佐久間 哲
ニッポンリポート


従軍慰安婦を調べる 編

従軍慰安婦の体験談等メモ・1


 従軍慰安婦という言葉は、1973年、作家の千田夏光の書いた『従軍慰安婦』という本が最初だという。以後、現在まで、従軍慰安婦問題が延々と続いている。そこで、これまで公刊された各種出版物の中から、従軍慰安婦体験談をはじめ、関連の記述を抽出してみたい。内容の吟味は後にまわして、とりあえず、目に付いたものから取り上げたい。

〔その1〕小俣行男著『戦場と記者』冬樹社、1967年発行。奥付によると、小俣は「昭和11年3月、読売新聞に入社。昭和13年1月、従軍記者として中支戦線に特派され、中支、南支、仏印等の各戦線に参加。第二次大戦勃発とともに、マレー、タイ、ビルマ方面に従軍」した。
(その1・1)昭和13年5月ごろ、中国・江蘇省の三倉河。
「村の有力者たちによって治安維持会がつくられると、(日本軍の)隊長から、さっそく『姑娘はいないか』という申し入れが行われた。治安維持会の代表者たちは、『この町には商売女はいない。しかし素人娘でもよければ、近在の村々から探してくる』とこたえた。日本側は『素人で結構、至急よびあつめてくれ』といい、数日後、十数名の姑娘が治安維持会の手で集められ、日本軍のために慰安所を開設した」(26ページ)
(その1・2)昭和13年5月ころ、中国・江蘇省の南通。
「驚いたことには、ここには、逸早く遊郭がつくられていたことだ。東京部隊らしく、門の入口には『吉原』と大書してあった。門を入ると中には大きな池があって、その周囲に土壁の家が並んでいた。池のほとりには若い姑娘たちが兵士と戯れていた」(27ページ)
(その1・3)昭和13年5月ころ、中国・江蘇省の如コウ。
「(日本軍の)警備隊がつくった慰安所をのぞいてみたら入口に憲兵が一人、手持ぶたさのかっこうで腰をおろしていた。中には14、5名の若い姑娘がいた。(如コウ城)入城直後に、城内にいた娘たちを集めて開業したものだが、敵襲がはじまってからは訪れる兵もなく、食糧も不足がちとみえて、みな青ざめた顔をしていた」(30ページ)
(その1・4)昭和15年5月ごろ、中国・湖北省?の応山。
「武漢作戦終了後、第三師団が応山に駐屯していたため、『特殊慰安所』がつくられた。家は十数軒、ここには珍しく日本の若い女がたくさんいた。昼間は兵隊のために客をとる。夜は将校のために酒の相手をする。夜更けになると将校と一しょに寝る。それが特殊慰安婦だった」「こんな前線には、もったいないような若くて、程度のよい女たちだった。この程度の女たちなら、こんな前線へ来なくても、どこでも立派に働けると思って、そのうちの1人、丸顔の可愛い娘に聞いてみるとーー『私は何も知らなかったのね。新宿の喫茶店にいたのだけれど、皇軍慰問に行かないかってすすめられたのよ。皇軍慰問がどういうことかも知らなかったし、話に聞いた上海へ行けるというので誘いに乗っちゃったの。支度金も貰ったし、上海まで大はしゃぎでやってきたら、前線行きだという。前線って戦争するところでしょう。そこで苦労している兵隊さんを慰問できるなんて素敵だわーーと思ってきてみたら、「とい(特殊慰安所の特慰)街」だったじゃないの。いまさら逃げて帰るわけにも行かないし、あきらめちゃったわーー』。そういって彼女は私にビールをついだ。そしてタモトから小さい四角なセルロイドの札をパラパラと3、4枚出して数えた。『ちかごろは閑になっちゃってね。今日もこれっぽっちーー』。兵隊に抱かれるたびに1枚ずつ渡されるセルロイドの札、兵隊が前線に出動する直前などは15枚も20枚もあった日がつづいたといっていた」(172〜173ページ)
(その1・5)昭和15年8月ごろ、中国・広西チワン族自治区の南寧。
「南寧の街はずれに日本軍のための慰安所があった。広東からやって来たもので、その数は18軒、中国人の慰安婦が百数十名いた。陸軍が移動したので、彼女たちは商売にならなくなったので、広東に引きあげることになったが、そんなに乗って帰るトラックがない。車の手配がついたら引きあげさせるということになって、毎日首を長くしてトラックを待っている状態だといった」(203ページ)
「(2か月ほど経過した10月ごろ、同自治区の欽県の)兵站宿舎は南寧からの引揚げ者で超満員で、みな広東からの船を待っていた」「船が来た。私たちはそれに乗った。貨物船は南寧を引きあげてきた慰安所の女たちで超満員だった。みな広東生まれの女たちだった。18歳から22、3歳くらいまでの若い女たちで、廃墟の街に、こんなにもたくさんの娘が連れて来られていたのかといまさらのように驚かされた。兵隊を相手に、ドン底の生活を強いられていた彼女たちも故郷へ帰れるよろこびで、嬉しいのか、いずれも明るい表情ではしゃいでいた」(222ページ)
(その1・6)昭和16年8月ごろ、仏印のサイゴン。
「日本の軍人はタタミのお座敷がなければ夜も日も明けぬとあって、陸軍はショロン寄りに、日本料亭を開店させた。広東にあった日本の料亭を持ってきたもので、そこには日本の女をたくさん連れてきていた。これをみた海軍も負けてはいない。ダカオ寄りに純日本式な料亭を開いた。海軍の工作隊が動員されて、日本式の玄関、丸窓のある座敷を作りあげ、女は大阪北の新地の芸者十余名を飛行機に乗せて連れてきた」「元帥のためには、特に専属の日本美人を広東から連れてきて、官邸の近くに住ませているとのことだった」(256ページ)
(その1・7)昭和17年3月ごろ、ビルマのラングーン。
「ある日、『日本から女が来た』という知らせがあった。連絡員が早速波止場へかけつけると、この朝到着した貨物船で、朝鮮の女が4、50名上陸して宿舎に入っていた。まだ開業していないが、新聞記者たちには特別にサービスするから、『今夜来て貰いたい』という話だった。『善は急げだ!』ということになって、私たちは4、5名で波止場ちかくにある彼女らの宿舎に乗りこんだ。私の相手になったのは23、4の女だった。日本語はうまかった。公学校で先生をしていたといった。『学校の先生がどうしてこんなところにやってきたのか』ときくと、彼女は本当に悔しそうにこういった。『私たちはだまされたのです。東京の軍需工場へ行くという話で募集がありました。私は東京へ行って見たかったので、応募しました。仁川沖に泊まっていた船に乗りこんだところ、東京へ行かずに南へ南へとやってきて、着いたところはシンガポールでした。そこで、半分くらいがおろされて、私たちはビルマに連れて来られたのです。歩いて帰るわけにも行かず逃げることもできません。私たちはあきらめています。ただ可哀想なのは何も知らない娘たちです。16、7の娘が8名います。この商売はいやだと泣いています。助ける方法はありませんか』。彼女たちのいうように逃亡できる状態ではない。助ける方法って何かあるだろうか。考えた末に、『これは憲兵隊に逃げ込んで訴えなさい』といった」「これらの少女たちがかけこめば、何か対策を講じてくれるかもしれない」「結局この少女たちは憲兵隊に逃げこんで救いを求めた。憲兵隊でも始末に困ったが、抱え主と話し合って、8名の少女は将校クラブに勤務することになった」(334ページ) 「その後ビルマには陸軍専用の料亭がたくさんできた。なかでも久留米からやってきたという料亭は、芸妓、半玉、女中、コックはいうまでもなく、髪結いさんから仕立屋、洗張り屋、婦人科医まで総勢150人、タタミから座布団、屏風、会席膳一式まで海路はるばる軍用船で運んできたといわれる」(335ページ)

〔その2〕小松延秀著『義愛公と私』台湾友好親善協会、1989年発行。奥付によると、小松は「昭和14年、高等試験行政科合格。拓務省に採用となる」「昭和17年、海南警備府警察隊長となる」。
(その2)昭和17年、中国・海南島。
「海南島は海軍が占領していた」「私は(台湾総督府から)海南島に派遣された警察官を統轄する海南島警備付警察隊長として、浜崎隊長の後任として赴任した」「士官以上の行く慰安所は総檜造りの御殿のような建物だが、帳簿をみると、それが倉庫≠ニ記載されている」(115ページ)

〔その3〕西清子著『追憶』ドメス出版、1988年発行。西は東洋経済新報社勤務時代、昭和12年4月から1か月、中国を旅行した。
(その3)昭和12年、中国(満州)・新京。
「私がショックだったのは、私に新京を案内してくれた人が、ある晩、『おどろかれるかもしれませんが、ある場所をお見せしましょう』といって、とある横町の暗い建物につれていってくれたことである。門から少し歩いて長屋風の建物の入口に立ったとき、私はあっと息を呑んだ。なかには粗末なベッドが10ばかり一列に並べられ、それぞれが薄汚れたカーテンで仕切られている。2つ、3つのベッドで男女のたわむれる声がきこえた。部屋の電灯は顔も見えないほど暗い。慰安所である。私は横目でちらりと見ただけで飛び出した。その人の話によると、女たちは、ベッドに1日中、横たわり、幾人もの兵士たちの相手をするのだという。主に朝鮮からつれて来られた女性だとのことである」(97ページ)

〔その4〕長谷川伸著『生きている小説』中公文庫、1990年発行(単行本、光文社、1958年発行)。
(その4・1)昭和13年、中国・華南の三竃島。
「華南の真っ只中にある三竈島に、数日私はいたことがある」「昭和13年11月下旬であったと思う」「この島で私たちの世話をしてくれたのは、詩人の(海軍)主計中佐矢野兼武であった。その矢野中佐に頼んで私と他に1両人が、同島に出来ている3種の売女がいるところを視察につれて行ってもらった」「私たちは戦地に慰安所の女というものがあるのを知っていたので、この島にもそれがあるのをちらりと見かけ、矢野中佐に案内を頼んだ訳であった。ここが士官用ですと矢野中佐がつれて行ったところは中国風家屋に少し手を入れて無理やり日本的にした家で、白粉の女たちは1人も顔をみせなかった。がしかし私は、入口の壁に鉛筆で、『泣かせてよ泣かせてよ、泣かずにいられない私じゃないの』と書いてあるのを見た。慰安所の宿舎に女がいないのを、中佐は、きょうは検査日で、ただ今がその折柄ですと説明した。ここは下士官兵の慰安所女の宿舎ですと、矢野がいいながら門口に近づくより早く、宿舎の奥から飛び出してきた芸者くずれらしい大年増の女が『主計長さんまた帰って参りました。どうぞよろしく』といった」「もう一人、26,7歳の女が赤大名のお召の袷に、二本独鈷の伊達巻で出てきて、『また来ちまいました』といって、人を食った笑い方をしてみせた」「この種の女はそのとき20余人いたが、数週間の後に、約10人やって来ると、これは徴用工と下士官兵のうちの或る2、3人がいったことである」
「将校は5円の入場券がいる。下士官兵と徴用工の入場券はおなじく2円で、夜10時になると銅鑼を打って、その打ち終りと同時にこの種の女のすることは、ことごとく止めとなる。昼間はもちろんこの種のところは閉鎖し、夕食時から開店だそうである」
「女の前借金は多きは千二、三百円で、少ないのは5、6百円である。募集は台湾の基隆とか高雄とかでやるが、実際に女を集めるのは、募集の特約者で、つのりに応じてくる女も勧誘の手をのばす相手の女も、俗にいう玄人がいいとされている。素人は戦地向けのタマには適さないという、例外はある由」「こうした者たちは、初めは将校向きの5円の女を希望するが、ほどなく下士官兵向きか徴用工向きの女に転向したがる。5円の女では相手が少数で稼ぎ高が低い。相手が大多数の2円の女だと荒稼ぎが出来るからだという。女の手取りは5円も2円も率は一つで、2円の女でいえば半分の1円は前借金へ入れ、残る半分の1円が手取りとなる、とこう聞かされたが、表面はそうだろうが、陰では勘定が別にあるらしかった。私どもが南シナ海で短時日のうちに、二度も乗せてもらった紀州の第二江口丸という海上トラックの船長が、今いったような女たちをあわれんでいった。『ああいう女たちはみんなだまされて来ているのでねえ、この船でつれて来た女たちの顔というものが、当分のうち眼に残りましてねえ』」
「前にいった三竈島に再びやって来た2人の泥水を飲みつづけて来たらしい女達と、一つ船で来た二十歳の女があった。島へあがってすぐ軍医が、同時にやって来た女たちと同様に、検査をやったところ、軍医はその二十歳の娘が意外にも処女であることを知った」「それから暫くし正午になり、食事にかかる前に、矢野中佐は、軍医から相談をかけられた。午前中に検診した慰安所の女のうち1人の処女がいる。これをおれはおれの良心に問うたところ、お前がその女を助けないでだれが助けるか、その女が処女であることを知っているものはお前だけではないかと答えた。そこでおれは助ける決心をつけたが、方法がわからないのみならず、救出に必要な金も、おれが受取る戦時加算付きの今月分では足りぬらしい。こういう時はどうすればいいのか、相談に乗れ、というのである。矢野はよろしいと引受けた。昼食がすむと矢野が食卓についたそのときの将校たちに呼びかけ、今日午前中に軍医によりて発見された娘を、救出するか放置するかを問うたところ、救出せよと一人残らず答えた」「救出資金がみるみる矢野の軍帽の中へ集まった。軍医はその月の受取り分をそっくり出した。集まったそのときの総額は、確か八百何円かであったと憶えているが正確を欠いている気もする。矢野は時を移さず、慰安所関係の責任者と、女の監督や金銭収支の担当者を、司令部の主計長室に呼び、軍医の検診報告書をつきつけ、生娘をこんなところに持ってくるからは話に聞く誘惑の嫌疑をかけると叱りつけ、娘に関する書類一切の即時提出をもとめ、その書類を検討して、前借金返済の金額をその場で決め、娘の身柄を酒保の責任者に預けた。悪い仲介人があって売り飛ばされたこの娘は喜びのあまり、顔をくちゃくちゃにして泣いたこと、いうまでもない」(101〜108ページ)

〔その5〕藤崎武男著『歴戦1万5000キロ』中公文庫、2002年発行(単行本、中央公論新社、1999年発行)。藤崎は、「昭和16年7月に、陸軍士官学校を第55期生として卒業。歩兵第227連隊に赴任」「野戦小隊長、初年兵教官、連隊旗手、そして第一中隊長」。
(その5・1)昭和18年ごろ、中国・山西省?の青涯底。
「青涯底には部隊公認の慰安婦はいなかった。慰安婦のことを兵は《ピー》(女性器を意味する中国語の俗語に由来する)とよぶ。ピー屋というのは、いわゆる女郎屋のことだ。青涯底にはピー屋はなかった。大隊本部以上の上級司令部のある駐屯地には、たいていピー屋があって営業していた。だから、私の中隊のような陣地勤務の将兵が《遊ぶ》となると、これら本部の所在地まで出張しなければならなかった。慰安婦の多くが朝鮮半島出身者で、日本人はよほど治安のいい地区でないといなかった。ピー屋がどの程度、軍の庇護や指導をうけていたかは、私のような第一線指揮官の関知するところではなかった。知ろうという気もなかった。慰安婦などという名称も、当時は使われていなかった。《かわいいスーちゃん》などとよばれていた。時に、彼女たちが一定の期間の後、ある程度の金銭をつかんだらしく、嬉しそうに故郷へ帰っていく光景をみることがあった。そんなことから彼女たちの生活・境遇は、日本内地の遊郭、女郎屋のそれと似ていたのではあるまいか、と感じたことがあった。いずれにせよ、敵と対している私の中隊の将兵は、そうそう遊ぶためだけに、大隊本部や連隊本部のある地区へ行くわけにはいかない。順番に浜田曹長が公用出張を割り振り、そのついでに遊ばせるのが常だった」(27〜28ページ)
(その5・2)昭和19年ごろ、中国・山西省の王茅鎮。
「(大隊長室で大隊長以下幹部の)宴が終わると、この集落のはずれにある日本人街へと、みんなは出かけた」「日本人街といっても、4、5軒の粗末な中国式家屋を改造したもので、料理屋とピー屋をかねて営業している一角だ」(45ページ)
(その5・3)昭和19年、中国・山西省?のボウ埠。
「連合演習が終わると、1日の休養が与えられた。兵は嬉々として外出した」「外出組が真っ先に訪ねるのは、大体、ピー屋である。遊郭と称するにはほど遠い設備の、いってみれば、簡易バラックの売春宿である。このピー屋は幕舎から2キロばかり離れた臨ワイ関の街外れにあった」(99ページ)
(その5・4)昭和19年7月ごろ、中国・河南省?の信陽。
「信陽の宿舎は、急ごしらえのもので、近くに日本軍慰安所が設けられてあった。このことを知ると、中隊将兵は急に活気づいてきたようにみえた。命の洗濯と称する慰安所詣でができるかもしれないと考えたからである。なにしろ3月以来初めて接する慰安所である。その慰安所は粗末な中国式家屋で、土煉瓦で囲った狭い各室の入り口を、アンペラで編んだ薄い筵でしきった小部屋に、朝鮮の婦人たちが無表情に兵隊を迎えて『遊ばせて』くれた。異様な臭いのこもっている部屋だった。それでも兵たちは順番を待った。といっても部隊が大きいので、なかなかその順番が回ってこないのが悩みの種だった」(263ページ)
(その5・5)昭和20年1月ごろ、北部仏印のランソン。
「日本軍の慰安所を訪れた。これは私にとって武昌以来のことだった。その慰安所も、洋風のなかなかしゃれた造りで、迎える女性は、フランス人と安南人の混血らしく、目鼻立ちの美しい、均整のとれた肢体だった。なによりも私の心を和ませたのは、商売抜きのように、心から応対してくれたことだった。これはこの種の女性にしては、珍しい体験だった」(377〜378ページ)
(その5・6)昭和20年3月ごろ、南部仏印のショロン。
「兵舎の筋向いには『春の家』とかいう名の日本料理屋があった。昼間から三味線太鼓の陽気な音とともに、日本女性らしい嬌声が聞こえた。遊んでいるのは、仏印全土をほぼ制圧した日本軍の将校か、商社マンであろうか。戦争などどこ吹く風だった」(415ページ)
「サイゴン、ショロンにも軍指定の慰安所はあり、中隊将兵の中には、休日になると通う者もいた。その多くは結婚生活を経験している召集兵だった。若い現役兵のなかには、不潔だと敬遠する者もいた。相手となる女性の多くは朝鮮人で、現地人もいた。日本人女性はもっぱら高級将校相手だった。これらの慰安所は、中国のそれよりも設備も整っていた」(436ページ)

〔その6〕松木謙治郎著『阪神タイガース松木一等兵の沖縄捕虜記』現代書館、2012年発行(恒文社、1974年発行の復刻版)。松木は、「1945年4月1日に米軍が嘉手納海岸に上陸したとき、約3キロ離れた第一線部隊に炊事一等兵として勤務」「事実上の激戦が終わるまで、約80日間つぶさに体験した沖縄の攻防戦はまったく悲惨の一語に尽きる」。
(その6・1)昭和20年4月ごろ、沖縄・嘉手納海岸付近。
「隣の壕から炭坑節が聞こえてきた。全部女性の声だけにぎくりとした。そっと見にいくと、薄暗い明かりのなかに、若い女性が7、8名いた。よく見ると賀谷部隊(松木の所属する12大隊)専属の慰安婦たちで、年配のおかあさんと呼ばれている女性には見覚えがあった。慰安婦といっても軍属であり、食糧は配給していたので、ときどき炊事へとりにきていた」(29ページ)
(その6・2)昭和20年7月ごろ、沖縄・石川の捕虜収容所。
「(所内には)負傷のなおりきらないものの病院があり」「重傷者は米軍の野戦病院に収容されたので、この病舎には軽症者ばかり」「この病舎の一隅に小さな金網の小屋が建てられて、1名の女性があざやかな水色のパジャマを着て住んでいた。もと日本軍の慰安婦だとのことだったので、もしや賀谷隊のものかと見にいったが、ちがっていた。戦前は各部隊に専属の慰安婦がいたので全部で相当な数になるが、このうちただ一名だけ生き残ったとは、まったく気の毒である。お国のためという美名のもとに、はるばる沖縄まできて戦火の犠牲になった彼女たちのめいふくを心から祈りたい。わたしは20年4月1日、米軍上陸の第一日に木並軍曹と2人で民家の壕に避難したとき、たまたま隣の壕に解散命令をうけた賀谷隊の慰安婦8名がいたのと会い、酒2升と牛の片足を焼いて送別会をひらいたことがせめてもの供養だったと、多少気の休まる思いがした」(147ページ)

〔その7〕加東大介著『南の島に雪が降る』文芸春秋新社、1961年発行。加東は、昭和18年10月、10年ぶりに召集され、衛生伍長として西部ニューギニアのマノクワリに向い、同年12月、現地に到着する。
(その7・1)昭和18年12月ごろ、ニューギニア・マノクワリ。
「めぼしい建物は、わたしたちより半年ばかり前に上陸した海軍さんが手に入れていたのだ。それでも、司令部だけは、ラワンかなにかのまっ白い木でつくった本建築をさぐりあてていた。『おっ、いいところがあったんだな』。そこにいた建築班の兵隊に、そう話しかけたら、かれはムッとして、『わたしたちが腕にヨリをかけて建てたんですからね。でも、軍司令部なんかに使ってもらうためじゃありません』。ヘンにツンツンしている。『どうしたんだい? なにかイワクがあるのかい?』『大ありでさ。この家は、ピー屋になるはずだったんです』。これには、思わず笑ってしまった。『笑いごっちゃありません。あんたがたが着く少し前に、ほんとに、慰安婦を満載した輸送船が、そこの岬のところまできたんだ』。兵隊のゴキゲンは、ますます悪くなる。『それが、わしらの見ている前で……』。かれは、いまいましそうに、船が沈没する形を手でつくってみせて、わたしの顔をにらみつけた。潜水艦にやられたのだ。『ピー屋変じて、軍司令部か』。とはいったものの、待望の生仏サマを目の前で沈められた痛憤は、わからないでもなかった」(36〜37ページ)

〔その8〕河東三郎著『ある軍属の物語』日本図書センター、1992年発行(初版本、1967年発行)。河東は、昭和18年6月、海軍に徴用され、231設営隊の一員として、同年8月、インド洋・カールニコバル島に到着し、飛行場建設にあたる。
(その8・1)昭和18年12月ごろ、インド洋・カールニコバル島。
「まだ女を知らないといっていたかれが、ニコバル島に内地から慰安婦が4人きたニュースをもってきたのにはあきれさせられた。『すごいベッピンなんだ、4人とも選りぬきの美人だぞ、たまんねえなあ』。かれも私たちも、毎日、上陸する日≠待った。海軍では、幕舎にいても、外泊や外出のことを上陸≠ニ呼んでいた」(69ページ)
「2か月余り、海軍将校と下士官連中に占領されていた慰安婦が、やがて私たち軍属にも解放される日がきた」「中隊の事務所前の広場に、慰安所ゆき全員が集合した。班長から、慰安券と鉄カブト(サック)と消毒薬が渡された。樋口中隊長から、『これから上陸するきさまらに注意するが、いざ戦闘開始のとき、鉄カブトを忘れてはダメだぞ。病気を背負った奴は、次の上陸は禁ずる。わかったか』という訓示があった。1台のトラックに50人ずつ乗って、島のマラッカ海側の海岸を通って、慰安所に向かって走った。途中にインドネシアの慰安婦のいる陸軍の慰安所があった。5、6人のインドネシア女性が、井戸端で裸になって身体を洗っていた。陸軍の慰安所をすぎて、さらに何キロか走ってトラックは止まった。椰子の葉で屋根を作った小屋が3棟あった。1棟は倉庫をかねたもので、この慰安所を経営する老夫婦の部屋、1棟は喫茶店、あとの1棟は4つに仕切られ、慰安婦の接客部屋になっていた。当時の内地風にいえば、この老夫婦は、女郎屋の主ということになる。おそらくそのなれのはてだろう。この年をして、よくもこんなところまできて、娘を売り物にして生きながらえているものである。その部屋ごとに、30名か40名の列がならんだ」「私のならんだ列は、4号であった。慰安婦を呼ぶのは、『何号さん』という番号であった。私は顔も名も知らない4号の慰安券を50銭で買って、その部屋の入口の列にならんだ。兵隊は20銭だったが、軍属は倍であった」「4号の慰安婦は丸顔の美人で、年は22、3に見えた」「かの女ら慰安婦の多くは、戦地に行くと無試験で看護婦になれるとだまされてきたのだそうだ。かの女らは看護婦になるつもりで、戦地に従軍してきたらしい。そんなわけで、かの女らも、私たちと同じ軍属である。だまされたといって、最初、かの女らは泣きわめいたそうだが、かの女らは、『特殊』という看護婦にはちがいなかった」「(2回目の4号行き)かの女は、3週間ほど慰安婦の仕事を休んだあとであったという。ベビー箪笥の上には、戦死した設営部隊長児玉部隊長の写真が飾られてあった。かの女の話によると、われわれの部隊長は、この4号を愛していたということであった。だまされて、このニコバル島につれてこられ、泣いているかの女を、『親のような気持ちで、うちの隊長が慰めてやったんだよ』というのが、みんなの話であった。かの女の休暇も、隊長の戦死を悲しんで、喪に服していたのだろうということであった」(71ページ〜75ページ)
(その8・2)昭和20年1月?ごろ、インドネシア?・サパン島。
「ここの慰安所は陸軍部隊の所属で、私たち海軍関係の者にはめったに許されない。陸軍と海軍は、犬猿の間柄である。陸軍の慰安所なんかで、海軍関係のものと知れるや、陸軍は無理に憲兵隊の方にまわして営倉にいれてしまう」「私たちは、慰安所の外で、慰安婦に肩をたたかれている陸軍の兵隊の顔を、眺めて歩くだけである」(105ページ)
(その8・3)昭和20年1月?ごろ、スマトラ島・コタラジヤ。
「きょうの私たちの目的は、慰安所であった。ところが、どうしたことか全部休業の札がさがっていた。河にそって何十軒もの慰安所が並んでいたが、昼間は駄目であった。開店は夜になってからなのである」(108ページ)

〔その9〕黒田秀俊著『もの言えぬ時代』図書出版社、1986年発行。黒田は、昭和17年10月、陸軍報道部企画による主要雑誌編集長らによる南方占領地視察に参加する。
(その9・1)昭和17年12月ごろ、インドネシア・バタビヤ。
「わたしは、ジャカルタ(そのときはまだバタビヤといっていた)へ着くと、すぐ毎日新聞の記者の世話でデンデルスというホテルに落着いた」「わたしの通された部屋には、どこかの部隊の軍医中尉で、休暇をとってバタビヤへ遊びにきているという先客が1人いた。『バタビヤは酒と女に不自由しなくていい街ですよ。どうです、今夜、つきあいませんか』。街はずれに近いマンガライというところには、白人の女たちを収容している将校専用の慰安所も設けられているという。敵性国の婦人たちで、生活の途に窮したものは、強制的にここへ入れられて働かされるのだそうである。『なかなかきれいなのもいますよ。もっとも、そういうのはたいてい参謀の奴らがひとり占めしていますがね』と軍医はいった」(156〜157ページ)

〔その10〕松田才二著『孤鷹の眼』創現社出版、1993年発行。松田は、昭和18年3月、陸軍第六野戦憲兵隊として、ラバウルに到着し、警務課長を務める。
(その10・1)昭和18年12月ごろ、ニューブリテン島・ラバウル。
「予ての計画どおり菊池(憲兵)隊長は加藤参謀長を訪れ、看護婦及び慰安婦ら非戦闘員の早い内地送還を意見具申し了承された。その理由は、この苛烈な決戦場に女性を控置することは人道よろしくないこと、と慰安婦の百害とであった。然し慰安婦が、いつどのようにしてラバウルに来たのか全く判らず、親方らの商魂の逞しさにおどろくばかりであった」「非戦闘員全員を最後の病院船に乗せたのは、昭和18年12月のことであった。その後、慰安婦を還したことで憲兵隊は、アチコチから集中攻撃を受け、白人シスター・女性華僑を代わりに提供させろ等と無法な要求を受けたが、断乎拒否したのは当然であり正解でもあった」(44〜45ページ)
「唯一の犯罪の温床は、憲兵隊の目前に陣取っている慰安婦集落であった。その数、約300名で健気に稼ぎまくっており、よくぞここまで遠征したという感じで、その逞しい商魂には驚かされた。何しろ極熱地なので、各部屋は薄い布で仕切られているだけである。内地人、朝鮮人、台湾人の混成で雇い主は不明だったが、気の毒な貧しい出身であることは確かであった。彼女らの1日の平均客数は約30〜40人で、中に80人という豪の者がいた。菊池大佐も、どんな顔か見たいということになり、ラバウル分隊の手配で案内されて来たのは、想像もつかぬ美形であったのには、菊池隊長と2人で目を合わせて驚かされた。色白の小柄でポチャポチャしていたので客が集中攻撃するのであろう。1日、稼動時間12時間として80人を捌くとすれば、1人に10分足らずの早業になるのには、またも驚かされた。憲兵隊が取締りの対象にしているのは、治安及び秩序の維持の外、性病に因る戦力の低下を恐れるからである。筆者らが上陸した時には、もう彼女らは先着して営業酣といった所で、どんな手はずかは知らないが、適時軍医が検診を続けており、その結果と営業客数が憲兵隊にも報告されていた。或る日、検診立会いの将校が欠員となり憲兵隊に依頼してきたが、こちらにも将校は筆者1人しかいなかった。ラバウル分隊に頼まれ筆者が立ち会うことになり困惑したことがある。暫く待たされたが検診なるものはなかなか始まらない。軍医と雇い主と女性らが、何やらボソボソ話し合っている。その内容が筆者にも理解できた。それは筆者が若すぎるので、あられもない姿を見られるのが恥ずかしいからいつものように年老いた将校にしてほしいと訴えていたのである。その日は中止となり筆者も難を逃れた。とにかく7万の将兵に僅か300名では百害あるのみである。それだけに、金や物で独占しようとする少数貴族だけの遊び場になり貨物廠や船員らが犯罪に走りやすく、逃亡兵が武器を持って隠れて、憲兵が命がけの捕物帳を演じたり軍事警察も目を離せぬ場所となった。憲兵隊は方面軍に強く献言して昭和18年暮までに全員を内地に送還した」(132〜133ページ)

〔その11〕麻生徹男著『上海より上海へ』石風社、1993年発行。麻生は、昭和12年11月、陸軍衛生部見習士官として応召し、中国各地で兵站病院に勤務する。その後、昭和17年1月からニューブリテン島・ラバウルで勤務。かれの証言や現地で撮影した写真は、従軍慰安婦の実態をしる貴重な資料として、さまざまに活用されている。
(その11・1)昭和13年のはじめごろ、中国・上海。
「当時、上海派遣軍の兵站病院の外科病棟に勤務していた私へ軍特務部より呼び出しが来た。何でも婦人科医が必要であるとのことだった」「とりあえず同僚のもう一人の婦人科医と出かけて行った。命令にいわく『麻生軍医は近く開設せらるる陸軍娯楽所の為目下、其美路沙ケイ小学校に待機中の婦女子百余名の身体検査を行う可し』と。ただちに私たち一行、軍医、兵隊それに福民病院の看護婦2名を加えた11名にて出かけた。これが『日支事変』以後『大東亜戦』を通じて、兵站司令部の仕事として慰安所管理の嚆矢となった」「彼女らは『皇軍兵士』の慰問使として朝鮮及び北九州の各地より募集せられた連中であった。興味あることには、朝鮮婦人の方は年齢も若く肉体的にも無垢を思わせる者がたくさんいたが、北九州の関係の分は既往にその道の商売をしていた者が大部分で、後者の中にはそけい部に大きな切開の瘢痕を有する者もしばしばあった。私はのちほど軍医会同にて1文を物して、この娼婦の質の向上を要求した。即ち内地をくいつめたような者を戦地へくらがえさせられては、将兵は、はなはだもって迷惑であると。中支方面に従軍せられた方で気付かれたことと思うが、南京、漢口等の将校クラブに朝鮮婦人の多かったことも、この辺の事情に起因していると思うは、あえて私の僻目でもなかろう。かくして上海軍工路近くの楊家宅に、軍直轄の慰安所が整然とした兵営アパートの形式で完成した。その慰安所規定に曰く、
1、本慰安所には陸軍々人軍属(軍夫を除く)の外入場を許さず。入場者は慰安所外出証を所持すること。
1、入場者は必ず受付において料金を支払いこれと引替に入場券及『サック』1個を受取ること。
1、入場券の料金左の如し。下士官・兵、軍属金2円。
1、入場券を買い求めたる者は指定せられたる番号の室に入ること、但し時間は30分とす。
1、用済みの上は直ちに退室すること。(以下省略)
 右のようにはなはだ無粋なやり方ではあったが、カミシモ商法の暖簾をかかげた」(42ページ)
「その後私は、南太平洋へと転じ、ラバウルの対岸ココポ飛行場の対空陣地附軍医となった」「ココポ地区にも数軒の慰安所が出来、その一つは京城楼と称し20名の朝鮮婦人と経営一行5名余の朝鮮男子がおり、兵站司令部付属の時計修理班と同一建物の中に開設した。いつの間にか兵隊の間に『時計修理に行く』という隠語が出来た。即ち精工舎はセイコー舎である。ここでもある日、兵站司令官に私は婦人科医として呼び出された。若い現役の軍医に検診の要領を教え、当分加勢をしてくれとのことであった」「当時戦況不利となり近く彼女らは後方基地パラオ方面へ移動することになっていた」「聞けば彼女らは後方移動の途中、赤道付近で撃沈され、一部の者は助けられパラオあたりの宿舎で、海水に濡れた紙幣束を丹念に整理していたとか、また大部分の者は泳げず水死してしまったとか、噂とりどりであった」(43〜44ページ)
(その11・2)昭和14年、中国・九江。
「日本軍に陸続、随行した日本人、しかも九州の民間人がどっと店を構えたりして、街はしだいに賑やかになった。中に1軒の朝鮮出身美人姉妹のバーがあり、何でも日本軍第六師団の高級参謀が、駐屯各地を連れ歩いている妾であると噂されていた。因みに、このような高級将校の私行は、南海の果てラバウルにても同様で、海軍高級参謀が司令部付として女事務員を連れて来ていて、戦況が危うくなると、さっさと飛行機にて内地に帰らせているような一幕もあった」(129ページ)
(その11・3)昭和14年、中国・漢口。
「白井義高氏、この人は漢口軍慰安所陽気楼の主人であるが、東亜花園の経営者、早見氏と同様に朝鮮系の日本人実業家として、羽振りも大へんよかった」(148ページ)
(その11・4)
「(昭和14年)6月30日(金) 本日午後、吉村部隊講堂における九江軍医分団の研究会に出席し『花柳病の対策』につき、35分間に渉りて口述を為せり」(207ページ)「(その論文)花柳病の積極的予防法」「(その11・1の百余名の身体検査について)被検者は半島婦人80名、内地婦人20名余にして、半島人の内花柳病の疑ひある者は極めて少数なりしも、内地人の大部分は現に急性症状こそなきも、甚だ如何わしき者のみにして、年齢も殆ど20歳を過ぎ中には40歳に、なりなんとする者ありて既往に売淫稼業を数年経来し者のみなりき。半島人の若年齢且つ初心なる者の多きと興味ある対象を為せり。その後者の内には今次事変に際し応募せし、未教育補充とも言う可きが交り居りし為らん」「昭和7年、福岡県における年齢40歳までの調査にて、20歳以下の者の数は、芸妓56・3%、娼妓29・1%、酌婦44・6%、女給46・5%を示せり。即ち娼婦の約半数は年齢20歳以下の者と言うを得べし。故に若年の娼婦に保護を加える事が重要にして、意義ある事なり。されば戦地へ送り込まれる娼婦は年若き者を必要とす」(214〜217ページ)
(その11・5)昭和13年、中国。
「楊家宅慰安所」「慰安所開設後間もない2月24日夜、一人の慰安婦が脱走して軍工路の立哨に捕らえられ、その身柄引取に、命により麻生は現地に赴いた」「慰安婦服毒未遂の朝」「昭和13年5月11日、夜中に楊家宅慰安所より憲兵の村井君と金田隊の武井軍曹が慰安婦が毒を飲み死にかかっている、と私に注進」「私はおっ取り刀、現場に胃洗の道具、小脇に抱え馳せ参じた。早くて良かった。胃の中よりモルヒネ錠30個出てきた」(所収写真の説明文)

〔その12〕石田新作著『悪魔の軍医』山手書房、1982年発行。石田は、昭和17年10月、陸軍軍医中尉としてビルマに出征し、龍兵団第四野戦病院に配属される 。
(その12・1)昭和17年ごろ、ビルマ・センウイ。
「87頁の略図をもう一度見ていただきたい。龍第四野戦病院の西方に『慰安所』とあるのにお気づきであろう。ここでいう慰安、とはほかならぬ兵士たちの、性の解放所であり、内地でいえば、遊郭に当たる施設であった。兵士は『ピー屋』と呼んでいた。内地や、当時、領土として併呑していた朝鮮半島から募った慰安婦たちにサービスさせるのである。この頃、兵隊の月給70円は、まるまる銃後の家族に送られ、それにプラスされる戦時手当の70円が、現地で、軍票ルピーで支給されるというケースが多かったから、兵たちの懐ぐあいは比較的によく、おおいに異国の慰安をたのしんでいたものであった」(101ページ)
(その12・2)昭和18年5月ごろ、ビルマ・メイミョウ。
「メイミョウには、中部ビルマ駐屯の青年将校たちの憧れのマトたる料亭『翠香園』がある。日本の酒が飲めて、日本の芸者が酌をしてくれて、その芸者がそのまま『一夜妻』になってくれるのである」(129ページ)
「翠香園は、九州にある大きな料亭の出店である。日本から派遣された芸者を20人あまりもかかえており、そのあでやかさといったら、とても前線にある兵士用の慰安施設の比ではなかった」「この男のパラダイスへ、しっかり突撃一番を握りしめて、目ばかりギラギラ光らせて、せかせかやってくる客など一人もなかった」「この料亭の前には、夜になるといつも赤や黄の旗をつけた乗用車が、ずらりとならぶ。赤い旗は佐官旗で、少佐、中佐。黄色い旗は将官旗で、少将、中将の専用車をあらわしている」「この翠香園は、佐官・将官にとっての天国であり、その天国ぶりについては、戦場においてすら芸者の『落籍』が行われうるという、超戦場常識において裏づけられていた。落籍させたのは、牟田口中将である。この司令官の得意満面は、ついに翠香園の芸者ナンバーワンを司令官専用とし、なんと、軍司令官の官舎で夫婦同然の暮らしをしていた……と、これは噂であるが、おそらく事実であろう」(138〜140ページ)

〔その13〕野口省己著『回想ビルマ作戦』光人社、1995年発行。野口は、昭和18年1月、陸軍第56師団参謀、19年4月、第33軍参謀として、ビルマ作戦に参加した。
(その13・1)昭和18年6月ごろ、シンガポール。
「(公務出張のため)昭南では南冥閣というホテルに泊まった。南冥閣は海浜に面した超一流の豪華なホテルで、その経営者は久留米の翆香園という料亭の主人であった。翆香園は、ラングーンにも、メイミョーにも料亭を経営していた」(57ページ)
(その13・2)昭和19年7月ごろ、ビルマ・メイミョーの第33軍司令部。
「高級副官の上田孝中佐が、辻(政信)参謀のもっとも嫌いな慰安所の配分計画をもって、合議を求めにきた。辻参謀はこれを一瞥すると、時が時だけによほど癇にさわったようで、『こんなものは参謀の見るものではない。少なくとも作戦参謀の見るものではない!』と怒鳴りつけて、書類を床にたたきつけた。上田中佐は、辻参謀のあまりの剣幕にびっくり仰天して、平身低頭して悄然として引き下がっていった」(136ページ)
(その13・3)昭和19年ごろ、中国・雲南の拉孟。
「拉孟は、遠く人里を離れた憩いの場のない最前線で、将兵は連日、陣地構築のための穴掘りが日課で、荒涼たる生活の連続でストレスがたまる一方であった。しかし、部隊長の粋なはからいで、陣外の片すみに慰安所も開設されて、潤いのある生活も与えられるようになった」(173ページ)
(その13・4)昭和19年9月ごろ、第33軍司令部。
「現在、慰安婦のことが大問題になり、にぎにぎしく報ぜられているが、あの当時は公娼制度があったので、いまのような罪悪感は比較的少なく、必要悪ぐらいに考えている者が多かった。戦場は、男性の戦う場で、女性はいないはずであったが、事実は慰安婦と称して多くの女性が進出していた。彼女らはたくましく、じつに勇敢で、どんな辺鄙なところでも、どんな危険なところでも、軍隊の征くところにはどんどん進出していた。拉孟のような最前線で危険なところにも、日本人、朝鮮人あわせて約20名の慰安婦が進出していたが、敵の総反攻時に取り残されて戦火にまき込まれた彼女らの大部が、玉砕した将兵と運命をともにした」「その衝撃は大きかった。なかでも辻参謀の受けたショックは大きかった。辻参謀の女嫌いは有名で、戦場に女性を連行するなどもってのほかと大反対であったが、南京では料理屋征伐のため、料亭の焼き打ち事件まで引き起こしたことは有名で、その噂は遠いビルマの涯のわれわれの耳にも入っていた。ラングーンの方面軍では、翠香苑という料亭を抱えており、軍でも翠明荘という料亭をかかえていた。辻さんは、ここに絶対に足を踏み入れたことはなく、かねてからこれを白眼視していた。拉孟守備隊が玉砕したとき、慰安婦たちが将兵と運命を共にしたことを知って、婦人部隊は即時かつ全面的に後方に送り返すべきだと強く主張した。辻参謀の論拠は、『戦局は今後ますます深刻苛烈となり、第二、第三の玉砕部隊が出ることも予想される。戦闘員でもないか弱い女性を戦火の巻き添えにすることは、余りにも残酷だ。犠牲はわれわれ軍人だけで沢山だ。今さら女にうつつを抜かしているときではあるまい』ということであった。これに対して、山本参謀長は絶対に反対だった。参謀長は、酸いも甘いもかみ分け、人情の機微にも通じた豪放磊落の将軍で、酒を愛し、みずからもよく遊んだが、『戦局が苛烈になればなるほど婦人部隊が必要なのだ。明日をも知れぬ運命にある将兵に、せめて一時なりとも苦しい戦いを忘れさせて、安らぎの場を与えてやりたいものだ。この戦争は国家総力戦で、戦闘員も非戦闘員もない。老若男女がことごとくその分に応じて、力を尽くさなければ勝ち目はないのだ。婦女子といえども戦力だ。いよいよというときは軍属として処遇し、准看護婦その他の面で戦力化すればよい。死なせることは気の毒だが、戦死した場合は、後の救じゅつ?、栄典の授与、遺族の生活の補償など、軍人に準じて取り扱ってやればよい。靖国神社にもまつり、その遺烈を顕彰してやればよいではないか』と主張した」「この問題は、後方主任参謀の所管だということで、その尻ぬぐいをさせられる羽目になり、後方主任参謀の筆者をはさんで、2人の間に綱引きがはじまったからである」「私は考え抜いたすえ、辻参謀の意見に同意して、全部の女性を後方に退けることに決心した」「私はまず翠明荘を後退?させるとともに、第一線の部隊にも全部の女性を後退させるように指導した」「私の指導に対して面従腹背で、陰でひそかにコソコソと温存していた部隊もあった」(220〜223ページ)

〔その14〕林唯一著『爆下に描く』中公文庫、2000年発行(底本・国民社、1943年発行)。野口は、昭和17年8月、海軍報道班員としてラバウルに着任した。
(その14・1)昭和17年8月ごろ、ラバウル。
「私はテーブルの上で地図を写していた。そこへ、本場君と同じ日映の小畑報道班員がはいって来て、これから山へ案内しようという。『少し遠いが、眺望のいいところです。林さんも見て置かれるといいと思うんです。自動車を都合しましょう』。本場君とは特に親しい関係でもあるだろうが、現地の報道班員の間では、こういう接待や世話の交換が互に行われているらしかった」(108ページ)
 この文章中、「山」というのは、底本では伏字になっていたらしく、文庫本で復刻し、同書の注記では、「ラバウルの士官用慰安所のこと。『山の家』とも言った」(同ページ)とある。

〔その15〕桜田武・鹿内信隆著『いま明かす戦後秘史上巻』サンケイ出版、1983年発行。鹿内は、昭和13年9月、応召し、札幌歩兵25連隊に入隊。5年間の軍隊生活で主計中尉に昇進し、18年8月に召集解除。
(その15・1)鹿内の語る東京・陸軍経理学校での教育。
「それから、これなんかも軍隊でなけりゃありえないことだろうけど、戦地へ行きますとピー屋が……(対談相手の桜田が「そう、慰安所の開設」と応じると)そうなんです。そのときに調弁する女の耐久度とか消耗度、それにどこの女がいいとか悪いとか、それからムシロをくぐってから出て来るまでの待ち時間≠ェ、将校は何分、下士官は何分、兵は何分……といったことまで決めなければならない(笑)。料金にも等級をつける。こんなことを規定しているのが『ピー屋設置要綱』というんで、これも経理学校で教わった」(40〜41ページ)
(その15・2)鹿内の臨時陸軍軍需品本部時代。
「まさかだれも知らないとは思うんですけど、兵隊が女を買いに行くときの衛生サックね、これが需品本部の担当なんです(笑)」「そうしたら、ある日、支那派遣軍のいちばん偉い人の名前、確か畑俊六さんだったと思うけど、その人の名前で要注意の報告書が送られてきた。要するに『何月何日送付に関わる衛生用具については罹病率が非常に高い』ということなんです」「そこで、ぼくは担当の課長さんに呼びだされて『おまえ、これは非常に粗悪品らしいぞ。現地調査をして、ちゃんとしたものを送らなくちゃいかん』と注意された。そこで『それじゃ、その工場を見に行こう』と出かけて行った。ぼくは、いまでも忘れません」「製品(衛生サック)は、小さな紙に袋に一個ずつ入れてある。緑色の袋でしたね。それで、これに名前を何とつけようかと、みんなで協議したら、青森の師団の出身者で澤田中尉っていうのがいまして、これが突撃一番≠ニつけた(笑)」(67〜69ページ)

〔その16〕野元巳郎著『大陸通信戦記』図書出版社、1985年発行。奥付によると、野元は、昭和16年、中支派遣電信第13連隊に入営、翌年少尉任官。19年、第六航空情報連隊(漢口)に転属、中尉で終戦を迎える。
(その16・1)昭和16年4月ごろ、中国・湖南省の蒲キン。
「雨が降らないかぎり城外の演習場での訓練は毎日つづいた」「兵舎から演習場までは片道1時間近くもかかった。ところが、ある日不意に20分足らずで演習場に出てしまった。兵舎を貫通する石畳の道路をまっすぐに歩き、今までとちがった城門をくぐったのである。ただその城門の内側には慰安所があった。狭い石畳みの道路の両側に、軒をつらねる白壁の中国民家がそれであった。蒲キンには六師団の師団司令部があるから、慰安所の女の数も多い。華やかな浴衣をまとった紅白粉の女たちが、行進する私たちの隊列に手を振り、嬌声を浴びせる」(33ページ)
(その16・2)昭和16年7月ごろ、中国・湖北省の漢口。
「3か月前に泊まった六角堂の赤煉瓦の兵站宿舎が見える。さらに進むと、右手に野戦郵便局そして左手に積慶里の特殊慰安所がある。『特殊慰安所』と横書したアーチの下に狭い出入口があるだけで、出入口の両側は普通の民家であった。兵隊相手の女郎屋としての慰安所の存在は、初年兵だからもちろん登楼したことはなかったが、蒲キンで承知していた。だが『特殊慰安所』とはなんだろう。正直な話、私はピンポンでもやらせるのかなと思ってその前を通り過ぎたのである。その後の長い戦地生活での慰安所がよいを考えたら、そのころの私は天使のように無邪気だった」(63〜64ページ)
(その16・3)昭和18年夏ごろ、漢口。
「第11軍には法務部があり、軍法会議を開く。軍法会議とは軍事裁判であり『処刑通報』はその裁判記録であった」「『処刑通報』を読むと」「大半が『侮辱ノ罪』『暴行、脅迫及ビ殺傷ノ罪』それに『抗命ノ罪』である。そしてほとんどが酒に酔ってのうえで、場所は慰安所が多い」「漢口の慰安所は」「積慶里という。入口は狭いが、なかに入ると縦横の路地の両側にびっしりと慰安所がならび、その数は30軒を越えていたのではなかろうか。私たちは積慶里を三十三間堂と呼んでいた。中国家屋だが、内部の造作は畳障子の日本風であった。女は全部日本国籍つまり内地人と半島人である。積慶里の他には中国人街の六合里に姑娘専門の慰安所があった。この2つが軍公認の慰安所つまり公娼である」「慰安所の他に、飯店(ホテル)には中国女性の私娼が大勢屯し、軍司令部のある旧日本租界の日本料理屋には日本人の芸者がいた。しかし彼女たちは高価で、下士官兵はもちろん下級将校にも簡単に手が出せなかった。戦地ではどんな堅物でも慰安所にゆく。今日あって明日ない命の思いが男を駆り立てる。もし戦地で慰安所に通うように内地で遊んだら、間違いなく極道息子といわれただろう。兵隊が外出するときは、性病予防のためかならずコンドームをわたされた。このコンドームは一個ずつ小さな四角い紙袋に入っていて、紙袋の表面には『突撃一番』の4文字と鉄兜の図案があった。この文字と図案はまことにユーモア感覚の溢れた傑作であると私は思う」(170〜172ページ)
(その16・4)昭和19年夏ごろ、中国・湖南省の岳州。
「岳州は前線補給基地でいったんここに集結した軍需物資をトラックと舟艇が前線に送る」「陸上も水上も空襲を避けて、昼間は隠れ、夜走る。それでもなお敵機の銃爆撃を食うのである。前線への追送は遅々として進まず、岳州には集積貨物が溜まってゆく。追送品には優先順位がある。武器弾薬がまっ先に送られるのは当然だが、いつまで待ってもなかなか順番が回ってこないものがあった。それは何か。実は慰安婦なのである。軍隊のあとを追って慰安所も前進する。兵隊さんは歩いてゆくが、彼女らは歩けない。トラックか舟艇に乗せなければならないが、なかなか輸送許可がおりない。岳州には前線ゆきの慰安婦が溜まる一方であった。もとからの地元の慰安所は焼け残った建物で盛大に営業している。慰安所は兵站司令部の管轄で、司令部はこれらの滞留慰安婦を使って通過部隊のために慰安所を大増設した」(225ページ)

〔その17〕亀山哲三著『南洋学院』芙蓉書房出版、1996年発行。奥付によると、亀山は、昭和19年、サイゴンの南洋学院を卒業し、現地駐屯第21師団の軍務につく。20年8月、終戦で捕虜収容所へ。
(その17・1)昭和20年9月ごろ、ベトナム・ロックニン。
「宮崎軍医が私を呼んでいるという。軍医のところに行くと見知らぬ他隊の下士官が2人いた。軍医が『この隊で、今夜演芸会を開くらしい。女の服がほしいので慰安所から借りてくれとたのまれた。君から女たちに話をして、なんとか借りてもらえないか、頼むよ』とのこと」「2人について行った」「着いたのはサッカー場である。芝生の緑が冴えて目に痛いくらいだ。『こんなところに慰安所?』と尋ねると、スタジアムの観覧席の下を指す。なるほどスタンド下の事務室、選手控室、用具格納置場が改装され、その目的に転用されていた。この日は午後から営業とのことで、私たち以外には客の姿が見えない」「(女は)10人ぐらいはいただろう。ベトナム、中国、フランスの混血、みんな若い」「私の通訳で商談がまとまって、どの服・スカートが良いかで連れの2人が手間取っている。この隙に、私は慰安所なるものを見てみたいので脱け出した。板で仕切った安普請の6帖ぐらいの部屋がつづく。開いていた扉から中を覗くと、カポックの体操マットのようなフトンが1枚。高いところに換気窓。何とも寒々とした味気ない部屋だ」(227〜228ページ)

〔その18〕久保村正治著『第11軍通信隊』図書出版社、1987年発行。奥付によると、久保村は、昭和16年、電信第1連隊入営。17年、中支派遣野戦電信第9中隊転属、陸軍少尉任官。20年、中支派遣電信第13連隊転属、陸軍大尉。
(その18・1)昭和18年6月ごろ、中国の沙洋鎮。
「野電9は、1か月ぶりに中隊全員が合流し、漢口へ引上げることになった」「足取りは軽くなったが、私の精神状態は正常の位置から少々ずれているのに気がついた。むやみやたらと女性が恋しく、どんな女性でも美しく見える。沙洋鎮から漢口まで漢水を下る民船輸送となったが、民船に乗組んでいる中国人の娘さんがなんと魅惑的に見えたことか」「作戦間、約50日の間、私は女性をまったく見なかった。その結果が、男性の精神状態をこのようにずらしてしまうことを知り、あらためて特殊慰安所の必要性を痛感した。この欲望は食欲や尿意と同じであって、兵隊さんは慰安所を共同便所ぐらいにしか考えていなかった。とくに、作戦後、慰安所が繁盛するのは自然のなりゆきである。その結果、需要が供給を上回り、とくに沙洋鎮のような田舎町では、門前市をなし、『まだか』と真っ最中にドアをたたかれ、ときには中に侵入して足を引っ張る不逞の輩もいたとは、足を引っ張られた兵隊さんの話である」(97〜98ページ)

〔その19〕三国一朗編『昭和史探訪4』番町書房、1974年発行。「共栄圏の虚像・軍政」と題して三国と対談した黒田秀俊の話。黒田は〔その9〕でも紹介したが、それと同場面。
(その19・1)昭和17年12月ごろ、インドネシア・バタビヤ。
「(連合国人の婦人や子供に対する取扱いはどうでしたか)それは『敵性国人』だからというので、街の一角を鉄条網でかこって、その中の住宅に集めて収容していました」「そこに収容されている人たちの中には、当然生活の面で苦しくなってきますから、時計やパーカーの万年筆など持ち物をどんどん売るんですね」「その売り食いも、とことんまでいくと、女の最後の売り物はきまっているでしょう。マンガライという所に、そういう女だけを集めている一角がありました。そして売春をさせるんです。『軍慰安所』という看板がかかっていました。将校用の慰安所というわけで粗末な高い板塀をめぐらして、そこにやり手婆さんがいるんですよ、日本人の」(143〜144ページ)

〔その20〕佐藤猛夫著『運のいい男』光陽出版社、1998年発行。佐藤は、著者略歴によると、1939年5月、陸軍軍医中尉として北支に派遣され、同年8月には、八路軍との戦闘で捕虜となる。この間、山東省?モン上県で守備につく。
(その20・1)昭和14年ごろ、中国・モン上県。
「モン上県の城は一辺800メートルほどの正方形の城壁に囲まれていた。城内には私たちの部隊約300人と帰順住民約100人がいた」「私は大隊長、副官、経理少尉とともに大隊本部の大きな建物に住み、隊内の保健、衛生、医療、水質検査、慰安婦の性病検査などを衛生下士官とともに進めていた。慰安婦は6,7人いたろうか。その中には朝鮮婦人もいた。週1回、私たち衛生班は彼女たちを診察し、梅毒、淋病などの性病の有無を検査した。慰安婦という立場の彼女たちを気の毒に思いはしても、私は職務のひとつとしてそれを実行していた。ある慰安婦は国に帰るさい、せわになったといって虎の敷皮を置いていった」(48ページ)

〔その21〕下村亮一編『昭和動乱期を語るー一流雑誌記者の証言』経済往来社、1982年発行。本書の座談会で、太平洋戦争開始後、「大本営報道部から、宣伝資料蒐集のため、南方方面に出張を命ずという辞令をもらって、方々へ行った」という話になり、日本評論社の下村亮一も体験を語る。
(その21・1)太平洋戦争開始後、南方行きの船中。
「ジャワ班は僕が班長だったんだ。ところが、あのときは広島から赤十字の船で運ばれたが、一緒になったのが、いわゆる娘子軍でね。慰安婦だけれど、これが大連から広島へ運ばれ、広島からまた大量輸送で南進ですよ。これが一番下の船底にいた」(244ページ)

〔その22〕徳川夢声著『夢声戦争日記(2)』中公文庫、1977年発行。夢声は、昭和17年10月、慰問団の一員で、シンガポール方面に出かける。
(その22・1)昭和17年10月、南方行きの船中。
「10月16日(金曜)だんだんと船全体の様子がわかってくると、面白くない点がポツポツ出てくる。私たち慰問団員の特別三等は」「所謂下士官待遇だ。(軍に応募した女性)タイピスト以下の扱いなのである。どうも割り切れない。情けなさを感ずる。更に情けない気がしたのは、慰安婦としての田舎芸妓たちが、私どもと同じく特別三等であることだ。軍が、私ども慰問団を、慰安の売笑婦たちと同じように見ているということ、いや、軍の本音を聞くことができるとすると、どうも演芸なんかする奴らよりも、性的満足を与える彼女たちの方を、大切に思っているのかもしれない」(83〜84ページ)「10月26日」「(台湾・高雄港で)私たちの船の隣に碇泊していた船、これが香港行で、ここへ来るまで同船していた例の芸妓一行、後甲板で盛んに半巾を振り、日の丸の扇子を動かす」(98ページ)
(その22・2)昭和17年11月、仏印・サンジャック。
「仏印サンジャックというところ、仏蘭西人たちの避暑地だそうで、今は流石に海浜の豪華ホテルも閑散である」「安南人の店に入り食事をする」「私たちが食事をしてると、大柄な日本女が2人、浴衣を着て我々を見物に来た。何所か山の手辺の奥さんみたいに落ちついている。例の慰安婦という人たちであろう。−−あたしたちも、戦争遂行に、身をもって協力しているんだ。という自信があるせいか、少しも悪びれた所が見えないには感服した。御化粧も至極あっさりして、健康的に見えた」(108〜109ページ)
(その22・3)昭和17年11月、シンガポール。
「11月11日(水曜、暁雨後晴、酷暑)」「4時頃、偕行社行」「総参謀長に、あいさつ」「演習終りて大宴会。私は2号卓子、少将と同席。日本酒大和部隊の酌」
「(同日の項)註、次に御覧を願う一文は、日記ではない。昭和22年の夏、一種の懺悔録として書いたものである。11月11日夜の飲みツブレを境として、私は、完全に陸軍を慰問する熱意を失った。もう、我慢がならなくなったのである」「どうして慰問の熱意を失ったかを、次々に記したいと思う。前記大和部隊≠ネるものだけでも、私は軍が厭になった。これは若き大和撫子の部隊であった。彼女たちは、皆ダマされてこんなところへ拉致されたのである。−−若キ愛国ノ女性大募集。−−南方ニ行キ、皇軍ニ協力セントスルノ純情ナル乙女ヲ求ム。−−大和撫子ヨ、常夏ノ国ニ咲ケ。というような、勇ましく美しい文句に誘われて、気の毒な彼女たちは、軍を背景に持つゼゲン共の口車に乗せられ、高らかな理想と、燃ゆるが如き愛国の熱情と、絢爛たる七彩の夢を抱いて遥るばると来たのである。軍当事者とゼゲン師どもは、オクメンもなく、娘たちの身元を調査し、美醜を選び、立派な花嫁たるの資格ある処女たちを、煙草や酒を前線に送るくらいの気もちで、配給したのであった。なんたる陋劣! なんたる残酷! −−あらっ、こんな約束じゃなかった。と気がついた時は、雲煙万里、もうどうしようもない所に置かれていた。その1部隊が、この偕行社で酒席の芸妓代用品とされているのだ。お酌をやらされる。手を握られる。お尻をなでられる。接吻は腕力で強請される。−−が、そんなナマヤサシイことでは、大和部隊の任務は完遂されたのでない。ちゃんと、宿泊の設備アリだ。中には諦めて、唯々諾々、皇軍に協力している娘もあるようだ。中にはまた、寧ろ嬉々として毎夜を楽しむという、モトモト不良性の連中もあったかもしれない。然し、−−何度も自殺しようかと思いましたの。と、涙をふきつつ、(夢声らの慰問団の一員として)慰問に来た同性の彩子嬢なり、みどり女史なりに、悲惨な身の上を嘆く娘さんたちは、実に可哀そうではないか」「ホテルに帰ってから奥山彩子嬢に聴いた話であるが、この夜、彼女と卓を共にした若き士官が、『(慰問団の)藤原チタカというのは、一寸可愛い顔をしとるが、あれは未だ子供でダメだろう。うン、あの豊島珠江という女は、なかなか面白そうなやつだな。アレをどうだ、今夜、オレの部屋へ泊りに寄越してくれ』と日常茶飯の如くに言った」「その夜、更けてから私たちのホテルに電話が掛り、『今、自動車を出すから、慰問団の若い女だけ、閣下のお屋敷へ寄越せ。男は一人も来なくてよろしい』という命令が副官により伝えられた」「この閣下こそ、威名赫々たる、総参謀長の中将であった」(126〜131ページ)

〔その23〕玉井紀子著『日の丸を腰に巻いて・鉄火娼婦高梨タカ一代記』現代史出版会、1984年発行。同書の帯によると、高梨は、「16歳で結婚、1女をもうけるが離婚、19歳で親孝行≠フため高崎の遊郭へ」「昭和6年、28歳の時サイパンへ。以後、パラオ、中国、朝鮮、インドネシア等を歩く」。その歩き方は、「時に酌婦、時に慰安婦として、身を苦界におきながらも明るく、たくましく生きた」という。その高梨の思い出話。
(その23・1)昭和14年、中国・南京。
「(南京で働いた)料理屋は『暁』。妓は10人ぐらい。戦争中だから、支那人の立派な家を奪って勝手に使っているんですよ。料理屋とは名ばかり、兵隊のパンパン屋です。それだって、将校でないと登楼(こ)れないんですからね。ぺエペエの兵隊は料理屋には登楼(こ)れない。ぺエペエには別にパンパン専門のところがあったんです」(84ページ)「この『暁』の経営者は、吉原で女郎屋の女将(おかみ)をやっていた人」(91ページ)
(その23・2)昭和17年、セレベス・マカッサル。
「ある旅館の番頭が、軍の許可をとったので、妓を24人だか25人だか連れてセレベスのマカッサルに行くっていう」「三業地の楼主(おやじ)も、日本にいたって男がいないんだから儲かんないでしょ。軍の許可をとって、戦地でパンパン屋を始めた。兵隊にいかなくてすむし、娼家はもらえるし、食糧はいっぱいあるし、儲かるでしょ」(105ページ)「杉野屋という娼館(みせ)だった」「妓が三つに分かれて1組は一般人用、1組は軍属用、そして、もう1組は将校用だった。あたしは当時、39歳、娼売するつもりじゃなくて、仲居のつもりで行ったんだけど、あたしより年とった人がパンパンになっていて、軍の命令じゃしようがないでしょ。かわいそうだからって、楼主(おとう)さんが一般人用の方へまわしてくれたんですよ。そうすりゃ、お客をとろうがとるまいが、妓の勝手だからね」「この娼館は一般人用と軍属用で、将校用はまた別のところにあったわね」「ぺエペエの兵隊はまた別のところでしたよ」「このマカッサルでね、驚いちゃったねえ! サイパンでわたしの彼氏だった麻雀仲間の金城のおやじに偶然会っちゃった。金城のおやじは、20人もの妓(著者によると、沖縄出身者という)を連れて、兵隊用の慰安所をやっていた」(110〜112ページ)

〔その24〕原田東みん著『平和の夢を追いつづけて』影書房、1984年発行。奥付によると、原田は、「1936年慈恵医大卒業。1938年ー1946年応召、軍医大尉で解除」。
(その24・1)昭和21年1月、台湾・恒春。
「(日本への帰還のため)私たちは網沙で正月を祝い、1月20日過ぎ網沙をあとに、トラックで北上した」「ちょうど1年間をわれわれは、ここ恒春と網沙、そして網沙峠で過ごした。せい一杯働き、せい一杯生きた。村民も、恒春城内の慰安婦たちまで手を振って別れを惜しんでくれた」(101ページ)

〔その25〕テレビ東京編『証言・私の昭和史3』文春文庫、1989年発行。同書の「白人婦女子抑留所長だった私」に登場する海軍陸戦隊の山地正(終戦時上等兵曹) は、昭和17年から終戦まで、セレベスのカンピリ婦女子抑留所長を務める。三国一朗がきき手となり、1966年7月15日、テレビ東京で放送された。
(その25・1)昭和19年、セレベス・カンピリ。
「三国 (オランダ人の婦人たちは)全部で当時、何人いたんですか。
山地 最初は、1800人ぐらいでした。それが、チモール、クーパン、ボルネオと、海軍地区から全部集まって、最後に3300人くらいになりましたか」(427ページ)
「三国 ところで、だんだん戦局もおしつまりました昭和19年になりまして、予想もしなかった一大難事がこの抑留所にもちあがることになったわけです。というのは、当時、現地におりました日本の陸海軍のほうから、カンピリの抑留所にいる女性たちに目をつけて、慰安婦としてその女性たちを徴発しろ、ということを言いだしたんだそうです。山地さんにとっては青天の霹靂というもおろか、たいへんなショックだったろうと思いますが。山地さん、いかがでしたか。
山地 最初は冗談だと思っていました。結局、いろいろ殺伐な戦地ですから、時々、そういう冗談が話題に出ておりましたから……。
三国 戦地というものは、そうでしょうね。しかし、それがほんとうの話だとわかったら、こりゃたいへんですね。
山地 そういうこと、ちょっと常識じゃ考えられません。
三国 考えられませんね。しかし、もし実現したとしたら、あとでたいへんなことになってたでしょう。
山地 ジャワのほうではあったように聞きましたが……。
三国 そういう実例がなきにしもあらずですか。
山地 ええ、そのほうは所長さんが死刑になりました。
三国 当時のこととして、山地さんはどういうふうな対策をお考えになりましたか。
山地 こりゃたいへんなことだと思って、今考えれば愚かなことですが、われわれがこの非戦闘員の婦女子の中から一部の者を提供した場合、あとの3000人というものを、とても管理できるものじゃない、暴動が起こりかねない。また常識的にも到底できません。自分の妻子がこんな立場だったらどうするかと、まあ、自分ながら考えまして、いろいろ各部にお願いにあがったわけです」「ほんとうにあちらこちらへお願いをしました。『そりゃ仕方がないんじゃないか』というようなことまで言われた偉い方もありましたが、最後の南遣艦隊の長官である柴田弥一郎中将に、民政部の政務部長さんでしたかどなたがお伺いをたてまして、とうとう『長官の決裁でとりやめになったから安心してくれ』といわれ、よかった、ほんとうによかったと思いました」(432〜434ページ)

〔その26〕横田正平著『玉砕しなかった兵士の手記』草思社、1988年発行。同書によると、「大正元年愛知県生まれ。上智大学新聞科卒。同盟通信写真部に入り、昭和13年に従軍記者として中国戦線に赴く。昭和14年に東京朝日新聞編集局へ。昭和16年に召集の一兵卒として、華中、満州、サイパンと転戦し、グアム島攻戦の最後の段階で投降、ハワイの捕虜収容所へ」入る。昭和60年に死亡したが、死後公表されたのが、この手記である。
(その26・1)昭和?年、サイパン。
「サイパン上陸以来3か月、外出は全くなかったが、5月半ばに許可になった」「部隊がたくさんいるため、連隊の外出日は約10日目に一度ずつ回ってくるということだった」「同行4名と、順序について熟議した」「まず酒を売る店をどうやっても見つける。次にぜんざい屋、フルーツ・パーラー、要するに口に入るものは何でもということであった。そのあいだに時計屋、文房具屋などがはさまり、最後に慰安所が控えていた。これは、団体行動上、つもりがあってもなくても一同、同行することにした」「慰安所が3軒かたまっているところへ来ると、急に兵隊の姿が多くなった」「『三福楼』と看板の出ている家が、いちばんきれいだという理由で、そこへ入ることに衆議一決した。その家の前まで来ると、外出支度をした女たちが、ぞろぞろ通用門から出てきた。どこへ行くのかと聞くと、『衛生検査よッ。上がって待ってらっしゃい』。とにかく、一同上がることにした。女将に聞くと、金曜日は週1回の検査日だという」(145〜150ページ)
(その26・2)昭和?年、中国・漢口北方。
「漢口北方の警備地では中隊宿舎の隣に慰安所があった。しかし初年兵にとっては別世界であった。作戦に出ると、しかしそうではなかった。江西省を4か月ちかく機動して回っているあいだには、物資徴発はつねにつきものであった。物資徴発には支那の女の影があった。強姦を得々と語る兵隊は少なくなかった」(148ページ)

〔その27〕北海道新聞社編『戦禍の記憶ー戦後60年100人の証言』北海道新聞社、2005年発行。「北千島にも軍の慰安所があった」という見出しで、証言当時札幌市に住む87歳の大竹三郎さんの体験が紹介されている。
(その27・1)昭和18年、北千島・幌筵島。
「兵隊ばかりの北の島にも軍の慰安所があり、『朝鮮半島出身の若い女性が朝から晩まで、強制的に兵たちの相手をさせられていた』と、大竹三郎さんは証言する」「この慰安所は、1943年、北千島の幌筵(パラムシル)島にあった。外出許可が出て、『慰安所許可証』が交付された。慰安所は軍の施設だった。大竹さんは旧満州、アッツ島、キスカ島と転戦。5年近い軍隊生活で死のふちをさ迷った。『生きている証しを、女性を抱くことで得たかったのかもしれない』という。宿舎で酒を飲み、1キロほど離れた慰安所を訪ねた。バラックが2棟並び、奥が将校用、手前が下士官と兵隊用。長屋の2つの入り口には、兵が整然と列をなしていた。時間は1人30分で、巻き脚半を取り、軍靴のひもをゆるめて順番を待った。部屋にいた女性は、言葉などで朝鮮半島の出身と分かった。名は花子、18歳と明かした。軍の売店で買ったアンパンを食べさせ、残りのパンを袋ごと与えると、女性は突然、布団をはねのけ、寝巻着の前を開いた。彼女は『見て』と性器を指し示した。そこは、裂けたような跡が、いく筋にもなって盛り上がり、無残な傷あととなっていた。酔いも好奇心も性欲も消し飛び、いたたまれなさと行き場のない怒りに襲われ、部屋を飛び出した。廊下に出てほかの部屋のドアを開け、やめさせようと大声で怒鳴り、戦友に抑えられた。『少女のころ連れてこられ、いや応なしに日本兵の相手をさせられた。悲鳴とおえつをどれだけもらし、屈辱にまみれたことか』と話す大竹さんの顔が苦痛でゆがんだ」(149〜150ページ)

〔その28〕本田忠尚著『茨木機関潜行記』図書出版社、1988年発行。同書によると、本田は、陸軍特別操縦見習士官の南方要員として、昭和20年6月初旬、昭南(シンガポール)にたどり着く。茨木機関に配属される。敗戦後、スマトラに移動し、独立闘争への加担・残置諜者をめざす。本田ら南方要員の回想。
(その28・1)昭和20年、昭南。
「日本軍の後には料亭が従うといわれるくらいで、驚くほどの数の料亭が進出してきていた。これは昭南に限らず、南方占領地域の主要都市では、みなそうであった。もちろん戦前からのものもあったが、大多数は占領後に進出してきたものである。一番盛んなときは、東京から来た芸妓が昭南に200人いたという」「料亭の繁栄は、日本軍の敗勢と関係がなかった。末期的症状の料亭の繁栄を見るに見かねて、方面軍参謀部第一課(作戦)から、料亭をつぶせという強硬意見が出た。すると、民間の料亭を閉鎖するなら、軍の慰安所もやめてしまったらどうだ、との反対意見が二課(情報)から出て、結局、沙汰やみとなった」(12〜13ページ)
「むろんピー屋(赤線)へも通った。はじめのうちは軍のピー屋へ行ったが、なにしろそこは兵隊が門前に行列しているありさまだ。すぐいやになり、穴場を探す。もちろんそういう場所は治安も悪く、病気の心配もある」「兵営から6キロも離れたパシル・パンジャンのピー屋まで歩いて通うのがいた」「そのピー屋の親爺は宮崎県都城の人で、もと芝居の女形をしていたという。40歳ぐらいで、女形とは信じられないごつい顔付だが、女のような声を出す。小さな家に中国人とマレー人の女が一人ずつ、やりて婆が一人いるだけだ」(14ページ)
「(仲間の)山田が、(スマトラの)アチェへ行くなら、女も一緒に行かせてくれ、といいだした」「(その女は)朝鮮人の娼婦だが、かなりの美人であり、娼婦になるような素性の女とは思えなかった。わけを聞くと、軍の補助要員という名目で採用されたが、段々格下げになり、ピー屋に落ち込んだという。つまり、だまされて連れてこられたのである」(73〜74ページ)
(その28・2)昭和20年8月?、スマトラ・ムラボー。
「ムラボーの町は、予想したよりずっと貧弱だった」「日本人のお婆さんがいると聞き、行ってみると長崎県出身のからゆきさんで、軍の慰安所を経営していた人だった。年は70を越して、よぼよぼで、言葉もたどたどしかった」(117〜118ページ)
(その28・3)昭和20年9月?、スマトラ・シダマニック。
「茶畑を越えたところに慰安所があった。現地人の女が10人ばかりいた。(野砲兵)連隊がアチェからずっと伴ってきたものだった。特操がしばしば通うので、砲兵隊から文句が出た」(204ページ)

〔その29〕熊谷伸一郎著『金子さんの戦争ー中国戦線の現実』リトルモア、2005年発行。同書の中で、主人公・元陸軍伍長の金子安次が、2000年12月、東京で開かれた女性国際戦犯法廷で証言した内容も紹介している。
(その29・1)昭和17年、中国・東昌。
「検事役 あなたが軍隊に所属されていた間に、自分で体験した慰安所というのはどういうものでしたか。
金子 私は、昭和17年に山東省の東昌というところにいました。その時に中隊の命令で、巡回慰安婦の移動を警備しろという命令を受けました。そして機関銃中隊から少尉以下9名、機関銃を持って大隊本部にまいりました。その時にすでに小銃隊が15名ほどおりまして、2台のトラックに乗りました。私たちが2番目のトラックに乗った時に、そこには絣の着物を着た従軍慰安婦の方が3人おりました。しかしながら、敵地区をまわるので、八路軍に襲撃される恐れがあってまずいということで、携帯用の外套を上から着せました。そして軍帽をかぶせました。その車中で、古い兵隊が俺はお前たちのために警備しているんだが、もしも途中で八路軍に敵襲を受けて戦死したら、こんな恥ずかしい話はないよ≠ニ言ったんです。そうしたら慰安婦の1人の方がだったらやめたらいいでしょう=Aこう言いました。ばかやろう。俺は勝手に来てるんじゃないんだ。命令で来ているんだ。そんな勝手なことができるか=Bそうすると、その慰安婦の方はあたしだって何も好きこのんでこんな危ないところに来ませんよ。軍隊の偉い人のおかげでここに来ているんですよ≠ニ言いました」
(その29・2)昭和18年、中国・臨清県。
「検事役 今の話は、あなたが軍隊に入って慰安婦の輸送にかかわった時の出来事ですね。それでは、次にあなた自身が慰安所に行くようになった時の体験をお話しください。
金子 私が一番最初に慰安所に入ったのは、昭和18年のことでした。それは、臨清県というところにいた時です。当時私たちは慰安所≠ニは呼びませんでした。ピー屋≠ニ呼んでいたんです。そこにまいりました。女の方が4人いました。すべて朝鮮人の方だという話でした。女の方がいらっしゃい≠ニ言いました。ところが日本語がたいへんうまいのです。お前朝鮮人か=A私は聞きました。違うわよ、私は日本人よ=Bなに日本人? 大和撫子がこんなところにいるなんて、日本人の恥さらしだ=Bそこで口論になりました。そして払いましたお金をふいにしてしまったんです。このようないきさつがありました。その時に彼女はこう言いました。兵隊さん、私は好きこのんでこんなところにいるんじゃないんですよ。私の夫は上海事変で戦死しました。2人の子供と母親をかかえて、どうやって生きていけばいいんですか=B彼女はこう言ったんです。私は二の句も告げずに立ち去りました。こういういきさつがありました。
検事役 あなたが見た慰安所の女性たちは、自分たちの意志で来ていた人たちですか。
金子 違います。日本には公娼制度というのがあり、それは営業であり金儲けでしたが、しかし、そこで働いている人は、みんな苦しいから働いているんです。金で縛られているから自由に行動できない。そこに慰安婦の慰安婦らしいところがあるんです」(216〜219ページ)

〔その30〕大石淳子ら編『白の墓碑銘』桐書房、1986年発行(医療文芸集団編『白の墓碑銘』東邦出版社、1968年発行の新装版)。同書の「第二部手記編」中、江川きく著「撃沈」の一節。昭和19年、江川は、軍事保護院派遣軍属看護婦として、高雄海軍病院、セレベス島の診療所を経て、昭和20年には、本来の目的地であった中国・海南島の三亜海軍病院に着く。
(その30・1)昭和20年、中国・三亜。
「外来勤務に代わって初めての日だった。その日は、テントで特別の受け付けがつくられ、産婦人科の軍医が出張してきた。やがて、4台のトラックに満載された100人をこす女たちが運ばれてきた。日本中が地味な色のモンペ姿に統一されているというのに、この人たちは、色とりどりの着物を着流しにしたり、すその長い朝鮮や台湾の服を着ていた。いったいこの人たちは誰なのだろう。そして、何が始まろうというのかしら。私がキョトンとしていると、担当の衛生兵が、慰安婦の検診なのだと教えてくれた」
「いよいよ検診が始まることになって、ふと衛生兵の机の上を見ると、慰安婦の名前の上に、『将校用』『兵隊用』『軍属用』と書かれてある。『これ、どういうこと?』『ああ、これか。将校用は日本人、兵隊用は朝鮮人、軍属用は台湾人だとよ……』」「それから毎木曜日、私は慰安婦検診の介助をつとめねばならなかった。そうしてみると、部隊を中心にして、病院、慰安所、その他の遊び場が、ぐるりととりまいており、部隊の移動にともなって、これらの施設もついてまわっているということ、慰安所は、将校が『海南荘』と呼ばれる立派な建物なのに、それ以外はバラック建ての、カーテンで仕切られただけの粗末な部屋だということなど、私にとってはまったく驚くことばかりが、次つぎとわかってきた。将校は、おめかけさん≠ニ呼ばれるオンリーをつくって海南荘の一室に住まわせ、従兵に世話をさせたりしていた。彼女たちは、女の目からもきれいだと思える人が多く、小ぎれいななりをして道をいそいそと歩いていた」
「ある日、背が高くて、小麦色の肌に目がぱっちりした1人のおめかけさん≠ェ、子宮外妊娠の手術を受けた。執刀は相手の産婦人科医だ。ところが、折り悪く途中で空襲が始まり、院内は避難体制にはいった。私たちはどうしたものかと不安顔で顔を見合わせていると、軍医が興奮してどなった。『重要な患者だ。手を放すな』。そして、『お前たち看護婦が無事でいられるのは、こういう人たちのおかげなんだ。それを忘れるな』と、つけ加えた。幸い、爆撃も受けず手術は無事に終わった。彼女たちは、遊郭制度廃止後かくれて営業していたところを連れてこられた人が多く、ほかに、『特殊看護婦』という名目で、本人も看護婦をするつもりで知らずにやって来たという人もいた。九州、四国の人がほとんどで、アクセントの強い方言がわからずに困った。月給は250円程度。私たちの90円をはるかに越し、志願すれば、支度金として1000円くらいもらえたという話もあった」
「テイさんも、さっぱりした、清潔な感じのおめかけさん≠セった。小柄で色白な身体に、とてもよく似合う着物を着、ちっともくずれた感じのしない美しさに、私は好感をもっていた。しばらくした夏の夜、彼女の部屋に遊びに行ったことがある。部屋は民芸品などで美しく飾られ、私たちがなかなか手にすることのできない羊羹や果物がいっぱいあった。私が農家の出身であることを告げると、彼女もそうだと語ったが、それ以上くわしい過去は話さなかった。過去からも肉親からもすっかりつながりを断とうとしているようにも見えるこの人に、タンスの上にかざられた両親らしい人の写真が淋しかった。『これでも、私たち帝国の勇士≠ネのよ。だって、死ねばちゃんと戦病死≠フ公報が家に行くんだから……。軍属なんだもの』。テイさんは、さまざま世間話をした後、急にこう言って笑い出した」(233〜236ページ)

〔その31〕堤新三著『鬼哭シュウシュウ』毎日新聞社、1981年発行。同書によると、堤は、昭和15年、海軍2年現役主計中尉に任官し、大湊航空隊主計長を経て13警備隊(深見部隊)主計長。昭和20年5月、主計少佐に任官し、深見部隊の駐屯地ビルマのミヤンミヤからの「転進」中の出来事。
(その31・1)昭和20年、ビルマ・シンテサカン付近。
「5月20日早朝、シンテサカンを出発、相変わらずのぬかる坂道に苦しみながら、北上していった」「午後になって少し開けた尾根に出た」「雨雲が低く垂れこめているので、敵機の心配はなさそうだ。ここで小休止していると、数十名の陸軍部隊が追いついて来た。久しぶりに見る友軍である。『海軍部隊ですか?』『そうです。深見部隊です』『そうですか。私は振武(陸軍第55歩兵団)の西迫少佐です。我々が最後尾で本隊を追及中です。ここから数日の行程の山中に兵団司令部があり、長沢閣下もそこに居られます』。こんな会話が司令等幹部と交わされた」「西迫少佐は一服して」「足早に出発して行った」「この西迫隊を見送っていると、後尾に少し様子の違う兵隊が数名いた。軍服も少しだぶついている。よく見るとそれは女性であった。看護婦なのだろうか、それとも慰安婦なのだろうか。頭も短くかっているが、青白い顔立ちが、ほかの兵隊達と際立って違っていた。その中の1人は短い天秤棒を担ぎ、前後に藤の籠が吊るしてあった。いたわりの言葉でもかけようとして、ふと前の籠を見ると、雨よけにかぶせてあったバナナの葉の間から、赤ん坊の姿がチラリと目に飛び込んできた。私は一瞬ギクリとして息を呑んだ。兵隊でも苦労している難行軍を、これから先どう続けて行くのか。しかも乳飲児まで連れて……」「私はやっとの思いで『頑張れよ』と声をかけた。彼女達は固い表情で会釈を返しただけで、一歩一歩足元を踏みしめながら、西迫隊の後を追って行った」(80〜81ページ)

〔その32〕福田テン太郎著『いくさのにはの人通り』私家版、1979年発行。同書によると、福田は、昭和12年、日支事変勃発により従軍し、昭和14年末に帰還した。この間、陣中日記を書き、短歌らしきものも書き込む。
(その32・1)昭和?年、中国。
「戦地に来て軍人の相手をする女の人を慰安婦といった。娘子軍ともよんでいたが、慰安婦が正しいらしい、軍隊用語だったのかもしれない。これには官選とでもいうのか、国が公認で差し向けたと思われるのと、個人で開業する私物というべき性質のとあった。官選の方は、日も時間もきまっていて、各班に切符と予防具、薬品が配られ、もらった切符を渡し、代金を払って遊ぶのであった。私の歌に、『憲兵が見張り順番で女買う、この久米の児等賑はしきかも』『慰安婦の洗浄の湯を沸かす苦力、ほむらに見れば汗しとどなり』がある。私物の方は、外出許可の兵隊ならいつでもいいらしかった。地方の私娼窟と同じ雰囲気を作っていて、兵隊は漂客の風情をたのしみ、素見の人となって女に戯れ、いくらに負ければ上る、いや負けぬと賑やかだった。私はからだは丈夫だったが、あの種の事は相手に依って絶対にその気にならないので御世話にならずに済んだ」(279〜280ページ)

〔その33〕畑田重夫・川越敬三著『朝鮮問題と日本』新日本新書、新日本出版社、1968年発行。体験談ではなく論文として、1939年以降の日本による朝鮮人の徴用・強制連行に言及し、以下のような記述がある。
(その33・1)
「強制的に戦争にかり出されたのは(朝鮮人)男性だけではありません。日本の軍部は、何万という朝鮮女性を前線にかり出し、将兵相手の『慰安婦』という死ぬよりつらい仕事を強制し、そのあげく退却のさいにはこの人びとを殺すという蛮行さえやったのです」(66〜67ページ)

〔その34〕三田庸子著『女囚とともに』朝日新聞社、1955年発行。三田は1946年から女性受刑者を収容している和歌山刑務所長を務める。殺人罪で懲役13年の判決を受け、服役したY子のことを「或る女」の章で取り上げている。
(その34・1)昭和16年以後、南方。
「Y子は小学校卒業後、一応世間並みの結婚をして、一子をもうけた。その後夫と離別して、子供とも別れて暮すことになった」「実家はこの頃極度の貧困に陥っていた。出戻りの身が、実家の恩恵をうけるどころか、かえって身売りをして貢がなければならなかった。そこでY子は、その(紀州の)小さい漁師町に芸妓見習いとして打って出た」「(その後)Y子は一本立ちとなっていたが、町では大した稼ぎにもならない」「『慰安婦になって南方にゆく』。仲間の誰からともなく、南方にゆくという手があることがいいはやされた。『そうだ、自分も南方にいってひと稼ぎしてこよう』、決心はついた」「(Y子の実父は)この界隈で美男子で通った顔」「Y子は父親そっくりの顔立ちである」「慰安婦の話は決まった。仲間がほかに5、6人できた。なんでも解っているような50がらみの、たのもしい親方が統率者となって、Y子ら慰安婦が、いよいよ日本を後に南方に向け出立したのは、昭和16年の夏ごろであったろうか」「彼女らは船中でよくしゃべった。家のこと、兄弟姉妹のこと、男のことなど……。誰もかれもまともな暮らしをしてこなかった。中にはもの心ついたときは、もう親もいなかったという人もあった。文字も知らない女もあった」「南洋での日々の生活は、何から何までもの珍しく、また楽しいものであった」「彼女たちは、毎夜毎夜、かわるがわる男の腕に抱かれた」「戦地では種々な物が手に入った。鰐革の手提げ、赤や青の宝石の指輪、絹のきもの、Y子は誇らしかった。身につけられるだけ身に着け、飾られるだけ飾りたてた」「南方の生活は2年あまりであった。多くの慰安婦は便を得て、日本内地に送り帰されてきた。その中に着飾ったY子も混じっていた。ひとりではなかった。南方で特に馴染んだ男と一緒であった。それはTという従軍記者の一人であった」(115〜119ページ)

〔その35〕東京12チャンネル社会教養部編『新篇私の昭和史4・世相を追って』学芸書林、1974年発行。三国一朗が聞き手で、1971年9月7日に放送された「進駐軍慰安作戦」の話し手は鏑木清一。1945年8月の敗戦直後、占領軍対策として設立された「特殊慰安施設協会」(略称R・A・A)の情報課長だった。
(その35・1)
「三国 R・A・AができましたのはGHQの要請にもよるのですか。
鏑木 ではないんですね。敗戦と同時にですね、警視庁あたりでも婦女の対処を非常に重要視したわけです。警視総監の発案で防犯部長が業者に呼びかけをしました。わたくしもですね、戦争中報道班員で満州とか南方を見て、それで、日本軍が進駐した時にしたことを見聞きしているものですから、ある程度意義ある仕事じゃないかと思いまして」
「三国 内容としては慰安施設というのですから、キャバレーだとかダンスホールだとか。
鏑木 最初は膨大な計画でございましてね。ダンスホール、キャバレー以外にも、いわゆるゴルフ場だとか。構想としては膨大なものだったですけどね。
三国 しかし、いわゆる慰安所、これがやっぱりいちばん大きな……。
鏑木 まあ、主目的はそこにあったわけです。
三国 接待に当る女性ですね、余り感じのよくない言葉ですが、慰安婦、その人たちをどういうふうにして集めたのですか。
鏑木 当初はですね、吉原の娼妓組合の組合長が、自分の従来手がけた女の子を集めました。焼けてしまって、地方へ帰ってしまったのを呼び集めました。
三国 国策的な事業に再就職ってわけですね。
鏑木 お国の為だとかいって、30数名集めましてね。しかし、多勢の進駐軍相手でございますから、とても足りない。そこで銀座街頭に大きな立看板出しまして、一般女性も募ったわけでございます。
三国 公募したわけですね。何といって公募したんですか。まさか『慰安婦を求む』というわけには。
鏑木 『ダンサー及び女子事務員を求む』および『日本の新女性を求む』というキャッチフレーズを作りまして」
「三国 そういう女性のことを、慰安婦さんと呼ぶわけには行きませんね。何と呼ぶのですか。
鏑木 正式にはですね。特別女子挺身隊員。
三国 挺身隊員。
鏑木 挺身隊員ですね。戦争中の意気ごみと同じ気分だったのです」(141〜147ページ)

〔その36〕二ツ森範子著『龍の子と生きてー八路軍従軍看護婦の手記』こうち書房、1995年発行。同書の奥付によると、二ツ森は、満州の看護婦養成所を卒業し、1946年、八路軍に留用され、従軍看護婦として中国解放戦争にかかわる。1953年、帰国した。その従軍看護婦時代の話。
(その36・1)
「投降した国民党軍の中から、中国人の看護婦も多数入ってきた。その中にも日本人看護婦が混じっていた」「私たちと同じような経過で、彼女たちも国民党軍の要請を受けて参軍したのだ。民間人でいながら看護の人手をおぎなうため参軍した女性もいる」「私の班には、若奥さんという感じの北関東の人と、日本軍相手の慰安婦として連れてこられた人がいた。2人とも八路軍の新しい軍服よりはるかに上質の服を着ている」「国民党軍でも、大切な戦力である彼女たちをそう粗末には扱わなかったらしい」「もと慰安婦の彼女は、私などとちがい大変な芸達者だった。患者慰問をやったら、日本舞踊であれダンスであれ、即興の身振り手振りも水際立っていて、さかんに喝采を浴びた。私たちの出し物も、彼女が中国の歌曲に合わせて振り付けをし、気の利いたアレンジをしてくれた。過去は過去と割り切り、うじうじしない。日本人きっての有能な演芸担当者になった」(197〜199ページ)

〔その37〕熊沢京次郎著『天皇の軍隊』現代評論社、1974年発行。同書のあとがきによると、中国侵略の具体的なありようについて、北支方面軍第12軍第59師団を例にとり、当時の直接関係者たちの証言でまとめたものという。なお、熊沢は筆名で、本多勝一と長沼節夫の共著(岩波新書『中国侵略の証言者たち』)。
(その37・1)
「(昭和19年?)4月、北海道と朝鮮出身の初年兵がどっと入隊してきた」「4月の新兵編入に際して、教育助手坂倉兵長が大隊本部から受け取った紙切れには次のような『新兵取扱い注意項目』があった」「今回の入営者には、アイヌ、朝鮮人、前科者などが編入されているので留意せよ。1、彼らを朝鮮人と呼ぶのは、侮称ともとられ、また朝鮮があたかも日本の一部ではないよう誤解される恐れもあるので避け、その替わり半島人と呼ぶこと。2、半島人の日本語の中の、濁音、半濁音についてこれをからかってはならない。3、朝鮮人慰安婦を半島人兵士に接触させてはならない。……」(187〜188ページ)
(その37・2)
「(済南の)西のはずれの緯八路まで出かければ、約100軒の中国式の売春宿が軒を並べていた。経営者はほとんど日本人である」「下級兵士たちにとって最も人気を集めたのは『六太馬路緯六路』と呼ばれる一画だった。そこには『星倶楽部』という慰安所があり、常時100人以上の中国人女性が皇軍の性の犠牲者となっていた」「『偕行社』という組織も売春業をやっていたという。偕行社は、将校のみを会員とし、得意先としてさまざまな商売をするところで」「ここに出入する将校には自分だけの特定の『抱え女』をきめている者が多かった」(259〜260ページ)
「(泰安の)町には売春宿が数軒あった。いずれも1軒で10人足らずの売春婦を抱えているのに過ぎない。済南その他の町とちがって、この町では中国人で売春婦となっている者はほとんどいなかった。日本婦人が7,8人いるほかは多くが朝鮮人婦人で、日帝植民地下の朝鮮半島からやってきていた」(261ページ)
「泰安の場合、一般兵士が性欲のはけ口とした相手は、主に朝鮮人女性だった。彼女らにすれば、それも始めからその目的で2000キロ近く列車に揺られてこの奥地の町へやってきたのではないらしい。そのうちのひとりはよく客≠ナある天皇の兵士に、自分はだまされてこんな所へ連れられてきたんだ、と口癖のように言っていた。『私、軍人会館に就職口があるからといわれたんで朝鮮から来たの。こう見えても女学校を出ているんだから』と言うのだ。当時の植民地朝鮮で、女学校出は知的経済的エリートに属したはずである。時々皇軍兵士がそれをからかうと、彼女は機嫌が悪く、『これこの通りよ。卒業証書だってちゃんとあるんだから』と、紙切れを大事そうに広げて見せたものだ。兵士たちもそれを信用した」(262〜263ページ)
「厳然たる階級社会である『天皇の軍隊』は、セックスの相手の女性たちにも上下関係を作り上げていた。大別すればそれは民族差別に照応している。皇軍内では『兵はチャン(中国人の蔑称)馬に乗り、下士官は朝鮮馬に乗り、将校は日本馬に乗る』などと言われていた」「(肥城県でのことだが)朝鮮人経営者の手になる売春宿の女性は中国人だった。彼女が裸になると、背中に大きく『日本軍慰安婦』と入れ墨が刻みこまれていた。『私一人ではないわ。日本兵が数人で無理やり入れ墨をした』と彼女は言った」「売春宿の経営者は、自分の町にいる皇軍が移動すると、自分たちも部隊のあとを追う例が多い。手頃な建物がなければ、アンペラ(コウリャンのゴザ)作りの急ごしらえの売春長屋で商売を始めた」(262ページ)

〔その38〕張俊河著『石枕(上)』サイマル出版会、1976年発行。同書によると、張は、1918年生まれ、1944年、学徒志願兵で陸軍に入隊したが、祖国光復の闘いの最前線に立つべく、北支の日本軍部隊を脱出、重慶にあった亡命臨時政府をめざす。その間の回想。
(その38・1)
「(中国・臨泉の)中国中央軍官学校臨泉分校で、そのなかに韓国光復軍訓練班が特別に設けられていた」「およそ4か月前に設置されたという。日本軍に徴兵され、中国大陸へ派遣されてくる韓国人青年の数が増加の一途をたどっているという情報を入手して工作計画が(臨時政府などで)樹立され」「脱走兵以外にも韓国人青年を募集して」「80余名も集結していた」「構成員別には50余名の脱走学徒兵、それから前線地区を走り回っていた商人が中国軍の捕虜となり、収容所からここへ回されてきた数名、また汪精衛軍で将校をつとめていて脱走してきたもの数名、さらに、中国各地で、はなはだしくは接待婦にまで身をやつしながら連絡工作に参加していた女性同志が、その構成員だった」(129ページ)「(その女性同志の2名は)日本軍を相手に売春婦にまで身をやつしながら光復軍のため情報活動をおこなってきた工作員たちだ。工作員であることが発覚し、引き揚げてきた女性たちだった」(177ページ)

〔その39〕梯久美子著『散るぞ悲しきー硫黄島総指揮官・栗林忠道』新潮社、2005年発行。
(その39・1)
「(昭和19年)6月17日に栗林が発した『師団長注意事項』の中に、次のような項目がある」「安全のために軍の防空壕に民間人を収容するのはよいが、空襲警報が解除になった後はすみやかに自宅へ帰すべし、また夜間に民間人を防空壕に入れてはいけないと言っているのである。空襲に備え、女性はなるべくもんぺをはくようにという指示も出している。おそらく風紀上の問題が起こってはいけないと考えたのだろう。栗林は潔癖な人だった。硫黄島には慰安所が設けられなかったが、これは栗林が難色を示したためだという説がある」(59ページ)

〔その40〕杉本幹夫著『「植民地朝鮮」の研究』展転社、2002年発行。同書では、従軍慰安婦の強制性≠否定しているが、文中に以下のような部分がある。
(その40・1)
「かねて将来の徴兵制施行を考えていた南総督は、この請願を受ける形で、『朝鮮人特別志願兵制度』の創設を本国政府に提案した。この結果、日本軍の兵力不足を補う目的で、同年12月24日『朝鮮人特別志願兵制度』を閣議で決定した。翌1938年に400名を採用し」「その後5年に亘って志願兵を募集したが、応募者は次表の如く驚くほど多かった。これに対し制度創設当時の朝鮮軍司令官小磯国昭は『葛山鴻爪』に次のように書いている。『総督府は各道に亘り志願兵を募集したが、かねてから筆者が心配していた通り、真に父兄及び本人の熱烈なる自発意思で志願する者は、事実において寥々たる有様であったらしく、各道とも志願勧誘に大童となっていた様子である。殊に警察官の干渉・説得が強く、父兄及び一般青年はかなり困惑した模様であった。勧誘説得がかく強烈になった裏面の実状は、自己担任地域からの志願者数の多いことを以て、行政成績の向上となし、上司からの信頼を厚くしようとする、利己的考慮から発露した点もあったことは争われぬ事実であった。総督府の学務当局また、時々各道別に出願者数の増加していく状況を新聞に発表し、各道をして競争させるような手を打ったことは筆者としては甚だ苦々しい事だと思っていた』。兵役終了後は巡査とか、面(村)事務所に就職を約束するといった甘言に乗せられた人たちや、脅しによりやむなく応募した人もかなりいたようである。しかし少年航空兵・予科練等に応募する朝鮮人の中には、血書で嘆願する人も多数いたことも事実である」(94〜95ページ)

〔その41〕西浦進著『昭和戦争史の証言』原書房、1980年発行。同書の序文によると、西浦が昭和22年に記述した「越し方の山々」と題した回想記を改題して出版したものという。同書「49所管争い」の項目の一節。西浦は、昭和12年8月から陸軍省軍務局軍事課予算班長を務める。
(その41・1)
「所管争いは色々あったが、面白かったものを二、三」「支那事変の初め、慰安所が初めて設けられることになった。中央における担任課はどこかということで一議論あった。軍紀風紀という点からいえば兵務課、衛生という点からは衛生課、ジュッ兵なればジュッ兵部、何れにも属せざる事項とすれば官房、というので大分議論があったが、結局、ジュッ兵部あたりで内地の仕事はすることになった」(103ページ)

〔その42〕千田夏光著『銃殺』汐文社、1986年発行。千田は、従軍慰安婦という言葉を考案した人。その10数年後の著書だが、「オンナ」と題した章がある。その中の一節。
(その42・1)
「(日本の)戦前の売春婦には、今日と違い、自らすすんで身を落としたのはいない。家が貧窮のため売られた女性がすべてであったといっていい」「従軍慰安婦とは、そんな日本内地の遊郭よりもっと強烈な戦場における皇将兵を性的に慰安するもの」(113ページ)「従軍慰安婦の主力は強制連行か強制連行的に連れてこられた朝鮮人女性が大半以上だったが、海軍の航空隊関係や士官用は日本人女性のほうが多かった。こちらは朝鮮人女性のように強制連行の類いによるものでなく、海軍の軍港があった横須賀とか呉とか佐世保などで海軍士官や下士官兵相手に商売していたその種の店から連れてきたのである。その彼女は横須賀からトラック(島)に送られたのだと語っていた。本人の意志でなく、15歳のとき東北地方に大冷害があり岩手県軽米の在の農家から売られてきたので、売られた女に行動の自由はない。経営者に『海軍の御用だよ。海軍さんのお伴をなさい』といわれ、輸送船に乗せられ着いたのがトラック島だったというのである」(118ページ)
「以前従軍慰安婦について調べ歩いたとき、昭和17年1月23日攻略直後のラバウルで西村幸吉さんたちの歩兵第144連隊第一大隊長T少佐が、17歳になるラバウル市長の娘を強姦した事件があり、『隊長がやるなら、よし俺たちも』と兵隊が眼の色をかえたのにおどろいた支隊司令部は、あわてて後方から従軍慰安婦を送らせた事実のあったことを知った。このときの従軍慰安婦は太平洋方面における陸軍の補給本部があるパラオ島からのものとされていた。が、海軍航空隊の進出とともに海軍も同じように従軍慰安婦をラバウルへ送っている。こちらは太平洋方面最大の海軍基地トラック島からで、飛行機搭乗員は20日前後禁欲生活させると空中事故、着陸後の事故をおこす。よって従軍慰安婦を送ることは戦力維持に不可欠、というのがその理由であったとされていた。
 さらに陸海両軍の仲が悪かったのは周知のことだったが、陸海軍ともそれぞれ所有する従軍慰安婦を共用することはなかった」「たとえば昭和19年秋にフィリピンのミンダナオ島ダバオには海軍の慰安所はあったが陸軍にはなかった。ダバオは海軍基地だったからだが、後から基地防衛のため送られてきた陸軍高射機関砲部隊は、指をただくわえているだけではすまなくなり、同年秋(10月初旬という)『俺たちにも利用させてくれ』と頼んだ。ところが海軍側はこれを断った」「とたんに荒れた陸軍部隊は海軍の警備区域である現地人集落を襲い、男を殺し女だけ20数人、自分たちの宿営地へ連行し即席慰安婦にした事件があったくらいである」(117ページ)

〔その43〕岡部牧夫ら編『中国侵略の証言者たちー「認罪」の記録を読む』岩波新書、2010年発行。1956年、45人の日本人が中国の戦犯裁判を受けた。その際の45人の供述書をもとに、日本が中国で行ったことをみるのが同書の目的。「慰安所の設置」という項目がある。
(その43・1)
「日本軍の性暴力を象徴する慰安所の設置や経営について、供述書では日本軍の関与が明確に述べられている。鈴木啓久は第15師団歩兵第67連隊長として南京近隣の巣県で1941年に『慰安所』を設置させ、『中国人民及朝鮮人民婦女20名を誘拐して慰安婦となさしめ』たと供述している(前掲『侵略の証言』)。さらに鈴木が第27歩兵団長として河北省に駐屯していた41年末から45年にかけても、日本軍の『ばんきょ地には、私は所謂慰安所の設置を命じ、中国並に朝鮮人民の婦女を誘拐して所謂慰婦(ママ)となしたのでありまして、其の婦女の数は約60名(で)あります』と供述している(同前)。また第39師団長であった佐々真之助は、師団が駐屯していた湖北省当陽には『日本人経営の慰安所が従前より設けられ』ていたとしたうえで、『師団は之が経営を支援』したと述べている(同前)。慰安所とは、現地の女性を拉致、拘束して、日本兵に強姦させる場所であったとの供述もある。『1943年1月中旬より3月下旬迄、私は部下森軍曹に命じ兵力を以て(中略)合計7名の婦人を拉致して来て、分遣隊前の家屋内に拘置してこれを隊の慰安所とし1月より3月の間部下をして自由にここに行って強姦させた。(住岡義一供述書)』。慰安所は日本人のためだけに設けられたわけではなかった」「日本軍が手下として使う保安隊の中国人男性のために慰安所を設置させ、それによって保安隊兵士を懐柔しようしたのである」(130〜131ページ)

〔その44〕吉原勇著『降ろされた日の丸ー国民学校一年生の朝鮮日記』新潮新書、2010年発行。同書によると、吉原は、1938年、朝鮮京畿道生まれ。45年7月、7歳になった著者が仁川で体験したという出来事。
(その44・1)
「満州に向かう慰安婦の一団が仁川を通過していったのは、確か7月中旬である」「警笛を鳴らしながら幌付きのトラックがボクの横を通り抜け、明照寺の石段下の広場に停車した」「すると、『慰安婦よ、慰安婦よ』という近所の小母さんのささやき声が聞こえた。幌付きトラックの荷台には慰安婦が乗っていたのだった。ボクたちは子供といえども当時既に慰安婦という言葉を知っていた」「そのころから好奇心が強かったボクは、慰安婦と聞いてじっとしている訳にはいかなかった」「人垣をかき分けて近づき荷台の後から覗き込んだ。見ると、幌付きの荷台の両端に長椅子がしつらえてあり、向かい合う形で30人くらいの女性が座っていた」「女たちは和服の人、ワンピースの人、朝鮮の民族服であるチマチョゴリの人など服装はばらばらで、みんな疲れた様子だった」「女たちはかき氷を食べているところだった」「『あら、かわいい坊やね。私の弟と同じぐらいだわ』。荷台の一番後ろに座っていた和服の女がトラックから梯子というより簡易階段と言った方がいい木製の台をおろし、降りてきた」「女の顔つきは優しそうだった。ボクは思い切って聞いてみた。『お姉さんたち、ど こへ行くの』『親方から満州だって聞かされているわ。関東軍から早く来いと催促されているみたい』『どうして満州なんかに行くの』『知ってる? 内地は空襲が激しくなっているのよ。南方はもっと危険でしょ。満州だけは日ソ不可侵(中立)条約があるから安全だと親方が言っているの。みんなも納得したわ。だからよ』」「『このトラックで行くの』『多分そうね。明日か明後日には鴨緑江を越えるわね』『じゃーね、聞くけどお姉さんたちどこから来たの』『私は四国の愛媛県だけど、みんなバラバラよ。この中で日本人は4人だけ。あとはみんなこちらの人』『お姉さんたちは慰安婦だってみんな言っているけど、本当にそうなの』。子供に慰安婦と呼ばれても女は怒る様子はなかった。『そう呼ばれても仕方ないわね』『ねえ、慰安婦って、人さらいのようにして連れていかれるってよく聞くけど、お姉さんもそのようにして連れてこられたの』『話には聞くわね。でも私は家庭の事情で仕方がないの。この中の人も、朝鮮の人がほとんどだけど、無理矢理連れてこられたという人は1人もいないわよ。みんなそれぞれ事情があるの。好きでやっている人もいるしね。人さらいという話は女の子に行動を慎むよう、警告の意味で言われていることではないのかしら』。ざっとこういう会話を交わしていると助手席から親方と思われる人が降りてきて、荷台に上るよう女を促した」「まもなくトラックは出発して行った」(26〜31ページ)

〔その45〕SAPIO編集部編『日本人が知っておくべき「慰安婦」の真実』小学館、2013年発行。同書中、ジャーナリストのベンジャミン・フルフォードの書いた「元日本兵が封印を破って初めて告白した『慰安婦問題』62年目の真実『上陸した米軍兵士たちは真っ先に慰安婦たちを占領≠オた』」(SAPIO2007年10月10日号)の一節。
(その45・1)昭和20年、南大東島。
「87歳になる和田明氏(仮名)は、旧陸軍の上等兵として中国戦線に参戦した」「『慰安婦たちは朝鮮の人が多く、内地の日本人もいました。南方戦線では内地の人が多かったと聞いています」「慰安婦たちは、経済的に苦しかったり、仕事がなくてその仕事を選んだりした人たちです。しかし、慰安婦になってからは優雅な生活をしていて、仕事以外でもうっすらと化粧をして買い物に出たり、おしゃべりをしたりしていました。給与が高かったからです。慰安所には、女性たちの写真が並んでいて、その写真の裏には、『一重丸』『二重丸』『三重丸』が書いてありました。慰安婦たちの値段です。これは美人だ≠ニ思ってめくると、必ず三重丸が書いてある。それだけ人気なんですね』」「和田氏は『慰安婦といえば、むしろアメリカ兵のことを思い出す』という。『南大東島で終戦を迎えました。米軍が飛行機で降りてきて、身体検査をされて武装解除をされる。その、アメリカ軍がやって来て最初に言った言葉が「慰安所はどこにある」でした。ははあ、アメリカさんはずいぶん助平なもんだ≠ニ思ったものです。そして、慰安所の女性たちの肩を抱いて、みんな連れて沖縄本島に飛んで行ってしまいましたよ』」(117〜119ページ)

〔その46〕吉見義明著『日本軍「慰安婦」制度とは何か』岩波ブックレット、2010年発行。
(その46・1)
「軍慰安所はどういう法的根拠に基づいてつくられたのかということですが、京都大学の永井和教授は、それは軍の後方施設としてつくられていく、その法的な根拠は、1937年9月29日に出された陸達第48号『野戦酒保規程改正』であると述べています」「この規程の第一条はもともとはつぎのとおりです。野戦酒保ハ戦地又ハ事変地ニ於テ軍人軍属其ノ他特ニ従軍ヲ許サレタル者ニ必要ナル日用品飲食物等ヲ正確且廉価ニ販売スルヲ目的トス」「酒保とは、軍隊内にある物品販売所ですが、この改正では、そのつぎに『野戦酒保ニ於テハ前項ノ外必要ナル慰安施設ヲナスコトヲ得』という文が付け加えられていることを、永井教授は発見したのです。この『必要ナル慰安施設』の主なものとして軍慰安所がつくられたということなのです。そうであるとすれば、軍『慰安所』制度は、軍の兵站付属施設としてつくられた面が一層はっきりしてくると思います」(17〜18ページ)

〔その47〕朝日新聞社編『女たちの太平洋戦争《3》』朝日新聞社、1992年発行。朝日新聞社が募集した体験手記と朝日記者の取材記事から構成されている。
(その47・1)昭和20年、中国・チューチー。
「韓国の晋州農科大学元教授、鄭ギ永(ヨン)さん(69)は」「東京帝国大学に在学中だった1944年1月、『学徒特別志願兵』として大邱歩兵80連隊に強制入隊、45年7月、中国の諸(チュー)チーに駐屯していたときのことだ。見習士官になっていた鄭さんは、初めて慰安所を訪ねた。二階建ての立派な家で、30人の女性がいた。カナザワサチコといった相手の女性は22歳。日本軍人だとばかり思っていた鄭さんが同じ慶尚南道の出身と知って、彼女は身の上を語りはじめた。小作農だった父親がサハリンへ連行されたあと、弟2人を養うために『工場で働かないか』という日本人の誘いに乗った。下関に着いたが上陸せずに、船の中で1か月過ごしたあと中国へ。『処女だったのに……』。そういって泣きくずれた」「敗戦翌年の3月、現地除隊した鄭さんは、帰国のために上海にたどり着いた。そこには日本軍に置き去りにされた数百人もの朝鮮人慰安婦が集まっていた。カナザワサチコも、同級生の姉もいた」(160〜161ページ)
(その47・2)昭和19年、長野県松代町。
「長野市松代町で、7月24日から1週間かけて、一軒の民家がていねいに解体された。何の変哲もない木造の平屋。それがこれほど大切にされるのは、1944年11月から、ここが慰安所として使われて、4人の若い朝鮮人女性が住まわされていたからだ」「慰安所だった家は、(松代大本営の)工事現場から数百メートルのところにあった。この家の持ち主、児沢聡さん(83)によると、松代大本営の工事がはじまった直後の11月のある日、松代派出所の警察官がたずねてきた。『(工事現場で働く多数の)朝鮮人が周辺の女性に乱暴すると困るから、娯楽施設として借りたい』との申し入れ。断ると、数日後に再びやってきた。『国策に協力できないのか』と、声を荒げた。慰安所が開かれ、朝鮮人の親方一家と用心棒、20歳くらいの女性4人が住み込んだ。利用したのは大本営建設を指揮した日本軍の幹部たち」(162ページ)
(その47・3)中国。
「(『慰安婦たちの幸せを祈る』と題された一文で、筆者は)広島市・政木五郎(農業・71歳)」「昭和15年2月、召集を受け南京の支那派遣軍総司令部通信隊に衛生兵として参戦した。20歳の新兵が、最初の外出で古参兵に連行された所が慰安所」「慰安所では10代の姑娘は中国人慰安婦だった。稼いだ金を故郷に送金するという。日本語のわかる朝鮮人慰安婦は身の上話をせず、明日をも知れぬ兵隊の一途な命を抱きとめてくれたのである。お互いに死線を超えた戦場の仲間に差別はなかった。お別れをする暇もなく転戦のため移動する部隊があれば、せんべつのネクタイをもらい満期を迎え帰還する兵隊もいた。むなしくも悲しいのは戦場の常であった。夜の将校にせびって昼の貧しい兵隊に貢ぐ彼女たちの心意気は、うぶな若者を喜ばせ、なぐさめた」(198〜199ページ)

〔その48〕朝日新聞テーマ談話室編『戦争ー血と涙で綴った証言(上巻)』朝日ソノラマ、1987年発行。朝日新聞テーマ談話室が戦争をテーマとし、1986年7月10日付紙面から掲載した読者投稿を単行本化したもの。
(その48・1)昭和?年、ビルマ。
「大戦中の恥部、だれも語らない、書かないことがあります。それは、旧日本軍指導層が従軍慰安婦として主に朝鮮の健康な独身女性を、まるで人さらい同様の方法で駆り集め、中国大陸や南方の第一線に送り込み、すさんだ兵士の性欲発散の商品として酷使したことです。その数8万人とも10万人ともいわれる。あげくの果ては、玉砕寸前に、あるいは捕虜になる前に……と、日本軍により自決させられた。このような残酷以上のことが、必要悪としてまかり通ってきました」「ビルマでの大戦末期、ボロボロになった男の服をまとい、敗走する日本軍にまじって後退していた彼女たちを、時折思い出し暗然となります」「佐賀県 植松春次郎(63)無職」(125〜126ページ)
(その48・2)昭和14年?、中国。
「昭和13年、私は臨時召集で広島の輜重連隊に入隊し、翌14年、39師団に所属、中国語の特訓を受けて宜昌攻略戦に参加しました。軍が移動するたびごとに、必ずといっていいほど朝鮮出身の女性群が続きます。チョギのすそを高くからげトランク一つを頭に乗せて行軍の後尾をとぼとぼついて行く。作戦が一段落すると、工兵隊のアンペラ囲いが始まる。民家はほとんど破壊されて、たばこ畑だけが妙に青々としていました。長い兵隊の列と着剣した動哨が何とも妙な対照でした。1時間もするときまって中国軍から迫撃砲を撃ってくる、非常呼集のラッパ。ズボンを下げたままの兵隊が右往左往する。アンペラ小屋の女性たちは慣れたもので、さっさとトランク一つで地面に伏せている。流弾に当たって死んだ人もいるが、そんなことはかまってもらえない。皇軍慰安婦と書かれた腕章も薄汚れたまま、また黙々と行軍の後列につく。作戦の合間に慰安婦とのつかの間の行為に一抹の夢を託す兵隊たち。荊門で待機中、私は『前衛』というガリ版刷りでこのことをルポしたら、翌日すぐ憲兵隊から大目玉をくらいましたが、慰安婦たちはむさぼるように読んでくれました。生還した彼女たちも、いまはいいおばあさんでしょう」「山口県 金子陽一(69)無職」(346〜347ページ)
「(この金子投稿に疑問の投稿)昭和15年5月上旬からの宜昌作戦に私も第39師団231連隊で従軍した」「16年10月わが中隊は師団護衛中隊として荊門で勤務した。当時荊門は平和で軍人ホーム2か所、慰安所3か所、慰安婦も多数いたが、みな民間人経営で兵隊は金を払って遊ぶ。軍には何ら関係ない。慰安婦は日本人、朝鮮人、中国人がいた。朝鮮人はモンペをはいていた。行軍というが移動はトラックで、道路の悪いところだけ下車して歩く。これは行軍とはいわない。慰安所はみな中国人の家屋を改修する。最初は兵隊が設備するが、アンペラ囲いはない。私の記憶する襄西地区の慰安所は7か所で、警備地の位置からいって射程1500メートルの迫撃砲弾が飛んでくるような所ではない。また敵はしばしば夜襲してきたが、迫撃砲攻撃を受けたことはない」「美祢市 西山敏夫(69)種類販売業」(457ページ)
(その48・3)グアム。
「玉砕したグアム、レイテと異なり、私たちの島(カーニコバル)はかろうじて敵の上陸を拒みました。生き残った者の使命と考え、私は9中隊の戦友の最期を調べ始め、やっとグアムから1人だけ帰ってきた星崎源四郎氏を見つけ戦況を聞きました」「慰安婦とジャングルを出でしせつなに。飢えに苦しみ、沢登弘伍長は朝鮮人の慰安婦とともにジャングルを出て行きました。敵弾が集まり、残った者たちはチリヂリに逃げました。当時の米兵は日本兵の死体にも銃を乱射して迫りました。それから半年後、星崎氏は食を求めてジャングルから一人はい出したところを黒人兵に見つかりました」(473ページ)

〔その49〕朝日新聞テーマ談話室編『戦争ー血と涙で綴った証言(下巻)』朝日ソノラマ、1987年発行。
(その49・1)
「静岡市には家康によって開かれた二丁目という遊郭があった。20年6月の空襲で焼失する前の一時期、朝鮮人娼妓たちがいたことが分かった。百人近い数だったという。戦争末期、軍の要請で南方戦線へ慰安婦として送る予定で朝鮮から集めた女たちを、瀬戸内海あたりの島へ集結させておいた。これは関西方面の業者が主となって動いていたという。それが輸送状況の悪化で送れなくなり、そのまま無為に食べさせておくこともできず、各地に送って稼がせたのだという。二丁目では『キーセンが来た』という触れ込みだったそうである。『朝鮮の楽器や踊りをやってるの、学校の帰りに見たもんです。おとなの人が、あれは軍需品だよ、あの衆どっかへやられるんだって、なんて言ったのよく覚えてますよ』。廓内で育ったA代さんはこう語ってくれた。千田夏光『従軍慰安婦』によれば軍の輸送船に女たちを乗せる場合、輸送規定にないので物資輸送≠ニいうことにしたそうである。あれは軍需物資だよ、といううわさ話は的を射ていた言葉だったのである。彼女らが来た当座は『朝鮮から若いのが来た』と物珍しさも手伝ってか東京、名古屋方面からもお客が押しかけ一時は大変なにぎわいだったという」「静岡市 小長谷澄子(63)主婦」(113ページ)
(その49・2)昭和20年、グアム。
「20年3月、グアムの残存兵たちは南部山岳地帯に身を潜めて、米軍斥候の襲撃を警戒しつつ、あてなき日々を食糧集めにきゅうきゅうとしていました」「隣の山の尾根に、2人の従軍慰安婦が兵隊服に身をかため丸坊主となって兵たちと暮らしていました。その1人が食糧集めに行きし折、斥候に待ち伏せられひざを撃たれて動けなくなり、兵たちに介抱されて寝たきりになったのです。兵たちもこの険しい山を担いで逃げることもできず、困っていると、彼女は早く自分を殺して逃げてくださいと哀願しきり。兵の一人が『彼女を楽に死なしてやって下さい』と軍医である私のところへ駆け込んで来ました。私は『お前は女だし非戦闘員だから米軍は絶対に殺したりはしない。投降しなさい。仲間の兵隊さんがお前を戦車道路まで担いで行ってくれるそうだ』と言うと、『軍医さん、私は絶対に捕虜になるのは嫌です。お願いだからいまここで殺してください。靖国神社に行けるそうだから』。次第に銃声が近づく。周りの兵たちにもあせりの色が現われてくる。『よし、お前の望み通りにしてやろう』。軍医携帯のうからモヒのアンプルを2本抜きとり素早く静注したのですが、満足げな顔で眠りつづけるのみ。かすかに寝息をたてている。いよいよ銃声が近づき、一緒に来た柔道5段の海軍軍医が見かねて『よし、おれが柔道でしめてやろう』と彼女の首に手を回して、ぐっと絞め上げたのです」「今年になり従軍慰安婦の碑が房州館山に建立されたと知り、何が何でも香華をと行ってみました。元海軍砲台跡の見晴らしのよい丘の上に『ああ(原文・漢字)従軍慰安婦』と刻まれひっそり建っておりました」「東京都 吉田重紀(69)元陸軍軍医」(394〜395ページ)

〔その50〕ヒルディ・カン著『黒い傘の下で』ブルース・インターアクションズ、2006年発行。副題「日本植民地に生きた韓国人の声」のとおり、著者がカリフォルニア州に住む「コリアン」に聞き取りしたもの。その中に従軍慰安婦について、著者の簡単な説明と証言が紹介されている。
(その50・1)
「(著者の説明)若く未婚の朝鮮人女性が何千人も、挺身隊に動員され、看護婦や工場の作業員として戦時態勢に協力するよう命じられた。だが実際には、彼女たちはわけもわからず前線の『慰安所』へ連れていかれ、兵士たちへの性的奉仕を求められたのである。拒否する者は殴られ、食事も与えてもらえなかった。戦後になってもこの女性たちは、『慰安婦』であったことを恥として長い間沈黙を守ってきたが、最近になってようやく、その体験談を語り始めた」(230ページ)
「(話し手は)キム・ボンスク(女性・1924年生まれ・主婦・京畿道)」「私が20歳くらいのとき、町の愛国班の人が、私の年齢と、結婚しているかどうかを調べに来ました。あの人たちは総督府の規則や命令を徹底させるためのスパイ組織で、番犬みたいなものです」「次に町の警官がやって来て、召集があったので指定された日に国民学校の校庭に行くようにと言われたのです。同じ年ごろの女の子がほかにも大勢呼ばれていました。そして日本人がこう言いました。おまえたちは看護婦となって大日本帝国軍人のお世話をし、待遇もとてもいいのだそうです。それを聞いて大張り切りした子もいました。前線に送られるというので、その前に訓練がありました。それぞれ木でできた銃を渡され、練習をさせられました」「その銃は銃剣の代わりで、それを地面に立てたわら人形にこれでもか、これでもかと突き刺すのです。そんなこと大嫌いでした」「両親は私を結婚させようと決めました。そうすれば行かなくていいと思ったからです。こうして私は両親に言われるまま結婚しました」「ずっと後になって、外国の前線に送られた女性たちが、泣く泣く慰安婦になったことを知りました。日本人は志願した人たちという意味で挺身隊と呼んでいましたが。私が彼女たちについて知ったのは、もうひとつわけがあります。私の夫は日本の軍隊に召集されて前線に送られたのですが、満州で、兵隊に奉仕している大勢の朝鮮人女性に会ったんです」「男たちは、女性たちがいる兵舎のドアの前で、列を作って自分の番が来るのを待っていました。娘さんは兵舎の中でじっと横たわっているのです」「娘さんは、ひとりの兵隊の相手が終わるたびに、枕元の壁にチョークか鉛筆で印をつけていました。そうしていれば、お手当てをもらえるものと思っていたのです。でも結局、びた一文払ってもらえなかったのですよ。これはみんな満州にいた夫から聞いた話です」(231〜234ページ)

(2014年6月18日掲載)


ニッポンリポート・ファイル一覧

ご意見などは tetuh@mbj.nifty.com へ

SAKUMA TETSU
フリーライター
著書[恐るべき証人][検死解剖マニュアル][拳銃天国ニッポン]など