の旨を答えたが、眼の中はあふれるような涙であった。私は気の毒に思って『救って頂いてやろう』と決心した」「(主人と身請けの相談する)『前借金は何程になりますか?』と訊いて見た。男は『左様』と胸算用をしながら答えたのであった。『480円ほどになります』。私は思わず眼を丸くした。何という社会だろう。225円であった殿下の御調査が、僅か1か月もならない中に、倍より余分に殖えているとは。成程これでは浮かぶ瀬がないのも無理はないと思った。仕方がない。『先生に御相談してみよう』と、私は明日の再会を約して、大急ぎで東京へ引き返した」「(高輪の高松宮邸で石川に会い)いろいろ御報告申上げた結果、救済する事に決定して、私は宮家から慈恵金を頂いて帰った(翌日、きえは自由の身となる)」(59〜83ページ)

(2017年8月27日・最新更新)


ニッポンリポート・ファイル一覧

ご意見などは tetuh@mbj.nifty.com へ

SAKUMA TETSU
フリーライター
著書[恐るべき証人][検死解剖マニュアル][拳銃天国ニッポン]など