佐久間 哲
ニッポンリポート


従軍慰安婦を調べる 編

従軍慰安婦の体験談等メモ・19



〔その901〕編集委員会編『久留米騎兵隊捜索隊回想録』私家版、1981年発行。同書は、同捜索隊の記録・手記集。
(その901・1)ビルマ。
「私の歩んだ道(と題する捜索56連隊第1中隊第4小隊速射砲手の手記)」「(昭和17年、ビルマ到着後、転戦)数回の戦闘後モンユーの三叉路に着いたが、すでに日は暮れていた。炊事する暇もなくヘッドライトの2つの眼下戦闘準備は十分、30米ばかりに引きつけ一斉射撃、車はハンドルを切って道の凹地に突っ込んだ、之と見てどっと肉迫攻撃阿鼻叫喚の場が展開した。それと同時に女の悲鳴がした、誰かが銃剣で刺した、運転手も同じだ、中折帽をかぶった背広姿の男は捕虜とした。後でわかったが英軍の大佐であった。この車にはぜいたくな化粧品や食糧等一杯あった。ジャスミンの香水を汗でよごれた戦闘帽にふりかけたのも此の時だった。英軍参謀大佐がつれていた婦人も戦場の中で哀れにも踏みにじられてむざんな姿に化していた」
「敵の戦車が出たというので、速射砲を先頭にバーモまで前進、真夜中にバーモについた」「進行中3中隊の戦車と敵の装甲車が戦った後で、我が分隊の速射砲を以て敵を待ったが敵は出なかった。前線を視察すると、友軍にうたれた装甲車には慰安所の女の死体で一杯であった。進撃は終った。その後センウイ警備についた」
「日曜日対空壕で機関銃を以てロッキドと相撃ちした東南クンロンの慰安所の愛子、文子、菊葉、の顔々想い出は残る」「昭和19年になり戦況は愈々我れに不利となり、永年住み馴れたクンロンを撤退する日が来た」(426〜428ページ)

〔その902〕筒井修・外編『最後の騎兵隊』私家版、1984年発行。同書は、騎兵第55聯隊の記録・手記集。同聯隊は、昭和16年11月、坂出を出発し、ビルマで転戦する。
(その902・1)中国・ガク城。
「(原隊・騎兵第11連隊編の)中支へ出発(と題する手記)」「(支那事変中、昭和14年?)ガク城に酒保も、慰安所も出来た。酒保ではアンマキも売っていた。慰安所には、支那人の女が、4、5人いた。日本名で竹子、梅子、松子、花子等、名を付けていた。兵の行く時間はきめられていた。駅でキップを買うように、皆一列に並んで順番を待つ」(70ページ)
(その902・2)昭和17年、ビルマ・マダヤ。
「回想記(と題する手記)」「(昭和17年5月)マンダレー北方約30粁のマダヤに引き返し、部隊主力は駐留する事になりました」「女は別としてビルマ人も帰って来て、物資の収集等、軍との協力態勢に入りました」「駐留というと先ず宿舎、たべ物ですがビルマには米はあるのです」「衣食が足りれば次に来るものは慰安婦の問題です。初めは現地人で何とかならないかという事で」「女は未だ余り帰ってこないのですが、どこかに潜んでいるはずで、生活にも困っているのではないかと思われるのですが、漸く職業婦人らしい女を4、5人見つけてくるのに10日もかかりましたか?然しこの人々は女に飢えているはずの兵達にもあまり評判はよくありませんでした。1か月も経っての事ですか?師団が世話をしてくれた慰安婦は処女だという事で、師団長の巡視までは手付かずに囲っておけというような事で、涎を流しながら待った全員の女房となり、カラダン作戦の始まるまで、帰還要員部隊と行をともにしました」(222〜223ページ)
(その902・3)ビルマ・シュエダン。
「回想記(と題する手記)」「シュエダンにも慰安所は出来ていた。朝鮮半島出身の女性が5人程いたが、俺達兵隊はあまりもてぬ。下士官や将校が多いので。ビルマ人と支那人のあいの子の女もいた。ある朝小便するのに痛い。見れば血の小便が出る。同年兵の中西兵長衛生兵に話すと『淋病だ』と。すぐ軍医井上大尉殿に見てもらった。やはり『淋病だ。すぐ入院せよ』と言われた。誠に軍人として不名誉ではあるが入院しなくては良くはならぬ」(441ページ)

〔その903〕八木勝幸著『パンテグラン警備兵士の青春』私家版、出版年不明。著者は、昭和18年11月から敗戦まで、ジャワ・パンテグランに駐屯する部隊(一個中隊)の衛生上等兵だった。
(その903・1)ジャワ・パンテグラン。
「兵隊さんは日曜日には必ず外出した。またジャカルタから日曜日ごとに30名くらいの慰安婦が来て兵隊を慰安していた。慰安婦は9割までが現地人であった」「私達衛生兵2名は外出の兵隊にコンドームを渡すのが任務であった。なかには2個くれという兵隊もいた。兵舎のすぐ近くには1週間に一度のために慰安所を設け、原則的には(ジャカルタの本部から来る)勝田軍医がその女たちの病気(原注・花柳病)のあるなしを検査し、OKが出たら兵隊たちはお目当ての女のところへ一目散に走っていった」「慰安所に来るのは若い兵隊よりもおじんの兵隊が多かった。日本人はすけべえなのか。将校下士官も同じだ。こんな慰安所には目もくれない。混血の女のところへ走るのだ。そこは軍医の検査もない危険な所。民族が異なると花柳病はなかなか全治しないようである。将校下士官のなかで夜中に私を起こし、薬を持ってきて注射してくれないかと幾度か頼まれた」(1〜2ページ)

〔その904〕錦会編『満洲第613部隊史』私家版、1975年発行。同隊は、昭和16年12月、満州・富錦に移駐する。
(その904・1)満州・富錦。
「(富錦には)軍人相手のカフェーは、桜会館・富錦亭・青い塔の3軒、2枚鑑札の料理屋は、松源・紀文・松源支店・千春の4軒、日本人経営の宿屋は3軒、富錦ホテルと秋田旅館と梅月、食堂は三河屋があり、玉突場も1軒あった。後に兵力が増強されてから軍人会館と慰安所ができた」(24ページ)

〔その905〕高橋弘一編『第65師団野戦病院回顧録』私家版、1978年発行。同書は、同隊の記録・手記集。
(その905・1)昭和16年、中国・東鴉園?。
「本部駆けだし草紙(と題する手記)」「村上部隊(第104師団第4野戦病院)の休務日は水曜日であった。慰安所の都合からそうきめられたらしい。しかし村上部隊に慰安所があったのではない。鴉湖という歩兵第161連隊本部が駐留する部落にあった。だが、鴉湖までは2里近くある。いくら精力にあふれても2里の道は通えない。水曜日の朝、病院の患者輸送用のトラックは、鴉湖まで慰安婦を迎えに行く。3、4人の慰安婦が1日だけ出張して、臨時営業するのである。私は鴉湖の病院内のどこで慰安婦が店を開いていたのか、ついに知らずに過ごしてしまった。私たち初年兵には、休務日といえども、しなければならないことが山程もあって、とても慰安婦に関心を持つ余裕がなかった。午後から夕方までが兵隊の時間、夕方から日夕点呼までが下士官、そして朝までが将校ときめられていたそうであるが、私たちが彼女らの姿を見るのは、いつも翌朝早く、トラックに乗って鴉湖へ帰って行くときだった」(140ページ)

〔その906〕浜崎紘一著『俺は日本兵―台湾人・簡茂松の「祖国」』新潮社、2000年発行。同書は、簡からの聞き取りをまとめたもので、簡は、昭和17年から軍属となり、ボルネオ・クチンの俘虜収容所監視員として勤務する。
(その906・1)ボルネオ・クチン。
「(クチンの)収容所の正門の衛兵所前に大きなゴムの木が涼しい影をつくっていたが、そこで日本人の若い女性たちが待ち受けていることがよくあった。彼女たちは女子挺身隊のメンバーで、クチンの軍司令部でタイピストや事務員、あるいは病院の看護婦として働いていた。非番の日には暇を持て余し、若い俺たちと連れ立って出かけ、食事やおしゃべりをしたかったのだ。俺(簡)たちも喜んで彼女たちと連れ立って町に行き、食事を楽しんだが、手ひとつ握るわけではなかった。なぜなら、彼女らは夜は将校クラブのホステス役を務めており、たいていが将校のお手付きだといわれていたからだ」
「近年問題になっている慰安所は、収容所から歩いて行ける所にあった」「『クチン慰安所』という看板がかかっていた。韓国、インドネシア、フィリピン、カナカなど10人ぐらいの慰安婦があり、大阪出身という関西弁の日本人慰安婦が自分でも客をとりながら取り仕切っていた。言われるように彼女たちが拉致同然に連れて来られたのかどうか知らないが、みんな若くて陽気で朗らかだった。俺はその大阪女性に童貞を捧げ、えらく気に入られていつも金を受け取ってくれなかった。その代わり、『お互い命があって日本に無事帰れたら私と結婚するのよ』という約束をさせられた」(58〜60ページ)

〔その907〕国塚一乗著『印度洋にかかる虹』光文社、1958年発行。
(その907・1)昭和20年、ビルマ。
「(日本山妙法寺の)今井上人は、その当時(戦時中)、師の丸山上人と、ともに軍属として光機関に配属されており、最前線のアキャブ戦場で、印度国民軍の特務隊と協力して現地住民の宣撫にあたり、住民の敬愛の的であった。ところが、ラングーンまで引きあげたとき、軍は若い軍属たちをいっせいに現地召集してしまったので、今井上人も一等兵となった」「さんざんに苦労して、モルメンまで引きあげて光機関本部にきたとき、彼は香川参謀に呼ばれた。『今井君、たいへんご苦労だが、この行李をぜひとも、無事にバンコックまでとどけてもらいたい。たいせつなものだから、たのむよ。相当に重いし、重要なものだから、1名下士官をつけてやろう』。若かった今井上人は、わざわざ呼ばれて依託された任務の重要さに感激した」「見ると、黒塗りの鉄製の行李は、おもおもしく閉ざされて鍵が掛けてあった」
「(敵機襲来の中、重い行李を泰緬鉄道、徒歩で運び、ようやく)タイ国のカンチャナブリまでたどりついた」「川につかって一浴びしたくなって、今井上人は、便乗させてもらっているトラックのうしろから飛びおりた。そのとき、荷物の一番上に乗せてあった重い鉄の行李がスルスルとすべり落ち、ガチャンと地にあたった。その瞬間に、鍵をかけてある金具がはずれ、中身がゾロッと白日のもとにさらしだされた。美しい、目のさめるような女の裾模様の着物、燃えるように紅い長襦袢、白い女物の足袋!ラングーンの芸者たちの、取っておきのお座敷着の数々である。今井上人は、思いもかけぬ内容にただただ茫然自失、放心したまま眺めていた。そしてそれから、なんとも言いようのない憤激の念がつきあげてきた。彼はこの荷物を、そこに捨て去ってしまった」(195〜196ページ)

〔その908〕服部恭大著『南方飛行戦隊―ボルネオ戦記』富士書房、1953年発行。著者は、独立第10飛行団・第111飛行大隊の航空大尉。
(その908・1)昭和19年、フィリピン・マニラ。
「当時(昭和19年6月?)、南方総軍司令部は昭南からマニラへ移転」「総司令官寺内元帥は何故か、私は尊敬する気にはなれなかった」「ヘルメットを被り、オープンの高級車を駆ってマニラ市中を通行している総司令官を見ると、戦争どころか如何にもドライブを楽しんでいるように感じたし、デマか本当かは知らないが『東條大将は寺内元帥に腰元30名を附けて南方へ追出した』という話は本当だと思った」
(その908・2)ボルネオ・ポンチャナック。
「(ポンチャナック滞留中、部隊長に)慰安所へ案内される。此処は海軍軍政地域の事とて陸軍将兵はボイコットされ、其の上誰々は…海軍大尉、誰々は…海軍司令官とパトロンが決まっている。『これは慰安所ではない。妾宅だ。妾宅に軍の金を注ぎ込む必要があるものか。ぶち壊してしまへ』と酒の酔いが手伝って片っ端から窓ガラスを叩き破った。海軍将校や司政官連中も太平の眠りから醒めた事であろう。『ホテルでダッチワイフを抱えていた方が安上がりだ。帰ろう』と私はホテルへ戻った。この慰安所は以前37航地の佐野大尉に破壊されているから、私が第2回目の攻撃であったらしい」(227〜228ページ)

〔その909〕佐々木敏和著『戦火を越えて』ジェフ企画、1980年発行。著者は、学徒出陣で、115師団386大隊に属し、中国派遣される。
(その909・1)昭和20年1月、中国。
「(蘭封近くの駐屯地で)週番士官になって初めての日曜日だった。戦場には慰安婦がつきものだが、こんな僻地にも3人の慰安婦がきていた。前日の土曜日、週番下士官から『慰安婦の検診をするから、立会っていただきたい』と具申された。童貞だった私には、その意味がとっさには、はかりかねた。どうせその道のことだろうと見当がついたので、『それは衛生兵にやらせろ』というと、『衛生兵にやらせますが、立会っていただきたいのであります』という。『よし、わかった。いいからお前が代わりにやっておけ』」
「検診の結果が報告されたが、1人はすでに病気がひどくなっており、1人は月経中だという。〔慰安婦3名中、2名故障〕である。1名しかいないのに、明日はどうなるのだろう、どう処理するのだろうとみていると、軍隊というところは実に単刀直入で、〔みどり月経のため休業〕と週番士官名による会報を、でかでかと中隊事務室の窓に貼り出して、それでお仕舞である。
 こんどは週番下士官が衛生兵を連れてくる。衛生兵は」「『現在“突撃一番”が消耗して不足し、非常に困っております』」「結局、使用ずみになった“突撃一番”を、慰安婦に箱に入れさせ、衛生兵がそれを回収、洗浄し、粉をふって再使用させるように、ということになった。一夜明けて日曜日の朝、点呼が終って」「どのくらいの兵が慰安所に行くのか興味をもって、『今日行く者は一歩前に出ろ』というと、相当数の兵が前に出た」「希望者があまりにも多数のため、慰安婦1人ではどうにもならないと、急きょ、休養することになっていた病気持ちの方も営業させることにした。そちらは特に“606号”(原注・梅毒に効く薬)を注射させ、兵たちには“突撃一番”で十分防衛するようにと、これも衛生兵が言い渡した」(74〜76ページ)

〔その910〕滝沢敬司編著『学窓から戦場へ』開発社、1995年発行。同書は、動員学徒らの手記集。そのうち、「思い出がたり」と題する近衛歩兵第一連隊配属者の手記。
(その910・1)中国。
「河南作戦などという大きな作戦に参加したこともあったが、毎日5里(原注・約20キロ)以上の道のりを1か月近くも延々と続く棗林の中をただ歩きに歩いただけのこともあった。その横を満載の女性を乗せたトラックが何台も『兵隊さん、待ってるよお』の声を残して通り過ぎて行ったが、砂埃にまみれ、目ばかりギョロつかせた野獣のような兵士の群像は殆どがニヤリと笑って黙々と歩き続けるだけであった」(208ページ)

〔その911〕高崎隆編『愛には恐れなし―種田あい遺稿記念文集』私家版、1991年発行。種田あいは、昭和26年、東京・上野での地域改善運動を皮切りに、足立区で本木隣保館長、愛隣保育園長を務める。隣保館は“貧民街”といわれ、廃品回収業従事者が多く住む地区にあった。昭和47年ごろはかなり改善が進んでいた。そのころ、種田の書いた「隣保館相談日誌」の一節。
(その911・1)昭和47年、東京。
「◯月◯日 体の具合が悪いので診療を受けたら、入院せねばならないということを話し、今まで誰にも言わなかった自分の過去の事をすべて語った。若い頃満州へ渡り、接待婦として一生懸命働いたことなどを一切を話して、都立病院へ入院し、5日目に死亡、病院よりの届出により、解剖を種田の責任において承諾した。結果は卵巣癌で各所に転移しており、今まで生きのびたことを医者は驚いていた。すべての手続きを代行して荼毘に付し、遺骨は近くの寺に収めてもらった」(97ページ)

〔その912〕谷口勝著『征野千里―一兵士の手記』新潮社、1938年発行。著者は、中野部隊で支那事変に従軍し、昭和12年12月の南京攻略戦にも参加する。
(その912・1)昭和12年12月?、中国・南京。
「(南京から蕪湖へ向かう途中)逃げ場を失った敗残の敵部隊は、限りなく街道につづいていた。私たちもまたこれに一発の銃弾さえ用いる必要はなかった。200人、300人と集団をなした敵を素手で捕らえてしまう。そして――私たちはハタと当惑したのだ。自分たちでさえ糧食の補給がつかない、蕪湖への進軍だけで手いっぱいだった。それだのにこの千に余る敵敗残部隊をどうして養い、そして処理したらいいのだろうか。私たちに抵抗した南京城内の幾萬と知れぬ敵は、一瞬にして南京城内外に骸の山を築いてしまった。それだのにこれは――ハタと当惑したのである」「雪の道を歩んだ。横なぐる吹雪の中を進んだ。絶望から不貞腐れにまで諦観した敗戦支那の兵たちを後ろに見やりながら――」(154〜156ページ)

〔その913〕藤田勉編『柳毛河兵士の想い出』私家版、1981年発行。同書は、満洲第9832部隊(満洲第25野戦貨物廠)の記録・手記集。
(その913・1)昭和18年、満州・滴道。
「赤紙から柳毛河の随想など(と題する)主計中尉(の手記)」「近くにクリークもあり、鯉、鮒、ライ魚など釣果も漸増、次第に皆が興趣もつのり、兵隊達の釣熱もたかまり、与論が釣りの早朝外出許可をということで、それではと申し出通り外出を許可しました。ところが休日になると(柳毛河から)8キロほど離れた滴道の慰安所を楽しみとする兵達から『もの申す』がありました。つまり、平常の外出時間では駆足で滴道に行っても、その近くの隊の連中のあとになり、いつも慰安所の入口で待たされてやり切れんとのことでした。排泄の分配も公平を当然と判断して、即決、要望に応じ、早朝外出を認めることにしました」(100ページ)
(その913・2)昭和17年、満州・鶏寧。
「(前記と同じ手記。鶏寧で)私、ある折、慰安婦に『少尉さんには大阪阪急百貨店の書籍部で会ったことがあるよ』と話しかけられました。驚きと同時に、たいした商才があるなと感心した記憶があります。百合子という色の黒い女の子でした(原注・朝鮮の人でした)」(107ページ)

〔その914〕ルマサキ会編『近衛第二師団第1野戦病院出征記録』私家版、1980年発行。同書は、手記で綴る同病院の記録。
(その914・1)昭和15年、中国・南寧。
「昭和15年7月15日、広西省主都南寧に移った」「郊外に野菜を仕入に行くと、南寧の町を追われた住民で一杯だった。当時、日本軍の占領中は、部隊の使用人以外の支那人は、1人も南寧の市街には入れなかったのだ」「市内の商人は殆ど内地から金儲けに来た人達で店舗は約30軒、主に飲食店であった。その他、3ヶ師団の兵に慰安所が20軒位。慰安婦は朝鮮婦人、支那婦人が多く、日本婦人は僅かであった。映画館もあった。我々外出時には、食堂で寿司を食べ、酒を一杯、次いで映画見物が通常コース、全部で1円50銭で足りた」(48ページ)
(その914・2)昭和17年、スマトラ・メダン。
「メダンの日本人芸者は支那の青島から来た人々で、原荘内中尉が彼女等の衛生管理に当たっていた」(176ページ)
(その914・3)昭和21年、スマトラ・タンジョンムラワ。
「(メダンとテビンチンギの間にある)タンジョンムラワの思い出」「此処は第10陸病の跡で、大きい建物ばかりだった。町並も大変良い所だった。内地帰還の準備が徐々に始められ、洋服仕立業の方が何人かいて、その方達がリュックサックを毎日作っていた」「部隊直営の酒保では、食物、酒、コーヒー等何でも出来て、日曜は賑やかだった。別室という部隊の慰安所が離れた所にあり、私はその管理を命ぜられた。構成人員は慰安婦8名、女中1名、と私の計10名。家族的な生活だった。他所の部隊の人が酒に酔って来て暴れたり、女の子相手に騒いだりした時の整理のためにいるのだが、そういう時は嫌だった」(319〜320ページ)

〔その915〕大島寛一著『ある大蔵官僚の回想』図書出版社、1991年発行。著者は、昭和12年4月、大蔵省に入省する。翌13年、北京駐在の財務書記として赴任。
(その915・1)昭和13年、中国・山西。
「昭和13年の12月には、山西省の通貨金融事情を調査するチームが編成されて、私もこれに加わった」「山西省の首都太原では、軍を訪ねて日程を打ち合わせ、兵士用の防寒具を借用した。太原から南に向かう鉄道は細々と動いていたが、すべて軍事輸送の用に供されていて、その無蓋貨車に便乗するのであった。介休、臨汾と泊まりながら運城まで南下したが、満載した軍需物資のなかに、しかるべき場所を見つけて、弾薬箱などに腰かけて行った」「われわれ一行のほかは、すべて兵隊だけという無蓋車の貨物のうえに、ただひとり慰安婦とおぼしき女性が便乗しているのを見て、驚嘆した記憶がある」(56〜57ページ)

〔その916〕森恭三著『私の朝日新聞社史』田畑書店、1981年発行。著者は、昭和12年から16年まで、朝日新聞ニューヨーク特派員。
(その916・1)昭和12年。
「私が新聞の『知らせる義務』について真剣に考えるようになったのは、特派員として海外に出てからです。日本軍による南京虐殺事件(昭和12年12月)はアメリカの新聞に大々的に報道され、ニューヨーク特派員として、私は当然、これを詳細に打電しました。ところが、東京から郵送されてきた新聞を見ると、1行もそれがでていない」(24ページ)

〔その917〕岸昌著『一以貫之』堺日日新聞社、1973年発行。著者は、昭和18年9月、海軍経理学校品川分校に入校、19年3月、海軍主計中尉となり日向に乗組む。
(その917・1)
「海軍では、衛生サックのことを"SA"、予防クリームのことを"CR"といって、性病にかからないため、これらの器具を用いるよう教えられていた」「芸妓は"S"で、これは"Singer"の頭文字をとったもの、海軍専用の芸妓は、酒の相手をして、唄を歌い、踊をおどるだけでなく、夜一緒に寝るものとされていた。これは終戦後には、世間一般にも普及したようだが、戦時中は海軍の芸妓の特色とされていた。Sがサービスをしてくれる家を"Res"という。"Restaurant"の略であるが、料理屋であるというよりも、Sの居住している待合という性格のものであった。この他にも"P−hоuse"というのがあったが、これはP、すなわちパンパンのいる家という意味で、酒や料理など出さず、もっぱら女の肉体のみを売る家であった」(309ページ)

〔その918〕毎日新聞社編『昭和思想史への証言・改訂新版』毎日新聞社、1972年発行。同書中、「言論統制に耐えて」と題する池島信平と美作太郎の対談の一節。池島は昭和8年文芸春秋に入社する。その池島の体験談。
(その918・1)
「(当時のこと)雑誌の場合は見本ができると同時に、内務省警保局の検閲におさめるんです。その間に製本したりするでしょ、取次店に行く前に、4、5日かかるわけだ。その間に発禁命令がくる。まだ書店に配っていないんです。印刷所や大取次の倉庫の中にすっかり製本ができて山のように積んである。しようがないから、そのページだけ削除するわけだ。それを社員全部で行って、工場の女工さんたちと一緒になって、一冊一冊、ものさし持ってきてね、ピッと破る。破ったものを別に積んでおく。そしてまたもと通りにして、『削除済み』って表紙にハンコ押すんだ。文春は当時、20万部前後でしょう、たいへんな手間ですよ。2日くらいかかるんだ。そして全部切ったやつをまとめて、何冊分確かにあるということを確認して、それを届け出る」「発禁命令が遅れて雑誌が書店に出ると、全国の本屋に手紙を出して、切り取ってもらい、そのページを本社のほうへ送らせる。たいへん金かかるんで、発禁になったら泣くに泣けない気持ね」(277ページ)
「(昭和)12、3年かな。小林秀雄さんがうちの社の特派員で中国へ行ったわけです。そのとき、火野葦平氏が『糞尿譚』で芥川賞をとった。ところが本人は兵隊として中支の杭州へ行っていたので、そこへ賞品届けに行くついでに、いろいろ見聞記をお願いしたんですが、そのとき、小林さんが2、3行前線の慰安婦のことを書いた。つまり軍には慰安婦がついていて、兵隊が出入りしていると2、3行の記事がちょっと入ったんですが、これがにらまれてたちまち切取り食っちゃった。大勢の軍国の妻が国内でがんばっているのに、前線でこういうものがあるということを報道するとは何事か、というわけです」(283ページ)



 従軍慰安婦関連の外伝的資料発掘はさらに続けるが、いわゆる河野談話は以下のとおりである。
「慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話 平成5年8月4日
 いわゆる従軍慰安婦問題については、政府は、一昨年12月より、調査を進めて来たが、今般その結果がまとまったので発表することとした。
 今次調査の結果、長期に、かつ広範な地域にわたって慰安所が設置され、数多くの慰安婦が存在したことが認められた。慰安所は、当時の軍当局の要請により設営されたものであり、慰安所の設置、管理及び慰安婦の移送については、旧日本軍が直接あるいは間接にこれに関与した。慰安婦の募集については、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たったが、その場合も、甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに加担したこともあったことが明らかになった。また、慰安所における生活は、強制的な状況の下での痛ましいものであった。  なお、戦地に移送された慰安婦の出身地については、日本を別とすれば、朝鮮半島が大きな比重を占めていたが、当時の朝鮮半島は我が国の統治下にあり、その募集、移送、管理等も、甘言、強圧による等、総じて本人たちの意思に反して行われた。
 いずれにしても、本件は、当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題である。政府は、この機会に、改めて、その出身地のいかんを問わず、いわゆる従軍慰安婦として数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し心からお詫びと反省の気持ちを申し上げる。また、そのような気持ちを我が国としてどのように表すかということについては、有識者のご意見なども徴しつつ、今後とも真剣に検討すべきものと考える。
 われわれはこのような歴史の真実を回避することなく、むしろこれを歴史の教訓として直視していきたい。われわれは、歴史研究、歴史教育を通じて、このような問題を永く記憶にとどめ、同じ過ちを決して繰り返さないという固い決意を改めて表明する。
 なお、本問題については、本邦において訴訟が提起されており、また、国際的にも関心が寄せられており、政府としても、今後とも、民間の研究を含め、十分に関心を払って参りたい」

 また、以下の政府発表も同日行われた。

「いわゆる従軍慰安婦問題について 1993(平成5)年8月4日 内閣官房外政審議室
1.調査の経緯
 いわゆる従軍慰安婦問題については、当時者によるわが国における訴訟の提起、我が国国会における議論等を通じ、内外の注目を集めてきた。また、この問題は、昨年1月の宮澤総理の訪韓の際、盧泰愚大統領(当時)との会談においても取り上げられ、韓国側より、実態の解明につき強い要請が寄せられた。この他、他の関係諸国、地域からも本問題について強い関心が表明されている。このような状況の下、政府は、平成3年12月より、関係資料の調査を進めるかたわら、元軍人等関係者から幅広く聞き取り調査を行うとともに、去る7月26日から30日までの5日間、韓国ソウルにおいて、太平洋戦争犠牲者遺族会の協力も得て元従軍慰安婦の人たちから当時の状況を詳細に聴取した。また、調査の課程において、米国に担当官を派遣し、米国の公文書につき調査した他、沖縄においても、現地調査を行った。調査の具体的態様は以下の通りであり、調査の結果発見された資料の概要は別途の通りである。
▽調査対象機関
 警察庁、防衛庁、法務省、外務省、文部省、厚生省、労働省、国立公文書館、国立国会図書館、米国国立公文書館
▽関係者からの聞き取り
 元従軍慰安婦、元軍人、元朝鮮総督府関係者、元慰安所経営者、慰安所付近の居住者、歴史研究家等
▽参考として国内外の文書及び出版物
 韓国政府が作成した調査報告書、韓国挺身隊問題対策協議会、太平洋戦争犠牲者遺族会など関係団体等が作成した元慰安婦の証言集等。なお、本問題についての本邦における出版物は数多いがそのほぼすべてを渉猟した。本問題については、政府は、すでに昨年7月6日、それまでの調査の結果について発表したところであるが、その後の調査もふまえ、本問題についてとりまとめたところを以下のとおり発表することとした。
2 .いわゆる従軍慰安婦問題の実態について
 上記の資料調査及び関係者からの聞き取りの結果、並びに参考にした各種資料を総合的に分析、検討した結果、以下の点が明らかになった。
(1) 慰安所設置の経緯
 各地における慰安所の開設は当時の軍当局の要請によるものであるが、当時の政府部内資料によれば、旧日本軍占領地内において日本軍人が住民に対し強姦等の不法な行為を行い、その結果反日感情が醸成されることを防止する必要性があったこと、性病等の病気による兵力低下を防ぐ必要があったこと、防諜の必要があったことなどが慰安所設置の理由とされている。
(2) 慰安所が設置された時期
 昭和7年にいわゆる上海事変が勃発したころ同地の駐屯部隊のために慰安所が設置された旨の資料があり、そのころから終戦まで慰安所が存在していたものとみられるが、その規模、地域的範囲は戦争の拡大とともに広がりをみせた。
(3) 慰安所が存在していた地域
 今次調査の結果慰安所の存在が確認できた国又は地域は、日本、中国、フィリピン、インドネシア、マラヤ(当時)、タイ、ビルマ(当時)、ニューギニア(当時)、香港、マカオ及び仏領インドシナ(当時)である。
(4) 慰安婦の総数
 発見された資料には慰安婦の総数を示すものはなく、また、これを推認させるに足りる資料もないので、慰安婦総数を確定するのは困難である。しかし、上記のように、長期に、かつ、広範な地域にわたって慰安所が設置され、数多くの慰安婦が存在したものと認められる。
(5) 慰安婦の出身地
 今次調査の結果慰安婦の出身地として確認できた国又は地域は、日本、朝鮮半島、中国、台湾、フィリピン、インドネシア及びオランダである。なお、戦地に移送された慰安婦の出身地としては、朝鮮半島者が多い。
(6) 慰安所の経営及び管理
 慰安所の多くは民間業者により経営されていたが、一部地域においては、旧日本軍が直接慰安所を経営したケースもあった。民間業者が経営していた場合においても、旧日本軍がその開設に許可を与えたり、慰安所の施設を整備したり、慰安所の利用時間、利用料金や利用に際しての注意事項などを定めた慰安所規定を作成するなど、旧日本軍は慰安所の設置や管理に直接関与した。慰安婦の管理については、旧日本軍は、慰安婦や慰安所の衛生管理のために、慰安所規定を設けて利用者に避妊具使用を義務付けたり、軍医が定期的に慰安婦の性病等の病気の検査を行う等の措置をとった。慰安婦に対して外出の時間や場所を限定するなどの慰安所規定を設けて管理していたところもあった。いずれにせよ、慰安婦たちは戦地においては常時軍の管理下において軍と共に行動させられており、自由もない、痛ましい生活を強いられていたことは明らかである。
(7) 慰安婦の募集
 慰安婦の募集については、軍当局の要請を受けた経営者の依頼により斡旋業者らがこれに当たることが多かったが、その場合も戦争の拡大とともにその人員の確保の必要性が高まり、そのような状況の下で、業者らが或いは甘言を弄し、或いは畏怖させる等の形で本人たちの意向に反して集めるケースが数多く、更に、官憲等が直接これに加担する等のケースもみられた。
(8) 慰安婦の輸送等
 慰安婦の輸送に関しては、業者が慰安婦等の婦女子を船舶等で輸送するに際し、旧日本軍は彼女らを特別に軍属に準じた扱いにするなどしてその渡航申請に許可を与え、また日本政府は身分証明書等の発給を行うなどした。また、軍の船舶や車輛によって戦地に運ばれたケースも少なからずあった他、敗走という混乱した状況下で現地に置き去りにされた事例もあった」

(2018年1月27日・最新更新)


ニッポンリポート・ファイル一覧

ご意見などは tetuh@mbj.nifty.com へ

SAKUMA TETSU
フリーライター
著書[恐るべき証人][検死解剖マニュアル][拳銃天国ニッポン]など